★☆色川武大☆★

1やれやれ、僕は名を失った2010/09/09(木) 22:17:35
狂人日記、生家へ、怪しい来客簿などなど。

保守

3やれやれ、僕は名を失った2010/09/10(金) 20:43:03
狂人日記はほんと衝撃だった

4やれやれ、僕は名を失った2010/09/10(金) 23:38:03
阿佐田哲也の方しか読んだことない
読んでみようかな

5やれやれ、僕は名を失った2010/09/11(土) 00:19:53
ぁゃιぃ来客簿

6やれやれ、僕は名を失った2010/09/11(土) 00:20:50
眠るなよスリーピィ

7やれやれ、僕は名を失った2010/09/12(日) 12:49:44
私の旧約聖書 花の盛りは地下道で 
雀 ぼくの猫ぼくの猿 風と灯とけむりたち

8やれやれ、僕は名を失った2010/09/12(日) 22:19:04
>>3
どう衝撃なの?
俺も阿佐田のほうしか読んだことないから興味ある

9やれやれ、僕は名を失った2010/09/12(日) 22:57:21

10やれやれ、僕は名を失った2010/09/13(月) 22:58:59
善人ハム

11やれやれ、僕は名を失った2010/09/13(月) 23:09:57
好きだけど麻雀小説が一番かな
色川名義のほうは重すぎる

12ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/13(月) 23:10:51
麻雀放浪記は永遠の名作だよなあ

13やれやれ、僕は名を失った2010/09/14(火) 00:40:09
虚実のあわい

14やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 00:11:31
宿六色川武大は色川のどの作品よりも泣ける。

15やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 18:50:11
おれは50過ぎたのオヤジなんだが
22歳頃から色川に嵌り、ひとり孤独に読んでいたな。
当時は、本読みが回りにいないこともあって、
色川の話など誰ともしたことがなかった。
40を過ぎて、PCを持ち、2ちゃんの存在を知り、
ああ、おれ以外にも色川を読んでる奴がいるんだな、と不思議な気がしたもんだ。
おれは、色川作品に人生を恃んでいたようなところがあり、
「風と灯とけむりたち」なんておれにとって最高の一篇。

16やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 19:07:12
そしてこれからフランス書院を読みながらオナニーをします。

17やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 19:28:50
シュコシュコ

18やれやれ、僕は名を失った2010/09/16(木) 13:14:07
>>15

畏友よ
明年50の、このわしも
昨年来、色川先生にハマっておるよ
22からとは、尊敬いたします

19黒狼2010/09/19(日) 00:41:49
色川武大の古き友人達とのエピソードが過去に掲載された
もの等どなたか知っていますか?
ネットで検索してもあまり出てきません。
現在、色川武大の人気はどうなのでしょうか?
麻雀博物館の評判などわかりますか?


20黒狼2010/09/19(日) 00:43:59
色川武大の古き友人達とのエピソードが過去に掲載された
もの等どなたか知っていますか?
ネットで検索してもあまり出てきません。
現在、色川武大の人気はどうなのでしょうか?
麻雀博物館の評判などわかりますか?


21ぱんだこぱんだ2010/09/19(日) 07:56:18
私も色川武大は大好きです。
阿佐田哲也はマージャンをまったく知らないこともあり、手をつけていません。
生家へ、百、狂人日記…また読み返してみたいです。
どの小説だったか、父親を病院に迎えに行って、その哀れさを
目の当たりにした途端に逃げ出してしまう描写がとても印象的でした。
あと好きな作家は車谷長吉なのですが、こんな変わった私にお勧めの
作家を思いつきましたら、教えて頂きたいです。ペコリ

22やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 15:55:42
>>19
『阿佐田哲也の怪しい交遊録』?

23やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 16:28:15
>>21
西村賢太
強烈すぎる私小説ゆえ人を選ぶかも…

24ぱんだこぱんだ2010/09/19(日) 22:31:58
>>21
ありがとうございます。
早速Amazonで検索してみました。
「暗渠の宿」か「どうで死ぬ身の一踊り」を手に取ってみようかと思います。
なぜか2ページ目に車谷の「赤目四十八瀧心中未遂」が載ってますが、
映画も良かったです。^^

25やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 23:20:08
西村の小説には最近町田康もハマったらしい。

26吾輩は名無しである2010/09/24(金) 22:27:41
おれは色川が死んでから新潮社の裏のあの「生家」を何度も見に行ったものだ。

27吾輩は名無しである2010/09/25(土) 20:33:07
俺、大相撲を題材にして一人遊びしてたから
狂人日記を読んだときはビリビリっときたわ。
同じようなことしてた人がいたあ!

色川さんみたいに世界を広げすぎると収拾がつかなくなるので
幕下、十両、幕内に限った世界だったけど
力士それぞれに取り口を設定して、能力も場所ごとに変化させた。
取り組みは全て数値化し、サイコロを振ることで展開し、決着するようにした。
星の貸し借りも再現したかったんだけど断念した。

28吾輩は名無しである2010/09/26(日) 02:55:05
俺は野球でやってたな

29吾輩は名無しである2010/09/26(日) 16:30:37
>>26
今、どんな感じなってるんです?
弟さんご夫婦が住んでるのかな。

30吾輩は名無しである2010/09/27(月) 20:08:02
>>29
もう十年も前の話だが、
小説に書いてある通りの家だった。
同じ敷地内に、弟夫婦が住んでいると思しい平屋建ての家屋。
それとそっくり同じの父母が住んでいると思しい家。
庭には、おそらく弟さんのクルマ(濃紺のトヨタ マークU)が停まっていた。
玄関先には、いまだに父親(色川武人)の表札が掛かっていた。

31吾輩は名無しである2010/09/27(月) 23:54:24
ほんの10年前にもそのままというのは、何か感嘆してしまうな。
どうもありがとうございます。

32吾輩は名無しである2010/10/13(水) 17:03:00
91 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 2010/10/13(水) 17:00:57
意外に思うだろうが
色川武大の若い頃は苦みばしったイケメン。
中年以降太ってしまったが。

33吾輩は名無しである2010/10/13(水) 18:08:46
>>32
若い頃の写真を見たことあるけど、カッコよかった

34吾輩は名無しである2010/10/25(月) 10:37:00
>>19
『近代麻雀増刊 麻雀の神様阿佐田哲也』及び『雀聖追悼特集』に、
女衒の達、ダンチ、ガン牌野郎のモデル達による座談会が載ってる。

35吾輩は名無しである2010/10/25(月) 12:37:50
肥満はナルコレプシーのせいだよ

36吾輩は名無しである2010/10/26(火) 08:49:58
>>21
自分の感覚だと色川と車谷って水と油くらい違うからよくわからないけど
山口瞳の『血族』『家族』とか

37吾輩は名無しである2010/10/27(水) 19:55:24
>>21
安岡章太郎、田中小実昌、深沢七郎、
ヘンリー・ミラー、セリーヌ、ジャン・ジュネ

アンチモコ派といえば、初代会長ご健在の時代から
クソレスに ウンコをばら撒いてきた筋金入りの悪党どもだ*
アンチモコ派=アンチ学会と 見なしても イイ!*
昔は そういうアンチ池田派や トニー派の大物たちや
筋金入りの悪党どもが わんさかモコスレにやってきて
ウソ八百のデマで騒いぎ あおり、中傷して
子分どもを たきつけて モコスレを炎上させていたけど
最近は そういう大物の大ウソつきどもが 来なくなっちゃったネ*
来なくなると 今度は逆に さびしくなるんだよネ・・・☆
モコ、さびしいなぁ…*
まさしく木っ端微塵だったな(笑い)☆
ちょっと やり過ぎてしまったカンが ある*
生かさず 殺さず 飼い殺しにしておけば 良かった(大笑い)☆
ンムフフフフフフフフフ…・・・*
結局、ヤツらは 自分から通報のために立てたスレッドで
大ウソつきの正体を何から何まで暴かれた☆
そのうえ、アク禁申請も事実無根として却下された*
ヤツら 魑魅魍魎どもは この荒らし行為が原因で、
トニーコーポを首になった☆
ところが、だ* 反省するどころか、トニーを逆恨みして
ウソ八百のデマで騒いだ*
のみならず☆
あろうことか運営にトニーを通報する奇行まで行ったんだヨ*

39吾輩は名無しである2010/11/23(火) 14:56:03
ベンヤミンコレクション5 思考のスペクトル

40吾輩は名無しである2010/11/30(火) 23:02:59
周作人

411月7日2010/12/01(水) 16:59:15
「小さな部屋・明日泣く」  講談社文芸文庫

42吾輩は名無しである2010/12/06(月) 21:27:40
手相撲?両手で力士を対戦してさせてどちらが勝つか分からない
教師が「あの子は何をしてるんですか?」と同じ状況があってびっくりした

自分はプロレスも混じっていたけど、授業中ずっと両手でずったんばったんしていた

43吾輩は名無しである2010/12/10(金) 22:15:06
セックス嫌いのヘンリー・ミラー
アルコール抜きのブコウスキー

44吾輩は名無しである2010/12/20(月) 10:30:06
麻雀放浪記と牌の魔術師しか読んでないけどこの人は好きだな
作家の中でもすごい優しい人だと思う

45吾輩は名無しである2010/12/22(水) 20:03:33
伊集院の「いねむり先生」完結したね

46吾輩は名無しである2010/12/23(木) 11:01:47
>>11
本質的な違いは無いと本人は書いてる

純文学の方では寒々しい事実も書くが
阿佐田の方は娯楽だから、わざわざそれを露出させないだけだと

47ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/12/26(日) 00:37:08
でもシャブ中とか普通に出てくるよね。

48吾輩は名無しである2010/12/27(月) 18:17:05
娯楽小説の読者にとっては不良性は憧れでもあるし
キツい話をクールに書き飛ばすことで読みやすくはなってる

同じことでも色川文体でじっくり書きこんだら陰々滅滅とせざるを得ない

49ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/12/27(月) 19:45:29
そうなんだー。色川名義の小説読んだことないんです阿佐田哲也ばかりで。

50吾輩は名無しである2010/12/30(木) 09:47:38
>>49
試しに「生家へ」あたり読んでみたら?
麻雀放浪記とコインの裏表だと思って読めば、両方の味わいが深くなると思うよ

51ヘ(^p^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/12/30(木) 12:32:03
ありがとうございます!読んでみます。

52吾輩は名無しである2011/03/07(月) 00:49:00.34
今、BSジャパンで加賀まりこが麻雀放浪記の撮影秘話語るみたいだよ。

53吾輩は名無しである2011/03/07(月) 01:02:38.76
情報ありがたかったが、時すでに遅し・・・

54吾輩は名無しである2011/03/07(月) 02:20:15.02
八代ゆき…

55吾輩は名無しである2011/03/07(月) 05:21:41.33
>>52 来週もあるよ。

56吾輩は名無しである2011/03/20(日) 11:12:39.27
あやしい来客簿は何度も読んでしまう程好き。

・夜店のおばあさん「あたくし女子大を卒業しまして」
・戦時中自宅に居候のばあさん
・旗バカ「おじさんが死んだら金歯あたいにおくれよ」
・下駄のお兄さん「カランコロン」

この辺が好きで何度も何度も読む。
彼の独特なフレーズが良い。「踊るような腰つきで」
「夕まぐれ(中略)幽霊と変わりない」

おばあさんが行き先だけのことを考え黙々と歩いてる姿が
怖いなんて発想は独自過ぎて吹き出すくらい好きだ。名作

57吾輩は名無しである2011/03/21(月) 17:59:28.66
「花のさかりは地下道で」が好きだ

58吾輩は名無しである2011/03/22(火) 18:47:59.80
>>57
いいなぁ。読んでないのがまだあるんだけどその中の一つだよ。
面白いのかぁ。読みたい。

59吾輩は名無しである2011/04/10(日) 21:50:12.32
いねむり先生 伊集院静

女優だった妻を亡くし、絶望の淵に立たされた主人公が
作家であり、エッセイストである色川武大氏と出会うことで
再生をしていくという自伝的小説です。
奇しくも、仙台で震災に遭われた伊集院さんが、
このタイミングで「絶望からの再生」「人は人によって救われるのだ」
という優しくも力強いテーマの小説を出版されることに、
なにか不思議な力を感じざるをえません。
今の日本人に必要な一冊だと思います。

60吾輩は名無しである2011/04/11(月) 08:02:01.12
折り目正しく繊細で妻の死でアル中、小説が書けない
状態で旅打ちで道後温泉で宿泊、老舗旅館に泊まり
天皇陛下がお泊りになった宿でとか説明を聞かず
立ち去る色川さん、散々非礼なことをした上、
偉い先生らしい?と思った主人と、仲居が色紙に
サインをくれなどといって伊集院さんは呆れかえる。
道後温泉で相撲実況をやってる変な人に普通に話を
したエピソードがあったが、色川さんは風呂嫌いで
伊集院さんと付き合うためにそうしたんだろうし
そのときの話だろう。

その後競輪もせずアルコールを飲みすぎて
フラッシュバック酔いつぶれてその当時あった野球場の
そばで寝込んでしまう。

色川さんの大ファンで道後温泉そのすぐ近くの住宅地に
長年住んでいたので読んでいて情けない気持ちだ。

坊ちゃんでは散々田舎もの扱いされてて坊ちゃん、マドンナ
を商品名につけたり。

ああいうのを書く漱石も大した人物ではないと思うが。

61吾輩は名無しである2011/04/15(金) 22:33:15.62
あれで漱石は自分を赤シャツに書いて貶めてるからイーブン

62吾輩は名無しである2011/04/24(日) 14:41:14.70
【文芸】没後22年、今も語り継がれる色川武大(阿佐田哲也)の魅力
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1303196781/

