web歴史・時代小説を語るスレ 4口目 [無断転載禁止]©2ch.net

1この名無しがすごい!2017/09/01(金) 13:35:29.62ID:MEB/5p/l
webの海を揺蕩う歴史小説、時代小説について語り合いましょう
洋の東西や舞台の年代、転生ものであるかなどは問いません

次スレは>>980を踏んだ人が宣言をして立てて下さい。立てられない場合は安価で指定をお願いします
踏み逃げされた場合は、他の人が宣言をして立てて下さい
荒らしはスルーで

前スレ
web歴史・時代小説を語るスレ 3口目
https://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1500867582/

316この名無しがすごい!2017/09/19(火) 21:04:28.19ID:LO66uTrQ
>>313
氏郷パパのヤツは面白い。期待しているw
武衛様の作者とか翼くんあたりが薦める作品は割と安心して読めるね

信行ねえ。強引に関が原に持っていった感がすごく苦しい
100万石はすっぱり終わっておれのなかでは好感が高いね。賛否両論あるだろうけど
光秀の息子のは水色桔梗ノ末裔かな? 読んでないけど第二部がなんか始まってるよ
雀の銃弾は作者が戦国ファンタジーと言い切ってるし本格派は無理だろうね

317この名無しがすごい!2017/09/19(火) 21:10:49.51ID:VftdXN5J
>>315
陶都は口約束だったんだろうね
作者も時代小説にはあまり未練がないみたいねPN変えてファンタジーばりばり書いているし
淡海の作者には心が折れかけても壺を磨いて完結までは書いてほしいかな

318この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:17:04.61ID:WYwhSR8v
>>283

でも中国の古典ってどこまでが史実でどこまでが物語なんだろう?例えば「生ける孔明死せる仲達を走らす」
とか本当に人形と人間の区別がつかないような奴が、晋王朝の始祖になれるわけないし…。もし本当に
見分けがつかなかったら劉禅レベルだよなw

319この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:30:20.15ID:lSgyCPUQ
>>318
木像は演義だから完全に創作だろw
史実では司馬懿は既に完勝モードで不要なリスクを負う必要はない状態に持ち込んでたから慎重策に走っただけ
それを後世の歴史家(習鑿歯)があいつマジチキンって腐したのがその言葉だよ
ちな習鑿歯は裴松之にあいつ色々異説を集めてきてそこは評価できるが結構いい加減だって評価されてる

320この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:43:09.76ID:LO66uTrQ
あいつマジチキンwww

321この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:08:21.48ID:Mx01ca6P
>>318

まあキョンシーじゃない限り死んだ人間が走るわけないしなw結局仲達にとって最も恐ろしい敵は、
孔明ではなかった。魏の皇帝と取りまきそのものだったんだよな。中国史上幾度も行われた功臣粛清
の運命を逃れるためには、仲達には孔明の存在が必要だった。だから問題にならない国力差があって
も仲達は蜀にとどめを刺そうとはしなかった。ただ「孔明の罠」にはまり致命的な損害だけ回避してれば
それでよかったわけだ。

322この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:01:59.32ID:t/mV9Td6
>生ける孔明死せる仲達を走らす

逆w

323この名無しがすごい!2017/09/20(水) 02:26:05.23ID:iQsXjfRk
ネクロマンサー孔明は新しいw

324この名無しがすごい!2017/09/20(水) 07:52:47.33ID:t6y3kyjw
それだけで1本書けそうなネタだなw >ネクロマンサー孔明

325この名無しがすごい!2017/09/20(水) 12:41:20.36ID:4lmbZQaN
年齢一桁ぐらいの子供が大人に混じって意見して、
この子は神童だとか狐憑きだと周囲に言わせるような作品は、一般受けするのかわからんね。

ラノベレーベルでだすのなら、そういうものと割り切れて読めるけどさ

326この名無しがすごい!2017/09/20(水) 13:00:50.53ID:iQr7w3iZ
やたら転生主人公を低年齢にしたがる風潮あるけど、アレなんなんだろうな

327この名無しがすごい!2017/09/20(水) 13:01:29.65ID:uQ4O3fuT
吉田松陰みたいな現実の例もあるので、そこらへんは見せ方次第じゃないかな。

328sage2017/09/20(水) 13:23:37.64ID:ebWosL8e
対策できる時間が多いのと、子供というギャップが使えるからじゃない?
狐憑きとして恐れられる気もしないではないが戦国だと子供にしないと間に合わないというのもあるかも
桶狭間が1560年で関ヶ原が1600年だろ
信長に出会ってそこまで行くなら1550年ぐらいに生まれてないときついし、それだと関ヶ原で50歳だからな

