【自薦】カクヨム晒しスレ Part.8 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1sageteoff2017/04/09(日) 16:51:37.32ID:CAEIbT1I
カクヨムで公開されている作品を自薦で晒し、誰かが感想を書くスレッドです
次スレは >>950 が立てる事。何らかの事情で立てられない場合は、誰かが宣言して立ててください
また、スレ終了前に晒しまとめを行い、次スレに張り付けてください

[注意事項、書き手用]
>>1の内容を把握した上で、テンプレに従って晒す事
・タグまたはあらすじに「晒し中」と付け、本人証明を行う事
・他人の晒し中も続いて晒しOK、ただし前の晒しの感想が一段落するまで待つ
・晒しは一スレにつき一作者一回まで。前スレに晒した作品は今スレでの投稿を控える
・短編でも連載でも可。コンテスト応募作品はスレの空気を読んで
・晒しを終える際には〆宣言をする事
・〆まで1日〜数日の期間をみて下さい(スレ立て時点のスレ速度を参考)
・他薦は読み専スレへ

[注意事項、読み手・全般用]
・暴言や人格批判を行わない事
・相互フォローなど、作品以外の観点から叩かない
・荒らしはスルー(荒らしに構う行為も荒らしです)

テンプレ
【タイトル】
【URL】
【ジャンル】
【紹介・希望する指摘点】

※関連スレ
【KADOKAWA・はてな】カクヨム185【小説投稿サイト】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1491539936/

※前スレ
【自薦】カクヨム晒しスレ Part.7 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1475319859/

589この名無しがすごい!2017/09/13(水) 08:26:44.25ID:rO63RYnS
けど、あれを有料で押し付けようとしてた感性だからなぁ

590この名無しがすごい!2017/09/13(水) 08:36:06.32ID:24mAXNab
こういうゴミが好きでカクヨム見てるとこある

591この名無しがすごい!2017/09/13(水) 09:05:59.47ID:PZRaBn2C
>>581
読んだ。文から加齢臭がする。

592この名無しがすごい!2017/09/13(水) 14:38:25.39ID:2wi95Vyi

593この名無しがすごい!2017/09/13(水) 14:40:17.66ID:2wi95Vyi
すみません、ミスです

594この名無しがすごい!2017/09/13(水) 14:51:34.12ID:dQ3m1prc
晒します、よろしくお願いします。

【タイトル】 最強チートのヒトバシラ
【URL】 https://kakuyomu.jp/works/4852201425154918345
【ジャンル】 異世界ファンタジー
【紹介・希望する指摘点】
希望する指摘点は箇条書きで失礼します。

・転生前の描写が読んでいて精神的に重いかどうか
・女性キャラに魅力はあったか
・主人公がしっかり努力しているように見えたか
・主人公に無双、チート、ハーレム要素が垣間見える描写はあったか
・ストーリー展開は遅くないか
・設定に齟齬は無いか、また魅力的な設定になっているか

せっかくなので評価は辛口でお願いします。

595この名無しがすごい!2017/09/13(水) 17:53:02.29ID:nqyPSIHG
>>591
しっくり来た

596この名無しがすごい!2017/09/13(水) 20:50:44.37ID:tbvNQD9L
>>594

[最強チートのヒトバシラ]につきまして。

プロローグが、やたら長いですよね。物語がようやく動き出す、主人公が川で気を失うまが、文字数にして約1万7千文字、原稿用紙にして43枚ほどです。
しかも、1行が読点で改行されたりして短いので、原稿用紙に書いたとしたら、82枚にもなります。
しかも、地の文が99%もあります。台詞は1%しかありません。その地の文は一人称主人公の主観語りがほとんどです。

ほぼ愚痴と言い換えてもいいでしょう。読者としては、主人公はまだ未知のキャラです。つまり、赤の他人。
読者から会いに行った(読んだ)とはいえ、赤の他人が原稿用紙数十枚分も愚痴を言い出したら、聞く気にはなれません。
読者はまだ、主人公に興味を持っていいかどうかすら分からないわけですから。

作者視点としては、こういう前書きを置きたくなるのは分かります。せっかく考えたのだから書きたい。
そういう欲求があるので、読者に状況を説明してから、ストーリーを進めたほうが分かりやすい、などと言い訳考えたりもします。
でも、間違いです。ストーリーが進みだす、ドラマが起こるまでに原稿用紙数十枚分読んで、頭に入れてねと言われたら困惑します。
長めの短編1つ分ほど、何の面白みもないのに読まないといけないわけですから。重い軽い以前の問題です。

なお、重くてもいいです。読者として知識や気持ちが共有できる部分があれば、重いとか、深刻な話でも興味が湧いたり、共感できたりします。
どこにも共有するものがない、あるいは、あるかどうか判断がつかないから、単に面白くないだけになります。

第1話までなんとか読みましたが、いったん力尽きました。主人公が異世界らしきところに行き、ようやく話が始まるかと思ったら……。
例えば、n元素世界(n=1, 2, 3, …)とかオリジナルの何かが出て来る。世界観の基礎からして、これからなのかと、先が思いやられました。

そこまでも、例えば四則計算も怪しいとしておきながら、数学の本を拾って読んだことになっていたりする。設定が揺らいでる感じがします。
あるいは、主人公の当面の目的(行動の動機)が箇条書き。説明的な既述すら放棄していて、もう小説ではないですよね。

