井伏鱒二 [転載禁止]©2ch.net

1名無し募集中。。。2014/11/26(水) 21:08:39.25
無かったので

2吾輩は名無しである2014/11/29(土) 20:17:36.74
へんろう宿

3吾輩は名無しである2014/11/29(土) 20:37:49.04
山椒魚

4吾輩は名無しである2014/12/02(火) 01:13:16.65
駅前旅館

5吾輩は名無しである2014/12/02(火) 17:00:16.27
へんろう宿とかあの辺りの短編のことを考えるとつげ義春を思い出す。

6吾輩は名無しである2014/12/04(木) 19:40:03.02
漂民宇三郎が好き

7吾輩は名無しである2015/02/14(土) 20:36:00.44
『シグレ島叙景』
とか、知ってるやついるのかな。

8吾輩は名無しである2015/02/14(土) 20:39:44.14
>>5
順番が、逆では?
つげが井伏から影響を受けたのだと思うのだが。

9吾輩は名無しである2015/02/14(土) 20:47:47.49
山椒魚って、説教くさいよね。

10吾輩は名無しである2015/02/14(土) 23:05:35.57
全集ではラストの説教くさい部分を全部カットしたらしいな

11吾輩は名無しである2015/02/15(日) 10:39:50.33
ゴーゴリの影響受けた作品てどれ?

12吾輩は名無しである2015/03/12(木) 16:04:41.68
中島敦の悟浄○○と山椒魚ってなんとなく雰囲気が似ている気がする。

サワンも好きだな。

13吾輩は名無しである2015/08/12(水) 22:46:46.02
発狂した山椒魚ワロタ。

14吾輩は名無しである2015/08/13(木) 02:25:41.00
意外とおもしろい

15吾輩は名無しである2015/08/13(木) 21:41:13.74
>>12
サワンいいね。

16吾輩は名無しである2015/08/24(月) 04:31:26.89
結構おもしろいのにあまり読んでる人いないね。

17吾輩は名無しである2015/08/24(月) 05:11:00.21
黒い雨の問題が大きいのじゃないか?結果いいがかりでも、日本ではねえ…。

18吾輩は名無しである2015/12/04(金) 17:43:33.36
シグレ島叙景。
うさぴょん、わんさか。。。

19吾輩は名無しである2015/12/11(金) 20:51:53.21
井伏スレのレスが18しかないとは信じられん。
『屋根の上のサワン』『夜更けと梅の花』『へんろう宿』。
騙れ。

20吾輩は名無しである2015/12/11(金) 20:53:35.77
語れ、の間違い。

21名無しさん@そうだ選挙に行こう2015/12/14(月) 18:20:26.85
井伏は読まんといかんな

新潮文庫の『山椒魚』のなかでは、
『山椒魚』が、最もつまらん。
既に挙がってるが『〜サワン』『へんろう宿』『シグレ島〜』
あたりがいい。
噛めば、噛むほど……の、するめのような作家だな。

23吾輩は名無しである2015/12/14(月) 20:10:05.50
小林秀雄も言ってたけど井伏の描く人物はどこかみんな飄然としていてそこが魅力だよね

24吾輩は名無しである2015/12/20(日) 20:28:45.79
相変わらず、レスが付かんな。
マジで、読むやつがいないってことか?
こんなにいい作家を。。。

25吾輩は名無しである2016/01/06(水) 04:25:12.96
サワンって現代で言えば、少女監禁犯人の心理だな

26BB ◆Q9UdchPh0o 2016/01/06(水) 18:40:47.62
いえてる。
鋭いな。

27吾輩は名無しである2016/01/07(木) 10:34:03.41
「黒い雨」の文庫を読んだら、小林秀雄が初期の井伏鱒二の文章を褒めていたと書いてあった。
漠然と書いているように見えて、その実ものすごく計算し尽くされた文章だというような事が。
ちょっとニュアンスが違うかも知れないけど…

28吾輩は名無しである2016/01/09(土) 02:08:55.13
彼は詩人だ

29吾輩は名無しである2016/01/09(土) 22:37:33.15
休憩時間
傑作だと思わんかね君たち
青春の一幕喜劇をここまで詩情豊かに描けるか

30吾輩は名無しである2016/01/13(水) 21:00:07.97
オータム吉日
ハーフの美少女は
ローラみたいんかな 

31吾輩は名無しである2016/01/22(金) 09:42:08.28
ユーモアとペーソスの職人芸

32吾輩は名無しである2016/01/22(金) 09:46:40.85
それすげーわかるな。かっこいいよね。

33吾輩は名無しである2016/02/16(火) 16:45:30.66
山椒魚は本当にとうさくなの?
検証出来る人居る?

