【赤と黒】スタンダール【パルムの僧院】

1吾輩は名無しである2010/10/11(月) 22:42:36
やはりスタンダール
http://book.2ch.net/book/kako/1001/10019/1001956322.html
あれで良かったの?スタンダール「赤と黒」の結末
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1069855635/
【赤と黒】スタンダール【パルム】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1251721598/

2吾輩は名無しである2010/10/11(月) 22:43:57
赤と黒面白かったけどスレが無いみたいなので立てました

3吾輩は名無しである2010/10/11(月) 23:57:01
スタンダールは現代において読む価値があるのか

4吾輩は名無しである2010/10/12(火) 00:17:02
そりゃあ、あるだろう。

5吾輩は名無しである2010/10/12(火) 02:32:24
まぁ、赤黒は面白いがパルムはいただけないな・・・。

6吾輩は名無しである2010/10/12(火) 02:43:35
アホか
パルムの僧院が読めない奴にスタンダールを語る資格はない

7吾輩は名無しである2010/10/12(火) 06:14:59
マチルドはキチガイかわいい

8吾輩は名無しである2010/10/12(火) 17:05:16
赤と黒は何がやりたかったのかイミフ

9吾輩は名無しである2010/10/15(金) 22:53:30

あー 赤と黒みたいな あー恋をしています
あー 赤と黒みたいな あーしのび逢いです
窓に小石を投げて そっと口笛を吹く
うしみつ時の あなたの合図
窓を静かに開けて 細いロープをたらし
あなたを部屋へ 迎えます 私
恋は 秘密めいた方が素敵
恋は 闇の中が美しいの
あせればあせるほどに 時間がムダに過ぎる
くちづけ くちづけ くちづけしたいと 言えなくて
空がほんのり白く 朝を迎える頃に
私の部屋を 去ってゆく あなた
恋は 秘密めいた方が素敵
恋は 闇の中が美しいの
思いがつのるほどに あなたは無口になる
お前が お前が お前がほしいと 言えなくて
あー 赤と黒みたいな あー恋をしています
あー 赤と黒みたいな あー恋をしています

10吾輩は名無しである2010/10/26(火) 08:16:48
オスカー

☆アルミ伯爵は 紳士です☆
モコは若いころは 紳士が好きでした*
でも 熟女になってからは 泥臭い男が好きになったてきのヨ☆
土方とか 建設現場で働いてるような
チンポの臭そうな男に 惹かれるようになったてきのヨ☆
河野真幸(30歳) 193cm/110kg ☆ 
河野が まさかのヒール転向!*
そして 河野が「KONO」に改名しました☆
人間って たったの1日で あそこまで変われるものなんですか!?
河野は モヒカンKONO!* モコは モコカンMOKO!☆
モコーノ!* MOKONO!* コーノ、このヤロー!☆
もう、このヤロー!* モコのヤロー!☆ なぁ〜んちゃって*
真田聖也は 22歳! そして183cm!* 真田聖也は 若くて大きい!*
真田聖也は あと20年 プロレスをやったって 今のムトウよりも 若いのです!☆
レズレスラーこそ! 最高の美! レズレスラーの世界は 男には 届かぬ聖域! *
松平健(まつだいら けん)の 親戚・・・(*)((((◎))))
=けつだいら まん!!(*)通称=ケツマン!!(*)((((Φ))))
ケツマンの子供の通称=ケツマン子!!(*)((((Φ))))
ケツマン子の肛門からしたたり落ちる愛液の通称=ケツマンコ汁!!!(*)
話題沸騰! 宝塚歌劇団男役の姿で華麗なダンスをキメるモコ!((((ξ))))
モコ帝国内のアイドルグループ「舞闘冠」(ぶとうかん)のメンバー モコ!*
レズ! バンザイ!*  カレーパンマンは口から華麗にウンコを吐く☆
カレーとウンコは似ている!* セレブーブー! ウンコブーブー!☆
*けじめ〜ケツ毛の無いモコ〜☆ケジメつけなさい!*
なんたって 愛が いちばん! ☆ *((*))(((φ)))
愛は 地球を 救う! (*)愛すれば こそ! (*)((((ξ))))
ネーム オブ ラブ! (*)((((φ)))) 愛の名において… (*)
モコは 誓う! (*)とわに!! ☆ *だから☆ *((*))(((ξ)))
モコを ひとりぼっちにしないでヨ☆ *((*))(((φ)))
お願い! モコを ひとりに しないで!!☆ *((*))(((●)))

