十代の若者に勧めたい文学作品 [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2016/01/20(水) 18:51:10.93
挙げていこう。

2吾輩は名無しである2016/01/20(水) 18:58:50.89
野菊の墓

3吾輩は名無しである2016/01/20(水) 19:39:53.02
死者の奢り

4吾輩は名無しである2016/01/20(水) 20:13:01.20
なんとなく、クリスタル

5吾輩は名無しである2016/01/21(木) 08:24:37.67
村上春樹読んでおけ

6吾輩は名無しである2016/01/21(木) 14:21:35.29
村上龍「限りなく透明に近いブルー」

7吾輩は名無しである2016/01/21(木) 15:53:36.95
アウトサイダー

春樹は別に10代に必要ではないだろ

8吾輩は名無しである2016/01/21(木) 16:22:06.86
僕もローティーンから村上春樹を読んでいたけど、オナニーに罪悪感を抱く必要はないという話以外はとくにためになったところはないな。

9吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:19:20.33
結局読みやすい大江だし

10吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:21:14.82
初期大江を10代で読んでおく事は素晴らしい読書体験。ハイティーンなら絶対わかるよ。

11吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:24:14.53
ドスト。
悪霊、カラマ第2部。

12吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:27:07.26
カラマーゾフは2部だけでいいの?

13吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:28:17.41
文学って結局のところ何がすごいのか全然わからん、という人にはやはり大江健三郎を勧めるしかない。

14吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:31:56.95
太宰治

15吾輩は名無しである2016/01/21(木) 17:33:36.89
井伏鱒二「黒い雨」

16学術デジタルアーカイヴ2016/01/21(木) 19:18:08.42
源氏物語

17吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:37:38.27
武田泰淳「ひかりごけ」

マジで読むべき。

18吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:38:54.39
カミュの「異邦人」も読んだ方がいいよ。カフカの「変身」も。

19吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:39:28.68
柄谷行人「倫理21」←必読

20吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:39:51.07
阿部和重「アメリカの夜」

21吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:40:43.23
山口祐二郎「ハイリスク・ノーリターン」←本当に面白い。

22吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:41:26.88
吉村昭「羆嵐」

23吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:42:13.64
吉村昭「関東大震災」

24吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:43:10.99
ローティーンの子は「十五少年漂流記」「巌窟王」←最高。

25吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:43:50.09
ムーミンシリーズは素晴らしい

26吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:44:31.53
大江健三郎「飼育・死者の奢り」

27吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:46:28.41
大江健三郎「性的人間」

28吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:46:57.33
谷崎潤一郎「痴人の愛」

29吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:47:43.03
浅田次郎「壬生義士伝」

30吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:48:23.58
筒井康隆「文学部唯野教授」

31吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:48:55.90
坂口安吾「堕落論」(新潮文庫)

32吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:49:36.86
大岡昇平「俘虜記」

33吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:50:16.68
安岡章太郎「海辺の光景」

34吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:50:37.38
中上健次「枯木灘」

35吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:51:22.34
長嶋有「パラレル」

36吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:52:11.85
中原昌也「マリ&フィフィの虐殺ソングブック」

37吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:53:02.30
町田康 初期作品すべて

38吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:53:37.52
安部公房「砂の女」

39吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:54:41.62
まあ興味あるものを自分の意志で読むべき。

40吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:55:52.38
村上龍「昭和歌謡大全集」←ヤバい

41吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:56:34.88
ウイリアム・バロウズ「ジャンキー」

42吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:57:29.92
モブノリオ「介護入門」

43吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:58:05.19
司馬遼太郎2冊くらい

44吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:58:39.87
「燃えよ剣」とか読んでおけばいいんじゃないの

45吾輩は名無しである2016/01/21(木) 19:59:28.12
長嶋有「タンノイのエジンバラ」

46吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:00:03.60
阿部和重「シンセミア」

47吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:01:10.04
根本敬「因果鉄道の旅」「人生解毒波止場」

48吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:01:44.40
広瀬隆「危険な話」

49吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:02:46.31
夏目漱石「三四郎」「こころ」

50吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:04:41.89
本当に全く小説を読んだ事がない人は、図書室でズッコケ三人組を借りて読み始めれめばいい。

51吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:06:04.30
「これを読むのが知的ステータスだ」と思って読んでも仕方ないですよ。そういう入り口でもいいけど、とにかく楽しまないとダメ。

52吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:06:54.88
ヘッセのどれか

53吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:07:44.86
車輪の下、僕は10代の頃に「これは読んでおけ」と誰かに言われて読んでみたけど、最後まで読めなかった。

54吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:08:43.35
たぶん今読んだら感動するんだろうなと思うよ。でも若い頃は読めない事だってあるし、ひとつの本に拘ってないで、どんどん手に取る方がいいですよ。

55吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:10:21.73
他にはどんなの読んでたかな。「はだしのゲン」は全巻読んだ方がいいに決まってる。図書室で読もう。学校行ってない人は図書館で読もう。

56吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:12:03.52
大画面で出力できるなら、AKIRAを違法ダウンロードして読むのもアリ。(想像で書いてます実行はしないで下さい)

57吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:13:45.94
スラムダンクを全巻読もう。カイジは読んでもいいけど、ジョジョは読まなくていい。ワンピースを読むべきかどうか読んでないのでわからない。

58吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:15:06.04
漫画はどうでもいいや。

59吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:16:00.68
安田浩一「ヘイトスピーチ」←大人も読むべき

60吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:16:47.79
カフカの短編集と寓話集(岩波文庫)

61吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:18:20.28
小林秀雄「Xへの手紙・私小説論」(新潮文庫)

62吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:19:01.88
ECD「失点イン・ザ・パーク」

63吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:20:18.22
ニーチェ「この人を見よ」

64吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:21:03.43
しりあがり寿「弥次喜多 in DEEP」

65吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:21:29.74
木村紺「からん」

66吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:22:09.02
ジョン・ウォーターズの悪趣味映画作法

67吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:22:34.98
「黒沢清の映画術」

68吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:22:56.00
谷崎潤一郎「細雪」

69吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:23:21.27
サルトル「水いらず」

70吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:24:47.34
野間易通「『在日特権』の虚構」

71吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:25:54.59
中原昌也「エーガ界に捧ぐ 完全版」(boid?)

72吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:26:17.26
阿部和重「ミステリアスセッティング」

73吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:27:18.29
見沢知廉「天皇ごっこ」

74吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:28:11.18
ジェノサイドの丘

75吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:30:27.03
このスレに上がってる本(ここまで)で、図書館が購入してない本があったら全部買ってくださいなるべく早く(漫画を除く)。図書館にこれらの本を入れない場合、あなたたちは重大な人権侵害を犯していると自覚して下さい。

76吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:31:05.75
阿佐田哲也「麻雀放浪記」

77吾輩は名無しである2016/01/21(木) 20:54:47.45
冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)
https://www.amazon.co.jp/dp/4001140446/

これ最高なやつ

78吾輩は名無しである2016/01/21(木) 21:20:18.70
なんちゃって、クリスタルは必読だな

79吾輩は名無しである2016/01/21(木) 21:31:29.29
なんとなくクリスタルは別に読まなくてもいい。読んでもいいけど。

80吾輩は名無しである2016/01/22(金) 12:11:45.15
良スレ
セリーヌの夜の果てへの旅

81吾輩は名無しである2016/01/22(金) 12:13:06.74
坊ちゃん
騙されたと思って読んでみると良い
面白すぎる
短いし

82吾輩は名無しである2016/01/22(金) 12:31:47.24
中島らも「今夜すべてのバーで」

83吾輩は名無しである2016/01/22(金) 13:16:26.88

84吾輩は名無しである2016/01/22(金) 16:39:09.16
いや若いんだから「アデン、アラビア」や「マルドロールの歌」などを読むべきでしょう

85吾輩は名無しである2016/01/22(金) 16:40:59.83
デス・パフォーマンス

86吾輩は名無しである2016/01/22(金) 18:07:43.60
今晩のツマミはオニオンシーチキン山かけ。
とろろ芋おろして大根おろしとシーチキンを和える。
粉末のダシの素と青海苔と醤油を混ぜる。
熱々ご飯にかけるとうんまいんだけど、これをオニオン・スライスにかけてつまみに。
ストーブに火を入れてすぐでまだ部屋があったまってない。
防寒着に丸まって机で第3のビール。ゴールデンバット。

87吾輩は名無しである2016/01/22(金) 18:09:02.66
間違えた。ゴメン。^^;

88吾輩は名無しである2016/01/22(金) 18:19:41.23
長嶋有「夕子ちゃんの近道」

89吾輩は名無しである2016/01/22(金) 18:22:12.36
ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」

90吾輩は名無しである2016/01/22(金) 20:28:38.61
コンスタントに挙がってるな

王子と乞食

91学術デジタルアーカイヴ2016/01/22(金) 20:38:58.98
オスカーワイルド ナイチンゲール

92吾輩は名無しである2016/01/22(金) 20:54:08.98
すみません質問です。「ライ麦畑でつかまえて」は読まなくていいですよね?

93吾輩は名無しである2016/01/22(金) 20:55:02.43
村上春樹をひとつ選びたいんだけど。「羊をめぐる冒険」でいいかな。

94吾輩は名無しである2016/01/22(金) 22:22:18.41
ガンジー自伝(中公文庫)

95吾輩は名無しである2016/01/23(土) 00:35:57.00
>>92
若いうちに読んどくべき
大人になってからだと遅い

96吾輩は名無しである2016/01/23(土) 00:49:55.28
>>95
なるほどそういう基準もアリかも知れませんね

97吾輩は名無しである2016/01/23(土) 08:44:03.07
ドンキホーテをちょっとずつ読むのもいいぞ

98吾輩は名無しである2016/01/23(土) 08:49:09.32
>>63
ニーチェは相対化できるだけの経験がないと、ハマっちゃうかもしれんからなー

99吾輩は名無しである2016/01/23(土) 09:15:10.10
意志と表象の世界

100吾輩は名無しである2016/01/23(土) 09:18:57.56
ゼロの使い魔は読んでおきたい

101吾輩は名無しである2016/01/23(土) 09:51:52.71
クリスマスキャロル

102吾輩は名無しである2016/01/23(土) 10:06:14.56
オリバーツイスト

103吾輩は名無しである2016/01/23(土) 11:13:39.11
宇宙戦争
タイムマシン

104吾輩は名無しである2016/01/23(土) 12:57:27.92
ニートの最上級はニーチェ

105吾輩は名無しである2016/01/23(土) 12:57:56.90
>>103
これ最高なやつ

106吾輩は名無しである2016/01/23(土) 12:59:10.26
「タイムマシン」に出てくる未来の退化した人類は本当に衝撃的だった。あのイメージを持っておくのは大切。

107吾輩は名無しである2016/01/23(土) 13:27:06.85
合成怪物の逆しゅう

108吾輩は名無しである2016/01/23(土) 18:19:38.41
蠅の王

109吾輩は名無しである2016/01/23(土) 20:35:55.40
植村直己の伝記←文部省選定になりそうな本だけど

110吾輩は名無しである2016/01/23(土) 21:01:48.13
村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」

111吾輩は名無しである2016/01/23(土) 21:02:18.71
村上龍「五分後の世界」

112吾輩は名無しである2016/01/23(土) 21:43:52.00
火星年代記

113吾輩は名無しである2016/01/23(土) 22:06:04.86
>>37
>町田康 初期作品すべて

これは乱暴だな。「くっすん大黒」とあと何かな。

114吾輩は名無しである2016/01/24(日) 12:20:03.10
良スレ
白い犬とワルツを

115吾輩は名無しである2016/01/24(日) 12:37:05.54
ソラリスの陽のもとに

116吾輩は名無しである2016/01/24(日) 13:30:38.58
動物農場

117吾輩は名無しである2016/01/24(日) 13:35:10.35
アルセーヌ・ルパン全集

118吾輩は名無しである2016/01/24(日) 14:34:16.99
金井美恵子 愛の生活

119吾輩は名無しである2016/01/24(日) 14:34:53.92
中上健次 19歳の地図

120吾輩は名無しである2016/01/25(月) 15:54:36.10
あげ

121吾輩は名無しである2016/01/25(月) 16:03:13.87
ジョージ・オーウェル「一九八四年」

122吾輩は名無しである2016/01/25(月) 23:14:20.90
村上龍「村上龍映画小説集」←オードリー若林がアメトークでオススメしていて思い出した。

123吾輩は名無しである2016/02/03(水) 12:54:10.57
梅ちゃん先生

124吾輩は名無しである2016/02/04(木) 15:33:11.42
結局太宰

125吾輩は名無しである2016/02/04(木) 17:56:16.06
太宰だね

126吾輩は名無しである2016/02/04(木) 20:58:48.26
ダサい

127吾輩は名無しである2016/02/04(木) 21:00:46.95
太宰治「斜陽」

128吾輩は名無しである2016/02/04(木) 23:33:42.00
読めば読むほどにパラダイス\(^o^)/

129吾輩は名無しである2016/02/04(木) 23:43:03.51
CHECK IT OUT!!!

130吾輩は名無しである2016/02/05(金) 01:33:24.21
マルクス『ユダヤ人問題にむけて ヘーゲル哲学法序説』

131吾輩は名無しである2016/02/05(金) 09:07:23.04
>>130
それ子供でも読める本なの?

132吾輩は名無しである2016/02/05(金) 11:56:32.60
十代になればなんでも読めるよ。
読む子は小学校高学年で戦争と平和とか平気で読んでる。

133吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:18:53.71
一般的に読めるものなの?ドストエフスキーは若者でも読めると思うけど。

134吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:25:22.37
マルクスは資本論は小学生には厳しいだろうが、ほかの主著、ドイツイデオロギー
とか共産党宣言、賃労働と資本とかうちの子は読んでるようです。

135吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:26:04.09
素晴らしいとは思うが早熟すぎるだろ。

136吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:35:14.09
読むだけなら誰でも読める
「読んで考えなければ、食べて消化しないのと同じ」

137吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:42:12.15
>>136
そう。
きみも読みっぱなしじゃなく、感想文とか書くようにしたらどうだろう。

138吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:48:13.76
>>137
読んだ本全部1000文字程度なら感想文書いてるぞ
なんでお前に偉そうに言われなきゃならないんだw

139吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:54:30.75
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

140吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:54:33.23
感想文を書くだけなら誰でも書ける。

おまえの感想文を読んで先生はなんておっしゃってるんだ?
ハナマルもらったことあるのか?

