ルイ=フェルディナン・セリーヌ2

1 ◆IH9QhoIQXk 2010/09/10(金) 16:29:40

□前スレ
セリーヌとは誰であったか
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1165881138/

2やれやれ、僕は名を失った2010/09/12(日) 19:25:07
2ゲト

3やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 02:00:32
『夜の果てへの旅』『なしくずしの死』は読んだ。特に後者にはしびれた。
亡命三部作も持っているが、なかなか読むチャンスがない。

4やれやれ、僕は名を失った2010/09/15(水) 14:47:46
・・・!好きにはたまらないがね>亡命三部作

セリーヌ評価してるやつとか馬鹿でしょ。
この人の読者ってブコウスキーをパンク(笑)とか言ってるのと同レベルの屑だと思う。

6やれやれ、僕は名を失った2010/09/18(土) 19:02:07
亡命三部作も文庫化してほしいね。

>>5
ちょっと待て。お前は一体何がしたいんだ?

8やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 00:50:04
何でも文庫化すりゃいいってもんじゃない。

9やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 00:55:41
んなこといったって国書の全集高過ぎぜよ。
あと手触り気持ち悪いぜよ。

10やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 00:58:38
セリーヌらしいじゃないか。

11やれやれ、僕は名を失った2010/09/19(日) 01:06:04
筑摩大系からもかつて亡命三部作出たけど、あれも確か1万くらいしたな。

12やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:18:56
語ろうにもネタがないな。
実はセリーヌとプルーストってよく似てるんだと思うんだが。

13やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:23:33
どこが?フランス語で書いたところじゃないよな?

14やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 03:11:20
セリーヌと反ユダヤ主義について議論して

15やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 08:36:33
中公文庫の夜の果て
臭くないか?
凄く臭いがきついんだが

16やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 09:33:17
俺も全く同じ事思いながら読んでた

17吾輩は名無しである2010/09/23(木) 18:19:02
リゴドン♪

18吾輩は名無しである2010/09/24(金) 01:12:14
りごどんどん、りごどんどん、りごどんどんどん♪
(木村カエラ風にw)

19吾輩は名無しである2010/09/24(金) 02:09:05
北だろ、やっぱり。

20吾輩は名無しである2010/10/02(土) 11:40:39
 

21吾輩は名無しである2010/10/06(水) 22:44:28

出て行け! この悪党めが! 貴様も莫迦な、嫉妬深い、猥褻な、図々しい、
うぬ惚れきつた、残酷な、虫の善い動物なんだらう。出て行け! この悪党めが!

22吾輩は名無しである2010/10/09(土) 21:54:21
亡命三部作国書版持っている人は手を挙げて。

23吾輩は名無しである2010/10/09(土) 23:37:29
>>22
で何が聞きたい?

24吾輩は名無しである2010/10/09(土) 23:54:50
この本、読むのに疲れない?
なにか読みづらいんだ。

25吾輩は名無しである2010/10/10(日) 01:10:59
なんだかとっても眠いんだ……

26吾輩は名無しである2010/10/10(日) 01:22:37
>>24
そりゃこの立ち飲み屋でとなりから聞こえてくるエリート崩れ
のおやじの繰言みたいな文体が延々続くからな。
後活字が(今どきととしては)小さいし。
(成立背景が暗すぎることは別にして)



27吾輩は名無しである2010/10/10(日) 01:36:41
どこの飲み屋だって?

28吾輩は名無しである2010/10/18(月) 11:18:27
 

29吾輩は名無しである2010/10/24(日) 18:21:21
 

30吾輩は名無しである2010/10/24(日) 23:10:58
『北』読みたいなあ。

31吾輩は名無しである2010/10/30(土) 23:44:45
公式の、栄光の、麗しい文学を捻り潰せ。憎悪と憤怒
を理論と解釈に閉じ込める、消毒業者と検閲官、学者、
政治屋どもを捻り潰せ。人類の輝かしい未来と、世界の
理想、美しき理念の尻の穴を、安全靴で蹴り潰せ。退屈
と道徳の染み込んだ奴らの屍の上に、反吐を吐き汚辱と
歓喜のリズムで踊れ。

32吾輩は名無しである2010/10/31(日) 17:06:43
「筑摩世界文學大系 80 セリーヌ」復刊してくれ。
『城から城』、『北』、『リゴドン』の「亡命三部作」が一冊に収まってるんだよな。

33吾輩は名無しである2010/10/31(日) 23:32:59
あれ出た時、高かったぞ。それでも買う?

34吾輩は名無しである2010/11/01(月) 00:02:51
以前古本で7千円で売ってたんだよなー。
買っておくべきだった。
国書版で揃えれば古本で1万位で揃うんじゃないか。

35吾輩は名無しである2010/11/01(月) 00:13:05
三段組はよみづらい
いっそ文庫で出してほしい

36吾輩は名無しである2010/11/01(月) 00:13:48
俺は国書版を古本で揃えた。全部で確か7〜8千円くらいだった。

37吾輩は名無しである2010/11/01(月) 01:36:57
俺は図書館で借りたな

38吾輩は名無しである2010/11/01(月) 01:49:47
俺は友達から借りたな。わりい、まだ返してなかったわ。

39吾輩は名無しである2010/11/01(月) 12:25:06
で、亡命三部作って面白いの?

40吾輩は名無しである2010/11/01(月) 23:54:50
もう、めちゃくちゃな

41吾輩は名無しである2010/11/02(火) 01:43:02
これは文庫にせず、ハードカバーだけにしてもらいたい。

42吾輩は名無しである2010/11/04(木) 01:29:55
筑摩版三部作、今アマで3万で売ってるぞ。

43吾輩は名無しである2010/11/04(木) 11:19:41
高坂訳以外の選択肢がほしい。

44吾輩は名無しである2010/11/04(木) 12:23:55
自分で翻訳すれば?

45吾輩は名無しである2010/11/05(金) 11:59:01
『なしくずしの死』の滝田文彦訳はよかった。
高坂和彦訳って、どうなの?

46吾輩は名無しである2010/11/06(土) 12:10:59
セリーヌも最近読んでないなあ。
読みたいけど、他に読む本がいっぱいあるし。
人生の残り時間が短いから、読みきれない。
働かなくて済むなら、もっと読めるんだが。

47吾輩は名無しである2010/11/08(月) 02:15:51
初めてセリーヌ読みましたが、素晴らしいですね、とても読みやすいし。
どんなひねくれた人間像を描くのかと読む前は思ったが、主人公(バルダミュ)は非常に控えめな人物だったので意外でした。
ロバンソンの死体を運ぶくだりでゴーリキーの「読者」と同じ思想が語られていて自分もゴーリキー好きなので嬉しかった。

48吾輩は名無しである2010/11/09(火) 00:53:03
貧乏人の味方で、心根の優しい偽悪家です。…を多用した文体から醇乎一徹な
ポエジーをにじませるのは余人の追随を許さぬ芸術家の業です。

49吾輩は名無しである2010/11/10(水) 10:12:55
金持ちのユダヤ人…

50吾輩は名無しである2010/11/12(金) 12:38:21
ゴダールの「気狂いピエロ」を見ていたら、セリーヌの名前が出てきて驚いた。

51吾輩は名無しである2010/11/13(土) 01:30:04
移ろいゆく魂よ!

52吾輩は名無しである2010/11/17(水) 01:44:14
セリーヌのバッグが欲しい。

53吾輩は名無しである2010/11/17(水) 02:55:11
「筑摩世界文學大系 80 セリーヌ 新訳」『城から城』、『北』、『リゴドン』
ピンクのカバーのしてある本を持っているんだが売ったら高く売れるのかな?
箱も本体もほとんど手付かずの状態でかなり綺麗なんだが・・・




54吾輩は名無しである2010/11/19(金) 00:35:11
オークションにかければ。

55吾輩は名無しである2010/11/27(土) 09:51:02
 

56吾輩は名無しである2010/12/09(木) 06:19:30
 

57吾輩は名無しである2010/12/13(月) 05:38:59
眶を

58吾輩は名無しである2010/12/19(日) 09:21:23
 

59吾輩は名無しである2010/12/19(日) 13:36:05
亡命三部作欲しいー

60吾輩は名無しである2010/12/19(日) 23:17:45
>>53
売れるわけないじゃん
お前その本高い金出してまで欲しいと思うか?
背鳥のプレ値に騙されてんじゃねえよカス

61吾輩は名無しである2010/12/19(日) 23:46:01
また荒らしが湧いた

62吾輩は名無しである2010/12/20(月) 08:59:58
タダでも要らないなあ

63吾輩は名無しである2010/12/20(月) 14:00:36
「筑摩世界文學大系」はたまに増刷するから筑摩のホムペを時どきチェックしておくがよろし。

64吾輩は名無しである2010/12/21(火) 01:09:52
タダでもいらないって、あんたセリーヌファンじゃないだろ?