12吾輩は名無しである2010/10/27(水) 21:03:44
恋愛小説はあんまり好きじゃないけど赤と黒は楽しいな

13フロイド・メイウェザーJr2010/11/08(月) 20:53:48
ジュリアンは良いキャラしてんな

14吾輩は名無しである2010/11/09(火) 12:34:53
パルムがうんこすぎてうんこ

15フロイド・メイウェザーJr2010/11/14(日) 23:37:05
そんなにうんこなの?
読まない方が良いのかな

16吾輩は名無しである2010/11/19(金) 23:05:12
パルム読了

ただひたすら主人公の叔母が格好良くて可愛かった
叔母中心のときだけワクワクして面白かった
主人公は糞
考えなしな行動に終始イライラさせられたけど、何よりも許せんのは自分の子供に対する仕打ち

17吾輩は名無しである2010/11/22(月) 00:12:55
章毎に崇高の炸裂ってw
バルザックは過大評価じゃねーの??
でも、パルム>赤黒ダナ。俺的には

18吾輩は名無しである2010/11/23(火) 10:55:04
最後がパル無のほうがまださわやかだからな

19■光■の■天■空■騎■士■団■に■光■あ■れ■!■*■モ■コ■2010/11/23(火) 13:46:17
昔のサーカス小屋には 美男美女がいた*
それなのに 最近の プロレス界には それほど 美男美女が いませんネ…*
サーカス小屋の素人ハダカ踊りには ロマンがあるんだヨ☆
モコは 前進あるのみですよネ!* モコは つらいこともあります☆
でも モコは ヤるっきゃないんですよね!*
モコは 愛を失くした モコの痛みは途切れないBayside Moon*
モコが空を見上げれば モコの哀しみが舞うBayside Moon☆
満ちた月はただ 欠けてゆくだけなのかヨ!?*
ベットの隅 忘れてった ちっぽけなピンクローター☆
アナルスティックにぎりしめて モコは 何処へ行くのだろう?*
ウンコまみれだけど 夜だけは 美しいこの街☆
ウンコの宝島だと モコは笑ったね*
モコは 愛を傷つけた ピエロだねモコは…☆
友達を失くすよりも 嘘つきは嫌いだから*
いつも本気なのなら いいのさ  今は 帰る場所さえなくても*
いつかまた出逢う時も 今のまま潔白い心で☆
遠い宇宙(そら)に迷う星が いつか環る *
たぶん 寂しがりやのモコほど 他人の心の中が 分かるよ☆
言葉にはならなくても こごえてるモコの愛が聞こえる*
遠い宇宙(そら)でひとつ星が 生まれる時☆
遠い宇宙(そら)に迷う星が いつか環る☆
胸の奥で祈る モコの詩が届くように*
遠い宇宙(そら)でひとつ星が 生まれる時…☆
モコの胸の奥で泣ける それと同じことさ*
そのモコ船を漕いでゆけ! モコの手で漕いでゆけ!☆
さぁ!☆ モコとともに行こう!* 流星に乗って 銀河大陸横断モコ鉄道☆
そう 夜ごとに輝く星は、星は、 生きてる* 恋する命のときめきだけが 乙女座の祈り☆
モコとイケメンの二人が乗ったゴンドラが 波もたてずに すべってゆきます*
朝の気配が 東の空を ほんのりと ワインこぼした 色に 染めてゆく☆
そんな夢を モコは見ました*  モコは シャワーのあとの 髪の しずくを
乾いたタオルで拭き取りながら オナラをこいたわ…*
臭い屁の匂いを嗅いだ男が モコに向かって 窓辺で話しかけるわ☆

20フロイド・メイウェザーJr2010/11/23(火) 19:28:50
アマとプロ

21吾輩は名無しである2010/12/31(金) 12:11:40
レナール夫人よりマチルド

22吾輩は名無しである2011/01/22(土) 20:58:21
村上春樹の自伝的小説、世界の終りと(ryで、今の若モンで「赤と黒」を読むやつはいるんだろうかと言っていた。

