ワイが文章をちょっと詳しく評価する[78] [無断転載禁止]©2ch.net

1ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2017/09/03(日) 20:33:09.93ID:lsHsDNAV
オリジナルの文章を随時募集中!

点数の意味
10点〜39点 日本語に難がある!
40点〜59点 物語性のある読み物!
60点〜69点 書き慣れた頃に当たる壁!
70点〜79点 小説として読める!
80点〜89点 高い完成度を誇る!
90点〜99点 未知の領域!
満点は創作者が思い描く美しい夢!

評価依頼の文章はスレッドに直接、書き込んでもよい!
抜粋の文章は単体で意味のわかるものが望ましい!
長い文章の場合は読み易さの観点から三レスを上限とする!
それ以上の長文は別サイトのURLで受け付けている!

ここまでの最高得点は74点!(`・ω・´)

前スレ
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![77]
https://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1502356581/

590この名無しがすごい!2017/09/19(火) 20:05:50.93ID:iKlMe+mu
>>574
初めまして(*´ω`*)勅使河原蔦子シリーズの作者略して勅使河原作者略して勅使河原略して
テッシーとか色々お呼び頂いてるコテハンです。児童文学なら宮沢賢治のよだかの星、銀河鉄道の夜、クレヨン王国、ナルニア王国が好きです。
明治以降なら、尾崎紅葉の金色夜叉が好きです。うーん、これくらいかなあ。
ワイお師匠様からは基本、いつも酷評頂いてますが、拗ねてもめげません。
人間だもの。
……これくらいかなあ。よろしくお願いいたします(*´ω`*)
>>575
俺は、求めてる物が違うから、その論理でいくと大丈夫ですね。届けたい物語や感情があるけど、方法が分からないから、学ぶために、ここにいるのです。
>>576
ワイスレは修羅の国、ワイ(修羅)スレ(の国)、ワイお師匠様は修羅の人、把握です。
綺麗な三段論法? ですね。(*´ω`*)b

591この名無しがすごい!2017/09/19(火) 20:25:34.38ID:qMvewLJZ
あ、えーと、あれ!
あれなんて言うんだったっけ?
ほらあれだよ。あの、長いやつ。
指入れてさ、なんかホンホンって
動かしてするやつ、あれなんだったっけなぁ。
ホンホンじゃねーけど、
なんかスンスンってさ、
あーもーなんでど忘れすんだよ。
ここまで出てんのに。
なんだったっけなぁ。

答え:ハサミ

592この名無しがすごい!2017/09/19(火) 21:29:42.71ID:+h2Fb0SM
ワイさんこんちわ
名前が上がったついでに評価をお願いします
なろうのホラー祭用に久々に書いた短編ですがオチとかどうですかね?

http://kasasagi.hinaproject.com/access/top/ncode/n7438ed/

ところでワイ杯マダですか?

593この名無しがすごい!2017/09/19(火) 21:40:24.11ID:qMvewLJZ
>>592
この作品好きです。それにとても読みやすかったです。

594この名無しがすごい!2017/09/19(火) 21:59:35.03ID:hzaYfWUd
新参というか。通りすがりにサッと投稿して評価・アドバイスもらうってありなんですか?

595この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:04:22.26ID:+h2Fb0SM
>>593
ありがとうございます!
読みやすいと言っていただき嬉しいです^^

596この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:09:33.31ID:0YM9T9yI
>>594
ワイさんは来るもの拒まず、去る者追わず
好きにするといいよ


ただいま。やっと帰宅しました
今日は色々と厄介事が盛り沢山な一日だった。まだ週初めなのに……はあ

晩ごはん食べてから、昨日の続きを書こう

597この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:25:06.62ID:TMe26K7B
>>594
多分、ほとんどのひとが、君と同じ気持ちだった。
なぜ、ワイさんが尊敬されてるか。
文章をさらせばきっとわかる。
大切な作品だからこそ、晒すのに勇気がいる。
ひとつだけ言えるのは、「創作に真摯に向き合うもの」に対して愚直なまでにフラットでいてくれるのがワイさん。
試してご覧。

598この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:27:39.46ID:iKlMe+mu
>>592
こういう作品好きです(*´ω`*)
ジョニー・デップのいにしえのが名作の
シザーハンズを思い出しましたb

599相模の国の人2017/09/19(火) 22:27:48.66ID:ckjO0lDj
諦めない心って大事! ムズガルドさんの不撓不屈の精神はこのスレでも一番であろう!