65吾輩は名無しである2010/12/21(火) 09:12:06
2冊も要らないなあ

66吾輩は名無しである2010/12/21(火) 19:29:16
2冊持ってたら1冊売れるじゃないか

67吾輩は名無しである2010/12/21(火) 19:47:56
売った金で3冊目が買えるならそうするけどなあ

68吾輩は名無しである2010/12/29(水) 18:28:42
 

69吾輩は名無しである2010/12/29(水) 21:33:00
おモロイ

70吾輩は名無しである2011/01/17(月) 05:45:14
 

71吾輩は名無しである2011/01/31(月) 01:48:37
ギニョルズバンドU最高

72吾輩は名無しである2011/01/31(月) 02:21:16
ここまで誰も語らないんだから、全集が文庫化されないのも納得だな・・・。

73吾輩は名無しである2011/01/31(月) 18:16:54
祝文庫化

74吾輩は名無しである2011/02/01(火) 06:38:19
>>73
kwsk。

75吾輩は名無しである2011/02/02(水) 02:01:40
光文社文庫のトロツキー人物論集にセリーヌ入れてほしかったな

76吾輩は名無しである2011/02/03(木) 00:57:06
文庫化反対。
全集買っちまってるよ。

77N ◆.a7VUr.VD. 2011/02/03(木) 01:06:45
オーウェルとセリーヌって、思想的には正反対だが、「夜の果てへの旅」の
文学的価値はオーウェルも認めてたね。 エズラ・パウンドについても
「パウンドをアメリカ政府が銃殺したら、彼の文学の価値は永遠のものと
なるだろう」といっていたが、同じセリフをたぶんセリーヌにたいしても
吐くんではないか、オーウェルは。

78粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2011/02/03(木) 01:42:06
ふむ。パウンドについてNはどういう評価を下している? 英詩は苦手なのでな。

79N ◆.a7VUr.VD. 2011/02/03(木) 01:44:50
パウンドはエリオットと同じくらい重要という評価があることはしってる。
エリオットって重要だから、それと同じくらいなら、つまりパウンドも重要
ということになるだろう。

80粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2011/02/03(木) 01:49:06
ではエリオットはどうだ?w 
荒地は原文読んだことはあるが、難解ではないが分かりにくい部分は多いんだよな。

81N ◆.a7VUr.VD. 2011/02/03(木) 01:56:41
>>80
わかりにくい部分は基本とばす。読みやすく面白いところにだけ興味を
集中するというやりかただな。 つーか荒地はまだ読んでないよ。
それほどエリオットにも詳しいわけじゃないしね。ドライ・サルヴェージってのは
読んだが。あと、「伝統と個人の才能」とか。俺の読んだ大抵の批評じゃ
エリオットは別格に優れてるって扱いだったね。その評価を俺もほぼそのまま
なぞってるだけだな。

THE DRY SALVAGES
http://www.tristan.icom43.net/quartets/salvages.html

82N ◆.a7VUr.VD. 2011/02/03(木) 02:02:17
Here the impossible union
Of spheres of existence is actual,
Here the past and future
Are conquered, and reconciled,
Where action were otherwise movement
Of that which is only moved
And has in it no source of movement?

83吾輩は名無しである2011/02/04(金) 20:07:07
>>867

 此処にいたのか、マグナ。
>>80

 下の事に就いて釈明しないお前の信用は既に地に落ちているのに、どうして人に自分の言葉を信用してもらえると思っているんだろうね?

 まあ、いい、下に答えてみろ、マグナ。

引用----------

 先ず下を読んだ後、マグナと言うハンドル名で行われた自分の犯罪に就いて、釈明しろ。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1296391104/410

 次に下を読んで、偽の削除依頼とこの件とを結び付けた根拠を説明しろ。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1296391104/416-420

----------引用此処迄

84吾輩は名無しである2011/02/10(木) 00:34:27
セリーヌてゴーゴリの直系だよな

85吾輩は名無しである2011/02/11(金) 16:44:39
え?まさか。
ゾラの直系だよ。

86吾輩は名無しである2011/02/11(金) 17:07:09
ぞらそーだ。

87吾輩は名無しである2011/02/19(土) 23:06:16.14
全集、亡命三部作以外でおすすめありますか?

88吾輩は名無しである2011/02/27(日) 07:33:23.58
 

89吾輩は名無しである2011/03/02(水) 23:56:25.09
旅の「踊りながらあの世へ退場」ていう一文が、人生の指針になっている。ええじゃないか、にも繋がる狂喜。

90吾輩は名無しである2011/03/07(月) 13:27:11.16
こういうやつとは関わりたくないな。

91吾輩は名無しである2011/03/09(水) 13:18:23.14
 

92吾輩は名無しである2011/03/27(日) 19:08:09.53
『なしくずしの死』が良かった。
『ブリキの太鼓』が紛い物に見えるレベル。

93吾輩は名無しである2011/03/30(水) 00:30:05.33
そりゃあ、ものが違うよ。

94吾輩は名無しである2011/03/31(木) 20:00:55.49
>>92
2か月前になしくずしの死読んで、今ブリキの太鼓読んでるんだが…呼んだ?w

95粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2011/03/31(木) 20:36:45.74
ふむ。

96吾輩は名無しである2011/04/01(金) 00:12:47.00
文学のくくりでこういうやつとかドストとか読んじゃうと 日本の文学について語ることなんか何も無い気がしちゃうね 同じジャンルにいれていいのかな。例えるなら、音楽とJ-POP。

97田中淳 ◆7WdbheQSBo 2011/04/01(金) 06:19:22.15
二十世紀のフランス文学はプルーストとセリーヌしか残らないだろうとフランスでも云われてる
らしいですね。
ジュネとベケット(はフランス文学なのか?)シモンも残ると想うというか残って欲しいですが。

98田中淳 ◆7WdbheQSBo 2011/04/01(金) 06:20:01.35
ジュネとベケット(はフランス文学なのか?)とシモンも

です。

99吾輩は名無しである2011/04/08(金) 13:08:12.41
セリーヌはすごい。俺が言うんだから間違いない。

100吾輩は名無しである2011/04/08(金) 14:06:21.56
ユダヤ人をくそみそにけなしつつ、金のない貧乏人はただで治療する医者。

101吾輩は名無しである2011/04/28(木) 05:20:54.73
 

102吾輩は名無しである2011/05/07(土) 16:19:09.63
セリーヌは破滅的な人間の英雄
もっと文庫化しろよ
死体派が読みたい

103吾輩は名無しである2011/05/07(土) 17:50:14.26
当分無理。
死体派なら古本で安く買えるからそっちにしな。

104吾輩は名無しである2011/05/12(木) 14:05:39.73
全集、完成するまで凄く長くかかったよ
神田のゾッキ本屋で安くバラ売りされてたの買い集めたけど
政治パンフとかは全然面白くなかった

105吾輩は名無しである2011/05/23(月) 14:13:33.42
 

106吾輩は名無しである2011/06/04(土) 02:53:52.31
セリーヌage
今年から日本が破滅の年に向かうから

107吾輩は名無しである2011/06/04(土) 04:23:05.15
非常時にこそ亡命三部作は読むべき。読んでもいいことはないけど。

108吾輩は名無しである2011/06/20(月) 19:24:41.98
 

109吾輩は名無しである2011/07/02(土) 15:47:57.90
 

110吾輩は名無しである2011/07/02(土) 16:41:12.15
唐揚げするくらいなら何か書けばいいのに。

111吾輩は名無しである2011/08/13(土) 07:33:39.92
 

112吾輩は名無しである2011/08/15(月) 20:20:12.82
ソレルスの『セリーヌ』の翻訳出たね

113吾輩は名無しである2011/08/16(火) 00:48:33.44
面白いし出してくれる分には有難いんだが、ソレルスは小説の訳を出して欲しい。
エスプリの度合いが評論だと物足りない。

114吾輩は名無しである2011/08/17(水) 01:27:28.10
ソレルスとセリーヌのダブルネームでやっと採算取れると踏んだのでは?
ソレルスだけ、セリーヌだけ、の書籍なんて1万部はけるのにどれぐらいかかるんだか

115吾輩は名無しである2011/08/17(水) 17:18:11.94
>>114
どれだけかかっても1万部は行かないだろ

116吾輩は名無しである2011/08/17(水) 21:11:52.70
採算性…「超訳セリーヌ」…「もしも高校野球の女子マネージャーがソレルスの遊び人の肖像を読んだら」…本という物はあんな風にしないと採算が取れないわけではないんだろうけど、やっぱり、そういう理由なんだろうかね?

