【小説】サルトル【戯曲】

1吾輩は名無しである2013/06/27(木) 01:05:09.71
『出口なし』だげどよう、
女が二人居んだぞ、あーじゃこーじゃ言わんと、俺ならまずはセックスセックスしまくるけどな、
おまーらだってそーだろ、チンコ付いた男だろが、あーっ!?

2吾輩は名無しである2013/06/27(木) 04:19:04.55
それが本当の『出口なし』

3吾輩は名無しである2013/06/27(木) 07:08:10.26
出口 大仁三郎(でぐち おにさぶらう)
大本教 教祖だっけ?

4吾輩は名無しである2013/06/27(木) 07:10:50.63
↑王仁三郎

5安部コーファン2013/06/27(木) 10:24:22.28
『アルトナの幽閉者』読んでる
長い まだ半分いかん……

6吾輩は名無しである2013/06/27(木) 11:56:59.96
めっかち

7ジャップ ◆.EDMOUBKE2 2013/06/27(木) 12:38:58.89
「自由への道」は、ケストラーの「目に見えぬ文字」みたいな
面白さはないの?

8安部コーファソ2013/06/27(木) 12:48:02.52
↑ケストラーシラネ
『自由』は最終章の「奇妙な友情」だけ読んだ
期待に違わず出口なしのアンハッピーエンドだよ
未完ながらこれでヨシ

9吾輩は名無しである2013/06/27(木) 13:41:45.99
文章がへただよなあ サルトル
ショーペンハウエルをみならえよ カス

10サルトル2013/06/27(木) 14:22:08.14
うるせーバカ!

11吾輩は名無しである2013/06/27(木) 23:34:37.91
みんなもっと読めよ

12吾輩は名無しである2013/06/28(金) 11:31:53.35
>>5
一息で読むんだよ、一息。トロいのう、このば〜か。

13吾輩は名無しである2013/06/28(金) 12:19:22.45
うるせーバカ!

14吾輩は名無しである2013/06/28(金) 13:23:40.65
みんなもっと読めよ

15吾輩は名無しである2013/06/28(金) 21:27:33.51
サルトルってモテたの?

16吾輩は名無しである2013/06/28(金) 22:16:05.84
モテたら哲学オバンなんかと結婚するはずないだろw

17吾輩は名無しである2013/06/28(金) 23:00:15.43
文庫が全然出てないだな
長ったらしい『自由』よりもまずは短編集やら嘔吐を出すべきだろ

18吾輩は名無しである2013/06/29(土) 10:05:24.37
いいから、みんなもっと読めよ

19サルトルさんを2013/06/29(土) 18:48:51.39
よろちくび!☆
(^3^)/♪☆

20吾輩は名無しである2013/06/30(日) 00:13:50.94
おまーら読めバカ!

21おまーら2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
なんか読んで書けバカ!

22吾輩は名無しである2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
がちゃめ

23このスレ2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
内容が 無いよう

24吾輩は名無しである2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
「アルトナの幽閉者」ゴタクが大杉
ワケわからん

25吾輩は名無しである2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>24
おまえがあたま悪杉という

26sex2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
↑お、お前はスラスラ楽しく読めんのか、あーっ?

27吾輩は名無しである2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
こういうスレを読むと…
人間は自由であるべく呪われているという実感がする。

28このスレ2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
内容が 無いよう

29吾輩は名無しである2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
さすが無神論実存主義だな

30吾輩は名無しである2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
神は池沼

31吾輩は名無しである2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
池沼は神

32吾輩は名無しである2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
僕ちんはアスペ

33吾輩は名無しである2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
アルトナまだ読み終えてねえだぁ、仕事でキツくて読めねえだよバカヤロー、
おまーらも読まんで知ったかでいいからなんかレスれバカちんカスどもヴォケ!!

34吾輩は名無しである2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
アルトナ?と思って書棚を探したらすぐみつかったよ。
表紙がなかなかよい。たぶんテアトルドゥラルネッサンスの舞台シーン。
背後にヒトラーの肖像が掛かっている。

中身は?読んだ記憶はあるのにまるきり思い出さない。
しかし、こんな戯曲を何日もかけて読むってどういうことなんだろねえ。
芝居だもの、一気に読まなきゃでしょう。

35出口なすは3日で読んだぞ☆2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
↑何日も〜でねえだ、何ヵ月も掛けてだバカヤロー……うう、

36吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
あんたいいやつだなw
でも、なんでアルトナにこだわるんだ。
そんなに大変な思いして読まなくてもいいと思うが・・・・・

戯曲でももっと短いのはもう読んだわけ?
仕事が忙しくて読めないなら、もっと短いのでつないどけば?

37僕ちんコミ障ドカタだお☆2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
↑う、うるせーバカ!
色々入ってるお得本をば読んでるだで、今やッと真ん中くらいでそれがアルトナだ文句あっかバカやろーっ!

38吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
?

39吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN

40吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
あっそうか。
びんぼうなのね、だから好きな本が読めないのね。
なら、はやくいいなさいよ、ばっかねえ。

41吾輩は名無しである2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
↑な、なにいってやんでい、こ、こちとら自慢じゃねえがぁ腕っ節だきゃあじ、自慢なんでい、ザマアみやがれべらぼうめいってやんでいっ!!☆

42吾輩は名無しである2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
サルものは追わず
サルもおだてりゃ樹に登る
サルモネラ菌
猿芝居

43吾輩は名無しである2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>41
べらぼうじゃなくてびんぼうだろ
てめえみてえのをあたぼうってんだこんちくしょう

44吾輩は名無しである2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
サルモネラ菌はよくわかる
衛生は気を付けないとね

45吾輩は名無しである2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
猿回し
サルすべり
サルツブルク
ざるそば
猿渡哲也
バザールでゴサル

46吾輩は名無しである2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
遠藤習作『沈黙』良いね
神の不在とこの世の無意味無価値の重さをリアルに伝えてくれる
作者の信仰心なんかどうでもよい☆

47吾輩は名無しである2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
がちゃめ

48吾輩は名無しである2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
ヒトの秘密を覗くなバカ!

49吾輩は名無しである2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN

50吾輩は名無しである2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN

51吾輩は名無しである2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN

52吾輩は名無しである2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN

53吾輩は名無しである2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN

54吾輩は名無しである2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN

55吾輩は名無しである2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN

56吾輩は名無しである2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN

57吾輩は名無しである2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN

58吾輩は名無しである2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
あげ

59吾輩は名無しである2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
やぶにらみの哲学者はとてもやさしい人だったらしいな。

60吾輩は名無しである2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
そして、とても女性にモテた。サルトルの周囲には常に女性がいて、ボーヴォワールは嫉妬しまくってたみたいだ。

61吾輩は名無しである2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
セックスしまくったのかな?

62吾輩は名無しである2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
人生は自由だってね

63吾輩は名無しである2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
いや、自由への道さ

64吾輩は名無しである2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
自由からの逃亡だろ

65吾輩は名無しである2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
エーリッヒ・フロムみたいだな

66吾輩は名無しである2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
うう、セックスしたい

67ソルダード2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
「嘔吐」好きです。実在主義というのが、何なのか、よくわかる。

関係ないけど、フロムは「希望の革命」が良い。わかりやすい。

68吾輩は名無しである2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
お、おえぇぇぇぇ……

69吾輩は名無しである2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
       ____
     / ____ \        
    (゜)/  ・ ・  ヽ(゜)
    |  |          |  |
   彳  |         |  ミ
   |  |       |  |
   |   |      |   |
   /     |    |  /
  /     ヽ   ノ /
 /        ` ´   |

70吾輩は名無しである2013/09/01(日) 00:13:30.21
はあ、なんかいいことないかいなあ……

71吾輩は名無しである2013/09/01(日) 12:14:47.76
うう、セックスしたい

72吾輩は名無しである2013/09/02(月) 02:44:17.65
新潮でも岩波でもサルの小説戯曲出せやヴォケ!あーっ!?