329この名無しがすごい!2017/09/20(水) 13:54:02.82ID:jNkQ2ptc
エクソシスト案件かwww

一般受けは無理じゃね?
気持ち悪いし感情移入できないだろ、常考

330この名無しがすごい!2017/09/20(水) 14:04:07.71ID:eiWrl8XP
陶都は成人後を逆算してあの年齢にしたみたいだけど
web最新でも7歳だから、やり過ぎなんだよね
ヒロインを年上にしてもお子様だし、1巻にはヒロインはいないし
ラノベで受ける要素がなかった

信正は無理、あれは基地外

331この名無しがすごい!2017/09/20(水) 15:48:14.31ID:qWGXAF03
信正なあー
誰か言ってたがおれも思うわ
作者が腐った女でオナってる作品

332この名無しがすごい!2017/09/20(水) 16:52:24.73ID:BFN5k/tC
陶都は香霊様みたいな大人のヒロイン(仮)を出しておけばよかったんや
しかし香霊の松陰はあっさり吉野だっけ?と結婚したな

333この名無しがすごい!2017/09/20(水) 17:26:15.85ID:jNkQ2ptc
>>332
大人のヒロイン出てたら書籍買った?

334この名無しがすごい!2017/09/20(水) 17:48:12.46ID:g7Mi3N4e
>>332
表紙や、表紙に惹かれるものがなかったんや

335この名無しがすごい!2017/09/20(水) 18:07:57.17ID:eiWrl8XP
ラノベは表紙が大事だからね
それと作者も割烹や連載のあとがきでしつこい位に発売日や特典の宣伝すればよかったのに

336この名無しがすごい!2017/09/20(水) 18:08:56.99ID:C73+cJIy
>>332
香霊様とくっつく頃(インドからイギリスを追い出せるメドが立った頃)には
下手しなくてもオッサンになってそうだからなあw

337この名無しがすごい!2017/09/20(水) 18:46:39.03ID:+Z3C1Cdi
割烹に特典は嫌々書いたって書いてて萎えた

338この名無しがすごい!2017/09/20(水) 20:03:05.15ID:NsHx/Hsu
>>316
そう、それだ水色。
2部は知らなかった。ありがとうございます。といっても読むかどうかは微妙だけどw

>>330
基地外ってw
私はそんなに嫌いじゃないんだけど、まあしょうがないかもなあ。

>>327
事実は小説よりもというやつだよねえ。
架空の人物で明治維新のほとんどの元老に影響与えたとかいうの作ったら袋叩きだよなあw

339この名無しがすごい!2017/09/20(水) 20:07:44.44ID:OmB4gMmc
まあ事実ならどれだけ奇怪なことでも小説と違って「実際そうだし」で十分通るからねw

340この名無しがすごい!2017/09/20(水) 20:38:40.30ID:eLNPs+kq
誰か書いたような気がするけど
曹植は幼い頃は愛されていた文才豊かな天才児であって比較対象にならない
こっちの信正は数え7歳とは思えない天狗の子だもの
中身が作者なのが見えてしまっていて困る
転生扱いならそれもよしだけど、現地生まれならやはりどうにもね

341この名無しがすごい!2017/09/20(水) 20:55:01.15ID:NsHx/Hsu
>>340
たしか作中でそれにたとえられてましたよ>信正
まあこういうチートというか主人公の能力というのはOKか駄目かは理屈じゃないしね。
私の場合は宇宙要塞とか朝倉でもいいじゃんぐらいの感覚だしさwwwおもしろいかどうかとはまた別の話しだし
さすがに平手の不死身は「SFじゃねえか」と突っ込んだけど。船坂弘さんみたいな例もあるしなあw
さすがに架空の人物と例えるのは失礼だとは思うけど

342この名無しがすごい!2017/09/21(木) 09:25:14.74ID:JglWrBve
幼児による他国の在野の人材名指しで青田買いとかあったら怖い案件。
無いよね?