63吾輩は名無しである2011/05/12(木) 11:23:40.79
いねむり先生えかったわぁ・・・


64吾輩は名無しである2011/05/19(木) 14:31:32.00
いねむり先生

私は、色川氏を知っている故、「死人に口なし」という言葉をどうしたって浮かべてしまう。

Iさんはあくまで、十数人いた軽い友人の中の一人に過ぎず、書かれている程ののめりこんだ交友は絶対になかったと断言して良い。

65吾輩は名無しである2011/05/19(木) 14:35:41.67
連投すみませんが。

I氏は死人で商売する癖がありませんかね。

今回の震災で、彼の本当の正体を見た人、いるんじゃないでしょうか。

全く、なにがどうしちゃったのというほど、乱れ、揺れ動きすぎの、キャラの定まらない文章の数々。


色川氏まで、小銭稼ぎのネタにはしてほしくない。

66吾輩は名無しである2011/05/19(木) 14:41:31.67
I=ijyuuin

67吾輩は名無しである2011/05/19(木) 18:53:26.04
チョンなんて、そんなもんでしょ・・・

68吾輩は名無しである2011/05/19(木) 23:25:46.11
伊集院さんを
周りは冷ややかに見てますよ。
Nさんの件といい、色川さんの件といい、
書いたもんがちでしょう。

69吾輩は名無しである2011/05/20(金) 17:51:24.25
いねむり先生うさんくせぇw
まぁ死んじゃってるしなんとでも書けるわなwwww
福田和也は褒めてるがw

70吾輩は名無しである2011/05/22(日) 00:57:06.48
麻雀仲間の長門さんが逝っちまったな

71吾輩は名無しである2011/05/23(月) 18:30:59.27
伊集院だけじゃなくて、長門裕之も黒鉄ヒロシも談志も、俺の事が一番好きだったんじゃないかな、と思ってたらしいよ。

72吾輩は名無しである2011/05/23(月) 20:57:52.01
山口瞳が「彼(色川)は八方美人なところがあった」って書いてたね。

73吾輩は名無しである2011/05/23(月) 21:26:44.49
重度の「No!と云えない病」のことでしょ…

74吾輩は名無しである2011/05/23(月) 23:54:39.34
人たらしなんだろうなあ
俺も生前会ってみたかった

75吾輩は名無しである2011/05/25(水) 10:25:21.15
伊集院はエッセイで作り話ばっか書いてるような作家だからな。人の発言を勝手に作りだす事も得意でしょうよ。
そろそろ化けの皮がはがれはじめてますよね。伊集院。

76吾輩は名無しである2011/05/25(水) 17:40:45.98
小説家なんだから
作り話は当たり前だろ
色川先生はそんなことで怒るような
器の小さい人じゃないよ

77吾輩は名無しである2011/05/25(水) 22:19:02.43
そうそう。みんなに「自分が一番よくしてもらってる」と思わせるサービス精神のちに持ち主、それが色川武大。

78吾輩は名無しである2011/05/26(木) 05:28:46.88
作家はつくりばなししてもいいんだが、伊集院の作り話ってはてしなく美談で、結局自分を持ちあげるいやらしさが。
色川が怒る怒らないはどうでもいいが、死人で自分を飾ろうとする根性がやだね。
偽物のつくりものは、大規模な震災があったり、歳取ったりすると馬脚をあらわす。

79吾輩は名無しである2011/05/26(木) 06:34:26.52
┐(´A`)┌ ウリジナル族なんて、そんなもんさ…

80吾輩は名無しである2011/05/26(木) 07:14:36.47
今回のシュウゲンのコラムもうそくせー話だったな。
ホームレスに煙草ねだられて、
ひとはこはさすがに断るってかいてあるが、
ひとはこねだるホームレスなんて、今時いねーよ。
リアルなつくりばなしが気持ち悪い。
伊集院が野球やってる事もしらない、なのにかなり仲いいらしい食い物屋の店主とかね。
この人、変だよな。

81吾輩は名無しである2011/05/26(木) 07:42:10.95
いじゅーいんセンセイは歴代の女みれば、底の浅さがわかるでしょ
この人を真剣に読んでる文学愛好者なんて所詮いないと思うよ
渡辺淳一とか浅田とか重松と同じレベルの人だよ
ただ臭覚すぐれた起用なだけのニセモノ


82吾輩は名無しである2011/05/26(木) 13:38:55.88
そろそろ伊集院のスレでやってくれ

83吾輩は名無しである2011/05/26(木) 14:41:16.33
伊集院のうすっぺらさなんて今にはじまったことじゃないだろw

84吾輩は名無しである2011/05/26(木) 16:38:10.93
いかにも半島の人らしい、カッコづけの勝ったタイプだよね。

85吾輩は名無しである2011/05/26(木) 23:25:26.87
いいんじゃないの、伊集院の動き最近おかしいから。
コンビニで週刊現代6週連続で万引きsちあおっさんの件とかさ。
どうも眉つばなんだよ。

86吾輩は名無しである2011/05/27(金) 07:57:40.34
そろそろ伊集院のスレでやってくれ

87吾輩は名無しである2011/05/27(金) 11:03:31.75
別にいいんじゃん?
ここでやっても。
今とりあえず本出してんだから

88吾輩は名無しである2011/05/27(金) 15:43:55.11
邪魔ではない。

89吾輩は名無しである2011/05/27(金) 17:08:17.05
随分下品なながれだなあ
こんな奴らも色川先生の愛読者なのか
やだやだ

90吾輩は名無しである2011/05/27(金) 19:53:23.12
人に気を使わせない人だったらしいね。金がなくてもさりげなく金を出したり、どんなに忙しくても話を聞いてあげたり、誰も気が付かないような所を褒めたり。
そりゃあ皆付いていくよ。

91吾輩は名無しである2011/05/27(金) 21:41:45.72
人間性と愛読書は全く関係ないですよw

92吾輩は名無しである2011/05/29(日) 18:51:08.00
練馬で若夫婦がやってる美味しい中華ってまだあるのかな
やってれば中年夫婦くらいだと思うけど。何かに載ってた

93吾輩は名無しである2011/06/04(土) 21:26:50.85
『喰いたい放題』に入ってるな。

練馬に住んだことがあるが知らなかった。

検索したら店を畳んだというのがあった。
http://ameblo.jp/poaa/entry-10053365272.html

94吾輩は名無しである2011/06/10(金) 17:04:32.05
「小さな部屋・明日泣く」やっと買った。寝る前のお楽しみ・・・

95吾輩は名無しである2011/06/11(土) 14:33:05.86
2007年頃の小学館文庫の後に
そんなシリーズ出てたのか。知らんかった・・・

96吾輩は名無しである2011/06/18(土) 22:00:49.83
>>93
ありがと。そっかもうないのだね。
えらく美味いと褒めてたから。残念

97吾輩は名無しである2011/06/19(日) 07:50:47.65
引越し貧乏が面白かった
表題作は離婚のセルフパロディーだね
最後まで遊び心いっぱいだったんだな

98吾輩は名無しである2011/06/26(日) 18:48:56.01
>>93
桜台の近くだったらしい。
付近を旨い餡子を求めて自転車で探しまくる話には思わず吹いた。

99吾輩は名無しである2011/07/11(月) 01:18:35.12
この人の持病を映画のシナリオに使えないものだろうか。

100吾輩は名無しである2011/07/13(水) 13:46:36.50
100

101戸井克成2011/07/13(水) 13:47:59.05
ケツマン掘ろう記。

102吾輩は名無しである2011/07/20(水) 06:12:41.47
>>98
ナルコレプシーで大事な会議に限って眠ってしまうエリート社員を描いた
ドラマがあったよ。
主演は風間杜夫で一応シリアスドラマだったが・・・苦笑するしかないような出来栄えだった。

103吾輩は名無しである2011/07/20(水) 12:45:34.89
「私の旧約聖書」「ばれてもともと」読了。

104吾輩は名無しである2011/07/23(土) 02:33:28.86
>>102>>99へのレスでした

105吾輩は名無しである2011/08/21(日) 12:23:27.61
蛇足休題。
れつだん先生、ちがった(失礼)。「いねむり先生」作中のKさんって
ずっとワダのことかとおもっていたら、クロガネだったのね。

106吾輩は名無しである2011/09/04(日) 08:31:08.74
文豪は近視の人が多いというイメージがあるが色川さんはどうだったのかな?

107吾輩は名無しである2011/09/13(火) 08:31:59.21
オレの好きな作家は色川武大、安部譲二、団鬼六
弱者に優しいってのが共通点

108kk2011/09/19(月) 16:07:56.64
 60歳で逝ってしまったとは残念、早すぎる。もっと知りたかった。 しかしそれがまた色川らしいところかな。 
色川作品に出会ったのは没後だけれど作品は繰り返し読んでもその度新鮮な感動を覚える。 
 「黒い布」で色川の素質を見抜いた大物審査員がやはりスゴイ。「怪しい来客簿」中の「墓」「たすけておくれ」、
「百」中の「連笑」「永日」、などで父親、弟等との心情表現では泣かされる。 
他人(ことに立派な俗人)に対する目が鋭くて、きっとこの手の人は色川を恐れるだろうね。そこが面白い。



















109吾輩は名無しである2011/09/20(火) 12:49:10.95
連笑は白眉だなあ
あれが一番好きかも

110kk2011/09/21(水) 12:12:56.63
 NHK他のラジオ局で文学作品を朗読する番組がある。そこらあたりで色川の
「百」「永日」なんかやってくれないかな、低いうまい読み手で。

111吾輩は名無しである2011/09/22(木) 13:43:53.73
年末の阿佐田哲也杯はいいよな
グランプリよりいいレースするときある

阿佐田哲也杯はあっても伊集院静杯ができるかは微妙

112 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2011/10/14(金) 03:35:43.40
すごい作家だったな
もっと早く読みたかった

113吾輩は名無しである2011/11/09(水) 13:24:18.24
「いねむり先生」に出てくる釣り宿、モデルになった所があるなら行ってみたい

114吾輩は名無しである2011/11/26(土) 23:02:31.84
色川先生を人生の師としていた談志師匠が亡くなりましたね。。
文庫版「怪しい交友録」の解説や「談志百選」での色川先生への文章が本当に良いので、未読の方は是非。

115吾輩は名無しである2011/12/09(金) 06:36:03.93
陽水さんが寄せた追悼文が好きだった。
あれ? あの本どうしちゃったのかな…。

阿佐田さんから入り色川さんにいってもう一度阿佐田さんを見つめ直した。
優しそうな眼差しの奥底に横たわる冴えきった冬の月。
一生の作家になっちまった。

116吾輩は名無しである2011/12/10(土) 16:20:50.26
陽水、最近風貌が色川先生みたいになってきたw

117吾輩は名無しである2011/12/14(水) 22:27:58.45
「狂人日記」「生家へ」「小さな部屋・明日泣く」「遠景・雀・復活」読了

118吾輩は名無しである2011/12/14(水) 22:43:33.56
そんな報告いらんから

119吾輩は名無しである2012/01/02(月) 15:39:03.53
陳さんまでいっちゃったよ。

あっちでよろしく。

120吾輩は名無しである2012/01/09(月) 20:06:03.25
素晴らしい人

121吾輩は名無しである2012/01/24(火) 05:10:48.14
孝子さんの本読むと
本当に全く肉体関係はなかったみたいね。


122吾輩は名無しである2012/02/03(金) 15:37:01.88
イロさんを知らないままだったなら、と考えてみた。

安っぽい権威主義の教条主義の気取り屋がポツンと。
本当の恥はそれを恥とは知らぬまま、思わぬままに生きている事だと。


「小さきは小さきままに折れたるは折れたるままにコスモスの花咲く」

地元の偉人、f知三郎さんのこの和歌にふれるとイロさんを思う。
イロさんを偲ぶとこの和歌が滲み出る。

少々感傷的になってしまいました。申し訳ない。

123吾輩は名無しである2012/02/05(日) 21:34:07.01
伊集院静とかいうコリアンはいちいち気に食わない野郎だわ

124吾輩は名無しである2012/02/15(水) 19:48:59.86
>>121
本物の変態はセックスなんて興味がない。
舞台に出てきて、一切ペニスに手を触れずに射精する男の話とか
ドサ健バクチ地獄の水責めプレイとかの描写から察するに
色川武大って真の変態なんだろうな。

125吾輩は名無しである2012/02/15(水) 22:20:51.50
そういえば…
家畜人ヤプー≠ノかなりの衝撃を受けて、本格的なSM小説を書く夢を諦めたって記述があったね。

126吾輩は名無しである2012/02/16(木) 22:37:44.85
孝子さん美人すぎワロタ
若いときは どれ程美しかったのだろう

127吾輩は名無しである2012/02/28(火) 16:24:33.76
麻雀好きだったから阿佐田哲也は大体読んだ。
色川のほうはなんとなく敬遠していたけど
狂人日記が衝撃的でハマった。
その後「生家へ」を読んで、今は「うらおもて人生録」を読んでる。
「うらおもて〜」は大人になった今読んでも面白いけど、
中高生の頃に読みたかったなぁ。
亡くなってから好きになったけど、まだ読んでいないのが
沢山あるからこれから少しずつ読むのが楽しみ。

>>21
亀レスだけど、
自分も車谷長吉が好きなので同じ趣味の人がいてうれしい。
麻雀放浪記の解説に、牌活字のために読まれないのがもったいない、
みたいなことが書いてあったけど自分もそう思う。
麻雀を知らなくても楽しめるからおすすめ。

128吾輩は名無しである2012/03/07(水) 08:18:16.86
伊集院静って人に寄生して成り立ってる感じがする。
夏目雅子との事も、彼に独特な影をさして、深い悲しみを抱えている男・・・みたいなイメージになってるし、
色川と仲良かった・・ってのも彼の値段をあげてる。
よかったな伊集院w
でも本物じゃないから、最近のエッセイは底の浅さが隠しきれずとんでもない暴言ばっかですね。

129吾輩は名無しである2012/03/08(木) 06:08:58.42
寄生虫のような生き方は朝鮮人の本分だからね

130吾輩は名無しである2012/03/08(木) 08:49:01.05
寄生虫=水牛顔(笑)

131吾輩は名無しである2012/03/08(木) 12:18:36.62
>>128
あのなあ、人間てのはなあ、
本物じゃない、とか、浅さがどうの、とか
関係ねえんだよう、わかるかあ?

