【深い河】遠藤周作【沈黙】

1吾輩は名無しである2011/10/14(金) 01:56:54.95
語りましょう

2吾輩は名無しである2011/10/14(金) 07:10:02.51
かつて、カトリックから破門されかかり、禁書になった経緯って、何だったんだ?

3吾輩は名無しである2011/10/14(金) 10:05:37.46
本に書かれてるキリストの解釈じゃね?

4吾輩は名無しである2011/10/14(金) 11:25:53.17
その「じゃね?」って言葉遣いはやめろ。
低脳が丸見えになるってるぞ。

5吾輩は名無しである2011/10/14(金) 12:50:48.33
死んだと同時に忘れ去られた作家。今更、、なだけ。何も語るものは無い。

6吾輩は名無しである2011/10/14(金) 12:56:08.86
ただ言えるのは、違いの分る男ではあったな。

7吾輩は名無しである2011/10/14(金) 13:10:15.00
そうか?ウンコとションベンとユーモアの違いさえ分からなかったんだが。

822011/10/14(金) 15:33:26.04
いやいや、遠藤の書いたもの、特にイエスの解釈が伝統的なカトリックと抵触する
(可能性がある)ということはわかってる。

で、俺が知りたいのは、具体的に何が起こったか、なんだよ。
特に、その情報ソースが知りたい。


9吾輩は名無しである2011/10/14(金) 16:13:22.26
沈黙、子供の時、気取って我慢して(笑)最後まで読んだ。今となっては
勿論ストーリーは思い出せない。なんか野山?の残像が残ってる。
ディープリバーは途中で放り投げたような完読したような。
インドに行きたくなった本です。

10吾輩は名無しである2011/10/14(金) 18:11:38.42
大江よりは優秀ということだけわかった

11吾輩は名無しである2011/10/14(金) 18:42:28.15
グレアム・グリーンに認められてたんだよな。 沈黙映画化されるような話があったような気がしたけど、どうなったんだ?

12吾輩は名無しである2011/10/14(金) 19:11:17.64
とっくに映画化されてる。興行的にまったく駄目だったが。

13吾輩は名無しである2011/10/15(土) 01:12:33.49
留学ものも意外におもしろい

14 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2011/10/15(土) 03:02:32.33
遠藤のグロ趣味はあまり知られていないな。「蜘蛛」とか。

15吾輩は名無しである2011/10/15(土) 04:34:56.66
オレとしてはやっぱり沈黙がベスト

16新聞盗作中塔の中の女は間宮緑ブスが、将臣(俺)からパクった盗作2011/10/15(土) 06:14:39.06
何マグナ鈴木というストーカーは
「塔の中のオンナ」で盗作しながら、
俺のネタを「あれは全部あたいのネタだ」とかいってるんだよ、
嫌われモノのドブス間宮緑川上デカ能面ヒロミボッボ朝日盗作宣伝屋の鈴木
ツハラ組=ストーカー犯罪者ケイ烏賊娘
非モテで俺を恨み盗作している川上弘美ミエコ組だとバレバレ
(老婆の使いなので都合悪くなると共犯のミエコだけ捨てるキチガイ)

17吾輩は名無しである2011/10/15(土) 08:28:25.53
俺は、沈黙を読んで凄く暗い気持ちになった。
信仰と希望
神よ、どうしてあなたは
くるしいです、くやしいです
つらいのです。
人間は迫害のような行為を永遠にするのでしょうね。

18吾輩は名無しである2011/10/15(土) 09:05:49.68
>>12 説明足らなかった。俺が言いたかったのはマーティン・スコセッシが予定してるほうなんだよね。あれは未だ上映されてないよね。

19新聞盗作中塔の中の女は間宮緑ブスが、将臣(俺)からパクった盗作2011/10/15(土) 09:10:41.23
ジャップは神が心にないから
群れてどんな犯罪でもやると
「海と毒薬」でいってるらしいな、エンドウは。
永遠に進化しない悪霊ネコネズミウンピョウ改竄屋朝鮮キムチ公安
「南米の医学部教授のホシクビ」と
「医者の家の朝鮮人参ホシクビ風」
に改竄するのがストーカーの川上弘美で嫌われ者鈴木ユウスケと
ケイとツハラが創価公安キムチ盗作営業屋だとバレバレ
鈴木は幼児誘拐カルトの角田光代板でも
営業中。エイギョウという単語でるあたり
あいつ出版社の奴で当事者だよ。
当事者だから「盗作批判」を「自分への攻撃」
だと受け取る。反論できず死体をレイプするジャップは
恥しらずで親のしつけが悪い醜い変態

2022011/10/15(土) 09:13:06.28
なんだ、このキチガイは。

21新聞盗作中塔の中の女は間宮緑ブスが、将臣(俺)からパクった盗作2011/10/15(土) 09:17:08.19
↑なんだ、この単語喋りのキチガイ部分オウム返しの
盗作専門の匿名ブス。

22新聞盗作中塔の中の女は間宮緑ブスが、将臣(俺)からパクった盗作2011/10/15(土) 09:20:28.29
まあジャップは親のしつけが悪いから
サツを殺害するといわれても通報できないと。
反論できないとすぐ匿名でハトの糞をおとす。
俺が「反論してもいいぜ」といってると
怨恨嫉妬烏賊ツハラ川上弘美ババKEI組は「だんまり」で、
すぐ匿名で「カイワはできないようね」
と書いてく、ウソつきの卑怯者。

世界最悪の卑怯者ツハラヤスミ キチガイは
「キチガイ」だけオウム返しにせず、
「南米にピューマはいない!」
とさわがず、ウソついた責任とって警察にいけ、
子殺しカルトケイミズモリ常連と同じモテナイドブス
鬼子母狂の盗作中毒のキチガイ安部龍太郎

おまえらは単語だけでしかウソをつくことができないから
法廷に出られないんだよ その醜いカオ隠しとけ、kei

23吾輩は名無しである2011/10/15(土) 09:21:21.84
狐狸庵と称した遠藤さんは在日コリアンですか

24吾輩は名無しである2011/10/15(土) 12:39:21.74
>>18
何日か前にも情報が流れてたね
@amass_jp:
巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説『沈黙』(Silence)を映画化する予定で、
そのスコアを元ザ・バンドのロビー・ロバートソンが手がける模様。
ローリングストーン誌より。主演はダニエル・デイ・ルイスを起用する予定

25吾輩は名無しである2011/10/15(土) 13:02:08.54
なぜ神は沈黙したままなのですか?
いつ人類に答えをくれるのですか?
あしたですか?一億年後ですか?
早くお導きください。
迷える自分は、人生をおちゃらけて過ごすだけで虚しいです。

26新聞盗作中塔の中の女は間宮緑ブスが、将臣(俺)からパクった盗作2011/10/15(土) 13:11:46.68
「反論をネットで受け付けないのは酷い」
といいつつ盗作批判で居直るブスに
反論すると投稿禁止にし、
盗作証拠を消しておいて
落書き書いて反論できないストーカーは
神じゃないぜ、一億お笑い揚げ足とり猿人キムチ盗作屋

間宮の盗作と鈴木雄介とあまな川上ヒとケイと
マグナが関係妄想のなりすましで盗作ストーカーだという
証拠があるとそんなに都合がわるいのか

27吾輩は名無しである2011/10/16(日) 07:49:03.42
先進国も豊かそうで、資本主義経済も行き詰まっているし
武力闘争は可成り減ったが、経済闘争が激化する中
社会的弱者は淘汰されようとしています。
神よ、今こそ活躍するときですぞ。

28吾輩は名無しである2011/10/18(火) 12:23:29.82
イエスの生涯やキリストの誕生にある氏の解釈はおもしろいな

29吾輩は名無しである2011/10/18(火) 13:52:10.97
親殺しのパラドックスはタイムトラベルでは普通だが、
イエスが過去に帰ってマリアとやってその結果イエスが生まれたってことならどうなる?
なんかそんな気がするんだよな、処女懐胎の真相ってのは。

30吾輩は名無しである2011/10/29(土) 03:25:17.17
>>23
遠藤周作は在日ですよ

31吾輩は名無しである2011/10/30(日) 12:44:23.54
直ぐに在日在日いうやつはアホだろ
問題なのは売国奴か否かなのに

32吾輩は名無しである2011/10/30(日) 13:07:09.64
こりゃあかん

33吾輩は名無しである2011/11/01(火) 19:46:03.88
マンボウ北杜夫も亡くなってしまった

34吾輩は名無しである2011/11/12(土) 15:14:41.30
>>33
真性の鬱だったらしい

35吾輩は名無しである2011/11/24(木) 09:08:11.80
談志がパクった

36吾輩は名無しである2011/11/27(日) 19:07:16.90
ここにいる人らは三浦綾子はどう思ってるのかな?

37吾輩は名無しである2011/12/25(日) 19:02:48.76
>>34
躁鬱でしょ。

38吾輩は名無しである2012/02/11(土) 00:14:40.42
来週長崎の文学館行ってくる

みどころを教えて

39吾輩は名無しである2012/02/11(土) 15:18:34.05
遠藤の作品は大学時代から約15冊は読んだ。
沈黙に対する遠藤なりの解答を深い河で提示したが、
その内容のあまりの陳腐さになえた。
それ以来一切読んでいない。

最もいい作品は「灯のうるむ頃」。

40吾輩は名無しである2012/02/11(土) 16:15:51.95
「沈黙」の元ネタ=グレアム・グリーン「権力と栄光」

41吾輩は名無しである2012/02/13(月) 21:39:04.09
もう少し掘り下げて語ってもらえませんか。

42吾輩は名無しである2012/02/18(土) 11:01:40.33
この人は海外のカトリック作家のパクリが多い。
日本にキリスト教が根付かないという考え方も
芥川のキリシタン物のパクリで、罪の意識から
息子に「龍之介」という名前を付けているほど。

基本的に小説家というより批評家だったんでは?