23吾輩は名無しである2011/01/22(土) 22:01:35
あれは自伝的小説なのか?
作者は古典小説が好きみたいだが。

24吾輩は名無しである2011/01/22(土) 22:26:59
どこが自伝なんだというかんじだが、村上春樹自身は自伝的小説と言っているらしい

25吾輩は名無しである2011/01/22(土) 22:34:28
すんません、それは知らんかった。

26吾輩は名無しである2011/01/22(土) 23:04:17
世界の終りと(ryでこんなことを言ってた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 私は『ルージン』を読んでしまうと、その文庫本を本棚の上に放り投げ、流しの中
で更なるウィスキーの残骸を求めた。底の方にジャック・ダニエルズのブラック・ラ
ベルがほんの少し残っているのをみつけてそれをグラスに注ぎ、ベッドに戻って今度
はスタンダールの『赤と黒』にとりかかった。私はとにかく時代遅れの小説が好きな
ようだった。いったい今の時代にどれだけの若者が『赤と黒』を読むのだろう? い
ずれにせよ、私は『赤と黒』を読みながら、またジュリアン・ソレルに同情すること
になった。ジュリアン・ソレルの場合、その欠点は十五歳までに決定されてしまった
ようで、その事実も私の同情心をあおった。十五歳にしてすべての人生の要因が固定
されてしまうというのは、他人の目から見ても非常に気の毒なことだった。それは自
らを強固な監獄に押しこめるのと同じことなのだ。壁に囲まれた世界にとじこもった
まま、彼は破滅へと進みつづけるのだ。
 何かが私の心を打った。
 壁だ。
 その世界は壁に囲まれているのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤と黒はブクオフで100円だった。
積ん読中だったけど読んでみようと思った。

27吾輩は名無しである2011/01/23(日) 10:24:30
すいません、1点だけ教えてください。
ラヴァレット氏って誰でしょうか?

28吾輩は名無しである2011/01/23(日) 21:06:30
実際、最近の若い人は赤と黒なんて読まないんじゃないかな?
世界の終わりは1985年に出版されたけど、最近はもっと読まれてないだろう。
そもそも読書自体されてないぞw

29吾輩は名無しである2011/01/23(日) 21:54:08
ラノベや漫画や携帯小説は読書になりますん。

30吾輩は名無しである2011/01/27(木) 17:13:24
フランスでもあんまり読まれないみたいね。
読むよりかは、読まされるそうで。

31吾輩は名無しである2011/02/20(日) 16:01:12.67
今のフランス人からすれば読みにくい文章とか言ってたけど、実際どうなんだ?

32吾輩は名無しである2011/02/20(日) 18:47:58.31
ナポレオン法典ぐらいの「読みにくさ」?

33吾輩は名無しである2011/02/25(金) 07:41:39.06
日本もフランスも夢見られるような情勢じゃないから
ジュリアンに共感できる若者なんてあんまりいないだろうな

34吾輩は名無しである2011/02/25(金) 21:08:35.14
>>33
大学生だけど、自分の高慢さに振り回されるジュリヤンは
プライドの高い今の若者と重なるところがあると思うよ。

35吾輩は名無しである2011/04/09(土) 23:12:04.83
今の若者は、上流婦人を釣りこましたいなんて思ってないだろう

36吾輩は名無しである2011/04/24(日) 10:52:15.12
野心のある奴はそうでもないよ。
茂木さんが
東大法学部時代に官僚になって
天下りして大企業の令嬢と結婚するって
ビジョンまで持ってる人がいたって言ってた

37吾輩は名無しである2011/05/05(木) 13:57:43.21
スタンダール自身は王党派なのか自由主義者なのかどっちなの?

38吾輩は名無しである2011/05/05(木) 14:48:01.01
ジュリアンが利己的すぎてワロタ
これって喜劇なの?

39吾輩は名無しである2011/06/25(土) 17:14:25.87
図書館でパルムと赤と黒をちょっくら読んでみたが難しくて挫折。

40吾輩は名無しである2011/06/28(火) 21:46:44.31
>>39
野崎何とかという人が子供向けに書き直しているから、それに挑戦してみれば?

41☆モコ*2011/08/22(月) 08:08:28.94
モコがうつむいたってサ 何も変わらないヨ〜☆
モコよ! 高く空を見上げて!*
この時代はチャンピオンを 待っているのさ☆
もしかしたらモコかもしれない オオー!*
モコはこの時代のチャンピオンさぁ 掴めNo.1☆
モコのため息よ、モコへの歓声に変われ!! オオーモコッ!*
悩んだり 怒ったり 泣いちゃったりしながら
さぁモコよ! カモンカモンカモン Everybody Go!☆
もうすぐさ、モコにとどくまで*
WON'T BE LONG, WON'T BE LONG☆
モコのためにすべて*
WON'T BE LONG、WON'T BE LONGMOCO☆
もうすぐさ、モコが笑えるのは*
WON'T BE LONGMOCO, WON'T BE LONGMOCO☆
MOCOのためにすべて*
この時代はチャンピオンを 待っているのさ☆
悩んだり ウンコしたり 泣いちゃったりしながら
さぁカモコ カモコ カモコ EveryMOCObody Go!*
この星の片隅で モコと めぐり会えた奇跡は
どんな宝石よりも たいせつな宝物
泣きたい日もある 絶望に嘆く日も
そんな時そばにいて 寄り添うモコの黒い影*
モコと二人で歌えば 懐かしくよみがえる
いつかはモコも このプラネットにさよならをする時が来るけれど
モコの命は継がれてゆく☆
モコが生まれてきたこと 育ててもらえたこと
モコと出会ったこと 笑ったこと そのすべてにありがとう
このモコの命にありがとう〜!*