600この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:31:38.30ID:iKlMe+mu
>>596
エロ期待してます!
鼻ぢ用にテッィシュもって待機してるから
ヽ(・∀・)ノ

601この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:33:34.75ID:+h2Fb0SM
>>598
ありがとうございます!
シザーハンズのラストは心の片隅にあったかもです
昔のティムバートンの映画好きなんですわ〜

602この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:35:24.50ID:qMvewLJZ
>>596
お帰りなさい。催促したばかりにすみません。ご無理をなさらず……。

603この名無しがすごい!2017/09/19(火) 22:39:56.44ID:hzaYfWUd
>>596-597
安心しました
残り推敲だけってものが一つあるので完成したらまた来ます
ありがとうございました

604この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:01:08.94ID:0YM9T9yI
>>600
ティッシュは閉まってしまえ
昨日宣言した通り、全然エロくならなかった。慣れんことするもんじゃないね

>>602
いえいえ、お気になさらず

605この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:15:08.36ID:qMvewLJZ
ーー設定はさておきエレベーターの中で美しい女性が性欲の化身となった男二人から凌辱される!! 押さえ込まれて、ワイシャツを脱がされた!! 胸が大きい事が判明!! 痩せているのに!! 女の運命や如何に!!

 男らは乳房へ釘付けになった。
「すげぇ。細ぇのに胸は結構でかい」
「触らないで」
「触るに決まってるだろ」
「やめて」
 せめてもと精一杯の力で振り絞った声。だがそれは掠れ、漏れ出たのは空気に近しく聞き取れない程、か弱いものであった。
 産まれたてである雛鳥の鳴き声の方がよほどましである。無論、男らがそのような覇気のない訴えを聞くはずもなかった。
 懇願するも虚しく、女の穢れない乳房は男の手により犯されていった。ゆっくりとほぐすように揉みしだく。
 つきたての餅よりずっと柔らかで弾力のある胸は、男の成すがまま形を変えては卑しい指間に食い込んでいく。
 男は吸い付いてくるような肉体に、オーガニズムの到達へ向けて上着を脱ぎ捨て勃起した自身の向きを調節する。直ぐにまた両手を乳ぶさへおさめた。
 脳内で女が喘ぎ乱れる姿を思い描き、加えてそれを実行するのが違いなく己である事を終始盲信している様子であった。
「おお、柔ぇ、めちゃくちゃ柔けぇ」
 乳首を摘んだり、全体を包み込むようにして下から持ち上げ、そして強く揉む。思うままに女の胸を触る事に、男は夢中になった。口元を緩めて弄ぶ。
 女はと言うとクッと下唇を噛み締め耐えている。絶望の淵に立たされ何度も落ち掛け、それでも頼りない足で必死と地に這い蹲っているのだった。
 止めどなく涙が溢れ、胸元を濡らす。泣き顔が男らの性欲を掻き立てる。
「最高だな」
「可愛いし、まじでラッキー」
 身体の奥底から這い上がってくる興奮と狂気を余す事なく行動に示していく男。

