1941の時点で日本はどうすれば勝ち組に入れたのか? [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1名無し三等兵2017/03/26(日) 20:40:33.92ID:oDHVo4IU
軍事、外交面などからみんなで考えよう

以下自国、周辺国のざっくりとした状況

2名無し三等兵2017/03/26(日) 20:42:10.01ID:oDHVo4IU
・日本は中国と交戦中(5年目に突入)和平工作は悉く失敗、蒋介石はあくまでも徹底交戦の姿勢を維持、王兆銘はしょげる
・ソ連とはノモンハン以来大規模な武力衝突は起きていない、同年日ソ不可侵締結
・日本は独伊と軍事同盟を締結、国連は離脱中
・日本は大恐慌後の各国の鎖国政治に憤怒、石油、鉄、衣料繊維に高い関税をかけられる、1930年代半ばより備蓄を始める
・日本は第一次大戦のおこぼれで南洋にごくごく僅かに領土を保有(トラック、サイパン)
・朝鮮は日本の属国である、満州国とは経済共依存の唯一の友好国である
・一方米英仏蘭とは独が欧州侵攻を開始したこともあり険悪である、ソとは中立である
・日本はここ数年大地震が頻発している

3名無し三等兵2017/03/26(日) 20:42:43.74ID:NLPsPG99
中国から撤兵すればいい
なにせ、中国強硬論ぶち上げて、絶対撤退しないと叫んでいた東条が
首相になった途端、中国撤兵を言い出したように、それが一番だというのはみなわかっていた

4名無し三等兵2017/03/26(日) 20:43:29.19ID:oDHVo4IU
・アメリカは世界的に中立の立場を維持しつつ兵器を大量に輸出している(英、仏、ソ、中等)
・中でも中国国民党を熱烈支持している
・アメリカは日本に対し中国からの撤兵、同方面の権益の破棄、三国同盟からの離脱を求める、満州国は国家として否認している
・アメリカはソ連に対しフィンランドからの撤兵を求める
・アメリカはドイツの拡張主義を猛烈に非難している
・現在どの国家とも戦争状態にないが戦時体制に移行した場合の生産力は日本の10倍である
・本土に加え、東南アジア、南洋に広大な資源地帯を持つ

5名無し三等兵2017/03/26(日) 20:44:39.28ID:oDHVo4IU
・イギリスはドイツの目に余る横暴に激怒し宣戦布告に踏み切ったがやや劣勢である
・イギリスは日本の侵略行為に批判的である
・イギリスはアフリカ、中央アジア、東南アジア、カリブに広大な植民地を持つ・カナダ・オーストラリアは友好国である
・中国国民政府に対し大量の物資を送っている一方アメリカから大量の物資を購入している
・国内は平和主義論で溢れいるがチャーチルはドイツに対し徹底交戦の構え

6名無し三等兵2017/03/26(日) 20:45:34.40ID:oDHVo4IU
・ソ連は日本と不可侵を結んでいる
・ソ連はドイツと不可侵を締結後満州国との国境付近に主力を配備している
・ソ連はドイツとの不可侵締結後、フィンランドに侵攻している
・ソ連は大恐慌後、急速に国力をのばしている、アメリカにつぐ工業力である

7名無し三等兵2017/03/26(日) 20:46:44.75ID:Kwu8NYDa
中国とだけ戦争すれば、日本は絶対勝ってた。

8名無し三等兵2017/03/26(日) 20:46:52.69ID:oDHVo4IU
・中国は多数の被害を出しつつも、拠点を南京武漢重慶など転々と移しつつ日本と交戦中である
・中共とは協力を表明するも度々内紛が起こる
・満州は我が国の一部である
・ソ米英に大量の支援を受けている

9名無し三等兵2017/03/26(日) 20:51:33.60ID:Y0i9L2OA
無理
1940年の三国同盟締結後、アメリカはドイツと開戦する口実を作るために、日本を追い詰めたのは有名
だから、今更同同盟を破棄してもアメリカは止まらない

10名無し三等兵2017/03/26(日) 20:53:13.68ID:iFXZUObI
移民の大量流入とか考えると
負けて大陸から手を引いたのが結果的には大正解

11名無し三等兵2017/03/26(日) 21:41:58.64ID:SJOKgZ8+
改めて日英同盟(もしくは援助協定みたいなものでも)締結して(イギリスが応じるという希望的展開が前提だが)中国から撤収すれば余計な開戦は防げた
アメリカの本心がどうあれイギリスと友好関係にある国に露骨な挑発行為はできまいて
そもそもあれだけ広大な中国を手中におさめるなんて無理筋もいいところなんだから、撤収と引き換えに色々米英他後の連合国から便宜を図ってもらうように交渉すれば得る物は大きかった筈

12名無し三等兵2017/03/26(日) 21:42:32.99ID:3alJck3y
>>8
>・中国は多数の被害を出しつつも、拠点を南京武漢重慶など転々と移しつつ日本と交戦中である

1 ドイツ軍はスラヴ人を大量虐殺したが、スラヴ人は断固反撃してファシストドイツを粉砕した。
2 日本軍はチンピラゴロツキを懲らしめるために出征し、チンピラゴロツキは小便ちびって逃げ回った。
3 チンピラゴロツキは逃げ回った恥を隠す為に、極悪な日本軍に虐殺されたと騒ぎ出した。

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
これがソヴィエト大祖国戦争と中国抗日戦争の最終結果なのである。

13名無し三等兵2017/03/26(日) 21:46:11.88ID:3alJck3y
>>11
>中国から撤収すれば余計な開戦は防げた

太平洋戦争の影響でノルマンディー上陸が大きく遅れ、ヨーロッパの東半分をソ連に取られた。
中国のためにナチスドイツ打倒のための貴重な戦争資源を浪費するなんて馬鹿げている。

14名無し三等兵2017/03/26(日) 21:46:56.85ID:SJOKgZ8+
>>12
この誇大妄想狂はどこにでも涌くな
害虫並みに

15名無し三等兵2017/03/26(日) 21:49:46.98ID:3alJck3y
>>14
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw

16名無し三等兵2017/03/26(日) 21:55:20.59ID:0aLybPyE
満州を手中にした時点で、全部日本の独り占めなどと欲張りな事は考えず、
英仏に一定の枠を与えて投資させ利権を与えればよかったのです
日英仏で共犯になるのですよ
そうすれば日本はドイツに引きずられることもなく、満州の開発も進む
ソ連がちょっかいをかけて来ても、英仏が日本の側についてくれる
欧州大戦は英仏寄りの中立でOK
そういう立ち位置ならアメリカも容易には喧嘩を売ってこれない

17名無し三等兵2017/03/26(日) 21:58:51.74ID:NLPsPG99
>>11
チャーチルは、アメリカに対し、日本に石油を売るな船を回すな
それらを全部イギリスに回せと要求し、ルーズベルトが対処に苦慮してたのに
君を含めてイギリスとの同盟に夢みすぎな人間多いね

18名無し三等兵2017/03/26(日) 22:43:17.09ID:+2Vnf6vJ
イージス艦を作る(白目)

19名無し三等兵2017/03/27(月) 03:54:13.76ID:0OFsSIWf
>>15
仮に相手の武器の性能・数量や練度が自分達より劣っていたとしても持っているのは本物で戦闘の意志を持っている限り油断なく対処するのが本物の武人
敵を侮り油断したから足元を救われた
アメリカに対しては何度か叩きのめしてやれば泣きが入る筈だと舐めてかかったら惨敗
対中国戦も何時まで経っても完全制圧には程遠い状況で米爆撃機の発着地まで作られる有り様
要はお前みたいな馬鹿が指揮を執ると戦には断じて勝てないのを旧軍が実証した

20名無し三等兵2017/03/27(月) 06:53:14.79ID:gpcCDzKx
>>19
>対中国戦も何時まで経っても完全制圧には程遠い状況で

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

21名無し三等兵2017/03/27(月) 07:01:26.27ID:gpcCDzKx
>>19
>対中国戦も何時まで経っても完全制圧には程遠い状況で

もしドイツ陸軍が、日本陸軍に代わって大陸打通作戦を発動していたらどうなりますか?

ドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。
何しろ中国人絶滅収容所が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、
侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、日中関係はずっと良くなってたはずです。

「フハハハハ!笑止千万!攻撃力や防御力が何だというのだ?チハのその真の実力は機動力にあったのだ!
九七式中戦車チハは中国のチンピラゴロツキ専門の殺戮マシーンとして天命を受けた。
チハは大陸打通作戦で3000キロを駆け抜け、チンピラゴロツキ3500万を殺戮したのだ!!」

旧日本軍弱小列伝 九七式中戦車チハ
http://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-ha.html

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、
こういう発言をしてみたいと思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。
97式中戦車チハなんて、あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。
わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、3500万どころか5億人皆殺しにして、
中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!

22名無し三等兵2017/03/27(月) 07:23:54.31ID:0OFsSIWf
>>20-21
頭の悪さを立証する駄長文乙
かの戦陣訓の存在こそが当時の日本軍が陥っていた状況を如実に示している
規律の低下に歯止めがかからねば組織崩壊に至ると危惧した上層部が出した対応策こそが戦陣訓
対米開戦以前から日本軍は重大な問題を内包していて軍部自身もそれを自覚していたというオチ
ついでに書いとくとチハはリベット止めの薄い装甲(他国の軽戦車並みかそれ未満)という弱点を抱えていた
攻撃力の点でもノモンハンの戦訓を汲み取っていれば戦車戦に不適格なのは明白なのに対応が後回しになり後継車両の実用化にも手間取った(しかもチヘは発展型の筈なのに攻撃力ではチハ改と変わらない)
対中国では本格的な対戦車戦は生起しない筈という言い訳は通用しない
対米開戦をすれば強力な戦車と戦うのは明々白々なのに対戦車戦に不適切な主力戦車を抱えたまま突っ走った

23名無し三等兵2017/03/27(月) 08:54:18.83ID:gpcCDzKx
>>22
>規律の低下に歯止めがかからねば組織崩壊に至ると危惧した上層部

≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

24名無し三等兵2017/03/27(月) 08:56:57.70ID:fUwrPqv/
>>22
>チハはリベット止めの薄い装甲(他国の軽戦車並みかそれ未満)という弱点

「しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?」
>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

中国人がチンピラゴロツキでないというなら、中国人がチンピラゴロツキでないという史料を示せ!
そして中国人がチンピラゴロツキだという史料一つ一つに反論しろ!

25名無し三等兵2017/03/27(月) 08:58:28.21ID:0/4l0o/6
>>20 >>21
チョンは早く帰国して兵役を務めろ

>>22
>戦陣訓
シナに捕虜の概念はなかった
だから、降伏してもほぼ死しかなかった
それをそのまま米兵へ対応させてしまい、逆に「偽降伏して道連れ自爆する」と米軍に認識させてしまったのはまずかったが、
米軍も虐殺を多くしているので、評価は分かれる

>チハ
4号戦車と同じ機動戦思想(ただし、対戦車用である3号戦車の役目はハ号が担った)
しかし、陸続きで輸送あい路は沼と大河だけのヨーロッパとは違い、
どうしても船舶輸送しなければならなかった日本は、貧弱な湾口・船舶輸送・兵站設備の関係で装甲厚のある戦車がなかなか作れなかった
チトの整備と同じくして、チト用試製大型発動艇も作られた点も考慮しろ

26名無し三等兵2017/03/27(月) 08:58:42.24ID:fUwrPqv/
>>19
>対中国戦も何時まで経っても完全制圧には程遠い状況で

2015年9月・・・抗日戦戦勝70周年記念
2015年10月・・・・・・中華人民共和国建国66周年記念

・・・あれぇ?(゚∀゚;)

HoI2に対する中共の反応を見る限り、長征一万里などの建国エピソードはなかったことにしたいらしいwww

27名無し三等兵2017/03/27(月) 09:01:27.48ID:fUwrPqv/
>>22
>チハはリベット止めの薄い装甲(他国の軽戦車並みかそれ未満)という弱点

ゴキブリが台所を這っていると、中国人が這い回っているのを思い浮かべる。
便所瓶にウジが涌いていると、中国のチンピラゴロツキが涌いてきてるなと。
中国人は日本人に劣っている、徹底的に劣っている。中国人の日本人に対する
生物学的劣等性を示す史料は探せばいくらでも出てくる。

ま、大多数の中国人からみれば日本の工業力はボロくてお話にならず、
従ってドイツ製アメリカ製の兵器を大量購入すれば皇軍恐るるに足らずと。
中国人は世界に先駆けて空母機動部隊を編成しうる磐石な工業基盤という
ものを全く理解していなかった。空母機動部隊であればアメリカが勝るが、
それは先進工業国同士のほんのわずかの差にすぎない。 それともチンピラゴロツキは
3500万人虐殺されても、まだ懲りないのか? 中国人はドイツ軍事顧問とドイツ陸戦兵器で、
皇軍と皇軍兵器を圧倒できたか? アメリカ航空支援とアメリカ兵器で、
四式戦と97式中戦車チハに勝利できたか? 中国人は人口が多すぎるから、
3500万の殺戮程度では痛くも痒くもないのか? 中国人が皇軍兵器の技術的先進性
と優れた工業力を理解するためには、 97式中戦車チハが大陸打通3000キロを
駆け回って殺戮と暴虐を ほしいいままにして、中国人がその肉体で思い知るしかなかった。
中国は人口が世界最大かつ米英独ソの支援がふんだんに受けられるから、
皇軍と皇軍兵器にとっては絶好の殺戮標的物であり続けた。 ドイツ陸戦兵器だろうが
アメリカ航空隊だろうがそれは結局のところ、 皇軍にとっては中国人という蛆虫を
相手に気持ちよく殺戮ゲームを楽 しむための口実にしかならなかった。

何? そんなの殺人鬼だって?

それは皇軍の97式中戦車チハのことを指して言っているのか? 97式中戦車チハが
工業製品として世界有数で、恐るべき殺戮マシーン として大陸打通作戦の3000キロを
駆け回ったということなのか? ホント、アウシュビッツに車輪が付いて大地を駆け回ったようなものだな!

28名無し三等兵2017/03/27(月) 09:05:33.05ID:fUwrPqv/
>>22
>規律の低下に歯止めがかからねば組織崩壊に至ると危惧した上層部

まさに大陸打通作戦は、正義の皇軍が邪悪な中国に鉄槌を下した快挙だった。
これはサクラ大戦でいう「悪を蹴散らして、正義を示すのだ」に相当する。

「走れ光速の帝国華撃団」、97式中戦車チハ!

29名無し三等兵2017/03/27(月) 09:12:03.91ID:fUwrPqv/
>>22
>チハはリベット止めの薄い装甲(他国の軽戦車並みかそれ未満)という弱点

中国人という生き物は、ただただ日本軍に虐殺されるために涌いてきた、殺戮の標的物でしかなかった。
日中戦争は中国のチンピラゴロツキの大発生が原因で、チンピラゴロツキが増えすぎて増えすぎて、
皇軍が虐殺しなければ地球上がチンピラゴロツキだらけになってしまうところだった。
それからチンピラゴロツキを虐殺するのは楽しいし、また虐殺したチンピラゴロツキから物資を調達できた。
さらに言えば中国人を虐殺して、虐殺した中国人をすり潰して脂を抽出して、航空燃料にすればよかった。

さらにいえば米軍は朝鮮戦争でそのチンピラゴロツキ相手に大苦戦。皇軍の97式中戦車チハが
中国人を虫けら同様に虐殺してきたのと比べて、米軍の弱体ぶりは笑うべきものがある。
97式中戦車チハは戦車というよりは中国のチンピラゴロツキ専門の殺戮マシーンで、
それはまさに『地獄の大車輪』または『走るアウシュビッツ』と呼ぶにふさわしかった。

30名無し三等兵2017/03/27(月) 09:14:35.39ID:NsV4sOnL
>>22
>規律の低下に歯止めがかからねば組織崩壊に至ると危惧した上層部

戦後ドイツでは鍵十字のナチス国旗を掲げることはおろか、ナチス擁護の
発言も取り締まりの対象になったとのこと。

これに対して日本は日の丸を堂々と掲げられて、中国人差別も平気でやれる。
中国人をチンピラゴロツキとか蛆虫とかゴキブリとか呼んでも全然平気。
つまり皇軍はドイツ軍とは違い、完全に負けたわけではなかったのだ。
負けは負けでも太平洋の日米戦に限定され、日中戦争は最後まで無敵皇軍。
日の丸はかつて大陸打通作戦中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロで
皇軍が勇名を馳せたシンボルで、中国人に計り知れない恐怖を思い起こさせる。

大東亜戦争は正当防衛だったが、戦力が敵に及ばなかっただけ。
あの戦争を「侵略戦争」呼ばわりするのであれば憲法九条改正なんてやるな。
戦争は大東亜戦争のような大義名分の大きい戦争だけが肯定される、
そうでなければ憲法第九条の平和主義は守られるべきだと自分は考える。
また大東亜戦争は東洋平和のための戦いだから、平和憲法の条項に反しない。

ただし中国人が「東洋平和」と聞くと、これは東洋鬼が平和と叫びながら
大陸打通作戦3000キロを進撃してくる姿を想像して恐怖を感じるであろう。

     9 7 式 中 戦 車 チ ハ

それは機械的信頼性と燃費効率と走行性を兼ねそろえた、現在の日本自動車
産業の先駆けともいえる、世界最先端の自動車製造技術の象徴とも言えよう。
これはあくまで戦車ではなく、中国のチンピラゴロツキ蛆虫ゴキブリドブネズミ
サナダムシ専門の高性能機動殺戮マシーンであったのだ。

31名無し三等兵2017/03/27(月) 12:57:21.16ID:0OFsSIWf

とんでもなく痛い所を直撃されるとついつい無用の連投をしてしまうもの
相手を舐めてヘイト同然の書き込みをするのは小物な素人の証拠
たとえ旧式でも本物の武器を持ち戦闘行動を継続する意志を持った者を相手に油断するのはお馬鹿の証拠
前世紀の半ばに攻略しきれなかった相手に未だに優越感など持ってドヤ顔の書き込みしか出来ないなんて余程惨めな実生活なんだろうな

32名無し三等兵2017/03/27(月) 17:02:53.89ID:YvwlYgN5
>>31
ゴミのような中国人がいくら皇軍に虐殺されても、米英にとっては何らの不利益も無いはずだが?

33名無し三等兵2017/03/27(月) 22:16:03.25ID:YvwlYgN5
>>31
>小物な素人

レスありがとう、大物な玄人さんw

34名無し三等兵2017/03/27(月) 22:17:21.39ID:YvwlYgN5
>>31
>前世紀の半ばに攻略しきれなかった相手に

朝鮮戦争の米軍のことですか?

35名無し三等兵2017/03/28(火) 08:57:57.09ID:Etkg+CRE
>>32-34
笑える

36名無し三等兵2017/03/28(火) 08:59:51.55ID:Etkg+CRE
>>32-34
小物な素人って誉め言葉に等しいじゃないか
だって本当は単なるキチ○イだし

37名無し三等兵2017/03/28(火) 09:06:30.20ID:Kl/R+B6Z
敵地こうげきゼロふぁいたー

38名無し三等兵2017/03/28(火) 16:53:06.47ID:btd85he1
>>36
キチ○イの相手は楽しいですか?

39名無し三等兵2017/03/28(火) 18:12:53.20ID:aAdWN2r9
日露戦争以来の領土権益を日本国並びに軍部が放棄するとは考えられない
日本は道を誤ったが米国はそれ以上に誤った
支那や露助を支援したばかりに冷戦勝利を気泡に帰しかねない状況だ

40名無し三等兵2017/03/28(火) 18:38:51.18ID:+LS0039U
スピルバーグに監督して貰って世界の三船が司令長官なら勝てた

41名無し三等兵2017/03/28(火) 23:22:34.92ID:ahs1LznL
アメリカから仕掛けさせたうえで泥沼に持ち込むしかないとは思う

イギリスはあのふがいなさなら日本軍単独でもそこそこやれるから
旧イギリス領土でそういう風にやるのが良作か

42名無し三等兵2017/03/29(水) 05:43:37.80ID:yVnCpTU1
騙し討ちでもして戦力を削らないと戦えないと考えたから真珠湾をやったわけで

43名無し三等兵2017/03/29(水) 07:59:26.09ID:I91SLSIC
勝ち組ってなんか嫌な言葉だよね

確かに戦争に負けて色々失ったし今も日本の尊厳を侵され続けてはいるし日本が正義とも言わないが、連合軍みたいな薄汚れた勝ち組にもなりたくないなあ

44名無し三等兵2017/03/29(水) 08:12:50.20ID:NaWqHu51
>>43
日本人ってつくづくメンツの生き物だなあ
その書き込み見て思った
負け組じゃしょうがねーじゃん
その時の自分等のメンツだけ保って子孫が不幸になってりゃ世話ねーじゃん!

45名無し三等兵2017/03/29(水) 08:51:55.47ID:ep2fwIIE
勝ち組が正義であり、大義名分は後付けでいい
それが歴史の真実だよね

46名無し三等兵2017/03/29(水) 09:34:35.43ID:zNQo8H53
明治維新はクーデターだけど国民の皆さんがクーデターやると犯罪者として罰しますというのが現実

47名無し三等兵2017/03/29(水) 10:46:34.90ID:2ha0Oc1M
明治維新なんてのはクーデターどころかテロの延長線上と言っても過言じゃないな

48名無し三等兵2017/03/29(水) 17:53:04.29ID:rtKjntnB
>>44
>子孫が不幸になってりゃ世話ねーじゃん!

プーチン政権下のロシア人は、みんな幸せそうだよなw

49名無し三等兵2017/03/29(水) 18:53:10.99ID:TiXpcmAt
>>1
満州へのてっぺい一択
あの時結果のロシアの襲撃を想定すれば、もう中国撤退は決定で、満州撤退も視野にいれていいレベルだった

なぜならわずか1ヶ月で1500kmも進撃して日本軍を大陸から排除したソ連に一切対抗できないから
そしてそのための対ソ武力は兵站問題を最大的な理由として不可能的だから
日本軍の正規戦力はあのソ連軍70万にすら対抗しにくい

段階的てっぺいは大東亜戦争に勝利しても予定調和だぞ

逆にあえておしとやかに満州撤退まで持ち出した上で、アメリカが国民党のテロ武装派(レイプ集団)を排除させることを決定づけて
+アメリカに駐留と一部の権益を渡せばいい

その上で大陸てっぺいするしかないのは現実
そもそももう明らかに陸軍が完全にソ連に勝てず北進以前であり、もうソ連は戦線したら勝利で
本気をだせばいつでもとれて、1905からの過去40年やろうとおもえばいつでもできた
(もっとも革命影響でしばらく身動きできなかったが)

逆に満州+満州権益はロシアの不安定で空白な状況で初めて維持できるのなら
将来的には維持できない、はっきり勝てない

これを陸軍は無言で黙認して、それを明確に外務省や内閣は理解して「勝てないロシアは挑発するな」「内戦混乱中にシベリア出兵でつついてもノーダメージだ」

で全く効果なくて、対ソ戦以前なんてのは当時の閣僚(海軍を含む)の共通認識だった
その共通認識ありきで、勝てそうなアメリカで対米戦はじまったんだ

HOIみればいいように、まだ当時のアメリカは大動員準備中であったから、準備前なら下ろせるで宣戦したんだ

逆に大東亜戦争勝利の可能性が20%なら、対ソ戦勝率は1-3%しかないぞ

50名無し三等兵2017/03/29(水) 19:01:32.38ID:iQ/oEwjn
>>49
>日本軍の正規戦力はあのソ連軍70万にすら対抗しにくい

その通り。日ソ開戦してたら支那派遣軍が消耗して、大陸打通作戦が実行できなくなってた。
ソ連は満州帝国を承認し、米軍主力が欧州へ向かったから、大陸打通作戦がやれた。

51名無し三等兵2017/03/29(水) 19:04:47.55ID:cipkSXFU
>>49
>日本軍の正規戦力はあのソ連軍70万にすら対抗しにくい

O巻 p.180-181
【スターリン首相からチャーチル首相へ      四三年三月十五日
・・・・・・・二月から三月にかけて、北アフリカにおける英米軍攻勢の圧力は、増大しなかったばかりか、
攻撃の進展はぜんぜんなく、貴下自身が定めた攻撃の最終日は、延ばされたのです。
その間ドイツは機械化六個師団を含む三六個師団を、ソ連に向かって西欧から移動させることに成功しました。
これがソ連陸軍にとって、いかなる困難となったか、またソ独戦線におけるドイツの立場が、
どれほど緩和されたかは、容易に理解できます。 シシリィの重要性は完全に認めますが、
それがフランスにおける第二戦線に取って代わることにならぬ のを、私は指示せねばなりません。・・・・
http://tnngsg4601.blog110.fc2.com/?mode=m&no=154

>その間ドイツは機械化六個師団を含む三六個師団を、ソ連に向かって西欧から移動させることに成功しました。

「しかしソ連への攻撃は行われなかった。だがそれは日本の宣伝家たちが主張しているよ
うな、日本が中立条約の条件を誠実に遂行したからではなく、ドイツの『電撃戦』が失敗
し、ソ連の防衛力が同国の東部で維持されたからだ。いつ始まるかわからない日本の攻撃
を撃退するための準備として、ソ連軍全体の28パーセント超に相当する549万300
0人の中から156万8000人と数千台の戦車や航空機が極東と南の国境近くに配置さ
れた。この戦力は、ソ連とドイツの前線で効果的に使えたはずだ。そのため、軍国主義日
本の政策が、戦時中に中立条約の規定に違反し、全体として大祖国戦争と第二次世界大戦
を長引かせ、ソ連や他の国民の犠牲者を増やしたと考える十分な根拠がある。」
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160414/1955357.html

邦訳者後書きには、ノモンハン停戦協定が締結された後も1941年、その7月1日現在のロシア側戦力は、
対独戦に振り向けられていた戦力より大きく、723119名の兵力、戦車4638両、航空機4777機、自動車6万余台、
トラクター1万余台、砲14062門などと、やたら記録をとる民族だけに詳しいのだが、
http://yhsvtex.blogspot.jp/2007/06/19417172311946384777614062-30003.html

52名無し三等兵2017/03/29(水) 19:07:34.74ID:cipkSXFU
>>49
>日本軍の正規戦力はあのソ連軍70万にすら対抗しにくい

日中戦争を有利に進めるためには、ドイツとの同盟が不可欠で、ドイツには中国支援から手を引いてもらい、
かつ米軍主力にはアジアではなくヨーロッパへ行ってもらう。

こうすれば皇軍としては、大陸打通作戦で思う存分暴れまわって、中国人を虫けら同様に殺戮することができる。
そもそも明治以来、日本にとっての最大の宿敵は中国であり、「抗日戦争」の虚構を白日の下に晒すのが大事。
これならいくら太平洋戦争で敗北しようが、日本人は中国人よりは優秀だという気持ちのいい優越感は残せる。
チンピラゴロツキが湧いてくる場所を指して中国、その一つ一つを指して中国人と呼ぶべきで、
中国とか中国人は、ワンサイド殺戮ゲームで日本軍に虐殺される「ゴミ」だったのだ。

こうして中国チンピラゴロツキ3500万が、日本軍に虐殺されていった。

53名無し三等兵2017/03/29(水) 19:57:21.64ID:6PyOu9pw
>>52
日本がドイツと同盟すれば米軍がアジアにも来る

あと、第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

54名無し三等兵2017/03/29(水) 20:29:49.45ID:mOU+pZ7d
陸軍が完全に制御不能な事を考えれば無理じゃね?海軍上層部ですら縄張りである
中国問題に手を出せば身の危険が生じる訳で・・・

55名無し三等兵2017/03/29(水) 20:42:41.40ID:TbGkFRlC
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

1943年6月、地中海戦線(North Africa & Italy)のドイツ軍師団数はゼロって知ってるか?

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0     0     22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

前年まではゼロだったイタリア戦線が、1944年6月になって22個師団になっているが、
これは実質的に米英がドイツ軍と交戦するのは1944年以降だったということを示している。

 十一月には商船六隻、二万三〇〇〇トン、十二月には七隻、四万八〇〇〇トンを撃沈しただけだった。
 そしてこの二ヵ月間に、同じ船団航路上で一六隻のUボートが失われたのである。
 これをあの三月の実績にくらべると、信じられぬほどである。三月には北大西洋だけで八〇隻、
四七万六三四九トンの商船が撃沈されているのに、Uポートの損失はわずか六隻にすぎなかった。
http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU2/uboot14.htm

海運状況にしても、1943年末までにUボートの脅威も無くなってた。

56名無し三等兵2017/03/29(水) 20:43:46.26ID:TbGkFRlC
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

第二次世界大戦
1941年 開戦
1944年 米軍、欧州に上陸
1945年 終戦
■ソ連は常に9割以上のドイツ軍と戦った
■死傷、捕虜になった全ドイツ兵の7割はソ連軍によるもの
■米軍が戦ったのはわずか1割未満のドイツ軍だった
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/information/bill-totten/__icsFiles/afieldfile/2015/06/19/2015_syunki_slides_3.pdf

 (2)マゾワーの所見
 「ナチスの占領地統治」シリーズ(コラム#2790、2792、2796)で、著書を紹介したことがあるマゾワー
(Mark Mazower)の、先の大戦論のコラムは、結果的にロバーツ批判になっているので、ご紹介しましょう。
 「・・・ Dデー<(ノルマンディー上陸作戦)>がついにやってきた時、
それは、ここ数年における山のような出版物から我々が抱くところの、それが圧倒的
に決定的な出来事であったという印象とはかけ離れたものだった。
 ほぼ時を同じくして行われたソ連の攻勢であるバグレーション作戦
(Operation Bagration)について耳にした人はどれくらいいるだろうか。
 この作戦には、<Dデーが相手にしたものの>10倍近いドイツ師団が関わり、
ドイツの3つの軍が殲滅された。
 よもや、少ないとは思わないだろうね。
 にもかかわらず、Dデーの記念行事の間、全くこちらは話題にならなかった。
 しかし、バグレーション作戦は、ノルマンディーで起こりつつあったことなど
かすんでしまう、史上最大で最も成功裏に終わった奇襲攻撃だったのだ。
http://blog.ohtan.net/archives/51411037.html

57名無し三等兵2017/03/29(水) 20:45:24.33ID:TbGkFRlC
>>54
>中国問題に手を出せば身の危険が生じる訳で・・・

バグラチオン作戦の輝かしい大勝利の裏には、チンピラゴロツキの情けない敗走があったことを忘れてはならない。

58名無し三等兵2017/03/29(水) 20:47:51.18ID:Lni38crB
>>54
>中国問題に手を出せば身の危険が生じる訳で・・・

南京大虐殺とは南京大勝利で、汪兆銘とかのナンキンゴキブリがわらわらと集まって南京維新政府が出来た。
それはゴキブリがゴキブリホイホイに吸い寄せられてゴキブリホイホイに入って死んでいくのと同じだ。

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
貴様らもみんな死ね
貴様らの民族に未来はない
共産主義は下等人種に宿る
絶滅させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」
<炎628   かつて白ロシアで、628の村々がドイツ軍に焼き払われた>
http://wolf.adolf45d.com/eiga628.htm

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
中国人もみんな死ね
チャンコロに未来はない
チンピラゴロツキは下等人種に宿る
打通させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

59名無し三等兵2017/03/29(水) 20:49:30.78ID:iQ/oEwjn
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

地上に生き残るための戦い
 なぜ対戦相手、参戦国、または戦争地域のことを示唆しない、大祖国戦争という名称がロシアで使われているのだろうか。
ロシア人やソ連諸国の人民にとっ て、この戦争は祖国の戦争以外の何物でもなかった。自由と祖国の独立を求めた戦争であり、
生き残るための戦争だった。
 ではなぜ頭に大がついているのだろうか。それはこの戦争の勝利には多くの国が貢献しているものの、ソ連がドイツ国防軍を
倒した中心国で、その役割を強調しているからだ。ドイツ軍はソ連軍との戦いで、1340万人中74%にあたる1000万人を喪失した。
 アメリカのルーズベルト大統領は第二次世界大戦の最中の1942年5月、ソ連軍の活動とそ の影響を評価してこう記した。
「ロシア軍が連合国25ヶ国の軍隊よりも、対戦国の厖大な兵士と兵器に打撃を与えているという明白な事実を無視することはでき ない」。
 ロシア人がこの勝利を誇りに思い、多くの戦線のひとつととらえたがらないのは当然のことだ。そしてドイツとその同盟国であるイタリア、
ルーマニア、クロアチアが84万人を喪失したスターリングラード攻防戦と、ドイツとイタリアが3万人を喪失したエル・アラメインの戦い
が同レベルの戦いと見なされることを理解できないでいる。ヨーロッパ諸国の多くの歴史教科書では、第二次世界大戦としてこの2つの
戦いが同等に扱われている。
http://jp.rbth.com/society/2013/05/09/42899.html

60名無し三等兵2017/03/29(水) 20:52:12.54ID:iQ/oEwjn
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

太平洋戦争の影響でノルマンディー上陸が大きく遅れ、ヨーロッパの東半分がソ連の手に落ちたねw

61名無し三等兵2017/03/29(水) 21:39:19.95ID:6PyOu9pw
>>60
そういう主張は中国のおかげでアメリカが戦争に勝てた主張と同じレベル

62名無し三等兵2017/03/29(水) 21:42:29.76ID:Lni38crB
>>61
>そういう主張は中国のおかげでアメリカが戦争に勝てた主張と同じレベル

イギリスがナチに勝ったつーよりマシでは?

もちろん、アメリカとしては実質的な支援や、実質的に相手に打撃を与える
事なら大歓迎だが、イギリスの参加は、どっちせよ(そのように実質的なも
のではなく)、メンツを救う性質のものだろうと、云った。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/whitehouse_19450618.htm

63名無し三等兵2017/03/29(水) 21:44:51.86ID:0/ot/wkY
>>61
>そういう主張は中国のおかげでアメリカが戦争に勝てた主張と同じレベル

「もちろん、ロシアではソ連を米英が軍事機器の供給で助けてくれたことは記憶されている(とはいえ、これをソ連は金と
プラチナで支払ったのだが)。モンゴルはソ連に馬や暖かい衣服を多量に送ってくれた。中国のパルチザンと国民党軍
の衝突は日本軍の動きを妨げ、これによってソ連を攻撃するというドイツの要請は遂行が難しくなった。だからこそ、
今年5月の戦勝パレードでロシア軍の隣を中国軍が行進することは十分自然なことなのだ。これは、ロシアが孤立して
いるわけではないのだということを示す、さらにもうひとつの示唆になるだろう。ロシアにはちゃんと友人がいるのだ。」
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2015_03_19/283409839/

64名無し三等兵2017/03/29(水) 21:50:41.08ID:0/ot/wkY
>>53
>日本がドイツと同盟すれば米軍がアジアにも来る

その結果とさてノルマンディー上陸が大きく遅れて、ヨーロッパの東半分をソ連に取られた。

かつて多くの歴史家が、米軍は開戦当初の 2 年間、「ドイツ第一主義」戦略を遂行できなかったとし、その理由を
1942 年にはアメリカ軍兵力の多くが欧州や北アフリカよりも太平洋に配備されていたこと、そして 1943 年には欧
州と太平洋の兵力分布が均衡していたためだと論じた。しかしこの主張は「ドイツ第一主義」戦略がかなりの程度、
日本の軍事力の過小評価に基づいていたという事実を見落としている。結果として、ルーズベルトは政治的理由(つ
まりアメリカの国内世論)だけでなく軍事的理由からも、開戦前に想定された以上の戦力を太平洋に投入せざるを得なかった。
http://www.nids.mod.go.jp/event/forum/pdf/2014/07.pdf

65名無し三等兵2017/03/29(水) 21:52:23.43ID:0/ot/wkY
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

覇権への変質
 アメリカは150年のあいだ、西半球で有利な環境に甘えてきた。大陸の広さ、
孤立した環境、手強い脅威の不在、さらには友好関係にあるイギリスが幅を利かせる
大洋の壁に守られ、代価のない安全保障を享受していた。アメリカは、大西洋と太平洋
を泳ぎ回るクジラのような存在だったのだ。アメリカ人にとっての第2次大戦は、
太平洋で幕開けしたものであり、1944年6月のノルマンディー上陸作戦までは、
太平洋が戦争の主たる場だった(優先順位が1番目ではなくても、である)。連合国、
とりわけソ連が、戦の鉾先をナチスドイツに向けているなかで、アメリカは太平洋での戦いを
有利に運び、日本単独による占領を受けた戦後東アジアの国際関係の再編全体の土台を組織した。
<アメリカ西漸史―“明白なる運命”とその未来 [単行本] ブルース カミングス (著),>

66名無し三等兵2017/03/29(水) 21:55:21.26ID:0/ot/wkY
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

ドイツは、ファシズムからの国の解放で赤軍が決定的な役割を演じたことを覚えている。
ドイツのメルケル首相が、ロシアのプーチン大統領との会談後に述べた。タス通信が伝えた。
メルケル首相は、「ドイツは開戦の責任を負っている。これは私たちの歴史的責任だ。
私たちは、赤軍がドイツ解放で決定的な役割を演じたことを常に思い出すでしょう」と語った。
http://jp.sputniknews.com/russia/20150511/319933.html

Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater

67名無し三等兵2017/03/30(木) 01:28:16.76ID:ob8qL/zN
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

ベルリンに揚がったのはソ連の赤旗であって、米国の星条旗では無かった。

68名無し三等兵2017/03/30(木) 01:30:19.59ID:ob8qL/zN
>>53
>第二次世界大戦の時米軍の主力はずって欧州に居た

だから日本は、中国とだけ戦争すればよかった。マリアナ決戦を放棄して大陸打通作戦だけにすべきだった。
そうすれば米国のほうもドイツ打倒優先で、もっと早くからノルマンディ上陸がやれたはずだ。
大陸打通作戦の背景として最も重要なのは、米英側が「ドイツ打倒優先」だったこと。
米軍主力が対独戦に向かったことで、日本は大陸打通作戦を遂行することができた。
ドイツとの同盟は大正解だった、ありがとうドイツ。

大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

69名無し三等兵2017/03/31(金) 05:36:17.86ID:i1srOVC7
日本が惨敗した理由はハッキリしている
長文連投馬鹿のような無能な奴らが指揮をしてたからだよ

70名無し三等兵2017/03/31(金) 23:18:22.37ID:r4DEyU2n
勝ち組になっても安泰じゃないよ
大英帝国は植民地が次々と独立していって普通のヨーロッパの一国に衰退
フランスもアフリカから撤退するか残るかで大揉めに揉めて内戦寸前
蒋介石は台湾に撤退し、中共は大躍進計画で爆死

結局、米ソ超大国以外は悲惨そのもの

71名無し三等兵2017/04/01(土) 00:55:12.80ID:HlaIiBF5
>>69
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw
Evaluation: Average.

72名無し三等兵2017/04/01(土) 06:30:21.14ID:GY6ogQgf
>>70
まあ、日本が勝ち組になっても朝鮮は間違いなく60年代ぐらいに独立しているね。
アジア・アフリカ植民地諸国の独立ラッシュがあったから、朝鮮人も
ウリも独立するニダーになっていたはず。

台湾も同様かな?沖縄が巻き添え独立したらマズいけどw

73名無し三等兵2017/04/01(土) 08:45:23.90ID:EZw8Hw9F
>>72
何で沖縄が独立すんの(台湾を戦前、ニホンじゃないと見下してたのに

74名無し三等兵2017/04/01(土) 08:59:02.04ID:GY6ogQgf
>>73
一応、明治初期の琉球処分までは独立王朝だったわけだし

まあ、それを言い出すとアメリカでもハワイで独立運動が起こりそうだけどw

75名無し三等兵2017/04/01(土) 09:00:41.25ID:EZw8Hw9F
>>74
擬装でしょあれは

76名無し三等兵2017/04/01(土) 11:08:07.39ID:QnRjUWEy
火龍や橘花を1941年の時点で開発し量産できていれば余裕で勝てたやろな
ハワイも完全壊滅できただろうし

77名無し三等兵2017/04/01(土) 11:41:01.37ID:EZiHy1fl
>>74
対馬が両属になってまう
立地上豪族の立場としては仕方ないとはいえ

78名無し三等兵2017/04/01(土) 18:34:14.50ID:ye3qLEhh
そもそも無条件への出発点は「満州事変」だろ、もう後へは引けなくなった

79名無し三等兵2017/04/01(土) 19:30:57.24ID:hXjT0Xi5
リットン報告書は、日本の権益は認めるという内容で日本有利なものだったけど
当然ながら日本のすべての言い分を丸呑みしたわけじゃない。でも日本は全部認められなければ
と突っ張ったあげく、連盟脱退して孤立した。栄誉ある孤立と当の日本自体がいってたからこの時点で
味方はいなくなった。ぼっちのいじめられっ子が勝ち組にはいれるわけがない

80名無し三等兵2017/04/01(土) 20:55:04.93ID:x1ShVQrL
大恐慌で列強各国が保護主義になって
日本、ドイツ、イタリアとか相対的に海外領土が少ない国は
ブロック経済で締め出されて経済的に追い詰められて
軍事力で領土拡大を図ることになり戦争へと突入したんやで

第2次大戦後に自由貿易体制にすんなり移行できたのは
植民地をもった列強が共倒れ状態になったからで
大英帝国とかピンピンして生き残ってたらそうはすんなりいくまいて

ちなみに大英帝国がアジア植民地の兵力をヨーロッパ戦線に
大動員できなかったのは日本がアジアで荒らし回ったからで
日本も「共倒れ→自由貿易体制」に大きく貢献したわけだな
東南アジアの人々に(独立)戦争の仕方も教えたし

81名無し三等兵2017/04/02(日) 21:06:15.17ID:ACV9QiqN
第二次大戦の敗戦は明治維新から一世紀も経っていない
幕藩体制から一応は議員内閣制での政府に移行してから対外戦争続き(明治には内戦もあった)
まともに考えるなら近代的な軍備を揃え始めたばかりの国が大国相手に戦い続けるなんて無茶もいいとこ
清や帝政ロシアと立て続けに戦って勝ってしまったが故に増長して冷静に判断出来なくなっていたのは間違いない
モンゴル帝国以外に外国から制圧されたことがない中国を何故海を挟んだ日本が制圧出来ると考えてしまったのか

82名無し三等兵2017/04/02(日) 21:16:27.84ID:f7LueMAs
>>81
豊臣秀吉の呪いかな?

