現行の新人賞というシステムに失望している

1名無し物書き@推敲中?2012/08/23(木) 19:20:26.04
わたしは現行の新人賞というシステムに失望している者です
ですから、新人賞には応募をしておりません
数日前に、新作のラブストーリーを書き上げました
「むらさきの匂へる」です。わたしは出来はいいと自負しておりますが
眼力のあるプロの編集者の方がどういう評価を下されるかはわかりません
怖れずに言えば、最近の新人賞の作品を
わたしはそれほどのものとは思えないのです
わたしのような者がたくさんいると思います
要はそうした者達の作品を囲い込む形で集める気があるか
そうしたデータベースを作る気があるかどうかだと思いますが……
一作品で判断せずに、複数の作品で実力は確かめられますし
作家としての資質がないものはこの過程で簡単に弾けます
現行の新人賞のシステムは費用対効果からみたら、疑問でなりません
試しに是非、「むらさきの匂へる」を読んでください、お願いいたします
わたしのようなレベルの者は、数多いるのではないでしょうか?
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

2名無し物書き@推敲中?2012/08/23(木) 19:39:36.44
故郷さん、おひさ〜

3名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 01:52:50.18
ダウンロードできなかった。なんで?

簡単なあらすじと、導入の自信のあるところまでを書いてくれると助かる

4名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:05:12.41
故郷だが、今日は肉体労働が休みなので
朝というのに2chを覗いてみたら、どこかで見たようなフレーズの
スレがあったので、もしやと見てみたらびっくり仰天(笑)
俺が別のスレで売り込みしたときのレスのコピーが先頭にあるではないか
このスレを立てたのが俺だとしたいのだろうが、その思惑と、意図は?
そして、俺に成りすましてスレを立てた張本人は?
直ぐにピンとくる粘着質の困った女が思い浮かぶが
どうも最近ではこの方以外にも思い当たる者がいる(笑ごとではない)

自慢じゃないが、2chに書き込むことはするが、詳しくはない
スレの立て方も、コテを名乗る仕方もしらないし、興味がない
俺と特定できるコピーを貼り付け、俺に成りすますこうした行為は
犯罪にはならないのだろうか?

今日は次作の「いざよふ月」でも書こうと思っていたが、嫌な気分になった……

5名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:08:42.26
お前の考え方に共感がある人なんじゃねえの

6名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:14:00.91
ついでだから、地頭根性で、ちゃっかり宣伝しちゃう
ちょっとイマイチの題名(別に題名を模索中)だが
「安曇野、めぐり愛」が一番面白いとは思うよ
謎が謎を呼ぶし、話が重層的で、それでいて読みやすい
立原道造の詩の世界を上手く取り込んだつもりだし
詩情性があり、それでいて大衆受けするストーリーだ
アニメ化も可能だよ、これは、だからこれも読んでね
「矢ぐるまそう恋歌」も傑作(笑)だし、面白いはず
「風よ、安曇野に吹け」と上記2作を合わせて、安曇野三部作という(笑)

7名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:17:58.45
>>5
なるほど、同志か(笑)
だったら、俺のレスをコピーしてもいいが
自分の見解を先ず述べるのがフェアだろう

8名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:26:08.62
ちょっと前に話した時に、俺が2chとはがっつり絡むべし
あいつら基本ツンデレだからとか言ったから、それを真に受けて
まじで故郷が立てたのかとびっくりしたわw

おっと、仕事中だった

9名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:35:07.20
>>8
○ん○○さん
9月に読ましていただきます
わたしの2chでの最低限の方針というか自分に科しているのは
自演は惨めになり、自己嫌悪に陥るから絶対にやらない
スレは立てない(立てられない)
この2点です(笑)
お仕事たいへんですね、わたしこれから小説書きます

10名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 08:41:40.82
>>9
精力的っすね。
おいらはもうだめっすw群像諦めて、3月の新人賞へ送ろうかと思ったり。
その場合は練り直しの1作も含め、3作品をバラバラの出版社に送るのが目標です。
取り敢えず、書けるだけ書きますわ。
じゃあ、まじでオチまーすw

11名無し物書き@推敲中?2012/08/24(金) 16:17:53.98
専用スレできてよかったね
もう他スレにマルチすんなよ
迷惑だから

12名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 02:53:55.47
電子出版等で文化の敵である出版社を通さない出版形態を主流にして行く方策を探ろうぜ。

13名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 06:32:01.78
故郷だが、昨日は休みだったから、早く目覚めてしまった(笑)
書き始めた小説の先へと心が逸ると、目覚めが早くなる

>>12
出版社が文化の敵ではないだろう
電子書籍が文化の敵になるやもしれぬ(笑)
紙の本に拘りがあるが、出版してもらえないので
致し方なく電子書籍として公開しているまでです

14名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 06:36:30.54
13です
出版社は新人賞を中心にして回っている、時間と経費は相当なものだろう
となれば、新人賞でいかに成果を上げるかが評価基準になるのではないだろうか
勢い新人賞至上主義(笑)になる。発想が固定化される
しかし、考えてみれば新人賞は組織的なものだ
下読み、編集者、選考委員と多くの者が関わり、篩いにかけられる
ということは、責任の所在が曖昧模糊としたものにならざるを得ない
リスク回避的な処世術が働き易いシステムということなのだろう
だから、新しいものを生み出すという力よりも
結果があった既成のものの後追い的な力が働いていくのは自然なことだ
新人賞とは半年くらいのスパンで動いているが
編集者の決断のスパンがこれに準じ、発想の形式も同じくなる

15名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 06:37:34.15
13です
仮に新人賞からはみ出した優れた作品があったとしても
今の新人賞を中心に回っている状況では、この作品を世に送り出すことよりも
むしろ闇に葬りさるように作用してしまう公算が大きいのではないだろうか
何故ならば、仮にそれで失敗すれば命取りになりかねないし
新人賞の枠外で世に出て万一成功でも収めたりすると不味いからだ
新人賞とは編集者から冒険心を奪い去るし、
己の編集者としての眼力への矜持すら捨て去るように強いる
膠着した新人賞至上主義というシステムが、権威的になればなるほど
新しい文学の芽吹きを宿した作品を生み出すのは難しくなるだろう
作家志望者のデータベースさえ可能なときに
(コアな有望な作家予備軍は500人にも満たないと思う)
公募ということでしか広く作家志望者を集められないという発想は愚かだ
そして、公募のなかから数段階の選考(多数決)を経て
読者の魂を揺さ振れるような作品を選び出せるという発想も疑問だ
平均化された、瑕の少ない、形式的で優等生的な作品が
選ばれる可能性の方が高くなる
新人賞の選考が減点方式なのも、それに拍車をかけている
だから時折、話題性のみの作品とか斬新な文体(?)の作品が
意識的に選ばれたりもするようになるのだろう
才能のない、負け犬の遠吠えなのだろうが、そんな気がしてならない

それでも、出版社に自分の作品を託したい自分がいる
心のどこかでそれでも信じたい何かがあるからだと思う

1682012/08/25(土) 07:57:01.73
ちなみに俺は新人賞というシステムに失望していない。過信もしてないけど。
ぶっちゃけ、コネの無い現状では新人賞を取らないとプロになれないわけで。
そこに不信感を持つとチャンスすらなくなるんだぜ。それこそ無駄でしょ。
編集者はシンプルに売れる作品とおもわれるのを選ぶ。
それを前提に考えると、俺が出来るのは面白い作品を書いてその中で自分らしい小説をうまく練り込んでいくだけ。
まずはどんなに日和ろうがプロにならんと、なんら始まらないわけだし。

本を売るシステムを考えるのは作者の仕事じゃないし。
今は現状に合わせてモチベを整えるだけだね。やったるでー。

17名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 08:26:45.22
今の新人賞システムからはみ出したら
それはもう、優れた作品じゃないのでは?って気もする
優れた作品ならはみ出さないだろ

非常に差別的であるとか、特定個人のプライバシーへの配慮がまったくないとか
そのくらいしか、優れてても新人賞ではねられる状況が思いつかない

いろんなジャンルの新人賞があるから、優れてるならどこかはOKそうだし
5万枚とか10万枚とか書いたとして長さの問題も
今は枚数限度が無い賞もあるし、

18名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 08:36:19.20
それと新人賞は責任の所在はあやふやになるが
ほとんどが、新しいものを求めていて、既存の後追いは落とされるよ

もちろん、よくある物語の基本は守られていて、その中での新しさだけど
それは後追いではなく、面白さのためにはしかたないことで
それを破るのは新しいとは言わない、破綻してるといわれる

それを、冒険心が無いとか優等生的だとか言うのは間違ってると思うけど

19名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:13:28.48
システムはあくまでシステムなんだから。

あと17とか18の意見は、あくまでもエンタメの考え方だよね。

20名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:33:43.19
今の純文学は、あくまで作者が所在を問う流れだよね。
JKだとか東大医学部だとかなんたら大学の教授だとか、みたいに。
それって芸能人が本を出して売れる構造と何ら変わらないんだわ。
少なくとも作品至上主義ではないし、決してかっこいいとは言えないよw

別にそれを批判するつもりはないよ。それが売れると編集部は思ってやってるんだろうし。
だけどね、そういうのがただでさえ曖昧な判断基準を更に曖昧にしているのは事実なんだよね。
ただね、一読者からすると、正直に言ってそのやり方は飽きたよ。

21名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:34:08.49
ああ、そうだねエンタメだね
純文学はちがうのかもね

22名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:43:00.72
>>20

何をもってそう言ってるのかしらんけど
作品志向であって、作者志向なんて少数だと思う
ある程度のインテリジェンスを要求するから、高学歴が多くなるのと
人間の心の淵を見つめる職業だから、底辺の職業経験者が多いけどさ
くっさるほドいる東大医学法学部部出身でさっぱり芽が出ないワナビなんかいくらでもいる

高学歴なら作者紹介で売りとしてそう書くだろうけど
売り文句のために、貧相な内容の本を出したりしない
本末転倒じゃん

あなたは一読者かもしれんけど、多くの読者の大まかな傾向とずれてるよ

23名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:45:32.24
人は誰でもとっておきの話があると思う。
今はそのとっておきだけを本にして作者を捨てる形になりがちだよね。
まるで保険の外交員みたいだよ。
外交員の周りの家族を契約させたら、後はポイと捨てる。
よく考えられた搾取システムではあるけどさw

24名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:51:24.05
>>23

だからって言って、コンスタントに書ける能力のある人の作品だけしか出版しません
って言うのは衰退だけどな
文学だけじゃなく、科学だろうが、スポーツだろうが
一瞬だけ輝く人や(その下の一度も輝けない大量の人)の棒に振った人生
のおかげでちょっとづつちょっとづつ進歩してるわけだし

25名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:51:29.40
まあ保険外交員も、力があれば続けられることを考えると実力主義とも言えるんだけど。
会社側が育てる気があるのかってところだけが重要なんだわな。

26名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:57:38.18
取り敢えず、作品を書こう。走ろう
頑張れば少しはゴールに近づくはず。どんな形のゴールかは知らんけど。

27名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 09:58:50.22
>>23
故郷だが、むしろ現行の新人賞のシステムは
作品主体じゃない要素を持ち込んでいるのが問題だと思う
美貌だと若さだの社会的な地位とか、特殊な経験とか
作品ではなく作品を生み出した人に眼が向いている傾向がある
つまり、作品の持つ力ではなく、人の要素(話題性など)で
売ろうとする流れがあり、マーケティング戦略に頼っている側面も否定できない
むしろ、純粋に作品の持つ、大衆の心を惹きつける力を重視して欲しいし
作家を志す者が、数作品を書き上げて突然に書けなくなるとしたら
それはその時点で作家を辞めるべきだ
作品が残ればいいわけで、作品を生み出せない作家(抜け殻)を残す意味がない
作家志望者の覚悟も、以前よりも安易だと思う
漫画と同じく実力の世界のはずが、むしろ文学界では作品を書けない作家が
大手を振って闊歩している現状もあるのではないのか
作品が書けなくなったら、自ら作家の看板を下ろすくらいの潔さと
文学に向かう矜持とがあるべきだと、わたしは信じている

28名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:00:58.73
作家には言わないが、ほとんどの賞は毎年毎年
いけるって思う作品が来るわけじゃないんだって、いける作品なんて数千の応募があろうが
(賞によって差があるが)10年に一度とか5年に一度しかこないあとは博打なんだって、
これは作家が生き残るのは10人に一人って数字とも合うし、今みたいに新人賞が多くなかった
昔の新人賞の数ともあう

そもそもが編集が出来ることって、てにをはレベルとか、世の中の傾向を伝えるとかで
作家は育てれば育つってもんでもないし
でも作家は化けることがある、だから出す、本人も博打でも出して欲しいだろうし
だから新人賞を取った作家が仕事を辞めるというと普通とめるw
某作家は新人賞取ったら東京への引越しの金まで貸してくれたのに
(つまりあんたらが新人賞とって、「仕事やめようかな」って言って編集者の反応で君のレベルがわかる)

29名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:05:27.37
>>27

昔からだろ、ドストエフスキーが捕まって死刑になりそうになって助かった
とかカジノで大損こいて、変な女につかまってひどい目にあったとかロシアの民衆は知っていたし
太宰が道を歩けば本読まない人でも挨拶したくらい顔が知られててたわけだし

本当に作品だけで語られるのは、エンタメの一部の人とか
ぜったいに表に出ようとしないラノベの作者とか
児童文学くらいじゃない

30名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:18:11.74
この作品さえ出せたら良いってワナビがたまにいるんだけど
俺はそういうのはアカンと思うね。そこは故郷と同じ意見。

まあ俺の場合はあくまでビジネスとしての考えだけど。
最初から次の商品を売る気がないなら、プロを目指すべきじゃないよ。

31名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:19:35.66
良い息抜きになった。
仕事中だが少し執筆しようw
じゃあ、また。

32名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:26:27.72
>>29
確かに人の要素も昔からあった
むしろ昔は強烈な個性の作家が多かったし、人間的に破綻しているものもいた
だから、そうした性癖が話題にもなったりしたのだが
作品(文学)に向う姿勢は、驚くべき純粋性があったし
ある意味では、文学的な倫理性(自分に科した)があった
自らの生活を文学のために破滅させることを良しとした作家さえあった
それに、作家自体が社会的にみたら一種の落伍者であった
畏敬と侮蔑との相反する眼で、世間から作家は見られていたのだ
作家の持つ眼とは、世間の持つ眼とは違っていたのだ
その眼が作品の持つ力でもあったはずだ
昔は、作家になるということは、落伍者を覚悟することと
ほとんど同義語だったろうね、特に純文学では
今は作家になり作品を生み出すのが、方便になっている側面がある
金が稼げる、有名になれる、という方策でしかない。昔からすると逆の現象だ
携帯小説が大当たりして一攫千金が夢でなくなり
誰でも書けそうな小説が世に出回れば、文学などと無関係の人も
にわか作家志望になる。でないと2000作も集まらない(笑)
本を深く読んだり、思索に耽った利した経験のないものまでが
作家志望するご時世になった
作家なんて、ごく一部の者を除けば、極貧を甘んじて耐え忍ぶ覚悟が
なければ志望するものではないのだろうね
それでも書きたい奴だけが、書けばいい、書かずにはいられないんじゃないのかな

33名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:39:31.98
そうでもないだろ
作家出身の議員とか昔の方が多いし
作家イコール落伍者って無頼派とかだけじゃね

一攫千金っていうが、多くは金を稼げない、ってのも今では知れ渡ってるし
形態小説の大当たりなんて、ここ5年以上ないだろ

34名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:56:13.99
そうね、音楽で言うとオルタナ的な感覚かな。
反骨精神さえ忘れなければ、議員だろうが、無頼派だろうがどっちでもいいや。
自分がかっこいいと思えたらそれでいいし。
金なんて300万稼げたら御の字だよ。

35名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 10:59:47.25
そもそもさ

純粋に小説に真摯に向かっている作家 > 金が欲しくて流行を敏感に読みとってる作家
↑これは絶対なのか?
普通に考えて、申し訳ないけど

才能ない真摯 < 才能ある金欲しい

だよな、市場を把握して次に来るものをちゃんと出す
って言うのだってやれば誰でもやれることでなく成功するためには非常な苦労がいるわけだし

もう一個ある、才能が同じとき

才能が同じ真摯 > 才能が同じ金欲しい 

なのか? 本当にそうか? そうだといいなーっていう希望じゃないんか?
そんなこと気にする読者とかいるのか?
作品から読み取れる読者とかいるのか?やっぱり人志向と言われようと作家のパーソナリティを
ある程度把握しないとむりなんじゃなね?

36名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 11:13:07.09
作品や作者がぶれなけりゃいいんじゃね?
はやりを敏感に読み取る=ぶれるって訳じゃないし。売れる努力をする=ぶれるってわけでもない。
それこそ気持ちの問題であって心構えの問題。
まあ普通の人間なら金や名声を重視に考えるよりも、作品への純粋な思いのほうがぶれにくいじゃないかねー。

37名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 11:13:32.38
>>35
今日はこれで最後、でないとせっかくの休みなのに小説が書けなくなる(笑)

>金が欲しくて流行を敏感に読みとってる作家
流行を後追いしているようでは、爆発的なベストセラーは生み出せない
作家の眼とは、時代の影に隠れて見えない新しい胎動を先取りするものだよ
むしろ、流れを呼び寄せる、新しい流れを作家の感性が感じ取るんだ(笑)
身体と心で感じた新しい時代の風を書きたい、世に知らしめたい、問いたい
それが俺にとっての作家的な野心であり、作家としての悦びだね
売れるかどうか、それは結果だ。だが、世に問うからには大衆の心を
揺さ振らなくてはならないし、面白くなくては嘘だ

売れるためにはどうしたらいいか、という前提から出発するか
俺にしか感じられないことを書くことこそ意味がある、という作家的な
衝動から出発するかの違いだね
どちらが正解ということはないだろう
ただ、後の世に残るほどの力を秘めた作品はどちらの方になる可能性が高いか?
これも、どちらとも言えないのだろうか(笑)

38名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 11:24:33.41
>流行を後追いしているようでは

そうじゃなくて、流行を作り出せてる人のことですよ
金のために

39名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 11:26:12.32
金のために流れを呼び寄せる、新しい流れを感性が感じ取る > 俺にしか感じられないことを書く(ので売れない)

だな

40名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 11:52:06.64
それできるのは一部の天才じゃん。
しかもあくまで結果論でしか言えない話しだし。

41名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 12:02:16.70
そもそも、比べられる評価基準がずれていない?