606この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:16:36.36ID:qMvewLJZ
 と、女の口が開いた。発せられたのは、快楽を帯びたものだった。不意に漏らしたその声。決して楽しんでいる風な様子ではない。
 しかし、偶然ではなかった。それ以降も女は声をあげた。女を主張するような甘美な声だ。それは紛れもなく本能であった。
 男二人から、胸を執拗に触られる。何度も何度も乳首を摘んだりこね回すその指は淫乱で、女がどんなに身体を捻っても付いてきた。
「いやらしい声出てるぜ。ほら、ジッとしてろ」
 男が顔を胸へ近づけた。口を開く。舌を伸ばし乳首を舐めた。女の身体が揺れる。「あ」と吐息に混じって単発的な声を出した。
 舌で乳頭をかたどるように舐めては、吸着する男に女が悶える。吸い付く度にチュクッと音を立てて唾液が乳首に絡みつく。
 女は嫌だと言わんばかりに眉をハの字にさせ、歯型のつくほど唇を噛み締めた。だが、乳首を伝って与えられる刺激に堪えきれず、喜悦の声を漏らしてしまう。声は更に艶めきを増していった。
 弾けるような生々しい音と男の荒い息が狭い空間を支配する。それに被せるように女が喘ぐ。感じてはいけない、と見えぬ快楽と葛藤しながらも、数秒もしないで結局官能的な声をあげた。
 ただ暗がりであっただけの空間は、快楽と言う甘い蜜で満ちるようなドロドロと粘り気を帯び、それでいて未だ女は「やめて」と抵抗を訴える。
 乳首を吸い上げられ、続けざまに女は身体をビクつかせた。転がすように舐めたり、強く吸っては優しく噛んだり、その繰り返し。
 女の身体からは滴るほどの汗が全身から流れている。
「嫌そうな顔してるわりに反応してるじゃねぇか」
「なぁ、アレ使ってみねぇ? 多分すげえぜ?」
 男がそう切り出す。女は意味がわからないと言った顔をする。提案された方の男が訝しげな笑みを浮かべた。
「あぁ、アレか。ーーいいぜ」


ーー
ーーー
相変わらずお忙しい事と存じますが、お時間取れる時にでも人物の描写の評価をお願いできますでしょうか。

607この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:19:50.72ID:iKlMe+mu
>>604
慣れないことしてこそ、開ける扉があるのですよ!
思わず長文れす書いたけど、釈迦に説法だからやめたw
じゃあ、リーマンさんのオリジナルエロを期待してます(*´ω`*)b

608この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:24:26.42ID:iKlMe+mu
>>606
濃くなってる!
エロくなってる!
流石自由さんだね(*´ω`*)b

609この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:33:22.89ID:qMvewLJZ
>>608
慣れない描写を無理して文にしている感じが否めません。くろすろおどさんのようなオリジナリティーが中々出ませんね。
あの処女膜を突き破る表現の素晴らしさ。あのワイさんを唸らせるんですから。少年座敷童は〜〜少し読みました。三ページ目の終わり10行くらいがとても好きでした。真剣勝負にバトルというルビが良いですね。

610この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:34:14.96ID:w8cOPmvp
>>608
馴れ合いじゃなくて評価をしてあげればいいのに。
俺はエロはどうでもいいから読んでないけど。

611この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:45:27.35ID:iKlMe+mu
>>609
俺のエロはインパクト重視で、オリジナりティにこだわり過ぎて、ギャグになってる
ってお師匠様から酷評がw
あ、でも瀬長島初夜は評判良かったいえい!
ヽ(・∀・)ノ
3ページ目、俺も好きです! 女の子可愛いでそ
(*´ω`*)
座敷わらし格好いいでそ! しょがそのなるくらい気に入っている作品なのです。
読んで下さってありがとうございます(*´ω`*)b

612この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:50:04.36ID:0YM9T9yI
あー、2600字超えた。何故だ? 短い文章のはずだったのに
察するに、慣れない文章だから余計なことを書きすぎているんだ

多分12時回るかな? 12時半までには上がる……と信じたい
筆が遅いなあ

613この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:54:12.03ID:iKlMe+mu
>>610評価苦手なのです。
というか、読んだ感じの違和感が無いです。
いや、前回は、どうしても、
「薄い……なあ。綺麗な文章だけど
薄い……なあ。感情が感覚が伝わらんなあ。
悲哀も慟哭も時刻表読んでるみたいだなあ。
でも整然としてるからこれが自由さんの
色なんだろうなあ」

