パヴェーゼについて語ろう

1吾輩は名無しである2012/09/03(月) 15:48:22.60
ひっそりと

2吾輩は名無しである2012/09/03(月) 16:06:46.99
僕の大好きな作家だ。
短編の自殺が好き。

3吾輩は名無しである2012/09/03(月) 16:12:12.05
岩波に好きな人がいるのか最近よく翻訳されてる
美しい夏だけ読んでまだ真価ははっきりと分からない
パルチザンの仲間が殺されたことやアメリカ文学の影響などいろいろトピックがある

4吾輩は名無しである2012/09/03(月) 16:12:25.28
ひっそりと語りたいなら下げろよ

5吾輩は名無しである2012/09/03(月) 16:16:44.48
文学集成はどう?
全集なら買うのだが。

6吾輩は名無しである2012/09/03(月) 16:46:37.66
とても静かでとても好きな作家
全部文庫になってしまえばいい

7吾輩は名無しである2012/09/04(火) 02:36:47.94
スーザン・ソンタグの『反解釈』のなかでパヴェーゼについての一章がある
日記はすべて二人称で書かれていた、そこから論の展開は忘れたが自殺は必然的に起こったというとこを言ってた
そしてもっともっと読まれるべき作家だといって別のところでも最も偉大な作家(トルストイ、ジッド、ジョイスら)に続く第二群に数えられていた

8吾輩は名無しである2012/09/04(火) 16:31:47.33
故郷を買ってみたが積ん読だわ

9吾輩は名無しである2012/09/05(水) 23:27:59.39
ジッドが第一群?
何年か前反解釈読んだが長すぎて殆ど記憶に残ってない

10吾輩は名無しである2012/09/09(日) 19:25:51.65
詩集と文庫になってるのは全部読んだ

11吾輩は名無しである2012/09/09(日) 20:31:06.40
短篇の『ヌーディズム』を読んだときに
(そうとう神経がやられているな)と思いました。

12吾輩は名無しである2012/09/13(木) 00:12:29.48
テスト

13吾輩は名無しである2012/09/13(木) 19:07:02.63
『故郷』での名言。
「女の気持はいつも次の日にわかる・・・」

次は何読もうかな。

14吾輩は名無しである2012/09/21(金) 05:19:29.15
美しい夏読んでる・・

15吾輩は名無しである2012/10/02(火) 16:36:24.03
河島英昭の訳読みづらくない?
白水社の共訳の方がこなれてると思う

16吾輩は名無しである2012/10/05(金) 10:42:20.35
なんかつっかえるような文章だよね
イタリア語は分からないからなんとも言えないけど
その人の他の訳書じゃそんな事はないから意図があるのかね

17吾輩は名無しである2012/10/17(水) 23:03:19.63
正直すまんかった

18吾輩は名無しである2012/10/18(木) 17:31:52.58
なにに謝っているんだ

19吾輩は名無しである2012/10/28(日) 22:44:06.74
訳文についてだろ

20吾輩は名無しである2012/11/10(土) 21:43:16.17
たのむ

21吾輩は名無しである2012/11/28(水) 17:23:15.79
イタリア文学の季節到来

22吾輩は名無しである2013/02/24(日) 20:42:40.20
岩波全部文庫化はよ

23吾輩は名無しである2013/04/27(土) 08:11:37.56
何で自殺したのだろう?

24吾輩は名無しである2013/05/31(金) 20:33:14.56
究極的な理由は誰にもわからん
「故郷」の解説などを読むに色々あったみたいだけど
どれだけお膳立てが整ってもするかどうかは

25吾輩は名無しである2013/06/22(土) 09:24:46.10
スーザン・ソンタグがパヴェーゼの自殺について、日記に自分のことを彼と書いていることから論じてたよ

26吾輩は名無しである2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
パヴェーゼの季節

27吾輩は名無しである2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
晩夏

28吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
晩夏には美しい夏を読みましょう

29吾輩は名無しである2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
「自殺」にはぐさぐさ刺された

30吾輩は名無しである2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
岩波がんばれ全部文庫化してパヴェーゼ普及に努めるのだ

31吾輩は名無しである2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
月とかがり火は文庫化してほしいね