文章も無意味に改行が入っており、読みにくい。読点で改行したりすると、句点と読み間違えそうになります(すると、違う意味と取りかねない)。

感想をお求めになるため、匿名のこちらに晒されたわけですから、できればもう少し先までは読みたいと思いますが、気力が戻りますかどうか。
もし読み進められたとしても、「第1話 「人生のサイシュウワ」」までは感想は申し上げられません(「まるごと削りましょう」以外にない)。

597この名無しがすごい!2017/09/13(水) 21:43:29.88ID:hXMGN031
まるごと削らなくてもいいと俺は思う
普通の読者はまず主人公のキャラクターを気にするもんだから
愚痴っぽくて自虐的なキャラクターに共感する人もいるだろう

598この名無しがすごい!2017/09/13(水) 21:59:38.60ID:dQ3m1prc
>>596
貴重なご意見ありがとうございます。
やっぱりそうなんですね、読む気力がプロローグで力尽きているというのは各話ごとのPVを見ながら何となく感じていました。
しかし、明確な指摘を頂かないと認めたくないのもありまして今まで修正していなかった部分でもありました。
ここに晒しにきた甲斐がありました、直ちに切れるだけ切って修正してみます。

読点改行は確かにそうですね、文章に関してご指摘頂いて久しぶりに読み直したらひどいものでした。
単なる推敲不足です、本当にお恥ずかしい。

では、修正作業に行って参ります。

599この名無しがすごい!2017/09/13(水) 22:11:33.13ID:dQ3m1prc
>>597
そういうキャラクターだと思って頂けたなら幸いです。

600この名無しがすごい!2017/09/14(木) 00:46:07.08ID:hqreSWVz
失踪と取られかねない去り方をしてしまったのでご報告。
0話と1話、ニ話分の25000文字からプロローグを八割切って5000文字にしてきました。
少々唐突に始まってやしないかと心配ですが。

601この名無しがすごい!2017/09/14(木) 07:19:11.28ID:qDy6E6v6
>>594
なんかさあ、
一元素世界で四元素世界の住民である神
とか早口言葉みたいな文が多すぎて疲れる。

女性キャラはまさに空気。

602この名無しがすごい!2017/09/14(木) 11:47:26.95ID:tyH3FzEQ
>>594
流し読みだけど2章まで読んだ
まず晒してくれてありがとう
最近過疎りまくってるからちゃんと書かれたものが晒されるのはありがたい


 ・転生前の描写が読んでいて精神的に重いかどうか
上の人も書いてあるが
「重い」というのはそもそも問題ではない
つまらない上にダラダラ長いというのが問題

あと、消した事について
確かに読み辛かったが、だからといって全部消してしまうのでは何の意味もないと思う
設定の説明ってのは必要な部分でもあるんだから、消すんじゃなくて退屈させない工夫をして欲しい
何か見せ方をこだわるとか、出来る限り必要のない情報をそぎ落とすとか、そういう感じの方向で


 ・女性キャラに魅力はあったか
あまりない
1話のエクスパとかが特にそうだが、好感度を持てる所がない
いきなり主人公の事を死なせかける。そしてその事について特に謝罪もない。こんなキャラを好きになれない
(案内役の面目丸潰れですよぉ!)じゃない。話の展開の為にやってるんだろうけど、こういう所から好感度は下がっていく
ヒロインの魅力っていうのはまず人間としての魅力なんだから、女の子ぶったり裸を見せたりしてるだけでそこに魅力が生まれたりはしない

例えば、最初に出てくるケヴィンってキャラ
こいつは、冒頭で命の危機にあった主人公を助けてくれて
その後もずっと主人公の面倒を見続けてくれて
5歳になった主人公にお守りとして一級品の剣を渡してくれて
この世界での主人公に初めて人としての温もりを与えてくれて
しかもおまけに、海賊なのに人情に厚いという設定のギャップまである
こいつの爪の垢を1%でもいいからエクスパに飲ませたいというか、どう考えてもこいつがヒロインをやるべきというか、好感度の配分がおかしい
ヒロイン達もこのケヴィン船長を見習って、何かもう少し「可愛さとか以前に人間として好感が持てる所」みたいなものを見せて欲しい

603この名無しがすごい!2017/09/14(木) 11:49:39.21ID:tyH3FzEQ
602の続き

 ・主人公がしっかり努力しているように見えたか
見えない
というのも、努力しているという設定も描写も感じられない
例えば、主人公は10歳になるまで全く剣の修行をしていない
「…ケヴィンさん。俺に戦いかたを教えて下さい」じゃない。努力してるって設定にしたいなら普段からそのくらいやっとくべき
そしておまけに、描写も全然ない
10歳になってやっと修行するのかと思ったら
>あれから一週間掛けてケヴィンから直々に戦いかたを教わった俺だったが、やっと基礎が出来てきた程度だった。
この一文章だけで修行のシーンが終わりになってしまう
努力の話を書きたいなら、この一文だけで一話分書くくらいはやるべきだろう

この話の後も、同じような感じで
試験受けるのにやった事が3日準備しただけったり、サーシャと訓練をしたという描写が相変わらず一文だけで流されたりしていく
設定と描写が両方伴っていないせいで、実際に頑張ってるようにはあまり見えない


 ・主人公に無双、チート、ハーレム要素が垣間見える描写はあったか
全くない
それは狙ってやっても出すのが難しいもので
みんなそれを描写する為に苦労したりしているものなんだから
作者が狙ってやらないようにしていたら、当然そんなものは生まれる訳がない