関係無いんじゃない?
今回はセリーヌ没後50年だから出たわけだし、ソレルスの批評なのは、名前の通りと質の良さなんだろうから。


117吾輩は名無しである2011/09/06(火) 13:54:06.90
 

118吾輩は名無しである2011/09/06(火) 14:34:26.37
からあげクン

119吾輩は名無しである2011/09/22(木) 07:54:38.89
 

120吾輩は名無しである2011/09/22(木) 10:38:26.14
ベケット

121吾輩は名無しである2011/12/17(土) 23:26:59.28
・・・が好き

122吾輩は名無しである2011/12/20(火) 12:08:09.95
                  

123吾輩は名無しである2012/02/21(火) 13:35:07.57
ゼンメルワイス

124v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/31(土) 12:42:52.71
「なしくずしの死」上下巻買いました。働くと金はあるけど時間と余力はなくなって積ん読がたまっていく。

125吾輩は名無しである2012/04/15(日) 01:35:20.90
場末で開業医、戦犯容疑で死後も出版禁止w


どこまで格好いいんだよw

126吾輩は名無しである2012/04/15(日) 03:45:04.50
若い頃は苦労したみたい家が貧しかったから
バイトの合間に勉強して医者になって無償で施してたらしい
フランス国外退去になってからも反骨心は失われてない

インタビューでカミュは好きかと聞かれたら冗談じゃないと嫌な顔をしたらしい

127吾輩は名無しである2012/04/15(日) 04:09:11.34
世の果ての旅は2ちゃんみたいな世界観が唾を吐き散らするように散りばめられてるな

128v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/04/15(日) 04:38:49.54
>>125-126
いい話だなあ…

129吾輩は名無しである2012/04/15(日) 13:12:08.59
いつのまに「夜の果ての旅」が「夜の果てへの旅」になったのですか

130吾輩は名無しである2012/04/15(日) 21:04:15.36
知らねえよバカしねクソ

131吾輩は名無しである2012/04/16(月) 20:28:52.29
Voyage Au Bout De LA Nuit
Journey to the End of the Night


「夜の果てへの旅」こっちのが正確だね

132v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/04/16(月) 22:03:08.19
なるほどねえ。

133吾輩は名無しである2012/04/17(火) 17:20:23.06
ジムモリスンの例の曲はひょっとしてこの小説を意識してるかね?
詩人だったし彼

134吾輩は名無しである2012/05/18(金) 19:18:38.80
N・S「人間はせこい。底無しのせこさを抱えて生きている。」

135v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/05/18(金) 19:39:15.89
起きてカフェに行こうぜフェルディナン!

136吾輩は名無しである2012/05/23(水) 22:58:52.54
>>135
おめぇが出てくるといきなり下世話になるな

137吾輩は名無しである2012/05/28(月) 20:37:29.44
誰かトロツキーの評論「セリーヌとポアンカレ」読んだ人いたら内容教えてくれませんか。

138吾輩は名無しである2012/06/18(月) 21:19:04.69
(°o°:)

139吾輩は名無しである2012/08/21(火) 04:20:02.21
>>126
「カミュだって!」私に向かって手近の花瓶をたたきつけんばかりの剣幕で、
「カミュだって!」呆れたような口調で繰り返し、
「奴はクズだ......お説教屋だ......年がら年じゅう民衆に向かって何はいい、
何はいかん----何をしろ、何をするなと言いつけてばかりおる......
結婚しろ、結婚するな......そんなことは教会のやることさ......奴はクズだ!」

セリーヌ会見記 ロバート・ストロンバーグ

140v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/08/21(火) 07:46:05.60
セリーヌたん…

141吾輩は名無しである2012/08/21(火) 22:02:46.67
異邦人のラストなんかはセリーヌには我慢ならないのかねw
教誨師相手にまくしたてる場面。俺は好きなんだが。

142吾輩は名無しである2012/09/08(土) 01:16:26.44
死ぬと云うことは偉大なことなので

143v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/09/08(土) 07:06:27.66
ベルンハルトも「カミュはお説教屋のクズ野郎だ」って言ってたらしいね。

144吾輩は名無しである2012/11/01(木) 13:45:03.07
保守。

145v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/11/01(木) 15:09:01.14
「嘔吐」の冒頭にはセリーヌが引用されてなかったっけ?

146吾輩は名無しである2012/11/03(土) 10:46:38.12
『嘔吐』の冒頭は「教会」

147v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/11/03(土) 16:02:49.91
聞いた事ありません…

148吾輩は名無しである2012/11/05(月) 17:50:58.14
おれもジークマリンゲン城にこもりたい。

149吾輩は名無しである2012/11/06(火) 09:31:20.14
夜の果てへの旅はだんだん幻想小説を読んでる気分になってくる

150吾輩は名無しである2013/01/06(日) 18:17:47.41
『なしくずしの死』を読みました
すごく面白くて、作者に興味を持ちました
『セリーヌ伝』フレデリック・ヴィトゥーを買うか、ちょっと高いし迷ってます
買った方がいいでしょうか?

151吾輩は名無しである2013/01/07(月) 15:24:25.18
>>150
人に依存せずに買いたきゃ買えばいいだろ。

152吾輩は名無しである2013/01/08(火) 01:11:59.19
夜の果てへの旅は戦争のところとニューヨークへ行くところと医者のエピソード以外面白くなかった

153吾輩は名無しである2013/01/10(木) 13:42:16.46
>>152
人に依存せずに買いたきゃ買えばいいだろ。

154 忍法帖【Lv=14,xxxPT】(2+0:5) 2013/01/11(金) 20:51:33.57
 

155吾輩は名無しである2013/01/18(金) 03:54:06.01
「ユリイカ」誌でセリーヌ特集やってくれないかな。

156吾輩は名無しである2013/01/18(金) 08:46:25.99
最近のユリイカの特集は
蜷川実花とか貴志祐介とか角田光代とか
やくしまるえつことか、そんなんだぞ

157吾輩は名無しである2013/01/18(金) 11:01:04.05
日本の社会全体が劣化してるからな
団塊が社会とを主導した90年代以降特に目に見えて酷い

158吾輩は名無しである2013/01/18(金) 13:10:04.79
まだあったのか

159吾輩は名無しである2013/01/18(金) 19:17:03.26
何年か前にジュネ特集やったよね

160吾輩は名無しである2013/01/18(金) 23:02:55.41
売れるためならなんでも企画する
エヴァですら特集していたくらいだから、推して知るべし

161吾輩は名無しである2013/01/19(土) 06:09:13.68
伊達得夫も草葉の陰で泣いてるなあ。

162宇賀神彬 ◆TEXTE/3EHE 2013/03/06(水) 06:09:51.22
保守。

163吾輩は名無しである2013/03/08(金) 18:43:28.88
セリーヌもマレ地区とかで「ユダヤ人を燃やせ!」とか在特会みたいにデモしてたのかな

164v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/03/09(土) 22:02:32.49
セリーヌはユダヤ人の大金持ちが嫌いだっただけなんでないの?

165吾輩は名無しである2013/03/11(月) 16:45:06.43
特定の階層だけじゃなくてユダヤ民族全体を憎悪、攻撃した故にあれだけ糾弾されたのかと思った
政治パンプレのたぐいは読んだことないから実のところはよく分からないけど

166v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/03/18(月) 18:29:25.66
ユダヤ人批判自体がご法度だからねえ。パレスチナ問題とか明らかにユダヤ人が間違ってるのに
マスコミでは「パレスチナ過激派」の「テロ」と戦う「正義のイスラエル」って文脈じゃないとダメ

167v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/03/18(月) 18:36:15.08
実の所はイスラエル軍による虐殺なわけでしょ。

168吾輩は名無しである2013/04/23(火) 01:03:43.17
ムードンに移るとわたしはすぐに家でクラシック・ダンスと民俗舞踊の教室を開きました。
自分のメトードを伝えたかったのよ。そうしたら口伝えに聞き知ってすぐに生徒が来始めた。
最初がロジェ・ニミエで、彼がお客を紹介してくれた。たとえば当時の『フィガロ』の社長の奥さんとか。
続いてすぐに女優や、作家や作家の奥さんたち。
フランソワ・クリストフ、ジュディット・マーグルとその妹さん、マルセル・エメの娘さん、
レイモン・クノーの奥さん、フランソワーズ・ファビアン、とてもきれいな人だったけどこの人は
習いもしないでスペイン舞踊をしたがるの。
クリスティーヌ・アルティノー。シモーヌ・ガリマール。もう忘れてしまったけどほかにもたくさんの人が通って来たわ。

アルベール・カミュもよく来たわ。彼は生徒の一人、女優のジュディット・マーグルの妹と恋をしてた。
わたしたちはお嬢ちゃん(シフォン)と呼んでたけど。ある日わたしが彼をセリーヌに引き合わせようとしたの。
そうしたら《無駄ですよ。彼がわたしのことをどう思ってるかよく知ってますからね》だって。その通りだったわ。

169吾輩は名無しである2013/04/30(火) 04:28:54.67
ロラン・バルトとか、フーコーとか、デリダとか、構造主義とか。
こういう感性の鈍い、頭の悪い手合いにかぎって、内容空疎なくせに、やたらと難解めかした文章を書きたがる。
それを頭の悪いフランス語教師連がわかったような深刻づらして有難がっているんだから、どうしようもない光景ですね。

国書刊行会の「セリーヌの作品」ですか?
第四回配本以降はとうとう監修者としてのぼくの名前をはずさせました。
ぼくが良心的見地からこれは駄目だと判定した訳文は本にしないという最初の約束だったんです。
第一回配本「なしくずしの死」からクレームをつけつづけてきたんですが、なかなか要求どおり聞き入れない。
「死体派」の訳文にいたっては、とうてい活字にできるようなしろものじゃない。
それを版元は、営業ベースでどうしても刊行するといって聞かない。
もう勝手にしやがれです……男子一生の仕事が泣きますよ。

170吾輩は名無しである2013/05/05(日) 09:02:44.63
>>169
誰の発言?

