作家のスレ「多情多恨」 [無断転載禁止]©2ch.net

1 ◆cJ/r09bV4. 2017/08/06(日) 13:36:11.27ID:PNJUNIZL
「多情多恨」感じやすいために、うらんだり悔やんだりする気持ちの多いこと。また、そのさま。

作家を目指すひとはその感性の鋭さ故に、気付かぬところで自らを傷つけていないか。
創作は孤独な作業だ。しかし、今はそんな心うちを語る場所をつくる事ができる。
「王様の耳はロバの耳ー!」
の様な叫びでもいい。日常の些細な愚痴でも、馴れ合いでも、傷の舐め合いでもいい。
創作の孤独へ向かうためのちょっとした休憩所を作ってみました。
好きに使って下さい。

14この名無しがすごい!2017/08/10(木) 16:56:48.47ID:lUEMyhD4
ワイスレが書き込めない!
512kを超えたらしい!誰か気づいてくれー!

15この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:13:14.44ID:PARNTCIA
誰かから定期的にプレゼントを貰うという習慣が無くなって久しい。
 誕生日を迎えて思うことは、免許証の更新を確認せねばならないな、という程度のことであった。
妻をまだ彼女と呼んでいた頃はその日が近づくにつれ、それとなく欲しいものを探られたものだったが、それも遠い日の花火、今となっては免許更新センターだけが葉書を寄越して私の誕生日を気にかけてくれる。

16この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:14:36.03ID:PARNTCIA
ところが、である。こんな日がくるとは思わなかった。小学校に上がったばかりの娘が、貰い始めたお小遣いを貯めて私に誕生日プレゼントを買ってくれたのだ。
黒い垂れ耳にほのぼのとした表情の犬のキャラクター。ところどころにその犬を誂えた財布が「いつもがんばってくれてありがとう」の手紙を添えて私の机の上に置かれてある。
 正直に言えば驚いた。驚きはしたがいつかこんな日がくるのではないかと期待もしていた。その期待を忙しさの中に忘れる日々もままあった。
大して稼ぎのある訳でない私に財布のプレゼントとは、昔に読んだ『賢者の贈り物』の様を呈していると言えるだろうが、それでもやはり、私は嬉しかった。

17この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:15:48.67ID:PARNTCIA
思い起こせばひとには「こんな日がくるとは思わなかった」という瞬間が多々あるのではないだろうか。
それは晴天の霹靂が如く思いも寄らぬ形で訪れるのではない。こころの内に予感をして置いて、いざ実感をすると感嘆符の様に頭を巡る言葉であるのだろう。思いも寄らぬはその中身ではない、時期なのである。

18この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:17:04.59ID:PARNTCIA
そんな、去年とはひと味違う私の誕生日が過ぎると、間もないまま盆がやって来た。まとまった休みを取り親子3人で妻の実家に帰省するのが私たちの毎年の恒例である。
妻の実家は私の住む街から3時間程車を走らせた山あいにある田舎町だ。それが盆と重なると5時間もかかる。億劫と言えば言えなくもない。
けれども日々の生活に追われる私たちには盆と正月くらいしか帰る機会を得ることができない。先方も楽しみにしているし、第一に私には私の目的もあった。
車中に菓子を持ち込み旅行気分でいれば悪くはない5時間だ。

 妻の実家に着き決まりの挨拶もそこそこに私は子供を義母に預けて、タバコを買ってくる、とひとり家を出た。これも毎年の恒例だ。
孫と水入らずを過ごしたい義父母は大して文句も言わない。無論、タバコだけを買いに行くわけではない、むしろ私の目的を果たすための口実と言って良いだろう。
道を歩けば、半年振りの風景は変わることなく、私を迎えてくれた。

19この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:18:41.93ID:PARNTCIA
山あいに突然切り開かれている水田。時折、町に音を響かせて走る単線電車。舗装のされてない道には痩せこけた街路灯が淋しげに列を成している。歩みを進めると思い出したかのように民家がぽつぽつと現れてくる。
夕になれば辺りは一体仄暗く、畦に潜む蛙たちが会話も出来ぬほど一斉に鳴き始める。時期が合えば小川には蛍もあるらしい。
遺伝子にでも組み込まれているのだろうか、都会育ちの私にも込み上げるノスタルジーが、ここにはある。