73吾輩は名無しである2013/09/05(木) 23:19:10.40

74吾輩は名無しである2013/09/05(木) 23:20:49.79

75吾輩は名無しである2013/09/06(金) 02:09:22.81

76吾輩は名無しである2013/09/06(金) 02:23:15.43
自由への道くらいは読もうな

77吾輩は名無しである2013/09/06(金) 16:36:35.89
いやだ

78吾輩は名無しである2013/09/14(土) 06:30:55.84
よんだ

79吾輩は名無しである2013/09/17(火) 17:35:30.79

80吾輩は名無しである2013/09/17(火) 17:48:00.49

81吾輩は名無しである2013/09/17(火) 18:31:03.37

82吾輩は名無しである2013/09/17(火) 19:32:49.43

83吾輩は名無しである2013/09/26(木) 14:20:25.59
はあ、人生はめんどくさい……

84吾輩は名無しである2013/12/12(木) 11:28:04.03
学生時代にアーサー・ミラーの「るつぼ」が英語のテキストだったことがある。
これは確かサルトルが仏語で戯曲を書いて「サレムの魔女たち」として映画化されたんじゃなかった?
アビゲイルがミレーヌ・ドモンジョで・・・とか先生がひどく感激していた。

85吾輩は名無しである2014/01/06(月) 22:52:01.35
ちと失礼
出だしに犬を連れた老人が徘徊する話、サルトルだっけ?
『嘔吐』だったかすら・・・?

86吾輩は名無しである2014/01/07(火) 14:48:31.96
サルトルでおすすめは何よ

87吾輩は名無しである2014/01/07(火) 22:06:02.83
『嘔吐』が積読に紛れてみつからない

88吾輩は名無しである2014/01/08(水) 16:47:09.39
文庫だせ

89吾輩は名無しである2014/01/10(金) 22:23:22.68
『歯車』ってシナリオだったっけ…?
単独で小説を読みかけたことがあるような気がするけど、
何かと混同しているのだろうか

90吾輩は名無しである2014/03/04(火) 21:05:43.63
どうなんだろう
いまも読まれているだろうか

91吾輩は名無しである2014/03/05(水) 06:56:42.96
『鐘(Bell)』が有名な英国女性作家アイリス・マードックは
最初は哲学者で、Romantic Philosopher というのが有名。
「サルトルの小説が面白くないのは、彼が愛情のない人間だから」という趣旨。
愛の作家としてトルストイを挙げてたな。

「アイリス」って映画があったっけ。
ケイト・ウィンスレットが若き日のマードックを演じていた。

92吾輩は名無しである2014/03/05(水) 12:26:28.65
誰も読まないなら
私が読むからいい

93吾輩は名無しである2014/03/08(土) 14:34:02.40
文学とは何かはかなり刺激的だった
うまいよね文章が

94吾輩は名無しである2014/06/01(日) 14:57:05.40
このスレ大丈夫?

今月の21日はサルトルの誕生日だけど
それにちなんでサルトルの著作を読むなら何を読みますか?
今年は戯曲を読もうと思っています

95吾輩は名無しである2014/07/06(日) 22:04:08.19
読みたいもん買って勝手に読めヴォケ☆

96吾輩は名無しである2014/07/06(日) 22:41:22.97
>>91
愛か!
その発想は無かったw

97吾輩は名無しである2014/07/13(日) 13:51:06.74
おまーらなんか書けばか

98吾輩は名無しである2014/07/14(月) 03:16:03.73
もう数年経つのか…『自由への道』は第1巻だけ読んだ。分別ざかりってやつ。
あんまりおもしろくなかったんだよね…

99吾輩は名無しである2014/07/14(月) 19:52:56.74
↑一番最後の『珍妙な友人』読めハゲ

100100ゲッ2014/07/15(火) 11:40:44.03
100ゲッ

101吾輩は名無しである2014/07/16(水) 06:59:45.38
珍妙な友人てなに

102吾輩は名無しである2014/08/11(月) 09:45:42.76
うるせーハゲ

103吾輩は名無しである2014/09/13(土) 09:32:42.58
糸冬 了

104吾輩は名無しである2014/09/25(木) 17:50:00.50
新訳シリーズ発刊あげ☆

105吾輩は名無しである2014/11/01(土) 10:49:16.02

106吾輩は名無しである2014/11/04(火) 19:09:02.58
e

107吾輩は名無しである2014/11/20(木) 03:36:40.65
キャメロン・ディアス主演の『運命のボタン』で『出口なし』が取り上げられてました

108吾輩は名無しである2015/02/06(金) 07:40:03.41
うん

109吾輩は名無しである2015/02/17(火) 20:21:07.63
グック(Gook)=海外で使われる韓国人に対する蔑称

韓国語で「国」を意味する「국(グク)」に由来。これは、朝鮮戦争で米軍が朝鮮軍や
市民に相対する中で、現地民が「アメリカ合衆国」を意味する「미국(ミングク、美国)」という語を
口にするのを聞いて、米軍が「Me gook?(ミー・グック)」と聞き間違え「間抜け野郎、卑屈野郎、売女」
と言う意味で使われだした。韓国人への蔑称。

LA地方紙に実際に掲載されたアメリカ人の投稿より。

俺はアジアで何カ国かに住んだことのあるアメリカ人だ。断言するが、きさまらgookどもは地球上で
最低の人種、一番の人種差別民族だ。
醜く野蛮な犬喰いで平面顔の上に、見苦しくも588層の化粧塗りたくったきさまらgookどもと比べると、
中国人は謙虚で、しかも自信たっぷりだ。犬喰いで平面顔で、しかもニンニク臭い口臭振りまいてる
野蛮人共と比べると、日本人ははるかに親切でオープンな人々だ。
<略>
きさまらgookどもは不潔で、国全体が肥溜めみたいに臭うときてる。
日本に移る前、二年ばかりgookランドに棲んでいた。はっきり言って、あれは人生最悪の二年間だった。
日本はまるで天国みたいにいいところだ。野蛮なきさまらの国と違って、いいか、ここの人達は歯も
きちんと磨くし、風呂にだって入るんだぞ。
<略>
あたり構わず嘘をついて廻るんじゃない、このファッキンで虚弱で馬鹿な、精神病で
コッカースパニエル喰いのgookども!
個人的にはアメリカが日本じゃなくお前らの小汚いgookランドに原爆を御見舞してくれればよかったと
思ってるし、朝鮮gook動乱のときにいっそ中国が本気出してきさまら薄バカどもをきれいに
掃除してくれれば、言う事なしだったとも思ってる。この先しばらく、そんなことが起きそうにないのが
とてもザンネンだ。きさまらgookどものことを思うだけでヘドが出そうになる。
とっととLAから出て行け、それからきさまらの犬スープ食堂やら酒屋、コインランドリーも全部引き上げやがれ。

ttp://www.themedium.net/archives/spring04/032404.pdf
ttp://blogs.yahoo.co.jp/vernichter_007/50014267.html

110吾輩は名無しである2015/02/17(火) 20:23:10.08
グック(Gook)=海外で使われる韓国人に対する蔑称

韓国語で「国」を意味する「국(グク)」に由来。これは、朝鮮戦争で米軍が朝鮮軍や
市民に相対する中で、現地民が「アメリカ合衆国」を意味する「미국(ミングク、美国)」という語を
口にするのを聞いて、米軍が「Me gook?(ミー・グック)」と聞き間違え「間抜け野郎、卑屈野郎、売女」
と言う意味で使われだした。韓国人への蔑称。

796 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[] 投稿日:2014/06/23(月) 16:24:11.98 ID:UsAkOuuD0
https://www.youtube.com/watch?v=JXHD1XLPQK8

英語版は海外コメ「FUCK KOREA」「Little dick Gook」連発で伸びまくってるな

「Little dick Gook」=短小チンポの韓国野郎

111吾輩は名無しである2015/03/26(木) 01:55:20.62
あー変態セックスして〜

112吾輩は名無しである2015/04/04(土) 19:25:24.39
はあ、俺の人生っていったい……

113吾輩は名無しである2015/04/04(土) 20:08:17.28
がんばれ!ふぁいと!