83名無し三等兵2017/04/03(月) 05:28:14.21ID:3RXgt8zp
>>81
勝ってしまったから冷静に慣れない?
バカかよくず!
勝って兜の緒を締められないのって所詮は3流国だからだろ。
日本のこういう面はいつまでたってもダメそうだけど。

84名無し三等兵2017/04/03(月) 06:14:50.64ID:azt6B0So
>>83
兜の緒を締められないのは隣国にもあるからな。

もって他山の石にすべし

85名無し三等兵2017/04/03(月) 06:24:56.64ID:4RQYSmNA
>>84
中国なんて度々リセットされてるか。

86名無し三等兵2017/04/03(月) 06:35:33.03ID:qY8qJUxZ
ナチスも緒戦の勝利でヒトラーがつけあがってソ連に攻め込んで前線をいたずらに広げる絵に描いたような愚策を見せた

87名無し三等兵2017/04/03(月) 06:37:41.39ID:4RQYSmNA
振り上げた拳はどこかにぶつけなきゃいけないんか。
なんら論理性の無い話だけど、歴史は意外に非合理で出来てるってことだな。

88名無し三等兵2017/04/03(月) 06:38:07.98ID:z8LcuSwV
>>80
イギリスが幕末日本に積極的に干渉できなかったのは
インド大反乱で本国植民地問わず全軍インドに投入してるからっていう事情もある

89名無し三等兵2017/04/03(月) 21:43:12.47ID:hYzrfbMr
戦勝の記憶は国を惑わす麻薬だよ
中共とか小国相手の小さな紛争でもコレを味わっちゃうと止められなくなるだろう
ましてや日本との小競り合いに勝とうものなら

90名無し三等兵2017/04/04(火) 05:33:36.58ID:UDMHUCyu
海を越えて攻めて行く困難さは熟知していなければならない日本が海外に攻め込んで行ったのが間違いの元
外地で戦闘して更にそこを占拠の後に統治下にまで置くことがどれほどの負担を強いるか(そして日本がそれに耐えられないこと)を考えられなかったことこそ敗因の根底にあった
海軍の戦闘艦艇は迎撃戦に使うつもりで整備されて(その方針は間違っていない)きたのに積極的に攻めて行くのに使ってしまった
真珠湾を攻撃するのが決定した時点で日本は敗戦の道に踏み込んでいた

91名無し三等兵2017/04/04(火) 08:46:02.76ID:yvHu01yb
>>90
だから日本は中国とだけ戦争すれば絶対に勝ってた。

92名無し三等兵2017/04/04(火) 20:37:05.56ID:UDMHUCyu
>>91
そもそも中国と戦争する意味があったのか
群雄割拠の状態だった中国の中で親日に成りうる勢力を見極めて支援して政権樹立後に同盟締結して経済的利益を確保、または可能ならばだが各勢力の調停役となって政権がどのようなものとなっても影響力確保といった選択肢もあった
日本のみならず列強の帝国主義にとって戦争が外交・経済の手段ならば直接戦火を交えずに権益確保ならば底コストで目的を果たせる
確か英国の格言だったと思うが「一番酷いのが負け戦で次に酷いのが勝ち戦」というのがある
無手勝流こそが古今東西を問わず最上の方策で、戦争に踏み切るのは他の選択肢を選べなかった、もしくはしくじったからだ

93名無し三等兵2017/04/04(火) 21:46:04.65ID:RfWlhshU
>>92
> そもそも中国と戦争する意味があったのか

日本古来の工芸品たる日本刀は、大陸打通作戦でチンピラゴロツキ3500万を殺戮する大戦果を挙げた。
けれどもその分、工業技術の発展が米英独ソよりも大きく遅れてしまった。
というか福沢諭吉の「脱亜論」で書かれているように、明治国家はチャンコロ対策が最終目的だった。
だから工業で米英独ソに及ばずとも、チャンコロチンピラゴロツキを壊滅させたのだから万々歳だ。
対日戦争がオマケつーなら日中戦争はオマケのそのまたオマケで、中国人は人間扱いされなくなってしまう。
チンピラゴロツキ3500万を日本人の軍刀で斬り伏せ、かつ中国への賠償金はゼロ。
日本刀の切れ味は日本古来から伝わる不思議な日本人の魂が宿っており、中国人はその体で思い知らされた。
中国人は老弱男女全てが殺戮の標的物だった。まさに野球で言えば0点に抑えた快挙だった。

94名無し三等兵2017/04/05(水) 11:04:23.93ID:WZeDIBof
>>93
日本古来の‘工芸品’たる日本刀

馬鹿か!?
日本刀は武器たる刃物であり消耗品だ
これは古今東西全ての実戦用の刃物に共通する
飾り物としての刀ならば工芸品と呼んでも構わないだろうが
それと日本刀は元々は補助的な兵器で飛び道具こそが主力武器
○○一の弓取り(東海一とか日の本一とか)という賞賛の呼び方があるのは弓矢が主力武器だった証
無知を晒して恥をかく前にもうちょっと勉強してから出直してこい

95名無し三等兵2017/04/05(水) 13:37:17.61ID:MijrIVvV
>>94
中国人なんてゴミみたいなものだ。

96名無し三等兵2017/04/05(水) 17:37:22.06ID:M4+BHROb
昭和天皇がルズベルトの前でアキラ100%の全裸芸を披露し日本は米国に敵意はありませんよ、朕さらすに してたらピカドンは落ちなかっただろう

97名無し三等兵2017/04/05(水) 18:22:13.20ID:YgWxMjT3
1941ってゲームの戦闘機、双発なのに運動性がいいな。
あれがあれば制空権は我が方のものだ。

98名無し三等兵2017/04/05(水) 20:46:22.90ID:WZeDIBof
>>95
捨て台詞した残せない程己の無知と晒した恥の大きさがショックだったか
笑える

99名無し三等兵2017/04/05(水) 21:54:41.04ID:MijrIVvV
>>98
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

100名無し三等兵2017/04/05(水) 23:33:54.35ID:WZeDIBof
>>99
つまりお前は日本人ではないという事か

101名無し三等兵2017/04/06(木) 00:13:29.74ID:IZblfot0
米国と中国を分け合えばよかった

102名無し三等兵2017/04/06(木) 08:26:39.17ID:p/aSLrCK
今のように米国てか世界が市場開放してれば
て方が大きいような。

その後、拡張政策は一切取ってないでしょ

103名無し三等兵2017/04/06(木) 09:32:48.05ID:+Qv8Ouwb
>>102
ソ連は立派に領土拡張してるが?

104名無し三等兵2017/04/06(木) 09:54:16.86ID:pNgvsyq7
>>103
その七割近くが未開発の極寒凍土や広大森林、広ければいいと言う訳でもないね

105名無し三等兵2017/04/06(木) 10:14:43.92ID:+Qv8Ouwb
>>104
カリーニングラードは?

106名無し三等兵2017/04/06(木) 10:36:07.91ID:svQzXAIM
安定して資源掘れるようになったのってせいぜい80年代からだからなあ

107名無し三等兵2017/04/06(木) 12:04:31.99ID:Mfnagr+V
資源はその時点の技術で利用可能な物でなければ意味が無い
満州の石油はその点で無意味だったがボルネオのニッケルは惜しかったな

108名無し三等兵2017/04/09(日) 20:17:07.03ID:t/aTnQpe
イギリスと手を組むとか面白い書き込みあるな
確かに開戦やむなしで陸軍はフィリピン上陸、海軍は真珠湾攻撃、ウェーク島攻略した後は、もう太平洋には積極的侵攻せず陸軍に同調
具体的に言えばイギリス、アメリカの援蒋ルート、援ソルートの徹底攻撃(輸送船団、港湾設備の破壊)
チャーチルが周囲の反対を押し通し送り込んだ東洋艦隊の増援部隊と決戦しこれを撃滅
(記憶だと確かイギリスは確か空母3隻?、間違ってたらスマン、日本は正規空母全て注ぎ込む、この頃の英の艦載機はフルマー、スクア、ソードフィッシュとかなので同様の条件なら五分以上の結果にはなると思われ)
インドのイギリス軍を孤立させ、出来ればセイロン、カトマンドゥ、インパールを攻略(陸軍は中国と東南アジアで忙しいだろうから主力は海軍陸戦隊か?)
外交としては日本はチャンドラ・ボースを徹底支援しインドの自主独立に協力する
そしてアジアの英軍が機能しなくなった所でイギリスに講和を持ちかける
駄目そうならそのまま海軍の残存主力部隊が西進し南アフリカ経由でエジプトに向かうイギリスの輸送船団を徹底攻撃し北アフリカとスエズをロンメル軍に奪取させる、そしてイギリスに講和を持ちかける
日英同盟の再締結とかロマン溢れるやん?
ただし1944年を越すとアメリカの戦艦が続々復帰するからそこだけ注意な

109名無し三等兵2017/04/10(月) 08:26:56.68ID:7R5JzluQ
海上航空兵力の規模を考えると日本と手を組むのはイギリスにとってメリットがある
日本から機動部隊を派遣してもらえれば海上交通を脅かすドイツ戦艦の脅威に対処しやすくなるからね
それに大戦終結後にソ連と対峙することを考えると日本との同盟は重要になる
史実ではNATOが誕生したが、日英同盟を足掛かりにアメリカを挟んで大西洋と太平洋に跨がる広大な軍事同盟を結成して対ソ包囲網を築けるからだ
史実でのNATOと日米安保がそれぞれに存在する状況より遥かに強力
勿論日英同盟再締結の為には日本側が政策変更せねばならない点が当然出てくるが、長期的なメリットを考えられる頭があったら事態打開の好機に繋がると理解できる
まあ、実際には脳筋同然の馬鹿な軍人が後先考えないで政治に手を出した挙げ句に国を潰しかかったんだが

110名無し三等兵2017/04/10(月) 12:51:03.50ID:qebU4K9D
つーか、ハルの最終案の一歩手前で、枢軸から抜けるって言えば勝ち組入りできたってだけの話では?
まぁその後も立ち回りは難しいってのはあるんだが

111名無し三等兵2017/04/10(月) 16:13:34.42ID:7R5JzluQ
対中国戦でドイツ製戦車を捕獲してるが、戦車とは名ばかりの自走機銃座を戦闘用にしてしまうナチスドイツの実力を何故過信してしまったのか
普通思想的なことを除いても奴らと組むのは激ヤバだと気付くだろうに

112名無し三等兵2017/04/10(月) 20:16:22.64ID:M1Db6PdV
ドイツは伝統的に欧州の嫌われもんで、あそこと組むとろくなことにならない。
でも他に組むのがいないとドイツと組むしか無い、そしてやっぱりろくなことにならない

113名無し三等兵2017/04/11(火) 08:44:47.02ID:96jJPBXv
そのドイツすら唖然とさせた真珠湾の逆ギレ騙し討ち…、同盟のよしみで対米戦に加わってやるがせめと通告しろと

114名無し三等兵2017/04/11(火) 08:52:49.02ID:+kraYRYc
真珠湾はまだ良いよ
可能な限りタイムラグを抑えようとしてはいるが、一応宣戦布告するつもりではいたから
最初からそのつもりすら無かったマレー攻略は、ちょっと弁護のしようがない
まぁこの「布告同時攻撃」は、プロイセン直伝だったりするしw

115名無し三等兵2017/04/11(火) 09:43:37.31ID:eXjF00ZK
>>113
>同盟のよしみで対米戦に加わってやるが

総統閣下は皇軍の勇気に感嘆すると同時に、その武装と技術の悪さを嘆いた。そこで訪独潜水艦に
ドイツ兵器を満載して、これで大陸打通やってこいと、総統閣下は激励してくれた。
ソ連は日ソ中立条約で、チンピラゴロツキ討伐を支持してた。ドイツ降伏後もすぐには参戦せず、
これまたチンピラゴロツキ討伐への理解の現れだった。
大陸打通作戦が成功したのも 、米国がドイツ打倒優先で米軍主力をヨーロッパへ向けたから。
大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

116名無し三等兵2017/04/11(火) 11:02:05.34ID:tQFoQvLd
>>110
それすると今の北朝鮮やフセインイラクコースでじり貧化する
どっかのタイミングで攻め込まれて滅亡は避けられん
ってか北朝鮮こそが規模縮小版軍国日本だと思うべし

117名無し三等兵2017/04/11(火) 12:03:22.92ID:UKqnKfyy
北朝鮮の弱点は戦争に負けることだな。どうあがいてもアメリカには勝てない。
なので米軍に攻撃されても何もできない。反撃すれば北朝鮮が滅亡するからな。
これはアサドが攻撃されても反撃できないのと同じ。反撃すればもっと大規模に攻撃されるだけだからな。

118名無し三等兵2017/04/11(火) 12:13:19.57ID:tQFoQvLd
このゲームで重要なことは、アメリカの敵認定を徹底して避けるってこと

戦後イギリスもバブル日本もアメリカに敵認定された結果ガタガタにされたわけだし

119名無し三等兵2017/04/11(火) 13:15:18.86ID:KxRpkeA3
1941年の時点で連合国側に転向する場合、朝鮮半島と台湾とリャオトン半島以外のシナから撤退が条件に付きつけられる
当然、これを機にユーラシア大陸から日本を一掃したいアメリカとソ連は、米内やアカヒの尾崎とかを用いて、内乱を生じされるだろう
もちろん、馬鹿近衛首相では対処できず、天皇陛下みずからが兵を率いてそれらを鎮圧し最悪の事態は回避するも、
陸海軍ともに中堅将校の1/4をクビにせざるを得ず、これがどちらに転ぶかはわからん

満州国の25%(約1000万人)、そしてシナ占領地域から最低200万人〜最高1000万人が日本領へ逃れてくる
それを機に朝鮮半島風俗の根幹を駆除することになり、李コウが今度は大逆を働こうとしていることにして実施し、満州国・シナから逃れた人々を入れた

また仏印からも撤退し、ドクー将軍らは日本へ政治亡命し、代わりに自由フランス軍の要請を受けたアメリカ軍が入る
大和型戦艦の四五口径九四式四〇糎砲が新開発された五〇口径九六式四〇糎砲へ変更

(ほぼ)ドイツと戦争をしている英仏ソ、条約により手が出せない日本タイに替って、
アメリカがいつものように「強引な入植」を行い、シナの底なし泥沼に足を突っ込み国力を失ってゆく

逆に朝鮮問題を片付けた日本は、アメリカ・ソ連の軍需工場となり、基礎工業力を増してゆく

120名無し三等兵2017/04/11(火) 13:42:45.63ID:ePsMPkCL
結局結論は

戦争やって破滅しないと態度を改めることができませんでした

ジャアアアアアアアップ

121名無し三等兵2017/04/11(火) 15:42:52.07ID:GaWChfwa
そんなもの軍人が政権握った時点で決まったようなもんだろ

122名無し三等兵2017/04/11(火) 19:26:50.76ID:FyMLb6wZ
現役陸軍大将で、総理大臣で、陸軍参謀総長に一介の参謀が公の場でバカヤローと叫んで
一切お咎めない国と軍人国家ですらない

123名無し三等兵2017/04/12(水) 01:47:56.86ID:dUht6E20
軍縮条約に不満だと世迷い言をぬかした時点で日本軍人のセンスの無さが丸分かり
欧米諸国は対日だけの為に軍備を整えてる訳ではないと理解できていなかった
例えばアメリカは海軍兵力を大西洋側と太平洋側に振り分けねばならないから、単純に考えて日本はアメリカの五割を超えれば充分すぎる抑止力となる
実際には一度に投入可能な戦力を考えれば日本側がアメリカ側の五割を切っても、日米のサシの勝負を考えれば相手に開戦を躊躇させられるだろう
だいたい生産力の差を前提としていたから個艦の性能で凌駕しようと考えてたのに、軍縮条約で仮想敵国に規制をかけるのが不満だというのは矛盾だと気付いていなかった

124名無し三等兵2017/04/12(水) 05:34:00.65ID:6LBBias1
>>123
>軍縮条約に不満だと世迷い言をぬかした時点で日本軍人のセンスの無さが丸分かり

日英同盟が解消されたり排日移民法が出来たりで、日本人は米英を信用しなくなった。

125名無し三等兵2017/04/13(木) 01:55:25.69ID:nFTyIVCL
>>124
対ドイツや対ソ連に日本が必要となれば手の平返すよ
ソ連はナチスと組んでポーランドに攻め行ったのは当然米英だって分かってるが対ドイツで必要となればレンドリースで支援した
戦犯の筈のスターリンと会談もした
大戦後にはソ連と睨み合うことになるのも百も承知の上でだ
日本が必要と認識させれば打算と妥協により取り敢えずは味方になる

126名無し三等兵2017/04/13(木) 04:39:41.50ID:n5/QhdYo
加藤 脚本では、マッカーサーは最初はちょっと傲慢な感じで、陛下が「すべての罪は私にある」と言った
途端に「すべて陛下のお力添えによるものです」と、態度を変えるように描かれる。そこを国体の転移とみて、
すべての精神の接受がなされたとみる。
佐藤 そうです。そしてこの昭和天皇の、すべての罪を一身に、というのは完全にキリストですよね。
〔中略〕罪なき者が罪を背負うという構図、キリスト教文化圏の人にはわかりやすい。

http://mdebugger.blog88.fc2.com/blog-entry-93.html

127名無し三等兵2017/04/17(月) 09:23:22.85ID:XdTjjKlM
マッカーサーは第一次大戦で敗戦国ドイツの皇帝が亡命したのは無論知っているだろう
どころが日本のエンペラーは逃げも隠れもせずにサシで自分に会いに来て、責任を自ら被るから国民を助けてくれと言ってきたのだから驚愕したのではないか
このような人物が戦争を主導したのか、首謀者は他にいるのではないかと疑問に思ったとしても不思議はないのでは

128名無し三等兵2017/04/18(火) 01:04:28.37ID:gxhfXdJ/
1941つーと
満州の権益をアメリカと共有にするとかかな。
元々、日米の対立はシナの利権を巡るものだし。

問題は軍隊をどう抑えるかだな。

129名無し三等兵2017/04/18(火) 21:46:26.38ID:Y7XFdGHO
軍人が勝手な真似をした時に寛容になりすぎたな
5.15や2.26の時みたいな事件が幕藩下で起きたら当人どころか一族郎党も連座させられかねなかったが明治→大正→昭和と時代が進んでいくうちに軍人が内乱を起こしても許されるか極刑を避けるようになったのが増長させる一因になった
2.26の時など、何も知らずに動員させられた兵には気の毒だが投降を許さず反乱者として殲滅し、特に首謀者を捕らえた場合は公開で斬首とか苛烈な処分をしていれば軍部も態度を少しは改めたかもしれない

130名無し三等兵2017/04/20(木) 00:21:00.82ID:DMlbIuRz
>>129

政治家が何もしなかったから、国民軍である下級将校と兵が決起し、国民もある程度支持した
特に東北地方の娘身売りは中学校の社会で習っただろ

しかし、5.15の主目的はロンドン海軍軍縮条約締結の報復と言われているが、これを締結したのは2つ前の濱口内閣
その濱口は暴漢に襲撃され、統帥権干犯を引き合いに出す鳩山一郎ら立憲政友会(犬養毅もこの党所属)の執拗な登壇要求で死亡

だから、5.15の真の目的は大陸進出をさせ、最終的に海軍軍縮条約の破棄を実施する道筋をつけること

それに邪魔な犬養と西田税に重傷を負わせて「警告」し、あとはやるやる詐欺しか行っていない
この時、牧野伸顕内大臣が殺害することで、天皇陛下の逆倫に触れたのは2.26事件の斎藤実内大臣殺害後の行動から明らかであり、
激甘の処分にはならず、軍部暴走を食い止めたはず

131名無し三等兵2017/04/20(木) 01:18:45.52ID:aCW9Pxhh
大陸進出と軍縮条約破棄は財政をさらに逼迫させる原因になるのが分かりきっているのに軍人はやはり阿呆が多いな(全員とは言わない)
娘が身売りをしないですむようにするには軍拡の抑制が効果的だと理解できずに政治家を狙った時点でアウト
仮に軍拡や大陸進出を主張する軍高官を狙ったならば歴史は変わってたろうに

132名無し三等兵2017/04/20(木) 01:22:48.09ID:nCsoxZlq
>>131
>大陸進出と軍縮条約破棄は財政をさらに逼迫させる原因になるのが分かりきっているのに

大陸打通作戦を誇りに思わない日本人は居ないはずだが?

133名無し三等兵2017/04/20(木) 01:28:22.52ID:aCW9Pxhh
>>132
他のスレで叩かれて逃げ出したお前の言葉に説得力無し

134名無し三等兵2017/04/20(木) 04:21:33.57ID:PMvfNOcm
>>133
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

135名無し三等兵2017/04/20(木) 05:15:12.44ID:aCW9Pxhh
>>134
お前みたいな馬鹿がいくら日本人に憧れて遠吠えしても日本人にはなれね〜よ屑

136名無し三等兵2017/04/20(木) 06:46:34.85ID:vOpKeRaM
>>135
中国人なんてゴミみたいなものだ。

137名無し三等兵2017/04/20(木) 06:48:49.83ID:To8uN/rH
>>136
その中国に間接的でも敗北した日本はゴミ以下だw

日本人がゴミ以下だというのは大陸打通作戦を見ても明らか

138名無し三等兵2017/04/20(木) 07:21:20.29ID:65GeEeIB
>>127
ドイツはヴィルヘルムII世が逃げたせいで参謀本部の戦争責任が有耶無耶になって
次の戦争の種をまいてしまったところはあるからなあ

ヒトラーがいなくてもあの参謀本部OBが政権周辺にいる限り遅かれ早かれWWIIは起きてた
だからアメリカはWWIIに関しては徹底的にやってヒトラー以外の全軍人と指示した国民に
責任を負わせた

139名無し三等兵2017/04/20(木) 07:23:16.63ID:65GeEeIB
>>131
最高階級は陸海軍大臣なのに、政治の講義が何一つないという奇怪さが士官学校と陸軍大学

140名無し三等兵2017/04/20(木) 07:42:01.76ID:Dynle8gw
>>137
(間接的)とか入れられるようになったんだw

141名無し三等兵2017/04/20(木) 08:27:44.58ID:vOpKeRaM
>>137
中国チンピラゴロツキ3500万の大戦果がどうかしましたか?

142名無し三等兵2017/04/20(木) 08:53:15.41ID:GD2copf5
>>138
まぁドイツに関して言えば、身から出た錆とは言え賠償金とハイパーインフレでどのみち死亡確定してたからな

143名無し三等兵2017/04/20(木) 10:48:48.78ID:aCW9Pxhh
>>141
お前余所での書き込みで軍刀について『工芸品たる日本刀』とか書いて大恥かいた奴だな
美術品たる日本刀の収集家からは評価の対象外、見向きもされないのが数を揃えるのを重視した消耗品たる兵器の軍刀だと知らないって日本人じゃねーだろバ〜カ(嘲笑)

144名無し三等兵2017/04/20(木) 11:07:46.04ID:uEJi2nPZ
>>127
スイス亡命計画に失敗して松代大本営で泥に埋もれるのを拒んだのちの対応だから命乞いだとバレバレだろ。捕らえた獲物と記念写真撮って使える駒に加えたとさ

145名無し三等兵2017/04/20(木) 13:26:19.49ID:zeqJ4NqR
>>143
でも皇軍が虐殺した中国人は多ければ多いほどお国自慢になるし、また進歩的でリベラルだと思うぞw

146名無し三等兵2017/04/20(木) 20:30:44.06ID:SYHS5ePF
>>141
大陸打通で皇軍精鋭の戦力を引き抜いたおかげで、満州や本土はがら空きになった。
その結果がソ連の満州侵攻とシベリア抑留だよ。

もしアメリカがソ連並みに悪魔だったら、本土の日本人数千万人が強制連行されて奴隷になり、
女学生は数百万人単位で慰安婦と称する性奴隷とされていた。

これが大陸打通作戦の戦果・・・もとい、戦渦だよwww

147名無し三等兵2017/04/20(木) 20:33:47.21ID:Dynle8gw
>>146
アメリカはソ連じゃない。
で、レンドリースした後で大後悔w

148名無し三等兵2017/04/20(木) 20:34:26.09ID:aCW9Pxhh
>>145
中国で弱い者虐めをしていい気になってたら国際的な袋叩きにあって国が滅びかかったのは自慢になるかね?
アメリカがソ連が持ちかけた日本分割統治案を蹴ってなければお前さんの居住地如何によってはソビエト共産党の尖兵またはその末裔の可能性もあったんだが

149名無し三等兵2017/04/20(木) 20:36:16.66ID:Dynle8gw
>>148
中国をボコボコにしたから、あん連中の扱いが
おざなりになった点は、ご存じで?w

150名無し三等兵2017/04/20(木) 20:58:50.08ID:SYHS5ePF
>>147
「鬼畜米英」なんだから充分にありえた。
たとえ、アメリカが鬼畜ではなくてもヒロヒトが縛り首にされることはありえた。
たった3500万人の中国人民の命と引き換えなら、蒋介石は泣いて喜ぶだろうねw

とにかく、大陸打通による中国人の首3500万人という戦果と引き換えに、
国体を損ねたんだから、日本はゴミ以下なんだよ。

151名無し三等兵2017/04/20(木) 21:01:24.88ID:Dynle8gw
>>150
中国が想定していた以上に使いもんにならんかったので、
それは無い。

一応、あの国は600万人規模の陸軍を持ってたこと、
知ってるよね?w

152名無し三等兵2017/04/20(木) 21:43:32.52ID:H78PUuhj
>>146
>もしアメリカがソ連並みに悪魔だったら

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

赤軍はドイツ人から「感謝」されてるのに、米軍はそうではないよな? 何でだ?

153名無し三等兵2017/04/20(木) 21:45:45.81ID:H78PUuhj
>>148
>アメリカがソ連が持ちかけた日本分割統治案を蹴ってなければ

だが無条件降伏して国権を失った敗戦国日本に対しても、ソ連邦の寛大なおぼしめしと対日友好姿勢により、
日ソ共同宣言では平和条約締結後の祝賀品として、歯舞・色丹の2島を譲り受けることが許された。

 『日本が南樺太・千島を放棄し、特に国後・択捉をソ連領として認めるならば、サンフランシスコ条約違反
となる。これは、サンフランシスコ条約以上のことをソ連に認めることになり、この場合は米国としては
サンフランシスコ条約第26条により沖縄を永久に領有する。』 (注1)
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm

にもかかわらずアメリカは「択捉・国後は日本領だ」と横槍を入れて、日ソ平和条約締結を潰してしまった。
東京大空襲や広島長崎の原爆投下を謝罪しないアメリカのやつらが、北方領土で反共反ソ煽ったってだめだ。

154名無し三等兵2017/04/20(木) 21:52:02.64ID:H78PUuhj
>>150
>アメリカが鬼畜ではなくてもヒロヒトが縛り首にされることはありえた

ナチスドイツはベルリン宣言とニュルンベルク裁判で、『犯罪国家』として断罪されかつ消滅させられた。

さきの大戦につきましての天皇の法的な責任のみについて申し上げます。旧憲法下におきまして、
天皇は統治権の総攬者でございまして宣戦 の権能をお持ちになっておられましたが、
国務大臣がそれにつきまして は天皇を輔弼しまして一切の責任を負うことになっておりまして、
天皇 は神聖不可侵であるという規定が旧憲法第3条にあったわけでございます。
この神聖不可侵であるということの意味の一つといたしまして、天 皇は先ほどおっしゃいました
ように無答責である、責任を負わないんだ ということにこの解釈は恐らく争いがなかったこと
であると思います。したがいまして、天皇は旧憲法下におきまして国内法上一切の法的責任
を負うことはないと、このようにされておりました。当時の憲法におい て一切の法的責任を
負うことがないとされております以上は、その旧憲法当時の行為につきまして後になって
法的責任があるというわけにはま いりませんので、国内法上は昭和天皇には戦争についての
法的責任はな いと考えてございます。 さらに、国際法上の問題についてご議論がございましたが、
これはご指摘のとおり、昭和天皇の戦争責任の問題につきましては極東国際軍事 裁判におい
て検討がなされましたが、連合軍が昭和天皇に訴追を行わな かったということはご指摘の
とおりでございまして、昭和天皇の国際法 上の戦争責任の問題は既に決着した問題であるというふうに考えており ます。
(1989年2月14日の参院内閣委における、味村治内閣法制局長 官の答弁)
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1113908/1135955/76203869

対する大日本帝国は継続され、かつ『昭和天皇を免罪にした東京裁判は茶番劇』となるw

155名無し三等兵2017/04/20(木) 22:09:50.45ID:UJHaDRJ3
一応書いておこうか「大陸打通作戦の現実はゼロの進軍を参照の事」

156名無し三等兵2017/04/20(木) 23:25:21.81ID:aCW9Pxhh
>>151
>>149と矛盾してる書き込み笑える
600万人規模の陸軍を相手に外征した挙げ句米英蘭と開戦した身の程知らずな軍隊があったのはどこの国か答えてみろよ(笑)

157名無し三等兵2017/04/20(木) 23:27:47.34ID:kFKd3A7d
>>156
何で最大で見積もっても6分の1以下の軍隊を
追い払えないんだ?

英米とか、結構期待してたようだけどね?
w

158名無し三等兵2017/04/21(金) 02:20:59.17ID:JZzXIQZb
結局なんだかんだ言っても日本は敗戦国
中国は大戦後安保理常任理事国
現在の日本経済は中国人観光客の爆買いに依存して中国人乗客を乗せた客船を港町が必死に誘致
ネトウヨが歯軋りしようがヨタ話をしようがスレに粘着しようがこれが現実

159名無し三等兵2017/04/21(金) 02:50:27.08ID:sVJaWQUt
>>158
>結局なんだかんだ言っても日本は敗戦国
>中国は大戦後安保理常任理事国

1 ドイツ軍はスラヴ人を大量虐殺したが、スラヴ人は断固反撃してファシストドイツを粉砕した。
2 日本軍はチンピラゴロツキを懲らしめるために出征し、チンピラゴロツキは小便ちびって逃げ回った。
3 チンピラゴロツキは逃げ回った恥を隠す為に、極悪な日本軍に虐殺されたと騒ぎ出した。

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗!

160名無し三等兵2017/04/21(金) 03:34:19.65ID:JZzXIQZb
>>159
お前が書き込んだ文字は中国にルーツを持つ
漢字は中国伝来
片仮名と平仮名は漢字を崩して作られた文字
中国由来の文字で読み書きをしているお前自身が滑稽な存在
ところで少しは日本刀の知識は増えたかな?
軍刀を工芸品などと書いて無恥を晒して逃げ出した負け犬野郎

161名無し三等兵2017/04/21(金) 06:01:30.00ID:uraw7LRQ
>>158
何かバブル期の日本を見るような感覚だな

と日本に寄港したQueen Elizabeth Uで
ステーキを食った事のある俺が一言。

ちなみに板食ってるような感じだったぞ?

162名無し三等兵2017/04/21(金) 06:30:49.13ID:sVJaWQUt
>>160
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

163名無し三等兵2017/04/21(金) 06:37:22.80ID:24v9N7c+
日本人の中でも中国人より劣等な奴らがネトウヨやってるだけだよな

164名無し三等兵2017/04/21(金) 06:57:14.37ID:uraw7LRQ
>>163
8割いるんか?

165名無し三等兵2017/04/21(金) 07:08:20.22ID:yRXhVIG4
日本人は優秀だが、大陸打通作戦を実行して日本を破滅に導いた
ゴミ以下の存在でもある。

166名無し三等兵2017/04/21(金) 07:23:22.22ID:uraw7LRQ
関係ないんじゃ?
だっつうね

167名無し三等兵2017/04/21(金) 07:57:39.87ID:2qJIhu6T
>>165
大陸打通作戦は日本史上、最も輝かしい偉業なんだが?

168名無し三等兵2017/04/21(金) 07:59:49.54ID:R7C+1j54
>>167
ああ、日本を滅ぼしたという(中国から見て)輝かしい偉業ですなwww

169名無し三等兵2017/04/21(金) 08:01:45.37ID:uraw7LRQ
>>168
滅んだ?

170名無し三等兵2017/04/21(金) 08:03:28.41ID:R7C+1j54
>>169
現在、大日本帝国は存在しているか?

中華民国は存続しているけど・・・

171名無し三等兵2017/04/21(金) 08:03:46.89ID:2qJIhu6T
一万円札に描かれた福沢諭吉が著した『脱亜論』は、1944年の大陸打通作戦で体現された。
中国人に対する日本人の圧倒的な優越感、チンピラゴロツキチャンコロと呼んでやればいい。

172名無し三等兵2017/04/21(金) 08:04:11.22ID:V/KD9zBc
ぶっちゃけ中国人にとって近代国家(国民の意識的な意味で)ができた時点で日本にとって勝ち目がかなり薄かったんじゃなかろうか
それまでの政府(王朝?)だったら首都を落とせば自動的に勝った
それだったら日本軍も余裕でできたけど
首都が落ちようが指導者が生きてる限り(最悪死んでも後継者がいる限り)パルチザンでもなんでもして日本軍に抵抗できるようになった
こうなると必要になる軍隊の数が違う

173名無し三等兵2017/04/21(金) 08:05:02.91ID:2qJIhu6T
>>170
>中華民国は存続しているけど・・・

中華民国の国家主権は、地球上のどこに?

174名無し三等兵2017/04/21(金) 08:06:59.15ID:R7C+1j54
>>173
中共のイヌ乙!

175名無し三等兵2017/04/21(金) 08:08:16.06ID:uraw7LRQ
>>170
ん?台湾の奴?

176名無し三等兵2017/04/21(金) 08:08:52.22ID:uraw7LRQ
>>172
外からの支援が大きいだろ?

177名無し三等兵2017/04/21(金) 08:22:42.46ID:JZzXIQZb
>>162
>>173
ID変えたのワザとか?
頭がいくら悪くてもまさか他人を装えるとは思ってはいないよな
日本文化は言語以外にも中国の影響だらけ
日本刀の製法が確立する以前は中国産の直剣を使用
空手は中国武術の影響下で確立した(かつての達人の中には中国で修行した人物もいる)
仏教は中国を経由して伝来
さらに現在では宇都宮や浜松では餃子が名物、横浜では焼売が有名
カルチャーセンターでは健康増進に太極拳教室開設

178名無し三等兵2017/04/21(金) 08:24:01.13ID:cmP+Ebsy
>>176
それを止める為にはその外と戦うか戦域を広げる羽目になるだろ?
例によって日本軍どっちもやったけど笑

179名無し三等兵2017/04/21(金) 08:32:41.71ID:uraw7LRQ
>>178
いずれアメリカとは戦わざるを得なかったと思うが。

超弩級(まあ長門まで)戦艦を揃えても足りん案配だしな

180名無し三等兵2017/04/21(金) 09:47:46.42ID:5gQcmzmP
>>177
中国人なんてゴミみたいなものだ。

181名無し三等兵2017/04/21(金) 11:33:23.25ID:JZzXIQZb
>>180
社会の寄生虫なお前が他人をゴミ扱いとか(笑)

182名無し三等兵2017/04/21(金) 21:29:29.11ID:tz2+SBRb
独ソ戦前までなら四国同盟におわせて日米交渉まとめることはできそう。

183名無し三等兵2017/04/21(金) 23:27:10.00ID:BpgFdbDj
5.15改(>>130)で
海軍は艦隊派と時の海軍三長官と軍令部次長を全員予備役に
陸軍は統制派を全員左遷、そして時の陸軍三役と参謀次長を全員予備役に
また、それを招いたとして、宮様である参謀総長・軍令部総長どちらとも自主退官

海軍大臣大角岑生
軍令部総長伏見宮博恭王
GF長官小林躋造
軍令部次長高橋三吉
艦隊派
満州特務機関長小林省三郎
横須賀鎮守府司令長官山本英輔
呉海軍工廠総務部員山下知彦
軍令部参謀石川信吾(「日本之危機」大臣不認可状態で出版したカド)
大将加藤寛治
第二艦隊司令長官末次信正

陸軍大臣荒木貞夫
参謀総長閑院宮載仁親王
教育総監武藤信義
参謀次長真崎甚三郎

184名無し三等兵2017/04/23(日) 19:54:45.87ID:QOs0FUgt
負けて戦後勝ち組になった

大陸利権に囚われてたら中国人・韓国人がもっと押し寄せて
今頃は各県に中華街とコリアンタウンができて
分離独立とか補助金おかわりでめちゃくちゃになってただろう

185名無し三等兵2017/04/24(月) 00:20:34.35ID:v7nZncj3
>>172
日本軍が機械化されてないから勝てなかった。日本軍が占領できたのは鉄道が通ってる
場所だけだった。

186名無し三等兵2017/04/24(月) 01:05:48.98ID:VzuVKjzA
>>185
大陸打通作戦は日本人の誇りだが?

187名無し三等兵2017/04/24(月) 01:34:59.60ID:aJCE2ukN
>>1
1941年じゃ無理
基本ABCD包囲網前にナチスの独ソ協約を違反とみなし、協定破棄を宣告
米、英、蘭に接近して
「日本は反ナチスであり、ナチス接近行為は脅威を理解してなかった、世界の動きに対した鈍感であった。またダム水没住民虐殺などの虐殺政権国民党をファシストナチスが支援したために
この危険なテロルとナチの接近を阻害するための止むざる行為であった。今その接近の脅威はなくなり、ナチスの世界的脅威が巨大になったので、日本はアジアの国として反発する。
ここで反ナチスの戦闘の正当性を理解し、英蘭には支援を惜しまない。
その代わり、アジアにおけるテロルでありナチス接近者の虐殺ミリタリスト国民党への接近はやめてほしい。
ヨーロッパのファシストナチスを叩くのに、日本が強力するならば、アジアにおけるファシスト国民党がいかに中国人を虐殺し、凶悪なテロ集団であるか理解し、このテロルとの闘争を理解、支持してほしい」

はっきりいってこれだけやって反ナチだけやればいいのよ。あのナチスの裏切りだで、外務省でもノーってやり方やん
ところがチンパン松岡と馬鹿すぎる能無し国会議員こそは超党派で「世界新秩序、独、露、日のユーラシア新秩序構想」とかを本気で信用した
でこれが反米英主義→アメリカの制裁→海軍戦争準備→開戦となった

188名無し三等兵2017/04/24(月) 01:35:51.60ID:aJCE2ukN
つまり対米英反発→包囲網ってのが最大の遠因でこれは政治家の馬鹿すぎる帳尻が作った。
つまり足し算、引き算じゃなく、目先政治、外交の無能、国会議員の蒙昧でできた

そしてこれは一切合切陸海軍にスケープゴートできないんだよ。なぜなら当時軍+産業界の軍産複合体は出来上がってた
でもこの総裁は明確に内務省側、内閣側にあるので、ここに軍責任なんてもんはないんだよね
明確にそういった軍産複合体は明確に政府責任ー内務省ー商工省ー大蔵省の経済選択都合による責任ってなるんだよね

そしてここに軍恫喝という明確な行いや組織的行動はなくて、日本陸海軍は2つのテロルによって天皇の不審を買った、また明確にこの際に陸海省込みで
軍革命主義、国家改造主義者にたいして敵視と監視を行う路線が決定した
また国家改造主義、革命主義者の両方が明確に226で死亡したため、そういった政治派軍人の勢いは弱体化した
海軍にはそういうグループが残ってたけど、所詮開戦主義、対決主義者なんだけど、あれらは少数派で
脅しと工作は行ってない、世論操作に強力したけど、それまだ1940年時点では影響なかった

じゃぁ軍の転覆主義、恫喝、脅迫などのミリたリズムがないなら、それは馬鹿すぎる4カ国構造という園児の絵図を描いて信奉する
無知蒙昧な政治家に責任がある。それこそあれはその場の帳尻絵図で計画性、実現性、外交性が一切ない空想で幼稚な絵図でしかないのだが
それを公然と信奉できたのが日本のチンパン国会議員(同盟における協力利益、目的の共通性、国体、政治思想の共通性、軍事係争、パワーバランスなどの諸問題を無視した「目先願望主義」)
でそれこそまともな式学、論理で自体の実現性を計算して、はじめてそれが政治選択になったのに、当の国会議員は馬鹿な国家改造主義者だった

189名無し三等兵2017/04/24(月) 01:38:01.53ID:aJCE2ukN
であるから、たぬき条約の4カ国同盟の偶像を信奉して、反米英路線を決定した日本の国会議員の責任と罪は重い
そもそもそれが実現不可能ともあの議員は一切理解してなかった
そして松岡が暴走し海軍と決定して仏員進駐を決定暴走
そしてそれを誰も諌めなく、わかりきってたアメリカの制裁にあとから全員でブルって、それほど全員が先の見えない能無しで
その挙句開戦にいたり「スケープゴート」のために軍事内閣を自主的選択した
ここに東條の政治責任は開戦状況的になければ、戦争指揮権そのものがなく、それサイパン戦にしか決定権がなく
負けてすぐ政治的に追い出された、よって明確に東條もかつがれただけで、サイパン敗戦責任以外一切ない

よって政治家の罪は絶大で政治家はスケープゴートする。あの岸もその一人で
あれも一つの危険なフィクサー

つまり政治責任と失敗は蒙昧政治にある

190名無し三等兵2017/04/24(月) 01:44:09.50ID:aJCE2ukN
1940年にあそこまで政治家が馬鹿な偶像を信じ込めるなら負ける
明確に政治責任があるならば、それは東條ではなく、近衛と能無し政治家にあり

最大的に民主政治家の無能ともうまいを未だ認めず、政治家の戦争責任を認めない今の政治家にある

191名無し三等兵2017/04/24(月) 01:58:11.72ID:Qk5X/VYt
でも大陸打通作戦は日本人の誇り!

192名無し三等兵2017/04/24(月) 04:23:54.16ID:OMAIOPcA
アホの軍人が政治に口をはさむから

193名無し三等兵2017/04/25(火) 04:55:53.69ID:zuGSFZa0
打通なんて痛いオツムで無理な事を考えてしくじった
補給もままならんのに外征なんて無理なんだから

194名無し三等兵2017/04/25(火) 05:20:57.01ID:qRrGea6d
>>193
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

195名無し三等兵2017/04/25(火) 05:39:23.12ID:EIICjDLn
>>194
優秀さを恐れるがゆえに、中国の日本民族抹殺を計画しており、
南京大虐殺と打通作戦の戦禍を口実にしている。

196名無し三等兵2017/04/25(火) 05:42:50.69ID:IhMmeokF
>>195
でも
出来なかったよね(国民革命軍の兵士は日本に赴任できると思ってたようだが

197名無し三等兵2017/04/25(火) 08:11:11.72ID:zuGSFZa0
大陸打通なんて結局できなかった
戦線は膠着しソ連が攻め込むと軍幹部は部下や民間人を置き去りにして逃亡
これが日本人だった
残念

198名無し三等兵2017/04/25(火) 08:15:29.89ID:457GdxEe
アメリカは中(華民)国捨てたよ

199名無し三等兵2017/04/25(火) 08:24:49.42ID:paUUrwl9
>>197
中国人なんてゴミみたいなものだ。

200名無し三等兵2017/04/25(火) 14:52:04.69ID:zuGSFZa0

などと社会の屑がヘイト発言
本格的な右の人々はヘイトを否定するそうな

201名無し三等兵2017/04/25(火) 19:36:35.31ID:rHmB6MEN
>>200
大陸打通チンピラゴロツキ3500万の大戦果がどうかしましたか?

202名無し三等兵2017/04/25(火) 21:20:00.78ID:bU9sY94G
>>201
その結果、ソ連に攻め込まれるという情け無い結果にwwwwwwww

大陸打通作戦のせいで皇軍の精鋭は中国大陸に取り残されて本土はがら空きも同然だから、
天皇陛下のご聖断が無ければ日本国民は3500万人ぐらい死んでたねwwwwwwwwwwww

203名無し三等兵2017/04/25(火) 21:46:11.13ID:IhMmeokF
>>202
死なねーよ
馬鹿か?

204名無し三等兵2017/04/25(火) 21:53:43.25ID:bU9sY94G
>>203
中国兵には殺されないけど、中国に雇われた米兵とソ連兵に日本人は始末されるよw
大陸打通に送り込んだ皇軍の精鋭が本土にいれば防衛できただろうに・・・

中国の戦略的大勝利wwww(戦後はシラネ)

205名無し三等兵2017/04/25(火) 21:57:19.81ID:KDFO5rSZ
>>1
そんな歴史的架空よりもガンダムを語ろうぜ

206名無し三等兵2017/04/25(火) 22:08:42.48ID:IhMmeokF
>>204
Chinkに雇われるって?