 町にひとつしかない万屋の風情を残したコンビニでタバコを買って、先に続く坂道を登り切ると、そこには私の目的地である寺があった。
この寺には妻のご先祖と妻自身が眠る墓がある。私には毎年、ひとりだけ先に墓参りを済ます慣例がある。父親の肩書きを降ろして、夫として妻と語らいたいのだ。
大半は愚痴である。7歳の娘と4歳の息子。親子3人で奮闘する毎日がいかに大変であるかを妻に愚痴愚痴とぶつけてやるのだ。
けれども今回は嬉しい報告もひとつできそうだ。
俺の誕生日が復活したよ、と。私は墓前にしゃがみ込み、娘がくれた誕生日プレゼントの話を妻に語った。

20この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:20:12.58ID:PARNTCIA
もともと心臓に病を抱えていた妻は、次男出産の肥立ちが悪く突然にこの世を去った。
医者からの忠告はあった。一人っ子の淋しさを知る妻はこれを振り切った。不安があった私も、娘の出産の成功から妻に同意した迂闊があった。

「こんな日がくるとは思わなかった」
唐突に訪れた絶望の内に私の頭を巡った言葉だ。

「こんな日がくるとは思わなかった」
同じ言葉を娘が私に思い出させてくれた。

人生の其処彼処に仕掛けられた「こんな日」を、私はあと幾つ辿る事になるのだろうか。

 いつの間にか騒がしかった蝉の合唱もヒグラシの独唱に変わり、日も少しずつ傾き始めた。
「愚痴を聞いてくれてありがとう」妻の墓にそうつぶやいた。

愚痴しか言わぬ駄目な夫は、明日には頑張るパパとしてここに戻らねばならない。
私は立ち上がり妻の墓を去ろうとする。ふと、一陣の涼やかな風が私の頬を撫でた。
 妻の私に対する労いなのかもしれない。私は勝手にそう考えていた。

21この名無しがすごい!2017/08/10(木) 19:21:10.31ID:PARNTCIA
NGワードないよな。
長かっただけか……

22この名無しがすごい!2017/08/10(木) 21:28:12.05ID:ANgoMC7C
他スレを自由帳にするような人は報告した方がいいかな?

23この名無しがすごい!2017/08/11(金) 07:08:24.14ID:oQSTR7Zw
自由に使ってくれとのことでつい……
ごめんなさい

24この名無しがすごい!2017/08/11(金) 13:43:18.82ID:hcx82pQY
スランプどうにかしたいです。
書きたいのにかけない。

25この名無しがすごい!2017/08/11(金) 14:01:45.07ID:XfWyxrdy
>>24
私も自分の文才の無さに失望して、書けませんでした。いや、今もそうかも知れません。
でも、いいんです。下手か上手いか、プロになれるかどうかなんて、犬にでも食わせましょうよ。
自分は表現している。
ただこれだけで、どれだけ充実していることか。
出来の良し悪しは関係ない。
表現者でいられることに自信をもちましょう。
どんなものでもいい、作品を完成させてください。上手くやろうとするから、スランプになるんです。
完成させた作品が、あなたを支えます!
頑張ろうぜ!

26この名無しがすごい!2017/08/11(金) 18:24:39.82ID:hcx82pQY
ありがとうございます!
頑張ります(。>д<)

27この名無しがすごい!2017/08/12(土) 03:42:26.79ID:peZ3Ys9d
なかなか面白かったですね。
食事の面倒はもちろんお弁当とかも作っているのか気になりましたw

28この名無しがすごい!2017/08/12(土) 06:45:02.31ID:l+SYCdih
>>27
ありがとうございます
ひとに読んでもらって感想を貰える喜び、これが原点ですよね。

29この名無しがすごい!2017/08/12(土) 12:34:06.22ID:peZ3Ys9d
>>28
最初、子供は一人だと思って読み進めていましたので(夫婦とはそういうもの)、お墓参りに言った時、奥さんが死んでいた事実を知りドキッとしました。
そして、少し切なくなりましたね。
誰にでも訪れるであろう
「いつかこんな日が」
という言葉が胸にグッときました。

30この名無しがすごい!2017/08/13(日) 17:01:35.44ID:Kt5svGV5
>>29
読んでくれてありがとう。
更に、感想まで頂いて言葉もありません。
本当に。
でも、文章は駄目な事も分かっていて……模索中です。
苦しいなか、こうやって言葉が貰えると勇気になりますね。
重ねて、ありがとう!