114まんこ2015/04/04(土) 20:50:36.52
\\\\\(*゚∀゚)/☆まんこまんこまんこまんこおおおおおお〜〜〜っ!!!!☆

115吾輩は名無しである2015/04/23(木) 21:56:35.70
鈴木訳の買ったよ嘔吐

116吾輩は名無しである2015/04/27(月) 04:54:38.90
↑新訳か 知らぬかった
文庫?なに?

117吾輩は名無しである2015/04/27(月) 06:45:29.29
弱いものいじめがまかり通る世界。
それが文壇。

118吾輩は名無しである2015/04/27(月) 15:54:04.14
↑バカ、それはこの世の法則だろが包茎野郎

119吾輩は名無しである2015/05/01(金) 17:39:27.43
サルトルが猫好きとは知らなかった

120吾輩は名無しである2015/05/01(金) 17:55:11.25
サルトルの小説はいくらもないから揃えたけど何がお奨めかな

121吾輩は名無しである2015/05/01(金) 20:19:45.19
↑おえ〜〜

122吾輩は名無しである2015/06/22(月) 00:59:24.80
図書館で借りた新潮世界文学17を最初から読んでいる
嘔吐と壁は読んだ。次は部屋。
嘔吐は最初かなり読みにくかった。日記の中で書かれる対象がすぐに変わって
何について書かれているのを辿るのが大変
嘔吐の登場人物は変わり者が多いのな
少女をレイプするところを主人公が目撃して警告をして去る場面や
その後実際に事件が起こり少女がレイプ後殺害されることや
独学者が少年に性的いたずらをして図書館をおいだされることや
もと彼女のアニーも、自分の気に入らないしぐさをする主人公にイライラすることや
実存にかかわる病理的な事柄に、自分などは興味を持った
戦前のフランスで、現代社会にまで繋がる問題を取り扱って、今なお色あせない
そう感じた
一方壁は読みやすい作品でさらっと読めた。その分印象は薄かった

123吾輩は名無しである2015/06/22(月) 01:13:52.75
少女や少年の性愛に向かうことは、実存に纏わる病であるとみてる
ここに興味があるのは、その扱う対象に興味がないからで
変わったことをしているという立場で、傍観者として見れるからだ
男なしでいられない性分のカフェのマダムと、
セックスだけの関係をする主人公なども、その生活様式が今の日本のようだな

嘔吐は毒があって面白いよ

124吾輩は名無しである2015/06/22(月) 12:34:33.90
サルトルの猫好きは超有名。
嘔吐にもでてくる。

125吾輩は名無しである2015/06/22(月) 14:52:51.65
黒人音楽で救われるw

126吾輩は名無しである2015/06/23(火) 01:23:51.60
>>125

Some of these days
You'll miss me honey

この部分にひどい音がするから、
レコードに筋が入っているに違いない
しかし、そこには、胸をしめつける何かがある

どうしてジャズを聞くときだけ吐き気を感じないのだろうか?
はっきりといっているように思うのは、存在の罪から清められたと云う部分

127吾輩は名無しである2015/06/23(火) 01:28:43.70
エロストラートを読んで
私は、と話すことに耐えられなさを感じ拳銃を発砲してしまうようなことに
嘔吐に見られるような、私として存在することの苛立たしさが現れているとみえた

128吾輩は名無しである2015/06/23(火) 10:09:04.90
当時ジャズが流行していたから媚びた

129吾輩は名無しである2015/06/23(火) 17:26:21.45
国家犯罪確定!!豊中市の事件の容疑者は集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪被害者だった!!
テクノロジー犯罪で音声送信されるとほんとに隣部屋から悪口をいわれている風に聞こえます。
私も数年間騙されました。犯人は警察です。警察による集団ストーカーやテクノロジー犯罪によってターゲ
ットをキレさせ(統合失調症に仕立て上げ)、本来起こらなかった事件を意図的に誘発させているのです。
周南市事件、淡路島事件、中央大教授刺殺事件、秋葉原事件も同様です。
集団ストーカーとは警察による監視+挑発+家宅侵入・器物破損・窃盗等を繰り返すことで、一度ターゲット
にしたら止めることはありません。警察は金儲けのためにこういったいやがらせ犯罪を行っているのです。

130吾輩は名無しである2015/06/23(火) 17:50:35.81
水入らずのリュリュちゃんは
下着をあまり替えず、不潔を好む女性で
腋毛を生やし、弟の前でわざと着替える
友達のリレットという女性も離婚をしきりに勧める、一風変わった女性

いろいろ読んでみて、登場人物が変わり者ばかりだった
いいぞサルトル、哲学者にしてこの鋭さ
ますます気に入ったwww

131吾輩は名無しである2015/06/23(火) 17:54:28.56
サルトル、もっと文庫化してほすい

132吾輩は名無しである2015/06/23(火) 18:43:03.85
>>129
コピペにレスするのはどうしたものか知らないが
まさに統合失調症はサルトルの扱いそうな存在に関係した病だよな
一般に本人に病気の意識がない
病気ではないから、テクノロジー犯罪で音声送信されると、幻聴を外界の原因にする
数年間幻聴が聞こえているようだから症状は重いのだろう
しかし一方で、させようとする集団がいるから、
やらないでおこうとする間は犯罪は起こさないだろう
監視+挑発+家宅侵入・器物破損・窃盗等などは客観的証拠はなく、
自分の心の中で起こっていること。
家の前を掃除する隣人は、掃除をするだけの目的であっても、自分側から見れば
監視と挑発で、器物破損と窃盗は、物忘れで紛失した自分側の原因を、
外側に求めてだって成り立つ
警察は実績をあげるために犯罪をでっち上げるために、人的資源を裂くものだろうか
犯罪は増加傾向にあって人手は足りないではないか

自分は自分にとって唯一無二の存在ではあっても、
社会の中ではいてもいなくてもいい代わりの効く誰かでしかない
そこにまさに病の根があるのだろうと、サルトルなんかは見るんじゃないのかな

133吾輩は名無しである2015/06/24(水) 02:57:22.39
3行にしれ

134吾輩は名無しである2015/06/24(水) 11:04:40.26
サルトル的なにか

135吾輩は名無しである2015/06/25(木) 00:56:51.50
もう読まれないし流行も来ない気がしてきた
尖り過ぎていて、感情移入はできんな

136吾輩は名無しである2015/06/25(木) 03:23:14.09
もっと読むし流行を越える気がしてきた
尖り過ぎず含蓄があり、深読みできるな

137吾輩は名無しである2015/06/25(木) 08:19:02.26
そんなに尖ってないかな

138吾輩は名無しである2015/06/25(木) 10:09:55.04
丸いよ

139吾輩は名無しである2015/06/25(木) 17:49:15.19
尖ってるよ

140吾輩は名無しである2015/06/26(金) 14:17:20.38
一指導者の幼年時代のBL展開にはまいった

141吾輩は名無しである2015/08/25(火) 22:06:14.47
サルトル小説クソ下手だよな〜〜〜

142吾輩は名無しである2015/08/28(金) 23:52:45.43
↑クソクソ言うなクソ

143吾輩は名無しである2015/09/05(土) 00:31:53.09
なんか話題ないの?

144吾輩は名無しである2015/09/19(土) 17:21:53.74
小説や戯曲はヘタだね

145吾輩は名無しである2015/09/19(土) 20:28:38.90
そんなことないよ

146吾輩は名無しである2015/09/20(日) 03:00:38.25
>>144
君より数億倍は素晴らしいよ

147吾輩は名無しである2015/09/20(日) 23:21:33.31
たしかにサルトルはヘタだ
本人もそう言ってるし

148吾輩は名無しである2015/09/23(水) 13:30:40.27
>>147
君より数億倍は素敵だよ

149吾輩は名無しである2015/09/23(水) 15:03:52.65
たとえば?