343この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:21:42.00ID:kF6dEJdb
何だ、ずっと翼くん案件のコメばかり続くなw
ちな、なろう歴史作家たちも翼くんに戦々恐々のよう

銭天の感想欄でのやりとり

翼くん「あっ! 安藤さんの娘婿だ」
リーマン「べ、べつに、スーパー軍師として登場させないんだからね!」
翼くん「w 安心しろ、まだセーフだ」
リーマン「ふう。乗り切った。後は傾奇者とエクソシストに気を付けよう」

344この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:25:08.65ID:JPpKh3RU
>>342
間者に仲間引き入れるためになんか吹き込まれたんじゃねえかと疑われるだろうな
周囲のお世話係全部一遍に刷新(粛清)して様子見
それか頭おかしい奴として病気療養(幽閉)コース待ったなし
油断したら潰されるような状況で生きてる人間が幼児のたわごとを真に受けるとは思えない

345この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:38:16.86ID:or40Dlma
>>343
それな。受けた。
だがリーマンと翼くんは仲良さそうだし、ネタでやっているだろ

346この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:43:57.05ID:pkE0B+5N
>>342
朝倉ネタか?
朝倉といえば、エタりかけが久々更新来たが、
トランプで大富豪?ナンプレ?クロスワード?
意味わからな過ぎて腹痛い

347この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:45:30.94ID:GMIjF1Up
かと言って修羅の国みたいに誰それな武将を引っ張られてもな
あの作者平気でwikiに無い武将を出してくるからわかんないんだよ

348この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:48:32.81ID:nhtkNb8A
やっぱり配下武将も敵大名も有名な信長の家臣になるのが一番だな

349この名無しがすごい!2017/09/21(木) 11:52:27.56ID:or40Dlma
>>347
淡海にしても、近江の国人衆出されてもイメージがまるで湧かないしな。

350この名無しがすごい!2017/09/21(木) 14:57:55.75ID:N5zYL2kD
ナポレオン転生という珍しいものあったが、
読んでみるとなんか既視感のある主人公で、
作者しらべたら江戸遊郭の人で、ああこいつか…とがっかりした。

351この名無しがすごい!2017/09/21(木) 21:15:11.24ID:wF1/cZ1b
>>343
武衛の作者がエッセイで遠まわしに皮肉書いてますよ。私のうがった見方かもしれないけど
自分の信長像書いたあとに「研究論文じゃないんだから正しい○○像なんてないんだ。小説なんだからおもしろければいいじゃん」的な
受け取りようによっては正しい竹中像にこだわる翼君へのえらい皮肉にも思えるwよく言えば忠告なんだろうけどさw
割烹や感想でのめんどくさそうな相手への角を立てないなし方とかスルーの仕方とか、武衛の作者はなんか妙に手馴れてるなあ

>>347
正直それが私は楽しいですけどね。地域性と性癖に特化したパターンでありじゃねえかと。
今ランキング上位の二階堂なんか、誰が知ってるんだとw
修羅の場合はそれでも中央にも触れているから、そんなに地域性に特化ばかりというわけでもないし

>>350
なんかすぐにわかりますよね。水源作品は。海軍軍人ナポレオンというのはわりとおもしろいとおもったけど、やっぱりいつもの水源だった。
まあ、あれはあれで面白いんですけどね。そんなに積極的に人にお勧めできるほどかというとあれだけど、時間つぶしにはいいかな。
書けといわれてかけるようなものでもないんだけど、なんかこう、もったいないんだよな。

352この名無しがすごい!2017/09/21(木) 21:47:15.49ID:UcfPGGBL
>>351
自己矛盾しているの気付いてないのか
竹中半兵衛の一般的なイメージはそれこそ秀吉に仕えた今孔明()な夭折した天才軍師で
翼君が言うところの、史実から推測出来る実際の功績と能力の方が異端でしょ?
翼君の竹中像はそういった物だからそれでいいじゃないさ

ま、エッセイで具体的な作品が分かりやすすぎるのはどうかなとは思うけどw

つかさー、翼君じゃ無いけど、今孔明なんて生きている人間に言うかよ
あほかとは思うんだよ

353この名無しがすごい!2017/09/21(木) 22:16:20.60ID:or40Dlma
翼くんの該当エッセイ読んだ。シリアス路線で執筆するなら、名軍師?今孔明?あほかwwww wikiぐらい調べやがれ!って流れだね。
戦国リーゼントを激押ししているくらいだし、別に全部自分の正しい竹中像を押しているようにも思えなかったな。

354この名無しがすごい!2017/09/21(木) 22:18:40.29ID:wF1/cZ1b
>>352
まあたしかにそれはそうですね>翼君の竹中像。武衛の作者のいやみというのはあくまで私の見解だし
おもしろければいいじゃんの武衛の作者のいいたいこともわからないではないけど、ある意味、それをお題目に逃げてる?わけだし
そもそも逃げるも何も勝負じゃないんだけど
軍神とか甲斐の虎とかも、今の感覚で言うと結構恥ずかしいようなw別に自称していたわけではないんでしょうけど