43吾輩は名無しである2012/02/22(水) 22:29:06.75
>>42
罪の意識からというのは大袈裟ではありませんか。


もともと評論出だから、大いにありえますよね。

44吾輩は名無しである2012/04/02(月) 18:34:39.20
翻訳しても遠藤の日本語からは
失われるものがない
したがって世界的作家になりやすい本質があった
心配し過ぎかもしれないが谷崎潤一郎の場合
エロ爺さんのトラッド・ポルノグラフィー程度に思われていたのでは
ないかということです
翻訳ししたらどうしたってそうなるじゃないか

45吾輩は名無しである2012/04/16(月) 21:15:41.44
遠藤は日本でも海外でも割と好意的に受け容れられているようだが
俺はあまりいい作家とは思わない。
弱虫でずるい人間を自認しながら狐狸庵で書いた雑文は
はっきり言ってあざとい感じがする。

同じ世代なら北杜夫のほうがサービス精神もあったし、人間的にも
愛嬌があったと思う。
雑文でも北の文章には押し付けがましいところがなかった。

46吾輩は名無しである2012/04/16(月) 21:22:20.69
愛嬌だとさw

47吾輩は名無しである2012/06/18(月) 00:08:35.66
For Tsuyoshi Kusanagi for auditioning for Martin Scorsese’s SILENCE.
This role has still yet to be cast after seeing 200 actors.
Kusanagi, who does not speak a word of conversational English, made the cut to the final round of two actors.

http://www.big.or.jp/~neoboon/jdialoguecoach.html
http://www.big.or.jp/~neoboon/dialoguecoach.html

48吾輩は名無しである2012/06/19(火) 02:28:48.67
遠藤周作「沈黙」映画化へ スコセッシ監督メガホン

http://www.asahi.com/showbiz/movie/SEB200902100011.html

49吾輩は名無しである2012/08/02(木) 22:40:49.50
キリスト教とかイエスを扱ったものは好きなんだが、通俗ものは好きじゃない。
私が棄てた女とか砂の城とかあのへんの「やっつけ仕事」感がハッキリと表れてるやつ。

50吾輩は名無しである2012/08/12(日) 02:13:25.44
私が棄てたはわりと構築された娯楽小説
砂の城も娯楽小説としては悪くない
もっとひどいのはたくさんある
キリスト教やイエスを扱ったものの方が力量の限界が見えて、好きじゃないな。

51吾輩は名無しである2012/08/12(日) 02:42:27.88
絶筆の『「黒い揚羽蝶』は遠藤の病状を反映するかのようにストーリーや構成が崩壊して行きます。

52吾輩は名無しである2012/08/12(日) 10:28:04.79
エンド終作

53吾輩は名無しである2012/08/31(金) 05:02:54.51
【映画】マーティン・スコセッシ監督訴えられる!遠藤周作「沈黙」映画化企画を20年も延期!
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1345696546/



54吾輩は名無しである2012/09/29(土) 06:03:44.94
先生の命日と聞いて

55吾輩は名無しである2012/11/30(金) 21:29:20.35
遠藤先生の顔はあんまり立派な顔してないな
ニヤけてるし

56吾輩は名無しである2012/12/06(木) 23:19:10.58
遠藤先生の信仰していたカトリックには
白人が、白人でない者たちに「智恵を付けてやる」と押しつけた要素があるけど
遠藤先生はアジア人としてその辺をどう思っていたんだろう。
江戸時代の弾圧がなければ、日本も他の国と同じように植民地になってた。

57吾輩は名無しである2012/12/07(金) 00:51:48.85
というか、当時カトリックの信仰は、幕府が進めようとしていた厳しい身分制社会を実現する上で、
都合の悪い思想だったからだろ?
そのおかげで西洋の科学技術が日本に入ってくるのも遅れたし、
二百数十年のあいだ、日本が東洋のガラパゴス化したことは事実。
鎖国の功罪は大きい。

58吾輩は名無しである2012/12/08(土) 14:24:52.54
鎖国で植民地化を免れたのは事実。 産業革命にも、さほど遅れることなく
キャッチアップして近代化を成し遂げた。なにも間違ったことはない。

59吾輩は名無しである2012/12/08(土) 22:30:28.58
映画版の「沈黙」に出ていた岡田英次は
遠藤夫人の従兄弟なんだってね。仲良かったらしい。
岡田英次が仏映画に出た時のフラ語の先生も遠藤先生だったのかな。

60吾輩は名無しである2012/12/11(火) 15:08:53.63
>>56
教会批判の中にそういったカトリックの体制批判も加えられてるんじゃないの?
死海のほとりではそういった独善的なモノをワキガに例えるくらいだし

でもイエス自身が異邦人に教えを広める事に関して殊更に消極的であった事をどう考えていたのかはもっと書いて欲しかった

61吾輩は名無しである2012/12/11(火) 21:54:02.11
>>58
果たして植民地化されなかったのは鎖国が主な原因かっていうのは議論になるから事実認定は早漏だぞ

62吾輩は名無しである2012/12/12(水) 23:21:27.95
そもそも現在では鎖国という言葉自体が誤りではないか、という学説が力を持ってきてる

当時の琉球はどんな観点からみても外国では無いとは言い難いし中国オランダ朝鮮とも交流はあった訳だし厳密な意味で鎖国とは言えない

キリスト教を禁制とするような文化統制を指す際には鎖国と使われたりはするが

63吾輩は名無しである2012/12/14(金) 17:40:32.15
>>62
どうせそこまでいうんであれば、もう少し正確に言えよw

現在では当時の海禁政策は、イコール、キリスト教禁令であったという
説が現在では有力。つまり鎖国の結果キリスト教禁令になったのではなく、
主要な目的がキリスト教禁令だった。貿易はやりたかったわけでね。

64吾輩は名無しである2012/12/15(土) 09:06:13.30
56です。
遠藤さんみたいな頭の良い人だったら
キリスト教が、非白人国の侵略の道具にされてきた事はもちろん知っていただろうし(民族宗教を捨てられてキリスト教が国教になったり)
それを白人でない自分が信仰する事に対してジレンマはあったのかな?という素朴な疑問から書いたんだけど、
荒れてきちゃったね。ごめんね。

65吾輩は名無しである2012/12/15(土) 13:28:06.45
かつて遠藤周作と大江健三郎は銀座のバーで、ある女を取り合って、
取っ組み合いの喧嘩をしたことがあるw

66吾輩は名無しである2013/01/01(火) 14:21:00.62
遠藤周作の本を一冊も読んだことがないのですが、
初心者はまず何から読んだらいいですか?

67吾輩は名無しである2013/01/01(火) 20:58:43.63

68吾輩は名無しである2013/01/03(木) 18:24:27.96
先生が数人の女優と対談されてる本
テーブルマナーが身に付きますよ

69吾輩は名無しである2013/01/05(土) 10:33:14.05
51へ
透析末期だから仕方がない。
恐るべき執念

70吾輩は名無しである2013/02/18(月) 07:57:31.07
遠隔操作が遠藤周作に見えた

71吾輩は名無しである2013/04/08(月) 23:53:44.45
初春夢の宝船の東南アジアの大統領夫人って、デヴィ夫人の事かと本気で思ってしまうw

72吾輩は名無しである2013/09/28(土) 10:41:13.94
沈黙を読んでるんだけど司祭と日本人は何語で会話してるのかな?フィクションだから深く考えなくても良いのかな?

73吾輩は名無しである2013/09/28(土) 14:10:37.42
>>51
でも、文章がおかしくなってくるのが怖かった…
東京新聞に連載してましたね。
その後、未完のまま出版されずに埋もれているんだな。

74吾輩は名無しである2013/09/29(日) 14:18:07.88
>>72
日本語だと思う、農民ポルトガル語できないw

マカオだかで勉強してた筈

75吾輩は名無しである2013/09/30(月) 22:23:10.37
>>74
レスありがとうございます
そりゃ日本語ですよねwしかしあまりにも流暢に会話してるから
アレレ?と思い意見をお伺いしたく思っ次第です。

76吾輩は名無しである2013/10/01(火) 13:10:26.75
宣教師は皆すごく相手の国の言語勉強してるよw
でも地方訛りへの対応は大変だったろうね、特に昔は

77吾輩は名無しである2013/10/01(火) 23:30:15.58
言語とか文化とか歴史とか死に物狂いで勉強しただろうな
見習わねばならんな……むつかしいかもしれないけど……

78吾輩は名無しである2013/10/04(金) 20:16:58.64
モルモン教の学生なんかも日本語が流暢だったな

79吾輩は名無しである2013/10/04(金) 23:27:56.80
この人の、まともな全集ってあるの?

80吾輩は名無しである2013/10/05(土) 11:05:21.51
講談社と新潮社から刊行されたことがるはず。
ただ作品数が多すぎて純文学中心でエンタメ・雑文・対談などを網羅した全集はない。

81吾輩は名無しである2013/10/05(土) 17:37:47.70
海と毒薬、沈黙、私が棄てた女、侍あたりは面白く読めるけど
死海のほとり、イエスの生涯、キリストの誕生とかはガチ教徒じゃないとキツイな

82吾輩は名無しである2013/10/07(月) 23:09:06.66
遠藤て売国奴なの?

83吾輩は名無しである2013/10/08(火) 00:03:06.83
キリスト教徒云々じゃなく、白人コンプの黄色人種マゾヒスト以外には、まあ共感して読めない作家だよ

84吾輩は名無しである2013/10/08(火) 07:25:42.27
煽りでなくどのへんが白人コンプ?
逆に白人disりまくってないか?

白い人の主人公斜視のマジキチですし
侍も日本組は皆イケメンなのに宣教師ゴミ屑ですし

確かに黄色人種が~とか多用するけど文化諸々含めた意味での区別にすぎない感ですわ

読んでる??