150吾輩は名無しである2015/09/23(水) 17:40:48.60
サルトルはへたじゃないよ

151吾輩は名無しである2015/11/03(火) 16:03:00.32
11月4日(水)22時よりNHK Eテレ『100分de名著』でサルトルを扱うそうですよ!

152吾輩は名無しである2015/11/03(火) 16:03:31.14
(・o・)

153吾輩は名無しである2015/11/04(水) 12:26:11.60
>>151
それはぜひ見よう。
今年はバルトの生誕100年だから、サルトルの次はロラン・バルトってどうかな。
サルトルほどではなくてもバルトは日本での人気はかなり高いよね。

154吾輩は名無しである2015/11/04(水) 17:17:15.40
十時か寝てるかな

155吾輩は名無しである2015/11/07(土) 13:16:41.55
観たけどダサい番組だった

156吾輩は名無しである2015/11/07(土) 15:04:30.52
十一日にもう一回あるんだとさ

157吾輩は名無しである2015/11/07(土) 15:40:31.37
嘔吐はもともと哲学論文だったんだって
それをミステリー風に仕上げたという話は興味深かった

158吾輩は名無しである2015/11/08(日) 13:00:44.56
100分で名著見たわ

159吾輩は名無しである2015/11/09(月) 10:15:58.23
>>157
そんなこと嘔吐を読んだ人ならだれでもしってるだろ。

160吾輩は名無しである2015/11/09(月) 13:21:45.45
読んだけどいまのいままで知らんかった

161吾輩は名無しである2015/11/09(月) 13:37:31.67
自慢になるか、ぼけっ!

162吾輩は名無しである2015/11/09(月) 16:26:15.95
自慢にしてるか、ぼけっ

163吾輩は名無しである2015/11/13(金) 15:43:36.23
人間は自由だってね

164吾輩は名無しである2015/11/14(土) 08:17:01.98
>>163
そうなんだってね、おれもおどろいたよ。

165吾輩は名無しである2015/11/17(火) 16:18:06.71
「嘔吐」と邦訳が定着してるが、原義的にはムカムカ感・なんとも生理的に気分の悪いような心身感、のような。

166吾輩は名無しである2015/11/17(火) 16:58:59.94
「吐き気」だね。

167吾輩は名無しである2015/11/17(火) 23:52:19.82
早く死ねハゲ

168吾輩は名無しである2015/11/18(水) 02:36:58.80
↑お前はハゲとる

169吾輩は名無しである2015/11/18(水) 02:39:06.42
しねしねしねしね

170吾輩は名無しである2015/11/18(水) 06:56:11.75
君たちは自由だ
選びたまえ

171吾輩は名無しである2015/11/18(水) 08:35:25.25
ええっ、いいんですか?
どれでも?

172吾輩は名無しである2015/11/19(木) 00:14:40.86
ああ、だが取り替えは効かないから覚悟を

173吾輩は名無しである2015/11/19(木) 01:13:15.88
サルトルが好きなやつは大体包茎

174吾輩は名無しである2015/11/19(木) 02:14:48.74
しかもロンパリ

175吾輩は名無しである2015/11/19(木) 12:01:48.03
サルトルを読むということはねひとつのファッションなんだよ

176吾輩は名無しである2015/11/19(木) 12:04:59.21
そしてサルトルとボーヴォワールの関係に成熟した男女の理想的なあり方を見るのか?

177吾輩は名無しである2015/11/19(木) 12:22:11.11
サルトルは天才

178吾輩は名無しである2015/11/19(木) 12:28:25.24
サルトルは大江健三郎という鬼子を生んでしまった。

179吾輩は名無しである2015/11/19(木) 14:25:02.89
サルトルには及ばないよ大江は

180吾輩は名無しである2015/11/19(木) 14:37:11.56
サルトルの本業は哲学だからね
哲学書は書けないでしょ大江には

181吾輩は名無しである2015/11/19(木) 17:11:54.84
サルトルは天才

182吾輩は名無しである2015/11/19(木) 17:18:09.98
家の馬鹿息子サルトル全集にはいるといいんだけどな
絶版なのかな

183吾輩は名無しである2015/11/19(木) 17:27:35.63
サルトルは凄い

184吾輩は名無しである2015/11/19(木) 20:15:28.86
人文書院に電話なりすれば
ゲーテ全集そうして買ったから>>182
サルトル全集に編入してもらった方が安く買えるからね

185吾輩は名無しである2015/11/19(木) 21:15:49.14
サルトル読んでるヤツの勘違い振りが見るに耐えない。

186吾輩は名無しである2015/11/19(木) 21:46:01.83
サルトル全集4巻と12巻が未刊なんだな。もう出版しないのかな?

187吾輩は名無しである2015/11/19(木) 22:57:13.79
4巻と12巻てタイトルはなんだよ

188吾輩は名無しである2015/11/20(金) 00:17:24.74
4巻 革命と無
12巻 実存の死

189吾輩は名無しである2015/11/20(金) 15:20:16.48
うそ

190吾輩は名無しである2015/11/20(金) 16:48:27.45
サルトルはやはり人文書院だよな
岩波は訳がよくない

191吾輩は名無しである2015/11/20(金) 17:10:46.19
サルトルは凄い

192吾輩は名無しである2015/11/20(金) 17:19:28.54
サルトルは大江なんか相手にしない

193吾輩は名無しである2015/11/20(金) 17:20:37.12
実存主義は何かは三百万部売れたとさ

194吾輩は名無しである2015/11/20(金) 17:30:04.67
サルトルは戦争と平和だけど大江は四国の森のお花畑だもんな
格が違いすぎる>>192

195吾輩は名無しである2015/11/20(金) 22:17:33.67
サルトルは凄い

196吾輩は名無しである2015/11/21(土) 08:43:31.80
>サルトルはやはり人文書院だよな

人文書院のサルトル全集は誤訳であふれているので有名だよ。
おれはサルトルならガリマールしか読まない。

197吾輩は名無しである2015/11/21(土) 11:50:20.84
サルトルは天才

198吾輩は名無しである2015/11/21(土) 14:23:14.16
花畑とサルトルを同列にいうとこがバカっぽいんだが>>178
大江がサルトルの影響を受けるのは勝手だが
サルトルに及ぶものではない

199吾輩は名無しである2015/11/22(日) 00:55:30.07
>>198
178はサルトルと大江を同列にしてないのに、そう見るお前が低能

200吾輩は名無しである2015/11/24(火) 17:27:13.06
翻訳で十分

201吾輩は名無しである2015/11/24(火) 17:53:51.67
サルトルは天才

202吾輩は名無しである2015/11/24(火) 23:57:19.75
サルトル佐助

203吾輩は名無しである2015/11/25(水) 11:12:34.23
今日は100分で名著

204吾輩は名無しである2015/11/25(水) 22:30:09.99
金歯なんだね

205吾輩は名無しである2015/11/25(水) 22:51:03.50
サルトルも海老坂武も俺も結婚しない。自由だからだ。

206吾輩は名無しである2015/11/26(木) 04:02:15.43
>>205
しないんじゃない。出来ないんだよ。現実に向き合いたまえ

207吾輩は名無しである2015/11/26(木) 10:02:16.31
>>206
酷いこというなよ、>>205が自殺しちゃったらどうすんだよ。

208吾輩は名無しである2015/11/26(木) 10:39:26.38
>>206
予想通りの反応w
釣りって楽しいね。

209吾輩は名無しである2015/11/27(金) 00:07:15.25
マチウって相当どうしようもないよね

210吾輩は名無しである2015/11/27(金) 14:10:26.88
サルトルの投影体だよねマチウは

211吾輩は名無しである2015/11/27(金) 14:15:37.61
マティウだろ。

212吾輩は名無しである2015/11/27(金) 20:44:23.91
>>208
お前暇だな、働け。

213吾輩は名無しである2015/12/04(金) 22:01:48.36
自由への道…世紀の傑作とは思わんが面白いねw

214吾輩は名無しである2015/12/11(金) 12:12:40.71
ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか

ニ、ニ、ニーチェかサルトルか

215吾輩は名無しである2015/12/11(金) 16:54:03.88
サルトルは天才

216吾輩は名無しである2015/12/11(金) 23:27:52.92
一般人もなんとなく名前だけは知ってる最後の哲学者

217吾輩は名無しである2015/12/11(金) 23:30:13.09
詠もうかなーと思ってるんだけどどれから読めばいいの

218吾輩は名無しである2015/12/12(土) 01:28:19.27
存在と無

219吾輩は名無しである2015/12/12(土) 11:26:07.13
嘔吐がいいでしょう

220吾輩は名無しである2015/12/16(水) 09:34:53.80
読まない方がいいよ。

221吾輩は名無しである2015/12/16(水) 15:06:46.36
存在と梨

222吾輩は名無しである2015/12/24(木) 11:23:10.69
サルトルは好きだね

223吾輩は名無しである2015/12/24(木) 12:16:40.25
シロトが読んでみるなら芝居が面白いんじゃないかな。

224吾輩は名無しである2015/12/24(木) 14:47:11.26
いやサルトルといえば小説、哲学、評伝でしょ

225吾輩は名無しである2015/12/24(木) 15:13:42.22
いや、サルトルといえば文学評論、政治評論でしょ

226吾輩は名無しである2015/12/24(木) 15:17:29.19
文学評論にあたるくらいなら小説を読んだ方がいいし
政治評論は誤謬が多い

227吾輩は名無しである2015/12/24(木) 15:30:16.15
>文学評論にあたるくらいなら小説を読んだ方がいいし

文学評論ってものがわかっていないらしいな。

228吾輩は名無しである2015/12/24(木) 15:31:47.48
サルトルといえばあの顔、とくに目玉でしょ

229吾輩は名無しである2015/12/24(木) 15:37:30.42
たとえば文学とは何かを読んでも身につかないよ

230吾輩は名無しである2015/12/24(木) 17:30:41.10
>たとえば文学とは何かを読んでも身につかないよ

ば〜か、それは評論じゃないよ、講演だろ。

231吾輩は名無しである2015/12/24(木) 17:37:39.30
サルトルに挫折した奴にばーかといわれてもな

232吾輩は名無しである2015/12/24(木) 17:40:58.67
そりゃ評論なんか読んでるモグリにはわからんさ

233吾輩は名無しである2015/12/24(木) 23:42:19.17
ボードレール論
聖ジュネ
家の馬鹿息子
マラルメ論

234吾輩は名無しである2015/12/25(金) 09:38:03.26
>>231=>>232
ふたりのフリをするんじゃないよ、おばかさん。

235吾輩は名無しである2015/12/25(金) 10:20:58.02
サルトルは天才

236吾輩は名無しである2015/12/28(月) 12:24:44.62
自由への道は未完だけど素晴らしい
岩波版読んだ人いるのかな

237吾輩は名無しである2015/12/30(水) 00:14:43.84
読んだよ、冒頭の一行だけw

238吾輩は名無しである2015/12/30(水) 00:24:17.98
分別ざかりは読んだ。猶予はそのうち

239吾輩は名無しである2015/12/30(水) 09:44:22.73
岩波版は誤訳のない翻訳でしょうか

240吾輩は名無しである2015/12/30(水) 10:03:02.92
岩波の猶予は読みづらいよね

241吾輩は名無しである2015/12/30(水) 11:54:26.44
なんなんだろね人文書院版はすらすら読めたけど

242吾輩は名無しである2016/01/06(水) 09:49:24.10
>>239
誤訳のない翻訳なんて存在しません。
そういうものはありえないんです。

243吾輩は名無しである2016/01/06(水) 19:27:25.68
>>159
知らなかった…

244吾輩は名無しである2016/01/06(水) 19:29:32.49
サルトルとドストスレをやたら更新する輩がいるけど
中身がない

245吾輩は名無しである2016/01/06(水) 19:44:25.55
中身って言うけどさあ、素人に対してそんな風にハードル上げても仕方ない。死ぬほど過疎板なんだから気軽に回す事が重要なんだよ。
「中身がない」なんていうレス書くくらいなら、何か有意義な話題を提供してみなよ。あなたの今のレスは確実に僕のレス以下だから。

246吾輩は名無しである2016/01/06(水) 19:49:06.87
なんて話をしても仕方ないか。「嘔吐」の鈴木道彦の注釈はイカ臭くて途中で参照するのをやめた。文庫化する時はもっと読む人の事を考えた注釈の付け方にして欲しいな。

247吾輩は名無しである2016/02/21(日) 21:17:32.28
NHKスペシャルにサルトル出てるぞ!60年代についての「新・映像の世紀」

248吾輩は名無しである2016/02/23(火) 17:22:58.09
嘔吐なんかよんで思ったけど
「実存は本質の先に立つ」だっけ?この一言でこいつの思想は充分だよな

249狂奇幸(皇)帝:学術デジタルアーカイヴ教授2016/02/23(火) 17:23:50.32
もう完璧の瞬間がないの(アニー)

250吾輩は名無しである2016/02/23(火) 17:35:18.52
>>248
実存主義に関する最も有名な言葉だけど、なぜそれで「充分」だと思うの?

251吾輩は名無しである2016/02/24(水) 07:24:50.99
>>248
『主体性とは何か』もけっこう面白いよ

252吾輩は名無しである2016/03/10(木) 10:34:45.26
スレチですが質問です
バタイユの残した小説って「目玉の話」、「マダム・エドワルダ」、「青空」の他に何かありますか?

253吾輩は名無しである2016/04/15(金) 11:58:51.66
「ガム」

254吾輩は名無しである2016/05/02(月) 16:36:25.70
ガム?

255吾輩は名無しである2016/05/04(水) 16:50:19.15
>>252
 意外にスレ違いではない。

 サルトルは初期に「新しい神秘家」というバタイユ論を書いてるし
第二次大戦中1944年、既にこの時バタイユは『ドキュマン』所収論文や
『社会批評』所収論文また哲学的エッセイ集『内的体験』を発表していたが、
サルトル含めた数人とバタイユ本人も交え討論会を行っている。
この討論は『バタイユの世界』(青土社)に「討論 罪について」として
収録されている。

256吾輩は名無しである2016/05/04(水) 17:54:48.86
質問にこたえてあげて

257吾輩は名無しである2016/05/04(水) 19:24:19.18
>>256
 二見書房の『バタイユ著作集』を見てみればいいんじゃないの?w
俺もそう詳しくはないよ。

 『C神父』『聖なる神』『死者・空の青み』『眼球譚・太陽肛門』
あたりが小説群でしょう。
 ちなみに複数収録巻では

『聖なる神』「マダム・エドワルダ」「わが母」「シャルロット・
ダンジェルヴィル」3編とも小説。「わが母」が長編。僧である息子
を堕落させ乱交に引きずり込み結ばれる母。
『死者・空の青み』「死者」「空の青み」2編とも小説。「空の青み」
が長編。「死者」は短編。恋人を亡くした女が酒場に現れ酔客と
乱交に及ぶ話。
『眼球譚・太陽肛門』「眼球譚」が小説。「太陽肛門」「供儀」
「松毬の眼」は思想的エッセイだったと思う。

258吾輩は名無しである2016/08/15(月) 19:06:10.21
『嘔吐』読んでるけどおもしろいね。

初サルトル。

259吾輩は名無しである2016/08/16(火) 13:46:53.81
今泉富美子(雑誌でスワッピング募集している淫乱ドスケベ変態老衰よぼよぼしわくちゃ婆)

今泉一八(音感ゼロの自己陶酔ED音痴爺)