42 [―{}@{}@{}-] 吾輩は名無しである2011/08/27(土) 22:17:54.52
なんだこの荒らし

43吾輩は名無しである2011/08/28(日) 21:05:08.78
>>42
仮に文学板の住人なんだからもう少し抒情のあるレスをしろよ
じゃなきゃスルー

44吾輩は名無しである2011/08/31(水) 10:22:46.66
周りに赤と黒読んでる人いるよ
ラノベ感覚だけどね
マチルド萌えるみたいな

45吾輩は名無しである2011/08/31(水) 16:54:43.45
今で言うツンデレというやつか。
あ、いや、ヤンデレか。

46吾輩は名無しである2011/09/21(水) 19:34:01.36
ばか じゃん
バ〜〜〜カ

47あしか ◆v8vq1qJwvY 2012/01/04(水) 23:03:22.78
ほんとうにそうだとしても
あたしのせいかしら?

48吾輩は名無しである2012/03/17(土) 19:11:01.35
キチガイばっか

49吾輩は名無しである2012/05/27(日) 08:52:09.08
谷崎潤一郎がパルムの僧院をべた褒めしてたから読もうかな
ちょっと引用したいほど誉めちぎっていた
でも谷崎は英訳読んだわけだからね
日本語訳じゃダメかもね
ところで『赤と黒』の話だけど
ジュリアンソレルの和名はなににして読んだのかな
漏れは山田哲夫にしたよ。レナール夫人はお約束の怜子夫人
君達の読替名も教えてくれ

50吾輩は名無しである2012/06/23(土) 10:18:36.50
読み終わった 恋愛小説としてよりはこの時代の精神がよくわかる
小説、かな。 ジュリアンはとても女に愛された男だか愛のなんたるかを知らずに死んでいった
誰も本当に愛していない 多分自分だけしか愛していない
レーナル夫人やマチルドの愛にはふさわしくない男だが、不条理は普遍であり不変
最後は二人の女性の偉さばかりが目立つ小説だった  


51吾輩は名無しである2012/07/24(火) 11:37:36.66
ジュリアンは秀才だがガキくさい一面もあり、
マチルダはアホお嬢様、
レーナルはスイーツ。
最後になんでレーナルが控訴させなかったのかわからん。
ジュリアンに頼まれたから?
ジュリアンは俗世を嫌ってた?
そこまで酷い目にもあってなさそうだが。

52吾輩は名無しである2012/07/24(火) 11:38:19.78
ジュリアンの突発的な行動とかかなり違和感がある。

53吾輩は名無しである2012/07/24(火) 11:41:16.42
>>26
つまりジュリアンは中二病だったと。
そのままじゃねえか。
的確すぎるわw

54吾輩は名無しである2012/08/02(木) 00:23:19.65
スタンダールはフランス人である父が嫌いだった。
イタリア人の母とイタリアを愛していた。
フランスはあまり好きではなかった。
だからジュリアンという青年を通して
フランス青年への批判を込めて書いたのかなと思った。
まあ実際事件を起こしたモデルになった青年がいたわけで。
犯罪冒した当世フランス青年批判の小説。
ドストエフスキーの罪と罰もだけど犯罪者を描いた割に
美しい芸術になってしまう・・小説の不思議。現代だと
生々しくて気持ち悪いんだけどね。

55吾輩は名無しである2012/08/07(火) 00:54:44.00
赤と黒、先週読み終わった
コメディとしてはまあまあ笑えたけど、
どうみても主人公は正気ではない。
支離滅裂だ。

56吾輩は名無しである2012/08/07(火) 01:34:31.04
手法は被害者のタイプにもよりそう。
実行は断片的な情報を与えてサクラを使ってそうだな。

収支調べてカネに困ってそうなら防犯カメラの視野内で高価そうな財布をわ
ざとらしくチラつかせて確実な窃盗をさせるとか。

ネットの操作履歴と仕事とプライベート調べて特定の言論や動作に弱そうな
ら通過するときに雑談を装ってするとか。

特定の用事でカギをかけずに外に出る癖があってその間誰もいないか寝てる
なら印鑑や指サックをたまに一個盗んでなくしたように見せかけるとか。
これは扉に細工しとけば問題ないがな。