85吾輩は名無しである2013/10/08(火) 08:22:06.78
>>84
オマエみたいなバカにつける薬は無いわ。だから死ぬまでバカでいな。(嗤)

86吾輩は名無しである2013/10/08(火) 14:33:09.76
そういう全く中身のない煽りはいいから
具体的な意見交換できる人他にいません?

普通にここがコンプだよっていう読み方の意見聞きたいのだが

87吾輩は名無しである2013/10/09(水) 21:44:10.29
肝臓食ったなんて嘘書くのどうなんだよ?日本人貶めようとしてるよな?読者に罪悪感持たせようとしたんだろ?売国奴だよ

88吾輩は名無しである2013/10/09(水) 22:21:27.46
黄色人種の肌の黄色は胆汁の黄色(即ちウンコの色)だって書いたのは「留学」だったかな?

89吾輩は名無しである2013/10/09(水) 22:31:00.95
どこだったか駐南米赴任の大使が「醜い日本人」って本(外国での出版)を書いて、
日本人はピグミーとホッテントットを除けばもっとも醜い肉体の人種だ、と表して滅茶苦茶叩かれた時、
テレビで三浦朱門を伴って三人で出て
「いや、自分を鏡で見てホントそう思いますよ。もうピグミーとホッテントットに謝らなくちゃいけませんね」
と馬鹿笑いでフォローしたのが周作と朱門。

90吾輩は名無しである2013/10/09(水) 22:36:56.06
こんな愚劣な人間だったのか?ショックだよ

91吾輩は名無しである2013/10/15(火) 03:06:15.95
小説技術についての雑談にある外国の作家が語った重大な小説技法って何?
もし知ってる人が居たら教えて。

92吾輩は名無しである2013/10/16(水) 13:03:41.75
遠藤周作って勝手に右寄りの人間だと思ってたけど左翼なの?
沈黙は「ジャップはキリスト教を迫害した!」とのたまうし、海と毒薬は「ジャップは人体実験をやっても反省をまったくしないひとでなし!」って断罪してるし

第三の新人って保守的な作家が多いって書かれてたけど
その世代に属する遠藤周作は左翼なのかな?

93吾輩は名無しである2013/10/16(水) 13:51:52.94
自称狐狸庵ですし

94吾輩は名無しである2013/10/16(水) 15:01:35.12
本当に?
作家って左翼ばかりなんですね

95吾輩は名無しである2013/10/17(木) 11:25:41.05
おいおい、バリバリの保守だったぞ。
財界の大物や自民党代議士なんかとの対談にも声がかかれば気軽に応じていた。

96吾輩は名無しである2013/10/19(土) 15:37:23.98
>>92
海と毒薬とその他の遠藤周作の作品群を読んで反省の色の無さを断罪していると思ってるならもう一度読み直せよ

97吾輩は名無しである2013/10/21(月) 09:35:59.65
だな。
自民の敬虔な麻生だってクリスチャンだ。

98吾輩は名無しである2013/10/22(火) 18:50:37.24
未だに遠藤周作を在日扱いしてる奴っているんだな

99吾輩は名無しである2013/10/22(火) 19:36:02.93
遠藤周作=KKK団黄色人種支部長(超マゾ)

100吾輩は名無しである2013/10/22(火) 19:41:51.23
単純なマゾならまあともかく、しかし人種マゾだからな、自分の白人コンプに黄色人種を道連れにしてるんで。

アンタ遠藤周作ファン?へえ?黄色人種なのに?マゾねえw。(嗤)

101吾輩は名無しである2013/10/22(火) 19:49:03.48
白人コンプ、日本人であることのマゾ、それと倫理の方向の実存主義的盲目性。
これが第三の新人・大江に共通してる阿呆さ。(嗤)

102吾輩は名無しである2013/10/22(火) 21:05:56.59
倫理の方向の実存主義的盲目性は即ち、倫理の根拠を神の意思に置き人間の文明には置かないということ。
唯物論や自然の弱肉強食や嗚呼悲しみよ苦悩よや天皇制文化に倫理(広義)を置くのも然りだけれどそれは別論。
遠藤周作の描く感動のヒューマニズムは人間からの絶対被嫌悪者に対する名誉白人たるキリスト教徒の神の代行。
即ち、私はかくほどの人間も愛する、の気高きクリスチャンのノブレスオブリージュ。
そのために反文明の「差別」が必要不可欠の要素になる。

曽野・朱門の劣等者差別とおんなじなんだよ、あれは。

103吾輩は名無しである2013/10/23(水) 10:17:34.96
読解力のないヤツは恥ずかし過ぎますねw

104吾輩は名無しである2013/10/23(水) 16:33:09.50
読解力。(嗤)

ついでに。
しかしこの絶望的な人種にも、白人キリスト教徒はこんなにも人間的に献身したのだ。
真の神をぬえの神にして偶像崇拝しかしない、この呪われた非選民民族の人たちに!

。(嗤)

105吾輩は名無しである2013/10/23(水) 17:22:17.30
何が「人間のみに依拠」だよ。文明なんて「所詮」じゃないかよ。
人間の名前で人間は人間に何をしてきたと思ってんだよ? 

そうだろうな。しかし、
人間は神にではなく、人間に依拠するしかない。
真の信仰に行くではなく、文明をより文明的に、で進化して行くしかない。
ま、第三の新人ファン・大江ファンには永遠に解らん命題だけど。

106吾輩は名無しである2013/10/26(土) 23:19:52.22
 
今放送大学で周作さんが特別講義やってるよ

107吾輩は名無しである2013/10/27(日) 12:11:10.23
周作人

108吾輩は名無しである2013/11/12(火) 01:53:41.04
>>101
それって谷崎潤一郎のクソッタレにも言えることだよな
あの糞ジジィは信者が盲目的にマンセーしてるけど文学史上で最も過大評価されてるイエローモンキーだわ

109吾輩は名無しである2013/11/13(水) 00:22:17.06
>>96
ジャップに良心なんて無いから心からの反省なんて無理って断罪してるよ

110吾輩は名無しである2013/11/23(土) 14:57:35.02
沈黙読み終わったついでにちょくちょく検索してたらタイムリーに話題あってワロタ
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=79374&type=70
ディカプリオキター キチジロー役だな

111吾輩は名無しである2013/11/23(土) 15:13:21.36
あ・・・この話題、かなり前の時点でスレでも出てた話題だったんだ
ごめりんこ(´・ω・`)

112吾輩は名無しである2013/11/30(土) 07:29:54.85
沈黙はバテレン側に寄り過ぎで逆に客観性を欠いてるわ
遠藤の白人コンプが遠藤自身もコントロールできないまま
ひたすら日本人を卑しく描写するだけに終始してる

113吾輩は名無しである2013/12/01(日) 09:51:06.77
それは中身ないようなツッコミに思える

114吾輩は名無しである2013/12/02(月) 01:02:03.56
>>113
それじゃ中身あるツッコミしてくれ
是非深い見識を伺いたい

115吾輩は名無しである2013/12/03(火) 18:42:35.94
日本人が卑しいのは事実だからしゃあない

116吾輩は名無しである2013/12/03(火) 20:10:36.93
薩長土肥京芸=悪徳外道の外様クーデター政権が、イギリスの武器で近代支配したからね。
卑しいに決まってる

117吾輩は名無しである2013/12/05(木) 09:20:41.79
>>112
まさにフィクションだよね。「沈黙」が映画化されても、遠藤フィクションだから
偏っている。それに何百年も前の話だから当然現在とは違う。何百年も前の為政者の
残酷な弾圧はクリスチャンだけが受けたのではない。当時の社会が前近代的なのは当然。
だって近代じゃないのだから。

118吾輩は名無しである2013/12/05(木) 12:34:12.86
偏っている、ってのは何を基準に言ってるの
当時の日本の事実を基準に言ってるの?

119吾輩は名無しである2013/12/05(木) 15:15:55.85
クリスチャン至上主義

120吾輩は名無しである2013/12/05(木) 18:06:16.69
当時の日本がやっていた弾圧は小説ほど残酷じゃなかった、ってこと?

121吾輩は名無しである2013/12/05(木) 19:36:55.11
宗教者からすれば信仰を捨てるってのは死よりも重い、かも知んないが、
世俗権力者からすれば、棄教すれば無罪、ってのはとてつもなく寛容な宗教政策じゃないのか?

近世までの
キリスト教の異端者処刑のこれでもかの残虐さは言うに及ばず、
植民地での宣教師たちの土俗宗教への不寛容からくる残酷さにも目をおおうものがある。

122吾輩は名無しである2013/12/05(木) 20:44:36.31
日本でおきた弾圧はクリスチャンに対してだけじゃなかったのは自明。
弾圧でなくても、たとえば吉田松陰とともに牢屋に入れられた人は
士分ではなかったので松陰とは別の平民用の牢屋へ入れられたために
その環境が過酷で獄死してしまった等、誰に対しても厳しい国だった。
キリスト教の布教は植民地政策に続いていてそこで何が起きたかは
もう歴史で結果がでている。つまりキリスト教者たちが他者への善意だけで
存在していたわけではないということも歴史が証明している。
それだから、あらゆる状況のなかからただクリスチャンの
受難だけを抽出して物語にして映画にするというのは宗教的陶酔にすぎない。

123吾輩は名無しである2013/12/10(火) 13:59:11.38
沈黙読んでキリスト教で気になったのは、
布教って行為自体に重きを置きすぎじゃないかって思った
教えの内容も内容だけど、布教ってなんなんだろと小説読んで思った

124吾輩は名無しである2013/12/11(水) 08:40:41.64
>>120
そうだね異教徒を虐殺しまくった十字軍や社会的弱者や罪のない腐女子を拷問死させまくった魔女狩りほどには酷くないと思うよ

125吾輩は名無しである2013/12/11(水) 17:42:20.99
日本人を奴隷として売り飛ばしてたバテレンを
さも厳しい弾圧と戦う聖者のごとく描いてるのが笑えるよな

世界中の植民地で異教徒を弾圧して搾取しまくった白人が
自分達が弾圧された時だけ過剰に被害者ぶる
しかも滑稽なのは日本人の側から勝手に白人に感情移入して日本人を断罪してる点
白人も遠藤みたいな従順でお目出度い猿を馬鹿だなぁwと思って腹かかえて笑ってるわ

126吾輩は名無しである2013/12/12(木) 01:34:44.95
まぁ宣教師を聖者だと思ってるのは日本人だけだからね
そこも島国らしよね

127吾輩は名無しである2013/12/13(金) 12:40:03.87
>>116
その卑しい民族にプリンス・オブ・ウェールズを撃沈されてチャーチルがションベン漏らしちゃんたんだから笑えるよな

128吾輩は名無しである2013/12/17(火) 08:42:30.55
原爆おとされてその卑しい国のトップにVサインされちゃった国があるらしい・・・

129吾輩は名無しである2013/12/17(火) 08:45:08.65
だれ?そのトップって。

130吾輩は名無しである2013/12/17(火) 09:24:44.91
コロンビア

131吾輩は名無しである2014/01/12(日) 16:50:05.79
かういふ小説を書いても、常日頃のおふざけ雑文がわざわひして、
文学的に格調高いとは思へぬのは吾輩だけであらうか?