260P ◆.uKag/vUmY 2016/08/19(金) 19:06:00.60
サルトルは小説より人間の方が面白いタイプ

261吾輩は名無しである2016/08/19(金) 21:27:24.74
やぶにらみの頑固な老いぼれ

262吾輩は名無しである2016/09/14(水) 01:42:49.08
また読みたい

263吾輩は名無しである2016/09/14(水) 11:07:06.89ID:mG2H65m5
サルトル好きだなぁ

264吾輩は名無しである2016/12/27(火) 04:01:54.86ID:+esuvNv4
嘔吐以外でおすすめありますか。

265吾輩は名無しである2016/12/27(火) 05:18:47.61ID:C2JgMdgU

266吾輩は名無しである2016/12/27(火) 08:14:58.41ID:XcD1LnUZ
>>264自由への道

267吾輩は名無しである2016/12/28(水) 01:37:20.56ID:/1ZgqlGn
存在と無

268吾輩は名無しである2017/01/09(月) 00:57:06.81ID:YFOlKmFS
実存主義とはなにかでサルトルが言ってる全人類に対しての責任があるって
何しても当人の自由っていう思想があまりに無秩序で節操がないから取って付けた考えに思えてならないんだが

269吾輩は名無しである2017/01/09(月) 01:20:15.10ID:1ClXmEiY
自己は他者との関連で成立し、この関係性から責任が生じる
これはマルクス主義に近い考え方だけど
マルクスの場合は世界市場の出現と
市場内経済主体の相関性が論拠となっている
サルトルはヒューマニズム的マルクス主義
あるいはヘーゲル左派ていどで片付けられる

270アイ2017/01/09(月) 03:28:00.88ID:ngkD8HYw
>>269
諸思想に関してミスリーディング多過ぎてお話にならない

記憶みたいだな

つりでもなければ
ただの馬鹿過ぎる奴!!!

271吾輩は名無しである2017/01/09(月) 12:46:30.18ID:YFOlKmFS
>>269
サルトルの実存主義とはなにかによると
「自身と同時に全人類をも選ぶ立法者であることを理解する人は
全面的な、かつ深刻な責任感から逃れることはできないと自覚し、
そのために常に不安が付きまとう」
とあるけど
これって常に他者の利益を考えて行動するという”明瞭な神意”を
作り出してることになると思うんだが

それなのに神の存在を否定して
「我々は自分の行いを正当化する明白な価値や命令を眼前に見出すことはできない。
そのため自身の選択の逃げ口上も見出せず孤独である」
と書いてるし
これって”全人類の責任を常に考えて行動する”という明確な価値を
作り出してる時点で矛盾してないか?

272吾輩は名無しである2017/01/09(月) 12:48:33.59ID:YFOlKmFS
たとえ自身の選択が失敗しても
”全人類のために行動したから許される”と
”逃げ口上”を与えることになると思うんだが

273吾輩は名無しである2017/01/10(火) 16:47:07.26ID:potkz9WL
責任とは「或る出来事もしくは対象の、あらそう余地のない作者であることについての意識」である、というのが『存在と無』における定義
つまり責任とは、自分が何らかの状況や事物を「存在させている」という意識のこと

「全人類に対する責任」論は、他者の利益を考慮する以前に「そもそも全人類を存在させるか否か」ということじゃないかな

274吾輩は名無しである2017/01/11(水) 12:16:22.95ID:NhWM+8cH
そうなんだ
一般的な意味での責任と大きく変わるね

275吾輩は名無しである2017/01/18(水) 02:15:44.34ID:n55EEOe/
>>273
全人類は自分が存在させているという意識か
そりゃ確かに責任重大で不安だな
まあ破滅させようと望む良心にやましい人間がひとりくらいいても不思議はないか

276吾輩は名無しである2017/02/08(水) 17:19:47.01ID:Yo8Z7yiC

277吾輩は名無しである2017/02/08(水) 17:38:38.10ID:l3SsgQ2Y
ビートたけし「あべぴょん、らめえええええええ!ひぎぃ!アナルが裂けちゃううううううっ!」

278吾輩は名無しである2017/02/15(水) 04:01:28.22ID:y91QuzMO
久しぶりに読んでやっぱりいいなあと思った。

279吾輩は名無しである2017/02/17(金) 19:08:55.47ID:bancUe2/
あと数日で受験終わるからサルトルの実存主義の本とか読もうかな

280学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/17(金) 20:42:41.59ID:N68UZZfF
企図自体ができない全体主義失敗のような部分は毒抜きが必要。
はい魔術で。

281吾輩は名無しである2017/03/19(日) 04:11:15.15ID:b/Eo4mPg

282吾輩は名無しである2017/04/05(水) 19:58:31.41ID:hXTmv6F4
フローベル論の廉価版出してほしい

283吾輩は名無しである2017/05/23(火) 00:34:47.68ID:aYnrFbM5
自由への道1部と2部は面白いね、読んだのは人文書院版だけど。 
水いらず、部屋、一指導者の幼年時代もよかった。

284吾輩は名無しである2017/05/23(火) 07:07:38.07ID:Vw7CkMI5
ボードレール論もいいですよ

285学術2017/05/23(火) 07:13:29.98ID:IfB+73k+
ぼーどれーるは病院がらみのところがスミだな。
人を頼ってはいけないよ。看護婦とか。医師とか。

286吾輩は名無しである2017/06/18(日) 08:55:53.00ID:5GWbZcCa
『家の馬鹿息子』って、フロベールに興味はあるがサルトルに興味はない、という人でも楽しめますか?

フロベールスレでは無視されたんで、ここで聞いてみるんですが

287吾輩は名無しである2017/06/26(月) 11:59:40.73ID:or4/KAuJ
テスト

288吾輩は名無しである2017/06/26(月) 12:03:38.24ID:or4/KAuJ
 たまたま「wikipedia サルトル」を視たら、思想の欄に晩年の変貌が書かれて
いないのが気にかかり。というのはそれまでの『存在と無』『弁証法的理性
批判』に代表されるサルトル哲学が1971年刊行『家の馬鹿息子』あたりから
重要な深化を為す、というのがサルトルの変貌で、当時の読者に衝撃を与えた
、というのがありましたから。

 なので私の知る限りでの追加を記載させてもらいました。興味のある方が
いたら覗いていただけたらと思います。

289吾輩は名無しである2017/06/26(月) 15:19:27.35ID:GTgtb9eU
いつか読んでみたいね

290吾輩は名無しである2017/06/27(火) 18:35:06.18ID:t1OQnbft
>>288
ありがとうございます。
>>286を書いたものですが、サルトル哲学に詳しくないので、『家の馬鹿息子』を読むのは止めようかと思います。

291吾輩は名無しである2017/06/27(火) 20:56:19.94ID:LjkWyXW4
>>290
 フローベールに興味がある人ならば読んだ方が良いでしょうね。サルトルは
フローベールの生誕以前から、彼の先史(意識以前)が何だったか、を詳細に
解き明かし、人格が如何にして形成され、フローベールがその幼年時代に
拘束されたかを書いて行く。

 フローベールに留まらない1人の人間の生涯をその意味をここまで抉り取っ
た批評は稀有でしょう。

 サルトル哲学に詳しくはない読者でもフローベールに興味があれば読める。
サルトル哲学に詳しい人が読めば、その変化に気づくし興味津々な箇所は
ある。しかし純粋にフローベール論としても勿論読める。仮に
フローベールを研究するならば、この本を避けることは不可能でしょう。
それくらいの意味はあります。

292吾輩は名無しである2017/06/27(火) 23:08:36.82ID:t1OQnbft
ふむ。
考えてみる。
Hazel BarnesのSartre and Flaubertなんて本もあるんだね。

293吾輩は名無しである2017/07/22(土) 19:58:20.86ID:tlrGijuT
17世紀ヨーロッパ初頭、産業革命の前夜の大事な時期のモンテーニュとデカルトとパスカルらをスルーして、