31この名無しがすごい!2017/08/13(日) 17:51:40.46ID:B0Oyis0l
>>30
文章全然駄目じゃないよ!
ペラッペラな文章しか書けない俺からしたら、
羨ましいです。

32この名無しがすごい!2017/08/14(月) 04:16:42.89ID:9/oE6lD8
>>31
本当にありがとう。
文章を晒すって諸刃の剣で、褒められれば死ぬほど嬉しいし、罵倒を受けるとトラウマを抱えますよね。
で、その中傷に近い批評も、自分を成長させる為と真摯に受け止めるとボロボロになって書けなくなったり。
褒められた時は調子に乗れないのにね。

33この名無しがすごい!2017/08/16(水) 23:13:06.59ID:tsUlHiV2
うぉぁおうぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
いま、中村文則の「掏摸」読み終えたぁぁぁぁぁぁぁ!
面白かったぁぁぁぁぁぁ!
久しぶりにいい本に出会えたぁぁぁ!
つぎは「王国」読まなくちゃ!

34この名無しがすごい!2017/08/16(水) 23:25:57.76ID:tsUlHiV2
あと、これも面白かった!
本人の承諾を得てないけど……まあ、いいよな。
http://kasasagi.hinaproject.com/access/top/ncode/n0740du/

これの「夜を渡る蛍」という短編。
細かなことは言わねぇ。
鯛の旨さを伝えるには鯛を食わせるしかねぇ、そういうこった。
自演じゃないよ。好きなものを共有したくてなー。

35この名無しがすごい!2017/08/16(水) 23:45:10.54ID:U7Bds5ZN
>>34
びっくりしたw
なんでこんな所に俺の書いたのがw
あ、どうも作者でくろすろおどで
テッシーin文章評価スレです。
お気持ちありがたいです(*´ω`*)
けど……びびったw

36この名無しがすごい!2017/08/18(金) 17:23:05.01ID:KD4mgMWx
中村文則の「王国」読み終えた。
「掏摸」の姉妹篇とのことだけど、「掏摸」より更に面白かった。
ストーリーもさる事ながら、この人の描写の凄さが際立つ作品だった。
「私の消滅」から読み始めて3作目。
暫く、文則以外読めなさそうな気がする。
作中多々出てくる「月」の描写には、只々ため息が出る。素晴らしい。
次は「土の中の子供」だな。

37この名無しがすごい!2017/08/18(金) 21:22:17.68ID:w0DH0KsE
自分がどんな作品を書きたいのかもわからず、読書も乱読状態だったんだけど、最近になってラノベ的な作品を書きたいのだと気づき、ラノベを中心に読んでいる
そして「人類は衰退しました」を読み始め、こんな作品を書いてみたいと思った

自分がやったら、ただのデッドコピーになりそうだけど

38この名無しがすごい!2017/08/18(金) 21:32:46.51ID:sT3ZDxeo
>>37吸収しまくって生きたオリジナリティ出せばええんやでb

39この名無しがすごい!2017/08/18(金) 21:36:46.61ID:w0DH0KsE
>>38
ありがとう

40この名無しがすごい!2017/08/18(金) 22:36:59.73ID:VJOx/rwv
>>37
一説によると、「学ぶ」の語源は「真似ぶ」だとか。
あるいは、ヒップホップのように既存の音楽をつぎはぎするセンスを楽しむアートもある。
文芸も、もっとポップに、もっと自由に、それでいい!

41この名無しがすごい!2017/08/20(日) 23:42:10.06ID:ZCXVHog4
文則の『土の中の子供』読み終えた。
『掏摸』には「塔」が、『王国』には「月」が、そして『土の中の子供』には「土」が通奏低音のように物語を流れていく。時には、絶対的な物として、死や、暴力や、理不尽な搾取や、絶望や、色んなものを象徴しながら存在する。
主人公は、虚無になってるわけでも、自棄になってるわけでもなく、また、死にたいわけでもない。その分類が難しい感情が、しかし、非常に共感を誘うのは作者の巧さなのだろう。
いや、本当に面白かった。
また、細かな表現が独特で美しい。
もう、書くのをやめたくなるほどに、ハマってしまった。
次は『銃』だな。

42この名無しがすごい!2017/08/21(月) 00:07:40.77ID:pm0O2Z/D
「頭上には、ネオンの光さえ照らす、月の輝きがある。太陽が沈んだ後も、その光を盗み、わたし達のような存在をてらすーー、月」