小説に真摯に向かっている作家(自分で判断できる主観的感覚)
流行を敏感に読みとってる作家(結果が出た後の事象)


42名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 14:58:03.66
流れを切る話題かもしれないので、あらかじめ断わっておきます。

描写力も構成力も優れてるけど作家になれない人は、
感性やアイデアに目新しさがない上に、話題性がないのだと思います。
新人賞の受賞には大きくふたつパターンがある気がして、
ひとつは何があたるか分からない中、とりあえず数打ちゃあたるで
ラインナップ増やしたいから、目新しさを感じるものを選ぶ。
または、構成力や描写力に見るものがあり、かつその作家の属性に
世間の目を引くなり、作品への権威付けができるものがあれば、それを選ぶ。
属性とはたとえば、高学歴、社会の底辺を舐めたことがある、女子高生など。

理由は、売りたいから。
世間の耳目も惹かず、なおかつビッグネームとかぶるようなテーマ・切り口でしか
書けないなら、誰も買わないでしょう。
本という買い物は、消費者にとって金もそうだけど時間も消費するものですよね。
「気になる」「新しい感じがする」または、「好きな作家が書いてる」
このいずれかに当てはまらない本、買わないと思います。

43名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 15:03:07.73
>>13
敵だよ。この国では歴史的に倒すべき絶対的な敵だ。
中間搾取で利益をむさぼり、肝心の制作者が不当に生活にも不自由するような立場に置かれる事により作家の創作は制約され、
文化に参加するべき才能も遠ざけている。

44名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 15:17:50.02
女子高生、社会の底辺はともかく高学歴で買うか?

たとえばミステリの法廷物で弁護士出身はよくある
同じように医療ミステリで元医者もある 
しかし純文学とかエンタメでも学園物とか関係なくね?
それに上記の法廷物や医療ミステリでも医者だから、で買うかね
単に物を書く仕事だから高学歴が多かった、たんに身近な話題だから
医者が医療ミステリを書くことが多かったっていうだけじゃないかな

45名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 15:52:01.18
>>42
感性って便利な言葉だよね、少なくとも瑞々しい感性=若いではないでしょ
「日本人の愛した色」(吉岡幸雄著)という書物を読んで思ったんだが
例えば青という色一つとっても、呼び方が違い20種類もあった
微妙な色の違いを識別し、それに相応しい言葉を当てはめていた
言葉自体に瑞々しい感性を感じるし、言葉が色彩と影像とを連れてくる
こうした日本人の感性はどこに行ってしまったのかと思うんだ
今の作家の書く小説に出て来るのは草、虫、鳥、花……名前がないんだ
社会自体は複雑になったが、感性までが複雑になったのだろうか
むしろ単一化というか単純化してしまったのではないのか
感性のデジタル化(情報単位化)なのではないのかと思っている
鋭い感性で描写したものをあまり見かけない
川端の感性と較べると、自分を含めてあまりにも貧弱だ(笑)

アイデアで勝負するとは
アイデアでしか差別化できないという裏返しでもある
アイデアが一緒でも、作家の感性と眼が違えば
全く異なった小説世界を現出させられるし、その世界に宿る意味も違ってくるはず
今の世の中で日常茶飯事に起こっている事件は、小説の虚構さえも超えている
斬新で突拍子もないアイデアさえ、色褪せてしまうほど衝撃的だし
そして、その衝撃さえが当たり前になってしまっている
むしろ、逆にありきたりの日常風景の背後に隠れている
全く違った世界と意味とを読者の眼に突きつけた方が衝撃は大きいと思う
アイデアを追うから盗作や借り物がはびこるのだし
漫画と同じ土俵で戦うことにもなる、勝ち目はないよ(笑)
ビッグネームと被るようなテーマでも、全く違った小説世界と意味とを
創造できると思うけれどもね
テーマは、ビッグネームによって完結されてはいないだろう
時代も違えば、書く人間が違う、心と感情と感性と思想が違う
テーマが一緒で、同じになるとしたら
単なる後追いで、創造とはいえないし、自分自身が投影されていないことになる
されじゃあ、作家である意味はない、と思います

46名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 16:03:47.18
鳥の歌を聴き花を愛でるのがそんなに偉いのかw
         by 太宰治

47名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 21:19:53.38
>>45
私の勘では、あなたは描写力や構成力を感じさせるような作品を
書ける方なのではないでしょうか?
あなたの言う、「全く違った小説世界と意味とを創造」できた作品こそが、
正に私の言わんとする「目新しさ」のある作品なのです!
そのような作品を書けるよう、互いに頑張りましょう。

私は出版社の商業主義ゆえ、(人間が稼業として行う以上、いたしかたなし。)
売れなさそうな本を売らないことについて述べました。
繰り返しますが、書籍は現代人にとって貴重な「時間」もかなり消費させる商品です。
読者は星の数ほどもある無数の書籍の中から、
他の何より貴重な「時間」を払うに堪えるものを探しています。
そのためのラベルこそが、「目新しさ」「話題性」「権威」「実績」などの
要素だと考えています。
そして、それらの要素は分かりやすくなければならない、
なぜなら、おそらく普通の読者が本を選ぶための情報は、
帯、背表紙のあらすじ等、冒頭数ページ、ネット購入なら一般読者によるレビュー。
その少ない情報の中で、いかに時間を裂いてもいいと思わせるか。
出版社は、逆にいえばそのことしか考えていないのかも知れませんよね。

48名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 22:47:21.97
>>47
>他の何より貴重な「時間」を払うに堪えるものを探しています。
>そのためのラベルこそが、「目新しさ」「話題性」「権威」「実績」などの
>要素だと考えています。

わたしもその通りだと思います
新人賞とは、正しく「権威」「実績」であり
その上で帯に「目新しさ」「話題性」を散りばめ
読書する欲望を煽り、購買意欲へと繋げてきたはずなのです
が、新人賞自体が今や「権威」でも「実績」でもなくなりつつある
というのが悲しい現実なのではないでしょうか
昔はマスコミでも今よりも大きく取りあげましたし
大衆も今よりも注目していたように思います
何故そうなったのか、色々な要因があるでしょうが
読書離れを最大の要因に挙げているのが今の出版社の見解のようです
一読者に立ち返ってみると、わたしは今でも本は読んでいますし
小説も読んでいます。しかし、小説はほとんどが昔のものです
新人賞と文学賞に何度となく裏切られてきたからです。購買意欲を削がれたのです
漫画の世界の進化は目を見張るものがあります
漆原有紀「蟲師」などは文学的作品で、独自の世界観を持っており
読者の感覚的な想像を限りなく飛翔させるものです
正直なところ、新人賞の作品を読むのだったら、わたしは「蟲師」を選びます
つまり、本来の文学ファンを漫画によって侵食されつつあるのが現状だと思います
何度となく新人賞が読者を裏切れば、「権威」でも「実績」でもなくなります
論より証拠、新人賞を受賞した小説の売れ行きは芳しくはありません
いや、新人賞だけではなく、他の大きな文学賞でもそうした傾向にあります
芥川賞と直木賞だけが、辛うじて読書欲と
購買力に繋がっている現状のような気がします
例えばですよ、わたしの作品を「新人賞に反旗を翻した男」とでも
帯にでかでかと掲げれば、新人賞を受賞した作品よりも注目されるかもしれません
新人賞に裏切られた読者の購買意欲をそそるように思えるのです
こうなると、ほとんど喜劇しかありません

49名無し物書き@推敲中?2012/08/25(土) 22:48:01.48
48です

新人賞だけではなく、作家本人も一度読んでいただいた読書を裏切らない
そんな作家としての覚悟は必要だと痛烈に思いますね
継続した読者にできないようでは、作家としては生きていけない気がします
マーケティング戦略で一度は売れても、裏切ればもう読者は手には取りません
わたしは、文学がここまで追い込まれた状況を憂慮しています
新人賞の役割は、次代を担う才能の発掘と、新人賞を冠することで
購買意欲をそそり売上へ貢献することだと思いますが
果たしてこの二つの役割は達成できているのでしょうか、大いに疑問です
もしかしたら、読者離れを加速化させているのかもしれない
そんなことを言ったりしたらきっと叱られますね(笑)
わたしはもう作家デビューの道は閉ざされておりますので
怖いものがないので敢えて申し述べました

あなた様のご健筆と、輝かしい前途があらんことをお祈りいたします

50名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 15:47:38.41
故郷の小説一通り読んでみたけど、全然面白くなかったよ
はっきり言って時間の無駄だった
新人賞に失望しているとか言うけど、単に相手にしてもらえなくて拗ねてるだけだろ

51名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 15:59:58.35
47です。

>>49
現在、新人賞は数多あり、かつ、受賞作なしにしづらい出版社の事情により、
質の確保が難しく、新人賞の受賞というレッテルそのものだけでは
読者に本を買わせる動機になりえないという状況は確かに見てとれますね。

私は、文学自体が若者をはじめ、多くの消費者にとって
魅力的な存在ではなくなってきていると感じています。
私は比較的若い世代に属していますが、かつてはおそらく、
今の若者がポップミュージックに感じているような
ちょっとおしゃれで背伸びできるような感覚を、文学が担っていたのではないでしょうか?
俺はサルトルが好きだ。シェイクスピアを読んでいる。
そう言うだけで、未熟なアイデンティティを補強できるような、
自分を高級なものへと押し上げてくれるような感覚が、
若者や文化に造詣がある中産層にはあったのではないかと。

今や、文学はまじめで暗い優等生の趣味のように思われてはいないでしょうか?
若者を捉える魅力があせてしまったのです。

あなたが「作家デビューの道は閉ざされている」と感じるようになった経緯は
私のような若輩には想像もつきません。
しかし、文学に対する情熱を失っていらっしゃる様には見えませんので、
ご自身の切り開いた道で、力強く文学世界を作り上げていっていただきたいと思います。
出版社が出版不況の言い訳にするように価値観が多様化し、
自分だけの「押し作家」を探している読者も必ずいるでしょうから。

私はまだ文学の道を志して日の浅い人間ですから、
まずは現行の枠組みの中で努力してみます。

もう一度文学に多くの人を振り向かせたいという点で、同じ志のものです。
互いに己の道を行きましょう。

52名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 17:48:54.15
47さん

全く同感です
若い方なのに、文学と向き合う姿勢や、文学への熱い思いには
心打たれますし、大いに共感いたします
あなたのような方が、これからの文学を背負っていくべきです
陰ながら、応援いたします!

文学とは何か、これは答えがあってないようなものです
人によっても違うしょうし、またそうでなければならないと信じます
文学には色々な流れこそ必要だと思うのです
手前味噌ですが電子書籍として「わたしの文学理論」なるものを公開している
のですが、私小説的伝統の弊害とその克服みたいなものを書いております
わたしの文学観みたいなものですが、この私小説的伝統が文学の可能性を
大いに阻害しているように思えるのです
私小説的伝統はまだ根強く生き残っており、文学の方向性を狭めているように
思えてならないのです。純文学に関していえば、新人賞の選考におけるものさし
としてこの私小説的伝統が反映されているのは間違いありません

>私は、文学自体が若者をはじめ、多くの消費者にとって
>魅力的な存在ではなくなってきていると感じています。

同感です
文学でしかできないことがあるはずだとわたしは信じています
しかし、現状では文学でなくても代替が利き、それ以上に魅惑的な
媒体があるからだと思います。漫画や映画、最近ではゲームでしょうか
文学が文学であることを自ら放棄して、他の媒体と同じ土俵で勝負
しようとしているように見えます。勝ち目はないし
また文学自体が色褪せてしまっているのではないでしょうか
文学に携わっているものが、文学の可能性を信じていないのかもしれません
わたしにおける文学とは何か、長くなりますが参考までに別に記しておきます

53名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 17:54:26.92
52です

>あなたが「作家デビューの道は閉ざされている」と感じるようになった経緯は
>私のような若輩には想像もつきません。

公募の新人賞に応募を始めて14年が経ちました
4年前に脱皮したことを自分でも確信できました
その作品は下読みの段階から話題になったようです。が、忌まわしい事件により
その作品は一次落ちしましたが、その後別のところに送ったのですが
まあいろいろとありまして、その作品を引き揚げたのです
出版社の事情とかは考えませんでしたし、純粋に実力の世界だと思っていたのです
いい年をして甘かったと思います
15で書きましたが、次の理由でわたしの作家デビューの道は閉ざされたことを
悟ったのです。電子書籍で公開しておりますが、全て一次落ちです(笑)
わたしの妄想なのでしょうか……
暇があったら読んで見てください。作風としても出来上がっておりますし
独自性もあるものと自負しております
いかに面白くするか構成も練っておりますし
表現にも工夫を凝らしているつもりです
(描写には拘りがあります。特に心理描写は川端康成を研究して
わたしなりのものにしているつもりです)

>仮に新人賞からはみ出した優れた作品があったとしても
>今の新人賞を中心に回っている状況では、この作品を世に送り出すことよりも
>むしろ闇に葬りさるように作用してしまう公算が大きいのではないだろうか
>何故ならば、仮にそれで失敗すれば命取りになりかねないし
>新人賞の枠外で世に出て万一成功でも収めたりすると不味いからだ

54名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 18:03:04.73
52です

わたしの文学観

わたくしには、確固とした文学観があります。
文学とはひとの心を照射するものだ、とわたくしは考えております。
ひとは言葉というものを獲得してからは、意識の底に無意識の闇を抱え込んだのだと思います。
意識とは現実の社会における法律や価値観、道徳観と深く関わった形で表出しますが、
無意識とはそうしたものとは切れていて、混沌とした闇として存在するのではないでしょうか。
善も悪もなく、美もなく醜もない。そんな価値判断を超えて、
ドロドロに解けたマグマとなってひとの心の基底部を流れているものなのだと思うのです
文学とは、目に見える意識の部分だけでなく、むしろこの無意識の闇を余すところなく
描くべきだと考えております。ひとが内に抱えこんでいる無意識の闇こそ重要なのだと信じているからです。
この無意識の闇こそが、時代の抱える無意識の闇でもあるはずです。
わたくしが抱いている文学観とは、本質的なところで希望に通じています。
無意識の黒々とした闇を白日の下に暴き出すことも重要でしょう。
しかし、わたくしは混沌とした無意識の闇に蠢く可能性を、一筋のひかりを、
描き出したいと強く思っているのです。ひとの心の基底部にマグマとなって流れているものを
激しく揺さぶることで、新たな時代の瑞々しい息吹きを宿した胎動を呼び起こしたいのです。
今という閉塞し切った時代を覆う価値観とは違う、
新しい可能性を秘めた価値観の創出という地殻変動を呼び寄せたいのです。
論理に訴えるのではなく、感情に、感性に訴えるからこそ、
そして想像性を限りなく掻き立てるからこそ、文学にはその力があると信じているのです。
圧倒的な自然の風景が人を感動の渦に巻き込み、生き方をさえ変えてしまうように、
また一目みて魂を奪われてしまうような恋が、そのひとの生き方をも変えてしまうように、
優れた文学にはそうした力があるものと信じたいのです。

55名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 18:04:14.76
52です

わたくしの信じる文学とは、広く大衆を見据えたものであるのです。
大衆の心に訴え、魂ごと揺さ振りたいのです。
したがって、芸術という象牙の塔に篭って、高踏的な視線で大衆を見下すような文学に
価値を見出すことはありませんし、文学の名で高尚な論理や思想を語るつもりもありません。
いかに熱く大衆の心に響く言葉を綴れるか、ということに主眼を置いているつもりです。
大衆の心と響き合うためには、先ずは大衆の心を鷲づかみにしなければなりません。
わたくしが小説の骨格として物語性と面白さとを重視するのは、
大衆の心を惹き付けるためにほかなりません。
しかし、ただの物語性と面白さだけでは、文学とはいえないと考えております。
そこにはわたくしなりの思想と世界観が、空気のような背景となって息づいていなければ、
意味がないと思っています。この思想と世界観こそが、
わたくしが広く大衆に問いたいものだからです。
この思想と世界観を大衆の心に突きつけたいのです。
そして、大衆の心を揺さ振りたいのです。
更に言えば、魂を揺さ振ることで、
大衆の意識と世界観とを変えたいという野心があるのです。

公開している電子書籍(無料)下記の通りです
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

新人賞を受賞されたら、教えてください
応援しております

56名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 21:35:17.46



他人の経歴を騙る愚か者の逮捕は自己責任。




57ブルー ◆NnC58ceLJ2 2012/08/26(日) 21:38:49.13
まぁがんばって

58名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 22:23:22.23
>>56
おそらく、あなたはM114STsgWさんですね?
「ぶっ飛び」に、もうわたしは拘ってはおりませんので
あなたの作品に「ぶっ飛び」の称号をさし上げても構いません
しかし、一作品だけでは「ぶっ飛び」の称号は、きっと泣きますよ
なん作品も書いて、その全てが「ぶっ飛んで」いて初めて
「ぶっ飛び」という称号に相応しいと思いますよ
一作にしがみついてないで、悔しいと思ったら
他の作品にその悔しさをぶつけて、見返してやればいいのではないですか
でないといつまでも先には進めないですよ
一作品で終りだとしたら、そこで負けです
頑張ってください

59名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 22:24:40.35
>>57
ありがとうございます
マイペースで書いていきます

60名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 22:39:56.70

私は自分を『ぶっ飛び』と呼称した事は一度もありません。



■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■ 02
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1339918531/


61名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 22:45:43.50
>>60
では、「他人の経歴を騙る愚か者」とは
どういう意味ですか?

