川端康成の「雪国」を理解出来ない僕を救済するスレ

1吾輩は名無しである2018/11/27(火) 17:35:07.86ID:ekHaJdts
オチで突き放されました
どういう解釈をすれば良いのですか
ちなみに読書ニワカの厨房です

2吾輩は名無しである2018/11/27(火) 22:43:44.31ID:oNAfWZjV?2BP(1000)

どこが分かんなかったんですか?

3吾輩は名無しである2018/11/27(火) 22:48:10.74ID:oNAfWZjV?2BP(1000)

煽りではなく、火事のところが意味わかんなかった感じですか?

4吾輩は名無しである2018/11/27(火) 23:14:58.76ID:ekHaJdts
>>3
そうです

5吾輩は名無しである2018/11/27(火) 23:21:59.40ID:RUy2Xwoi?2BP(1000)

どういうふうに理解できなかったんですか?

6吾輩は名無しである2018/11/28(水) 07:40:56.72ID:2UIvGmlN
>>5
つたない恋愛の話だと思っていたのに火事のところで違ったテイストになってしまって、本の主題を見失いました

7吾輩は名無しである2018/11/28(水) 07:49:56.38ID:ukD5QZkt
「こっきょう」を桂歌丸師匠は「くにざかい」と読んでおられた。
いいなあと思った。

8吾輩は名無しである2018/11/28(水) 08:55:12.63ID:XaJSf0Xt?2BP(1000)

>>6
じゃあ火事になるまでの駒子と島村と葉子の関係性とか、それまでの成り行きについては分かっている、という感じですかね?

9吾輩は名無しである2018/11/28(水) 08:56:45.08ID:XaJSf0Xt?2BP(1000)

ちなみに「拙い」という形容には語弊があると思うので、「行き場のない」とか「果敢ない」と言ったほうがいいかも。

10吾輩は名無しである2018/11/28(水) 09:26:42.70ID:x7EuwuEp
川端という人は
背負っている人生とか政治があっただけで
小説家的能力は極めて低かったのではないだろうか?

11吾輩は名無しである2018/11/28(水) 10:12:36.18ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

>>10
そんなことはありませんよ。川端の文章のリズムと言葉選びのセンスは他の追随を許しませんね。

12吾輩は名無しである2018/11/28(水) 10:13:29.62ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

大体、小説家的能力ってなんですか?

13吾輩は名無しである2018/11/28(水) 14:05:32.37ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

『雪国』における終末(火事、火災)について理解するためには何よりも葉子という女性のことを理解しなければなりません。

14吾輩は名無しである2018/11/28(水) 14:05:44.43ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

駒子については丁寧な描写があるし、島村との関係やその人となりについて詳しく分かりますが、葉子に関しては駒子と比べて彼女を知るための文章、情報がかなり乏しい。

15吾輩は名無しである2018/11/28(水) 14:07:14.36ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

葉子について分かることといえば、「悲しいほど美しい声をしている」「気違い染みた熱情を持っている」「弟を大切に思っている」くらいしかないわけですね。

16吾輩は名無しである2018/11/28(水) 14:08:29.64ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

そして『雪国』という物語で語られているものがなんなのか、という点も重要になります。果たして、『雪国』で語られていることって一体なんなのでしょう?

17吾輩は名無しである2018/11/28(水) 21:37:03.29ID:2UIvGmlN
>>16
言葉のアドバイスありがとうございます
中学生の語彙力の乏しさですので、どんどんご指摘頂けると有り難いです。
うーむ…わからない
火事はいったい何を表しているのか、それを知る上で重要なのはもちろん葉子という人物の情報ですよね。
読書量の少ない厨房の私には読解出来ませんでした。
なぜ葉子はあのような結末に至らなければならなかったのでしょうか
見解をお聞かせ下さい。

18吾輩は名無しである2018/11/29(木) 10:18:16.43ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

>>17
そもそも作中では、葉子の人格というのが駒子ほど詳細に書かれてはいないので、葉子が火事に巻き込まれたこと自体に取り立てて意味はないんですね。なので、火事の場面だけ取り上げて読むのでは何も分からない。

19吾輩は名無しである2018/11/29(木) 10:18:24.89ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

あの結末を読み解くためには物語全体を読み解くことが必要なんです。
もしあの場面で巻き込まれたのが駒子だったなら、もっと綺麗にオチはついたと思いますが、川端はわざわざ葉子を使って物語を終わらせようとした。その人選が読み解くためのヒントになります。

20吾輩は名無しである2018/11/29(木) 10:23:12.79ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

だから、火事が何を表現しているのか、という発想は間違いで、あれはただの演出に過ぎないわけです。結末だからといって、最大の盛り上がりがそこにあるはず、という視点に立ってはいけません。

21吾輩は名無しである2018/11/29(木) 10:25:08.52ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