171吾輩は名無しである2013/05/05(日) 15:39:23.37
知らんが生田耕作?
この人もフランス語できなかったという噂だが…

172吾輩は名無しである2013/06/16(日) 22:11:21.86
セリーヌとジュネって似てるってよく言われるから泥棒日記を読んでみたけど、
そこまで似てなくねって思った。

173吾輩は名無しである2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
セリーヌに似てると聞くのは、ヘンリー・ミラー
セリーヌは暗い、ヘンリー・ミラーは明るい、らしい
海外でセリーヌが好きだと言うと、反ユダヤ主義を肯定していると誤解されるのかどうか知りたいのだが……

174吾輩は名無しである2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
河出のなしくずしの背表紙ズレ過ぎ

175吾輩は名無しである2013/09/16(月) 00:49:30.61
ジークマリンゲン城

現代に当てはめるとどこが相応しいのだろう

ホワイトハウス?
北京中華政府?

176吾輩は名無しである2013/09/16(月) 10:07:58.48
>>174
運が悪かっただけやろ
俺のはちゃんとしてるで

177吾輩は名無しである2013/09/17(火) 14:25:29.75
>>176
いや、いま並んでるやつはどの書店で見ても下巻は背表紙がズレてるよ。
最も新しく刷られた版は紙質を改善?したためこれまでの版より厚みが出たのに対して、カバーはこれまで通りのものを使用しているため背表紙がズレてしまったものと思われる。

178吾輩は名無しである2013/09/17(火) 22:30:39.84
>>177
いや単にハズレ引いただけだと思うけど
俺の持ってるのは初版だからよく分からんけど
ついでに他の河出文庫も見たけど、例えば『さかしま』(第9刷)とかもズレてないぞ

179C宗惟顯 ◆QJRYVGlbvc 2013/09/18(水) 07:07:29.61
『なしくずしの死』の飜訳は河出文庫の高坂和彦訳より『集英社ギャラリー [世界の文学] 9 フランスIV』収録の
滝田文彦訳のほうがいいですよ。

180吾輩は名無しである2013/09/18(水) 09:01:23.54
>>178
いや最新のなしくずしの死の下巻だけはほんとにズレてるんすよ 信じてくださいよ
機会があったら書店で是非見てくだされ

181吾輩は名無しである2013/09/18(水) 10:31:58.13
>>180
疑ってすまんw
とりま本屋行ったときは注意してみてみるよ

182吾輩は名無しである2013/09/18(水) 10:59:09.06
>>181
見たら報告してくれると嬉しいです よろ

183吾輩は名無しである2013/09/18(水) 11:29:17.21
国書さん、はよ電子書籍リリースしてくれや

184吾輩は名無しである2013/09/18(水) 15:28:46.85
2002年の初版本はズレてなかった

185吾輩は名無しである2013/09/18(水) 15:30:17.90
俺の近所の本屋に置いてるやつもそれはもうズレまくってる

186吾輩は名無しである2013/09/18(水) 15:31:41.73
ってかよく売れてるんだな

187吾輩は名無しである2013/09/18(水) 16:49:55.73
結構大きい本屋に行かないとないよな
『夜の果てへの旅』にしてもそうだけど

188吾輩は名無しである2013/09/25(水) 10:51:33.02
>>179
あの滝田訳はいいね。あの訳で読んだからこそ感動できたといえる。

189吾輩は名無しである2013/10/08(火) 03:02:17.45
 

190吾輩は名無しである2013/11/10(日) 01:53:39.25
ギニョルズ・バンドage

191マグナ ◆vI4NRkhGyA 2013/11/10(日) 19:12:51.98
持ってるが読んでないんだよなあ。

192吾輩は名無しである2013/11/10(日) 21:34:00.69
最近ね、僕ね、持ってるなら読もうよ、ってね、思えるようになったんだ

193吾輩は名無しである2013/12/24(火) 06:55:13.39
 

194吾輩は名無しである2013/12/28(土) 11:38:32.50
全集?の外見がすこぶる格好いい
いいインテリアになる

195吾輩は名無しである2013/12/28(土) 12:51:29.23
なぜファシズムに惹かれていったのか

196吾輩は名無しである2013/12/28(土) 14:52:56.34
あらゆるものにのんを突き付けていたらユダヤが引っ掛かったんじゃないかな
センソウ嫌ってたみたいだし

197吾輩は名無しである2013/12/28(土) 16:20:37.91
ファシズムっていうより反ユダヤだからねっ

198吾輩は名無しである2013/12/28(土) 18:33:06.32
この人とハムスンは
破天荒な生き方を誇りにしてたら
とんでもないものに引っかかってしまったってという感じでとても惜しい

199吾輩は名無しである2013/12/28(土) 18:53:25.35
エリートでありながら常に貧困者の目線で世界を見てたから資本を牛耳るユダヤを憎んだのでしょう

200吾輩は名無しである2013/12/28(土) 19:09:24.14
でもいまでも貧民のユダヤ人の方が多いよ
おまけに差別されてるし

201吾輩は名無しである2013/12/28(土) 21:16:47.76
どんな作家でも時代からは逃れられないからな・・・と思ったが
反ユダヤではない作家も大勢いたので擁護にならなかった

202吾輩は名無しである2013/12/28(土) 21:20:36.78
似ているといわれるジュネは『シャティーラの四時間』で明かなとおり、反ユダヤではなくパレスチナ擁護派だったね

203C浦惟顯 ◆TEXTE///Ac 2013/12/29(日) 04:51:15.92
セリーヌはいずれ世界は黒人のものになると預言しています。

204吾輩は名無しである2014/01/02(木) 01:34:01.51
セリーヌもあと10年ほど生きていればブランキに行きついたのかね?

205吾輩は名無しである2014/01/04(土) 14:25:13.41
何年長く生きようがあんなふうには活躍できないだろ

206吾輩は名無しである2014/01/04(土) 20:57:49.45
つか、セリーヌとブランキは別人だから
セリーヌなりの10年後に行きついただろ
何百年長生きしようとブランキには行きつかない

207吾輩は名無しである2014/01/05(日) 23:37:34.82
ジークマリンゲン城でリゴドン踊りしたい

ところで、ギニョールズバンドって、どんな腰巻?それともバンド?

208吾輩は名無しである2014/01/06(月) 12:47:31.91
フランス語の「バンド」は、英語でいう「ボンド」だな
つまり接着剤ってこと
少しは勉強しろ

209吾輩は名無しである2014/01/06(月) 23:03:00.64
ふーん、じゃあ、ギニョールズってなに?
ギニョールズ接着剤?

210吾輩は名無しである2014/03/09(日) 08:42:42.22
age

211吾輩は名無しである2014/03/15(土) 19:59:43.53
なしくずしの死のクルシアルの人物像系面白い。

212吾輩は名無しである2014/04/11(金) 09:37:01.36
Guignol's band

グラン・ギニョール(Grand Guignol)とは、フランス、パリに19世紀末から
20世紀半ばまで存在した大衆芝居・見世物小屋のグラン・ギニョール劇場
(Le Théâtre du Grand-Guignol)のこと。またそこから転じて、同座や類似
の劇場で演じられた「荒唐無稽な」、「血なまぐさい」、あるいは「こけお
どしめいた」芝居のことをいう。フランス語では"grand-guignolesque"(「
グラン・ギニョール的な」)という形容詞は上記のような意味合いで今日でもしばしば用いられる。

ギニョール【(フランス)guignol】とは。意味や解説。《「ギニョル」とも》操り人形で、人形の胴体の中に手を入れて指で操るもの。また、それによる人形劇。

213吾輩は名無しである2014/04/11(金) 23:22:10.49
>>212
勉強になりましたm(__)m
それにしても、ちなまぐさい、こけおどしめいた、とは多義的ですね

あやつり人形ですか・・・ビィシー政権を指しているのか、ユダヤ人のことを暗示しているのか…

214吾輩は名無しである2014/05/10(土) 01:44:16.67
Rigodon, Gallimard, Paris, 1969.

215吾輩は名無しである2014/06/13(金) 22:39:14.42
     ┌─┐
     |●|
     └―┤
     ___|_
   /_性●欲\
  /   u \,三._ノ\
/ u ノ( ( 。 )三( ゚ )\
|    ⌒ ⌒(__人__)⌒ |
\    u  |++++|  /
/      ⌒⌒  \
栗原裕一郎「AKBこそ文学!ぼくちゃんのドルヲタ勃起を見るがよいぞ!」

216吾輩は名無しである2014/06/30(月) 21:38:41.17
最高傑作は、「北」でしょ?

217吾輩は名無しである2014/07/09(水) 12:55:20.91
『城から城』『北』『リゴドン』が一冊に収まった『筑摩世界文學大系 80 セリーヌ』(筑摩書房)復刊してくれ

218吾輩は名無しである2014/08/04(月) 17:44:13.19
同意

219吾輩は名無しである2014/08/04(月) 20:20:02.40
『筑摩世界文学大系68』に収録されてるフラン・オブライエン「第三の警官」 は
白水Uブックスから復刊されたな

220吾輩は名無しである2014/08/11(月) 13:45:00.91
国書の夜の果てへが欲しい(´・ω・`)
装丁かっこよすぎ

221吾輩は名無しである2014/08/11(月) 14:00:06.24
版画みたいなイラストは収録されてる?