62名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:01:53.02

01/06

【陰獣】江戸川乱歩賞その29【盲獣】
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1332168587/

>684 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/06(日) 21:06:34.33
>ステマと批難されることは承知しています。
>公募小説賞に14年間応募した者ですが、応募はしないことに決めました。
>電子書籍として出版することにしました。
>このスレでも何度か話題になりましたので、
>恐縮ですが、最後にPRさせてください。
>ミステリとしては、異色だと思います。
>2作品ですが、一作は「ぶっ飛び」と命名されて、話題になったものです。
>パブ―で公開しておりますので、よろしければ読んでください。
>創作文芸板も卒業するつもりです。

>http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

63ブルー ◆NnC58ceLJ2 2012/08/26(日) 23:03:21.94
自分も2年前、動機は金目当てだったけど、言葉で人物を語らせ、行動させる
面白みが新鮮で夢中で書いた記憶がある。でも独りよがりだな、と思ったのは
日本ラブストーリー大賞に一次すらかすりもしなかった経験で、「こりゃ一筋縄で
始めるものでもないな」と、一次通過リストのほかの人の作品のあらすじ読んで
思った。それ以来、一応やっぱり自分が書いて楽しいと思う素材で一点書いて、
文芸創作の活動が止まったのは一年前。最近ようやく「金ではなく書きたいから」
という心構えで、プロットの整理を始めました。ニッケルイエローという名前で
季刊誌を出しています。興味があったら「ニッケルイエロー」で検索してください。

64名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:08:29.27

02/06

>685 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/06(日) 21:09:35.91
>684です。

>『風よ、安曇野に吹け』
>某小説賞で下読みの段階から話題になり、
>スケールが大きく、圧倒的に面白いと絶賛された小説である。
>文学の復権とまで言われ、「ぶっ飛び」と命名された小説であるが、
>公募小説賞という既存の枠組みからは、遂に世に出ることが叶わなかった
>幻の小説である。
>伝説の小説が、電子書籍となって今、ここに甦る!


>金と効率とが絶対的な価値基準となってしまった、
>グローバル化した資本主義社会。
>そうした社会にあっても、生き方に拘り、
>風土に根ざした伝統的な文化に拘り続けようとする若者たちの姿はある。


>その過程で、闇の正体が次第に明らかとなっていくというストーリーであり、
>安曇野の美しい風景を織り交ぜながら、
>瑞々しい感性と抒情とによって彩られた小説である。

65名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:20:00.67

03/06

>687 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/06(日) 21:12:00.60
>684です。

>『安曇野、めぐり愛(上・下)』
>この小説は二重構造をなしている。
>一つの謎が終わったときが、同時に新しい謎を生むという仕掛けである。
>謎の終りが、新しい謎の始まりであるので、
>新たな謎に対する読者の興味は否応なしに増幅されるものと思う。


>したがって、基底部にあるテーマが浮かび上がってくるのは、
>この小説のラストにおいてである。
>ジャンル無用の小説であり、
>いわゆるスリップストリームの手法を駆使した叙情性豊かな小説である。

66名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:21:12.92
ほんとにそんなに面白いなら文学賞から出られる。
他の賞にでも応募してみたら?

67名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:25:00.33

04/06

>695 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/07(月) 00:38:34.47
>689だけど、「【源一郎が絶賛するも】文藝賞19【該当作なし】」というスレを見つけて読みました。
>「第47回文藝賞該当作なし事件」と684とが、確実に関係しているとは言い切れませんでした。
>乱歩賞に関心のあるものとして、「第47回文藝賞該当作なし事件」の全貌が知りたいものです。
>それと、さゆみ事件の方にも興味が出ました。


>700 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 07:07:45.48
>>>686
>やはり、2chでは反響はないな(笑)。
>これから営業活動に勤しむつもりです。
>最後だから、ご要望どおり冒頭を紹介しておきます。

>「安曇野、めぐり愛」
>街路樹がざわめいている。
>歩道に落とす、まだら模様の影。光ともつれ合い、妖しく揺らめいている。
>足元が陽炎のように揺れ出して、ゆらゆらと立ち止まった。朝倉周作が、ニセアカシアの街路樹を見上げた。


>その様が、朝倉の目にはっきりと見えた。
>ぴたりと揺れが止んだ。幻覚も消えた。


68名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:35:00.44

05/06

>703 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 07:33:22.33
>>>702
>小説学校で教えるような文章は書かないんだよ。
>あんな型に嵌った文章とか、視点の移動の仕方とか、
>そんな馬鹿げたものとは対極の文章なのです。
>そうした文章は、死んでるよ。美しくない(笑)。

>704 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 07:53:53.34
>>>702
>それから、闇に葬られているが、
>この「安曇野、めぐり愛」は、文藝新人賞でパクられたとものだよ。
>選者の講評でピンときた。何故、公にしないのか不思議だ。
>mixiにUPしていたものをパクられたのだが、凡その見当はついている。
>海外在住の女性ではなかろうか?
>まあ、これは動物的な勘だ(大笑)。
>しかし、如何せんこればかりは断言できない。関係者が公にしてくれなくては、
>ただの妄想だ。
>選考委員の田中氏の冒頭の畳み掛けるような描写という評価と、
>角田氏の二重構造になっているという指摘、
>それから高橋氏の涙と笑いと感動という指摘が、教えてくれているように思えた。
>なにせ、この小説では死んだ恋人の恥骨を食べるんだから(笑)。
>どうして公表しないのか、それが出版界が抱えた闇だろうかね。
>妄想狂の戯言でした。

69名無し物書き@推敲中?2012/08/26(日) 23:45:00.37

06/06

>705 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 08:31:09.07
>なぜ乱歩スレに居座るのか
>よそへ移ってくれたまえ

>706 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 08:34:36.87
>>>705
>心配しなくても去るよ。
>ここだけでなく、創作文藝板からね。
>いる意味もないし、公募小説賞には絶望したから(笑)。
>断言するよ。公募小説賞に明日はない!
>では、さらば。


では、おやすみなさい。

70ブルー ◆NnC58ceLJ2 2012/08/26(日) 23:50:22.92
それにしても最近の本の高いことと、企画の貧弱さはどうだろう。
昔はもうちょっと読める本があったけど、今は本屋に行っても、
「これおもしろそう」という本になかなかめぐり合わない。
しかも高いしね。

71名無し物書き@推敲中?2012/08/27(月) 00:03:59.63
海外小説読んでるか?最近は出物が多いぞ。

72名無し物書き@推敲中?2012/08/27(月) 05:30:34.31
それにしても凄いね
わたしが過去にレスしたものを全てコピーしているとは
わたしの熱烈なファンかな(笑)

断っておくが以下のレスは、わたしではない
おそらくいきさつを知っている人なのだろう
それからステマだが、乱歩と小すばだけだよ
群像、文学界、日ラブは、売り込み(駄目だったがね……笑)
しかし「他人の経歴を騙る愚か者」と一連のコピーとどう結びつくのやら……
まあ、どうでもいいです
これから、労働が待っていますので
あなたが誰かは見当がつきました

>695 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/07(月) 00:38:34.47
>689だけど、「【源一郎が絶賛するも】文藝賞19【該当作なし】」というスレを見つけて読みました。
>「第47回文藝賞該当作なし事件」と684とが、確実に関係しているとは言い切れませんでした。
>乱歩賞に関心のあるものとして、「第47回文藝賞該当作なし事件」の全貌が知りたいものです。
>それと、さゆみ事件の方にも興味が出ました。

73名無し物書き@推敲中?2012/08/27(月) 22:36:29.39
故郷とやらは引退宣言ばかりでいつまでも板に出没しやがるな。
前田敦子か。

74名無し物書き@推敲中?2012/08/28(火) 05:56:47.75
>>73
前田敦子の話題を
よそでポッポがしてたけど偶然の一致か?

75名無し物書き@推敲中?2012/08/28(火) 10:51:13.30
14年も投稿して、全然ダメだったんだろ?
しかも、自分では傑作を書いているつもりなのに。
そりゃあ、妄執にかられておかしくなるよね…
なんだか気持ちがわかるし、気の毒だなあと思うよ。

76名無し物書き@推敲中?2012/08/28(火) 21:18:28.07
>>74
えーと、ただテレビにやたら映ってたからなんだけど。

77名無し物書き@推敲中?2012/09/06(木) 17:00:06.33
>>45 >>47 >>48 >>49 >>51 >>52 >>53 >>54 >>55 >>58
自演楽しい?文体が全然変わってないよ。
自分で「ぶっ飛び」とか言って、寒くないの?

78名無し物書き@推敲中?2012/09/08(土) 15:08:32.52
>>77
自演ではないよ、延々と考えを披瀝したまでだよ(笑)
俺が書いていることは誰も解っているはずだし、書いてる本人もそのつもりだ
自演とは意味が違う、最初から読んでごらん、それくらい解るだろ?
で、このスレを立てた人の思惑通りに
ほとんどここは俺の隔離スレになってしまったようなので
他では宣伝できないので、せっかくだから宣伝しとく
電子書籍でエッセーを公開しました
「雑感的な、余りに雑感的な(思想篇)」と「雑感的な、余りに雑感的な(文学篇)」です
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

真面目なものから、山口百恵ちゃんのことまで、硬軟取り揃えてあるから
読んでみてね、お願い(川端についてのものもあるでよ……笑)
しかし、隠し埋蔵金を掘り当てようというロマン精神溢れるところは皆無なのかいな……
ひじょーおーに、寂しい(涙)

79名無し物書き@推敲中?2012/09/08(土) 15:24:20.17
>>78
ごめん一番上の一個読んでみたけど、書き方変えないと
商業ベースでは無理なんじゃないの
どこから言えばいいか分からないくらい作家志望の駄目なエッセンスが満載
メタファーの使い方、主語の使い方、思考の流れの描き方
そういったものが最初の一ページから書き手の空回りが透けてみえる配置
自分で分からないなら、直すのにかなりの時間がかかるだろう
山口百恵とか言ってるから還暦くらいのじいさんなんだろうし、
それなら自分のプロフ込みで売れる内容かかなきゃね
ま、聞く耳なんてもんだろうけど、一生やってたらいいさ

80名無し物書き@推敲中?2012/09/08(土) 16:11:14.29
>>79
感想ありがとう
で、一番上の一個って文学篇?
それとも思想篇の方?
よければ、あなたが見本をみせてくれると、爺様としては嬉しいんじゃがのお
百恵ちゃんは、年はとらないのじゃよ
心の中に生きている百恵ちゃんは、永遠に変わらんのだよ
醜く変わり果てていくのは、爺様だけ……侘しいものよのお
(鼻水交じりの涙……)
汚らしいって?
ちいーーーん(鼻をかんだ音)
あっ、血が混じってる!
百恵ちゃんを想って、興奮したのかいな……
おっ、あっちも元気!
おーい、ばあさんやあーーー
今晩は大丈夫そうだから、久振りに一発(ごにょごにょ)

81名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 07:30:36.06
>>79
お返事いただけないのね
昨夜は何度か挑戦したけど、駄目だったよ(涙)
そのうちに婆さん、鼾かいて寝てしもうたし……

あーあ、電話連絡もないし
やはり、地方回りすっぺ!
もうそれしかない、今日決行するぞ!
あっ、「遠くへ行きたい」みなくちゃ

82名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 16:07:34.41
思うに「お話」を意識して書いてみてはいかがでしょうか?
つまり会話をさせ、登場人物がどんな人であるかを明確に示し、
彼らはいま何をしているのかを読者に理解させ、色々と動かすのです
表現にしても主人公が脈略もなく長々と耽美的なイメージを
思い浮かべているばかりで数ページで投げてしまいました
どうしても必要であるならばもっと出来事に関連づけて説明してほしい!
そういう性質の人物だ、という描写なら短くまとめてください!
せっかく三人称なんだし
かくいう私はエンタメばかり読む人間なので、
文学というものはそれほど親しみがないのではありますが…

83名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 17:19:06.14
>>82
読んでくださり、ありがとうございます
ところで、何を読まれたのでしょうか?
わたしは純文学とエンタメとを分けた形で意識していません
文学という括りで書いているつもりですが
「物語」として読むのでしたら、長編である「安曇野、めぐり愛」
「風よ安曇野に吹け」「矢ぐるまそう恋歌」をお勧めします
特に「安曇野、めぐり愛」は、二重構造の謎をし掛けてありますし、
物語を多層的に楽しめるように工夫しております
恋愛、ファンタジー、ミステリの他ホラー的要素も加味しておりますし
恋愛も少年期、青春期、大人と多層的に楽しめるようにしたつもりです
もしよろしければ、読んでいただければ嬉しい限りです

「故郷」「むらさきの匂へる」はどちらかというと「物語」として
作者のわたしが枠を設定してしまわずに、ある方向性だけを与えて
読者の感覚的な想像によって、読者の個々の「物語」として成立して
いくような企みをしています
だから、読者の感覚的な想像を最大限に引き出すような仕掛けをした
つもりなのです。実験小説ではありませんが、他の媒体と違い
小説は読者の想像を狭める作用が少ない媒体ですから
その可能性を探ろうという意図もあります
だからといって「お話」の意識がないかというとありますし
どちらもある種の謎を読者に意識付けて先を読ませる工夫は
しているつもりですが……
エンタメがお好きでしたら、是非「安曇野、めぐり愛」を読んでください
本人は厚顔無恥にもジャンル無用の「一読三嘆」と自画自賛しているのです(笑)

84名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 17:43:18.87
>>82
ちょと思ったことを書かしてください

>つまり会話をさせ、登場人物がどんな人であるかを明確に示し、
>彼らはいま何をしているのかを読者に理解させ、色々と動かすのです

わたしは、登場人物は生きているものと思っておりますので
当然に小説の中で変わっていくものと考えております
それに人とは自分でも気づかずにいる闇の部分を抱えているものと思っています
従って、明確な人物像を描いて固定してしまった時点で
物語はただのお話しになってしまい、複雑で底深い人間模様は描けないとも思います

>どうしても必要であるならばもっと出来事に関連づけて説明してほしい!
>そういう性質の人物だ、という描写なら短くまとめてください!

わたしは説明は極力避けております。何故なら、読者の想像を奪い
それによって物語りの奥行きと余韻とを奪ってしまうからです
説明は限定するものです。つまり、いつ読んでも変わりません
しかし、読者の想像を呼び込むような深みと奥行きを持ち
余韻を醸し出すような小説は、同じ読者でも、人生経験を積み重ねただけ
また、そのときの自分が置かれた状況によって
違った読み方ができるものだと思ってもおります
つまり、小説は一度読んだだけで消費されてはしまわないのです
小説世界がそれだけ奥深いということだと思います
できれば、わたしはそうした小説を書きたいものだと、常々考えております

85名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 19:22:28.38
>>82だが、ろくに読みもせず否定的なことばかり言って申し訳ない
読み返せばお恥ずかしい限りです
文章力に関しては地力のある人だと感じていますので悪しからず
いずれ他の物をきちんと読んでレスさせていただきますね
ただ>>84については私にも思うところがあります
というのは登場人物に関する部分で、人が何か出会いや経験を通して
自分でも思いがけない変化を迎えるまたは知らなかった自分を知る
というのは私も大好きな話の筋ではあるのです
でも、それはまず最初の時点で登場人物がどのような人間か、
それを明確にしてからこそできるものではないでしょうか?
変化も未知の性質もただ脈絡なくあらわれるものではなく
それまで自覚していた自分(や他人)の延長線上にあったり、
間違って物事を受け取っていたことに気がついたりして
初めて見えてくるものだと思うのです、元の認識との比較で
深みや奥行きのある余韻というものに関しては
確かに説明ありきでは出せないでしょうね
塩梅が重要だと思うけれど、極端がいけないとも言うことができません
長々と失礼しました

86名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 20:05:12.58
>>85
仰る通りです
変わるには、変わる前があるからこそ、変化がわかる
その変わる前の心をどう描くか、それがわたしにとっては重要なのです
例えば「むらさきの匂へる」ですが、「夢はみたのですか」という
問いかけから入りました。当然に説明ではありません
主人公は満開の桜の枝が張り出した疎水に沿って歩いている
という描写は入れました。で、主人公の心理ですが
風景描写のなかに反映させているつもりなのです
読者の想像は風景描写によって引き出されますが
それと同時に風景を見ている主人公の心の動きも一緒に想像
できないものかと企てながら描いております
風景を想像しながら、その風景の中に主人公の心の動きを感じ
一体この主人公は何者であり、何をしようとしているのか
読者に興味を持たせます。興味を持たせるためには読者の心を引き込む
描写力がひつようでしょうが……
そこで、恵子の姿がでてくる。恵子と主人公とはどんな関係なのか
前の風景描写にそれらしき匂いを漂わせているので、読者はその線で想像する……

こう書いてくるとお分かりの通り、読者の想像は小説の進行とともに
呼び起こされるのです。が、冒頭で、二人が置かれたシチュエーションとか
関係とか、これまでのいきさつとか説明したら、読者の想像は限定されてしまいます
小説の進行ともに、登場人物がどういう心の持主か、次第に明らかになる設定なのです
その設定は説明しておりませんので、読者によって感じ方が微妙に違うでしょう
読者の感性と想像に委ねているからです。だから、逆にいうと小説に深みがでるのです
それから、心とは揺れ動くものです。だから、最初に説明的に限定しては
揺れ動く様を、小説の進行とともに読者が瑞々しく感じながら
想像でき難くなるのだと思います

87名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 20:06:38.45
86の続きです

わたしは、小説の良し悪しは冒頭を見て判断します。説明から入っている小説のなんと
多いことか。わたしの好きな作家は、決して説明から入りません
例えば、横光利一の「春は馬車に乗って」ですが、「海浜の松が木枯らしになった」
ですよ。川端の小説の冒頭はすばらしいものです

途中ですが、「平清盛」を観ますので、失礼します
後で書きます。申し訳ありません

88名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 21:35:10.90
文体変えないの?独り言みたいになってますよ。

89名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 21:49:19.33
「むらさきの匂へる」の冒頭に「夢はみたのですか」という問いかけ
を持ってきたのは意味があります。夢がこの小説において重要だからです
3は手紙だから違いますが、他の書き出しは「夢はみたのですか」と
同じように全て恵子を意識的に持ってきています
この小説は夢を介在させながら、時間の隔たりを交差させながら
二人の揺れる心理を描いていますが、恵子の言葉が時間の隔たりを
行き来するスイッチの役割をさせているつもりですなのですが……

それから、この小説は過去の時間に立ち帰らせておりますが
ただの思い出ではなく、今の心と身体で過去の時間のなかを
彷徨わせています。そして、過去の時間を彷徨う中で
今の自分の心の深層にあるものに気づくのです
更に、夢が深層心理を抉り出すというような設定ですが
こうした心理描写は、単純な心の変化の描写ではできませんよね
Aというものがあって、何かが介在したからBになった
というような単純な変化ではないと思うんです
変化というよりも、自分の心に隠れて見えなかったものを
掘り起こすというか、気づかされるというか、
過去にわからなかった心の襞と意味とが見えてきたというか
複雑だと思うんですね。明確にするということが最初から
不可能で、明確にすればその時点で単純になってしまい
複雑に層をなして揺れ動く心理を描写できなくなるのではないのですかね
そんな気がしますが……。上手く説明できなくて申しわけありません
ただ言えるとこは、わたしがこの小説で企んだことが
思い通りに成功したかどうかは、自信がありません
次の「いざよう月」で性懲りもなく、再度試みるつもりです(笑)

90名無し物書き@推敲中?2012/09/09(日) 21:57:13.30
>>88
あなたと違って、間違っても独り芝居はしません
ご安心ください(笑)

91名無し物書き@推敲中?2012/09/11(火) 13:50:53.75
また自演か……
どうせ自演するならもっとバレないようにやりなよ

92名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 06:39:07.89

>>90

???