132吾輩は名無しである2014/01/13(月) 13:37:17.19
>>125 :吾輩は名無しである:2013/12/11(水) 17:42:20.99 日本人を奴隷として売り飛ばしてたバテレンを
さも厳しい弾圧と戦う聖者のごとく描いてるのが笑えるよな

秀吉が怒ったのもそこ。ポルトガルの奴隷船で多人数の日本人
が海外に連れ出された。なかにはブラジルまで拉致されたものもいる。
宣教師は侵略の先兵だった。とくにイエズス会の連中が酷かった。
キリスト教は「人類は神が神の姿に似せて作ったもので、すべての
生き物の長」という思い上がった宗教。アジア人アフリカ人なぞ
人間と思ってはいなかった。

133吾輩は名無しである2014/01/13(月) 21:46:41.58
>>132
秀吉が怒った?そんないい人じゃないだろう。

134吾輩は名無しである2014/01/13(月) 21:55:44.19
>>133
おまえなあ、秀吉は政治家だぞ。怒ったふりかもしれないし、
実は怒っていないでばてれん追放したかもしれんし。
悪い人にきまっているだろう、おまえあほか。

135吾輩は名無しである2014/01/13(月) 22:04:08.16
>>134
ん?
132さんに史実の確認をしたかったのだけど?
勝手な推量でわかったような気になっているおまえこそあほだろう。

136吾輩は名無しである2014/01/14(火) 07:58:00.19
>>135後出しじゃんけんで史実史実といわれてもなあ。
歴史知らんやつにいろはから教える元気もないは。
歴史板に行け。朝鮮人!

137吾輩は名無しである2014/01/14(火) 15:23:16.61
沈黙はよかったなぁ

138吾輩は名無しである2014/01/14(火) 18:10:43.25
おれのチンは黙しているが。

139吾輩は名無しである2014/01/16(木) 14:09:19.44
>>138 :吾輩は名無しである:2014/01/14(火) 18:10:43.25 おれのチンは黙しているが。


  これでこのスレ終了やんか

140吾輩は名無しである2014/01/18(土) 19:19:35.69
臭作the end

141吾輩は名無しである2014/02/10(月) 17:51:50.76
白い人黄色い人読んでない俺は周作好きを名乗っちゃダメですか?

142吾輩は名無しである2014/04/23(水) 14:50:29.60
過大評価作家
酒飲みが上機嫌でだべってたり愚痴ったりしてるレベルの作家なのに持ち上げられ杉

143吾輩は名無しである2014/05/07(水) 12:34:18.77
フランスの大学生 (新風舎文庫) [文庫]
遠藤 周作 (著)

1953年早川書房より刊行。1974年角川書店より刊行。1977年角川文庫化。
1950年、27歳の遠藤周作は文学研究のため、一留学生としてフランスに渡った。
第二次世界大戦の荒廃を残す人々と心の生活。ナチスの残虐、肉欲、黒ミサ、サド、ジイド……。
霧深いリヨンの街で南仏の寂しい曠野で、人間の魂の暗部を擬視しながら、著者は考える――。 
愛とは、信仰とは何か? 真摯な思索と、みずみずしい感性を湛えた、文学の香気溢れる遠藤周作幻のデビュー作の復刊。
解説は、作家・三田文学編集長の加藤宗哉氏。巻末には、留学時代の貴重な写真、当時の書評、オリジナル年譜を収録。

出版社: 新風舎 (2005/01)

144吾輩は名無しである2014/08/25(月) 00:41:00.54
軍師官兵衛の竹中直人の顔を見てたら遠藤周作思い出した

145吾輩は名無しである2014/11/11(火) 08:51:28.09
女性に操られる小説ってなんってやつだっけ?

146吾輩は名無しである2014/11/11(火) 11:37:00.33
この人カトリック教会が応援してくれて地位が築けたんじゃないかと推測。

イエスの生涯とか読んでも、勉強はよくしてるようだけど、
なんかちょっと、あんまり頭がよくない人のような印象が強い。

147吾輩は名無しである2014/12/12(金) 05:30:28.15
カトリックはどうかなあと考えてる人には「私にとって神とは」お奨めします。
日本人とカトリックの相性はいいですよ。わびさびもあります。

148名無しさん@そうだ選挙に行こう2014/12/14(日) 06:14:52.80
>>146
描いたキャラクターの数々を全て演じることができる人だからね。
謙遜ばかりされていたが「鉄の首枷」あたりを読むと、どのくらい頭がいいか判る。
フランス語は喧嘩ができるくらい流暢だし。
私は日本の文学者は遠藤周作がど真ん中の中心だと思う。
 
夏目漱石は文が美しく、己の教養がいかに高いかを前面に出したものだった。
裏に流れている哲学や思想は、中庸や常識であり、実に薄っぺらい。それを見抜いたら
読めなくなった。
 この逆が遠藤周作ですな。

149名無しさん@そうだ選挙に行こう2014/12/14(日) 10:55:24.74
文学者の頭がいいか悪いかはその人のユーモアで判断するものなんだよ。
遠藤周作のそれは下ネタも下ネタ。
うんことしょんべんの便所話で笑いを取ってそれで自分もゲラゲラ笑ってるだけ。
なにが「どのくらい頭がいいか判る」だよ、池沼。(嗤

ちなみに、頭のいい人ってのがどんな人なのかが判る人は「ど真ん中」は下品だとして使わない。
それは「まん真ん中」っていうんだよ。
一つ利口になってよかったろ?w

150吾輩は名無しである2014/12/15(月) 03:20:28.79
>>149
頭が良いと思わせないために敢えて「ど真ん中」を使ってるとは考えなかったのか?
ひとつ利口になったのはお前の方だなw マヌケ野郎w

151吾輩は名無しである2014/12/15(月) 09:21:08.01
沈黙を読んであまりの定休な文学と朕は黙したw

152吾輩は名無しである2014/12/15(月) 09:54:58.81
>>150
(嗤

153吾輩は名無しである2014/12/15(月) 14:05:35.76
>>150はネタだろ、いくらなんでも。

それと、

>フランス語は喧嘩ができるくらい流暢だし。

こういうこと言う人、ときどきいるけど、喧嘩に流暢な言語運営能力はいらない。
汚い単語をいくつか知ってればそれで充分すぎる。
もっとも遠藤氏は汚い言葉はお好きだったようだから・・・(笑

154吾輩は名無しである2014/12/17(水) 22:59:52.30
古書店でこの人の小説を衝動買い。

「海と毒薬」「沈黙」「ユーモア小説集」「大変だァ」「笑うべからず」「ウスバかげろう日記」の六冊。

どれから読むのが良いんだろう?
アドバイス求む。

155吾輩は名無しである2014/12/18(木) 08:34:07.18
二度と衝動買いはすまいというイマシメとして、六冊まとめてふん縛って
リサイクルゴミに出すのがよろし。

156吾輩は名無しである2014/12/18(木) 11:57:41.71
>>155
答えになってないし、欠片もおもしろくねーよ 大丈夫かお前

157吾輩は名無しである2014/12/18(木) 16:13:40.31
沈黙

158黒虹髭長髪偶結公2014/12/18(木) 22:34:59.71
作家遠藤は教授向きじゃねえ。評価もこれからだけど
小説では永井は越せねえ。だから作家遠藤でいい。

159吾輩は名無しである2014/12/18(木) 23:17:43.84
>>157
レスありがとう

今週末、沈黙から読みはじめてみます

160吾輩は名無しである2014/12/19(金) 00:59:12.72
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ:::::::::::::::|
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ヽ::::::::::::::l
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::「'ヽ::::::::::://   ヽ:::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノl:::ノ l:::::::/      ヽ::::::::|
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ゙゙  ノ:::/ ,,;;;;;;,,    ,,,,ヽ:::::l
   ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ノ/ __,'''i: ('''__):::l  
  )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ン:. :「 ̄`ヾ   
 1:::::::::::::::::::::::「 `┤l:::::::::::::::::l          ̄   ,  ヽ ̄ l   
  `l:::::::::::::::::::::ヽ  :l li:::::::::::::/        ヽ  /´   `l  |
  ヽ::::::::::::::::::::::\_」 lヽ::::/         .l  !:-●,__ ノ  /      
  ノ:::::::::::::::::::::::::::ノ | l `゙゙           i ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  /ヽ       
,/ ヽ::::::::::::::::::::::(  l l::::::::..         /.:''/´ ̄_ソ  /  `ヽ
     ヽ:::::::::::::::ヽ | l:::::::::::...      /::// ̄ ̄_ソ  /    \   ヴッ!!
        ヽ:::::::\| l::::::::::::::::...    / :::.ゝ` ̄ ̄/ /       ヽ
           ヽ:::l l:::::::::::::::::::..      ̄ ̄;;'' /         ヽ
              l l;;;;;;:::::::::::::::.....;;;;............;;;;;;''ノ            l
              l l '''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ̄l |             |

http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0

161sage2015/01/26(月) 17:11:15.04
嗤嗤うるせー禿げ。

162吾輩は名無しである2015/02/02(月) 21:58:13.84
侍はあまり話題にならないね
アレ好きなんだけど

163吾輩は名無しである2015/02/02(月) 23:28:22.57
【映画】江戸時代のキリシタン弾圧を描いたマーティン・スコセッシ監督の新作撮影現場で事故、3人死傷(c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1422800988/