141吾輩は名無しである2016/02/05(金) 12:59:21.98
>>140
なんでそんな喧嘩腰なの?
当たり前のこと言っただけじゃん
そもそも引用しただけだし

142吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:03:36.52
感想文より評論書けよ

143吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:03:42.95
「うちの子」を貶されたように感じたんだろww
エドマンド・バークの有名な言葉も知らないような低脳だから仕方ない

144吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:04:36.78
>>143
説明してくれ

145吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:06:25.21
>>142
お前は読んだ本全部に長々とした評論を書くのか?で、それを誰かに公開してる?

146吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:08:26.00
>>144
は?
何を説明だよ
キチガイかこいつ

147吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:14:38.11
ここで言うだけならいくらでも好きなこと言えるのが笑える

うちの子は小学生で重力の虹超える大作書いたわ

148吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:16:33.02
おまえは、ま・つ・お・か・かっ

149吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:22:37.64
>>146
著名人の言葉を引用するだけなら馬鹿でもできるわな

150吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:25:52.07
まさかとは思いますが、この「うちの子」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。

151吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:30:45.09
>>149
ここにいる連中みんな馬鹿でも出来ることしかやってないわけだが
そもそも俺は別にお前の子を指して言ったわけじゃないから
過剰反応しすぎ

152吾輩は名無しである2016/02/05(金) 13:47:59.01
ケンカはやめて下さい。何かに反発するんじゃなくて自分にとって大切な本を紹介して下さい。

153吾輩は名無しである2016/02/05(金) 14:30:57.82
うっせーはげ
俺が正しい

154吾輩は名無しである2016/02/05(金) 14:40:02.87
10代ならりさたんの本なんかがいいんじゃないか。

155吾輩は名無しである2016/02/05(金) 17:10:16.37
高2だが綿矢で読書習慣ついた

156吾輩は名無しである2016/02/05(金) 17:15:41.08
>>155
どんな作家に進みましたか?

157吾輩は名無しである2016/02/05(金) 17:34:35.34
>>156
特定の作家というよりは芥川賞受賞作品漁ったりしてます

158吾輩は名無しである2016/02/05(金) 20:42:37.25
>>157
大江健三郎の「飼育」読むといいですよ。芥川賞の最大値がわかると思われます私見だけど

159吾輩は名無しである2016/02/05(金) 20:46:21.43
コンラッド「闇の奥」

160吾輩は名無しである2016/02/05(金) 20:51:06.37
>>158
飼育がダメなわけじゃないけど最高なのは『裸の王様』だと思う

161吾輩は名無しである2016/02/05(金) 20:59:30.10
開高健 - パニック・裸の王様 (新潮文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4101128014/

162吾輩は名無しである2016/02/05(金) 21:24:32.04
なんで荒れてんだよ
車輪の下

163吾輩は名無しである2016/02/05(金) 21:30:42.32
舗装してねえからだよ

164吾輩は名無しである2016/02/05(金) 21:47:29.74
w

165名無し募集中。。。2016/02/05(金) 22:04:46.12
澀江抽斎

166吾輩は名無しである2016/02/05(金) 22:44:19.31
フランツ・カフカ「アメリカ」

167吾輩は名無しである2016/02/06(土) 04:48:09.33
>>149
そんなあなたに金井美恵子「文章教室」

168吾輩は名無しである2016/02/06(土) 06:48:42.77
若い頃は大作小説を一気に読むのが良いよ
時間なくなってから少しずつ読むんじゃ分からない良さがあるからね

169吾輩は名無しである2016/02/06(土) 07:25:38.61
今は若者も時間ないんじゃないの。休みの期間も塾に行って勉強しなくちゃいけないし…

170吾輩は名無しである2016/02/06(土) 07:34:42.66
大学入ったらかな
まとまった休みが取れるのは学生の間だけだし

171吾輩は名無しである2016/02/06(土) 09:49:46.57
「カラマーゾフの兄弟」読んだ方がいいよね

172吾輩は名無しである2016/02/06(土) 10:39:43.51
カラマーゾフ読んで何を感じるん?

173吾輩は名無しである2016/02/06(土) 10:43:26.99
何も感じねーよバカ乙
サルトルの嘔吐でも読んどけ

174吾輩は名無しである2016/02/06(土) 10:49:23.66
>>172
アリョーシャみたいな人間になりたいって僕は今でも思ってるよ。

175吾輩は名無しである2016/02/06(土) 14:47:07.05
新堂冬樹の「無限地獄」とか読んで借金の恐ろしさを学んだほうがいい。

176吾輩は名無しである2016/02/06(土) 19:39:02.23
中野重治『歌のわかれ』

177吾輩は名無しである2016/02/06(土) 19:42:09.23
二葉亭四迷『平凡』

178吾輩は名無しである2016/02/06(土) 21:15:18.28

179吾輩は名無しである2016/02/06(土) 23:25:53.35
マジレスすると、

川端康成『眠れる美女』、一択!

180吾輩は名無しである2016/02/07(日) 21:13:29.30
>>174
そうか、おまえはテロリストになりたいんだ。

181吾輩は名無しである2016/02/08(月) 00:24:14.06
そんなことなしょーしゃ

182吾輩は名無しである2016/02/08(月) 00:36:36.46
±

183吾輩は名無しである2016/02/10(水) 00:15:44.80
十代の子に読ませたいなら「カラマーゾフ」より「戦争と平和」だな
カラマは大人になってからのほうがいいと思う

184吾輩は名無しである2016/02/10(水) 00:31:22.90
小林秀雄はドストエフスキーに心酔していたというイメージがあって実際そうなんだけど、若い文学青年に「何を読めばいいですか」と訊かれて、「戦争と平和を読みたまえ」と答え、「他には何を?」と訊かれて「他には何も読む必要がない」と答えたという逸話があります。

185吾輩は名無しである2016/02/14(日) 18:39:40.47
大畑勇貴と中島英樹の全作。

186吾輩は名無しである2016/02/14(日) 20:06:15.54
小川洋子

187吾輩は名無しである2016/02/14(日) 21:27:53.73
文学慣れしてないなら、デュマとかウェルズとかベルヌとかを読むのがいいと思う。
慣れてきたらカフカとかカミュとかに行くのがいいかと
ロシア文学もこっち側
必ず読むべきというなら車輪の下を押す
ただ年老いると感じ方も変わるんで、読んどいて損になるってことはどの作品にもないかと
以上西洋文学ヲタでした

188吾輩は名無しである2016/02/14(日) 21:45:47.37
十代のときに読んでて良かったと思う作品は「異邦人」
十代のときに読んでいれば良かったと思う作品は「戦争と平和」