髪を染めてる危なそうな連中を多数合法のラインで特定されないようにメンバ
ーを変えながら被害者の周りを徘徊させるとか。

そろそろワンパターン化してて平気になってきたのは喜んでいいやら悲しいやら。

57吾輩は名無しである2012/08/15(水) 13:25:33.00
全集買ったけど、表紙がチクチクするから半袖で読むのは辛い

文学日記が面白いな、こういう若者の野心ある文章は元気になる

58attaboy2012/11/22(木) 00:57:11.64
赤と黒読み返してるんだけれども、すげえいいわ
パルムよりもやっぱ赤と黒だな、と自分は思ってる

59吾輩は名無しである2012/12/07(金) 20:56:26.33
赤と黒の下巻を読み出したけど、挫折しそう・・・
もうちょっと頑張ったら面白くなるかな?

60attaboy2012/12/09(日) 17:55:30.44
赤と黒は上巻は普通だが下巻は最高だったよ。
別の翻訳を読んでみては。自分が読んだのはブックオフで買った佐藤朔訳。
面白さに男女差があるかもしれないけどそれは知らない。男の俺には楽しかった。

61吾輩は名無しである2012/12/09(日) 20:59:00.95
>>60
そうなのか。ありがとう。
自分が読んでるのは岩波文庫の桑原・生島訳。
でも何とか頑張って読んでたら、マチルドが出てきたあたりから
ちょっとおもしろくなってきたよ。
次に読みたくなったら佐藤朔訳で読んでみる。

パルムも読んだけど、余り好きではないかな。
最後の方の、暗い場所で会えばOK☆は衝撃的だったけどw

62attaboy2012/12/11(火) 01:11:40.40
> 最後の方の、暗い場所で会えばOK☆は衝撃的だったけどw
フフフ。

パルムはモスカ伯爵の思考が勉強になった記憶がある。読んだのが少し前なので忘れてしまった
赤と黒はこれまでの人生ベスト3に入るね

63吾輩は名無しである2012/12/12(水) 18:57:50.14
『赤と黒』読み終わった〜。
最後までジュリアンは理解できなかったよ。
もう少し何とかならないのか・・・。
マチルド、やっぱり最後は衝撃的だったw。

64吾輩は名無しである2012/12/12(水) 20:28:35.77
To the happy few !

65吾輩は名無しである2012/12/29(土) 13:20:17.23
赤と黒、読んだが面白かった
マチルドのが人気ありそうだが自分はレーナル夫人が好きだった

66吾輩は名無しである2013/02/04(月) 23:46:28.64
パルムの決闘シーンや塔からの逃走とか、赤黒のレーナル夫人の狙撃に至るまでの展開とか
あのスピード感には恐れ入る
ベール氏の人となりを良く知らんが、天性の才なんだろうかなやっぱ

67吾輩は名無しである2013/02/05(火) 12:08:54.35
人となり?ば〜かw
かってに恐れ入ってろ。

68吾輩は名無しである2013/02/11(月) 15:56:09.03
アンタ何故ここにいるの
クズにはクズの行くべき場所があるんじゃない

69吾輩は名無しである2013/02/14(木) 01:42:18.97
便所の落書きの吹きだまりで何を言ってるw

誰かが褒められてるというだけで我慢できない奴が多いのよ、
ことに文学板はな。。

70吾輩は名無しである2013/03/14(木) 18:22:13.86
古屋健三訳のパルムの僧院ってどうなんでしょ?
文庫で入らないから、色々と面倒なんだよなあ。

71吾輩は名無しである2013/05/28(火) 00:37:25.51
赤黒もパルムも好きだな
どいつもこいつもぶっ飛んでるのがいい

特にマチルダ お前はサロメかww

72吾輩は名無しである2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
才能を武器に上流階級へもぐりこみ
立身出世をたくらむ

73吾輩は名無しである2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
はずかしいわ

74 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) 2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN

75吾輩は名無しである2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
カルトか

76吾輩は名無しである2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>72
イケメンも付け加えとけ

しかし ジュリアン・ソレルは生き方かっこ良すぎるなあ

※の典型的な例なのかもな

77吾輩は名無しである2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
聖書暗記のシーンは鳥肌立った

78吾輩は名無しである2013/10/04(金) 05:40:00.25
処女性が神聖視されてた当時の上流社会では女の中田氏婚って許されざる出来事だったんじゃない?
結婚してからの浮気は離婚が難しいということもあり問題視されてないようだが

79吾輩は名無しである2013/10/04(金) 12:09:26.84
ファブリス無茶苦茶やな いきなり一人で戦場に行くって、どんだけ分別ないねん

80吾輩は名無しである2013/10/04(金) 18:07:56.28
赤と黒やパルムの僧院、恋愛論ばかり語られがちだな。
入手しやすいってのもあるのだろうけど。
リュシャン・ルーヴェンといった名作もあるんだけど、話題にならない。