132吾輩は名無しである2012/03/08(木) 14:42:08.53
↑寄生虫(離れ目)クククッ・・・・(嗤)

133吾輩は名無しである2012/03/08(木) 16:59:32.92
>>128
伊集院が異常なまでに過大評価される理由ってまさにそれだよな。
虚心坦懐に伊集院の文章を読んでみて、高い評価を下す人間なんて稀にしかいないんじゃないの?

134吾輩は名無しである2012/03/12(月) 08:25:28.43
色川氏の作品は語り継がれていく名作として残る。 伊集院は 夏目雅子をダシに食い繋いでいた くだらん朝鮮人がいたらしいよ というくらいしか残らないだろう。

135吾輩は名無しである2012/03/12(月) 18:19:44.27
畑正憲は麻雀新撰組の連中を阿佐田氏に比べたら屑同然の連中と喝破したけど
伊集院も色川氏に比べたら屑同然だよなあ。

136吾輩は名無しである2012/03/13(火) 00:18:58.66
父親からの強い抑圧
ギャンブル狂
精神疾患に生涯苦しんだこと
デビュー作が高く評価されるがその後低迷期が長く続く・・・等々

ドストエフスキーとの共通点が多い、というか、同じ体質だったんじゃないだろうか、という気がする。
愛(おおきな意味での愛)を希求していた、というか、それを信じていた、ことなども。

137吾輩は名無しである2012/03/13(火) 00:56:13.43
↑離れ目=無能盗作屋バレバレ名無し自演乙(笑)

名無しで書くのは負け猿だよ。俺のHNドロがお前にきまってるだろう、
いつお前がAA戦車の俺のHnドロ批判した?しないなら共犯だろう。
俺はミエコの盗作証拠だせといったら、なぜHNドロする?盗作
されてないんだろうが、弘美は。弘美は盗作しかしていない、
いくらまたHnとカネをとるつもりだ?

津原とツクダニとピースとカギ(全員石原憎悪)=島田雅彦=左翼テロリスト
が「ここでマサオミからHNドロしながら、自分こそが
マサオミ本物だ!とさけび、HNドロされた
被害者ぶってカネをよこせ(だれがだれに会話してるのか
そこのキチガイにはわかってるのか?)と遠吠えしてる」負け猿だろうが。
かならず朝日と日経が盗作した証拠もHNドロした証拠も
被害妄想で攻撃した証拠もあるんだから25億円よこせよ。佃煮が逮捕されたら
俺と別人だし無関係だとわかるわけだ。じゃ、
佃煮ピースとグルのHNドロなりすましを
支援してきた津原が俺に土下座して
切腹する未来は覚悟できてんだろな?
お前はHNドロをしながらカネをよこせといっている。
それだから加害者として払うべきは25億円。わかるだろ。
あ、ビンボーだからはらえない?じゃ自殺しろよ、佃煮と津原とピースが。
俺からHNドロしたし俺に殺人恐喝して
詩のスレを潰したんだからそんぐらい当然。


139吾輩は名無しである2012/03/15(木) 04:04:09.12
黒い布 はどこに収録されていますか?

140吾輩は名無しである2012/03/15(木) 05:04:36.89
講談社文芸文庫の「生家へ」の後ろについてた

141吾輩は名無しである2012/03/16(金) 01:05:11.75
改めて本棚見たら、持ってないぜ・・・。

図書館の全集で読んだのだったかな。

142吾輩は名無しである2012/03/23(金) 18:28:16.18
怪しい来客簿って十代の頃から何度読んだかわからないわ。
最初は麻雀小説ばかり読んでたけど、年を取ると色川名義の作品しか読まなくなった。

143吾輩は名無しである2012/03/23(金) 21:14:18.20
うらおもて人生録は時々読み返したくなる

144吾輩は名無しである2012/03/24(土) 20:34:14.67
四十代の女性です。若い頃色川名義の『狂人日記』を読み、その唯一無二の世界観に打ちのめされました。その後、阿佐田名義の『麻雀放浪記』を読み、ひとりの作家にこんなに才能を与えた文学の神様に感謝しましたね。

145吾輩は名無しである2012/03/27(火) 21:29:03.80
>>142
自分も「怪しい来客簿」は一番好き。
それぞれのエピソードでフィーチャーされている人物の行く末が凄まじいよね。
それをあくまで淡々と(?)最後まで見つめ続ける著者の視点が底なしに恐ろしいよ。
中でも…
作家志望の元編集者、二村定一、休み無しで飯屋を切り盛りする寡婦、ピストン堀口、賭場の帰りに野垂れ死する同級生、、
このあたりのエピソードを淡々と綴る筆致がとりわけ恐ろしい……

146吾輩は名無しである2012/05/05(土) 06:46:40.04
あけ

147吾輩は名無しである2012/05/09(水) 19:19:56.81
「語り」の作家としては戦後最高峰
太宰の成人版

148 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2012/05/09(水) 22:59:01.32
あげ

149MOJO ◆wonaVoLdpg 2012/05/10(木) 17:54:18.24
このスレ立てたの、おれなのだが、放置しといても生き残ってるな。
良き傾向。
『狂人日記』『怪しい来客簿』もいいが、『雀』とか『復活』『風と灯とけむりたち』なんぞもいいぜよ。

150吾輩は名無しである2012/05/11(金) 16:27:07.88
そんな作品あるの知らなかった。今度探してみよ

151吾輩は名無しである2012/05/11(金) 22:07:44.69
>>147
つぶやきタケちゃん

152吾輩は名無しである2012/05/11(金) 23:38:23.50
ここの住人は阿佐田哲也名義の作品はどう評価してるんですかね

153吾輩は名無しである2012/05/23(水) 07:54:07.34
なんにせよ色川先生の作なんだし どちらの名義かなんて気にしてないよ


154吾輩は名無しである2012/05/29(火) 04:51:53.98
『無職無宿虫の息』おもろい
アゲチンならぬ、ふくちん

155吾輩は名無しである2012/06/08(金) 07:49:22.53
未収録も追加した全集 再販してくれ

156吾輩は名無しである2012/07/24(火) 20:23:36.20
俺も伊集院の書き物が好きではないので、期待してなかったんだけど、最近遅まきながら、いねむり先生読んだら、思ったより面白かった。
色川武大が小説の鬼で、交友関係も金の貸し借りも、ヤクザとの手本引きも、すべては小説のためのフィールドワークなんだという凄みが、よく表現されてたと思う。
それと、黒鉄ヒロシはその事をわかってて、こいつはネタになるかもと思って伊集院を色川に引き合わせたと思われる。

157吾輩は名無しである2012/08/09(木) 14:51:28.26
若い頃、結城昌治と一緒に文学の勉強会に出席した時に
「なんで博打打ちがこんな所にいるんだ」と吐かしたのは
一体誰だったのか。長谷川伸の門下生やその他、着物を着てくるタイプの
人が集まる会だったと言うが・・・
色川に「帰ろう」と言って一緒に帰っちゃった結城、なかなか男らしい。

158吾輩は名無しである2012/08/12(日) 17:30:30.81
>>157
再び色川名義で小説を書き出してからは、文壇の偉いさんへの付け届けは欠かさず、それが「怪しい来客簿」以降、悉く賞レースに勝ち残る事に繋がった一因。
色川はそういう所で極めてドライに、自分が文学で食っていくためには何が必要か、良い小説を書くだけでは足らないものは何かを見定めていたと思われる。博打のシノギと同じように考えていたのだろう。

159吾輩は名無しである2012/08/13(月) 01:07:54.73
知らなかった。
そういう話ってどこで読むのですか。

160吾輩は名無しである2012/08/14(火) 20:46:31.38
>>157の出典は、色川武大vs阿佐田哲也11頁の村松友視と伊集院静の対談。
>>158
初耳。藤原審爾に私淑し尊敬する先輩たちと付き合う一方、小説家としての身の処し方をドライに考えていたとすれば面白い。
純文学を志していたのに直木賞をもらっちゃった時も「この際もらえるものは何でももらっておこう」なんて畑正憲に言ってたらしいし。
志を曲げるとは、と井上光晴に殴られたんでしょ、もらった時に。

161吾輩は名無しである2012/08/14(火) 21:00:10.98
もっとも畑正憲は「なんで阿佐田哲也じゃなくて色川武大での受賞なのか」という点で立腹していたらしいけど。
連投失礼。

162吾輩は名無しである2012/08/21(火) 04:04:50.78
>>161
麻雀放浪記は飛び抜けた傑作だからねぇ。
畑氏が立腹したのもわからないでもない。

163吾輩は名無しである2012/08/21(火) 09:02:01.46
牌活字が出てくるだけで当時は色物扱いだからね。
まぁ、今もそうだけど。

164吾輩は名無しである2012/08/25(土) 10:38:17.98
色川先生はエッセイも絶品だよなぁ〜。
怪しい交友録∞喰いたい放題≠たり、何度も繰り返し読んだ。

165吾輩は名無しである2012/08/28(火) 09:43:25.05
小林信彦が確か「唐獅子株式会社」で直木賞にノミネートされた時に、対抗馬が「離婚」だと聞いて、「その小説いいの?」と編集者に尋ねたら、
「いいとか悪いとかじゃなくて、この人は別格なんです」
と言われ、そうしているうちに、「色川武大を励ます会」の案内が文壇の偉い人の連名で送られて来た…
という話を「唄えば天国ジャズソング」の文庫版解説に書いてたねw
で、頭に来た小林さんは「悪魔の下回り」で文学賞の選考委員をDisる事になるわけだが…

166吾輩は名無しである2012/08/28(火) 18:01:53.71
小林信彦って頭に血がのぼるとメチャクチャになっちゃうんだよ。
色川武大のみならず渥美清や立川談志に対しても相当辛辣。一方で気に入ると神様にしちゃう、
古今亭志ん朝なんかまさにそう。まあ熱い人なんでしょうよ、その血ののぼり具合が面白い。

167吾輩は名無しである2012/08/31(金) 04:22:11.59
『日本の喜劇人』の解説書いてるのが色川先生なんだよなぁ。
完成度の高さに同業者として悔しい思いをした…という趣旨のことを記述してるけど、
色川先生がこういった心情を吐露するのは本当に珍しい。

168吾輩は名無しである2012/09/03(月) 12:45:35.14
>>167
当然、小林信彦が指名して色川武大に書いてもらっているから、仲が悪いはずはない。
色川さんは人の文庫の解説で褒めちぎるのは結構あるよ。武田百合子の犬が星見たとか。

169吾輩は名無しである2012/09/07(金) 15:41:19.23
小説はあまり読まないけどエッセイとかたまに読む私ですが
吉行淳之介の対談本で何度か出てきて気になり読んだ。二十歳すぎごろ。
麻雀関係はルール覚えてから、といまだ読めてない。
孤独な人間はナルシストにならざるを得ない。でないと自殺してしまう。
みたいな言葉が印象に残ってます。
売ろうかと思ったけど10年ぶりに色々読み返してみよ。

170吾輩は名無しである2012/09/08(土) 08:15:34.79
>>168
小林信彦と井上ひさしに対しては、なかなか素直にスゴいとは言えない複雑な思いはあったように思う。
麻雀関係だと清水一行とかね。

171吾輩は名無しである2012/09/26(水) 12:55:47.43
武田百合子と大相撲を見に行って、大関や横綱が出てくる頃には
いねむり先生になっていたらしい。

172吾輩は名無しである2012/10/07(日) 07:59:46.03
中道昭平

173吾輩は名無しである2012/10/10(水) 06:06:21.45
何故かふ寂しいんだらう。己には如何にしてもその訳が分からない。唯寂しくて堪らないのだ。唯寂しいから酔はないのだ。

174吾輩は名無しである2012/10/12(金) 01:17:08.79
St. James Infirmary

175N ◆.a7VUr.VD. 2012/10/12(金) 01:24:28.81
近くにあるラーメン屋兼居酒屋にいったら、阿佐田哲也の文庫本が一冊
おいてあった。ラーメンを注文して、それ食いながら読んでいたら、ママさんに
「阿佐田哲也好きなんですか?私も大好きなんです〜」っていわれたな。
またそこにいこうかと思うんだけど、いく前に何か一冊阿佐田哲也を読んでから
いくとしたら、何がいいだろう?