「人は太陽よりも月に、昼よりも夜に、日常よりも静かな狂気に引っ張られる」

「少しずつ満ち、満月になり、やがて欠けていく月を見て、昔の人々はそこに自分の一生を見ていた。その満ち欠けのサイクルが不変であるのを見ながら、未来が決まっている、運命という概念を思い起こした」

「月は昔太陽と同じくらい明るかったけど、人間が眠れるように光の一部を放棄した。
アメリカの先住民にそんな可愛い言い伝えがあるけど、どうなんだろう。
暗闇の中で、人が欲望を解放できるように、光の一部を放棄したと言い換えたくなる。
その隠れた欲望の解放を見つめる、悪意のある光だけ残して」

中村文則『王国』より

43この名無しがすごい!2017/08/21(月) 00:09:20.51ID:pm0O2Z/D
こうやって写すとセンスが取り込めるような気がするよね。

あ、著作権の問題があるか。

いかんいかん……

44この名無しがすごい!2017/08/24(木) 04:57:36.87ID:rcYSTSNO
「腰わずらい」 1
腰が、痛い。

昨日から予感はあった。疲労が溜まると私はよく、腰痛に悩ませられる。
腰がサイダーでも飲んだかのようにじんじんと痺れ、脈打つ痛みは意思を持っているかのごとく私にその病状の重さを訴えかけてくる。朝、私の意識を眠りから引きずり起こしたものの正体も、この激痛であった。
とりあえず私は起き上がろうとする。瞬時に腰から発せられた痛みが脳髄まで走る。自然と声が漏れた。
痛い。
掛け布団を退け、今度は腕の力を以って上体を起こそうと試す。
痛い。
不意にくしゃみがしたくなった。嫌な予感がする。けれども、もう止められない。駄目だ。こんな状態でくしゃみをすれば痛いに決まっている。止まってくれ。私は祈る様な気持ちでいた。

くしゅん。

「あーーーー!」

激痛から思わず叫んでしまった。ともかくひたすらに痛いのである。

腰痛に陥ると全ての動作に痛みが伴ってくる。起き上がることは無論のこと、横になっていても痛い。咳をしても痛いし、声をあげることも憚れる。
まして、腰痛の最中のくしゃみなど拷問に近い。
仮に私が今、スパイ容疑で敵方に捕まったとする。
「秘密を喋らなければくしゃみをさせるぞ」と眼前に突き出したコショウで脅されたならば、間違いなく秘密を喋ってしまうだろう。
腰痛は人間の尊厳など簡単に奪ってしまうのだ。

私の叫び声を聞きつけて妻がやってきた時、私は犬の様に四つん這いで呻いていた。私にとってはこれで精一杯である。
立ち上がる身体の重さに腰が耐えられないのだ。それでも、なんとか仕事に行こうと必死であった。
妻が私を見た時の第一声は「ヒッ」であった。「どうしたの?」でも「大丈夫?」でもない。凡そ、ひとつ屋根の下に暮らす家族に向ける言葉とは思えない。

「腰痛が酷くなってね、立ち上がれないんだ」

妻の、人外のものでも見るかのような視線に耐えられず、私は言い訳するように言った。

「そんなに痛いの?また大袈裟に言ってるんじゃないの?」

妻の「また」という言葉に心当たりはない。けれども、この女は私の「痛み」に対して過小評価をする傾向があった。痛いと言うたびに大袈裟と返してくる。

「うん。今回はかなり痛いんだ。とにかく立ち上がれない。今日はちょっと仕事は無理かも知れない。
会社に連絡するから携帯電話をとってくれないか」

妻は私に携帯電話を渡すと、病院に行ったら?とぞんざいに言った。あまり心配そうではない。
ここに至ってまだこのアマは私の痛みを大袈裟と捉えているのであろうか。ばかやろう。
もちろんそんな心うちはおくびにも出さず、私は小さく頷いて妻に媚びた笑顔で返した。

「病院まで、送って行ってくれる?」

肯定の返事と捉えて良いのだろうか。「チッ」という舌打ちが確かに聞こえた。妻には少しSの気質がある。

45この名無しがすごい!2017/08/24(木) 05:03:20.92ID:rcYSTSNO
「腰わずらい」 2
車を走らせること10分。妻に送られ私は「M整形外科」というクリニックの前にいた。妻は「終わったら迎えに来るから電話して」と残し、私を降ろすとさっさと帰ってしまった。
私は相変わらずの四つん這いである。立ち上がれないのだ。さすがにこのまま中に入るのは憚れる。憚れはするが、何度試しても立ち上がれない。立ち上がろうとすると自重を課せられた腰が、腹を立てたかのように激痛を以って意趣返しをする。
だからと言ってこのままスフィンクス然としてクリニックを守っている訳にもいかない。
 私は意を決して四つん這いのまま自動ドアを踏み、中へと入っていった。