34吾輩は名無しである2016/02/16(火) 18:44:45.02
山椒魚ではなく、黒い雨だろ
盗作疑惑は
冤罪らしいが

35吾輩は名無しである2016/02/16(火) 19:58:39.15
元ネタは何なの?

36吾輩は名無しである2016/02/16(火) 20:07:53.38
しろうとの日記

37吾輩は名無しである2016/02/16(火) 20:28:49.73
「黒い雨」は姪の日記を引用するという形式だったよね。

38吾輩は名無しである2016/02/16(火) 21:04:16.97

39吾輩は名無しである2016/02/16(火) 21:22:46.92
>>38
ありがとうございます。Twitterに投げました。

40吾輩は名無しである2016/05/07(土) 10:19:17.68
井伏の詩集ほしい

41吾輩は名無しである2016/05/09(月) 01:27:34.55
「山椒魚」→ロシア作家サリトィイコフ・シチェドリン
「賢明なスナムグリ」そのままの書き写し。

「ジョン万次郎漂流記」→
石井研堂「中浜万次郎」全体の70%が文語体を
口語体に書き換えただけ。+当時の時代状況を歴史書から
書き写し。

「青ヶ島大概記」→
「伊豆国付八丈島持青ヶ島大概記」近藤富蔵
の書き写し。太宰治が写し取りを手伝い、後に
井伏鱒二全集解説で暴露。

「黒い雨」→
「重松日記」の書き写し。

代表作がほとんど書き写し。
作家とは呼べないリライト屋。

詳細は猪瀬直樹「ピカレスク 太宰治伝」。

42吾輩は名無しである2016/05/17(火) 01:00:56.76
講談社の厄除け詩集買いました

43吾輩は名無しである2016/08/10(水) 21:09:22.65
久しぶりに

44吾輩は名無しである2016/08/10(水) 21:27:02.56
久しぶりに、どうした?

45吾輩は名無しである2016/08/10(水) 21:50:02.91
読む

46吾輩は名無しである2016/08/11(木) 11:49:03.61
何読んだ?
シグレ島叙景、読めよ。

47吾輩は名無しである2016/11/14(月) 19:58:41.68ID:b8bOHESH
シグレ島叙景、何か好きだな
でもああなるシチュエーションがよく分からない

あの船アパートは誰が経営していて、あの住人たちは
何を生業にしてて、熟女ヲタツさんはなぜそんな所に一人ですんでて
他に男しかいないのに危険はないのかとか、自分には???だらけだww

48吾輩は名無しである2016/11/14(月) 19:59:10.19ID:b8bOHESH
age忘れたので・・

49吾輩は名無しである2016/12/01(木) 18:13:54.72ID:VG0sBLX0
寒山拾得でも読むか

50吾輩は名無しである2016/12/02(金) 20:35:26.54ID:cxDED39E
屋根の上のサワン。
これは、千葉の印旛沼の辺りの話らしいな。
千葉に20年住んで、良い思い出がひとつもないおれは、
ちょっと白けた。

51吾輩は名無しである2016/12/10(土) 20:35:03.16ID:qagv6IRo
井伏は良い。
しみじみとしている。
『朽助のいる谷間』
が最初期のものだとは知らなかった。
初めから書けた人だったんだな。

52吾輩は名無しである2017/03/01(水) 21:49:27.37ID:6SXv7QE9
この人の代表作は山椒魚なのかな?