>78 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/08(土) 15:08:32.52

>自演ではないよ、延々と考えを披瀝したまでだよ(笑)
>俺が書いていることは誰も解っているはずだし、書いてる本人もそのつもりだ
>自演とは意味が違う、最初から読んでごらん、それくらい解るだろ?

???

>9 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/08/24(金) 08:35:07.20
>>>8
>○ん○○さん
>9月に読ましていただきます
>わたしの2chでの最低限の方針というか自分に科しているのは
>自演は惨めになり、自己嫌悪に陥るから絶対にやらない
>スレは立てない(立てられない)
>この2点です(笑)
>お仕事たいへんですね、わたしこれから小説書きます


>自演は惨めになり、自己嫌悪に陥るから絶対にやらない

描き分けの全くできていない自問自答を繰り返していると、『沖縄豚ハイ』氏かと疑われますよ。

01/11
>>72
>それからステマだが、乱歩と小すばだけだよ
>群像、文学界、日ラブは、売り込み(駄目だったがね……笑)
>しかし「他人の経歴を騙る愚か者」と一連のコピーとどう結びつくのやら……

此処でのレスは無かったことになっているのですか?

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>144 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/04/27(金) 21:58:46.84
>4年前のことを検証している真の目的はわかりませんが、
>数日のうちに電子書籍として「ぶっ飛び」が甦ります。
>多くの人に読んでいただきたいものです。
>読んでいただければ、「ぶっ飛び」かどうかは、はっきりすると思います。
>概要というか作品の輪郭が暴露されましたが、その意味もはっきりとするはずです。
>神という話題になっていますが、これは神視点の描写を数箇所でやっていたという意味で、
>誤りといえば誤りであり、この点を踏まえて、作者はセミプロではなく素人だと言ったのでしょう。
>神視点から逸れて、神を扱ったかのように話題が誘導されたのは、意図的に「ぶっ飛び」という作品が
>なかったことにしたかったからだと思います。
>青春恋愛ミステリであり、ノンジャンルといった方が適切でしょうね。
>有機農業と伝統的な文化である造り酒屋に従事する若者の、新しい価値観の芽生えと
>新しい生き方をテーマとしたものです。
>このテーマは奇しくも3.11の捉え方にも通じるものでした。
>3.11を扱った小説も同時に電子書籍として出版しますが、合わせて読んでいただきたく思います。
>里山の世界観を通して、3.11の意味を探ったものです。
>両作品とも、売上は全額寄付するつもりです。
>この他に2作品も同時に出版いたします。どれも面白いはずです。自信だけはあります(笑)。
>出版したら、また通知いたします。恐らく、ステマなんかするなと批難されることでしょう。
>電子書籍の輝く星になりたいものです(笑)。

02/11
故郷さん、>62 の六八四 投稿日:2012/05/06(日) 21:06:34.33 は、
このレスを見て、経緯も知らずに、乱歩賞スレにステマしたのでしょ?

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>225 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【関電 66.5 %】 ◆M114STsgW. 投稿日:2012/05/06(日) 18:51:51.45

>>717 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/22(日) 18:29:32
>> このスレでつか
>> 乱歩スレのダントツをパクって、ぶっ飛びなんて言ってるのは
>> ダントツはソースがあったけど、ぶっ飛びは2chの書き込みだけで盛り上がったみたいでつね
>> まあ、頭の悪い
>> 釣り師 大勝利 終了

>応募原稿の使い回しはなぜ悪い?
>http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1318425488/

>ここに乱歩スレのダントツ関連のレスを抜粋しておきました。
>ダントツとぶっ飛び、そのどちらも日の目を見ておりません。

【最高峰の】江戸川乱歩賞スレ その十二【新人賞】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1205390303/

此方では下読みさんのブログをソースにダントツと呼称されてました。
以後下読みさんは沈黙し、乱歩賞スレの住人にはタブー視されてます。
下読みさんがダントツを乱歩賞の応募作だと明言されておりませんが、
その乱歩賞のダントツに喧嘩を売りつけるとは、たいした自信ですね。


03/11

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>259 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/13(日) 17:17:23.88
>わたしが想像する通りに、M114STさんが
>>>248>>249の内容を書き込んだ人だとすると
>君はまだ4年前の騒動の中の闇を彷徨っているんだろうね。
>少し時間があるから、付き合ってあげよう。
>君を闇から抜け出させてあげるよ。

とのことでしたが、何等具体的な説明もできずに、下記のとおり逃走されました。

>283 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/13(日) 23:55:42.11
>所詮コネなんでしょ?ここの新人賞は

96 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) 【関電 85.0 %】 2012/09/13(木) 19:05:35.78
04/11

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>284 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/14(月) 00:02:41.39
>M114STさん

>わたしの思い違いだったようだ
>あなたこそMさん、そのひとでしょう
>犯人は犯行現場に戻ってくるというが、どうやら真実のようだ
>見苦しい
>2chのプロでもある、あなたの本性は全て過去のスレに残っている
>一人で何役にもなり、他人に成りすまし、卑劣極まりない言動を弄していた
>一応募者であるはずの者が、「ぶっ飛び」の情報をどうして入手できたか
>仕組まれたレースだったからではないのですか
>あなたが受賞するはずだった
>それがとんでもないオッサンが突如現れた
>シナリオが根底から崩れようとした
>そうした情報は、担当の編集者からあなたに伝えられた
>色々と綜合して考えると、そこに行き着くのですよ
>あなたの名前は言いません、ご自身で名乗ったらどうですか、宣伝になりますよ(笑)

>それとも、他所の……まさかね、それはないだろう

故郷さんが御自身を『ぶっ飛び』だと主張したいが為の、支離滅裂な捨て台詞でしたね。
私は、故郷さんが妄想と言う闇の中を彷徨するのは自己責任で御自由にとの立場ですが、
どのスレでも相手にされずに、馬鹿にされ、笑い者にされているのを哀れんでおります。

05/11

【陰獣】江戸川乱歩賞その29【盲獣】
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1332168587/

>684 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/06(日) 21:06:34.33
>ステマと批難されることは承知しています。
>公募小説賞に14年間応募した者ですが、応募はしないことに決めました。
>電子書籍として出版することにしました。
>このスレでも何度か話題になりましたので、
>恐縮ですが、最後にPRさせてください。
>ミステリとしては、異色だと思います。
>2作品ですが、一作は「ぶっ飛び」と命名されて、話題になったものです。
>パブ―で公開しておりますので、よろしければ読んでください。
>創作文芸板も卒業するつもりです。

>685 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/06(日) 21:09:35.91
>684です。
>『風よ、安曇野に吹け』
>某小説賞で下読みの段階から話題になり、
>スケールが大きく、圧倒的に面白いと絶賛された小説である。
>文学の復権とまで言われ、「ぶっ飛び」と命名された小説であるが、
>公募小説賞という既存の枠組みからは、遂に世に出ることが叶わなかった
>幻の小説である。
>伝説の小説が、電子書籍となって今、ここに甦る!

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

此方で逃走されましたので、本物が出てきて恥をかく前に、訂正されたほうが宜しいのでは。


06/11

【陰獣】江戸川乱歩賞その29【盲獣】
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1332168587/

>704 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/08(火) 07:53:53.34
>>>702
>それから、闇に葬られているが、
>この「安曇野、めぐり愛」は、文藝新人賞でパクられたとものだよ。
>選者の講評でピンときた。何故、公にしないのか不思議だ。
>mixiにUPしていたものをパクられたのだが、凡その見当はついている。
>海外在住の女性ではなかろうか?
>まあ、これは動物的な勘だ(大笑)。
>しかし、如何せんこればかりは断言できない。関係者が公にしてくれなくては、
>ただの妄想だ。
>選考委員の田中氏の冒頭の畳み掛けるような描写という評価と、
>角田氏の二重構造になっているという指摘、
>それから高橋氏の涙と笑いと感動という指摘が、教えてくれているように思えた。
>なにせ、この小説では死んだ恋人の恥骨を食べるんだから(笑)。
>どうして公表しないのか、それが出版界が抱えた闇だろうかね。
>妄想狂の戯言でした。

この妄想狂さんの戯言も、唯の戯言です。

07/11

文藝賞でネット(2ちゃんねる?)からのパクリ発覚
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286471382/

>1 名前:名無し物書き@推敲中? :2010/10/08(金) 02:09:42

> ソース:文藝冬季号

> 第47回文藝賞選評

> 高橋源一郎
> 「受賞決定後、その設定が、他の人たちによってインターネット上で『創造』されていたことが判明し、
> 受賞は取り消しとなった」

> 角田光代
> 「受賞作になったのだが、その最後まで貫かれている発想自体が、
> インターネットの某ページに掲載されているものから拝借したということが直後にわかった」

> 斎藤美奈子
> 「作品の柱となるべき二つのプロット(アイディア)の二つともが借り物であり、
> またディテールにおいても既存の情報と告示した部分があると判明した以上、失格はやむを得ない」

> 田中康夫
> 「第三の作品には息を呑み、選考会に臨んだ。が、その卓越した着想も、
> 秀逸な冒頭の畳み掛けも『借り物』だったと知っては、失格の烙印を押さざるを得なかった」


最終選考後に失格となって、授賞者無しだった事件ですね。

100名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 19:46:09.45
何を怖がっているのですか?
2008年に例のスレで、あなたは何人もの人に言われましたね
「ぶっ飛び」か「ぶっ飛び」でないか
そんなことは今となっては些細なことです

が、二社の編集者と下読みの方が知っておられるはずですよ
それに「安曇野、めぐり愛」で、「ぶっ飛び」だということを間接的に
教えていただいておりますが、どうでもいいので詳細と経緯は省きます
結局は本物はどれだなんて、くだらないことなのですよ
「ぶっ飛び」が先ずあったのではなく、作品が先ずあって
その作品が「ぶっ飛び」と命名されたのです
従って、本物かどうかは「作品」が証明するはずです、それ以外ではありえません

しかし、あなたは2008年から進歩がない(笑)
ご本人は相当な文才があり、思慮深いと思われているようですが、
何度も言っているように思慮が浅い
>>92もあなたのレスでしょうが、、『沖縄豚ハイ』などという言葉が
どうして突然出て来るか考えた方がいいですよ、誰も思いつかないでしょう
2008年の晩秋ごろから、残飯などと狂ったように叫んでいたのが
誰か自分で告白しているようなものです(笑)
編集者も誰が叫んでいるか、解っていたようですが……

最後に、あなたがやっていることは、わたしを貶めるつもりなのでしょうが
逆にわたしの宣伝になってしまっていますよ(笑)
しかし、何故に今こうしたレスをするのですか?
あなたは出版業界には伝があるから、あなたにとって都合がよくない
情報でもつかんだんですか?
それなら、わたしにとっては希望の光であるので、嬉しい限りなんですがね
「作品」が全てですよ、「作品」が語ってくれるはずです
語れない「作品」なら、その時点で終りです、「作品」は嘘は吐きません(笑)

101 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) 【関電 85.2 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:00:01.03

08/11

文藝賞でネット(2ちゃんねる?)からのパクリ発覚
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286471382/

>14 名前:名無し物書き@推敲中? :2010/10/09(土) 02:44:12
> >斎藤美奈子
>  作品の柱となるべき二つのプロット

> この小説は、二重構造になっているって意味だろうね。
> 謎の終りが、新たな謎の始まりというような。
> 最初の謎で、意識的に読者をある答えの方向に引っ張っていき
> 肩透かしをくらわす。じゃあ何なんだ、と読者は次を読みたくなる。
> 新たな謎が、より激しく読者を誘う。そんな構造なんだろうね。

> >田中康夫
> 秀逸な冒頭の畳み掛けも

> 描写なんだろうね。それも全編を暗示させるような。
> 形式的には、横光利一「春は馬車に乗って」みたいな感じなのかね。

> 断わっておくが、妄想だよ。
> もし、そうなら、心当たりはある。

102 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 85.2 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:12:18.30

09/11

文藝賞でネット(2ちゃんねる?)からのパクリ発覚
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286471382/

>15 名前:14 :2010/10/09(土) 03:45:19
> 妄想の続きをしよう。

> その元の小説には、遊び心が至るところに散りばめられてある。
> が、不自然ではない。遊び心によって更に生きてくる物語だからだ。
> 笑い、泣いて、最後に深いカタルシスが待っている。
> そんな小説なのだろう。

> 何故、元の小説を明かせないのか?
> この小説の他にも、数作をネットで公開していたとしたら?
> 尚且つ、公募の小説賞に応募して、悉く一次で落ちていたとしたらどうなる?
> そんな事実が判明すれば、現行の小説賞の信頼性が崩れ去ってしまう。
> 出版業界にとっては一大事だ。できれば闇に葬り去りたい。
> そう思うんじゃないかね?

> もう一度、断わっておくが、これは単なる妄想だよ。

>100

私が送付した三社と、告発している一社。
君は知らないだろうが、読めば分るだろ?

103ブルー ◆NnC58ceLJ2 2012/09/13(木) 20:15:55.67
失望しなくても、ダメなら個人出版が出来る時代でもあるし、
また、並行して新人賞にも応募すればいいんじゃない。
オレは電子同人誌も出してるけど、既存出版社に認められるのも
捨てがたい。とにかく世の中に出したいなら、2ちゃんで言うより
パブーでだして、ツィッターでリツイートされるようにフォロワー
増やせばいいよ

104名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 20:21:22.64
ブルーがいいこといった。
こんなところでグチャグチャやってんなよ

105 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 85.2 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:22:01.27

10/11

文藝賞でネット(2ちゃんねる?)からのパクリ発覚
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286471382/

>51 名前:14 :2010/10/09(土) 20:03:38
> >>49
> おいおい、勝手に違う小説を持ってきてくれるなよ。
> この小説は「風よ、安曇野に吹け」というものの冒頭だよ。
> 今話しているのは、「安曇野、めぐり愛」の方なんだけどもね。
> でも、許して上げます。失うものは何もないわけだから……。
> ついでだから言っとくけど「風よ、安曇野に吹け」って
> ある小説賞で下読みの段階で話題になり、その情報が
> 当該スレに内部漏洩されたものなんだ。信じるかどうかは任せます。
> 「ぶっ飛び」と名づけられた小説だよ。なぜか、一次落ちしたんだけどもね。
> 「風」とは、新しい「生き方」、「価値観」を象徴させたものだ。
> 新しい時代の胎動を、若者たちの心を通して描いたものだよ。
> 許す代わりに、最後まで読んでくれよ。そのぐらいいいだろ?

>112 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2010/10/14(木) 00:28:35
> 源一郎が「他の人『たち』によってインターネット上で創造されていた」
> って書いてあるから、パクリ元は個人の作品ではないんだろう。

既に、ここに答えらしきものが書かれているのを見落とされたのだと思いますが、
御自身に不都合な指摘には一切反応されず、別のスレで同じ主張を繰り返します。

106 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 85.2 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:33:07.12

11/11

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>292 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/15(火) 21:02:28.54
>M114STさん、いやMさん

>悪足掻きはやめた方がいいだろう
>あなたの犯罪と2chでくり返された悪行は
>もう業界に知れ渡っているはずだ
>もう再デビューは不可能だろうね
>わたしとは違った意味で、ブラックリストに載っているだろうよ
>もう諦めなさい、自業自得というものだ(笑)
>乱歩もプロが再デビューしたみたいだけれど、醜い嫉妬は止めた方がいいよ
>喉から手がでるほど、欲しくて仕方がない賞なんだろうね(笑)
>しかし、賞なんて何を取ったところで一緒だよ
>要は潜在的な才能と、文学に向う志し如何だ
>あなたに決定的に不足しているものは、この両方だ
>小説学校などでは、これは身につくことはない


一行目を下記に改竄し、そっくりそのままお返しいたします。

北林あずみさん、いや故郷さん。

もしくは

2chのプロさん、いや名無しで他人の経歴を騙る愚か者。

107 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 82.4 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:45:09.01

>>100

>が、二社の編集者と下読みの方が知っておられるはずですよ
>それに「安曇野、めぐり愛」で、「ぶっ飛び」だということを間接的に
>教えていただいておりますが、どうでもいいので詳細と経緯は省きます

そのどうでもいいいいことを、どう証明されるのですか?
それができないのに、御託を並べても意味など無いです。
これ以上寸借詐欺や騙りで御自身を貶めないでください。
何か言いたいのなら、実証してからするのが、矜持では?

貴方の嘘はここで証明済みですから、二度と口にするな。

108名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 20:50:38.98
誤解されるとまずいので
「安曇野、めぐり愛」で間接的に「ぶっ飛び」だと最終確認したというのは
文藝賞のパクリの件とは別で、「安曇野、めぐり愛」を
「風よ、安曇野に吹け」を応募した出版社の編集者宛てに
持ち込み的に投稿して確認を取ったという意味ですので、お間違いないように
パクリについては、これはわたしの得意な妄想ですよ
しかし、勘はいい方なので、結構いいせん言ってると思ってはいるんですがね
何故、パクリ元を公表できないんでしょうかね
そんなに絶賛されるものを何故に世にだせないんですかね
何故、関係者は口を閉ざしているんですかね、不思議でならないし
大袈裟に言うと、そこまで絶賛したなら、文学的良心が許さないでしょう
なんて思うのは、わたしの頭が可笑しいからなんですかね?