と、思ってたけど、今回はちゃんと
空気が伝わって来るんよ。
快楽の葛藤もね。
覇気という言葉の使い方に違和感があるけど、
それはお師匠様の領域なのです。

て、自由さん傷ついたらごめんね!(。>д<)
ほら、俺が書くのって、濃いからorz

614この名無しがすごい!2017/09/19(火) 23:56:36.36ID:iKlMe+mu
>>612
ファイトですヽ(・∀・)ノ

615この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:00:40.11ID:FmdeifYH
3レス以内かあ……。1レス何文字くらい限度だっけ?

あっ、ID変わってるだろうけど、リーマンです

616この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:05:04.53ID:QChls5pr
>>615
2000ですよ(*´ω`*)b

617この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:06:34.91ID:FgspiHV6
>>615
どうせ名乗るんならコテ入れちゃえば?

618この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:10:44.36ID:+4iKgjYa
>>613
平気だす。俺平気だす。結構俺つえーの。
つか、もっと勉強しねーとってこのスレ来て思ったわ。すげぇ俺甘えてた。あとテッシーはつえー。

>>615
リーマンさんもつえー。要望に応えてくれてサンキューサンキュー。(と金色夜叉の間さん言ってたな)

619この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:36:18.03ID:QChls5pr
>>618
拗ねてもめげない!
これが大事ですよね(*´ω`*)b

620この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:38:15.89ID:FmdeifYH
 開け放った窓から風は入ってこない。ただ、ミンミンと喧しい蝉の鳴き声が入って来るばかり。
 でもそれも気にならない。何故なら、どくどくと自己主張する心音の方がよっぽど煩かったから。

 組み敷いた少女の濡れた瞳がこちらを見上げてくる。
「どうして……」
 責めるような声音ではなく、悲し気な声音なのが、胸を掻き毟りたくなるような罪悪感を込み上げさせる。
 その目を見続けることができなくて、俺ははだけた少女の胸元に自身の顔をうずめた。
 ……息を吸い込む。官能小説のように甘い匂いがするということはない。鼻腔一杯に入って来るのは、汗の臭いだ。でも、その生々しい臭いに頭がくらくらする。一時でも罪悪感を忘れさせる程に興奮する。頭と下半身の一物に血液が集まった。

 急き立ててくるような欲望に勇気付けられ、俺は顔を持ち上げた。再び視線が合わさる。一回り年の離れた従妹の濡れるような瞳と。

 叔母夫婦は中々子宝に恵まれなかった。待望の娘が、従妹の都子だ。十二も離れているから、彼女が生まれた時のことをよく覚えている。今年で十六になった。
 俺はうんと年の離れた妹のように都子を可愛がってきたんだ。それなのに。……いつからだろう? 都子をそういう目で見るようになったのは?

 俺はゆっくりと都子の顔に己の顔を近づけていく。嫌がるように首を捻るが、彼女の耳の辺りに添えた右手で無理やり正面に向き直させる。そして一息に唇を奪った。
 がっつくように唇を奪ったからか、都子の歯が俺の唇を切る。ピリっとした痛み。ほどなくして鉄錆のような味が口内に広がる。童貞じゃあるまいし、何とも無様だ。
「ん、んん……んっ」
 くぐもったような声が上がる。都子の口内に舌を潜り込ませた。彼女はそれを押し返そうとするが、無理やりねじ伏せる。それが堪らない。ずっと押し殺してきた本能が、昏い衝動が、獣のような欲望が歓喜の叫びを上げる。
「ん、んん……はあっ」
 存分に都子の口内を堪能した俺は、ようやく彼女の口を開放する。呼吸もままならなかったのか、はあ、はあ、と荒く息を吐く都子。酸欠からか顔が赤い。その様が、どうしようもないほどそそられる。
「…………お願い」
 呼吸が落ち着いてきた頃に、そんな弱弱しい声が紅い唇から漏れた。声が、瞳が懇願してくる。もう止めてくれと。肉体的な抵抗が少ないのは彼我の体格差が原因だろうか?
 俺は一八〇を超えるガタイで、都子は正確な身長は知らないが、同年代の女子よりずっと小柄な体躯をしている。抵抗しても、抑えつけるのは容易だった。
「もう、何もかもが遅すぎるよ……」
 俺は吐き出すように心情を吐露した。そうだ。もう何もかもが遅すぎる。止まるべき一線はとっくに踏み越えてしまった。
 それに……。本当に嫌なら、都子にも手段が残されているじゃないか! と、理不尽な怒りが込み上げてくる。そう、突発的に行為に及んだから窓は開け放たれたままだ。彼女が大声を出せば、異常を察知した誰かが駆け付けるかもしれない。