53吾輩は名無しである2017/04/03(月) 00:50:17.44ID:LFa4jFFj
「黒い雨」は代表作だから一応読んだけど
やっぱ「山椒魚」「朽助のいる谷間」の方がはるかに好きだわ

54吾輩は名無しである2017/04/04(火) 15:41:37.15ID:kZqvF9HS
オータム吉日

55吾輩は名無しである2017/04/29(土) 22:28:02.99ID:ZlfakW9w
ドリトル先生の初版が読みたい

56吾輩は名無しである2017/06/25(日) 00:51:28.63ID:R/+Nfsvw
今夜も生でさだまさし

山椒魚の最後の4行なんで削っちゃったのか聞いちゃったんですよ〜

ローヤルサルートの注ぎ方

井伏鱒二の話口調のマネ

お宝でした

57吾輩は名無しである2017/10/19(木) 21:03:39.95ID:y3vH/Evc
タエト好き

58吾輩は名無しである2017/10/20(金) 07:10:39.62ID:wSJisFrP
大爆笑

59吾輩は名無しである2017/10/20(金) 18:10:57.73ID:oypGpbA/
オータム吉日

60吾輩は名無しである2017/11/12(日) 21:17:28.26ID:s+ABMYzn
60

61吾輩は名無しである2017/11/22(水) 20:30:48.59ID:PxH5wi5S
ほうい、ほうい!

62吾輩は名無しである2017/12/25(月) 16:29:45.04ID:0ypzxJVw
『白髪』という短編が笑える。

63吾輩は名無しである2018/04/05(木) 22:06:17.64ID:Y6IGp8+r
<子供の時に読み始めて、老年になってもずっと読みつづけることができる、そういう作家はい
ま世界に十人といないんじゃないかな。日本にはさらにいないでしょう。ひとりかふたりでしょう。
私の考えでは井伏鱒二と宮沢賢治。そのふたりの作家がいる。そして私たちに富をあたえて
くださっているということを私たちは忘れてはいけない。>
                 ――大江健三郎「あいまいな日本の私」岩波新書――

64吾輩は名無しである2018/10/13(土) 12:29:52.38ID:cKeCxqxv
水の匂いがするようだ: 井伏鱒二のほうへ

井伏鱒二、生誕120年。本作では、初期から晩年までの作品を貫く、「魚」「水」「釣り」というモチーフが、いかに井伏にとって生の本質を形作っているかを明るみにし
、井伏の作品群が21世紀の読者にとって思いがけないほど新鮮で強い感動を与えるにちがいないことを見事に描き出す。
「おれは、勉強しだいでは、谷崎潤一郎には成れるけれども、井伏鱒二には成れない」と太宰治が評した作家の新たな魅力を見つけよう。僕たちの新しいイブセがはじまる。

(目次より)
1 魚を尊ぶひとの芸術
2 鱒二は修業中です
3 ドクトル・イブセの翻訳教室
4 架空の日記の謎
5 こころ悩めば旅にいでよ
6 戦場のドクトル・イブセ
7 水のほとりは命のただ中
8 宝さがしの旅
9 田園に帰る

野崎歓(のざき・かん)
1959年、新潟県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(フランス語フランス文学専修課程)。『ジャン・ルノワール 越境する映画』でサントリー学芸賞、自身の子育て経験を綴った
『赤ちゃん教育』で講談社エッセイ賞、『異邦の香り――ネルヴァル「東方紀行」論』で読売文学賞(研究・翻訳賞)を受賞

65吾輩は名無しである2019/05/12(日) 09:54:46.45ID:Muy61cCQ
坂口安吾
日本には傑れた道化芝居が殆んど公演されたためしがない。文学の方でも、井伏鱒二という特異な名作家が存在はするが、一般に、批評家も作家も、編輯者も読者も厳粛で、笑うことを好まぬという風がある。

66吾輩は名無しである2019/05/28(火) 02:44:17.85ID:clMB/RXC
野崎歓の「水の匂いがするようだ」は凄い作品だった。
たぶん井伏鱒二の作品に拮抗する評論がこの世に生まれ出たのは初めてのことだったろう。

67吾輩は名無しである2019/06/22(土) 04:20:07.52ID:4XHO7ShG
まあ、猪瀬直樹の『ピカレスク』読むくらいだったら
野崎歓の『水の匂いがするようだ』読むほうが
一千倍楽しいだろうし人生充実するだろう。

68吾輩は名無しである2019/07/20(土) 19:56:47.98ID:ELmN4CpG
かきくけ34

新着レスの表示
レスを投稿する