109 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) 【関電 82.4 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 20:56:03.57

>>103

>失望しなくても、ダメなら個人出版が出来る時代でもあるし、
>また、並行して新人賞にも応募すればいいんじゃない。

取次ぎを支配する大手がその気になれば、ブラックリストの悪用で一切が絶たれます。
そんな事などあるはずが無い事を、実証するために、キチガイ呼ばわりされています。


■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■ 02
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1339918531/

応募原稿の使い回しはなぜ悪い?
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1318425488/

110 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 82.4 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 21:07:00.05

>>108

>誤解されるとまずいので
>「安曇野、めぐり愛」で間接的に「ぶっ飛び」だと最終確認したというのは
>文藝賞のパクリの件とは別で、「安曇野、めぐり愛」を
>「風よ、安曇野に吹け」を応募した出版社の編集者宛てに
>持ち込み的に投稿して確認を取ったという意味ですので、お間違いないように
>パクリについては、これはわたしの得意な妄想ですよ


嘘に嘘を重ねる貴方は都合が悪くなると逃げ、何食わぬ顔をして他スレでまた嘘を繰り返します。
貴方は確証があると思われたのでしょうから、嘘では無いと実証する事でしか、立場が無いです。

111ブルー ◆NnC58ceLJ2 2012/09/13(木) 21:15:25.75
>>109
出版社のメガネに叶わなくても、読んでくれる人はネットにたまに
いる。そういう人を大事にしてパブーで出せば?裏情報読みすぎで、
キミの頭は固くなっているのでは、とふと思う。

さて、小説書こう。

112名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 21:17:05.58
r-─- 、r-─- 、
    /_______ \
   /       キンタマ命   \
  .} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  {      ノ =≡=-、 ,r=≡=i
   |     / `ー=・-、 (r=・-'(
  ノ {ヽ ノ    /   | ヽ  l
 ノ  ノヽ/       ,、_)   ノ   (Jリーグを応援しちゃ)いかんのか?
 .フ  |  ゙i  「 ト      /
  )  |   ヽ   \二=- ノ
  `ゝ.|    ヾ      /
    |      ̄ ̄ ̄,


113名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 21:17:35.06
これが最後ね、もう相手にするのが疲れたし
馬鹿馬鹿しいし、あなたと同じレベルだと思われてしまう(笑)
お互いに物書きでしょ?
物書きなら小説で証明するしかないでしょうね
この世に生み出した「小説」が全てです
「小説」が語ることが真実です、それ以外は全て虚しい(笑)
わたしが嘘つきかどうか
その答えは、わたしが産みだした「小説」がしてくれます
わたしはその答えに謙虚でありたいですね
「いざよふ月」に、この思いをぶつけますよ、いい意味でね(笑)

114名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 21:18:34.86
どれを誰がしゃべってるのかわからない。

115 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) 【関電 82.4 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 21:23:22.12

>>111

>キミの頭は固くなっているのでは、とふと思う。

その柔らかい頭で考えてください。
利権という金の卵は誰の物ですか?

二人のキチガイの言い分の判断は?

知らなくてもいいでは、進めない。

116名無し物書き@推敲中?2012/09/13(木) 21:32:01.09
r-─- 、r-─- 、
    /_______ \
   /       キンタマ命   \
  .} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  {      ノ =≡=-、 ,r=≡=i
   |     / `ー=・-、 (r=・-'(
  ノ {ヽ ノ    /   | ヽ  l
 ノ  ノヽ/       ,、_)   ノ   (Jリーグを応援しちゃ)いかんのか?
 .フ  |  ゙i  「 ト      /
  )  |   ヽ   \二=- ノ
  `ゝ.|    ヾ      /
    |      ̄ ̄ ̄,


117 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 82.4 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/13(木) 21:34:09.74

>>113

>悪足掻きはやめた方がいいだろう
>あなたの犯罪と2chでくり返された悪行は
>もう業界に知れ渡っているはずだ
>もう再デビューは不可能だろうね
>わたしとは違った意味で、ブラックリストに載っているだろうよ
>もう諦めなさい、自業自得というものだ(笑)
>乱歩もプロが再デビューしたみたいだけれど、醜い嫉妬は止めた方がいいよ
>喉から手がでるほど、欲しくて仕方がない賞なんだろうね(笑)
>しかし、賞なんて何を取ったところで一緒だよ
>要は潜在的な才能と、文学に向う志し如何だ
>あなたに決定的に不足しているものは、この両方だ
>小説学校などでは、これは身につくことはない


何処のスレへ逃げようとも、貴方の良心は貴方の嘘に耐えられますか?
虚勢を張ることでしか示されない貴方の矜持は、ズタズタでしょうね。
もうこれ以上、嘘に嘘を重ねる生活は御止めくださいとだけ記します。
長い人生、きっと何時かは報われる時があるのではと、お祈りします。


118 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) 【関電 50.9 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/14(金) 07:29:24.15
test

119名無し物書き@推敲中?2012/09/14(金) 13:47:21.35
ぶっ飛び(笑)
下読みも罪だよな、じじいを勘違いさせちゃってさ

>>100

>何を怖がっているのですか?
>2008年に例のスレで、あなたは何人もの人に言われましたね

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
創作文芸 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/195
『ぶっ飛び』と呼ばれる作品がポプラ社に応募されていては拙い人達に向けてのレスだと説明済みです。
第三回ポプラ社小説大賞のスレを此処の閲覧者全員が熟知しているわけではありませんので、部分だけ、
切り取って、自分に都合の良いように曲解して利用しようとしても、ソースを示せといわれるだけです。

【電話連絡】ポプラ社小説大賞22刷【キター】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1213303729/
>893 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/18(水) 08:22:43
> 大賞は真藤だとして、真藤がぶっ飛びなのか?
>895 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/18(水) 08:27:45
> >>883
> 何を恐れているの? 
>896 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/18(水) 08:30:38
> >>893
> 宮崎勤さんと同じ病気ですか?
>898 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/18(水) 08:36:05
> >>883
> 言論の自由
> 「そんなことを言うお前を俺は殺してやりたいほどだ。
> だが、誰かがお前の口を塞ごうとしたら、俺は命を
> かけてお前の口を塞ごうとする者から守ってやる」
>899 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/18(水) 08:38:12
> >>883
> 言論の自由は憲法で保証されています。
> あなたこそ罰せられる人間です。


>>100

>「ぶっ飛び」が先ずあったのではなく、作品が先ずあって
>その作品が「ぶっ飛び」と命名されたのです
>従って、本物かどうかは「作品」が証明するはずです、それ以外ではありえません

大絶賛するコメントがたくさん寄せられいるのを羨んで嫉妬されていたいのでしょうが、
コメント零で、勧誘にこられる編集者も零、2chですら何の反響も沸き起こせません。

>>100

>>>92もあなたのレスでしょうが、、『沖縄豚ハイ』などという言葉が
>どうして突然出て来るか考えた方がいいですよ、誰も思いつかないでしょう
>2008年の晩秋ごろから、残飯などと狂ったように叫んでいたのが
>誰か自分で告白しているようなものです(笑)
>編集者も誰が叫んでいるか、解っていたようですが……

【また】ポプラ社小説大賞25刷【パクリ疑惑?】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1216223642/

>551 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/09/12(金) 06:34:56
> 沖縄豚、しつこいよ。
> 一次で落とされた悔しさは分からんでもないが、
> もっと生産性の高い活動しなよ。見てて情けないぜ。
> 昔熱い文体の名無しに一瞬乗せられて
> ちらりと本音を漏らしたとき以上にさ。
> あれ書いたの俺だw
> あの時のおまえさん、純情で可愛かったぜwww

>604 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/09/26(金) 20:11:48
> 沖縄豚はよっぽど一次落ちが悔しかったんだね。
> 手を変え品を変えて自分の応募作が「ぶっ飛び」だったことにしようとしているw

>965 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2009/02/15(日) 10:33:52
> ぶっ飛びさん、ご愁傷さまです、もう書くだけ無駄ですよ。


私は疑われますよと、御警告申し上げただけでしたが……。


>>100

>最後に、あなたがやっていることは、わたしを貶めるつもりなのでしょうが
>逆にわたしの宣伝になってしまっていますよ(笑)
>しかし、何故に今こうしたレスをするのですか?
>あなたは出版業界には伝があるから、あなたにとって都合がよくない
>情報でもつかんだんですか?
>それなら、わたしにとっては希望の光であるので、嬉しい限りなんですがね
>「作品」が全てですよ、「作品」が語ってくれるはずです
>語れない「作品」なら、その時点で終りです、「作品」は嘘は吐きません(笑)


じゃ、ちょっと遊ばせて貰うね。


連投抑制の仕組みチェック 01/06

>>53

>公募の新人賞に応募を始めて14年が経ちました
>4年前に脱皮したことを自分でも確信できました
>その作品は下読みの段階から話題になったようです。が、忌まわしい事件により
>その作品は一次落ちしましたが、その後別のところに送ったのですが
>まあいろいろとありまして、その作品を引き揚げたのです
>出版社の事情とかは考えませんでしたし、純粋に実力の世界だと思っていたのです
>いい年をして甘かったと思います

これって、第三回ポプラ社小説大賞の話ですね。


連投抑制の仕組みチェック 02/06

【電話連絡】ポプラ社小説大賞22刷【キター】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1213303729/


>10 名前:妄想家 投稿日:2008/06/13(金) 17:41:21
>最初で、最後の書き込みをします。
>噂の作品が、わたしの作品である確証はありません。
>が、推敲し終わった作品(原稿用紙換算800枚)を今日送りました。
>講談社「メフィスト賞」です。
>仮にわたしの作品としたら、今回のことはよかったのだと思います。
>わたしは作品に愛着がありました。後ろ髪を引かれる想いで投稿したのです。作品がわたしの元を離れたくはなかったんだ。そんな気がします。
>一度手を離れてしまえば、作品は自らの足で歩んでゆくものだと思います。わたしは、ただ見守ってやることだけしかできません。
>「文三」。不思議なえにしを覚えます。
>橋川文三先生が導いてくれたような気がしてなりません。
>万一、わたしの作品であったなら、この場をかりて、皆さんにお礼を申し述べさせていただきます。
>いろいろと、ありがとうございました。
>皆様のご健筆をお祈り申し上げます。

冗談だと思っていたのですが、本当に実行されたそうですね。


連投抑制の仕組みチェック 03/06

■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/

>262 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/13(日) 17:38:38.66
>「ぶっ飛び」が自分だと間違いないことが解ったから
>このスレで次の段階へと進むわけだ。
>もう確証は掴めているので、狙いはもう一つある。
>P社では絶賛されたが、果たして他所でも絶賛されるものかどうか、
>「ぶっ飛び」とはそれほどの作品なのかどうか、
>それを確かめる意味もある。
>でだ、もうP社には愛想を尽かしたので(大好きな編集者は数名いたが)、
>他所に送ることにしたのだよ。
>もう、この段階では、あろうことか「ぶっ飛び」の人物像や
>職業(契約社員)であることまでバラされている。
>作品の概要ももちろん、最初の段階でバラされているのだ。

>264 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/05/13(日) 17:50:53.22
>上のレスが、その意図で書かれたものだ。
>わたしを特定できるし、他所に「送ったよ」という合図になる。
>後は他所がどういう評価を下すかだ。

>で、送ったのは金曜日だ。月曜の午前中指定にしてある。
>つまり16日に、他所の社の「ぶっ飛び」への評価が下されるということだ。
>その評価だ。号泣したよ。


連投抑制の仕組みチェック 04/06

【存亡かけて狐さんへ?】メフィスト賞 通しで32章
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1341395605/

>463 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/01(土) 08:55:38.05
>じゃあ、著作権以外には印税もいらないから、俺の本だして……だめ?
>連絡を乞う、メフィストらしく即決でお願い!
>前のマダムとはいろいろとあってだな……
>嫌いではないんだが、行き違いというか……うへん(感慨深い咳払い)
>あーあ、恥ずかしい……しかし、先が短い……書かねばならぬことが山ほどある

>464 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/01(土) 09:04:13.43
>言い忘れたが、俺ほど尖ってるやつはいないよ
>新人賞からはみ出している、色んな意味で収まらない
>俺を拾い上げられるとしたら、持ち込み方式のここしかなかったりしてえ
>と我田引水的な解釈をしている俺は、大馬鹿者なのだろうか


連投抑制の仕組みチェック 05/06

>466 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/01(土) 09:35:18.83
>>>465
>そんなくだらないことはどうでもいいのだよ
>今までのいきさつは白紙にして、大局的な見地に立って
>お互いに腹の内を割って原点に立ち返るというつもりで書いた
>わたしが何者であり、どういう作品を書いているかもわかっているはず
>契約の際に、出版権、影像権、その他を譲渡する旨の書面を取り交わせばいいだけのこと

>468 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/01(土) 10:01:49.59
>>>467
>作品を世に送りだせれば、わたし本人の思いなど大した意味はない
>それに見返すとしたら、ここが一番いいのかもしれない
>わたしの作品は持ち込み方式でしか世にでることはないと常々思っていた
>編集者としての眼識と矜持と心意気でしか、世にはでない
>新人賞は数多あるが、多数決方式の選考ではわたしの小説は選ばれることはない
>わたしの小説は、ここでしか救い上げられることはないのだろうと思う
>わたしのような書き手は数多いるだろう、そのためにも
>ここの方式を改めて世に知らしめ、次代を担う新人作家の発掘という面で
>可能性が高いことを知らしめられたなら、これ以上の悦びはない
>それに、他の出版社でわたしの作品を拾い上げられるところはないだろう
>決断が新人賞とセットになってしまっているのだから……

129 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 【関電 68.8 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/14(金) 22:02:00.60

連投抑制の仕組みチェック 06/06 リセットの仕組みが分らん。

>495 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/09/05(水) 06:09:10.64
>雰囲気的に、捨て身も通じずかな……ひじょーに哀しい

だ、そうですが、よもやこれを御忘れではないでしょうね?

【電話連絡】ポプラ社小説大賞22刷【キター】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1213303729/

>445 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2008/06/15(日) 23:02:19
>M 114 ST に事情を説明し”メフィスト”に送るようにメールします。
>みなさん、これで良いですね。
>嘘だと思う人も 本当だと思う人も
>しばらくはこの話題から離れましょう。
>静かに見守ってください。
>お騒がせして本当に申し訳ありませんでした。

53さんの原稿よりよりも、M 114 STの原稿の方が欲しいと、
既にこの時点で宣告されているのを見過されていたのでは?

詳細はこちらに。
■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/


130名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:15:15.78
馬鹿馬鹿しいので、書き込むか迷いましたが
今のわたしの素直な気持ちを吐露したいと思います
断っておくが、これは反論ではありませんし
わたしが本物の「ぶっ飛び」だと主張し、それを証明するつもりもありません

あなたは2008年に事件を起した女性とばかり思っていましたが
そうでないとも思えてきました
>>129が結論だとすると、M114ST=「ぶっ飛び」
つまり、あなたが本物の「ぶっ飛び」であることを証明したかった
ように思えたからです
だから、「ぶっ飛び」を名乗るわたしが許せなかったのでしょうか?
まだ、あなたは4年前の時間のなかを彷徨っているのですね
そしてその4年前の実体のない虚像にしがみついている
あなたは被害者だと思います。批難するつもりはありません
わたしもあなたと同じように彷徨ったからよく解ります
自称「ぶっ飛び」は、わたしとあなた以外にもたくさんの方がいました
2008年のスレに直接書き込んでいた方達も何人かいましたよね
その方達はその後、どうされているのでしょう

あなたは「M114ST」というスレにでてきた暗号のような記号を
応募原稿を区分けし、管理するために主催者が付けた記号と解釈されているようです
それで、「M114ST」をあなたの名前と作品とに関連付けたのでしょう
そして、あなたが「ぶっ飛び」であることは間違いないという確信を得た
「ぶっ飛び」という作品がどんなものかの概要がありましたが
次第にそれは歪曲され、ほとんど誰の作品にも合致するような様相を帯びてしまった
だから、数限りない自称「ぶっ飛び」が出現したのです


131名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:26:58.96
130です。続きです

あなたはメフィスト賞に、わたしと同じように「ぶっ飛び」と思われる作品を
再投稿されているようですね。わたしと全く同じ経過を辿っている
わたしはあることがあって、メフィスト賞からは作品を自ら引き揚げてしまいました
あなたの作品はどうなったのでしょうか?
どうもあなたのこれまでの書き込みだと、利権絡みで作品が正当に評価されずに
あろうことかブラックリストにあなたが記載されてしまったとお考えのようです
執拗なP社とK社に対する怨念のようなものをあなたの中に感じるのですが
それが何処から来たものかは想像ができます
想えば、わたしとよく似ています、笑いたくなるほどです
しかし、わたしはP社とK社への怨念にはなっていません
というのは、P社とK社の編集者と下読みの方に感謝しているからです
会社には色々な方がいます。一色ではありません
味方もいれば敵もいる。それに、その敵だって、永久に敵だとは限らない
何故なら、人間の心とはそうしたものだからです。不変ではない

2008年のあの事件は、わたしにとっては転機でした
自分の小説のレベルが自分の目で素直に見えてきたといってもいいかもしれません
それは「ぶっ飛び」だと思った作品が、わたしを成長させてくれたからです
その成長を成長として育んでくれたのは、編集者の励ましの言葉であり
下読みの方の熱い思いだったのです。直接的なものではないですが
わたしの心を熱く揺さ振り、勇気付けてくれたのです
ですから、今でもその方達には感謝していますし、勇気ももらっております

わたしが20008年のあの忌まわしい時間の拘束から逃れられたのは
そうした方達と心が通じ合っているという「思い込み」なのかもしれません
が、その「思い込み」が新しい作品を生み出すバネになっているのです
自分でいうのも何ですが、あの事件は物書きとしてのわたしを成長させてくれました
だから、納得できる作品を生み出せているのだと自負しております

132名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:38:19.11
130です。続きです

あなたはまだ、あの忌まわしい時間の中を彷徨っておられる
自称「ぶっ飛び」とは、わたしとおなた以外にも、何人もいたはずです
もしかしたら、「ぶっ飛び」とは、あのときに投稿した作品で完結するものではなく
その後にどういう作品を生み出していくか、試練をあたえられたのかもしれません
だから、わたしはもう「ぶっ飛び」には拘っておりません
これからは、「ぶっ飛び」と名乗ることもいたしません
わたしが「ぶっ飛び」と名乗っていたことで、あなたの心を傷つけたのでしたら
素直に謝ります。申し訳ありませんでした
他人の経歴を騙ったと言われるのでしたら、それも謝ります。申し訳ありませんでした

こんなわたしが言うのもなんですが、あの忌まわしい時間の束縛から逃れる術を
探し出す努力をした方が賢明だろうと思います
物書きを志しておられるなら、やはり邪念を捨てて、真摯に作品と向き合うしか
ないように思いますが、どうでしょうか?