32吾輩は名無しである2013/09/03(火) 04:42:15.73

33吾輩は名無しである2014/01/15(水) 01:05:59.27
孤独

34吾輩は名無しである2014/01/27(月) 23:25:17.89
全集読む

35吾輩は名無しである2014/02/06(木) 05:53:53.65
ヴィットリーニ シチリアでの会話 を読んでいるが凄く難解 というかわけがわからない

36吾輩は名無しである2014/06/02(月) 00:50:57.80
月と篝火文庫化きたきた

37吾輩は名無しである2014/06/02(月) 12:37:48.37
来たか

38吾輩は名無しである2014/06/02(月) 16:49:54.59
長さん

39吾輩は名無しである2014/06/02(月) 16:50:50.07
待ってた

40吾輩は名無しである2014/06/02(月) 16:51:48.38
ホイ

41吾輩は名無しである2014/06/06(金) 05:32:52.75
鎮静作用のある作家だよね

42吾輩は名無しである2014/06/06(金) 05:50:00.11
俺は分かってるんだ的アピールをできる人が
1人もいないのは寂しいわな。

43吾輩は名無しである2014/06/06(金) 09:57:54.81
所詮マイナー・ポエットだからじゃない?

44吾輩は名無しである2014/06/08(日) 18:49:09.01
バルビツールを飲んで自殺したというけど、殺されたんじゃないの?
アメリカの女優に振られたことや、左翼運動への失望が原因だと
推測されてるけど、怪しいもんだ。
パゾリーニも他殺だったが。

45吾輩は名無しである2014/06/18(水) 23:43:15.26
ヒリヒリした気分の時に読むといい感じに沈む

46吾輩は名無しである2014/06/28(土) 04:26:08.85
月と篝火文庫化は嬉しい

47吾輩は名無しである2014/06/28(土) 10:21:16.53
イタリア版の太宰治

48吾輩は名無しである2014/06/28(土) 11:54:54.85
レオナルド・ダ・ヴィンチはイタリア版のドクター・中松

49吾輩は名無しである2014/06/28(土) 21:11:39.06
太宰とは違います

50吾輩は名無しである2014/06/30(月) 04:14:00.86
太宰のような臭みは感じない

51吾輩は名無しである2014/07/01(火) 00:42:30.22
青春の絆や異神との対話も出ると文庫で出るとよい

52吾輩は名無しである2014/07/01(火) 03:34:35.39
パヴェーゼの季節到来

53吾輩は名無しである2014/07/02(水) 17:46:33.08
なぜか文庫化が進む作家
青春の絆もこの調子なら出そう

54吾輩は名無しである2014/07/03(木) 23:05:50.48
「月と篝火」買った。
表紙のゴッホの絵がいい感じ。
「美しい夏」の出だしの1ページがすごく好き。