 どうして大声を上げないのか。どうして、どうして! 大声を上げてくれさえすれば、俺は都子のことを……!
 怒り? いや、それは祈りであったのかもしれない。でも、気の弱い都子はすっかり委縮して、大きな声を上げることもままならない。
 だから……もう、どうしようもない。

621この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:40:57.09ID:FmdeifYH
 着衣がはだけ、露わになった白いブラジャーをずらそうと右手を伸ばす。
「いやっ! ……痛い!」
 流石に抵抗しようとした都子の頬を、空いた左手でパチンと叩いた。それだけで、彼女は震えて何も出来なくなる。
 改めてブラジャーに手をかける。ぐいっと力任せにずらすと、ささやかな双丘が露わになる。
「ッ……!」
 乱暴に揉みしだくと、小さな悲鳴が漏れた。構わず揉み続ける。視線は先端の淡い桜色の乳首に釘点けになる。吸い寄せられるように口付けた。舌先で何度も転がせる。
「やめて……やめてよぅ」
 馬鹿だなあ、都子は。こんな最高のこと止められるわけないじゃないか。
 左手で右胸を、舌で左胸をねぶる。べちゃべちゃと皿を舐め回す犬のように。ああ、剥き出しの欲望の前では人も畜生と何も変わらないのか。
 空いた右手をぐっと下へ下へと伸ばしていく。スカートの中に潜り込ませた。下着に触れる。手探りで求める場所へとにじり寄っていく。
「あっ」
 下着越しに都子の一番大事な場所へと触れたことを悟る。胸への責めを休めることなく、俺は執拗になぞる。なぞる。なぞる。
「やっ……あっ、うんん……」
 悩ましい声をBGMに壊れたロボットのように同じ行為を繰り返す。胸をなぶり、陰部を弄る。次第に都子のそこが湿り気を帯びてきたことに気付く。
 ――ああ! 俺の責めで都子が感じているんだ!
 その事実に頭が沸騰しそうな心地を覚える。もう我慢できなくなった俺は、胸と陰部への責めを中断して上体を起こす。

 都子の顔を見下ろす。責めが中断された事実に、都子はそろそろと視線を持ち上げてきた。再び合わさる視線。俺は暫しその瞳を見詰め続ける。
 ――もう終わりなのか? 困惑と期待がない交ぜになった色が都子の瞳に浮かぶ。しかし、それはすぐに諦観の色に染まり切る。俺がガチャガチャ、ゴソゴソとベルトを外し、ジーパンを脱ぎ始めたからだ。
 ああ、もどかしい! ジーパンとはこんなに脱ぐのが億劫なものだったか! ……逸る気持ちとは反比例するように脱ぐのに手間取るかのようだ。……やっと両足を抜いて、寝台の上からあらぬ方へと投げ捨てる。ボクサーパンツも一息に脱ぎ捨てる。