後出しジャンケンのモダン石器時代の自称哲学者のサルトルなんかに傾倒するバカは大江健三郎とオノ・ヨーコしかおらん

サルトルなんて旅客機に乗っている自称哲学者だぞ スチュワーデス付きの旅客機に乗った哲学者は哲学者にあらず。

産業革命の基礎哲学を完成させた立派な哲学者たち モンテーニュ 享年59歳 デカルト 享年53歳 パスカル 享年39歳

もの乞い坊主の念仏の人生哲学を説いた飛行機に乗った詐欺師男 サルトル 享年74歳

なんの役にも立ってない大江健三郎 現在82歳

役に立たないバカほど長生きする

294吾輩は名無しである2017/07/22(土) 20:05:13.82ID:8YYxfcNa
サルトルの哲学書は未読だが
好きですよ

295吾輩は名無しである2017/07/22(土) 20:52:21.40ID:tlrGijuT
>>294
20世紀哲学者のサルトルは哲学者ではなくて、文学者の小説家と思ったほうがいいよ。

フランス人とユダヤ人のクォーターのモンテーニュが懐疑主義哲学を創り、
懐疑による懐疑でキリスト教神学に見切りをつけで近代合理主義哲学の父となったのがデカルトで、
これ以上は合理主義哲学を語るべきではないと「人は考える葦である」と哲学をバカにすることが哲学であると説いたのが神学者パスカルだからね

296吾輩は名無しである2017/11/12(日) 14:11:58.37ID:OGwKkqPk
『想像力』(1936年)
『自我の超越』(1937年)
『壁』(1937年)
『エロストラート』(1938年)
『水いらず』(1938年)
『部屋』(1938年)
『一指導者の幼年時代』(1938年)
『嘔吐』(1938年)
『情緒論素描』(1939年)
『想像力の問題』(1940年)
『存在と無』(1943年)
『蝿』(1943年)
『出口なし』(1945年)
『恭しき娼婦』(1946年)
『墓場なき死者』(1946年)
『ユダヤ人』(1946年)
『実存主義とは何か』(1946年)
『シチュアシオン』(1947-65年)
『ボードレール』(1947年)
『汚れた手』(1948年)
『文学とは何か』(1948年)
『自由への道』(1949年)
『悪魔と神』(1951年)
『聖ジュネ──殉教者と反抗』(1952年)
『キーン』(1954年)
『ネクラソフ』(1956年)
『アルトナの幽閉者』(1959年)
『方法の問題』(1960年)
『弁証法的理性批判』(1960年)
『言葉』(1963年)
『トロイヤの女たち』(1965年)
『家の馬鹿息子』(1971&1972年)

297学術2017/11/12(日) 19:15:20.12ID:VCg6sLJ6
嘔吐とカフェは相性がいいのか。

298吾輩は名無しである2017/11/13(月) 16:45:13.26ID:9t+THNdu
大まかにはフランス文学とカフェじゃない

299吾輩は名無しである2017/11/14(火) 12:49:05.66ID:en1bkfI6
まあ要するにドゥマゴってとこ

300吾輩は名無しである2018/07/19(木) 14:33:34.15ID:/A46gA+b
嘔吐はなかなか面白かったけど、読んでて辛くなるというか
もう1回読みたいとは思えないな

301吾輩は名無しである2018/08/27(月) 13:18:07.73ID:THmc6EFI
15、実存主義についての概略

 実存主義という哲学用語がある。ぼくは長いこと「実存主義」とは何なのか、さっぱりわからなかった。
だから、手をつけるのがだいぶ遅れたのだが、面白い言説があり、
特にサルトルの小説「嘔吐」は傑作だったので、未熟者なりにぼくがまとめてみたい。
 まず、実存主義が有名になったのはサルトルの「嘔吐」からでまちがいない。
大流行したらしき実存主義は、盛んに研究された結果、キルケゴールが起源だとか、
さらには十一世紀のイスラム哲学のガザ―リ「哲学者の自己矛盾」にまでさかのぼるらしい。
いずれ、入手して読みたいものだが、まだ未読な状態で簡単に実存主義を紹介しよう。
 サルトルの「実存主義とは何か」によると、実存主義とは「実存は本質に先立つ」と要点をまとめることができるらしい。
 ぼくなりの解釈では、本質は物自体であり、実存は我々の表象として現れる現実である。
世界は、本質(物自体)が堅固であるのに比べて、現実存在は不安定でゆらめいている。

302吾輩は名無しである2018/08/27(月) 13:18:30.29ID:THmc6EFI
 我々の存在は、神に愛され、存在を許された時に表出したのであり、
我々の世界への出現において、神の愛が記される。
本質は、世界の根幹となる基盤であり、それは神の存在で満ちているのだろう。
これだけを記述すると、実存主義はバラ色の優しい世界に感じられるだろう。
しかし、サルトルはそんな凡庸なことでは終わらない。
サルトルが「嘔吐」で語るのは、「存在を望まなかった木」についてである。
存在を望まなかった木は、サルトルにとって異物であった。
神学者であれば「存在を望まなかった木」は悪魔としてとらえられるかもしれない。
 愛を知らぬ被造物。それが「存在を望まなかった木」である。
だから、実存主義者は神に対して孤独であり、世界と離れて孤独である。
もちろん、植物は、無機物のように、何も考えていないとされていた物体である。
 サルトルは「実存主義とは何か」で「かつて、キルケゴールにおいては、
実存主義は宗教的信仰と切り離せないものだった。」と記述している。
 存在することは創造主に愛されたことを表す。自分の人生が神に愛されていなかったのではないかという絶望がある。
実存主義は、キルケゴールに当てはめれば、神に愛されない死に至る病であり、絶望である。
 ガザ―リ「哲学者の自己矛盾」、キルケゴール「おそれとおののき」を読んだら追記する。今はここでこの章の筆をおく。

303吾輩は名無しである2018/08/27(月) 13:18:30.31ID:THmc6EFI
 我々の存在は、神に愛され、存在を許された時に表出したのであり、
我々の世界への出現において、神の愛が記される。
本質は、世界の根幹となる基盤であり、それは神の存在で満ちているのだろう。
これだけを記述すると、実存主義はバラ色の優しい世界に感じられるだろう。
しかし、サルトルはそんな凡庸なことでは終わらない。
サルトルが「嘔吐」で語るのは、「存在を望まなかった木」についてである。
存在を望まなかった木は、サルトルにとって異物であった。
神学者であれば「存在を望まなかった木」は悪魔としてとらえられるかもしれない。
 愛を知らぬ被造物。それが「存在を望まなかった木」である。
だから、実存主義者は神に対して孤独であり、世界と離れて孤独である。
もちろん、植物は、無機物のように、何も考えていないとされていた物体である。
 サルトルは「実存主義とは何か」で「かつて、キルケゴールにおいては、
実存主義は宗教的信仰と切り離せないものだった。」と記述している。
 存在することは創造主に愛されたことを表す。自分の人生が神に愛されていなかったのではないかという絶望がある。
実存主義は、キルケゴールに当てはめれば、神に愛されない死に至る病であり、絶望である。
 ガザ―リ「哲学者の自己矛盾」、キルケゴール「おそれとおののき」を読んだら追記する。今はここでこの章の筆をおく。

304学術2018/08/27(月) 19:53:24.60ID:LtA1Dse0
医者と仲いい人成績下じゃないの?医学工学なんて検査機器みたいな地味ないらない仕事。