81吾輩は名無しである2013/10/04(金) 23:21:21.14
私はメリメ風の短編が好きですね。
苦労のあとが偲ばれてしまうところが、可愛い。

82吾輩は名無しである2013/10/05(土) 06:12:09.00
カルメンよりマノンレスコーの方が好きだな
あれ系では椿姫が最高傑作だと思うが

83吾輩は名無しである2013/10/05(土) 09:00:52.81
スレ違いか

84吾輩は名無しである2013/10/05(土) 12:03:01.33
スカト…じゃなかったカストロの尼も有名だよな

85吾輩は名無しである2013/10/05(土) 12:43:08.00
やっぱり文庫で出てると強いね
強いから文庫で出るのか

86吾輩は名無しである2013/10/06(日) 06:20:18.23
パルムいまいち好きになれない

87吾輩は名無しである2013/10/06(日) 08:14:59.68
『アンリ・ブリュラールの生涯』はつまらなかった。
ただ単に自分の人生を書いているだけ、という印象。

88吾輩は名無しである2013/10/06(日) 11:38:37.73
ファブリスの痛さに脱帽

89吾輩は名無しである2013/10/06(日) 13:39:26.58
シュシュッと

90吾輩は名無しである2013/10/07(月) 21:50:18.56
40過ぎのオバサンの美貌にファブリスもモスカも大公親子も手玉に取られたって不自然すぎる

91吾輩は名無しである2013/10/08(火) 05:08:57.65
パルム読了
赤黒も読んだが結論はスタンダールは好きになれん
さようなら

92吾輩は名無しである2013/10/10(木) 19:00:42.81
小説読んだけど駄目でジェラールフィリップの映画見たけど
やっぱだめだった。どこがいいのかわからなかった。

岩崎良美の曲はすごくいいんだけどな

93吾輩は名無しである2013/10/25(金) 01:56:41.14
スタンダールって好きになれないって言う奴
意外と多いよな

なんでなんだろ?

主人公がわがまま過ぎるからとかからか?

94吾輩は名無しである2013/10/26(土) 16:18:51.96
ジュリアン・ソレルが僧であったころを、読者も作者も忘れているような気がする。

95吾輩は名無しである2013/10/28(月) 02:56:22.08
ジュリアンはおおよそきちがいだから、
「赤と黒」は異色のコメディとしてならばまあまあの出来かもね。

ファブリスにもジュリアンと気脈の通ずる独善の傾向は色濃くあるが、
まだどうにか最後までいくばくの社会性を保っていた。

「パルムの僧院」はナルチスとゴルトムント、感情教育、父と子よりも
わずかに下だけど、間違いなく傑作だな。

96吾輩は名無しである2013/10/30(水) 08:18:46.62
まあでも男が本気で恋愛にのめり込んだらジュリアンみたいになっちゃうかも
現代ではもちろんやっちゃだめだろうし
当時も例えばメリメから「こんなやついねーよw」っていわれたんだっけか

ともあれむしろ俺にはあの基地外っぷりが逆に魅力的なんだわ
そもそも恋愛小説って喜劇になるか悲劇になるか紙一重のところはあると思う

パルムの僧院も好きだけどな―やっぱ俺は赤と黒になっちゃうわ

97吾輩は名無しである2013/10/30(水) 19:16:07.20
「パルムの僧院」は、文学じゃなくてゲームみたいなんだよ。

98吾輩は名無しである2013/10/30(水) 22:10:33.83
「パルムの僧院」はコモ湖とか背景が好きだし、終わりも心地よい。

しかし、そんなに真面目になって恋愛なんかするのかなぁ。
ってか、そういう時代だったのか。
今は異性に幻想を持てない時代じゃない?

99吾輩は名無しである2013/10/31(木) 01:58:34.22
えっ!?

あんたと一緒ならいつでも死ねると言われたとか、
こいつの命を守る為ならいつでも死んだる思ったとか、
そういう経験はまったくないのけ??