 ・設定に齟齬は無いか、また魅力的な設定になっているか
世界を救うために努力するみたいな設定は王道でいいと思う
一元素世界がどうたら辺りの所は、正直わかりにくいだけだし微妙だと思う


辛口希望なので厳しい事を言ったが
ファンタジーを書きたい気持ちみたいなのは見てて伝わってきたし
設定とかもそれなりに凝られてるので、設定の把握さえ出来たら割と楽しく見れる所とかもあったと思う
転生ものなのに主人公が一切チートなしで頑張っていくっていう所は熱かった
頑張って下さい

604この名無しがすごい!2017/09/14(木) 12:05:51.08ID:tyH3FzEQ
>>594
1つ抜けてたから、602と603の追記

・ストーリー展開は遅くないか
遅い
というかめっちゃ遅い
おそらくやりたい事を全部やってるのが原因と思われる
「主人公が10歳まで海賊船で過ごした」という展開とか
作者的にはただの序章のつもりだったんだろうけど、本来ならここだけでラノベ1冊分になるくらいの内容量がある
描写しないといけない事が多すぎるせいで、話を飛ばしまくってるのに話が進まないという自体になってるように見える
書きたいもの全部書いてたら話なんて永遠に進まないんだから、海賊船の話は全部カットして最初からバウ帝国から始めるくらいの事はしてもよかった気がする

ケヴィン船長とか確かにめっちゃいいキャラだから
このキャラを消してしまうのは惜しいという気持ちは分かるが…

605この名無しがすごい!2017/09/14(木) 15:36:23.18ID:xjemZBtD
>>604
やりたいことを全部やっていることが原因……なるほど参考になります。
確かに思い当たる所がありますね。

606この名無しがすごい!2017/09/14(木) 15:58:00.52ID:xjemZBtD
>>602
ご意見ありがとうございます。
面白くない上に長いというのはもう苦行ですね。
今までレビューを書いてくださった方々は「重い」と表現することが多かったので私はなにか勘違いをしていたようでした。
読み直したところ、初めて書いた文であるせいか「た」で終わる繰り返し表現が多過ぎました。
そういったところも文を単調にさせる原因になっているのかも知れません。
まずはそこから直してみたいと思います。

女性キャラの魅力については、反省すべきところですね。
アニメや漫画と違い、具体的なイメージが無い小説のヒロインは一体何をさせれば魅力が出るのかと試行錯誤をしていましたが、実に安易な失敗でした。
人間的魅力には欠けていましたね、ハーレム無しを掲げているので無意識に女性キャラに重要な配役を与えていなかったのかも知れません。
最新話付近でもキャラを増やしたはいいのですがダメですね、キャラを増やした結果さらにさせることが少なくなってキャラクター性が薄くなってしまっています。
一度キャラ全体の見直しをする必要がありそうです。

607この名無しがすごい!2017/09/14(木) 16:46:52.28ID:sV3May3N
>>594
[最強チートのヒトバシラ]感想

かなり話数が多いので、読み切ってから感想を申し上げるのが難しそうです。できるところまで、各話ごとで少しずつ申し上げてみたいと思います。

(第1話 「人生のサイシュウワ」)
・「はじめに」から、この死んだ後の話に入るようになりましたね。前置きの長さ的には適度だと思います。

・主人公と神の会話での「 」の使い方。
→一人が喋り続けている台詞を、複数の「 」を使って改行・空行入れしてしまっています。
→これだと、「 」ごとで話者が交代したように見えてしまいます(その後、気が付いてイメージ修正することになる。
→いったんはこんな感じの会話だと勘違いしてしまうということです(「主」は主人公、空行は削りました)。
01> 主「すまない、そっちも名乗って貰っていいか?」
02> 神「おお、そうであったな、これはすまなかった」
03> 主「私は四元素世界人、そなた達の世界で言うところの「運命」、もしくは「神」だ」
04> 神「そうだな、名はヨンとでもしよう」
05> 主「まさか神様とはな、当分話し相手には困らなそうだ」
06> 神「すまんのぅ……そんなに暇ではないんじゃ、成さねばならぬことがあるのでな」
06> 主「そうか……」
→03が主人公だと勘違いが起こります。変なこと言い出した感じがしてしまう。
→そのまま04を読むと、神が言い出しそうな台詞で、すんなり受け入れてしまう(実際、神の台詞。
→05以降も、実際の台詞主通りになっていて、そのまま自然に受け取れますね。
→03が主人公の台詞ではないと気づければ、02〜04が神が喋り続けた台詞と気が付くとは思います。
→しかし、運次第です。なんか変だと思っても、考えずに読み進めた場合、主人公が四元素世界人と誤解したままになる恐れがあります。
→最も単純な処方は、連続する台詞は一つの「 」に収め、改行も入れないというものです。
→しかし、台詞が長いことが気になる場合は、いったん「 」で区切って、台詞主の動作や主人公の思考を入れる手があります。即興ですが、以下のような感じ。

> 「すまない、そっちも名乗って貰っていいか?」
> 「おお、そうであったな、これはすまなかった」
>  鎖に繋がれた男は、人差し指を立てて見せた。
> 「私は四元素世界人、そなた達の世界で言うところの「運命」、もしくは「神」だ」
>  コイツ、何言ってんだ? 怪しむ俺に構う様子なく、男は続ける。
> 「そうだな、名はヨンとでもしよう」
> 「まさか神様とはな、当分話し相手には困らなそうだ」
> 「すまんのぅ……そんなに暇ではないんじゃ、成さねばならぬことがあるのでな」
> 「そうか……」