>>353
まあそうですね。私の見方がひねくれすぎてたかも。失礼しました

レビュー

・ 三日月よ七難八苦を与えたまえ……いや無理です、許してください! 〜山中鹿介だということに気が付いたけれどこれって詰んで無いですか?〜
平賀譲は譲らないの作者の新作。タイトルままに鹿之助に転生。ちょっと乗りが軽すぎる気もするがお手軽ともいえる。

とりあえず目に付いた作品の現状(戦国もののみで順不同)

・信正は武田と上杉が同盟組んで織田・徳川・北条と対峙中。主人公は伊賀の主に(1573年か74年かぐらい)
・修羅国は毛利と大友の博多をめぐるデスマッチ真っ最中(1570年ぐらい?)
・のじゃ姫はラストスパート(1550年代?で天下統一に王手)
・淡海は九州征伐(島津)計画中も四国の三次にお家騒動懸念、嫡男が同盟国の上杉とともに小田原の徳川攻め。幕府が正式に滅亡(独自元号)
・8男。いつもどおりほんわかのんびり
・武衛。史実よりの間違い探し継続中(1571年)。銀英伝じゃないはず
・藤吉郎。桶狭間?やっぱり女体化

355この名無しがすごい!2017/09/21(木) 22:28:23.32ID:or40Dlma
>>354
パパには感謝感謝だよ。相変わらず読書量がすごい。
山中鹿介とは面白いところついてきたね。平賀は読んでないけど興味でてきた。
淡海はまだごちょごちょしてるのね。既に、全大名が臣従しに列をなすレベルだと思ってたんだが。
八男の歴史の進まなさはかなりのものだね。いい加減読者もじれそうだ。

356この名無しがすごい!2017/09/21(木) 22:55:41.03ID:7VOUMNuO
翼君って言い方がきしょい。
青山翼でいいでしょ。
なんだよ翼君って

357この名無しがすごい!2017/09/21(木) 23:04:58.78ID:/BzReUYP
ボールがともだち

358この名無しがすごい!2017/09/22(金) 02:21:52.04ID:66yFDv8p
全然話題にあがらんけど、藤巴の野心家ってここのスレ的にはどうなの?
オレ、あの外角スレスレに逃げていくような感じが割と好きなんだけど変なのかなぁ?

359この名無しがすごい!2017/09/22(金) 07:14:55.62ID:9wS8yXPz
面白いと思う
いかんせん、注目を集めにくいよな

360この名無しがすごい!2017/09/22(金) 07:22:38.91ID:0YeBdHTZ
>>358
最初は面白く読んでたけど途中で脱落した
やっぱり戦国物で大将にチート武力はいらんと思ったわ

361この名無しがすごい!2017/09/22(金) 11:17:12.35ID:Ju1GmjVQ
>>305
天野宗歩は将棋好きなら読んで見ると良いと思う。よく書けてる。

362この名無しがすごい!2017/09/22(金) 11:50:08.34ID:qmpKwhmy
すまん、突然の作者降臨許してほしい
17世紀の東南アジア諸国を舞台にしたネタを思いついたんだけど
近しい時代、舞台のWEB小説ってあるかな?

363この名無しがすごい!2017/09/22(金) 12:31:25.89ID:iBGLForD
諸国を舞台、ということは一国に限らず複数の国をまたぐ小説を書くの?
そんなの、俺は心当たりないなあ

364この名無しがすごい!2017/09/22(金) 12:32:52.94ID:tSsVkJqC
山田長政主人公とか探せばある……かも?

365この名無しがすごい!2017/09/22(金) 13:33:57.96ID:qmpKwhmy
>>363
一応はベトナム、当時なら広南が拠点
というのも前になろうで完結させた小説の設定から構想を膨らませたのがはじまりで
最後の展開は決めているけど現在資料集めでプロットすらろくに立てていないのね
主人公も架空の人物だからストーリーに自由があるのが楽しくもあり大変でもある

>>364
山田長政、おもしろい人生だね
WEB小説でなくても史実調べれば使えそうなネタありそうだ

366この名無しがすごい!2017/09/22(金) 15:25:04.32ID:rA8VbjJB
白石一郎読めばいいやん

新着レスの表示
レスを投稿する