207名無し三等兵2017/04/25(火) 22:19:52.42ID:zuGSFZa0
>>201
丸腰の女子供を襲って略奪するのを戦果と強弁してソ連が攻めて来たら幹部は逃走、残された兵は惨敗シベリア送り、民間人にも死傷者多数の帝国陸軍上層部の無責任な醜態

208名無し三等兵2017/04/26(水) 01:00:36.66ID:8SUQVraN
>>207
>丸腰の女子供を襲って

東京大空襲や広島長崎の原爆投下のことですか?

209名無し三等兵2017/04/26(水) 06:33:57.23ID:y4JX/8Es
>>208
中国の要請で行われたんだよね?

中国の戦略的大勝利!!!(戦後はシラネ)

210名無し三等兵2017/04/26(水) 06:36:47.72ID:ieolRajM
>>209
大陸打通中国チンピラゴロツキ3500万匹のゴキブリ駆除行為がどうかしましたか?

211名無し三等兵2017/04/26(水) 07:01:26.79ID:y5WzNM8z
>>210
その代わり、高貴で気高い日本民族310万人が死んだ。

お前の理論では、日本人1人の命はチンピラゴロツキ中国人10匹程度の価値しかないというのか?

212名無し三等兵2017/04/26(水) 07:35:51.69ID:B94ALdqi
>>210-211
まあ、神に選ばれしアングロサクソンに比べたら、チンピラゴロツキ中国人も
イエローモンキーのジャップもハエとゴミ程度の違いしかないねw

というわけで、1941年時点では黄色い猿の知恵では勝ち組になるのは不可能!
(とスレの趣旨に戻る?)

213名無し三等兵2017/04/26(水) 08:05:37.97ID:iF9rjW6i
>>211
火力差考えるとねえ

南は守ってた筈のベトナムでも百万死んでるし

214名無し三等兵2017/04/26(水) 11:03:04.03ID:XDd/e6Ch
>>210
欧米各国(ナチスドイツ含む)から日本人はジャップという名の害虫扱いされてたが何か?
ヒトラーの著書を日本人ヘイトの部分だけスルーして和訳版出した日本をどう思うのか簡潔に答えてみな

215名無し三等兵2017/04/26(水) 12:12:11.27ID:iF9rjW6i
>>214
利益考えてそうなってるの?

216名無し三等兵2017/04/26(水) 14:57:31.06ID:MngCJjzV
海外の身内同士の紛争ビジネスは他人事としてノラリクラリ傍観しよう。

我が国の場合、旧憲法下の1941年時点では手遅れ。
少なくとも明治維新前からやり直さないと。
そもそも倒幕思想の薩長が武器商売人に利用された。
たまたま無血開城で国内の身内争いは長続きしなかったが、
明治憲法施行で日本国が対外戦争経済システムに組み込まれた。
英国金貸し屋が支援した理由は露西亜の東西での紛争同時多発化へ
日本を巻き込むため。
たまたまの連戦連勝で、根拠無しの自尊心や優越感を国家的に増長し、
まさかの連盟脱退で孤立化。
<この辺りは現在の東アジア某国に近い。>

資源問題があったとはいえ、自作自演の事変等での東アジア介入や、
満州移民で一般大衆を巻き込むことに成功。

強国の米国を殲滅するのは不可能というのが当時の常識なのに、
無謀な米国への宣戦布告は国際戦争金融屋さんの思惑通り。

そんな国家は自滅が宿命。

敗戦後の東南アジア地域の自主独立運動励起は二次的な話。

217名無し三等兵2017/04/26(水) 17:57:34.69ID:PRAdsf5k
>>216
貴殿の主張は一理あるが維新はあのタイミングがベストだった
戦争云々ではなく国内の社会資本整備に1870年代から着手し約30年で欧米に匹敵する国家を作ったのだから

218名無し三等兵2017/04/26(水) 18:07:01.00ID:AblYI8oi
>>216
維新はあの時期じゃないと他のもっと大きな問題が出るんだよなぁ
あれ以上遅いと日清戦争すら勝てない可能性があるし、
震災か恐慌に耐えられずに欧米資本の配下になる運命が待っている

あれ以上早いと、そもそも幕府が大人しく政権明け渡しちゃくれんので
大規模な内紛になる可能性が高く、終わってみれば日本が三つ四つ、なんて事になりかねん

219名無し三等兵2017/04/26(水) 19:03:02.75ID:41/3uTt9
ずっと遡って、島津斉彬がオヤジの毒殺に引っ掛からなければ
日本は比較的に平穏な近代であったのではなかろうか?
士農工商の廃絶はなかったかもしれない。だが、西欧列強に立ち向かうには、徴兵制が必要だったし
徴兵制には平民の地位向上がついてまわる。

220名無し三等兵2017/04/27(木) 00:51:54.78ID:91Hb5Leu
大政奉還が1867年
第二次大戦終結がその78年後
封建社会が終わって幾多の混乱の中で近代化に着手した日本が半世紀余りの内に対外戦争を立て続けにやったこと自体相当に無茶だった
日清・日露と諸外国の予想に反して勝って第一次大戦でも勝者の側についたが、それで近代戦を分かった気になってしまったんだろうな
20世紀半ばの時点で軍人の戦闘用装備に軍刀を採用なんてのは所謂列強の中で日本軍ぐらいなものだが、これこそが武士が帯刀していた時代を引きずっていた証であり近代戦を理解しきっていなかったことを表している
兵器の質と量の差は精神力などでどうにかなるようなものではないと分からなかった

221名無し三等兵2017/04/27(木) 01:18:21.96ID:fZ4vzcsC
>>220
刀の方が金かからんだろ(拳銃にした所で機関銃の前には役に立たんのは同等

222名無し三等兵2017/04/27(木) 03:18:31.26ID:2G3RfSLs
>>220
>20世紀半ばの時点で軍人の戦闘用装備に軍刀を採用なんてのは所謂列強の中で日本軍ぐらいなものだが

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

223名無し三等兵2017/04/27(木) 09:54:53.40ID:Ax0iC0id
因みに、軍刀は装備じゃないからな

224名無し三等兵2017/04/27(木) 11:04:52.13ID:91Hb5Leu
軍刀は支給されてた(自前で用意した場合もあったが)
19世紀の軍や20世紀でも初頭の騎兵隊ならいざしらず第二次大戦時に歩兵の士官や下士官が前線に帯刀して立っているのは日本軍ぐらいだろう
砲撃や機銃掃射の前では軍刀振りかざして突撃しても的になるだけなのに
日露戦争でロシアの機関銃に苦汁を舐めさせられた経験を無視したかのような日本軍

225名無し三等兵2017/04/27(木) 14:45:40.60ID:N7zlk99t
>>224
>砲撃や機銃掃射の前では軍刀振りかざして突撃しても的になるだけ

≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

226名無し三等兵2017/04/27(木) 15:00:51.15ID:wYFyF6mL
>>220
欧米諸国軍隊士官学校では、フェンシングが必須科目だし
将校の礼装ではサーベルを下げる。
スペッツナズでもデルタフォースでも肉迫戦は訓練されるし、武術の勘はあらゆる場面で必要だ。

227名無し三等兵2017/04/27(木) 18:02:36.70ID:V+mSgJIY
当時の軍部(特に犠牲を払っての戦果が大きかった陸軍)がハルノートを飲める筈が無い、帝国憲法に統帥権の独立を明文化してる以上は新高山に昇るしかない

228名無し三等兵2017/04/27(木) 18:46:59.45ID:wYFyF6mL
帝国憲法には、天皇は戦いを宣し和を講ずる。と、規定されていた。
軍部の統帥権の独立を言うなら、政府にだって天皇の名においての外交があった。
軍部が独走するなら、天皇が二枚舌を使ったことになる。

まぁ、統帥権の独立を政治利用した草分けは、ルーピーポッポのお爺ちゃんだがね。

229名無し三等兵2017/04/27(木) 21:21:40.49ID:91Hb5Leu
>>226
武術の訓練は確かに必要だと思う
ただフェンシングを習った士官が礼装以外でサーベルは帯びないのだから欧米各国の軍と比較すると旧軍の軍刀装着はやはり時代錯誤の感は免れないだろう(日露戦争あたりまでならまだしも)
ところでフェンシングは銃剣を直接持っての所謂ナイフファイティングの勘を養うのには有効なのではないか?
あと日本軍の軍刀は西南戦争で抜刀隊が活躍したことと関連があるのかとふと思う(軍刀術を制定してたように白兵戦で使う気満々っぽかったし)

230名無し三等兵2017/04/27(木) 21:24:22.54ID:fZ4vzcsC
>>229
ウェブリー持ったら合理的なのか?
後の奴は.38sp以下の威力になってるし

231名無し三等兵2017/04/27(木) 21:35:20.33ID:N7zlk99t
>>229
>旧軍の軍刀装着はやはり時代錯誤の感は免れないだろう

大陸打通チャンコロチンピラゴロツキ3500万匹のゴキブリ駆除がどうかしましたか?

232名無し三等兵2017/04/28(金) 01:34:30.73ID:DivBGGJj
>>231
お前は支給品の軍刀を工芸品扱いしたオツムの貧しい中味をなんとかしろ

233名無し三等兵2017/04/28(金) 14:54:59.68ID:+nfLwAO6
>>229
可能性の1つとして、帝国日本の銃砲弾製造能力の乏しさがあると思う。
たしか一次大戦ではイタリアの1/8。
どうやら日本が自給できたのが、銅であって、鉛と硝石は輸入。
空中窒素固定法には電力必須だが、これた貧弱極まりなかった。
銃撃に参加しない将校は、軍刀下げとけと・・・・・

234名無し三等兵2017/04/28(金) 15:07:04.85ID:+nfLwAO6
一次大戦だったかな?桁違いな生産力の差を現したコピーが、どっかのスレにあったはず。

235名無し三等兵2017/04/28(金) 15:15:15.57ID:Fqiob9k7
日本が100式機関短銃を1万丁製造したのに対してイギリスはステンガン400万丁製造
アメリカはトンプソンだけで170万丁製造という3桁の違いがある

236名無し三等兵2017/04/28(金) 15:48:48.75ID:8akawfYL
日本はこの工業力の差をみててもなお国内インフラ整備よりも
輸入してでも正面装備マシマシを選んだからなあ
内需や国民生活水準が江戸時代よりも大して変わってないのは
税金や利潤が国内インフラにほとんど投資されなかったからで

237名無し三等兵2017/04/28(金) 16:21:20.86ID:+nfLwAO6
じゃあ、まぁ貼っておくね。

世界最大の太平洋と、世界最大のアジア大陸に挟まれた日本には、3つの選択肢がある。

1 欧米の強国と組む。
日英同盟、三国同盟、日米安保。

2 アジアの大国と組む。
明治の初頭に清朝中国に打診するが、ボロクソに見下され、蹴られた。
前大戦の終盤、ソ連に講和の仲介を託すが、裏切られた。

3 どことも組まず、日本単独で軍事大国を目指す。
言わずと知れた、日本帝国。縦深に乏しい日本本土から、戦線を遠ざける戦略に追われ続けた。
少ない人口に厳しい徴兵制を敷き、乏しい国力と生産力の多くを軍備に費やし続けた。
国民負担はハンパでなかった。

4つ目はありえない。
日本列島それ自体が世界屈指の戦略要衝である。
日本列島そのものが不沈空母であり、軍港であり、防波堤であり、水門であり、豊富な水源と肥沃な農地を備えた兵力プールである。
無防備な日本列島は、列強諸国近隣諸国の草刈り場となり、日本人同士が駆り立てられて戦わされる。

238名無し三等兵2017/04/28(金) 16:54:40.88ID:DivBGGJj
結局>>237の選択肢の1しかないな
2は申し出を蹴られたり到底信用できない相手だったり
島国の日本としては強力な海軍国であるイギリスやアメリカと組む以外にはない(ドイツは基本的に陸軍国)
アメリカは特に日本と組むことで太平洋の制海権確保に資するからメリットが大きいはず(日本をロシアの陣営に取られたらユーラシア大陸という城の出丸に使われかねないことになる)
冷静に考えれば日本は米英から技術導入を図って国力向上を図るしかなかった
ただ日本は東日本と西日本で供給電力の規格が異なってるように技術導入の際に頓珍漢なことをやらかすから拙速より遅巧を重んじた方がいいかもしれない

239名無し三等兵2017/04/28(金) 21:38:22.76ID:3Zmykyck
>>236
>日本はこの工業力の差をみててもなお

大陸打通チャンコロチンピラゴロツキゴキブリ3500万匹の駆除は素晴らしかったのだ!

240名無し三等兵2017/04/28(金) 21:41:47.91ID:3Zmykyck
>>235
> 日本が100式機関短銃を1万丁製造したのに対してイギリスはステンガン400万丁製造

第62軍司令官に任命されたワシリー・イワノビッチ・チュイコフ中将

http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU/sobiet5.htm
またドイツ軍の歩兵は、近接戦闘を好まないということに気がついた。ドイツ兵は、一〇〇〇メートルもさきから、自動火器の弾丸をばらまきながら前進する方法を好んでとっていた。
これら二つの要素――つまり協同戦闘と、近接戦の不得手――にたいしとるべき戦法は、できるだけ敵に近接することだ、と彼は結論した。

白兵戦から逃げるヘタレナチ(笑)

241名無し三等兵2017/04/29(土) 00:11:39.22ID:8jbrFgTc
>>239-240
日本刀の基礎知識も無いネトウヨって生きてて恥ずかしくないか?

242名無し三等兵2017/04/29(土) 00:46:51.38ID:UcZzwGVn
ソレネトウヨじゃなくて、アンチ旧軍だから
どんなに有用で面白い日本軍話をしていてもクソみたいな「ちゃんころチネ〜!」コピペでどんどんスレを流してく
旧軍自体には全く興味が無いのがダダ漏れ
あとついでに、全く関係無い赤軍コピペも使う。こっちは単純にナチが嫌いで使っている様だ

243名無し三等兵2017/04/29(土) 01:27:04.40ID:qyEE8l8H
>>240
平安末期から江戸時代初期まで、サムライが大事にしたのはまず弓矢。
次いで槍。
刀は人切り包丁の名のごとく、倒した敵の首級を取るか、弓矢も槍も無くした場合の手段でしかなかった。
戦闘を専らとしていた時代のサムライは、まずロングキルの手段から大事にした。
サムライの心がどうとか、平和な時代に形成された観念である。
鉄砲は戦国末期に導入された兵器であったし、平和な時代では逆に卑しい武器とされていた。
鉄砲方とか砲術家の身分は低かった。

244名無し三等兵2017/04/29(土) 01:37:40.58ID:QovkLGsL
>>242
>全く関係無い赤軍コピペも使う。こっちは単純にナチが嫌いで使っている様だ

ドイツ人は赤軍に『感謝』してるが何か?

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、
そればかりではない。それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、
ベルリンの壁により長い間分断されたという事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。
一部の観測筋は疑っているようだが、私には、ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

245名無し三等兵2017/04/29(土) 02:59:56.29ID:K5F3O0HL
>>236
どこの世界の日本の話?
というか君の言うインフラって具体的に何?

246名無し三等兵2017/04/29(土) 03:14:15.24ID:O+cNz4Bl
>>236
>輸入してでも正面装備マシマシを選んだからなあ

日本の軍産品があまりに高品質であったため、ロシア側の研収員らはかなりの部分の武器品目の受け入れ納入品の
作業を日本人自身が行うよう任せた事実をパヴロフ氏は指摘している。ロシア人の役人、閣僚は日本製武器の価値を指摘し、
これなしにはロシアは戦うことは一切できないことを認めている。
http://japanese.ruvr.ru/2014_04_20/271449284/

○林(百)委員 そうすると、朝鮮事変か擴大されても、六百五十億以上の費用は持たないという、
いかに擴大してもこれ以上日本は費用は持たないという答弁と私は解釈しますが、それでいいかどうか。
 その点とそれからもう一つ、実は本日の新聞にも出ておるところでありますが、国防分担金にからまりまして、
米軍が最近発注する兵器が工場渡しになつておつて、米軍の照明弾二百二十九万四千発、ナパーム爆弾用
タンク十万二千個大阪機工へ注文しておる八十一ミリ迫撃砲四百八十九門、小松製作所及び大阪金属両社の
同砲弾六十二万五千四百発、豊和工業の銃身三千百九十ちよう、迫撃砲弾三十六万三千発、照明彈三万二千発
の入札が在日米軍の調達本部で行われて、
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/013/0082/01306140082034a.html

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、外国から終戦後入つた機種は、
兵器製造用のマザー・マシンとしてわずかに百二十一台しかないようであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html

247名無し三等兵2017/04/29(土) 03:41:17.64ID:tJZkza6w
>>242
>全く関係無い赤軍コピペも使う。こっちは単純にナチが嫌いで使っている様

でも無条件降伏して発言権を失った敗戦国日本に対しても、ソ連邦の寛大なおぼしめしと対日友好姿勢により、
日ソ共同宣言では平和条約締結後の祝賀品として、歯舞・色丹の2島を譲り受けることが許された。

 『日本が南樺太・千島を放棄し、特に国後・択捉をソ連領として認めるならば、サンフランシスコ条約違反
となる。これは、サンフランシスコ条約以上のことをソ連に認めることになり、この場合は米国としては
サンフランシスコ条約第26条により沖縄を永久に領有する。』 (注1)
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm

にもかかわらずアメリカは「択捉・国後は日本領だ」と横槍を入れて、日ソ平和条約締結を潰してしまった。
東京大空襲や広島長崎の原爆投下を謝罪しないアメリカのやつらが、北方領土で反共反ソ煽ったってだめだ。

248名無し三等兵2017/04/29(土) 03:46:46.66ID:PpdHrVpX
>>247
>でも無条件降伏して発言権を失った敗戦国日本に対しても

日本は『無条件降伏』なんてしていないぞ?

249名無し三等兵2017/04/29(土) 12:25:49.21ID:qyEE8l8H
>>244
スプートニクニュース
無条件降伏した日本が、アメリカの原爆投下と占領政策に感謝してるって作文より、もっとタチが悪いぞ。

250名無し三等兵2017/04/29(土) 12:31:28.02ID:SYEFn7gK
三国同盟無し
ユダヤ人を満州入植

251浅見真規 ◆Xy1SDuGQ6I 2017/04/29(土) 12:36:42.55ID:UMeBAsMU
昔の「if(もし・・・なら)」という話を考えてるヒマがあったら、北朝鮮がアメリカ本土を
射程に入れる核弾頭ICBM保有をどうやって阻止するか考えた方が良いと思う。
下手をすれば今世紀半ばには北朝鮮に脅されて毎年何兆円も貢がされる事になる危険性も
相当程度あるのだから。

252浅見真規 ◆Xy1SDuGQ6I 2017/04/29(土) 12:38:58.72ID:UMeBAsMU
>>251の続き

現在の北朝鮮問題の解決方法を考えよう。


[岩国基地を「被害担当基地」にするしかない]スレ
https://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1493384186/l50

253名無し三等兵2017/04/29(土) 12:53:26.71ID:LzG8HkmZ
>>251
さっさとあちらにミサイル撃ち込んだら?

254名無し三等兵2017/05/01(月) 02:51:52.32ID:z+HqpNxs
1941年以前に日本が自らが置かれた立場に気づいていれば政策も変わったかねえ
日本は太平洋の制海権を得るのに欠かせない戦略上の要衝にあるが、米英に対ソ連の太平洋側の要となる事を意識させ自陣営に引き入れるのが得策と思わせれば同盟関係になったかもしれない

255名無し三等兵2017/05/01(月) 03:51:59.96ID:+VUClE6D
同盟は成立寸前だった訳なんですが・・・
ドイツと組んで切るつもりがなかった時点で、どう転んでも負け組
アメリカの要求は極論すれば「枢軸から抜けろ」に集約されてた訳だし

256名無し三等兵2017/05/01(月) 05:49:47.36ID:BSuwQT4L
>>255
日本にとっては満州帝国を承認してくれさえすれば、ナチだろうがソ連だろうが同盟国たりうる。

257名無し三等兵2017/05/02(火) 18:46:07.77ID:Z9xh91Ll
>>245
道路・鉄道網
戦前は軍備にアホみたいに予算喰われて鉄道の複線化や電化すらままならない状況だったし
このあたり軍備で使ってたぶん回せたら内需は相当ふえたはず、
大体60年代中盤位を40年前後に実現できたはず

自動車も内需が回らず国民総貧乏だったから便利だとわかってても牛車や大八車使わざるを得なかったわけで

258名無し三等兵2017/05/02(火) 18:50:39.04ID:Z9xh91Ll
あとは部品工作機械の大量導入とかかなあ
人件費の安さに胡坐をかいた職人芸大量導入と化してた結果として
部品の互換性がプアだったりしたわけだしなあ
そのあたりの反省が戦後JIS規格だったりするんだが
民需品でいったん高品質製品作ったとたん
作ったそばから軍が全部買い上げて持っていくみたいなそんなことさせないことが大事

259名無し三等兵2017/05/04(木) 07:03:48.68ID:3WrZ1YIp
戦前〜戦中の技術に対する無知・無定見も重大な問題だった
かの八木アンテナしかり、フィン・スタビライザーしかり
せっかく新技術の萌芽を手に入れても自国で育て上げることをせず、それらに目を付けたのは外国だったというお粗末さ
軍人に至っては科学否定としか思えない精神論を振りかざした

260名無し三等兵2017/05/04(木) 07:27:11.52ID:4mBgF1N3
単純化し過ぎてないか?

261名無し三等兵2017/05/04(木) 09:50:41.83ID:He4AjaQL
マネジメント能力の低さは今も日本のお家芸だからな。

262名無し三等兵2017/05/04(木) 10:09:10.26ID:3RJ4b9F3
外国は違うのか?>>261
軍板住民だと割りとその辺、見えてると思ったが

263名無し三等兵2017/05/04(木) 10:54:57.16ID:3WrZ1YIp
マネジメント能力の欠如が現在も尾を引いている実例を我々は見ている
三菱自動車に東芝の失態が典型例
単なる失策では済まされないレベルの不祥事になってしまった
三菱重工も客船建造でコケてMRJ開発にも暗雲が立ち込めてる

264名無し三等兵2017/05/04(木) 11:05:07.93ID:3RJ4b9F3
>>263
イギリスのレイランドモーターズとかどうなるね。
ロールスロイスとかビッグ3とか、国に支援してもらってるが
そう言うのは?
ボーイングとか、贈収賄で社長が逮捕されたよね

https://www.google.co.jp/amp/www.chicagotribune.com/sns-boeing-scandal-story,amp.html

265名無し三等兵2017/05/04(木) 13:36:12.40ID:wrej6QpB
>>257
近代戦に強くなるには、「自動車が買える労働者を」フォーディズム、「国土の均衡ある発展」角栄ズム
が必要だったが、戦前日本には望むべくもなかったな。子供がウチは貧乏と作文に書いただけで
教師が警察に1年半引っ張られる国だからな。
https://pbs.twimg.com/media/C-PB5cCVoAALGPg.jpg

266名無し三等兵2017/05/04(木) 13:38:44.91ID:3RJ4b9F3
左巻きが暴れてるんだろうか

267名無し三等兵2017/05/04(木) 13:46:05.09ID:wrej6QpB
そういう意味では日本海軍の貴族趣味より陸軍の社会主義志向の方がまだスジは
良かったかもしれない。ただ現場の運用は軍の監督官が民間の企業家を殴りつける
だけに終ったが。

268名無し三等兵2017/05/04(木) 14:07:51.66ID:3RJ4b9F3
>>265
ちなみに、イギリスに今でもあるこう言うのに
該当する?

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Treason_Act_1351

269名無し三等兵2017/05/04(木) 14:19:51.45ID:ms6Bu+0x
226事件以降の救民とか昭和維新で世直しという思想は根底に仏教カルトがいるから限りなくキナ臭い

270名無し三等兵2017/05/04(木) 19:49:38.52ID:o/iaGHxj
独ソ戦始まったら南仏進駐と真珠湾攻撃やめて現状維持で傍観して
アメリカがソ連へのレンドリースを開始、そしてソ連が大攻勢に出た段階で
三国同盟を叩き切ってソ連に関東軍と海軍航空隊送ってソ連に加勢するってのはどうだ
関東軍と日ソ国境の兵力が全部独ソ戦に居たらだいぶ違うと思うぞ
敵の敵の味方はこれまた味方だからな
日本としては中国戦線の保証と貿易先の確保だけでいい
米ソ対立はいずれ避けられんからこの間でうまく立ち回れば良いんだ

271名無し三等兵2017/05/05(金) 11:59:50.21ID:7F04ivbV
中国戦線で物資不足に泣かされたから、仏印を欲して
ドイツとの同盟に舵を切ったわけだが。

272名無し三等兵2017/05/05(金) 13:05:49.00ID:Vo4jNKla
>>266
左巻きも糞も、国民レベルでの豊かさあっても軍事技術の下支えなのに
それをガン無視して軍備全つっこみでその利益を財閥と軍人が山分けしてた状況では
どのみち利益求めて外に戦争に行くしかなかった

江戸時代みたいに勤勉革命で下を耕してインフラ整備しなかったのがすべて

273名無し三等兵2017/05/05(金) 13:07:29.46ID:Vo4jNKla
戦前日本は軽工業品の対外輸出で海外先進国の一般庶民の豊かさを輸入してる状態だったしなあ

274名無し三等兵2017/05/05(金) 13:07:50.91ID:xeWPb7th
>>272
でも日本人は中国人よりかは圧倒的に優秀で、大陸打通作戦は大勝利。

275名無し三等兵2017/05/05(金) 13:08:55.47ID:xeWPb7th
>>273
日本人は中国人よりは優秀だから。

276名無し三等兵2017/05/05(金) 13:09:06.04ID:4sURUX0f
>>272
勤勉革命って何だ?
売る場所なんて、ブロック経済やら高関税やらで、存在しなかったのに>>273

277名無し三等兵2017/05/05(金) 13:09:42.12ID:HeW/0G77
>>274-275
欧米人に比べれば日本人も中国人も目くそ鼻くそ。

278名無し三等兵2017/05/05(金) 13:10:18.96ID:Vo4jNKla
結局のところ、自動車でいえばスズキに、国が
「国策で必要だから今すぐフェラーリやロールスロイス作れ」といってるようなもんだからなあ
フェラーリやロールスロイスがなぜああいう形なのかというのが
大衆車メーカーが理解するのには時間かかるし今すぐ作れるわけがない

それを強引に作らせたって状況が戦前の軍と軍需企業の関係

279名無し三等兵2017/05/05(金) 13:12:15.19ID:4sURUX0f
>>278
大発とかは、どんな扱いになるんだ?(大阪のだぞ

280名無し三等兵2017/05/05(金) 13:16:27.25ID:Vo4jNKla
>>279
ダイハツでもおんなじ(スズキやダイハツってたとえだからね)

要するに下から上まで大衆車をヒィヒィ作ってるマインドしかないところが
メカ以外の文化資本(乗り心地とか内装とか)の積み重ねが必要な高級車すぐ作れるわけないの
それを強引に力業でつくってたのが戦前の日本の軍需産業で
そんなことしても下の基礎力がないから総力戦になったら負けるのは当たり前
自動車用V8エンジン工作機械で量産してた戦前のアメリカと
4気筒エンジンも職人芸に頼って満足に量産できなかった日本との工業力の差ってそういうこと

281名無し三等兵2017/05/05(金) 13:17:30.89ID:4sURUX0f
>>280
市場開放されてないのに、どこに売るのよ

あと、勤勉革命ってなんだ?

282名無し三等兵2017/05/05(金) 13:17:46.84ID:xeWPb7th
>>278
>大衆車メーカーが理解するのには時間かかるし今すぐ作れるわけがない

俺達無敵の皇軍戦士
昨日は南京を屠った
今日も支那で暴れまくる
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

俺等の得物は菊紋章チハ
返り血浴びて真っ黒だ
こいつで打通してやるぜ3000キロ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

ディーゼルの轟音
軋むキャタピラ
鋼鉄の突進
チンピラゴロツキ殺戮マシーンのお通りだ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

崩れ落ちる家屋
逃げ惑うチンピラゴロツキ
踏み砕かれるシャレコウベ
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

283名無し三等兵2017/05/05(金) 13:19:06.16ID:xeWPb7th
>>280
>4気筒エンジンも職人芸に頼って満足に量産できなかった日本

「しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?」
>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

中国人がチンピラゴロツキでないというなら、中国人がチンピラゴロツキでないという史料を示せ!
そして中国人がチンピラゴロツキだという史料一つ一つに反論しろ!

284名無し三等兵2017/05/05(金) 13:20:59.22ID:8kU/D2ea
>>280
>4気筒エンジンも職人芸に頼って満足に量産できなかった日本

日本古来の工芸品たる日本刀は、大陸打通作戦でチンピラゴロツキ3500万を殺戮する大戦果を挙げた。
けれどもその分、工業技術の発展が米英独ソよりも大きく遅れてしまった。
というか福沢諭吉の「脱亜論」で書かれているように、明治国家はチャンコロ対策が最終目的だった。
だから工業で米英独ソに及ばずとも、チャンコロチンピラゴロツキを壊滅させたのだから万々歳だ。
対日戦争がオマケつーなら日中戦争はオマケのそのまたオマケで、中国人は人間扱いされなくなってしまう。
チンピラゴロツキ3500万を日本人の軍刀で斬り伏せ、かつ中国への賠償金はゼロ。
日本刀の切れ味は日本古来から伝わる不思議な日本人の魂が宿っており、中国人はその体で思い知らされた。
中国人は老弱男女全てが殺戮の標的物だった。まさに野球で言えば0点に抑えた快挙だった。

285名無し三等兵2017/05/05(金) 13:24:56.93ID:8kU/D2ea
>>277
>欧米人に比べれば日本人も中国人も目くそ鼻くそ。

――たしかに、ブランデンブルク門に似ている。上には、勝利の女神、ヴィクトリアの銅像がある。
「ソ連兵は、西ベルリンに毎日、自由にやってくる。それに、1961年にベルリンの壁をつくってからも、
記念日には、ソ連軍はベルリンの壁を越えてきて、パレードするから、西ベルリン市民の怒りをかっている」
と、ガイドも怒っている。
ベルリンの壁をつくって、東西ベルリンの行き帰を遮断しておいて、ソ連は西ベルリンへ、フリーパスというから、
――西ベルリン市民が、パレードに石を投げる気もち、離散家族のやりきれない気もち、怒る気もちはわかる。
http://blog.goo.ne.jp/mulligan3i/e/a26d5bfa4c84a7c567da9567e8decb72

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦
で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://tompei1.la.coocan.jp/Ph-Berlin.htm

 史上最良といわれた独露関係の風向きが、人権重視のメルケル独新政権の登場によって変わりつつある。 ロシア外務省は三月末、
ベルリンにある旧ソ連軍記念碑が何者かに冒涜されたとしてドイツに抗議する声明を出し、
「前例のない破損行為で正当化できない」と批判した。この記念碑はこれまでも何者かにペンキを塗られたことがしばしばあったが、
ロシアが抗議声明を出すのは異例のことだ。 メルケル首相は一月中旬に初めて訪露した際に、
ドイツ大使館に人権活動家らを招き、「ロシアの強権的政治体制を憂慮している」と述べ、
連帯を表明した。さらに首脳会談後の共同会見でも、チェチェンでの人権弾圧を批判し、隣にいるプーチン大統領を刺激した。
http://www.fsight.jp/2620

         おそロシア「第二次大戦のこと、これからもずっと言い続けてやるからヨロシクな!」

286名無し三等兵2017/05/05(金) 13:28:12.76ID:8kU/D2ea
>>278
>フェラーリやロールスロイスがなぜああいう形なのかというのが
>大衆車メーカーが理解するのには時間かかるし今すぐ作れるわけがない

ならカールツァイスはどうなんだ?

イエナには世界最大の光学機器メーカー、カール・ツアイスの本部があった。イエナはチューリッヒ州にあるため、
ソ連占領地であることが合意されていた。ところが、ソ連の占領がもたついたため、カール・ツアイスの確保をもくろんだ米国は、
イエナをいち早く占領してしまった。しかし、ソ連の抗議によって、最終的には、イエナはソ連に引き渡された。結局、
実際の現場のドサクサ紛れの占領よりも、首脳間の合意が優先するという、当たり前の結末に至っている。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2007/07/01/1617254

カールツァイスは、その後どうなった?

287名無し三等兵2017/05/05(金) 13:50:24.36ID:Vo4jNKla
>>286
キエフ、ってカメラは知ってるかい
それを調べたら味わい深い事実が分かると思うがね

工業力の有名な事例だから

288名無し三等兵2017/05/05(金) 14:14:26.37ID:MQMdO2Yo
>>287
>キエフ、ってカメラは知ってるかい
>それを調べたら味わい深い事実が分かると思うがね

ロシア製カメラって、何で売ってないの? 買う人居るの?

289名無し三等兵2017/05/05(金) 14:18:14.23ID:cGaK5Eo+
>>286
現在のカールツァイス社は、イエナではなくてオーバーコッヘン。

290名無し三等兵2017/05/05(金) 14:21:29.24ID:bpg8gQ/D
>>287
ドイツとソ連の工業技術合併は成功してたか?

291名無し三等兵2017/05/05(金) 14:41:29.96ID:vud0qcYN
>>286
>実際の現場のドサクサ紛れの占領よりも、首脳間の合意が優先する

 もしポツダム協定が完全に実施されていたら、ドイツはまったく違った
形になっていただろう。ドイツの統一をはかるためにはそれ以外の方法は
なかった。しかし当時の米・英・仏の首脳はソ連との合意事項を破棄した。
さらに西独内の政策の支持者たちも、ポツダム協定に反対した。彼らに
とってそれは受入れがたいものだった。その結果は周知のとおりだ。
 当然ながらわれわれは、「ドイツ問題はまだ解決されていない」とか、
「東側諸国」ではまだすべてが片づいてはいない、あるいはヤルタと
ポツダムの協定は「不法」だといった発言に対しては、警戒の念を抱か
ざるを得ない。ドイツ連邦共和国では、このような発言がしばしば聞か
れる。だが率直に言って、「統一ドイツ」の復活を求めるこうした発言
はドイツ人の言う「レアルポリティク」、つまり現実主義的な政治と
かけ離れたものだ。過去四十年間、これによって西独で達成されたもの
は何もない。「一九三七年当時のドイツの国境」を再現するというのは、
幻想にすぎない。こうした幻想をかきたてることにより、西独は隣国や
その他の国々の信用を失うことになる。
<M・ゴルバチョフ「ペレストロイカ」(講談社 田中直毅 訳)289頁 >

292名無し三等兵2017/05/05(金) 16:57:28.03ID:sW3gt+tn
日本で海外高級車のディーラーをやってる社長がトヨタがレクサスブランドを立ち上げた時にこんなコメントを出してたな
レクサスがメルセデスベンツと互角のブランドになのは遥かに先の話で当分は敵じゃない

293名無し三等兵2017/05/05(金) 16:58:41.89ID:ApLe3kKa
で?
何かお前に関係あるの?(チラシの裏に書けよマジで

294名無し三等兵2017/05/05(金) 17:20:04.09ID:DrNXqLxK
>>293
中国人なんてゴミみたいなものだ。

295名無し三等兵2017/05/05(金) 18:27:18.62ID:kPHuU+HF
結果が出てる過去の歴史をアレコレ妄想しても何の価値も意味も無い
我々が為すべきは憲法改正と国軍確立の(大きく)二点
赤旗支那が最も恐れている「日本軍」の復活だ

296名無し三等兵2017/05/05(金) 19:46:06.53ID:Vo4jNKla
ろくに答えられないってどういうことやねん
すこしはぐぐってソ連という国の文化的能力とかそういうのをかんがえろよと

297名無し三等兵2017/05/05(金) 19:47:45.04ID:Vo4jNKla
国の豊かさと国民の文化的水準の向上が工業力そのものの底上げにつながるって話で
国民総貧乏なのに、国と軍が舶来品のアレほしいこれほしい今すぐ国産で作れ
って言われても、技術が隔絶しすぎててスケッチコピーしかできないって話

298名無し三等兵2017/05/05(金) 19:48:41.59ID:ApLe3kKa
文化?
アヴァンギャルドとかそう言う話をしたいのか?
スターリンが息の根止めたようだが

299名無し三等兵2017/05/05(金) 19:49:47.91ID:ApLe3kKa
>>297
ウクライナとかお前の中じゃどう言う扱いになるのか

書け?(書いて、と言うには悲惨すぎ

300名無し三等兵2017/05/05(金) 19:52:04.98ID:Vo4jNKla
>>299
宿題の独製コンタックスとキエフ(カメラ)について調べた結果をまずは出すべきでしょ

301名無し三等兵2017/05/05(金) 19:53:39.36ID:ApLe3kKa
>>300
俺関係ないけど
>>281が俺

で、勤勉革命って何

宿題、て自分には当てはまらんの?

302名無し三等兵2017/05/05(金) 19:58:00.41ID:Vo4jNKla
>>301
勤勉革命=今あるリソースから取れる成果を拡大するための方策のこと
江戸時代における日本はこの同一の土地からの終了を農業技術進展で2倍以上まで増やしてる

なお明治の半ば〜敗戦まで日本はこの農業技術や農工商業インフラ整備を半ばさぼって
金のかかる軍備増強や(赤字続きの)植民地経営に血道をあげてたというおち

>>299
今はともかく1945年当時のウクライナは写真趣味とかやってられる余裕のある人らはほとんどいない

303名無し三等兵2017/05/05(金) 19:59:52.06ID:LpcBF2PJ
>>296
>すこしはぐぐってソ連という国の文化的能力とかそういうのをかんがえろよと

ソ連ロシアのノーベル賞受賞者の数は適正なのか?

■国別ノーベル賞受賞者数ランキング (10人以上の国のみ)
1位 アメリカ 339人
2位 イギリス 112
3位 ドイツ  81
4位 フランス 55
5位 スウェーデン 31
6位 スイス  22
7位 ロシア・ソビエト連邦 20
8位 日本   18
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-5812.html

304名無し三等兵2017/05/05(金) 20:00:43.54ID:ApLe3kKa
>>302
まず、なんで"1945"年のウクライナの話になってるか、
書いて?

それと…マルクス経済学の人間の人なのか…
限界効用って言葉、聞いたことあるかな

305名無し三等兵2017/05/05(金) 20:02:32.96ID:LpcBF2PJ
>>300
>宿題の独製コンタックスとキエフ(カメラ)について調べた結果

大変申し訳ないが、自分は店頭でロシア製カメラが販売されてるのを見たことが無い。
通販なら買えるらしいが、お金を出してまで買う価値があるのかどうかもわからんから教えてもらいたい。

306名無し三等兵2017/05/05(金) 20:07:24.13ID:P3+sg9Cb
>>297
>国の豊かさと国民の文化的水準の向上が工業力そのものの底上げにつながるって話で

スターリン閣下は偉大だよなw

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

>>303
何でソ連ロシアのノーベル賞受賞者は少ないのか理解てきない!

307名無し三等兵2017/05/05(金) 20:08:49.00ID:P3+sg9Cb
>>304
>なんで"1945"年のウクライナの話になってるか

ウクライナはキエフカメラの名産地とて大発展を遂げたはずだ!

308名無し三等兵2017/05/05(金) 20:11:29.41ID:X01HLm2s
>>286
>ソ連の抗議によって、最終的には、イエナはソ連に引き渡された

ならカールツァイスとキエフカメラで、ウクライナは大発展を遂げたのか? 

309名無し三等兵2017/05/05(金) 20:15:00.17ID:ApLe3kKa
>>307
…え"…

>>302
おーい

310名無し三等兵2017/05/05(金) 20:16:49.24ID:X01HLm2s
>>304
>マルクス経済学の人間の人なのか…

ナチスドイツを倒してベルリン入りしたスターリン閣下の功績を否定する学者は居ないはずだが?

311名無し三等兵2017/05/05(金) 20:17:39.37ID:Vo4jNKla
>>307
どう発展したのかはよ
確かにキエフは軍需光学企業としては旧ソ連の軍需産業を支えることになったけど
キエフカメラについて

312名無し三等兵2017/05/05(金) 20:21:04.40ID:X01HLm2s
>>311
> キエフカメラについて

カールツァイスのキエフカメラは素晴らしい性能だったはずだが?

313名無し三等兵2017/05/05(金) 20:33:29.24ID:KypzRteH
>>311
確かにキエフは軍需光学企業としては旧ソ連の軍需産業を支えることになったけど、キエフカメラについては、
ソ連邦の豊かさと国民の文化的水準の向上が工業力そのものの底上げにつながるって話だよな。

314名無し三等兵2017/05/05(金) 20:38:54.90ID:Vo4jNKla
>>313
うん、だいたいはそうなんだな
ドイツの生産設備を持って行ってさらにドレスデンからエンジニア工員強制連行してまで始動させた
キエフカメラは以下略

315名無し三等兵2017/05/05(金) 20:39:06.20ID:ApLe3kKa
>>311



あの、回答まだですか?

316名無し三等兵2017/05/05(金) 20:40:04.25ID:Vo4jNKla
>>312
君に宿題を与える
キエフカメラの特徴と、生産年代ごとの変遷について述べよ

317名無し三等兵2017/05/05(金) 20:41:24.26ID:ApLe3kKa
>>314
さて、勤勉革命うんたらについてだが



ルイセンコ主義なら、流石に知らないとは
言えないよね

318名無し三等兵2017/05/05(金) 20:43:40.33ID:Vo4jNKla
>>317
ミチューリン本人が間違ってるとは言わんが、学術的裏付けに乏しい園芸家を祀り上げた
ソ連の体制はおかしいよねという
そして祀り上げたルイセンコはソ連自然科学におけるA級戦犯といえる存在に

319名無し三等兵2017/05/05(金) 20:44:31.77ID:ApLe3kKa
>>318
で、限界効用については、知ってる?

320名無し三等兵2017/05/05(金) 20:45:44.91ID:KypzRteH
>>316
>キエフカメラの特徴と、生産年代ごとの変遷について述べよ

スターリン時代に輝かしい業績を挙げたカールツァイスのキエフカメラも、
ゴルバチョフのペレストロイカで衰退してしまったってか?

321名無し三等兵2017/05/05(金) 20:48:41.68ID:ApLe3kKa
>>318
もしもし?

322名無し三等兵2017/05/05(金) 20:53:28.62ID:KypzRteH
>>318
>学術的裏付けに乏しい園芸家を祀り上げたソ連の体制はおかしいよねという

するとスターリン閣下は偉大だったのに、その後が悪かったの?

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

323名無し三等兵2017/05/06(土) 12:48:54.75ID:gKOL0uy2
自分が知ってること以外には何も知らんのね
市民の文化力に裏付けされない技術力なんてほとんど意味がないのだ

なぜなら自分が使う側、所有する側に立つことを考慮されてないから

324名無し三等兵2017/05/06(土) 12:50:28.20ID:gKOL0uy2
そういう意味ではルイセンコの個人的政治野心の道具でしかないルイセンコ学説も似たようなもんで
農民のためじゃなくて自身の立身栄達のための偽学説と化してたわけだしな

そりゃ何百万人餓死者出しても頑として失敗認めないわ

325名無し三等兵2017/05/06(土) 12:51:45.68ID:zCvQyoaC
>>323
市民って

ソ連にいたの?