・プロローグを削ったことへの対応が必要。
→長大なモノローグをバッサリ削って読みやすくなったのですが、必要な情報提示も考えておく必要があります。
→以下の部分が設定を紹介してはいるんですが、内容的にやや簡潔に過ぎ、主人公の気持ちももう少し伝えたいところです。
> 俺がその才能のせいでどれだけ人に迷惑を掛けたと思ってるんだ。
〜(中略)〜
> 憤りを隠せない俺の肩にヨンは手を触れた。
→上記部分を、例えば主人公が過去のの報われない努力について神との会話で出し、次第に怒って行くようにする手もあると思います。

> 「じゃあ、いくら勉強しても一晩寝たら忘れちまい、テストがいつも零点だったのは」> 「徒労の才能のせいだな」
> 「てことは、野球の部活をいくら頑張っても、筋力しか身につかなかったのだって」
> 「それも最強の才能のせいだな」
> 「結核になっちまって、その筋力だってなくなったんだぞ!」
> 「力すら失ったのか。なかなか完璧な才能だったようだな」
> 「いや、でも徹夜勉強の一夜漬けならなんとか覚えていられたのは」
> 「ほほう、最強の才能にもバグがあったか」
> 「ふざけるな! いや、ちょっと待て。川で溺れてた、あの子を俺が助けられなかったのは、まさか」
> 「言っただろう? 努力が報われない、結果を出させない才能だと」
> 言葉がぐっと喉に詰まった。生まれて初めて、殺意が沸いた。
> そんな俺の肩に、ヨンは手を触れた。

・名前の表記(細かいことだし、作者の好みでもあるものの)
→姓名の間に空白を置くと、ちょっとスムーズに読めない感じがします。誤読しそうにないので、詰めても問題ないでしょう。
(続く)

608この名無しがすごい!2017/09/14(木) 16:47:53.41ID:sV3May3N
>>594

[最強チートのヒトバシラ]感想(>>607の続き)

・キャラ(主人公)が作者の知識を借りてしまっている。
→例えば以下の一文。
> この性質を利用して、俺は二元素世界で神の使徒として人々の運命に介入し、俺と同じ神の力への耐性を持つ協力者を増やさなければならない。
→この時点で、邪神(←仮称、主人公を人柱にした神)を倒すことは、主人公の意思として決定しています。ヨンも助力を約束している。
→しかし、情報的に詳しすぎます。例えば、主人公と同種のキャラの存在があるとされてしまっている。
→運命に介入するというのも同様ですね。さらに、「増やさなければならない」と必要、ないしは責務的に述べてしまっています。
→これらは、作者が主人公にさせたいことで、主人公が作者の心づもりを知っているような描写になってしまっています。
→これらは、劇中で主人公が学んだり、自ら思い付たりして、意思決定すべきものです。
→ですので、主人公が意思決定するプロセスをきちんと描写しないと、不自然になります。
→設定紹介が段取り良すぎるかと思えば、うっかり端折り過ぎたりしています。ここ以外にも、ちらほらあるようですので、要注意と思います。

・あまりにも設定紹介パートの感じで、目を引くイベントがない。
→「今読んでいる感じが今後も続く」と感じることが多いので、ブラバされる原因となります。
→設定したキャラ、アイテム等に全て理由付けや背景を持たせるのは、段取りを入れ過ぎる結果になっています。
→かといって、後で使わないような目立つものを入れても、読者の負担になります(読者は覚えようとするため)。
→負担にならずに目を引く工夫が思いつきませんが、次節の冒頭(赤ん坊にされて海に放り出される)を本節ラストに入れるとかでしょうか。
(その他、この節を、神との遭遇パート・主人公の使命決定パート・パートナー誕生パート等に分ける手もあり得そう。いろいろ工夫はできそうです。)

(第2話 「転生のダイイチワ」)
・主人公の成長や普段の生活紹介が長く、ほぼそれしかない。
→第1話同様、目を引くものがありません。正直、飽きて来ます。
→次節冒頭も、まだ10歳であることを示してあり、ざっと眺めた感じでは設定紹介。
→事件性のイベントから始めてくれるくらいでないと、読むモチベが保てません。
→作者視点では、自分の作った設定は面白く感じるだけに要注意です。作者が面白がるとき、読者はあくびをします。

・主人公が、幼児(0〜5歳)の喋り方ではない感じがする。
→精神もう大人なので、地の文は年齢相応でOKですし、会話も同じように可能なことは明らかです。
→しかし、3〜5歳児が、大人びた口調で話したら(最初に発した言葉からしてそう)、周囲は怪しみませんか?
→周囲が最初は主人公の口調に怪しむか、主人公がわざと幼児喋りするようにしないと、不自然な感じになってしまうと思います。

(この辺りで、どうも気力が尽きそうです。第3話もざっと眺めた限りでは平板な感じだったことも、読むモチベ減退に輪をかけています。)

609この名無しがすごい!2017/09/14(木) 20:31:32.17ID:BtQeNTJr
ちょっとは褒めてあげて
俺なら筆を折るレベル

610この名無しがすごい!2017/09/14(木) 20:56:18.49ID:xjemZBtD
>>609
お気遣い感謝します。

611この名無しがすごい!2017/09/14(木) 21:07:45.50ID:sV3May3N
[最強チートのヒトバシラ]の作者さんが、この程度の感想で断筆されることはないと思います。理由は以下の通りです。