55吾輩は名無しである2014/07/23(水) 10:47:04.11
夏はパヴェーゼ

56吾輩は名無しである2014/07/25(金) 11:07:28.06
河島訳はぜんぶ岩波文庫化されそうだな。

57吾輩は名無しである2014/09/05(金) 15:38:04.74
晩夏にあうね

58吾輩は名無しである2014/09/20(土) 02:13:24.77
秋もパヴェーゼ

月と篝火をいま読んでます

59吾輩は名無しである2014/10/08(水) 21:33:26.52
あげ

60吾輩は名無しである2014/11/20(木) 23:40:10.03
60

61吾輩は名無しである2015/05/12(火) 05:47:33.05
夏はパヴェーゼ

62吾輩は名無しである2015/05/12(火) 19:30:53.68
月の頃はさらなり

63吾輩は名無しである2015/07/04(土) 10:52:46.87
美しい夏

64吾輩は名無しである2015/07/23(木) 11:13:44.57
               ゙llllllllii_,,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll'iil゙゙゙゙!lllllll
             : ,,lllll゙゙ll!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,ll,,e、lllllll、
             ,i!lil!!゙llil、゙!!lllllllllllllllll!!!!l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllll、
             ll'l゚,illlllllll`: .!lllilll!!ll°   ..,,,,,,,,,,、   `゙゚゙゙゙゙!!!!lllllllllll 
           ,,,,lil,',,″;;;";;: :;'llllll!゙.゙゙゙%,,,,,_..,,,,゙゙゙!!!llliii,,,_      `゙゙゙ll!゛ 
            ,,,,iiilllllllllli,°;;;;;;;: .:.,l゙ll°   ゙゙lllllllllllllliiiiilllllllli,   ..._,,,,,,,,,il°
        ,,,,iiilllllllllllllllllllllli,、: :  ;'!li,′    .゙!!llllllllllllllllllllllili,,illllllllllll!!!゙゙,、
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!ll|: : :  :;'゙″      ゙゙!!lllllllllllll!lll゙゙lll,iillllllllllll|llll!ト
              ,il゙`   : ::::::         .^゙゙”"  .:,!llllllllllll!ll!!゙゜
               ,,,,,,il°   : ::::::         : : :   ::l: ゙゚゙゙゙゚ll″
           : ,illllllliii,,,,:   : :::::: :        : ,,,,,,,,:  :;l、 ,il゙ 
              ,illllllllllllllllliii,,,: : ;;、::   : :::::::::;;;;;;: : 、,iliiilll ` ,,l゙′
          ,,llllllllllllllllllllllllllliii,`::、、:  : : : :'llllll,,,_;;;;゙゙゙゙′ ,ll゙
         ,,illlllllllllllllllllllllllllllllllllii,,":,,: :    : 、;゙゙゙゙lllllllll・,,ll゙ 
            ,,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii,,_;、:   : :llliiiilllr`.,,ll゙ 
       .,illlll゙llllllllllll!s!!!lllllllllllllllllllllllllllllliiili,i,,,,,,,,_._,..,,、: .,,ll゙ 

65吾輩は名無しである2015/09/05(土) 22:36:30.23
『美しい夏』を読んで今『流刑』挑戦中
この人の文章大好き

66吾輩は名無しである2015/09/08(火) 15:00:05.20
鎮静効果がある

67吾輩は名無しである2015/12/11(金) 16:57:15.26
Pienso que un sueno parecido no volvera mas
Y me pintaba las manos y la cara de azul
Y me improviso el viento rapido me llevo
Y me hizo a volar en el cielo infinito

Volare, oh, oh
Cantare, oh, oh, oh, oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu

あんな夢は 二度と見られないでしょう
手と顔を青く染め
突然吹いた風は 素早く私をさらい
終わりのない空へ飛ばした

飛んでいる おぉ   唄っている おぉ
青く 青く染められて

68吾輩は名無しである2016/01/29(金) 22:34:43.98
お勧めのイタリアポップ歌手教えてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1518053.html

イタリア語入門コーナー
http://www015.upp.so-net.ne.jp/thosaka/ita10000.html

イタリアン・ポップスのCD、DVD作品をアーティスト別に紹介するページです。
http://musica.itreni.net/index.html

69吾輩は名無しである2016/02/24(水) 00:26:28.39
祭りの夜

70吾輩は名無しである2016/06/17(金) 14:11:20.57
夏の夜はパヴェーゼ

71吾輩は名無しである2016/06/17(金) 22:55:17.37
美しい夏絶版ですかね?岩波文庫目録から消えてたけど

72吾輩は名無しである2016/06/18(土) 00:09:30.78
マジで?
早いな〜

73吾輩は名無しである2016/08/15(月) 23:27:15.95
蘇生

74吾輩は名無しである2016/08/20(土) 11:12:21.67
美しい夏、もう絶版だね。日本での評価低すぎだろ。

75吾輩は名無しである2016/09/14(水) 23:34:39.03ID:DuMHQ5zg
地元の古本屋で『青春の絆』を手に入れた。大切にしたい。

76吾輩は名無しである2017/01/22(日) 09:36:27.15ID:SdhI0lHh
パヴェーゼが凍みる

77吾輩は名無しである2017/02/11(土) 16:43:20.68ID:TMuAaCNG
ペンプロよ!白い畑に黒い種を蒔け!
学部時代のゼミがある意味ですべてだったんだよなあ。
毎週2時‐7時まで、学生はおれ一人、
河島先生とタッソの訳を岩波に入れてる鷲平先生、ダーチャ・マライーニを訳している望月先生、
そして専任の林先生、ときどきマラパル手を訳した古賀先生やレーヴィを訳した竹山先生

それでパヴェーゼを読むんだ。一週間、そのためだけに訳文をつくり、ひたすら予習して、
それでもゼミの時間で一章終わらないんだ。
先生方のあいだの話はむつかしすぎてわからないことも多かった。あれは神と使徒たちのように見えたなあ。
8 Feb 2017