326名無し三等兵2017/05/06(土) 13:22:17.57ID:BZIerqcF
>>324
>そりゃ何百万人餓死者出しても頑として失敗認めないわ

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

327名無し三等兵2017/05/06(土) 14:00:33.86ID:UGoSyXQz
>>325
意味不明

328名無し三等兵2017/05/06(土) 14:02:33.04ID:zCvQyoaC
>>327
プロレと称する、計画に従うだけの奴隷しか居なかったやうな気がするが。

あ、別に前衛と称する、馬鹿な計画ばかりしてた
階級もいたかw

329名無し三等兵2017/05/06(土) 14:08:59.63ID:zCvQyoaC
ちなみに、"市民"って、こう言う人達の事を指すんですよねぇ


a legally defined class of the Middle Ages to the end of the "Ancien Régime" (Old Regime) in France,
that of inhabitants having the rights of citizenship and political rights in a city
(comparable to the German term Bürgertum and Bürger). 

分かる?w

330名無し三等兵2017/05/06(土) 14:24:13.61ID:zCvQyoaC
あ、ソースはこれね?w
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Bourgeoisie

331名無し三等兵2017/05/06(土) 16:53:51.08ID:VPscPTI6
自分が知らない話には徹底的に言葉の解釈でごまかそうとするのな
市民、人民、臣民どっちでもかまわんのよ、そうするに民草が貧乏すぎて
その高度な道具を使えなければ、自分が使う立場であることを理解できないゆえに
作ってる製品にも悪い意味でフィードバックされてしまうってこと

なんでソ連や戦前の日本でも中流以上は高価なモノを買って使おうとしたのかってそういうことだし
使ったことがないものはわからないんだよ

332名無し三等兵2017/05/06(土) 16:59:32.28ID:zCvQyoaC
>>331
ID変えてんの?

333名無し三等兵2017/05/06(土) 17:13:56.03ID:VPscPTI6
>>332
言葉遊びなんてどうでもいい
ところでキエフカメラについてのレポートが上がってないんだが
調べる気もないってことでええんやな

なぽお前が大好きなオウム返しは受け付けないのでよろしく

334名無し三等兵2017/05/06(土) 17:19:15.51ID:zCvQyoaC
>>333
勤勉革命の回答は?もっと言えば、限界効用とか
近経の基本的概念を理解してるかどうか…

いい加減、レスしてる相手が違うと理解してほしいな。

335名無し三等兵2017/05/06(土) 17:38:55.13ID:VPscPTI6
>>334
間違ってないよ
経済学という数字や理論では見えてこないことって結構あるって話

君は同じ商品だからって一流商品と無名の粗悪品を同一のものとして扱うのかい?
限界効用とか振り回してもそこを全く見てないし
今みたいなモノ余りと〜20世紀前半までの金はあってもモノが手に入るとは限らない時代では当てはまらない

経済学って所詮は過去あったことが近未来起こる可能性の多寡についてを論じる
一種の祈祷師的側面があって
過去あったから次も必ずある!って断言する奴は基本的に詐欺師

336名無し三等兵2017/05/06(土) 17:48:53.08ID:zCvQyoaC
>>335
資源の追加投入をしても、それから得られる利益の増加分は
どんどん低減していく、て話なんだが、把握すらしてなかった?

ルイセンコの問題点にも繋がっていくが土壌とか
顧みずにリソースを投入し続けると段々
疲弊していき最悪生産できない所も出てくる。

さて、それを踏まえた上で、勤勉かくとやらの
成長のポテンシャルを、戦前の日本でも良いし
江戸時代でも良いが説明してみて?
ちなみに江戸時代はずっと成長してたか、まずそれを答えてみてねw

337名無し三等兵2017/05/06(土) 17:53:30.38ID:VPscPTI6
>>336
ルイセンコは間違った農業改良法をイデオロギーと政治闘争の道具として使ったから失敗したわけだが
間違いを間違いと認められればそれは「失敗の前例」という価値になる
江戸時代の勤勉革命ってのはそういうトライアンドエラーの積み重ねと徴税のサボタージュからなる収量増大による
農民の生活水準向上と事実上の知識階級化(中層以上の農民=農業技術者)という意味あいがある

338名無し三等兵2017/05/06(土) 17:54:39.78ID:zCvQyoaC
>>337
結果はどうなったの?

統計とか、なし?ひょっとしてw

339名無し三等兵2017/05/06(土) 18:05:40.38ID:zCvQyoaC
>>337
質問を変えようか

フィードバックし続けたら成長は
ずっと維持できるの?
これなら、答えられるよね?w

340名無し三等兵2017/05/06(土) 18:53:27.24ID:gKOL0uy2
>>339
どこかで効率の上限には当たるがそこに至るまでは成長し続けるよ

>>338
ルイセンコ学説はしょせん特定の個人の野心のための道具であって
学術的には失敗が確認されてるものだから統計とか以前の問題

341名無し三等兵2017/05/06(土) 18:56:19.13ID:gKOL0uy2
キエフカメラの件についてなんも調べることも答えることもするつもりないことが確認されたので
とりあえず話し戻す

業務用貨物車すらろくに買えないような赤貧の日本で
正面装備だけモアモアしても仕方ないのよ
軍だけどうしても機械化しないといけないから
満足に動かないような代物でも国産トラックや自動車作ってそれを回してたから
運転手が退役すると引手数多になるせかいだったしなあ

342名無し三等兵2017/05/06(土) 18:59:08.51ID:gKOL0uy2
日本の場合、軍の機械化の為にトラックや自動車作ってたのであって
国民が動かすためにトラックや自動車作ってたわけじゃないから
自動車のためのインフラ(舗装道路、ガソリンスタンドなど)が全くそろわなかったしな

バス路線網すらまともに動くようになったのって昭和30年以降だし
路面電車廃止がそのころかぶってるのは偶然じゃない、
つまりバスのインフラと信頼性がプアすぎて路面電車のほうが安かった

343名無し三等兵2017/05/06(土) 19:04:27.68ID:zCvQyoaC
>>340
出してみて?その成長曲線とか。

で、戦前(正しくはWW1後から1941年まで)の、
ブロック経済とか100%の関税を掛けてた米国経済とかの
現状で、その勤勉革命とやらで生産した製品を
どう購入させるとか、教えてね?

…生産側の話で終わってその辺何も考えてなかった
、と言うなら今のうちだぞ?ID:gKOL0uy2
w

https://history.state.gov/milestones/1921-1936/protectionism

For example, U.S. imports from Europe declined from a
1929 high of $1,334 million to just $390 million in 1932,
while U.S. exports to Europe fell from $2,341 million in 1929 to $784 million in 1932.
Overall, world trade declined by some 66% between 1929 and 1934.

344名無し三等兵2017/05/06(土) 19:05:09.38ID:zCvQyoaC
>>341
まだその話してるの?
他に話すネタとか、無さそうだがねえw

345名無し三等兵2017/05/06(土) 19:07:08.01ID:zCvQyoaC
>>342
欧州諸国のガソリンスタンドの普及について、どうぞ。

木炭自動車の発祥ってフランスだと、知ってた?w

346名無し三等兵2017/05/06(土) 19:25:19.73ID:gKOL0uy2
>>343
だいぶ前の江戸関連の専門書で読んだことだけだからな
俺は専門じゃないから知らない!以上!!

…ただ、そこでも初期と幕末で同じ土地における収量差は300%超とかそんな話になってたかと
それが勤勉革命の話
詳細な曲線は近代経済学やってるっていうあなたがよく知ってるはずなので分投げるのでよろしく

>ブロック経済
そもそも論だが日本は内需大国なのよ
特に今ほど自由貿易が活発でないところ程な
それを軍艦とそれに必要な高品質素材がのどから手が出るほど欲しい軍部や財閥企業が
無理くりそのお金繰り出すために本来内需で使われる国民の余剰を軒並み吸い上げて
そのお金で軍艦とか鉄とか装備買ってたってひでえ話になる

347名無し三等兵2017/05/06(土) 19:28:13.48ID:gKOL0uy2
>>345
しかしそんな欧州ですら1930年くらいに
Kdfワーゲンだったりフィアット500初代とかシトロエンTPVとかでてきたわけだしなあ

348名無し三等兵2017/05/06(土) 19:32:24.44ID:Uy4IDy6q
>>346
日本が戦前、内需大国だったとする根拠を出して?
余剰とか、マルクス経済学が好きな
足し算の話でもするなら、見てる文献の
名前も出してほしい所だ。

持ってる拘り、ゴミレベルであるやうなんでね
Historically, the Arsenal plant is reported to have generally poor quality control
and some buyers have reported receiving cameras
with small cosmetic or functional defects. 
何これ?安かろう悪かろうの文化?
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Kiev_(brand)

349名無し三等兵2017/05/06(土) 19:34:44.01ID:gKOL0uy2
>>348
戦前戦後含めて日本内需大国やで何言ってるん?
バブル崩壊後に経団連の圧力に屈して外需マンセーした結果が今の日本の惨状だし
外需大国ってのは韓国やシンガポールみたいなところを言うんやで

350名無し三等兵2017/05/06(土) 19:34:48.32ID:Uy4IDy6q
>>347
機械化はどうなってたの?

イタリアとか、自動車産業とかあって機械には
ナレテる筈なのにDB601とか千基位しか
作れなかったよな。
後の国産航空エンジンは、空冷しかなかったが
日本以下のゴミだし

351名無し三等兵2017/05/06(土) 19:36:08.59ID:gKOL0uy2
単純に捨て金なうえに外貨流出源になってた軍備費にアホほどお金つぎ込んだから
内需がしぼんだままで外需こそ活路といって満州事変に続く戦争の道になったことくらいわかるだろ

352名無し三等兵2017/05/06(土) 19:36:29.34ID:Uy4IDy6q
>>349
何度も"言えば"事実になる国の人なんでしょうかね

共産党抱えてた国も、何度もpravda言ってたようだけど

破産したしねw

353名無し三等兵2017/05/06(土) 19:38:27.75ID:Uy4IDy6q
>>351
御免ね?

海外で教育受けてたりするんで、Fact見るまでは
人の主張なんて取り入れない体になっちゃってるのよ。

嘘つきとかに異様に厳しい教育受けてたけど、
今更変えられないよなw

354名無し三等兵2017/05/06(土) 19:39:37.53ID:gKOL0uy2
>>350
アメリカとドイツだけいろいろおかしかったんだよ、工業力
イギリスだって自力で作ったマーリンはそんなに多くない
アメリカ基準にするからみんなおかしいんで
イタリアとかフランス、イギリスが本来の世界標準の生産力

>ナレテる筈なのにDB601とか千基位しか
むしろ1000基作れたら立派なもんだと思うが
あのマジ基地品質をアルファロメオが必死になってようやくそれくらいってこと
つまりダイムラーが自社だけでしか作れない本国でしかまともに整備できないマジ基地エンジンつくってたと

355名無し三等兵2017/05/06(土) 19:43:00.59ID:gKOL0uy2
DB601って量産工業的には失敗例の一つなのよ
自国だけの基準で自国の生産だけしか考えてない大量生産前提の汎用エンジンってのは
軍用品の設計上唾棄すべき失敗例
RRのマーリンとかは設計者がめちゃくちゃ高品質部品を使えない可能性を考慮して
自国の工業力で難なく作れる程度に抑えてるから
アメリカで難なく大量生産できたところあるしな

356名無し三等兵2017/05/06(土) 19:43:30.57ID:Uy4IDy6q
>>354
火星や金星に該当するエンジン作らなきゃ
意味なかったんだけど。

そして結局使える出来の飛行機が戦闘機、爆撃機?
輸送機含めてその千基しかないイタリアを何故
自動車作った位で持ち上げられるのやら

…フィアットって有害なメーカーだったよね?
何か、お前のカタログの中に入ってたけどさw

357名無し三等兵2017/05/06(土) 19:44:35.90ID:Uy4IDy6q
>>355
大馬力の空冷エンジン作れば良かったんじゃない?
日本はそうした。

イタリアは?
でーびー601のせいにしとけば終わりかw

358名無し三等兵2017/05/06(土) 19:48:27.02ID:gKOL0uy2
>>356
だからアメリカドイツを工業生産力のスタンダードにしたらおかしなことになるって言ってるだろて
イタリアを持ち上げてるのではなくて普通に内需外需バランスやってた欧州諸国の工業力で
それくらいって話

>>357
それはダメなイタリア技師と、まともな設計者を指名できなかったフィアットの無能さを
責めてくださいで終わり
日本と真逆で、精度だせる生産力はあっても技師の技術力が足りなかった

359名無し三等兵2017/05/06(土) 19:49:29.10ID:Uy4IDy6q
>>358
生産力は

数だけど。
技術者の問題とか、頓珍漢な事言ってるの?w

360名無し三等兵2017/05/06(土) 19:50:49.13ID:gKOL0uy2
>嘘つきとかに異様に厳しい教育受けてたけど、
それは自分にとって知らないこと、認めたくない内容を受け入れるつもりはない

の間違いでは
そんなの海外とか関係ないぞ

361名無し三等兵2017/05/06(土) 19:53:40.45ID:gKOL0uy2
>>359
生産力と技術力、似てるようで全く違う
両方あって初めて戦力として強いと言える

技術的に劣ったダメなもの大量生産しても、
実際の戦場では大して役に立たない資源と労力の浪費になりがち

あなたは経済学から生産力ばかりに注目してるけど
農業にしろ工業にしろ技術力に対する敬意も造詣も全くないのね

エンジニアからは一番嫌われるタイプの人種だわ

362名無し三等兵2017/05/06(土) 19:57:21.62ID:gKOL0uy2
なおDB601のところでもいったけど、生産力を考慮した設計ってのも、ものすごい技術なんやでと
できないものを無理やり作ってひどい目にあうってのは、
中国が20年の月日と莫大な国家資源使って無理やり漢級原潜をつくったという前例もあってだな

363名無し三等兵2017/05/06(土) 20:11:25.18ID:C4MNLfDv
海外で教育とか要らん自己紹介してるキモいのが一匹棲みついている

364名無し三等兵2017/05/06(土) 20:12:49.06ID:gKOL0uy2
>>363
ID:gKOL0uy2=仙人はどこにでもいるよ、中国軍スレから空母から
にぎわうところならどこにでもやってきて自分の舶来知識をひけらかす

365名無し三等兵2017/05/06(土) 20:19:39.75ID:gKOL0uy2
技術力って経済学とかで使われる数字じゃなくてアナログだからなあ<指標までは出せるが
デジタルみたいなもんじゃなくて、結局絵描きと同じ才能の類に入ってくるから
少しでも継承怠るとすぐに失われて分からなくなる

F1なんかで1980年代と今はどっちもおなじ1.6l級ターボエンジンだけど
1.6lターボだからどっちも同じだろう莫大なお金使って新規開発せず昔の引っ張り出して使え
という暴論ぶつのはだいたい経済学者

366名無し三等兵2017/05/06(土) 20:44:06.97ID:Uy4IDy6q
>>361
あの、工"芸"品を作ってる訳じゃないと、
理解してる?
エンジニアとか言っても、元デザインがあるもので
それしか(家内工業的な後進性のお陰で)作れなかったら
頭抱えると思うぞ?

367名無し三等兵2017/05/06(土) 20:45:13.31ID:Uy4IDy6q
>>362
そして、
他のエンジンはどうしたの?
1000馬力以上ないと戦争できるレベルじゃないけど

エンジニアは何してたの?

368名無し三等兵2017/05/06(土) 20:47:36.58ID:gKOL0uy2
>>366
アメリカドイツでは大量生産できる工業製品が、日本だと技術力生産力欠如で一品ものの工芸品になっちゃうって話

369名無し三等兵2017/05/06(土) 20:51:30.52ID:gKOL0uy2
>>367
宮崎駿の「風立ちぬ」みればだいたいわかるんでない
それ見てわからなきゃお前さんにこれっぽっちも機械造詣がなくて数字しか見れない人間ってだけ

370名無し三等兵2017/05/06(土) 20:52:59.02ID:Uy4IDy6q
>>364
舶来知識って何?
キエフのカメラだっけ、
>Changing the shutter speed on an un-cocked camera

> will damage the timing mechanism,

> so it is recommended that Kiev users get into the habit of
>always cocking the shutter after taking a photo
シャッター解放した後でシャッター速度を
調整すると壊れるとか、欠陥品としか
言い様の無いものを持ち上げたりする事とか、かな?
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Kiev_(brand)

昔から貧しい生活を(お前自身が)してたから変な
外国のもの持ち上げる習慣がついてるようだけど、
目の前に色んな国の情報引き出せるPCと言う
箱があるんだから、 少 し は 調べたら?
恥をかく前にねw

371名無し三等兵2017/05/06(土) 20:57:03.01ID:Uy4IDy6q
>>368
火星とか金星は一品物、なのか?
金星なら三菱だけでなく日立航空機等も作ってるが。

少しは調べる作業とか、した事あるのかな
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日立航空機

372名無し三等兵2017/05/06(土) 20:57:39.29ID:BZIerqcF
>>341
>満足に動かないような代物でも国産トラックや自動車作ってそれを回してたから

この点、ソ連の自動車産業は素晴らしかったよな。スターリン閣下は偉大だったな。

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦
で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://tompei1.la.coocan.jp/Ph-Berlin.htm

 史上最良といわれた独露関係の風向きが、人権重視のメルケル独新政権の登場によって変わりつつある。 ロシア外務省は三月末、
ベルリンにある旧ソ連軍記念碑が何者かに冒涜されたとしてドイツに抗議する声明を出し、
「前例のない破損行為で正当化できない」と批判した。この記念碑はこれまでも何者かにペンキを塗られたことがしばしばあったが、
ロシアが抗議声明を出すのは異例のことだ。 メルケル首相は一月中旬に初めて訪露した際に、
ドイツ大使館に人権活動家らを招き、「ロシアの強権的政治体制を憂慮している」と述べ、
連帯を表明した。さらに首脳会談後の共同会見でも、チェチェンでの人権弾圧を批判し、隣にいるプーチン大統領を刺激した。
http://www.fsight.jp/2620

373名無し三等兵2017/05/06(土) 20:58:56.64ID:gKOL0uy2
ID:Uy4IDy6qみたいなやつは
敵が〜できてるんだからっていって、その背景とかまるっと無視して
身内のエンジニアに過程すっとばして今すぐ作れというタイプの人間なんだよなとわかる

374名無し三等兵2017/05/06(土) 20:59:24.81ID:Uy4IDy6q
>>369
ん?
中島飛行機の話とか、出てくるのそれ。
(一応零戦に関連するんだが、何の話をしてるか、
分かる?)

375名無し三等兵2017/05/06(土) 21:00:20.39ID:Uy4IDy6q
>>373
目の前のエンジニア?
他社の生産部門とかとまず相談すると思うが。

376名無し三等兵2017/05/06(土) 21:05:15.27ID:Pmid1LFW
>>375
で、相談した先からは全て「気合でなんとかしろ」と言われるわけでw

377名無し三等兵2017/05/06(土) 21:06:36.01ID:Uy4IDy6q
>>376
何台作れますか?の話になるよ?
実際に零戦を大量に作った"中島飛行機"とか

378名無し三等兵2017/05/06(土) 21:09:07.16ID:gKOL0uy2
>>371
日本の航空エンジンは大なり小なり一品ものの「工芸品」やで
生産ロットはおろか個体ごとの部品互換性なんてほとんど皆無に等しいからな
なんでそうなったのかというと国産工作機械の精度の劣悪さと国産素材の品質の悪さ故なんだが

そんな工芸品を力業で1万基とかやらかしたから普通じゃないんだけどな
DB601もデチューンで何とかするとか

379名無し三等兵2017/05/06(土) 21:10:10.87ID:gKOL0uy2
>>377
表向きは仕事がほしいからどんなことでも「できますやりますやらせてください」
以外言わない、って社会として当たり前のことがわかってないんだな

380名無し三等兵2017/05/06(土) 21:11:01.16ID:Uy4IDy6q
>>378
粗悪な大量"生産"品にならないの?それ。
機械で作ったんだよね、それ。
すり合わせとかしてる?

381名無し三等兵2017/05/06(土) 21:12:47.26ID:Uy4IDy6q
>>379
工場の増産とかしないで?
どんな社会の人間なんだろうね、
その手の計画は出てくるのに

382名無し三等兵2017/05/06(土) 21:18:47.66ID:gKOL0uy2
>>380
>粗悪な大量"生産"品にならないの?それ。
それが日本のエンジンをはじめとする工業製品の問題すべてとわかれば
何が問題か見えてくると思うが
日本の工作機械や材料が粗悪すぎて同じように作っても同じ制度にならないの
だからやすり掛けで合わせる

当然そんなパーツは互換性があるはずもなく、1エンジン1固有のパーツになる
特に国産DB601なんて半数以上ろくにうごかず工場直産廃行というロクデモナイ結果になってるしなあ

383名無し三等兵2017/05/06(土) 21:20:58.60ID:gKOL0uy2
>>370
コンタックスというカメラの特質と問題って面白いから調べてみ、敢えて言わん
それをコピーしたキエフの顛末も含めてな

すこしはぐぐったようだが碌に調べてないのはわかる

384名無し三等兵2017/05/06(土) 21:21:36.62ID:gKOL0uy2
あと、戦後ニコンがカメラ作ったときにコンタックスを参考にしたけど
参考にした結果どういうものになったかもね

385名無し三等兵2017/05/06(土) 21:32:41.76ID:Uy4IDy6q
>>382
生産性、末期に掛けて上がってるのに、
工芸品なのか?

中島だったら工場千m*2辺りが1941年の4.6台から6.2台、
三菱なら同時期で1.6台から4.8台と単位辺り増えている。
ヤスリ掛けの要員を増やしたからか?
あ、立教の論文ねw

http://www.rikkyo.ac.jp/eco/research/pdf/p107-140_67-1_sato_tatsuo.pdf

386名無し三等兵2017/05/06(土) 21:34:59.48ID:Uy4IDy6q
>>383
欠陥品をそのまま使って、 地 元 じゃ最早
顧みられない ゴ ミ 、を調べるのか?
趣味の領域の玩具見た事に、何かの
"文化的"な意味を見出だしてるのかなw

387名無し三等兵2017/05/06(土) 21:39:54.82ID:bjl+PD8c
>>378
>日本の航空エンジンは大なり小なり一品ものの「工芸品」やで
>生産ロットはおろか個体ごとの部品互換性なんてほとんど皆無に等しいからな
>なんでそうなったのかというと国産工作機械の精度の劣悪さと国産素材の品質の悪さ故なんだが

○林(百)委員 そうすると、朝鮮事変か擴大されても、六百五十億以上の費用は持たないという、
いかに擴大してもこれ以上日本は費用は持たないという答弁と私は解釈しますが、それでいいかどうか。
 その点とそれからもう一つ、実は本日の新聞にも出ておるところでありますが、国防分担金にからまりまして、
米軍が最近発注する兵器が工場渡しになつておつて、米軍の照明弾二百二十九万四千発、ナパーム爆弾用
タンク十万二千個大阪機工へ注文しておる八十一ミリ迫撃砲四百八十九門、小松製作所及び大阪金属両社の
同砲弾六十二万五千四百発、豊和工業の銃身三千百九十ちよう、迫撃砲弾三十六万三千発、照明彈三万二千発
の入札が在日米軍の調達本部で行われて、
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/013/0082/01306140082034a.html

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、外国から終戦後入つた機種は、
兵器製造用のマザー・マシンとしてわずかに百二十一台しかないようであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html

388名無し三等兵2017/05/06(土) 21:40:14.32ID:gKOL0uy2
>>382
その表向きの数字の怖さというのを考えたほうがいい
要するに会社が国からお金をガメル為に動かない不良品を完成品として
軍に納入したことにしてどっかに持っていく
これは敗戦直前になると酷い話になってくる
要するに企業と軍が負けることみすみすわかってきたので数字だけ積み上げて国からいろいろガメ用としたってこと

>>386
欠陥品を欠陥品として理解するには、その製品のユーザーが必要でな
キエフを清算したソ連の工場と、日本の日本工学の決定的な差はそこにある

日本においてコンタックスのカメラは当時使ってた人が少なからずいて、
そのフィードバックを受けられたのが大きい

389名無し三等兵2017/05/06(土) 21:40:48.13ID:bjl+PD8c
>>378
>日本の航空エンジンは大なり小なり一品ものの「工芸品」やで

日本古来の工芸品たる日本刀は、大陸打通作戦でチンピラゴロツキ3500万を殺戮する大戦果を挙げた。
けれどもその分、工業技術の発展が米英独ソよりも大きく遅れてしまった。
というか福沢諭吉の「脱亜論」で書かれているように、明治国家はチャンコロ対策が最終目的だった。
だから工業で米英独ソに及ばずとも、チャンコロチンピラゴロツキを壊滅させたのだから万々歳だ。
対日戦争がオマケつーなら日中戦争はオマケのそのまたオマケで、中国人は人間扱いされなくなってしまう。
チンピラゴロツキ3500万を日本人の軍刀で斬り伏せ、かつ中国への賠償金はゼロ。
日本刀の切れ味は日本古来から伝わる不思議な日本人の魂が宿っており、中国人はその体で思い知らされた。
中国人は老弱男女全てが殺戮の標的物だった。まさに野球で言えば0点に抑えた快挙だった。

390名無し三等兵2017/05/06(土) 21:45:46.72ID:gKOL0uy2
ゴミをただ数字上のごみとして無視するのか、
なぜごみになったのかを研究するってのは大きな差がある

前者が数字しか見れないアホな経済学者で、後者がエンジニア

391名無し三等兵2017/05/06(土) 21:46:12.38ID:Uy4IDy6q
>>388
火星エンジン使ってた一式陸攻や二式飛行艇や少数の銀河で
不具合が出たの?
あるいは金星をどっかの首なし機に付けた100式戦闘機とか、
後は偵察機とか。

誉の話でもする?前間の書いてた本では、
そもそも冷却フィンの作り方に問題があった、話とかなw

392名無し三等兵2017/05/06(土) 21:46:46.79ID:bjl+PD8c
>>378
>日本の航空エンジンは大なり小なり一品ものの「工芸品」やで
>生産ロットはおろか個体ごとの部品互換性なんてほとんど皆無に等しいからな
>なんでそうなったのかというと国産工作機械の精度の劣悪さと国産素材の品質の悪さ故なんだが

日本は戦争中彼らの航空機の品質を改善し、航空機エンジンの推力を多いに増加して、最終的に火力で
アメリカ戦闘機を上回り、終戦時、設計と実験段階で第一級の航空機を持っていた。しかしながら、航続距離、
性能、耐久性を増した信頼できる航空機の大量生産でアメリカに匹敵する広範囲な技術と工業的熟練に欠けていた。
The Japanese improved the quality of their planes during the war, greatly increased the power of their aircraft engines,
ultimately exceeded United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design and experimental
stage at the end of the war. They lacked, however, the widespread technical and industrial skill to match the United
States in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

393名無し三等兵2017/05/06(土) 21:48:01.98ID:Uy4IDy6q
>>390
どう言うゴミになったの?
お前、まるで具体的な説明が出来ないけどな。

思い込みで終わり?どっかの、何だ、
"文化的"なキエフカメラみたいにw

394名無し三等兵2017/05/06(土) 21:51:27.25ID:4HQHVZ7S
>>386
>欠陥品をそのまま使って、 地 元 じゃ最早顧みられない ゴ ミ 、

その『ゴミ』というのは、カールツァイスのことなのかキエフカメラのことなのか、どっちなんだ?

395名無し三等兵2017/05/06(土) 21:52:52.99ID:Uy4IDy6q
>>394
キエフのカメラは、製品として見れば欠陥持ってるよ。

文化的な"市民"云々の話で出してくる意味が分からん、
レベルでねw

396名無し三等兵2017/05/06(土) 21:57:01.86ID:4HQHVZ7S
>>395
>キエフのカメラは、製品として見れば欠陥持ってるよ。

その理由は何? 元になったカールツァイスの欠陥? あるいは?

397名無し三等兵2017/05/06(土) 21:57:22.39ID:Uy4IDy6q
>>396
あるいは?

398名無し三等兵2017/05/06(土) 22:04:18.09ID:gKOL0uy2
>>394
だから少しは調べろよぐぐればすぐわかるだろ
なんでも質問返しすれば賢い振りできるなんて思ったら大違いだぞ

399名無し三等兵2017/05/06(土) 22:06:36.75ID:Uy4IDy6q
>>398
意味もない事に答えてどうするの?
お前が何かの価値があると思ってもねw

400名無し三等兵2017/05/06(土) 22:40:55.12ID:gKOL0uy2
工業力のこと知りたいなら調べる価値はあるよ
単純に調べるの面倒くさい他人から手っ取り早く答え聞きたいってだけじゃないか
そんなやつには教えるつもりはない

本当に海外いってたんか、海外の講義だと
事前に指定の本読んで頭いれてないとないとたたき出されるだろ

401名無し三等兵2017/05/06(土) 22:45:10.83ID:Uy4IDy6q
>>400
教えてもらう必要性とか、
あると 思 っ て る の?

主張したい点がまとめられない、で
終わりだろ?
叩き出すとか何を 勘 違 い してる事やらw

402名無し三等兵2017/05/06(土) 22:45:28.35ID:gKOL0uy2
>>396
ツァイスコンタの時点でカメラ好きやエンジニアから構造複雑すぎおかしいだろと指摘されてたのに、
敗戦の賠償目的でコンタックスの生産移転企んだソ連も
カメラという表面のことしか見てなくて何が問題でどうすべきか考えず
ただ生産移転とコピーしか考えてなかった

結果としてどうなったか?

403名無し三等兵2017/05/06(土) 22:47:25.45ID:Uy4IDy6q
>>402
ゴミを作ったんかい?e

404名無し三等兵2017/05/06(土) 22:50:05.19ID:gKOL0uy2
>>403
ソ連と同じだよお前は
表面の数字しか見てなくて何が問題でどうすべきかなんて一顧だにしない

405名無し三等兵2017/05/06(土) 22:52:47.81ID:Uy4IDy6q
>>404
日本の戦前と何の関係もなく、
お れ を叩きたい訳?w

実際、生産性の向上の話を出したが、
稼働率で何か問題があったの?
それ、出てきてなくて適当なアネクドートで
終わってる訳なんだが。

信じたい話だけ出して終わりかい?
お前の、て事だけどなw

406名無し三等兵2017/05/06(土) 22:55:33.60ID:gKOL0uy2
>>405
数字だけ見て何が問題かという本質見ないお前のバカさ加減は徹底的に叩きたくなったね
ホント

407名無し三等兵2017/05/06(土) 22:57:04.91ID:Uy4IDy6q
>>406
叩ける事実、を持ってれば、ネ?w
実際に出てくるのは首なしがどうだの

ソ連がどうだの?w

408名無し三等兵2017/05/06(土) 22:57:13.34ID:gKOL0uy2
>>405
数字だけあってればあとは野となれってお前の態度は
昔のソ連や旧日本軍とそっくりで反吐が出るわまじで

409名無し三等兵2017/05/06(土) 22:58:07.37ID:Uy4IDy6q
>>408
アメリカとか、違うのか?
Fact重視だと思うけどね、
きんべんかくめい、なお前と違ってさw

410名無し三等兵2017/05/06(土) 22:58:50.54ID:gKOL0uy2
本当ID:Uy4IDy6qみたいなやつが前線に40年前の腐った牛缶送って
数字的には足りてますなんて平然とぶつんだろうなやってらんないわ

411名無し三等兵2017/05/06(土) 22:59:30.36ID:Uy4IDy6q
独り言ですか


淋しいねw

412名無し三等兵2017/05/06(土) 23:07:55.61ID:gKOL0uy2
>>396続き
問題はこの辺の欠陥って使うユーザーがいればわかるんだよね
わからないのは作ってる人間がそのカメラを買って使えないから、ってのはあるわけで
ドイツのツァイスみたいにせめて管理職とかにそういう人がいたら変わったんだけどね

ツァイスもカメラの理想追い求めて複雑怪奇な金属鎧戸式シャッターやったわけだけど
日本の場合は戦前のアサヒカメラの時点でこのシャッター問題視されてて
戦後日本工学がコンタックス参考にカメラ事業やるにあたってこのシャッター排除して
より単純なライツ式横幕を入れたの

このあたりがわかるかどうかってのが国民の文化レベルって話
使う人がいなければおかしいところは改善されない
ソ連の場合は高級カメラで輸出商材だったので生産労働者側にとっては他人事だから
おかしいとは言わなかった

413名無し三等兵2017/05/06(土) 23:10:39.07ID:Uy4IDy6q
>>412
で、

それが戦前の日本とどう関係あるの?
何かキエフ何たらの話に囚われてて、

実 は これから調べないと 分 か ら な い ? w

414名無し三等兵2017/05/06(土) 23:10:44.95ID:gKOL0uy2
つまるところ極端な貧富の差は工業力伸長の足かせになるが
その改善=国民全体の可処分所得向上は
政府側から見たら税収と使いたい先を削減するってことになるので
特に戦前日本では受け入れにくい話では合った

415名無し三等兵2017/05/06(土) 23:18:47.21ID:gKOL0uy2
このあたりは経済学の数字では観測できないから難しいのよ
数字だけ見たらいけるんじゃと見えちゃうけどそれこそ合成の誤謬だしな
共産主義や市場主義共通の欠陥だよなあ

牟田口や旧ソ連まったく笑えんよ

416名無し三等兵2017/05/06(土) 23:28:16.22ID:Uy4IDy6q
>>414
貧富の差?

今度は"ソ連"のジニ係数でも出すべきなのか
Gini coefficient
0.290 (1980 est.), 0.275 (1989 est.) [6]
これ、高い?
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Economy_of_the_Soviet_Union

417名無し三等兵2017/05/06(土) 23:30:22.99ID:Uy4IDy6q
>>415
言ってる事と思いっきり矛盾してる話が出てるんだけど、見えてる?
(因みにソ連のジニ係数での貧富の拡大は、
60年代末期から上がっていて、逆に言えば
それ以前は低かった

418名無し三等兵2017/05/07(日) 00:05:13.33ID:/H+Tb9UE
>>417
だからジニ係数じゃ教養とかの豊かさとかそういうのは観測できないって何度も言ってるだろうが
ジニ係数がどんなに良くてもご飯食べられるだけで国民の知識水準が17世紀じゃ意味ないの
だから数字しか見ようとしない経済学者は馬鹿にされる

419名無し三等兵2017/05/07(日) 00:07:54.47ID:zfJJbMHS
>>418
知的水準、農奴のレベルから上がってるだろ?
男女同権(この時代から離婚の多い)ソ連等は。

教養とかと関係ないか?ひょっとしてさw

420名無し三等兵2017/05/07(日) 00:37:50.66ID:/H+Tb9UE
だから農奴のレベルから上がって先進国級のジニ係数になろうとも
蓄積された教養水準がないから色々作りたくてもつくれないの、
そいつらに舶来の工作機械もってきて今すぐベンツ作れったって作れないの当たり前だろ?
だから中進国はどこも自国産業を育成するのに苦しんで他先進国から技術導入汲々してるの
しかも失敗例が多くて成功例がそんな多くない(インドにおけるマルチスズキとか)

いい加減分かれ経済学バカ

421名無し三等兵2017/05/07(日) 00:40:30.83ID:zfJJbMHS
>>420
定義もされてない、つまり幾らでも変更できる
"教養水準"?

ようやく、アホ話の コ ア に近づいたかなw

422名無し三等兵2017/05/07(日) 00:40:33.01ID:/H+Tb9UE
日本だって外国に技術・文化レベルで追いついたのってせいぜい1990年ごろだからなあ
明治維新からひいひい走ってようやくそれだということは経済学バカ仙人は自覚すべき

423名無し三等兵2017/05/07(日) 00:42:37.94ID:/H+Tb9UE
>>421
数値化できないことなんて世の中にはたくさんあるということだよ
経済学の理論と数式使えばなんでも数値化できるという全能感と傲慢さが
色々間違ってるのにそれを正そうとすらしない

文化レベルを数値化しようとしてジニ係数という頓珍漢な指標持ち出してるし

424名無し三等兵2017/05/07(日) 00:43:48.00ID:zfJJbMHS
>>422
技術水準云々言った所でボールペン一つまともに作れず
外資頼りの自動車組み立てしてる西側先進国
(まあ、がいこくだよね?)がその時期にもあったりするが、
そう言う国はどうなるんだろ

…文化レベルで優ってた?男女同権とかさw

425名無し三等兵2017/05/07(日) 00:46:19.36ID:zfJJbMHS
>>423
数値化言う前に、モデル、と言うよりアイディアを

何 一 つ 展開出来ない馬鹿がさ、 何 を 言ってるの?
自己満足の言葉以外、本当に何も現実が
出てこないんだよね…あ、たまにKeidanrenとか
何処かで聞いたことある組織名がチラホラ
出てたりしてる?w

426名無し三等兵2017/05/07(日) 00:48:54.43ID:/H+Tb9UE
お前みたいなやつが共産党指導部やフリードマンや竹中みたいに
「数字上はこの国は正しく回ってる」とかいって国民大量餓死させるんだろうな

427名無し三等兵2017/05/07(日) 00:54:11.09ID:zfJJbMHS
>>426
今度は妄想当てはめて、ハアハアしてるの?
観念論て言うより"勤勉革命"(ババーン)とか言って、
成長が低減する一般的な現象無視して必要な要素に
"無邪気"に上げ、危険性言ったら経済学云々は
とか切り捨ててた オ マ エ の方が実際に
危ない、とは成らんのかな。

大躍進とかで、忠言してたそれこそエンジニアを
総括とかでぶっ殺して結果、大惨禍を招いた
ぼうかくめいしそう政権に、よっぽど親和性が
あると思うよ? オ マ エ はwwwww

428名無し三等兵2017/05/07(日) 00:58:00.76ID:1ov7Sd29
海軍は、航空機用ガソリンを昭和16年に100オクタンに統一しようとしてて、
昭和14年から、そんなハイオクガソリンの供給をアメリカから止められて、計画破綻。

95オクタンのエンジンに相応しく、プロペラ効率の向上(揚抗比の改善)とか、主翼の翼型改良に
ドイツなりフランスから、風洞実験データをかき集めるなどの正しい努力をしてたのだったら、
もう1-2年は粘れたかもしれないけどね…

429名無し三等兵2017/05/07(日) 01:14:06.98ID:/H+Tb9UE
>>427
江戸時代の勤勉革命は誰かが始動したわけではなくて
農民自らが自主的・同時発生的にトライアンドエラー繰り返してその結果を共有して
って250年続けた結果なんだがなあ

ルイセンコが勝手に持ち出して上から押し付けた間違ったばか理論と一緒にするほうがおかしい

430名無し三等兵2017/05/07(日) 01:17:07.90ID:/H+Tb9UE
>>428
そもそもアメリカの工業力自体がおかしいから戦おうとしたのが間違ってる気もする毛曽根
WWII時点でアメリカ単独で他の国の全戦力と戦って勝てるとかいうね

431名無し三等兵2017/05/07(日) 01:17:22.11ID:zfJJbMHS
>>429
その生産性の改善とか停滞とか

書かないと丸で意味ないけど。
そしてここからが重要だが、
その"程度"(裏付け、当然なしの怠慢)の
認識で世の中動かしたら、まあ計画通りに
行かず…餓死者出ない?考えない?w

432名無し三等兵2017/05/07(日) 01:21:10.66ID:/H+Tb9UE
>>431
農業とかだと普通農地の全部をいきなり新農法にすることなんてありえなくて
片隅のところだけ新しいことをやってみてうまくいったら少しづつ導入、
ってのが普通なんだが

農業技術とかそういうことすら碌に知らないのに
全部一気に変えるとかそういう机上の空論を全面採用するバカは普通はいない
収穫の多寡がそのまま命に直結するんだし

433名無し三等兵2017/05/07(日) 01:23:22.49ID:8tCjPlRR
>>428
>ドイツなりフランスから、風洞実験データをかき集めるなどの正しい努力をしてたのだったら

Production from the synthetic plants declined steadily and by July 1944 every major plant had been hit.
These plants were producing an average of 316,000 tons per month when the attacks began.
Their production fell to 107,000 tons in June and 17,000 tons in September. Output of aviation
gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to 30,000 tons in July and 5,000 tons in September.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

434名無し三等兵2017/05/07(日) 01:23:27.61ID:zIGFq2xV
日本の場合、陸軍と海軍の反目が尋常ではなく戦闘機の同口径の機銃が不統一だったなんて軍板住人にはお馴染みの話があるくらいだからな〜

435名無し三等兵2017/05/07(日) 01:30:03.11ID:8tCjPlRR
>>412
>このあたりがわかるかどうかってのが国民の文化レベルって話
>使う人がいなければおかしいところは改善されない
>ソ連の場合は高級カメラで輸出商材だったので生産労働者側にとっては他人事だから

だけどスターリン閣下は偉大だよな?