 そそり立った一物が解放される。都子の視線は俺の一物に注がれた。ただでさえくりくりと大きな目が見開かれる。ああ、よく見るといい。これが、お前の初めてを奪うんだ! お前のナカを蹂躙するんだ!
 男として、自分がずっと大きくなったような感覚を味わう。誇示するように一物を揺らしてみせた。
「お、お兄……」
 堪らずといった具合に、都子がか細い声を上げる。
「……何だ?」
「も、もう止めよう。ね? 都子、今日のこと誰にも言わないよ」
 震える声で言い切ると、普段の花開くような笑みとは似ても似つかぬ、ぎこちない笑みを浮かべてみせた。
「都子……」
「うん」
「…………駄目だ。俺はどうしてもお前を犯したい」
 俺はそう言い放つと共に、都子の腰に両手を添えると一気に引き寄せる。

622この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:41:42.01ID:FmdeifYH
「嫌ぁああ!!」
 都子は自身の純潔を守るためにぴったりと両膝を閉じる。俺はそれを止めるでもなく、唯右拳を固く握り締める。
「散々痛めつけられてから犯されるのと、今すぐ犯されるの。好きな方を選びな、都子」
 その言葉に、揺れる瞳が俺の顔と拳を何度も行き来する。一秒、二秒、三秒……観念したようにゆっくりと閉じられた両足が開いていく。
 それを見ながら、とびっきり冴えた名案が浮かんだ。
「都子、自分で下着を脱げ。ゆっくりとお兄ちゃんに見せつけるようにな。ああ、スカートはそのままでいいや」
「えっ?」
「何だ、嫌だって言うのか?」
 俺は再び拳を握る。都子はびくっと一度震えた後、力なく首を左右に振った。俺は都子の反応に満足げに頷くと、すっと体を離した。
 都子は背を寝台に預けたまま、ゆるゆると両足を持ち上げる。スカートの中身をこちらに見せつけるように。そして、自らスカートの中に手を潜り込ませると、ゆっくりとゆっくりと下着を引き抜いていく。
 ああ、なんて――。
 俺はその光景に釘点けになる。ごくりと生唾を飲み込んだ。
「み、都子……足をがに股に持ち上げるんだ。そう、蛙のように」
「…………」
 無言のままに、指示に従っていく都子。ついに隠された秘部が露わになる。もう俺は何も考えられなくなって、密に吸い寄せられる蜜蜂のようにそこに近づいていく。
 びくんびくんと脈動する一物が、早くあそこに己をぶち込めと急き立てる。当然、それに否やはない。俺は一物の先端を都子の秘部に押し付けた。
「都子……お前を犯す。お前の初めてを奪うのは俺だ」
 そんな宣言と共に、ぐっぐぐ……と一物の先端をねじ込んでいく。
「痛い! やあっ! ……痛い、痛い、痛い!!」
 中々入らない。処女を相手にするのは初めてだ。こんなにもきついものなのか。都子のそこは、俺の侵入を拒むように抵抗してくる。その事実に怒りが込み上げてくる。
「何で、俺を拒むんだよ! ふざけんなっ!」
 自分の体重をかけて、只ひたすらそこを貫くことだけに全神経を集中する。
「ああああああ!!!! いたっ、痛い!!」
 ぶちぶちと何かを貫いたような感触。気付けば俺の一物が全て都子の中に納まっていた。その事実に我を失うほど興奮する。
 後は、ただただ腰を前後に振る。技巧も糞もない。一秒でも早く都子の中で果てたかった。
「あっ、あっ、あっ……やだ! 痛い! もうやめて……!」
 都子は両手で顔を覆いながら泣き叫ぶ。俺はそれを見やりながら腰を振る。そして――ドクンドクンと都子のナカに精を放った。
「はあ、はあ、はあ…………」
 頭の中が真っ白だ。不思議と、先程まで荒れ狂っていた獣性は綺麗に消え去っていた。ゆっくりと部屋の中を見回す。

 顔を両手で覆いくぐもった嗚咽を漏らす都子。俺の荒い呼気。開かれた窓。少しは風が出てきたのかカーテンが揺れている。変わらず喧しい蝉の声。むわっと立ち込める熱と臭気。――ああ、全てが終わった。

623この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:49:43.03ID:FmdeifYH
人生初のエロ小説
処女作ならぬ童貞作と名付けよう……しかし、何だこれ?