222吾輩は名無しである2014/08/25(月) 18:59:35.02
勘弁マスターは国書の全集もちくまの三部作合本も持ってたなぁ・・・

223吾輩は名無しである2014/09/10(水) 11:41:17.52
国書の『ギニョルズ・バンド』と『ギニョルズ・バンドII』と『戦争・教会 他』復刊してくれ

224吾輩は名無しである2014/09/10(水) 14:53:12.64
絶版なの?

225吾輩は名無しである2014/09/10(水) 16:05:47.91
うむ

226吾輩は名無しである2014/10/16(木) 19:11:54.39
>>217
その筑摩版が出版された時、俺は国書版でその3作を揃えたところだったので、買わなかったな。
翻訳はどっちがいいんだろうか?

227名無しさん@そうだ選挙に行こう2014/12/14(日) 06:19:34.85
 

228吾輩は名無しである2015/01/16(金) 15:16:51.52
両方持ってて両方読んだが
どっちもどっち
どちらかひとつっていうなら見た目重視で国書でいいんじゃないの

229吾輩は名無しである2015/02/07(土) 18:25:53.82
夜の果てへの旅に出てくる卵うどんってなに?
カルボナーラ?

230吾輩は名無しである2015/02/07(土) 19:46:44.93

231吾輩は名無しである2015/03/20(金) 05:01:13.73
『夜の果てへの旅』の高坂訳を借りて読み始めてるんだけど、
絶対こっちの方が生田訳よりいいと思うんだが、なぜ評価されてないんだ・・・

有名な小説だけど面白くないなー、と思ってたけど別訳で読んだら超面白い。

高坂版の文庫がでないかなぁ

232吾輩は名無しである2015/03/20(金) 12:25:02.55
でないよ。

233吾輩は名無しである2015/03/20(金) 13:21:47.13
ルイ・ヘルディナン・ドゥ・セリーヌ。
創業は革製品。

234吾輩は名無しである2015/03/20(金) 15:14:04.18
生田は信者形成に長けていたからなぁ
高坂のとこを貶しまくりだったし

地下鉄のザジなんかも新訳出したほうがいい

235吾輩は名無しである2015/03/20(金) 15:16:15.45
セリーヌか・・・

かあさん、ボクのあのセリーヌの「旅」、どこへ行ったんでしょうね。

236吾輩は名無しである2015/03/21(土) 11:40:37.78
> 地下鉄のザジ

新訳ある

237吾輩は名無しである2015/03/21(土) 13:22:46.06
レーモン・クヌーは滝田さんだろ。

238吾輩は名無しである2015/03/21(土) 17:49:49.52
>>231
俺も高坂訳の方が断然面白いと思う。
高坂氏にはゴールデン街で会う機会があったが、
生き方がセリーヌ的だった様に思えた。

239吾輩は名無しである2015/03/26(木) 17:19:24.65
『夜の果てへの旅』は生田耕作訳で読み、あまり面白くなかった。
『なしくずしの死』は滝田文彦訳で読み、べらぼうに面白かった。
亡命3部作は国書版を買ってあるが、まだ読んでいない。

240吾輩は名無しである2015/03/26(木) 18:43:26.26
俺はぜんぶ国書
見た目優先で

241吾輩は名無しである2015/03/26(木) 20:04:07.30
中央公論社の世界の文学で読んだ
挿絵が結構あった気がする

242吾輩は名無しである2015/03/27(金) 16:41:54.37
セリーヌってもう著作権切れてるんだよね?

243吾輩は名無しである2015/03/27(金) 17:17:09.90
えっ?
いつの時代の人?
50年で切れるとか思ってんの?

244吾輩は名無しである2015/03/29(日) 05:04:14.87
>>240
あれ部屋のインテリアにいいよね
国書の装丁はいい

245吾輩は名無しである2015/04/01(水) 08:54:54.08
>>243

246吾輩は名無しである2015/04/15(水) 22:58:58.17
セリーヌは苦手だなあ
読んでても頭に映像が全く浮かんでこない

247吾輩は名無しである2015/04/15(水) 23:33:13.88
>>246
自分の頭の悪さを晒して楽しいの?

248吾輩は名無しである2015/04/15(水) 23:43:16.79
いちいちファビョるなよ

249吾輩は名無しである2015/04/20(月) 23:06:47.43
youtubeで文豪の映像を色々見てみたが
他の文豪はだいたいみんな穏やかに喋ってるのに
この人だけ何か必死になって反論してたな

ふつう文豪へのインタビューは相手を立てる質問するもんだが
この人はパンフレットのことを色々突っ込まれてたんだろうな

250吾輩は名無しである2015/05/14(木) 14:40:04.98
高坂先生はセリーヌを読むのがの楽しくて仕方なかったと言っていた。

251吾輩は名無しである2015/06/20(土) 01:51:52.31
石崎晴己ってのは才能無えな、くそ読みにくいわ
なかなか笑える訳してるけどな

252吾輩は名無しである2015/06/20(土) 15:14:27.26
戦争読了、面白すぎて笑えた

>>246
オレは素人だけど、行間を読むって言葉があるけど、いやそれとは全く違うけど
セリーヌは言葉と映像の間、そこですでに始まってる、笑える
それが文章?、言葉?に他の作家とは違う、ソリッドさを与えてると思う

253吾輩は名無しである2015/06/20(土) 19:06:52.27
石崎晴己は豚だからな
しょうがない

254吾輩は名無しである2015/06/20(土) 20:45:03.94
石崎晴己ってのは学内政治のほうが得意というか
集まりの後の飲み会が好きだった学者さんだからなぁ・・・

255吾輩は名無しである2015/06/25(木) 12:06:39.82
人生に追いつかれる、の人生はいい訳なのかね

256吾輩は名無しである2015/07/03(金) 10:29:04.93
全集!wwwwこりゃご立派!wwwwセリーヌ?wwwwまるでプレステ!wwww
中身は?wwwwクソゲー!wwwwバグの行進!wwwwチーターマン!wwww音楽!
尻でも拭けだって?wwww拭こうものならwwwwたちまち真っ黒!wwww

257吾輩は名無しである2015/07/06(月) 21:45:52.80
「城から城」期待してたほど面白くなかった

258吾輩は名無しである2015/07/19(日) 16:23:38.09
免責なのか憎悪なのか
どちらにしても憎悪しか残らんな

259吾輩は名無しである2015/07/23(木) 07:59:23.50
国書絶版なのか
十年以上国書の全集売れ残ってる本屋があったがまだ残ってるんだろうか

260吾輩は名無しである2015/08/06(木) 12:01:13.22
梅木達郎の解説はムカつく
穴に落ちろ間借り人

261 ◆8x8z91r9YM 2015/09/07(月) 17:58:30.45
a

262 ◆Upy4wcs9SI 2015/09/07(月) 17:59:19.52
q

263 ◆ncKvmqq0Bs 2015/09/07(月) 17:59:56.75
d

264 ◆j0Oon93KwY 2015/09/07(月) 18:00:30.75
t

265吾輩は名無しである2015/09/09(水) 11:13:30.02
ほんの1センチだけお釜されたと思ったら、
もうすでに数メートルも掘られてしまっているのだ。

266吾輩は名無しである2015/10/27(火) 23:36:22.62
夜の果ての文庫は下巻も改訂版があって訳が違うのかな?

267吾輩は名無しである2015/10/28(水) 08:13:17.30
本あるから読んでみようかな

268吾輩は名無しである2015/10/28(水) 09:37:39.01
翻訳した人は同じじゃなかったっけ?

269吾輩は名無しである2015/10/28(水) 12:38:58.53
セリーヌの作品の夜のは誰が訳しているのかな

270吾輩は名無しである2015/10/28(水) 13:09:59.42
文庫は生田耕作

271吾輩は名無しである2015/10/28(水) 13:56:51.29
生田の訳はいまひとつじゃないかな

272吾輩は名無しである2015/10/28(水) 14:06:29.34
生田訳はイマイチだね。なしくずしの滝田文彦訳は良かった。

273吾輩は名無しである2015/10/29(木) 16:17:25.03
生田耕作は熱烈な信者が今でもいるからな

274吾輩は名無しである2015/11/01(日) 08:45:00.25
リゴドンを読んだ全員が想像したであろう景色…

http://www.museumsyndicate.com/images/6/56513.jpg

275吾輩は名無しである2015/11/01(日) 16:25:18.66
セリーヌの作品57000円は高いよね

276吾輩は名無しである2015/11/02(月) 12:41:59.37
日夏耿之介全集は高いと思ったがセリーヌはふつうでしょ

277吾輩は名無しである2015/11/02(月) 16:33:38.94
複数人の翻訳があるのは有難い、相乗効果がある
併読も一興だ

278吾輩は名無しである2015/11/19(木) 15:48:11.10
読む価値ありかな

279吾輩は名無しである2015/11/22(日) 17:19:36.19
竹輪世界文学体型の訳は日本語吹き替えみたいだな

280吾輩は名無しである2016/01/07(木) 11:05:07.17
河出文庫の高坂和彦の訳は素晴らしいね。他を読んでないから比較は出来ないんだけど…

281吾輩は名無しである2016/01/07(木) 12:46:57.78
>280
人間性が訳に反映されてると思う。
高坂氏はかなり自由な精神の持ち主だった。

282吾輩は名無しである2016/01/07(木) 12:50:54.86
訳の正確性はどうなんですか?もともと日本語に訳すのが非常に難しい小説であろうという事は想像できるのですが。

