夏目漱石の『こころ』

1無名草子さん2011/12/04(日) 03:24:05.86
不朽の名作にして純文学の頂点に立つ作品、夏目漱石の『こころ』について語りましょう


2無名草子さん2011/12/04(日) 12:03:26.29
漱石で一番の駄作

3無名草子さん2011/12/04(日) 18:21:55.44
先生はコミュ障だったの?

4無名草子さん2011/12/04(日) 19:58:16.11
学校の宿題は自分でやろうね^^

5無名草子さん2011/12/05(月) 11:36:11.87
先生は今で言うニート

6無名草子さん2011/12/05(月) 12:54:04.82
漱石ってなにもの

7無名草子さん2011/12/05(月) 13:04:32.19
小学生向けの簡略化された「吾輩は猫である」を読んで読んだつもりなっている自称読書家のBBAがいた

8無名草子さん2011/12/05(月) 17:13:48.03
すっげえダルかった。一回挫折して最近読破した。もういいよ、わかったから早く終われよって感じ。猫は色々な所に警句みたいのが盛り込まれてて長いけど飽きなかったな。

9無名草子さん2011/12/07(水) 18:12:13.01
高校の教科書に採用されていたからな。

10無名草子さん2011/12/07(水) 18:30:15.77
「顔を合わせるたびに『申請しといたから』と言われるため、仕方なく承認しましたが…。上司の書き込みがウォールに出るたびに『いいね!』を押すのは疲れるし、
上司のドヤ顔が目に浮かんでうんざり。自分も以前のようにのびのびと発言できなくなったし、気づけばもう何カ月もログインしてません」(30代女性)

11無名草子さん2011/12/08(木) 02:11:46.29
先生はどうして働かないんですか?

12無名草子さん2011/12/08(木) 13:21:14.34
>>11
単なる「怠け者」だから。

13無名草子さん2011/12/09(金) 19:04:45.52

14無名草子さん2011/12/13(火) 12:59:02.57
BL

15無名草子さん2011/12/17(土) 15:50:38.71
お嬢さんは結局 私(先生)とKのどちらが好きだったのか

16無名草子さん2011/12/17(土) 23:41:35.66
数珠玉を延々と数えるくだりが、妙に心に残ってる。うすら寒い気持ちになるんだよな。Kはあすなろ白書の頃の筒井道隆のイメージ。

17無名草子さん2011/12/19(月) 01:41:21.10
>>15
先生のことに決まってるでしょ。
Kのことなんてただの変わり者としか思っていない。
男としてはOUT OF 眼中。

18無名草子さん2011/12/20(火) 17:10:20.17
教科書に載ってるのって最後の手紙の一部だけだよね
あそこだけ読んで何もかも理解した気になってもらっちゃあ困る

19無名草子さん2011/12/20(火) 20:59:42.17
>>18
今も教科書に載ってるの?
俺の高校生の時(昭和63年度卒業)はもう教科書には載ってなくてプリントしたもの渡されて授業受けたな。
代わりに森鴎外の「舞姫」が教科書に載っていた。

20無名草子さん2011/12/20(火) 23:27:14.99
今年さんざんやらされたよ

なんで友人の名が「K」なのかって訳のわかんない問題まで出た。

21無名草子さん2011/12/21(水) 11:39:37.44
私の実家って何処なんですか?
本文には載ってなかったんですけど。

22無名草子さん2011/12/21(水) 14:07:38.44
「先生」の奥さんと「私」の間に、微妙な空気感じたなぁ
勘ぐり過ぎかw

23無名草子さん2011/12/21(水) 22:46:00.16
>>22
大岡昌平だっけ、あの小説は先生の死後「私」が奥さんと結婚して書いた小説だ、と言っていたのは。

24無名草子さん2011/12/21(水) 23:46:22.68
「私」は、奥さんの死を区切りに語り始めたんじゃないの。

25無名草子さん2011/12/22(木) 00:19:42.75
>>22-23
それって安易な発想だなw

26無名草子さん2011/12/23(金) 00:59:47.44
精神的に向上心のないものは馬鹿だ

27無名草子さん2011/12/23(金) 21:27:49.47
「こころ」における血潮の意味とは?

28無名草子さん2011/12/23(金) 23:23:54.36
「殉死だ。殉死だ」

29無名草子さん2011/12/24(土) 09:08:04.63
みなさんKはどうして自殺したのだと思いますか?

30無名草子さん2011/12/24(土) 15:57:20.86
鬱病だよ

31無名草子さん2011/12/24(土) 21:34:42.28
寂しくって仕方が無い

つまり、自分も他人も信頼できなくなったからだよ

32無名草子さん2012/01/08(日) 22:42:16.66
こころを語るに足る知能の持ち主はここにはいないのか
残念

33無名草子さん2012/01/09(月) 04:10:41.58
じゃあお手本としてまずはお前が語ってみて

34無名草子さん2012/01/09(月) 18:06:21.39
>>24 >>31 で一応語ってるよ ご意見などお聞かせください

35無名草子さん2012/01/12(木) 19:46:40.58
見当違いの憶測を語りだと言うのなら
いくらでも語ってやらあ

36無名草子さん2012/01/14(土) 14:54:44.53
やっぱ >>32 だね。

37無名草子さん2012/01/15(日) 17:28:07.87
なんでこれが名作なの
人間失格よりイライラしたわ

38無名草子さん2012/01/15(日) 21:16:31.09
そうだなあ  読書経験の浅い高校生が、本文(教科書不掲載部分を含め)だけで分析的な読解ができる便利なテキストだからかな。

39無名草子さん2012/01/19(木) 13:17:52.09
実写版キャスト

先生    堺雅人
K     高岡蒼甫
お嬢さん  宮崎あおい
奥さん   高畑淳子

40無名草子さん2012/01/22(日) 18:26:58.05
>>39
いかにもな配役

41無名草子さん2012/01/22(日) 20:13:40.75
>>39

高畑さんぴったりです!
「よござんす、さしあげましょう」のセリフが似合う女優さんは少ない。
堺雅人の先生も、若い頃から晩年までうまく雰囲気が重なり続けそう。

Kは二枚目過ぎてはいけないので、津田寛治あたりでいかがでしょう。

若い学生の「私」は向井理できまりかな。

お嬢さんの死後、縁者のない遺骨を預かる「私」。
先生の墓に遺骨を納め、祈りを捧げる後ろ姿、
カメラがパンしてその横顔は、老けメイクの向井理。

そこでタイトルバック始まる! 「こころ」

こんな感じですかね。



42無名草子さん2012/01/22(日) 21:40:34.50
石原さとみキボン
坂の上の雲を見たせいか

43無名草子さん2012/01/22(日) 21:52:40.76
市川崑の『こころ』は名作。
先生(森雅之)がK(三橋達也)の死体を発見して、机の上の遺言の中身を確かめるところは背筋が寒くなる。

44無名草子さん2012/01/23(月) 14:54:21.81
>>41
「縁者のない遺骨」は違うんじゃないか。

45無名草子さん2012/01/23(月) 22:24:20.07
そうですね、叔母さんの一族がいるはずですから。
とはいえ、先生の言葉から疎遠気味なのは確か。
従兄弟の代になると、もう縁が切れているも同然だったりして。

では、「私どもよりもあなたが最初にご焼香を」と従兄弟が「私」に勧める。
そこで遺影に手を合わせる「私」。カメラがパンすると老け顔の向井理。
そこでタイトル 「こころ」

46無名草子さん2012/01/27(金) 07:37:15.39
先生はどうやって自殺したと思いますか?
自分は何故か、崖から海へ入水したというイメージなんですが

47無名草子さん2012/01/30(月) 20:16:14.94
砂浜から海へ歩いて入水

48無名草子さん2012/02/02(木) 15:12:09.62
昭島市のアパートでちんこを切り取って自殺

49無名草子さん2012/02/04(土) 11:29:04.26
雪山で凍死

50無名草子さん2012/02/04(土) 22:03:30.12
静を悲しませないための3条件

@ 自殺と察知されない
A 自宅で死なない (「私がいながら」も「私が家を空けなければ」もだめ)
B 死体が損壊されない状態で見つかる

と考えると・・・

51無名草子さん2012/02/05(日) 17:10:46.33
1と2はともかく、3は難しくないかな
遺体が見つからないようにしない限り。学生の「私」がどうにかしたのか・・・?
そもそも学生の「私」が東京に着いた時には先生は亡くなっていたんだろうか

52無名草子さん2012/02/05(日) 22:53:11.94
「私」が駆けつけると、先生は平然とお茶を飲んでいて、
「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」
と言った。

53無名草子さん2012/02/06(月) 14:14:31.60
>>41
高畑さんは白い巨頭でのファビョり具合が最高だった

54無名草子さん2012/02/06(月) 22:52:29.85
>>51 雪国の里山を散策中に道に迷って頓死、とかいうなら全条件満たせるのですが、何しろ先生の死期は夏。
炬燵でCO中毒というのも同様に却下。

ボート釣りで転覆・・・先生は泳ぎが達者。
虎列剌・窒扶斯・・・なりたくてなれるもんじゃなし。
脳卒中・・・先生、酒はやめてたし。

あえて毒茸か青梅でも食べてみるしかないのでしょうか。

>>52「これを旨く拔いてくれたら己は死ねるだらうと思つてゐる。物を言ふのがせつなくつて可けない。どうぞ手を借して拔いてくれ」
あ、作者が別ですか。




55無名草子さん2012/02/07(火) 17:27:53.80
カミソリが喉に刺さったまま、平然とお茶を飲むわけないか。

56無名草子さん2012/02/08(水) 19:52:34.85
息子2人戦死、面目保てた…乃木大将の手紙発見

 日露戦争(1904〜05)で中国・旅順を攻略した陸軍大将、乃木希典まれすけ(1849〜1912)の手紙が見つかり、入手した広島市の学校法人修道学園が8日発表した。
 自刃する2年前、かつての部下に宛て、日露戦争で約6万人の死傷者を出すなど多大な犠牲を強いた責任を感じ、「弊家へいけハ小生共しょうせいとも一代いちだい」と乃木家を断絶させる決意をつづっている。
 手紙は1910年7月6日の消印。陸軍時代の部下で、同学園の前身の修道中学校総理(理事長)だった佐藤正に宛てた。乃木も後に学習院院長となり、同じ教育者として交流を深めたという。
 手紙では、広島の特産品をもらった礼をつづった後、戦争で跡継ぎの2人の息子を亡くした乃木に養子縁組を勧める佐藤に対し、「小生共一代」と跡継ぎのための養子は考えていないと記した。
また、天皇陛下や戦死した将兵の遺族に対し「申譯もうしわけナク」と謝罪し、息子2人の戦死は「愚父ノ面目ヲ添ヘタル」と、かえって面目を保てたとしている。

(2012年2月8日15時31分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120208-OYT1T00678.htm?from=navlp

殉死だ殉死!

57無名草子さん2012/02/08(水) 19:55:22.20
そんな時代だったんだなあ
「広島の特産品」って何だったんだろう

58無名草子さん2012/02/10(金) 16:29:47.58
>>27
こころ血潮(実践)⇔懐疑理性(理論)
だと思っている。
先生は「愛の高貴な理論化」だから静とはできない。孤独。
私とは遺書ではじめて心臓云々書く。
Kも以前は(漆の心臓)死ぬとき初めて血潮が見れる。
つまり、先生とKは死の瞬間にしか愛=こころのつなかりもてない。

59無名草子さん2012/02/11(土) 09:14:43.07
>>58
概ね同意します。

ただ、Kが先生に見せつけた血潮は、すでにどす黒く粘って(まるで漆のように)いたように思われます。
己が恨みや嘆きを先生に突きつける一方で、その真情は全く語らない(当然遺書も素っ気ない)。
そのため先生はKを最後まで受容することができず、「よそよそしい頭文字」で呼び続けます。

しかし、先生は「温かく流れる血潮」を私に浴びせ、その真情を余すとこなく伝える。
その結果先生の死後も絶えない敬慕が生まれる。

そんなふうに考えていました。

60無名草子さん2012/02/12(日) 17:24:12.03
>>59
概ね同意します。
K→先生→私、と反省されているのはその通りだと思う。
「受容することができず」ってとこもうちょい訊きたい。
先生とKの関係をどう捉えてます?

あと、私がなぜ『こころ』と呼ばれる文章を書いたのか。
どうお考えですか?

61無名草子さん2012/02/14(火) 23:13:51.44
>>60 
先生とKの間にいわゆる「心の交流」はないと考えています。
Kが自殺した際、先生は今後の運命をぼんやり危惧するだけで、悲しむことはありません。
保身が先に立ったというより、Kの喪失を惜しんでいないせいでしょう。
先生が自分の罪を明視するのは、己が死を意識してからです。

「私」が『こころ』を書いたのは、「真面目に人生そのものから生きた教訓を得たい」と願う人が、自分の他にもいると考えたから。
ただし、先生が「記憶を、なるべく純白に保存しておいてやりたい」と望んだ静の死を待って、「私」は語り始めます。

62無名草子さん2012/02/19(日) 01:41:31.53
>>61
遅れましてすみません。あなたの読み方は全く正しいと思います。
しかしその上で書いておきたいこともある。
先生は「Kの喪失を惜しんでいない」訳ではないと思われます。
それにしては、@死ぬ前に誰かに伝えたいという「自己のため」、
A人生の教訓を与えるという「私のため」を越えた鬼気迫る「こころ」がある。
(「私」の文章はそれに比べると「観照的」といえるほどに。
実際「私」は父という身近な人の死に際しても、あるいは父と先生の死後に記した文章でもほとんど揺らいでいない)
先生は「よそよそしい頭文字」を使わざるをえなかったのではないでしょうか。
実際によそよそしく思っていることと、よそよそしくしか書けないことは別だと思うのです。
我々が『こころ』を読むときにあまりに「観照的」ではないかと素朴に思ってしまいます。私個人として。
(長くなったのでで『こころ』が書かれた理由は割愛します。すみません。)

63無名草子さん2012/02/25(土) 11:33:35.70
ご教示ありがとうございます。
「Kの喪失を惜しんでいない」は確かに的外れですね。

先生にとってKとは「宿痾」・「厄難」のような物だったのでしょうか。
晩年の先生は「人間の罪」を見つめます。Kは罪の象徴。
では罪とは。「嫉妬」や「虚言」よりは「浅慮」と「傲り」ではないかと考えています。
軽はずみな親切心や、意識しないほどの優越感が、先生とKの悲劇の源。

漱石はなぜ友人のイニシャルに「K」を選んだのか。
恐らく「荊」のメタファでしょう。
先生の心に植え付けられた荊は、年月とともに繁茂してゆきます。
やがて荊冠が頭を締め付け、荊垣が心を閉じ込めていく。
眠り姫よろしく荊城にとらわれた先生は、死に向かわざるを得ない。

よろしくご意見をお聞かせください。

64◆pabVKfCDzNVk 2012/02/26(日) 16:59:32.29
俺的には漱石の中では「こころ」が一番の名作なんだが。

65無名草子さん2012/02/26(日) 17:11:12.04
『こころ』も面白かったけど僕は『夢十夜』かな。

66無名草子さん2012/02/27(月) 05:24:49.20
草枕だろ

67無名草子さん2012/03/04(日) 13:53:05.60
KはKYのK
先生とお嬢さんの間に勝手に割り込んできやがって
しまいには、先生への当てつけのように自殺してしまうとは
だからKなんて名前で呼ばれるんだよ
本当に頭に来る奴だわ
こんな奴のために悩まされる先生が可哀相だな

68無名草子さん2012/03/04(日) 14:36:31.24
まあ下宿に引き込んだのは先生だけどね

69無名草子さん2012/03/08(木) 07:27:26.87
一つ屋根の下に若い女一人と若い男が二人。
こうなること先生は予想できなかったのかね?

70無名草子さん2012/03/08(木) 08:58:30.28
この先生って酷い人間だよね。たった一人の親友を陥れて。
女の腐った奴みたい。お嬢さんとKがカルタやる時の
嫉妬メラメラさせるところが怖すぎるわ

71無名草子さん2012/03/09(金) 21:38:02.52
あなたはそういった青春を通り過ぎなかったのですか

72無名草子さん2012/03/09(金) 21:46:37.81
どっちかっていうと、Kはお嬢さんよりも奥さんのほうが
好きそうというか似合いそうだと思ったけどどうだろう

73無名草子さん2012/03/10(土) 12:31:30.80
そうすればまるくおさまるな!

74無名草子さん2012/03/13(火) 22:42:38.84
集英社版の解説で、女(有名人らしいが)の感想が酷過ぎた。
>>70の感想と似てるが。

75無名草子さん2012/03/14(水) 00:37:36.36
どう感じてどう思ったかは読んだ人の自由だけど、この夏目漱石の文章を読んで、Kは邪魔もの、親友裏切る先生は最低、ってそれだけで片付けられるのは悲しい。

上手く言えないけど、この物語の"何か"をわかってほしい。

76無名草子さん2012/03/14(水) 00:58:42.11
「恋は罪悪ですよ」

結局、これに尽きると思うがな。

77無名草子さん2012/03/14(水) 07:33:02.91
恋愛とは性欲の詩的表現に過ぎない

78無名草子さん2012/03/14(水) 16:53:00.07
先生はさー、体を動かすバイトとかすればよかったと思う

79無名草子さん2012/03/17(土) 09:27:08.75
先生の叔父も、当初は親切心で実家を引き受けたのかもしれません。
しかし、「世話をしてやっているのだ」「若いのだから丸め込めるはず」といった傲りや慢心が、彼を欲の途へと駆り立てました。
先生もKに対し全く同じ失敗を繰り返す。

『こころ』とは弱い心を持つ「人」の罪深さを描いた作品だと思います。

しかし先生の真情を受け継いだ「私」は、その事実を客観的に受け止め、
先生と「人」を許容する。

『こころ』からは、そんな「人」の靱さも読み取れます。

80無名草子さん2012/03/21(水) 00:27:35.70
結構立派な先生が、こころは同性愛として結論づける人がいて
気分悪かったのを覚えている。
お互いの過度のもたれあいに全く無いわけではないと思うけど。

でももっと人の持ちうる善性をより追求しているうちに、悪性も自身にも
人にも先生にも、あることをあまりに軽んじてしまった時からKは病んでいたと思う
それにしても何年か前にみた、こころのアニメは酷かったことを付け加えておく。

81無名草子さん2012/03/21(水) 23:33:22.30
「我輩は猫である」「坊ちゃん」等、青空文庫の名作が無料で読める

iphone対応アプリ sReader Lite (無料)
http://itunes.apple.com/jp/app/sreader-lite/id492514436

82無名草子さん2012/03/22(木) 14:50:08.11
高校で読まされた時には何にも感じなかったのに、大人になって読んだら苦しくなった。
こんな心理があることをよく的確に描けるなあと思った。
しかも、感情的じゃなく、淡々と書いてるんだよね

83無名草子さん2012/03/24(土) 10:45:29.78
「こころ」を学んだとき、Kになることはあっても先生になることはないだろうと思っていた。

まもなくKの立場を経験し、長じて先生と似た失敗をやらかした。
(別に恋愛のもつれとかではない。ちょっとした虚栄心と同情から引き受けた問題が深刻化した)
その頃は自分の罪に手足を縛され、何事にも興味関心の持てない状態となったが、
数年も経つと罪悪感は薄れ、なんとなく立ち直ってしまった。恐らく防衛機制が働いたのだろう。

先生は自分の罪を一生正視し続けた。
その意志の強さは敬服に値する。

84無名草子さん2012/03/27(火) 16:17:43.74
>>83
>先生は自分の罪を一生正視し続けた。

だったらお嬢さんと結婚してなかったろうなw

85無名草子さん2012/03/28(水) 19:16:09.73
Kを自殺させてしまったから自分だけ幸せになることはできない、じゃなく
Kを自殺させてしまった上にお嬢さんとの婚約破棄なんて罪の上塗りだ、って思考になったんじゃない?
私もショックな事があって自責の念に駆られた時、自分について決まっている事を変えるのはいけない事だと思い込んで斜め上の判断をして
より悪い方へ進んだことがある。
積極的行動が出来なくなるというか。

86無名草子さん2012/03/28(水) 22:33:54.72
先生の場合、むしろお嬢さんと結婚したことによって罪を正視しつづけような気がする。
本当に無責任だったら問題の元になった女も何もかも放り出して出奔しそう。

87無名草子さん2012/03/28(水) 22:49:35.14
今に比べたら精神的にも潔癖だったから学生の頃はわかったような気でいたが。
年取ってみると、なぜKが自殺したのか理屈では自身に潔癖で友の裏切りと
自分自身に絶望して・・・などなど理由を思い浮かべてみることは出来るんだが、
肌ではわからない。鬱病だったんだろうとぼんやり思う。これが年を取ったということだろうか
Kという人間は自分とはかけ離れた人物なんだな。

88無名草子さん2012/03/29(木) 00:01:57.37
Kも真面目過ぎるよね。
先生が裏切った時、自殺するんじゃなくて「裏切りやがったなこの野郎!」と怒る方向に行けば良かったのに。
つーか先生も、Kに打ち明けられた時、「俺もお嬢さん好きなんだ」と言えば良かったのに。
この二人、ちゃんと向き合って衝突してないよね。

89無名草子さん2012/03/29(木) 09:17:06.02
殴りあったり罵りあったりするのも無様でみっともないって思っちゃったのかな
他の友達にお互い悪口言い合うようなことも無いくらい閉塞した関係だよね。
先生は世話してやるみたいにKにいつも兄か教師みたいな上からの態度で、
KはKで泰然自若としているけど、その関係が崩れることがそんなにも致命的になることだろうか

90無名草子さん2012/03/29(木) 11:26:27.63
この作品について語られる場合、なんでもかんでもKKって流れになるのは教科書にその部分しか載ってないから?

91無名草子さん2012/03/29(木) 13:24:38.19
教科書はどこの部分か知らないが、自分とこの学校は選択現国取った奴は丸々全部やったぞ。
エスカレーター式の学校だから受験勉強入れない分、内容を掘り下げる授業形式だった。
二週間で全部読んで週明けの授業で各章ごとに要約と全体の感想文は原稿用紙2枚以上。発表あり
発表は年に二回回ってくる。ちなみに自分は芥川の或る阿呆の一生と谷崎の細雪が発表
2週間に一冊づつこの手の文豪と呼ばれる本読んだな。

92無名草子さん2012/03/29(木) 21:48:57.25
>>90
やっぱりそこがクライマックスだからでは?
先生の人生を決定的にした部分だし。
私も、大人になって全部読んだときにもKのところが一番しんどかったしいろいろ考えたし印象に残った。

Kがもっと明るくて柔軟で、先生に気楽にいろいろ言える人だったら違ってたのにね。
でもそうだったらそもそも先生と仲良くなってないか(というか仲良かったのだろうか?この二人)

93無名草子さん2012/03/29(木) 22:24:28.45
うちなんて中学と高校で二回もやった気がする。
Kの自殺の箇所だよね。

94無名草子さん2012/03/29(木) 22:45:37.69
こころは友情の裏切りという学生にはわかりやすい心境を扱っているからなあ
選択国語でこころも全編やった91だが、
最初授業が始まった金色夜叉やたけくらべの読みにくいこと共感しにくいこと
最後の方のプロレタリア文学の領域の蟹工船や夏の花などの暗いこと救いがなことといったら
こころはその中でも、他人の葛藤や覚悟の程を垣間見えたのは若い頃心に残った
ただ最期の明治の精神に殉じた。というきっかけはぴんと来なかった

95無名草子さん2012/03/30(金) 09:11:31.27
教科書でKのあたりだけ読まされても、その前の伯父さんに裏切られた前提を読んでないとほんとの意味が分かんないよね。

明治の精神に殉じたというのは、その時代の人じゃないと分からないのかな。
私は、「ちょうど良いきっかけが出来た」くらいにしか想像出来なかった。

96無名草子さん2012/03/30(金) 21:42:05.40
夏目漱石の「坊っちゃん」は、これだから田舎はいやなんだ! ケッ!と田舎をバカにした小説である
精神を病んでいたところに、正岡子規から田舎で教師をやってみないか、と誘われて行ったものの
道後温泉に行ったとか、そば屋で食ったらおいしかったので何杯もおかわりしたら、その一部始終を
必ず誰かに見られており、「田舎にはプライバシーというものがないのかよ!」と激怒
そのうらみつらみを元ネタに、小説に書いたもの

ところが、1977年に中村雅俊主演の映画「坊っちゃん」が公開された
原作とはストーリーが違い、型破りな教師と田舎の純朴な生徒たちとのふれあい、とさわやかな内容に改変されており
これが大ヒット、松山・道後温泉ブームが起き、地元もこれに乗った形となった
伊予鉄の路面電車などは、「マッチ箱のようだ。乗ったと思ったら、もう終点。どうりできっぷが安いはずだ。」と
けなされているにもかかわらず、その「坊っちゃん列車」を忠実に再現(笑)

97無名草子さん2012/03/30(金) 23:34:21.53
そうなんだよね、明治の精神というか時代に殉じるなんて今では多分そんな人いない。
だから先生を含めて何かに殉じるという気持ちがわからないのがもどかしかった覚えはある。
だから結局あの時代の生の空気を知っていないと読み違えることあるんだろうなと思う

98無名草子さん2012/04/01(日) 14:06:28.09
お嬢さんを巡っての先生とKの葛藤があれだけ繰り広げられた一方で、肝心のお嬢さんの意思が完全スルーだったのが何か気持ち悪かった。
きもいって意味じゃなく、違和感とか納得行かないみたいな意味で。
物みたいな扱いだよね。本人も何を思っているのか(何も疑問に思っていないのか)全くわからない。
それもあの時代は普通の事だったのかな。

99無名草子さん2012/04/02(月) 11:08:25.54
奥さんの、よござんす。差し上げましょうで嫁入り先決定だからなあ。
ただ母親だからどこかで娘の意も汲んで選択した気もする。
そもそも婿候補として書生に招いた気がするしKは行き先無くて元々先生が世話した
いきさつだったと思うから、最初からどこか恵まれない人で眼中にも無かったような

100無名草子さん2012/04/03(火) 02:17:25.38
お嬢さんと奥さんは元々先生が良いと思ってると私は思ったけどな
Kは女受けしないもの
もっといえば家族を他人を支えるような余裕がどこにも感じられない

101無名草子さん2012/04/04(水) 13:02:44.37
あの描写でよくそこまで考えるな

102無名草子さん2012/04/13(金) 01:41:11.39
奥さんは最初ないし早くから先生を婿候補に見ていたと思うよ。
お嬢さんの真意は明確でないが、結婚後の様子を見るに先生よりだったようには見える。

103無名草子さん2012/04/16(月) 13:41:56.39
先生は、自分の友人を死に追いやったあげく、それを精神的自己ストレスの
理由にして、仕事もせずにぶらぶらし、略奪で手に入れた奥さんを勝手に
見放す、誠に勝手な人間なのです。いわば、「人間のクズ」の見本のような
人と言えるでしょう。

104無名草子さん2012/04/16(月) 23:23:09.76
心が温かい……?

105無名草子さん2012/04/16(月) 23:23:31.48
すいません誤爆です。

106無名草子さん2012/05/03(木) 21:17:17.58
奥さんがお嬢さんの意思なしに認めるわけがないとか言ってただろ
先生との結婚は完全に自分の意思

107無名草子さん2012/05/03(木) 21:52:26.61
お嬢さんは草食系な先生の当て馬にKを選んだだけで、Kのことなんて全然
好きではなかったと思う。
彼氏の相談をさんざん男友達にしといて、いざ男が「俺にしとけよ!」って
熱くなったら「そんなつもりじゃなかったのに…」って男二人の間で悲劇の
ヒロインぶるようなタイプ。
お嬢さんにはKは単なる当て馬でしかないから死んだことも何とも思ってい
なくて、先生に「この私はあなたを選んであげたのに一体何が不満なのよ?」
とか思ってそう。
逆に先生は自分のしでかした罪を背負うためにお嬢さんと結婚したけれど、
恋の熱がとれてくると親友を裏切ってまで欲しかったお嬢さんがこんな女
だったのかと静かに絶望。

と家庭板に毒された自分がゲスパーしてみる。

108無名草子さん2012/05/17(木) 19:46:49.69
奥さんの下宿はモーツァルトにおけるウェーバー家を思い出す。

109無名草子さん2012/05/21(月) 20:56:39.91
>>107
自分もそうだとは思う。
けれども下宿で二人きりできゃっきゃしたりお嬢さんとKの怪しい描写が描かれすぎている印象がある。
お嬢さんの無邪気さに起因するにしても、二人でコソコソしている理由がわからない。

110無名草子さん2012/05/22(火) 20:31:11.18
それって無邪気か・・・?

111無名草子さん2012/05/22(火) 20:45:21.68
するにしても、という仮定がわからない朝鮮人乙

112無名草子さん2012/05/23(水) 15:55:02.11
>>108
モーツァルトはアロイジア・ウェーバーに振られて妹のコンスタンツェ・ウェーバーと結婚したからな。
下宿屋の母親の策略もあったでしょうね。

113無名草子さん2012/05/26(土) 10:01:21.79
>>46
先生の自殺方法って、なんとなく布団の中で睡眠薬か青酸カリ使って
きれいに死んでいそう
首吊りやリスカだと、静に強いショック与えるし

114無名草子さん2012/05/26(土) 18:55:18.18
Kは布団の中で、頚動脈切りだっけ。
同じ方法をとりそう。
失敗もしそう。

115無名草子さん2012/05/26(土) 20:46:26.77
>>114
先生は私宛の告白で「静に残酷な衝撃を与えたくない」みたいな事を
書いていたはず
だから自死の方法も見た目がきれいな薬物だと思う

116無名草子さん2012/05/29(火) 18:40:59.75
私は、先生はどこか人目につかない遠いところで静かにいなくなった印象があったな。
デスノートのナオミの最期みたいに

117無名草子さん2012/06/01(金) 18:17:52.28
先生の「あなたは腹の底から真面目ですか。」という質問に対して
「私」が言った「私の命が真面目なものなら、今言った事も真面目です。」って答えになってない気がするけど、どうなんだ。
余裕のないこのセリフ自体に「私」の真面目さが出ているから、先生は話すことを決心したんだろうか。
ずっと気になってたけど特に解説してくれる本も人もいないので、いまだに引っかかってる。

118無名草子さん2012/06/07(木) 07:44:54.18
>>117
これ以上の答えはない。

119無名草子さん2012/06/10(日) 22:04:48.96
元祖NTR小説ですよね?

120無名草子さん2012/06/10(日) 23:16:23.70
最初に読んだとき、Kがイニシャルで書かれているのが、
なんとなく気味悪かったのを覚えている。
自殺するという展開があったから、よけいに印象に残ったのかもしれないが・・・

121無名草子さん2012/06/11(月) 00:34:27.88
星新一の「N氏」はどうでした?

122無名草子さん2012/06/11(月) 09:04:20.39
Kといえばカフカ

123無名草子さん2012/06/11(月) 13:26:03.62
梶井基次郎の「Kの昇天」もKだな

124無名草子さん2012/06/16(土) 11:08:10.16
RちゃんとSの話

125無名草子さん2012/06/18(月) 19:38:37.98
「こころ」は明治版上流階級のゲイ物語ですよね。映画「ブロークバックマウンテン」は現代版ガテン男のゲイ物語。ホモ物語も読み比べ、見比べすると面白いですね。
「こころ」を現代版に書き換えるとどんな感じになるのだろう

126無名草子さん2012/06/18(月) 19:43:06.03
...脈々と受け継がれ現在ではラノベと呼ばれている。

127無名草子さん2012/06/18(月) 20:44:36.90
どこら辺がゲイ?

128無名草子さん2012/06/18(月) 23:01:43.40
・最初に出てくる外人の裸が気になる描写
・話したこともないオッサンに出会えないかと、毎日浜辺に出かけていたところ
生々しい描写が許されない時代だったけれども、それにしても、ゲイが気になる男に接近していく努力の過程を上手く表現出来ていると思います。

129無名草子さん2012/06/18(月) 23:12:21.73
先生と私には同性愛的要素は感じません
むしろ、若かりし頃の先生のKに対する仕打ちに歪んだ愛情を感じます

130無名草子さん2012/06/21(木) 17:35:14.46
「こころ」を同性愛小説として認めない人たちは、どの人も私と先生が海岸で出会い、私がしつこく海岸で待ち伏せしたときの状況や心境を上手く説明しないし、見事にスルーしている

131無名草子さん2012/06/21(木) 18:20:45.90
じゃあ上手く説明してください。

132無名草子さん2012/06/21(木) 20:16:12.79
同性愛小説だと思ってるけど、
フンドシ爺さんと「私」じゃ萌えねーんだよ
老け専うぜー!!!

あれは先生(若)とKさんの同性愛小説だ

133無名草子さん2012/06/21(木) 20:59:19.47
どう読もうと自由。
ホモにはホモの世界がある。
ホモの脳内のことだ。
だれも否定はできまい。

134無名草子さん2012/06/23(土) 08:09:03.62

135無名草子さん2012/06/23(土) 12:18:57.03
途中までしか読んでなくてごめん
先生って何歳? 明確な歳の描写って出てくるの?

136無名草子さん2012/06/23(土) 12:25:21.16
爺の先生ですか?書生の先生ですか?

137無名草子さん2012/06/23(土) 12:45:19.92
>>135
いちおう

ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/2694790.html

138無名草子さん2012/07/28(土) 23:45:22.66
本質をわからない愚物は、なんでも同性愛に結びつけるんだよね。

139無名草子さん2012/08/05(日) 14:40:15.42
前半の私と先生の物語のが共感できて楽しかった
遺書編はひたすら退屈、糞

140無名草子さん2012/08/05(日) 18:13:08.60
遺書編が一番ドラマチックだろ、ks

141無名草子さん2012/08/05(日) 19:10:35.05
ドラマチック()

142無名草子さん2012/08/08(水) 20:53:37.50
>>128
男性を好奇の目でみる=ホモとしか考えられないのかよ…
ホモは思考が狭すぎるな

143無名草子さん2012/08/09(木) 00:38:24.93
200枚以上の遺書を感銘深く読ませてしまうのが作品の肝

144無名草子さん2012/08/09(木) 00:59:29.43
たしかにw
アレって一応遺書なんだよな、忘れてたわ。

145無名草子さん2012/08/09(木) 02:33:49.00
>>142
レズの大量殺人者だろ。

ひたすら機械のように日本国民を殺す、アカい殺人マシーンな。


賠償金は、キチガイ殺人外道全員の命と資産だ。朝日新聞社などは当然消滅だ。


今さら泣きを入れたって遅いんだよ。こいつの仲間友達同胞はすべて消去だ。人間の形をした殺人生物だからな。

146無名草子さん2012/08/09(木) 03:05:50.95
はい?

147無名草子さん2012/08/09(木) 15:38:45.71
続編が読みたい
続明暗みたいに誰か書いてくれないかな

148無名草子さん2012/08/09(木) 19:11:02.85
あたしが書く

149無名草子さん2012/08/10(金) 17:59:31.77
完結した作品に続編は不要です。

先生が死に、奥さんも死んだ時点でこの作品の世界は閉じるのです。

150無名草子さん2012/08/10(金) 18:04:24.07
それはお前の妄想。

作品は続くよどこまでも♪

151無名草子さん2012/08/10(金) 18:18:59.52
続編は読者がそれぞれ想像して楽しむものだ。
誰かが書いたとしても、私はそれを一意見としてしか取れない。

152無名草子さん2012/08/10(金) 22:07:27.00
>>150

続編って何書くの?

先生の死後の「私」の人生?
それって意味あるの??



153無名草子さん2012/08/10(金) 22:34:55.31
先生は生きていた!
アイルビーバック!!!!!!!!!!!!

            /j^i
           ./  ;!
          /  /__,,..
         /  `(_t_,__〕
         /    '(_t_,__〕
        /    {_i_,__〕
       /    ノ  {_i__〉
     /      _,..-'"
   /      /
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

154無名草子さん2012/08/10(金) 22:43:40.03
死ぬ死ぬ詐欺

155無名草子さん2012/08/15(水) 09:33:15.95
先生とKが房総半島を旅行した場面は、カモフラージュでお嬢さんを好きになっているフリをしているけど、「やっぱりお前が好きなんだ」と、ゲイ同士が熱い愛を確かめ合ったシーンだと思う。

156無名草子さん2012/08/15(水) 09:36:40.28
朝から熱いぜ、ウホッ

157無名草子さん2012/08/15(水) 15:00:09.48
先生はともかくどういう解釈したらKまでホモになるんだよ
Kがホモかどうか察せる描写なんて皆無だったろ

158無名草子さん2012/08/15(水) 16:58:32.69
行間を読むのが精読者だ。

159無名草子さん2012/08/16(木) 10:29:30.80
>>157
先生がKに執着していた

160無名草子さん2012/08/16(木) 10:58:16.82
先生は嫁に冷たすぎる。
死んでしまったKをずっと想い続けているのである。

161無名草子さん2012/08/16(木) 11:38:27.99
>>160
だって先生がお嬢さんに結婚申し込んだのはお嬢さんが好きなんじゃなくて
Kがお嬢さんに心惹かれて、Kが自分から離れて行くという嫉妬に駆られてだもの
先生が本当に愛していたのはK
先生はヤンデレ

162無名草子さん2012/08/16(木) 11:51:36.98
なんかさぁ…ホモだのヤンデレだの、今の尺度で考えすぎじゃないか?
別に否定はしないが、なんでもかんでもそれらに当てはめるのは如何なものかと

163無名草子さん2012/08/16(木) 12:14:40.74
>>162
そういう言葉が無かっただけで、「ヤンデレ」という概念自体は大昔からあったと思うけど

164無名草子さん2012/08/16(木) 12:30:44.23
>>162
お前アホだろwww
ホモ文化は昔日の方が隆盛を極めていたぞwww

165無名草子さん2012/08/16(木) 12:33:36.61
下宿してお嬢さんに出会うまではKは先生に精神的に依存していた。
しかし、お嬢さんと出会う事によりKは変わっていく。もはや先生を頼りとする必要も無い。


「K…、お前の…お前の大切なものを奪ってやる…!」

166無名草子さん2012/08/16(木) 12:46:04.80
K「き、貴様が娘付きの下宿に住んでるのは偽装だったというのか・・・」
先生「な・・・なにを根拠に・・・あっ」
K「チュッ!」
先生「アッー!」
K「俺と貴様を隔てるものは・・・」
先生「襖一枚だけさ・・・」
K「心の中の襖も取り払ってしまえばいい!」
先生「はぅ...お、お嬢さんが...お嬢さんが見てる...><///」

167無名草子さん2012/08/16(木) 12:48:35.85
勃起したwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

168無名草子さん2012/08/16(木) 16:13:17.04
>>159
先生がKに執着するとなんでKがホモってことになるんだよ

169無名草子さん2012/08/16(木) 19:16:44.02
>>168
159だけど155とは別人だよ
なんでKがホモなんだってレスに対して
Kがホモなんじゃなくて、先生がKに執着(限りなく同性愛に近い感情)していた、
って意味で書いた

170無名草子さん2012/08/16(木) 19:59:04.37
>>169
先生がホモという解釈は一応認めた上で>>155のゲイ“同士”に対して
> Kがホモかどうか察せる描写なんて皆無だったろ
と反論した

そこにお前が「いや先生はホモだ」とズレたレスしてきたわけ
俺は>>155にKはホモじゃねーだろと言っただけで先生のことなんぞ聞いてない

171無名草子さん2012/08/16(木) 20:04:05.38
そうですか

172無名草子さん2012/08/16(木) 23:24:51.75
>>166
新作マダー?

173無名草子さん2012/08/17(金) 14:11:24.22
私はその人を常に兄貴と呼んでいた。だからここでもただ兄貴と書くだけで本名は打ち明けない。
これは世間を憚からない遠慮知らずというよりも、その方が私にとって自然だからである。
私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「兄貴」といいたくなる。竿を握っても心持は同じ事である。
よそよそしい避妊具などはとても使う気にならない。

174無名草子さん2012/09/01(土) 00:46:19.41
アッー!

175無名草子さん2012/09/07(金) 00:10:22.99
>>166
先生が受け入れる方なの?ww
私の中のKさんはもっと儚げで積極的にガンガン攻めるイメージじゃないんだが

176無名草子さん2012/09/08(土) 21:43:08.50
忘れられない! 国語の教科書のあの話

国語の教科書で、出会ったたくさんの作品。
誰にでも、忘れられない想い出のストーリーがひとつはあるのではないでしょうか。
今回は、社会人300人に、「国語の教科書に載っていて、最も印象に残っている話」を調査。多感な少年少女の心をとらえた作品について聞いてみました。

Q .国語の教科書に載っていて、最も印象に残っている話を教えてください。

■「こころ」
・教科書に載っていたKとの部分が、授業で扱うにはセンセーショナルだなと感じたことを覚えている。続きが読みたくて、図書館で借りて一気に読んだ。 (24歳/女性/運輸・倉庫)
・「恋は罪悪」とか、「精神的に向上心がないものは馬鹿だ」とか、登場人物が話す独特な言葉を、友人とよくまねをした。(25歳/女性/金融・証券)

http://student.mynavi.jp/freshers/column/2012/09/post_225.html

177無名草子さん2012/09/09(日) 08:34:26.68
>>176
>・「恋は罪悪」とか、「精神的に向上心がないものは馬鹿だ」とか、登場人物が話す独特な言葉を、友人とよくまねをした。(25歳/女性/金融・証券)

これは、ほほえましいwwww

178無名草子さん2012/09/24(月) 23:52:06.82
>>166
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwww

179無名草子さん2012/09/30(日) 12:11:48.50
映像化結構されてんのな。
今日朝からBSの日本映画チャンネルが無料だったんで何となく番組表みてたら
1955年作成の「こころ」やっててついつい見てしまった。
スレチだけどモノクロ映画を最初から最後まで見たのは初だな。
内容に関しては言うまでもあるまい。

180無名草子さん2012/09/30(日) 14:31:55.57
かんけーないからぁ〜、あ〜、かんけーないからーっ!

181無名草子さん2012/10/07(日) 06:20:45.39
坊っちゃん以外は全く駄目。

182無名草子さん2012/10/07(日) 20:53:14.69
>>157
Kはノンケ
先生はバイセクシャル(ホモ寄り)

ちなみにこんな感じ

お嬢さん
↓   ↑
先生→K

183無名草子さん2012/10/08(月) 12:42:23.78
冒頭の海岸のシーンに出てくる外人は、どこで尻会ったのだろう。
一夜の火遊びだったにちがいない

184無名草子さん2012/10/08(月) 20:59:19.04
なんでも同性愛ネタにしたがる人って、
「うんこ!うんこ!」って大喜びしてる7歳児とおなじだよね。

185無名草子さん2012/10/08(月) 22:07:03.65
それはちょっと違うんだな?
あのね、きみ
いいものもある、悪いものもある

186無名草子さん2012/10/08(月) 22:22:29.25
お嬢さん(被害者)
↓   ↑
先生→K

私(蚊帳の外)

187五関敏之2012/10/09(火) 19:41:58.78
せやったなあ

188無名草子さん2012/10/09(火) 22:30:40.83
評価の定まった作品を貶めてこその楽しみだ

189無名草子さん2012/10/11(木) 16:20:57.91
作品が出るって前評判だけで記念の饅頭が売り出されたとか
当時の人はどんなふうに読んでいたんだろうなあ

190無名草子さん2012/10/11(木) 20:52:56.25
ヤヤッ、此れは良い衆道小説!

191無名草子さん2012/10/12(金) 18:14:59.80
夏目漱石の「吾輩は猫である」にあった謎

http://music.geocities.jp/jphope21/0204/47/308.html

猫がエジプト王朝の証拠であることがわかった時に、その謎が解けた。

192無名草子さん2012/10/12(金) 20:25:39.10
スレチ

193無名草子さん2012/10/12(金) 20:38:54.39
自然の与えてくれるものってあるけど、これってKが本人に告白していないという状況のことをさすの?

194無名草子さん2012/10/16(火) 21:54:35.33
それにしても、漱石はホモを主人公にしたのだろうか?身辺に同性愛者の悲劇でも起きたのだろうか。

195無名草子さん2012/10/17(水) 19:59:20.50
こころとか学生に読ませるから自殺者が減らねえんだよ。
こんな本、発禁にしろ。

196無名草子さん2012/10/17(水) 22:39:08.59
中学だか高校時代だかに、課題で無理やりこころを読まされたせいで同性愛小説に目覚めてしまった
どうしてくれる

197無名草子さん2012/10/17(水) 23:42:37.46
>>196
(´ε` )

198無名草子さん2012/10/21(日) 01:00:53.48
>>80

あんたの先生と同じようなバカが多いんだね

久しぶりに覗いて落胆した


199無名草子さん2012/10/22(月) 12:50:07.98
昨日の産経新聞の記事によると、旧制一高では同性愛がやはりあったようですね。同性愛、オカマに厳しいコメントを載せる産経だから、同性愛の事実に言及している点は、注目すべき。
やはり、「こころ」がゲイ小説だと確信した。
漱石の周辺で、いったいどんな事件があったのだろうか?

200無名草子さん2012/10/22(月) 13:37:54.73
マジで
地方版の記事?

201無名草子さん2012/10/22(月) 14:01:57.64
東京で買ったけど、旧制高校とそこで学んだ偉人たちについての記事です。連載形式で、昨日はその十二回目。
「中村真一郎、青春日記」に一高時代に経験した同性愛についての記述がかなりあるそうです。「寮生活の中で、同性に恋愛感情を持ち、嫉妬し、ときには唇を重ねる」等。
記者は、ストレートであるためか、「強い仲間意識」を持ち、濃厚な人間関係を築いていた、とまとめています。
なんと、その中村氏だけでなくあの菊池寛らにも同性愛の噂があった、とまで書かれています。もちろん署名記事です。

202無名草子さん2012/10/30(火) 06:04:28.04
日本はホモの超大国だからな(´・ω・`)
歴史を紐解けば、ホモだらけだ。

203敗訴一声会さくら接骨院親歌代英二2012/10/30(火) 18:47:26.96
>>187
hcx

204無名草子さん2012/11/04(日) 11:28:34.16
アニメ化もされてて数年前にテレビでやってた
わたしと友人の二つの視点から2パターンのストーリーあり
冒頭のナビゲーターが堺まさとやらだったね

205無名草子さん2012/11/04(日) 11:32:56.59
ホモホモしかったですか?映像化作品は実写、アニメ共に観た事はないです

206無名草子さん2012/11/04(日) 12:15:13.59
>>204
微妙にみたかも。
彼、がやたら大柄で暗〜い青年のやつかな?

207無名草子さん2012/11/07(水) 01:44:18.41
先生が御嬢さんの下手糞な生花や琴にときめいていたのはオタ的な萌えに通じるものがありますか?

208無名草子さん2012/11/07(水) 02:22:02.77
ありません。

209無名草子さん2012/11/07(水) 03:26:28.75
オタクの二次元女性キャラに対する萌え要素の例として
「料理が殺人的に下手」などがあり、
それに近いものを感じたのですが違いましたか。
失礼しました

210無名草子さん2012/11/10(土) 13:14:43.03
>>206
かなり時間差レシーブですが、それです。

211無名草子さん2012/11/10(土) 15:11:56.02
お嬢さんのお宅って内風呂?風呂無し?
描写あったっけ?

212無名草子さん2012/11/10(土) 16:14:01.05
風呂についての記述はなかったような
先生にはなんか生活感がないんだよねw

お嬢様のイメージはあしたのジョーの紀ちゃん

213無名草子さん2012/11/10(土) 21:54:09.74
下女について興味を持つ人は居ないの。

若い男二人居る家に、奥さんとお嬢さんとそれに、下女が居るんだよ。

214無名草子さん2012/11/10(土) 21:54:42.03
下女っておばちゃんじゃないの

215無名草子さん2012/11/10(土) 22:10:55.48
おばちゃん、ばあちゃん。
本当にそれで片付けてよいの?

清とは限らないよ。

216無名草子さん2012/11/11(日) 00:44:54.15
若かったら年頃の先生も多少は意識するだろ
お嬢さんとの比較対象としてでも

217無名草子さん2012/11/11(日) 02:15:52.71
家に帰ると妻(さい)が必ず死んだふりをしています

218無名草子さん2012/11/11(日) 14:34:41.15
>>210
境雅人?をテレビで見たので探してしまったw

アニメの『彼』は殺人鬼の様な雰囲気ムンムンだが
純真そうなキャラクターでした

219無名草子さん2012/11/18(日) 22:15:25.41
読んだ方がいい?

220無名草子さん2012/11/18(日) 23:06:35.79
Kは先生のことなど全く恨んでいなかっただろう

221無名草子さん2012/11/19(月) 03:31:44.59
Kたんかわいそうよちよち

222無名草子さん2012/11/19(月) 13:52:32.49
東京物理学校の卒業率
  
1890年 入学者727人 卒業者17人 卒業率1.4%
1900年 入学者534人 卒業者18人 卒業率3.4%
1910年 入学者854人 卒業者96人 卒業率11.2%


ストレートに卒業できるとはああ見えて、坊ちゃんは優秀だったんだ。

223無名草子さん2012/11/19(月) 16:33:51.86
>>222
スレチ

224無名草子さん2012/11/20(火) 19:14:06.43
先生と私
外人から見ると同性愛に見えるって本当?

225無名草子さん2012/11/20(火) 19:32:09.69
外人ってあれか、作中の外国人のことじゃないのねw
日本人でない人間は69億人いるから69億全員が同じ読後感をもつとは思えんが

226無名草子さん2012/11/20(火) 20:18:58.63
日本人なら先生とKが同性愛に見えます

227無名草子さん2012/11/21(水) 06:27:37.68
日本は超ホモ大国
歴史紐解けば、おそらく世界でも日本が一番男色率高いよね。

228無名草子さん2012/11/23(金) 20:02:54.03
>>179
市川昆の映画「夏目漱石のこころ」は、高校の国語でこころをやった時に、
先生が学校で見せてくれた
あの時は先生役の森雅之が、Kとの事件があった学生時代まで演じていた
(今なら若いジャニーズ系あたりを使うところ)のだけが印象にあったが、
今思えば、あの映画は原作の細かいところまで再現していたり(私が卒業して
帰省したとき、卒業証書が荷物でぺしゃんこになって親に注意されるところとか)、
逆にKの名前を梶としたり、先生が自殺決行前に一目私にあって自分の秘密を
語ろうとしたが、帰省中でそれが叶わなかったからこそあの長い遺書を書くことに
なったのだ、とか原作にない所も補って話を構成したりと、かなり良く練り込んで
造った作品だと思う
あれは必見だよ

229無名草子さん2012/11/23(金) 20:07:03.63
漱石先生が激怒

230無名草子さん2012/11/24(土) 05:16:43.29
立ち小便注意した少女射殺=インド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121123-00000113-jij-int

作中、先生(老)がナチュラルに立ちションしていたのでビックリした
明治30年代は都内でも立ちションは日常の光景らしい

231無名草子さん2012/11/29(木) 18:31:22.55
尼崎では今でも道路で脱糞がデフォ

232無名草子さん2012/12/14(金) 19:43:16.74
立ちションは30年くらい前までは全国で普通にあったような気がする

233無名草子さん2012/12/15(土) 02:18:35.11
どこいな

234無名草子さん2012/12/23(日) 13:26:09.59
柳広司の作品に漱石先生が主役のものがあって、その先生はコミカルで面白いよ

235無名草子さん2012/12/23(日) 17:38:48.91
スレチ

236無名草子さん2012/12/29(土) 20:30:06.28
精神的に向上心のない者は馬鹿だってのも名言だけど
あたしが1番印象に残ったのは

金かねさ君。金を見ると、どんな君子でもすぐ悪人になるのさ

237無名草子さん2012/12/30(日) 08:51:44.97
「精神的に向上心」のくだりを読んで、逆にKが精神的に追い詰められていると感じてしまうのは俺だけ?
悩みとかあるけど、Kが思うほどみんな真面目ではない。
いい加減さがある奴が上手く生きて行ける

238無名草子さん2012/12/30(日) 11:23:36.70
Kさんを精神的に追い詰めることにS的快感を感じます

239無名草子さん2013/01/07(月) 23:02:55.25
余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた
        __
       ,r''´    ヽ、
     /r'"´ ̄`ー'、ヽ
     li _,,_  _,,._  ミ. !
     i'!rtェ :.rェi、` !/ヽ
       l! .:_、    7/
      l ,;iilllliii;,,  ,!
        ヽ.  ̄ _,.-''´ ヽ、
      _,.-i T  ,/   l `- 、
   ,r ' ´ ./ 〉 7´   r‐'    r' ヽ

ttp://sankei.jp.msn.com/life/news/130107/art13010714090006-n1.htm
ttp://sankei.jp.msn.com/life/news/130107/art13010714130007-n1.htm

240無名草子さん2013/01/10(木) 15:13:11.96
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4926.html
漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた」「余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た」・夏目漱石の未収録随筆「韓満所感」を発掘・韓国人の約70%が韓国人に生まれ変わりたくない・武井咲

241無名草子さん2013/01/10(木) 17:44:09.61
スレチ

242無名草子さん2013/01/15(火) 18:22:05.84
親子で比較!高校時代の人気本ランキング

1年男子の5位に「こころ」、2年男子の4位に歴史小説の名作「徳川家康」、3年女子では2位に「細雪」、4位に「こころ」がランクインしている。

また3年女子で4位に「ノルウェイの森」がランクインしたのをはじめ、男女ともベスト20の下位ながら、「人間失格」、「こころ」などの文学作品が読まれていた。

http://journal.shingakunet.com/trend/1736/

243無名草子さん2013/01/15(火) 18:48:27.24
>>234
漱石先生のシリーズ?
シリーズゆうても二作だけだったかな

我が輩は猫であるを題材にしたほうのラストが漱石先生の意外な優しさとかわいさが表れてて良かったね

244無名草子さん2013/01/15(火) 21:52:31.13
>>242
エロ小説多いな

245無名草子さん2013/01/18(金) 09:39:34.38
先生は本当に自殺したのか
遺書届いただけで死んだとは書かれてないよね

>>243
3作じゃない?猫と坊ちゃんとホームズ
ホームズは小説題材じゃないけど

246無名草子さん2013/01/30(水) 13:44:14.80
アニマックスでアニメやってるよ!

247無名草子さん2013/01/30(水) 19:32:58.49
アニメなんてなかった

248無名草子さん2013/01/30(水) 21:15:33.92
>>218
スカパーの広告で堺雅人をみた
何のスレかも覚えてなかったけど探し当てた

やりきった感(●^o^●)

249無名草子さん2013/01/30(水) 21:34:30.92
>>248
電車の中でらしきものを見たよ。
なんか地味な広告だった。

250無名草子さん2013/01/30(水) 22:52:17.47
あれはクオリティ的にokなのか?

251無名草子さん2013/02/03(日) 11:41:28.47
>>250
見た。あれは学生の出品レベルだけどそれが狙いなのかと思ったが。

252無名草子さん2013/02/03(日) 20:42:57.57
漱石の一連の作品は扱ってるテーマにしてはエロがないところがいい。
今の時代司馬ですらエロが多かったし、よほどの大物じゃないとエロなしでこのテーマは出版社が出してくれないよな

253無名草子さん2013/02/03(日) 20:49:59.46
Kさんは存在がエロいよ

254無名草子さん2013/02/03(日) 21:00:52.70
たまに出てくる狂った女のエロさは異常
ゾクゾクする

255記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) NGNG?2BP(333)
ぜひ、ご一読ください。

こころ殺人事件
http://ncode.syosetu.com/n1479bn/

256無名草子さん2013/02/05(火) 23:44:40.88
危険な匂いのするうらるは踏めません><;

257無名草子さん2013/02/06(水) 00:18:36.36
お嬢さんが策士。
Kを利用して私に嫉妬させる。

258無名草子さん2013/02/06(水) 10:08:37.32
先生が策士。
お嬢さんを利用してKを嫉妬させる。
(…というヤキモチ大作戦の予定だったのにあんな惨事に)

259記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) NGNG?2BP(333)
>>256
小説家になろうですよ。

260無名草子さん2013/02/10(日) 10:53:31.93
>>250>>251
いま見てるけどこれは無いなw
最近地上波でもCMしてるけどあれも普通なかんじ

261無名草子さん2013/02/11(月) 13:04:19.87
>>260
堺が悪いわけじゃないけど作り手が悪い罠

262無名草子さん2013/02/12(火) 20:15:07.67
遠藤周作 匿名化忘れて接続か 写真NEW

年をとるとびっくりするニュースが増えるなあ

263少年2013/02/16(土) 01:46:12.84
まったくですよね。朝日新聞さん(笑)


あなたがたに日本国大企業の広告は要らないでしょ。
だから、記載カットしました。

264無名草子さん2013/02/22(金) 20:39:56.70
>>260
>>261
あの役者自体がさわやかで知的な感じだけど、でも特徴無くてなんかふつーなんだよね。

265無名草子さん2013/02/24(日) 11:39:46.64
堺は笑顔の裏に潜む狂気みたいのが出せれば良くなるだろな
そしたら役柄が広がる

もうそんな役はどこかでやってたかもだが

266無名草子さん2013/02/24(日) 18:46:25.41
>>159 先生がKに執着していたのは劣等感から来るものが主だろ。
劣等感を抱いていたからこそ、Kと面と向かわず、Kを出し抜くような行動をしたのだし。

267無名草子さん2013/02/25(月) 17:54:17.13
猫がエジプト王朝の証拠であった

http://music.geocities.jp/jphope21/0204/47/308.html

脳裏を夏目漱石の「吾輩は猫である」が駆け巡った。

268無名草子さん2013/03/10(日) 12:50:16.91
>>204
Kの見た目がやたらと渋くなってたやつだっけ?少し気になる
ドラマ化されないのかな

269無名草子さん2013/03/10(日) 23:05:10.33
あのアニメ、凄く印象に残ってるww

お嬢さんがKの布団に夜這いに来てたし、襖一枚隔てて
先生が息をひそめてたw

270無名草子さん2013/03/11(月) 01:13:47.11
>>269
>お嬢さんがKの布団に夜這いに来てたし

kwsk

271無名草子さん2013/03/11(月) 07:14:28.40
>>270
確か、
夜中に部屋に忍び込んで来るお嬢さん
Kの腕枕でピロートーク
先生は眠っておらず二人の気配を感じてる

という感じだったかと

272無名草子さん2013/03/11(月) 13:43:37.25
マジかw
何て言うタイトルだっけ?
動画残ってたら見ようかな

273無名草子さん2013/03/11(月) 19:16:13.47
青い文学だった気がするけど
原作改悪&Kが浮浪者みたいな見た目で酷いらしいよ

274無名草子さん2013/03/16(土) 10:33:33.76
先生と私で肉体関係があったと東大は言ってたな

275無名草子さん2013/03/16(土) 23:30:47.29
>>265
いつも半笑いなのがやや気味悪いと言えば言えるが

276無名草子さん2013/03/17(日) 23:20:28.39
>>274
え!?恋は罪悪なのに?
東大って教授?

277無名草子さん2013/03/21(木) 11:52:26.61
来月のEテレ「100分de名著」が『こころ』らしい

278無名草子さん2013/03/22(金) 18:53:10.37
>>275
菅野美穂と結婚だってさ

279無名草子さん2013/03/24(日) 09:53:20.80
ニュースでみた
ほんとなんだねぇ

280無名草子さん2013/03/24(日) 18:04:37.77
大河の新撰組に抜擢されなかったら、ここまで売れなかったろうし結婚もなかっただろう。

281無名草子さん2013/03/26(火) 20:38:23.64
わりと普通な真面目なカップルだね

282無名草子さん2013/03/27(水) 04:59:58.52
嫌味な感じもなく好感もてますねえ

283無名草子さん2013/03/31(日) 20:48:20.91
吾郎ちゃんとは別れてたんだな

284無名草子さん2013/04/18(木) 21:02:44.34
お嬢さん(天然を装った悪女)になって未来ある真面目な若者(イケメン)2人の人生をめちゃくちゃにしてやりたい

285無名草子さん2013/04/30(火) 17:26:07.56
包K

286無名草子さん2013/06/29(土) 09:28:50.46
みたことある!
境まさとが案内役やってた夏目漱石アニメのはなしね?
あと太宰作品のアニメもあったな

287無名草子さん2013/06/29(土) 22:22:19.64
人間失格は暗かったな〜

288無名草子さん2013/06/30(日) 12:12:27.70
鏡に映ったり、そのあたりに居たりする影みたいのが気味悪かったね。

289無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
人間失格は堕落美少年アニメになってて、堕落の幻みたいのが気持ち悪かったね〜
でも気持ち悪かっただけな印象

290無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
あのうぉぉんとした化け物みたいの?=影

あれは自分の影だと思って見てたよ

291無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
スレチの話してる奴は何なの

292無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>290
あれはまさしく自分自身の影だよ
自己嫌悪と破滅の影

293無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
太宰はん・・

294無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
夏目はん・・

295無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
影は結局なんなんだよ?

296無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>295
それは書いてある

夏目作品がアニメ化されていて、太宰はんの作品も同じシリーズとしてアニメ化されてたなあ

297無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
暗いアニメシリーズだな

298無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
でも漱石先生の事件簿とか漱石を主人公にしたコミカルな小説もあるよ

299無名草子さん2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
誘導

夏目漱石 九十七夜
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1369645638/

300無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>298
二作あるね
最後に猫が生き返るやつが好きだな

301無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>300
それが漱石先生の事件簿じゃないか?
もうひとつはなんかシリアスな雰囲気のだったような

302無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
それは推理もの?
夏目漱石が?

303無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
推理の夏目漱石とは意外なりね

304無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
漱石先生のキャラがおもしろくていいよ

305無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
もうひとつは坊ちゃん殺人事件かな

306無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
それがシリアスものか

307無名草子さん2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アニメはけっこうおもしろかったけどね

308無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
漱石アニメのナレーション勤めた俳優が働きマンと結婚したな

309無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
だいぶ前にネタでてるぞ

310無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
ほんとだな
すまん

311無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
CMでもコミカル

かと思ったがあれは違うか
ファミレスで小銭のあれは

312無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
あれは野口英世だろ

313無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
境と菅野は別れないだろうな〜

314無名草子さん2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
んなこたわからんだろ

315無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
菅野美穂はフリーになって欲しい

316無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
境はフリーになって欲しい

317無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
どっちもどうでもいい

318無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
『心』のアニメは人物の視点を変え2パターンあったね

319無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
境雅人は声優?

320無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
俳優だろ

321無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
そのアニメでも声優でなく、番組の案内役をしてたよ

322無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
境、知名度低い

323無名草子さん2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
菅野美穂(お嬢さん)の方が収入が多いな

324無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
さかいまさとは文学青年ぽくはあるな

325無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
菅野美穂はお嬢さんぽくはないな

326無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>323
それは後々までパワーバランスとなる

327無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
僕とお嬢さんのバランスは

かかあ天下かよ

328無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
K=稲垣吾郎

329無名草子さん2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
こっちにも稲垣が(笑

330無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
境雅人と菅野美穂の結婚とか初めて知った
安定真人間カップル的な、な〜

331無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
安定優良なわたしとお嬢さん

332無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
始まってみないと判りません

333無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
あの二人は大丈夫

334無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
真面目な良い夫婦

335無名草子さん2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
この脱線具合…BBAしかいないんだなこのスレ

336無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
お嬢さん=菅野美穂
主人公=堺なんとか

いいじゃん
働きマンと・・・堺は当たり焼くみたいのが無いね

337無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
役ね

338無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
夏目漱石アニメの案内役があるじゃん

339無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
それ 役 違う
境 役 ない

340無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
カタコトになった

341無名草子さん2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
いみわかりゃん・・

342無名草子さん2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>338
それは役ではないといいたいらしい

343無名草子さん2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>336
働きマンもけっこう前だけど

344無名草子さん2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
堀越次郎です

345無名草子さん2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ゲイ小説だという見解にも配慮して、もっと色気と陰のある俳優に演じて欲しい。
堺さんだと、清潔すぎる

346無名草子さん2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
見解ワロタ

347無名草子さん2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
第一部でほとんどネタバレしてるよな

多くの人が先生の遺書から読むことになるから
ドラマティックに感じるんだろうけど

348無名草子さん2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
t

349無名草子さん2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
これほどの名作はないね

350無名草子さん2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN

351無名草子さん2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>345
それなのに高校の国語の夏休みの定番なわけで・・・

352無名草子さん2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
いまはもう見ることも嗅ぐこともないけれど
明治の時代には「親友」というものが存命で、また「哲学」なるものが
身近にあった。だから男同士はいまより親密になれた。
いまの国語教師は明治を語るためのそれらのキーワードをなんにも
知らないので、自分の貧しい知識の範囲でゲイ小説という新説に飛
びついてドヤ顔なんだね。
いまどきの文化人なんてほんとにばかっぽいからしょーがないよね。

353無名草子さん2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
ロココ

354無名草子さん2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
「こころ」読んでいろいろ考えてたのにゲイとかやめてよw
ちょっと疑ってしまったんだけどほんとじゃないよね…ww

355無名草子さん2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
本当です

356無名草子さん2013/09/18(水) 02:07:25.56
スカパーエロ番組へのクレーム

普通のパンティの股間、尻にモザイクだぞ
放送規定が明治から変わっとらん!

ネットではもうマンコ解禁で小学生でも見れる時代に、
パンティの股間、尻にモザイクで有料なんて詐欺だろ

放送基準を考えてる奴が大正生まれの集団としか思えん!

とにかく詐欺だ!

357無名草子さん2013/10/13(日) 10:34:03.77
過疎地客人募集中

【坊ちゃん】夏目漱石【こゝろ】
http://next2ch.net/bookall/1376734968

358無名草子さん2013/10/28(月) 22:41:25.78

通名の方々:


NHK・TBS(JNN、ニュースバード、NewsBird)・テレビ朝日(ANN)・日本テレビ(NEWS24、NNN24)・フジテレビ(FNN)
共同通信(Kyodo・47News)・時事通信
新聞(朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・日本経済新聞・東京新聞・・・)
ラジオ・出版社

芸能人・作詞家・作曲家・演奏家(ミュージシャン)・指揮者・作家・漫画家(アニメ)・ゲーム・映画監督・歌舞伎・美術、建築系・宇宙飛行士・
文化人、知識人・アナウンサー・記者(ジャーナリスト)・気象予報士・テレビに出てる人・本を出している人・雑誌の表紙・
アダルトビデオ(女優、男優、AV)・性風俗・
スポーツ選手(プロ野球、サッカー、テニス、ゴルフ、バレー、水泳、体操、柔道、相撲、ボクシング、プロレス、・・・)
ヤクザ・暴力団・暴走族・同和

359無名草子さん2013/10/28(月) 22:42:17.79

通名の方々:


教師(教員、学校の先生)・大学教授・医師(医者)、看護師・法曹界(弁護士、検察官、裁判官)・内閣総理大臣・閣僚・事務次官、官僚・
地方自治体の長(知事、市長、町長、村長、区長)・地方議員・公務員(国家、地方)・警察・消防・自衛隊・親方日の丸会社・
経団連・経済同友会・日本銀行・公益法人・旧軍人・巣鴨プリズン

焼き肉屋・定食屋・そば屋・うどん屋・お好み焼き屋・寿司屋・ラーメン屋・レストラン(フランス料理、イタリア料理、スペイン料理、和食・・)・
スーパー・コンビニ・デパート・八百屋・肉屋・魚屋・花屋・酒屋・靴屋・服屋・デザイナーズブランド・薬局・寺・喫茶店・パン屋・ケーキ屋・
文房具屋・本屋・自転車屋・眼鏡屋・時計屋・スポーツ品店・楽器屋・床屋・美容室・不動産屋(大家)・消費者金融・映画館・パチンコ屋・カラオケ・
競馬・囲碁・将棋・歌舞伎(古典芸能)・飲食店・性風俗・ホテル・塾・教室(スポーツ、音楽、ピアノ、バレエ、・・・)・予備校・ペットショップ・うなぎ屋・
自動車教習所・印刷屋・専門学校・

360無名草子さん2013/11/15(金) 12:05:38.61
>>107
漱石自身が、女性にはそういう技巧(アート)があると言っている。
>>110
そういうのを「無意識の偽善者」って呼んでるのよ。
「叔父」、「先生」が裏切るまでを「無意識の偽善者」と作者が考えているのは間違いないし、
「奥さん(お嬢さん)」のこともそう考えている可能性が十分にある話になってる。
「お嬢さん」が思わせぶりなことしなければ、「K」が死ぬこともなかったはずなので。
「K」のことだって精進一筋なふりをして、
肉欲に負けてお嬢さんに気があることは明白な先生を裏切ったと考えられる話。
じゃあ「私」はどうなんだろうかという謎掛けがこの小説にはある。

361無名草子さん2013/11/18(月) 00:22:16.41
>>354
「こころ」にホモソーシャリティを感じないのはちょっと難しい。
ホモセクシャルともなると意見が分かれると思うが。
漱石山房がホモソーシャルなんでね。

もっと時代の降る志賀直哉と里見クにもあった。
小津安二郎も下級生に恋文書いて処分されてる。
この2つは「こころ」よりも少しホモセクシャル寄りだが。

362無名草子さん2013/11/18(月) 04:17:38.46
こころがホモホモしいのは同意だが「先生と私」にホモホモ言ってる人とは一生友達になれそうにない
Kと先生の間にホモを感じ取れる人と友達になりたい
きっと親友になれる

363無名草子さん2013/12/07(土) 12:13:05.00
おれは先日、志賀直哉スレに次のような書き込みをした。

みなさんは、志賀直哉をちゃんと原文で読んでますか?
旧仮名遣いの原文で読まないと意味がないですよ。
どこの馬の骨か分からん奴が書き直した現代仮名遣いの文章なんて
ただのゴミですよ。

そうしたら、原文なんか読んだことのない無教養な奴らが、悔しさで怒り狂って
大変なことになった。

364無名草子さん2013/12/07(土) 13:36:56.91
スレチですよ

365無名草子さん2013/12/07(土) 18:38:13.91
漱石は全集でも全て百閧フ校正入ってるしなあ。
百闕Z正前のバージョンだと、「こころ」は、
最近は新聞フォトコピー版が書籍で売ってる。大阪朝日新聞版との対比付き。
原稿版も高いけど売ってる。俺は図書館で読んだ。
「坊っちゃん」の現行版は新書で安い。

366無名草子さん2013/12/07(土) 18:39:10.97
あ、2ちゃんねるらしく、原稿を読まないと駄目だよって煽っといた方がいい?

367無名草子さん2013/12/07(土) 21:50:23.74
365 2ちゃんで、マトモな奴を始めて発見!

368無名草子さん2013/12/07(土) 22:04:43.95
志賀直哉の場合、古書で探すしかなく、本当に苦労する。

369無名草子さん2013/12/15(日) 03:48:02.06
【文学】夏目漱石の『こころ』の続編と見られる未発表の小説原稿を発見

明治から大正期にかけての膨大な小説原稿を有する個人蒐集家の
書庫から、夏目漱石の未発表の小説原稿が発見されました。
小説には『からだ』という題名が付されており、漱石が『こころ』と『からだ』
という連作小説を構想していたことが明らかになりました。

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/news7/1322813280/

370無名草子さん2013/12/18(水) 00:22:02.44
野獣先輩K説

•田所浩次=K.T
•真理探究の為に自分を徹底的に追い込む人間の鑑
•「お嬢の事が好きだったんだよ!」
•短髪

371無名草子さん2014/02/22(土) 17:26:32.94
こころって要は「先生」が大好きな「私」が里帰りして、「先生」から遺書をもらう話だろ?

372無名草子さん2014/02/24(月) 19:21:55.36
「私」はあくまで先生とKの愛憎劇を引き出し読者に伝えるだけの役割だと思ってたけど違うの?

373無名草子さん2014/02/24(月) 20:15:08.72
対象な関係よりも非対称な関係を重視しているところに先生と私の特徴がある。

374無名草子さん2014/02/24(月) 20:27:00.66
先生と私では萌えない、以上。

375無名草子さん2014/02/26(水) 21:51:29.28
>>371
だよな。「おっと、びっくら」な話ではあるなw。
>>374
だよな。萌えないに同意。

376無名草子さん2014/02/27(木) 22:23:40.64
先生から分厚い手紙が送られてきたと思ったら、中身は薄い本になりそうな内容だったって話でしょ?

377無名草子さん2014/02/28(金) 18:13:02.34
私の兄しかまともな男がいないじゃねえかこれ
Kも先生も単なる構ってちゃんだろ

>かつてはその人の膝の前に跪いたという記憶が、今度はその人の頭の上に足を載せさせようとするのです。
>私は未来の侮辱を受けないために、今の尊敬を斥けたいと思うのです。

馬鹿だろこいつ
人の頭に足乗せたがる奴は過去にひざまずかなくても足乗せるわ

378無名草子さん2014/02/28(金) 18:40:08.82
私の兄貴みたいな性格の奴は弟の面倒くらい見てやると言うのが前提になってる
それを利用して後ろから刺されたと知ったら絶対許さねえぞ
それを財産分与しろとか何とか無責任なアドバイスしてんじゃねえ

379無名草子さん2014/03/22(土) 12:37:47.88
朝日新聞

<お知らせ>「こころ」100年ぶりに連載 夏目漱石の代表作 4月20日スタート

名作の誕生から100年になるのを記念し、連載開始のちょうど100年後にあたる4月20日から、当時と同じ全110回に分けて連載します。

「こころ」は岩波文庫など多くの文庫で読めますが、新聞連載当時は違う点もあります。新聞初出の題は「心」。いまでは「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」
の3部構成で知られていますが、連載当時は「先生の遺書」の1部構成です。
漱石作品は久しぶりという方もなじみの薄い方も、国民的作品をお楽しみください

380無名草子さん2014/03/22(土) 18:03:35.68
挿絵も同じか

381無名草子さん2014/03/22(土) 22:19:45.79
経費削減の一貫だな

382無名草子さん2014/03/22(土) 23:44:13.74
>>379
宮部のあとか?
現役大作家先生たちに頼む経費分が解説委員や役員たちのボーナスの維持に回るのかな

383無名草子さん2014/03/23(日) 21:17:02.18
読者にとっても、このほうがいい。
無駄な本が多すぎる。
岩波文庫なんか新刊出さずに、改版・改訳に注力してくれ。

384無名草子さん2014/03/23(日) 22:01:40.40
小説技巧が発達して、明治の小説なんかより優れてる小説だらけなのに、明治の小説が
ちやほやされるのはあれだな。

385無名草子さん2014/03/24(月) 20:35:33.47
『こころ』が明治の小説だって???

386無名草子さん2014/03/25(火) 18:59:17.99
[] []

387無名草子さん2014/03/26(水) 23:32:55.48
>>385
明治生まれの作家という意味だと思って許してやれよ

…と思ったが、松本清張も明治生まれだったw

388無名草子さん2014/03/27(木) 10:49:43.06
さらに、夏目漱石は明治生まれでない
「こころ」は慶応生まれの作家が書いた大正時代の小説

389無名草子さん2014/03/27(木) 10:55:19.39
あまり細かいと女にモテませんよ

390無名草子さん2014/03/27(木) 12:33:38.34
細かいというか、明治天皇と乃木が死んだことが小説に書かれてる。
明治時代の終焉が書かれた小説。当然大正になってから書かれてる。

391無名草子さん2014/03/27(木) 13:08:31.41
大雑把に言うと
>>384はアホなので女にモテません

392無名草子さん2014/03/27(木) 14:20:20.37
いや、じゃあ『こころ』は大正とか慶應の小説なのか? そうじゃないだろう。
れっきとした“明治の小説”だろ? 正確にいえば「明治の精神が描かれた小説」、
「明治という時代と心中した小説」だよ。大正の時代とはほとんど何も関係がない。

393無名草子さん2014/03/27(木) 14:28:15.60
違うよ。
「私」は新しい時代を象徴してる。
新しい大正の芽生えを感じさせる小説。
明治を総括するだけの小説としては書いてない。

ただし漱石自身新しい時代がどういうものかはまだ分かってない。
そのことが非常に率直に描かれた小説。
彼には青鞜関係者が師事していたのも忘れてはならないが。

394無名草子さん2014/03/27(木) 18:14:17.44
大正時代にBLヤンデレ男子小説を新聞連載って新し過ぎる

395無名草子さん2014/03/27(木) 21:02:55.30
なんだかなあ
「こころ」が大正に連載されたことを知らなかっただけだろ
んなら鬼平犯科帳は寛政の小説かっての

396無名草子さん2014/03/27(木) 21:51:51.11
知らなかった事は問題ない。
誤った小説観で小説を語ったことが問題。
無知の知があればそうはならなかった。

397無名草子さん2014/03/27(木) 22:48:18.83
明治時代ってのは言葉の綾だろ
昔の稚拙な小説があたかも高尚な作品のように取り上げてるのを批判してるだけで

398無名草子さん2014/03/27(木) 23:07:23.41
「明治の小説なんかより今の小説の方がなんたらかんたら」で
年寄りに水かけてやった俺かっこいいと思ったら
明治の小説ではありませんでしたってオチですべっただけだろ

399無名草子さん2014/03/27(木) 23:40:25.56
>>397
しかし大勢が納得がいくような実例は挙げられないでしょ。> 現代の優れた小説
口だけの批判は簡単なのだよ。
「こころ」は連載小説の弱さを持った小説だけど、
やはり多くの人を今でも引きつけるだけのことはある。

400無名草子さん2014/03/27(木) 23:43:35.73
明治天皇の死が大きな役割を持つ小説を、明治の小説と呼ぶセンスがわからない。

401無名草子さん2014/03/28(金) 00:08:18.28
>>384はかっこわるいな
こころが大正の小説なのを知らなかったり小説観が稚拙だからではない
「明治の精神が描かれた」だの「言葉の綾」だのという言い草がかっこわるい
「大正に連載されてたことは知らなかった」でいいじゃないか

402無名草子さん2014/04/24(木) 14:34:43.64
ロンドン大学教授によるとクイア(同性愛)文学として読む

冒頭鎌倉の海辺で出会う。私は海から上がった先生の体に注目している
さらに同姓の間で恋という言葉が使われてる
水の中で溶け合うような場面はとてもエロチック
三文小説で描かれる欲望を思い起こさせる生々しい表現でありながら新しい性的自我が現れている
江戸期の男色文化は明治期に入ったキリスト教によって抑えられた

403無名草子さん2014/04/25(金) 00:13:46.53
先生とKの関係に同性愛の要素を見出さないとかその教授の底が知れる

404無名草子さん2014/04/25(金) 07:23:11.23
『二百十日』の主人公も、同性愛的とか言うんだろうな。

405無名草子さん2014/04/25(金) 07:29:07.94
ヰタ・セクスアリスとか読んでるとホモ行為が普通にあるみたいな感じに書かれてるな。

406無名草子さん2014/04/25(金) 21:29:32.87
江戸時代の名残りか

407 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2014/05/05(月) 22:20:04.75
今新聞連載してるの?

408無名草子さん2014/05/14(水) 04:04:08.69
以前テレビで姜尚中が「こころ」の解説をやっていた。
俺は別に嫌韓厨じゃないけど在日の人が日本を代表する文豪の夏目漱石の解説はないわと思った。

409無名草子さん2014/05/14(水) 12:52:20.55
日本人である漱石がイギリスを代表する文豪の解説をしていた件については?

410無名草子さん2014/05/14(水) 14:20:59.90
>>409
英国でかい?

411無名草子さん2014/05/14(水) 14:35:16.31
>>410
場所の問題かい?

412無名草子さん2014/05/14(水) 14:58:24.01
同じ姜尚中が同じ『こころ』について同じ内容の解説をするとしても
それが韓国のテレビであればかまわないっていうんだろ
解説の内容は関係なしに「在日が語るな」に尽きている

これで「俺は別に嫌韓厨じゃないけど」ってんだから
嫌韓を自認できるレベルまでいったらどうなるのかね

413無名草子さん2014/05/15(木) 10:22:14.22
「こころ」の解説は知らんが
姜尚中が日曜美術館の司会をやってるときはひどかったな
全く美術の造詣が深くないのがまるわかりなのは仕方ないにしても、
すぐ政治的な我田引水なコメントをするのがいらついた
今のARATAの方が無知なりに純粋に美術が好きなのが伝わってきてまだまし

韓国人がこころの解説をしたって俺はかまわないが
政治的な色が濃い奴に漱石を語られるのが気持ち悪いというのはわかる

414無名草子さん2014/05/31(土) 05:31:31.93
>>411
いい突っ込みだな。
「田舎者だから」と感覚で答えた「私」に先生が田舎者だから善人と言い切れるのか
と突っ込んだときと同じ方向性の突っ込みだな。

もうあっちいってもこっちいっても嫌韓がいて、韓国の話ばかりしててうざいんだよね。

415無名草子さん2014/07/31(木) 20:23:21.74
新潮文庫の夏目漱石「こころ」が700万部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000566-san-ent

416無名草子さん2014/08/23(土) 22:45:33.78
>>96
中村雅俊の坊っちゃん、大ヒットだったのか?
寅さんと同時上映されたんだよね。
普通にヒットはしたけど大ヒットではないし、寅さんの力が強かったと思うよ。
この映画の前に何本も映画化されてるし、テレビドラマ化はもっと多い。
もともとの小説人気なんじゃないのか?

417無名草子さん2014/08/24(日) 16:01:47.57
一昨年のレスにw

418無名草子さん2014/09/17(水) 00:58:37.32
>>408
言ってることが
実に小っちゃいんだよな

419無名草子さん2014/10/03(金) 13:33:04.41
408が言ってることが小さいのか、姜尚中が言ってることが小さいのか

420無名草子さん2014/10/03(金) 16:09:08.40
姜尚中のNHKのブックレットが古本屋にあったからちら見したけど、
師弟関係と世代交代にかなり思い入れがある話だった。
江藤淳以前の漱石商店二大番頭時代に戻った感じの話だったな。
黒澤明の内田百闡怩ノも似てる非常に懐古趣味的な視点だった。

421無名草子さん2014/10/10(金) 06:57:40.47
「こころ」を「ホモ小説」なんて言ってる人は、この本を読む根本的な視点が間違っていると思う

422無名草子さん2014/10/10(金) 09:29:10.96
「先生と私」パートをホモと呼ぶのは根本的な視点が間違ってますね
「先生とK」を同性愛的視点で読む者はこの作品の本質に気付いてますね

423無名草子さん2014/10/10(金) 22:34:46.61
昔の人って今よりも、男同士、女同士でいる時間が長い。

424無名草子さん2014/10/15(水) 10:53:39.03
ホモだの同性愛だの…

お変態と呼べ

425無名草子さん2014/10/16(木) 00:45:05.18
>>421,422のように間違ってると断定するのもちとおかしい。
漱石山房にその傾向があるのだから。当たり前だけど性交は抜き。

426無名草子さん2014/10/16(木) 19:37:43.39
恋は罪悪ですよ

427無名草子さん2014/10/27(月) 12:03:38.67
>>422>>425
アホか。
『こころ』を冒涜するな。

428無名草子さん2014/10/27(月) 23:07:53.51
夏目漱石はオスカー・ワイルドを通過してるんだから、
ある程度小説に盛り込もうとするのは当たり前。

429無名草子さん2014/10/28(火) 02:22:50.80
俺のお嬢さんの印象は顔は中の上程度だけど、めちゃめちゃ男にモテるタイプの女性だったと思う。
いわゆる天然の魔性の女。
皆さんのお嬢さんの印象はどうですか?

430無名草子さん2014/10/28(火) 03:36:16.04
創っ価〜。


しゃ〜ね〜な。あんたらがどうやって殺人資金を調達しているか言わないといけないの?


う〜ん、ことの重大さから、気がすすまねえけどな。

431無名草子さん2014/11/01(土) 17:20:58.25
■■■
通名の方々:

テレビ局・新聞社・ラジオ局・出版社・
芸能人・テレビに出てる人・本を出している人・雑誌の表紙・芸術家・
スポーツ選手・アダルトビデオ・性風俗・ヤクザ・暴力団・部落(同和)・
教員・大学教授・ノーベル賞受賞者・医師・弁護士、検察官、裁判官・政治家・公務員・
経団連・経済同友会・公益法人・旧軍人・巣鴨プリズン・明治政府〜・
塾・予備校・専門学校・ 自動車教習所・ 商店街・飲食店・寺・2ちゃんねる・

■■■

432無名草子さん2014/11/25(火) 09:41:26.88
読み終わった。
まあまあ面白かった
しかし、すごい長文の手紙であれこれ書いているけど、結局、先生はずいぶん女々しく狡い人だなと思った。
まあ、これくらいの女々しさや狡さは多くの人が持っている部分だろうから、
非難はしないし、基本は生真面目な人だとも思うが。
基本が狡ければ、いつまでもクヨクヨ思い悩む事もついには自殺をする事もなかったろうし。
先生にとっては、しまいに自殺するほどの大事件で、こんな長文を書くほどの大事件だったろうけど、
こんな長い手紙を読んだ『私』は、どう感じたのだろうか
俺なら「長過ぎ。5ページくらいにまとめろカス。こんな奴を先生とあがめてた俺も見る目が無いな」と嘆く

>>429
顔は中の上で、親しくなると笑顔をよく見せるが、
封建的で、結婚相手に関しても、自分の意思よりも親の決定に従うのが当然と考える女性

433無名草子さん2015/01/21(水) 23:30:36.16
Kは最後メンタルの病気になってたのかなあ

434無名草子さん2015/01/24(土) 23:38:41.54
先生の遺書が長すぎて挫折したんで、誰がその遺書を要約してくださいorz

435無名草子さん2015/01/25(日) 04:51:21.84
>>434
先生「Kが大好きで可愛くてわざと意地悪してKからお嬢さんを奪ったらKが自殺しちゃって罪悪感でもう無理死ぬ」

436無名草子さん2015/01/25(日) 23:40:01.64
>>434
あれを挫折するとは、お前は本を読むのを止めた方がいい。

437無名草子さん2015/02/08(日) 23:33:09.44
>>436
こころが人生で読んだ本の4冊目ですw

てか理系なんで読書とかまじ無理っす
数学の演習してたほうが楽しいわ

438無名草子さん2015/02/16(月) 22:42:53.33
夏目漱石さんが描いた漫画読みました
こころ、それから、三四郎、昔の人が描いたわりには絵が上手だなあと思いました

439無名草子さん2015/02/20(金) 14:05:00.05
>>438
>昔の人が描いたわりには絵が上手だなあと思いました

キミは鳥獣戯画も北斎漫画も見たことがないのかね?

440無名草子さん2015/03/04(水) 14:12:46.92
本当に夏目漱石が好きなひとがほとんどいないなw

441無名草子さん2015/03/09(月) 11:59:48.71
そりゃお前、
本当に漱石が好きな人は
こんなスレを覗いてるヒマがあったら
漱石の本を読んでるからだろ

442無名草子さん2015/03/09(月) 14:58:45.96
至言だw

443無名草子さん2015/03/29(日) 21:02:38.12
先生の自殺はKを奪った奥さんに対する悪意ある復讐だと感じた。
十四章のそうして自分が欺かれた返報に、残酷な復讐をするようになるものだからって台詞は
Kのことだけじゃなくて奥さんをも指していると思った。

444無名草子さん2015/04/08(水) 22:53:11.52
http://hideyo-noguchi-mri.com/council
あの神の手、福島孝徳脳外科医も野口英世支持者だ
http://m2.upup.be/j3GS6yJ1hv
野口英世と大隈重信
http://l2.upup.be/CfE8fOSdgr
野口英世と東郷平八郎
http://m2.upup.be/qH7YjpjAGW
日本人最初のカラー写真、野口英世(大正3年アメリカで撮影)
野口英世

学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。称号はブラウン大学名誉理学博士、イェール大学名誉理学博士、パリ大学名誉医学博士、サン・マルコス大学名誉教授・名誉医学博士、エクアドル共和国陸軍名誉軍医監・名誉大佐。
1907年(明治40年) - ペンシルベニア大学名誉修士
1918年(大正7年) - エクアドル陸軍名誉軍医監 名誉大佐、グアヤキル大学名誉教授、キトー大学名誉教授
1920年(大正9年) - サン・マルコス大学名誉教授 名誉医学博士
1921年(大正10年) - ブラウン大学名誉理学博士、エール大学名誉理学博士
1925年(大正14年) - パリ大学名誉医学博士
受賞歴
1913年(大正2年) - 勲三等(スペイン)、勲三等(デンマーク)
1914年(大正3年) - 勲三等(スウェーデン)
1915年(大正4年) - 勲四等旭日小綬章
1920年(大正9年) - ジョン・スコット・メダル名誉章(フィラデルフィア)
1924年(大正13年) - レジオンドヌール勲章(フランス)
1925年(大正14年) - 正五位、コーベル賞牌
1928年(昭和3年) - 勲二等旭日重光章、防疫功労金牌(フランス)

445無名草子さん2015/04/08(水) 23:48:03.30
まあよいではないか、川口ま〜ん絵美くん。


殺人マスメディアと公営・私営ギャンブルと風俗ポルノ業と昆虫小売業が次々に崩壊し、いま、さらに昆虫外食業が崩壊しつつあるのだ。
君たちの逆恨みも、そういう形で無事自らに帰着するわけなのだ。即ち、クズ全滅だよ。


私が誰なのかは、自明のことだから改めて言う必要はないな。
ではでは、中垣信夫・りゑ御夫妻によろしく伝えてくれたまえ。

446無名草子さん2015/04/09(木) 19:09:47.20
http://hideyo-noguchi-mri.com/council
あの神の手、福島孝徳脳外科医も野口英世支持者だ
http://m2.upup.be/j3GS6yJ1hv
野口英世と大隈重信
http://l2.upup.be/CfE8fOSdgr
野口英世と東郷平八郎
http://m2.upup.be/qH7YjpjAGW
日本人最初のカラー写真、野口英世(大正3年アメリカで撮影)
野口英世

学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。称号はブラウン大学名誉理学博士、イェール大学名誉理学博士、パリ大学名誉医学博士、サン・マルコス大学名誉教授・名誉医学博士、エクアドル共和国陸軍名誉軍医監・名誉大佐。
1907年(明治40年) - ペンシルベニア大学名誉修士
1918年(大正7年) - エクアドル陸軍名誉軍医監 名誉大佐、グアヤキル大学名誉教授、キトー大学名誉教授
1920年(大正9年) - サン・マルコス大学名誉教授 名誉医学博士
1921年(大正10年) - ブラウン大学名誉理学博士、エール大学名誉理学博士
1925年(大正14年) - パリ大学名誉医学博士
受賞歴
1913年(大正2年) - 勲三等(スペイン)、勲三等(デンマーク)
1914年(大正3年) - 勲三等(スウェーデン)
1915年(大正4年) - 勲四等旭日小綬章
1920年(大正9年) - ジョン・スコット・メダル名誉章(フィラデルフィア)
1924年(大正13年) - レジオンドヌール勲章(フランス)
1925年(大正14年) - 正五位、コーベル賞牌
1928年(昭和3年) - 勲二等旭日重光章、防疫功労金牌(フランス)

447無名草子さん2015/04/13(月) 20:48:15.30
http://m2.upup.be/J5TKlS3Tuv
会津若松 野口英世像
http://l2.upup.be/URtREuwovc
大阪箕面公園 野口英世像
http://l2.upup.be/fsBzFV9tSv
上野恩賜公園 科学博物館前 野口英世像
http://l2.upup.be/L7754PcZX5
ペルーの野口英世像
http://l2.upup.be/5WK28nQgaD
エクアドルの野口英世像
http://l2.upup.be/j8uCClWmYB
アフリカガーナ 野口英世像
http://n2.upup.be/iicUdYVTe6
ロックフェラー大学図書館 野口英世像
http://n2.upup.be/SXjVXCUU4Q
メキシコの野口英世像
http://l2.upup.be/TAmKVQxDp2
外国発行の野口英世切手
http://l2.upup.be/zyXR5RXdko
猪苗代城跡 野口英世像
http://l2.upup.be/O6mjvE1unJ
エクアドルに上陸した野口英世
http://m2.upup.be/rb4kNpZiqs
アフリカに上陸した野口英世
http://m2.upup.be/WirPOLb99A
野口英世の死を伝える朝日新聞
http://m2.upup.be/y1QccqlQcI
野口英世の死を伝えるニューヨークタイムズ

448無名草子さん2015/04/21(火) 13:57:44.27
夏目漱石「韓満所感」(抜粋)

「昨夜久し振りに寸(すん)閑(かん)を偸(ぬす)んで満洲日日へ何か消息を書かうと思ひ立つて、筆を執りながら二三行認(したた)め出すと、
伊藤公が哈(は)爾(る)浜(ぴん)で狙撃されたと云ふ号外が来た。哈爾浜は余がつい先達て見物(けぶ)に行つた所で、公の狙撃されたと云ふプラツトフオームは、
現に一ケ月前(ぜん)に余の靴の裏を押し付けた所だから、希有(けう)の兇(きょう)変(へん)と云ふ事実以外に、場所の連想からくる強い刺激を頭に受けた」

「満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐると云ふ事であつた」

「歴遊の際もう一つ感じた事は、余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た事である。
内地に跼(きょく)蹐(せき)してゐる間は、日本人程(ほど)憐(あわ)れな国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だ頼(たの)母(も)しい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた 同時に、余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。

449無名草子さん2015/04/21(火) 18:56:06.29
やあやあ中垣りゑさん、どうもこんばんは(笑)

450無名草子さん2015/04/22(水) 09:46:00.20
満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐると云ふ事であつた。
歴遊の際もう一つ感じた事は、余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た事である。
内地に跼蹐(きょくせき)してゐる間は、日本人程あわれな国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だたのもしい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた。
同時に、
余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。彼等を眼前に置いて勝者の意気込を以て事に当るわが同胞は、
真に運命の寵児と云はねばならぬ」
「満洲日日新聞」明治42年11月5日掲載の夏目漱石の随筆『韓満所感』

451無名草子さん2015/04/22(水) 16:32:42.54
夏目漱石「韓満所感」(抜粋)

「昨夜久し振りに寸(すん)閑(かん)を偸(ぬす)んで満洲日日へ何か消息を書かうと思ひ立つて、
筆を執りながら二三行認(したた)め出すと、伊藤公が哈(は)爾(る)浜(ぴん)で狙撃されたと云ふ号外が来た。
哈爾浜は余がつい先達て見物(けぶ)に行つた所で、公の狙撃されたと云ふプラツトフオームは、現に一ケ月前(ぜん)に余の靴の裏を押し付けた所だから、
希有(けう)の兇(きょう)変(へん)と云ふ事実以外に、場所の連想からくる強い刺激を頭に受けた」

「満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐると云ふ事であつた」

「歴遊の際もう一つ感じた事は、
余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た事である。内地に跼(きょく)蹐(せき)してゐる間は、日本人程(ほど)憐(あわ)れな国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だ頼(たの)母(も)しい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた 同時に、余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。
彼等を眼前に置いて勝者の意気込を以て事に当るわが同胞は、真に運命の寵(ちょう)児(じ)と云はねばならぬ」

452無名草子さん2015/04/23(木) 15:26:34.50
日露戦争直後の1906年、「武士道」の著者であり人道主義者の新渡戸稲造が朝鮮半島を旅行している。
彼は朝鮮人(韓国人)を「政治的野心に欠けた、かの脆弱な女性的国民」と評して次のように述べている。

「山野は実に墳墓に充ち、予の今過ぎる所の路傍にも土饅頭を列ねて、また、やがて埋葬されるべき棺を列ぬ。
(朝鮮衰亡の原因は)その国の気候に非ず。
 また、その土壌に非ず。かく死と密接なる国民は自ら既に半ば死せるものなり」
「枯死国朝鮮」 キリスト教徒 新渡戸稲造 (国際連盟事務次長)
満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐると云ふ事であつた。
歴遊の際もう一つ感じた事は、余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た事である。
内地に跼蹐(きょくせき)してゐる間は、日本人程あわれな国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だたのもしい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた。
同時に、
余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。彼等を眼前に置いて勝者の意気込を以て事に当るわが同胞は、
真に運命の寵児と云はねばならぬ」
「満洲日日新聞」明治42年11月5日掲載の夏目漱石の随筆『韓満所感』

453無名草子さん2015/04/23(木) 22:03:16.70
先生の手紙、どんだけヴォリューム感あるんだよ

454無名草子さん2015/04/24(金) 02:33:34.05
漱石は満韓・支那に対して、ダーウィニズムの〈適者生存〉の適者の側に立ち、
わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だたのもしい人種だ、という印象を抱いている。
ところが欧米に対しては〈淘汰〉されそうで何とかしなければ、
日本人程あわれな国民は世界中にたんとあるまい、と強烈に感じているわけだ。
『韓満所感』が1909年、「私の個人主義』が1914年であることを考えると、
漱石の心のなかでは国境を境に外側への考え方と、内側での考え方に対立する対立するベクトルが拮抗してる。
これは歴史的に民族主義的な過程にある民衆の心理を映し出しているのかもしれないけれど。

455無名草子さん2015/04/24(金) 02:36:02.63
夏目漱石の「私の個人主義」から(No.1)

「近頃自我とか自覚とか唱えていくら自分の勝手な真似をしても構わないという符徴(ふちょう)
に使うようですが、その中にははなはだ怪しいのがたくさんあります。彼らは自分の自我をあくまで
尊重するような事を云いながら、他人の自我に至っては毫も認めていないのです。いやしくも公平の
眼を具し正義の観念をもつ以上は、自分の幸福のために自分の個性を発展して行くと同時に、その
自由を他にも与えなければすまん事だと私は信じて疑わないのです。我々は他が自己の幸福のために、
己(おの)れの個性を勝手に発展するのを、相当の理由なくして妨害(ぼうがい)
してはならないのであります。私はなぜここに妨害という字を使うかというと、あなたがたは正しく
妨害し得る地位に将来立つ人が多いからです。あなたがたのうちには権力を用い得る人があり、
また金力を用い得る人がたくさんあるからです。」

456無名草子さん2015/04/24(金) 02:36:46.46
夏目漱石の「私の個人主義」から(No.2)

「第一に自己の個性の発展を仕遂(しと)げようと思うならば、同時に他人の個性も尊重しなければならないという事。
第二に自己の所有している権力を使用しようと思うならば、それに附随している義務というものを心得なければならないという事。
第三に自己の金力を示そうと願うなら、それに伴(ともな)う責任を重(おもん)じなければならないという事。
つまりこの三カ条に帰着するのであります。
 これをほかの言葉で言い直すと、いやしくも倫理的に、ある程度の修養を積んだ人でなければ、個性を発展する価値もなし、
権力を使う価値もなし、また金力を使う価値もないという事になるのです。それをもう一遍(ぺん)云い換(か)えると、
この三者を自由に享(う)け楽しむためには、その三つのものの背後にあるべき人格の支配を受ける必要が起って来るというのです。
もし人格のないものがむやみに個性を発展しようとすると、他(ひと)を妨害する、権力を用いようとすると、濫用(らんよう)に
流れる、金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。ずいぶん危険な現象を呈(てい)するに至るのです。そうしてこの三つの
ものは、あなたがたが将来において最も接近しやすいものであるから、あなたがたはどうしても人格のある立派な人間になって
おかなくてはいけないだろうと思います。」

457無名草子さん2015/04/24(金) 02:37:41.30
吉田松陰幽囚録

原文編集
日不レ升則昃、月不レ盈則虧、國不レ隆則替、故善保レ國者、不二徒無一レ失二其所一レ有、又有レ増二其所一レ無、今急修二武備一、艦略具、礮略足、則宜開二-墾蝦夷一、
封二-建諸侯一、乘レ間奪二加摸察加隩都加一、諭二琉球一朝覲會同比內諸侯、責レ朝-鮮納レ質奉レ貢、如二古盛時一、北割二満州之地一、南牧二台灣呂宋諸嶋一、
漸示二進取之勢一、然後愛レ民養レ士、慎二守邊一、固則可レ謂二善保一レ國、矣不然坐于群夷爭聚之中、無二能舉レ足揺一レ手而國不レ替者其幾與、

458無名草子さん2015/04/24(金) 02:38:26.99
【ダーウィン思想とヴィクトリア朝後期の文学】
ヴィクトリア朝期の知識人たちは、ほとんど例外なく、伝統的西欧キリスト教思想の根本的な変質と解体を
体験しなければならなかった。それは個人個人にとって、強弱さまざまの、またいろいろな内容の、思想的
危機をもたらしたといえる。しかし最大の、決定的な打撃は、ダーウィンの進化論(Charles Darwin,
On the Origin of Species, 1859)によって与えられた。それまでの聖書が説いてきた、唯一絶対神による
宇宙・自然・人間の創造という教義は、1片の神話と化した感があった。しかしその教義はじつはかなり以前
から疑われていたこと。(たとえばジョージ・エリオットを懐疑主義に誘った〈聖書高等批評〉を考えるとよい。)
それよりもはるかに強い衝撃は、ダーウィニズムが新たに説いた〈適者生存〉の原理による〈自然淘汰〉という
考え方からきた。自然界全体が完全に無目的な淘汰のメカニズムによって動いており、種としての人間は偶然にも
一つの適者として生存競争に生き残ってきたにすぎないのだとすれば、それまで西欧の思想が絶対視してきた人間
の優位は、完全に相対化される。簡単にいえばサルと親戚ということだろうから。さらに人間社会の内部でもこの
〈適者生存〉の原理が作用し、弱者が淘汰されるのは必然の成り行きということになれば、何の根拠があって善を
教え、愛を説くことができようか。まずしい労働者の子供たちが飢えてしんでゆくのも、当たり前ということにな
ってしまうではないか。
 この新しい思想の衝撃は、ヴィクトリア朝後期の思想を暗くする。反論もいろいろなかたちで展開されたが、い
つもダーウィンはの勢いにかなわなかった。≪川崎寿彦「イギリス文学史 p.130」(成美堂)≫

459無名草子さん2015/04/24(金) 02:39:41.10
読み下し編集
日は升
のぼ
らざらば則ち昃
かたむ
き、月は盈

たざれば則ち虧

け、國は隆
さか
んならざれば則ち替
すたれ
る。故に善く國を保つ者は、徒
いたずら
に其れ有る所を失うこと無からず、又た其れ無き所を増すこと有り。今ま急に武備を修め、艦略具
そな
え、礮略足らし、則ち宜しく蝦夷を開墾して、諸侯を封建し、間に乘じて加摸察加カムチャッカ
隩都加オホーツク
を奪かちと
り、琉球を諭し朝覲會同し比ひ
して内諸侯とし、朝鮮を責め、質を納め貢を奉る、古いにしえ
の盛時の如くし、北は滿州の地を割
わり、南は台灣・呂宋
ルソン諸島を牧おさ
め、漸に進取の勢を示すべし。然る後に民を愛し士を養い、守邊を愼みて、固く則ち善く國を保つと謂うべし。然らず坐して群夷が爭い聚まる中、能く足を擧げ手を搖すこと無けれども、の替
すたれざらん者は其の幾
きと與
とも
なり。

460無名草子さん2015/04/24(金) 02:42:33.29
現代語訳編集
日が昇らなければ沈み、
月が満ちなければ欠け、国が繁栄しなければ衰廃する。よって、国を善良に保つのに、むなしくも廃れた地を失うことは有り得て、廃れてない地を増やすこともある。
今、急いで軍備を整え、艦計を持ち、砲計も加えたら、直ぐにぜひとも北海道を開拓して諸侯を封建し、
隙に乗じてカムチャツカ半島とオホーツクを取り、琉球を説得し謁見し理性的に交流して内諸侯とし、朝鮮に要求し質を納め貢を奉っていた昔の盛時のようにし、
北は満州の地を分割し、南は台湾とルソン諸島を治め、少しずつ進取の勢いを示すべきだ。その後、住民を愛し、徳の高い人を養い、防衛に気を配り、しっかりとつまり善良に国を維持すると宣言するべきだ。
そうでなくじっとしていて、異民族集団が争って集まっている中で、うまく足を上げて手を揺らすことはなかったけれども、国の廃れないことは其の機と共にある。

461無名草子さん2015/04/24(金) 12:28:35.20
夏目漱石「韓満所感」(抜粋)

「昨夜久し振りに寸(すん)閑(かん)を偸(ぬす)んで満洲日日へ何か消息を書かうと思ひ立つて、
筆を執りながら二三行認(したた)め出すと、伊藤公が哈(は)爾(る)浜(ぴん)で狙撃されたと云ふ号外が来た。
哈爾浜は余がつい先達て見物(けぶ)に行つた所で、公の狙撃されたと云ふプラツトフオームは、現に一ケ月前(ぜん)に余の靴の裏を押し付けた所だから、
希有(けう)の兇(きょう)変(へん)と云ふ事実以外に、場所の連想からくる強い刺激を頭に受けた」

「満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐると云ふ事であつた」

「歴遊の際もう一つ感じた事は、
余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た事である。内地に跼(きょく)蹐(せき)してゐる間は、日本人程(ほど)憐(あわ)れな国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越者となつてゐる状態を目撃して、
日本人も甚だ頼(たの)母(も)しい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた 同時に、余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。
彼等を眼前に置いて勝者の意気込を以て事に当るわが同胞は、真に運命の寵(ちょう)児(じ)と云はねばならぬ」

462無名草子さん2015/04/24(金) 19:49:22.80
統治者は憲法に定義されている。
憲法を最初に作った者は偉大であるし、法と政治を形成する。
国家は「善」を目的としているし、法と政治は人間と領土を治める。
人間は男女がお互いに影響を与えあっており、縄張りが生じる。
日本国の市民と国家の関係は今となっては各自が国家の知のイメージを形成しやすくなっている。
子供は未成熟なために大人の監視が必要だし、女性はよく考えているが権威がないため男性の監視が必要だ。
男は「本質に反していなければ」統治者にふさわしい。
このような地道な政治学の構築がアレキサンダー大王のペルシャ侵略につながったのだ。
明るい魂を必要としている国が侵略を受け入れるのだ。

行政機関や司法機関に奴隷は参加できない。
しかし、彼らにも満足が必要だ。
人間とは政治的動物だからだ。
日本でいうと在日や部落であろうか。
奴隷は侵略によって生み出される(一向一揆や日露戦争など)が、高貴な人生を望んでいる。
しかし、主人が必要なのだ。

ダンテと大日本帝国の侵略。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/99208959

463無名草子さん2015/06/01(月) 18:37:09.07
国語の教科書アカデミー賞、主演男優賞をあげるとしたらだれ?

■「こころ」の先生(作:夏目漱石)

・Kに自分の感情を隠して、こそこそと自分の恋愛を進めるところ何となく演技が上手くないとできないだろうなーと思った(女性/28歳/印刷・紙パルプ)

・Kに親友のように振る舞いつつ、お嬢さんをかすめとったから(女性/26歳/商社・卸
・友人を裏切り、最後は自殺してしまう壮絶さ(女性/36歳/ソフトウェア)

・こころの先生。衝撃的だった(女性/33歳/団体・公益法人・官公庁)

ドロドロとした人間模様は、昼ドラ以上! 葛藤をかかえる先生の、数々の名台詞はたまりません!

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=121&id=3437295&from=pickup_news

464無名草子さん2015/06/07(日) 11:31:53.06
完全にゲイ小説です

465無名草子さん2015/07/21(火) 00:09:22.64
恋は罪悪ですよ

466無名草子さん2015/07/21(火) 00:30:31.95
ん? あぁ、いま日テレの「月曜から夜ふかし」見てますよ。



次はどこの虫けらブッ殺せばよろしいですか? 企業か組織ごと潰せば、いちどに大量に始末できますよね。

467無名草子さん2015/09/04(金) 22:23:50.29
なぜ先生のこと父親の死に目より大切な存在なのか理解に苦しむ

468無名草子さん2015/09/08(火) 18:47:59.47
お前には永遠にわからないだろう

469無名草子さん2015/09/08(火) 19:33:34.62
>>465いや恋は単なる罪 んで恋愛は罪悪に思える。

470無名草子さん2015/09/08(火) 19:58:50.37
じゃあお前が夏目漱石に言って恋

471無名草子さん2015/09/08(火) 23:16:20.97
>>468
説明して
俺も分からん
教えて

472無名草子さん2015/09/09(水) 06:21:06.47
先生は何でお嬢さんと結婚したかったんだろう?先生ぐらい真面目だったら

お嬢さんの心が平凡だと思わなかったんだろうかナ

473無名草子さん2015/09/10(木) 01:25:38.38
Kは korean のK

474無名草子さん2015/09/10(木) 10:35:28.02
なんだよ>>468はただケチつけたいだけのクズだったか

475無名草子さん2015/10/26(月) 09:55:40.12
先生が生きているという
後日談も考えられる

私に手紙を出した後、
やはり死ぬのを躊躇して
やめたとか

列車から降りた私が
駆けつけると
先生が家にいたりとか

476無名草子さん2015/10/26(月) 19:30:09.01
>>475
「先生と私」に、↓こんなことが書かれていますが。

先生は美しい恋愛の裏に、恐ろしい悲劇を持っていた。そうしてその悲劇のどんなに先生にとって見惨みじめなものであるかは相手の奥さんにまるで知れていなかった。
奥さんは今でもそれを知らずにいる。先生はそれを奥さんに隠して死んだ。先生は奥さんの幸福を破壊する前に、まず自分の生命を破壊してしまった。

477無名草子さん2015/10/27(火) 21:08:26.41
もう確定だったのですね。

478無名草子さん2015/10/28(水) 02:29:11.74
Kはどうして自殺したのですか?

479無名草子さん2015/10/28(水) 21:29:03.16
ぶひ

480無名草子さん2015/12/23(水) 21:25:46.82
先生はどうして自殺したのですか?

481無名草子さん2016/01/04(月) 08:00:20.88
よござんす、差し上げましょう

482無名草子さん2016/02/02(火) 10:13:59.16
新潮社版読んだが
当時は「静」と書いて「しずか」と読んだんだな

Kの部屋は永久に静なのです、とかいう箇所があったような

483無名草子さん2016/02/24(水) 11:18:53.76
Kって清原のことだったんだ。
最近ようやくわかった。
ありがとうな、清原+桑田=清田のだんな

484無名草子さん2016/03/04(金) 20:16:46.73
やはり夏目漱石の最高傑作

485無名草子さん2016/03/06(日) 21:17:16.52
奥さんは全てを知っていた。
資産家の女房になりたかったから、黙っているほうが得策だと思っていた。

486無名草子さん2016/03/09(水) 20:18:51.09
あらかた伯父に資産を取られてもまだ金利の半分も使ってないほどの資産があるって
先生ははどんなけ金持ちなんだw

487無名草子さん2016/03/09(水) 22:24:37.58
働かなくても食っていけるくらいじゃないか

488無名草子さん2016/03/10(木) 00:33:05.97
それからの代助さんと共に設定がちょっと非現実的だよね
太宰治の生家はそれくらい金持ってそうだったが

489無名草子さん2016/03/10(木) 18:37:10.45
>>488
代助は実家から仕送りしてもらっている、という記述があったような・・・・
明治から大正にかけては、それほどインフレがなくまとまった金があれば働く無くとも食っていけた、そんな記述をどこかで呼んだことがある。
ただし、現在と価値観が違っていて戸惑うこともある。
「こころ」の先生は、食っていけるだけのものはあると言いながら、借家だし。それでいて、女中を雇っているし。

490無名草子さん2016/03/14(月) 01:12:32.51
志賀直哉がその典型だろ。
やつはまともに小説書かなくても食っていけたのは親父のおかげだぜ。
テメーひとりではまったく生きられなかったくせしやがってえらそうに。
太宰も同様だな。でも志賀よりは謙虚だからまだましだがな。

491( ̄(エ) ̄)y◇°°°◇modesama2016/03/22(火) 09:42:41.57
 
夏目作品は、電子書籍で、ただで読めるね。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

492( ̄(エ) ̄)y◇°°°◇modesama2016/03/22(火) 09:47:05.22
 
予備校の先生が、酔っ払った太宰を背中におんぶして運んだことがあると逝ってた。
これがあの有名な作家の太宰かと思ったそうだ。

羽織みたいなのを着ていて、パンツ?ふんどしかな?はいつもはいてないそうだ。

理由は、いつでもしょん便が出来るからと答えたそうだ。
羽織の下がしょん便臭かったそうだ。

。。

493無名草子さん2016/04/05(火) 22:21:32.37
10代の頃に読んだけど、
働きだすと、
自分より死んだほうがましだと思える悪人がのうのうと生きてるんだから、
こんな事で死のうとは思わなくなるな。
ただ文学としては夏目漱石の名を上げた名作だろうね。

494無名草子さん2016/04/06(水) 17:44:12.77
先生もKもともにマゾの精神病者

495無名草子さん2016/04/06(水) 23:41:41.08
>>493
上の方にもカキコあるが高校生くらいの分析力でも分かりやすいプロットだからね(だからダメと言ってる訳でなし。むしろ素晴らしい)
大人になったら漱石よりも松本清張や池井戸潤みたいに分かりやすい性格悪いやつで権力持ってるの戦うのが楽しくなるわな

496無名草子さん2016/04/08(金) 19:53:10.84
Kはどうして自殺したのですか?

497無名草子さん2016/04/09(土) 05:59:15.19
うつ病だった

498無名草子さん2016/04/11(月) 18:58:26.46
主人公も修業だの忍耐だのえらそうなことを言ってたKが女に振られたくらいで死ぬとは思わなかっただろうな

499無名草子さん2016/04/27(水) 22:50:45.45
先生って一度奥さんと墓参り行ってるよね?
何で私には一度も妻を連れていったことはないと嘘を付いたんだろう
それともこれは漱石のミス?

500無名草子さん2016/04/30(土) 12:27:44.56
>>497
Kはうつ病ではないんじゃね?

501無名草子さん2016/04/30(土) 13:15:11.79
実家を飛び出して、哲学やら仏教やらに何かを求めていたんでしょ。
学校にも行かずに。
お嬢さんとの一件はきっかけに過ぎないと思うんだよね。

502無名草子さん2016/05/05(木) 16:13:40.61
BS朝日 - 世界の文学がわかる!あらすじ名作劇場
http://www.bs-asahi.co.jp/arasuji_meisaku/

【5月11日(水)22:00〜放送】
「こころ」「蜘蛛の糸」

没後100年、夏目漱石特集。漱石至上最も売れた「こころ」を現代版にアレンジ。また、漱石の墓など、そうせきゆかりの地を訪れ、漱石を短に感じていく1時間。漱石が芥川龍之介のあてた手紙の中身を公開。教科書にも掲載中の「こころ」。…見て頂きたい名作。
この際、その本質を、現在ドラマで知って下さい。新たな感動や新たな出会いが必ずあるはずです。

503無名草子さん2016/05/23(月) 20:16:06.75
お嬢さん役平塚麗奈さんっていう人らしいけどなかなかかわいかった。
検索すると同姓同名の中学生モデルが出てくる。
無名の劇団員かなんかなのかな?

504無名草子さん2016/06/03(金) 04:03:13.74
では問題

Kとお嬢さんはどこで偶然会って一緒に帰ってきたか?

505無名草子さん2016/08/13(土) 11:57:21.56
>>502
これこの前夏目漱石特集あった。
MCの本仮屋ユイカは綺麗なお嬢さんでかわいいし先生の小川義男はかわいいおじいちゃんだしおもしろい。

506無名草子さん2016/10/17(月) 01:20:38.40
昔読んだなあ。
友達が死のうが、普通はそんなに気にしないものだよね。
人間は必ず死ぬ、きっと死ぬとかいうのはオウムの松本だけど

507無名草子さん2017/01/07(土) 17:07:37.92
『こころ』は夏目漱石の神髄

508無名草子さん2017/02/11(土) 19:22:09.49
はーポックンポックン♪

509無名草子さん2017/03/11(土) 04:22:00.85
先生(主)とケ〜(従)はホモだった
しかし先生は女の方が良くなった
先生が裏切ってお嬢さんと結婚することになった
恋人であった先生に裏切られたケ〜は自殺

510無名草子さん2017/03/11(土) 04:40:26.70
安易なホモ認定はNG

511無名草子さん2017/03/11(土) 04:40:43.64
先生は自殺に見せかけてkを殺した
自殺に見せかけた殺人だった

先生は罪の意識にさいなまれて自殺した

512無名草子さん2017/04/06(木) 07:50:17.94
ヤフージャパンブログ社員ダイエットニュース マイナス金利狙い通り「仏」ローーン
https://www.youtube.com/watch?v=uWLnfkOLmfk京都京野菜ぼったくり取引価格
ダイエットニュース (アリババダイエット40代偽装結婚プロ級世代(ヤフージャパンタイ資金洗浄)
違法改造大好き在日中国人報道中国車リコール発言反日飛行機会社
ヤフーネットダイエットコーヒーニュースタウンワークサービス不足まいちゃりマイカー窃盗犯
安売ドラマ魔界村ビールぼったくり販売員適正価格
適当ビジネスニュース報道プロ級世代新社屋TRUMPTOWER左遷「仏」40代監視カメラ使用コンプライアンス速報駐車場 (入社拒否

トランプジョーカー切り(放送大学消防庁コストカットアイドルマスターアップ株式会社)
NHKトランプ大統領ニュース(ヤフージャパン上院社員特別生活費支給旅行沖縄汚染水スキンケアテレビ東京槍杉ギャンブル依存症顧問職員)
ヤフージャポンマイノリティ社員「日本とロシアは仲良くさせてはいけないーhondasouichirouー」
中国建築歌富裕層息子カジノ通い連日連夜オールTRUMPパーティー(反日飛行機雲農薬散布マスク女問題)駅内マスクオンNACNN向け原文ママニュース

513無名草子さん2017/04/09(日) 01:05:45.25
読んだこと無い
古い小説読む人って何なの?

514無名草子さん2017/04/09(日) 01:39:29.24
老害・・・かな?

515無名草子さん2017/04/09(日) 08:05:41.44
>>513
夏目漱石の『こころ』読んだことないなんて人生損してると思う

516無名草子さん2017/04/09(日) 10:28:33.37
してないよ。
ディケンズやトルストイの人生が損しているか?

517無名草子さん2017/04/09(日) 16:36:46.64
損してる
だってあいつら寿司食ったことないんだぜ

518無名草子さん2017/04/11(火) 13:46:39.58
外国人は夏目漱石の『こころ』を読んでも意味わからないと思う。
夏目漱石の『こころ』は日本人の心の琴線に触れる小説だ。

519無名草子さん2017/04/17(月) 02:12:52.91
ヤフージャパンブログ社員ダイエットニュース マイナス金利狙い通り「仏」ローーン
https://www.youtube.com/watch?v=uWLnfkOLmfk京都京野菜ぼったくり取引価格
ダイエットニュース (アリババダイエット40代偽装結婚プロ級世代(ヤフージャパンタイ資金洗浄)
違法改造大好き在日中国人報道中国車リコール発言台湾反日飛行機会社
ヤフーネットダイエットコーヒーニュースタウンワークサービス不足まいちゃりマイカー窃盗犯
安売ドラマ魔界村ビールぼったくり販売員適正価格
適当ビジネスニュース報道プロ級世代新社屋TRUMPTOWER左遷「仏」40代監視カメラ使用コンプライアンス速報駐車場 (入社拒否

トランプジョーカー切り(放送大学消防庁コストカットアイドルマスターアップ株式会社テレビビジネス)
NHKトランプ大統領ニュース(ヤフージャパン上院社員特別生活費支給旅行沖縄汚染水スキンケアテレビ東京槍杉ギャンブル依存症顧問職員)
ヤフージャポンマイノリティ社員「日本とロシアは仲良くさせてはいけないーhondasouichirouー」
中国建築歌富裕層息子カジノ通い連日連夜オールTRUMPパーティー(反日飛行機雲農薬散布マスク女問題)駅内マスクオンNACNN向け原文ダビンチ(駄文知)ニュース

520無名草子さん2017/07/07(金) 19:35:32.57
こころはいい小説だけど、漱石の小説って人から聞いた話を適当に小説の体裁にして書いてるんだろうなあって思ってしまう
これも文人仲間の雑談かなんかから拾ってきた話なんじゃないかな
夢十夜の中の話も教師時代に住んでた場所に伝わる話だったりして、しれっと自分のものにしちゃう人みたいだね
そんなだから当時の風俗や考え方を見るにはいい小説なんだけど

521無名草子さん2017/07/18(火) 00:19:46.05
先生ってアマチュアの思想家なんですか?

522無名草子さん2017/08/10(木) 14:08:19.84
高校の頃やった時はよくわからんかったが登場人物の生き方から「何のために勉強するの?」っていうのを考えるのにもいいから
丁度進路を選択する時期の高校時代に読むにはいい本だなと最近読んで思ったな
今読むとカルタのくだりもほのぼのしてる青春の一ページのように見える
素直になれればよかったんだろうがあの頃って難しい時期だよなぁ

Kは自殺した日も寝てる先生の事呼んでみたのだろうか
それともしようとしてやめたんだろうか

523無名草子さん2017/09/02(土) 20:01:54.26

524無名草子さん2017/09/03(日) 10:08:24.54
>>2
正解

525無名草子さん2017/09/10(日) 11:10:28.64
>>2
不正解
 漱石は猫、坊ちゃん以外は全部駄作で、「こころ」は一番では無い。

526無名草子さん2017/09/10(日) 11:15:46.36
同率一位みたいな…

527無名草子さん2017/09/10(日) 15:03:01.41
>>526
うーーーん。 そうとも言えるが、「草枕」序文は例外かな。

528無名草子さん2017/09/19(火) 22:11:45.11
「こころ」を高校の教科書に乗せたアホは誰ですか?

 教える教師も分からんものを、何を教えるんだ! エエ。

529無名草子さん2017/10/15(日) 19:59:55.95
テレビ番組で東大・京大生が選ぶ読んでおきたい本第一位に夏目漱石の『こころ』が選ばれてた

530無名草子さん2017/10/15(日) 21:39:41.18
だからだめなんだ

531無名草子さん2017/10/15(日) 22:30:20.81
日本人の唯一の欠点
  ↓
ミエを張る。(自分に正直で無い。 自分を大事にしない。 自分を信じない。
           分かった積りになる。・・・で分かったふりをする!)
529さんの書き込みで良く分かる。

532無名草子さん2017/10/21(土) 12:57:11.83
夏目漱石の小説は性的描写がないから、学校教材に安心して使える、ということで、
教科書や副読本で多く使われたのが漱石人気の基礎にあると、小谷野敦が書いていたな。
森鴎外にしても性的テーマがあるから学校教科書では使えない。

533無名草子さん2017/10/22(日) 08:25:18.88
>>532
小谷野敦・・・教えて呉れてありがと。
でも、芸術=文学、絵画・・の周囲に気を配るのはやめた方が、
脳(精神)の為には良いと思う。

 何度も繰り返すが、我々一般人は芸術に対して、
 分析・評価(評論)には近寄らん方が良い。 
   また、女の話で恐縮だが、
 一目ぼれの女を「他人がどう見るか?」を考えるトンチキは居ない。

534無名草子さん2017/10/22(日) 20:29:12.62
>>532
森鴎外の舞姫が高校の現代文の教科書に載ってたよ

535無名草子さん2017/10/23(月) 06:19:38.48
俺も高校三年の時の現代文の教科書に森鴎外の『舞姫』が載っていて勉強した。
夏目漱石の『こころ』は俺の高校が使っていた教科書には載っていなかった。

536無名草子さん2017/10/25(水) 14:05:32.80
>>535
WIKIで舞姫のあらすじ見た。
・・・・くだらない。
 「こころ」もそうだが、これらで先生たちは生徒に何を教えたんだろう!?
さぞ、退屈だっただろうと推察。
第一「現代文」じゃないダロ。

537無名草子さん2017/11/27(月) 00:14:08.78
夏目漱石は木島 桜谷の才能を全く見抜けなかったんだな。
そもそも絵心皆無なのに何故こいつは偉そうに講評したんだ?

嫉妬したんだろう。

538無名草子さん2017/11/27(月) 10:41:04.90
漱石で一番の駄作

539無名草子さん2017/11/27(月) 16:04:12.61
>>537
漱石ストーカー、真夜中書き込み 乙。

540無名草子さん2017/12/08(金) 12:29:51.41
好きの反対は嫌いじゃなくて無関心だからね

ファンからアンチ化 粘着ぶりに「まだ好きなのでは?」の声も
2017/12/08 11:00

熱狂的に応援していたのに、あることをきっかけにアンチになる。道を誤ると大きな事件になることもあるが、気持ちだけは理解できる人も多いのではないだろうか。
しらべぇ編集部では、全国20?60代の男女1,336人に「アンチについて」の調査を実施。
その結果、21.5%の人が「ファンからアンチになったものがある」と回答したのだ。
男性のほうが、アンチ化をしやすいのだろうか。
「好きなアイドルの握手会に、頻繁に通っていた。最初は対応が良かったのに、だんだんと塩対応になって嫌いに。ネットで批判をみつけては同調し、自分が書き込むこともある」(30代・男性)
しかし、女性でもファンからアンチになる人はいる。
「私は付き合っていた男性と別れたら、悪口を言うタイプ。芸能人も同じように、叩いてしまう」(20代・女性)
■アンチになるきっかけは嫉妬心から?
ファンからアンチになるきっかけに、嫉妬が大きく影響していることも。
「読モだから近い存在だと思っていたのに、人気がでてものすごい遠い存在に感じてしまった。同年代だから、その子と比べて『自分はなにも成し遂げてない』って思っちゃう」(20代・女性)
近年では、SNSが原因で嫌いになる場合もある。
「アイドルで、モデルもやってる芸能人。好きだったけど、インスタがセレブ感出し過ぎで耐えられなかった。いいもの買って、食べてるんだなって…お金持ってるのは、わかるんだけど」(30代・女性)
■好きの反対は無関心ならアンチは…
よく、「好きの反対は無関心」と言われている。アンチになるということは、その対象をまだ意識しているといえる。
「元AKBファンだけど興味がなくなり、今はまったく情報も追っていない。アンチはその人のことばかり考えているから、ある意味では熱狂的なファンなのかも」(30代・男性)
嫌いなものに時間を割くのは、もったいないこと。それでも止められないのは、良くも悪くも相手への興味が失せていないのかも。

https://sirabee.com/2017/12/08/20161380426/
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&id=4894652

541無名草子さん2017/12/09(土) 22:23:28.86
>>540
いつものストーカーさんだな。
めんどくさい書き込みダナー。

 漱石が好きか嫌いか、自分でも分から無くなったんだね。
結構居るんだよ。 
自我が確立する前に、自由な行動を他から制限されたか、
他者を気にし過ぎた結果だと思う。

 治すのは難しいが、他の漱石スレにも書いたが、先ず自分を知らなくちゃならん。
  「好きな事物を百」書いてみる。 1年おき、正月にでも書くことだね。
    そんで、自分を先ず好きになる事。そんで自信がつく。
      好きが分からんじゃア、愛なんてとても・・・。

      これ新入社員教育でやってみたんだ(10年以上前)。数十人居たが、
    1割もまともに書けなかったのにびっくりした。 
   嬉しそうに書いてる女子が一人いた。
  数年たって人事から、「非常に優秀だ!」と聞いた。
 

542無名草子さん2018/01/09(火) 17:51:19.51
中学三年で漱石のこゝろに出逢った。
衝撃をうけた。
その後太宰の人間失格。
死にたいと思った。
でも未だに生きている。

543無名草子さん2018/01/09(火) 21:00:48.32
>>542
 太宰を読んで死にたくなったの? 読まなくて良かったよ。

 中三でこころか? こころは数頁読んでやめたよ。

 漱石なら猫、坊ちゃんを進めるよ。 
 生きる事が楽しいって、自然と悟らせて呉れる稀有な日本文学だと思うよ。

 

544無名草子さん2018/01/12(金) 09:38:00.07
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

4H327

545無名草子さん2018/01/16(火) 21:54:55.00
あげ

546無名草子さん2018/02/11(日) 20:43:30.49
あなたはKはどうして自殺したのだと思いますか?

547無名草子さん2018/02/22(木) 14:25:12.86
先生って自分は働かなくていいと思ってるんですか?

548無名草子さん2018/02/22(木) 16:20:46.91
放置もおススメです
https://goo.gl/ShFMTf

549無名草子さん2018/02/22(木) 21:35:17.55
>>548

Attention! Don't Touch!

550無名草子さん2018/03/26(月) 19:40:40.30
夏目漱石は、新聞小説家になってからと初期では文体が違う話は有名だけど、それは
新聞小説は、行を埋めるために無駄な言葉を書かないといけなかったからだと思う。
三四郎やこころなんかはその典型例だね。
こころは、無駄な一章二章がながい。
俺は、三四郎が漱石作品では一番好きだけど。

551無名草子さん2018/04/12(木) 18:18:28.15
英語のこころ (インターナショナル新書)
新書 – 2018/4/6
マーク・ピーターセン (著)
超ロングセラー『日本人の英語』の著者が教える本物の英語的発想とは?

英語と日本語の漱石の『こころ』の文体は英語の影響を受けている!? 
なぜ小説のタイトル『こころ』はheartと訳せないのか?

552無名草子さん2018/04/13(金) 23:34:58.66
『こころ』は外人には理解できないよ

553無名草子さん2018/05/27(日) 07:56:15.68
>>542
日本の全ての文庫本の売り上げの中で1位が『こころ』で2位が『人間失格』です

554無名草子さん2018/05/29(火) 16:20:53.67
1YO5X

555無名草子さん2018/06/17(日) 13:23:40.04
江東区立深川図書館特殊

銅和加配
在目特券

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
幼児が歓声上げて走り回る       見ぬふり
小学生が歓声上げて走り回る     見ぬふり
中学生が大声で談笑して走り回る   見ぬふり
高校生が閲覧机で談笑雑談      見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

翌日、被害者を公務員が脅していた

556無名草子さん2018/08/07(火) 13:56:11.45
>>8

実は初めてじっくり読んだけど
「もういいよ…」ってのは分かる

なんかしつこいんだよね
それでいて決定的なシーンは
あまりにもあっさり書くから
その落差が怖かった
精神やられてる人だなって思った
若い頃に読むの挫折したので
歳喰った今読んでまあ納得したわ
 

557無名草子さん2018/08/07(火) 15:22:09.96
>>84

分かる結局
お嬢さんと結婚してて
ズコーッてなった
 

558無名草子さん2018/08/24(金) 07:44:44.32
則天去私

559無名草子さん2018/08/26(日) 15:06:36.01
>>84
自分は逆にお嬢さんとの結婚は登場人物にとってある種罰みたいなもんに感じたな
罪そのものがずっと隣にいる恐怖というか
顔見りゃK思い出すから苦痛だが結婚しないと無責任だしで

560無名草子さん2018/08/26(日) 19:54:00.48

561無名草子さん2018/08/26(日) 23:59:27.44
漱石が晩年理想とした「則天去私」は、エゴからの脱出を目的としたもの

562無名草子さん2018/08/31(金) 09:00:06.23
『こころ』の文中に出てくる「覚悟」とはどういう意味ですか?

563無名草子さん2018/11/27(火) 01:05:58.69
先生は人間を愛し得る人、愛せずにはいられない人、それでいて自分の懐に入ろうとするものを、手をひろげて抱き締める事のできない人である

564無名草子さん2018/11/28(水) 04:38:19.24
女の取り合いで勝った、相手は自殺。珍しくもない.話。
しかし
くよくよ悔やんだ末突如明治天皇に殉死、
どうしようもないくだらなさw

565無名草子さん2018/11/29(木) 09:28:25.76
先生はKが好きだった。しかしKはお嬢さんが好きだった。
振り向いてくれないKに意地悪しようと、先生はお嬢さんと
結婚する手はずを整えてしまう。絶望したKは自殺した。
先生の恋は失われ、失意のままお嬢さんと結婚したが、
愛のない夫婦生活が続き、先生はKのあとを追って自殺する。

566無名草子さん2018/12/03(月) 22:37:21.69
一時期流行った漱石ホモ説だな

567無名草子さん2018/12/22(土) 10:39:15.36
漱石がホモなんじゃなくて先生がホモなんだよ

568無名草子さん2018/12/22(土) 19:47:14.81
これが、何故、漱石の最高傑作と言われるのかが分からない

569無名草子さん2018/12/23(日) 02:01:57.71
じゃ何が好き?

570無名草子さん2019/04/03(水) 22:51:06.54
坊っちゃんです

571無名草子さん2019/04/16(火) 00:34:47.76
先生の独白スタイルだから女どもが何考えてんのかよくわからん置物なのは仕方ないしそれが自然なのだろうか

572無名草子さん2019/05/06(月) 08:12:16.58
先生ってどうして働かないのですか?

573無名草子さん2019/05/15(水) 19:45:57.91
関根麻里と結婚したK、最近全く見なくなったけど韓国だとまだ売れてるのかな

574無名草子さん2019/07/19(金) 08:58:45.77
先生ってどうして自殺したのですか?

575無名草子さん2019/08/21(水) 20:47:46.13
>>1
つまんなかった

576無名草子さん2019/10/03(木) 15:50:41.26
主人公が、同性愛者のストーカーかと思った。

新着レスの表示
レスを投稿する