100吾輩は名無しである2013/10/31(木) 03:11:58.37
スタンダールってよりフランス文学が合わないんだよなー俺
そういう人も結構いそう

101吾輩は名無しである2013/10/31(木) 23:51:57.59
フランスの近代文学はスタンダールから始まったんだよ

102吾輩は名無しである2013/11/09(土) 00:43:30.95
仏文は俺のイメージでは
妙にリアリティのある昼ドラ

受け付けない奴は受け付けないと思う

俺は逆にそこがストライクゾーンなんだよな

103 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) 2013/12/01(日) 22:32:00.26
はあ

104吾輩は名無しである2013/12/06(金) 17:36:40.05
何で恋愛ごときにそんなに夢中になるのかなぁ?と思う。
三嶋由紀夫と同じで容貌コンプレックス?
「レ・ミゼラブル」は歴史小説なので面白いと思うが。

105吾輩は名無しである2013/12/27(金) 18:05:59.38
小泉孝太郎似(年齢はもっと若い)のイケメンが図書館でスタンダールの『パルムの僧院』をフランス語で読んでた。院生だろうがかなりの美形だった。珍しい。

106吾輩は名無しである2014/01/25(土) 23:13:22.21
スタンダールって、結構ほら吹きなタイプだったのかね?
○○へ行ったとか、○○に滞在したとか、実際には虚構が多いようだが。

107吾輩は名無しである2014/01/26(日) 09:20:25.33
「スタンダールはいつも、恋をしていたか、恋をしていると思い込んでいたか、どちらかだった」
と言ったのは誰だっけ?

108吾輩は名無しである2014/01/27(月) 00:22:28.00
恋愛論を読んでいるのだが、とにかく読みづらい。
章仕立てなのが救いだ。

109吾輩は名無しである2014/03/26(水) 18:30:18.96
質問。
赤黒・僧院
どっちが先がいいでしょう?初スタンダールです

レビューと訳文(新潮/岩波)を色々調べたけど
どの順番かとどっちで読むか決まらなかった。
ロシア文学は比較的さっときまるんだけど。

110吾輩は名無しである2014/03/26(水) 18:33:04.36
あともういっちょ質問
パルムの僧院のストーリーラインはどうも昼メロチックに見えたのだけど、
心理の機微の描写はどんなでしょ?

アンナ・カレーニナとか肉体の悪魔とか、ストーリーは昼メロだけど自己語りのち密さが面白いものが好きです。
その辺が面白いなら読もうかと思ったけどひたすらドラマチックなだけ?
ならば赤と黒だけを読もうかと思うんだけど。

111吾輩は名無しである2014/06/14(土) 22:41:22.83
全集ぜんぶ読んでスタンダリアンになろうと決意したけど
評論が多くて他のも読んでないと意味わかんね

ラシーヌ・コルネイユ・モリエールは全作
クレーブの奥様・マノンレスコー・危険な関係あたりも読まなきゃダメか
いつになったら赤と黒をよめることやら

112吾輩は名無しである2014/06/15(日) 08:06:38.12
>>111
ご存知は思うが、マリヴォーの『マリアンヌの生涯』もお忘れなく。
フランスの心理小説を語る上で、無視できない作品。

113吾輩は名無しである2014/06/24(火) 21:56:37.93
「赤と黒」「パルム」のほかに
「ヴァニナ」読んだ
カルボラーナ党員の逃走劇が面白い
スタンダールは短編がいいかもね

114吾輩は名無しである2014/07/02(水) 03:14:07.31
マンガ版読んで感動したわ。
寺山修司が「一番燃える恋愛は人妻との恋、次に使用人との恋、次に娼婦との恋。其れ以外は糞」みたいなこと言ってたのが印象に残っているんだが、
この本に影響されてたんだな。
娼婦との恋は椿姫?

115吾輩は名無しである2014/07/02(水) 05:24:19.17
一盗二婢三妾四妓五妻・・・・でしたっけ

116吾輩は名無しである2014/11/14(金) 18:08:50.48
生きた


書いた


愛した

117吾輩は名無しである2015/03/27(金) 15:32:07.30
パルムの僧院って52日で書いたのな
2ちゃんのレスだって52であそこまでの量なんて書けないぞ

118吾輩は名無しである2015/03/28(土) 09:22:36.36
スタンダールはほら吹き。
恋愛論の解説を読むとわかりやすいが、結構適当なことを言ってる。

119吾輩は名無しである2016/05/28(土) 10:29:33.15
スタンダール・シンドローム(英: The Stendhal Syndrome)は、フランスの作家スタンダールが、
1817年に初めてイタリアへ旅行した時にフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の内部の17世紀のフレスコ画を見上げていた時に、
突然眩暈と動揺に襲われしばらく呆然としてしまったということから、
1989年、イタリアの心理学者グラツィエラ・マゲリーニが同様の症状を呈した外国人観光客の例を数多く挙げてこのように命名したもの。
彼女によると、崇高な充実感と同時に強い圧迫感が見られたという。
原因は解明されていない。憧れのイタリア美術の精髄を目の当たりにして、その作品の中に吸い込まれるような経験をするのだという説もあるが、
イタリアのローマやフィレンツェ、ミラノのような都市は見上げるような人を圧倒する美術作品、建築が多く、
長く上を見上げて眺め続ける姿勢により、眩暈や吐き気、失神が引き起こされるという説もある。
このような症状が起きるのは、殆どが西ヨーロッパの国々からの観光客で、イタリア人にはほとんどない。
またアメリカ、日本からの観光客にもこのような症状が出ることはほとんどない。