>>596で、プロローグが長すぎることについて、多少具体的に申し上げてみると、即座にほぼ全削除されました。
作者さんも前から思うところがおありだったとは思いますが、分量から考えて、相当の労苦で書き上げた部分のはずです。
普通、全削除まではできません(過去に遭遇した類例では、むしろ書き足してしまう方が少なくないように思う)。
本来の意味の断捨離(自らが最も愛するもの、大切にするものを切り捨てる)を、創作でおやりになれるということになります。

そういう覚悟がおありの方に、気持ちをなだめるためだけの誉め言葉などは、かえって失礼になるかと存じます。
そう考えまして、>>607-608を投稿しました。感想として拙いのは事実ですが、私なりに力を尽くしたものです。

612この名無しがすごい!2017/09/14(木) 21:15:12.34ID:F5pjy/a1
詳細に作り込まれた世界観や最初の重さから徐々に解放されていくストーリーに何の面白さも感じなかった?
別に気休めを言えと言ってる訳じゃねーんだけど

613この名無しがすごい!2017/09/14(木) 21:16:27.47ID:tyH3FzEQ
この作者さんは割と寛容に受け入れてくれてそうだが
やりすぎると人こなくなるだろうから抑える事は大事だろうな

614この名無しがすごい!2017/09/14(木) 21:16:51.34ID:xjemZBtD
>>607
会話の中の受け答えで前世にあったことを説明させるといった手法は目から鱗です、確かにこれなら会話の中で主人公と読者にテンポよく情報が伝えられます。

台詞の違和感のご指摘ありがとうございます、自分で読むとどうも脳内補完してしまうため気付きにくい部分なので助かります。

プロローグの文字数は5000で行きたいと思います。
プロローグは情報の欠落を防ぐためにもやっつけで削るよりはしっかりと一から作り直す方が良さそうですね。

615この名無しがすごい!2017/09/14(木) 21:40:59.24ID:xjemZBtD
>>608
この主人公、最初のプロローグで書いた通りに行けば自らの成功体験の少なさと責任感と罪悪感に支配された歪なキャラになる予定だったんです。
しなければならない、情けない、申し訳ない、が口癖のような。

しかし、私はキャラを舞台装置にしすぎなところがありますね。
主人公の口調に怪しまない周囲、これは主人公を人と業務的に敬語でしか話せないキャラにするための導入でしたが不自然でした。
一応5歳で半人前、10才(酒の飲める年齢)で一人前のような描写は追加してみましたが、三歳で敬語を話すキャラを別に出さない限りは違和感が残りますね。

事件性のあるイベント、これも序盤に足りていません。
前にラノベの入りは戦闘シーンから書くべきという記事をどこかで読みましたが、そういった刺激的なイベントを入れることが重要ということでしょうか。
これについてはせっかくケヴィンがサファイアサーペントと戦ったというイベントが語られていますのでそこを冒頭に入れてみるなどして工夫してみようかと思います。

616この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:00:58.76ID:TfT8eckg
晒した人って作品を人質に捕られたサンドバッグだからね
反論なんて出来ないよ
長文さんは義務感から読むんじゃなくて興味から読んであげなよ

617この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:43:44.00ID:sV3May3N
私に、褒める感想を書けとだけ言い、作品の感想をお書きにならない方がいらっしゃるようですが、どういうことでしょうか?
遠回しに、「自分はその作品のいいところが見つけられない」と言っているも同然だと思うのですが。
もし、「そうではない。いいところがあるから言っているんだ」ということであれば、いい点が分かる感想を、自らお書きになるべきです。
お書きになれないのであれば、遠回しにdisっているということで、確定してしまうと思います。
繰り返すようですが、いいところがあると思うのなら、ご自分で感想を書いてください。自分では書かずに、他人に強いるのは作者さんへの侮辱です。

618この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:46:28.68ID:b11Ladpb

619この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:53:43.85ID:aB8BtHzS
>>617
反論までいちいち長ったらしいと、なにかの病気に見えるよ
余計な部分を省け、と批評するなら、御自分の批評も多少は推敲するべきだと思うが

620この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:55:09.17ID:qAxT0ENE
>>617
面白くないけど晒されたしょうがなく読んでやってる
これも作者への侮辱だから

621この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:59:22.66ID:sV3May3N
これだけ説明したにも関わらず、誰も好感度の感想は書かないということのようですね。
私は削除前のプロローグも精読しましたが、おそらく他の方は読みもしていないようです。
そのような、作者さんを遠回しに愚弄する方々とは、これ以上、話はできかねます。以後、返信はしません。

622この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:08:34.67ID:qAxT0ENE
筋トで免疫力が下がるとか知らなくてネットで調べてへーと思ったさw
でもそこまで一気病気になるのかどうか専門じゃねーしな

623この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:08:46.15ID:qAxT0ENE
筋トで免疫力が下がるとか知らなくてネットで調べてへーと思ったさw
でもそこまで一気病気になるのかどうか専門じゃねーしな

624この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:18:07.05ID:x+aOvQqF
>>621
お前はもう無理に人の作品読むな
ブラバポイントまで読んでそこまでの感想を書いて差し上げろ
見てて不愉快だわ

625この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:26:22.13ID:fUClc6jd
プロローグの全切りは正直悪手だと思うわ
残しておいて短縮バージョンに切り替えるべき

626この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:34:10.40ID:sV3May3N
(ご参考)
運動と健康の関係についてあまりご存じでないなら、補足くらいはします。
あくまでも例えばですが、以下のような調査事例、事実があります。