283吾輩は名無しである2016/01/18(月) 06:56:56.87
>>282
誰だったか、セリーヌのフランス語はそもそも多義的なニュアンスを多く含んでいる
翻訳には正解がないかのような使い方だけど、むしろ決めて訳すようなほうがあっている文体だとあった
翻訳の正確性で単語を置き換えることで失われるものが多くあると言うようなニュアンスだったか

284吾輩は名無しである2016/01/20(水) 17:22:17.95
そんなこと言ってると生田信者が来るぞ

285吾輩は名無しである2016/03/10(木) 09:28:47.95
そろそろ亡命三部作読まなきゃなあ。

286吾輩は名無しである2016/03/22(火) 03:44:16.46
あげたらいいことあるかな

287吾輩は名無しである2016/03/23(水) 14:10:25.79
そうだ、押し入れの段ボールから亡命3部作を取り出して、書斎の本棚に並べよう。

288吾輩は名無しである2016/03/23(水) 17:16:36.06
さらっと読む限り亡命三部作の方が文章のノリは心地いいんだよなあ

289吾輩は名無しである2016/03/23(水) 18:06:21.05
大江の小説にやたら『リゴドン』が引用される作品があったな。なんだっけ?

290吾輩は名無しである2016/03/23(水) 19:34:06.98
静かな生活

291吾輩は名無しである2016/03/23(水) 22:57:08.97
大江健三郎 - 静かな生活 (講談社文芸文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4061963430/

292吾輩は名無しである2016/03/24(木) 00:48:22.17
「小説の悲しみ」だな

293吾輩は名無しである2016/03/24(木) 01:12:28.74
それは何ですか?

294吾輩は名無しである2016/03/24(木) 01:46:44.69
「静かな生活」のなかの一篇
リゴドンリゴドン言うてるよ

295吾輩は名無しである2016/03/24(木) 01:53:13.51
教えてくれてありがとう!

296吾輩は名無しである2016/03/27(日) 01:58:42.74
>>275
前漢そろえなら買いじゃね?

297吾輩は名無しである2016/03/31(木) 16:31:52.89
亡命三部作やっぱ気になるなあ
霧吹きみたいな字面の先に何が待ってるんだろ

298吾輩は名無しである2016/03/31(木) 18:04:19.96
セリーヌの作品〈第13巻〉リゴドン
https://www.amazon.co.jp/dp/4336026777/

299吾輩は名無しである2016/04/03(日) 01:15:49.01
セリーヌの反ユダヤの文章が読めるのは世界でも日本の全集のみというのは本当かな?
今や世界はユダヤ資本が支配しているから、メディアを統括して反ユダヤを封じ込んでいる。
しかし、ユダヤ人を抹殺せよなんて物騒な文章でなければ、ユダヤ人批判は許されてよいだろう。

300P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/03(日) 01:41:44.77
セリーヌの反ユダヤ文書は「ユダヤ人を抹殺せよ」という内容です

301吾輩は名無しである2016/04/07(木) 22:51:29.62
反ユダヤって言い方が嫌い
フェアじゃ無いね

302吾輩は名無しである2016/04/07(木) 23:01:21.26
亡命三部作の感想が少ないね

303P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/07(木) 23:13:45.45
>>301
セリーヌの「反ユダヤ文書」をフェアに表記する場合、どう表記すべきだと思いますか?

304吾輩は名無しである2016/04/08(金) 07:26:42.88
>>301
Pを構ってはダメだよ。本を読んでないのに文学板に湧くレス乞食だから

305P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/08(金) 07:46:23.22
>>304
お前はそれを書き込んだからには、自分がセリーヌの作品でどれを読んだのか答えるべきだな。

306吾輩は名無しである2016/04/14(木) 09:33:47.18
亡命3部作を本棚に並べたが、いつ読もうかな。

307吾輩は名無しである2016/04/14(木) 18:31:51.99
その怒りを激情のあまりユダヤという括りで表現せざるを得ないポエジー
これは可能だし、あるべき言葉の世界だ

308吾輩は名無しである2016/04/14(木) 18:39:13.79
俺も近々亡命三部作に挑むぜい
マイルドななしくずしの死をイメージしてる
いい意味で裏切られたい

309吾輩は名無しである2016/05/02(月) 16:36:00.47
>>308
どうでしたか?

310吾輩は名無しである2016/05/03(火) 22:16:12.80
>>309
読みたくて読みたくてウズウズしてるんだけどなかなか読書作る時間が取れてない状況なんです
トホホ

311吾輩は名無しである2016/05/03(火) 22:31:36.73
×読書作る
○読書する
でした

312吾輩は名無しである2016/05/09(月) 20:13:40.92
なしくずしの死を自炊してtxtファイル化したいんだけど
…の存在が…

313P ◆.uKag/vUmY 2016/05/10(火) 23:28:44.28
僕は「なしくずしの死」しか読んでないです。本当に面白いよね。

314吾輩は名無しである2016/05/12(木) 21:46:34.16
『ルイ=フェルディナン・セリーヌ』
"Louis-Ferdinand Céline"

2015年制作フランス映画
監督:エマニュエル・ブールデュー
主演:ドニ・ラヴァン、フィリップ・デムール、ジェラルディーヌ・ペラス
フランス公開:2016年3月9日
http://pepecastor.blogspot.jp/2016/03/blog-post_21.html

315吾輩は名無しである2016/05/13(金) 00:52:54.87
前スレ読んでないから既出だった許してもらいたいが
『懺悔』 生田耕作訳 (倒語社刊)のストロンバーグの会見記のページに
何枚かある写真の1枚にセリーヌのちん○写ってるよね

スウェーデン時代のスナップとキャプションがあったけど
見間違いだったのだろうか・・・

316吾輩は名無しである2016/05/15(日) 10:27:44.07
「醜いな!」とロバンソンはぼくに注意を促した。「俺はあの死体という奴は好かんよ…」
「それより気になるじゃないか」とぼくは返した。「つまりね、あの死体は君に似ているじゃないか。
君の鼻と同じ長い鼻をしていて、そして君、君はあの死体と若さで比べて大差ないぜ…」
「お前にそう見えるものは、疲労によるものでな、どうしてもみんな互いに同じようになってくるのさ、
しかし、お前が俺の昔を見ていればなあ…日曜日になるといつも自転車に乗っていたころ!…美青年だったさ! 
ふくらはぎがあったんだぜ、おい! スポーツさ、わかるか! 腿肉までデカくしてくれるのさ…」
 ぼくたちは出た。死体を眺めるために点けたマッチは消えてしまっていた。
「なあ、遅すぎたのさ、わかるだろ!…」
 灰色と緑の一筋がもう遠くのほう、町の端のところで、夜の中に丘の頂の輪郭を強めていた。
陽の光だ! 一日多く! 一日少なく! 他の日を切り抜けてきたように、またあれを切り抜けようと試みなければならなかった、日々、
あの様々な円がますます狭くなってゆき、一斉射撃の炸裂音と弾道ですっかりはち切れそうな日々を。
「このあたりにまた帰ってこないか、また今度、夜にさ?」ぼくが出ていこうとしていると彼が訊ねた。
「今度の夜なんてないよ、おい君!…じゃあ君は自分のことを将軍と思っているんだな!」
「俺はな、俺はもうなにも考えないことにしたのさ」と彼は結局言うのだった…
「なんにもさ、わかるだろ!…死なないようにと考える…それで十分さ…自分に言うんだ、稼いだ一日、でいつもまた次の一日さ!」
「まちがいないね…じゃあまたな、な、ツキを願うよ!…」
「お前にもツキを! たぶんまた会うだろうよ!」
 ぼくらはそれぞれ戦争の中へと帰っていった。それから、いろんなことがあり、またそれからいろんなことがあり、
今はそれを語ってみせるのは簡単なことではない、なぜならきょうびのやつらはもうそういったことを理解しないから。
(Louis-Ferdinand Céline, Voyage au bout de la nuit, Gallimard 2000. pp.46-47 私訳)
http://i-or-i.hatenablog.com/entry/2016/03/17/020116

317吾輩は名無しである2016/05/17(火) 14:43:50.85
ルイ=フェルディナン・セリーヌが『夜の果ての旅』(1932年)のなかで、
主人公バルダミュに「ポーランドの蚤、ユーゴスラビアの蚤・・・・・・スペインの蚤、. クリミアの毛虱、ペルーの疥癬といったぐあいに」
移民の体から寄生虫を採集、分類して「箱づめ」にする作業をさせているのも、たしかにこの場所である。
http://www.repository.lib.tmu.ac.jp/dspace/bitstream/10748/4557/1/20012-323-003.pdf

菅野賢治(1962年- )