最後にあなたがどなたか、わたしの推測を披瀝して終わります
そして、わたしが想っている、あの忌まわしい事件を引き起こした張本人を
指摘しておきます。わたしもあなたも、そして多くの自称「ぶっ飛び」の方達も
その張本人の邪な心によって傷ついた被害者なのです

その張本人はどうしようもない方です。あなたに、つまりM114STに成りすまして
その張本人がこれまでのレスをしてきた可能性も否定できません
そうでないことを祈ります
では、ご健筆をお祈り申し上げます

133名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:42:33.19
130です。
わたしが推測する「あなた」です

166 :名無し物書き@推敲中?:2008/06/29(日) 00:35:49
ぶっ飛びだけど この板では 3 と 143 しか書いてない
大賞の発表までは候補者の方々に失礼だから
静かにしていようと思っていたが幾つかコメントすることにした

<「物語の展開や手法を公開されて」について>
・多くのぶっ飛びが現れたようにかなり普遍的で認知済みの話だと思う
・鮫と人との戦いだと言ってもスピルバーグのジョーズは他人に作れない

<「ポプラ社」について>
・訴訟を起すとか抗議するとか趣味の悪い冗談は控えて欲しい
・僕の本棚にはポプラ社の本が何冊かあるけど会社はよく知らないし特別に好悪の感情はない
・大会運営上の課題は来年から改善すれば良いと思う
 (そもそも完璧なことなんて人間でも組織でもできる訳がない)
・僕にとって最重要課題は相性とセンスの良い編集者に出会えるか否かということだった
 (この点についてはお譲ちゃんを信頼している。まあ相手ある話だから断られる可能性もあるけど)

134名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:45:23.52
130です。続きです

<「文学の絶対タブー」について>
・この作品ではタブーに挑戦するつもりもなかったしこの点を期待するとがっかりするかもしれない
・扱うテーマが多義にわたるのでデリケートな問題はちょっとだけ調整する必要はあるかもしれない

<「お前どんなの書いたんだ?」について>
・誤解のないように言えば今回(初めてだけど)作品は意図的にクラシカルな展開をとっている部分がある
・初作品だし思わぬアクシデントもあって予定したエピソードを落したり会話以外の文が練られていないからパッと見の完成度は自己評価30点
(これを80%に上げるには集中して一ヶ月程度かかると思う)
・でもプロットに時間をかけていたおかげでグランドデザインがしっかりしてるから厭きずに最後まで読めると思う
・映画は意識しているけど映画のノベライズみたいに間が抜けてるのは嫌だったので映画以上にワクワクするよう心がけた
・近未来が舞台のヒューマンな物語
・読み手のセンスやリテラシーによってめちゃくちゃだと思われたり洗練されてると思われたり評価は二分されると思う

2〜3日くらい静かにしよう、落ちた僕らとは別の次元の祭りがあるんだ
祭りは無礼講であると同時に神聖なものなんだからさ

以上が、わたしが推測している「あなた」です
違っているかもしれませんが、こうした方と、わたしとあなたは通じている
ことだけは間違いはないでしょう。他にもいたはずです
次に、事件を引き起こした張本人です

135名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 06:52:19.05
130です。張本人です

531 :名無し物書き@推敲中?:2008/07/03(木) 05:37:16
特別賞って「賞金なし」「出版なし」「専属契約」での飼い殺しだろ?
こんなの受ける奴の気が知れない。
真藤なんか他でデビュー可能なんだから、他に原稿回せばいいと思うけどな。

535 :名無し物書き@推敲中?:2008/07/03(木) 05:53:04
てか
ぶっ飛びは終わりだよ
こんだけ特定される条件自分で書き込んでおいて、特定されたいんだろ?
特定されているさ、作家デビュ ではなく ブラックリストとしてのなww
お前がやったことだ、ポプラの編集員はお前を特定したさww
自業自得だな、ぶっ飛びwwwwwwwwwww

544 :名無し物書き@推敲中?:2008/07/03(木) 08:02:42
531さんは、Mさん自身?
Mさんは今回で、ぶっ飛びが存在していて一番わりに合わないと感じている方。
暇な方?ぶっ飛びの台詞のごとく「おびえるの?」を繰り返して用いている。
私(ぶっ飛び一号)も、一度だけ、その台詞を吐きました。
そのあと、出版社の質はどうでもいいんだよ!と暴言を吐いていたね。
私ぶっ飛び一号は、一連の書き込みをP社のぶっ飛び嫌いたちのしわざとばかり
思っていたけれど、Mさんだったんですね。
今回ぶっ飛びさえいなければ、大賞を受賞していた方。
いろいろなひとがこのスレにいて、成りすまして書き込んでいるので、見分けがつきにくい。


544は、自称「ぶっ飛び」が多いので、その防止策として「一号」を名乗った
P社の編集者ですよ。漏洩の闇を突き詰めて、調べた方です

136名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 10:37:49.88
ポプラの編集員は色んな人の人生をくるわせてるw

137名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 10:39:51.52
>>136
張本人さん?

138名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 10:43:03.31
ポプラのwikiw

139名無し物書き@推敲中?2012/09/15(土) 17:08:49.22
ぶっ飛びってなに?

140名無し物書き@推敲中?2012/09/23(日) 06:56:05.18
実質的にここが隔離スレになっているのだから
宣伝は許されるだろう(笑)
また性懲りもなく短編小説を書いている
前回の「むらさきの匂へる」と同様に夢と色とをモチーフとしている
今回の色は青。「藍の花」から「がくあじさい」を連想し
さらに「いざよいの月」へと結びつけている
テーマには里山的な生き方と恋愛であり、3.11も多少絡めるつもりだ
13才と19才との出逢いと別れ、そして夢での再会……二人の恋はどうなるか?
連載小説なので、結末は今の時点でははっきりしておりません(笑)
「いざよふ月」です。読んでください。お願いいたします
原稿用紙換算、200枚弱になると思います

http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

141名無し物書き@推敲中?2012/09/23(日) 07:11:21.26
age

142名無し物書き@推敲中?2012/09/23(日) 11:10:15.14
age

143名無し物書き@推敲中?2012/09/23(日) 11:20:30.86
誰がageてるんだ?
またあの女か?
どうでもいいけど、気になる(笑)
どこかで拾ってくれないかなあ
純金の大判なのに、目もくれないとは、これ如何に
あーあ、虚しい
「いざよふ月」、きっと大傑作にしてみせる、意地だ!(笑……半泣)

144名無し物書き@推敲中?2012/09/24(月) 16:07:11.45
たくさん書いていらっしゃるようだけど、全然上手くなっていないのはなんなんだろうね……
読者を置いてきぼりで連続する謎の描写
模倣にさえなってないけど、ひょっとして川端康成とか意識してる?

145 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) 【関電 51.3 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/26(水) 07:35:54.94

01/02

Q:ぶっ飛びってなに?

A:第三回ポプラ社小説大賞に応募された幻の作品の俗称。

【二千万円】ポプラ社小説大賞19刷【誰の手に】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1212154693/
>217 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/05/31(土) 20:15:51
> おじさんのぶっ飛び傑作小説がぶっちぎりで大賞。
> 女子高校生の恋愛小説が優秀賞。
> 主婦、中年ニート、かなりの高齢者が奨励賞。
> さあポプラ社編集者さま、ズボシでしょ?

【大賞に】ポプラ社小説大賞24刷【文句あるか】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1214419848/
>320 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/30(月) 15:51:09
> 大賞   該当作なし
> 優秀賞 ロッカー
> 特別賞 RANK
> 特別賞 夏の終わりのトラヴィアータ
> 今年も大賞無しかぁ…

146 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(5+0:5) 【関電 51.3 %】 ◆M114STsgW. 2012/09/26(水) 07:40:00.70

02/02

用例
【大賞決定】ポプラ社小説大賞23刷【伝説となれ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1213795516/
>154 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/19(木) 20:05:26
> 不思議なんは
> ぶっ飛びを攻撃しているのんが自滅していく

詳細はこちらに。
■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292508868/
■真実が知りたい■ポプラ社■真実が知りたい■ 02
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1339918531/

棲み分けだぞ、ゴラァ!

147名無し物書き@推敲中?2012/09/30(日) 20:56:35.60
昨日は月光仮面のおじさんになったり、怪傑ハリマオになったり
今日は七色仮面のおじさんになって活躍したので
「いざよふ月」の更新は無理かなあ、なんて思っていたが
なんと、午後から筆が進むは、進は
で、2を更新します、当然のことで推敲は一切しておりません(エヘン)
2は、結構面白いですよ、ほんと!
読まないと損します、そのくらい出来がいい(笑)
「いざよふ月」
月光仮面のおじさんの歌をBGMにして、お読みください

月光仮面のおじさんのうた
http://www.youtube.com/watch?v=mAe4_IssTmM
パブ―のURL
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

148名無し物書き@推敲中?2012/09/30(日) 21:12:40.23
147だが
昨日から頭の様子がおかしかったのは、台風の影響かな
躁鬱の気はないんだが、どうも躁の状態だった(笑)

しかし、どっかで拾ってくれないものかなあ
賞なんかどうでもいいから、即デビューさせてくれ
出版してくれる心のひろーい、海のようにひろーい
出版社さんはないものかねえ
専属もOK! 七色仮面のおじさんだから、7つの顔を持ってるよ
早い者勝ちだよ、どう?

149名無し物書き@推敲中?2012/10/01(月) 02:51:43.98
進藤ヒカル (26) 1986年9月20日生まれ     乙女座     O型
塔矢アキラ (25) 1986年12月14日生まれ   射手座   AB型
加賀鉄男  (27) 1985年1月8日生まれ     山羊座     A型

和谷義高  (27) 1985年8月12日生まれ   獅子座     O型
伊角慎一郎(30) 1982年4月18日生まれ   牡羊座     A型
越智康介  (24) 1987年11月2日生まれ     蠍座     A型

奈瀬明日美(28) 1984年5月10日生まれ   牡牛座     B型
福井雄太  (24) 1988年6月21日生まれ  双子/蟹座   O型


150名無し物書き@推敲中?2012/10/01(月) 03:12:55.95
これほど才能のない人間が作家目指してると笑えるからもっとやれ

151名無し物書き@推敲中?2012/10/01(月) 04:28:42.36
星座や血液型を云々している時点で、149が無能であることが分かる。


152名無し物書き@推敲中?2012/10/01(月) 17:41:22.16
いい歳こいて2chに張り付いてるジジイにろくな奴はいない

153名無し物書き@推敲中?2012/10/02(火) 21:19:52.99
>>150>>152
いつものことながら、性悪おばさんご声援ありがとうございます
あなたに才能ないといわれると、こりゃ俺の才能は本物だという証拠
嬉しいかぎりだよ、なにせ性悪おばさんの文章は味気ない
鋳型に流しこんだような、英文法の受験勉強で例文を覚えたようなもの
俺自慢じゃないが、ああいうの苦手だし、面白くも可笑しくもないものね
性悪おばさんは受験向き……にしては、東大じゃないとはこれ如何に
まさか東大蹴ったとか……性悪おばさんの性格じゃありえないか(笑)
性悪おばさんは、既成の鋳型のなかで、型どおりの小説を書くしか能はない
悪いけど、その鋳型も単純な正方形とか長方形、せいぜいが台形かな
七色仮面のおじさんは受験音痴だから、もう顔がない
ほんとの顔はどれでしょう、って自分自身で自問しているくらい
これからも、ご声援を待ってるよ!
ところで、性悪おばさん、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」しってる?
おばさんの、あのときのお声ってどんなんでしょ?
えっ? 忘れちゃったの?
思い出して、やって録音して、聴きたくないけど、一度くらいはお情けで聴いてやる
えっ、思い出させてくれって……おれが……性悪おばさん……と
気分が悪くなってきた……吐きそう……眩暈がする(おえーーーー、げっ、げっ)
※お食事中の方には、お見苦しいものをお店しまして、深くお詫び申し上げます

吐いたから、少し楽になったが、性悪おばさん!
あなたの大好きな残飯おじさんに思い出させてもらってよ
で、濃厚な桃色吐息と桃色よがり声を上げてください
えっ? 2chの男どもを悩殺してやるって?
法律がお詳しそうなので伺いますが
こういう猥褻なる概念を越え、グロをも越え、生ゴミの腐臭をも凌駕する
行為は、どういう犯罪になるのでしょうか、お答え願います
判例などありましたら、それも合わせてご紹介ください
小説のネタ……になんかするつもりは、これぽっっっちもありませんが

154名無し物書き@推敲中?2012/10/02(火) 22:21:40.01
性悪おばさん!
風呂からでてきて(ふるちん……サービス)
これから寝るところだっだたんだが
大切なことを書き忘れていたことに気づいたんだよ
店開きしたもんなんだがね、もったいなくて、恐れ多くて
もう涙物の代物なんだよ
超高級松坂牛と、志摩半島産の超高級イセエビとアワビときたもんだ
それから、おフランスはボルドー産の超高級ワイン
(銘柄はわからない……味は、メルシャンワインよりも美味かった)
そんなもんだから、申し訳ないが請求させてもらうから、よろしこネ
証拠に店開きしたものをビニール袋に入れて、請求書といっしょに送っとくから
あれっ……、ワイン以外はすべて三重県……不思議だなあ
なんという、めぐり合わせだ……アーメン
おもらしすると叱られるから、おしっこして、ねよおっと!

155名無し物書き@推敲中?2012/10/08(月) 09:53:38.35
連載している「いざよふ月」、一日遅れましたが
「三」をupしたので、よろしかったら読んでください
「一・二」も含めて推敲は、書き上がったらするつもりです(笑)

土曜日に久し振りに利根川と小貝川の合流地点までチャリで行ったのですが
ちょっとした光景が目に止りました
「いざよふ月」のセックス描写(「五」の予定)の構想と、その光景が結びつきました
行ってよかった(笑)
パブ―のURLは下記の通りです
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

もしかしたら、今日は祝日なので「四」をupできるかもしれません
今回は、七色仮面のおじさんは鬱状態です
で、こんなおうた
http://www.youtube.com/watch?v=1sfZDWse0Lg

しかし、待てど暮らせど、どこの出版社さんからも、連絡はこないものだねえ(涙)

156名無し物書き@推敲中?2012/10/08(月) 11:24:54.27
おい故郷、お前の友達のイナが文学界で2次通過してしまったぞ。

157名無し物書き@推敲中?2012/10/08(月) 12:27:11.31
>>156
知っていますよ、おめでとうございます
でも友達ではないですよ、遣り取りしたこともないし(笑)
レスしか読んだことありませんが、作風から文学に対する考え方
向き合い方が根本的に、わたしとは違っていると思います
どちらがいいとかではなく、文学はどちらも許容してくれるくらい
懐は広くて、深いものと信じています
わたしは、わたしの信じる道を歩いていくだけです
他人のことは、いい意味で気になりません、問題は自分の作品の質です(笑)

あっ、それから、辻褄が合わない箇所に気づいたので
たった今しがた「三」を更新しましたので、ダウンロードした方
えっ? いません……て、そんなつれないことを……
万一、謝ってダウンロードしてしまった方は、もう一度やってくださいネ

158名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 14:57:33.28
>>1
あんたさー、初めて会った人にも説教するタイプじゃない?

159名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 15:33:27.76
>>158
あんたはさー、いろんな人からすぐに説教されるタイプじゃない?

160名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 17:15:34.49
>>158>>159
あんたらさー、どうでもいいから>>1に説教されろよ。

161名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 20:06:26.73
>>158
俺、人見知りだから初めて会った人の顔さえ見れない
ちびまる子の、名前は忘れたがもじもじおじいさんいるでしょ
あんな感じ、特に女性はだめだね
女性っていっても、俺の場合は30以上じゃないと女と見なさないから
説教するひとって人生で挫折したことないんじゃない
俺、骨折はしたことないけど、挫折しっぱなしだし
この四月から勤め出した(一応一流企業みたい)娘の説教されてるよ、最近は
返す言葉がなくて、なにせ肉体労働者というのはいいんだが
カミサンに養ってもらっているといった感じだかんね
娘に説教されてみなよ、一度

162名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 20:57:27.11
俺は>>1ではないんだよ、事情が複雑なんだが
俺が書いたレスを、何者かがそっくりコピーして、このスレを立てたんだよ
目的はだいたい見当がついてるんだが
せっかくだから宣伝につかわしてもらってるって寸法
ほとんど、俺の隔離スレみたいなもんだけど(笑)

さっきの補足だけど、2chなんかやってるとこ娘に見られたら
どうなると思う、口もきいてくれやしない
その目の冷たいこと……だから2chやってるときは、ドキドキもん!
あっ! 娘だ! と思ったら、カミサンでした、よかった
しかし、新人賞の運から見放されたが、嫁さんだけは運がよかったよ
嫁さんで運を使い果たしてしまったのかもしれない……

163名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 21:03:04.66
新人賞は実力だと思ったほうがいいよ。

164名無し物書き@推敲中?2012/10/10(水) 21:05:06.71
えっ、運じゃなかったの!
初耳だよ、夢じゃないかしらん

165名無し物書き@推敲中?2012/10/13(土) 12:45:20.50
連載小説「いざよふ月」の「四」をたった今、更新しました
できたてほやほやですので、例のように推敲してません
いつかします(笑)
ほやほやといえば、いつの間にか焼き芋の季節が
もうそこまで来ているんですね
石や〜〜きい、芋。芋…芋
この辺りに売りにくるおじさんは、「芋…芋」に独自性を出しています
わたしの小説の独自性はあるのだろうか
と独り自問する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
風邪も流行っているとのこと、お体をご自愛ください
「五」はいよいよせっくちゅシーンです……
ああ、心が高揚しない……この虚しさは……
あっ、メシ食ってなかった
あなたあ、ごはんよお〜
おお、このタイミングのよさ、さすが我が愛する妻、○○ちゃんだ!