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

436名無し三等兵2017/05/07(日) 01:36:12.41ID:LOaGNBi9
>>420
>蓄積された教養水準がないから色々作りたくてもつくれないの

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

悲劇と捕虜という屈辱の中で日本人が誇りをもって生きてきました。
自らの命を省みず、日本人の命を救うべくソ連兵に立ち向かわれていった小隊長は、まさに日本人の誇りです。
ソ連の教育レベルの低さを感じたのが、朝夕の点呼でした。ソ連兵は、日本人を五人ずつ整列させ、
五人ずつ点呼し、五、一〇、十五と順序よく数えるのですが、三〇ぐらいまで数えると次がわからなくなるようでした。
数えなおしては、やりなおし、また数え直す繰り返しでした。
日本では、数をかぞえるときは、何列かに整列させて何人の列が何列あるかの掛け算で全体の人数を算出します。
ソ連兵は掛け算というものを知りませんでした。ですから、いつも朝の点呼は、約1000人の点呼
で一時間以上かかっていました。
http://jiyusoku.jp/archives/415

437名無し三等兵2017/05/07(日) 01:38:21.96ID:/H+Tb9UE
ぶっちゃけて言うと仙人と経済学信奉者の脳内はルイセンコとかと大して変わらん
自分の信じる理論が正しいかどうかなんてどうでもよくて
自分が信奉する経済学理論と思想が絶対的に正しいという前提で
世界を数値化していじくりたいだけなんだと

438名無し三等兵2017/05/07(日) 01:42:18.24ID:LOaGNBi9
>>430
>WWII時点でアメリカ単独で他の国の全戦力と戦って勝てるとかいうね

  ポツダムに私が行った理由は、多くある。しかしもっとも重要な理由は、ソ連から
 自ら対日参戦の確約を得ること、すなわち米軍首脳が狙っていたことである。
 (『トルーマン回顧録1』トルーマン著、76年、恒文社、 292頁)
  中国に大兵を入れて日本軍を中国本土より追い払うよりも、私の希望は常に十分な
 ソ連兵力を満州(ママ)に入れ、日本軍を追い出すことにあった。それがこの際できる唯
 一の道である。(同226頁)
http://www.han.org/hanboard/c-board.cgi?cmd=one;page=2400

「日本本土に侵入すれば、日本軍の大部隊をアジアと中国大陸に釘づけにできた場合でも、
少なくとも五〇万人の米国人の死傷を見こまなければならない。したがってソ連の対日参戦は
われわれにとって非常に重大なことであった」(『トルーマン回顧録』)
http://nekotomo.at.webry.info/201211/article_2.html

439名無し三等兵2017/05/07(日) 01:48:44.62ID:LOaGNBi9
>>278
>フェラーリやロールスロイスがなぜああいう形なのかというのが
>大衆車メーカーが理解するのには時間かかるし今すぐ作れるわけがない

 ここでやや先回りして、1941年10月の独ソ戦線全般における総括をしてみよう。
赤軍航空隊参謀部の資料によると、この月の損害は1729機に上り、しかもその内
の931機は敵戦闘機や高射砲による撃墜、あるいは戦闘任務から未生還、事故による
損壊のいずれにも分類されていない。損害の54%を占める飛行機の辿った運命は
いまだもって不明なままなのである。特にたくさんの襲撃機(308機中225機)が
「未確認損失」欄(赤軍内部では機体数計上方法の整理をした際に浮かび上がった、
撃墜、未生還などの戦闘損失や故障などの非戦闘損失のいずれにも該当しない原因
不明の損失)に記帳されている。どうもこれは、当時頻繁に発生したAM-38型エンジンの
故障と予備部品の不足から修理が不可能であったことと関係がありそうである。また、
およそ70%もの赤軍航空機は、空戦で失われたのではなかったといっても過言ではなかろう。
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941〜1942年>

 また,2個の機甲擲弾兵連隊,ひいては師団全体の状況を推測するうえで参考にして
いただきたいのが,SS第26連隊第2大隊は,アルデンヌ攻勢開始当初に装備されていた
105台の自動車のうちの38台を喪失し,1月末の数字では残された67台のうち34台,
つまり最初の数字の32%が稼動状態を保っているという車両装備状態であった。興味深いことに,
保有されていた車両の内幕(牽引車を除く)は以下の通りで,これら6種類のメーカーのうち,
3種が捕獲車両であった。フォードV8 13台,オペル・ブリッツ 10台,ブラガ 1台,
フィアット 14台,スチュードベーカー 2台,ベッドフォード 1台。
 このようにしてみると,部品の交換や修理に相当苦労したであろうことは,想像に難くない。
<ヒットラー・ユーゲント SS第12戦車師団史 下 / フーベアト・マイヤー/著>

440名無し三等兵2017/05/07(日) 01:55:20.35ID:LOaGNBi9
第二次大戦で欧米の国々が圧倒的に優れていたかのように語るのは冷戦時代の西側プロバガンダに偏重しすぎ。
まずナチスドイツはDデイ以前に赤軍にはさ連戦連敗していたこと、それから対日戦争については、
米軍といえども単独で攻略するのは難しく、ソ連の参戦を不可欠としていたということだ。
特にバグラチオン作戦と大陸打通作戦については、いくら強調してもしすぎることはないくらいに重要。

441名無し三等兵2017/05/07(日) 01:57:44.78ID:LOaGNBi9
>>303
欧米が過大評価されすぎ、ロシアと日本が過小評価されすぎ。

442名無し三等兵2017/05/07(日) 02:04:21.79ID:/H+Tb9UE
日本はどっちかというと戦前の差別でノーベル賞をかなり落としてる
ソ連の場合科学成果の秘密主義が強すぎて本来ノーベル賞とれるところで落としてるのはある
後生物学系が圧倒的に弱いのはルイセンコのアホが自然法則歪めてたからってのはある
DNAとか遺伝学が本格的にそれんでもやられはじめたのが70年代後半ってアホかと

443名無し三等兵2017/05/07(日) 02:11:25.85ID:e18hdgt/
>>286
>ソ連の抗議によって、最終的には、イエナはソ連に引き渡された

西側諸国と亡命政府 西側諸国は,一方で相変らず第二戦線を創出できないでいること,
他方でソ連の対日戦争参加を強く望んだことのためにソ連に対して外交的に著しく弱い立
場に追い込まれた。西側諸国はこの問題においてソ連に対して譲歩しなければならないこ
とを痛切に感じ始めた。最も重要な同盟を失うかもしれないという西側諸国の恐れは,
スターリン が 1943年 7月半ばに, またしても第二戦線の創出が延期されたことを理由に
ワシントンとロンドン駐在大使を召還し, アメリカ大統鎮ルーズヴェルト CFranklinD.
Roosevelt) との予定されていた会談を無期限に延期したとき, とくに強まった。西側諸
国,とくにイギリスはいっそう強くポーランド亡命政府に圧力をかけてソ連の要求に応じ
させようと努力した。(21)
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/5035/1/KJ00000112975.pdf

>>291
>しかし当時の米・英・仏の首脳はソ連との合意事項を破棄した。

米英がソ連と妥協せざるを得なかったのは、米英がソ連の対日参戦を不可欠としていたから。

444名無し三等兵2017/05/07(日) 06:12:21.27ID:zfJJbMHS
>>432
戦前の日本で、少しずつ"新型"の"勤勉革命"とやらを導入と言いたいのか?

資本による生産の実現で大量生産(または大量の過剰な生産の可能性)が起き
他部門での失業などが起き得る中で生産性とか上がるのか?
逆にインフレが起きてる中で遅々としか生産調整が出来ないのか?
そのような経済を選択する理由が丸で説明出来るように見えないが
それに対する回答は。。

自然的に生産性が向上する話で終わるのなら…
250年間の農産活動における"停滞"の実態を
書かなければ意味がないな。
天候の不順"等"による飢餓は現実に発生しており、改善が間に合わない
現実を触れなければ…飢餓そのものを無視してるよね?
更に正しく言えば…"革命"なのか、それは?w

445名無し三等兵2017/05/07(日) 06:14:12.20ID:zfJJbMHS
>>442
漠然とした社会概念をそのまま農業に投入した結果、の話か?
勤勉"革命"、はどうなるのか、書いてみてね?
出来る、ようにも思えんがw

446名無し三等兵2017/05/07(日) 14:24:56.94ID:/H+Tb9UE
なんか仙人は「革命」って言葉に過剰反応してるようにしか見えんが
要するに勤勉革命って産業革命と同じようなテクノロジー進歩現象とその周辺事項を
歴史学的に観測して命名したもんだと思うが

産業革命と同じで100年スパンで技術の向上が社会制度まで変革するレベルの影響があったってことでしょ

447名無し三等兵2017/05/07(日) 14:26:02.16ID:/H+Tb9UE
ってか仙人は本当経済学「しか」しらんのな
歴史も何もろくに勉強せずに相手に教えてくんばかりしてる

448名無し三等兵2017/05/07(日) 14:27:27.23ID:umPRejK+
>>446
Evolutionって言葉、知ってるかい?
あるいは、所謂カイゼンとか。
無理矢理、産業革命に語呂付けて
革命付けてるだけで、実態は違うでしょ
(英語は、見てるよ

449名無し三等兵2017/05/07(日) 14:32:58.69ID:umPRejK+
>>447
ちなみに"Industrious Revolution"はイギリスの
検証などが行われてるようだが、技術革新による
生産の向上は該当せずと排除してる学者が居るよ。


increase in lumber sawed can be attributed to

new technologies, and

not in fact the influence of an Industrious Revolution.

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Industrious_Revolution

…歴史が何だって?

450名無し三等兵2017/05/07(日) 14:37:17.53ID:umPRejK+
>>447
…また、馬鹿さらしたのかYou?

451名無し三等兵2017/05/07(日) 15:18:29.41ID:4EA7Oz0b
戦艦大和にキャタピラ付けてワシントンまで突っ込ませればアメリカもびびる・・・

452名無し三等兵2017/05/07(日) 15:46:59.90ID:NiYl0LZp
>>448
産業革命とか勤勉革命とか
歴史用語作ってあてはめた歴史学者に文句言えよ
んでなきゃ言葉尻の革命に反応して全財産没収されるような勢いでアレルギー反応起こすんじゃねえ

453名無し三等兵2017/05/07(日) 15:51:18.39ID:umPRejK+
>>452
まあ外からだが
日本初のアイディアだと明記されてるぞ?
で、計量分析まで行われてるようだが、
それは把握してなかったの?ひょっとしてw

454名無し三等兵2017/05/07(日) 15:52:06.82ID:NiYl0LZp
>>449
そういうのを言葉尻というんでないか
経済学者な仙人が経済学を横紙破りする政治や革命を雲霞の如く嫌うのはよくわかるが
往々にして横紙破りがあるのが歴史だと狭量な経済学者以外は理解してるがね

455名無し三等兵2017/05/07(日) 15:55:29.88ID:umPRejK+
>>454
経済学者(日本の)、が考え出した概念のようだが。

この人?
速水 融(はやみ あきら、1929年10月22日 - )は、
日本の経済学者。
国際日本文化研究センター名誉教授、慶應義塾大学名誉教授、麗澤大学名誉教授。

経済学博士。

歴史人口学、日本経済史専攻。
文化勲章受章者。

456名無し三等兵2017/05/07(日) 15:58:06.09ID:NiYl0LZp
>>455
それならそうなんだろう
とりあえずいえることは250年の間に収量が300%以上上がってる現象であって
「革命」とかいうレッテルの言葉尻とか定義を問題にしてるわけじゃないんだがね

あんたが私有財産や自由な投資を否定される革命を一番嫌うのは分かるが

457名無し三等兵2017/05/07(日) 16:00:47.64ID:umPRejK+
>>456
技術革新用途の場合は、その生産性の向上に含めて良いですか?

定義がはっきりしないが、250年に300%上がってる
でおけ?w

458名無し三等兵2017/05/07(日) 16:07:03.35ID:NiYl0LZp
>>457
そうそう
つまるところ生産性の向上で江戸時代は結構進展してたのに
明治はその進展分を初期以外全部軍事費に使ったせいで国内インフラ投資がままならなくなってた
ってのが戦前日本の根本問題

今中国が国全体に新幹線網引いたりしてるわけだけど、
戦前日本は東北本線他の幹線に大量にある単線の複線化や曲線改良すら
予算不足で碌にできてなかったんだよ
もし軍備費でなく鉄道改良に予算振り向けてたら
地方とかの開発発展はもう少し早かった可能性はある

459名無し三等兵2017/05/07(日) 16:12:22.44ID:umPRejK+
>>458
都合の良い話しか見てない
て事ね?書きたいことはw

実際に勤勉革命の話をしてする、のなら
先の話からするに技術革新も取り入れた
定義とは違う話になっている。
その場合、江戸時代の各藩、あるいは村単位でも良いが
どう"投資"してきたかの計量分析、そして
明治期以降の土木や発電と言った投資との
比較をしなければないが

お前、それやった?
に百パーセント、とかで終わったりしてないだろうねw

460名無し三等兵2017/05/07(日) 16:43:08.35ID:NiYl0LZp
>>459
投資額とかは個々の農民単位で行われてるから資料なんざふつう残ってるはずもなく定量化不能やで
ただ乾鰯とかそういう金肥が使われたりとか商品作物作られたりでだんだん生業から
農業を本業とする一個人事業者になっていくわけで
収穫量が初期と幕末で大きく伸びてる

お前は何かあったらすぐ数字数字とかいうがその数字が出せるなら
それだけで立派な歴史・経済学者として独り立ち出来て
学会ででかい顔できるレベルの立派な論文できるということくらいは理解しろよ
俺にそこまで求めるな

461名無し三等兵2017/05/07(日) 16:45:06.47ID:NiYl0LZp
っていうか他人の成果をタダですぐ欲しがるって流石に嫌われるぞ
海外で経済学学んだと自慢してるだろうけど
お前海外で同じことやって教授や指導教官からから怒られたりたたき出されなかったか

462名無し三等兵2017/05/07(日) 16:47:08.54ID:NiYl0LZp
お前の会話は議論してるふりして他人に資料クレクレしてるだけじゃないか
海外だとそれやったら詭弁弄してクレクレしてるフリーライダーといって
最後ディベート打ち切られて放り出されるレベルだろ

こういうところ海外のアカデミズムでは凄く厳しいと聞いてるが

463名無し三等兵2017/05/07(日) 16:52:20.55ID:umPRejK+
>>460
降下も分からないものを
250年で三百パーセントだから採用する?
それと、人口の増加とかどうなってる。

一応、提唱者は歴史人口学の教授だってのは、
その程度は、把握してるよねw

464名無し三等兵2017/05/07(日) 16:54:30.47ID:umPRejK+
>>462
効果も書けないものを採用する馬鹿は居ないよ。
で、それを出せないでビフォーアフターの
成長の話だけ出したら、俺以外でも対応は
同じとしか言えない。
フリーライドなんてしてないよ?有りもしないものに、
対してねw

465名無し三等兵2017/05/07(日) 16:56:32.66ID:umPRejK+
>>461
後、論文などで公開されてるものとか
参照する"習慣"は、ないのかな。

卒論レベルでも良いから、論文とか書いた事、

ある?
大学に行ったことあるの、と聞くのがお前の場合は
正しいかも知れんがなw

466名無し三等兵2017/05/07(日) 17:19:32.75ID:NiYl0LZp
>>465
軍板ですぐ調べればわかる「皆が知ってる前提のこと」を
さも知らないふりして、全員に対して二言目にはソースソースと叫びまくるお前は
本来ここにいていい人間じゃない

海外の講義やディベートでも「全員が読んで知ってるべき前提」を用意してから
やりはじめるんだからお前のように二言目に走りません分かりませんソースソースいうなら
お前は予習してないんだからこの講義から出てけといわれて当たり前

467名無し三等兵2017/05/07(日) 17:21:42.05ID:umPRejK+
>>466
皆が知ってる

のが何か書けるかな?
一応、ここはソース至上主義の板なんだけど
お前、二つ位のかずしか出せてないよねw

468名無し三等兵2017/05/07(日) 17:23:30.62ID:NiYl0LZp
最近軍板にも多いよなあ、少し調べたらわかることを
自分の思想信条にとて都合が悪いからって見なかったことにして、
それに言及するやつを質問攻めにしてうんざりさせて黙らせようとする奴が

こういうのと詭弁という

469名無し三等兵2017/05/07(日) 17:27:11.50ID:umPRejK+
>>468
勤勉革命、の話とかかな?
技術革新はその論旨に組み込まれてないようだが、
ごっちゃに入れて、250年の効果として
示した 馬 鹿 がいるらしいよ?

ID:NiYl0LZp、てID持ってるようだがw

470名無し三等兵2017/05/07(日) 17:40:49.79ID:NiYl0LZp
>一応、ここはソース至上主義の板なんだけど
ソースは大事だけどソースソースばかりわめいて自分からは何も出さない人は
疑われても仕方ないとおもうのね

471名無し三等兵2017/05/07(日) 17:49:51.36ID:i1Sg462R
2ちゃんのディベートだと、自分から何も出さずにソース要求してる人は
自分は何も知らないのに自分より格上の人に対してレスバトル仕掛けて
時間稼ぎしてる疑いをかけられる傾向にあるで

要するにGoogle回す時間稼ぎしたいとみられる

472名無し三等兵2017/05/07(日) 17:52:27.90ID:umPRejK+
>>470
ん?
例えば明治期以降の成長の話とかするか?
さっきはなんだ、250年で三百%って話だが
1885年から1920年頃まででGNPが十億円以下から
百億円まで、つまり1000%位成長してるな、高々
35年間で。

http://www.kwansei.ac.jp/s_sociology/attached/5296_44430_ref.pdf の図4
さて、何か言うことある?
インフレがどうとか、支える人口はどう増えたとか

…同じこと、お前に聞いてよい?
俺がやってるのは、基本それなんだが、
理解出来るかなw

473名無し三等兵2017/05/07(日) 17:53:06.43ID:umPRejK+
>>471
こいつの事?→>>470

474名無し三等兵2017/05/07(日) 18:16:25.47ID:i1Sg462R
自分に対する攻撃や専門外や都合の悪い話が帰ってきたらすぐ茶化そうとするあたり確信犯だよなこいつ
→ID:umPRejK+

475名無し三等兵2017/05/07(日) 18:17:38.13ID:umPRejK+
>>474
何か彼の方は沈黙しちまったようだが、
何か用あるの?
ソースの話とか、したいのかな

476名無し三等兵2017/05/07(日) 19:00:09.66ID:HldQ4eKU
>>472
金額ベースで伸びてるのは財政難の度に通貨切り上げたからだがな。
西南戦争の戦費を賄うために通貨切り上げたせいで困窮した農民が秩父事件を起こしたが
協力したがゆえに困窮しても武力鎮圧という一億総乱状態が明治でっせ

477名無し三等兵2017/05/07(日) 19:09:28.57ID:zfJJbMHS
>>476
20世紀以降は?

478名無し三等兵2017/05/07(日) 20:38:25.63ID:4EA7Oz0b
零戦の上に大和の主砲を装備して軍刀振りかざしてホワイトハウスに特攻できたら勝てるわ

479名無し三等兵2017/05/07(日) 22:55:41.02ID:4EA7Oz0b
だまれ二等兵

480名無し三等兵2017/05/07(日) 23:06:16.60ID:HldQ4eKU
>>477
日中戦争勃発の昭和12年から敗戦の昭和20年までに物価ベースで4倍になった
戦時中通貨を乱発した副作用で昭和21年に預金封鎖してデフォルト
デフォルト後に財政の裏付け無しに復興予算を組んだところハイパーインフレになり
朝鮮戦争特需の発生する昭和26年までにトータルで300倍のインフレになったのだぜ。

国力無視して戦艦大和や零戦をつくった代償がこれ

481名無し三等兵2017/05/07(日) 23:36:56.52ID:RSIpF0zV
インフレで困窮したのは、都市生活者であって、日本国民の大多数は農家であった。
農地解放の前か後か知らんが、ダメージは現在と違う。

482名無し三等兵2017/05/08(月) 00:14:47.00ID:ADlAsxaA
大和もデカイが他国だってにたようなの持ってますよー
ちょっぴり背が低いだけで同じヘビー級です
大和がガリバーというほどではないのさ

483名無し三等兵2017/05/08(月) 01:05:46.30ID:tocSww6w
日本は砲弾製造能力で、イタリアよりも劣っていたし、軍艦も戦車も飛行機も、ランニングコストで泣かされる。
国民負担はもちろん酷かったが、ほかの国と比べてどうかは微妙だね。

484名無し三等兵2017/05/08(月) 01:29:36.85ID:tyEQv7GD
>>483
> 日本は砲弾製造能力で、イタリアよりも劣っていたし、軍艦も戦車も飛行機も、ランニングコストで泣かされる

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

485名無し三等兵2017/05/08(月) 01:33:41.90ID:tyEQv7GD
>>480
>国力無視して戦艦大和や零戦をつくった代償がこれ

第二次世界大戦終了後の連合軍による日本とドイツに対する処遇も極めて異なっていました。日本は一九四五年に、
二度にわたる原子爆弾の投下を体験した世界で唯一の国です。しかしながら、失われた人命に比べると、
領土はさほどでもありません。反対にドイツの場合は広大な領土を失ったのみならず、終戦直後は四分割され、
その後二分割の状態が長年つづきました。日本はネーションとしての統一も、中央政権の統一も維持することが許されました。
日独間で完全に同様のことといえば、多くの人命が失われたことです。

ベルリン日独センター設立25周年を祝う事業の一つとして、2010年10月20日にヘルムート・シュミット元首相
を迎えて記念講演会が開催されました。
http://blog.goo.ne.jp/tanemakuhito1921/e/e1d694b9319069d30dfa1fea949a99b3

486名無し三等兵2017/05/08(月) 05:08:10.92ID:NHIyyW1C
>>480
日中戦争って、1920年頃にあったのか?

487名無し三等兵2017/05/08(月) 05:24:23.20ID:cMgzbx+h
軍事ケインズ恐ろしい
そりゃ商人みんな将校に媚びだしますわな

488名無し三等兵2017/05/08(月) 05:29:04.66ID:NHIyyW1C
時期ぶっ飛ばして読んでた事に、気が付いたかな

489名無し三等兵2017/05/08(月) 05:32:53.36ID:tocSww6w
>>484
そう。火力で劣る帝国日本が、それだけ殺せて、なおかつ負けたってのは
近代世界史の七不思議の一つである。

490名無し三等兵2017/05/08(月) 08:12:13.96ID:tybuFQ4K
>>487
敗戦まででみても年平均50パーセントのインフレだから官給品の軍需品製造工場だらけにもなるわな。
たった14年で300倍のインフレというのはジンバブエドルを笑えないレベル。

491名無し三等兵2017/05/08(月) 08:22:14.76ID:ZhFb9+bV
>>483
> 日本は砲弾製造能力で、イタリアよりも劣っていたし

チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw

492名無し三等兵2017/05/08(月) 08:32:08.69ID:gkhgenul
航空機も戦闘車両も実用化した時代に、騎兵隊でもない部隊に軍刀を礼装用ではなく実戦用に支給してたなんて日本軍ぐらいだよな
西南戦争で抜刀隊を投入した時代を引きずってたのかね〜
あの時代に軍刀持ち出してる補給能力が低い軍隊が広大な中国に攻め込んもそりゃ負けるわな

493名無し三等兵2017/05/08(月) 08:34:47.34ID:NHIyyW1C
>>490
イギリスとかどうなん?
(マジで、レンドリース切られた後の状況とか
見てみると良いよ。
食糧の配給とか戦後で見ても日本より続いてるw

494名無し三等兵2017/05/08(月) 09:41:51.35ID:3lUV7A9t
>>492
>あの時代に軍刀持ち出してる補給能力が低い軍隊が広大な中国に攻め込んもそりゃ負けるわな

大陸打通作戦は大勝利してたが?

495名無し三等兵2017/05/08(月) 10:14:24.38ID:3lUV7A9t
>>492
>あの時代に軍刀持ち出してる補給能力が低い軍隊が広大な中国に攻め込んもそりゃ負けるわな

ベルリンに翻る赤旗、南京に翻る日章旗w

496名無し三等兵2017/05/08(月) 10:20:48.82ID:cz3TfKyd
戦略は破綻してるっぽいけど日中戦争自体は日本の連戦連勝だったから補給も含めて戦術は良かったんじゃないか?

497名無し三等兵2017/05/08(月) 12:07:10.85ID:AUlmDBGt
>>496
アメさんに仲裁頼もうとしていたくらい戦略的に破綻してたんで、戦術的にまともであってもなぁ

498名無し三等兵2017/05/08(月) 13:18:24.53ID:tybuFQ4K
>>492
100式短機関銃の生産数が1万丁しかないから生産能力不足を軍刀で補ってるのな。
他国並みにサブマシンガンを100万丁以上大量配備なんてやると兵站が崩壊するんだろうけど

499名無し三等兵2017/05/08(月) 13:29:34.82ID:gkhgenul
>>494
あれが勝利に見えてしまうならマジで医者に行くべき

500名無し三等兵2017/05/08(月) 13:52:15.23ID:qlN97lVe
>>499
大陸打通作戦の大勝利は自明だが?

501名無し三等兵2017/05/08(月) 13:58:07.38ID:jcmDOoO3
>>497
ゴミのような中国人がいくら皇軍に虐殺されていても、米英としては中国を助けに行く理由にはならんが?

502名無し三等兵2017/05/08(月) 15:31:07.52ID:2ldLCobH
そもそも蒋介石本人が講和したいと何度も言っている
それを何度も蹴っ飛ばしたのは日本(の近衛内閣)
・・・226であのバカを殺しとけば、、、

503名無し三等兵2017/05/08(月) 16:48:24.81ID:LdNpJByr
朝鮮半島の北半分だけという糞みたいな国力でアメリカに対抗して結構長持ちしてる
北朝鮮の事を考えれば中国攻めるなら嫌でもソ連と組むべきだったんだよ
ソ連と組むにはいくら中国人殺しまくっても問題ではなくスターリンのバカの機嫌さえ
取ればいいんだからな
日本なんて米ソ独のどれかと組まないとやってられないカスなんだからな
独と組むのは最悪の結果、米とは中国侵略で組めないなら四の五の言わずソしかないわ

504名無し三等兵2017/05/08(月) 17:21:37.02ID:zJwnm+32
北朝鮮はもちろんだけどキューバやフランコ独裁時のスペインみたいな
アメリカから制裁封鎖食らっても成り立つような国家しすてむってのもありかもしらん
ただアメリカが自分たちにとって邪魔だと考えたとたん仕掛けてくるから
相当上が優秀でないと無理やで

505名無し三等兵2017/05/08(月) 17:23:20.47ID:ATtL9c9u
>>502
ちげーよw
先にシナ有利な条件で講和を申し込んだのに蹴ったのは蒋介石
そのまま戦ってたらますます追い詰められたんで講和したくなったが
今度は戦闘が長引いて犠牲の増えた日本がザケンなよ!ってなったw

506名無し三等兵2017/05/08(月) 17:34:55.35ID:CxTN/cQA
>>502
ホントに中国と講和しようとする政治家が現れたら陸軍に暗殺される

507名無し三等兵2017/05/08(月) 18:17:32.61ID:jcmDOoO3
>>502
蒋介石は当の中国人にさえ棄てられた『ゴミ』だが?

508名無し三等兵2017/05/08(月) 21:33:55.83ID:Q2+Isn3r
>>496
補給ははっきり言ってヤバイ
大陸打通作戦では中国戦線では珍しく、なんと死者が10万人もいたが、ほとんどが餓死病死
豊かな中国南部でこの餓死者を出すくらい、補給がとてつもなくやばかった。

509名無し三等兵2017/05/08(月) 21:36:17.13ID:Q2+Isn3r
>>506
イギリスと停戦交渉したいと話しただけの吉田茂が、憲兵に捕まって勾留中に空襲でもう少しで死にそうになるくらいだもんな。
陸軍はマジでテロ組織だった。

510名無し三等兵2017/05/08(月) 21:50:05.58ID:mfM0BAjt
日本軍では行方不明マジックを使うので戦死ではありません。厚労省によるとWW2全体で未だに210万人が行方不明であり戦死ではありません。餓死が確認されて初めて栄養失調にカウントされるのだ。

511名無し三等兵2017/05/09(火) 01:00:17.56ID:DYVexs8P
そんな事を平然とやらかしてる日本軍が勝てる訳はなかったんだよな

512名無し三等兵2017/05/09(火) 19:41:28.49ID:TGkXsMyF
>>509
憲兵自体は、統帥権の枠外にあり、政府側の大臣に支配されてた。
東條よりエライ陸軍元帥が、最前線に送るために徴兵されたアナーキストを保護してたぐらいだが。

ただの気紛れかも知れんがね。その元帥たるや、職権濫用の限りを尽くし、芸者を本土から輸送機で連れてきて、酒池肉林。
アナーキストを保護する一方、部下に対しては悪魔。

513名無し三等兵2017/05/09(火) 19:44:11.76ID:r2tcnruZ
どこの政府の統制も受けず陸軍大臣が勝手に動かせるから憲兵はやばいんだよな
特にゴーストップ事件で警察より軍が偉いことになってしまって
憲兵が警察より優越するようになって法の支配がどっかトンで行ってしまったのはよくなかった
つまり軍の胸先三寸で臣民を捕まえたり軍事法廷かけることが正当化されてしまったのよ

514名無し三等兵2017/05/09(火) 19:46:08.91ID:r2tcnruZ
その上で右翼団体が軍部のフロントになって
政治家財界人官僚学者、マスコミ、外国人などの脅迫、暗殺を請け負う
国内向け非合法部門と化してしまったから
誰も軍部を止めることが不可能になってしまったってのはある

515名無し三等兵2017/05/09(火) 20:33:24.01ID:Q8rC7cSY
陸軍首脳部が国柱会の仏教カルトで日蓮そうかそうかな石原莞爾ですら左遷追放されるほどのコテコテぶり

516名無し三等兵2017/05/10(水) 12:34:02.49ID:emsPkS8n
今の中共が、そんな軍部優先社会だな。

517名無し三等兵2017/05/10(水) 18:19:12.16ID:sD5H/zCM
そもそも今の中南海の政治体制自体が戦後日本を研究して構築された組織だからなあ
軍が強くて選挙がないだけで他は7~80年代日本のひきうつしと考えたほうが分かりやすい

518名無し三等兵2017/05/10(水) 18:21:14.00ID:IciqKA0Q
>>517
あんなに強力な治安部隊はいらんぞ?
うちらは(寧ろ反体制全盛期

519名無し三等兵2017/05/11(木) 02:44:40.40ID:XbiCXfjf
>>518
だから強力な治安部隊自体が戦後日本の学生労働運動を研究したもんだと

520名無し三等兵2017/05/13(土) 17:02:13.61ID:IUtRZQMB
>>506
>中国と講和しようとする政治家が現れたら

中国人は虫からだからいくら虐殺しても良い。そもそもこんなゴミどもを救うために、
米軍がドイツ打倒優先主義を放棄するなんてバカげてる。放棄すべきは中国と中国人。
反ファシスト連合国の側から見ても、中国は何の役にも立ってない。ワルシャワ蜂起のほうが戦力は上。

521名無し三等兵2017/05/13(土) 17:14:41.15ID:zghrK+se
シナと講和する必要はない
一方的に撤退すればいいだけ
撤退する日本のかわりに入ってくるアメリカは、日本と同じように敵対され、シナの泥沼に足を取られる

シナ人をシナ人がどれだけ殺戮しても、50年程度で元の人口に戻っている
これ現代でなくヨーロッパでいう中世の時代
シナが全滅覚悟で侵略ヨーロッパ諸国軍に立ち向かっていたら、「人の波」によって蹴散らされている

522名無し三等兵2017/05/13(土) 17:16:39.94ID:iOMTHZ0l
>>519
ん?バトン弾とかプラスチック弾とかが使えれば直ぐにでも
壊滅可能な団体の対策、何で日本以外で考慮が必要なんだろ

523名無し三等兵2017/05/13(土) 23:36:25.76ID:rCAuGYFt
素人研究してる割には北朝鮮の国を挙げた地下工作には打つ手なしで
中国の政治工作と金バラマキに応じて中国詣でしてる国会議員が与野党にイパーイいる現実。

524名無し三等兵2017/05/13(土) 23:38:07.85ID:IgfIIbTr
>>523
研究してるのは中国
のようだぞ?

>517 名無し三等兵 sage 2017/05/10(水) 18:19:12.16 ID:sD5H/zCM
>そもそも今の中南海の政治体制自体が戦後日本を研究して構築された組織だからなあ
>軍が強くて選挙がないだけで他は7~80年代日本のひきうつしと考えたほうが分かりやすい

525名無し三等兵2017/05/13(土) 23:55:35.92ID:WKyQlIwW
ルーズベルトの健康悪化の為にあらゆる工作をして時間を稼ぐしかない。

526名無し三等兵2017/05/14(日) 01:19:38.03ID:sbzLm9JN
ルーズベルトは御輿にすぎない。
個人の力で対日開戦できるはずもなし、基盤が用意した後詰めが戦争を引き継ぐだけだ。

527名無し三等兵2017/05/14(日) 11:40:32.30ID:aNW1hNyu
日本は政府を相手にすると同時にロビー活動の展開をすべきだったね。
交渉はアメリカ政府とするものとしか考えずにロビー活動しなかったんじゃね。
周りから崩していけば開戦もなかったかもしれない。

528名無し三等兵2017/05/15(月) 02:30:24.07ID:SwJ3v4M9
しかしトルーマンになったとたん方針が変わったりしたことが多すぎるからなあ
ルーズベルトがソ連の大物エージェントの疑いがある所以の一つではあるが

529名無し三等兵2017/05/15(月) 05:08:44.75ID:8gucfAsR
アメリカの大統領なのにスターリンのバカの工作員なんか誰がやるかよ

ばかばかしい

530名無し三等兵2017/05/15(月) 05:45:58.86ID:ctmGdNOm
ルーズベルトが大統領をやってたおかげで、マンハッタン計画の中枢まで
スパイを送り込めたのだけどねw

531名無し三等兵2017/05/15(月) 08:28:55.56ID:dZklpqf3
今も昔も、アメリカほど国内の縄張り争いが強大で激しい国もそうそうないからな
逆に言えば、有力どころをいくつか押さえておけば、大統領の意向だって潰してくれる

532名無し三等兵2017/05/22(月) 07:48:44.10ID:FRbLqBPy
石油禁輸だってメジャーにとっては抜け道探して売りたかったようだし、やり方はあったんじゃないか?

533名無し三等兵2017/05/22(月) 10:51:34.39ID:Xz5ee7ze
真珠湾攻撃せずにドイツとソ連を挟んでも日本の軍では

補給難もあって進軍すら厳しいとまで言われてるのに

アメリカと戦ったらあべし言わされるだけに決まってるじゃん

真珠湾攻撃とかあほか

一番最悪な戦略を取るとかw

石油なんか奪っても太平洋に空母ウヨウヨされて本土が大空襲や原爆食らう結果なら

なんの意味もないだろが

534名無し三等兵2017/05/22(月) 15:37:17.01ID:AOw/hBsB
>>532
アメリカの1940年の年間原油生産量が13.5億バレル
日本の最後1年間の石油製品輸入合計量がおよそ2100万バレル強
仮に全量がアメリカからとすると13.5億の1.5%
これをどう見るか

535名無し三等兵2017/05/25(木) 01:07:50.73ID:efFh+S7y
>アメリカの1940年の年間原油生産量が13.5億バレル
>日本の最後1年間の石油製品輸入合計量がおよそ2100万バレル強
>仮に全量がアメリカからとすると13.5億の1.5%

生産量じゃなくて販売量見ないと分からん。
売ってやるとか打診してきたようだし。

536名無し三等兵2017/05/25(木) 13:25:55.00ID:Gv4wqbCZ
日本海軍がスパイをつかってダミーの水産会社を設立して中立国と交易を装って石油密輸はやっていたが、その数字って日本商船が外国で給油を受けた分やインドネシアからの石油輸入込みではなかろうか?

537名無し三等兵2017/05/25(木) 17:47:48.17ID:N6wpcF7l
石原はじめ関東軍逆賊を処刑し、天皇が国民に謝罪(対米玉音放送よりマシ)。
戦後、米ソに並ぶ第三の大国として君臨。

538名無し三等兵2017/05/25(木) 18:51:24.89ID:Ko9IuzLY
そもそも勝ち組ってポジションがあり得ない。
アメリカは第二次大戦後に、大恐慌の病魔から逃れ得たぐらいだし、ソ連は書記長のミスリードで重病。イギリスは英国病が始まっていた。

史実のドタン場では、選択の余地はなかった。
石原の十年不戦論とか、統帥権逸脱をやった張本人に説得力がない。
歴史を遡り、マシな選択肢に乗り換えるとしたら、
幕末に島津斉彬を生き延びさせることぐらいだ。
もっと遡り、田沼時代に開国。

539名無し三等兵2017/05/25(木) 20:15:34.59ID:ucd52T6E
>>538
石原を本人の望み通り重罪に処せば暴走は防げた

540名無し三等兵2017/05/25(木) 20:25:26.75ID:CxrmTFOR
三国同盟叩き切ってドイツに宣戦すりゃ真珠湾攻撃前なら間に合うと思うが
仏印進駐前が望ましいがドイツのモスクワ攻略失敗確定の12月5日でも間に合う

ポーランド分け取り、バルト三国併合、フィンランド領土割譲のソ連が
ドイツと戦い始めたとたんいつの間にか連合入りがいい例
一方ソ連に脅迫されてドイツを仕方なく頼ったフィンランドが枢軸認定

実は米英は中国なんかそこまで重視してない
支援はするけど負けちゃったらもうしょうがないよね程度
本気ならもっと早く石油も止めてる
国共内戦でもなすすべなし
仏印の場合は同盟組んでるフランスの領土だから勝手にヴィシーと交渉して
進駐なんかしたら米英もキレて制裁も一気に厳しくなる

541名無し三等兵2017/05/25(木) 21:45:26.58ID:2CMQzj4Y
仏印進駐以前に対独宣戦したって実際に派兵して欧州で殴り合える訳でもないし、意味ないのでは?
勝ち組になるデッドラインなんてない。敗戦は歴史的必然

542名無し三等兵2017/05/25(木) 22:00:05.30ID:CxrmTFOR
意味なくはないだろう
第二次世界大戦では冗談みたいな弱小国家でも日本に宣戦してるんだよ
ようするに宣戦するということは自国の立場を明らかにする外交の手段だからな
具体的には何もしなくてもよいし、飛行隊を僅かだけでも送れば強烈な意味がある

543名無し三等兵2017/05/25(木) 22:20:25.45ID:CxrmTFOR
しかも南部仏印進駐は事前に石油禁輸するぞとの警告付きだしな
それを無視してやって本当に禁輸されたら予想外とか言ってたのが当時の指導者
元々フランスが本国で負けなきゃこんなとこ最初から手に入れられるような場所でもないし
中国との戦争とも日本は直接には関係なんかない所
それがバスに乗り遅れるなとか言い出して警告されてるのに目先の欲に目がくらんで
占領してしまい、ドイツのフランス攻略に呼応してると思われたからこうなるんだよ

544名無し三等兵2017/05/26(金) 06:14:40.30ID:REixB2xq
1941年の時点では遅いんだよな
幕末の倒幕運動が失敗に終わり求心力を失った幕府も大政奉還して各藩主による合議体制(勿論朝廷の許可を得て)とすれば歴史はまるで違ってたはず
現代日本人を見ても議員内閣制が制度としては定着しても意識としては定着していない(投票率の異様な低さが示している)から倒幕側が作った明治政府の成立を阻止するところから始めないと駄目だと思う

545名無し三等兵2017/05/26(金) 07:27:31.67ID:402vIG0L
>>544
だから日本は中国とだけ戦争すれば、絶対に勝ってた。

546名無し三等兵2017/05/26(金) 07:33:32.84ID:rOK7QjEp
>>545
勝てなかったからエスカレーションして大平洋戦争になったんですが

547名無し三等兵2017/05/26(金) 07:34:19.81ID:USyVxeDg
「中国とだけ戦争すれば勝ってた」と簡単に言うけどソ連もアメリカも中国に義勇軍派遣してるし、
日本が中国とだけやれば良い、って決めればソ連やアメリカが中国から撤退する、というわけにはいかない。

548名無し三等兵2017/05/26(金) 07:37:42.77ID:USyVxeDg
確かに連合国が援助を止めれば蒋介石は戦うどころか政権の維持すら困難になっただろう、
しかしそんな仮定は願望でしかない。

549名無し三等兵2017/05/26(金) 07:41:56.36ID:7yB/+2rf
で戦後

550名無し三等兵2017/05/26(金) 07:52:23.80ID:JlyXFNTy
>>548
ゴミのような中国人を救済するために、米英が貴重なドイツ打倒に向けるべき戦争資源を浪費するのは馬鹿げている。

551名無し三等兵2017/05/26(金) 07:56:04.86ID:USyVxeDg
ソ連が中国に膨大な援助をしたのは日本の兵力がソ連攻撃に向かわない為だし、
中国人が大切だからなんて発想でやっているわけではない。

552名無し三等兵2017/05/26(金) 11:21:29.25ID:wo7Vl6AH
>>546
だから勝てないからってエスカレーションがバカなんだろ
最強のアメリカですらベトナムで勝てないからってソ連はじめ支援国に直接殴りかかる
真似なんかしてないだろ、そんなことしたら大戦争になる
結局埒が明かないと悟ると実質の敗北を受け入れてやめた

不拡大方針ってそういうことだろ
何も運用する兵力が少ない事が不拡大なんではないわ

一つの戦争にはほかの国の意思も色々入るのが当然
支援もあれば妨害もあるだろ、それが当たり前
ちいさく負けるのを嫌がって全取りしようとするから全部失ったんだろ

553名無し三等兵2017/05/26(金) 13:44:01.12ID:REixB2xq
自らの資源・生産力・供給能力を冷静に分析することなく正面を次々増やしていくという愚策の極みをやらかして惨敗の日本
他の誰でもなく自分達が劣っていたから負けただけ

554名無し三等兵2017/05/26(金) 15:48:11.52ID:GiBM0Wgt
>>551
ソ連に隣接してたのは北洋軍閥と関東軍であって当時の八路軍なんてたいした装備もらってないだろ。
最強とおもわれた関東軍ですら旧式化したT-34にフルボッコにされるし

555名無し三等兵2017/05/26(金) 16:00:21.36ID:WHzqJlNo
>>553
アホかww自他を正確に分析してたから現状維持が不可能だと判断して撃って出てまでの話
決まりきった衰退滅亡より他力本願でも勝ちの目がある方に転んだだけの話

劣る方が必ず負けるとは限らないのが戦争だからな

>>554
ソ連参戦時の関東軍は引き抜きと防衛線後退のための移動中で応急の防衛線築いて食い止めるまで
押されたのは仕方ない話

556名無し三等兵2017/05/26(金) 16:18:40.13ID:GiBM0Wgt
チハ改とか一式中戦車でどんだけ戦線つくってもT-34に遊ばれる未来が待っている。
対戦車砲もドアノッカーしかないし

557名無し三等兵2017/05/26(金) 16:54:50.88ID:WHzqJlNo
チハたんの改良型タ弾でソ連もアメリカも吹き飛ぶ

558名無し三等兵2017/05/26(金) 17:34:56.16ID:GiBM0Wgt
生産総数からみた主力は依然として通常チハと95式戦車という神ぶり。

559名無し三等兵2017/05/26(金) 17:45:31.64ID:WHzqJlNo
海の強者であるサメが何億年も姿を変えなかったのと同じく
陸の強者であるチハたんもまた変わる必要がなかったからな!