189吾輩は名無しである2016/02/14(日) 21:58:16.62
異邦人は面白い、というか興味深い
しかしカフカは変身を笑いながら読んでたらしいな

190吾輩は名無しである2016/02/14(日) 22:16:08.25
文学って「異邦人」みたいなものの他にはないと思ってた

191吾輩は名無しである2016/02/14(日) 22:28:11.01
まあ、文学なんてもともとただの作り話。
そこに芸術を見出しただけ。
「ロリータ」なんかを見れば、ただのポルノだと思ってた人もいたし、
現代の古典として文学作品として見る人もいるわけで。
見方さえ変われば、文学がどうかなんてすぐ変わる。

192吾輩は名無しである2016/02/15(月) 16:22:04.94
日本が好きなら、大江健三郎とか村上春樹は読まないほうがいい。

193吾輩は名無しである2016/02/15(月) 17:19:56.47
はい?バカは書き込まないでくれるかな。スレが汚れるので。

194吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:04:53.76
大江が反日なのは周知の事実。
春樹は国家色を消去。

事実を語れないお前がバカで、その上に無知。

195吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:13:42.72
>>194
それは「事実」じゃないですね。

196吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:18:36.18
>>195
語域が狭いのを自慢してるのか?(笑

アフォだな。

197吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:29:01.21
>>196
あなたは文字通りのバカだと思いますよ。

198吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:33:24.64
>>197
意味わかんなかったか?(笑

199吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:35:36.30
>>198
わかるよ。広義の強制性のもとに従軍慰安婦の被害は存在しないと言うんだろ。

200吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:41:53.04
話題をそらして自分に都合の悪い事から逃れようとする、卑しい心根が感じられるな。

201吾輩は名無しである2016/02/15(月) 18:56:52.30
お前が反日なんじゃないの?どうせレイシストなんだろ?

202吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:03:57.00
反論もできないアフォ(笑

203吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:10:58.93
>>202
大江は立派な日本人だけどお前はネトウヨじゃん。はい論破。

204吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:11:46.74
晒し

205吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:20:51.12
大江は人間として糞だと思ってるけど作品は素晴らしいよ

206吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:22:12.84
それが大多数の「まともな日本人」の意見。

207吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:22:24.18
「死者の奢り」「政治少年死す」

208吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:29:05.63
厳粛な綱渡りを読んで見ろ。
大江はメディアと結託して北を礼賛し、結果在日と配偶者を多数日本から北へ行かせた。
現状を見れば北が悲惨なことはわかるだろう。
で、大江はそれについて発言したか?結果としてウソをついたのに。

したがって、クズも書いたクズ、ってのが大江。まあ、作品については全否定は
しないがな。

209吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:33:05.22
>>208
まあ、確かにそれは最悪なんだが、そもそも「厳粛な綱渡り」って言葉が最初にどういう意味で用いられたか知ってる?

210吾輩は名無しである2016/02/15(月) 19:46:09.93
自分が何を書いているのか、よく注意しろよ。

211吾輩は名無しである2016/02/15(月) 20:19:06.60
テメーどういう事だよ?

212吾輩は名無しである2016/02/15(月) 23:32:02.49
「長距離走者の孤独」シリトー
「トニオ・クレーゲル」マン
「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー
「異端者の悲しみ」谷崎
「伊豆の踊子」川端

213吾輩は名無しである2016/02/16(火) 00:22:30.50
田中出光「オリンポスの果実」
アニメ「坂道のアポロン」

214吾輩は名無しである2016/02/16(火) 11:54:05.70
なんだこのスレわろた

215吾輩は名無しである2016/02/18(木) 15:21:28.88
途中まで珍しく良スレだったんだけどな

216吾輩は名無しである2016/02/18(木) 15:58:47.18
ネトウヨは社会の癌だな。こいつらの存在で得をする日本人が一人もいない。スレも汚れるし。

217吾輩は名無しである2016/02/19(金) 22:52:11.33
福澤徹三「侠飯」
就活してる高校生は特に読んで欲しい

218吾輩は名無しである2016/02/21(日) 21:32:13.04
「不純恋愛」新堂冬樹

少子化のこの世で、この本を読んでしっかりと性技を覚えてもらいたい。

219吾輩は名無しである2016/02/21(日) 21:35:21.87
手マンのやり方とか読んだだけじゃわからないでしょ。

220吾輩は名無しである2016/02/21(日) 21:38:11.42
良スレの流れは長くは続かない
だからこそ見つけたときは嬉しい

221吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:22:42.56
悪意ある奴が1人侵入したらそれだけで良スレでなくなるから
良スレであり続けるなんてスレ住民の努力や資質の賜物でなく単に運のいい偶然だから
あまり評価できるものではない

222吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:42:45.79
デミアン

223吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:56:58.49
「小林秀雄対話集」(講談社文芸文庫)

224吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:57:31.38
シェイクスピア「マクベス」

225吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:58:17.00
広瀬隆「原子炉時限爆弾」

226吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:59:13.73
江藤淳「漱石とその時代」(T〜X)(新潮選書)

227吾輩は名無しである2016/02/21(日) 22:59:59.84
中原昌也「僕のブンブン分泌業」

228吾輩は名無しである2016/02/21(日) 23:00:44.58
中原昌也「待望の短編は忘却の彼方に」

229吾輩は名無しである2016/02/21(日) 23:01:58.01
フィリップ・ゴーレイヴィッチ「ジェノサイドの丘」

230吾輩は名無しである2016/02/21(日) 23:02:37.91
鈴木邦男「公安警察の手口」

231吾輩は名無しである2016/02/22(月) 01:00:35.13
梨木果歩「西の魔女が死んだ」
芥川龍之介「杜子春」
宮澤賢治「いちょうの実」
でも、「西の〜」以外は、10代には早いかなぁ・・・。

232吾輩は名無しである2016/02/22(月) 01:03:25.53
十代なめすぎだろw

233吾輩は名無しである2016/02/22(月) 01:17:34.07
いや、僕は本気で自分の心が動いた作品しか貼ってないよ。

234吾輩は名無しである2016/02/22(月) 01:20:29.42
『瘋癲老人日記』、一択!

235吾輩は名無しである2016/02/22(月) 01:30:07.29
谷崎の他の作品を無視してとりあえずそれ?

236吾輩は名無しである2016/02/22(月) 04:00:05.15
>>233
そこに言ってるんじゃない
十代には早いかなあ…に言ってるんだ

237吾輩は名無しである2016/02/22(月) 04:29:21.25
『きクぜ!』 加納典明

238吾輩は名無しである2016/02/22(月) 14:37:09.87
>>236
なるほど!