>『サイレンス』は江戸時代初期のキリシタン弾圧を題材にした、故遠藤周作さんの小説「沈黙」を映画化
>したもので、師の行方を探して日本にわたった宣教師ロドリゴの苦悩を描く。

164吾輩は名無しである2015/02/12(木) 13:40:45.71
前回の高校二年河合マーク模試の問題が遠藤周作の「留学」だったよ
眞鍋と言い合う場面からプルーストの臨終の様を思い出して、自問自答することろまで

165吾輩は名無しである2015/02/12(木) 20:32:48.56
留学は、「俺も留学したらこうなりそうな気がする」的な妙な親近感があって鬱になる

166吾輩は名無しである2015/02/14(土) 19:35:07.71
沈黙を読んであまりの定休な文学と朕は黙したw

167吾輩は名無しである2015/03/27(金) 16:02:14.75
モーリアック読んだ人いますか?

168吾輩は名無しである2015/04/17(金) 00:05:55.50
>>167
大昔に読みました。

あまりに若い頃読んだので、今となってはフランスの夏は意外に暑いらしい、との
印象しか覚えていないけれど、また読んでみようかな。

遠藤が扱っていましたね。私もそれで読んだんだと思います。

169吾輩は名無しである2015/04/17(金) 00:07:07.78
ああ、ちなみにモーリアックの「テレーズ・デスケイルウ」でした。

170吾輩は名無しである2015/05/05(火) 16:21:53.30
沈黙よりも、侍のほうがハリウッド向けの物語だと思うんだけどなあ

171吾輩は名無しである2015/05/05(火) 21:24:49.06
確かにそうだが制作費も数倍かかるのでは

172吾輩は名無しである2015/06/11(木) 15:35:41.06
>>167
テレーズと愛の砂漠は遠藤周作が訳していたので最初に読みました。

173吾輩は名無しである2015/06/11(木) 15:36:35.46
青い小さな葡萄は面白い。

174吾輩は名無しである2015/08/01(土) 01:45:43.51
この人芥川の「神々の微笑」にかなり影響受けてるよね

175吾輩は名無しである2015/08/02(日) 19:35:06.49
海と毒薬、追記(第二部?)の予定があったとはあるけど
たしかに思想的にもう少し突っ込んだ内容であってほしかったなぁ

176吾輩は名無しである2015/08/02(日) 19:53:59.54
>>175
分かる。あれ意外と中身が薄いんだよね
しかしどう突っ込むべきかは分からんが…

177吾輩は名無しである2015/08/03(月) 22:06:30.23
>>176
ね。あらすじ読んだ上で買ったけど、あらすじだけでいいじゃんって思った

178吾輩は名無しである2015/09/04(金) 08:20:25.41
260 : バックドロップ(dion軍):2014/02/26(水) 14:10:29.49 ID:QWMmdxxD0
遠藤周作だったかな?
エッセイでこんなこと書いてた。

「男性はトイレに入る前に大か小かを決めてから入る。
しかし、女性は何も考えずに入り、とりあえずしゃがみ、とりあえず小を出す。
大が出たら儲けもの。
女性の決断力の無さはこんなところに起因するのではないか」

 ↑
このエッセイが気になったので今探してるんだけど、どの本に収録されてるのか分かる?
それとも雑誌か新聞のみの掲載?

179吾輩は名無しである2015/09/20(日) 23:25:31.43
たのしんごが売れてるときにブコフで買った『侍』まだ読みおわってない

当時はベラスコスコスコ…と言いながら頑張って読んでた

180吾輩は名無しである2015/09/21(月) 22:40:13.87
>>179
サムライ宣教師クルーズを見ればw

181吾輩は名無しである2015/10/25(日) 22:23:07.69
>>178
なんか世代が違うせいか遠藤周作のいうことがたまにわからない。
女ほど便秘だとか気にしてる気がするし。
痴漢冤罪は論外だけど、本物の痴漢にあった女にブサイクとか言うのは理解できない。
美人だって男だって変質者にケツ揉まれるのは嫌だ。

182吾輩は名無しである2015/10/27(火) 18:29:26.41
>>181
世代は関係ない
便秘も関係ない
お前が読解力無いだけ

183吾輩は名無しである2015/10/27(火) 20:52:51.84
>>182
死ね

184吾輩は名無しである2015/10/29(木) 01:28:12.40
>>183=>>181
なあ、もうちょっと頑張れよw
知能障害を起こすのが早すぎw

185吾輩は名無しである2015/10/29(木) 01:35:02.06
遠藤周作ってのは下ネタ・スカトロで笑いを取ってるだけの低脳だってw
それで一緒になって笑ってる遠藤ファンってのが池沼なんだわさwww

186吾輩は名無しである2015/10/29(木) 01:45:51.54
「うんこちんちん」に笑えないと言ったら、読解力が無い、だもんな。ド白痴が(嗤

187吾輩は名無しである2015/10/29(木) 01:57:08.72
ある時某女優と対談してて遠藤がキスをしようとして拒まれて
「あなた便秘でしょ」とその女優に言った。「えっ?」と言われて
「ケチな人は便秘なんだ。便秘、便秘」と喚いた。
↑のエピソードを同席していた安岡章太郎が書いている。
遠藤周作ってのは、それがユーモアっだって言う、もうなにをかいわんや、のタダのバカさ(嗤

188吾輩は名無しである2015/10/29(木) 11:44:44.55
一方、若き日の吉永小百合は五木寛之との対談を熱望し、
実現すると「想像通りの素敵な方でした」と彼女は語ったという。
五木がキスしても拒まなかっただろう。イケメンはいいね。

189吾輩は名無しである2015/10/31(土) 21:55:53.46
>>181
>>178の解説をすると、
「男は事前に小便器を使うか大便器を使うか決めなければならないが、
女は大小どちらも動作が同じだから、選択・決断する必要はない」という話。
便秘であるかどうかは無関係だろ。
痴漢の話に至っては178とはまるで無関係だし、
もしかしてわざといろんな話を混ぜて攪乱しようとしてるの?
>>186
>「うんこちんちん」に笑えないと言ったら、
誰がそう言ったの?

190吾輩は名無しである2015/10/31(土) 23:53:10.31
>>183
ここはいつから中学生用掲示板になったんだ?

191吾輩は名無しである2015/11/01(日) 13:55:44.62
>>178のエッセイの引用文に同意しているならそう書けばいいし、
「いやそんなことはない。決断力がないのは男のほう」と思ってるなら、
事例をあげて説明すればよい。
だが>>183はそのどちらもせずに「死ね」と一言だけ。
>>183は他人と議論をする意思も能力もないお子ちゃまであることを露呈した。

192吾輩は名無しである2015/11/01(日) 14:12:19.73
>>191
必死だな

193吾輩は名無しである2015/11/01(日) 14:20:52.60
>>192
「ウザい」「キモい」「必死だな」等は相手を黙らせたいときに使う思考停止ワード

194吾輩は名無しである2015/11/03(火) 15:43:01.42
男だけどオシッコは座ってする派ですが何か?

195吾輩は名無しである2016/03/04(金) 21:13:25.91
口笛をふく時、が大好き
文庫で出して欲しい

196吾輩は名無しである2016/03/04(金) 22:58:51.99
今調べたら出てた

197吾輩は名無しである2016/03/13(日) 00:43:04.23
「深い河」は何で図書館で十代向けのコーナーにあるの?
ある程度年取った人には合わないのか。

198吾輩は名無しである2016/05/20(金) 15:15:33.77
高塚光とも対談したんだな

治らなかったのか

199吾輩は名無しである2016/05/20(金) 15:25:09.40
懐かしいなあ

関係ないけど幕内の遠藤も頑張ってるw

河合隼雄との対談集みてみよう

200吾輩は名無しである2016/05/28(土) 08:40:17.14
スレチになるが『私が・捨てた・女』の映画が面白かった。原作は読んでない。
***
随分、昔になるが、(俺の勘違いかも知れないが、)遠藤宅に泥棒が入ったという報道が昔あった。その際、金庫は無事だったとか。作家が金庫をもっている、ということに俺は不快だった。で、俺は「沈黙」の初版本を、即、捨てた。
ただ、「まいろうや まいろうや ぱらいそ寺に まいろうや」という文言を今でも覚えている。

201吾輩は名無しである2016/05/30(月) 20:06:47.50
カトリック作家の曽野綾子と比べてどう?

202吾輩は名無しである2016/05/31(火) 13:07:14.30
遠藤は真摯なカトリック作家、曽野は聖書読み教徒、

203吾輩は名無しである2016/06/01(水) 08:29:03.23
遠藤は臭い

204吾輩は名無しである2016/06/01(水) 08:48:16.11
しつこい

205吾輩は名無しである2016/06/02(木) 18:35:06.17
黄色い人よ

206吾輩は名無しである2016/06/03(金) 14:38:08.93
遠藤周作「幻の処女小説」収録 31歳時、別名義で短編(産経新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000060-san-ent

207吾輩は名無しである2016/07/12(火) 18:17:28.59
昔は読んだけど今読み返すと大したこといってないな

208吾輩は名無しである2016/09/23(金) 11:18:43.82ID:I9gLkgmc
もと婚約者のフランソワーズってなんで40代で亡くなったの?