著書
『ポール・レオトーの肖像』水声社 2001
『ドレフュス事件のなかの科学』青土社 2002

翻訳
マルセル・リュビー『ナチ強制・絶滅収容所 18施設内の生と死』筑摩書房 1998

ジョルジュ・ミノワ『未来の歴史 古代の預言から未来研究まで』平野隆文共訳 筑摩書房 2000
ルイ・アルチュセール『フロイトとラカン 精神分析論集』石田靖夫,小倉孝誠共訳 人文書院 2001
ゾラ・セレクション「時代を読む 1870-1900」小倉孝誠共編訳 藤原書店,2002
レオン・ポリアコフ『反ユダヤ主義の歴史』1、3巻 筑摩書房 2005
同、4−5巻 合田正人共監訳 小幡谷友二,高橋博美,宮崎海子訳 筑摩書房 2006−07

ヤコヴ・M.ラブキン『トーラーの名において シオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史』平凡社 2010
ヤコヴ・M.ラブキン『イスラエルとは何か』平凡社新書 2012

318吾輩は名無しである2016/05/20(金) 16:41:05.78
2016-05-16

■[フランス映画を再発掘する]クリスチャン=ジャック『聖アジール学園消失事件』――戦争の不安を背景にしたミステリアスな子供映画の傑作


この映画にはさらにロベール・ル・ヴィギャンまでが出演している。
戦前に活躍していたが、対独協力した罪で戦後になって逮捕され、投獄されることになったことでも有名な俳優だ。
彼はセリーヌの小説の中にも登場する。
ドイツ=オーストリア的なイメージを引きずっているシュトロハイムと、後の対独協力者ル・ヴィギャンがこのタイミングで居合わせているというのも、
今にして思えばだが、この作品に予期せぬ意味作用をもたらしている。
http://d.hatena.ne.jp/pop1280/20160516

319吾輩は名無しである2016/05/20(金) 21:59:07.72
俺はセリーグびいきだぁ

320吾輩は名無しである2016/05/21(土) 14:59:32.59
背景なんて心底どうでもいい
今読んで面白かったらそれが全てだ

321吾輩は名無しである2016/05/22(日) 01:07:28.88
おいらはいま間違いなく楽しい\(^o^)/

322吾輩は名無しである2016/05/22(日) 09:46:29.63
あらゆる集団は不潔で嘘吐きさ
そしてセリーヌは個人なんだ、それを貫いたのさ

323吾輩は名無しである2016/05/27(金) 14:01:00.91
「こういうちっぽけな《もじり屋》を私はなんにんも尻(けつ)に引きずっている・・・どうしようもない。
息がつまりそうな、ひがみっぽい、弱虫の、恩知らずの、蛭みたいな、さなだ虫みたいな連中・・・」

・・・ところが四六二項で、糞ったれ小僧は、私をびっくり仰天させる! ああ! 罰当たりのくされ尻(けつ)め! よくも書けたものだ? 
セリーヌがナチスの社会主義的主張を支持したのは買収されたからであるだと。原文通り。いい加減にしろ! 
すると私が絞首刑の危険にさらされ監獄にぶち込まれているあいだこの糞蛆小僧はこんなことを書いてやがったのか。
大便をたらふく喰らった穢らわしい小僧っ子め、俺の尻のあわいから出てきた分際で貴様は、一旦外に出ると俺を穢がしにかかろうってのか! 
肛門カイン、ぞおーっ。どういう魂胆なんだ? 俺を殺(ばら)させようってのか! そうにきまってる! こっちへ来い! ひねりつぶしてやる!

 ・・・待った J・B・S、最後のへまをやらかす前に!・・・自分の脈をはかってみることだ! 
胸に手を当てて考えてみろ、「夢」がなくちゃ、それに「音楽」がなけりゃ、恐怖なんてもんはつまらん・・・
なるほど、お前さんはさなだ虫にはちがいなかろう、だけどコブラじゃない、ぜんぜんコブラじゃない・・・笛にはからきしだめだ! 
音楽がなければ、夢がなければ、マクベスは「恐怖劇」にすぎない、それも出来の悪い・・・
お前さんは悪(ワル)で、不潔で、恩知らずで、間抜けだが、それだけじゃだめだ、J・B・S 君! 
それだけじゃ十分でない・・・その上に踊りができなくちゃ!
http://blogs.yahoo.co.jp/fujimaru80/9064909.html

324吾輩は名無しである2016/06/01(水) 01:11:03.51
Remembering Louis-Ferdinand Céline:
May 27, 1894–July 1, 1961
http://www.counter-currents.com/2016/05/remembering-louis-ferdinand-celine-5/

325吾輩は名無しである2016/06/03(金) 10:50:12.51
なしくずしの死の、クソ女とクソみたいな母親がしてるクソみたいな話しが聞こえる中で
ゲロ吐きながらギロチン窓から見る星空に、死んでいった者達や立派な船の素敵な幻想を見るシーンが好きだ

326吾輩は名無しである2016/06/08(水) 12:52:01.12
>>325
俺もその場面がなしくずしの死で一番好き

327吾輩は名無しである2016/06/25(土) 01:14:44.77
「城から城へ」いいすな、なかなか書けない話題をよくぞここまで
人に勧められるくらい普遍的な内容だと思ったけど文体が特殊すぎる(^_^;)
「北」はさらに上を行くとのことなんでかなりの傑作期待しながら読もうと思います

328吾輩は名無しである2016/06/25(土) 01:19:59.06
「城から城」でしたわ
寝ぼけてました

329吾輩は名無しである2016/06/25(土) 09:35:38.78
「夜の果て」の次はどれがおすすめ?
最高傑作を教えてくれー

330吾輩は名無しである2016/06/28(火) 22:37:00.29
発行順に読めばいいんじゃない

331名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2016/07/10(日) 07:33:22.57
まーたサヨクが瞬殺されたのかwww

332吾輩は名無しである2016/09/04(日) 19:30:44.68
2.第一期・物質の祝福、地面の肖像(1942−1960) | 世界現代美術作家情報

1948年
この頃、デュビュッフェは、デンマークで入獄していたルイ=フェルディナン・セリーヌに救いの手をさしのべようとする。
その著作を熱心に愛読していたのだ。

333吾輩は名無しである2016/10/14(金) 02:25:42.19ID:maQTSH5+
☆ @void3107 10月13日
そういや、国書刊行会が出してたセリーヌ全集、しばき隊に糾弾されないかな…って密かに期待してんだがなw

セリーヌ、ド・マン、ハイデガーとかw
進歩のないやつwwいっつも同じこと言ってるwwwワロタwww

334P ◆.uKag/vUmY 2016/10/17(月) 20:19:24.15ID:hBccQ6T8
それ反ユダヤ文書まで載ってるの?

335吾輩は名無しである2016/11/22(火) 20:03:16.66ID:4hcFxfgT
「なしくずしの死」を読んでいるが、すぐにうんこを漏らすところが漫画太郎みたいだと思った

336sage2016/11/22(火) 20:03:55.91ID:X/Nl6Z5X

337吾輩は名無しである2016/12/13(火) 18:58:49.66ID:nUi8iqD+
age

338吾輩は名無しである2017/01/28(土) 10:40:31.17ID:CYgKGMve
2016年12月25日
三酔人問答 戦後・セリーヌ・ブタ
http://gnkskyokai.seesaa.net/article/445222274.html

付記 本稿に引用したセリーヌの小説『夜の果てへの旅』は、著者没後の2003年改版で書名も『夜の果ての旅』も改められ。
果てに方向が現れた。生田さんは死の直前まで改訳をつづけられていたという。道半ばの1994年、斃れられた。
セリーヌの作品を道案内に生きることは、生田耕作氏の執念を引継ぐことだと自戒しつつ、ご冥福を祈る。
ちなみに戦時下、武林無想庵が訳し、房総・市川の空襲で烏有にきした原稿は『夜の終わりへの旅』だったという。

339吾輩は名無しである2017/02/11(土) 17:14:52.82ID:TMuAaCNG
ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』の語りにおける省略と分裂症的持続
http://i-or-i.hatenablog.com/entry/2016/03/17/020116

 以上で見たように、セリーヌ=バルダミュによる語りは、第一次大戦の経験をもとにし、
モダニスト・アンダーステートメントを使用しながらも、
ある安定した語りの立場を持ったり、芸術的、小説的な完成や、
無意識といった新たな人間の領域に達したりといったことをしない。
彼の語りは文章語と俗語をないまぜにし、常に共同体の語りにいくぶん感染してみせ、
世界を全面的に浸すある病気のどこまでも内部にとどまって、
肉体感覚と共に自分を含んだ世界への呪詛を吐きながらも、どこかに批評的な距離を残している。
その矛盾を解決する虚構的な仕掛けとして、ロバンソンが主人公の分身として存在するということは、
語りを、そして旅を、そもそも可能にする条件として組み込まれているのではないか。

340吾輩は名無しである2017/02/11(土) 22:34:46.39ID:OKiHByWH
ビートたけし「あああん!あべぴょん、らめえええええええ!ひぎぃ!あああ、アナルが裂けちゃううううううっ!」

341吾輩は名無しである2017/04/01(土) 15:44:20.89ID:P2mgTiks
荻野洋一
市ヶ谷の佐内坂スタジオに初めて行って、解体社の『セリーヌの世紀〜「悪魔の家のアナーキスト」より〜』の上演を見る。
最初に場内を見渡した瞬間、黒塗りの柱に視界を区切られたこの空間がいいと思った。充実した演劇体験でした。

(承前)セリーヌの亡命先デンマークのピーター・ラウゲセンという現代詩人がセリーヌをデンマーク語訳したのを再構成し、
身体言語で重ねたようだった。
ラウゲセンが抜き出したテキストをもう一回フランス語原典に遡行したものだそう。かなり刺激を受けた夜だった。
2017年3月26日

342吾輩は名無しである2017/04/01(土) 16:46:31.38ID:w67YH22K
パヨク涙目w
今回も、またまたまたまたまたしても!!
わが軍の大勝利ですわよん★!!!!
森友学園疑惑大解消の巻ですわ!!!!!
パヨクのあらぬ言いがかり!w
パヨク連続大失態w
パヨクは薄汚いユダヤなり!!
われはカンパしたり!!!
パヨクパヨパヨ歯ぎしりですなあwwww
安倍昭恵さんこそ和賀郡の正義なりとぞっ!!!!!!!
パヨクは一人で朝鮮に帰って一人で忖度でもしておるがよかろう!
とにもかうにも!!大プレミアムフライデーでアベノミクスは大大大大大大大大勝利ですわよ!☆
経済今日車のアベノミクス大臣安倍晋三尊師にはパヨクは手も足も出んぞよ!!!!!!!!