・有酸素、無酸素を問わず体力増強のトレは、週2.5時間までは健康増進になるが、それより多いと疾病率が上昇する。
・休養日も重要で、感染症については、週1日→5日までは発症率が下がるが、毎日(週7日)の運動は、運動なしと同程度まで上がってしまう。
・原因の一つとして、テストステロンレベルの低下が関係している可能性が高い。
・適度な筋トレはテストステロン上昇につながるが、過度だと下がる。長時間の有酸素運動もテストステロンを下げる。
・長期間の調査事例では、平均寿命が非アスリート66歳に対し、アスリートは60歳だった。
(注1:現在より短い寿命なのは、調査期間がかなり過去にも渡るため。昔は短命だった。)
(注2:激しいトレをしたはずの五輪メダリストなどは逆に長寿。これは、富裕による効果とみられる。)

近年、結核が増加傾向にあることを合わせると、主人公の結核発症についての考証は無理がないと考えられます。
もし無理があれば指摘するところですが、考証が正しいことを高評価することはしません(正しいのが当たり前なので)。

627この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:43:17.01ID:UUXqLqu+
要約すると筋トレでグルタミンを消耗し
免疫細胞に栄養がいかず免疫不全に陥るってこと

いちいち嫌味ったらしく長文書くのやめーやw

628この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:53:09.85ID:SwJT0qWj
作品的にはこの程度の説明はあった方が良かったかもな
いや余計に長くなるけど
それか筋トレして筋肉ついたけど、その際骨折った位の話に変えた方が分かりやすいか

あと長文お前アスペだろ?
煽りじゃなく一回診断受けてみろ

629この名無しがすごい!2017/09/14(木) 23:54:36.83ID:tjAS9p90
良い点悪い点、両論書くのって結構大事だと思うんだ
もちろん丁寧な感想はそれだけでありがたいけどな

630この名無しがすごい!2017/09/15(金) 00:06:19.62ID:6QTiglkO
アスペルガー症候群は、臨床で最もよく用いられるDSM最新版(5)から削除されています。多様すぎてひとくくりにできないためです。
ICD-10にはまだ分類として残っていますが、ICDは以前から診断には用いられていません。診断としてはもうないと考えるべきです。
したがって、非難のために用いることはもちろん、確認のために聞いたとしても、無学を笑われることになりますので、注意が必要です。

631この名無しがすごい!2017/09/15(金) 00:13:47.46ID:/Q1B8OE4
>>630
貴方は自閉症スペクトラムですか?
いくつか確認させてください
貴方の感想を不愉快と感じられた方は
どの部分でそう感じられたと思いますか?

632この名無しがすごい!2017/09/15(金) 00:22:57.01ID:rlmq4a+W
>>630
ごめんなさい。
もうこのスレには来ませんのでお許しください。

633この名無しがすごい!2017/09/15(金) 00:35:11.02ID:MFQkfY2A
まず、他人の感想にケチを付けて変えさせようというのは根本的に無駄
人にはそれぞれ読み方や感じ方や過去の読書体験があるんだから
自分が優秀だと思うからそれを評価しない奴はゴミ、なんていうのは
ただの自己中でしかない
あとこのスレだと10行程度のレスは普通。5行の返事で長文と詰るとか意味が分からない

ていうかまだ自分で切りの良いところまで読めてないけど
緻密……かぁ?

634この名無しがすごい!2017/09/15(金) 13:23:19.95ID:9VeEYIth
>>625
そうですね、番外編かエピソード0として残す方針です。
初めて書いたものですから、名残惜しいところもありますし。

635この名無しがすごい!2017/09/15(金) 17:02:21.39ID:6QTiglkO
>>594
[最強チートのヒトバシラ]感想

(〜第2話 「転生のダイイチワ」)(補足)
・目を引く事件性イベントが欲しいと思ったものの、第3話以降も拝読してみると、難しい気もしてきました。
→主人公が無才能からスタートする点に魅力があるわけですから、最初から大活躍しては齟齬をきたしてしまいます。
→削除されたプロローグでは、知らずに宿命を負わされた主人公の現世での死亡は、溺れる子どもを助けようとしたこと(しかし、失敗)。
→第2話では、赤ん坊にされて海に放り出され、重いバックグラウンドを持ちながら、気のいい船員、船長らに救われる。
→この対比的な状況を使えば、ツカミの盛り上げと、主人公の異世界での動機付けと強化が可能になるような気がします。
→例えば、「子供の救助中に死亡」⇒「異世界で子供の死亡を知る」⇒「悔しい」⇒「主人公が似た状況で救命される」
→としておいて(イベント的には原作通り)、主人公が「人を助けられる男になりたい&諸悪の根源を断つ」と決意する、とかですね。
→その場合、子供の救命と、主人公が救命されるシーンは、主人公の気持ちを含めて、きっちり描きこむ必要があると思います。

(第3話 「初めてのタタカイ」)
(調理シーン)類似性を鮭だけ紹介するのは惜しいのではないでしょうか。
→シャリコは、米飯の異称シャリから想像がつきますが、ポタとハビ(マムシ?)はちょっと分かりません。
→元の世界の知識:和食ですから、読者が知識共有できて、親しみが湧くチャンスです。類似性で目に浮かぶようにしてはどうでしょうか。