209吾輩は名無しである2016/11/10(木) 17:20:53.15ID:/8PAnieR
映画の沈黙は2017年
日本人キャストの配役納得行かない
窪塚、浅野、小松菜奈
無名劇団員とかでよかったのに

210吾輩は名無しである2016/11/22(火) 23:37:53.21ID:b33+KcCC
今よみかえすとあざとい
主張もなんもかんも全部ポーズに見える

211吾輩は名無しである2016/11/25(金) 19:09:58.71ID:ut/IOM3E
このイエズス会の第二次破門令議決書には、しかしながらイエズス会がかつて奴隷貿易に関与していたことを示す箇所もある。
そこには、初期には購入した日本人の少年少女を輸出するにあたって、イエズス会がポルトガル商人に代わって契約に署名し、許可を与えていたと書かれている。
さらに、イエズス会の会計帳簿には奴隷売買の記録が記載されている。
http://i.imgur.com/Ruk7wqR.jpg
奴隷貿易が与えた極東への衝撃 藤田みどり
東西の思想闘争 P.178

一方でまた、日本でもそうであったように、イエズス会士自らが奴隷取引に手を染めていた。
宣教師として朝鮮に渡った最初のヨーロッパ人であり、布教だけではなく、日本人や朝鮮人の戦傷病兵の看護や死体の埋葬にもあたった人物として知られるグレゴリオ・デ・セスペデス(Gregorio de Céspedes)は、日本人女性奴隷の売買に関わっていたと言われている。
http://i.imgur.com/UUoBafJ.jpg
奴隷貿易が与えた極東への衝撃 藤田みどり
東西の思想闘争 P.179

212吾輩は名無しである2016/11/25(金) 19:10:20.25ID:ut/IOM3E
大正時代の本なのにちゃんと出典引用してて凄い
徳富蘇峰「近世日本史 豊臣氏時代 乙編」
http://dl.ndl.go.jp/view/jpegOutput?itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F960830&contentNo=214&outputScale=2
五箇条詰問の中にて、奴隷売買の一件は、最も重大であった。しかもコエリョは、ただ言葉を濁して、申し訳したるのみにて、その事実を否定すること能わなかった。
それもその筈だ。これはポルトガル商人が公々然行うところの罪悪であったからだ。
その詳細の顛末はレオン・パゼーがマドリッド府の歴史学士院の文庫を捜索して得たる文書を、その日本耶蘇教史の付録に採録したるもので分明だ。
その一節に曰く、

ポルトガルの商人は勿論、その水夫、厨奴等の賤しき者までも日本人を奴隷として買収し、携え去った。しかしてその奴隷の多くは船中にて死した。
そは彼らを無闇に積み重ね、極めて混濁なるうちに籠居(ろうきょ)せしめ。
しかしてその持ち主らが、一度病に罹るや ――持ち主の中にはポルトガル人に使役せらるる黒奴も少なくなかった―― これらの奴隷には一切頓着なく、口を糊する食糧さえも、与えざる事がしばしばあった為である。
この水夫らは、彼らが買収したる日本の少女と、放蕩の生活をなし、人前にてその醜悪の行いを逞しうして、あえて憚(はばか)るところなく、そのマカオ帰港の船中には、少女らを自個の船室に連れ込む者さえあった。
予は今ここにポルトガル人らが、異教国におけるその小男、小女を増殖――私生児濫造――したる、放恣、狂蕩の行動と、これがために異教徒をして、呆然たらしめたることを説くを、見合わすべし。

と。しかしてムルドックの如きは、この奴隷売買を途絶したるは、秀吉及びその継続者の力にして、耶蘇会宣教師の力にあらざる事を特筆している。[ムルドック日本史]
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/960830/214

213吾輩は名無しである2016/11/25(金) 20:54:21.73ID:/T5tJI7v
ゲゲッ!

214吾輩は名無しである2016/12/11(日) 18:44:57.25ID:0z/t2ttE
スコセッシ監督は来日インタビューで
原作に出会った瞬間映画化を希望して
28年間思い続けた、と言っているんだけど
すぐに映画化できなかったのはどうしてなんだろう

215吾輩は名無しである2016/12/24(土) 15:54:10.62ID:yfCIQSYz
映画化するというので中学ぶりに沈黙読んだ
テーマに反してあっさりとしてたな

216吾輩は名無しである2016/12/27(火) 01:10:42.38ID:OgBsrzXM
遠藤周作は歴史を改竄している
歴史修正主義者だ

宣教師は侵略戦争を行うためのスパイとして送り込まれてきた
バテレン追放令を出した理由ははっきりしているのに遠藤周作は故意にこれを隠し、キリシタンの拷問・処刑は根拠なく行われている残忍なものであるという虚偽のプロパガンダ小説を書いている

宣教師が本国に送った手紙の中には、明確に征服事業という真の意図が記されている
わずかな経済・軍事援助によりキリシタン大名を従えて九州・四国を占拠することは可能だと報告

高瀬弘一郎『キリシタン時代の研究』岩波書店 P.140-142
イエズス会所蔵 スペインの宣教師ペドロ・デ・ラ・クルスがイエズス会総会長に宛てた手紙

「日本人は海軍力が非常に弱く、兵器が不足している。そこでもし国王陛下が決意されるなら、わが軍は大挙してこの国を襲うことができよう。
この地は島国なので、主としてその内の一島、即ち下(しも:九州)、または四国を包囲することは容易であろう。
そして敵対する者に対して海上を制して行動の自由を奪い、さらに塩田その他日本人の生存を不可能にするようなものを奪うことも出来るだろう。

隣接する領主のことを恐れているすべての領主は、自衛のために簡単によろこんで陛下と連合するであろう。

金銭的に非常に貧しい日本人に対しては、彼らを助け、これを友とするのに僅かのものを与えれば充分である。
わが国民の間では僅かなものであっても、彼らの領国にとっては大いに役立つ。

われわれがこの地で何らかの実権を握り、日本人をしてわれわれに連合させる独特な手立てがある。
即ち、陛下が…われわれに敵対する殿達や、その家臣でわれわれに敵対する者、あるいは寺領にパードレ(司祭)を迎えたり改宗を許したりしようとしない者には、貿易に参加させないように命ずることである。」

217吾輩は名無しである2016/12/27(火) 01:11:19.85ID:OgBsrzXM
島原の乱は宣教師の侵略戦争計画そのものだったんだよ
キリシタンは皆殺しにされて当然

218吾輩は名無しである2016/12/30(金) 14:23:21.59ID:3IoRdn5I
映画の公開も近いのにな
近年遠藤があまり話題にならなくなったのは
遠藤の作品は、本来のキリスト教の問題としてではなく
転向の問題として、日本と欧米の関係として、読んでいた人が多かったからかもしれない
流石に転向の問題は大問題であっても散々議論されて戦後70年で当事者がほぼ退場しちゃったからな
日本と欧米の問題は他の作家も書いてることではあるから

219吾輩は名無しである2016/12/30(金) 14:41:12.80ID:u520eoq7

220吾輩は名無しである2016/12/30(金) 18:18:04.47ID:ewJ8ybuZ
この小説読んで穴吊りなんていう拷問初めて知った。

221吾輩は名無しである2016/12/30(金) 18:21:07.79ID:ewJ8ybuZ
>>194
洋式トイレで座って小便すると前立腺圧迫して良くないそうだ。
チンポは立ってするように設計されている。

222吾輩は名無しである2017/01/01(日) 00:59:43.09ID:b7q7QwCH
いよいよ今月公開ですね
楽しみ

223吾輩は名無しである2017/01/02(月) 22:25:03.22ID:D5TcKZM0
スコセッシの遠藤リスペクトとキリストへの信仰に敬服

224吾輩は名無しである2017/01/05(木) 22:38:32.86ID:sn7G6cBz
【フジ系土ドラ】 真昼の悪魔 【田中麗奈・中村蒼】
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1483622898/

225吾輩は名無しである2017/01/10(火) 20:47:31.71ID:lnXOrEPG
>>221
亀レスにもほどがあるよ・・・と亀レス

226吾輩は名無しである2017/01/10(火) 21:29:54.21ID:Eue3llXg
当初は協調関係にあったスペイン・イエズス会とポルトガルが反目し
スペイン艦隊滅亡後にポルトガルからオランダが独立し
そのオランダと幕府が手を結んだ

西洋的倫理と東洋的価値の相克と解釈するのはどうだろうかね
カソリックが極東でのヘゲモニーを失ったときに宣教師と現地信者が大量殉死したが
イエスキリスト磔刑時のように神は沈黙したままだった
まあ、世俗政治に神様は首を突っ込まないから、という解釈も成り立つ

227吾輩は名無しである2017/01/21(土) 17:17:49.88ID:aPw5Vxel
遠藤周作文学館はものすごく景色が良い所だお。

228吾輩は名無しである2017/01/28(土) 17:18:42.62ID:iBjm6N5l
>>6
ww

229吾輩は名無しである2017/01/29(日) 10:01:59.21ID:FYmEx1X0
ぎゃああああああああ!