239吾輩は名無しである2016/02/23(火) 09:16:15.67
村上龍「ノルウェイの森」

240吾輩は名無しである2016/02/23(火) 20:10:41.59
社会ってのは常に有為転変するものだ。若い連中はそれに合わせて、ちゃんとやっていけるけど、年寄りはそうはいかない。だもんだから「今の若いものは……」なんて批判する。

口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら、「老害」以外の何物でもないからね。

そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。人間、はじめるよりも終りのほうが大事なんだよ。

本田宗一郎

241吾輩は名無しである2016/03/01(火) 14:12:34.88
蟹工船

242吾輩は名無しである2016/03/01(火) 14:21:27.84
遠藤周作の本→小説は常識的。エッセイは素朴。文章が静かに語りかけてくる感じで読みやすい。
読まない方が良いもの→太宰治(時間の無駄ばかりでなく論理的思考が損なわれると思う。)

243吾輩は名無しである2016/03/01(火) 14:28:22.99
佐藤春夫→文学者というより遊び感覚で文章を綴ってる感じで面白い。作品によってスタイルがぜんぜん違うから、読んでて偏った人間にならない。

244吾輩は名無しである2016/03/01(火) 14:29:45.14
童貞には武者小路実篤を絶対的にお勧めする。
処女にはシラン

245吾輩は名無しである2016/03/01(火) 15:10:57.02
読むと偏った人間になる本って例えば何?

246吾輩は名無しである2016/03/01(火) 19:22:16.42
>>245
太宰治とかでしょうか?
純文学はみんなそういう傾向があると思います。

247吾輩は名無しである2016/03/01(火) 19:50:05.50
偏るというとなんだがむしろ読み手に変化を促すものしか文学とは言えない

248吾輩は名無しである2016/03/05(土) 07:13:12.50
ケルアック『オン・ザ・ロード』
ディアス 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
ブッツァーティ『タタール人の砂漠』
ゼーバルト『アウステルリッツ』
カプシチンスキ『黒檀』

249吾輩は名無しである2016/03/05(土) 18:21:39.31
>>248
カプシチンスキ『黒檀』これはガチで十代必読かもな
他はそれほどでもないと思うけど

250吾輩は名無しである2016/03/06(日) 01:07:07.27
単なる人気投票スレ

251吾輩は名無しである2016/03/06(日) 01:11:34.22
じゃあ投票してみろってんだよ!

252吾輩は名無しである2016/03/06(日) 03:47:27.97
それ色んなとこに書き込んでるキチガイだから触れちゃダメ

253吾輩は名無しである2016/03/07(月) 20:29:46.27
>>245
吉行淳之介とか江戸川乱歩
自分のことだが

254吾輩は名無しである2016/03/07(月) 20:33:09.12
やっぱり名作と言われるような本を読んでおくべきだな
漱石を一通り読んでおいてよかったと思う

今は赤と黒、白鯨あたりを読んでるが、老眼でキツイ

255吾輩は名無しである2016/03/07(月) 20:37:23.75
>>254
聞いてないぞ

256吾輩は名無しである2016/03/11(金) 20:16:50.69
10代といっても人によるんだよね。一概に推薦書はあげられない
僕は息子に自分が好きな本を、自分が読んだ頃に薦めて
一応読むんだけど合わないのが多い
小6で『吾輩は猫である』読ませたら感想が「偏屈な大人たち」
中1で『トニオ・クレーゲル』→無駄に暗い
中2で中島敦『弟子』→これは面白かったようだ
中3で堀辰雄『風立ちぬ』→回りくどい。気取りすぎ
高1で『百年の孤独』→これはとても面白い←今ここ

257吾輩は名無しである2016/03/11(金) 20:42:43.83
すごく面白いです!

258吾輩は名無しである2016/03/11(金) 20:43:08.89
あ!前に叩かれてた人だ!

259吾輩は名無しである2016/03/11(金) 21:58:30.52
父親のAmazonの購入履歴見たら俺も『百年の孤独』は中3の頃に買ってた
海外文学にハマるきっかけになってる人は多そう

260吾輩は名無しである2016/03/11(金) 23:30:58.09
>>259
ていうかあなた何歳なんですか??

261吾輩は名無しである2016/03/11(金) 23:40:46.77
>>260
24だす

262吾輩は名無しである2016/03/12(土) 00:12:50.89
>>261
お父さん何歳ですか??

263吾輩は名無しである2016/03/12(土) 02:46:32.58
>>262
50いくつかだと思う
53だったかな?

264吾輩は名無しである2016/03/12(土) 07:47:22.55
すみません超誤解してましたm(_ _)m お父さんが中学生の頃にAmazonで「百年の孤独」買ってたの!?とか思って。中学生の時にもうAmazonがあったなんて羨ましいな〜

265吾輩は名無しである2016/03/12(土) 08:12:04.38
ああ、そういうことか
いや明らかに俺の文章も下手くそだから
申し訳ない
なんでそんな聞いてくるのかと思って焦ったけどw

266吾輩は名無しである2016/03/12(土) 10:56:26.11
じゃあ父親のAmazonの購入履歴ってなんだ?

267吾輩は名無しである2016/03/12(土) 11:22:54.53
中学生じゃクレジット持てないから、代わりに父親に買って貰ってたってことなんだ…
言葉足らず過ぎました

268吾輩は名無しである2016/03/12(土) 11:43:38.59
下手な小説ってこんな感じだな
一言えばわかることを十までクドクド説明して意味不明になる

269吾輩は名無しである2016/04/04(月) 04:11:32.38
わかる
ドストの登場人物たちはベラベラベラベラどうでもいいこと喋りすぎ
てめーの自分語りとかどうでもいいんだよって感じ

270吾輩は名無しである2016/04/04(月) 05:24:39.34
ボルヘスはドストエフスキー最高!と思ったけど再読したときがっかりしたんだよな
俺カラマーゾフ結構感動したからまだ再読してない

271P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/04(月) 07:51:13.27
僕も相当疑いながら読んだけど、カラマーゾフは感動した。

272吾輩は名無しである2016/05/03(火) 21:18:59.58
十代と限らず、すべての日本人が読むべきだと思う。
・如是我聞(太宰治)
・堕落論・続堕落論(坂口安吾)

273吾輩は名無しである2016/05/03(火) 21:39:59.19
10代の若造に文学は無理w

274吾輩は名無しである2016/05/04(水) 03:53:48.09
武者小路実篤の愛と死
むしろ若いうちじゃないと純粋に楽しめない

275吾輩は名無しである2016/05/05(木) 21:34:48.83
池袋ウエストゲートパーク8 −非正規レジスタンスー

276吾輩は名無しである2016/05/30(月) 13:31:55.28
人間失格はおすすめしたくない。正義と微笑がよかろう

277吾輩は名無しである2016/06/19(日) 21:46:03.35
如是がもんちらっと歩きながらケータイ読んだけど
街中歩きながら吹きすぎた

278吾輩は名無しである2016/06/19(日) 22:49:26.40
実篤の真骨頂は真理先生

279吾輩は名無しである2016/09/04(日) 21:55:06.98ID:oA0Va+oU
梶井基次郎

280P ◆.uKag/vUmY 2016/09/04(日) 22:05:06.05
檸檬

281吾輩は名無しである2016/09/05(月) 11:04:43.58
『くそったれ!少年時代』なんかいいんじゃないかな
産まれてから大人になるまでのしみったれた成長物語

282吾輩は名無しである2016/09/05(月) 14:01:48.81
もうそういうのはやってないんだよ

283吾輩は名無しである2016/09/05(月) 14:31:48.77
はやりすたりは関係ない

284吾輩は名無しである2016/09/06(火) 08:44:01.06
10代なら元気だろうからプルーストの「失われた時を求めて」あたり読んだら。
年取ってくると体力的に読破は難しくなるみたいだから。

285吾輩は名無しである2016/09/09(金) 23:45:20.01
あげ

286P ◆.uKag/vUmY 2016/09/26(月) 00:04:54.43ID:99q2LQNj
「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

287May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/26(月) 00:26:20.51ID:otTjFrY8
>>286
昔読んだ。面白かったよ。
世界観がヤバいよね。

288P ◆.uKag/vUmY 2016/09/26(月) 00:29:50.47ID:99q2LQNj
よく出来ていると思います!