343吾輩は名無しである2017/09/20(水) 02:44:50.24ID:/h/wFs1h
ギニョルズバンド買えた。
まさか倉敷の古書店にあったとは!
これで全巻がようやく揃った、嬉しい。

344吾輩は名無しである2017/11/02(木) 12:16:58.87ID:UHBbS+zX
澁谷麻美
ルイ=フェルディナン・セリーヌ 『夜の果てへの旅』上下巻
先月の話ですか、グザヴィエ・ドランの新作を観るに当たって、ドラン作品の中でも一番好きな『わたしはロランス』を見返してみた。
劇中でロランスが授業でプルーストやセリーヌなどの名前を挙げるのですが、
なぜロランスは、セリーヌの才能を褒めたのかが気になって、読んでみたのがこの本です。
戦地、植民地、アメリカ、母国フランスと渡ってきたセリーヌの半自伝的小説。 この本には2週間ほど苦しめられた。
至る所から逃避したい欲望を愛して止まないフェルディナンとロバンソン。
自らが自らの思想で正当に朽ち果てるため、彷徨って、すり減って、鈍くなって、夜に溶け込んでいく。
とても矛盾していて、それでいて痛烈に響く本です。 実はこういう苦しめられた本ほど本棚に置いておきたくなるんですよね。
翻訳も良いのか、目にとまる言葉をたくさんメモしました。 #読書 #読書記録 #夜の果てへの旅 #bookstagram #louisferdinandcéline
03/04/2017

345吾輩は名無しである2017/12/25(月) 23:33:09.63ID:a/luvMC7
345

346吾輩は名無しである2018/01/05(金) 08:20:42.13ID:Ed4pMtUV
セリーヌを手放す事にした
目を瞑った人生の向こう側、そこには別のモノを求めようと思う

347吾輩は名無しである2018/02/05(月) 00:34:12.20ID:DGP88wul
『夜の果てへの旅』1932
『なしくずしの死』1936
『ギニョルズ・バンド』1944
『またの日の夢物語』1952
『ノルマンス またの日の夢物語II』1954
『城から城』1957
『北』1960
『リゴドン』1969

348吾輩は名無しである2018/02/10(土) 00:30:47.35ID:e5tKgjLC
むろやねい
セリーヌの反ユダヤ文書の再出版には奥さんのリュセットがずっと反対していた。
ガリマールが再出版を決めたというので、リュセットは亡くなったのかと思っていたのだが、
そうではなくて同意を与えたのだという。現在105歳だって。
2018年1月28日

349吾輩は名無しである2018/02/15(木) 01:00:40.16ID:RqQEH5Y3
https://www.theguardian.com/world/2018/jan/11/plan-to-publish-antisemitic-texts-by-french-writer-celine-off-after-outcry
https://www.theguardian.com/books/louis-ferdinand-celine

ここらのパンフレット、復刊しようとしてたけど
抗議されたんでけっきょくやめたみたいだね

350吾輩は名無しである2018/02/20(火) 22:00:35.12ID:TF/gW1XV
ノルマンスって音楽なんだよな
メロディの繰り返しが曲全体を構成し、展開していく
物語的カタルシスへの期待に囚われてると本当の味わいがわからない
こういうのは原文だったらもっとダイレクトにわかるんだろうな

351吾輩は名無しである2018/03/18(日) 01:03:19.17ID:px+3I4uM
漆器屋 小谷ロ剛
帰宅したら手を洗おう、食事の前には手を洗おう、ってのは現在では当然のこと。
さほど昔でもない19世紀後半、ハンガリーの某医師が接触感染が原因だから手を洗おうと訴えたが、
それは裏を返せば「医師の手が病の原因」と公表することなわけで、
彼は医学界から追放され精神病院に入れられ、殺された。

そんな、正しくて不遇な医師、科学で真実を追求し、権威に歯向かい、社会に殺されたゼンメルワイスについて、
私が最も好きな小説家ルイ・フェルディナン・セリーヌが書いている。
もともとセリーヌは医師で、ゼンメルワイスについての文は医学博士論文。

ゼンメルワイスもセリーヌも、何のバックもついていないけど、正義の人だった。
多数派に「あなたたちは間違っている」と言うのは、そういうこと。
そしてそれも抹殺されるしかないのだが、それでもそれを覚悟してでも訴えかける人は、いつの世にも現れる。

セリーヌが書いたものに親しんだ人からするとゼンメルワイスという名の医師は、
医学界や公衆衛生の世界ではセンメルヴェイツというカナ表記です。
2018年3月12日

352吾輩は名無しである2018/03/28(水) 22:35:18.92ID:Ru2Swh7M
G.スタイナ−自伝
山崎春美さんコメント 間章の棺のなかには、阿部薫やセリーヌのレコードとともにジョージ・スタイナーの本があった。
晩年の彼の高橋巌や神智学への傾倒ぶりから、
シュタイナーやグルジェフの書物が多数を占めるかと思われたがそれらは一冊もなかった。
代わりにこのスタイナーの本があったことは、葬儀に参加した十数人から後世への語りぐさとなった。

セリ−ヌの作品 11
〈11〉 死体派
山崎春美さんコメント 上記の鈴木創士が、大里の『ガセネタの荒野』について、
「おいおい、セリーヌが抜けてるじゃないか!」と苦言?みたいに言い回したことがあるが、
この罵倒に次ぐ罵倒の連続性をして、間章の最初のレコードとされ、雑誌『モルグ』へと発展していった。
阿基米得人を通じて日本のオカルティズムに繋げようとしていたことは疑いようもない事実だ。

353吾輩は名無しである2018/04/12(木) 11:56:49.81ID:vU72x2EW
1939 年のレイモン・クノー
―作家はいかにして作家になるのか― ……………… 沼 田 憲 治
http://www.hosho.ac.jp/toukou/society/14/kiyou_14.pdf
こうした「老兵の参戦」は例外としても、1903 年生まれのクノーよりも 2 歳年下のポール・ニザ
ン(この戦争で戦死した)やサルトル(ドイツ軍の捕虜になった)、レイモン・アロン(イギリスに亡命
した)など「1905 年組」はもちろんのこと、年長者であるロベール・デスノス(1900 年生まれ)、アン
ドレ・マルロー(1901 年生まれ)等の世代も、アンドレ・ブルトン(1896 年生まれ)等の「第一次世
界大戦世代」も軒並み動員されているのである。ブルトンよりさらに 2 歳年上のルイ=フェルディナン・
セリーヌなどは、障害のためかろうじて召集を免れている。事実、クノーが配属された部隊にも、まわ
りには 30 代、40 代の兵士が当たり前のように動員されていることが分かる。

354吾輩は名無しである2018/05/04(金) 00:34:13.28ID:4m0dTWUm
猫びより 2018年 05 月号
出版社: 辰巳出版 (2018/4/12)

◎あの人と猫「ルイ=フェルディナン・セリーヌ」

355吾輩は名無しである2018/06/01(金) 01:15:29.09ID:mdqtLej5
翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて
エミリー・アプター (著), Emily Apter (著), 秋草 俊一郎 (翻訳), 今井 亮一 (翻訳), 坪野 圭介 (翻訳), 山辺 弦 (翻訳)
出版社: 慶應義塾大学出版会 (2018/4/14)
https://pbs.twimg.com/media/DeiZwJFUwAAZc-x.jpg

356吾輩は名無しである2019/06/25(火) 12:37:31.14ID:KaCpJ83h
生田耕作訳と高坂和彦訳、夜の果てへの旅はどちらがオススメ?

357学術2019/06/25(火) 19:21:21.21ID:gLN6rEi9
医学は常態舞踏のテンションじゃないが。

358学術2019/06/25(火) 19:21:47.49ID:gLN6rEi9
歌い踊らないと生き死にできない方もあるのだが。

359吾輩は名無しである2019/07/20(土) 19:52:36.07ID:ELmN4CpG
かきくけ20

新着レスの表示
レスを投稿する