560名無し三等兵2017/05/26(金) 17:47:29.13ID:4oJVodmv
>>542
>冗談みたいな弱小国家でも日本に宣戦

ヒロシマ・ナガサキの後からね。

561名無し三等兵2017/05/26(金) 18:25:11.24ID:USyVxeDg
>ソ連に隣接してたのは北洋軍閥と関東軍であって当時の八路軍なんてたいした装備もらってないだろ。
>最強とおもわれた関東軍ですら旧式化したT-34にフルボッコにされるし

いや、ソ連は中国に戦車300両・航空機850機、義勇軍航空兵を送ったと発表している。

562名無し三等兵2017/05/26(金) 18:43:57.55ID:REixB2xq
>>555
戦線広げすぎて膠着中に国力が段違いの相手に戦い始めて勝てるわけねーだろ
テメーみたいな馬鹿が指揮をしてたから日本は惨敗したのが分からん程頭が悪いのか

563名無し三等兵2017/05/27(土) 03:38:46.44ID:F2dc83u1
日中戦争も釣り合わない条件から始めて進撃するたびにどんどん釣り上げて
交渉してるからいつまでも和平出来ないだけ

そして併合できる実力もないのに国民党を相手にしないとか言い出すしまつ

そして実際に勝てない結果が出てても認めようとせず支援している国のせいにして
中国以外にまで手を出すからどんどん戦線が拡大する

そのやり方もよりによって狂犬のようなドイツと組むもんだからますます危険視される

指導者の程度があまりにも低すぎるだけでチャンスは何度もあったと思うが

564名無し三等兵2017/05/27(土) 04:02:05.73ID:Wynr7KGX
>>554
>旧式化したT-34

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦
で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://tompei1.la.coocan.jp/Ph-Berlin.htm

565名無し三等兵2017/05/27(土) 04:12:29.20ID:4467HxUw
奥地に追い込まれた蒋介石にはもう反撃する力は無いし、
経済基盤のある沿岸部も失っているので、連合国の援助が無ければ
戦うどころか政権運営すら可能かどうか怪しい。

566名無し三等兵2017/05/27(土) 06:58:33.46ID:F2dc83u1
支援受けてる弱小国はベトナムの例もさることながら簡単には倒せん
日露戦争で甘やかされ過ぎてなにか英米はいつも日本の味方をせねばならないとか
勘違いしてたんじゃないか

勝てな泥沼の戦争に日本人繰り出し続けてもう無理だから相手の要求もある程度は呑んで
やめようと言っても英霊の犠牲を無駄にできんとかあほかとしか言いようがないわ

そんなんで戦争し続けたって死体が増えるだけだろが

567名無し三等兵2017/05/27(土) 09:58:35.75ID:dDtvxx6H
戦国武将の方が(当然例外もあるが)まだ計算高く冷静だな
敵と味方が入れ替わるのは日常的で戦争は止めどきが肝心だと勝者となり生き残った武将は大概理解していた(理解出来なかったら滅亡する)

568名無し三等兵2017/05/27(土) 12:34:08.26ID:jdY854ED
戦国時代には、民百姓から戦争支持を取りつけてないよね。
クラウゼウイッツによると、国民からの支持が不可欠なんだそうで、
戦時国債を限界以上に発行して、債権者ごと心中を図った。
それが本土決戦。

ドタン場で天皇が制止して、超大がかりな踏み倒しとなった。

569名無し三等兵2017/05/27(土) 13:50:37.77ID:WT8EtFZW
>>562
何寝ぼけてるんだよw
蒋介石軍を重慶まで追い詰めて爆撃してたからアメリカが焦ったのに膠着も糞もねぇよw
実際太平洋の消耗戦で戦力引き抜かれてもシナ人風情には何もできなかったw

570名無し三等兵2017/05/27(土) 17:13:44.54ID:F2dc83u1
日本は戦争目的がぶれるんだよな
日露戦争でも朝鮮半島を守るために南下するロシアを遠ざけようとやったんであって
満州の権益が元々欲しいから始めたんではないだろうに
それがいつの間にか満州の長い国境でソ連軍や中国軍と対峙して戦車が足りないとか
兵力が足りないとか意味不明だわ

ロシアの満州支配が気に入らないから米英も日本を支援したんであって
日本が満州を一人占めしようとしたら今度は妨害しようとするのはあたり前

日中戦争でも元は盧溝橋での現地軍同士のただの喧嘩だよな
何でそれが喧嘩の解決がどこかにすっ飛んで資源を求めての戦争になるんだよw

571名無し三等兵2017/05/27(土) 17:19:25.35ID:9uDp19vR
世界最終戦争が

572名無し三等兵2017/05/28(日) 01:16:18.03ID:7zIJ8v4C
日本の近代史を見てると時代劇の定番パターンを思い出す
殿様の目を盗んで重臣が私利私欲に走って藩政を傾ける
陛下の意向を無視して(むしろ確かめもせずか)家臣が外地でも内地でも勝手にあれこれ始めてドツボに嵌った
結果自分達で後始末できなくなって最後は陛下にケリをつけてもらうという体たらく

573名無し三等兵2017/05/28(日) 21:16:49.39ID:TjWt3nxu
>>570
政済官軍の癒着ですw

574名無し三等兵2017/05/29(月) 00:21:50.29ID:gsUoDvQk
その陛下とやらも万世一系といいながら血縁の怪しい人物だがな

575名無し三等兵2017/05/29(月) 05:16:30.65ID:V+WbDWr8
などと匿名掲示板で怪しすぎる書き込みが・・・

576名無し三等兵2017/05/29(月) 11:23:02.75ID:QcVk7++H
>>570
いつの間にか目的がブレたんじゃなくて昔の定説wで侵略だの暴走だの吹いてたのが嘘で
ちゃんと調べたら全然違う史実が浮かび上がっただけだろw

577名無し三等兵2017/05/29(月) 12:52:38.84ID:5CQ+rJSK
>>572
時代劇そのものが現実の揶揄みたいなところあるしねえ

578名無し三等兵2017/05/29(月) 16:25:15.04ID:xSmIHLue
>>572
昭和天皇の判断は酷いもんだよ。特に張作霖爆殺事件、226事件、天皇機関説事件、ノモンハン事件
この4つの内ひとつでも正しい判断していれば太平洋戦争は無かったな。

579名無し三等兵2017/05/29(月) 16:49:22.71ID:oDD6T8Eh
天皇は家臣に利用され家臣を利用してるんだよ。カスみたいな兵装で対米開戦を決断したり大和特攻やらせたのが天皇だが

580名無し三等兵2017/05/29(月) 17:22:57.96ID:QcVk7++H
アホかw
昭和天皇が天皇機関説に感化されて何の判断も示さなかったのは周知の事実だww

581名無し三等兵2017/05/29(月) 17:44:19.34ID:oDD6T8Eh
昭和天皇が陸軍軍人の東久邇宮親王にそそのかされたから
天皇には戦争責任があると言い切れないが皇室としてみればという理屈は成り立つわな

582名無し三等兵2017/05/29(月) 17:52:52.90ID:QcVk7++H
などと見てきたようなホラを吹くのがシナチョンww

583名無し三等兵2017/05/29(月) 18:11:17.70ID:V+WbDWr8
昭和天皇は自分が首相を叱ったら内閣総辞職に至ったのを見て(まがりなりにも議員内閣制の国だから王が口出しをするのは極限した方が良いのでは)、影響力を行使しないように自らを律したと何かで読んだ記憶がある
それに乗じて奸臣共が勝手放題に拍車をかけた
それに過程や結果について色々と言われてはいるが、東京裁判で戦争責任者は確定されて日本もそれを受け入れたのだから、世界の公式見解として昭和天皇には責任は問えないとされた(なにせ戦勝国が主体の裁判だ)

584名無し三等兵2017/05/29(月) 18:23:22.55ID:oDD6T8Eh
暴力団構成員の誰かがやったとしても組長が命令した証拠さえあがらなければ責任はない理論でいうとボスに責任はないな

585名無し三等兵2017/05/29(月) 19:01:19.09ID:PiWCseb1
>>583
西園寺に叱られたんだよ

586名無し三等兵2017/05/31(水) 00:57:25.32ID:rGspKfo/
41年の時点じゃもう無理だな(´・ω・`)

39年の時点でどうするべきだつたか

587名無し三等兵2017/05/31(水) 15:38:54.15ID:vqCc5Vrh
>>580
天皇機関説事件は、政府の機能を失わせるのが目的だったんだよ。昭和天皇には首謀者の目的が
分からなかったんだな。天皇がどんな説を執ってるかが問題ではない。

588名無し三等兵2017/05/31(水) 15:49:56.06ID:GwiDsbYh
>>586
日本の実力を認識し勢力拡大の野望を放棄するならいくらでも間に合うだろ、

暴支膺懲の目的を完遂し大陸から転進
国際平和、人類博愛の観点から三国同盟は離脱

以上!

589名無し三等兵2017/05/31(水) 16:03:40.32ID:EWl5/Dv8
>>587
そりゃこれからは民主主義の時代で国王は形骸化し議会が決定する国民主導の国になる
なんて耳障りのいい理想論を専門家たる憲法学者に吹き込まれたから真に受けるだろw

明治憲法はそんな運用するように作られてないって事を当の憲法学者が分かってなかった
というのは確かに胡散臭過ぎて陰謀としか思えん罠

590名無し三等兵2017/05/31(水) 16:07:12.86ID:Wr5x5e+o
>>484
皇軍つぇぇ!

591名無し三等兵2017/05/31(水) 18:48:25.25ID:W77HQZ5Y
プロイセン皇帝がオランダ亡命してロマノフ王朝は凄惨な最後を迎えたので
火病を起こすとふんでまんまと利用されたとかかな。しかしそれではそこいらの人間と変わらないね

592名無し三等兵2017/05/31(水) 18:55:41.10ID:UauHCvwQ
ひびょうって書いてみたかった?(変換出来ん

593名無し三等兵2017/05/31(水) 20:56:18.84ID:9jCLnjKI
>>590
代わりに本土と満州の皇軍はクソ弱くなるw

中国人0.5人と日本人1人の命を引き換えにするのは嫌だな。

594名無し三等兵2017/05/31(水) 22:17:11.90ID:W77HQZ5Y
現人神という建前と中身は凡俗な人間という本音の隙間に付け込まれたのは精神が脆弱だからだよ。

595名無し三等兵2017/06/02(金) 17:24:38.48ID:rnj8GkW1
普通にソ連と交渉してソ連の石油手に入れればいいじゃん
戦時で1年半は備蓄で持つのだから真珠湾攻撃せず独ソ戦を1年程傍観して
勝ちそうなソ連と同盟組んで加勢すればいい
スターリンは外国と組むかどうかではイデオロギーとかどうでもいい男だよ
いきなり独ソ戦勝手に始めて四か国同盟を壊したドイツに遠慮は要らない
勝つと思ったからソ連に攻撃したんだろうし負けるんなら付き合い切れんってこと

戦後は日本もソ連産の石油を輸入してるよ

596名無し三等兵2017/06/03(土) 02:23:19.81ID:gQX9n1MK
独ソ開戦したらソ連は石油を輸出する余裕なくなるんじゃね?

597名無し三等兵2017/06/03(土) 21:41:21.33ID:j1l+zDpP
当時はソ連からも輸入してたけど100万キロリットルくらいで
600万キロリットル必要だから全然足りなかったみたいだな

ちなみに現代では日本は年間3億キロリットルくらい使ってて
中東諸国とロシアからが主な輸入先になってる
アメリカは生産量もすごいが消費量が凄まじく世界一位の輸入国になってる

598名無し三等兵2017/06/04(日) 05:34:55.04ID:IJv6s3YU
『地球の定員』で検索してみな

599名無し三等兵2017/06/04(日) 12:34:22.65ID:Lcclm0ZH
アメリカの友好国と知りつつ油の禁輸されても現地調達するつもりで1941年に仏領インドシナに進出したが
思いの外産油量が少なかった。 ここで詰んだ。
ここで手を出さなければアルゼンチンみたいな傍観者という道もあったように思う

600名無し三等兵2017/06/04(日) 13:11:29.17ID:u9PIHel9
1941年の時点で完全に詰んでる
打つ手無し

601名無し三等兵2017/06/04(日) 13:16:21.87ID:TrJrtdVZ
シベリア出兵するかしないかあたりからやりなおせ

602名無し三等兵2017/06/04(日) 13:33:13.17ID:u9PIHel9
>>595
悪くないアイデアだが日独伊三国同盟が終結されたのは1940年
1年遅かった…くっ…

603名無し三等兵2017/06/04(日) 14:57:08.51ID:u9PIHel9
でも結果的に息苦しい大日本帝国が滅んで今の俺らはハッピーよね

604名無し三等兵2017/06/04(日) 16:21:56.42ID:QdN4xL4X
世界最大の太平洋と、世界最大のアジア大陸に挟まれた日本には、3つの選択肢がある。

1 欧米の強国と組む。
日英同盟、三国同盟、日米安保。

2 アジアの大国と組む。
明治の初頭に清朝中国に打診するが、ボロクソに見下され、蹴られた。
前大戦の終盤、ソ連に講和の仲介を託すが、裏切られた。

3 どことも組まず、日本単独で軍事大国を目指す。
言わずと知れた、日本帝国。縦深に乏しい日本本土から、戦線を遠ざける戦略に追われ続けた。
少ない人口に厳しい徴兵制を敷き、乏しい国力と生産力の多くを軍備に費やし続けた。
国民負担はハンパでなかった。

4つ目はありえない。
日本列島それ自体が世界屈指の戦略要衝である。
日本列島そのものが不沈空母であり、軍港であり、防波堤であり、水門であり、豊富な水源と肥沃な農地を備えた兵力プールである。
無防備な日本列島は、列強諸国近隣諸国の草刈り場となり、日本人同士が駆り立てられて戦わされる。

605名無し三等兵2017/06/04(日) 16:58:57.06ID:u9PIHel9
>>604
>前大戦の終盤、ソ連に講和の仲介を託すが、裏切られた。
これさあ、独ソ戦の戦局がドイツ有利になったら日本軍も北進するつもりだったんよね
んでもってゾルゲ事件に連座した尾崎以外にもソ連のスパイは大量に浸透してたはずで
日本軍側の意図は丸わかりだったはずなんだわ
「裏切られた」はいけしゃあしゃあなんじゃね?

不沈空母といえば中曽根さんが総理だった頃に不沈空母発言で随分とマスコミから批判されとったな、懐かしいわ
あれは酷い言いがかりだったように思う

606名無し三等兵2017/06/04(日) 17:00:08.06ID:+tTstD88
>>603
日本人は劣化して暴走した官僚組織(軍部)の改革修正が自分で出来なくて
アメリカに押し付けた

607名無し三等兵2017/06/04(日) 17:04:00.76ID:u9PIHel9
>>606
確かにそういう解釈もできるね

608名無し三等兵2017/06/04(日) 17:05:23.45ID:u9PIHel9
>>601
シベリア出兵でゲリラ掃討の一環とはいえ女子供も含む逃げ遅れた村民全てを銃殺とかしない世界線ならいいかもなあ

609名無し三等兵2017/06/04(日) 17:38:17.81ID:PeZsLPUF
英国に一緒にナチスと戦おうと言って
大西洋に海軍派遣してUボート狩りするから石油くれとせがむ。

610名無し三等兵2017/06/04(日) 17:45:48.57ID:MpOATMe1
1941年に仏領インドシナに進出しないまま11月のハルノートが出される事もなくアメリカの対枢軸開戦もないまま42年を迎えたとして、
アメリカ太平洋艦隊は戦艦8隻丸ごと健在なので生産力を対英ソレンドリースにフル投入するから戦車、戦闘機、軍事物資のフル生産体制を早々に整えてしまう。
もしも英国が早々にDdayを成功させるとアメリカ大西洋艦隊と英艦隊が東洋派遣されるので
戦う前から積むなこりゃ。 だったら死人が少ない方がいいかもな

611名無し三等兵2017/06/04(日) 17:48:04.98ID:u9PIHel9
>>609
面白いアイデアだが1941年は既に日独伊三国同盟締結済みなんよ
それにイギリスは中国国民党を援助してたから日英同盟は至難かと
1941年以前に遡れるならば可能性はあるかも

612名無し三等兵2017/06/04(日) 17:50:31.54ID:u9PIHel9
満鉄をアメリカと共同経営さえしていれば…

613名無し三等兵2017/06/04(日) 17:57:24.09ID:KLnJv1y1
満州にユダヤ資本入れたら日露協約が出来なくなる。

614名無し三等兵2017/06/04(日) 18:00:40.20ID:53769Ri1
中国戦線にしても欧州大戦が終結して中古余剰兵器安売り王を始められたら
米英が直接軍事介入しなかったとしてもチハタソがシャーマンやら敗戦国トラ1やらにボコられる予感

615名無し三等兵2017/06/04(日) 18:39:40.54ID:B+SH7uaO
>>610
その場合アメリカは日本と戦争したい病にかかるから
謀略使ってでも開戦する可能性がある

616名無し三等兵2017/06/04(日) 18:41:08.11ID:MBMyIJCb
アメリカイギリスは戦争したかったんだよ(笑)日本が何やっても無駄、戦争は避けられない。
米英が平和を望んでた、なんてのは戦後の作り話。

617名無し三等兵2017/06/04(日) 18:59:42.20ID:53769Ri1
それだけでは単なる意見でしかなかったのだが、お手付き自爆して引くに引けなくなったのが1941年だな

618名無し三等兵2017/06/04(日) 19:01:37.97ID:B+SH7uaO
イギリスは交渉の余地はあるが、太平洋を二分する一方のアメリカとしては
太平洋をわがものにするチャンスを逃すわけはないって簡単な話

619名無し三等兵2017/06/04(日) 19:07:24.87ID:+tTstD88
>>615
アメリカが戦争を望んだわけではない。なにしろまだ準備ができてなくて
開戦希望時期は1943年だから。
アメリカが日本の外交暗号を解読して、「乙案」が最終提案でそれ以上の譲歩は
もうないと知れて、日本側開戦の決意は固いと見られたからアメリカ側も強硬な
対応になっただけで。
日本陸軍参謀本部は「乙案」にわざとアメリカが絶対に飲めないであろう条件を
盛り込んで、これで絶対開戦になると確信しているぐらいで。

620名無し三等兵2017/06/04(日) 19:09:01.85ID:UcB+7s8G
>>614
>米英が直接軍事介入しなかったとしてもチハタソがシャーマンやら敗戦国トラ1やらにボコられる予感

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

621名無し三等兵2017/06/04(日) 20:07:26.97ID:PeZsLPUF
三国同盟なんて形骸化しとるやろ
そもそもヒトラーが条約なんてただの紙切れにすぎないなんて放言してる位だから
日本も勝手にやったらええ

622名無し三等兵2017/06/04(日) 21:23:34.47ID:9IGVCFOC
>>605
アメリカからの戦争物資支援船は素通りさせてたんだがね?
当時、風向きに関係なく開戦できたのは、アメリカぐらいだ。
日本が敵対してたら、ソ連は滅びて世界史は変わっていたな。

623名無し三等兵2017/06/04(日) 22:38:40.15ID:QdN4xL4X
>>605
そもそも満州侵攻も、日中戦争勃発も、ソ連が中国に手を出してきたのが原因だってのに。
はじめから日本悪玉説かよ。

624名無し三等兵2017/06/04(日) 23:43:19.61ID:uVZSigIo
>>621
日本にとっては地政学上のメリットはほとんどないんだが機関銃や航空エンジンなどの
軍事技術や高性能爆薬をくれるので戦略レベルでは馬鹿にできなかったんだよな。

625名無し三等兵2017/06/05(月) 00:01:24.97ID:KYz7EOFs
>>624
機関銃はブローニングやビッカース、国産やオチキスで十分なんとかなるぞ。
ましてや効果エンジンはベストセラーのP&W社製各種やライト社製、ブリストルジュピターなど、つまり米英の信頼における技術の方がいい。
結局のところドイツ製エンジンは凝りすぎなんだよ。
馬鹿に出来ないのは燃料噴射装置ぐらい。

626名無し三等兵2017/06/05(月) 10:48:03.87ID:c6NZ9s3h
日本軍が蒋介石軍粉砕した時点で日本に乗り換えたのがナチだけだったから仕方ない
アメリカが日本に乗り換えてナチはシナ人に付いてれば良かったんだよ!

627名無し三等兵2017/06/05(月) 10:55:11.51ID:RcxBWBa4
>>620
皇軍つぇぇ!

628名無し三等兵2017/06/05(月) 11:06:50.71ID:gzBKLU0x
元々フォッケのBMW801はP&Wの改良版だし
飛燕のエンジン作った元川崎技師の林貞助は
DBがいたずらに不要な新奇さをてらった設計なのに対し
ロールスロイスエンジンの方がはるかに優れてるから採用しようと言ったのに
誰も取り合ってくれなかったと言ってる。
DBは陸海軍が仲悪いこと知ってて両方にエンジン売ったり、中国にも売って
ドイツは政治も企業もろくなもんじゃない。

629名無し三等兵2017/06/05(月) 11:16:51.44ID:RcxBWBa4
最初期のケストレルエンジン搭載型から、109は前縁スラットを装備していた。ロールスロイスのエンジン
を搭載していたこともおかしなことではあるが。このスラットもまた、英国のハンドレー・ペイジ社の
ライセンス品であった、という話も魅力的ではある。
開戦に至るまで、ドイツはメッサーシュミットのためハンドレー・ペイジ社にライセンス料を支払っていたわけだ。
付け加えると、スピットファイアに使用された楕円翼はもともとハインケル社考案のもので、ハインケル社と
スーパーマリン社は開戦前まで多くの共同作業を行っていた。ハインケル社はマーリンエンジンのドイツ
での製造権購入さえ試みていたのだ。
http://bf109.exblog.jp/i2/

630名無し三等兵2017/06/05(月) 14:13:27.37ID:Rwb1JsRf
>>628
マーリン採用してたらいろんな問題回避できてたんだろうな

631名無し三等兵2017/06/05(月) 16:25:58.30ID:wf6fdZmt
ドイツでさえ高々度性能で苦戦させられたエンジンを、開戦直前の日本がね?

632名無し三等兵2017/06/05(月) 16:38:54.19ID:c6NZ9s3h
B-29の偵察型F-13を高度12,000mまで昇って最初に撃墜したのは零戦ですが何か?w

633名無し三等兵2017/06/05(月) 19:26:29.33ID:I47cVXfT
>>620
皇軍つぇぇ!

634名無し三等兵2017/06/05(月) 19:38:31.52ID:6w17bf9o
でもロールスロイスってお高いんでしょ?

635名無し三等兵2017/06/05(月) 20:12:13.65ID:umdG2/Qq
真珠湾奇襲の成功に酔った宇垣は南雲機動部隊の帰還援護の御題目で連合艦隊を率いて歓喜の小笠原クルーズ
草鹿は「そんな無駄に使える燃料があるなら皇国東海域での米艦艇(潜水艦)哨戒を強化すべし」と怒ったそうだ
因みにこの事実「戦藻録」には記載されていない

636名無し三等兵2017/06/06(火) 17:30:58.74ID:knu8drc8
>>634
でもDB601よりは必要技術力低いで、マーリンは

637名無し三等兵2017/06/06(火) 18:49:25.94ID:ZAhXJ+xY
ユモでええやん

638名無し三等兵2017/06/06(火) 20:31:46.97ID:Y2kYevKY
メーカーに技術支援料払わずにパクる技術無いから、設計素性の悪い2番手を安く買うしか無いんだよ

639名無し三等兵2017/06/06(火) 20:55:41.94ID:kJd4gpkh
イギリスと日本が技術力という点では大体同じくらいといわれてる
職人芸レベルで何とかできる設計をしてる
ドイツとアメリカは突出しすぎて参考にならない(品質よすぎてパクれない)

640名無し三等兵2017/06/06(火) 21:06:29.41ID:Y2kYevKY
試作品が1個だけコピーできるのと大量生産できるのは違うからどうしても産業機械ごと導入しなければならないよ。
当時の日本には産業機械の製造力なんてほぼないから結局最後はお金

641名無し三等兵2017/06/06(火) 22:52:08.61ID:wRt5nnt5
ルーズベルトの健康状態が良くない、って当時の日本は把握してなかったのか?
長くないと分かっていたら暫く大人しくしておこう、とか思いつくようなもんだが。

642名無し三等兵2017/06/06(火) 23:02:33.23ID:DbnSSyGh
>>640
>試作品が1個だけコピーできるのと大量生産できるのは違うからどうしても産業機械ごと導入しなければならないよ。

日本の軍産品があまりに高品質であったため、ロシア側の研収員らはかなりの部分の武器品目の受け入れ納入品の
作業を日本人自身が行うよう任せた事実をパヴロフ氏は指摘している。ロシア人の役人、閣僚は日本製武器の価値を指摘し、
これなしにはロシアは戦うことは一切できないことを認めている。
http://japanese.ruvr.ru/2014_04_20/271449284/

○林(百)委員 そうすると、朝鮮事変か擴大されても、六百五十億以上の費用は持たないという、
いかに擴大してもこれ以上日本は費用は持たないという答弁と私は解釈しますが、それでいいかどうか。
 その点とそれからもう一つ、実は本日の新聞にも出ておるところでありますが、国防分担金にからまりまして、
米軍が最近発注する兵器が工場渡しになつておつて、米軍の照明弾二百二十九万四千発、ナパーム爆弾用
タンク十万二千個大阪機工へ注文しておる八十一ミリ迫撃砲四百八十九門、小松製作所及び大阪金属両社の
同砲弾六十二万五千四百発、豊和工業の銃身三千百九十ちよう、迫撃砲弾三十六万三千発、照明彈三万二千発
の入札が在日米軍の調達本部で行われて、
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/013/0082/01306140082034a.html

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、外国から終戦後入つた機種は、
兵器製造用のマザー・マシンとしてわずかに百二十一台しかないようであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html

643名無し三等兵2017/06/06(火) 23:15:33.39ID:JiZmdldG
>>641
FDR亡くなっても民主党のままなら状況は変わらん。
せめて共和党になって長官次官らの首がすげ替えらないと

644名無し三等兵2017/06/06(火) 23:20:23.11ID:jtSJ4M/6
>>640
>試作品が1個だけコピーできるのと

内部構造を原理的に理解していなければ、ライセンスの試作品さえ国産では出来ないはずだぞ?

ロシアは、2009 年から 2011 年までに、契約に基づいて中国に対し 55 基のD-30KP-2 型エンジンを提供した。
ロシアの国家武器輸出入会社(ROSOBORONEXPORT) 副総裁の A.MIKHEEV はこれらの契約書に署名した
http://www.ssri-j.com/SSRC/abe/abe-18-20120122.pdf

中国は工作機械製造大国であっても、航空エンジンは試作品でさえも国産化できない!

645名無し三等兵2017/06/06(火) 23:32:01.86ID:qVlQfGyT
>>620
皇軍つぇぇ!

646名無し三等兵2017/06/06(火) 23:46:12.44ID:DnVJ9q/s
>>640
> 試作品が1個だけコピーできるのと大量生産できるのは違うから

ならば試作品の最新鋭ロシア戦闘機と、量産型中国国産戦闘機では、どちらが上だと思う?
戦争は数だってことなら中国の人海戦術に対してロシアは歯が立たないことになるぞ?

647名無し三等兵2017/06/06(火) 23:51:37.53ID:DnVJ9q/s
>>624
>機関銃や航空エンジンなどの軍事技術や高性能爆薬をくれるので

 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。
<ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著 >

648名無し三等兵2017/06/07(水) 01:03:14.56ID:k+uJiCZm
>>646
今となっては中国のほうが優れてる部分が結構あるから
必ずしもロシア製オリジナルが高性能とは限らない
となってきてる

特に複合素材系列だとロシアより中国のほうがいろいろ進んでる
逆に冶金はロシアの独壇場、T-34量産できたのもそこだしな

649名無し三等兵2017/06/07(水) 03:15:56.05ID:52DZyAeR
なおガラスがブクブクな模様(T34)

650名無し三等兵2017/06/07(水) 03:53:17.93ID:F7Cyd+ir
>>648
>今となっては中国のほうが優れてる部分が結構あるから
>必ずしもロシア製オリジナルが高性能とは限らない

ロシアの観測はこう。

 中国の兵器配備に関するクレムリン(大統領府)のコメントは、専門家のこのような見方と一致している。
「中国はロシアの同盟国。もしこの情報が正確であればだが、中国軍の発展における何らかの活動また中国
における軍事的構築を、ロシアの脅威とは受け止めない」と、ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は話した。
 とはいえ、ロシアと中国の政治関係をわざわざ考慮に入れなくとも、両国の核紛争の開始を仮定すること
さえ中国にとっては厳しいはずだ。両国の核能力には大きな差がある。ロシアは核弾頭を多数保有しているし、
ロシアの核兵器もより完成されたものであると、アレクサンドロフ氏は話す。
http://jp.rbth.com/politics/2017/01/25/688458

トルコの観測はこう。

2015 年 11 月、トルコ政府は、中国精密機器輸出入公司との 7 年間に及ぶ交渉を打ち切った。
もはや HQ-9/FD2000 地対空ミサイルの輸入問題が協議されることはない。同月、トルコ空軍の F-16 戦闘機は、
トルコ、シリア国境近くでロシア軍の SU-24型前線爆撃機を撃墜した。この 2 つの事件を強いて関連付けると、
実際は関連があるのだが、”トルコは、ロシアと EU 及び米国の関係が悪化したタイミングを狙って、ロシア、
中国を遠ざけることによって NATO への加入を促進しようとしている”となる。
http://www.ssri-j.com/SSRC/abe/abe-249-20160505.pdf

中国の軍拡と中国の軍事開発はこんな程度w

651名無し三等兵2017/06/07(水) 04:12:03.37ID:bpjyBBij
>>648
>特に複合素材系列だとロシアより中国のほうがいろいろ進んでる

ロシアのクリミア領有
ロシアの北方四島領有
韓国の竹島領有
≪壁≫(主権国家の壁)
中華民国の台湾領有
≪超えられない壁≫(実効支配の壁)
中華人民共和国の台湾領有

異論あるか?

652名無し三等兵2017/06/07(水) 05:11:24.95ID:52DZyAeR
そもそも物量でドイツをねじ伏せたソ連捕まえて何言ってんだよ
戦いは数だよ兄貴!

653名無し三等兵2017/06/07(水) 05:33:27.90ID:PumbRTW6
>>648
>特に複合素材系列だとロシアより中国のほうがいろいろ進んでる

「私の知る限りでは、中国側は繰り返し、ロシアに対し、非公式に契約を持ち掛けてきた。
ロシアが日本に対する紛争で中国を支持するかわり、中国はクリル諸島をめぐる紛争で
ロシアの支持を取る、と。中国は、実際には、今の日本とロシア間の紛争では、日本よりの姿勢だ。
しかし、ロシアは中立を原則としているため、これを否定している」
https://jp.sputniknews.com/opinion/201608232677302/

中露同盟はロシアが主導権を握っており、ロシアは中国の要求を拒否することができる。

中国では解放者であるソ連軍兵士の記念碑が大切に保存されている
https://jp.sputniknews.com/life/20150901834535/
露日戦争終結110年記念碑を旅順に
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_12_26/126500894/

逆に中国はロシアの要求を拒否することはできない。日露戦争なんて中国人にとっては何の興味も無いことだが、
中露同盟はロシアが圧倒的に優位で、中国は泣きながらロシアの記念碑を一般公開している。

654名無し三等兵2017/06/07(水) 10:34:26.25ID:WXZjgNLZ
海軍は潜水艦用にドイツ製ディーゼルエンジンがどうしても欲しかったので
ドイツとの関係を切れなかった。

655名無し三等兵2017/06/07(水) 11:02:43.89ID:GkBqQymg
>>643 せめて共和党になって

ヘンリー・スティムソンは共和党員です。

656名無し三等兵2017/06/07(水) 16:25:30.58ID:FaITjenn
アメリカって、だいたい民主党政権が開戦して、共和党が尻を拭いてないか?

657名無し三等兵2017/06/22(木) 01:11:24.81ID:BxoMjamq
20世紀は民主党が火をつけて共和党が尻拭いをしていたパターン
21世紀は共和党は火をつけまわって民主党は放置しまくってGDGDになって
誰も尻拭いしないパータン。

658名無し三等兵2017/08/12(土) 19:01:07.75ID:QQDg8qA0
日本政府がなんとかしようとしても、統帥権を振りかざす軍とそれに同調する奴等が暴発して全部おじゃんになるので
どうあがいても負け組
身内のバカを抑えられない時点で、国家としてはもう自爆が半分終わったようなもんなんだよなぁ

659名無し三等兵2017/08/12(土) 19:23:36.93ID:Q2pxwdEQ
>>658
野党だろ?正しく言えば(戦前の日本の民主主義を崩壊させた元凶

660名無し三等兵2017/08/12(土) 19:47:45.32ID:dThgjKhi
>>659
いや、日本の戦前民主主義を崩壊させたのは、軍部だよ
政党や議会にも圧力かけて、軍を批判した斉藤隆夫議員を除名させたりして
大政翼賛会まで作らせた
で、後世でいう翼賛選挙では、東條英機が主導して軍事費を翼賛会候補の応援に流用したり
対立候補の活動を憲兵や警察使って妨害したりと、やりたい放題
どこをどう見ても、軍が悪い
(まぁ、政治家に軍に命がけで逆らえ、というのも酷だけど。本当に殺されかねない、あるいは召集されて戦地送りで抹殺されかねない時代だし)

661名無し三等兵2017/08/12(土) 19:53:34.64ID:Q2pxwdEQ
>>660
引き入れたのは統帥権干犯言った野党。
藩閥によって軍部が郎党の軍隊になるのを阻止する、
それなりに時代に即した制度だったんだがな。

662名無し三等兵2017/08/12(土) 20:43:30.37ID:5ejFDxKI
>>661
政党じゃ実権がない。軍部の後ろ盾がないとね

663名無し三等兵2017/08/12(土) 20:46:12.35ID:Q2pxwdEQ
>>662
そしてそれを引き入れて、民主主義を崩壊させた。
下らん党利でその時点の制度を悪用した結果だ。

664名無し三等兵2017/08/12(土) 20:54:25.53ID:0FuGY8CI
制限選挙で選ばれてすらいない軍人が、暴力と本来は天皇大権である統帥権を盾に暴れこむのは、軍部の腐敗でもある
それで民主主義を壊したのが野党、とかいわれても説得力皆無
元々、日本軍は政治に与せず、世論に阿らずが本筋なんだから

665名無し三等兵2017/08/12(土) 21:01:55.48ID:7spn6EWa
1910年代末、シベリア出兵という軍部にとっては痛みしかない政府の政策を
粛々とこなしていた皇軍はどこへ行った・・・

666名無し三等兵2017/08/12(土) 21:07:52.13ID:Q2pxwdEQ
>>664
そうだっただろ?ある時期までは

667名無し三等兵2017/08/12(土) 21:09:56.07ID:5ejFDxKI
>>663
引き入れたというより軍部が介入してきたというのが正しいだろう。

668名無し三等兵2017/08/12(土) 21:12:28.10ID:Q2pxwdEQ
>>667
鳩山一郎に対してか?

669名無し三等兵2017/08/12(土) 21:37:04.66ID:Y87ke/0R
>>657
キューバ危機を回避したケネディ大統領は民主党だったぞ。冷戦中は敵陣営が仕掛けて来ると外交危機になるからどちらというのがない。

670名無し三等兵2017/08/12(土) 22:23:45.09ID:5ejFDxKI
>>668
皇道派が実権を握ったあたりから政治に介入を始めているんじゃないか?

671名無し三等兵2017/08/12(土) 22:30:24.45ID:Q2pxwdEQ
>>670
陸軍の話?
一応、統帥権については犬養も関与してるのは知ってるよね

672名無し三等兵2017/08/12(土) 22:41:31.11ID:5ejFDxKI
>>671
例の軍備に口出しするのは「統帥権の干犯だ」だね。

その犬養も組閣の時には軍部の賛同が必要だったし、
最後は殺害されている。

673名無し三等兵2017/08/12(土) 22:49:37.96ID:Q2pxwdEQ
>>672
時系列は?

674名無し三等兵2017/08/12(土) 23:17:53.91ID:5ejFDxKI
>>673
例の統帥権干犯問題が先にあるとしてもそれが陸軍の政治介入の要因ではないと思うが?

675名無し三等兵2017/08/12(土) 23:41:29.03ID:Q2pxwdEQ
>>674
あるとして、て何

676名無し三等兵2017/08/13(日) 10:05:41.31ID:btFr++0d
いわゆる、統帥権の独立を政治利用したのは、ぼくのお爺ちゃんだよ!
軍縮条約批准のために、海軍艦艇を削ろうとした、時の浜口首相に
統帥権干犯だって詰め寄ったのさ!
日本じゅうがそんな空気だったけど、艦艇の数を決めるのは予算を執行する政府の権限。
それを無視して、一郎お爺ちゃんは浜口内閣を猛攻。
過激派に襲われ重症を負った首相に、一郎お爺ちゃんは再三登院を要求。
無理を重ねた浜口首相は、在職中に死亡。
立憲政治家の方から言い出し、議院制度の権威を損なった日本は、右や左の先生方が知っての通りの事態となった!
孫の僕は、日本国民より中国韓国の方に謝るのさ!
         |
     \  __  /
     _ (m) _ピコーン
        |ミ|
      /  `´  \
        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/ o____
    !゙    (__人_)  |  | ☆ : . .|
    |     |┬{   |   | ’’’   |
   \    `ー'  /  _| ̄ ̄ ̄ ̄
    /       \/(_)

677名無し三等兵2017/08/13(日) 10:11:38.47ID:z2NWlqyR
東朝鮮ゴキブリ国賊韓唐エラエベンキを駆除してたらな

678名無し三等兵2017/08/13(日) 10:12:14.84ID:z2NWlqyR
東朝鮮チョンコ韓唐は日本ちゃうで

679名無し三等兵2017/08/13(日) 10:13:14.90ID:IxYppE3T
憲政国家である以上、予算に関しては国会の権限であって統帥権も糞もないと思うが。

680名無し三等兵2017/08/13(日) 10:15:27.92ID:z2NWlqyR
東朝鮮ゴキブリチョンコだらけで
道を間違った

エベンキ韓唐俘囚は処刑にすべし

681名無し三等兵2017/08/13(日) 10:17:53.06ID:Ij0fUMcz
>>676
まぁそのとおりなのだが、かといって陸軍の政治介入が無かったというのは無理があるね。
政治が軍部を利用しようとしたこともあるが、軍部も介入の機会をうかがっていたということだろう。

682名無し三等兵2017/08/13(日) 10:18:41.36ID:IxYppE3T
軍部を取り締まる権限が特高警察に無かったことが、軍部の暴走に拍車をかけた。
特高警察を”強大な政府の暴力機構”というのは過大評価。

683名無し三等兵2017/08/13(日) 10:26:34.94ID:KqL3V0Lu
特高の強引な自白強要手法だと供述を得るのは容易だが証拠能力の乏しい暴行による自白強要で全容疑者を自白させても何もならないというのが現実。

684名無し三等兵2017/08/13(日) 11:27:15.46ID:z2NWlqyR
非大和民族様ゴキブリ寄生虫百済難民エベンキ韓唐は一度も戦争に勝ったこともないのに
よりによって、米国様にキチガイファビ開戦
目的は陛下を汚す為だけですわ
日清日露に買ったのは薩長な
常時チョンコファーストエベンキ政治

685名無し三等兵2017/08/13(日) 11:27:50.21ID:z2NWlqyR
>>683
エベンキベクレのキチガイチョンコまる出し警察か

686名無し三等兵2017/08/13(日) 11:29:27.88ID:z2NWlqyR
>>683
エベンキベクレのキチガイチョンコまる出し警察か

687名無し三等兵2017/08/13(日) 11:30:54.07ID:IxYppE3T
拷問だろうがクーデターなどの計画を吐き出させれば阻止できるし、
軍が政治に口出しするなら粛清される、という恐怖は軍によるテロ行使への抑止にもなる。
特高警察に軍人を逮捕・拷問する権限が与えられたら軍部はかなり大人しくなっていたかもしれない。

688名無し三等兵2017/08/13(日) 11:36:53.92ID:AOoGvKo1
チェキスト乙

689名無し三等兵2017/08/13(日) 11:46:58.00ID:/L0E7cO9
軍に対しては憲兵がいるから特高なぞ不要!

と軍部はダダゴネするw

690名無し三等兵2017/08/13(日) 11:50:05.16ID:IxYppE3T
憲兵は軍部の組織であって、軍部の問題にはなぁなぁでうやむやにしてしまっていた。
軍を取り締まるのは外部の組織が必要だった。

691名無し三等兵2017/08/13(日) 11:51:42.30ID:IxYppE3T
憲兵を廃止し内務省・特高警察が軍人の監視・取り締まりに当たれば
ゴーストップ事件など起きていなかった。

692名無し三等兵2017/08/13(日) 13:28:05.59ID:fIiFKTW6
憲兵が将官の不正を正すと逆に排除されるので将官が元締めになって賄賂をとったり物資着服や公金横領、占領地での略奪をやっていると手が出せないというのが民度をそのまま反映した姿だな

693名無し三等兵2017/08/13(日) 13:56:52.21ID:IxYppE3T
↑どこの軍隊のことをディスりたいのか分からん。

694名無し三等兵2017/08/13(日) 15:46:58.56ID:fIiFKTW6
文民統制を維持できなくなったところ全てだ。

695名無し三等兵2017/08/13(日) 16:08:17.04ID:Es85VMFy
天コロ大元帥が池沼だから勝ち目なしw

696名無し三等兵2017/08/13(日) 16:26:30.12ID:Ij0fUMcz
天皇云々の話しがあるけど30そこそこの小僧に陸海軍を本当に統帥できると思うのかね?

697名無し三等兵2017/08/13(日) 16:27:23.46ID:btFr++0d
ゾルゲを逮捕したのは、警視庁だったか?

698名無し三等兵2017/08/13(日) 18:24:53.86ID:Wgqnbofn
昭和天皇は、大元帥になる予定だったけど専門の軍事教育は受けてなかったはずだしな
(その割りに鋭いこと言ってる記録があるから、才能はある程度あったかもしれんが)
で、半端にイギリスに憧れた「君臨すれど統治せず」を真似ちゃったばかりに、軍部にいいように利用された

699名無し三等兵2017/08/13(日) 18:38:53.31ID:/L0E7cO9
>>698
一応、皇太子時代に陸軍大佐をやっていたと思うけど、どういう教育を受けていたのだろうね?

700名無し三等兵2017/08/13(日) 19:12:50.98ID:vGUQUfWn
全て東朝鮮ゴキブリチョンコのセイ
東朝鮮韓唐ゴキブリ寄生虫を駆除しないと

701名無し三等兵2017/08/13(日) 20:56:23.53ID:Ij0fUMcz
>>698
口出しすると西園寺に窘められるんだよ

702名無し三等兵2017/08/13(日) 21:14:26.87ID:IxYppE3T
日本には軍の上に武装した政治警察が無かった。

ドイツもロシアも軍とは別組織の秘密警察が軍を監視・粛清することで軍の暴走を抑止していた。

703名無し三等兵2017/08/13(日) 21:45:30.87ID:Ij0fUMcz
日本政府も政治士官を部隊配置すべきだったか・・・

ってあれ?

704名無し三等兵2017/08/14(月) 01:36:30.07ID:QpxnSzzP
国のトップが体制翼賛会を構成するカルト宗教連合なので初めから詰んでる。
国民の自己犠牲と自爆攻撃より高度な運用は初めから望めない

705名無し三等兵2017/08/14(月) 02:54:30.51ID:HBwM/wQe
日本は陸軍海軍しか武装しておらず、内務省が部隊を持たなかったのに対し、
ロシアやドイツは内務省軍や親衛隊など軍よりも強力な装備を持つ部隊が居て睨みを効かせて
軍部を牽制し、独走するのを抑えていた。

706名無し三等兵2017/08/14(月) 06:06:12.65ID:Pj12f9He
勝手に首相ならびに政府要人が対独宣戦布告を全世界に放送する
取り消しなんか効くはずもなく軍部がいくら喚いてもドイツと戦争
ドイツ降伏は日本降伏より先だから
対枢軸戦勝は間違いなく、日本は対枢軸戦戦勝国wwww

707名無し三等兵2017/08/14(月) 08:20:58.10ID:HBwM/wQe
その場合、軍部が報復として政府に暴力を振るい首脳を殺害し新政権を樹立するような可能性を
特高警察及び内務省の部隊で抑止しなくてはならない。

708名無し三等兵2017/08/14(月) 08:59:50.03ID:wd+INbWY
>>682-683
特高の人が憲兵と右翼には注意しろと言ってたくらいだからなあ
無実だろうが軍部に都合の悪い人を拘禁したりリンチして殺したりとか
ふつうにしてたから

709名無し三等兵2017/08/14(月) 09:01:44.71ID:wd+INbWY
>>703
政治士官制度は戦前の軍部にこそ必要だったとは言われてるな
まあ日本軍の場合政府が任免権をもって部隊や艦船に派遣されてくる制服組でいいと思うが

710名無し三等兵2017/08/14(月) 09:03:27.57ID:tBzfMkzG
ソ連式の赤い人が紛れ込んでるか

711名無し三等兵2017/08/14(月) 18:43:29.03ID:31xug2Ot
ソ連進駐なら天コロ殺されてたんだろ
美味いこと利害が一致したってことか

712名無し三等兵2017/08/14(月) 18:45:53.39ID:Fs4nXGxh
まず、内戦覚悟で軍の強硬派や、それに同調する右翼、宗教団体を鎮圧します
これやら無いと、何やろうがダメという満州事変以来の和平ぶち壊しを無くさせられない

まぁ、内乱より外戦のほうがマシ、と日本の首脳が考えてた時点で、もうイフもイフなんだけどね
日本の破滅はもう決定してたも同然だろ、1941年だと
陸軍がそっぽ向いただけで、どんな内閣も和平交渉もぼかん

713名無し三等兵2017/08/14(月) 18:54:37.37ID:OW32Uo77
>>711
で、ソ連は滅んだと

レンドリースで安い戦争をした付けだな

714名無し三等兵2017/08/14(月) 20:56:47.86ID:AQ+EQw6O
>>712
指導層が「内戦のほうがマシ」という決断をするほうが稀だと思うが?