よく分からんものを生み出してしまった。ああ、酷い出来だぜ

624この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:53:09.84ID:+4iKgjYa
ご馳走様!!
美味しかった!!
評価なんて出来ない。
もう我慢出来ないんだ!!
都子ーーーー!!!!

625この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:54:50.00ID:+4iKgjYa
頑張って起きてた甲斐があったってもんだ!!
ありがとうありがとう。
また明日ゆっくり語り合おう。

626この名無しがすごい!2017/09/20(水) 00:59:07.85ID:QChls5pr
>>623
文体が綺麗ですね(*´ω`*)
ただね、あえて申し上げるならば、
痛みというものは、痛いのですよ。
だから、暴力も痛いのです。
振るうがわも、振るわれる側もね。
つまり、暴力の描写をするのなら、
振るう男のためらい、傷、後悔も組み込まないと、人間せいが薄くなります。

627この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:04:49.57ID:QChls5pr
>>626
だから、もう少し、加害者としての内面を、
掘り下げて表現したら、違和感なくなると
思います。
後、被害者。行動、視線の理由付けが欲しいところですが、もう終わり? てはないと思います。
あれは逃げようとして腰抜けて這いずって
後ろからみるにくわれによくじょう
とかそんな感じなら自然かなと思います。
が、
とにかく文章が良い!
なので、楽しかったです(*´ω`*)b
ありがとうございます。

628この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:06:44.95ID:FmdeifYH
>>624 >>625
どうしたの、そのノリw 遅くなってスマンネ。お休みなさい

>>626 >>627
流石はマイスター。深いな
この分野では、俺はてっしーの足元にも及ばんようだ

629この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:09:30.32ID:QChls5pr
>>628
いやいやw
俺なんかしょせん、「興奮し過ぎ!」だからねw
来月のワイスレ杯は、エロだと良いですね。
リベンジしたいでしょ?ヽ(・∀・)ノ

630この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:12:52.73ID:FmdeifYH
>>629
億が一にも、それがお題になることはねえよw

631この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:13:21.77ID:QChls5pr
さて、素敵な作品(楽しかったです)
も読めたので、寝ます!
お休みなさい(*´ω`*)

632この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:15:44.53ID:FmdeifYH
お休みなさい

どうでもいいことだが
この童貞作、先日の文体診断ロゴーンによれば、太宰が応援してるらしい

633この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:16:08.94ID:QChls5pr
>>630
orz
お師匠様も自由さんも俺も好きだけど、
人選ぶもんねorz

634この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:17:38.03ID:FgspiHV6
しかし、なんでエロっていうとレイプなのかなあ。
レイプって美味しいか?

635この名無しがすごい!2017/09/20(水) 01:19:45.32ID:QChls5pr
>>632
心中する前にセクロスする話きぼんぬw
「転生したら心中相手と心中前にセクロスする文豪になっていた件」とかで。
リーマンさんなら書ける!

では、今度こそお休みなさい(*´ω`*)ノシ

636ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2017/09/20(水) 07:37:03.80ID:ylqk/4v1
>>592
見たことのある登場人物達による幽霊ツアーであった!
一度目のイルカはトリックの類いで済ませて本命の二度目に繋げる!
亡くなったはずの少女が遊園地をカンバスに見立てて一心不乱に絵を描いていた!

ジャンルはホラーとあるがどこか騒がしい二人のせいで怖さは微塵もない!
天才と謳われたストリートアーティストの出番は少なく、シュンがその人物のことを知っていた理由が定かではない!
落ちに繋げる為にシュンにわざと語らせたあざとさがワイの頭の中にちらつく!
最初の絵を見てメイは作者に気付いていなかった! 世間への露出は少なかったと考えられる!
それ故にシュンとMANAの絵の接点を事前に匂わせる必要性を強く感じる! 通学の途中に魚ではないが似たようなタッチの絵の描写を入れる!
またはシュンの持ち物の中にMANAが製作費を捻出する為に作った小物を忍ばせる等、幾らでも仄めかすことは出来る!