230吾輩は名無しである2017/01/30(月) 00:14:02.02ID:RgQVjMMS
>>201
曽野綾子みたいなゴミと比較すること自体間違ってる。

231吾輩は名無しである2017/01/31(火) 01:09:15.93ID:i9JAK60l
そもそもイエズス会っても

232吾輩は名無しである2017/01/31(火) 01:19:50.91ID:i9JAK60l
19世紀のイエズス会って奴隷貿易とか結構腐敗してたっていうけど、伝導とかって国の利害関係があって
受け入れた 受け入れなかった が絶対あるきがする

233吾輩は名無しである2017/01/31(火) 13:31:56.49ID:CK1w53Dd
ブコフで見かけた「深い河」に衝撃を受け、それから既に10年超えで遠藤周作ファンをやっているが、H神父事件について知ったのは一昨日のこと。

遠藤先生も、よく立ち直れたものだと思う。そりゃあ「神も仏もあったもんじゃない!」って境地にもなりますわな…(´・ω・`)

自分自身の人格にも影響を与えた好人物の「裏の顔」を知って衝撃を受けたという経験を開陳してくれたのは、似たような経験の最中にある人にとって「慰め」になるとは思うが…

234吾輩は名無しである2017/01/31(火) 18:55:27.74ID:peccRE67
H神父事件って知らない
ググってみるわ

235吾輩は名無しである2017/01/31(火) 22:57:57.36ID:T5EmkFZu
「弱き者と共にいるイエス」だとか
「支え立てを失った聖職者」だとかの
遠藤周作先生の作品に現れるモチーフ
の原型になっていることは想像に難く
ありません。

236吾輩は名無しである2017/02/01(水) 15:47:43.52ID:X2wqO6cz
いろんなブックオフ巡ってもなぜか「沈黙」が売っていない。
そんなに希少なのか?この本って

237吾輩は名無しである2017/02/01(水) 21:12:25.17ID:+6yv0cQw
たんに映画化バブルで売れてるだけでは?
この前アマゾンでも全体の売り上げランキングで12位になってたし

238吾輩は名無しである2017/02/01(水) 23:09:21.28ID:jYAMhzDC
書店で平積みされてるよ

239吾輩は名無しである2017/02/02(木) 13:16:12.81ID:yvXBG2tQ
フェレイラ神父がH神父と重なってイメージされて仕方がない…(´・ω・`)

240吾輩は名無しである2017/02/02(木) 21:10:46.62ID:Fuc6c82J
誰か「私の愛した小説」を読んでないのかな。

遠藤周作の考え方がだいたいこの1冊で分かる。

241吾輩は名無しである2017/02/02(木) 21:34:24.10ID:0BreR+AZ
神父による性的虐待は懺悔という告白制度が温床になっていると思うが

242吾輩は名無しである2017/02/03(金) 17:54:30.54ID:iq5BDn+k
懺悔の内容ばらすぞとか脅迫すんの?

243吾輩は名無しである2017/02/08(水) 17:56:47.83ID:Yo8Z7yiC

244吾輩は名無しである2017/02/08(水) 21:41:04.61ID:WKriz86b
>>234
ググルより、遠藤周作の「影法師」 を読めばいい。

ついでに曽野綾子の「傷ついた葦」を合わせて読むといいかも。
曽野綾子の「傷ついた葦」と「不在の部屋」 カトリック聖職者の生活に興味があるなら絶対必読。
「傷ついた葦」は神父の生活を「不在の部屋」は修道女の生活を、かなり明け透けにに書いている。

「傷ついた葦」の主人公は神父で、後輩の神父が女性問題で聖職を辞すというエピソードが出てくる。
やめる神父の気持ちと、それを横目に見つつ聖職を貫く神父の気持ちがそれぞれに描かれていて興味深い。
不遇な女性を救いたいという気持ちから、聖職を投げ出してしまう若い神父の心情が、少し「沈黙」のロドリゴに通じる部分があるように感じた。

245吾輩は名無しである2017/02/08(水) 21:47:55.32ID:WKriz86b
>>242
告悔の内容をばらしたら、その神父は即、破門になって、地獄落ち確定です。

神父なんて、ツブシが効かないので、破門されて神父をやめることになったら、現世でも即、生活に困ります。

「告悔の内容ばらす」なんて言ってもその神父自身の首を絞めることになるだけです。

246吾輩は名無しである2017/02/09(木) 01:54:37.79ID:eU9+Jpgr
>>240
紹介 Thx
読んでる最中です。
巻末の「テレーズ・デスケルウ」と格闘しています。

晩年の大傑作「深い河」の見方が変わったかも …

教会から居所を無くした神父様方 & 学生時代の遠藤先生御自身を
ハイブリッドさせたようなキャラクターに、「テレーズ・デスケルウ」のヒロインを
救済させようとしてる面がある??

247吾輩は名無しである2017/02/09(木) 17:38:28.31ID:bbbp4gQh
誰もが心の中にキチジローを持っている

248吾輩は名無しである2017/02/09(木) 17:39:00.43ID:bbbp4gQh
誰もがタンスの中にキチジローを入れている

249吾輩は名無しである2017/02/09(木) 17:41:19.67ID:bbbp4gQh
誰かが日差しの中でキチジローを起こしている

250吾輩は名無しである2017/02/09(木) 17:44:51.66ID:rnObSM6S
>>247
>>248
>>249

キチジロー萌え?

251吾輩は名無しである2017/02/10(金) 15:47:49.52ID:0YgLhs/K

252吾輩は名無しである2017/02/10(金) 18:39:35.32ID:ZibQ/9da
構想から実現まで26年か…

253吾輩は名無しである2017/02/10(金) 20:12:51.77ID:UALEySeS
>>252
構想をたてた当時は世界的な宗教ブームの真正中

2542402017/02/10(金) 21:44:58.68ID:qvT02uc+
>>246
読んでくれてうれしいっす。
私は「私の愛した―」を先に読んだので、
深い河は「遠藤周作オムニバス編」みたいで、あんまり感動は無かった。
先に深い河を読んだらどう感じただろう。
その当時(1990年ごろ)、まだ深い河は世に出てなかった。

2552462017/02/11(土) 00:09:51.16ID:n3wFYiJx
>>254
レス蟻です。

私は全く逆で、遠藤文学に触れる契機になったのが
「深い河」でした。(今から十数年前)

当時、「人から認められ得るデカい肩書き or 業績」を得ようとして足掻き続けながらも
結局はそんなモノは人生の中で得られそうもないということに薄々気がつきつつ
あったので、大津 & 木口 & 沼田 の生き方 (とりわけ大津の死に様) にクラクラ
したのを今でもよく覚えています。

順序は逆になりますが、「私の愛した小説」の御紹介、ありがとうございました。

私事になりますが、「影法師」に僅かながら重複要素のある出来事に遭遇し、
自分自身と他者の「影」の部分にどのように向かい合うかを巡って
心理的な危機に見舞われていたのですが、「私の愛した小説」でも扱われていた
ユング心理学における「影」の扱いを知って私自身も「「助かった」という気持ち」
(c遠藤周作先生) を少し味わうことができました。

256吾輩は名無しである2017/02/11(土) 01:24:51.06ID:zYedBR1A
>>255
羨ましいな。
私は「影法師」に物凄く重複要素のある出来事に遭遇し、自分自身と他者の「影」の部分にどのように向かい合うかに嵌まり込んで20年経っても立ち直れない。

257吾輩は名無しである2017/02/11(土) 19:32:51.27ID:n3wFYiJx
そこにこそ「玉ねぎ」とか「X」とかが働く … と、遠藤先生ならおっしゃるかもしれませんね …

258吾輩は名無しである2017/02/11(土) 20:21:06.53ID:IMQGF0VB
キチジローのまなざし

259吾輩は名無しである2017/02/11(土) 22:51:26.98ID:B+/1fgNN
>>257
現実には働きません。

260吾輩は名無しである2017/02/12(日) 01:14:56.06ID:O0fNz05e
遠藤先生の作品をアレコレと追いかけていく内に、グレハム・グリーンに行き着いた。
今更ではあるが。

… で、「権力と栄光」の大凡のあらすじを知った。

知るんじゃなかったぁぁっ !
更にメンヘラが加速する。orz

261吾輩は名無しである2017/02/12(日) 02:01:36.31ID:Z6UDDGek
>>260
グレアム・グリーン作品では「キホーテ神父」が一番好き。
遠藤周作の「おばかさん」や「悲しみの歌」に似てる。

ところでロシア人女流作家の「通訳ダニエル・シュタイン」も実在のユダヤ人カトリック司祭をモデルにした小説ですが、ものすごく良いです。
異文化の中で相互理解を求めて悪戦苦闘するという点では「沈黙」にも通じるテーマです。

262246 & 2552017/02/16(木) 00:40:59.77ID:SjedkexJ
>>256
古傷に感じている疼きを吐露してくださったこと、有難く思います。

私自身、古傷の疼きが癒えていない身であるので、
似たような苦しみを遠藤先生だけでなく 256 さんも身に受けていた
ということを知って私も少しだけ気分がラクになりました。

遠藤先生なら、「其処にこそ X は働く」と仰ったかもしれません。

また、以下のサイトの記述も、少しだけ希望を与えてくれます。

ttp://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p10762812c.html
> 「影法師」を書いていた頃、遠藤はヘルツォーク神父を許す気持ちが
> 芽生えていたようです。

263吾輩は名無しである2017/02/18(土) 02:04:40.13ID:Bft8gqrH
>>262
それでもヘルツォーク神父がやったことは、単なる恋愛による還俗で、別段、性的虐待をやったわけじゃないからね。

正直、全くの第三者である遠藤周作が、他人の人生を許せないだのなんだの言ってるのは甘いと思う。

赤の他人を勝手に理想化して、相手が自分が思ったような人生を送らなかったからって、勝手に幻滅しているだけ。

264吾輩は名無しである2017/02/18(土) 03:26:29.20ID:cdLzLQzL
「影法師」の元ネタに関して、こんなん見つけた。
「遠藤周作の秘密 (下)」

ttps://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/5260/1/kyouyoronshu_408_73.pdf

265吾輩は名無しである2017/02/19(日) 02:45:14.44ID:Tfv25/qS
「聖書の中の女性たち」の冒頭に出てくる老婆って、
デュラン元神父のイメージと被ってるように感じる。

周囲の全ての人から見下され見放されて
子ども達から石投げられるトコなんか
まさにそのまんま。

266吾輩は名無しである2017/02/23(木) 17:54:12.85ID:nFr3roUd
映画を見るために、原作の沈黙を読んできた。
やたら、途中から読むのに時間がかかるなと思ったら、
俺の苦手な背景描写がやたら多く続いていた。

みんなの中には背景描写読むの得意って人いる?