289May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/26(月) 00:34:44.93ID:otTjFrY8
ウェルメイド。

290吾輩は名無しである2016/09/26(月) 00:43:41.90ID:Sul0oG8V
☆☆☆☆☆

291吾輩は名無しである2016/09/26(月) 01:30:37.16ID:v8Tin++F
ライ麦は十代のためだけの作品

292吾輩は名無しである2016/09/26(月) 01:58:43.64ID:LpAraeu1
女性なら、若い頃のマーガレット・ドラッブル。
「黄金のイェルサレム」、「碾臼」、「夏の鳥かご」。

トーマス・マン「ブッデンブローク家の人々」は男女ともに良いんじゃないかな?

プルーストは 10 代の頃は学校に行ったりで、時間概念がはっきりしているから
解りにくいかな?と思った ← 個人的感想。
大学の仏文に入って死に物狂いで読んだ人もいるし、個人差の問題だが。

今は吉川一義さんの翻訳が出版中だから、これはいずれは読んだ方が良いと思う。
この人は非常に優れた学者だと感じる。
とにかく良い本を読めば、そうじゃないのが分かってくる。

293吾輩は名無しである2016/09/26(月) 06:29:17.79ID:onSIvdkA
バルガスリョサ 「密林の語り部」

294吾輩は名無しである2016/09/26(月) 23:45:07.77ID:+6oBybBi
小人図鑑

295吾輩は名無しである2016/09/29(木) 12:51:34.04ID:/KTjVhk9
大江健三郎や三島由紀夫の読ませたくなさはなんなんだろうな

296吾輩は名無しである2016/09/29(木) 12:53:56.43ID:/KTjVhk9
>>273
主観の敗北を経験してないから?

297吾輩は名無しである2016/09/29(木) 14:05:15.12ID:yckl+ij7
ニーチェ、マルクス、太宰治も読ませたくない

298P ◆.uKag/vUmY 2016/09/29(木) 14:09:21.75ID:gzOKdBun
夕子ちゃんの近道

299May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/29(木) 14:25:45.65ID:XLUqjhWi
>>298
大江健三郎賞受賞作だね。
ttp://konohamoero.web.fc2.com/report/r_0705ooe_nagashima.html
こんなルポがあるる。

300P ◆.uKag/vUmY 2016/09/29(木) 14:59:32.37ID:gzOKdBun
ありがとう!後で読んでみる。

301吾輩は名無しである2016/09/29(木) 15:09:02.40ID:/KTjVhk9
>>297
共通点は信仰になりやすいってことかな
わざわざ昭和のバカをなぞらせたくないもんな

302吾輩は名無しである2016/09/29(木) 22:40:25.77ID:W7pXlEJF
十代は誰か1人の文学者にどっぷりハマるのがいいんじゃないか
今では色々読むけど若い頃はヘッセに夢中だった

303P ◆.uKag/vUmY 2016/09/29(木) 22:43:15.04ID:gzOKdBun
小林秀雄は「まずはこれと決めた作家の全集を読め」って書いてたのを読んで大江は小林秀雄の全集を読んだんだって。

304吾輩は名無しである2016/09/29(木) 23:23:38.64ID:/IQY0ltr
十代はいろいろ読むべき
どうせエゴイスティックな作家に浸かる奴ばっかなんだから
そのパターンとは違う道を歩むやつになって欲しい

305P ◆.uKag/vUmY 2016/09/29(木) 23:33:11.03ID:gzOKdBun
他人のために生きてると思い込むのもエゴだよ

306吾輩は名無しである2016/09/30(金) 00:53:03.85ID:E5Chq5dN
それはそうかもな

307吾輩は名無しである2016/09/30(金) 01:37:06.34ID:ExNNk8cr
かんたんなことだよ

308吾輩は名無しである2016/09/30(金) 07:38:41.89ID:tL/LodxC
エゴイスティックでない作家って誰だよ

309P ◆.uKag/vUmY 2016/09/30(金) 08:59:45.69ID:8ML3jKBQ
池田大作とか

310吾輩は名無しである2016/09/30(金) 11:28:31.50ID:b1oyTqXb
>>308
いないからこそ沢山読めってことなんじゃないかな

子供だってなんでも鵜呑みにするのから、三島や大江みたいなのを当時のバカでまとめる自分の時間配分にシビアなのまで沢山いるんだから

311P ◆.uKag/vUmY 2016/09/30(金) 12:25:51.74ID:8ML3jKBQ
難しくてよくわからない。どういう事が言いたいんだろう。

312吾輩は名無しである2016/09/30(金) 14:46:28.59ID:b1oyTqXb
>>311
主観的な結論からバイアスを見抜く能力に差があり、研究者でもないのに足を取られる可能性があるってことかな

313P ◆.uKag/vUmY 2016/09/30(金) 17:42:47.64ID:8ML3jKBQ
いや、どういう作品をどれくらい読みゃいいのさ?具体的に

314吾輩は名無しである2016/09/30(金) 17:55:36.96ID:K4axpog5
ワンピースだろ

315P ◆.uKag/vUmY 2016/09/30(金) 18:12:11.27ID:8ML3jKBQ
ワンピースは文学!って記憶喪失した男が言ってなかった?

316吾輩は名無しである2016/09/30(金) 18:19:42.43ID:b1oyTqXb
>>313
具体例を叩くためにわざとわからないふりしてる人にならないやつかな
ってのは冗談で、萩原朔太郎、カフカ、ミステリとかエンタメとか、俳句でも
そこそこ感情移入できて生活場面で捨てやすいやつ
一つの結論を出す文章と曖昧な表現が売りの文章を切り替えるトレーニングは必要だよ
社会学の本ですら統計やデータがなかったら仮説が結論だと笑われる時代だぞ

317P ◆.uKag/vUmY 2016/09/30(金) 19:49:51.63ID:8ML3jKBQ
カフカいいよね。

318吾輩は名無しである2016/10/01(土) 11:24:45.10ID:E9W9V1AG
カフカは失踪者、城、審判と短編集を読んだことあるが
面白かったのは審判くらいだな
審判のディテールがよかった。老人の肖像画とか怖かった。
まあ、15年前の記憶だけど

あと、失踪者の序盤はすごく好き。未だにシーンを覚えてる
タイタニックみたいなやつね

そもそもエゴイスティックとは何かについて統計は必要ではないの?
その辺は常識で進めたいの?
まあ、別に聞きたいわけじゃないけど

319吾輩は名無しである2016/10/03(月) 13:23:22.81ID:m0KqkW1P
新堂冬樹の金融物小説を読んでお金の勉強(借金の怖さ)をして欲しい。