パブ―のURLは下記の通りです 「いざよふ月」
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

166名無し物書き@推敲中?2012/10/13(土) 22:42:28.71
故郷は文章が上手なんだけど作品に面白みがないんだよな。発想しだいで受賞できそうな気もするがなあ

167名無し物書き@推敲中?2012/10/13(土) 23:04:03.71
>>166
おっ、唯一の反応(笑)
あなた様はもしや、わたしと同じ年の……花……(妄想…そんなわけないか)
発想はいいけど、文章がまだ川端康成には遠く及ばないと思っているんですがね
面白さも、見方が変われば、変わりますよ
「安曇野、めぐり愛」は、どちらかというとエンタメの範疇なんでしょうが
この小説を、ほとんど漫画くらいしか読書しない、33才の女性に読ませたところ
まさか読破はありえないと踏んでいたんですが
面白くて止まらないとのことでした、これ正真正銘の事実です
その方とは工場の職場の同僚だったんですが
もちろん清らかな関係(なんのこった)で、手も握ったこともありませんので
肉体関係が連れてきた贔屓でないことだけは確かなんですけどもね(笑)
900枚ですよ、この小説、それを考えるとこの小説は、絶対に売れるはずです!!!
「故郷」「むらさきの匂へる」「いざよふ月」の短編は
読者がそれぞれに想像を飛翔させることに面白みを感じるかどうかでしょうね
想像をできるだけ狭めたり、阻害することなく
おもいきり読者の感性で想像を広げ、その世界で遊ぶことに
面白味を感じるかどうかなんだと思うんです
従来の小説はむしろ、小説世界をがっちりと作り上げて
その作りあげた世界に読者を封じ込めることが主眼にあった
そんな考えに反抗してるんですけどもね、だから従来の
私小説的リアリズムではありえないし、幻想的になる
書きかけの「いざよふ月」ですが、少しそんな考えもそれとなく
小説世界で語らせようかと考えております
「四」ですが、読み返したら酷いので、明日少し推敲します

168名無し物書き@推敲中?2012/10/14(日) 09:33:26.46
「四」を推敲して更新し直しました
最終的な推敲は、この小説「いざよふ月」を
脱稿してから徹底的に行います
川端康成に嘲笑されないために……無理かあ(笑)

パブ―のURLは下記の通りです 「いざよふ月」
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

169名無し物書き@推敲中?2012/10/23(火) 16:04:40.78
今日は休みでしたので
連載している「いざよふ月」の「五」(セックス場面)
を即興的に書き上げましたので更新しました(どんどん遅れていく……)
視姦というものを試してみましたが、この「五」
自制ができず少し下品になってしまったようです
後ほど徹底的に推敲いたします
「一」から「四」までは、最終的なものではないですが
推敲しましたのでよければ最初から読んでください
特に「四」は、幻想的な子宮の描写なんぞを入れてみました
自分では圧巻(でもないか)と想っているんですが……
妄想を押さえ込み、いいように操れるといいのですが、暴走してしまう(笑)

パブ―のURLは下記の通りです 「いざよふ月」
http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

しかし、どこでもいいから拾ってくれませんかああ〜(涙)
聞えてるかああ〜〜
応答なし……ああ、無情
待てど暮らせど、何もなし
精神的にも肉体的にも疲れたよー

で、まだ枯葉の季節ではないですが、これを聴いて傷ついた心を慰めています
http://www.youtube.com/watch?v=5TAsGCfTROo

170名無し物書き@推敲中?2012/10/23(火) 22:00:19.18
age

171名無し物書き@推敲中?2012/10/24(水) 06:40:10.74
hage

172名無し物書き@推敲中?2012/10/26(金) 13:59:13.91
「故郷」の詩織のように肩の筋を痛めてしまった
というより、もう慢性的なもので、このところ肩を上げられないくらい痛い
ということで、今日は休み。休みといえど憂鬱だ……

連載していた「いざよふ月」ですが
元々ラストのシーンは最初に影像として浮かび上がっていたものですので
少しばかり書いてあったこともあり、「六・七」はあっという間に書き上げました
一応脱稿しましたが、推敲は土・日にやるつもりです
出だしで読者の心を鷲掴み、というにはいまいちなので
「一」は特にもっと練る必要があると思います
それに、全体的に表現をできるだけ川端の域にまで近づけたい……
無理なのはわかっています(笑)
まあ、まずまずの出来だと思います。わたしは気に入っています
小説のなかの美咲に恋しています(笑)

小説のなかで、今の物書き(アマ)である自分の原点に立ち返って
ある出版社に真摯な心でラブコールをしたつもりなんですが……
引き揚げたものは保留だったということで
なんとか広いお心で、拾っていただけないかと
かような虫のいいことを考えておる次第です
つぐないはいかほどでも小説にていたす所存です(真面目に謙虚です)
もう年だし、焦りがないといえば嘘になります
拾っていただければ、奴隷となってご奉仕いたします
思う存分に小説を書ける環境さえいただければ
他には何もいりません。今のままでは、書きたい小説が書けない
取材にいく金もなければ、暇もない
妄想だけでどうにか騙しているような次第です……ご検討ください、お願いします

「いざよふ月」http://p.booklog.jp/users/azuminonoyume

173名無し物書き@推敲中?2012/10/26(金) 15:11:11.28
戯れに、「いざよふ月」にあとがきを一端は書いたのですが、削除しました
もったいないので、下品ですが、ここに宣伝代わりに載せます

あとがき
この小説が世に出てからは、冬忍(すいかずら)の受難の日が訪れることは必至です。
その日が来る前に、冬忍の白い花に、慎んでお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありません。
世のいやらしい男どもが、我先にと冬忍の白い花を毟り取り、
赤子のおしゃぶりのようにして花を咥えて、
恍惚とした顔で密を吸うに違いないからです。
中にはそれで飽き足らずに、冬忍の白く清らかな花に向って、
汚らわしいねばねばした液体をかけるという暴挙にまでいたる
不届き物がいるやもしれません。
ああ、この小説が発禁にならないことを、切に祈るよりほかありません。
わたしとしては、清らかな心を持った女性の方が、
一輪の冬忍の白い花と葉とを押し花にして、密かに心を寄せる男に贈る、
ということが流行るのを夢みているのです。
わたしの、清らかな冬忍の花を、貴方に捧げます。
わたしの冬忍の白い花の蜜を、貴方さまに吸っていただきたいのです、
というメッセージです。
清らかといっても処女という意味ではありません。
処女はまだ女ではないからです。身も心も女となった、
冬忍の白い花こそが清らかなのです。女の清らかさ。それは一つではないはずです。
それぞれに色と匂いとが異なっているはずです。
そして、花の芯から湧き立たせる蜜の味も違うはずです。
冬を耐えて忍ぶ花。
冬を越したからこそ、清らかな白い花なのかもしれません。

174名無し物書き@推敲中?2012/10/27(土) 17:57:47.38
age

175名無し物書き@推敲中?2012/10/28(日) 00:26:44.60
故郷乙

176名無し物書き@推敲中?2012/10/28(日) 08:27:36.15
ありがとうございます
素直にいい意味で、応援の声として前向きに受け止められました

177名無し物書き@推敲中?2012/10/28(日) 08:43:56.83
文学に力があるのではなく
書く者によって仮初の力を得る
倫理観は感情を理論化したものに過ぎず
単なる言葉の言い換えにのみ意味を成す

178名無し物書き@推敲中?2012/10/29(月) 15:20:05.67
ねえ故郷ってさ、文學界スレを荒らしてる辺境のスレ主とは別人なの?

179名無し物書き@推敲中?2012/10/29(月) 22:24:09.42

180名無し物書き@推敲中?2012/11/06(火) 18:41:35.84
電子化できる芸術は全て、収入の糧にはならない件。


食えない音楽より、電子化が早かった写真業界なんて全く食えないじゃん。


今でもあるフォトストックサービスも買い手が殆ど居ない悲惨な状態。


小説もデジタル化されれば同じ運命。

181名無し物書き@推敲中?2012/11/08(木) 13:57:06.15
>>180
小説はすでに食えてないよ

出版不況なんて十年も前から言われ続けている

182名無し物書き@推敲中?2012/11/08(木) 18:54:52.72
湊かなえは完全にドラマ原作家になったね
元はラジオドラマの賞出身らしいし、妥当なキャリアだ

183名無し物書き@推敲中?2012/12/07(金) 22:41:14.79
>358 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/12/05(水) 22:08:43.86
>>>335
>金輪際関わり合いたくないので、
>知らない内に唾なんてつけないようにくれぐれもお願いします。
>邪魔、妨害、私怨、そういうえげつないことはよしましょう(笑)。

>367 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/12/05(水) 23:47:22.30
>>>358
>2chに関係者がいると思い込んで、なんか色々小細工したけどスルーされてた馬鹿かお前
>久しぶりだなw

馬鹿呼ばわりされて逃げるの?

184名無し物書き@推敲中?2012/12/12(水) 20:31:06.27
中途半端にちょっかいをだして、一レス弄られたら、尻尾を巻いて逃走ですか?
安っぽいドラマで嫌がらせをしている下っ端が主人公に一蹴されるようですね。
貴殿の応募原稿に感激したとか書かれていた方々の立場が無いではないですか。
別に応援するわけではないのですが、行き掛かり上、私もレスしておきました。

381 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/12/06(木) 20:41:25.48
>367  >2chに関係者がいると思い込んで、なんか色々小細工したけどスルーされてた馬鹿かお前 久しぶりだなw

公開掲示板という閉じられた世界のなかで、気に入らない他者のレスが総て同一人物のレスにチガイ無いと、
疑う事無く主張されておりますが、まるで御自身がスレを監修する管理人と同等であるとの思い込みだけで、
御自身が思い込んでおられる超現実的な空想世界観を現実の世界に無理やり当て嵌めようとする非現実的な、
同質化といいますか、他者を御自身の型枠に当て嵌めるように誘導する無理のある統合癖には、はた目には、
非常に奇妙な振る舞いのように思われ、何かと不都合な他者をキチガイ扱いせずには居られない言動とから、
極めて特殊な類の、しかも、御自身には何の病識も感じておられない、憂慮すべき兆候群が垣間見られます。
手遅れかもしれませんが、現実の社会生活でこれ以上の達成願望が満たされぬストレスで変調を来たす前に、
是非、精神科医に御相談されるように御検討いただけないものかと、良からぬ予感めいた寒気すら感じます。

>>358  故郷さん、お久しぶり。
馬鹿呼ばわりされて、まさか、逃亡などしませんよね?

関係者が炎上商法で客寄せしなければならないなんて、
誰も考えもしないでしょうが、自己責任でどうぞ(笑)


それとも、関係者が宣伝の為に、武勇伝を自演していたのかな?

185名無し物書き@推敲中?2012/12/12(水) 21:02:44.11
いろいろとご苦労さまです
統合失調症を演じたり、コテを何役もやったり
わたしに成りすましたり、ほんと大変ですね
其の情熱の100分の1を執筆に向けたら、いい小説が書けますよ(笑)
あなたが出て来るということは、怖がっているという証拠
わたしの作家デビューが近いことを身に沁みて感じ、慄いているのでしょう
近いうちに華々しく作家デビューするから、首を洗って待っているように
わたしとあなたじゃあ、言ちゃなんだが勝負にはならいよ(笑)
他人の才能を言う前に、自分の才能とよく相談した方がいいよ
そろそろ白旗を揚げて退散した方が身のためだよ
これが最後だ忠告しておく、よいお年をお迎えください

186名無し物書き@推敲中?2012/12/12(水) 21:10:55.57
>185  >わたしに成りすましたり、ほんと大変ですね

故郷さんに成り済ましていたのはの誰か?
それが誰なのかを確かめる方が、先では?

187名無し物書き@推敲中?2012/12/12(水) 21:29:58.34
故郷さん。メフィストスレに貼り付けてやった。

>334
>358
>367

故郷さんは、怒って居るぞ。
利用した奴は、心から謝れ。

>185 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/12/12(水) 21:02:44.11
>いろいろとご苦労さまです
>統合失調症を演じたり、コテを何役もやったり
>わたしに成りすましたり、ほんと大変ですね
>其の情熱の100分の1を執筆に向けたら、いい小説が書けますよ(笑)
>あなたが出て来るということは、怖がっているという証拠
>わたしの作家デビューが近いことを身に沁みて感じ、慄いているのでしょう
>近いうちに華々しく作家デビューするから、首を洗って待っているように
>わたしとあなたじゃあ、言ちゃなんだが勝負にはならいよ(笑)
>他人の才能を言う前に、自分の才能とよく相談した方がいいよ
>そろそろ白旗を揚げて退散した方が身のためだよ
>これが最後だ忠告しておく、よいお年をお迎えください

188名無し物書き@推敲中?2012/12/13(木) 22:17:09.54
>464 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2012/12/12(水) 22:04:12.40
>故郷だが、誤解されると困るので>>463に言っておくが
>わたしはパブーはもしものためのバックアップと心得ている
>それと盗作防止と出版社への売り込み宣伝用(笑)
>電子書籍は本とは全く別箇のものだね
>本の出版が先ずないとお話にならない世界だよ
>本が売れたら、本では出来ない要素を加味して、別箇のものとして売る
>でも本が売れたという前提がないとお話にならない
>例えば小説に出て来る音楽とか、植物とかの画像を載せたりする
>そういう活用なら電子書籍は利用価値はあるが、本の代用にはならないね
>膨大な数のなかに埋もれて読者には届かないというのが実感
>だからどっかから作家デビューする、言っとくけどここじゃないよ(笑)
>ここっていうのはメフィストね
>講談社様(今手を合わせて拝んでおります)のことじゃないから、よろしく


>例えば小説に出て来る音楽とか、植物とかの画像を載せたりする

著作権つうのが有って、色色うるさいのだが、大丈夫なのか?

189名無し物書き@推敲中?2012/12/14(金) 12:50:50.36
電子書籍にする場合、音楽を使うとかは当然に著作権があるだろう
画像だってオリジナルではなくては著作権がある
そんなことはわきまえた上で言っている
画像ならオリジナルにするのは簡単だが、音楽となると交渉が必要だろう
要は、わたしの小説がたとえば100万部売れたと仮定しよう
そのときに小説をそのまま電子書籍化するのではなく
全く違ったものとして売る方が商売としてはいいのではないかと言っているのだよ
わたしの小説では、意識的に動植物を多く出している
それと季節的な風物詩だね、これを歳時記風に小説にアレンジするのだよ
小説と歳時記とをマッチングさせてしまう、重層構造だね
歳時記には、新たにエッセイみたいなものを加えておく
小説に出てきた花をだな、クリックすると
その歳時記の箇所に飛ぶというような仕掛けだね、エッセイまで読める
それから小説で使った例えば立原道造の詩でもいい
小説を純粋に読むのではなく、作者が作り出した小説世界を
より具体的に探るというような方向だね、でも欠点はある
それは読者の想像を狭めてしまうという欠点
だから元の小説と、電子書籍化した小説とは別物となる
両方売れたら200万部……わたしは儲けるつもりはないけどもね(笑)

190名無し物書き@推敲中?2012/12/14(金) 13:17:02.08
ついでに言っておくと、上で書いたような電子書籍は
担当編集者のお遊び感覚だね、どうするかは編集者の腕の見せ所
だからエッセイは書いて上げるが、印税はいらない
編集者のお小遣い……にはしてはもらえないでしょうが、
印税の分で好きなように遊べるでしょ?
後は感性の問題だね、どうなったとしても元の小説とは違うんだから
わたしはクレームなんてつけたりしない、もっと心が大らかだから(笑)
むしろどんなもんになるか愉しみたい
こういう構想があるんだが、デビューもしれいないんだから絵に描いた餅だな(笑)

191名無し物書き@推敲中?2012/12/21(金) 02:45:36.72
1の感想だが冒頭の引用されてる短歌が一番良くてそれ以降はダメだな。

192名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 08:21:32.36
おい、故郷。お前はここから出るな
他スレに短くまとめて書き込むのもやめろよな

193名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 09:32:24.62
創作文芸板の純文学スレは幼稚なんだよ
もう愛想が尽きた、ほとんどガキばかりだろ
俺の学生の頃と較べても雲泥の差だぞ
文学論なんか望むべくも無い
仲良しごっこでもして、傷の舐め合いを永遠にしていなさい
それから、荒しは複数いる
その影響で、年々創作文芸板も劣悪になってきた
そのうち荒しとガキだけになるんじゃないのか、処置なしだ
最後に教えてくれよ
このスレは俺が立てたわけじゃなく、成りすましが立てたものだから
削除願いをだしたいんだが、どうすればいいんだ?

194名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 09:51:53.36
俺も本を読んでないくちだが(笑)
その俺からみても驚くほど読んでいないな
100分の一どころか、1000分の一も読んでないんじゃないか
人生経験も人生経験ないんだから、せめて本読んで追体験なり
深くものごとを洞察する力をつけろ!
でないとちょっと文章が書けるくらいで鼻高々な性悪女みたいになるぞ(笑)
感性なんぞに頼っていてはいいものは書けないよ
感性とはスパイスであり、荒しをやっているような奴に備わっているものではない
感性とは文学の神様が授けてくれるのなのさ、ご褒美なのだよ
どれだけ文学と真摯に向き合うか、そのご褒美(笑)

どうでもいいが、早く教えろよ、削除方法!