176吾輩は名無しである2012/10/13(土) 07:36:28.45
>>175 食いたい放題

177あちゃらかぱいッ2012/10/15(月) 04:08:49.87
「ヘロヘロ伍一」
「浅草ゼロ年」

178吾輩は名無しである2012/10/15(月) 04:28:58.41
練馬の冷やしワンタンとか目白の生玉子が食ってみたかったw
現存するとこだと、荻窪のビストロと静岡の親子丼は行ってみたいな。

179N ◆.a7VUr.VD. 2012/10/16(火) 02:36:40.92
>>176->>177
おー、提示サンキュー。まずは「食いたい放題」かな。ラーメン屋兼居酒屋に
いくんだから。次に読むなら、「浅草ゼロ年」がよさそうだ。

180吾輩は名無しである2012/11/28(水) 01:22:19.95
前科十六犯
夢ぼん
ひとり博打

181ドサ健2012/12/13(木) 22:58:55.02
手前等にできることは長生きだけだ。
糞ォたれて我慢して生きてくんだ。
ざまァみやがれ、この生まれぞこない野郎

182吾輩は名無しである2012/12/14(金) 01:23:49.10
窓… 窓…

183吾輩は名無しである2012/12/14(金) 22:08:32.07
>>182
出目徳乙

184吾輩は名無しである2012/12/20(木) 21:54:17.07
米長邦雄氏の訃報で、芹沢博文氏の事が書かれた
「男の花道」を思い出した。
体を壊した芹沢氏に後輩の米長氏は断酒を進言して絶交されたとか。合掌。

185吾輩は名無しである2013/01/26(土) 05:19:30.21
狂人日記読み終わった。

自分の感受性が鈍いのか 太宰の人間失格のような 一度読んですぐに深みまでわかる というものではないみたいですね。

186吾輩は名無しである2013/01/26(土) 11:28:39.28
それこそ読み手の感覚だと思う。

報告書のような文体は読み手の感情移入を許さないところがあるから

187吾輩は名無しである2013/03/09(土) 08:28:37.60
test

188吾輩は名無しである2013/03/13(水) 13:45:22.00
うちの市の図書館で阿佐田哲也が何冊かヒットした
取りあえず以前はまだ読んでなかった(出てなかった)色川武大・阿佐田哲也エッセイズを3冊借りてきた
いやあ、やっぱりすごいねこの人。まだ放浪編しか読んでないが、なんだか随分気落ちが楽になったというか励まされたような気がする
ちなみにやはり故人となった田山幸憲のパチプロ日記も借りたけど、闘病記もある刊で泣けてくる

189吾輩は名無しである2013/03/18(月) 23:06:37.33
小説・麻雀新選組がブックオフにあったので購入
小島武夫について書いた「おおまらこまら」がいいね
内面にある不充足の塊の掘り下げ方がいつもながら深い

190吾輩は名無しである2013/03/19(火) 01:40:18.45
「狂人日記」を読んで感銘を受けたが、次には何読めばいい?
できたら麻雀小説以外で。

191吾輩は名無しである2013/03/19(火) 02:33:51.24
有名どころから読めばいいんじゃないかな
小説なら『百』、エッセイなら『うらおもて人生録』
どっちも新潮文庫から出てる

192吾輩は名無しである2013/03/19(火) 13:56:31.11
>>190
他の作品に狂人日記のテイストを求めると違和感あるかも知れない。

>>191さんがあげた作品に追加して『生家へ』もお勧めする

193吾輩は名無しである2013/03/19(火) 18:41:12.52
文庫の『百』の中の『連笑』や『永日』も捨てがたい
屈託がたまって色川テイスト満喫w

194吾輩は名無しである2013/03/19(火) 19:49:25.42
短編集『引越貧乏』もお奨めしたいけど、絶版なんだよなぁ

195吾輩は名無しである2013/03/19(火) 20:50:06.11
自分もそう思ってたんだけど絶版なんだ
じゃあ『怪しい来客簿』…ってこれじゃきりがないけど

196吾輩は名無しである2013/03/19(火) 21:05:29.31
『花のさかりは地下道で』もいいね。
軽妙だけど、凄みを感じる。

197吾輩は名無しである2013/03/20(水) 03:19:09.81
生前ってこの人、どれぐらい評価されてたの?

198吾輩は名無しである2013/03/20(水) 07:33:35.20
☆阿佐田哲也
  ↓
麻雀小説でカリスマ的な人気。
当人も「しばらくは阿佐田哲也君に頑張ってもらって」と書いていた様に
こっちで生活を支えていた。

☆色川武大
  ↓
中間小説で編集者や小説家仲間が絶賛。
コアな読者は存在するが売上はそこそこ。
田中小美昌をライバルと目していた。
ヒットばかり狙う現今の出版業界の状況では、色川さんの作風では
取り上げてもらうのは難しいのでは。
とかなんとか、村松具視さんが言ってた。

199吾輩は名無しである2013/03/21(木) 12:52:32.79
読めりゃ良いやとアマゾンで検索したら、1円のがいっぱいあったから取りあえず200円以下の色々買ったけど、本体1円で送料250円ってww
「百」なんか立派な単行本なのに5円しかしない
その他
離婚 1円
怪しい来客簿 5円
食いたい放題 121円
うらおもて人生録 100円(以上色川武大)
ギャンブル人生論 1円
怪しい交友録 1円
無芸大食大睡眠 195円(以上阿佐田哲也)

どういう訳か「宿六」という奥さんが書いた本が文庫と単行の両方家にあった
それと買ったはずのがないのは誰かに貸したままになってるんだな。今となってはもったいない

200吾輩は名無しである2013/03/21(木) 19:45:52.97
絶版が多いんだよね。

Amazonは猛烈に重宝なのだが
あんまり簡単に欲しいモノがさがせるので物足りない(わがまま)。
なるべく古書店で探すが、近隣のめぼしい店は
みんな買いつくしちゃった。入荷もほとんどない。
しかも品ぞろえの良かった一軒が先月閉店orz

神田では文庫は殆どゴミ扱いだし
…「恐婚」ホスイ。

201吾輩は名無しである2013/03/22(金) 09:52:08.72
「恐婚」は本当に見かけないな
『唄えば天国 ジャズソング』も名著だけど、絶版

202吾輩は名無しである2013/03/31(日) 08:37:22.85
しかしこの人の父親への思いというか観察というかを連綿と書き綴っているのは何が言いたかったのかね?
特に憎んでいるわけでもなく、もちろん尊敬してるわけでも慕っていたわけでもない。
ところでうちには「恐婚」あったぞ、文庫本が

203吾輩は名無しである2013/03/31(日) 19:12:29.26
何もせず、鬱屈を抱えて生きた姿が、そういう人物に対する視点の原点なんじゃないかな
自分の中にも同様のものが受け継がれてるので興味深く観察してる感じ
親子だけど仲間意識みたいなものがあったような気がする

204吾輩は名無しである2013/04/01(月) 11:40:35.06
>>203
>親子だけど仲間意識みたいなもの

確かにそれはあるかも
底流にはやはり愛情があるのか

205吾輩は名無しである2013/04/17(水) 19:13:12.98
頭の形が異形でという話、すでに20回ぐらい読んだぞ

206吾輩は名無しである2013/04/18(木) 20:35:08.08
星新一と、どちらの後頭部がより絶壁か競ったとか。
人前ではそうしてジョークにしていたが
同時にどうにもならないほどの内なる屈託が……

207吾輩は名無しである2013/04/23(火) 00:49:12.79
私小説は同じ話を何度も書くことに意味があるからな

208吾輩は名無しである2013/05/04(土) 13:55:50.15
アサダ二世 という芸人は腹違いの弟さん?

エッセイでよく書いていた弟さんとは別人?

そんな人がいてびっくりなんですが。

209吾輩は名無しである2013/05/04(土) 20:23:11.72
いや、あれは本人が腹違いと言っているだけと思われ。
実弟とは全くの別人。
芸名からしてアサダ「ニセ」のもじりだし。

210吾輩は名無しである2013/05/05(日) 21:46:54.51
離婚を読んだよ
恐婚はこれの続編なの?

211吾輩は名無しである2013/05/07(火) 02:25:48.09
そうだよ
引越し貧乏にもアナザーストーリー的な短編がのってる

212MOJO ◆wonaVoLdpg 2013/05/28(火) 15:00:14.73
このスレ、まだあったのか。
おれが立てて放置しておいたのだが・・・

213吾輩は名無しである2013/06/03(月) 20:43:13.28
「だが、スレが残っていて嬉しかったんじゃないのか ───」 ←色川風

214吾輩は名無しである2013/06/03(月) 20:54:00.26
虫喰いが出てくる話が好き

215MOJO ◆wonaVoLdpg 2013/06/06(木) 21:30:47.30
>>213
ああ、嬉しかったな。
これからも、ぽつりぽつりレスしてくれや。

216吾輩は名無しである2013/06/15(土) 22:13:12.25
伊集院静のいねむり先生がドラマ化されるそうだよ
先生役は西田敏行
http://ime.nu/www.oricon.co.jp/news/movie/2025608/full/

217吾輩は名無しである2013/06/15(土) 23:14:35.81
陽水が先生役なら見たのにな

218吾輩は名無しである2013/06/17(月) 16:29:56.13
写真見る限りでは結構似てるな

219吾輩は名無しである2013/09/15(日) 22:01:55.74
結構、面白い

220吾輩は名無しである2013/09/15(日) 23:12:04.92
西田敏行が結構良かった

221吾輩は名無しである2013/09/15(日) 23:16:48.60
腹とサスペンダーが似てた

222吾輩は名無しである2013/09/16(月) 07:54:38.40
いつもの騒がしい芝居じゃなくて抑え気味なのが良かった

223吾輩は名無しである2013/09/17(火) 19:31:05.07
つーか原作どおりのドラマだったの?
色川先生があんな陳腐なセリフはくかね…

224吾輩は名無しである2013/09/17(火) 23:31:17.27
>>223
最後の説教はほぼないよ

225吾輩は名無しである2013/09/27(金) 05:42:34.78
原作読んでないけどおもしろかったよ
ED曲の眠りに誘われもマッチしてていいな
用水の曲なんか知らんからこのドラマのために作った曲かと思ったわ

226吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:32:07.91
伊集院の原作はもう少しねちこい。いろいろな意味で。
だからコクのある挿話もたくさんあるが、無駄な話もある。
真面目に書いた小説作品だったよ。まあ良かった。
阿佐田も色川も、どれもいいけど、繰り返して読み返すのは
「うらおもて人生録」かなあ。読み手への愛情が溢れてて気持ちいい。

227吾輩は名無しである2013/10/06(日) 11:25:11.35
ナルコレプシーで知られた作家。突然眠り込んだ逸話が多数。

が、ついにナルコレプシーの発症メカニズム解明、
脳内視床下部で作られるオレキシンの不足が原因とわかった。
睡眠、覚醒、摂食等の生命活動の基盤に関わるオレキシンを発見した
柳沢正史氏はノーベル賞候補。
いま色川武大氏が存命だったらマスコミが集中したんだろうな。

228吾輩は名無しである2013/10/24(木) 21:15:17.40
古今亭志ん朝の旧宅、色川氏の実家のすぐそばだったのね
さらにそのハス前が峯竜太宅って矢来町有名人大杉だろ

229吾輩は名無しである2013/11/03(日) 09:33:51.51
いろかわたけひろがMacでも一発変換されるようになりました、先生。

230吾輩は名無しである2013/12/11(水) 14:15:59.86
近所の古本屋で引っ越し貧乏ゲット。
語り口はいつもの飄々とした色川節なんだけど、
50を過ぎてご自分の晩年とか死にたいする感慨が語られていて
興味深い。先生は先は長くないと覚悟していたのかなあ・・・

231吾輩は名無しである2013/12/21(土) 22:13:39.19
遊び人だった若い時分の仲間も次々と早逝してたらしい
不摂生が歩いてるようなもんだから短命なのが当然と思ってたでしょ
ナルコレプシー発症後は特にね

232吾輩は名無しである2013/12/22(日) 14:16:07.09
親父さんは長命なのに
もうちょっと長生きしてほしかった

233吾輩は名無しである2014/01/09(木) 15:20:39.62
色川名義だったか阿佐田名義だったかも定かではないですが、
自分のルーツを求めて誰かバクチ仲間と一緒に和歌山(三重?)の色川を訪ねたエッセイがあったと思うのですが、
題名や、どの本に収録されているかなど、どなたか御存じないでしょうか?