320吾輩は名無しである2016/10/03(月) 16:46:06.79ID:K9C47TQb
カフカは統合失調症だったんだってさ

321P ◆.uKag/vUmY 2016/10/03(月) 17:46:54.55ID:xqqdnHP8
まあ、そういう事を言う精神科医は全部いかがわしいよ。

322吾輩は名無しである2016/10/03(月) 18:42:19.07ID:D51cBSny
自由意思を疑う文章を読んだ人は積極性が低下(短期間か長期間かは不明)する傾向があるというドイツの研究があるんだと

323学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/10/03(月) 19:12:38.14ID:6+0VzHBi
世界や日本のだけじゃない文学全集なんかを薦めたいけど。最近の。ダサいかな。

324吾輩は名無しである2016/10/03(月) 19:29:35.72ID:D51cBSny
>>323
全集はいいアイデアかもしれない

325吾輩は名無しである2016/10/03(月) 19:35:08.71ID:cvfzIau3
薦めなくても部屋が本だらけの環境で育てたら勝手に読むようになるというのもあるよな

326吾輩は名無しである2016/10/04(火) 11:45:44.01ID:B8FPtagv
ヴォネガットは高校の読書新聞に「読ませたい本」として載っけても苦情来ないと思うわ

327吾輩は名無しである2016/10/04(火) 12:37:38.06ID:zJ54ao3L
自分が読みたい本なら、檜垣立也の『日本哲学原論ー拡散する京都学派』かな。
読んで理解出来るかどうか知らないが。

皆が挙げてる作品らは、俺の高校時代ならとても、理解出来るようなもんじゃない。
普通の高校生はもっと幼いのではないか?

328吾輩は名無しである2016/10/04(火) 13:25:48.95ID:4gtZO3zB
ヘッセ「デミアン」
ゲーテ「若きウェルテルの悩み」
トウェイン「ハックルベリー・フィンの冒険」
サン=テグジュペリ「星の王子さま」
ワイルド「幸福な王子」
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
太宰治「正義と微笑」

329吾輩は名無しである2016/10/04(火) 13:28:05.02ID:4gtZO3zB
>>323
今、集英社文庫から出てるポケットマスターピースとかよみやすそうでいいかも。
抄訳が多いのが残念だけど、いいきっかけにはなりそう。

330吾輩は名無しである2016/10/04(火) 13:42:02.81ID:PsVCYOZm
松本清張

或る小倉日記伝

331吾輩は名無しである2016/10/04(火) 13:44:24.90ID:4gtZO3zB
小学生
エンデ「はてしない物語」
ルイス=キャロル「不思議の国のアリス」
サン=テグジュペリ「星の王子さま」
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

中学生
ヘッセ「車輪の下」「デミアン」
トウェイン「ハックルベリー・フィンの冒険」「王子と乞食」
ワイルド「幸福な王子」
太宰治「正義と微笑」

高校生
ヘッセ「荒野のおおかみ」「知と愛」
ゲーテ「若きウェルテルの悩み」
オースティン「高慢と偏見」
デュマ「モンテ・クリスト伯」
ディケンズ「荒涼館」
ロマン=ロラン「ジャン・クリストフ」

大学生
トルストイ「イワン・イリッチの死」
ドストエフスキー「おかしな男の夢」
マン「幻滅」
ショーペンハウアー「読書について」「幸福について」
セネカ「人生の短さについて」
夏目漱石「私の個人主義」

332P ◆.uKag/vUmY 2016/10/04(火) 16:06:57.14ID:tkRTlkw2
>>327
どうせそれ超難しい本なんだろ?僕はマジで高校生が楽しめる作品を挙げてるけど、それをおちょくってるんだろ?くそッくそッくそッくそッ…バカにしやがって

333吾輩は名無しである2016/10/04(火) 16:10:27.42ID:B8FPtagv
大江のセブンティーン
村上龍のコインロッカー

334吾輩は名無しである2016/10/04(火) 18:19:38.77ID:zJ54ao3L
>>332
これから成長する余地の少ない大人が難しい本に挑戦するのはありだが、頭が成長期真っ只中の高校生は成長を促すような読書をした方が良いと思うんだ。
そういう本が日本には少ない気がする。

335吾輩は名無しである2016/10/04(火) 19:58:37.81ID:bDVCndt5
「君たちはどう生きるか」とか「心に太陽を持て」とか?

336吾輩は名無しである2016/10/04(火) 20:55:59.12ID:PMFF9TZA
福田恆存 「人間・この劇的なるもの」

337P ◆.uKag/vUmY 2016/10/04(火) 22:10:28.05ID:mMOCLp1W
>>334
自己啓発本があるじゃないですか!

338P ◆.uKag/vUmY 2016/10/04(火) 22:11:50.86ID:mMOCLp1W
それは冗談ですが、思いつく作品少ないなあ。読売新聞の去年の高校生にとった好きな作家ランキングで夏目漱石が入ってて、素晴らしいと思った。漱石は読んだほうがいいに決まってる。

339May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/10/05(水) 00:29:48.96ID:2Ks0LlPE
町田康「くっすん大黒」
阿部和重「インディヴィジュアル・プロジェクション」「ニッポニアニッポン」
羽田圭介「不思議の国の男子」「走ル」
谷崎潤一郎「痴人の愛」
小林多喜二「蟹工船」「党生活者」

340May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/10/05(水) 00:31:50.84ID:2Ks0LlPE
高橋源一郎「ジョンレノン対火星人」「さようなら、ギャングたち」他
池澤夏樹「夏の朝の成層圏」

341May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/10/05(水) 00:33:42.91ID:2Ks0LlPE
ハイエンダール「コンチキ号漂流記」

342May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/10/05(水) 00:34:47.63ID:2Ks0LlPE
......偏ってるかも。

343May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/10/05(水) 00:37:01.28ID:2Ks0LlPE
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
村上龍「五分後の世界」「歌うクジラ」

344吾輩は名無しである2016/10/05(水) 00:38:21.50ID:+ecymYDo
斎藤茂吉「赤光」

345P ◆.uKag/vUmY 2016/10/05(水) 00:40:43.32ID:4QGOF9DL

346◆ldttYiOHPQ 2016/10/21(金) 02:51:50.96ID:KhuoOnJw
マルセロインザリアルワールド
アラスカを追いかけて
8月の博物館
いちご同盟
星新一全般
スティールキング全般

漫画だけど、14歳。

347吾輩は名無しである2016/10/21(金) 20:12:30.41ID:zbKhTCk0
「億万長者を目指すバフェットの銘柄選択術」
これ、10代で読んで理解できたら、40代には億万長者になってるだろう。