(鏡を見るシーン)犬耳を触ってから気が付くのは、鏡を見る前が適するのでは? もしくは最初は犬耳を寝かせておくか。
→もし犬耳が立っていれば、一目で気が付いて驚くところだと思います。
→気が付くのを遅らせるなら、人の耳の位置に耳がないことに気が付いたときに、犬耳が立ってしまう、とかでしょうか。
→主人公が剣と同名の「ウルフ(バート)」と名付けられていることからすると、狼耳としてもいいかもしれません。

(三人称)主人公が去った後の描写のため、一時的ですが、一人称が突然三人称に切り替わっています。
→イメージしてから書く作者さんは迷わないでしょうけど、読者は読んでからイメージを切り替えます。
→作品に没入して読んでいると、一瞬混乱してから、作者的に考えてイメージを切り替えることになります。
→これは、いったん「今、フィクションを読んでいる」と意識をリアルに引き戻されて興が冷めてしまいます。非常に損です。
→できれば、主人公が去った後のシーンは、主人公が後で知るとかして、一人称を崩さないほうがいいと思います。

(バトル)蹴りなのに、切り傷に塩水が染みるという描写がある。
→細かいことですし、蹴りで切り傷もできることはあるのですが、蹴りの描写と少し間が空いていますので、剣で斬られたと誤解される恐れがあります。
→単に「傷」としておいても、特に緊迫感などが下がることもなく、誤解もされにくいと思います。

(単語表記の統一)細かいことですし誤解も起きないのですが、一応、気にはなりますので。
→同士(4か所)と同志(1か所)がありますが、同じものでしょうから、どちらかに統一すべきでしょう。
→10歳などのアラビア数字と、一・五倍などの漢数字はできればどちらかに統一したほうがいいかと(ただし、二十数人などだと漢数字が読みやすい)。

(この節のラスト)主人公ピンチに助っ人登場、で次節へ。(好感度高い)
→主人公が剣の力で一太刀は返すものの(いったん偽の勝利というセオリー通り)、すぐに劣勢になり、剣も使えず絶体絶命。
→そこで、ゴバンが頼もしい助っ人の予感をさせつつ登場、となって次節へ。キリがいいし、期待できるし、ですね。
→次の話も読ませる、上手いテクニックだと思います。きちんと使うのは結構難しいですが、この節のは成功だと思います。
(続く)

636この名無しがすごい!2017/09/15(金) 17:04:37.63ID:6QTiglkO
>>594
[最強チートのヒトバシラ]感想(>>635の続き)

(第4話 「平穏にサヨナラ」)
(救出される:2回目)ゴバンが主人公を、どうやってチンピラから救出したかについて。
→前節ラストで主人公が気絶したので、この節の冒頭は気が付いたら背負われていたと、時間的に経過させていますね。
→ゴバンがどう活躍したかは、省いて正解だったと思います。主人公の印象を深めることはできず、ゴバンが無駄に目立つことになりそうですから。
→ただ、今の記述だと、事情が説明しただけの感じです。主人公がゴバンにどう感謝するかを入れておくと、リアリティが出そうです。
→設定次第ですが、もしゴバンがチンピラと戦って退散させたのなら、ゴバンの顔にあざがあったとして、格闘の様子を暗示するなどの手がありそうです。
(→削除されたプロローグとの関連では、主人公と好意的な関係になりそうだった女性のエピソードと対比ができるかも。)

(迎えた船員の態度)船に帰り着いた二人を迎える船長らの描写が簡潔に過ぎるかも。
→修理代の金より主人公を心配したことを、もう少し詳しく記述すれば、船長らの性格、主人公に対する心情が出そうに思います。

(書籍による情報提示)当面の敵と思しきバウ国について、情報量が一気に多すぎるようです。2つの要因があります。
→単純に多いことがまず一点。設定をあれこれ考えた作者と違い、読者はいきなり情報に接し、覚えるわけですが、これだけあるとちょっと辛い。
→それでも、バウに興味が湧いていれば読む気になりますが、作中のキャラと違い、読者はまだ興味を掻き立てられていません。
→しかし、この時点である程度は分かったほうがよさそうではあるので、悩ましいところです(以下、後述)。

(この次の話から波乱がありそうで、いよいよ面白くなりそうなのですが、とりあえずここまでで。)

------------
(ここまでの全体的な印象、感想)
・文章は(先述の形式的な難点はあるものの)、一文ごとの描写もよく分かるし、緩急含めてかなりテンポがよく、割とすらすら読み進められます。
→初めて執筆されたようですが、今までの読書で身についたものでしょうか。それなら、まだまだ筆力は上がりそうですね。

・一方、構成や情報提示の取捨選択は不慣れな面があるように感じます。取捨選択、省略と強調に気を付けるだけでも、さらに面白くできるはずです。
→例えば、いったんばっさり削って頂いたのですが、プロローグの溺れた子の救助は、ツカミのイベントとして使えそうです。
→衣服を浮き代わりにするなど、緊急時のサバイバルの知識が活かされたシーンでしたし、努力が報われないことを象徴するように描けるものでした。
→死後、自分の命に代えてすら救えなかったという、作者さんが狙っておられる重さも出るイベントですね。

→ですので、救助シーンをもっとスリリングに、主人公の必死さをもっと訴える描写にすれば、効果的になると思います。
→そして、死後に救助失敗を知り、生前のあれこれも思い出して、いったんは鬱展開と重くする。
→しかし、邪神が仕組んだと知って激高し、テンションを上げると落差の効果が出せそうです(ツカミに対するフォローで、ツカミ直す)。
→以上、あくまでも一例、ご参考までに。生前に好意的な関係になりそうだった女性も、工夫次第だと思います。