234吾輩は名無しである2014/01/09(木) 22:03:37.27
引越し貧乏を読めば幸せになれる予感がする

235吾輩は名無しである2014/01/10(金) 08:20:47.90
その中の暴飲暴食だな―――

236吾輩は名無しである2014/01/10(金) 10:41:25.80
>>234
>>235
!有難うございます
福武書店から出てる全集や井上志摩夫名義の本を探してますが、古本屋では殆ど見かけないですね
どうしてもネット頼りになってしまう・・・

歳を重ねるにつれて阿佐田より色川の本を手に取るようになってきますね

237吾輩は名無しである2014/01/12(日) 10:45:35.76
>>233
『ばれてもともと』中にも別の色川探訪記がありますね

238吾輩は名無しである2014/01/12(日) 17:01:43.32
「なぜ別れたのか」が好きだ

239吾輩は名無しである2014/01/18(土) 13:01:39.60
うらおもて〜の野良猫の兄弟の話が好きだ

240吾輩は名無しである2014/01/25(土) 12:12:03.03
なつかしい芸人たち が一番好きだ
今では歴史になってしまった人や歴史に埋もれてしまった人が
この人ならではの視点で語られれて興味が尽きない

241吾輩は名無しである2014/01/29(水) 12:20:11.88
奥さんの書いた『宿六 色川武大』を漸く読んだ
思ったよりひどい旦那さんだね
内面(うちづら)と外面はやっぱり違うものなんだな
でも奥さんをずっと頼りにしてたのがよく分かった

242吾輩は名無しである2014/01/30(木) 16:09:35.28
中島らもの奥さんの書いた本も、
ファンのらも像にヒビがはいるような内容だったです。
まあ、しょうがないんだな。
だからって、見た目のよい部分がうそっぱちとは言えないんじゃないかなとも思う。

243吾輩は名無しである2014/01/31(金) 14:12:38.00
>>242
あれもひどかったねw
わかぎえふに対しての好感が地に落ちたわ
高橋和巳との生活を書いた高橋たか子の本も、所々にギョっとする表現があった
勿論良い部分が嘘だとは思わないよ

244吾輩は名無しである2014/02/01(土) 05:40:51.42
そういうもんなんだなあ。

作家じゃないけど、長嶋茂雄だって、
イメージとしては天然で「どうもー」の人ってことになってるけど、
例えばお抱え運転手とかへの人あたりひとつとっても、
かなりの傍若無人、暴君ぶりらしいし。
人前で求められてるイメージを演じるストレスは相当のものなんだろうね。

245吾輩は名無しである2014/02/01(土) 06:57:35.01
奥さんが美人すぎる、色川氏は羨ましいな

246吾輩は名無しである2014/02/04(火) 05:11:13.50
長嶋家については、本当の実態を書いてしまったら国民における長嶋像が崩壊してしまうから、
どのマスコミも本当のことを書けない、と聞いたことがある。

247吾輩は名無しである2014/02/04(火) 22:20:40.41
渥美清も、寅さんと自分とのギャップに悩んでたね

奥さんの本を読んで思ったんだけど、一関には結局は住みたくなかったのかね
山や自然が怖いとか言ってる人だし、やはりゴミゴミとした都会の方が性に合っていたんだろうか

248吾輩は名無しである2014/02/05(水) 04:07:04.43
談志も奥さんの本をボロクソに書いてたね(笑)

しかし 美人すぎるよ

249吾輩は名無しである2014/02/05(水) 07:06:55.15
談志は色川のシンパだからね
だが、奥さんから見れば談志も亭主の命を削った取り巻きの一人に過ぎない
談志自身も「自分も含めた取り巻きが色川の兄さんをコロした」と書いてたっけ

250吾輩は名無しである2014/02/05(水) 17:16:51.98
奥さんの写真(若いころの)って見れるところあるの?

251吾輩は名無しである2014/02/05(水) 18:37:26.76
子作りはしてたの?

252吾輩は名無しである2014/02/06(木) 10:54:57.37
五十歳記念を読め

253吾輩は名無しである2014/02/08(土) 01:52:58.48
ご飯が余ったからカレーをかけてくれ、今度はカレーが余った、ご飯を足してくれってw
パタリロが言いそうなセリフだわ。

254吾輩は名無しである2014/02/14(金) 10:11:38.66
奥さんの本、別に色川氏のイメージを壊す類いのものじゃなかったよ。
普通に面白かった。

255吾輩は名無しである2014/02/26(水) 01:18:50.91
なんで こんな魅力的なんだろう 色さんは

256吾輩は名無しである2014/02/26(水) 08:07:27.24
作品は読んでないが、スレを読んでて荷風の模倣者だと思ったが。

257吾輩は名無しである2014/02/26(水) 11:37:47.53
色川は漱石をやりたかったんだよ
つーか作品読んでみて欲しい

258吾輩は名無しである2014/02/27(木) 01:18:29.85
全集を 電子版もあわせて復刊して欲しい。

259吾輩は名無しである2014/02/27(木) 11:40:03.77
全集は一冊ずつ地道に集めてる。まだ1,3,6,15しか持っていないが・・・
将来的には安価で電子版で買えるようになるんだろうなあ
怪しい来客簿の筆致がなんともいえず良いね

260吾輩は名無しである2014/02/27(木) 13:26:36.99
食エッセイで、桜が嫌いと書いてありましたが、
その理由については、別の作品で触れていますか?
桜餅ムシャムシャ食べそうなイメージあるのに。

261吾輩は名無しである2014/02/27(木) 22:17:24.79
そもそも八方美人タイプは信用されず、嫌われるのが普通だがな。
職場で俺の知っていたその典型みたいな男は、責任を回避するばかりのつまらん奴だった。
なぜ、色川は慕われていたのかな。
子供のいたずらを見守る大人の心を持っていたんだろうが、もう少し長生きしてほしかった。

262吾輩は名無しである2014/02/28(金) 17:34:40.18
八方美人てのは、四方八方にいい顔をして
他人に好かれよう、あるいは嫌われまいとする
色川武大のばやいは、人が勝手に寄ってくる
寄ってこられると、ついつい良い顔しちゃう
つまり、プロセスがまるっきり逆なのでは?

263吾輩は名無しである2014/03/02(日) 14:19:51.47
「拝啓 色川先生」
NHK BSプレミアム
3月2日(日)午後10時〜11時
だそうですよ。

264吾輩は名無しである2014/03/02(日) 14:35:37.36
最近どうしたの
ドラマを連続で放送するだなんて

265吾輩は名無しである2014/03/03(月) 12:00:03.83
ドラマ良かった。
幻覚にうなされている先生の様子を見に行くシーンとか、
素晴らしい映像表現。

というか、色川スレ立ててくれた人がいたのね。
頭から読んだけど、興味深いことが書き込まれていて面白かった。
テレ朝のドラマは見逃してしまったのだが、わざわざネットのツタヤの会員になってDVD借りるほどの価値はあるのかな?
伊集院さんの原作はAmazonで注文した。

266吾輩は名無しである2014/03/09(日) 00:36:34.09
チキショードラマ見れなかった!
再放送やってよ

267吾輩は名無しである2014/03/09(日) 00:41:39.65
おばあさんが目的地のことだけを一心に考え
歩いているのが怖い
都電が顔みたいで怖い
伊吹山が怖い

独特だよね。全部怪しい来客簿だっけ
一番面白い本

268吾輩は名無しである2014/03/16(日) 11:12:16.01
あつあつのできたて姐チャン

269吾輩は名無しである2014/03/19(水) 15:12:04.17
豆カン

270吾輩は名無しである2014/03/20(木) 09:04:55.29
新潮社の近くの実家ってまだあるんだろうか?
あるなら4月に上京するので是非見に行きたい

271吾輩は名無しである2014/03/21(金) 13:16:57.06
グーグルアースで該当住所を検索すると
鉄筋コンクリートの建物が建っている
少なくとも当時の物ではなさそう

272吾輩は名無しである2014/03/21(金) 13:24:00.62
俺のグーグルアース

273吾輩は名無しである2014/03/21(金) 20:51:45.88
一年くらい前に見に行ったが
そのとき既に鉄骨の建物だった
表札もなかった
ただ、庭に穴がいくつかあいていて
これはあの穴なのか…と

274吾輩は名無しである2014/03/21(金) 21:57:03.20
>>271,273
そうなんすか、それは残念
新潮社のま裏でいいんですよね?
何の穴?

275吾輩は名無しである2014/03/22(土) 08:38:52.96
父親が防空壕だと言って掘った穴
その辺は「穴」・「生家へ」に詳しい

276吾輩は名無しである2014/03/23(日) 23:53:21.87
怪しい来客簿
MJQの話が印象に残ってる。前半の東京大空襲で黒焦げになってるから
余計に引き立つ話になってる。

MJQ聴く度に怪しい来客簿を思い出す。

277吾輩は名無しである2014/03/25(火) 15:19:50.52
具体と観念の話は面白かったな
親父さんのいてもたってもいられなくてやりまくった穴掘り、
前衛芸術みたいだな(笑)

278吾輩は名無しである2014/04/26(土) 22:42:49.01
裏表人生禄

279吾輩は名無しである2014/04/26(土) 22:46:29.54
>>233
いずれ我が身も 色川名義

雑木の美しさ

280吾輩は名無しである2014/06/09(月) 02:47:54.20
色川さんは俺にとって特別な作家だ。
だから迷った時は色川さんのお墓に参る。
供えるのは線香ではなくタバコだけど...

281吾輩は名無しである2014/06/13(金) 20:06:02.79
色川武大はチェリーを吸っていたらしいが
あれって、紙くさくて不味くないか?
おれは、今は、タバコを吸わないが
喫煙者の頃は、セブンスターを2〜3箱/日、吸ってたいた。

282吾輩は名無しである2014/06/14(土) 06:06:21.18
ブンタ吸う奴ガキ

2832802014/06/16(月) 12:30:15.32
↑いいんじゃねえの、べつにセブンスターだってよ。
俺はKENTだがw
チェリーが好きだった有名人は多いねえ。
俺は世代的に吸ったことない。美味かったってうちのオヤジは言うね。

284吾輩は名無しである2014/06/18(水) 20:36:01.46
新潮社の裏手の、あの「生家」はどうなってるのかな?
おれは、住所を調べて見に行ったことがある。
もう15〜6年もまえのことだが、平屋建てのそっくり同じ家が二軒建っていて、
片方に、例の親父さんの名前の表札が付いてた。
もう片方に、あの弟さんが住んでるんかな、なんて思った。
庭には、濃紺のマークUが停まっていた。
他に家を探しあ見に行った作家は、吉行淳之介と田中小実昌だな。
色川含めて、この三人はおれにとって、特別な作家。
この三人は、兄弟のような気がするんよ。
長兄が吉行で、次男が色川。
小実昌は末っ子て感じ。

2852802014/06/22(日) 22:02:55.69
>>284
俺も吉行さんは好きだな。
色川さんと同じ毀れそうなくらい繊細な神経の鋭敏さ、
その揺り戻しの他者への心遣いの細やかさ・深さを感じられる。
作家あまたいる中で同じ種族の臭いがするよ。

どちらも華やかな社交好きに見られてるけど、
あんなに周りに気を遣ってたら疲れるだろ、って思うよw

286吾輩は名無しである2014/06/23(月) 10:35:15.20
>>285
女性編集者の目がハートになっていたらしいですね。

2872802014/06/23(月) 11:45:11.37
スレ違いだけど...ちょっとだけ長文スマソ。

いま吉行さんの「私の文学放浪」を読み返してる。
作家・高見順について吉行さんは、自分とまったく同じ神経を感じて大好きなのに会うと疲れる。
高見さんも同様のことを感じていて、さらに吉行さんの思いを分かっていて心遣いしてくれる。
だからお互い気を遣い過ぎて長年のおつきあいなのに一枚皮膜がかかったような感じだった、と書いてる。
臨終の席に立ち会ったりしてるんだけどね、高見さんの。(吉行さんは衰えた姿を見るのは失礼にあたると避けてたみたいだけど...)

これ、吉行さんと色川さんも同じ気がするのね。
ちなみに...吉行さんと村上春樹の関係もね。
群像新人賞選考委員を吉行さんがやっていて選んだのが村上春樹「風の歌を聴け」。
吉行さんがBarに誘って連れて行ったことは村上がエッセイに書いてる。
じつはよく読むとこの二人似てる。春樹は好きな作家で吉行さんを挙げてるね。

288吾輩は名無しである2014/06/27(金) 13:22:30.33
宿六・色川武大を読みました
面白いお話なんだけども、悲しくなってくる

289吾輩は名無しである2014/06/27(金) 19:51:39.56
奥様の書いた本ね...すげー前に読んだから記憶が薄いけど...
なんというか、ちょっと色川さんが可哀想に感じたかな。

290吾輩は名無しである2014/06/27(金) 20:02:13.92
また脱線しちゃうけど...
作家について関係する女性が書いた本てのはなんか好きでは無い。
妻・愛人の場合は被害者視点で愚痴が書いてある、娘の場合はベタつく、ことが多いように思うので。

読んでないけど...安部公房について書いた女優・山口果林はヒドいと思ったな。
没後20年近くも経って、今さら自分の若い頃のヌード写真入りの本で
愛人関係書かなくてもいいだろw
女ってのは神経の回路がまったく違うんだなと思うわ。

291吾輩は名無しである2014/06/27(金) 20:55:44.71
>>290
ああ、そういうことなら武田泰淳の妻、武田百合子の富士日記、犬が星見た―ロシア旅行を読めば良い
色川もその散文をべた褒めしている(犬が星見たの方では解説文もある)

292吾輩は名無しである2014/06/27(金) 21:02:07.85
富士日記は読んだよ。いいねw
武田百合子は別格の良ささw

293吾輩は名無しである2014/06/27(金) 21:03:33.88
ちなみに武田百合子は神田のランボオ時代に
吉行に口説かれてるw
武田泰淳の勝ちだったわけだw

294吾輩は名無しである2014/06/28(土) 07:35:23.88
口説き方の熱心さが分からないと比較できん。

山口果林の迫力ヌードを見てたから、安部公房も枯りんかったw
スケベのまま死にましたw

295吾輩は名無しである2014/06/28(土) 21:32:01.10
>>294
ま、そーだなw確か吉行の当時の市ヶ谷の自宅へ連れていこうとして
路上で土下座したんじゃなかったかな?www
連れの庄野潤三だったか?が呆れたというw

スレ違いはここまでw色川さんネタに戻ろうかね。

296吾輩は名無しである2014/06/29(日) 01:09:04.60
>>295
路上で土下座して「一回で良いからやらせて!」なら、
ふられて当然だろ。
武田泰淳は本当の悪人だ。
そこに、百合子はひかれた。

297吾輩は名無しである2014/06/29(日) 12:13:20.31
>>296
ひどいことしてるからね、武田百合子にも泰淳は。
まあ、もうこのネタはいいでしょ。色川スレだし。
戻さないとスレ住人に申しわけ無い。
つか、過疎ってるし誰もいないかな?www

298吾輩は名無しである2014/06/29(日) 15:13:37.35
武田泰淳は
色川を見出した一人であるから極端なスレチとは言えないだろう
そう言い始めると何でもありになってしまうが…