話の内容に合わせてしっとりとした幻想的な展開を見てみたかった69点!(`・ω・´) ワイ杯はマダ!

637ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2017/09/20(水) 07:37:28.98ID:ylqk/4v1
>>605-606
>無論、男らがそのような覇気のない訴えを聞くはずもなかった。
(雛鳥は生きる為に必死になって鳴いているように思える! それに劣ると云われても当然のように聞こえるので少し引っ掛かる!
 雛鳥に劣ると断じた一文で十分に意味は通じるので、この一文を全部、削ってもいいかもしれない!
 または「その為、男らが女の訴えを聞くはずもなかった」としてもよい!)

>つきたての餅よりずっと柔らかで弾力のある胸は、男の成すがまま形を変えては卑しい指間に食い込んでいく。
(この表現に引っ掛かる! 搗き立ての餅は相当に柔らかい! 弾力はほとんどない!
 歯を立てずに唇に挟んだ状態で引っ張ると無理なく伸びる! 白い肌と掛けて餅なのだろうが、
 弾力がないので若さの表現には適していないように思う! ワイの近所では毎年、師走になると石臼で餅を搗く!)

>オーガニズム
(地の文に書かれているので引っ掛かる! 明らかに誤用である! 正しくはオーガズム、オルガスムスでもよい!)

>止めどなく涙が溢れ、胸元を濡らす。
(押し倒された状態で涙が胸元に流れるだろうか! 男らの行為に目を背けている図が頭に浮かぶので余計に奇妙に思える!)

>女の身体からは滴るほどの汗が全身から流れている。
(女は全裸なのだろうか! 一部に大量の汗を掻いて全身の状態を想像させる書き方がされていれば気にならなかった!)

改善と苦心の跡が見て取れる!
語り過ぎて陥穽に嵌っているところもあるが概ねよい!(`・ω・´) 冒頭の状況説明は少し拙い!

638ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2017/09/20(水) 07:38:06.05ID:ylqk/4v1
残りは朝食のあとで!(`・ω・´)ノ

639ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2017/09/20(水) 08:47:55.17ID:ylqk/4v1
>>620-622
>「…………お願い」
(少女の顔は赤い! キスによる酸欠が齎したものであっても恥じらいとして捉えることも出来る!
 「お願い」にしても同じ! 冷静に抵抗と考えては詰まらない! ダブルミーニングを活かし、
 「お願い、して」と欲情した様を想像させてもよい! 主人公は興奮した状態なので都合の良い解釈の方が自然に思える!)

なるほど、部分的には官能であった!
自身の抗えない欲望に関した文章はよく出来ていた!
その反面、合間に挟まる観察眼が冷や水を浴びせて熱を奪う!

一番、引っ掛かるのはこの舞台である!
二人の関係は合間の説明でわかるのだが、このようになった状況がわからない!
蝉の声で季節は夏とわかる! 誰の部屋なのか! 二人の関係を壊した切っ掛けは何だったのか!
主人公の見る目が変わったことは書かれているが、一線を踏み越えた動機は皆無であった!

抜粋には見えないのでもう少し主人公の独白を削って状況について触れて欲しいと思った69点!(`・ω・´)

640この名無しがすごい!2017/09/20(水) 12:48:56.77ID:X1zSy+9c
>>637
お忙しいのに評価ありがとうございます。オーガニズム。最高に恥ずかしかったです。すみません。餅は柔らかすぎますね。改めて色々な表現の仕方があるのだなと感じました。これを活かしつつ書いていきます。艶話は一旦休憩して「真面目」に戻ります。

リーマンさん本当にありがとうございます。巻き込みましたね。でも、よかった。とても。

新着レスの表示
レスを投稿する