78吾輩は名無しである2017/06/10(土) 17:17:06.70ID:kiHKwL8K
夏の夜はパヴェーゼ

79吾輩は名無しである2017/08/17(木) 02:12:50.04ID:t27SFEsk
ユニコーン書林  虚偽表示 ヤフオク 転売 脱税 質問欄 自演
ユニコーン書林  吊り上げ 危険 埼玉 悪行 逃亡 税金
ユニコーン書林  経営者 泉智倫 住所 虚偽 出品物 ブログ
ユニコーン書林 特定商取引法違反 日高 泉 経営者 本名 
ユニコーン書林 ヤフオク吊り上げ 不法 違反 古本 商取引法
ユニコーン書林 悪質 違法 申告漏れ 野球 鉄道 古書 犯罪

http://unicorn-syorin.com/index.html

80吾輩は名無しである2017/11/01(水) 22:30:55.99ID:u9046zaI
Adesso sapevo ch'eravamo dei miserabili, perché soltanto i miserabili allevano i bastardi dell'ospedale.
Prima, quando correndo a scuola gli altri mi dicevano bastardo,
io credevo che fosse un nome come vigliacco o vagabondo e rispondevo per le rime.
Ma ero già un ragazzo fatto e il municipio non ci pagava più lo scudo,
che io ancora non avevo ben capito che non essere figlio di Padrino e della Virgilia voleva dire non essere nato in Gaminella,
non essere sbucato da sotto i noccioli o dall'orecchio della nostra capra come le ragazze.

 やがて,僕らが貧乏人であったことを僕は知ることとなった.というのも,貧乏人しか孤児院の父無し子を養いはしないからである.
それ以前は,学校に急いでいると,他の子らが僕に父無し子と言ったものだが,
僕の方はそれが臆病者とか浮浪者とかいうようなものの呼び名だと思い込んでいて,同じ言葉で言い返したものだった.
しかし,もう一人前の若者となり,もはや自治体が5リラ貨を僕らに支払わなくなった時もまだ僕はちゃんと理解していなかった.
パドリーノとヴィルジーリァの息子でないということは,僕がガミネッラで生まれたのではないことを,
女の子達のように榛の下や僕らの飼う山羊の耳から僕がひょっこり現れたのでないことを意味するのだとは.

81吾輩は名無しである2018/03/29(木) 19:06:22.91ID:qWvnYIs/
小さな美徳
著 者:ナタリーア・ギンツブルグ
出版社:未知谷
評者:栗原 俊秀(翻訳家)

文学史的な見地に立つなら、なんといっても「ある友人の肖像」と題された一篇が重要である。
このエッセイには、エイナウディ社の同志パヴェーゼの想い出が綴られている。
カルヴィーノはこの小文を、「パヴェーゼについて書かれた文章のなかで、間違いなくもっとも美しい一篇」と評している。
批評家のなかには、一九五〇年八月に起きたパヴェーゼの突然の自死が、
後年のギンツブルグの作品(『拝啓ミケーレ君』や『モンテ・フェルモの丘の家』)に
深い痕跡を残していると指摘する向きもある。
したがって、「ある友人の肖像」は、パヴェーゼについて知るための手がかりであるばかりでなく、
ギンツブルグ文学の核心に近づくための指針でもある。

82吾輩は名無しである2018/04/12(木) 13:55:42.64ID:vU72x2EW
『キリスト教文学の世界17』
編集委員:遠藤周作(Endou Shuhsaku)/他 Publisher:主婦の友社(ShufunotomoSha)
commentary:森内俊雄/河島英昭/田中小実昌(Tanaka Komimasa)/古賀弘人/上総英郎/米川良夫(Yonekawa Ryofu) 1977/ 9
「故郷」 チェーザレ・パヴェーゼ(Cesare Pavese)
「ドン・カミロ」 ジョバンニ・グァレスキ(Giovanni Guareschi)
「アッカットーネ」 ピエル・パオロ・パゾリーニ(Pier Paolo Pasolini)

83吾輩は名無しである2018/05/01(火) 23:38:08.49ID:WKrdzZ0A
kay********さん2018/4/23
イタリアの小説家?詩人?でチェーザレ パヴェーゼと言う人の本で
「温かい風呂と一本のタバコがあれば人生は生きるに値する。」と言うタイトルか内容の本はありますか?
もしご存知の方がおられましたらどうぞご教
授ください。お願いいたします。

jhc********さん 2018/4/29
その一文は、小説のなかの一節ではないでしょうか?

もしそうであれば、「女たちのあいだで」という作品ではないかと思います。
「女たちのあいだで」は、翻訳者によっては「女ともだち」とか「孤独な女たち」などというタイトルになっています。

パヴェーゼは、はじめ詩人・アメリカ文学翻訳者として出発し、のちに小説に転じる作家です。

新着レスの表示
レスを投稿する