特に純文学的な読み物の場面だと、作品の面白みは決してストーリーに依拠しているわけではないので、読書態度次第で簡単に面白くなったりつまらなくなってしまいます。

22吾輩は名無しである2018/11/29(木) 10:28:22.98ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

自分で考えて、ここには何が書かれているのか、ということを上手く考えられるようになれば、純文学作品はとても面白いものになります。

23吾輩は名無しである2018/11/29(木) 14:19:54.63ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

あの火事において、葉子は被災者でしかないわけですね。彼女が意図的に火事を起こしたり、火中に飛び込んだり、という描写がないので、やはり火事には舞台装置以上の意味なんてないと思います。

24吾輩は名無しである2018/11/29(木) 14:20:24.95ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

ですので、あそこに至るまでの駒子、島村、葉子(特に駒子と島村)などの心情の動きさえ掴めていれば、『雪国』を読み解くことは十分できると考えていいんです。

25吾輩は名無しである2018/11/29(木) 14:24:02.42ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

ですので、あなたが1番疑問に思われている「何故、葉子はあのような結末を迎えねばならなかったのか」という点に答えはないし、見解もないんです。

26吾輩は名無しである2018/11/29(木) 14:24:33.90ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

あのシーンが何を象徴しているか、何を意味しているか、という憶測は立ちますが、そういう発想はむしろ作品の広がりを限定させてしまうので、あんまり良い考えとは思えません。

27吾輩は名無しである2018/11/29(木) 16:13:46.85ID:ZwwVOJ/A
>>26
ご意見ありがとうございます。
無理に結論付けないほうがよいこともありますね。
「雪国」を読み、一度読んだだけでは足りないと思い、何度も読み返しました。
ですので、駒子や島村、葉子の関係や心情は深く理解できたつもりです。
火事のシーンでも、決して頭に「?」が浮かんだだけで終わったわけではありません。その想いを、自らの感想としたいと思います。
参考になりました。ありがとうございます。

28吾輩は名無しである2018/11/29(木) 16:20:48.85ID:i37ZtYZC
長く書き継いで、合体させた作品だから
読む方もシーンの連続をただ楽しめばいいだろう

あまり解釈を読み込んでパズル解きのように
楽しむのは勧めないな

29吾輩は名無しである2018/11/29(木) 16:55:25.69ID:kGJfY5LF?2BP(1000)

>>27
力になれたみたいで良かったです。繰り返し読み、深く理解するために追求する、という読書態度を作り上げるのはなかなか骨が折れるかと思いますが、これからもどんどん沢山の小説(に限らなくてもいいけど)を読んでってください。きっと何かの役には立つと思うので、

30吾輩は名無しである2019/01/13(日) 13:52:36.93ID:gtn4m4SI
この雪国だけの分厚い解説本がいろいろあるけど
あんなもんただの深読み本

筆者のオナニー本

31吾輩は名無しである2019/01/19(土) 00:05:31.10ID:p+c6TuDi
荷風の墨東綺譚と同じような話
商売女にはまってみました

32吾輩は名無しである2019/02/14(木) 21:42:08.16ID:f2pgAeK3
理解できなくてもいいだろ実際面白くないからな
同じような題材なら永井荷風のボクトウキタンのほうがはるかに面白い
まあこちらはちょっと漢語調が鼻につくが

33吾輩は名無しである2019/02/14(木) 22:25:02.18ID:S1ds2H3s
指マン
に尽きます

34吾輩は名無しである2019/02/15(金) 07:30:39.85ID:JiLI34vX
>>6
ラストなだけ
終わりのきっかけとなった
燃え尽きるという意味

35吾輩は名無しである2019/02/15(金) 07:31:39.47ID:JiLI34vX
>>10
セリフの行間を読ませるテクがすごいぞ

36吾輩は名無しである2019/02/26(火) 21:44:07.61ID:0OhB6p1T
ラストも適当だろ
なんやあれ

37吾輩は名無しである2019/02/26(火) 21:44:29.26ID:0OhB6p1T
川端康成が変態なだけはわかる

38吾輩は名無しである2019/03/10(日) 16:05:40.37ID:sxGGy1Dm
雪国の会話は人間というよりロボット同士の会話を聞いてるみたいだな

39吾輩は名無しである2019/03/10(日) 22:21:17.90ID:YX0zO5bk
うおおおおおおおおおおおおおおおおお!
ハイテンション雪国\(^o^)/

40吾輩は名無しである2019/03/13(水) 13:34:22.75ID:X+kMSLO4
雪国の終わり方っめ考え過ぎで一周回ってる感じあるわ
なんというか文学放棄して丸投げされてる

41吾輩は名無しである2019/03/19(火) 01:42:49.96ID:7NGFDjrb
「くにざかい」が正しい

42イナ ◆/7jUdUKiSM 2019/03/19(火) 05:13:00.38ID:GEkIphFm
「くにざかい」より「こっきょう」のほうがいいと思う。そのほうがリズムが五七五になるで。