305学術2018/08/27(月) 19:54:24.84ID:LtA1Dse0
ケィルクィェゴールの方が才能あると思うよ。

306吾輩は名無しである2018/08/28(火) 10:31:18.70ID:xS0KhgLM
 あまり日本で読んでいる人は少ないので、ガザ―リの「哲学者の自己矛盾」という本の内容を紹介する。
 ガザ―リによれば、世界(実存)の始まりより先に創造主(本質)があったはずである。
「世界の中に創造主はいない」という実存主義と考えられる主張が語られる。
ガザ―リはサルトルとは異なる主張を展開する。
 例えば、ガザ―リは「世界を創造する前に、創造主が存在した」という主張をとり、
「世界は始まりもなく、終わりもない。永遠の意志によって世界は存在する」という主張と対立する。
 さらには、イヴン・スィーナーの主張をガザ―リは紹介していて、かなり興味深い神学が語られる。
それは、こういうものである。神は原因であり、世界は結果である。
原因より結果は優れているはずなので、創造主たる神より。結果であるこの世界は優れていて幸せに満ちているはずである。
つまり、神は、この世界より醜く不幸でさげすまれているはずだ。
だから、この世界は我々が神として想像している概念よりももっと美しく幸せで誇り高き高貴な世界であるはずだ。
ガザ―リも「神よ、どうか実体より偉大な存在であってくれ」と力説してしまうが、
神はこの世界の素晴らしさより醜いものであろう。この世界の喜びは、神の優しさの現れであろう。
 キルケゴール「おそれとおののき」を読んだらまた加筆する。

307吾輩は名無しである2018/08/28(火) 17:30:00.79ID:u4sFEEeJ
>>304 外科医はダイナミックですよ。

308学術2018/08/28(火) 18:01:29.44ID:iEdg0gyC
ダイナ手術ミスム 自覚 他覚がた。脚術で働くももいいのに。

309吾輩は名無しである2018/08/28(火) 21:21:20.80ID:kCHxWkcd
>>306
>それは、こういうものである。神は原因であり、世界は結果である。
>原因より結果は優れているはずなので、創造主たる神より。
>結果であるこの世界は優れていて幸せに満ちているはずである。

であるのなら世界に悪がはびこるのは何故か?
これは中世カソリックでも議論された事ですね

それと個別的存在者である
人間的諸個人に意識にのぼる世界(イメージあるいは世界観)と
意識の外部にある世界(存在そのもの)は違うと思いますけどね
ヤスパースは個別的世界観が統一的イメージに収まることはない
という意味合いにおいて実存主義者であり、
サルトルもその系譜に属すると思いますけどね

しかしアンガージュマンというキーワードで
個別的存在者(これも一種のフィクションに近い)たちを
強引にリンクしようとするから全体化につながるような気がしますが

たとえばゴラン高原あたりで行われる存在者たちの無益な殺生と
渋谷や五反田のラブホで行われる
乱痴気騒ぎとの間に全く関係がないとは言いませんが
そういう個別的存在者たちが世界全体に対して責任を負えるんですかね?

310吾輩は名無しである2018/08/30(木) 02:15:46.06ID:E36fh064
吐瀉物はサルトルとペドロコスタであっているのかな?運動神経がいいなあ。

311吾輩は名無しである2018/08/30(木) 02:41:43.76ID:E36fh064
武蔵野美術大学は2019年4月に造形構想学部が新設されるようだ。ということは・・・

312吾輩は名無しである2018/08/30(木) 03:06:22.08ID:E36fh064
フーカリアンだったらそういうだろうね。

313吾輩は名無しである2018/08/30(木) 03:37:55.22ID:E36fh064
森進一・・・は息子が好きじゃないから書きたくない。

314学術2018/08/30(木) 06:31:10.21ID:Dc9E2hoz
音大や音楽院の方が和歌もうまいのに。

315吾輩は名無しである2018/08/30(木) 13:54:02.60ID:dYFDpGir
最終候補だという信憑性は獲得したわけですね。

316学術2018/08/30(木) 15:02:29.43ID:Dc9E2hoz
md堕ち

317学術2018/08/30(木) 20:06:36.29ID:Dc9E2hoz
mdy

318学術2018/08/30(木) 20:07:04.46ID:Dc9E2hoz
mdy

319吾輩は名無しである2018/08/31(金) 02:50:45.07ID:dI7vTbuc
首都大学東京、2020年「東京都立大学」に変更だって。
筑波大学もレベルが低いから「東京教育大学」にもどしてほしいな。

320学術2018/08/31(金) 09:26:32.16ID:bdP+53m6
東京教育大の古典文法の本あるけど、レベルは相当低くない。その時代の方が
良かったという評判も当り前だね。でもあくまで東京の教育大であって
上越や鳴門などの下請け産業だということを、忘れてはならないし、
東大も下部組織という自覚から辛酸をなめる度胸もない。

321学術2018/08/31(金) 09:27:47.80ID:bdP+53m6
兵庫にも教育大学があって、文部大臣教育長委員などを歴任されてる方は良いけど
未だならそういったキャリアおお勧めします。文学を継ぐ者にはね。

322吾輩は名無しである2018/09/01(土) 01:03:50.82ID:OZwngtJk
原因より結果って優れてるものかな?
そうとは限らないと思うけど
てか創造主が仮にいたからって、自分が愛されてると思うってのもなあ
偶然の産物とは考えないのか
例えば産業廃棄物とか飯食った後に排泄されるうんことか
ビッグバンは実は創造主のビッグベンだったのさw

323吾輩は名無しである2018/09/01(土) 04:14:35.32ID:DgXyCyRb
チャー男子、チャー

324吾輩は名無しである2018/09/14(金) 19:25:47.33ID:uYXwRXWK
                     /⌒彡:::
                   /冫、 )::: また…秋が…
                  __| `  /:::
                 / 丶'  ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::
                 /    /:::
                 / y   ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\

325吾輩は名無しである2018/09/14(金) 20:07:26.96ID:ujVLEq5/
>>322
>てか創造主が仮にいたからって、自分が愛されてると思うってのもなあ

被造者感情というのは自分を虫けらのような
とるに足らないものだと自覚することから始まる
つまり、絶対的な存在に対する畏怖の感情が源泉であり
そのような恐怖を愛情という形で解消する

これがいつしか自分が愛情を捧げているので
相手もそうだろうという転倒につながり
やがてどのような苦痛でも愛ゆえに受け入れるという倒錯に変貌する

独裁国家の独裁者への忠誠心やDV配偶者への忠誠を誓う妻とかも
似たような心理であり、それゆえに解決が困難です
簡単に言うと「狂信」だからね
しかし、この「狂信」ゆえに不安や恐怖を感じずに済むわけです

326吾輩は名無しである2018/09/14(金) 20:12:19.13ID:ujVLEq5/
たとえば暴力や恐怖で妻を支配する暴君のような夫がいたとして
その夫を殴りつけたり法的制裁を加えても
一種の洗脳状態にある妻を解放することは非常に困難です
かえって支配の不安定さから恐慌状態に落ちります
支配というものの本質はそういうものなんですね

327学術2018/09/15(土) 08:12:05.46ID:sAB+BtgB
暴力や恐怖で支配されるのは夫の方だよ。ボーボワールは女性がマゾになっている
分の東京が変だというね。ほかしていかないと。性差、特性をわきまえて、
動詞の属性を考えるべき。

328学術2018/09/15(土) 08:12:49.80ID:sAB+BtgB
暴力に対抗して非 暴力であらがうのがオトコってもんだよ。

329吾輩は名無しである2018/09/17(月) 01:29:02.44ID:Mzy1AsZA
「聖ジュネ」は古本で高値がついてるな

330吾輩は名無しである2018/09/18(火) 18:46:35.54ID:fgdwehpB
洗脳状態の方がある意味幸せなのかもね
自由の刑は怖いなあ

331吾輩は名無しである2019/07/23(火) 09:51:39.30ID:ppp5WJ1T
一年近く書き込みなし

332吾輩は名無しである2019/10/09(水) 03:16:13.44ID:saAq8B2l
『実存主義とは何か』(サルトル著) ・・・ ヒロシマ・ナガサキヘの原爆投下、アウシュビッツ
でのユダヤ人の大量虐殺、ベトナム戦争での殺し合い、太平洋戦争での日本軍の愚行・・・
これらも人間の「実存」の領域の一つ。「人間とは何々である」といったそれまでの哲学や
文学での定説が、第二次世界大戦とその後の世界各地での戦争で崩れてしまった。

「実存は本質に先立つ」、既成の 「人間とは何々である」への「嘔吐」。

新着レスの表示
レスを投稿する