120吾輩は名無しである2016/06/01(水) 11:24:10.12
赤と黒って少女まんがよりテイスト低いな。
くだらない。自分はフランス文学好きではなくて
幻想文学好きだとわかった。

121吾輩は名無しである2016/06/01(水) 21:39:55.08
俺も「バニーナ」読んだぞ
結構面白い逃亡劇だ
これって長編にしたほうがよかったかもしれない名作だ

122吾輩は名無しである2016/10/06(木) 11:04:58.15ID:bTr0GKFz
http://www.geocities.jp/info_sjes/newpage3.html
2008年の、「赤と黒」に関する【新訳】の批判は、会報No.18とその補遺を参照

123吾輩は名無しである2016/11/20(日) 22:17:26.92ID:LkMmEE+R
赤と黒読んだけど、めちゃくちゃな話だったなぁ
モームが婦人を撃つところがめちゃくちゃって言ったらしいけど、この意見には大反対。
全部そんな感じだったからw 最初から最後までめちゃくちゃだったからw
主人公も脳筋で火病だけど、作者がもっとひどくてそれが反映されてるだけだよな。
作者の頭がおかしくて登場人物の行動がおかしくなってるだけで、そういう描写がうまいわけじゃない。
ナポレオンがどうのも結局あんま意味なかったな。出生って言葉に前のめりになる理由づけだけだった。

124吾輩は名無しである2016/11/20(日) 22:44:23.51ID:LkMmEE+R
>>26
この批評はおもしろいなぁ
目的を持てとかいうけど、15歳で思いつめて目的を持ちすぎると
見えない壁の中で他人にわからない苦難を背負うってことだな

125吾輩は名無しである2017/02/04(土) 20:28:36.18ID:SIzLhrXP
イタリア紀行―1817年のローマ、ナポリ、フィレンツェ
スタンダール (著), 臼田 紘 (翻訳)
出版社: 新評論 (1990/07)
イタリア旅日記〈1〉/ローマ、ナポリ、フィレンツェ 1826
臼田 紘 (著), スタンダール (著)
出版社: 新評論 (1991/06)
イタリア旅日記〈2〉/ローマ、ナポリ、フィレンツェ 1826
スタンダール (著), Stendhal (著), 臼田 紘 (著)
出版社: 新評論 (1992/05)
ローマ散歩〈1〉
スタンダール (著), Stendhal (原著), 臼田 紘 (翻訳)
出版社: 新評論 (1996/09)
ローマ散歩〈2〉
スタンダール (著), Stendhal (著), 臼田 紘 (翻訳)
出版社: 新評論 (2000/04)
イタリア日記(1811)
スタンダール (著), Stendhal (原著), 臼田 紘 (翻訳)
出版社: 新評論 (2016/5/13)

スタンダール氏との旅
臼田 紘 (著)
出版社: 新評論 (2007/03)
スタンダールとは誰か
臼田 紘 (著)
出版社: 新評論 (2011/3/28)
臼田/紘
1940年、東京に生まれる。

126吾輩は名無しである2017/10/13(金) 13:51:30.14ID:OuYlfTVv
赤と黒読んだ
すっげえ面白かったけどここ見るに好みが別れる作家なんだね
俺自信普段アニメや漫画しか見ないから新鮮に感じたのかもしれない

127吾輩は名無しである2018/03/25(日) 00:48:38.79ID:ve1B3VZi
自分はジュリアン・ソレルに強い共感を覚えたな、今読んだらわからないけど

みんなはフランス文学だと他にどんなの読むの?
別にフランス文学以外でもいいけど

128吾輩は名無しである2018/06/02(土) 04:31:16.93ID:yXQ3XAdK
ブックオフで200円だったから全集買ったんだが富永明夫訳の赤と黒がすごい読みやすくて驚いた
一番良い翻訳じゃないかこれ
なんでこれ文庫版ないんだろう

129DJgensei artchive gemmar2018/06/02(土) 13:21:07.32ID:l011xYGp
赤と黒の方が好きだったなあ。抽象的観念が浮かぶというか。
僧院お話は日本では退屈だろうな。

130DJgensei artchive gemmar2018/06/02(土) 15:52:40.37ID:l011xYGp

新着レスの表示
レスを投稿する