348吾輩は名無しである2016/10/25(火) 22:00:49.34ID:TO/erGnN
蠅の王

ハツカネズミと人間

飛ぶ教室

349吾輩は名無しである2016/12/12(月) 21:09:39.03ID:Y5bc0yjA
高校の時に緋文字と嵐が丘読んで価値観変わった

350P ◆.uKag/vUmY 2016/12/12(月) 21:41:51.37ID:vijBHtwC
中二病の人は「異邦人」を面白く読める気がする。

351吾輩は名無しである2016/12/21(水) 01:59:02.38ID:NJbMpQPg
ヘッセよりドストエフスキーよりトーマス・マン

352P ◆.uKag/vUmY 2016/12/22(木) 22:53:33.29ID:RZ8PUhbY
「ストリート」の事情が知りたい人は漢の「ヒップホップ・ドリーム」を読むといいよ。

353吾輩は名無しである2017/02/17(金) 01:16:10.16ID:8z9cvC5v
ヘッセは自由に憧れる時期に読むといいかもね
でもオススメはカラマーゾフの兄弟一択
10代で読んどいていずれ年取ったら読み返そう
自分は2回目だけど十分楽しめてるし、感じが変わって面白いよ

354P ◆.uKag/vUmY 2017/02/18(土) 00:57:55.62ID:V8pwnulD
僕も「カラマーゾフの兄弟」オヌヌメします。なんかドストエフスキーって小難しいみたいなイメージあるけど、ハイティーンの若者でも十分楽しめますよ。

355吾輩は名無しである2017/04/30(日) 13:58:57.50ID:Uc3s3kEb
文学は剣より強いのか??
いじめ殺しを許さない社会にしようぜ!!!!
       ↓
上松煌(うえまつあきら) 作
★「九月の葬奏」(1作目「友だちを〜」と共に、作者の出生の本懐です)★
https://slib.net/71188

『作品紹介から』
 初作の『友だちを殺した』と共に、作者の出生の本懐といえるものです。
世間を震撼させた「多摩川・中学生虐殺事件」に衝撃を受け、日本社会に警鐘を鳴らし
たくて書きました。
時間のないかたは、後半〜末尾にかけての主人公の「独白」をごらんください。
社会のあり方、人間の人間たる倫理正義・矜持襟度・慈悲情愛の大切さを、死をもって
訴える場面です。 問題提起の性格上、過激・苛烈な表現があります。 2015年。
作順では5番目。

プロフィール ←作品けっこう意識高いぜ。命は大事にしろ。
http://slib.net/a/21610/

社会が傍観者ばかりになったら、コワイでぇ!

356吾輩は名無しである2017/04/30(日) 15:15:21.68ID:cu0jSmWx
今村夏子『こちらあみ子』
心に残して欲しい作品。早すぎないと思う。ぜひ中学生に読んでもらいたい。

357吾輩は名無しである2017/05/08(月) 23:48:14.52ID:INqnCugL
>>246
純文学は思想の体現ですからね
一つに依存すれば偏るのは必然的。純文学は沢山の作品に触れ、色々な思想を別の角度から見るのがいいと思います

358吾輩は名無しである2017/06/14(水) 05:21:22.22ID:aOsfA5ni
現代だとフロイトは決してそれだけを読んじゃダメ

精神状態が言語に現れるとか転移とかいった現在の心理学にも通用する概念を蛇は男性器的なオカルト文章から取り出すなんてそもそもプロがやる仕事だ

359学術2017/06/14(水) 08:10:30.28ID:Ha9XgG3F
アンナフロイトは読めるんじゃないの。

360吾輩は名無しである2017/06/14(水) 08:53:00.40ID:g+u4S57W
太宰治は読んでおくいていい
とりあえず全部読むことを薦める
否定するも肯定するも
時間をおいて後の作業でいい

361吾輩は名無しである2017/06/15(木) 22:46:06.01ID:hOr7wuLM
大爆笑

362吾輩は名無しである2017/06/15(木) 22:57:14.82ID:fFLZ6P/q
太宰治

363吾輩は名無しである2017/06/16(金) 00:29:23.12ID:5vk/Rng6
太宰治好きだけど全作はねぇわ
時間がありゃ全作読めば良いけど他に優先すべきはある

364吾輩は名無しである2017/06/16(金) 10:41:32.08ID:xqCVkjHU
おれもそー思う

365吾輩は名無しである2017/07/16(日) 14:30:07.87ID:YlIRC8KW
>>301
実際取り憑かれるかどうかは別として信仰になりえないような文学に意味あるのか

366吾輩は名無しである2017/07/16(日) 15:09:46.77ID:A1/zofRZ
信仰の質は問われるでしょう

367吾輩は名無しである2017/07/25(火) 20:18:40.75ID:nG14l0xf
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

368P ◆.uKag/vUmY 2017/08/19(土) 00:17:04.42ID:KgfKBVte
裸のランチ

369吾輩は名無しである2017/09/30(土) 08:30:37.43ID:vVxXnvko
福永武彦「死の島」
北杜夫「幽霊」
カフカ「審判」
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

370吾輩は名無しである2017/09/30(土) 11:37:17.56ID:repNA2Rm
井上靖「あすなろ物語」
O・ヘンリー「よみがえった改心」
デ・ラ・メア「恋のお守り」
夏目漱石「夢十夜」
坂口安吾「不良少年とキリスト」
太宰治 「盲人独笑」
カフカ「掟の門」
江戸川乱歩「押絵と旅する男」
ミヒャエル・エンデ「鏡のなかの鏡」
H・P・ラヴクラフト「アウトサイダー」

371吾輩は名無しである2017/10/30(月) 01:35:23.74ID:OYftdLJx
アウトサイダーはラヴクラフトじゃねえよ

372吾輩は名無しである2017/10/31(火) 15:03:16.03ID:BeNLqJXX
>>371
ラヴクラフトもアウトサイダーという作品を書いている
371が無知なだけ

373吾輩は名無しである2017/10/31(火) 19:25:39.14ID:aa/WSqHp
高校生ぐらいだったら、町田康「告白」もいい。

374吾輩は名無しである2017/11/05(日) 23:25:31.55ID:3hMld7oR
限りなく透明に近いブルー
セブンティーン

375吾輩は名無しである2017/11/12(日) 01:18:16.14ID:av+JFxjj
石川達三『青春の蹉跌』

376吾輩は名無しである2017/11/17(金) 21:31:03.68ID:lj6w2cLm
日本
古事記、大鏡、平家物語、太平記、信長公記、東照宮御実紀

中国
史記、三国志(正史、演義)

西洋
プルタルコス英雄伝、ローマ皇帝伝、ローマ皇帝群像

歴史系古典として純粋に面白い

377P ◆.uKag/vUmY 2018/01/15(月) 23:17:40.73ID:zKzZkkip
リチャード・マシスン面白いよ。簡単だけど深い。

378吾輩は名無しである2018/02/21(水) 12:27:44.28ID:qVwN2sJq
あげ

379吾輩は名無しである2018/05/18(金) 22:46:30.61ID:gnOfdw7B
10代の頃 ヴォネガット読んでなきゃ生きてられなかった

380吾輩は名無しである2019/08/02(金) 19:20:58.97ID:udApyl0L
太宰治は良くも悪くも10代で読むべき
というか太宰読まない青春なんて考えられない
あとは外国人作家
10代で読まないと一生外国人作家は読めない人間になる

新着レスの表示
レスを投稿する