43吾輩は名無しである2019/03/20(水) 22:34:33.77ID:htVRDy+q
くにざかいだとどうしても東海林太郎になってしまいます

44吾輩は名無しである2019/03/21(木) 02:04:21.85ID:7aTMgefB
桂歌丸が好きだからくにざかいって読んでる

45吾輩は名無しである2019/05/15(水) 12:57:35.06ID:BiJbwG4O
なにが雪国だよ

こんな気持ち悪い作品を書くヤツがノーベルとか笑える
他の作品もすべてキモい

作家自体もキモい

46吾輩は名無しである2019/05/31(金) 20:43:01.77ID:8axUYQj5
東北、北陸、北海道、長野、北関東内陸

この辺は論外

47吾輩は名無しである2019/05/31(金) 22:07:00.23ID:pRy7l0/2
川端さんって素晴らしいけど変な人が擁護して
逆に評判を下げてるよね

48学術2019/06/01(土) 10:43:26.24ID:DaWjqq9V
川端本人より情景等をハイレヴェルに受け取ることの方が大事だろ。

49吾輩は名無しである2019/06/01(土) 11:56:20.92ID:LR154jsd
>>10
俺もそうとしか感じられない

特に性的に特異なものを描いた作品とか
現在では現実にはるかに追い抜かれ陳腐でしかない

文体も凡庸にしか感じられない

50学術2019/06/01(土) 13:44:05.10ID:DaWjqq9V
読み手のすべてがそろっていないと読み手こそ凡庸な作品をうつす原因となる。

51吾輩は名無しである2019/06/01(土) 20:11:34.28ID:LR154jsd
>>50
言葉の選択が的確でないと
ザンネンな警句モドキになってしまう

52学術2019/06/02(日) 07:26:27.90ID:siVaFRqR
なるほどな。

53吾輩は名無しである2019/06/02(日) 17:25:44.95ID:TfyPTz1E
擁護するのも批判するのも変なやつばっかですね

54吾輩は名無しである2019/06/03(月) 12:35:16.11ID:H7iCdTgs
雪国、途中まで読んでるんだけど(30ページあたりだったかな)何が面白いのか分からなくて積ん読のまま数ヶ月たってる。
文章が凄くキレイだってネットの感想サイトでよく見かけるんだけど、それもいまいちわからない。
小説家って基本みんな文章がキレイだと思うし、その中で雪国の文章が特段キレイには感じなくて、ごく普通の恋愛小説って感じなんだよなあ

55吾輩は名無しである2019/06/03(月) 12:38:40.25ID:H7iCdTgs
ちなみにどこの出版社だったか忘れたけど、雪国の表紙の絵がキレイだとは思った笑
だから本自体が気に入って、あえて中古じゃなく本屋の定価で買ったんだけどね
名作の誉れ高いし

56学術2019/06/03(月) 19:23:29.65ID:7dy68sVY
ユキ のジョイだろ?

57吾輩は名無しである2019/06/14(金) 21:02:28.03ID:DpT282cw
えけせてね

58吾輩は名無しである2019/07/20(土) 20:07:35.30ID:ELmN4CpG
かきくけ68

59吾輩は名無しである2019/07/26(金) 18:25:17.87ID:speAUrAf
取り敢えず、国境をくにざかいと読む奴は
信用するな。
こっきょうと読まないとリズムが悪い

60学術2019/07/26(金) 18:57:37.94ID:3d6qSqCq
東大は中位ぐらいの学歴でその上に私立がびっしり。

61吾輩は名無しである2019/09/03(火) 02:57:56.45ID:VvqNyNYe
雪国は駄作

62吾輩は名無しである2019/09/11(水) 11:31:11.45ID:L2ojJwwu
駄作ってのはどうかな(笑

雪国はいろんな媒体に10年かけて発表された作品。
誰かが上で書いていた、言葉のセンスってのは、意識しないと磨けない。

川端には言葉を操る才能がある。
それを受け手として感じるのも才能。

冒頭部分だけでも繰り返して読んでみると、いろいろな気づきがあると思う。
それを深めていくとなんとなく感じるものが生まれると思う。

雪国は少なくとも読む価値のある作品だと思うけどね。

63吾輩は名無しである2019/09/16(月) 16:02:50.37ID:8jUlpQZk
国境問題で思い出したけど、

掌の小説

あれ、てのひらでもいい、って川端さんが言ったらしいんだけど、
それは単なるリップサービスだと思う。

たなごころ、にきまってる。

異論はみとめない。

64吾輩は名無しである2019/09/25(水) 14:29:23.78ID:LRchGUJc
英文でこれを読んで良さが分かるとは到底思えない
日本語でしか絶対に理解できない

65吾輩は名無しである2019/10/03(木) 17:08:32.60ID:l80vu5q0
ラストの家事の意味が分からないんだけど…。
…「そう?」

新着レスの表示
レスを投稿する