715名無し三等兵2017/08/14(月) 21:02:37.20ID:QBPy7h9B
東朝鮮ゴキブリチョンコまる出し韓唐エラエベンキ刈りは
世界中の平和のためだぞ

716名無し三等兵2017/08/15(火) 01:44:04.08ID:XrIGVW3d
陸海軍を常時特高警察が監視し、不穏な動きを見せれば逮捕・粛清される、という状態にすれば
内乱を起こそうとする前に将校を粛清することで予防できる。

717名無し三等兵2017/08/15(火) 06:15:09.40ID:BotOhXhF
>>709
政府の特命を帯びたムスカ特務大佐みたいなのが増殖して介入しまくる予想

718名無し三等兵2017/08/15(火) 07:10:14.36ID:O8L9Q3wh
特高警察を拡充して内務士官として派遣という案はありかもしらんね
最低限政府内閣側の言うことを聞いて止められて隠ぺい無しで報告が来るようになるし
スターリンの政治士官制度って結局自分の耳に現場の情報が嘘偽りなく来るというメリットがあるわけだし

719名無し三等兵2017/08/15(火) 10:43:27.25ID:XrIGVW3d
特高警察の人事は政権交代ごとに一新させ、その権力を固定化しにくくさせればよい。

720名無し三等兵2017/08/15(火) 10:46:36.79ID:Av7XLQGi
猟官的になるのか

721名無し三等兵2017/08/15(火) 12:29:39.30ID:tsfK5Aik
八八艦隊そのものがいらないので民間船舶用に護衛空母と駆逐艦でも作ったがよかったな

艦隊決戦思想が頓挫した時点で講和シナリオかんがえとけよw

722名無し三等兵2017/08/15(火) 16:43:27.35ID:jhyEVTVl
講和シナリオなんて軍人にはできまへん

723名無し三等兵2017/08/15(火) 17:26:48.89ID:U5sLTmDT
徴兵制が徹底してて、一般人でも基本的な軍事知識が行き渡ってる韓国で描かれた旧日本軍。
ttps://youtu.be/5DTetVs5H_U

目の前の土手に歩哨すら立ててない。
斥候も偵察も出さない。
それなり人数の兵隊もいるのに、塹壕も掘ってないし、障害構築もしてない。
肉弾突撃は日本の専売特許でもないのだが、莫迦の一つ憶えのカミカゼしか、戦術を知らない。
強要する鬼将校と下士官たち。
いきなり会敵するソ連戦車隊は、歩兵を連れてきてない。
自衛隊は、こんなマヌケな日本軍の末裔。

724名無し三等兵2017/08/15(火) 19:28:57.98ID:O8L9Q3wh
それ逆に言えば韓国軍のドクトリンなんてそんなもんだということを…
単なる拷問だけやって本当にやらないといけないことしてない

725名無し三等兵2017/08/15(火) 19:32:50.14ID:Av7XLQGi
>>723
軍事知識あるの?韓国って

726名無し三等兵2017/08/15(火) 19:39:59.05ID:3/lM9Jj0
>>723
朝鮮戦争で戦訓を得ていないようだな

ベトナムでは現地人を強姦しに行っただけか、やはり

727名無し三等兵2017/08/15(火) 23:31:54.38ID:HA5yvI11
1941の状況って既に割と詰んでるような

728名無し三等兵2017/08/15(火) 23:48:08.21ID:tsfK5Aik
満州・樺太割譲くらいじゃないと講和無理かな

729名無し三等兵2017/08/16(水) 17:54:46.43ID:EWVoG2oC
>>725
帝国日本のオニアクマぶりを吹聴するための映画だからね。
歩哨なんて、陸海空共通で兵隊の初歩中の初歩なんだが。
マトモな軍事知識があったりとか基本訓練受けてたら、恥ずかしくて馬鹿馬鹿しくて演技できないww

730名無し三等兵2017/08/16(水) 22:10:52.76ID:2IqCJdRQ
>>728
アメリカがすでに日本潰すモードに入ってるから
そんな状態だと1945年〜サンフランシスコ平和条約はベストとしか言いようがない

アメリカが有利な形で開戦〜占領まで行くと日本という国が認められない可能性だってあったわけで
それこそ琉球政府と同じ方式の、アメリカ統治領日本がありえた

731名無し三等兵2017/08/17(木) 00:51:35.91ID:7blryu9P
アメリカは世話好きではない。
日本分割占領、下手すりゃ四つの日本が、今ごろ潰し合いしてても不思議ではない。

732名無し三等兵2017/08/17(木) 05:21:46.76ID:Pj/vTxLs
中国撤退して三国同盟から離脱したらアメリカでもそれ以上手出しできない
あるいは戦争するのでも米放置で英蘭のみに宣戦
対米戦しても負けにしかならないのは今日では分かってるが、
対米戦しなくて対米戦になったかどうかは今日でも不明

英蘭のみに限定開戦したらアメリカが結局は動かなかった可能性も高い
そうなれば援蒋ルート遮断で中国戦終了、インパール作戦も成功、
米豪遮断作戦も悠々成功し上手くいけばインド、オーストラリアが落ちる

自国が直接攻撃されてなくて条約で参戦義務があるわけでもないのに自分から
いざ開戦できるかというのはエネルギーが要る、
賭けてみる価値はあった

733名無し三等兵2017/08/17(木) 05:24:47.47ID:sjJ6HcLk
>>19
>対中国戦も何時まで経っても完全制圧には程遠い状況で

もしドイツ陸軍が、日本陸軍に代わって大陸打通作戦を発動していたらどうなりますか?

ドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。
何しろ中国人絶滅収容所が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、
侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、日中関係はずっと良くなってたはずです。

「フハハハハ!笑止千万!攻撃力や防御力が何だというのだ?チハのその真の実力は機動力にあったのだ!
九七式中戦車チハは中国のチンピラゴロツキ専門の殺戮マシーンとして天命を受けた。
チハは大陸打通作戦で3000キロを駆け抜け、チンピラゴロツキ3500万を殺戮したのだ!!」

旧日本軍弱小列伝 九七式中戦車チハ
http://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-ha.html

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、
こういう発言をしてみたいと思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。
97式中戦車チハなんて、あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。
わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、3500万どころか5億人皆殺しにして、
中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!

734名無し三等兵2017/08/17(木) 05:26:24.64ID:sjJ6HcLk
>>640
>当時の日本には産業機械の製造力なんてほぼないから

俺達無敵の皇軍戦士
昨日は南京を屠った
今日も支那で暴れまくる
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

俺等の得物は菊紋章チハ
返り血浴びて真っ黒だ
こいつで打通してやるぜ3000キロ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

ディーゼルの轟音
軋むキャタピラ
鋼鉄の突進
チンピラゴロツキ殺戮マシーンのお通りだ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

崩れ落ちる家屋
逃げ惑うチンピラゴロツキ
踏み砕かれるシャレコウベ
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

735名無し三等兵2017/08/17(木) 07:28:30.18ID:Pj/vTxLs
可能性としては英蘭限定開戦だろ

どうせ米と戦争になったら真珠湾しようがしまいが勝てないよ
フィリピンもグアムもガン無視で英蘭限定開戦、宣戦されたらとか度胸ねえな

アメリカと戦えば敗北は確実、
だけど「アメリカが宣戦して来る」かどうかは確実じゃない
そして宣戦して来たからと言って戦争結果が史実と何かが変わるか
というと何も変わらない
だったら試す価値はあったと考える

736名無し三等兵2017/08/17(木) 11:11:31.78ID:3B41YiXu
英米様にたてつくチョンコ東朝鮮韓唐ゴキブリエラエベンキは死滅しろ

737名無し三等兵2017/08/17(木) 16:39:00.45ID:7W23V8vT
三国同盟の時点では北進論優勢だったんだろう
諜報戦の末に南進論でアメリカ本格参戦の二正面作戦では持って1年w

738名無し三等兵2017/08/17(木) 21:01:50.52ID:bQNkOkjt
41年じゃ手遅れじゃないか
余命宣告された末期癌患者と同レベル

739名無し三等兵2017/08/18(金) 11:32:03.61ID:F6kUVCCO
米英相手に開戦したことで日本は詰んだ
生産力で圧倒され補給能力の限界を超えるから占領地の維持すらままならないのは冷静に考えれば解ったはずだが、非合理的な熱狂が理性を上回った時点で命運は決した

740名無し三等兵2017/08/18(金) 21:28:40.34ID:RBXEM3U9
日独伊三国同盟を結んでいてドイツが英仏に開戦したため日本が転売屋しないための輸出制限が始まり
仏領インドシナに進出したことで対立は回避不能になったながれだな。
回避するなら同盟破棄もあったのだがその頃軍事技術移転してもらっていたので踏ん切りつかず

741名無し三等兵2017/08/18(金) 22:35:51.45ID:baK9EEm0
むしろ仏印に進駐したいから、ドイツと組んだんじゃなかったか?

742名無し三等兵2017/08/19(土) 00:27:01.30ID:3iIS3w6h
中国戦線で日本はT号戦車を捕獲してたが、それを見てドイツは組むにはヤバい相手だと見ぬけないとは間抜けすぎたな
第二次大戦開戦当初もドイツは自国開発の戦車が揃えられないのでチェコからの分捕り車両を使ってたりしてたし海軍に至っては空母無し、戦艦38cm砲艦と28cm砲艦が各1クラスというお寒い状況
戦闘機や爆撃機も他国を圧倒するほど差をつけていた訳ではない
冷静に考えれば甚だ頼りない同盟国だと判ったろうに

743名無し三等兵2017/08/19(土) 01:08:14.97ID:prUrZDBd
ヒトラーが海軍無用論をブチ上げてたな
中国に持って来れて、当時の中国で運用できる戦車としたら、
日本のチハかドイツの1号がせいぜいだろう。

744名無し三等兵2017/08/19(土) 06:06:49.70ID:YuEKW9H7
東部戦線って恐ろしいな・・・ゾッとするわ

745名無し三等兵2017/08/19(土) 06:15:57.59ID:yEOFEG3J
>>741
仏印はフランス降伏の棚ぼた狙いだから同盟時点で確約されたことではない。

746名無し三等兵2017/08/19(土) 06:40:32.00ID:d4fHmLdR
東朝鮮ゴキブリエラエベンキが陛下を汚すためにわざと始めたキチガイ開戦だからな

747名無し三等兵2017/08/19(土) 06:41:53.08ID:cz22da73
だから日本は米英とは戦争しないで中国とだけ戦争すれば絶対に勝ってたで誰も異論無いんだが?

748名無し三等兵2017/08/19(土) 06:53:57.13ID:YuEKW9H7
別に悪い統帥権干犯の軍部がいなくなって
正義の米軍と変わっただけで天コロは関係ないしなw

749名無し三等兵2017/08/19(土) 07:04:52.81ID:yEOFEG3J
中国とだけ戦争していたとしても欧州戦線の二戦級兵器を輸入されるだけで詰むな

750名無し三等兵2017/08/19(土) 07:06:15.08ID:4mN3Thzw
>>749
運営出来るの?

(燃料代とかリースしてくれま千

751名無し三等兵2017/08/19(土) 07:18:36.58ID:yEOFEG3J
末期の中国軍はM4シャーマン運用していたなあ

752名無し三等兵2017/08/19(土) 07:34:01.85ID:4mN3Thzw
>>751
戦後は?(誰がケツ持ちしてたか、の回答になるな

753名無し三等兵2017/08/19(土) 07:56:59.21ID:QUr07aQO
>>749
>中国とだけ戦争していたとしても欧州戦線の二戦級兵器を輸入されるだけで詰むな

≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

754名無し三等兵2017/08/19(土) 08:11:17.52ID:d4fHmLdR
東朝鮮ゴキブリ韓唐頭狂江部が死にゃええだけ

755名無し三等兵2017/08/19(土) 11:00:30.46ID:3iIS3w6h
そもそも補給能力を考えれば中国に攻め込んで広域制圧なんて試み自体が無茶だった
現代より遥かに悪い道路事情に現代に遥か及ばない陸上輸送の機械化を考えればとても無理

756名無し三等兵2017/08/19(土) 11:08:42.44ID:cO+7Meom
でも大陸打通しちまうと

757名無し三等兵2017/08/19(土) 11:53:39.79ID:rU0RezUa
イージスアショアの弱点は運用するSM-3の最低迎撃高度は70kmであり、
中国と北朝鮮はそれ以下の高度で弾道ミサイルをディプレスト軌道と呼ばれる
浅い角度で発射すればイージスアショアは迎撃できず、
中国と北朝鮮はイージスアショアを糸も簡単に無力化できる。
中国と北朝鮮がディプレスト軌道で弾道ミサイルの運用を研究すれば
イージスアショアは終わりである。
PAC-3は迎撃半径が数十kmしかない為、
圧倒的に防御されていない地域が多いのでそうした地域は
事実上の無防備状態で実際に複数の原発は近隣にPAC-3が配備されていない。
イージスアショアとSM-3の弱点を解決できる唯一の手段はイージスアショアではなく、
THAADを導入して低空領域の脆弱性を埋める以外に選択肢はない。

東朝鮮とまたもマッチポンプか
チョンコ韓唐エラエベンキはしめつせーや
最初からTHAAD言ってんだろ

758名無し三等兵2017/08/19(土) 11:54:12.51ID:rU0RezUa
温故知新しても東朝鮮ゴキブリチョンコは死滅しろというだけ

759名無し三等兵2017/08/19(土) 21:48:06.44ID:ZUtiQB8f
>>755
ベルリンに赤旗揚がって南京に日章旗揚がって、第二次大戦が終わった。

760名無し三等兵2017/08/19(土) 22:36:45.51ID:cQppKvcf
>>757
1941年の時代にイージスアショアやそれに関する技術があるなら、
防空は完璧すぎて日本は勝ち組になるwww

761名無し三等兵2017/08/20(日) 00:30:50.48ID:yzsCrEMZ
ドイツはソ連の気象(冬将軍とか)や独ソの鉄道規格の違い(ドイツの列車をソ連の線路に乗り入れられない)にすぐに悪路となる道路に悩まされて補給を満足に出来なかった
主要参戦国の中でモータリゼーションと最も遠い所にいた日本が外地を占領して資源を本国に運んでこようという計画には相当の無理がある
各地に展開した占領軍への補給すら充分に行うのは不可能だったんだから
陸上輸送は勿論のこと、海上輸送も駆逐艦や潜水艦を動員して凌ごうとしてる時点で勝負あった

762名無し三等兵2017/08/20(日) 03:21:56.82ID:/NUtGoJb
>>761
>主要参戦国の中でモータリゼーションと最も遠い所にいた日本が

日本人の多くはきちんとした初等教育を受けていたが、中国人は文盲ばかりだった。
中国人の男女は道端でも平気でセックスをするが子育ては殆どしないので、ストリートチルドレンが大発生した。
日中戦争とは中国人のストリートチルドレンの大発生の矛先が日本に対する憎しみへと転嫁されて生じたものである。

763名無し三等兵2017/08/20(日) 03:23:59.16ID:/NUtGoJb
>>761
>日本が外地を占領して資源を本国に運んでこようという計画には相当の無理がある

中国人を3500万人虐殺したのに賠償ゼロって夢のような話?

764名無し三等兵2017/08/20(日) 03:32:51.18ID:/NUtGoJb
>>749
>欧州戦線の二戦級兵器を輸入されるだけで詰むな

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
スピードが落ちてそれっきり、だよ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

765名無し三等兵2017/08/20(日) 03:42:34.13ID:zYMwPaLn
軍部首脳が熊襲の子孫みたいな東北軍閥じゃ勝てる戰も負けるんだよ
皇道派で長州閥だったら今頃は・・・

766名無し三等兵2017/08/20(日) 04:58:40.19ID:NDC05589
>>760
違う
エラ東朝鮮ゴキブリは常時ミスリードだけど
なんでエラエベンキが大和民族様をリードしとんねん
完璧にありえんだろ
東朝鮮ゴキブリエベンキが戦争で勝ったことは一度もないよ
元寇3巻征伐日清日露すべて大和民族様だけの勝利だけど
エラチョンコは何しゃしゃり出てんの
はよ死ね、ゴキブリ寄生虫韓唐エベンキ

767名無し三等兵2017/08/20(日) 10:55:33.92ID:yzsCrEMZ
中国側の抵抗勢力が複数のグループに分かれていた事が日本が粘れた(粘れたのであって勝っていた訳ではない)大きな要因と言える
もし統一性のある軍隊が存在してソ連のような強権な指揮者がいれば展開はまるで違った可能性がある
敢えて日本軍を奥地に進撃させたところで伸びきった補給路を分断して孤立した部隊を各個撃破する戦術に出たら日本側は被害甚大だった
中国は東西南北いずれにも広大だから地理的条件がその分複雑化する
地図だけでは判らないような悪条件の地域にワザと攻め込ませるという罠を張れる
勿論冷静になれば日本側も看破できるはずだが欲の皮が突っ張った状態でイケイケドンドンだったから見え見えの罠に飛び込んでしまいそうだ(現地指揮者が懸念を表明しても上級司令部が出撃強要しそうだ)

768名無し三等兵2017/08/20(日) 12:25:35.87ID:qft/jBUc
>>767
中国人なんてゴミみたいなものだ。

769名無し三等兵2017/08/20(日) 13:28:59.13ID:CRln8XHx
ゴミを育てたキチガイゴキブリ韓唐

770名無し三等兵2017/08/20(日) 20:52:52.09ID:yzsCrEMZ
ジューコフ曰わく、日本軍は下士官・兵は勇敢であったが指揮官は能無し
脳筋司令部ではやることなすこと全て裏目に出て惨敗必至

771名無し三等兵2017/08/20(日) 22:04:34.54ID:xRWqv4jj
まぁ23師団は両翼包囲で撃破されたからなぁ

772名無し三等兵2017/08/20(日) 22:26:58.40ID:mSanFZ18
>>770
小松原は能無しどころかソ連のスパイだぞ
敢えて

773名無し三等兵2017/08/20(日) 22:29:16.47ID:mSanFZ18
>>772
途中で送信してしまった

敢えて第23師団が壊滅する様な戦闘をしたかもしれん

774名無し三等兵2017/08/20(日) 22:31:00.53ID:xRWqv4jj
いや、後退が許されない以上包囲されるしかない。
そして包囲されると壊滅。

775名無し三等兵2017/08/20(日) 22:49:00.20ID:mSanFZ18
辻もそうだけど、まず日本軍が7月攻勢で圧倒的キルレシオで大敗してからの
8月攻勢ではコンクリ陣地に篭る日本軍が逆に圧倒的なキルレシオでソ連軍に防衛側の優位を与えた
結果としてキルレシオが日本側の辛勝になったんであってな
最初っから日本側が防戦に徹すりゃ、8月攻勢のガチキルレシオのまま終始戦えたのよ
トーチカからの機関銃になぎ倒される日本兵

トーチカからの機関銃になぎ倒されるソ連兵

一緒なのよ。
守る側が有利だから
むしろ包囲上等だったのだが、辻も小松原も兵力を消耗させただけだった
圧倒的キルレシオを与えた井置支隊だって、敵は屁っ放り腰になってしもうて、まんまと返してる。
つまりキルレシオで勝って相手が屁っ放り腰になったところに逃げる。
戦闘で負けてもキルレシオで大勝していれば後世のオタクの溜飲を下げる程度の良い事はある

ぶっちゃけあの戦争なんて勝とうが負けようが過去の事だからどうでもいい
だけどキルレシオで勝ってるとホルホル出来る、ドイツみたいに。

776名無し三等兵2017/08/20(日) 23:12:14.17ID:nsboDWt1
>>770
奸智に欠けた偏差値莫迦ばかりだったことは、戦史から明らか。
指揮官たちが戦上手になるのは、夥しい犠牲者を出した後、一皮剥けてから、大戦終盤からだな。

777名無し三等兵2017/08/20(日) 23:19:05.85ID:yzsCrEMZ
日本軍のお家芸
優秀な指揮官はしばしば冷遇される
声と態度だけはデカい脳筋がはびこる世界だったんだろうな

778名無し三等兵2017/08/21(月) 00:18:15.41ID:ti7CMBI3
ヒトラーとルーズベルトは、将軍たちのキャスティングが上手かった。

779名無し三等兵2017/08/21(月) 00:22:45.76ID:ti7CMBI3
まぁ勝ち組みはともかく、今井均あたりを首相兼陸相、井上成美を海軍大臣に据えておけば、
酷い敗戦だけは避けられただろうな。

780名無し三等兵2017/08/21(月) 01:05:35.43ID:um6XcWbv
ノモンハンでソ連が停戦に応じてくれたのは、中国人はもっと日本軍に虐殺されれば酔いという意味であろう。

781名無し三等兵2017/08/21(月) 01:28:18.65ID:yzMcprvn
独ソ開戦の段階でソ連を攻撃するか三国同盟から離脱するか、はっきり旗色を出す。

782名無し三等兵2017/08/21(月) 18:12:13.91ID:IHbf3A4z
>>777
積極論と声がでかいのがまかりとおるのが日本の組織じゃないか?w
君の会社はどうだい?

783名無し三等兵2017/08/21(月) 19:06:06.10ID:yzMcprvn
>積極論と声がでかいのがまかりとおるのが日本の組織じゃないか?w
>君の会社はどうだい?

いや、通るのは事なかれ主義だろ。積極論とか声がでかいのは責任を負わない立場か、匿名の奴だし。

784名無し三等兵2017/08/21(月) 19:31:25.68ID:chrE0flH
いや太平洋戦争中の日本軍は少なくとも積極論過ぎるだろ
むしろ事なかれ主義で無難に行ってたらあんな悲惨な餓死は起こしてないだろ

785名無し三等兵2017/08/21(月) 21:04:30.33ID:ti7CMBI3
物質的に優勢であっただけで、米軍もそーとー無理してたんだけどな。

786名無し三等兵2017/08/21(月) 21:08:46.57ID:C7ebVinN
〉1
その時点では既に日本の負けが確定していたので何をやっても無理。
むしろ勝ち負けにこだわらず多数が生き残ることを考えるべきだった。

787名無し三等兵2017/08/21(月) 21:37:47.18ID:yzMcprvn
>積極論と声がでかいのがまかりとおるのが日本の組織じゃないか?w
>君の会社はどうだい?

と聞かれたら

一般に”日本の組織”は 

積極論ではなく、 

事なかれ主義だろって。

788名無し三等兵2017/08/21(月) 21:42:02.33ID:yzMcprvn
積極論そのものを悪とするのも誤りで、口先の勇ましさや派閥的なしがらみではなく
実際の戦果に応じて人事を行っていれば無謀な失敗も避けられた。

789名無し三等兵2017/08/21(月) 21:56:50.18ID:IHbf3A4z
>>787
積極論に対して事なかれ主義者が賛同してしまうのでは?

790名無し三等兵2017/08/21(月) 22:03:32.57ID:yzMcprvn
>積極論に対して事なかれ主義者が賛同してしまうのでは?

というか他人の手柄の為に自分が好き好んで骨を折るのは馬鹿だろって。

791名無し三等兵2017/08/21(月) 22:07:40.89ID:yzMcprvn
MO作戦やMI作戦も特定の積極論者が押し切って貫徹したものではなく、
陸海軍の妥協の産物なので作戦全体としては中途半端になっている。
寧ろ特定の作戦にかけるだけの、決断力や求心力が欠いていたとみた方が妥当。

792名無し三等兵2017/08/21(月) 22:49:53.94ID:PB8R2GSu
まあ積極性よりも冷静な分析と判断を欠いたのが大問題
あれもこれもと欲をかくよりどれを取るのが一番得で、そのためにどれを断念するかという見切りが出来ない体質なんだろう
東南アジアの資源が必要ならば中国に軍を投入などせずに温存してその強力な兵力を背景にしてアジア各国の独立を支援し、独立後は友好関係を結んで資源を輸入する政策に転じれば歴史は変わっていたかもしれん
東南アジアは欧州から遠く、東アジアの軍事強国が独立支持となれば積極的に事を構える国がどれだけあったろう
仮に一戦交えに欧州からやってきてもサシの勝負なら半ばホームで戦う日本が圧倒的に有利だろう

793名無し三等兵2017/08/21(月) 23:29:18.54ID:BJlTLrfR
>>792
>半ばホームで戦う日本が圧倒的に有利だろう

中国では中国人虐殺をほしいままにできたし賠償もゼロだからなぁ。

794名無し三等兵2017/08/22(火) 05:07:03.70ID:rgL6xiG2
>>770
東朝鮮韓唐エベンキチョンコだからな

795名無し三等兵2017/08/22(火) 05:09:42.32ID:rgL6xiG2
東朝鮮ゴキブリチョンコファーストエラがいる段階で敗戦確定だわ
いまもシナチョンコに経済もふくめてボロ負け

796名無し三等兵2017/08/22(火) 18:34:08.94ID:mParsRRC
>>790
賛同するだけで何もしないから骨は折らないだろう

797名無し三等兵2017/08/22(火) 21:36:55.35ID:oBFNjfZh
>賛同するだけで何もしないから骨は折らないだろう

いや、作戦失敗したら自分が責任取らされて詰め腹切らされる。

798名無し三等兵2017/08/24(木) 04:29:37.13ID:TYvysUVR
【ケント・ギルバート】日本は素晴らしい歴史のある国なのにどこかヘン 日本人の美徳は、中国と韓国に徹底的に利用されてきた
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503490363/

799名無し三等兵2017/08/26(土) 10:01:15.13ID:nxWAbOjQ
東朝鮮ゴキブリ韓唐が〆

800名無し三等兵2017/08/26(土) 11:03:56.45ID:eL+JioMg
1941の前に手を打たないと無理っぽい気もするが
もっと言えば昭和になる前、大正かあるいは明治からやり直し

801名無し三等兵2017/08/26(土) 11:22:53.94ID:5k6SsWor
今もだが東朝鮮韓唐ゴキブリチョンコがいる限り無理

802名無し三等兵2017/08/26(土) 11:47:18.67ID:sk0/MMNq
>>801
つまり、1910年以前、できれば1894年以前からやり直さなければムリポか

803名無し三等兵2017/08/26(土) 12:31:26.94ID:kKqS86Pd
>>802
東朝鮮ゴキブリ韓唐エベンキに火星でと打ち込んで掃除してもらえばいいと

804名無し三等兵2017/08/26(土) 12:33:55.28ID:6kleSQOV
>>803
掃除はロシア帝国に任せるんだよ。

嬉々としてシベリアに連れて行くだろうよwww

805名無し三等兵2017/08/26(土) 13:49:00.20ID:kKqS86Pd
>>804
火星に移住させて空気抜くてもあるよ

806名無し三等兵2017/08/27(日) 10:59:07.97ID:g3yIBX/m
ロシアなんか信用できるかよ
モンゴル帝国が20世紀まで続いて日本が同盟出来るなら…

807名無し三等兵2017/08/27(日) 11:59:20.40ID:64RC0R8B
はあ、偽日本エラエベンキ国賊韓唐頭狂ゴキブリ国賊原爆テロヒトモドキチョンコ百済エラ蝦夷をぶっ殺すには適任やんけ

808名無し三等兵2017/08/29(火) 07:48:59.08ID:Wr3l+seo
>>792
>半ばホームで戦う日本が圧倒的に有利だろう

中国人って「人間」だったの?

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

809名無し三等兵2017/08/29(火) 08:10:43.11ID:O7VidVOS
>>483
> 日本は砲弾製造能力で、イタリアよりも劣っていたし、軍艦も戦車も飛行機も、ランニングコストで泣かされる

日本人の多くはきちんとした初等教育を受けていたが、中国人は文盲ばかりだった。
中国人の男女は道端でも平気でセックスをするが子育ては殆どしないので、ストリートチルドレンが大発生した。
日中戦争とは中国人のストリートチルドレンの大発生の矛先が日本に対する憎しみへと転嫁されて生じたものである。

810名無し三等兵2017/08/29(火) 08:13:20.38ID:O7VidVOS
>>749
>中国とだけ戦争していたとしても欧州戦線の二戦級兵器を輸入されるだけで詰むな

ならもしドイツ陸軍が、日本陸軍に代わって大陸打通作戦を発動していたらどうなりますか?

ドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。何しろ中国人絶滅収容所
が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、
日中関係はずっと良くなってたはずです。それからもしできれば虐殺した中国人を潰して航空燃料を精製
すればよかったと思います。文句があるなら米軍はオーバーロード作戦を中止にして、中国戦線に派兵したらいいでしょう。

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、こういう発言をしてみたい
と思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。97式中戦車チハなんて、
あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、
3500万どころか5億人皆殺しにして、中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!」

おい、なんとかいえよ、おい!

811名無し三等兵2017/08/29(火) 11:30:51.23ID:PrmBNRqW
>>810
おまエラ東朝鮮ゴキブリエラエベンキは死滅しろ

シー・シェパード、今年の調査捕鯨妨害取りやめ 「日本に対抗できず」


野蛮なゴキブリ寄生虫東朝鮮チョンコを世界的に駆除線と遺憾な
ステルス船とかの開発に合力すべきだな

812名無し三等兵2017/08/29(火) 11:42:58.34ID:UOGujvCh
イタリアの事を過少評価する奴が少なくないが、大戦中はイタリア潜水艦が来日してるし地中海から大西洋に抜けて作戦に従事したイタリア潜水艦は多い
ドイツ潜水艦にはジブラルタル突破時に捕捉され撃沈された艦もあるがイタリア潜水艦は全て突破成功と技量面で決して遜色ない
日本が量産化にしくじったドイツ系液冷エンジンの生産にイタリアは成功した
世界最古の銃器メーカーはイタリアのベレッタで創業500年にもなり、新資料が発見されると社史が古い方に更新される

813名無し三等兵2017/08/29(火) 21:48:32.72ID:CIdt4/MF
>>812
>日本が量産化にしくじったドイツ系液冷エンジンの生産にイタリアは成功した

でも製鉄技術だけはダントツ世界一だろ? 日本刀の切れ味は世界一だろ?

日本古来の工芸品たる日本刀は、大陸打通作戦でチンピラゴロツキ3500万を殺戮する大戦果を挙げた。
けれどもその分、工業技術の発展が米英独ソよりも大きく遅れてしまった。
というか福沢諭吉の「脱亜論」で書かれているように、明治国家はチャンコロ対策が最終目的だった。
だから工業で米英独ソに及ばずとも、チャンコロチンピラゴロツキを壊滅させたのだから万々歳だ。
対日戦争がオマケつーなら日中戦争はオマケのそのまたオマケで、中国人は人間扱いされなくなってしまう。
チンピラゴロツキ3500万を日本人の軍刀で斬り伏せ、かつ中国への賠償金はゼロ。
日本刀の切れ味は日本古来から伝わる不思議な日本人の魂が宿っており、中国人はその体で思い知らされた。
中国人は老弱男女全てが殺戮の標的物だった。まさに野球で言えば0点に抑えた快挙だった。

814名無し三等兵2017/08/30(水) 05:45:51.14ID:CTAMN6eQ
アホエラエベンキ国賊池沼チョンコまる出し東朝鮮ゴキブリ韓唐寄生虫俘囚

東朝鮮偽日本チョンコが国防をかたんな

815名無し三等兵2017/08/30(水) 11:05:07.67ID:2oFvAwOO
第二次大戦において軍刀を戦闘部隊の士官・下士官の正式装備にしていたのは日本ぐらいのもの
それらを生産する資材と労力はべつの装備、例えば火器類の充実や歩兵の機械化などに当てられるべきだった
ただでさえ低い生産力を無駄遣いしたんだから愚行以外の何物でもない

816名無し三等兵2017/08/30(水) 17:31:17.98ID:kAT1DleX
弾丸という消費物もあるぞ

817名無し三等兵2017/08/30(水) 19:49:34.55ID:7fT18XZL
東朝鮮ヒトモドキ韓唐チョンコ

818名無し三等兵2017/08/31(木) 01:06:55.45ID:+tvx0l6J
>>815
中国人なんてゴミみたいなものだ。

819名無し三等兵2017/08/31(木) 01:42:00.45ID:rXfIOdHM
日露戦争でロシアの機関銃の威力を知った筈の日本
ところが30年以上の時を経て陸には戦車、海には空母と潜水艦、空には戦闘機と爆撃機が登場したというのに
軍刀を前線に持ち出して突撃を敢行する日本軍
進歩どころか停滞ですらなく退行としか思えない思考にまみれた日本軍
戦車を相手に軍刀振りかざし、爆撃機が飛び交うなか民間人に竹槍訓練をさせる日本軍であった

820名無し三等兵2017/08/31(木) 01:48:39.05ID:vC4AGxyw
日本は退行してたと罵詈雑言を浴びせるチンピラゴロツキを97式チハはドツキ回した。

821名無し三等兵2017/08/31(木) 07:28:56.42ID:ePDy1fJ5
東朝鮮エラエベンキはまた戦中まんまのキチガイチョンコに

822名無し三等兵2017/08/31(木) 09:43:38.37ID:raZTi7jT
>>819
>軍刀を前線に持ち出して突撃を敢行する日本軍

日中戦争の賠償はゼロなんだが?

823名無し三等兵2017/08/31(木) 10:44:16.13ID:rXfIOdHM
スレタイを無視してアメリカにボロ負けしたことを忘れようとしても無駄

824名無し三等兵2017/08/31(木) 20:18:38.18ID:/Wj/CWHC
東朝鮮ゴキブリ韓唐の駆除しかないがな

825名無し三等兵2017/08/31(木) 20:29:42.52ID:rXfIOdHM
57mm砲搭載のチハが主力の日本軍が実戦投入した最強戦車はM3軽戦車であった

826名無し三等兵2017/08/31(木) 20:31:54.74ID:EoKjyizE
新砲塔はどうなるんだ?

827名無し三等兵2017/08/31(木) 21:46:54.84ID:EzN/PyDV
>>823
大陸打通作戦は大勝利だったが?

828名無し三等兵2017/08/31(木) 22:51:58.31ID:d7uOXOfY
>>827
こういう香具師がいるから、1941の時点で日本は勝ち組になりえなかったのだ。

829名無し三等兵2017/08/31(木) 23:00:27.07ID://i0fFO4
1941なら、中国と仏印から撤退し三国同盟から脱退すればよかった
それだけで千島も樺太も朝鮮も台湾もまだ日本のもの。
もしかしたら満州も。

830名無し三等兵2017/08/31(木) 23:01:58.63ID:EoKjyizE
そしてジェット(ガスタービン)の時代が到来して、
冶金技術に劣る我が国は

831名無し三等兵2017/08/31(木) 23:57:43.84ID:rXfIOdHM
強欲と無定見に満ちた中国侵攻をやらかしたのは大間違いだった
関東軍首脳陣はソ連が侵攻してきたらビビりまくって部下も民間人も見捨てて逃亡

832名無し三等兵2017/09/01(金) 03:14:22.46ID:ggfRYH44
>>831
>強欲と無定見に満ちた中国侵攻をやらかしたのは大間違いだった

1 ドイツ軍はスラヴ人を大量虐殺したが、スラヴ人は断固反撃してファシストドイツを粉砕した。
2 日本軍はチンピラゴロツキを懲らしめるために出征し、チンピラゴロツキは小便ちびって逃げ回った。
3 チンピラゴロツキは逃げ回った恥を隠す為に、極悪な日本軍に虐殺されたと騒ぎ出した。

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
これがソヴィエト大祖国戦争と中国抗日戦争の最終結果なのである。

833名無し三等兵2017/09/01(金) 03:16:02.26ID:ggfRYH44
>>830
>冶金技術に劣る我が国は

製鉄技術に関してはダントツ世界一で、中国人は日本刀の刃で血しぶきをあげていった。

百人斬り競争
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/hyakuningiri/alibi1.html

日本刀の切れ味を示すエピソードは、他にもいくらでも有るぞ?

834名無し三等兵2017/09/01(金) 03:25:48.54ID:BU9fpA+4
>>825
>57mm砲搭載のチハが主力の日本軍が実戦投入した最強戦車はM3軽戦車であった

≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

835名無し三等兵2017/09/01(金) 03:27:31.18ID:BU9fpA+4
>>825
>57mm砲搭載のチハが主力の日本軍が実戦投入した最強戦車はM3軽戦車であった

中華根性というか中国人はどいつもこいつもチンピラゴロツキばかりで、
それは地獄の亡者が次々涌いてきては鬼に虐殺される光景だった。
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害と腐った脳みそは、手の打ちようがなかった。
まさに日中戦争とは日本人の中国人に対する人種的優越性を世界に示した戦いで、
中国人とは日本軍に虐殺されるために涌いてきた、殺戮の標的物でしかなかった。

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。
アヘン戦争の原因は、イギリスのアヘン輸出なんかじゃないよ。
中国人はアヘンでチンピラゴロツキになったんじゃない、元からチンピラゴロツキだった。
チンピラゴロツキだからアヘンを貪るのであって、アヘンを与えるからチンピラゴロツキ
にされたというわけじゃないんだ。アヘンであれば現在の日本でも医療に広く使われてる、
アヘンが悪いんじゃない、悪いのは全て中国人の腐った脳みそだ。

836名無し三等兵2017/09/01(金) 03:36:55.13ID:BU9fpA+4
>>564
「旧式化したT-34」がベルリン一番乗りかよw

837名無し三等兵2017/09/01(金) 07:54:07.72ID:rfwmCnJf
中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍はアメリカやソ連に蹂躙されて戦いの後は刀を戦利品として奪われましたとさ

838名無し三等兵2017/09/01(金) 08:19:17.62ID:0ARwXnuC
ttps://forum.cartridgecollectors.org/t/7-92x57-western-cartridge-contract-for-china/
WW2アメリカで8億発以上の中国向け7.92mmモーゼル弾が生産された

839名無し三等兵2017/09/01(金) 12:20:16.29ID:TinjmS/0
>>837
>丸腰の女子供に軍刀突きつけていた

東京大空襲や広島長崎の原爆投下への当てこすりですか?

840名無し三等兵2017/09/01(金) 12:29:57.55ID:Fag+R1OU
高度6000m以上を飛ぶB-29を鈍足の零戦で迎撃するお仕事が待っている

841名無し三等兵2017/09/01(金) 12:30:29.37ID:TdvEoHGJ
>>837
>中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍は

中国国民党軍は丸腰の女子供を捨てて、山奥へ逃げていった。

842名無し三等兵2017/09/01(金) 12:33:07.52ID:TdvEoHGJ
>>837
>戦いの後は刀を戦利品として奪われましたとさ

カールツァイスと同じってことでいいか?

イエナはチューリッヒ州にあるため、ソ連占領地であることが合意されていた。ところが、ソ連の占領が
もたついたため、カール・ツアイスの確保をもくろんだ米国は、イエナをいち早く占領してしまった。しかし、
ソ連の抗議によって、最終的には、イエナはソ連に引き渡された。結局、実際の現場のドサクサ紛れ
の占領よりも、首脳間の合意が優先するという、当たり前の結末に至っている。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2007/07/01/1617254

843名無し三等兵2017/09/01(金) 16:50:17.39ID:wa0Xw6/Y
>>21
>今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、

「大陸打通作戦?、あんなの全然大したこと無いね。我々ドイツ軍だったら大陸消滅作戦を発動して、
中国人を一人残らず虐殺してたぞ。フライングタイガーの飛行場をいくつか占領したというが、
我々ドイツ軍のMe262をもってすれば、フライングタイガーなんて全滅してたはずだ!」
「日本は二流工業国だったのだから、米英独ソのような一流工業国と張り合うなんて考えないで、
ひたすら中国へ行って中国人を虐殺しておればよかったのだ。」
「ドイツ軍は凄かった、けれどもソヴィエト赤軍はもっともっと凄かった。ベルリンに揚がったのは
星条旗でもユニオンジャックでもなく、赤いソヴィエト国旗だった。ありがとうソ連邦。」

844名無し三等兵2017/09/01(金) 16:52:14.94ID:22LtXN2e
>>842
カールツァイスのキエフカメラはドイツ人とロシア人の叡智が組み合わさって世界一になったが?

845名無し三等兵2017/09/01(金) 16:55:06.29ID:22LtXN2e
>>837
>中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍は

南京大虐殺とは南京大勝利で、汪兆銘とかのナンキンゴキブリがわらわらと集まって南京維新政府が出来た。
それはゴキブリがゴキブリホイホイに吸い寄せられてゴキブリホイホイに入って死んでいくのと同じだ。

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
貴様らもみんな死ね
貴様らの民族に未来はない
共産主義は下等人種に宿る
絶滅させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」
<炎628   かつて白ロシアで、628の村々がドイツ軍に焼き払われた>
http://wolf.adolf45d.com/eiga628.htm

「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
中国人もみんな死ね
チャンコロに未来はない
チンピラゴロツキは下等人種に宿る
打通させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

846名無し三等兵2017/09/01(金) 16:59:10.40ID:TdvEoHGJ
>>837
>中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍は

During World War II, nearly 500,000 Purple Heart medals were manufactured in anticipation of the estimated
casualties resulting from the planned Allied invasion of Japan. To the present date, total combined American
military casualties of the sixty-five years following the end of World War II?including the Korean and
Vietnam Wars?have not exceeded that number. In 2003, there were still 120,000 of these Purple Heart medals in stock.
(第二次世界大戦中、アメリカ軍は日本侵略をした場合に生じるであろう死傷者数を推定して約50万もの
パープルハート章を製造した。このパープルハート章は戦後65年たっても尽きることなく2003年当時で残っている
パープルハート章の総数は12万ほどだった)
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6347441.html

朝鮮戦争で中国チンピラゴロツキも撃破できなかった米軍が
http://mimizun.com/log/2ch/army/1332833393

朝鮮戦争で中国チンピラゴロツキも撃破できなかった米軍が、どうして日本本土上陸で皇軍を撃破できるのか教えてくれよ。

              教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ !

847名無し三等兵2017/09/01(金) 17:00:25.99ID:MKqmoZFo
インドシナ進駐から撤退
中国南部から撤退して蒋介石と和睦

848名無し三等兵2017/09/01(金) 17:05:00.17ID:WsvvxQn7
>>413
カールツァイスのキエフカメラは、ドイツ人とロシア人の友情の証なんだよな。

849名無し三等兵2017/09/01(金) 17:13:35.34ID:WsvvxQn7
>>305
>大変申し訳ないが、自分は店頭でロシア製カメラが販売されてるのを見たことが無い。

小学生のとき、コダックは見かけたけどキエフは見たことも聞いたことも無かった。
コダックにしても近年はデジカメの普及でもう無くなってしまったのだけども。

850名無し三等兵2017/09/01(金) 19:24:05.70ID:rfwmCnJf
粗製乱造の支給軍刀
刀剣愛好家からは相手にされない

851名無し三等兵2017/09/01(金) 20:13:33.04ID:4/Rb8MvN
>>850
中国人斬り専用に特化してたから。

852名無し三等兵2017/09/01(金) 21:54:35.67ID:TGWQFEHI
>>16
これだよな
そういう案はリットン調査団のときもアメリカイギリスから出てたんだから
その時名を捨てて実をとっておけばな

853名無し三等兵2017/09/01(金) 23:35:38.19ID:TdvEoHGJ
日本人は中国人よりかは圧倒的に優秀だから、日本人の一人である自分は優秀だ。

854名無し三等兵2017/09/02(土) 08:59:09.13ID:SWcXrO+j
>>852
陸軍統制派にはそんな考えが無い。むしろ英米融和派を排撃していた。

855名無し三等兵2017/09/02(土) 09:08:42.11ID:SckeuxCg
>>837
>中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍は

すると中国国民党軍はとっくに逃亡済みだったのか?

856名無し三等兵2017/09/02(土) 11:01:04.19ID:nFXxHWKZ
そもそも複数の勢力が入り乱れていた当時の中国には国民党軍以外にもいたんだが

857名無し三等兵2017/09/02(土) 11:21:18.89ID:ZnWj6h0C
そもそも、日本が中国に侵攻しなければ、戦争で頭おかしくなった兵士達の蛮行も発生しなかったわけで
石原莞爾の目が覚めるのが遅すぎた

満州事変やって、中国の資源と領土分捕ったれ→大挙してやってきた民間人含む日本人の所業があまりに酷いので、中国どころか大陸からもう総撤退しよう

と、意見を変えたが
その時には、誰も石原を相手にしなかった…

858名無し三等兵2017/09/02(土) 12:19:03.35ID:SWcXrO+j
それりゃ投資もされて入植者も入って軍も政府も利権ができてってなるとね。

誰が賛成するのかね?

859名無し三等兵2017/09/02(土) 12:51:16.38ID:0ySAB0V4
日独こういう状態なんで、>>16案すら難しいかな
たった五年後に粛軍演説をし、労働者の怒りを買ってるから、不満は元々あったのだろう
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-6d1a.html
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-67cd.html


粛軍に関する質問演説 2.2. 政治革新論の検討
http://blechmusik.xii.jp/d/saito/s13/

先ず第一は革新政治の内容に関することでありまするが、−体近頃の日本は革新論及び革新運動の流行時代であります。
革新を唱えない者は経世家ではない、思想家ではない、愛国者でもなけれは憂国者でもないように思われて居るのでありまするが、
然らば進んで何を革新せんとするのであるか、どう云う革新を行わんとするのであるかと云えば、殆ど茫漠として捕捉することは出来ない、
言論を以て革新を叫ぶ者あり、文章によって革新を鼓吹する者あり、甚しきに至っては暴力に依って革新を断行せんとする者もありまするが、
彼等の中に於て、真に世界の大勢を達観し、国家内外の実情を認識して、仮令一つたりとも理論あり、根底あり、
実効性ある所の革新案を提供したる者あるかと云うと、私は今日に至る迄之を見出すことが出来ないのである。

国家改造を唱えるが如何に国家を改造せんとするのであるか、昭和維新などと云うことを唱えるが、
如何にして維新の大業を果さんとするのであるか、国家改造を唱えて国家改造の何たるかを知らない、昭和維新を唱えて、
昭和維持の何たるかを解しない、畢竟するに生存競争の落伍者、
政界の失意者乃至一知半解の学者等の唱える所の改造論に耳を傾ける何ものもないのであります。

860名無し三等兵2017/09/02(土) 13:00:54.27ID:0ySAB0V4
12時間以上の労働時間の規制、長期雇用の保障、年功序列で生活給を渡すなど、
今ある日本雇用の骨組みは、戦争に協力することと引き換えに、
国家と組んだストを起こした労働者が勝ち取っていったもの

実際、その方法で、昭和8年の三菱航空機名古屋製作所争議に、労働者側が勝ってしまった
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_642c.html

861名無し三等兵2017/09/02(土) 21:08:14.34ID:SckeuxCg
>>857
>日本が中国に侵攻しなければ、戦争で頭おかしくなった兵士達の蛮行も発生しなかったわけで

日本刀で中国人を斬りまくることで、日本の製鉄技術は飛躍的に向上した。
どうしたら中国人を効率よく殺戮できるかについての研究が進み、工業が大きく発展した。

862名無し三等兵2017/09/02(土) 21:49:42.99ID:rx/89BJ/
>>857
>日本が中国に侵攻しなければ、戦争で頭おかしくなった兵士達の蛮行も発生しなかったわけで

中国とか中国人とかは存在そのものが「ゴミ」。反ファシズム連合軍としても中国は戦力外。
違うというのなら、米英ソからみて中国が第二次大戦で何の役に立ったのか教えて欲しい。

863名無し三等兵2017/09/02(土) 21:53:17.14ID:rx/89BJ/
>>850
>粗製乱造の支給軍刀
>刀剣愛好家からは相手にされない

見かけの華美さよりも、実戦で中国人をどれだけ斃したかが大切なんだが?

864名無し三等兵2017/09/02(土) 22:47:07.46ID:XSIufCP2
>>861
おまエラ東朝鮮チョンコ韓唐を始末したほうがええけど

865名無し三等兵2017/09/02(土) 23:13:44.25ID:BrBjLV9c
>>861-864
中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍はアメリカやソ連に蹂躙されて戦いの後は刀を戦利品として奪われましたとさ

866名無し三等兵2017/09/02(土) 23:16:57.47ID:0ySAB0V4
>>862
奥地まで引き込み、兵を貼り付けるだけでも十分だ
点と線なので制圧してるとも言い難い

867名無し三等兵2017/09/02(土) 23:21:28.12ID:+wGEXc22
>>866
ピーナッツ野郎ですか

868名無し三等兵2017/09/02(土) 23:27:04.26ID:0ySAB0V4
>>850
http://ohmura-study.net/133.html
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/creator/306438.html

 加古伍長と福田上等兵と自分とで、市民学校の植え込みにあったヒバの直径一寸内外なのを三十本程伐(き)りまくったが、心持ち
刀身が曲がったのみで何ともなかった。この刀の粘硬さと、前記の良近(注: 現代刀匠)とは実によく似ている。
 異なっているのは、前者に刃紋があり、後者にはそれが無いという点だけであった。

 斯様な事については、既に水心子正秀が書き残している。
 水心子曰く、「大工のてうな、斧(おの)・鉈(なた)などの刃味は、鎌・包丁の刃味より格別に甘く火を戻し候物にて大業にかけて能く
切れ候ものに御座候依て刀の刃味も斧・鉈の位にて可然候(しかるべくそぅら)へども、當今は真剣の勝負も希なる故にや鎌・包丁の如き
刃味を宜しと致し候 それ故にためし物にも頭或は脛(すね)などの堅き所を切ては刃損じ易く候」※とあるのは、玩味すべき記述であ
る。
       ※ 筆者要約: 「実戦には、鎌・包丁のような鋭い刃ではなく、斧・鉈のように鈍い刃が向いていて良く切れるが、当今(江戸後期)は
               真剣勝負が無いので、鎌・包丁のような鋭い刃を良いとしているから、頭や脛の硬い処を切ると刃が損傷し易い」

 要するに、美術刀の美術的鑑刀眼だけを以て、武用一切の批評をせんとするは、武用眼で美術刀を見るより、刀の本来性から考え
て無謀な事である。
 実用日本刀の大量生産を必要とする今日、良近刀と?洲刀の事実と、水心子の書き残した事とは、一脈の連携でもありはしまいか
と思われる程である。
 こうした事情は、色々な事を考えさせた。
 ずっと古い頃の古刀は、後世の如く鋼材を組み合わせずに一枚鍛えで、それでいて強靱であった。
 無垢鍛の古備前等の名作は卸し鉄という複雑な手法を用いた物がある。
 名刀と云はれている数々の刀の鍛法中には、或いはこうした物質の慣熟性を不知不識の間に応用して霊剣を得たものもあったので
はあるまいか。

869名無し三等兵2017/09/02(土) 23:27:47.19ID:0ySAB0V4
>>867
オマエほどじゃない

870名無し三等兵2017/09/02(土) 23:29:01.50ID:+wGEXc22
>>869

何のことか分かってるのかな

871名無し三等兵2017/09/02(土) 23:30:43.72ID:0ySAB0V4
>>870
You're a peanut

872名無し三等兵2017/09/02(土) 23:34:25.27ID:+wGEXc22
>>871
Useless bludger?
Hell no!

873名無し三等兵2017/09/02(土) 23:36:45.63ID:JHLeObFy
支那事変ですでに日本の国力は限界で1939年から日本の総体的な工業力は減少に転じていた

874名無し三等兵2017/09/03(日) 00:19:04.22ID:NWH2Muuf
>>866
>奥地まで引き込み、兵を貼り付けるだけでも十分だ
>点と線なので制圧してるとも言い難い

1 ドイツ軍はスラヴ人を大量虐殺したが、スラヴ人は断固反撃してファシストドイツを粉砕した。
2 日本軍はチンピラゴロツキを懲らしめるために出征し、チンピラゴロツキは小便ちびって逃げ回った。
3 チンピラゴロツキは逃げ回った恥を隠す為に、極悪な日本軍に虐殺されたと騒ぎ出した。

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
これがソヴィエト大祖国戦争と中国抗日戦争の最終結果なのである。

875名無し三等兵2017/09/03(日) 00:21:15.63ID:NWH2Muuf
>>873
>支那事変ですでに日本の国力は限界で1939年から日本の総体的な工業力は減少に転じていた

[日本軍損害]
空母機20喪失
[イギリス軍損害]
沈没
空母「ハーミス」
重巡「コーンウォール」
重巡「ドーセットシャー」
駆逐艦「テネドス」
仮装巡洋艦「ヘクター」
基地航空機等50機喪失
<セイロン沖海戦参加兵力・損害  Battle of Cylon Island 1942年4月5〜9日>

地上に生き残るための戦い
 なぜ対戦相手、参戦国、または戦争地域のことを示唆しない、大祖国戦争という名称がロシアで使われているのだろうか。
ロシア人やソ連諸国の人民にとっ て、この戦争は祖国の戦争以外の何物でもなかった。自由と祖国の独立を求めた戦争であり、
生き残るための戦争だった。
 ではなぜ頭に大がついているのだろうか。それはこの戦争の勝利には多くの国が貢献しているものの、ソ連がドイツ国防軍を
倒した中心国で、その役割を強調しているからだ。ドイツ軍はソ連軍との戦いで、1340万人中74%にあたる1000万人を喪失した。
 アメリカのルーズベルト大統領は第二次世界大戦の最中の1942年5月、ソ連軍の活動とそ の影響を評価してこう記した。
「ロシア軍が連合国25ヶ国の軍隊よりも、対戦国の厖大な兵士と兵器に打撃を与えているという明白な事実を無視することはでき ない」。
 ロシア人がこの勝利を誇りに思い、多くの戦線のひとつととらえたがらないのは当然のことだ。そしてドイツとその同盟国であるイタリア、
ルーマニア、クロアチアが84万人を喪失したスターリングラード攻防戦と、ドイツとイタリアが3万人を喪失したエル・アラメインの戦い
が同レベルの戦いと見なされることを理解できないでいる。ヨーロッパ諸国の多くの歴史教科書では、第二次世界大戦としてこの2つの
戦いが同等に扱われている。
http://jp.rbth.com/society/2013/05/09/42899.html

876名無し三等兵2017/09/03(日) 00:37:46.72ID:zzmqlOPa
東朝鮮チョンコゴキブリ韓唐キエラチョンコ丸出し不安チョンコ開戦

877名無し三等兵2017/09/03(日) 00:42:06.87ID:Zpk2fvR+
>>825
>57mm砲搭載のチハが主力の日本軍が実戦投入した最強戦車はM3軽戦車であった

 九七式中戦車チハは、西暦197年、内乱と飢饉によって荒廃した中国で、
曹操という武将が配下の陳宮と潘遂に命じてチンピラゴロツキ殺戮マシーンと
して開発させた戦車である。名称の由来は西暦下2ケタと中国の中、さらに
開発者の頭文字(チンキュウ・ハンツイ)を取って付けられた。
チハは開発されたまもなく翌年には実戦に参加している。時の皇帝である献帝
を傀儡として擁護し、これに大義名分を得た曹操が、中国東北地方において
チンピラゴロツキどもの頭領である袁紹との戦いでチハを投入、見事これを
破って一気に勢力を拡大した。以降、チハは曹操軍にあって常に激戦地に投入され、
被害を受けながらも勝利に貢献した。曹操はそれにより、中国の主要な地域を支配下に収め、
216年には事実上の天下人となり魏を建国、初代皇帝となった。
238年、辺境の蛮族である倭人王の卑弥呼が魏に使者を送り恭順の意を示したため、
印綬とチハを与ることとなった。この際、馮タンが大使として倭国に渡り褒美
の授与を執り行ったため、「タンさんからもらったチハ」との意味で「チハタン」と呼ばれ、
戦車の無かった倭国ではその性能に驚き、以来1945年に至る1700年間
あまりにも渡って使い続けられたと言う。

878名無し三等兵2017/09/03(日) 08:10:47.60ID:kwjHbX8D
>中国で丸腰の女子供に軍刀突きつけていた日本軍

女子供を脅かしていたチンピラゴロツキをどついて懲らしめたのが皇軍

879名無し三等兵2017/09/03(日) 08:25:55.65ID:okVVloB2
東朝鮮韓唐エラ滅亡死滅しろ

880名無し三等兵2017/09/03(日) 10:53:27.79ID:c+5YuXOW
外地ではM3軽戦車の獲物になったチハを擁して粗製乱造の軍刀振りかざし敵陣に兵をバンザイ突撃させ、ヤバくなったら部下も民間人も見捨てて敵前逃亡した日本軍指導部
一方本土では女子供を集めて空襲の合間に竹槍とバケツリレーの訓練をさせていた
アナクロを通り越した思考は戦国時代より退化してねーか?

881名無し三等兵2017/09/03(日) 13:56:14.64ID:bOkok04O
>>852
亀レスで恐縮だが、当時の中国で外資を引っ張れる場所となると、日本の支配地域ぐらいだ。

882名無し三等兵2017/09/03(日) 15:16:47.72ID:bOkok04O
後から観る
ttps://youtu.be/DCbYsFcMDcc

883名無し三等兵2017/09/03(日) 17:26:37.57ID:qKOt5R1J
>>880
>ヤバくなったら部下も民間人も見捨てて敵前逃亡した日本軍指導部

東京裁判で最高指導者ヒロヒトは訴追されず、残念でしたねぇw

884名無し三等兵2017/09/03(日) 17:42:52.68ID:fcoME605
>>880
>粗製乱造の軍刀

元の襲来以降、日本の武士は中国人を見つけ次第に試し斬りして、改良が進められた。
日中戦争が始まると中国人を斬って斬って斬りまくって、製鉄技術にも磨きがかかった。
優れた設計と優れた材質と優れた工作精度、この三拍子揃って、3500万もの中国人が地獄へ突き落とされた。

885名無し三等兵2017/09/03(日) 18:55:27.98ID:dDR/m+zY
>>880
そもそも東朝鮮百済難民チョンコ韓唐蝦夷は非大和民族様のゴキブリエベンキチョンコやからな

886名無し三等兵2017/09/03(日) 18:56:18.67ID:dDR/m+zY
>>883
東朝鮮チョンコゴキブリエベンキ韓唐国賊チョンコに騙されただけやからな

887名無し三等兵2017/09/03(日) 20:02:46.61ID:kwjHbX8D
>外地ではM3軽戦車の獲物になったチハを擁して粗製乱造の軍刀振りかざし敵陣に兵をバンザイ突撃させ、ヤバくなったら部下も民間人も見捨てて敵前逃亡した日本軍指導部

しかし最後まで整然とした皇軍の前ににチンピラゴロツキは手出しできずに余裕で南京に日章旗。

888名無し三等兵2017/09/03(日) 20:04:16.39ID:kwjHbX8D
>東京裁判で最高指導者ヒロヒトは訴追されず、残念でしたねぇw

打通作戦によってチンピラゴロツキの日本への復讐の野望は絶たれた。

889名無し三等兵2017/09/03(日) 20:14:30.30ID:hhGDjbJf
>>887
第二次大戦は、バグラチオン作戦と大陸打通作戦の比較検討が一番大切だ。

890名無し三等兵2017/09/03(日) 20:28:49.72ID:c+5YuXOW
只今本スレでは空襲受けてる敗戦必至の状況下で竹槍とバケツリレーを民間人に強要していた事実はスルーというネトウヨの実態を中継しております

891名無し三等兵2017/09/03(日) 20:35:28.58ID:hhGDjbJf
ソ連は1945年5月9日までにナチスドイツを完全に葬り去ったが、米英は未だにビルマとフィリピンで釘付け。

これでは米英はソ連に頭が上がらないw

西側諸国と亡命政府 西側諸国は,一方で相変らず第二戦線を創出できないでいること,
他方でソ連の対日戦争参加を強く望んだことのためにソ連に対して外交的に著しく弱い立
場に追い込まれた。西側諸国はこの問題においてソ連に対して譲歩しなければならないこ
とを痛切に感じ始めた。最も重要な同盟を失うかもしれないという西側諸国の恐れは,
スターリン が 1943年 7月半ばに, またしても第二戦線の創出が延期されたことを理由に
ワシントンとロンドン駐在大使を召還し, アメリカ大統鎮ルーズヴェルト CFranklinD.
Roosevelt) との予定されていた会談を無期限に延期したとき, とくに強まった。西側諸
国,とくにイギリスはいっそう強くポーランド亡命政府に圧力をかけてソ連の要求に応じ
させようと努力した。(21)
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/5035/1/KJ00000112975.pdf

ナチスドイツ打倒が本命というが、ナチスドイツにトドメを刺したのはあくまでソ連であって米英ではない。
対日戦争がオマケだというのなら日中戦争はオマケのそのまたオマケで、米中同盟は成り立たなくなる。

892名無し三等兵2017/09/03(日) 20:40:48.49ID:hhGDjbJf
>>890
> 只今本スレでは空襲受けてる敗戦必至の状況下で竹槍とバケツリレーを民間人に強要していた事実

そんな惨めなジャップ軍相手にさえ歯が立たなかった中国のチンピラゴロツキ。
それから米軍はフィリピンに釘付け、英軍はビルマに釘付け。

ソ連赤軍はとっくにナチスドイツを倒してベルリン入りしてるぞ? ソ連以外の国はサボってたのか?

893名無し三等兵2017/09/03(日) 20:56:54.47ID:U/QDGxGU
>>866
>奥地まで引き込み、兵を貼り付けるだけでも十分だ

ソ連赤軍は反撃してベルリンに赤旗立てたが?

894名無し三等兵2017/09/03(日) 21:03:34.55ID:U/QDGxGU
>>866
>奥地まで引き込み、兵を貼り付けるだけでも十分だ

ソ連軍
ベルリン総攻撃
(壁)
米軍
フィリピン攻略・沖縄攻略
(壁)
英軍
ビルマ攻略

 
(超えられない壁)
中国軍
連戦連敗w

895名無し三等兵2017/09/03(日) 22:35:43.29ID:c+5YuXOW
陛下が止めるのも聞かずに開戦を決定し、敗戦必至となっても自分達では止める決断ができずに陛下にすがって終戦にしてもらった情けなさMAXの軍部と政府
さて、いったいどこの国の話でしょう

896名無し三等兵2017/09/03(日) 23:08:10.21ID:glb3N4T/
アホエベンキ東朝鮮偽日本チョンコ政府を始末せなあかんやろ
あいつらチョンコの傀儡やで

897名無し三等兵2017/09/03(日) 23:09:02.56ID:glb3N4T/
>>895
東朝鮮ゴキブリエベンキ蝦夷俘囚非大和民族様ゴキブリ韓唐頭狂百済チョンコです

898名無し三等兵2017/09/04(月) 01:24:39.49ID:Qy/fI09v
ドイツは300万の兵力を投入した東部戦線で完全に粉砕され押し返されてベルリン陥落。
日本は100万の兵力を派遣した支那戦線では連戦連勝で南京に日章旗。

中国が

「100万の日本兵を奥地まで引き込み、兵を貼り付けるだけ」でも十分なら、

ソビエトの

300万のドイツ軍を奥地に引き込み、さらに張り付けさせるどころか壊滅させた

ことに対してはお釣りがくる、ということになるだろう。

899名無し三等兵2017/09/04(月) 01:52:37.36ID:Td/MBKoI
アメリカもイギリスもソ連もドイツもイタリアも戦闘部隊には刀は支給していない
儀仗隊や軍楽隊と戦闘部隊の区別がつかない日本軍
礼装と戦闘服をゴッチャにしている日本軍

900名無し三等兵2017/09/04(月) 01:58:30.61ID:Qy/fI09v
>アメリカもイギリスもソ連もドイツもイタリアも戦闘部隊には刀は支給していない

コルスンではソ連の騎兵部隊は敗走するドイツ兵を2万斬殺した、と記録しているが、
どっから持ってきたんだ?

901名無し三等兵2017/09/04(月) 02:33:00.56ID:dvNBYd12
 1917年の革命後、シャシュカは赤軍の主な刃器となり、第二次世界大戦中もソ連騎兵部隊では依然として使用されていた。
https://jp.rbth.com/arts/2015/01/23/51793

902名無し三等兵2017/09/04(月) 08:40:50.33ID:Td/MBKoI
騎兵はサーベル抜いて突撃するのが基本/伝統的戦術だったが日本軍の場合は歩兵が軍刀持ってたんだがね
戦国時代ですらメインウエポンは鉄砲や弓矢で次が槍
20世紀半ばの歩兵が軍刀持って何がしたいのか

903名無し三等兵2017/09/04(月) 08:51:54.53ID:dvNBYd12
>>902
>日本軍の場合は歩兵が軍刀持ってたんだがね

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

904名無し三等兵2017/09/04(月) 08:52:46.05ID:IEB6wvKz
馬が銃火器にやられまくったから騎兵が武家貴族の特権から転落したんだよな
速度以外のメリットがなくなったんで

欧州だと遊牧民からの伝統があるから馬乗り=貴族

905名無し三等兵2017/09/04(月) 19:37:56.56ID:Qy/fI09v
>アメリカもイギリスもソ連もドイツもイタリアも戦闘部隊には刀は支給していない
>儀仗隊や軍楽隊と戦闘部隊の区別がつかない日本軍
> 礼装と戦闘服をゴッチャにしている日本軍

>騎兵はサーベル抜いて突撃するのが基本/伝統的戦術だったが日本軍の場合は歩兵が軍刀持ってたんだがね
>戦国時代ですらメインウエポンは鉄砲や弓矢で次が槍
>20世紀半ばの歩兵が軍刀持って何がしたいのか

騎兵は戦闘部隊じゃないのか?

とにかく日本をディスる、という気持ちは分かった。

906名無し三等兵2017/09/04(月) 20:03:15.65ID:b2w/vR3R
482 名刺は切らしておりまして sage 2017/09/04(月) 08:30:51.26 ID:LV/cigRp
大平洋戦争の敗戦はトンキンのせい

実態が認識されてきたな

907名無し三等兵2017/09/04(月) 22:05:49.89ID:Td/MBKoI
機関銃と戦車相手に軍刀で何がしたいのか日本軍
海外の騎兵がサーベル持ってるからウチらも大丈夫と時代遅れを見なかったことにするネトウヨ

908名無し三等兵2017/09/04(月) 22:59:22.30ID:ofrsibxX
>>907
>軍刀で何がしたいのか日本軍

総統閣下は皇軍の勇気に感嘆すると同時に、その武装と技術の悪さを嘆いた。そこで訪独潜水艦に
ドイツ兵器を満載して、これで大陸打通やってこいと、総統閣下は激励してくれた。
ソ連は日ソ中立条約で、チンピラゴロツキ討伐を支持してた。ドイツ降伏後もすぐには参戦せず、
これまたチンピラゴロツキ討伐への理解の現れだった。
大陸打通作戦が成功したのも 、米国がドイツ打倒優先で米軍主力をヨーロッパへ向けたから。
大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

909名無し三等兵2017/09/05(火) 00:56:11.50ID:lHlBLrl1
>大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

チンピラゴロツキをドツキ回した大陸打通作戦の裏側には

これまた輝かしい勇敢なるソビエト赤軍がファシスト侵略者を爆砕したバグラチオン作戦の大勝利があった。

910名無し三等兵2017/09/05(火) 00:58:55.07ID:lHlBLrl1
>機関銃と戦車相手に軍刀で何がしたいのか日本軍
>海外の騎兵がサーベル持ってるからウチらも大丈夫と時代遅れを見なかったことにするネトウヨ

チンピラゴロツキにはドイツ装備もソ連戦車もアメリカ製飛行機も与えたところで
軍刀をぶち込んだ皇軍の前には小便ちびって逃げ回るしかなかった。

911名無し三等兵2017/09/05(火) 05:28:24.68ID:DPikXnC2
>>909
東朝鮮だつおチョンコ死滅しろ

912名無し三等兵2017/09/05(火) 05:28:58.34ID:DPikXnC2
東朝鮮ゴキブリエベンキ蝦夷のキチガイファビ開戦

913名無し三等兵2017/09/05(火) 05:42:40.07ID:DGsvU6HA
>>908-912
おまいらみたいな非国民がいたから、栄えある皇軍は無残にも敗北したのだ!

914名無し三等兵2017/09/05(火) 07:16:09.10ID:lHlBLrl1
>おまいらみたいな非国民がいたから、栄えある皇軍は無残にも敗北したのだ!

皇軍は卑劣なチンピラゴロツキに鉄槌を下し、赤軍は残虐なファシスト侵略者に鉄槌を下した。

915名無し三等兵2017/09/05(火) 10:28:31.21ID:H6cr6NCu
頭が弱過ぎ性格も悪過ぎる連中が情勢も理解出来ない上に陛下の御言葉すら無視して無謀な戦争に一直線
惨敗確定となっても自力で降伏の決定が出来ずに陛下にお願いして決定していただいた
しかも聖断が下っても反発する異常者共は玉音盤奪取の反乱を画策という逆賊非国民ぶり
情けなさと悪あがきもここに極まれり

916名無し三等兵2017/09/05(火) 12:11:39.67ID:HKa30R9l
>>913
はあ、東朝鮮チョンコのおまエラは偽日本ヒトモドキエラエベンキのゴキブリ寄生虫やぞ

おまエラゴキブリチョンコに神風がふくかつーの
アホンダラエラチョンコだつお

917名無し三等兵2017/09/05(火) 22:58:46.71ID:lHlBLrl1
ファシストの侵略の対し祖国の存亡を懸けて命がけで戦い、膨大な犠牲を出しながらも
ファシストの侵略を返り討ちにするまで戦い抜いたのがソビエト赤軍。

面白半分に排日侮日を愛国無罪の大義名分の下に日本商店の焼き討ちや日本人への暴行殺害を繰り返し、
意を決した皇軍が懲らしめる為に出動すると、小便ちびって逃げ回っていたのがチンピラゴロツキ。

918名無し三等兵2017/09/05(火) 23:28:14.72ID:McTanbHf
エベンキ東朝鮮チョンコ鉄道大停電テラワロス

アホンダラエラ東朝鮮は日本出ないのにキチガイファビ開戦か

919名無し三等兵2017/09/06(水) 08:23:05.04ID:PyotKL5E
ナチスと共にポーランドに攻め込んで暴虐の限りを尽くしたのがソ連軍
ヒトラーと同様の戦犯のはずだったスターリン
ところがナチスがソ連に攻め込んでなし崩し的にソ連は連合国側に
戦勝国ヅラしてるがソ連指導部は悪逆非道さでナチスと変わらない

920名無し三等兵2017/09/06(水) 15:14:30.49ID:kdhFlgu+
生涯でコロした人数のカウント

ヒトラー<<<<<<<<スターリン<<<<<<<毛沢東

自国民殺戮のパーセンテージでは、小国の独裁者がランクインする。

921名無し三等兵2017/09/06(水) 18:30:28.00ID:CAPL1tUD
愛国無罪の名の下に排日侮日の暴虐の限りを尽くしたのがチンピラゴロツキ
黄河を決壊させ大量の人民を溺死させたチンピラゴロツキ
ところがチンピラゴロツキはなし崩し的に連合国側になり戦勝国ヅラしてるが
チンピラゴロツキは悪逆非道さでナチスと変わらない

922名無し三等兵2017/09/07(木) 07:02:47.80ID:NVKDQog0
日本がアメリカの「友邦」になったのは、毛沢東が蒋介石をひっくり返してくれた「おかげ」であった。
おまけに毛沢東は、広大な中国の労働市場・商品市場を閉鎖して「くれた」のだ。
中共なくして高度成長なし、である。

923名無し三等兵2017/09/07(木) 12:14:34.62ID:FSrA3sbK
毛沢東が中国を獲れたのは、帝国日本が死力を尽くして蒋介石を攻めたててくれた「おかげ」であった。
毛沢東自身が著書の中で述べてる。
おまけに毛沢東は、巨大な中国を百年ぐらい後退させて、弱い中国を演出した。
毛沢東あってこその中共であった。

924名無し三等兵2017/09/07(木) 16:44:29.32ID:tMInSUe5
【北朝鮮ミサイル】衝撃シナリオ!次は「東京上空通過」 中国高官が発言[09/07] [無断転載禁止]©2ch.net
東朝鮮ゴキブリエベンキ韓唐に着弾でええぞ

もともとエベンキ韓唐ゴキブリチョンコ東朝鮮のファビエラキチガイ開戦のせいだからな

925名無し三等兵2017/09/07(木) 17:51:10.16ID:FSrA3sbK
中国もロシアも、何故か北の支援と擁護に必死だ。
北を甘やかせば甘やかすほど、日本の9条改憲のハードルが低くなるのに。
ロシアとしては、日本と中国が噛みつきあってくれれば楽になるから、支援と擁護は当然なのだが
中国だけは解せない。


あるいは、中国共産党に世界戦略そのものが無いのかもしれないが。

926名無し三等兵2017/09/07(木) 22:22:58.51ID:DOfQ7QRX
東朝鮮馬鹿韓唐はチョンコだからわからないだけだな
北朝鮮がある方が有利だからに決まってんだろ

927名無し三等兵2017/09/08(金) 03:11:40.14ID:kZNvcxCq
北朝鮮の戦争やるやる詐欺で在韓米軍と在日米軍が強化されると、北朝鮮とよねロシアは平気だが中国は困る。
ロシアも北朝鮮も、台湾や南シナ海には何の興味も無いから。

928名無し三等兵2017/09/08(金) 03:36:35.12ID:uTO3wwsA
ソ連軍がなんで奇襲してきたんだろうな終戦後にw

929名無し三等兵2017/09/08(金) 05:30:34.58ID:MbcAhacH
ベクレ韓唐アホしかいかんな

930名無し三等兵2017/09/09(土) 18:55:49.81ID:BB+ccFhc
馬鹿殿に兜とられて負け戰

931名無し三等兵2017/09/09(土) 23:04:51.95ID:y8t6Hudf
東朝鮮韓唐は単なるチョンコエベンキ国賊ゴキブリ

932名無し三等兵2017/09/11(月) 21:38:29.58ID:orZdfhBP
えーえーしか言わないようなのが大元帥じゃ勝てないよ()

933名無し三等兵2017/09/11(月) 21:45:24.22ID:cDZ7Kqro
 
太平洋戦争の盲点とその戦略的解答
http://pathfind.motion.ne.jp/pow.htm

WW2で日本が勝つ仮想戦記を書きたい
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1469973714/523

大東亜戦争で「完勝する」方法 ――主戦場が太平洋ではなく、インドだったら - 編集長コラム
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13413

934名無し三等兵2017/09/11(月) 22:56:44.14ID:G8L2zwdA
東朝鮮ゴキブリ国賊チョンコは
北朝鮮チョンコにいいようにやられて
よく徴税できるな
いい加減始末するしかねーな

935名無し三等兵2017/09/11(月) 23:01:03.89ID:G8L2zwdA
東朝鮮ゴキブリチョンコには山中さんのような人類の至宝はいないよな
ゴキブリ国賊エラチョンコしかいない

936名無し三等兵2017/09/11(月) 23:25:43.52ID:XXLdUSQF
ですが、我が国にはSTAP何某を発見したと自称した割烹着の朝鮮人がいることですし

937名無し三等兵2017/09/11(月) 23:31:41.64ID:G8L2zwdA
そいつも東朝鮮ゴキブリチョンコだよな

938名無し三等兵2017/09/11(月) 23:33:16.26ID:G8L2zwdA
首都の住民の気質が国政に与える効果は実に大きいことが正しく認識されていないな

939名無し三等兵2017/09/12(火) 00:36:22.16ID:XdFs1h4F
エベンキ東朝鮮の報道ってほぼ的外れで
今の苦境

放送停波してくんねーか
東朝鮮ゴキブリエベンキ

940名無し三等兵2017/09/18(月) 08:08:53.10ID:UJkZknZt

941名無し三等兵2018/02/22(木) 10:39:25.08ID:zf2p0zg+
ユニークで個性的なパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

B35F3

942名無し三等兵2018/03/13(火) 11:39:03.43ID:Ywko4rR9
【大統領】   Japは我々の家畜  <大イスラエル帝国>  安楽に暮らせる奴隷   【議定書】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520856333/l50
【勧誘】  安楽な生活 Σ(・Д・;)  <大イスラエル帝国>  そのメールを貼り付けた  【公開】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520821522/l50

943名無し三等兵2018/03/20(火) 13:03:54.78ID:uZOfD0/J
中国を含めた海外からの完全撤兵
満州は国連共同統治
朝鮮民族を済州島に隔離
朝鮮半島は無人非武装地帯とする

陸軍は本土及び離島防衛に特化させて縮小改変
海軍は専守防衛を基本とし別途に海上護衛隊と抑止力用の潜水艦隊を保持

余った軍人は空軍創設と内需拡大及び雇用拡大で吸収

これなら貿易立国として勝ち組には入れたかもね

944名無し三等兵2018/03/20(火) 14:48:41.59ID:ONG+EJLm
>>943
ブロック経済で貿易倒国になります。

945名無し三等兵2018/03/28(水) 18:59:08.95ID:YbbXklz+
警察、創価と在日マフィアによる集団ストーカーの模様
(車両ナンバーつき)
https://www.youtube.com/watch?v=gTOBN1AkSz0
https://www.youtube.com/watch?v=bbPcpPwO3ug
https://www.youtube.com/watch?v=de1jeSPGGNo

怖ろしくておもらししそう´・ω・`

946名無し三等兵2018/05/15(火) 19:58:24.08ID:m32aBy7I
仏領インドシナに侵攻した後アメリカから石油がとめられ南進を考えたまではいい
しかし何故アメリカに攻撃したのか日本軍部は東南アジアに侵攻すれば
アメリカ軍が必ず介入してくると思っていたがルーズヴェルト本人は
フィリピンを無視して蘭領と英領に限定された場合
議会承認が得られる保障がないことを憂慮していたのに軍部が馬鹿過ぎるわ
まぁ戦後の情報を知ってる今だから言えることだと言ってしまえばそれまでだが
モンロー主義をとっていて介入に反対だったアメリカ世論くらい知ってるべきだろ

947名無し三等兵2018/05/15(火) 21:29:13.25ID:0ueRCvHo
>>946
アメリカのお好みの時期に日本近海で工作船爆沈して即時呉空襲&レイテがお望みならば留はしないけど

948名無し三等兵2018/05/24(木) 16:24:24.76ID:GxMDKF9v
>>946
スペイン領だった時アメリカがどんな手使ったかご存知?

949名無し三等兵2018/05/24(木) 23:08:06.95ID:yty4k/2Y
さて2018年

2 (´・ω・`)(`ハ´  )さん sage 2018/05/24(木) 22:58:50.90 ID:2DAT2wjR
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011451421000.html
米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡

5月24日 22時55分

アメリカのトランプ大統領は、来月12日に東南アジアのシンガポールで開催を予定していた
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談について、今は適切で
はないとして開催しない考えを明らかにしました。これはトランプ大統領がキム委員長に宛
てた書簡で明らかにしました。

950名無し三等兵2018/05/27(日) 10:00:17.43ID:qcgpxeOI
>>947,948

いや当時の議会の雰囲気とアメリカ世論は80%以上が参戦反対だったじゃないか
その状況でアメリカを攻撃しない日本に攻撃可能なのか?

951名無し三等兵2018/07/12(木) 19:22:16.18ID:oYbG2a9G
既に上でも指摘されてるが、リメンバーメイン、トンキン湾事件方式の自作自演でも何でもやって参戦するだろう
まあ、リメンバーパールハーバーで挙国一致体制取られるよりもずっと戦意が低くて、史実よりははるかにマシだったろうとは思うけど

952名無し三等兵2018/07/12(木) 22:07:32.41ID:OgRmRm9G
・白村江の戦で負けてなかったら、(663年8月27日 ? 8月28日) 
 新羅を滅ぼして、百済・高句麗との連合で、大唐帝国と対決維持できていたか

・平氏政権(1160年代 - 1185年)が滅亡しないためにはどうすればよかったか

・鎌倉幕府が滅亡(1333年)しないためにはどうすればよかったか

953名無し三等兵2018/07/27(金) 16:38:44.63ID:GFgtNxHe
拡大を止めていたらw

954名無し三等兵2018/07/28(土) 05:31:00.54ID:tPeAMsEr
>>1
       √ ̄ヽ--ヘ    O―〜,
      /    ☆ ヽ   || ●  |
      0く━=ニニ二>   ||―〜'
     //(●)  (●) \
    / ヘ  (__人__)    |  <満鉄利権を米国と山分けして
   /ヽノ彡,,..  .|∪|   /    慶順油田掘削に成功してれば
  /  丿,,  /\ヽノ/ゝ 丶     今頃、支那の半分は日本のものw
 (       ̄jヽ,/_l   ヽ
  \     ____ ̄{。 _____ }
   ヽ、,,_,  {---} }。 {---} j

955名無し三等兵2018/08/11(土) 19:58:03.27ID:Omkmlieo
1945の時点で結果的に勝ち組に入れたのでオケ

956名無し三等兵2018/09/28(金) 17:35:49.33ID:cjT/zRFa
>>894
同盟国が戦ってる間に戦力を温存したんだろ
そこらへんが分かってないから負けたんだ

957名無し三等兵2018/09/28(金) 17:40:37.47ID:cjT/zRFa
>>952
まず同盟相手を間違えている
唐は高句麗を倒したいが正面からでは駄目だったから、百済を滅ぼして背後から攻めたい
だから新羅を引き込んだ
よって国内の百済派を捨ててでも唐と同盟すべし

958名無し三等兵2018/09/28(金) 18:28:48.40ID:wNqAojex
>>939死ね大阪の朝鮮人

959名無し三等兵2018/11/10(土) 06:53:43.23ID:7ikEWmf5
>>957
なるほど、日本が百済を守って(高句麗と同盟して?)新羅と戦ってる最中でも
日本が唐と戦う理由も必要性も実は無かったってことか
となると、新羅の唐同盟派を出し抜いて、
日本が唐との同盟と新羅滅亡を唐から承認されるには?
その新羅を滅ぼしたあと、高句麗を唐の尖兵となって日本は攻撃するのか
それとも手の平がえしで唐と相対するのか

960名無し三等兵2019/02/09(土) 22:49:01.03ID:BHqVzsJY
無理

961名無し三等兵2019/02/09(土) 22:54:50.95ID:SVlQU+tl
日本が欲しがったのは
南部朝鮮の鉄だけねw

962名無し三等兵2019/02/10(日) 01:14:52.30ID:j+h1FhD7
釜山だったっけ

963名無し三等兵2019/02/10(日) 02:05:20.06ID:NB1CrBiV
木浦に近い方だが
北部はもっと出るのねえ

ほんと半島様が割れて貰って
日本は何故かドイツにならなくて済んだ!

964名無し三等兵2019/04/25(木) 07:46:31.79ID:km1vKVr1
>>956
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物なの?

965名無し三等兵2019/07/17(水) 09:58:41.37ID:x8iQZTix
1941年ではどうにか負けないようにするのが精いっぱいで勝ち組には入れない
天皇勅令により、以下の5つを出さない限り無理
 海南島を除き、万里の長城線すなわち北京北部まで撤退
  上海や北部仏印からも撤退
  上海以外はシナ地域からはすべての製造機器・自動車・鉄道(レールも)を強奪して撤退
 統帥権を両立から陸軍へ移譲し、皇族将軍の就任を禁止
 7.7mm小銃製造・配備禁止、改良6.5mm騎兵銃製造
 満州国地域の匪賊徹底撃滅
 コンクリート船の建造
7月2日の御前会議で「完全な配置が整い次第、武力を行使し北方問題を解決す」として、1941年10月中旬をめどに開戦を決定
 暴走した関東軍の前歴があるため、海軍在籍の高松宮殿下(中佐)を中将として昇進させ監視役として、関東軍司令部へ入れた
 この情報は朝日尾崎−ゾルゲルートを経てソ連へ流れていた
しかし、高松宮殿下から「陸軍兵站路いまだ未整備」との連絡により、天皇陛下自ら1か月延期を高松宮経由で関東軍へ下令
 この9月中旬頃、御前会議と高松宮殿下連絡、さらに陽動として海南島へ派遣された近衛師団の情報が錯綜
 ゾルゲは10月4日「日本は対ソ戦をやめ、海南島からオランダ領インドシナへの侵攻を準備」と打電
  これを最後にゾルゲは10月18日逮捕される
  これを信用したソ連軍は極東部隊のほとんどをモスクワ戦へ投入
11月16日、日本はソ連に対して宣戦布告・開戦

966名無し三等兵2019/07/17(水) 12:03:28.47ID:x8iQZTix
日本がシナ地域からほぼ撤退したことで、共通敵のなくなったシナは再び国共内乱
しかも、製造設備をすべて強奪された国民党軍は再び軍閥分裂を起こし、
 蒋介石派はアメリカとの結びつきを強めるものの、これまで日本がある程度治安維持してきた上海租界問題で関係が薄くなる
 雲南派はアメリカとの結びつきを強めたものの、海南島の日本軍保護下にある仏印から表立って武器を調達することができず、その地域にとどまった
 桂軍派はイギリスとの結びつきを強めたものの、イギリスは戦争中であり、その地域にとどまった
共産党軍もソ連から援助を受けていたが、独ソ開戦で援助が先細りとなり、日ソ開戦で完全に援助がなくなってしまった

日ソ開戦前日に危険な日独伊三国間条約を日本が一方的に破棄したため、ルーズベルト・チャーチルが渇望していたヨーロッパ戦線への開戦口実を損失
レンドリースを開始したアメリカは日ソ開戦により、日本海・オホーツク海へ設定された封鎖海域および湾口の機雷封鎖によって太平洋ルートが使用不可能
 北樺太全域・カムチャッカ半島南側主要都市は5日後には陥落
 年末までにウラジオストク周辺は陥落。ハバロフスク周辺にソ連軍が閉じ込められ、その西側へ布陣した日本陸軍によってなけなしのザバイカル方面軍の解囲部隊は壊滅
これ以上進軍せず防衛線と補給路を構築しつつ越冬

新着レスの表示
レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
レスを投稿する