267吾輩は名無しである2017/02/24(金) 12:25:33.23ID:+M+G28HP
       あげ 

268吾輩は名無しである2017/02/24(金) 12:34:44.18ID:4VPYGm+o

2692462017/02/25(土) 21:36:55.34ID:tq6hXMOp
「テレーズ・デスケルウ」読了。

… う〜ん、なんつうか。
私は四十路毒男なんで、テレーズとは似ても似つかぬ境遇なんだが、
それでも「現実と人間関係にトラップされることによる閉塞感と息苦しさ」は
ヒシヒシと身につまされるほど感じさせられて。
(いわゆる「中年の危機」の最中にあるため)

希死念慮と破壊衝動の混じった「影」とか「闇」とかの部分は
他人事とは思えなかった …

270吾輩は名無しである2017/02/27(月) 00:58:09.35ID:JtPTsqcA
>>269
テレーズはカトリックをやめて仏教徒になって、座禅でも組んで解脱を目指した方が良かったかも。

271吾輩は名無しである2017/02/27(月) 09:42:51.38ID:7ZEIu4dv
「美しいものに惹かれて熱情を持つことの中にではなく、薄汚くて醜くなったものを棄てないことの中にこそ愛情は存在する」

…という遠藤先生の持論と、この「テレーズ・デスケルー」って、どこかでリンクしてる?ひょっとして…

272吾輩は名無しである2017/02/27(月) 16:33:57.72ID:Mgo+8fiX
だれか>>266に答えてやってください〜

273学術2017/02/27(月) 16:41:55.38ID:OU4KDj24
人生で感動したり笑えたり泣けてりゃ映画は必要ない。
まだプロモは必要だけど。

https://www.youtube.com/watch?v=7NVb64qqgrM
https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=this+one+diamond+d&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&ts=44673&mfb=280_53x&fr=top_ga1_sa

274吾輩は名無しである2017/02/27(月) 17:39:02.92ID:oIa7E7p6
>>272
背景描写を読むのが得意かどうかはわからりませんが
『沈黙』の場合、いわゆる情景や状況描写はとても象徴的です
たとえば、「乳色」という言葉がよく出てきたと思います
これは、日本は何か女性的なものに包まれているというイメージを喚起させ
欧米の父権宗教と日本の母権宗教とを対比しているのではないかと考えられます

時間はかかりますが、作者がなぜこの言葉を選んだのだろう
とか考えながら読むのも楽しいですよ

275吾輩は名無しである2017/02/27(月) 20:33:53.65ID:Mgo+8fiX
>>274
ありがとうございます。
欧米の父権宗教、日本の母権宗教で比較すると確かに興味深いですね。
しかし、背景描写を読むのが時間がかかりすぎて、2月24日の沈黙終演日には、
再読できませんでしたorz

276吾輩は名無しである2017/03/03(金) 10:55:20.77ID:aWAl0W4c
今 nhk の再放送枠で「ルーアンの丘から 遠藤周作 フランスの青春」っていうのを見た。
すごく良かった。最初から見たかった。めっちゃ悔しい。

277吾輩は名無しである2017/03/03(金) 10:57:29.70ID:aWAl0W4c
後半20分ほどしか見られなかったので、再放送リクエストしたいです。
他にも見たい人いたら、再放送リクエストしてください。

278吾輩は名無しである2017/03/03(金) 22:20:58.88ID:wCa2ZjdG
「ルーアンの丘から 遠藤周作 フランスの青春」の再放送の予定があった!

今から4時間後、 nhk bs プレミアムで午前2時30分から。

絶対おすすめ!

279吾輩は名無しである2017/03/04(土) 22:10:22.47ID:2NEn8zCo
>>278
見応えがありました。

280吾輩は名無しである2017/04/29(土) 07:15:46.41ID:6Jcmlefg
七色の小便

281吾輩は名無しである2017/05/12(金) 20:55:47.24ID:V6MdaW6w

282学術2017/05/13(土) 09:55:26.22ID:d9SRcks6
聖書の中の女たち、の女性を普通化した描写も美しい。

283吾輩は名無しである2017/05/17(水) 22:59:37.89ID:eaoxNgP7
今年の初頭に発行された講演録「人生の踏絵」オススメ。

遠藤哲学のキーワードが、これでもかこれでもかとテンコ盛り。

相変わらず「テレーズ・デスケルー」と「モイラ」の話が出てくるってのも、もはやお約束の様式美。

284吾輩は名無しである2017/08/21(月) 02:06:25.02ID:OXvABGSg
熱海の幽霊旅館がどこなのかとても気になる
中村遊廓も地元だからどの建物か気になるけど

285吾輩は名無しである2017/08/21(月) 02:10:10.94ID:OXvABGSg
と思ったら中村の方は楼の名前が検索したら出てきた

286吾輩は名無しである2017/09/12(火) 19:18:07.43ID:v1FjnMV6
今更になって気がついたけど、遠藤センセは「深い河」を通して
モーリヤックの「テレーズ・デスケルゥ」のテレーズだけでなく
J. グリーンの「モイラ」のジョセフをも救おうとしていた…?

287吾輩は名無しである2017/09/30(土) 16:57:04.77ID:7Q8MqfBO
狐狸庵食道楽

288吾輩は名無しである2017/10/05(木) 21:50:56.66ID:XKsrD4hh
神は沈黙してはいない。貴方と共に歩まれている。

289吾輩は名無しである2017/11/20(月) 02:55:07.85ID:JStXHd3H
「テレーズデスケルー」と「沈黙」「深い河」の関係はこの論文がとても参考になった。
「距離」との「格闘」 中村秀俊著
https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/25700/1/gensha0000703780.pdf

290吾輩は名無しである2017/11/28(火) 14:45:32.47ID:vS+g944+
遠藤をかなり突き放した論文やね
フランス人から見て遠藤のモーリヤック論ってどこまで正確なんだろか

291吾輩は名無しである2017/12/22(金) 23:03:13.54ID:Fe/vY+GS
加藤清正と小西行長 相容れない同士の死闘

秀吉の臣下、武人・加藤清正と商人・小西行長。好対照をなす武将だった。

清正が尾張中村の鍛冶屋の息子、あくまで「土の人」である一方、行長は海外貿易で隆盛を極めた、堺の貿易商・小西隆佐の息子で「水の人」である。

徒手空拳、自分しか頼れなかった清正に対し、堺の会合衆の富と政治手腕を後ろ盾にもつ行長・・・両者は出発から違っていた。

そんな二人を秀吉は見事な近習操縦術で競わせる。しかし、武人と商人とは根底では手を握れない。

やがて2人のライバルは、死闘を演じる宿敵となっていった……。

292吾輩は名無しである2018/04/17(火) 22:36:14.28ID:hnOqRk3z
大河ドラマの題材になりそうだけどな。
宗教と朝鮮が絡むから難しいのかな(´・_・`)

293吾輩は名無しである2018/11/11(日) 17:43:08.48ID:MXJfcNkX
自分がどこまで読み込んでいるのか自信はないが、「深い河」は正直に言って何度か読んでも
あまり感動を感じない。先生が老いて、やはり「枯れて」しまい、相矛盾する概念と格闘して
つかみ取ったというよりも晩年のエッセイにみられるような先生の「信じているもの」が…そ
れ自体には私はたいへん強く惹かれるが…並べられているような印象が残る。
昔読んだ「スキャンダル」や「ピアノ協奏曲二十一番」に登場した成瀬夫人は、明らかに成瀬
美津子ではない。彼女は、悲しき永遠の同伴者を崇高なものとして「理解しない」という選択
の余地があれば、自分にそれを試みることを躊躇わない人間のように思えるからであって…そ
れこそが悪の意思ではないか?…、成瀬美津子のような「空虚」…先生のテレーズの理解はそう
いうものではないか…とは違うものという気がするから。あるいは成瀬夫人もまた、作者とと
もに歳を取り、体力や気力が衰えて初めて「成瀬美津子」になりえたのではないか。

294吾輩は名無しである2019/01/14(月) 18:49:11.21ID:W3TVfZEQ
この人カトリック教会が応援してくれて地位が築けたんじゃないかと推測。

ぐうたらシリーズとか読んでも、勉強はよくしてるようだけど、
なんかちょっと、あんまり頭がよくない人のような印象が強い。

295吾輩は名無しである2019/02/04(月) 22:18:43.76ID:PB5WmXfl
書いたものよりご本人のが面白い人
なんだろうか
さくらももこに名刺を渡して、彼女が
電話したらテプコだったり
佐藤愛子にいたずら電話をかけたり
するくだりは笑えた

296吾輩は名無しである2019/02/19(火) 00:24:03.41ID:v9Dcb4EX
遠藤周作は短編の話がおもろいわ
若い頃は老いるの怖い怖い言いながら年取ったらロリコンになるわ
奥さんの悪口ばっか言うくそロクデナシ人間が世間からは殉教者みたいな扱いうけてるし

297吾輩は名無しである2019/05/14(火) 16:53:45.45ID:7MCIb0BP
息子さんのフジ社長就任祝いage

298吾輩は名無しである2019/05/22(水) 15:26:08.92ID:f1FQGo5W
沈黙はって過大評価だろ
神のいない国です!って西洋人がほざきそうな言葉
遠藤が借りてきてそのまま唱えてるようにしかみえん

299吾輩は名無しである2019/05/28(火) 22:20:28.77ID:Kkzrp8Ia
深い河で木口がガンジス川で阿弥陀経を唱えているときにいた少女は、磯辺の奥さんの生まれ変わり?

新着レスの表示
レスを投稿する