→異世界で赤ん坊となった主人公が海賊船(実は流民船)に拾われるシーンも、例えばバウ国を絡ませる手もありそうと思いました。
→バウ艦隊に追われている海賊船が、漂流していた主人公に気が付いて拾い上げる、とかですね。
→書きよう次第ですが、バウ国が恐るべき敵であること、海賊船の船長・船員が実は気のいい奴らであること等をイベントで語れます。
→現状だと、単に主人公が異世界で暮らし始める段取りでしかなく、もったいないと思いました。

→こんな感じで、使えそうなネタ、仕込みがいろいろあるのに、単なる描写、情報として放置されてしまっているように思います。非常にもったいないです。
→例えば、いったんプロットまで戻って、訴求できそうなイベント、単なる情報提示イベント等に分類しなおしてみてはどうでしょうか。
→必ず、もっと面白くできる手法が見つかると思います。

637この名無しがすごい!2017/09/17(日) 14:53:45.54ID:GegFMxD/
>>635
自主企画が終わるまで忙しくてなかなか確認できずすみません。

水死した主人公を転生先で海に放り出すというのはもとより対比を狙ったのですが生かしきれていなかったようですね。

料理はこの先出てくる設定の中で重要要素になっているのでもっと読者様に親しみを持ってもらえる工夫は確かに重要になって来ると思います、参考になります。

ウルフバートなので狼耳、これは裏設定だとそうです。
名前は転生前の苗字「大神」からウルフとつける初期設定でしたが、調べてみるとヴァイキングの使っていた剣に「ウルフバート」というものがあったのでそれを使いました。

細かい所は直しておきます。
現在、三話までの話を一から書き直そうかと思っているのでついでに修正ですね。

638この名無しがすごい!2017/09/17(日) 15:30:18.35ID:GegFMxD/
>>636
書籍による情報開示はこの先も勉強の描写として多く使っているので難しい所ですね、個人的には少なくできない部分です。

船員の態度はストーリーの犠牲になってますね、その先の状況の一変をさっさと
するために飛ばしてしまっています。
船員の暖かさを再確認したところで事件発生、主人公にとっての海賊たちはどのような存在なのかということを心理描写→絶対に失いたくないとしてこの話のラストに繋げるという形にしてみるのもいいと思いました。

ゴバンはあえて目立った外傷は描写しないことでかなりの実力者であることを書き、後の展開の絶望を際立たせようとしました。
しかし、ちょっと傷があったくらいで描写するといかにウルフバートを助けることに必死だったかが伝わって、海賊達の魅力に繋げられるかもしれません。

もったいないと言って頂けるのは素直に嬉しいです。

ところで、割と過疎っているのでそろそろ〆たいと思います。
近々ご指摘頂いた部分を参考に序盤の物語をリニューアルするのでご興味があればぜひ。

では、ご指導ご鞭撻どうもありがとうございました。

639この名無しがすごい!2017/09/17(日) 20:28:06.91ID:bgdkcsgw
>>594
第4話まで、ちょうど読んでる途中だったので〆後ながらレス。
とは言え多くの点で既に他の読者が付けたレスとも被るので、適当なところを掻い摘まんで。

まず話の縦糸が見えない。いや確かに1話で明記されてるんだけど、
神への復讐そのために具体的に何をするのかが見えない。
そして転生後を見てみると、やっていることはその社会への順応に関する記述ばかりが続いて
主人公の目的って何だっけ、ということになる。

ようやく縦糸が進んだかと思ったら「目的はバウにあり」と意味深長すぎて解読不能な預言。
親代わりの海賊団はその国と事を構えるのは明記されているが、
その中で主人公が何をやるつもりなのか、神が何をするつもりなのかが全く見えない。
またその国の特殊性について情報の出し方がちぐはぐ。
大国を一週間で滅ぼした軍事国家と言われて普通なら精強な兵を多く擁しているイメージが先行するけど
国の詳細に入ると当初の兵力は王を含めて6人。
さらにそいつらが犬型獣人。そして無生物も人になっているとか。
書籍のみで追加される情報を頭の中で何度も上書きする必要があり、情報に振り回される。

例えば
  主人公が裏通りに入ってチンピラにボコられてるときに擬人に出会して
  一人でチンピラ全員ぶちのめす→ようやく到着した船員が「バウ兵かよ」と驚愕
くらいの展開を作って、その姿とワンマンアーミーぶり、それが船員の敵であることを
シーンとして見せておけば情報もすんなり入ったかと思う。

情報の出し方がおかしいのは他にもけっこうあって、
例えば変更前の学校生活のシーンだと努力が身につかない事に対して
主人公は無感情に努力を続け、ノートを盗まれたことに対してもろくな反応を見せていない。
かといって主人公がその現実に何も思うところがないのかというと、死後に怒りを露わにしているわけで。
作者が見せたいものを最優先してただひたすら細かく書き連ねているだけで
緻密と言えば緻密なんだろうけど、それが読者にとって必要充分じゃない部分がかなりある。

○元素世界という説明もしっくり来ない。
一般語としては元素は世界の構成要素で原子と同義、
またファンタジーで言えば四元素(東洋では五行)が無いと物質そのものが成立しない類いのもの。
作中の独自設定として用語を使うのであれば端的にでも説明した方が良い。

全体的に何をやりたいのか分からない。
早い段階で「神への復讐」の具体的な方向性や手段を打ち出して、
それに対して必要な情報を随時充当していくようした方が良さそう。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています