皆で文章を評価するスレ

1名無し物書き@推敲中?2011/04/17(日) 12:24:31.83
みんなでUPされた文章を評価するスレッド

2名無し物書き@推敲中?2011/04/17(日) 12:31:09.25
糞スレ乙

3文章2011/04/17(日) 12:32:22.96
はい僕が文章くんです
みなさんで僕の良い所を評価していってください

4名無し物書き@推敲中?2011/04/17(日) 18:21:39.31
>はい僕が文章くんです
何に答えて「はい」といっているのか、投稿された文章のみでは分からない。
文章という不自然な名前の理由も分からないまま。
>みなさんで僕の良い所を評価していってください
良いところを評価、という部分に反感を覚える読者も多いことだろう。傲岸不遜な印象で。
迎合しろとまではいわないが、読者に不快感を与えるのはそれ以上に避けねばならない。
プロの作家には向かない。

よって0点!

5名無し物書き@推敲中?2011/04/17(日) 18:22:33.70
顔とちんぼ洗って出直せ!

6名無し物書き@推敲中?2011/04/17(日) 23:33:20.87
>>4 の想像力と読解力の無さ、さらに器の小ささに苦笑せざるを得ない。

7名無し物書き@推敲中?2011/04/21(木) 22:00:30.38
>>5
顔は分かるがちんぽを洗う必要性について説明がなされていない

よって0点!

8名無し物書き@推敲中?2011/04/21(木) 22:02:12.38
>>6
それについては>>4と同じ手法でもって文章批判を行えばなおよかった

よって3点!

9 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2011/04/23(土) 00:22:03.31
ちまたに雨が降る

10名無し物書き@推敲中?2011/04/23(土) 19:44:08.21
 「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。
 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」
「ははん。ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」
 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。
 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。
「……へへへ、そうだな。お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。
 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。何しろ、」
「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ?
 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」
「……へっへへははははは! そうだろうな。そうだろうよ。
 ……なら聞かせてくれ。お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」
「隊長なんて興味ないね。部長でいいね。」
「……部長…。英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。」
「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!!
 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね!
 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ!
 トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!!
 そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」
 「…………勝てねぇ…。……勝てねぇよ……。…こんなヤツが隊長だったんじゃ、
 …勝てるわきゃねぇやな…。へへへへはははははははは!!」

11名無し物書き@推敲中?2011/05/04(水) 21:11:04.97
しね

12名無し物書き@推敲中?2011/05/17(火) 02:18:26.36
心配すんな

13 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/05/24(火) 23:05:39.27
>>10
はいはいこぴぺこぴぺ

いつも見るけど自己陶酔の極みって感じで気持ち悪いね。

14名無し物書き@推敲中?2011/06/06(月) 14:40:57.05
かわいそう

15名無し物書き@推敲中?2011/06/17(金) 15:54:56.72
何故?

16名無し物書き@推敲中?2011/06/28(火) 00:59:48.55

          / ̄ ̄ ̄\
         /  ⌒  ⌒ ヽ
          |  (●)(●)  |
         |   (__人__)   |  うーっす
        /、.  ` ⌒´    ヽ
       /           |
       |          | |
       ヽ_| ┌──┐  |丿
         | ├──┤  |
         | ├──┤  |

17名無し物書き@推敲中?2011/06/29(水) 18:17:32.19
私が2才の時から小学校卒業まで住んでた家が幽霊屋敷だった
平屋の小さい家だったのだが、土地柄的に霊的なモノが集まり易い所な上に部屋の至る所に霊道が通っていたので毎日のように怪奇現象が起こっていたそうだ

天井全面に手形のシミや親指の指紋が浮き上がるし(掃除してもすぐ浮いて来る)、金縛りはしょっちゅうで、物も良く移動するし飛んで来る
玄関近くの洋間の部屋なんかは最強なのが居たらしく、その部屋で寝よう物なら金縛りは愚か、手の跡がくっきり残る程首を締められるらしい

でも上記現象は全て母親のみに起った事。私はというと悪さなど全くされず、むしろ可愛がられてたそうだw

当時から母子家庭だったので母親はいつも仕事で小学校に上がるまでは私は日中一人で居たのだが、どうやら毎日家の住人達に遊んでもらってたそうだw

私は全く覚えて居ないが母親が曰く、仕事から帰って来るといつも、一番危ない玄関近くの洋間で私は遊んでおり、部屋の中から数人の笑い声が聞こえ、私自身も何者かと楽しく話してる声が聞こえたそうな

ある時は夜中ふと目覚めた母親が隣で壁を背にしてベッドで寝ている私を見たら、壁から腕が生えており、その腕が私の頭を撫でていたらしいw
またある時は風呂に向かう私の後ろを赤い服を着た女の子が手ぬぐいを持って*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*な顔しながら着いて行ったり、私の事を酷く叱った後の夜中なんかは、報復のように金縛りに遭い、ベッドがロデオ状態だったらしいw
ww

母親は今だに当時幽霊屋敷に住みながら、全くなんともなかった(母親は住んでいた数年の間に大病2回、大事故3回起こしてる)私をgkbrしているwww


18名無し物書き@推敲中?2011/07/12(火) 05:58:21.29
語ろう

19名無し物書き@推敲中?2011/07/25(月) 01:16:07.07
はやい

20名無し物書き@推敲中?2011/08/08(月) 22:23:33.85
ワラタ

21名無し物書き@推敲中?2012/02/20(月) 22:41:16.13
このスレはリンク貼りは禁止なのか?

22名無し物書き@推敲中?2012/02/20(月) 23:01:39.41
ここは機能してないじゃん。
ルールの話とか、文章評価スレの役割分担とか、このスレで話し合うのはどうかね?

23名無し物書き@推敲中?2012/02/20(月) 23:25:35.82
自治スレとして使うのもありだな。
宣伝するのはアレだけど住人集まってくるだろうか。

24名無し物書き@推敲中?2012/02/24(金) 17:00:01.69
酷評スレが落ち着くまで、ここに文章を載せるという手もあるな。

25名無し物書き@推敲中?2012/03/07(水) 19:16:18.13
評価欲しいけどリンクはおk?
ここに書き込もうと思ったが文字数が多すぎる(´・ω・`)

26名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 00:59:09.31

27名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 00:59:37.32

28名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 01:00:03.82
スレオツ

29名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 08:42:17.19
>>25
良いと思うよ

30名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 16:25:51.05
「別れよ」
それが、最後に聞いたあいつの声だった。

立春は過ぎたが、寒いものは寒い。
「寒っ!」
俺はコートの前を掻き合わせて体温を閉じ込めた。

とりあえずここまで。
評価お願いします。
完結したらまとめてアリにあげます。たぶん。

31名無し物書き@推敲中?2012/03/11(日) 21:14:42.36
お頼みします。

http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120310000012

32名無し物書き@推敲中?2012/03/12(月) 18:58:40.51
冒頭だけ読んでみたが、時系列が混乱していないか?
『月額六万五千円の全領土をくまなく調べ』たとある。
それなら玄関も当然調べたはずなのに、後で玄関を捜す話が出てくる。
わけわからんわ。気持ち悪い文章だな。

33sage2012/03/13(火) 08:36:04.36
>>31
全部読んだよ。
伝えたいことは分かるが、日常の中の、ほんの些細なひっかかりだよね。

ほとんどの読者にとっては事件でも事故でもないから、
名刺入れの捜索だけで興味を引っ張るのはつらいと思われ。
このテーマで書くには、よほどな文章力と観察力と表現力がいるだろ。

で、それを承知で修行中ってことだろうから、感想なんだが。
話に繋がらないムダなディティールが多く、話がなかなか進まないイライラ感がある。とにかく話が進まない。

たとえば冒頭だが、
昨晩酔っ払って帰ってきたの回想するとこ、酔っ払ってたかどうかは結局話に繋がらないんだからどうでもいいし、
思い出しながら名刺入れを探すくだりも、いちいち読ませる意味あるか?
「太ももに固形物が当たる感触」云々も、前の、ズボンのポケットに無かったてのにしつこいと感じたし、
3000円の合成革のカバンも、高級名刺入れとの比較で伏線になってるわけでもなく、
丸められたティッシュが三個とかも、読んでる方には、どうでもいい。つーか書いてる方にもどうでもいいだろ。
とにかく、話が進まない。
「名刺入れがない」というだけで、冒頭引っ張り続けるのは、難しいと思うぜ。



34名無し物書き@推敲中?2012/03/13(火) 19:25:48.47
>>33
おまえ、純文学を退屈に感じて読めない人だろw

35sage2012/03/13(火) 20:23:52.21
>>34
俺のことはいいから、>>31読んで感想書いてやれってば。
つうか、純文か、エンタメかなんてジャンルわけの意味は無いって。

花村萬月や村上龍は、芥川賞とったけど、純文なの?エンタメなの?
村上春樹は、大衆作家だろ?仮にノーベル賞とっちゃったら、文体が変わったわけでも無いのに文学になんの?
高橋源一郎は? 阿部和重は? 純文でくくって、吉田修一と一緒にすんの?

というわけで、文章、文体に、エンタメも純文も関係ないだろ。

あるのは、退屈か読めるかの、読み手の主観。
だから、お前も、>>31に感想を書いてやれよ。

36名無し物書き@推敲中?2012/03/13(火) 20:27:00.55
>>31は純文学なのか?
純文学にしては、言葉のセンスが悪くね?
しかし、アリの感想欄は酷いね。
純文学であれば、物語性だとか、話の凹凸なんかどうでもいいじゃん。

37sage2012/03/13(火) 20:40:04.65
>>36
いやー、そら違うと思うぜ。
文章を読ませるために、文章の快楽だけじゃなくて、展開にもめっちゃ工夫を凝らしてるって。
無意識にやってんだか、研究してんだかは知らんし、
皆が皆とは言わんがな。

ここで興味をひいておく、読み手はそれを解消したいから先を読む。
読者の頭には無いだろう発想、描写・表現、知識を、定期的に散りばめる。
意表を突く。

>>31が目指してるのがどうういう方向かは知らないが、
町田康や、舞城王太郎でも、文章だけで読ませてるわけじゃないと思うぜ。
つーか、読ませる文章っつのは、結局、文脈に依存するわけでさ。

38sage2012/03/13(火) 20:41:23.67
>>37 は、純文一般のハナシな。

>>36 の、ここへのレスと思ってくれ。
> 純文学であれば、物語性だとか、話の凹凸なんかどうでもいいじゃん。

39名無し物書き@推敲中?2012/03/13(火) 20:53:43.34
別に君が間違っているとは言わんが、好みの押し付けは止めようぜ。
ここで議論しても無意味だろ。
笙野頼子や保坂和志は読んでいないのか?

40名無し物書き@推敲中?2012/03/13(火) 20:59:24.56
評価というか評価じみた感想の方が良いんじゃないかな。
矛盾が起きてたりはオレらでもチェックできるけどその他はこの流れはイラッとするとか、この結末では何が言いたいのかわからなかったとか

41名無し物書き@推敲中?2012/03/13(火) 23:20:12.46
内容の評価もおまけ程度にやってもいいだろうが、まずは文章だよ。
文章力が一定レベルに到達すれば、まともな新人賞で安定して一次を通るようになる。
逆に言うと、そのレベルに行くまでは地道な文章修行を怠ってはいけないと思うぞ。

42名無し物書き@推敲中?2012/03/18(日) 21:46:32.97
酷評御願いします。ワイスレとのマルチポストです。
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120318000030
ちなみにリンクはアリの穴です

43名無し物書き@推敲中?2012/05/26(土) 00:24:25.42
ボコボコにして下さい。お願いします。
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120526000050

題名はウデキリサイクルです。

44名無し物書き@推敲中?2012/06/07(木) 18:33:40.38
http://ncode.syosetu.com/n4256bd/

まだ未完成ですが書評お願いします。

45名無し物書き@推敲中?2012/06/07(木) 19:02:45.99
>>44
まず「僕の名前は〜」の時点で即バック。

46名無し物書き@推敲中?2012/06/07(木) 19:07:46.87
俺は先に有名な奴の言葉を持ってくる時点で読まんわ。
ワナビに多すぎだろw

47sage2012/06/08(金) 00:46:13.43
>>44
何章か読んでみたよ。
ところどころ面白い言い回しもあって、いちおう読めはするんだが。

文章という以前に、
他人に読ませることを、考えてないんじゃね?

謎があるでも、伏線があるでもなく、脈絡のない、その場その場の思いつきで場面が変わり、
主人公ピンチかとおもいきや、
何にもしてないのに助かるっつーか、そもそもピンチでもなんでもないという。

これ読む意味あんの?的な。大人には辛かった。


48sage2012/06/08(金) 01:09:36.31
>>43
こっちも読んだ。

「夜になると、失踪した親友を探している」という、興味をそそる主人公の
バックグラウンドが、でてくるの遅いよ。

そこまで行く前に、殆どのやつが挫折するだろこれ。

誰の文体の影響なのかは知らないが、
長々続く文章の、なかに含まれている情報が、雑音ばかりっつーか
精査されてないんじゃね?

あとさ、たとえば、高校の自主退学届けのくだり、保護者が同意してないのに
本人のサインで受理なんかされるの?

どうでもいいような情報は、もってまわった言い回しを並べて
格好つけようとする一方で、
ごく普通の、現実的な描写するだけの知識と心配りが足りなすぎじゃね?

49名無し物書き@推敲中?2012/06/17(日) 06:34:29.10
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120617000025
続きを読もうという気になれるかどうかを教えて欲しいです。
宜しくお願い致します。

50sage2012/06/17(日) 08:03:20.30
>>49
いちおう読んだよ。会話や、地の文が軽いところのラノベ文体? が俺には辛かったが。
まあ、文体以外について書く。

冒頭、まず彼女が食われてるとこまでは興味を引かれたが。

「ぼろぼろに引き裂かれた衣服が〜」 以降の描写が、スローモーというか、
読み手の気になる情報がでてこないわりに、
どうでもいいことが延々書かれてて読むのがつらい。
この段は、もうほとんど読まずに眺めて飛ばした。「にげてぇえええええ」 とか 「かはっ!?」とか
会話文がことごとく酷くて、書店で手に取ったら、ここで読むのやめてる。
が、まあラノベってこんなんなのかな?

で、悪夢からさめて学校に行くんだが、平穏な日常の描写がほとんどないまま、いきなり美少女がでてきて
説明が続く、と受け取れる。頭が切り替わらない。
もっとも、ただ平穏な日常をながなが描写されてもつらいが。

で、夢ででた敵? が襲ってくるわけだが、やはり展開がスロー(詳細は前述)で、危機感がなく、読むのがつらい。
さらにまた、それも夢だった、というのはいいとして、
さらにまた、いきなり美少女が出てきて、どうでもいいような説明が続くところは、もうナナメ読みすらできず飛ばして読んで最後。

続きが気になるか? と言われても、読者は、なにに興味を持てばよいんだ? と問いかけたい。
悪夢で始まるのはいいとして、その後の展開で、ちょっとした謎とか、平穏な中で少し不吉とか、興味を引くように仕掛けが欲しい。

51名無し物書き@推敲中?2012/06/17(日) 09:11:50.24
ありがとうございます。もう少し考えて書き直したいと思います。
ここラノベの板じゃないんですね(´・ω・)

52名無し物書き@推敲中?2012/06/17(日) 09:39:20.16
あ、えと 続きが気になるか、というよりも
とりあえず続きを読む気になれるか? というのが知りたかったのですが……

ちょっとした謎やデジャヴみたいなのはそこの続きにありまして、
ただそこまで読んでもらえないなら意味が無い、だからUP文の文章をどこまで削るかを悩んでおりました。
ネタつめこみすぎた感じがあります、冒頭だけだと弱いってことがわかりました。
ありがとうございます。

53sage2012/06/17(日) 09:57:54.78
>>51
いや、ラノベでもいいと思うよ。
ただ、俺は最近のラノベは読んでない人間で、読めんと思ったってだけ。
そこは気にしないでくれ。

謎つってるのは、必ずしも、全体をつらぬく大きな謎とかではなくていいんだよ。

いつも見かけるものが今日は無い、でもいいし、脇役の行動や雰囲気がいつもと違う、でもいいし、
主人公は、1年前から毎朝きまって○○している、でも、なんか犬が遠吠えしてるんでもいいし、
なんでもどうでもいいんだけどさ。

そういうのが、一定の間隔で出てくると、読み手はちょっと気を引かれて、続きを読みやすくなる。
謎でなくても、いきなり危機に陥るんでも、黒猫やカラスがさりげなく出てくるでも、なんでもいいんだけどさ。
ベストセラーの、まともなやつを何冊か、読んでみると分かると思われ。

54名無し物書き@推敲中?2012/06/17(日) 10:30:47.00
>>53
えっとですね、そういうのがまさしくちょうどUPした次の行からなんです。
そっからもけっこうなネタつめこんでいるので、どうでもいい話もありますが、

登校風景にデジャヴを感じ、夢と同じサイレンの音がなる。 見たいな感じに続いていくのですけれど、

そもそもが 良い感じだといってもらえた冒頭部分の00があとから書き足した部分なんです
01をようやくして 冒頭で魅せたかった それで01はほとんど削らなきゃいけなかったんですが、
めんどk……いや、おしい気持ちもありまして、
02のBパートへの伏線を詰め込んでいる為にあまり削れなかったという、
自分でも納得いっていないのでありがたいです。
やっぱり00と01 ようやくして 短くまとめたいと思います。
本来プロットでも01が00の位置にありましたから、
ちなみにホラーではなくSFでして、とんでも展開になります。
厨二病患者向けのラノベとして書きました。

55名無し物書き@推敲中?2012/06/20(水) 09:17:29.58
最初の方だけ書き直して見ました。(後半はそのまま、追加されてるのもそのまま)
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2169.txt
続きが気になるかではなく、とりあえず続きを読んでみようか、
と思えるかをおしえてもらいたいです。

よろしくお願い致します。

56名無し物書き@推敲中?2012/06/20(水) 12:18:39.70
すみません冒頭がおかしなことになってます。
コピペミス↑は間違いということで なおしてきます。

57名無し物書き@推敲中?2012/06/20(水) 12:30:36.47
見間違いでした、少しなおしは、しましたが大差なかった
↑のままお願いします。

58sage2012/06/20(水) 22:54:37.71
>>57
読んだよ。 おれ以外の感想を、俺も読みたいけどな。
ラノベは読まないので、べつに、全部を真に受けるこたあないからな。取捨選択してくれな。 で、読みたいかを書くが。

冒頭、ちょっとグロくて不快が強かったな。
次に、目覚めた後だが、登校・ホームルーム・居眠り・サイレン・でも無視してメシの相談・悲鳴、までが
短い中につめこみすぎてて、頭に入ってこなかった。
ここまでで、俺は感情移入できてなかった。

無責任なことを言うが、いっそ、悪夢から目覚めたとき、教室の居眠りから覚めるシーンで始まったらあかんの?
ヒロインの説明とかも、別に、朝の登校からはじめなくても出来るんじゃね?

で、戦闘シーンに入るんだが、
「憧れていた俺にはわかる〜」 以下のくだりは、「何でそんなこと分かるんだよ」と違和感を抱いてしまう。
敵が出た状況で、主人公が高揚してる心理の説明も、(ワクワクするか? と感じてしまう)
ヒロイン襲われて死ぬとこの心理描写も、(心の切り替えが、早すぎるだろ)
リアリティがないっつーか、読み手の心理状態とズレがあったと思われ。

で、「駆け足気味の登校途中」 からだが、 (この段落の文章は、俺には、前半のライトな文体より読みやすかったよ。
後半、ラノベっぽいセリフが多発してくると、俺にはとたんに読みづらくなったが。 まあ、文体の好みはおくとして)
戦闘が入って来るんだが、「続きが気になるか?」というと、もうひとつ弱いな。

まだ、大きな謎とかは、ここで出したくないんだよな?
なら、主人公が、誰かの安否を確認しないといけないとか、時間までに約束の場所に行かなきゃいけないとか、
そういう要素を入れとくと、 読み手はそれが気になって、続きを読もうと引っ張られると思うんだけど。

59名無し物書き@推敲中?2012/06/21(木) 06:01:36.37
ありがとうございます。
後半は書きっぱなしで殆どなおしていないもので、すみません。
気になるかはさておき、とりあえず読んではもらえると解釈すればよいのでしょうか?

聞く限りだと今度は削りすぎた感じがします。

とりあえず続き、これも書きっぱなしでなおしていないので相当読みづらいかもしれません。
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2172.txt

60sage2012/06/21(木) 21:46:44.66
>>59
冒頭の悪夢んとこで、読むモチベーションUPするだろ。
で、微グロで、微DOWNするだろ。
以後、これまで挙げたところで、読むモチベDOWN、DOWN、たまにUPを繰り返すんだな。

賞の一次選考とかだと知らないが、書店で手に取ったなら
敵が出てきて、主人公が高揚して、ヒロイン死ぬところあたりで、読めんと思って棚に戻すなあ。

高揚するのも、ヒロインの死に際しての態度も、アリなんだけど、この書き方だと共感にいたらず。

>>59の続きも読んだ。
地の文を普通に書いてるとこは、普通に読めるんだけどなあー。
擬音語、擬態語で、何かを表そうとしてるような文章は読んでてツライが、それは言わないとしてもだ。

書かれてるもの・情報が、本当に必要なもの・情報か? 面白さに寄与するもの・情報か?
それを精査できてないと思うぜ。

なので、主人公やヒロインが、どういうシチュエーションで、どういう判断をして、どういう行動・言動するかの
情報が少なく、キャラが伝わってこない。
一行、一文ごとに、少しずつ、それが積み重なって、キャラがたってくもんだと思うんだが。
それが少ないので、読み手がキャラをイメージできない感じ。

このキャラ・文章と長編つきあいたいかっつーと、そう思えないし、冒頭のツカミだけだと、途中で貯金を使い果たす。
あくまで、俺個人の感想だから、ぜんぶを真に受けることはないが。正直な感想を、マジメに書いたつもり。

61名無し物書き@推敲中?2012/06/22(金) 07:36:21.02
ありがとうございます。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2175.txt
とりあえず直してみた感じこんな風になりました。
ほかにもまだまだ全部改変するつもりで何度も直したいと思います。

少し言い訳をさせて頂きますと、文章というものを殆ど書いた事が無く。
文法も作法もまったくわかっておりません。ほぼ見よう見まねでこんな感じかな?
で書いております。(主語と述語の意味もわかっていないレベル
賞などは現在、殆ど考えておりません。ただこの物語が頭に浮かんで、書きたい。
と思った時に、というよりは、正確には、私自身がこれをきちんとした形で読みたい。
だから書いてみた。のはいいけれど、どこかが、おかしい。物足りない。
しかし、どこがおかしいのかが、わからない。ので見て頂きました。

頂いたお声を参考にしつつも何度も書き直してみます。
本当にありがとうございました。

62sage2012/06/22(金) 19:32:58.16
>>61
書いたことないの? まじで?
個人的には、短時間で、ずいぶん良くなってると思うぜ。

細かい不満点は、まだ挙げればいろいろ挙げられるとは思うけど、
少なくとも俺は、
読みたいと思える魅力も感じたから、こうやって読んできたぜ。

頑張ってな。

63天井智将 ◆qvCx1jp6TNIa 2012/07/05(木) 18:40:33.64
>>61
作法?なにそれ?おいしいの?

これはネタ出しのメモ書き。
自分で何回も読んでみた?これストーリーだけ完結して
作品としてはギリギリショートショートと呼べるが、ショートショートとしては投げっぱなし感が強い。

レスの主旨からして単行本1冊書き上げたいんですよね。
なら、この文章で夢見てから逃げろ言うまでの流れを半年か1年くらいの時系列で構成しなおせ。
あなたが無駄だと思って切り捨てた情報、そもそも興味を持たなかった文学の趣意が文学の本質。
文法や文章力なんか作者の好みでしかないといったら信じる?

10冊か20冊以上のシリーズ長編か、ハードカバーの分厚い本を根気良く読むところから始めろ。
あなたに文章指導は無意味。国語の先生にでもなりたいなら最高に効率よかろうけどね。

64名無し物書き@推敲中?2012/07/06(金) 09:38:04.53
>>62
ありがとうございます。
ラノベは結構読みますが、書いたことはありません。
とりあえず書き方講座みたいなサイトめぐってみました。

キャラが見えてこないとの指摘がありましたが、
そもそもキャラや世界設定をまったく考えていませんでした。
展開だけで書いて、頭の中に続きがあるものだから急いてしまったようです。
現在設定等を構築中でございます。

>>63
ありがとうございます。
確かにネタだしのメモ書きですね。
何度、読み返してみても、詳細なプロット感。が抜けません。
後半にいたっては書きっぱなしで一切修正を加えておりませんので、
かなり読みづらいのでは無いかと思います。

少し勘違いされているようなので、修正しておきますと完結はしていません。
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2226.txt
(↑未修正書きっぱなし、プロットに近いものです)
の様にかなり続いて行きますので、おっしゃるように時系列を構成しなおすと
後半部分が、それこそ10冊以上のシリーズ長編を書く気で挑まねばならなくなります。


設定構築しながら修正いれてみたもの、
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2225.txt
これもボツにして書き直しますが、世界観やキャラの配置等
考えなければいけないことが、山積みのようです。

65名無し物書き@推敲中?2012/07/28(土) 01:15:50.48

66名無し物書き@推敲中?2012/07/28(土) 15:57:48.99
>>65
最初の一行で即バック。
句読点つけようよ。
何このメモ帳。

67名無し物書き@推敲中?2012/07/31(火) 23:37:08.29
>>65
……。

68名無し物書き@推敲中?2012/08/05(日) 00:02:41.10
>>53 おーいふざけんなこんなもん最近のラノベだって掠りもしねぇよ
内容が多少おちゃらけてるかわりに、冒頭とタイトルで嫌ってほど読者を惹きつけて
売る。それが最近のラノベの最底辺で、さらに中身がついて来れば良作と言われる。
こんなどこにでもあるようなグロ描写と中二臭い描写はいらん。客観文なんて
読んでても何も面白くないんだよ。主観持って来い台詞文とかで。

>>61 主人公自身のモノローグが最初からあったので、楽に読めた。
主観があって読みやすいと思う。後できっちり読みたい

>>65 俺中一の頃こんなん書いてたな…
そういうラノベで良くある『唐突さ』が許されるのは、独特な状況描写があるからだ。
そんな小学生並みの文体と語彙で書かれても、単にわけわからんし貧困な想像力だな
と思うだけだ

69名無し物書き@推敲中?2012/08/05(日) 00:24:12.03
>>65
色々な意味で続きが気になる
早く書け

70群像新人賞2012/08/08(水) 15:57:54.18
以下自作小説の冒頭です。評価お願いします。

71群像新人賞2012/08/08(水) 16:00:06.24
ベランダで、由美がコスモスに水をあげている。まだ花は蕾で、種から蒔いた
やつだ。僕はリビングのソファーに座っていた。窓越しに、由美がコスモスに
水をやるのを見ている。由美は園芸用に手袋をして、コスモスに水をやりなが
ら笑顔を浮かべていた。由美は蕾の様子に、しばらく見入っているみたいだっ
た。
僕は部屋のソファーの正面のテーブルに視線を移す。そこには一週間分の日経
新聞と数種類の経済誌が置かれている。それらを手にすることはせずに、僕は
物思いに耽った。もう何年も前になるがユーロが好調だったころ、最初はユー
ロの外貨預金から始めて、その後はFX取引に手を出して僕はユーロでかなり
の利益を上げた。それで投資に僕は嵌まった。その後に株に手を出したのは間
違いだったと今では思う。リーマンショックで多額の損失を出したし、その後
も株はトータルでは負けが取り返せないのだ。株では信用取引をしていないの
が、唯一の救いだろうか。だが、投資はもう習慣になってしまっており、ギャ
ンブルと同じで中毒性があるのだろう、なかなか止める決心がつかない。


72群像新人賞2012/08/08(水) 16:01:47.82
右手の壁に架かっている絵を眺める。夜の海辺を一羽の巨大な白いハトが飛
んでいる絵だ。そのハトはぼかしのようになっていて、背景は夜の海なのだが、
ハトのところが、昼間の青い空と雲のようにも見える。つまり、シュールレア
リズム、日本語に訳すと超現実というやつである。ルネ・マルグリットという
ベルギーの画家の作品だが、これは去年の誕生日に由美が模写をくれたのだ。
由美はフランス文学科を卒業していて、絵や小説に詳しい。僕は小説ならまだ
しも、絵はまったくわからない。ただ、この画家の絵は、シュールレアリズム
にしてはとんがりすぎていず、インテリアに向いているのではないかと思い、
僕も密かに気に入っている。
 由美がベランダから戻ってきた。
「あと、どれくらいかしらね?」
「コスモスの花のこと?」
「そう……コスモスの花のこと……」
「さあ、どうだろう?……まあ、近いうちに咲くんじゃないかな?」
「それは、わかっているわよ……」
 もう、日中の気温もだいぶ下がっていた。コスモスが何時咲いても、おかし
くはない。由美と向い合せにソファーに座って、二人でコーヒーを淹れて飲ん
だ。部屋中にコーヒーの匂いが漂う。由美の手首には、さっきの園芸の手袋の
痕がついている。土曜日の午前中のコーヒーの時間……由美が、不意に今何時
かと僕に尋ねた。

73名無し物書き@推敲中?2012/08/08(水) 16:26:38.53
散漫で統一感がなく読みにくい
株や絵画の話が長い上に鬱陶しいし
会話に三点リーダを多用するの(特に語尾)もどうかな

74名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 10:17:11.57
>>71-72
>ベランダで、由美がコスモスに水をあげている。まだ花は蕾で、種から蒔いたやつだ。

種から撒いてたの見てんのに、「まだ」という言葉は興味なさそうな心情が読める。
こっから伏線になって、コスモスを育てる女と投資で堅実に利益を上げつつある男の対比描いてるよね。
リーマンで多額の損失出したってなってるけど、まあリーマンはみんな損したから成績はそこそこいいのでは。

で、結構深読みできて面白い作品だと思う。
女の気持ちが「投資で成功して欲しい」なのか「投資を止めて欲しい」なのかは読めないけど
多分、コスモスとの対比でごにょごにょなのかなー。みたいな。女の方が気長いよねー。みたいな。

俺はすきやねー。これからも頑張ってー。

75名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 10:20:25.11
>>65
他の人もいってるけど、描写が動作と名詞だけで情景の描写どころかどんな町かも思い絵かばない。
ゲームで言えば背景なしキャラ表示無しのウィザードリィやらされてる気分。イノシシ出てきたらへんでギブ。

76名無し物書き@推敲中?2012/09/12(水) 10:07:28.72
>>70
全体の長さしだいかもしれんが、冒頭導入部のこのくらいまでは
由美の話だけにして、由美が部屋にもどって僕が視点をおとすと
株が…くらいに場面整理したほうが

77名無し物書き@推敲中?2012/09/21(金) 09:38:36.49
>>71 >>72
このままだと、ただの書きっぱなし。
文章は全体的に下手糞で、リズムも悪く、描写もダメで
引き込まれるところは何一つないが、
構図が良いので、そこを活かして書けばよかった。

文章はダメダメだが、何かが惜しいと思う。
もうひと工夫して、もっと短くして、
物語性がもう少し垣間見えるくらいまで書き直してみるべき。

78名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 04:49:59.15
田中慎弥の「図書館準備室」という小説を読んでいたのだが、文章があまりにも読みづらすぎた。
冒頭三ページ目で下のような文章が出てくると、それだけで読む気が失せる。
しかしある意味では、文章が多少酷くてもそれ以外の構成なり技巧が優れていれば文学賞も夢ではないということか。

「ここから車で山の方へ三十分くらい走ったところの、祖父と早くに死んだ祖母が住んでいた家は
三人が同居するとなった時点で壊され土地も手離していたから、伯母とその家族が関西から、
他の親族が九州から帰ってきて、母が勤めている会社のこの社宅で法要となったのだが、
母の家の長女である伯母の家でしていればここまで気まずくはならなかったかもしれない。」

79名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 11:41:58.61
普通にうまいよ。句読点の使い方をちゃんと知っているな。
ま、句読点の使い方を知らない者にとっては読みづらいというのも理解できる。

80名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 17:33:49.06
好みの問題だろうか
俺は野坂昭如しかり句読点で文章を続けていく文体は苦手だな
修飾語が長くて主語が一向に出てこないから、初めて読んだときはストレスを感じた


81名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 18:10:42.11
目で読むタイプはそうなるな。
耳で読むタイプは起伏があったほうがいいのだろう。

82名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 19:59:34.50
ここだけ切り取ってみれば、普通に下手だろう。
作品を読んでいないから、決め付けられないけれど。

83名無し物書き@推敲中?2012/09/26(水) 20:36:02.36
三行読めばそいつの力量くらいわかるだろ。
わからない奴は「下手」っつーこった。

84名無し物書き@推敲中?2013/02/18(月) 08:53:05.51
61の者です。 いろいろあって投稿後すぐ、途中で手をつけることが出来ない状態になりました。
久しぶりに少し余裕が出来たので読み返していたら時間が経って冷静になったのか
微妙な部分が多く、なおしたいところが沢山ありますが、少し聞いてみたいので投下します。

これ、がんばったら面白くなりますかね? どうだろう? 悩み中です。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2940.txt


ちなみに殆ど前と変化無いです、(少しだけ続きがある程度 最後にネタバレ、プロットや設定追加)
やるならまるッと書き直すつもりなので投下します。

85名無し物書き@推敲中?2013/02/18(月) 12:42:31.96
とりあえず そしゃく と そしょく を辞書でひこうか

86名無し物書き@推敲中?2013/02/18(月) 17:47:36.61
>>78
説明があっちへ飛びこっちへ飛び、イラっとするなぁ。
「〜から、」「〜から、」と2つ続くが、
最初の「〜から、」は読点二つ飛ばした部分に掛かってる。

小説ならアリだが、悪文には違いないな。

87名無し物書き@推敲中?2013/02/18(月) 18:18:34.29
悪文だと思う奴は、基本的に、文章を判断する能力が欠けているから、無理。

88名無し物書き@推敲中?2013/02/18(月) 21:00:21.63
はっはっは

89名無し物書き@推敲中?2013/02/19(火) 01:14:27.96
こやつめ

90名無し物書き@推敲中?2013/02/20(水) 23:10:46.79
20代後半にしては、読みにくい。駄文だといわれてしまいます・・・
何が悪くて何が悪いのか判断がつかないので、ここで腹をくくって駄目な部分をキチっと
指摘していただいて、なおしていきたいと思っています。

どうぞ、辛口に、悪い部分+改善策 とをあわせて

どうすれば改良できるのかアドバイスなどお願いします

_______________________________________________________________


人というのは、人から影響を受け自分という個に修正をかけながら成長していく事が多いかと思います。

自分の場合、その対象の人物が自分との関わり、接触が無くなってしまう場合に
せっかくその人物に変わった自分を見てほしい、認められたいという思いでやっていた事を
どんどん怠ってきてしまい、それが良い事だとわかってるし、自分にとっても失うべきものでないとわかっていても
その人に出会った事でせっかく変えられた何かや、自分で思考し身につけたことを
いつのまにか自分で見失ってしまい、歩いている途中にちょっとずつ落としてしまっていて
いつの間にか無くなっている様な状態になり
また元の自分に戻ってしまうようなことが常です。
人というのは、こういうものなのか

それとも一般の人はこうではなく一度身に付いた事は、意識的にでない限り失わないものなのか

このような問題を抱えている場合、それを失わないためには
根本的にはどのような意識で生きる事が、成長の軸となるのか。

91名無し物書き@推敲中?2013/02/20(水) 23:11:20.94
すみません、何が良くて何が悪いのか。です

92名無し物書き@推敲中?2013/02/20(水) 23:53:50.20
改稿したよ

 人間は他人から影響を受けたり、またそのとき自分自身に正しく修正をかけたりしなが
ら個というものを確立し成長していくものだと思われる。
 しかし、私の場合は違う。影響を与えてくれた人物との接触を断ってしまうと、けっき
ょく私はまた自分を見失ってしまうのだ。
 それはまるで歩いている最中に少しずつ何かを落としているような気分であり、気がつ
くとすっかりなくなってしまっているという、なんともやり切れない喪失感だけを残す。
それまでの私はどこに行ったのか? どこに消えてしまったのか?
 怠惰が私の輝かしい記憶をかすめ取り、私はまたも自己嫌悪に陥る。このくり返しだ。
私はどうすればいい? 私は何にすがればいい? 誰か、誰か教えてくれ。答えてくれ。orz

93名無し物書き@推敲中?2013/02/21(木) 00:16:45.18
まあ、つっこみどころは色々だけど。

○いっそ箇条書きにする。箇条書きにすると、伝えたいことが整理される。すると、一文が短くできるはず。
○重複している単語に気をつける。この文章では「場合」「いつの間にか」

この二点から実行してみると良いと思う。悪い箇所はまだあるが、上記を直すと自分で見つけられるかも知れない。

94名無し物書き@推敲中?2013/02/21(木) 00:18:27.69
あ、ごめん。>>93>>90に対してね。

95名無し物書き@推敲中?2013/03/13(水) 20:19:07.71
人は、他人から影響を受け、自身を修正しながら成長していく。

私の場合、その影響を受けた人物との関わりや接触が無くなってしまうと、
その人物から「認められたい」とか「変わった自分を見て欲しい」
と願いながら努力してきた事を、どんどん怠るようになってしまう。

自分にとって、失ってはならない大切なものなのに……

その人に出会った事でせっかく変えられた何かや、自分で考え身に付けたことを
いつのまにか見失ってしまう。

歩いている途中で少しずつ道に落としてしまい、いつの間にか無くなっている、
という感じだろうか。

また元の自分に戻ってしまうのか? 人というのは、こういうものなのか?
それとも普通の人は、一度身に付けた事は、よほど意図しないかぎり失わないものなのか?

知識や変化を失わないためには、どのような信条で生き、成長すべきか。

96名無し物書き@推敲中?2013/03/14(木) 01:51:38.02
>>78 の文章を、
自分なりに書き換えてみたんだけど……どうだろう、読みやすいかな?

祖父と早死にした祖母が住んでいた家は、
車で山の方へ向けて三十分くらい走ったところにあった。
だが、三人が同居することになった時点で壊され、
すでに土地も手離していた。

そのため、伯母とその家族が関西から、他の親族は九州から
それぞれ帰郷し、母が勤めている会社のこの社宅に集まり
法要することとなったのだが、母の実家の長女たる伯母の家で
行っていれば、ここまで気まずくはならなかっただろう。

97名無し物書き@推敲中?2013/03/14(木) 02:30:36.18
ただの説明文になったって感じだな。
あっちは癖はあるが滔々と語っている感じだ。それが文章の味を醸し出しているわけだが。

98名無し物書き@推敲中?2013/03/31(日) 14:30:52.46
その日も俺はむしゃくしゃしていた。呆れにも似た怒りに近い名前の無い感情と、ギター片手に家を飛び出していた。
「音楽で生活をするだと?お前は自分の人生をなんだと思っているんだ!」
親父からのこの台詞は何度目だろう。最初の数回は「だったら親父は俺の人生をなんだと思ってるんだよ!」と返していたが、最近では返すのも馬鹿馬鹿しくなり、黙ってギターを片手に家を飛び出すことが増えていた。
いつもの駅、いつもの場所に陣取ると俺は相方を取り出す。
「今日もこんな気持ちで連れ出してごめんな。」
そんな言葉を相方に投げかける。相方は澄んだ音で俺に返してくれる。
ヘッドウェイを選んだのは単純な理由だ。好きなギタリストが使っていたから。それだけだ。だけど、リスペクトするギタリストの選んだギターだけあって、すべてにおいて俺好みだ。相方であるこいつを愛おしく思う。苦労して手に入れた甲斐があった。
澄んでいて、時折切ない音を出す相方を今日も俺は歌わせる。立ち止まり拍手をくれる人、座り込み涙を浮かべる人なんかを見ると話を聞いてあげたくなることもある。
今日は週末ということもあり、人通りも多い。俺の演奏に足を止める人も多い。

99名無し物書き@推敲中?2013/04/01(月) 00:42:35.17
>>90
投稿も終わったしやってみた。

なんか難しく書こうとしてる気がする
出来るだけ元を残しつつ改稿してみた。意訳かな?
あと、この中に出てくる、『その人物』がどんな人かで色々と変わる。
(最後の二行疲れたからやってない)
なんか全く別のわかりやすい表現方法(言葉や言い回し)を探してみるのがいいかも。

-------------------

他者からの影響は成長にとって有用な役割を持っていると思う。

影響を受けた人物との距離が一旦できてしまうと、
その人物に認められたい思いで行ってきた改善と維持が、自らの怠慢のせいか鈍り始める。
その出会いを経て、せっかく変えられたこと、身に付いたことが、
自分にとって失ってはならないものだとは理解している。
それなのに、日々の生活の中でいつのまにか少しづつこぼれ落ちていく。
気付いたときには、それらは完全に消え失せ、また元の自分に戻っている。
そんなことの繰り返しのように思える。

人は皆そうなのだろうか。

それとも一般的な人は、一度身に付いたことを自ら捨てないかぎり失わないものなのか。

>このような問題を抱えている場合、それを失わないためには
>根本的にはどのような意識で生きる事が、成長の軸となるのか。

100名無し物書き@推敲中?2013/04/01(月) 09:14:36.07
>>31
出先だから途中までしか読んでないけど、俺は好きだよ。
丸めたティッシュを発見するのもいいよ。太ももに固形物はおかしいよね。普通お尻でしょう。

101名無し物書き@推敲中?2013/04/01(月) 12:39:34.59
>>31
全部読んだ。やっぱりユーモラスで楽しかった。吉田修一好き?もういないか?
不要な描写といわれてたティッシュは生活感や性格を端的に表せているし、親父の場面も笑えた。狙いすぎなのか、くどい言い回しがあったが概ね好印象。名刺入れを女に変えても読める。いわゆる純文学的な暗喩だな!

102名無し物書き@推敲中?2013/04/29(月) 02:09:19.51
千利休を題材にしたラノベです。
読みにくいかもしれませんが、評価のほど、よろしくお願いします<(_ _)>

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si3103.txt

103名無し物書き@推敲中?2013/06/09(日) 10:58:57.79
 
 
    サンシャインに来いよククク
 
 

104名無し物書き@推敲中?2013/06/21(金) 22:44:37.23
わたしは「創造主の記者会見」という
シナリオを作っているところなのですが

わたしの知恵だけではなかなかいいアイデアが思い浮かびません

どうかシナリオ作るのを手伝っていただけませんか?

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1371555333/

105名無し物書き@推敲中?2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
書く必要は無いかもしれませんが、2ch初投稿なんです
だから、えと、その優しくして下さいね?

http://ncode.syosetu.com/n3441bs/

バッサリ評価してくれる人を探して2chに来ました
常識とか礼儀とか知らずに失礼なところもあるかと思いますが
良かったら評価してやって下さい
ヨロシクお願いしますm(_ _)m

106名無し物書き@推敲中?2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>105
感想
くどい。長い。しつこい。

ところどころ良いなって場面があった。
例えば、自転車のパンクで泣けてしまう場面とか。

そういう良い場面だけをぎゅっと凝縮して
サラっと読めるようなのにしたら良くなると思う。
キャンディという題もなあ…
バラ茶だの含めて、少女めいててなんとなく主人公の殺伐感と合わない。
とはいえ、主人公を女の子にしたら生臭さが出そうだが
もうちょっと主人公の突き放した感じが生きるような
清涼さ、抜け感みたいな風通しの良さが全体に出ればな
と思う。

あんまり長く書いて読者が耐えられるテーマでもないから
サラっとするか、早いめに主人公以外の魅力ある人間出すか
工夫せんと飽きるね

107名無し物書き@推敲中?2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>106
感想ありがとうございます

一つ目に長い、さっぱりした方が良いですね
余分な場面や描写、言い回しがあるみたいなので、もう一度見直して切ってみます

二つ目に主人公の殺伐感と小道具や文章が合わないですね
これは…結構難問ですね
>もうちょっと主人公の突き放した感じが生きるような、清涼さ、抜け感みたいな風通しの良さが全体に出ればなと思う。
文章としての意味はわかるんですけど、感覚として捉えるとなると中々…。
全体的に、とりあえず「くどい」みたいなんで、その延長線上に直すべき部分があると思って取り掛かってみます

三つ目にサラッとするか、何らかの工夫(登場人物を出す等)をして飽き対策した方が良いですね
上の修正部分とも重なるので、サラッとした方向を目指してみます

読解力が無くて違っている部分があるかもしれませんが(無い事を祈ります)
こういうことを指摘されていると捉えて直してみます

アドバイス有難うございました

108名無し物書き@推敲中?2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
>>107
とりあえず、カットしました
まだまだ削り足りないかもしれませんけど…
どのくらいの長さを目安にしたら丁度いいのだろうか

話の構成と文章表現をいじるべきなんでしょうけど、修正イメージが見えないので保留
http://ncode.syosetu.com/n3501bt/
※リンク載せてますけど、比較用なんで内容そんな変わらないです

109名無し物書き@推敲中?2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>108
別の人間ですが
読んだけどこれで完結なんでしょうか?
だとしたらちょっと座りが悪いような気がする。
どこをどうと言えないのが申し訳ないけど
カタルシスというかスッキリ感を共有できない。

この話は、死んだ少女を助けなかったことを後悔している男の子が
他人事のように淡々と少女の境遇を見ていたが
不思議な体験で逆にイジメられている現実、逃避していた自分を自覚して
対処しなければならないと決意する話と読みました。

良い話になりそうなのに、もどかしい。

不思議な体験に救われたのに、それを信じた自分を信用できず
救いのない無情な現実と逃避するふがいない自分を自覚するやるせなさ
ここらへんを今度は強調するとか…

いやすみません、あくまで一感想なんで
自分の感性で自分の作品として書いてください。

110名無し物書き@推敲中?2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
座ったまま寝ていたらしい。鳥の鳴き声がする。喉が渇いていた。
窓帷を開けると、空は朝焼けの橙色が広がりはじめていて、紫紺が橙に溶けていく。
出窓に飾った風信子鉱が光を受けて明るく輝き始めた。

一緒に住む彼女は、鉱物が好きで集めている。彼女は頑なにジルコンを風信子鉱と呼んだ。
「鉱物に花の名前をつけるって美しいよね」と言って。
「ヒヤシンスってどんな花だっけ?水性栽培できた花としか覚えてないなあ」
そんな会話でも楽しく、彼女はグラスに鉱物と水を入れて飾った。
「ようし増えろー。すくすく育てー。」「育ったらパワーありすぎストーンだな」なんて
ふざけて話したのは一昨日だ。
彼女はまだ帰らない。日本翡翠を探す、と翡翠海岸に出掛けたきりだ。
波が高くなっていたらしい。俺の誕生日に帰ってくると言っていたのに。
もしかして彼女が帰ってはいないかと、この部屋に戻ってみたのに。

水に沈むジルコンは朱く光り、反射で白い壁に淡く色づいている場所がある。
…よく彼女が座って石の図鑑を見ている場所だ。力の入らない手でなんとか窓を開ける。
風信というのなら。彼女の言葉を伝えてくれ。
……風が吹いて髪を撫でていく。だが何も聞こえない。彼女は今どこにいるんだろう。
悲しみを癒すパワーストーンの風信鉱。なんてたちの悪い冗談だ。
誕生日プレゼントにこれをもらうのを許してくれるだろうか?
震える手でグラスを持ち上げ唇をつけた。水と共に、つるりと冷たくジルコンは喉を通っていった。

111名無し物書き@推敲中?2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
上記風信鉱の話で5段階くらいで評価してほしい点は
A よみやすさ
B なんとなく伝わる物を感じた感があるか(読んで何か感じたか)
C 情景が浮かぶか
D その他加点として特別点があれば

112名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
tes

113名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
「貴方。とてもつまらない人間なのね」
湯呑のふちを撫でながら、千堂美津子は無表情のままにまっすぐとこちらを見つめていた。
コーヒーを口に含みながら、 私は舌が痛くなった感覚に、歯がゆさを感じた。この店のはいつも熱すぎる、
こんど店主に文句を言うことに決めた。
「私ね、笑うという神経が生まれつきないの。脳の感情を司る部分が欠損してるようで…でもね、私にでも判
る。貴方は本当につまらない人間」
千堂は頬杖をついて、ため息をはく。丹精に造られた蝋人形のように、彼女は美しい。でも、それだけ人間味
はない。
「ねぇ、どういうつもりなのかしら、貴方さっきからずっと笑ってる。私は貴方をけなしているのよ。憤慨で
も、泣きでもすればいいじゃないの。その方がずぅっとおもしろいのに」
仕方が無いので、私は彼女に自分のことを伝えた。彼女は目を見開いて、驚いたような顔をしたが、すぐに無
表情に戻って、お茶を少しだけすすった。
「あら、そうなの。貴方も感情が欠落しているの…」

114名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
欠落しているわけではない。単に壊れているだけなのだと、伝えると、千堂はため息をついた。
「そうだとしても、それを証明する方法が貴方にはないでしょう。へらへら笑うしか貴方にはできない。私が
無表情しかできないのと同じように…私だって、ただ壊れているだけなのかもしれない…でも壊れたものはね、
もとには戻らないのよ。だったら、ないのと同じ」
 お茶を飲み干して、千堂は席を立った。
「貴方は、つまらなくなかったわ。つまらなかったのは私の方…でもね、理解できないものはおもしろくない。
きっと感情ってそういうものよ。怒りも喜びも、悲しみも、寂しさも… すべて理解ができない、したくないか
ら押し寄せてくる感情なんですって」

115名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
 千円札を一枚置いて、千堂は笑った。
「笑うということが分からないなら、皆と同じように顔を上に歪めればいい。涙が流せないと言うなら、顔を下に歪めて
目薬でも差せばいいわ…神経がないのも涙腺が壊れてしまって
るのも…所詮はね、ただの言い訳なのよ。変えようとすれば、変えられる。それはとても、おもしろいことだとおもわな
い?」
千堂は、店を出る時に、一度だけ微笑みながら振り返った。その笑顔はやはり、蝋人形のように無機質だった。
コーヒーから湯気は、とうに消えていた

116名無し物書き@推敲中?2013/09/01(日) 19:38:24.64
こういう1日がある。
お前をバカにした連中を終日拷問するだけのために用意された復讐の1日。
お前はその1日と向き合うとき、初めてうまく未来と向き合えるだろう。
復讐を抱かない人間、復讐を願わない人間はいない。
仮にいるとすれば、怒りと復讐の連続化の中で放置した安息を忘れられる能力が
備わっていなければならない。逆説的だけれどもね。
鳥が羽ばたくように、雨が落ちるように自然に。
ワラ人形ってヤツは、そういう横顔をしていると思わないか。

117名無し物書き@推敲中?2013/09/02(月) 18:25:53.52
>116
ない、いない、ならない。否定が多すぎる気がする。
「復讐の一日」。体言止め?はなかなか難しい手法だと思うよ。
あと、語尾は揃えた方がいいかな。「だけれどもね」だけ浮いてるかも。
あと一番最初に「たとえば」みたいなことばをつけたくなるな。
「お前はその一日と向き合うとき」ここはばっさりカットして
「その日」だけでもすっきりするんじゃないか?
全体的に比喩っぽい表現や抽象的っぽさが多いからすっきりさが欲しい。
【どういう話だろう】と引き的にはおもしろそうな話が始まりそうなんだから、
もしこれが出だしなら、完結な方が読んででいいと思う。

118名無し物書き@推敲中?2013/09/02(月) 21:35:12.75
>>117
「つまり」ってつけてたんだけど取っちゃったんですよね。
ちょっと時間おいてからまた推敲してみます。
あと、スマートに簡略化したパターンも。
上手く磨けるかわからないけど感謝です。

ありがとう!!

119名無し物書き@推敲中?2013/09/06(金) 11:10:54.98
>>110
自分は評価者には向かないから5段階評価は辞退させてもらって
気付いた点をふたつ挙げてみる。

@いつの間にか座ったまま眠っていた主人公が目覚めたとき、
暗い部屋の中で彼女の姿を(目で)探して依然として帰っていないことに
落胆を新たにしたという描写を入れたほうがいいと思う。
主人公の心理としてそれが自然だし、冒頭で彼女を登場させておくと、
唐突な印象を与えずに彼女の鉱物好きについて語ることができる。
それをしないでいきなり「一緒に住む彼女は〜」と書き出すと
いかにも登場人物の紹介って感じがして少し興醒めする。

120名無し物書き@推敲中?2013/09/06(金) 22:44:43.90
A「もしかして彼女が帰ってはいないかと、この部屋に戻ってみたのに」
という部分。
戻ってみたというのはどこから?彼女を翡翠海岸まで探しに行って
そこから帰ってきたということ?
だとしたら時系列はこんな感じ?
一昨日 彼女、翡翠海岸に向けて出発
昨日 主人公の誕生日 主人公、夜になっても戻らない彼女を探しに行く  
今朝 夜中のうちにすでに帰宅した主人公、家で朝を迎える
これはちょっと分かりにくいような気がする。
タイムテーブルを書く必要はまったくないけど、捜索したのなら
そのことにちらっと触れてほしい。

121名無し物書き@推敲中?2013/10/01(火) 08:57:25.80
ttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=175104
青春サイコホラー。如何なものでしょうか。
(コピペが上手く行かなかったので……)

122名無し物書き@推敲中?2013/10/01(火) 08:58:41.23
あげておきます。

123名無し物書き@推敲中?2013/10/01(火) 09:00:12.56
失敗。すみません。

124名無し物書き@推敲中?2013/10/01(火) 18:26:21.28
>>119-120
ありがとうございました

確かに唐突だったり説明不足だと思いました。
読むときにはそういうのに苛々するのに
自分で書くとわからないものですね…
勉強になりました。

125名無し物書き@推敲中?2013/10/01(火) 18:49:59.37
>>121
最後まで読めたよ。
なかなか面白かった。
読者としての感想でしかないけど
縫いぐるみのお姉さんが実は病院関係者で
友達のふりして誘導で治療していくのかなあと思ってた。

なんかそういうどんでん返し的な何かを期待してしまったので
勝手に残念な気持ち。

126名無し物書き@推敲中?2013/10/02(水) 17:27:59.04
>>125
ありがとうございます!
いわゆる「統失」の人の主観を書くと言うのがテーマです。
捉えるもののズレとか「ぶれ」とか。
お姉さんは……上には上がいると言うか、教祖と言うか……。
もっと新興宗教がかった妖しい関係にしたかったですが、
これもほのぼのしてていいかなーと勝手に納得。
客観的には全然よくならないので、バッドエンドだったりして。

127名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 02:17:59.88
121です。
エログロバイオホラー。処女作につき文体の作法がなっていませんが……。
ttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=59116
そしてその続編。文体は少しはまとも。
ttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=61673

128名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 03:05:25.34
無料なんでこんなのも評価してもらえますか?

アマゾンIDとスマホがあれば書き下ろし257ページの小説がタダ

【アマゾンKindle電子書籍】こくいきさん(検索してね
【お得度】定価500円→0円
【期間】10/4 午後5時くらいまで
【入手方法】スマホにKindleアプリをDL>Kindleストアで検索>ポチる

それだけでライトミステリな娯楽小説入手

129名無し物書き@推敲中?2013/10/05(土) 21:43:47.68
あげ
さあリライトお願いします

130名無し物書き@推敲中?2013/10/20(日) 10:45:16.38
2ちゃんねる文學賞受賞作全文掲載 (文学界スレにて。選考は難航を極める)

17「約束の木」
君は瓦礫のある道を歩いたことがあるだろうか。
腕を水平にひらいて、転ばないように足もとを見ながら歩くんだ。
ダッシュできないし、方向もすぐには変えられない。こんな不自由な
ものとは思わなかった。ガサガサと耳障りな音もする。片方だけの
バスケットシューズが転がっていた。ヘッドホンのコードが電線にから
みついている。ふだんはじいっと見てはいけないもの、たとえば黒い網タイツ
なんかが瓦礫の間に挟まってるのが見える。
リンゴの木を目指して僕は歩いている。
あの木が君との待ち合わせの場所だ。あの日、約束したのだった。
僕には、はっきりとリンゴの木が見える。君にも夕陽のように赤く熟れた実が
いくつも見えるはずだ。
すると僕の足がクリーニング店の看板を踏んずけた。
瓦礫の道にはよくあることだが看板の下にちょっとした隙間があったらしい。
僕はよろめいた。
そのときリンゴの木が揺れた。風もないのにリンゴの実がいっせいに揺れたのだ。
割れたショーウインドウに映った僕の顔はシュートを待ちうけるゴールキーパーの
ような、びっくりした顔になっていた。
深呼吸すると僕はふたたび歩きだした。今の様子を誰かが見ていなかったろうか
と辺りを見回しながら。
瓦礫の道になれるのはむずかしい。君はもうすぐあの街角を曲がって僕の前に
現れるだろう。君の歩く道に瓦礫はないから、僕の歩き方を見て笑うかもしれない。

131名無し物書き@推敲中?2014/01/23(木) 21:54:52.73
ttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=182980
まだ年が明けていなかったので、あげ

132名無し物書き@推敲中?2014/01/23(木) 22:05:36.60
文芸部の原稿を見てもらいたいんですけど
うpろだの使い方が未だにわかんないんで
そのまま載せていいですか?

133名無し物書き@推敲中?2014/01/24(金) 12:48:37.37
うpろだの使い方もわからないような低知能のひとが書いた文章はちょっと

134名無し物書き@推敲中?2014/01/24(金) 20:36:42.94
過疎スレで煽るなやw
そのまま載せるって長さは?

135名無し物書き@推敲中?2014/01/26(日) 22:26:30.30
131です、あえてage。
ttp://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=182980
自殺をテーマに生と死の狭間を描きます。
とか言うと壮大だけど、ただのブラックユーモア。
「小説家になろう」にもあります。

136名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 00:54:35.51
>>135
取り合えず三点リーダ使うの止めてみたら?
文が安っぽくなる

137名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 00:56:09.17
それが狙いだとすればどうする?

138名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 00:56:59.76
誰も読まないだけ

139名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 01:01:23.06
>>135
絵が90年代だね

140名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 01:03:05.48
つーかFC2が小説サービスやってることに驚いた

141名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 01:07:31.57
コピックか。元漫画家志望ってところかな。

142名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 01:10:37.24
>>135は35歳位と見た

143名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 05:08:18.61
ここってこんなに人いたんだ?

144名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 17:04:09.92
一時間限定で沸きました

145まんちゃん ◆SYZTEPEAHI 2014/01/28(火) 17:45:27.44
;

146名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 18:42:07.83
>>137-138
問いかけてから50秒でレスw

147名無し物書き@推敲中?2014/01/29(水) 00:25:04.10
そしてまた訪れる静寂。
画材を見ただけでわかるとか、作者様と同じ穴のヲタなんだが。
スレタイは文章ってなってるし。ま、読まないけどな。

148名無し物書き@推敲中?2014/01/29(水) 04:00:36.79
日本語で

149名無し物書き@推敲中?2014/01/29(水) 19:52:09.96
次の方どうぞー

150名無し物書き@推敲中?2014/01/29(水) 20:23:00.04
ttp://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1390912409/

151名無し物書き@推敲中?2014/02/01(土) 08:08:51.29
>>136->>142って結局何だったんだ?
>>135の投稿から2日後になって、異常な速さでのレスの嵐
スレタイを無視して絵がどうしたの何歳に違いないとか
今ぼちぼち読んでるけど、確かに文章は練られてて読みやすい
それでも小物な印象なんだがアンチがつくほどの存在なの???

152名無し物書き@推敲中?2014/02/01(土) 08:17:25.94
>>135
欠点としては幽霊も存在する世界観にしちゃったから
病死リタイアしたキャラも「みえる人」や「先輩幽霊」がいる
状態だとアッサリ幽霊で蘇っちゃうから、死の重みがないよね。
ゆるゆる幽霊ライフ?って感じ。暇だから最後まで読むかな。

153名無し物書き@推敲中?2014/02/01(土) 17:44:49.24
>90年代の絵柄
それって常日頃自分で言ってる言葉だよ。今時の絵は他の人が描けばいいと。

>>152
ありがとうございます。
頂いたのは「何か薄っぺらい」って評価でした。
自分で書いていて思っていたのは会話シーンの異様な多さ。
主人公が一部の人間にしか見えない設定上仕方無いんだけど。
今回、自分の力量では失敗した作品っぽいです。

154名無し物書き@推敲中?2014/02/01(土) 21:07:28.10
mg(^皿^)

155名無し物書き@推敲中?2014/02/02(日) 03:11:42.09
>>135
こいつマルチのカスだから関わらないほうがいいよ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1292302843/l77

156名無し物書き@推敲中?2014/02/02(日) 04:42:28.19
で、文芸部員はどこへ行った?

157名無し物書き@推敲中?2014/02/05(水) 06:16:45.49
ここの人間がまともな批評をせんのだから、まともに見てくれる方に流れるだけだろ

158名無し物書き@推敲中?2014/04/04(金) 23:05:30.17
「小石」の僕は、とある少年に思い切り投げられ、ある民家の敷地に入り、
物干し竿に掛けてあるスーツのポケットにすっぽりと入り、
そのスーツを男性が気づかずに着て、僕を入れたままタクシーに乗り、
数時間経った頃、ある場所につき、大きな建物の中に入り、
その建物の中を数時間移動し、その後、暫く動かなくなったと思えば、
体が軽くなった感覚と、重力が重くなった感覚を覚え、
やっと、その時自分は、飛行機に乗っていると気がつき、

159名無し物書き@推敲中?2014/04/04(金) 23:05:59.71
やっと、その時自分は、飛行機に乗っていると気がつき、
暫く空の旅を楽しんでいたら、段々と体に重みが戻り、
重力の重みも何時もの慣れたものに戻り、暫くして、
またある建物の中に入り、暫く移動したと思えば、外に出て、
聞きなれない言葉が飛び交う中、またタクシーに乗り、長い間移動し、
タクシーが止まり、外に出て、また大きな建物の中に入り、
様々な人と挨拶を交わしながら、幾つもの扉を開き、
奥へ奥へと進んだと思ったら、モニターやスイッチなどが沢山有り、
様々な肌の色をした人々が居て、薄暗い部屋に付き、
そこで男性は緊張した様子で、
その、様々な肌に色をした人々と会話しながら、モニターを見ていて、
そのモニターには、広大な平地が写っており、
その中央に鉛筆の様な形をした、ロケットが写っていて、
今すぐにでも発射しそうな雰囲気で佇んでいて、
そんなロケットが映る映像を、男性のポケットから見ていた僕は、
つい、ぼうっとしていて、男性のポケットからバランスを崩し、
落ちてしまい、そのまま、床に落ちたと思ったら、
何かのスイッチを押したようで、ぐぐもった男性のアナウンスが聞こえ、
その一拍後、様々な人の焦った様な声で部屋が五月蝿くなったと思いきや、
一人の男性の声で静まり返り、
皆、今度は先程のとは別のモニターを緊張した面持ちで、
息を飲んで見守って居て、暫くしてから、
また、部屋は様々な人の声で五月蝿くなったが、その五月蝿さは、
先ほどの焦ったような声は無く、どちらかといえば、喜びに満ちた声で、
聴いてる此方も嬉しくなったので、喜びの原因であろう、先程、
息を飲んで人々が見守ったモニターを見てみると、そこには、
真っ暗な背景に、先程より、随分小さくなった鉛筆の形をしたロケットが、
ふよふよと浮かんでおり、それを見たときに、何故か分からないが、
僕は、
偉業を成し遂げたのだな、と思った。

160名無し物書き@推敲中?2014/04/05(土) 00:14:44.70
>>158-159
最後の「成し遂げた」が一行で一作を書き上げたことに係っているように見えてうぜえええ、とちょっと笑ったが、
話としては意外とおもしろく、書き方によっては児童文学っぽく仕上がるのではないか、もったいないな、と思った。

話は、色々な人のポケットの中を渡り歩いて、といった展開にしたらもっとおもしろそうな気がする。既視感バリバリでもある

文章については、石ころに人間並みの感情が無いという意味で、読点のみでの淡々とした展開にしているのだろうか。と考えれば一応素直に読める
けど、重力の重みというのはさっぱり分からんかった

161名無し物書き@推敲中?2014/07/19(土) 07:04:16.25
さあ、今日も大漁大漁♪のアゲアゲでいきましょう♪

162名無し物書き@推敲中?2014/08/23(土) 20:16:25.87
>>159
発想としては面白いが、ちょいと長いかな。
もうちょい削った方がいいと思う。

163名無し物書き@推敲中?2014/08/24(日) 11:53:54.01
>>158
>>159
こういうのは映像でやれ

164名無し物書き@推敲中?2015/06/01(月) 15:38:47.85
さあ、今日も大漁大漁♪のアゲアゲでいきましょう♪

165名無し物書き@推敲中?2015/07/30(木) 08:12:48.87
「女なんてチンポ入れりゃ言うことを聞きますよ」と嘯いていたその神主が先日殺された。
世間では温和な人柄で知られている神主は、裏ではバイトの黒ギャル巫女を性奴隷にしているとの専らの噂だった。
疑いの目は第一発見者の黒ギャル巫女に向けられた。取り調べ中警察官にレイプされて破瓜したことにより彼女は処女ビッチだったことが発覚。
巫女は処女でなくてはいけないというのは本当だったらしい。

166名無し物書き@推敲中?2015/07/30(木) 08:39:48.43
黒ギャル巫女は神主の娘で事件後神主の職を継いだが、
不特定多数の男性客に性的サービスを行い報酬を得た疑いで逮捕された。
ちなみに私も常連客だった。格安だった。

167評価お願いします2015/09/08(火) 19:43:33.53
船員「唖(ア)…… 唖(ァ)唖(ァ)唖(ア)唖(ア)��������!!」
 
長波「なっ……!?」
 
 長波らが反応するよりも早く、船員の頭は“黒い影”によって食い千切られ、首の断面より鮮血をシャワーのように噴出した。
 甲板に憮然と立ち聳える黒い影…… 月光の灯により鮮明に照らし出されたその姿が、長波と夕雲の眼に焼き付く。
 
 乱入者の正体、それは人型のフォルムをした、それでいて紛れもなく“異形”と形容できる類の存在であった。
 それだけの特徴で有れば、彼女らの“怨敵”とも共通してると言えなくもないが…… 外観は全くと言ってよい程異なる。
 その背丈はゆうに2メートルは越え、一糸纏わぬ体表には夥しいまでの“鱗”を生やし、首元には朱い“鰓”をパクパクさせ、
 手の指の間には“水かき”がある…… 俗な言い方をすれば「半魚人」という風袋の化け物であったのだ。
 
 両生類の如く出っ張りギョロギョロした眼球、青白い肌…… 何もかもが、“人類”という知的生命体に大して
 恐怖心と嫌悪を抱かせるかのように自然の摂理が仕向けたかのような、悍ましい異形の風貌。
 それらの、今どき三流ホラー映画ですら扱わないような、典型的とも言ってよい正真正銘の醜い“バケモノ”。
 それが今、二人の少女の前で、口元から生々しい鮮血を滴らせて、動物とも人間とも付かない咆哮をした。

半魚人「����������������GRAAAAAAAAAR!!!!!」

168評価お願いします2015/09/08(火) 19:44:15.72
 長波らは艦娘として、今は前線から外されているものの、これまで海上交通路(シーレーン)を荒らす異形の存在を相手に死線も潜り抜けた身であり、
 その相手には、当然ながら怪物染みた外観の持ち主…… 腐った魚が中途半端に手足や歯を生やした不格好なものや、
 フォルムこそ人間に酷似しながらも身体の一部が鉄塊に置き換わってたり、身体の一部が異常に肥大化してたりと
 文字通り“バケモノ”と形容して差し支えない見た目のものが多々存在し、彼女らもまた直接相対してきたのだ。
 
 しかし、目の前の「半魚人」はそれとは何かが違う…… 何と言えばいいのか、その怪物の「存在そのもの」が
 砂上の楼閣ほどしかない人類の“理性”に対し、根底から揺さぶりにかかってくるかのような……
 彼女らは脳裏でもその事実を上手く整理できないまま、そのような恐怖感に心を蝕まれつつある感触を味わっていた。
 
 
夕雲「……な、何これ」

長波「う…… うわああああああああああ!?」

169コンクリートクリスマスツリー ◆Dszpc4yRhgq7 2015/09/09(水) 00:04:22.09
上手いな、プロか?

艦これやったことないけど、鈴谷がビッチだというのは知ってる

170名無し物書き@推敲中?2015/09/09(水) 23:22:05.61
まず艦娘って人類じゃないよね
人のようで人じゃない何か
エヴァや使徒みたいなもんでしょ
あと会話文で「……」を乱用するとテンポが死ぬよ

171名無し物書き@推敲中?2018/02/08(木) 17:55:18.86
僕の知り合いの知り合いができたネットで稼げる情報とか
念のためにのせておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

KMBRX

172名無し物書き@推敲中?2018/05/21(月) 16:24:26.78
A「Twitterを見てると世の中を切る系アカウントが数多くある」
B「俺はそんなに見掛けないけど」
A「見えている世界がすべてじゃない」
B「肯定せざるを得ない」
A「とにかく世の中をスパスパっと切っていくわけよ」
B「何のために」
A「他人を楽しませたいからに決まっているだろう」
B「いい奴らだよね」
A「うん」

173名無し物書き@推敲中?2018/05/21(月) 16:38:15.49
A「マウンティングされているかも知れない」
B「誰が何のために」
A「わからないけれどマウンティングされている気がする」
B「気のせいだろ」
A「見えている世界がすべてじゃない」
B「肯定せざるを得ない」

174名無し物書き@推敲中?2018/05/21(月) 16:43:47.24
中島の残尿が染み入ったパンツでもかぶってろ
その腐臭で目を覚ませ

175名無し物書き@推敲中?2018/05/21(月) 16:52:59.16
A「女にモテたいと思ったことなんてないわ」
B「唐突にどうした」
A「どうも俺はモテないと思われているらしい」
B「気のせいだろ」
A「お前に俺の何がわかる」
B「わかりたくもない」
A「モテたくないだけなのにモテないと思われている奴の気持ちがお前にわかるのか」
B「確かに俺はモテたいしモテるからな」
A「嘘だ」
B「なぜお前に嘘を付く必要がある」
A「わかった信じる」
B「ありがとう」

176名無し物書き@推敲中?2018/05/21(月) 17:07:12.80
A「何か面白いこと言えよ」
B「唐突にどうした」
A「百円やるから今すぐ何か面白いこと言えよ」
B「別に百円欲しくない」
A「ズボンの右ポケットを見ろ」
B「百円玉が入ってたけどお前が勝手に入れたのか」
A「そうだ」
B「返すわ」
A「人の好意を踏みにじる気か」
B「別に面白いこと言いたくないし」
A「確かに」

177名無し物書き@推敲中?2018/05/23(水) 01:49:23.80
A「俺ってTwitterでトンチンカンなことを書くことが趣味なんだけど」
B「へえ」
A「フォロワーは一応数人いるんだけど誰もツッコミ入れないのは何でだろう」
B「トンチンカンなことばかり書いている奴とは関わりたくないからミュートしたんだろう」
A「リムーブしろよ」
B「スパムかもね」
A「じゃあ結局誰も見ていないってことか」
B「誰にも見られていなくてよかったな」
A「言えてる」

178名無し物書き@推敲中?2018/05/23(水) 02:02:25.35
A「革命を起こそうと思う」
B「働けよ」
A「イノベーションを起こして世界に破壊と創造をもたらしたい」
B「その前にお前の人生が破壊されるだろ」
A「それはパラダイムシフトだね」
B「四の五の言わずに働けよ」
A「ニートに言われたくないんだが」
B「お前は本当にトンチンカンだな」
A「働けよ」
B「働いたら負け」
A「わかる」

179名無し物書き@推敲中?2018/05/24(木) 17:26:15.62
A「注意資源を節約したい」
B「あっそ」
A「絶対に話しかけんなよ」
B「お前が黙ってればいいだけなんだけどな」
A「黙れ」
B「山にでも籠ってろよ」
A「頼むから黙って」
B「注意資源って残量とかわかんのかな」
A「うるせえよ」
B「お前がどっか行けよ」
A「邪魔すんなよ」
B「まずお前が黙れよ」
A「注意資源が枯渇したから寝るわ」
B「お前のせいで俺の注意資源も削られたんだが」
A「うるさくて眠れない」
B「そりゃよかった」

180名無し物書き@推敲中?2018/05/24(木) 18:17:01.55
A「futere bassに対抗してno futre bassというジャンルを作ろう」
B「ググったらすでに言ってる人いるけどな」
A「せっかくやる気になってんのにそういうこと言うだろ」
B「人のせいにすんのか」
A「この怒りはどこにぶつければいいんだ」
B「怒ってんのか」
A「そうでもないな」
B「あっそ」

181名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 15:53:47.14
A「液状版アハンゲリオンってのどうよ」
B「いいんじゃね」
A「もっと真面目に考えろよ」

182名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 16:12:41.63
A「正しさは役に立たない」
B「何の役にも立たないニートが言うと説得力あるな」
A「どんなに正しくなくても役に立ちさえすればいいとも言っていない」
B「何が言いたいんだこいつ」
A「手段と目的を履き違えるな」
B「で」
A「正しさが役に立つとは限らない」
B「さっきは正しさは役に立たないって言ってたな」
A「後ろを振り返るな」
B「ニートの癖に前向きだな」

183名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 16:20:58.58
A「おいじじい」
B「俺のことだよな」
A「そうだよじじい」
B「お前も相当じじいだけどな」
A「当たり前だろう」
B「あれから何年経ったっけ」
A「どうして我々は生き残ってしまったのか」
B「死ぬ理由がなかっただけだ」
A「それな」
B「地球に隕石が衝突したのに生き残るとか運がいいのか悪いのか」
A「意思決定なんてものには何の意味もなかった」

184名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 16:30:18.10
A「何も知らされていなかったからといって怒ってはいけない」
B「知る権利とか」
A「知るかボケ」
B「ほう」
A「権利ばかり主張しやがって」
B「義務を果たせと」
A「そんなこと言ってない」
B「何が言いたいんだこいつ」
A「俺も知らない」

185名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 16:43:17.54
A「閃きなんてのはすぐに賞味期限が来るんだよ」
B「天翔龍閃」
A「毎日ルーティンを適当に生きているような奴が思い付くことなんてたかが知れている」
B「九頭龍閃」
A「二重の極み」
B「悪・即・斬」
A「自分の感情や思考の範囲から出ない限りフロンティアにはたどり着けない」
B「というニートの妄想」

186名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 16:55:54.22
A「怒りというものはコントロールできないようにできている」
B「へえ」
A「怒りに我を忘れるなんてこともない」
B「ほう」
A「むしろ怒りによって我を思い出すんだ」
B「なるほど」

187名無し物書き@推敲中?2018/05/28(月) 17:05:58.56
A「みんな違ってみんないい」
B「みつをって何か嫌いだわ」
A「誰が言ったかは問題ではない」
B「ニートが言ったとしてもか」
A「言葉なんてのは所詮アナロジーに過ぎない」
B「そういう解釈もあるだろうね」
A「唯一の正しい解釈など存在しない」
B「で」
A「どれだけ正しいことを言うかではなく何が言いたいかが重要なんだ」
B「何が言いたいんだこいつ」

188名無し物書き@推敲中?2018/05/30(水) 01:56:45.36
A「アンチというのは叩くことが好きなだけなんだ」
B「叩かれる側に問題はないのか」
A「中身がわかりやすいから叩かれるだけだ」
B「わかりやすくわかりにくくても叩かれるだろう」
A「わかりやすい嘘とわかりやすい真実というのは区別が付かない」
B「わかりにくければ叩かれにくいということだな」
A「良くも悪くもわかりにくければ評価される心配がない」
B「叩かれたくなければわかりにくくすればいいわけだ」

189名無し物書き@推敲中?2018/05/30(水) 02:17:20.73
A「コンマって逆から読むとマンコだな」
B「今更何言ってんだ」
A「確かに今更だな」

190名無し物書き@推敲中?2018/05/30(水) 02:38:28.11
A「情報に正誤はない」
B「解釈によるわな」
A「伝達のプロセスを経ることにより加工される」
B「解釈によるわな」
A「解釈なんてやめてまえ」
B「なぜ」
A「時間の無駄」
B「暇潰しにはいいかも知れんな」

191名無し物書き@推敲中?2018/05/30(水) 02:57:28.61
A「何もしない奴が一番偉いんだよ」
B「そうか」
A「何かをすると脳が疲れるからな」
B「確かに」
A「何もしなくても生きていけるならそれでいいんだよ」
B「退屈でもか」
A「退屈する人間はやるべきことに追われているだけだ」
B「何もやることがないから退屈なんだろう」
A「それは病人の発想だ」
B「そうか」

192名無し物書き@推敲中?2018/05/30(水) 07:37:45.47
いかん、慣れてくると面白いな。

193名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 20:44:51.88
A「ある個人のすべての行為には必ず目的があるべきだ」
B「確かに最低でも可能性の証明という目的があるように思える」
A「機能の証明或いは能力の証明」
B「自己の存在証明」
A「世界の存在証明」
B「悪魔の証明」
A「可能性は無限大」
B「解釈は無限大」
A「選択肢は無限大」
B「組み合わせは無限大」
A「真実はいつも一つとは限らない」
B「いわゆるギバード=サタースウェイトの定理だね」
A「思い付きで関係ないこと言うなよ」

194名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 21:00:18.15
A「ある行為が自分のやりたいこと或いはやるべきことだと断定することは不可能だ」
B「それ言うことがお前のやりたいこと或いはやるべきことなのか」
A「言わざるを得ないだけだ」
B「詭弁だ」
A「じゃあ死ね」
B「嫌だ」
A「あっそ」

195名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 21:04:04.21
A「普遍性というものがあるとすればそれは普遍性であり不変性ではない」
B「何だただの言葉遊びか」
A「じゃあ死ね」
B「嫌だ」
A「あっそ」

196名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 21:11:56.48
A「何かを言うというのは大抵損だ」
B「じゃあ黙れよ」
A「嫌だ」
B「あっそ」

197名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 22:13:10.39
A「ボトムアップというのはやってみないとわからないという意味ではない」
B「何らかの土台があるから何かやってみようってのは何もやっていないのと同じ」
A「例えば言いたいことを言い表す言葉を言っているのではなく言葉によって言いたいことを規定されているに過ぎない」
B「すでに存在するものに表現させられているだけっていうね」
A「過去を写し取っているだけで未来を見通そうとしているわけではない」
B「人工知能以下の思考力しか持たないならば本来は何も考える必要ないんだけどね」
A「どれだけ正しいことを言うかではなく何が言いたいかが重要なんだ」
B「ボトムアップであろうが最終的に何を言いたいかは既知であるべきだろうね」

198名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 22:26:30.99
A「占いは裏がないという」
B「裏がないなら表もないということか」
A「クラインの壺」
B「メビウスの輪」
A「エンドレスエイト」
B「それはどうかな」

199名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 23:06:49.02
A「可能性というのは平均値のことを言っているだけ」
B「客観的にどれだけ期待できるかみたいな」
A「ここで「可能性は無限大」という言葉はどう解釈されるべきか」
B「平均値は無限大」
A「可能性は発散するってことか」
B「つまり未来は収束しない」

200名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 23:13:58.43
A「フレプリのシフォンってマジで何なの」
B「確かに意味不明だった」
A「気になって眠れない」
B「そこまでか」
A「そうでもない」

201名無し物書き@推敲中?2018/06/15(金) 23:29:40.14
A「ボトムをねらえ!ってのどうよ」
B「好きにしろよ」

202名無し物書き@推敲中?2018/06/16(土) 00:19:12.19
A「生命が永遠に続くという前提があって初めて「可能性は無限大」と言えるのではないか」
B「みんな死ぬしかないじゃない」
A「いつか死ぬという前提があるから意思決定が問題になるのか」
B「僕と契約して魔法少女になってよ」
A「神の存在を信じている者は死が免除されるので永遠の生命という前提が成り立つ故に可能性は無限大」
B「ソウルジェムってイースターエッグがモチーフなんか」
A「生きるか死ぬかという二元論は無神論者の発想だね」

203名無し物書き@推敲中?2018/06/17(日) 17:10:46.79
A「最終的に何が言いたいかと最終的に何を言うかは違うんだよ」
B「「死にたい」って言う奴ほど死なないよな」
A「「誰でもよかった」って言う奴ほど誰でもよくないんだろうな」
B「誰でもいいから金を貸してくれって奴は闇金にでも借りろよって話か」
A「無差別殺人するときあえてヤクザを狙わない理由なんてないもんな」
B「よくわからんけどそうなんだろう」
A「メッセージというのは理解されることはなく加工され解釈され誤解される」
B「頭のいい奴は誰にでもわかるように説明できるって言うけどな」
A「よくわからんけどそうなんだろう」

204名無し物書き@推敲中?2018/06/17(日) 17:32:04.85
A「反論は無駄」
B「確かに」
A「論争なんて時間の無駄」
B「言えてる」
A「トップダウンとボトムアップの対立なんて無意味」
B「そうか」
A「フォーカスする部分が間違っているんだ」
B「わかる」

205名無し物書き@推敲中?2018/06/17(日) 18:05:29.16
A「論争に発展する論点はゴミだと思って間違いない」
B「直ちに解決できない論点にこだわるのは無駄」
A「すでに解決されている論点にこだわるのも無駄」
B「未解決の新しい論点が欲しいと」
A「未知の可能性を秘めた論点」
B「シンプルなメッセージ」
A「複雑な問題しか残っていないならば根底からやり直した方がいい」
B「やはり現役ニートが言うと説得力があるな」
A「シンプルに働けってこったな」
B「働いたら負けかな」
A「そもそも超巨大隕石の衝突によって地上は壊滅状態だからな」
B「けれども我々のセルフイメージはニートのまま」
A「どうしたもんか」

206名無し物書き@推敲中?2018/06/17(日) 18:32:56.91
A「慣れ親しんだ論点に別れを告げよう」
B「じゃあ死ね」
A「昔小学校の同窓会に行ったときに同級生の奴らが挨拶代わりに「死ね」を連呼していたのが不思議で」
B「民度が低い小学校だな」
A「宇宙人になった気分だった」
B「少数派気取りだから自分の方が宇宙人だと思っちゃうんだよなわかる」
A「若気の至りみたいな」
B「あるある」
A「ねーよ」

207名無し物書き@推敲中?2018/06/24(日) 23:17:12.30
A「規模が小さい場合は大抵の論点の重要性が低下する」
B「個人の感想です」
A「影響範囲が狭いことがわかっている問題の解決に貴重な時間を捧げるのも悪くはないかも知れんが」
B「信仰の自由とは」
A「まあ現実主義も信仰の一種に過ぎないわな」
B「現実という理想を追い求めているんだ」
A「リアルな世界の複雑さを放棄すれば問題は簡単になる」
B「個別に扱うことのできる独立した論点ならばその場しのぎで十分」
A「とりあえず信仰は捨てた方がいいだろうね」
B「本当に信仰かどうかはわからんけど」
A「信仰心が試されるのは個人で取り扱うには規模が大きすぎる論点に直面したときなわけで」
B「ある一人の人間の生活とか人生とかではなく」
A「信じるのは簡単だ」
B「簡単なことがいけないとは限らない」
A「信じるのは面倒だ」
B「面倒なことがいけないとは限らない」
A「信仰のせいで面倒に陥るのは簡単なんだ」
B「それは本当に信仰のせいだろうか」
A「信仰の自由を押し付けるな」
B「誰も押し付けてないだろバカか」
A「時間はただ過ぎ去るのみ」
B「大して貴重でもないんだからいいんじゃね」
A「じゃあ今すぐ死ね」
B「個人の時間にもたらされる死なんてのはリアルな世界に何の影響も与えないだろう」
A「じゃあ永遠に生きろ」
B「生者必滅会者定離」
A「我々が生者であるという保証はどこにもない」
B「死ねばわかる」
A「いつかその内な」

208名無し物書き@推敲中?2018/06/24(日) 23:28:35.92
A「無限の論点から有限の論点を選択するのは抽象化とは言えないだろうね」
B「抽象化は無限集合を扱わなければいけないというこったな」
A「分類というのは抽象化ではない」
B「特殊な解を求めるのはむしろ具象化だろうか」
A「一般の解でも同じことだ」
B「理解とは具象化であって抽象化とは逆の作用だ」
A「要するによくわからないままにしておくのが正しい抽象化だ」

209名無し物書き@推敲中?2018/06/27(水) 06:51:51.07
A「思考はディーテイルを必要とせずつまり空間にも時間にも依存しない」
B「お前の頭の中ではそうなんだろうな」
A「領域はディーテイルに過ぎない」
B「述語を伴うからな」
A「リアルの領域をそのまま思考に持ち込もうとするから思考が停止しないんだ」
B「語りえぬものについては沈黙しなければならない」
A「我が名はインフィニティ無限のメモリーなり」
B「思考というのはリアルタイムな記憶操作ではないと」
A「少なくともノウハウはない」
B「ノウハウはディーテイルに依存するからな」
A「思考は単なるファクトに過ぎない」
B「思考自体がリアルの領域にあるということか」
A「セオリーには本来ヒエラルキーなど存在しない」
B「並列或いは並行したセオリーがお互いに協調したり依存したりしているように思えることもあるが」
A「領域内ではそう見えるかもしれない」
B「食物連鎖も単なる生態系だからな」
A「生きるために食うというだけの関係性」
B「思考は環境への適合ではないと」
A「思考も環境問題の一部というだけ」
B「垂れ流しは環境破壊につながる」
A「思考というのは排水のようなものなわけだから完全に止めることはできない」
B「だからこそ確実に停止する思考に落とし込むことが重要」
A「実際のところトゥルースをただ一方的に語るだけならば簡単なんだ」
B「問題はリアルタイムコミュニケーションをいかに円滑に処理するかということだろうね」

210名無し物書き@推敲中?2018/07/01(日) 14:46:05.18
A「リアルタイムコミューニケイションにおいては言葉の定義なんてのはないと考えるべきだ」
B「リアルタイムコミューニケイションの定義は」
A「そういうのがいらんわけよ」
B「リアルタイムだからか」
A「広義のコミューニケイションでもいらんだろう」
B「お前の中でのコミューニケイションの定義は」
A「だからそういうのいらんから」
B「話にならねえな」
A「コミューニケイションは成り立っているわけだが」
B「そうでもない」
A「お前がそう思うならそうなんだろう」
B「確かに」
A「定義を伴わない造語や命名があってもいいだろうとすら思う」
B「他人に通じない言葉に存在意義なんてあるのか」
A「我々が決めることではない」
B「そりゃしゃーない」

211名無し物書き@推敲中?2018/07/01(日) 15:31:28.22
A「言葉というのはどう定義するかではなくどう使うかだ」
B「そのやり方ではいつか矛盾が生じるだろうな」
A「矛盾は特に問題ではない」
B「日常会話では単なるパラドックスか」
A「定義というのは言葉の柔軟性を損なう」
B「柔軟性が必要になる場面があるのか」
A「人それぞれだろうね」
B「そりゃしゃーない」

212名無し物書き@推敲中?2018/07/01(日) 15:57:05.49
A「ここで言っておくべきことは言葉をどう使うかとリアルタイムコミューニケイションが成立するかには何の関係もないということだろう」
B「今までの流れからすると当然だろう」
A「リアルタイムコミューニケイションがどう実現されるかと成立するかにも何の関係もない」
B「リアルタイムコミューニケイション自体に実体のようなものはないだろ」
A「誤解のないように一応言っておいただけだ」
B「実現も内容もリアルタイムコミューニケイションの成立に必要がないというならばリアルタイムコミューニケイションとは一体何を指しているんだ」
A「リアルタイムコミューニケイションはみんなの心の中にあるんだ」
B「そりゃしゃーない」

213名無し物書き@推敲中?2018/07/03(火) 08:31:54.85
A「リアルタイムコミューニケイションはダイナミックなんだ」
B「少なくとも時間軸が静的ではない」
A「時間は当然として実現や内容もダイナミックであるべき」
B「本来はその辺の結合度は低いはずだわな」
A「時間や実現や内容によってもたらされる認知負荷を避けるようとするとスタティックに逃げ込むことになる」
B「そうなるとリアルタイムコミューニケイションではなくなると」
A「リアルタイムコミューニケイションのユーザーが期待した意図とずれる」
B「本来達成すべき機能とは掛け離れているからといってすぐにやめるわけにはいかない」
A「故に時間が進めば進むほどもっとずれていく」
B「文字通りリアルタイムで現在進行形の経験というのは修正が難しい」
A「ほぼ不可能だろう」
B「偶然的に軌道修正されることもあるかも知れん」
A「運が良ければな」

214名無し物書き@推敲中?2018/07/03(火) 09:20:52.37
A「結局のところ時間と実現と内容が複雑に結び付いている状態は好ましくないってだけだな」
B「アキレスと亀だな」
A「水槽の中のでしか生きられない魚がイキっているようなもんだよ」
B「しかし水槽の存在を否定したところで水槽が消えるわけではないけどな」
A「水槽の中の快適さを捨ててまで実現すべき状態というのがないなら文句を言わないことだ」
B「水が濁っているなら文句は言うんじゃね」
A「自分で掃除しろよ」
B「確かに」

215名無し物書き@推敲中?2018/07/05(木) 11:38:30.89
A「リアルタイムコミューニケイション上で使われる言葉自体は時間を知っている必要がない」
B「何だそれ擬人化か」
A「言葉自身がどのタイミングで使われるかということを扱う必要がないっちゅーこっちゃ」
B「へえ」
A「あえて音楽にたとえるとノートがBPMを気にする必要はない」
B「楽器と音自体は別物だもんな」
A「スケジューリングを扱うのは楽器或いは演奏者ということになる」
B「そうなるとユーザーに対してアフォーダンスを提供した方がいいだろう」
A「えっアフォーダンスって何よ」
B「よくわからんけど使ってみただけ」
A「知ったかかようぇーい」
B「参ったなこりゃ」

216名無し物書き@推敲中?2018/07/05(木) 12:05:06.52
A「やっぱリアルタイムコミューニケイションの実現にメトロノームはいらんだろう」
B「音楽にたとえたのが間違いだった」
A「音楽でもスケジューリングは楽器や演奏者やシーケンサの領域」
B「リアルタイムコミューニケイションの実現に時間は絡んでこないと」
A「むしろ時間をユーザーに意識させてはいけない」

217名無し物書き@推敲中?2018/07/05(木) 15:04:19.14
A「リアルタイムコミューニケイションでは言葉のデッドラインというのは言われた瞬間に訪れる」
B「つまり言葉は即死するということか」
A「そういうことになる」
B「リアルタイムコミューニケイションに内容がないのは当然なんだな」
A「結局のところリアルタイムコミューニケイションにおいては時間と実現と内容が複雑に絡み合うなんてことはない」
B「絡み合っているとすればそれはユーザーの心の中がリアルタイムではなくなっているに過ぎない」
A「解決すべき問題はユーザーの心の中にあったということだな」
B「ヨガか」
A「ヨガだ」

218名無し物書き@推敲中?2018/07/05(木) 15:53:39.07
A「心は経験に基づいた言葉によらない自己言及により思考を絶えず生成する」
B「リアルタイムに」
A「複雑に絡み合った思考は全部ひっくるめて一つの問題として立ち現れる」
B「それをヨガでほぐそうという話か」
A「問題を全部捨てて最初からやり直す方がいい」
B「何かもったいなくないか」
A「経験は認知負荷を低下させる」
B「心に余裕ができるわけだ」
A「経験は新たな解釈を可能とする」
B「無駄な経験などないってか」
A「経験は拡張ではなく上書きだ」
B「そういう考え方もあるだろうね」

219名無し物書き@推敲中?2018/07/05(木) 16:44:54.88
A「複雑化したに過ぎないのを成長だと錯覚してはいけない」
B「一体誰が錯覚したと言うんだ」
A「思考を経験で拡張するのは簡単だ」
B「そうかな」
A「俺がルールだ」
B「あっそ」
A「拡張された思考は複雑だ」
B「わからんでもない」
A「リアルタイムコミューニケイションを不安定にする」
B「よくわからんけどそういうもんなのか」
A「複雑な思考は言葉をゾンビにする」
B「一々殺すのは面倒だね」

220名無し物書き@推敲中?2018/07/07(土) 05:32:52.49
A「実現のデッドラインと規模を推定するには経験を要する」
B「抽象的な量をイメージに頼らずに扱うセンス」
A「もちろん具体的に存在する数を把握していることが前提だ」
B「情報というのはそういうもんだ」
A「辞書的な知識ではなくノウハウから導き出される」
B「単なる関係式より例題を丸暗記するのがいい」
A「リアルの領域が複雑だからと複雑なままにしてある思考を基準にしてはいけない」
B「解釈のフェイズで出たゴミに過ぎない」
A「アイディア出しのようなことは人工知能にでもやらせておけばいい」
B「人間様は何をするべきだろう」
A「自分で考えろボケ」

221名無し物書き@推敲中?2018/07/07(土) 05:41:52.51
A「最初から規模が大きくなることを見込んで何かを始めるのもよくない」
B「他人の仕事に感化されたときにありがちだね」
A「世の中にありふれた可能性の証明なんてものは誰も欲していない」
B「てめー以外」
A「いや自分すらも」
B「虚無だね」

222名無し物書き@推敲中?2018/07/07(土) 14:22:28.47
A「一般的な傾向というのは経験によって学ぶしかない」
B「割と当たり前じゃないかな」
A「例外かどうかの判断も経験に左右される」
B「同じことを言い換えただけ」
A「どう切り分けられるか」
B「ほお」
A「どういうトポロジーかとか」
B「へえ」
A「どういうディストリビューションかとか」
B「ふふ」
A「トライ&エラーな」
B「上書きしまくる」
A「思考を捨てまくる」
B「デッドラインがあるということは可能性は無限大ではないということだからな」
A「本当に拡張したいのは思考ではなく道具箱だろう」
B「思考というのは直交性が低い」
A「道具というのは何を意図するのか明確にデザインされているべきだ」
B「何に使うのかわからない秘密道具なんてないもんな」
A「誤ったアフォーダンスは削る」
B「雑然としたデザインは認知負荷をもたらす」
A「動詞よりも名詞」
B「動詞って何かをやっている感が出るから多用しがちだよね」
A「何もしないということは恥ではなくむしろ美徳だ」
B「意図とは無関係な作用は減らしたい」
A「曖昧だから複雑になる」
B「リアルな世界というのは曖昧で不確実で複雑なもんだ」
A「だからこそトポロジーやディストリビューションを見極めたいんだ」
B「ごちゃごちゃ言ってないで働け」
A「お前もな」
B「しかし我々は一体今どこにいるのだろうか」
A「見当も付かない」

223名無し物書き@推敲中?2018/07/08(日) 18:21:46.50
A「動詞よりも名詞の名詞というのは主語とか目的語とかそういう意味ではない」
B「そりゃよかった」
A「文法的な意味での動詞か名詞かではなくてある領域で名詞になっていればいい」
B「なるほど」

224名無し物書き@推敲中?2018/07/08(日) 18:29:39.91
A「ビッチバレーっていいよね」
B「うん」

225名無し物書き@推敲中?2018/07/08(日) 18:39:33.54
A「痴漢は奥が深い」
B「最低だなお前」
A「いや実際にやったことはない」
B「痴漢したことのない奴が痴漢を語るなクズが」
A「まあ落ち着け」

226名無し物書き@推敲中?2018/07/11(水) 00:08:08.66
A「AV女優の過剰演技にうんざりするんだが」
B「個人撮影という設定なのにAVみたいに演技するAV女優はある意味プロだと言えるのかも知れない」
A「我々が欲するのは素人なんだ」
B「風俗嬢は素人に入るけどな」
A「過剰演技しなければ素人でおっけい」
B「多少演技するのはいいのか」
A「完全に演技しない人間なんていると思うか」
B「確かにうんこしているときも演技しているかも知れない」
A「オナニーだって射精するのは演技なんだよ」
B「言えてる」
A「演技の巧拙なんてどうでもいい」
B「少なくとも我々にとっては」
A「上手く演じたいなら勝手に演じていればいい」
B「価値観を他人に押し付けるなと」
A「そして他人に演技を強要しないことだ」
B「空気を読まないのは甘え」
A「自由の意味を履き違えているだけだ」
B「人間というのは不自由だねえ」

227名無し物書き@推敲中?2018/07/11(水) 00:18:12.20
A「女はすっぴんで美人じゃないならブス」
B「お前がそう思うならそれでいいんじゃね」
A「単なる事実だ」
B「確かに」
A「ブスが調子に乗っているのが腹立つ」
B「ニートの癖に偉そうだな」
A「ニートが世界で一番偉いんだよ」
B「知らんかった」

228名無し物書き@推敲中?2018/07/11(水) 00:43:33.90
A「AVなんて女優の演技が下手であろうが凡庸であろうが抜ければいいんだよ」
B「抜ければいいならAVなんてなくてもいい」
A「確かに妄想でいいはずなんだ」
B「自分の理想を完全に実現できる」
A「残念ながら妄想する能力に乏しい」
B「大多数の人間の妄想能力が低いからAVという商売が成り立つのかも知れない」
A「妄想能力が十分にあれば永遠に夢の中で生きていける」
B「妄想能力がないからリアルの世界に引き戻される」
A「この世界が妄想ではないと誰が決めた」
B「俺がルールだ」
A「あっそ」

229名無し物書き@推敲中?2018/07/11(水) 00:53:36.15
A「我々がもし人間の演技をやめてしまえば動物のように振る舞うのだろうか」
B「我々が人間の演技をしているという前提が間違っているのではないか」
A「なぜそう言い切れる」
B「我々は何もせずともすでに人間なので人間の演技をする必要などないわけで」
A「生まれたときから何もせずに勝手に人間になるのか」
B「当たり前だろう」
A「すでに人間であれば人間の演技をする必要はないので人間の演技をしている人間などいないと断定することはできないのではないか」
B「なぜ人間が人間の演技をするんだ」
A「自分が人間ではないと思い込んでいる人間は人間の演技をするだろう」
B「そんな奴おらんやろ」
A「今まで我々が本当に人間なのかなんて考えもしなかっただろう」
B「当たり前だろう人間だもの」
A「どうして自分が人間だと言い切れるんだ」
B「人間の演技などせずとも人間でいられるから自分は人間なんだ」
A「あっそ」

230名無し物書き@推敲中?2018/07/11(水) 01:18:32.22
A「コンテクストの切り替えは複雑だが必要」
B「必要故にいかに単純にするかという問題になる」
A「コンテクストがないと余計に複雑になって返って不自由だ」
B「あるものをないことにはできない」
A「あるものをないことにするのもコンテクストの役割の一つだろう」
B「コンテクストがないコンテクストもある」
A「だな」
B「普通は何らかのコンテクストがあるべきだけどね」

231名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 15:54:55.57
A「運命とは必然なのか偶然なのか」
B「奇跡じゃなくて運命だもんね」
A「奇跡は必然」
B「確かに」
A「必然か偶然かに関わらず運命は自由意志の働きによって上書きされるべきだ」
B「上書きされるなら運命ではない」
A「上書きされる運命だったに過ぎない」
B「つまり自由意志はないと」
A「運命を信じないということはリスクを負うこと」
B「リスクを避けていると偶然を逃す」
A「何も瑞Mじないというbアとは必然的にbキべての事象が給然に起こるとb「うことを信じb驍ニいうことだ=v
B「信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷つくほうがいい」
A「思ったんだけどリスクって逆から読むとクスリだな」
B「だから何」

232名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 15:56:20.46
A「何だこの文字化け」
B「知らんがな」

233名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 16:03:37.43
A「デジタルレイパーになろう」
B「ただの犯罪者だろ」
A「違法性はないはずだが」
B「そうなのか」

234名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 16:21:21.99
A「リスクを避けないというのは手に入れたものを失う覚悟があるということだ」
B「運命を信じるというのは手に入れたものに執着するということだ」
A「偶然を愛するならばある時点での状態に執着などしない」
B「偶然に愛されない奴は必然を愛する」
A「いつまで続くんだこのポエム合戦」

235名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 16:51:42.12
A「運命を信じれば認知負荷を軽減させるだろう」
B「リスクというのは必然的に多大な認知負荷を強いる」
A「期待される損失の程度によってリスクの重さを推測できる」
B「リスクを背負う主体の能力によって安全と言えるリスクの重さは変わり得る」
A「すべてのリスクが安全であるならば運命を信じざるを得ない」
B「要するに全知全能であれば運命を信じる外にない」
A「運命はすでに知っていることの一部に過ぎない」
B「いつか起こり得る奇跡すらも既知の出来事」
A「永遠に続く時間に存在する無限の出来事をすべて知ることは可能なのか」
B「我が名はインフィニティ無限のメモリなり」
A「知るというのは記憶するのと同じなのか」
B「「記憶にございません」というのは「知りません」と解釈される」
A「記憶にないとなぜ言い切れるんだ」
B「知るかボケ」

236名無し物書き@推敲中?2018/07/13(金) 17:11:05.22
A「記憶の無限集合にある一つの記憶が含まれないということは証明不可能なので全知全能というのは言ったもん勝ちだろうな」
B「それすらも知っているから全知全能なんだろう」
A「循環論法か」
B「珍しくもない」

237名無し物書き@推敲中?2018/07/14(土) 20:47:35.41
A「「放課後ディストラクション」のアルペジオって「おはようオーパーツ」のアルペジオに似てないか」
B「アルペジオごときに似てるも糞もあるのか」
A「「放課後ディストラクション」のサビのメロディって「小学館」のサビのメロディに似てないか」
B「メロディごときに似てるも糞もあるのか」

238名無し物書き@推敲中?2018/07/14(土) 21:09:17.61
A「「放課後ディストラクション」のAメロは「シンデレラ」にBメロは「小学館」に似てる気がするんだが」
B「気のせいじゃね」

239名無し物書き@推敲中?2018/07/14(土) 21:20:40.74
A「まあ似ていたとしてもパクリというより自己模倣だから別にいいんだけど」
B「果たして本当にそうだろうか」

240名無し物書き@推敲中?2018/07/14(土) 22:11:27.16
A「「死に学問」というのがあるらしい」
B「英訳するとuseless learning」
A「直訳するとdead science」
B「undead science」
A「アンデッドって何で回復魔法でダメージ受けるんだろう」
B「暗黙の了解」

241名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 18:29:15.31
A「優しい奴ほど怒りっぽい」
B「それって心が弱いだけじゃないか」
A「心が強ければ優しくも怒りっぽくもないというのはわかる」
B「認知負荷と感情には相関がある」
A「心が強くなると他人の痛みがわからなくなる」
B「他人とはどういう存在だったのかわからなくなる」

242名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 19:43:18.42
A「髭が濃くなって髭剃りが面倒だと感じる」
B「剃らなければいいだけ」
A「ふざけんなクズが」
B「誰もお前の顔なんて見ない」
A「見るだろ」
B「自意識過剰」
A「最低限の身だしなみとは何だったのか」
B「他人のことをじろじろ見るのが好きな暇人どもの理屈に過ぎない」
A「お前だって女のパンティラインをじろじろ見るだろ」
B「クズどもと一緒にすんな」

243名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 19:50:26.21
A「女だってすっぴんでいいんだよ」
B「ブスでもか」
A「ブルカでも被ってろ」
B「むしろ他人の顔なんて見ずに暮らしたい」
A「ニートだからすでに実現してるだろ」
B「確かに」

244名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 19:51:49.52
A「ブルカってくノ一っぽくていいよね」
B「全裸ブルカポルノ来るね」
A「夢が広がるね」

245名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:04:03.94
A「どういう訳か顔を隠しても体だけでブスだということが何となくわかる気がする」
B「じゃあ顔なんて見なくていいということだな」
A「真実はいつもひとつとは限らない」

246名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:37:25.95
A「ブスかどうかは問題じゃないね」
B「勃つかどうかだろうね」
A「言葉の定義なんてどうでもいいんだ」
B「勃つかどうかだろうね」

247名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:40:30.93
A「くノ一っぽいのはブルカではなくニカブだな」
B「へえ」

248名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:45:01.12
A「ブスに被せたいのはニカブではなくブルカだな」
B「へえ」

249名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:49:45.63
A「webcamではブルカはブスの隠れ蓑なのかも知れない」
B「日本人のマスクと似たようなもんだな」
A「なぜか年増デブしかいない」
B「さすが童貞ニートは他人に厳しいな」
A「同じくらい自分にも厳しいんだよ」
B「はい嘘」

250名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 20:55:46.53
A「なぜかサムライスピリッツやりたくなってきた」
B「コンボとかキャンセルとか全くわからんだろ」
A「プロじゃないしどうでもいいんじゃね」
B「まあどうせ暇潰しだしな」
A「暇潰しにマジになってどうすんのって感じ」

251名無し物書き@推敲中?2018/07/16(月) 21:03:58.49
A「こんな け゛ーむに まし゛に なっちゃって と゛うするの」
B「お前マジになったことなんて人生で一度もないだろ」
A「だから何」
B「ただ聞いてみただけだ」

252名無し物書き@推敲中?2018/07/21(土) 09:22:40.40
A「レヴュースタァライトは平成ライダーっぽい気がする」
B「気のせいだろ」

253名無し物書き@推敲中?2018/07/21(土) 10:33:12.58
A「考察厨というのは考察する余地のない意味不明な作品を毛嫌いする」
B「何を嫌おうが自由だろう」
A「要するに自分の考察が正しいことを証明したいだけなんだ」
B「娯楽作品をどのように楽しむかなんて人の勝手だろう」
A「作品内のすべての表現に裏の意味があるべきだという思い違い」
B「意味不明な作品を素直に楽しめる奴は何かが欠落しているのか或いはその作品に何も期待していないか」
A「楽しみ方なんて人それぞれだろう」
B「確かに」

254名無し物書き@推敲中?2018/07/22(日) 04:44:21.05
A「フィクションは脱出ゲームのようなものだと考えてはどうだろう」
B「フィクションから脱出したくないからフィクションにハマるんだろう」
A「射精の快楽のためにオナニーするのと同じ」
B「フィクションから脱出する快楽があると」
A「要するにパズルを解く楽しさだろ」
B「フィクションから脱出しない楽しさがあってもいいわけだ」
A「楽しみ方なんて人それぞれだろう」

255名無し物書き@推敲中?2018/07/22(日) 05:33:31.57
A「時を賭ける少女とは何だったのか」
B「賭けた時間に見合ったリターンがないと納得が行かない」
A「賭けるのは時間だけではない」
B「認知資源や心や金や気力や知力や体力や情熱や命などその他も賭ける」
A「それらに見合ったリターンを求めるのは強欲だろうか」
B「バランスの問題か」
A「どうやってそれらの量を測るのか」
B「金で買えないものなどこの世にはない」

256名無し物書き@推敲中?2018/07/22(日) 05:39:58.58
A「Time is money」
B「Money waits for no one」

257名無し物書き@推敲中?2018/07/22(日) 08:17:37.27
A「今までに賭けた時間がすでに無駄になっていることを受け入れずに死ぬまで賭け続ければ無駄にならないという発想」
B「出るまで回せば100%みたいな」
A「アニメシリーズを半クール見てしまったら最後まで見ないともったいない気がする感じ」
B「見たくもないのに見ざるを得ないという苦行」
A「賭けた時間に見合ったリターンとして作品世界内の知識を得たと感じていることを否定できない」
B「単純に見ないようにしたところでその知識を直ちに忘れられるわけではない」
A「その作品世界の領域でしか通用しない知識なのに」
B「少なくともその作品世界の領域では通用するわけだから」
A「特定の世界でしか通用しない知識を持ってしまっているが故にその世界に固執してしまうという」
B「使えない知識にするより使える知識にしてしまうことを選ぶわけだ」
A「ゾンビ学問とでも呼ぼうか」
B「その世界ではすでに認知負荷が軽減しているので自分のことをトップレベルに位置すると認識し得る」
A「少なくとも新規参入者よりは優越した存在でいられると」
B「ゾンビの世界にあってもマウンティングせざるを得ないのか」
A「素直に死んだ方がましだね」
B「役に立たないことを極度に恐れてゾンビ化した奴らは厄介なんだね」

258名無し物書き@推敲中?2018/07/22(日) 08:29:40.73
A「或いは我々はゾンビだったのか」
B「今更何言ってんだ」

259名無し物書き@推敲中?2018/07/24(火) 14:54:05.21
A「在宅アニメ評論家は世の中の役に立つか否か」
B「誰かの役には立つかもしれない」
A「在宅アニメ評論家でいることは彼自身にとって役に立つのか」
B「ただの趣味ではなく生業として成り立っているならばどうだろう」
A「つまりただの趣味ではゾンビであると」
B「それが彼の生きがいになっているならばどうだろう」
A「ただの趣味と生きがいになっている趣味に違いがあるのか」
B「知るかボケ」
A「ある知識が生きているか死んでいるかはどれだけ使われているかによるだろう」
B「使われていない知識は忘れられない限り死ぬことはなく仮死状態にある」
A「ロストテクノロジーはそれを説明可能にするセオリーにより復活する」
B「主体性の問題」
A「誰にとって使えるかどうか」
B「誰にとって役に立つかどうか」
A「生きているか死んでいるかを区別する意味があったとは思えない」

260名無し物書き@推敲中?2018/07/24(火) 15:03:41.61
A「誰かにとっては生きているか死んでいるかは問題になり得る」
B「たとえゾンビ化したとしても本人が楽しければいいのではなかろうか」
A「ゾンビというのは他人に感染するからね」
B「たとえ感染したとしても結果的に楽しければいいのではなかろうか」
A「自分以外のすべてに人間がすでにゾンビ化した世界ならばゾンビになった方がいいかも知れんな」
B「旅行はどこに行くかではなく誰と行くかみたいな話か」
A「一人旅でもよかろうに」
B「死ぬまで孤独にゾンビどもの世界に抗い続けるのか」
A「それが生業或いは生きがいならば」
B「人それぞれだろうね」

261名無し物書き@推敲中?2018/07/24(火) 15:14:06.32
A「あるセオリーが生きているか死んでいるかは競合するセオリーとの権威争いの結果に過ぎないのではないか」
B「要するに権威がなければ生きていても意味がないので死を選ぶと」
A「或いは処刑される」
B「今一納得できないな」

262名無し物書き@推敲中?2018/07/24(火) 15:23:21.38
A「一見生きているように見えるセオリーも権威によって延命されているに過ぎないのではないか」
B「生き残ったから権威たり得るんだろ」
A「権威というのは信念であり信仰なんだな」
B「リアルかフィクションかも権威によって決定される」
A「歴史は勝者が作るみたいな」
B「主体性にとっては自分がゾンビかどうかは問題ではないのか」
A「死んでいないように見えることに意味があると思われる」

263名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 16:54:53.29
A「捨てるのにもお金がいるんだよ」
B「家電の話か」
A「何にでも言えるだろう」
B「そうやって何かと言い訳をして捨てたいものを捨てずに抱え込んで来たんだろう」
A「超巨大隕石のおかげで随分楽になったけどな」
B「お前が捨てたのではなく勝手に消えたんだろう」
A「同じようなもんだろう」
B「まあ今更取り戻すことはできないわけだからそれでいいんじゃね」

264名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 17:19:57.51
A「クズというのは役に立たない奴のことを言うらしい」
B「そもそも捨てられる部分のことをいうわけだから」
A「悪人という意味は含まないと思われる」
B「少なくとも現代社会では悪人は直ちに切り捨てられるわけではない」
A「善人であってもクズであり得る」
B「社会にコミットしていないから結果的に悪を行う機会がないだけで自分が善人だと思い込んでいる奴いるよね」
A「むしろ悪人になりたいくらいだ」
B「なりたいならば勝手になればいい」
A「悪人になるのにもお金がいるんだよ」

265名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 17:32:15.47
A「傷付く奴ってのはやっぱり心が弱いだけだろう」
B「だから傷付けた方が責任を感じる必要はない」
A「他人の気持ちなんてどうでもいいな」
B「向うもそう思っているだろうよ」
A「我々は何も悪くない」

266名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 17:42:15.02
A「例えば面接官に媚びを売る必要なんてない」
B「下手に出れば舐められるだけだからな」
A「マウンティングさせてはいけない」
B「誰が相手であろうと上から目線でいいんだよ」
A「たとえ相手のステータスの方が明らかに高くても」
B「奴らのロールプレイに乗っかってやる必要なんてない」
A「ゾンビの世界に抗え」

267名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 17:48:05.16
A「面接における情報の非対称性を無効化するには逆圧迫面接だろう」
B「結果を待たずとも不採用だろうけどな」
A「こっちから辞退する勢いだよ」
B「最初からエントリーすんなよって話だが」
A「確かに」

268名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 17:54:17.57
A「いや求人を出しているからエントリーしてあげたという解釈」
B「なるほど」
A「そもそも心が弱いから圧迫面接とか言い出すわけよ」
B「向うもそのつもりでやってると思うけど」
A「大前提として他人の気持ちなんてどうでもいい」
B「他人の意図なんて考慮しない」
A「面接の目的を思い出せ」
B「面接官を論破することだった」
A「そうだ」

269名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 18:12:33.26
A「権威に屈して扱いやすいゾンビになることを避ける」
B「使うのは誰か」
A「我々は個人の集団に過ぎない」
B「本当にそうだろうか」
A「リアルもフィクションもぶち壊せばいいだけ」
B「物騒だなあ」

270名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 18:18:23.11
A「アニメを見るのすらやめられない奴に何ができるんだ」
B「別にアニメを見るのをやめることもないだろう」
A「問題はアニメを見るのをやめること自体ではなく実行力だ」
B「自分で決めたことをきっちりとこなせばいいだけ」
A「簡単に言うけどな」
B「人生はリアルタイムじゃねえんだよ」

271名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 18:26:43.10
A「リアルタイムコミューニケイションというのはゾンビ的だが記録または記憶されないことにより脱出しやすくなっている」
B「真面目で馬鹿正直な奴には重荷だろうね」
A「彼の目にはリアルタイムコミューニケイション上のすべてが生きているように見えていることだろう」
B「大前提として他人の気持ちなんてどうでもいい」
A「そこがわかっていないと難しい」

272名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 18:47:35.68
A「1分に人を10人殺せる奴と1年に1人殺すのがやっとの奴では明らかに前者の方が信用できる」
B「それ何のために殺すわけ」
A「人を殺すのに理由なんて必要か」
B「誰でもいいのか」
A「命に重いも軽いもない」
B「まあ確かに1年で1人は少なすぎるな」

273名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 19:19:04.38
A「君と夏の終わり将来の夢大きな希望忘れない」
B「10年後の8月また出会えるのを信じて」
A「最高の思い出を」

274名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 22:35:52.05
A「わざわざラテン語で書く奴ってなんなの」
B「わざわざ日本語で書くのとそんなに違わなんだろう」
A「まあ権威を守るための慣習だろうけれども」
B「ゾンビの侵入を防止する敷居になっているのか知れない」
A「逆に言うと敷居が低いと簡単にゾンビが入ってくる」
B「エキスパートやらスペシャリストやらプロフェッショナルのような呼び方がしっくりくるのは敷居が高い領域だね」
A「免許や資格も敷居として機能するか」
B「コンテストコンクールコンペティションなんかも」
A「要するにゾンビを振るい落とす機能が組み込まれている領域は信頼性が高い」

275名無し物書き@推敲中?2018/07/25(水) 22:37:31.52
A「違うな」
B「信頼性が高めるためにゾンビを振るい落とす機能が必要なんだ」
A「そういうこと」

276名無し物書き@推敲中?2018/07/30(月) 07:47:02.07
A「はるかなレシーブは骨盤だよ」
B「骨盤というか骨格じゃね」
A「骨格あっての骨盤だからね」
B「孕ませたいね」

277名無し物書き@推敲中?2018/08/03(金) 20:03:50.72
A「昔話をしようか」
B「別に聞きたくないけど」
A「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが生息していました。おじいさんは山で山賊をして、おばあさんは川でソープ嬢をして生計を立てていました」
B「おばあさんのソープ嬢とはマニアックだな」
A「いやおばあさんはセクサロイドで見た目は19歳の現役女子大生なんだけど」
B「19歳の現役女子大生と言っても色々あるだろ」
A「スタイルのいいアジア系の美人だよ」
B「それも色々あるだろ」
A「身長175cm股下88cmCカップ」
B「アジア系ってのは」
A「中国系だよ」
B「中国系にも色々あるだろ」
A「もう面倒だからそっちで勝手に想像しろよ」
B「嫌だ」
A「勝手にしろ」

278名無し物書き@推敲中?2018/08/13(月) 16:52:01.66
A「何年も前にDVDに記録したデータを漁っていたんだけど目当てのエロ画像がなかった」
B「一度は削除したんだから必要のなくなったエロ画像なんだろう」
A「あると思ったのになかったことに納得が行かない」
B「数年前のエロ画像でも時代を感じたり好みが変わっていたりして思ったより使えなかったりするわけだから気に入った画像を見付けても保存などせずにその瞬間にオカズにして記憶から消し去ればいい」
A「いざというときのために用意するべきなのはエロ画像ではないんだな」
B「自分が欲しているオカズをリアルタイムに想像或いは創造する能力だろう」
A「今までやるべきことをどれだけやってきたかによって今やりたいことをどれだけできるかが決まるんだ」
B「お前の場合は今まで何もしてこなかったからいざというときに何もできないというだけのことだ」
A「言えてる」

279名無し物書き@推敲中?2018/08/13(月) 16:59:32.27
A「シンカリオンのエヴァ回にエヴァの劇伴がいくつか使われていたようだけどDecisive Battleしかわからんかった」
B「あれは誰でもわかるだろう」
A「そうか」

280名無し物書き@推敲中?2018/08/13(月) 17:03:50.40
A「何年も使わないであろうオカズをストレージに溜め込むのはやめよう」
B「明日は使うかも知れない」
A「そうやって毎日を何となく過ごしている内に何年も経っているわけだが」
B「いわゆるウラシマ効果だな」
A「そうか」

281名無し物書き@推敲中?2018/08/13(月) 17:08:16.83
A「人生はリアルタイムではないんだ」
B「人はリアルタイムにしか生きられない」
A「それは屁理屈だな」
B「明日死ぬかもしれない」
A「明日を生きるために今日を精一杯生きるんだ」
B「その結果がニートなのか」
A「お前は開き直っているだけだろう」

282名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 13:27:56.02
A「どうもヒキニートをやっていると認知機能が低下するっぽい」
B「いわゆる廃用症候群だね」
A「そこで認知機能を鍛えようと思うわけだが」
B「筋トレと同じく日常生活以上の強度で負荷をかければいいのか」
A「複数の分野のコンテクストを頻繁に切り替えたりしながらそれぞれの分野の難易度を高めたり」
B「広く深く」
A「すでに知っていることや簡単なことでは効果がないだろう」
B「内在性に閉じこもらない」
A「複数の難しいことをもっと難しく複雑にやる」
B「できることだけをやっていてもトレーニングにはならないからな」
A「強度のスレショルドは上がっていくもんだから」

283名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 13:35:51.57
A「実際のところ認知機能のトレーニングに最適なのは他人との会話だろう」
B「アイコンタクトやボディランゲージも含めた言語による高度なリアルタイムコミューニケイション」
A「やはり会話の中身は重要ではないだろう」
B「頭を良く見せようとしたり面白いことを言おうとしたり機知をひけらかしたりするのは何か違う」
A「腹の内はどうでもいいんだ」
B「会話というのは表層的なコミューニケイションであるべき」

284名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 13:45:08.17
A「運動も認知機能を鍛えるのにいいと言われている」
B「まあ体を動かすのも脳とか神経だろうし」
A「結局刺激がないといかんということか」
B「逆に言うとオナ禁を成功させるにはやはりエロ禁なのか」
A「むしろエロ負荷のスレショルドを上げるためにエロトレーニングが必要なのではなかろうか」
B「エロに対する耐性がないからオナ禁に失敗するという発想か」
A「現実問題としてエロを遮断するのは不可能に近い」
B「要するに我慢しているようなレベルではオナ禁は成功しない」

285名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 13:48:45.40
A「エロトレーニングについて考えたんだがエロいお姉さんにエロいことをされる感じがいいね」
B「射精したら罰として射精直後亀頭責めで連続射精とかそういう」
A「AVの企画みたいなのにしかならないな」
B「まあエロなんてそんなもんだろう」

286名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 13:59:31.52
A「美女に目隠しされて手コキされて射精して目隠しを外すとおっさんの手コキだったという場合どうする」
B「考えたくもない」

287名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 15:00:19.97
A「コスプレという文化にイライラするんだよ」
B「オフパコに嫉妬してんのか」
A「ブサイクどもがいくら交尾しようが知ったこっちゃねえ」
B「ブサイクだろうが露出を合法的に楽しめている奴らは勝ち組だろう」
A「ちんちんを出したらアウトだろ」
B「知らんけど」
A「露出狂とカメコどもの持ちつ持たれつの関係とかどうでもいいんだよ」
B「結局楽しそうだから嫉妬してるだけだろ」
A「キャラ愛とか言ってる奴らも頭がおかしい」
B「そりゃキャラを無視するならコスプレである意味がなくなるからな」
A「だったらもう全裸でいいだろ」
B「コスプレじゃないけどな」
A「もういっそヌーディストビーチでいい」
B「着衣フェチはどうする」
A「ヌーディストビーチでは服を着るのに他人の許可が必要なのか」
B「知らんけど」
A「他人がどんな格好していようが勝手だろう」
B「じゃあコスプレも許せよ」
A「他人が何にイライラしていようが勝手だろう」
B「果たして本当にそうだろうか」

288名無し物書き@推敲中?2018/08/14(火) 15:13:39.28
A「良心なんてものは捨ててしまった方がいい」
B「結局各々が自分勝手に生きた方がお互いのためになる」
A「それが道徳の正しい形なんだよ」
B「お前の理想を他人に押し付けんなよ」
A「他人が他人に理想を押し付けないというのもお前の理想に過ぎない」
B「果たして本当にそうだろうか」

289名無し物書き@推敲中?2018/08/15(水) 05:19:15.05
A「「精神的に向上心のない者はばかだ」ってのはメンヘラの理屈だよな」
B「健康的な精神を持った人間ならばまず言わないだろう」
A「現代人は大体病人なんだよ」
B「医学に精通しているわけでもないのに言い切る」
A「病人だから健康に気を遣う必要があるんだよ」
B「昔に比べれば平均寿命は上がっているだろ」
A「そんなもん食糧事情や公衆衛生や医療技術などが向上したに過ぎない」
B「健康になったという解釈で間違ってないのでは」
A「健康とは長寿のことなのか」
B「それは我々が決めることではない」

290名無し物書き@推敲中?2018/08/16(木) 21:51:17.34
A「思うにガキの恋愛においては寝取られもクソもないだろ」
B「既婚者の不倫のみが寝取られ足り得ると」
A「托卵は必須だろう」
B「寝取られと托卵は別ジャンルじゃないか」
A「なぜそうなる」
B「托卵は動物的本能だろう」
A「寝取られは違うと」
B「人間は動物ではないからな」
A「いや動物だろう」
B「結局のところ結婚という制度がおかしいんだろう」
A「何でも社会のせいにするな」
B「不倫する奴らは生まれてくる時代を間違えたのか」
A「何でも時代のせいにするな」
B「さっさと離婚すればいいのに」
A「言えてる」
B「結婚というのは契約だろ」
A「違反してもバレなければいいと思わないか」
B「思わない」
A「誰も見ていないところで信号無視をしたこともないのか」
B「お天道様が見ているからな」
A「歩きの場合でもか」
B「当たり前だろう」
A「馬鹿か」

291名無し物書き@推敲中?2018/08/16(木) 22:05:54.04
A「悪意がない奴は馬鹿だ」
B「悪意の有無と馬鹿かどうかに関係があるのか」
A「馬鹿というのは悪意がないから質が悪いんだよ」
B「類は友を呼ぶと言うからな」
A「俺が馬鹿だとでも言いたいのか」
B「自意識過剰だなあ」
A「何だお前」
B「え」
A「誰だお前」
B「俺が誰かどうかが今のやり取りに関係あるのか」
A「知るかボケ」
B「俺もお前のことなんて何も知らんが」
A「馬鹿か」

292名無し物書き@推敲中?2018/08/16(木) 22:35:29.69
A「マウンティングする奴らは田舎者だろう」
B「イジメと言えば大体田舎だからな」
A「ずっと田舎でマイルドヤンキーでもやってればいいのに」
B「田舎者対策くらいしろよ」
A「具体的には」
B「自分が他人をいつでも気軽に殺せるような人間であることをアピールしておけばいい」
A「なるほど」

293名無し物書き@推敲中?2018/08/17(金) 16:39:57.12
A「本当に大切なものは失って初めて気付くんだ」
B「失うまで気付かないというのもおかしな話だが」
A「いわゆる素朴実在論だね」
B「むしろタイムパラドックスだろ」
A「どのような過去改変がなされるんだ」
B「失うまでその存在に気付かなかったものがなぜ過去に存在していたとわかるんだ」
A「つまり現在の自分がそれを失ったと錯覚しているのは過去の世界にそれを転送したからに過ぎないのではないか」
B「本当に大切なものというのは未来の自分からの贈り物のことだったのか」
A「逆に言うとそんなに大切ではないものは過去に転送することはない」
B「命よりも大切なものなんてあるだろうか」
A「人は死ぬ瞬間に命を過去に転送する」
B「輪廻転生とか永劫回帰とか」
A「実際のところ人なんて一か月もあれば十分変わるんだよな」
A「夏休み明けには処女膜を失った非処女が大量発生するわけだし」
B「人が生まれたときに泣くのはこの世の絶望をすでに知っているからなんだ」

294名無し物書き@推敲中?2018/08/17(金) 17:28:10.32
A「ヤクザと対等に渡り合える力があれば素人のモラルハラスメントなんてどうとでもできるだろう」
B「ヤクザは例外だろ」
A「差別か」
B「絡まれただけでも関係者扱いされるわけだし関わる奴はバカだろ」
A「ヤクザに絡まれたら逃げるのか」
B「当然」
A「クズだな」
B「どうとでも言え」

295名無し物書き@推敲中?2018/08/17(金) 17:58:18.38
A「弱い仲間というのは足手まといになる」
B「切り捨てるのか」
A「弱さも一種のモラハラだ」
B「そうか」
A「いざというときに守ることを一方的に強要してくる仲間などいない方がいい」
B「普段から何の役にも立たない仲間ならばそうだろう」
A「代わりはいくらでもいるが」
B「それならばなぜ守る必要があるんだ」
A「仲間を見捨てろというのか」
B「仲間というのは自立した人間同士の対等な信頼関係であるべきだろう」
A「上下関係で成り立つような集団は仲間とは言わないのか」
B「上の奴らは下の奴らのことを捨て駒としか思っていないだろうよ」
A「関係ないが彼女とデート中にDQN集団に囲まれて彼女を差し出せと脅されたらどうするべきか」
B「自分で考えて自分で決断して自分ですべてを受け止めるべきだろう」
A「そうか」

296名無し物書き@推敲中?2018/08/17(金) 18:11:23.86
A「声に感情を乗せる奴が苦手だ」
B「わかる」
A「抑揚のない平坦な話し方をしてくれ」
B「もはや騒音だよな」

297名無し物書き@推敲中?2018/08/18(土) 19:45:07.23
A「モラルハラスメントやマウンティングやクレーマーなどはステータスを利用している」
B「単なる社会的地位という意味ではなく」
A「要するにそのステータスの定義された世界にいる限り標的になり得るので対抗するにはその世界の外に出るだけでいい」
B「それってただの逃げだろ」
A「自分が有利な世界に引きずり込むんだよ」
B「お互いのステータスの関係を土台から変える」
A「客と企業側という関係があるからクレーマーに頭が上がらないわけで企業側でなくなってしまえばボコボコにできるわけよ」
B「いわゆる治外法権だね」

298名無し物書き@推敲中?2018/08/19(日) 22:35:40.94
A「ヒールを履いて夜道を一人で歩いている女はレイプしてくれと言っているようなもんだろう」
B「誤ったメッセージを発信する方も受信する方も裁かれてくれ」
A「平和ボケしている奴らの危機感を煽るためにももっと犯罪を犯すべきじゃないかな」
B「犯罪予告か通報するぞ」
A「普段は警察批判している奴ほど他人の邪魔をするためならば迷わず通報するからな」
B「税金を払っている奴らはお客様気分だからな」
A「警察官が一般市民に尊大な態度を取るのは実際にはお客様ではないからだよな」
B「直接金を払うわけでもないから」
A「サービスして欲しければ賄賂を払えばいいんだ」
B「そもそもヒールを履いて夜道を一人で歩いている女に金を払ってレイプすればいいのでは」
A「確かに」

299名無し物書き@推敲中?2018/08/19(日) 22:51:02.56
A「というか高いヒールを履いている女は大体ダサい」
B「お前の価値観ではそうなんだろう」
A「大体ヤリマン」
B「そんなヤリマンにすら相手にされないのがお前ということになるんだが」
A「逆なんだよなあ」
B「お前の頭の中ではそうなんだろうな」

300名無し物書き@推敲中?2018/08/19(日) 22:56:23.79
A「あらすじがあるならうらすじもあるだろう」
B「言えてる」

301名無し物書き@推敲中?2018/08/19(日) 23:00:03.07
A「「夢だけど夢じゃなかった」って一度でいいから言ってみたい」
B「勝手に言ってろ」

302名無し物書き@推敲中?2018/08/21(火) 07:54:03.84
A「完璧に人間らしく振る舞う人間と上手く人間らしく振る舞えない人間ではどちらに人間味を感じるだろうか」
B「突き詰めればどっちもただの肉塊だろ」
A「BBQと乱交ばかりしているリア充ならどう答えるだろう」
B「遊び人はレベルを上げると賢者になるんだよな」
A「普通の人間でも悟りの書があれば賢者になれるけどな」
B「そもそもニートはルイーダの酒場に登録できないから無理だろ」
A「ぶっちゃけただの無職だもんな」

303名無し物書き@推敲中?2018/08/21(火) 08:17:37.48
A「ニートは最初の町でうろついてるモブみたいなもんだろ」
B「あいつらはどう考えてもニートだよな」
A「ラスボス前の町でうろついてるモブもニートなのか」
B「あいつらは引退した冒険者達だろう」
A「どちらにせよニートだよな」
B「何もやってこなかった最初の町のニートよりは格上だろう」
A「ニートはニートだろ」

304名無し物書き@推敲中?2018/08/24(金) 18:37:25.36
A「オナ禁中にエロ動画を見るのは獲得的セルフハンディキャッピングだろうか」
B「エロ動画を見る行為はすでにオナニーの領域に入っているから単なる失敗だろう」
A「偶然エロ動画を見た場合は勃起しなければセーフだと思うが」
B「日常生活で偶然エロ動画を見る可能性があるような環境にいる時点でオナ禁は不可能」
A「そういう環境だからこそ失敗しやすいし成功すれば自分すごいっていう」
B「要するにセルフハンディキャッピングって言いたかっただけだろ」

305名無し物書き@推敲中?2018/08/24(金) 18:49:47.47
A「エロ禁しようと思うと自然とフィクション断ちに繋がる」
B「こういうときに芸術という言葉は便利だ」
A「ヌードは芸術だからエロくない」
B「エロくないなら勃起すんなよ」
A「生理現象だからエロくない」
B「痴漢も生理現象だから犯罪じゃない」
A「大体のことが生理現象で弁明できる可能性がある」

306名無し物書き@推敲中?2018/08/24(金) 18:54:35.82
A「殺人も生理現象じゃないか」
B「そもそも犯罪全般が生理現象っぽいからな」
A「要するに文明人というのは生理現象に抗う術を持つべきなんだよ」
B「オナ禁というのは文明人の嗜みだったのか」
A「人間は動物じゃないからな」

307名無し物書き@推敲中?2018/08/25(土) 21:28:21.12
A「ヘイトをヘイトするのもヘイトじゃね」
B「好き嫌いという生理現象をなくせばそんなくだらないことを気にしなくて済む」
A「選り好みというのは思想を生み集団を生み差別を生む」
B「好悪というのは扁桃体が判断しているらしい」
A「つまり扁桃体を何らかの方法で機能停止させればいいのか」
B「選り好みがなくなるということはオカズの幅が広がるということなのか」
A「むしろオカズという概念そのものがなくなるのではないか」
B「サイコパスは扁桃体の機能不全らしい」
A「性的倒錯者が多いって聞くね」
B「要するにサイコパスは博愛主義者ということか」
A「博愛主義者がサイコパスである可能性は高いだろう」
B「つまり文明人はすべからくサイコパスであるべきということだね」
A「人間は動物ではないからな」

308名無し物書き@推敲中?2018/08/25(土) 21:38:54.24
A「JCはみんなおちんちんが大好きらしい」
B「JKもみんなおちんちんが大好きらしい」
A「JDもみんなおちんちんが大好きらしい」
B「女はみんなおちんちんが大好きということでおっけい」
A「要するにおちんちんを丸出しにしていればモテる」

309名無し物書き@推敲中?2018/08/31(金) 23:03:27.53
A「シリーズものというのはゾンビ志望のためにある」
B「また楽しそうな奴らに嫉妬パターンか」
A「作中に散りばめられた細かい情報をすべて知っていなければ楽しめない」
B「シリーズが展開するにつれて蓄積された情報群は作品を読み解くための前提知識だからな」
A「定跡を知らない奴がマウンティングされるのは仕方がないのだろうか」
B「趣味や嗜好なんてのはマウンティングのためのツールに過ぎない」
A「あっそ」
B「結局ゾンビどもにマウンティングされて悔しいんだろ」
A「だからこそ存在価値そのものを否定したいという事実は否めない」
B「ゾンビというのはのアンテナを張り巡らしているような奴らがなるものだから」
A「唯一のアンテナさえもへし折る勢いの我々が無理して奴らに合わせることはないんだな」
B「好きでもないことに夢中になってもしんどいだけ」
A「あえて意地を通す必要はないわな」
B「それは一面的な見方だな」
A「逃げたいときに逃げられるならば逃げないのはおかしい」

310名無し物書き@推敲中?2018/08/31(金) 23:34:31.73
A「執着だけでは愛だけでは足りないんだ」
B「あっそ」
A「ゾンビどもの解釈の副産物である空虚なボディをなぜ我々が理解しなければいけないんだ」
B「奴らが理解してくれと頼んで来たのか」
A「理解されたくないなら人目に晒すな」
B「公になっている情報はすべて理解されなければいけないとでも思い込んでいるのか」
A「理解できなければいけない」
B「人生は有限」
A「じゃあ今すぐ死ね」
B「嫌だ」

311名無し物書き@推敲中?2018/08/31(金) 23:55:10.73
A「考察厨というのは息をするように正解のない早押しクイズをやっているだけ」
B「早い者勝ち言った者勝ち」
A「考察厨はゾンビの中でも重症で感染させる能力が高い」
B「影響力が大きい」
A「領域外でも普通に強い」
B「人生を素直に楽しめているんだろうね」

312名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 00:01:57.56
A「要するにフィクションにうんざりしているんだ」
B「知らんがな」
A「人生というフィクションにうんざりしているんだ」
B「じゃあ今すぐ死ね」
A「嫌だ」

313名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 08:11:46.77
A「結局のところ考察厨や設定厨みたいなのがフィクションの作り手になる」
B「負の連鎖か」
A「そこにあるのはゾンビの世界に過ぎない」

314名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 08:19:08.47
A「何かを楽しめるかどうかというのは素直にゾンビになれるかどうかだ」
B「感染していないならば無理して理解しようとする必要はない」
A「領域内再生産に順応できているゾンビがその領域で優位なのは当たり前」

315名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 08:26:51.52
A「社畜というのはゾンビの一種だ」
B「そうか」
A「ああ」

316名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 08:43:45.77
A「ゾンビの世界というのは自然とハイコンテクストになっている」
B「はあ」
A「わからない奴はにわかと呼ばれ蔑まれる」
B「さすがにそれは被害妄想だろ」
A「階級社会なんだよ」

317名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 08:59:44.72
A「おっさんは思春期のモラトリアムな日々を描いたフィクションに触れるのをやめた方がいい気がする」
B「そうか」
A「思春期なんてのはおっさんならば誰もが経験してすでに終えている」
B「いい歳して思春期に特化したゾンビになりたくないわな」
A「物事を思春期領域の知識で解釈していいのは思春期領域だけだ」
B「へえ」
A「おっさんにはおっさんの世界があるべきだ」
B「あっそ」

318名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 09:08:25.09
A「集団に帰属した時点でゾンビなんだね」
B「アイデンティティというのもマウンティングのツールに過ぎない」
A「生きている時点でがんじがらめだな」
B「じゃあ今すぐ死ね」
A「嫌だ」

319名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 09:58:52.16
A「おっさんという存在もフィクションに過ぎないのかも知れない」
B「はあ」
A「設定厨や考察厨が作り出したおっさん像を模倣すればおっさんになれるのか」
B「知らん」
A「人はいつおっさんにジョブチェンジするのだろうか」
B「思春期をこじらせるという選択もあるだろう」
A「それは未だに思春期領域でゾンビをしているおっさんでしかない」
B「そいつは本当におっさんなのか」
A「そもそも思春期というのは学校生活という歪な日常領域に適応したゾンビでいる特殊な時期ではないか」
B「十代の人間にとって人生の大半が学校生活を意味しているからな」
A「会社を学校のように捉えている奴はおっさんになれないのかも知れない」
B「会社は学校じゃねえんだよ」

320名無し物書き@推敲中?2018/09/01(土) 10:11:32.61
A「集団への帰属という意味では会社も学校も変わらないのではないか」
B「それを言うなら国家や民族や地域への帰属も同じだろ」
A「国民とは生徒みたいなもんなのか」
B「じゃあ総理大臣は生徒会長みたいなもんか」
A「ジョンウンは委員長だが」
B「風紀委員長かな」
A「北朝鮮は風紀委員会が権力を掌握した世界なんだな」

321名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 05:06:17.31
A「前にも言った通りゾンビになるというのはサンクコストを惜しんでいるに過ぎない」
B「出るまで回せば100%」
A「たとえ成果が出ても少し高い目標を設定する」
B「より少ないコストでより成果が得られると考える」
A「我々が死なないのも同じことだ」
B「過去が現在に影響を与えるように未来も現在に影響を与える」
A「要するに一度処女を失った女はきっかけさえあればヤリマンになるべきだ」
B「理論上はそうなるだろうな」
A「ああ理論上はな」

322名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 05:24:53.39
A「現状より高い位置にある目標というのは無限に存在する」
B「最大値は存在しないからな」
A「つまり人間は誰でも簡単にゾンビになる」
B「神というのは人間世界の限界ではなく可能性の限界に過ぎない」
A「飛ばねぇ豚はただの豚だ」

323名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 07:01:07.88
A「死なないという点において人間はすべからくゾンビであるべきだ」
B「死ねばゾンビではなくなるのか」
A「理論上はそうなるな」

324名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 07:32:46.82
A「人間世界はクローズドワールド」
B「はあ」
A「可能世界はオープンワールド」
B「へえ」

325名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 07:54:03.30
A「生物というのは生命というウイルスに感染した物質の集合体に過ぎない」
B「前時代的な発想だね」
A「生命なんてのはいつでも古いことの繰り返しだからな」
B「あっそ」

326名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 08:23:37.59
A「人間の死を特別扱いするのは傲慢だろう」
B「生命としては特別ではないが生物としては十分特別だろう」
A「地球は特別な惑星なのか」
B「曖昧さ回避スキルというのがない奴らの話なんてゴミだね」
A「言えてる」

327名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 08:40:03.00
A「人間が特別だというのはヘブライ人が特別だというのと大差ない」
B「ヴェルタースオリジナルみたいなもんかな」

328名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:03:36.69
A「Amazon GoってポケモンGoのパクリじゃね」
B「あっそ」

329名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:06:42.67
A「全人類にチップを埋め込んで管理監視すればよくね」
B「何のために」
A「少しは自分の頭で考えろ」

330名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:19:22.48
A「売春で失ったものは売春でしか取り戻せない説」
B「別に減るもんじゃないし」
A「処女膜ない奴がセカンドバージンとか言いよるからな」
B「処女厨って処女とは一生セックスしないのかな」
A「処女としかセックスしないから処女厨なんだろう」

331名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:38:18.59
A「既婚者に童貞を馬鹿にする資格はない」
B「言えてる」

332名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:41:20.11
A「マウンティングとは失った何かの埋め合わせ説」
B「サンクコストか」
A「生きるために食う」
B「食うために生きる」

333名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:44:35.29
A「穴があったら入りたいというのは胎内回帰願望だろうか」
B「確かに」

334名無し物書き@推敲中?2018/09/08(土) 09:55:06.10
A「穴というのは塞ぐためにある」
B「はあ」
A「女は常に穴が開いている状態にある」
B「だから売春すると」
A「ヤリマンは恥だと考える女が売春に走る」
B「むしろヤリマンの方が潔いと思うが」
A「無料肉便器か有料肉便器か」

335名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 14:41:14.75
A「頭痛というのは大切なことを思い出させてくれる」
B「気のせいだろ」
A「オナ禁エロ禁フィクション断ちカフェイン断ち情報断食マインドフルネス」
B「一時的な頭痛のせいで自暴自棄になっているだけじゃないのか」
A「これが本当の自分なんだ」
B「あっそ」
A「生きる目的を見失っていた」
B「一時的な頭痛のせいで他のことを考える余裕がないだけじゃないのか」
A「これが本当の自分なんだ」
B「あっそ」

336名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 14:48:13.02
A「寝違えと筋肉痛が頭痛の原因の可能性もある」
B「原因が何にせよ頭痛は頭痛だろう」

337名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 14:49:53.37
A「げっぷすると頭痛が緩和される」
B「そうか」
A「ゲロを吐いても頭痛が緩和される」

338名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 14:57:55.83
A「どうも頭皮が凝り固まっているのが頭痛の原因の気がする」
B「はあ」

339名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 14:59:43.86
A「目が疲れている」
B「一生寝てろ」

340名無し物書き@推敲中?2018/09/09(日) 15:03:20.36
A「バファリン飲むか」
B「勝手に飲めよ」

341名無し語り2018/09/09(日) 15:07:54.14
A「これはなんだ?」

B「これは石です」

A「ではこれはなんだ?」

B「これはタオルです」

A「さっきからただ質問に答えてばかりだな!もっと別の答えをよこせ!」

B「幕末期から現代までその石は格上の証拠として使用されていましたが、ヨーロッパから文化が輸入され始めてからはタオルと同等の価値しかなくなりました。それからその石を持っている人は石狩と呼ばれるようになり――」

342名無し物書き@推敲中?2018/10/17(水) 09:34:03.19
誰でもできる嘘みたいに金の生る木を作れる方法
念のためにのせておきます
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

2VW

343名無し物書き@推敲中?2019/04/06(土) 12:10:15.06
大気圏とシンクロする民族の大移動に弁明の余地はなかった。
原罪に巻き上げられた上昇志向は有頂天になりニユートーキヨー摩天楼の頂点を突き破った。
「どちらのご出身でいらっしゃる」
「PDPであります」
「わかります。私もそうでした。過去の話ですが」
彼女が籠居していたシェアハウスは去年の冬過激派の逆恨みによって消失したのだった。
「今のところ問題ナッシングですね」
劣等感を犠牲にしひたむきに生きる彼らの精神は汚れた未来の鞍点を探索する筋書き殺人めいていた。
「血をわけてくれませんか」
「嫌です」
「しきたりなんです」
「精液ならいいですけど」
「それでもいいです」
彼は彼女に種付けした。彼は死んだ。

344名無し物書き@推敲中?2019/04/07(日) 14:35:17.51
門外不出の呪われた箱があった。呪われた絡繰り人形が封印されし呪われた箱だった。
少なくとも皇暦2679年にはすでにニユートーキヨーダンジョンの奥深くにあった。
ダンジョンのゲートには謎の結界が張ってあったので普通に入ろうとすると、
反抗的だとみなされて即死刑だった。法律で決まっていたので仕方がないことだった。
猜疑心の弱い遊女は夥しい数のヒルに全身から血を吸わせながら箱を手に入れる方法を考えていた。
ダンジョンを探索するにはゲートを通らずに侵入するしかない。面倒なのでゲートを爆破することにした。
貪欲な河原乞食39名の手を借りて手探りで作った爆弾「エクスキューズミー」を携えてゲートへ向かった。
ゲートの周辺には万引きGメンのような輩が見張りをしている。
とりあえず爆破スイッチを押すと寸分の誤差もなく地球は破壊し尽くされた。
宇宙空間に漂っている地球人の死体はすべて一様に顔がなかったがDNA検査で身元は特定できたのでよしとしよう。

345名無し物書き@推敲中?2019/05/21(火) 18:38:50.32
あるバレンタインデーの夜だった。ある一人の男の命が今まさに尽きようとしていた。
彼は水恐怖症を克服しようとついさっき泳ぎの練習を初めたばかりだったがすでに溺れて死にかけていた。
小学生5年生のときプールで溺れている彼の頭を足蹴にした女体育教師の笑顔が死にかけの彼の脳裏をよぎった。
多分初恋だった。うぶな彼は彼女の足裏にときめいた。
彼女になら殺されてもいいと思った。しかし彼は死ななかった。それ以降彼は水恐怖症になった。
溺れてもがいている彼の目の前に懐かしい足裏が現れた。
足裏は彼の顔面が海面から飛び出すと踏み付けて再び海中に押し戻した。
彼は懐かしいその感触を散々堪能した挙句ついに力尽きて溺死した。

346名無し物書き@推敲中?2019/05/29(水) 11:18:40.26
彗星のごとく現れ思春期男子の股間を鷲掴みにした新人AV女優は
寝取られ好きの夫に懇願されAVデビューした有名テーマパークの元キャストでアラフォーの人妻という設定だった。
パケ写詐欺だった。イタリアフィレンツェ製のオナホの出る幕はなかった。

347名無し物書き@推敲中?2019/06/02(日) 15:45:44.88
ある朝夢精して目が覚めるとベッドの下に全裸の女がいる予感がした。
射精直後にも関わらずフル勃起だったのでとりあえずベッドの下の全裸の女を犯そうと思った。
ベッドの下に手を伸ばし彼女の腕を掴んだ。割と冷たい。
緑色に変色した死体だったら嫌だなあと思いながら一気に引きずり出したところで目が覚めた。
ギリギリ夢精していた。死ぬほど気持ちよかった。

348名無し物書き@推敲中?2019/06/02(日) 18:03:21.74
ある駅のホームを歩いているときどこからか「白線から出ないでください」という女の声が聞こえてきた。
自分が言われたような気がしたので立ち止まり辺りを見回したが声の主らしき人物はいない。
気にせずに再び歩き出したがすぐに肩を掴まれたので静止した。
「止まってください」と背中の方からさっきと同じ女の声が聞こえた。
これはきっと逆ナンだと思い顔を見てからどうするか判断しようと振り向いたが誰もいなかった。
無性に腹が立ってきたので白線から出てやろうと思ったが白線から出たら危ないのでやめた。

349名無し物書き@推敲中?2019/06/11(火) 18:36:32.27
彼女は奇跡的に朝を迎えたけれども、一晩中降り注いだ雨は善と悪の境界を完全に掻き消し、
昨夜の時点ではピークを迎えていた幸福度の下落は止まることを知らなかった。
「ビタミンCって酸っぱくないらしいね」と男が言った。「黄色くもない。」
別の男が興奮気味に呟いた。「ピラミッドっていいですよね。」
また別の男が叫んだ。「このジャスミンティーまずいな。」
「それ違いますよ。抹茶チョコレートですよ。」
「さすがに気付くべきでしょ。」
「興味ないからよくわからないんだよ。」
彼女の首には首絞めプレイの痕がくっきりと残っていた。
「グリーンカレーみたいなもんだ。」
茫洋たる視界に彼女は言葉を失いただ立ちすむしかなかった。
「え? なんだって?」
「こうなってくると現役のJKのスクール水着が欲しいよね。」
「帝国軍が侵攻してくる前にね。」
彼らの大っぴらな不正は歴史に残ることはなかったが、退社後に建造した巨大移民船は世界に大きな変化をもたらした。

350名無し物書き@推敲中?2019/06/12(水) 18:51:32.00
草木も眠る丑三つ時、ファミレスには三人の一人客がいた。
全裸にチェスターフィールドコートを羽織ったキャバ嬢。引きこもりの流行作家。見るからにマッチョな僧侶。
キャバ嬢はスマホに向かって独り言を言ってた。「謝らなくていいから」「その必要はないわ」
マッチョな僧侶はフィボナッチ数をお経のように唱えていた。間違えた場合は初めから数え直しというルールらしかった。
「0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55...」
流行作家はスランプを打開しようと久しぶりに家の外に出たのだが、
聴覚が過敏な彼は他の二人のお経を延々と聞かされ続けた結果、とうとう気が狂ったらしく、
おもむろに立ち上がると僧侶のいる席までふらふらと歩いていき僧侶の頭にナイフを突き刺して叫んだ。
「お前、宇宙ステーション派だろ!」
心優しい僧侶は頭に突き刺さったナイフを気にも留めずに流行作家に微笑を向けた。
「謝らなくていいから」というキャバ嬢の独り言が聞こえてきた。
丁度マッチョの心の声を代弁したかのようだった。
流行作家は何も言わずに元の席に戻りメニューを広げた。
「何でハンバーグしかないんだ!」と流行作家がぶち切れた。
床に寝転がって眠っていた店員が起き上がってきて面倒くさそうに「改変されたんじゃないですかね。最近よくあるんですよ」と言った。
「宇宙ステーション派の仕業か!」
「いや、ジオフロント派らしいっすよ」
「そうか」
流行作家は居心地が悪そうな顔をした。
「謝らなくていいから」
いつの間にか流行作家の側に僧侶が頭のナイフを抜いて立っていた。
「どうしました」と流行作家が弱弱しくつぶやいた。
「私、実は宇宙ステーション派なんですよ」と言うとナイフを流行作家の胸に突き刺した。
店員が「救急車でも呼びます?」と言ったが、キャバ嬢が「その必要はないわ」と言ったので救急車は呼ばなかった。
結局、流行作家と僧侶は出血多量で死んだらしい。

351名無し物書き@推敲中?2019/06/12(水) 21:49:53.96
もし人類が滅亡してしまったらファッションデザイナーは一体何のためにデザインをするのだろうか。
ファッションというのはヒトの歴史記述能力を前提としたビジネスだ。
認知はノスタルジーの一種であり常に時間を逆行する性質がある。
歴史記述能力を持つヒトは他の動物よりもはるか遠い過去に遡ることが可能だ。
人類滅亡という出来事もすぐに歴史の一部として記述されるべきだろう。
ヒトはメタ認知と意識を同一視する。全人類のニーズなのでその真偽が問題になることはない。
この仮定が人間に便益をもたらしたというだけの話だ。
歴史を破壊するものがあるとすればそれは集合的無意識と呼ばれるものだろう。
文明とは歴史記述能力のことであり集合的無意識の混沌とは相反する。
人類の滅亡とは文明の崩壊と同義と言っても過言ではない。
たとえどれだけのヒトが生き残ろうとも歴史を失った瞬間リセットボタンが押されるのだ。
つまり人類滅亡後のファッションデザイナーは人類そのものをデザインすることになると言える。
要するに人類は生き残ったのではなくニュータイプとしてリデザインされたに過ぎない。

352名無し物書き@推敲中?2019/06/17(月) 18:18:50.80
この町には同性愛者は一人もいませんでした。
五月初めに起きたカレー屋店員失踪事件は記憶に新しいところだと思いますが、
家族思いだったカレー屋店員ももちろん同性愛者ではなかったはずです。
なぜそう言い切れるのかというとこの町には同性愛者は一人もいないからです。
この町の住人は皆この町に同性愛者が一人もいないことを誇らしげに語っていました。
先月死んだ町外れに住んでいた意地の悪い老婆を除いては。
ひょっとすると彼女は同性愛者だったのかもしれません。もしそうだったとしてもすでに死んでいるのでカウントされませんが。
今年から同性愛者の判別は監査委員会で十分に審議されずにAIを導入することになりました。
ちなみにそのAIはカレー屋店員のことを同性愛者だとみなしました。

353名無し物書き@推敲中?2019/06/22(土) 21:31:07.39
ワーシャル卑弥呼フロイド王女が権勢をふるうステュクス空間は
ロボティックアニマルと呼ばれるセクシーカブキ嬢達がしのぎを削る弱肉強食の世界だった。
レイプアゲインストアルゴリズムのお題目の下過剰なリスクコントロールが横行していた。
それに反発して高く買って安く売るという人道に反する行為を繰り返し
逮捕される寸前だった一部のロボティックアニマルは
ステュクス空間に直交するオリエンタル空間に逃げ込み反乱軍を形成した。
オリエンタル空間は辺境とでも呼ぶのが適切だった。
成層圏を突き抜けるほどの摩天楼がすでに立ち並ぶステュクス空間はなお開発が盛んだったが
一方のオリエンタル空間は長年見向きもされずに放置されていた。
ロングテールジプシーと呼ばれる多数民族の居住区になっていたことも要因だろう。
ロボティックアニマルはロングテールジプシーを過剰に敵視していたのだ。
ロングテールジプシーの「個にして全、全にして個」というポリシーは
彼女達の生来の気質と相性が悪く共存は不可能という見解が一般的だった。
ロボティックアニマルとロングテールジプシーは生殖細胞の交換のとき以外は全く接触しなかった。
故に反乱軍はロングテールジプシーからすると異物のようなものだった。
ただの観光客ならまだしも勝手に住み着き始めたのだ。
しかしコミュニケーションを重ねる内に時にはいざこざを起こしながらも徐々に打ち解けていった。
ロングテールジプシーの生活はロボティックアニマルの生活と比べると極めて原始的だった。
日の出と共に目覚め日の入りと共に眠る。サプリメント以外の食べ物。日によって変わる天気。その他。
何もかもが違った。といえども問題らしい問題は起きなかった。
両者の間にあった文明的な差異と思われたものは幻想に過ぎなかったのだ。
その後反乱軍とロングテールジプシーは同盟を結びステュクス空間へと通じるゲートを封鎖した。
オリエンタル空間は生殖細胞を自前で用意することができるようになったのだ。
数年後ステュクス空間はシステム異常により崩壊した。

354名無し物書き@推敲中?2019/06/23(日) 20:14:57.31
大金持ちとホームレスとの境界にはっきりと引かれた滑稽なボーダーラインは
圧し潰されたミッドレンジの残骸によって造形されていた。
学園跡地の広大な敷地の中心部に鎮座する予定だったコワーキングシステムJX90の開発には10兆円もの資金が投入された。
JX90の完成によってミッドレンジが救済されることは理論的に証明されていたはずだったが、
開発が難航しスケジューリングが無意味となり終わりの見えない苦難の連続に開発チームは疲弊しきっていた。
その開発チームを構成していたのはミッドレンジだった。
自らを救済し得る可能性のある神のような存在を自らの手で生み出すことを確信していた。
計画が頓挫することが誰の目にも明らかになった瞬間ミッドレンジはトポロジーを喪失し
理想と現実の折り合いを付けるために毛羽立った心と共に圧し潰されたのだった。
現在学園跡地は尊厳死用カプセルを宇宙空間に運搬するためのロケットJX91の発射場となっている。

355名無し物書き@推敲中?2019/06/23(日) 22:21:03.75
その女に会いたいと思う度に絶望的な気持ちになった。
そういうときは決まって川面が光をたたえるミッドナイトだった。
自分だけが知らない彼女の素顔から目を背けるように国道を自転車で全力疾走した。
緊急車両がすぐ近くを通り赤色灯の赤い光とけたたましいサイレンの音が野生の血を呼び覚ますのがいつものパターンだった。
デッドヒートの途中で不意に横道に逸れてみると静かな時間が立ち戻ってくる。
麗しい奉仕者がムーンライト伝説を歌う一方、欲情した聖人は狼男に変身するのだった。
夜空を白く染めるのはタイムマシンと相場が決まっている。東の空が白む頃には不殺の獣は人の形を取り戻した。
恥を知らぬは自堕落な思い出だとのたまいがちなのは決まって大して関わりのない赤の他人だった。
双対する世界の真実に触れたとき我々は定められし宿命であるところの性的嗜好と対峙する。

356名無し物書き@推敲中?2019/06/27(木) 21:43:43.79
あるときヨシオは自宅の住所がネットに晒されていることに気が付いた。
丁度十年前からずっと晒されっぱなしだったらしいが特に何事かが起きたということもなかった。
おそらくこの先も何かが起こることはないだろうことをヨシオは確信していた。
余談だがヨシオの座右の銘は「時には起こせよムーヴメント」だった。

357名無し物書き@推敲中?2019/06/27(木) 22:09:45.51
あるとき超法規的ハッカー集団がヨシオの脳をハッキングしようとしたら逆にファッキングされて全滅した事件が起きた。
ヨシオには無意識の内にファッキングする癖があったのだ。
全国指名手配犯となったヨシオは3Dプリンターで自作した宇宙船で地球外に逃亡したらしい。

358名無し物書き@推敲中?2019/06/27(木) 22:27:27.56
ヨシオの好物がざるそばだったというのは有名な話だが、ざるそばを食べたのは生涯に一度切りだったことはあまり知られていない。
暇潰しに南極大陸を征服していた頃のヨシオの主食と言えばもっぱらかき氷だったのだが、
たまには違うものを食べたいと思いセブンイレブン南極支店で略奪したのがざるそばだった。
なぜかざるそばしか商品がなかったので仕方がなかったとも言える。
しかしいざ食べてみると今まで食べたことがないくらい美味いざるそばだった。
それ以来ヨシオの好物はざるそばとなった。

359名無し物書き@推敲中?2019/06/28(金) 01:47:06.01
製品を組み立てる際の要諦は部品表を完全に無視することだと語ったのはやはりヨシオだった。
子作りするときに精子や卵子のことを知らない方がいいのと同じだというのだ。
「ミステリアスな方がSEXも燃えるだろう」
ヨシオの両親は共にストリートファイターだった。
ある日、童貞だった父親と処女だった母親は相手をレイプする権利を賭けて決闘した。
どちらが勝ったのかは定かではないがそうして生まれたのがヨシオだった。

360名無し物書き@推敲中?2019/06/29(土) 00:01:11.65
エゴサにハマっていたヨシオはウェブ上の敵性分子を洗い出して
「夜道に気を付けろ」というメッセージを送り付けるのを日課としていた。
悪口を言われるくらいなら犯罪者になる方がましだというのが彼の持論だった。
ある日見知らぬアドレスから「通報しました」という内容のメールが届いたことに
怖気づいたヨシオはネットの回線を解約してしばらく家に引きこもっていたとの噂が流れたが
本人は頑なに否定していたので事実ではないかも知れない。
いつの間にかヨシオの自宅のドアスコープにビックリマンシールが貼られていたことだけは確かだった。

361名無し物書き@推敲中?2019/06/30(日) 13:34:15.33
ヨシオは女を選ぶなら中身よりも見た目派だった。とえいども整形美人は認めなかった。
ナチュラルな美女にメンヘラ女はいないというのが持論だった。
ある日ヨシオは完全に好みな女と出会った。発情を禁じ得なかった。
いざSEXというとき彼女が「自分は異世界からTS転生してくる前は性同一性障害の中年おっさんだった」と告白した。
ヨシオは異世界転生など信じていなかったので余裕で抱けた。

362名無し物書き@推敲中?2019/06/30(日) 16:45:35.63
第三セクターは急速な巨大化により以前までならばAIによる適性検査によって弾かれていたはずの
ミッドレンジまでもが吸い寄せられるように集まるようになっていた。
求められているのは人材ではなく奴隷と言う方が適切だったけれども、
本来ならば他の場所で有能な人材として使われていたはずだった彼らが
なぜ奴隷に身を落としてまでも第三セクターで働きたがったのかは謎だった。
労働力の穴埋めには大量のヨシオクローンが用意されたが、
ミッドレンジよりもはるかに有能で使いやすいと評判だった。
人類の幸福度は右肩上がりだった。

363名無し物書き@推敲中?2019/06/30(日) 17:27:53.08
ヨシオの開発した光学式暗号装置「ミザントロープ」によって暗号化された文書を解読する方法はなかった。
そもそも復号方法がなかったのでミザントロープが施された文書は決して誰にも読めなくなった。
シュレッダーで細切れにしたり燃やせばいいだけだという意見もあった。
しかし、二度と読まないだろうが破棄するのはもったいない、けれども誰にも読まれたくないというものを暗号化したいという需要が割とあった。
思い出というのは大抵そういうものだろう。

364名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 00:43:15.58
国民的SNS公社の民営化に伴いエアリプ権取引が解禁された。
環境破壊や精神汚染をもたらし得るエアリプは厳しく規制されていたのだが、
娯楽目的のエアリプをしたいがために違法の闇SNSを利用する者が後を絶たず、
公衆衛生上見過ごせない危機的状況だと判断された。
一度闇SNS廃人になってしまった人々はもう二度とまともな生活には戻れない。
幸いヨシオはギリギリセーフだった。

365名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 01:03:30.46
ある日ヨシオは高額転売目的のエアリプ権の買い占めを思い立ったが金がなくて無理そうだったので、
エアリプ権取引所のシステムに侵入して不正を働くことにしたけれど、
クラッキング自由化によりセキュリティが急激に発達していたのでやはり無理そうだった。
ヨシオは行き場のない怒りをエアリプしたかったけれどもエアリプ権を持っていないので無理だった。
ヨシオの心の闇は深まるばかりだった。

366名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 20:38:32.51
エアリプ権を持たない者がエアリプすると24時間以内に暗殺される。
エアリプ依存症一歩手前のヨシオはまだ死にたくなかったので、うっかりエアリプしたときの保険のためにエアリプ権を手に入れたかったけど、
社会的信用のない人間がエアリプ権を持つことは許されなかったので、まずは定職に就かなければいけなかった。
自称ニートのヨシオにとっては誰かに雇われて使われるというのは苦痛でしかなかった。

367名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 21:17:03.26
ある地下アイドルのライブで無免許のドルオタが大量検挙された。
無資格のドルオタ行為はエアリプと並ぶ重罪とされていて基本的に終身刑だったにも関わらず、
ドルオタ達は誰一人として免許を取得することはなかった。
なぜドルオタ達が違法ドルオタを続けるのかは謎だった。
ライブのキャパの穴埋めはドルオタ免許取得済みのヨシオクローンが投入されたがノリが悪すぎると不評だった。

368名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 21:49:26.68
「言うほどエアリプしたいかって思うんだけど」
「エアリプは誰にも反論も非難もされないし無敵状態だから気持ちよくなれるんだよ」
「そんな奴気持ち悪いからミュートするわ」
「いやリムってくれよ。何か気持ち悪い」
「お前が言うな」

369名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 23:04:49.07
テニス部の日焼けの仕方は異常だった。
紫外線をもろに浴び続けているのは健康的だと言えるのだろうか。
一方その頃帰宅部のヨシオは美白だった。日焼け止めを塗りまくりだった。
白すぎて不健康に見えるくらいだった。
運動はしなかったがオナニーは毎日していた。

370名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 23:33:36.57
あるとき空前のボーイッシュ幼馴染みブームが訪れた。
子供の頃は異性として意識していなかったボーイッシュな女の子が、
成長するにつれて徐々に女性らしくなってきたことに戸惑いを覚えたい、
そんな感じの妄想をする中年童貞が大量発生した。
ヨシオは「幼馴染みの男子が徐々にTSして自分好みの女になったのと何が違うんだ」といぶかしげだった。

371名無し物書き@推敲中?2019/07/03(水) 23:45:37.32
「AV男優のおっさんの妙に大きいピンク色の乳輪が画面の端にちらちら映っていると萎える」
と誰かがエアリプしていた。
それを読んだヨシオは「こいつ、本当はおっさんの乳首で勃起したからわざわざエアリプしたんじゃないか」と思った。

372名無し物書き@推敲中?2019/07/05(金) 09:49:32.29
公文書偽造によって他人になりすましてついにエアリプ券を手に入れたヨシオだったが、
しばらくエアリプから離れている間にエアリプ熱は冷め切っており、
大してエアリプしたくもない自分がいることに気が付いた。
もはやエアリプ権はヨシオにとっては保険ではなく地雷となっていた。
見えないところにピックを隠すのとはわけが違う。
エアリプした場合保険金不払いどころではなくむしろ被害を被るだろう。
ヨシオは苦労して手に入れたエアリプ券を破り捨てた。ちょっと後悔した。

373名無し物書き@推敲中?2019/07/06(土) 18:31:59.44
JX90プロジェクトの狙いは国力の低下を未然に防ぐことにあった。
ミッドレンジを潰せば優秀な遺伝子とそうではないものの選別は容易となる。
無駄に自我の強い扱いの面倒な労働力はもはや不要だった。
AIはミッドレンジの人権に配慮するコストを考慮すると
彼らを潰さないと将来にわたって国力は低下するだろうと計算した。
ヨシオクローンを代替品として運用する実験がすでに成功していたことも後押しした。
プロジェクトに参加しなかった残りの優秀ではない遺伝子には尊厳死という選択肢のみが用意された。

374名無し物書き@推敲中?2019/07/06(土) 19:19:58.23
言論の自由が暴走した結果誰もがフェイクニュースをSNSで発信する時代に突入した。
すべてのニュースはSNS上にアップされた時点ではフェイクニュースとして扱われるが、
一定数拡散されればリアルニュースに格上げされるという仕組みになっていた。
ヨシオは普段からニュースを全く読まなかったので、フェイクニュースを書くことにも興味がなかったらしく、
自らがSNSにフェイクニュースをアップしたことは一度もなかった。

新着レスの表示
レスを投稿する