299吾輩は名無しである2014/06/29(日) 23:56:10.05
んじゃもう一個だけ書こうかw
吉行のエッセイに書いてあるんだが...
上のネタと別の話として、酔ってランボオを出た後、そこで働く女と歩きながら
いいムードになってキスしたらベロベロに酔ってたせいで鼻の穴にキスしちまって
殴られた、てエピソードがでてくるw

相手が特定できるようには書いてないんだが...武田百合子かもしれんね。
当時のランボオに何人か女が働いてたうちの一人かもしれんがわからんなあ。

泰淳没後もやりとりはあったみたいだけどな。武田百合子に誘われてパーティに出たり。
文壇ゴシップネタでスマソ。

300吾輩は名無しである2014/07/01(火) 17:58:59.31
このスレ立てた者だが、
おれも吉行は大好き。
『不意の出来事』とか、たまらんw
吉行スレはないから、ここで大いに語ろうではないか。
泰淳は『富士』しか読んでないからよく知らん。

301吾輩は名無しである2014/07/01(火) 23:25:56.55
>>300
いいかねwま、スレ立て1さんがいいならちょっと吉行話もいいか。
なんで吉行スレが無いのか不思議だ...小島信夫スレはあるのにねえ。

吉行さん、タイトルの付け方が抜群に上手いと思うんだよねえ。
わりと固めの漢字を意識的にゴロッと使う「技巧的生活」「人工水晶体」。
柔らかめのひらがなの「すれすれ」「なんのせいか」とかね。
「砂の上の植物群」(これはクレーの絵から取ってるが)とか「街角の煙草屋までの旅」
「街の底で」もいいな。
小説内でもときたまハッとさせるような鮮烈なイメージが出てくる。映像的つってもいいんかな?
生々しいイメージの喚起力...これ、吉行さんが詩から文学生活を始めたことと
無縁ではないと思ってるんだがねえ。

302吾輩は名無しである2014/07/01(火) 23:43:58.26
そーゆー点では色川さんも持病のナルコレブシーのせいかw
幻覚みたいなイメージは出てくるね。
なんだっけなー、尻の穴から槍を突き刺されるとかw「怪しい来客簿」だったっけ?

吉行さんの場合はかなり身体的/生理的な感覚から出てくるイメージって気はするけどもね。

303吾輩は名無しである2014/07/02(水) 08:05:24.68
吉行を女性嫌悪思想の持ち主とする人が奥本大三郎とか
上野千鶴子とか、いるが、間違ってるのではないか?
吉行があまりに女にもて過ぎて、彼女らを鬱陶しく思う
からでは?
思想という程の根深さはないと思うが。

304吾輩は名無しである2014/07/02(水) 14:17:11.78
どうなんだろかね。
吉行さんは「女を描こうと思っていない、というか結局分からないし男の自分に書けるわけが無い」
とエッセイでは断言してるみたいだけど。

よく吉行さんは「女」ではなくて「人間関係」を描いてるって言われるみたいだけど、
本人は「人間関係ではなくて、関係人間」って冗談で言ってたw
吉行さん風に言うと感じのある言い方だw結局、女との関係を道具立てに自分の内面深くに
ダイブしていく感じかねえ?吉行さんの文章読んでるとやたらロジカルで自分の心理を解析してるんだよなw
だからどんなに性描写が続いても不潔な感じがしないw関係における人間(他人のまして女の内面なぞ分からない)
の諸相...だから「関係人間」と言い換えたのかなと。
徹底したニヒリズムが最深部の底にありそうな気はするのよ。これは、色川さんもだけど。

永井荷風はなに書いても「風景」になっちゃうね。それも大好きw
荷風も女性嫌い・女性蔑視と言われるけど、じゃ女性作家が男性蔑視してねーのかよとw
蔑視しあって欲望まみれで分かり合えない醜いエゴの塊同士でくっついたり離れたりしてんだからさw

作家について女性嫌悪とか言ってる時点で上野千鶴子とか底が浅いよなと思う、
人間や文学の見方がw立場的に言わなきゃいられないんだろうがね。

305吾輩は名無しである2014/07/02(水) 19:07:12.80
吉行が自分の事を「関係人間」と、言ってたそうだが、
花田清輝の「群論ーガロア」を吉行は読んでたかも。
それの結語は「緑色の毒蛇の皮のついている小さな
ナイフを魔女から貰わなくてもすでに魂は関係それ
自身になり、肉体は物それ自身になり、心臓は犬に
くれてやった私ではないか。(否、もはや「私」と
いう「人間」はいないのである。)」。

吉行は、花田が『砂の上の植物群』に言及したことを
とても喜んでいたらしい。

306吾輩は名無しである2014/07/02(水) 21:20:26.38
「砂の上の植物群」はいいねえ。
昭和38〜39年の連載だったかな。俺の生まれる前にあれ書いてるんだよなあ。
吉行さんの年齢は昭和プラス1才だから39〜40才の作か。(三島は昭和の年号そのままだねw)
脂がのりきってるんじゃない?当時はショッキングだったろうねえ、あの内容は。表面的には性倒錯の話が目立つし。
吉行さんには珍しくわりと正面きって父親のこと書いてるんだけど、いろいろ深掘りしたくなるテキストではある。
作品の構想メモは作らないって公言してる人だけど(後期は簡単なメモを手帳に書いてたらしいが)
あの構成は練ってる感じするけどな。作者が何度も顔出してきて説明したりするあたりも技巧的。

307吾輩は名無しである2014/07/03(木) 00:51:49.18
こんなのそんなの、みんなご破算でぶちゃっちまっていいもんだわさ、くだらねえw

308吾輩は名無しである2014/07/03(木) 00:59:16.13
低脳作家が自分のくだらねえ小説を大変な名作だと臆面も無く言うために読んでる三文作家連中さ。アホくさw

309吾輩は名無しである2014/07/03(木) 01:05:53.62
このバカスレも柄谷製。ホント癌だよな。早く死ね。グズグズしてんな。

310吾輩は名無しである2014/07/03(木) 01:25:58.98
↑なんか欲求不満なのか?気の毒に...とりあえずバイトには行けよw

311吾輩は名無しである2014/07/03(木) 01:31:20.86
あと言っとくと、方言で怒ると田舎者臭くて馬鹿にされるから気をつけてねw

312吾輩は名無しである2014/07/03(木) 01:59:01.80
低脳作家島田乙w

313吾輩は名無しである2014/07/15(火) 20:34:07.66
島田は、吉行がどうしても首を縦に振らず、芥川賞を取れなかったからな。
しかし、吉行はどうして島田を認めなかったのかな?
おれは、島田の初期作品は「優しいサヨク〜」しか読んでないが、全然面白くなかった記憶がある。

314吾輩は名無しである2014/07/16(水) 04:47:28.20
吉本の政治的意図によって誉められた『さようなら、ギャング達』と、
『優しいサヨク』は、語感的に被るものがある。
内容のセンチメントも似ているのでは?
多分、高橋源一郎や吉本への嫌悪が吉行には、あったのではないかな?
無論、島田は吉行の視界に入らないくらいの小物にしか見えなかった。
俺は両方とも読んでないがね。
高橋のは粗筋を見たが、見るからに面白くなさそうで、これは高橋が
失語症からのリハビリのために書いた小説だったらしいではないか。

315吾輩は名無しである2014/07/19(土) 17:38:34.06
『さよなら、ギャング達』は、図書館から借りてきて読もうとしたが、
「中島みゆきソングブックがどーたあーたら」なんてフレーズが出てきた時点でギブアップ。
おれは、ヨシユキストだが、吉行が『さよなら〜』を嫌っていたのは知らなかった。
『優しいサヨク』含め、父親がダダイストであったことと関係してるのかな。

316吾輩は名無しである2014/07/23(水) 09:05:50.48
さよなら〜は誰がどー言おうと
あの時代を代表する大傑作だよ

317吾輩は名無しである2014/07/23(水) 18:29:17.61
「時代」に括られては駄目でしょ。
色川や吉行の作品は、いつの時代でも通用する。

318吾輩は名無しである2014/08/14(木) 12:34:19.71
★2ch勢いランキングサイトリスト★

☆ +ニュース板
・ 2NN
・ 2chTimes
☆ +ニュース板新着
・ 2NN新着
・ Headline BBY
・ Unker
☆ +ニュース板他
・ Desktop2ch
・ 記者別一覧
☆ 全板
・ 全板縦断勢いランキング
・ スレッドランキング総合ランキング
☆ 実況板
・ 2勢
・ READ2CH
・ i-ikioi

※ 要サイト名検索

319吾輩は名無しである2014/08/19(火) 17:05:59.15
狂人日記の「死ぬより他に道は無しだ」って一文がすごい衝撃だった
20年前に読んだきりだが、いまだに頭にこびりついてる。

320吾輩は名無しである2014/09/24(水) 14:53:01.02
全集買って呼んでる。心が救われる文章があって、楽しみながら読んでる。

321吾輩は名無しである2014/09/24(水) 15:25:22.99
全集揃えようと思ったが、高くてなあ
4,5冊だけ持ってる

322吾輩は名無しである2014/09/25(木) 12:43:51.82
>>321
高いけど、買って良かったです^_^

323吾輩は名無しである2014/10/05(日) 05:04:33.21
全集、せめて電子化してくれんかな

324吾輩は名無しである2014/10/27(月) 02:51:32.08
何十年も前、自分がまだ若く、遊び回っていた頃、知り合った女の家にあった本が「花のさかりは地下道で」だった。
本なんか全く縁がない暮らしだったけど、タイトルが気になって借りて読んだ思い出がある。

自分にとっては内容共々、ほろ苦い思い出の本。

325吾輩は名無しである2014/12/23(火) 19:00:16.41
最近、吉行スレが上の方にきてるから、
こっちも支援age。
読者が被ってると思うのはおれだけだろうか?

326吾輩は名無しである2014/12/23(火) 19:28:30.22
うん、こんなつまらない素材でつまらないレスしてるのは名無し紙本ひとりだけw

327吾輩は名無しである2014/12/23(火) 21:18:32.03
ワンアンドオンリー、とは、色川武大のための言葉だな
比類なき、とか、唯一の、とかさ
『雀』とか、背筋が凍るぜ

328吾輩は名無しである2014/12/31(水) 23:32:16.70
芸人譚もかなり書いているけど
若い頃浅草さまよってリアルタイムで見たとか言ってる芸人話の8割方は嘘だろうな

329至高の狐高文学者 筆まめ先生2014/12/31(水) 23:44:52.74
マージャン放浪記はいいけど。
ばくちは運の文学理論とか司書ならくわしいべ。

330吾輩は名無しである2015/01/06(火) 19:56:33.87
最近読み始めた

彼の世界が堪らないです

331吾輩は名無しである2015/01/11(日) 08:57:20.29
久しぶりに麻雀放浪記読んだらハマッてしまった 恐るべし

332吾輩は名無しである2015/03/03(火) 15:41:48.37
「どん底というのは、台風の眼に入ったように静かな状態だ」みたいな言葉が好きだったんだが、がどこにあったかわからなくなってしまった。うらおもて人生録?

333吾輩は名無しである2015/03/04(水) 19:20:44.52
>>332
そうだね

334吾輩は名無しである2015/03/09(月) 15:22:16.73
新刊でますね

335吾輩は名無しである2015/03/29(日) 06:27:31.32
◆友は野末に―九つの短篇―
 色川武大/著
 2015年03月31日発売/2,160円

奇病、幻視、劣等感、孤絶、放蕩、芸能好き、人恋しさ、人嫌い――無頼と称さ
れ、無比に優しい人とも呼ばれた作家が遺した、魂をさらけ出す私小説名品集。
強靭で、懐の深い文章が紡ぎ出す、あざやかな人物造形と生々しい心象の数々。
立川談志、嵐山光三郎との対談と、夫人へのインタビューを附す。全篇単行本初
収録。

336 【中吉】 2015/04/01(水) 21:04:34.74
文庫になるまで待ちます

337吾輩は名無しである2015/04/08(水) 11:52:41.56
> 文庫になるまで
どんくらい掛かるのかな

338吾輩は名無しである2015/04/22(水) 07:16:24.35
『怪しい来客簿』に
「山が怖い」って書いてあるけど、
どういう感覚なんだろうな。

339吾輩は名無しである2015/04/25(土) 22:03:48.40
山が立ち上がって合体ロボ的な

340吾輩は名無しである2015/05/12(火) 21:59:37.09
山なんてのは周囲の運をひとりで吸い取ってふくれ上がっているバケモノ、ああキモイわ
―――ということなんでは?

341吾輩は名無しである2015/06/27(土) 03:43:11.22
沢木耕太郎の新刊のモチーフが色川武大?

342吾輩は名無しである2015/07/18(土) 13:29:02.81
伊集院の二番煎じかw

343吾輩は名無しである2015/07/28(火) 21:23:45.11
去年狂人日記を読んで衝撃を受けどっぷりハマりました
以来それまで大好きだった作家にすら少し物足りなさを感じるようになったのが悩み

チラ裏失礼しました

344吾輩は名無しである2015/08/11(火) 18:35:46.89
下がりすぎだろ。
ageるぞ。。。

345吾輩は名無しである2015/08/19(水) 16:01:29.99
ageても下がるな。
何故?