 クリニックの中に入ると、目の合った受け付けの女が「ヒッ」という声をあげた。本日、二度目である。
無理もない。おそらく、四つん這いで登場する闖入者など彼女の人生の中で初めての体験なのであろう。私は彼女に事情を説明すると、ベッドがひとつ空いているからそこで横になっていろ、と言う。順番が来たら先生に診て貰うから、とのことだった。
申し出を有り難く受け取り、職員と受け付けの女の肩を借り、私は案内されるままに、ベッドへと移動する。
待合室では、十数名の患者達が固唾を飲んで、この人外の闖入劇を見守っていた。

 ベッドは診察室のなかにあった。四方をカーテンで仕切ってあるだけの簡素な造りだ。
私は職員の促すまま、ベッドへ横になると、シャッとカーテンを閉じられた。これで一応個室の出来上がりだ。
 暫くすると、カーテン越しにひとの気配がした。察するに医師の先生なのであろう。また、少しして、誰が入ってくる気配。診察が始まるのだろうか。私は退屈凌ぎに聞き耳を立てた。声からするとおばあさんのようだ。

「……だもんでな、こないだ先生くれた薬飲んだら頭が痛くなったんよ。
前はこんなことならかんかったのに。
ちいとばか、おかしいと思わん?」

 薬が合わなかったのだろうか、ばあさんは仕切りに頭痛と薬の相関性を訴えていた。

「いや、だからね、何度も言うように薬は変えとらんし、そりゃ、ばあさんの気のせいだわ」

 医師は全く取り合わない。医者のくせして「気のせい」で済ませようという態度が癪に障る。
 ふたりの「頭痛」をめぐる「薬」と「気のせい」の攻防は数分に渡り行われ、話は平行線のまま膠着を迎えた。このままでは埒が明かないと思ったのだろうか、ふと医師は話題を変えてばあさんに訪ねた。

「ところでばあさんや、頭が痛いってどんな風に痛いん?」

 私はこの手の質問が苦手である。医師に「どんな痛みか」を問われてまともに答えられた試しがない。キリキリ、と言っても違う、ズキズキと言っても違う。
かと言って「ジャキジャキと痛い」とオリジナリティを出せば、それはそれで伝わるかどうか疑問である。
結局我々は痛みを伝える時、定型の表現から近いものを選んで、不服を腹にしまい込んだまま伝えるしかないのではないか。
だとするならば、医師のこの手の質問に一体何の意味があるのだろう。
 私はばあさんが何と答えるのか注意深く聴いていた。

「どんな風に痛いかって言われても……」

 言わんことはない、こうなるのだ。ところが医師は、さも大事な事を思い出したかのように声を潜めてばあさんに質問を続けた。

「ひょっとして、頭がこうズキズキと痛まんか?」

 急な医師の語調の変化に私は驚いた。何か重要な見落としに気づいたのだろうか。

「こう、こめかみから首筋にかけて痛みがあったりせんか?」

「そういえばそうかも知れん!」

 自分の主張を取り合ってくれたのが嬉しかったのか、ばあさんは少し興奮気味に答えた。

「たまに熱っぽくなったりはせんか?」
「する!」
「ぼうっとしたり、体がだるいと感じたりしやせんか?」
「そう!」
「食欲がにすくなったり、咳がでたりすることは?」
「あるある!そうなのよ!」

 ばあさんはすっかり興奮している。しかし、医師はぞんざいに言い放った。

「ばあさん、そりゃ風邪だわ」

 あくまで頭痛は薬のせいではないと、医師がひと芝居うったようだった。誘導に引っかかったばあさんは論拠を失い分が悪い。
何や彼やと文句を言ってたが結局医師に押し切られてしまった形だ。私は、「この医師はひと筋縄ではいかぬぞ」との思いを強くした。

46この名無しがすごい!2017/08/24(木) 15:19:14.61ID:H7CJU8fE
こういうのは晒しスレ行きじゃないの?