346吾輩は名無しである2015/08/19(水) 16:02:35.79
age

347吾輩は名無しである2015/08/24(月) 17:18:50.51

348 【大吉】 2015/09/01(火) 21:14:41.79
久しく読まなかったが―――
ひとたび読み始めると、怪しい来客簿、花のさかりは地下道で、喰いたい放題、無芸大食大睡眠(阿佐田哲也名義だが)
と、立て続けに。
この人の文章はしびれるように中毒する。

349吾輩は名無しである2015/09/03(木) 18:17:32.98
>>348
だねえ。
俺は何度も文庫を手放しちゃ買い直してる。
どうせ読みたくなるんだから今は常備してるよw

350吾輩は名無しである2015/09/05(土) 19:13:56.75
麻雀放浪記の坊や哲って色川本人がモデルじゃなくて自分がモデルだって言ってる小島武夫翁w

351吾輩は名無しである2015/12/07(月) 11:58:25.52
何故、この人を語るやつが、少ないのか。
阿佐田名義とは、違う深み、切なさ、
を俺は感じるのだが。

352吾輩は名無しである2015/12/07(月) 15:45:41.83
色川さんは阿佐田哲也・名義のエンターテイメントで
評価されたし、結局、色川武大・名義でも
大衆文学に与えられる直木賞を貰ったけど、
本来は新潮社の新人賞を獲った純文学の人。

晩年は純文学一本で勝負する意思表示として
色川武大・名義で書いてた。
「狂人日記」は強烈な作品だよな。
最後の作品に相応しい凄味のある純文学の傑作だよ。

353吾輩は名無しである2015/12/07(月) 17:11:55.09
新潮社、ちゃうで、
中央公論新人賞やで。
『黒い布』やで〜。。。

354吾輩は名無しである2015/12/09(水) 17:14:47.23
純文学作家として歴史に残るべきだと思う。
過小評価されてると思う。

355吾輩は名無しである2015/12/09(水) 18:52:01.52
阿佐田哲也と麻雀放浪記の
イメージが強過ぎるんだよ。
直木賞とっちゃったしな。

本来、色川さんはとてもシリアスな
作家だと思う。

356吾輩は名無しである2015/12/10(木) 11:08:42.37
野坂昭如 タヒんだか
戦後無頼派がまたひとり・・・

357吾輩は名無しである2015/12/10(木) 11:34:18.79
もう闇市の時代を知る作家は
居なくなったんじゃないか?

いま、映画監督の今村昌平の本を読んでるんだが、
彼の価値観を育てたのは新宿・池袋の闇市
での体験だったことが分かる。

全ての価値観が崩壊してなんでもあり、な
人間のナマな欲望が解放されたムチャクチャな
カオス……
そういう時代を潜り抜けて来た奴らには
敵わないよ。いつ死ぬか分からない戦中と
焼け野原のアナーキーな戦後闇市時代。

色川さんも野坂も今村昌平も
みんな体験してしたたかに生き抜いて来たんだもんな。

いまはそんな作家居ないしな。
残された作品を読むしかない。

358吾輩は名無しである2015/12/10(木) 19:47:17.87
空襲体験てのは強烈だろうな。
黒焦げの焼死体群の中を、自分も一瞬後にはこうなるかもしれないと
恐怖しながら焼夷弾や火炎風から無我夢中で逃げ回るんだからな。
焼夷弾や火災それ自体も怖いけど、なにより手の届かない上空から
殺る気マンマンの連中が爆弾落としているという事実が一番怖い。
人が自分を本気で殺しにかかってきたという体験は、例え運よく生き延びても、
これはキツイ。
浅草のひとたちがヒステリーおこしたりして、みな戦争のプレッシャーにたいして
自己流のやりかたで対応しようとしているって描写もリアルだったなあ。

359吾輩は名無しである2015/12/10(木) 21:05:09.22
同じ、空襲体験でも、4〜5歳年上の、吉行淳之介、になると、おもむきが違ってくる。
吉行は、『焔の中』で、家から逃げる時、ドビュッシーのレコードを、持って出るか否かで、
一瞬迷った、という。
結局は、レコードは、置いたまま逃げて、家屋は丸焼け。
空襲が終わったあとの、ある種の開放感が、印象的。

360吾輩は名無しである2015/12/10(木) 22:25:32.81
吉行や三島は世代がちょい上だからね。
高校生→大学生の辺りで徴兵されて
即日帰郷になったりして偶然生き延びた。

あれ、強烈な体験だと思うよ。
空襲を逃げ惑うだけでなくて、
国家に「死ね」と強要されて共同体も
相互監視状態だから逃げられない。

仲間は死んでいく。自分は運良く生き延びた。
極限の緊張状態から敗戦の弛緩・空白状態→
価値観崩壊の空虚な空騒ぎとしての民主主義の
自由が来る。

虚脱感と手の平を返すように浮かれる
日本人を虚無的に眺めるしかなかったんじゃないかね。
右翼にせよ、左翼にせよ、思想やイデオロギーに
しがみ付いてる奴らは馬鹿に見えただろう。
ま、俺はだから第一次戦後派は嫌いなんだがw
右から左へ鞍替えしただけだからなw
梅崎春生を除く、がね。

吉行と三島は表面上、およそ対極にある作家だが
この戦争体験の傷から逃れられない「ニヒリズム」
とともに戦後を歩き出した点で同根だと見ている。

361吾輩は名無しである2015/12/10(木) 22:38:06.31
野坂は作家になりたくて
かなり意識的に有名作家の周りをウロついて
コネ作りをしてる。

「新宿海溝」とか「文壇」とかに書いてるね。
テレビの構成作家やコピーライター、作詞家みたいな
キャリアから、作家へ転身する戦略だった。

そこで、吉行や三島に可愛がられるんだな。
焼跡闇市派だからなw
同じような体験をした開高健もだが。
色川さんは吉行派だね。

「虚無」なんつーと、厨二病かよ、って話しだが、
それが戦争体験を経た作家の共通点かと思う。
日本のロストジェネレーションの一角に
色川さんもいるように思われる。

362吾輩は名無しである2015/12/11(金) 03:26:56.13
>>360
おいおい
第一次戦後派と呼ばれている武田泰淳が色川を見いだしたんだぞ
その括り方はあんまりじゃないか?

363吾輩は名無しである2015/12/11(金) 19:21:10.81
武田泰淳の『富士』を、二回読んだが。
読書人と一般人の間にいるおれは、
『富士』を理解できなかった。
色川作品に、そういうもはない。
文学的深みがありながら、一般読者にも理解される、
色川は、そういう作家。

364吾輩は名無しである2016/02/15(月) 22:07:49.46
支援age.

365吾輩は名無しである2016/02/16(火) 19:04:30.03
凄い人だが、
ナルコレプシーによる、
幻覚描写が、特に凄いが。
あれは、飛び道具、な気がする。
中上健二の、路地、にも似た。
この人は、文庫『引っ越し貧乏』で、
中上のことを
「あの男は、他人とは思えない」
と言った。

わが師、吉行淳之介は、色川/阿佐田全集のあとがきで、
「最も好きなのは『怪しい来客簿』と書いている。
色川の、幻覚描写は、確かにすごいが、
大袈裟なものを嫌う吉行が避けたのも頷ける。
凄い作家だが、飛び道具使いであることは、
間違いない。

366吾輩は名無しである2016/03/11(金) 20:04:28.48
周囲の大人たちは冷たいな。死にたくなってきた。

367吾輩は名無しである2016/03/14(月) 18:03:50.92
636だと?
下がりすぎだろ
ageてつかわす

368吾輩は名無しである2016/04/23(土) 01:04:15.99
この人の全集、色川名義作品と阿佐田名義作品が別れていますか?

369吾輩は名無しである2016/04/23(土) 07:59:24.66
いや、色川/阿佐田、両方の全集で、
分厚いものだった。
吉行淳之介が解説を書いていた。

370吾輩は名無しである2016/04/23(土) 08:50:40.49
>>369
色川名義のものと、阿佐田名義のものと、巻が違うのか? という質問でした。
それとも両方ごっちゃになって並べられているか、という質問。

371吾輩は名無しである2016/04/23(土) 19:32:20.54
30年まえの、古い記憶だから、よく覚えていない。
おれは、千葉市の、稲毛図書館で、「全集」を見つけた。
ともあれ、もしも、おれが編集したら、ごちゃまぜにはしないだろう。
ペンネームが複数なら、普通は、セパレートされてるんとちゃう。

372吾輩は名無しである2016/04/29(金) 11:29:15.58
この人のプロフィール見ると、「父は退役軍人」と書いてあるけれど、退役軍人って職業ではありませんよね。
お父さんはどんな職業の人だったの?

373吾輩は名無しである2016/04/29(金) 11:52:20.05
恩給生活者でした

374吾輩は名無しである2016/04/29(金) 14:30:54.81
親父は、海軍士官だから、当時は、凄いエリートだよね。
で、あの、旧制中学をしくじった息子w。
普通に育てば、世の中のメインストリートを行く者に育ったろうに。
親父さんは、さぞや残念だったろうね。

375吾輩は名無しである2016/04/29(金) 20:35:42.82
弟がいたよね

376吾輩は名無しである2016/04/29(金) 21:00:48.88
『雀』という短編があったな。
鉄っちゃんの弟がでてくる。
忘れたが。
おれの勘違いか?

377吾輩は名無しである2016/04/29(金) 23:22:59.82
>>374みたいな場合、弟に過度の期待がかかる。
自分の親戚にもそういうパターンがあって、大人になっても兄弟仲が悪い。

378吾輩は名無しである2016/04/30(土) 07:23:18.00
あの二人、仲は良いよ。
長じた弟は、兄の面倒を見ようとしていたし、
転勤で、岐阜(だったと思う)に行った弟が、交通事故にあった時は、
兄がアパートに同居し、メシをつくってやっていた。
そういう短編があった。
題名は失念。

379吾輩は名無しである2016/05/01(日) 12:45:03.65
>>378
仲が良いのは否定しないけど、そのエピソードが事実だという裏付けはあるの?

380吾輩は名無しである2016/05/01(日) 13:57:27.04
ねーよ、アホンダラ。

だけど、色川読者なら、分かるんだよ。
他にも、兄弟が、仲が良いことをうかがわせる作品がいくつかあった。
詳細は忘れたが。
それと、弟が、不埒な生き方をして、
年老いた父親の面倒を見ない兄に、電話での会話で怒っている。
そういう作品もあった。
仲が悪ければ、電話で怒ったりしないだろ。

381吾輩は名無しである2016/07/17(日) 04:45:12.47
この人と中上健次の小説は読むと涙が出てくる。

382吾輩は名無しである2016/07/23(土) 16:58:17.44
何年か前に出た、角川文庫の麻雀放浪記の新装版。(福本伸行の絵のやつね)
全作買うだけ買って読んでなかったんだが、先日「麻雀放浪記 四 番外編」を読んだら、中身の差別表現の書き換えがされてたわ。

自分が気付いただけで以下の4ヶ所
1.李億春の、対局前に裏芸やるよというタンカを受けた十三デブの台詞
・旧版…「勝手にやったらええ、でもわしらも盲目やないからな」の「盲目」に[めくら]のルビあり
・新版…「盲目」にルビ無し

2.李とドサ健の初対局時、李の黒手袋を脱ぐように言うドサ健の台詞
・旧版…「おっさん、つんぼ?」
・新版…「おっさん、聞こえないの?」

3.陳たちに対する表現が
・旧版…三国人
・新版…東洋人

4.最終盤、李に侮辱されたアガリをされて哲が心の中で悪態をつく場面
・旧版…指無しの乞食野郎め
・新版…乞食野郎め

一〜三巻もおそらくこんな感じで書き換えされてるんだろうな。
嫌だねえ。

383吾輩は名無しである2016/07/23(土) 17:25:31.70
李億春は出色のキャラだな

384吾輩は名無しである2016/07/23(土) 18:03:15.55
>>382
いやだなぁ

385吾輩は名無しである2016/07/24(日) 12:11:05.16
ドサ健、女衒の辰、出目徳。
抜群のネーミングセンスだよな。

386吾輩は名無しである2016/07/24(日) 16:23:18.51
漱石の坊ちゃんに匹敵する名無し小説

387吾輩は名無しである2016/07/28(木) 13:53:23.19
>>382
書き換えるって珍しいな
そういうのって巻末に「当時の社会情勢および作品の芸術的価値を鑑み」とかなんとかそんな雰囲気の断りを入れて
書き換え無しに載せるもんだとばっかり思ってた

388吾輩は名無しである2016/07/28(木) 15:36:42.38
カテゴリが現代だからじゃないのか?
近代、例えば内田百閧フ文庫などは
>>387風なことが書いてあったぞな。

389吾輩は名無しである2016/07/28(木) 22:49:48.62
>>387
巻末にその記載もあった。
なのに書き換えてたということは、
角川文庫としては、書き換えた部分については故人の意志や作品の芸術性なんかを無視した、ってことになるんだよな。
出版社の恣意的な改変が許されていいんかねえ。

390吾輩は名無しである2016/07/29(金) 00:02:31.63
こっそり書き換えは、実は多い。

391吾輩は名無しである2016/07/29(金) 10:17:27.28
>>388 >>389
差別表現とは違うけれど、それこそ内田百閧ヘ生前は旧かなにすごくこだわっていたのに
今やほとんどの出版社が現代かなづかいに改めちゃってるもんね
著者の思いとか意図とかって出版社にとってはそんな程度の扱いなんかね

392吾輩は名無しである2016/07/30(土) 00:49:19.73
カフカは死ぬ寸前に、「オレの作品は全て焼いてくれ」と言ったそうだし

393吾輩は名無しである2016/08/03(水) 07:57:48.50
でも、それは、カフカの本意ではなかった、と訳者が書いているね。
友人のナンチャラが、自分の死後、発表することは、想定内であった、
という見解。

394吾輩は名無しである2016/08/22(月) 22:20:22.11
「離婚」手に入れた!

395吾輩は名無しである2016/09/10(土) 19:44:50.23
麻雀放浪記、今出てる文春文庫版だと巻頭に断り文を載せた上で、差別用語も原文のまま載せてるんだな。さすが文春。
ところで角川文庫のリニューアルで阿佐田哲也の文庫はラインナップから消えたのかな。

396ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2016/09/10(土) 23:22:15.89
お邪魔しますよ

投票実施中 9/11(日)23:59までに投票して下さい

文学板ID制を導入に関する投票スレ [無断転載禁止]©2ch.net
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/vote/1473074707/

397吾輩は名無しである2016/09/11(日) 09:06:18.41
>>395
そういうのって、予算の関係で決まることが多い。

398吾輩は名無しである2016/10/15(土) 03:51:05.95ID:tl2GB4b2
開高健と交流は無かったのだろうか

399吾輩は名無しである2016/12/13(火) 18:39:09.72ID:A5e4YbQe
師走だし、『生家へ』でも読むかな。

400吾輩は名無しである2016/12/13(火) 18:56:36.62ID:eQvLv1mh
age

401吾輩は名無しである2016/12/15(木) 01:54:21.68ID:mxC2v3bb
色川たけひろ名義ってどの作品?

402吾輩は名無しである2016/12/15(木) 01:54:47.82ID:mxC2v3bb
間違えたブダイ名義です

403吾輩は名無しである2016/12/15(木) 17:25:35.63ID:19yFDM8o
基本的に、浅田哲也名義以外は、ブダイ名義。
いのうえしまお、とかの特例はあるが。

404吾輩は名無しである2016/12/16(金) 01:58:30.14ID:KtwyCAgF
たけひろが本名でブダイがペンネームって事なのか
ややこしいですねどうもありがとう
20年くらい前からの疑問でした

405吾輩は名無しである2016/12/23(金) 08:38:18.47ID:rGtrKWOI
ブダイってただの愛称だと思ってた

406吾輩は名無しである2016/12/23(金) 14:13:23.95ID:Zc2lURE4
それが、正しい。
ブダイは、愛称。
筆名は、あくまで本名のタケヒロ。

407吾輩は名無しである2016/12/23(金) 16:34:13.95ID:Ri6HZE6C
手元に無いからどの本だったか分かんないけど文庫のおしまいのとこにわざわざブダイってルビがされてたんだよなあ
記憶違いかな

408吾輩は名無しである2016/12/23(金) 17:25:48.17ID:g0MOHh5S
タケヒロが正解なんだろうけど
原稿用紙の隅っこには「budai」と印刷してあったそうだ
してみりゃ気分次第でどっちでも使ってたのかね

409吾輩は名無しである2017/02/08(水) 18:58:07.65ID:Yo8Z7yiC

410吾輩は名無しである2017/02/16(木) 21:57:42.48ID:/oI9kVXk
「いねむり先生」ってのは、あれは恋愛ものですね。
薄幸のヒロインが自ら、素敵な王子様に出逢い、救われた想い出を書き綴った小説です。
とくに、先生が主人公に対して、君の小説はとても好きですと告げる場面は、
一昔前の少女漫画にある告白のシーンみたいで、ウルウルしちゃいますよ。

411学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/17(金) 07:29:10.77ID:N68UZZfF
代打ちか。まけてらんない。

412吾輩は名無しである2017/02/25(土) 12:00:02.36ID:PBrzk1tV

413吾輩は名無しである2017/03/26(日) 20:28:34.91ID:bvPadk7G
色川ファンのみなさま

昔怪しい来客簿が単行本になった時に
帯に人生の敗者と書いてあり
色川さんがそれに対して
人生の敗者を書いたわけではない、と
書いていた記憶があるのですが
何の本に書いてあったのでしょうか。

最近の怪しい来客簿の書評で
今で言う負け組と言うのがあって
もの凄く違和感を感じたのです。

怪しい来客簿は負け組や敗者を書いた本だったのでしょうか。

414吾輩は名無しである2017/03/28(火) 16:00:01.73ID:OXJw1d7N
客観的には、負け組でも、彼ら主人公たちの主観では、敗者ではなかった、精一杯生きた、ということなんじゃないかな。

415吾輩は名無しである2017/03/28(火) 18:50:33.02ID:wzbrDsQE
たけひろ〜、フルゴンしよう
と呼びかけてきます。

4164132017/03/29(水) 19:43:46.22ID:fc58UmCA
>>414
精一杯生きた、良い言葉ですね。
お返事どうもありがとうございます。

417吾輩は名無しである2017/04/04(火) 16:13:06.80ID:0AmoAn93
>>413
阿佐田哲也名義の無芸大食大睡眠に載ってたよ

4184132017/04/10(月) 17:32:14.83ID:bioYFcC0
>>417

返信どうもありがとうございます。
怪しい来客簿を負け組と書いた書評の人は、
きっと色川さんの本を良く読んでないのでしょうね。

419学術2017/04/10(月) 19:52:22.39ID:Qoz6SCBc
ルーシュンの阿Qや日記と比べたらまだ列島的なんだろうか。

420吾輩は名無しである2017/04/12(水) 17:34:07.66ID:mDAODdVU
>>418
学があるだろう編集者がいるような生活レベルから見るとそうだろうってので付けた感じでしょうけれどね
売りとしていいかどうかは分かりませんな他の良さそうなラベリングを思いつかなかったのかなあって

421吾輩は名無しである2017/04/18(火) 21:53:44.75ID:l2BsmgRG
小林信彦のだいぶ昔の(おそらくは色川武大存命の頃)エッセイに、「色川武大に浅草芸人が実名で登場する小説がある。未発表のはずだ」とあったのですが、詳しくご存知の方います?

422吾輩は名無しである2017/04/18(火) 22:10:49.05ID:G9QyY0PE
あちゃらかぱいッ のことか?

423吾輩は名無しである2017/04/18(火) 23:37:05.11ID:l2BsmgRG
正確に書きます

「色川さんには、浅草のマイナーな喜劇役者を実名で書いた長編があり、手数のかかったものだが、まだ、本になっていない。完結していなかったような気がする。」
『定本 日本の喜劇人 エンタテイナー篇』p.127

424吾輩は名無しである2017/04/21(金) 20:02:15.17ID:PnE05hmt
最後に書きたかったのは
母方実家のあきんど成金ものと
父方の軍人没落を絡めた物語だったと思う。
嫁はん(母方従妹)に
「次に書くものは、きみを泣かせることになるよ」
みたいなことを言っていたようだから。
『宿六』に、そんなことが書いてあったような。

425吾輩は名無しである2017/05/19(金) 15:38:26.10ID:sqEtdxKg
内容:
色川武大氏が夏目漱石好きだって言う話はソースどこ?
むしろ自分は色川氏は菊池寛に憧れてたのかと思った
菊池寛氏もギャンブルやってたし
もしかして色川氏は菊池氏を知らないのか…?

426吾輩は名無しである2017/05/19(金) 15:39:35.02ID:sqEtdxKg
425です
すまない、「内容」まで入れてしまった

427吾輩は名無しである2017/05/19(金) 16:06:34.31ID:kyfUP84u
>>425
『黒い布』で中央公論新人賞を受賞した際、
「好きな作家は?」と問われて、
「古いとお思いでしょうが、夏目漱石」
と答えている。

428吾輩は名無しである2017/05/19(金) 16:19:10.35ID:sqEtdxKg
〉〉427
425です
ソース情報ありがとう
そうか、デビュー作で賞を取った時に
言ったのか

しかし色川氏が夏目漱石好きだなんて意外だな…

429吾輩は名無しである2017/06/13(火) 18:09:47.66ID:4kgoZHxd
ちくま文庫の『色川武大』は、冒頭が『ひとり博打』なんだよね。
これは、色川中毒者向けの短編だと思うが、
何故、頭に持ってきたんだろう?

430吾輩は名無しである2017/06/15(木) 22:59:00.41ID:EVYrDpX1
>>429
阿佐田と色川の中間だから

431吾輩は名無しである2017/06/24(土) 03:01:59.48ID:eub2kKKx
今文豪のゲームが流行ってるみたいだけどもし色川武大先生が出てきたら面白そうだな
あの方のキャラ的にゲーム映えしそうだからな…だから色川先生がゲームに出ても自分は驚かない

432吾輩は名無しである2017/06/25(日) 09:07:48.79ID:XzJ4HsJX
クソワロタwww

433吾輩は名無しである2017/06/25(日) 18:51:10.56ID:9BWTiOsZ
人生9勝8敗

434吾輩は名無しである2017/06/28(水) 13:59:45.47ID:uKfUFXP0
クンロクだろ

435吾輩は名無しである2017/07/27(木) 17:25:14.73ID:b3G3OGvl
色川先生、チワワ飼ってたみたいだけどどんなチワワ飼ってたんだろう
先生の奥さまの本に書いてあるかと思って探しても奥さまの本は見つからないし……
しかしチワワ飼ってたって可愛いな

436吾輩は名無しである2017/07/27(木) 18:11:42.83ID:0hgznPxI
チワワは奥方が飼っていた。
色川は「ペットを飼うことは奴隷をもつことに等しい」
と看破していたから、奥さんのことも冷静に見ていたんじゃないかな。
奥さん著『宿六』に愛玩犬のおことがでてくる。
ペットは奴隷発言は、エッセイだったかな。
忘れた。

437吾輩は名無しである2017/09/05(火) 02:12:53.10ID:qOkfkuQw
エッセイですね
私は小説よりエッセイが好きですね
喰いたい放題だったかな

438吾輩は名無しである2017/09/22(金) 17:15:36.93ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

439吾輩は名無しである2017/09/22(金) 18:52:27.86ID:kKkLDMcl
なんで、色川すれに、こういうクソ野郎がくるかな。
マルチだし。
死ねよ。

440吾輩は名無しである2017/10/01(日) 00:51:02.07ID:gnZvHwnM
アマゾンキンドルで「友は野末で」の電子書籍を買って読みました。
電子書籍の方は、談志師匠との対談は収録されていませんので、購入検討の方はご注意です。

この短編集の中の一作のあるページに興味深い記述を発見しました。
正確な文章は忘れたけど、だいたいこんな感じでしたな。
曰く、父はサディストなので、自分はマゾヒストになった。
曰く、父が軍人だったので(天皇崇拝者だったので)、自分は天皇キライになった。
曰く、父が見境のある性格なので、自分は見境のない性格になった。
曰く、父は海軍士官だったので、自分は海に入らない。
なるほどなあ、結局オヤジさんの影響大の個性だったんだな。

441吾輩は名無しである2017/10/26(木) 16:56:18.01ID:ClGx8d+u
>>436
遅れてしまったけど7月に「色川先生がどんなチワワ飼っていたか」っていう質問をした者です
回答ありがとうございます
奥様の本にその事が書かれているのですね
にしてもペットは奴隷って凄い解釈だ先生…

442吾輩は名無しである2017/10/27(金) 12:55:25.08ID:W4h7cLb5
そりゃ愛玩動物の「玩」ってもてあそぶっていう意味だもん

443吾輩は名無しである2017/11/24(金) 20:04:08.67ID:6D/XTwjf
今爆報フライデーで三島由紀夫の特集視てるんだが、色川先生が黒い布を三島由紀夫に高く評価されていた話を思い出した
あんなに自分の作品を高く評価してくれた人があんな形で亡くなって…色川先生はどんな気持ちだったろうか

444吾輩は名無しである2018/01/29(月) 23:43:47.60ID:1qXW9B0d
この方の髪形は何ていうのですかね?

445吾輩は名無しである2018/01/30(火) 18:42:34.16ID:/bOQQL6w
武田信玄に似てね?

446吾輩は名無しである2018/04/12(木) 10:22:38.52ID:vU72x2EW
色川武大・阿佐田哲也ベスト・エッセイ (ちくま文庫)
大庭 萱朗 (編集), 色川 武大 (著)
出版社: 筑摩書房 (2018/1/11)

447吾輩は名無しである2018/05/11(金) 15:47:31.97ID:/RafG62o
手品師の従兄弟がいて、まだ現役で活動中。
アサダ二世といって、新宿末廣亭とかに出てますよ。
まあ俺が書かなくても知ってる人多いかもしれないが。

448吾輩は名無しである2018/05/24(木) 11:47:05.44ID:fQcW0p9d
最近復刊が多くて嬉しいね

449吾輩は名無しである2018/07/06(金) 15:33:58.91ID:FczfKR1w
確かに復刊というか未発表作品が出版されてるよね
もしかして某文豪ゲームに色川先生を出して欲しいという出版界からのメッセージなのでは

450吾輩は名無しである2018/07/12(木) 10:08:57.94ID:TMxtA2IS
麻雀放浪記は絶品

映画は原作を忠実に描いてる

451吾輩は名無しである2018/09/15(土) 16:37:28.41ID:NM4nB5kt
麻雀全く知らないんだけど「麻雀放浪記」読んでも面白さ損なわれない?
麻雀ルール勉強してから読むのがいいのかな

452吾輩は名無しである2018/09/15(土) 20:52:11.54ID:EvhjYTac
>>451
麻雀知らなくても、全然問題ない。
あの小説はガッツリエンタメしてる。

453吾輩は名無しである2018/09/16(日) 09:28:57.01ID:lNlLYL87
>>452
今まで躊躇してたけどこれで安心して読める
ありがとう!

454吾輩は名無しである2018/12/13(木) 22:37:17.98ID:D0m7bqSc
WIKIの東大教授の小松原茂雄と親友だったって何がソースなんでしょうか?

455吾輩は名無しである2019/10/14(月) 22:44:29.16ID:xKDTjKwl
和田誠さん逝去あげ

新着レスの表示
レスを投稿する