47この名無しがすごい!2017/08/24(木) 15:53:27.59ID:efXnmOE7
サイトに投稿してない時点

480452017/08/24(木) 17:43:55.15ID:G1k6rnQd
>>46
晒しスレの批評に耐える自信がない。
「こんな作文のせて何のつもりだ」
と言われる気がする。
でも、せっかく書いた習作を誰かにチラッと見て欲しかった。
エゴです。すんません。

49この名無しがすごい!2017/08/25(金) 02:34:28.19ID:1pYo0iMA
>>48
じゃあ言ってやるよ
こんな下らないクソ以下の駄文を貼り付けて何のつもりだ。せめて晒しスレへ行け。どうせクソミソにけなされるけどな

50 ◆cJ/r09bV4. 2017/08/25(金) 04:57:55.68ID:i7Rpwn8E
>>ID:1pYo0iMA
1です。もう一度このスレの目的を確認してください。
出入りしている本スレで言えないような愚痴。
作品の貼り付け、馴れ合い、雑談、全てオッケー。
ただし、あなたのような「誹謗中傷」をする人間はNGです。
スレ違いの荒らしは今後ご遠慮願います。

51この名無しがすごい!2017/08/25(金) 08:47:12.89ID:1pYo0iMA
>>50
すまん、作品の貼り付けがOKとは>>5まで行かなきゃ書いてないんで気づかなかった
誹謗中傷というが、>>1にて許されてない、他にふさわしいスレがあるのに甘えたことを言うやつを叱咤激励したつもりだ

52この名無しがすごい!2017/08/25(金) 08:48:49.14ID:1pYo0iMA
しかしながら管理された安全なところがいいなら、2ちゃんねるを使うのはやめた方がいい

53 ◆cJ/r09bV4. 2017/08/26(土) 07:22:27.93ID:G/uzNBQR
>>51
>>52
理性的なレスを感謝します。

このスレは皆様の良心に頼って成り立っています。
私はただお願いする他、管理する術を持ちません。
今回はあなたの様な理性的な方だったから良かったものの、今後はどうなるかは分かりません。
ただ、期待をし、お願いをします。
創作に向かう仲間として、暖かく見守って下さい。
ありがとうございました。

54この名無しがすごい!2017/08/27(日) 20:20:57.33ID:TnaSJQCP
大王って煽りに弱すぎて情緒不安定に見えるんだけど
心の病気もってる?

55この名無しがすごい!2017/08/29(火) 05:33:38.57ID:+Sz+VTXV
大王って誰?

56この名無しがすごい!2017/08/29(火) 10:56:57.31ID:4oL8LE/F
ここの主
創作板で頭弱い子扱いされてた
空気が読めず雑談スレ立てまくり荒らしを呼び込み板を崩壊させたんで住民から恨まれてる

57この名無しがすごい!2017/08/29(火) 15:20:02.23ID:+Sz+VTXV
そなんか。噂話だけで判断するのは嫌だし、トリップで検索して自分の目で判断するわ。ありがとう

58この名無しがすごい!2017/08/29(火) 15:23:48.00ID:+Sz+VTXV
口だけ大王って関西弁のやつでてきたけど>>1と同一人物なの?信じられない……

59この名無しがすごい!2017/08/29(火) 17:28:51.76ID:6wghoM8D
大王は二面性あるから
普段は実力もないくせに偉そうに綺麗事言ってるだけだけど、それを馬鹿にされると報復衝動に取り憑かれた執念深いヘビになる
気が小さいから無駄に偉そうにしたり関西弁でキャラ作りしてたんだな
創作板はそれに気づくのが遅れて壊滅した
もっと早くに叩いて潰しとけば良かったよ

60この名無しがすごい!2017/09/02(土) 04:02:13.97ID:Ya8Er/VX
◆cJ/r09bV4.
◆ZPuFLu7QSI
◆sS45r9ONEQ

知れば知るほどアレな人

61この名無しがすごい!2017/09/12(火) 03:17:28.00ID:e2y24R7w
本人なんかコメントしたら?

62この名無しがすごい!2017/09/12(火) 12:18:26.85ID:vLLnAgAE
ガラスハートだからなあ

63この名無しがすごい!2017/09/14(木) 15:02:12.29ID:xaZs1qB0
ワイスレも馴れ合い大好きな奴ばっかになってつまらないな
ケンカばっかもつまらないがワナビの世辞の応酬ほどではない

64この名無しがすごい!2017/09/14(木) 22:44:43.96ID:VWDf7njv
三河こと口だけ大王が創作文芸板からお友達を引き込んでくれたから臭いのが増えた。

新着レスの表示
レスを投稿する