195名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 10:46:59.69
もういい
調べたから

196名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 12:45:07.56
ろくに女も知らない貧相なジジイの虚仮脅しに付き合う奴は誰もいないってだけの話
不勉強さが滲み出たワンパターンの決めつけと罵倒には皆呆れているんだよ
あと、文章を読む限り脳梗塞がかなり進行してるぞ
とっとと病院に行った方がいい
入院は同室患者に迷惑をかけないように個室でな

197名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 12:54:21.02
女は数多く抱けばいいというものではないぞ
逆に抱く事で感じられなくなる
風俗通いしていても女を知ったことにはならない
女といっても奥が深いだろう
女というよりは人間だろね
芸術なんて口にしない方がいいよ、みっともないから
もう懲り懲りだよ、あなたにもね
文筆家の文章じゃないね、品格がない

198名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 12:59:11.29
>>197
>品格がない
猜疑心と嫉妬に塗れた下品な文章しか書けない奴に言われるとはな
その調子で恨み節を吐き散らしつつ時代から取り残されてくれたまえ

199名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 14:16:05.57
524 ”削除”依頼 [sage] 2012/12/25(火) 10:45:58.89 HOST:FLH1Aan086.iba.mesh.ad.jp ID: Be:
削除対象アドレス
 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1345717226/l50
削除理由
 当該するスレは、わたしが別のスレに書き込んだレスをそのままコピーし
 あたかもわたしが立てたようにして立てられた悪質なものです。
 以前からストーカー的な行為をされておりますが
 恐らくその者の犯行と思われます。
 当該するスレのレス1を読まれれば解るとおり、このスレを立てた本人は
 まったく隠れてしまっているのです。
 立てた理由も書いてはおらず、わたしが公開している電子書籍のURLも
 入っております。
 これはどうみても悪質な嫌がらせとしか思えません。
 成りすまし行為は卑劣そのものであり、昨今では犯罪にまで発展し
 社会的な問題にまでなっております。
 こうした行為を認めて放置していることは忌忌しきことと思います。
 本来なら、このスレを立てた者を特定していただきたいところですが
 それはまた派生する問題もあるでしょうから、そこまでは希望いたしませんが
 早急なるスレの削除を切に望みます。
 ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。

200名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 19:00:28.36
創作文芸板からというか、2chから出ていくのが特効薬だな
もう来るなよ

201名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 19:16:54.22
もったいぶっている割には稚拙な文章だな
周囲の悪口を言い続けて年を食うとこうなるのか
惨めというか滑稽というか…
自分で自分が恥ずかしいという正常な感覚は欠如しているんだな

202名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 20:58:09.10
ほんとにガキだね
潰す気ならたいしたものだが、それ以外だったら眼力がないよ(笑)
どうでもいいけど、もう金輪際、純文学とは関わらないから安心しなさい
2chも遠ざかるが、エンタメのスレに書き込むかもしれないが
純文学スレは寄り付かないから、純文学は卒業いたします!

203名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 21:02:28.92
×卒業→○撤退

204名無し物書き@推敲中?2012/12/25(火) 22:48:25.36
敗者の弁が潔くないな(笑)
お人柄がよく表れている

205名無し物書き@推敲中?2012/12/26(水) 20:24:55.81
故郷は文章力に確かなものが感じられる。お世辞ではなく。ただし、作品はつまらない。創意工夫があれば受賞しかねない実力の持ち主であるのは素直に認める

206名無し物書き@推敲中?2012/12/26(水) 20:48:24.79
作品の面白さとは何か、一概には言えない
読者が決めることだ
読者の心を鷲掴みにしようと考えて書いている
だから世に問いたい
それで売れなければ素直に面白くないと認めよう
何故なら、これまでの小説では売れなくなっている現実がある
つまり、従来の売れるという物指しそのものを問わなくてはならないのでは?
自分を絶対視してはいけないし、文学は多様性があるのだよ
比喩は駄目だとか、愚の骨頂というもの、文学の多様性を無視している
電子書籍で三人の愛読者が出来た
その読者を大切にしたいし、その読者の眼と心とを信じたいね
もう2chには当分の間こないつもりだ
書きかけの二つの小説に没頭する
小説を書いているものは、作品で物を言うべきだね
名無しで人を貶めたり、薄汚い言葉で潰そうなんて魂胆の者は、
もう小説は書くべきでない、そんな者の書いたものなど読みたくない
文学が泣く! 恥じよ!
では、さいなら

207名無し物書き@推敲中?2012/12/26(水) 21:40:34.03
だからよォ、故郷よお、そういう態度をやめろっていうんだよ!

208名無し物書き@推敲中?2012/12/26(水) 21:50:44.86
>名無しで人を貶めたり、薄汚い言葉で潰そうなんて魂胆の者

故郷の所業まんまなんだけど
自分を潰されそうな有望者だと信じてるんだよ

209名無し物書き@推敲中?2012/12/26(水) 22:09:25.22
こういう奴に限ってすぐ戻ってくるんだよなwwwwwww
自分のことを省みるってことができないのかね

210名無し物書き@推敲中?2012/12/27(木) 00:05:44.51
なんかみんな壊れてる。
いい文学は人を救うが、作家を目指すという行為は往々にして人を壊すね。

211名無し物書き@推敲中?2012/12/27(木) 03:41:53.42
新人文学賞総合スレがガイキチの巣窟化している件

212名無し物書き@推敲中?2012/12/27(木) 04:37:42.58
荒らしのおまいらが書き込んでいるから。

213名無し物書き@推敲中?2012/12/30(日) 02:24:07.53
ツイッターを見、ツイッターに書き込みながら応募原稿を読む。そんな下読み素敵ラララ
ツイッターに、下読み原稿の山から現実逃避などと嘆き書く。そんな業界の底辺下読み素敵ラララ

214名無し物書き@推敲中?2013/01/02(水) 21:49:42.04
>>199

526 名前:不知案内猫 ★ 投稿日:2012/12/27(木) 19:49:18.73 ID:???0
>>524
削除理由は削除ガイドライン(http://info.2ch.net/guide/adv.html)の
どの部分に違反しているのかを、引用などを用いて分かりやすくお願いします。

だそうだよ。

215名無し物書き@推敲中?2013/01/06(日) 20:46:22.50
あの、思い切って初めてレスをします
故郷さんのファンです
故郷さんのサイトにレスは出来ていませんが
教えを乞いたいw
流麗な文章に魅了されます

216名無し物書き@推敲中?2013/01/06(日) 22:00:25.27
age

217名無し物書き@推敲中?2013/01/07(月) 19:15:16.47
出版不況考えると新人賞とかやっぱり「宣伝としての看板」目的なんだろうな
今の時代により売れる作品こそ良作であって内容そのものは軽視されやすいっていうか
出版業界が生残るために売り上げどうしても気にしてしまうのはしょうがない事なのかね

218名無し物書き@推敲中?2013/01/07(月) 22:56:54.28
売れる=良質
ってのは違うだろうけど

最低限の売り上げがないのに内容が高いとか良質とかだってありえなよ

219名無し物書き@推敲中?2013/01/12(土) 22:31:55.41
>>217
営利でやってるんだもん、仕方ないよ。
それに、どこかで大きく稼がなかったら、
「儲けは薄いが意味のある本」を出すことだってできなくなる。

220名無し物書き@推敲中?2013/01/17(木) 21:57:29.98
故郷さん。
太宰賞には応募されましたか。

221名無し物書き@推敲中?2013/01/21(月) 20:46:37.54
泣ける。
あんたに泣ける。

あの表紙絵。

かっこつけたりしない人なんだな。

がんばれ、
北林あずみ!

222名無し物書き@推敲中?2013/01/22(火) 18:13:08.37
誰?

223名無し物書き@推敲中?2013/02/07(木) 11:27:34.09
やっぱ、梗概読んで、最初と最後の数ページだけ見て、ハイ終了。なのかなぁ

224名無し物書き@推敲中?2013/03/25(月) 12:13:57.61
age

225名無し物書き@推敲中?2013/03/25(月) 19:28:42.81
オレは省エネタイプだから雑誌の新人賞にしか投稿しないけど、おまいらには期待してるぜ。

226名無し物書き@推敲中?2013/05/02(木) 21:13:36.12
3.ふんべつ 過(す)ぐれば愚(ぐ)に返(かえ)る

227名無し物書き@推敲中?2013/05/21(火) 15:37:51.90
>>223
それならそれで全員条件は同じなんだから、問題ないな。
特定の何人かだけそういう読まれ方をされてるならともかく。

228名無し物書き@推敲中?2013/06/02(日) 17:39:55.72
自分でサイトまで作ってダウソ出来る仕組みで量産してる行動力は凄いな
中身は最早ナンセンス詩とか題打った方が良い感じだったけど

>>223 そこまで出版社信用出来なくなったら応募止めた方がいいな

229名無し物書き@推敲中?2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
丸山健二 文学賞
http://shinjindo.jp/contents/maruyama_award.html

【選考者】
 丸山健二
 ※選考者である丸山健二氏がすべての作品を読みます。
・選考者からの言葉
 1、最初の一行で引き込めなければ最後まで読みません。
 2、会話で説明するような件(くだり)があった場合、中断して破棄します。
 3、ナルシシズムな作品は、文章が良くても拒否します。

【応募規定】
・募集対象:
 小説のみ

・枚数規定:
 400字詰原稿用紙300〜350枚(ワープロの場合は各頁40字40行、A4の紙に縦書きで印字して下さい。これで400字詰原稿用紙4枚とカウントします。原稿は綴じずにダブルクリップで留め、各頁にノンブル〈頁番号〉を必ず入れて下さい)。
 枚数規定内であれば、短編集でも可。但し、1作品あたり下記のエントリー費が必要となりますのでご注意ください。

・応募資格:
 プロ、アマその他の資格を問いません。
 丸山健二文学賞の運営費として、1作品5,000円(税込)のエントリー費が掛かります。

どうよ?

230名無し物書き@推敲中?2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
>>229

新しい作家を発掘するという名目で金がほしいだけにしか見えん。

231名無し物書き@推敲中?2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
風当たりが強くなるのを承知でやるのだから、生半可な気持ちではないだろう。
こうした動きがあることを否定はできなし、金のためとも思わない。
でも、応募はしない。
これが作家ではなく、出版社の現役の編集者なら、間違いなく応募する(笑)。
何故なら、作家の眼力よりも、次代の作家を発掘するプロとしての編集者の眼力と
嗅覚とを信じているからだ。
出版不況を打開できるとすれば、編集者しかいない。
ただ現状は、冒険をしなくなり、眼力と嗅覚とを少し曇らせているだけなのだ。
作家とは作品によって、自分の信じる新しい次代の潮流を作り出していくべきだ
と自分では思っている。

232名無し物書き@推敲中?2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
それより、大手出版社に逆らえるのかな、という心配もある。

理想が高くても、取り次ぎが応じなければ店頭に並ばないし、
政治的に大手出版社がごねればどうなるのかすらわからない。

眼力のある編集者がいないからこそ、今の現状だろうと思う。

利潤の稼げる弾を揃えるだけの風潮に対して、興味深い問題。

233名無し物書き@推敲中?2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
丸山健二は逆らって生きて来られた。芥川賞を受賞してから、文壇を拒絶したからね。
ただ、丸山健二賞を取った新人はそうはいかない。丸山が押したというだけで嫌われる。
丸山は庇護する気はゼロだろうし、その結果潰れても本人の責任だと嘯くだけだろう。
そんな賞に応募するやつには、まあ同情することもないか。

234名無し物書き@推敲中?2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
>ただ、丸山健二賞を取った新人はそうはいかない。丸山が押したというだけで嫌われる。

ふーん。

【ジャンル不問】売れないプロ作家のための愚痴スレ49
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1371477049/

773 名前:この名無しがすごい! 投稿日:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:ykD2Wcpe
>働きに見合っているとはとても思えぬ、
>書き手をダシにして経費で遊ぶことだけが狙いであるにもかかわらず、
>異常に高い給料と、編集者としてあるまじき異様に低い才能のせいで、
>ちゃんとやればそれなりの結果が出せ、企業として成立させていられたはずなのに、
>案の定、質的にはむろんこと、商売的にもいよいよにっちもさっちもゆかないところまで追いこまれ、
>あとはもう時間の問題で自滅するのを待っているといったありさま。

丸山健二文学賞新設宣言より
よくぞ言ってくれましたと快哉を叫びたくなったw
具体的にどの社やどの作家を指しているのか、かなり露骨に分かるw


774 名前:この名無しがすごい! 投稿日:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:xZoGZ2D/
>>773
どの社ですか?イニシャルで御願いしまつ

235名無し物書き@推敲中?2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
今は文壇に「かわゆいのぉ」されても、生き残れるかわからんがな。

まあ、それはともかく。新人を見つけ出す一つの選択肢。と考えれば、存在自体を、応募者が否定しなくてもいいわな。成功するかは別にして。
それと、とりあえずこの人が動いたことを、俺は評価してる。本音としては(二十年おせーよ)と、この人の立場くらいなら思わんでもないが。

そんでまあ、賞全般に言えると思うけど、選んでいる側が誰も責任を取っていない。みたいな感じは、ちゃんと聞いて改めるべきだと思うよ。
選ばれた人が木っ端に言われるなら、選んだ人も名指しで木っ端に言われないとね。(その評価が正当かは、別だが)
複数人になって責任が曖昧になると、なんとなく、なあなあにしてしまうのは、俺も悪い癖で一緒だけど。

236名無し物書き@推敲中?2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
丸山健二文学賞について語るスレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1375093589/

スレがたってた。

237名無し物書き@推敲中?2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
締め切り後、編集部総がかりでどの下読みに割り振るかの、荒読み、荒選り。この段階で大概勝敗が決まっている。
 ↓
下読み。過去の通過者を落とせないので、非公式なデータベースを活用するだろうし、見つけた知り合いの応援に、
それ以下の応募作を挙げて擁護し、そのために非公式なデータベースに虚実を加えデータベースの信頼度を下げる。
 ↓
つまり、非公式なデータベースを活用する下読みは、通過作候補を確保したと思った時点で仕事をしたと判断する。
 ↓
最終選考前に候補作を精読する批評家は、自分の信ずる正しい作品の範疇に無い通過作から弾いて賞の基調を厳守。
 ↓
選考委員の既存の小説家は、自分の存在を脅かすような存在に対して、無意識にでも拒絶しようとしないだろうか?


最初の編集部の予想と、選考結果とが一致していれば問題ないのだろうが、実際には、どうなっているのだろうか?

238名無し物書き@推敲中?2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>231

こういうのは、どうよ?

第16回ボイルドエッグズ新人賞(応募締切=2013年11月25日)
http://www.boiledeggs.com/16newaward.html

1 まったく新しい才能、類例のない面白さに満ちた作品を募集します。
2 ボイルドエッグズ代表取締役・村上達朗が、応募作すべてに目を通し、受賞作を選びます。
3 受賞作は改稿後ただちに各出版社が参加する競争入札にかけられます。
これはボイルドエッグズによる日本初の出版システムであり、現在、日本を代表する下記の出版社が入札参加を表明しています。(50音順)

  ・角川書店
  ・幻冬舎
  ・集英社
  ・祥伝社
  ・新潮社
  ・日本経済新聞出版社
  ・文藝春秋
  
4 入札参加社の中で最高のオファーを出した1社が受賞作を落札(出版権を獲得)し、単行本化します。
5 受賞作および受賞作家はボイルドエッグズが著作権エージェントとなり、長期に渡り著作権を管理、幅広くプロモーション活動を展開します。
選外作にボイルドエッグズがエージェントとなることもあります。

239名無し物書き@推敲中?2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>237
最初に、俺の当てずっぽうと断っておくけど。
そこまで複雑な事情じゃないと思うよ。
単に読めないのが一つ。読めない人が集まって大多数になるのが一つ。多数決でどうでもいいのが選ばれるのが一つ。
巡り巡り、うんたらかんたらして、徐々に読者がはなれて不況。ついでに読者の質も落ちて、その中から発生する応募者も質が落ちるという。
(所謂一つのアリ地獄?)
こんな感じじゃないだろうか。もちろん、多少、事情とレベルの違いはあるだろうけど。

応募者が言ったら愚痴かも知れないが。選考委員も試験採用をしたらどうかと思う。
課題として、とある名著、良書の何が優れているのか(或いは、欠点でもかまわん)を、原稿用紙何枚以内で書いてもらうとか。カンニングができないよう当日試験で。
まあ、採点者が低レベルだと意味ないが。

それか、定期的に読書会なんかしたらいいかもな。読み方の勉強になるかも知れないし。
まあ、みんなへっぽこだと、ぐだぐだかも知れないが。

まあ、なんだ。
どれぐらいのレベルの読み手か、わからんのは、正直な気持ちとしてあるけどな。
愚痴を言ってもしょうがない。俺としては、たとえ低レベルであっても、ねじ伏せる小説を書きたい。(難しいのお……)

240名無し物書き@推敲中?2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>課題として、とある名著、良書の何が優れているのかを、原稿用紙何枚以内で書いてもらう

これの審査委員はだれだよw そしてその審査委員の質の保証はどうすんだよ(それも試験?)
あと名著、良書の基準と選択はだれが? 選択者の質の審査はどうやって?

現状の「第一線の作家なら、何が良くて何がだめか、知ってるに違いない」
ってのがコスト的にもベストじゃなくてもベターなんでないの?

それに読めない人も必要だと思うよ。なぜなら本を買う読者がすべて質の高い読み手じゃないからさ
彼らに売るためには、本を読めない人でも手に取る作品である必要があるわけだし
つまりは、質の高い下読みや審査委員ばかりではだめでしょ

241名無し物書き@推敲中?2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>239

>単に読めないのが一つ。読めない人が集まって大多数になるのが一つ。多数決でどうでもいいのが選ばれるのが一つ。

商業的に売れる売れないを別にして、読み出したら止められない本を手にした時の高揚感というか、興奮があります。
学術書だったり、ハウツー物だったり、棋譜だったり、楽譜だったり、プログラムのソースだったりしますが、
古典として読み継がれる小説には、読者に読ませるという魅力が備わっていると感じます。
専門家でなくても面白い物は誰が読んでも面白いハズだと考えますと、その水準の傑作は殆ど応募されていないのでしょう。
どんぐりの背比べから候補作を数合わせするだけでも大変なのかもしれないので、出版を生業とするプロに、読めないは失礼では?

傑作を書ける応募者が最初から傑作を書いているとは思えませんので、その才能の萌芽をどう見つけるのかでしょうが、
青田刈りや年齢制限で採り溢しているとしても、篩いの目から零れ落ちているうちはどうしようもないのでしょう。

ですが。

ビートルズをオーデションで不採用判定した大手レコード会社の担当者は解雇されたそうですが、
日本の労働組合は経営者の横暴だと反対するでしょうから、結局、うやむやに無かったことになるのでしょうか?


>応募者が言ったら愚痴かも知れないが。選考委員も試験採用をしたらどうかと思う。

技能検定で、一級技能士、二級技能士を検定し資格として認められていますが、
それは、その職種に従事している技能者のキャリアの証明でしかありません。
相応しい専門知識を持ち、一定時間内に要求されるレベルの仕事を仕上げる技術力がある。
ただそれだけです。
自社の将来を左右する選考委員ですから、それぞれの社の方針に沿った選考基準で託されるのだろうと信じたいです。

242名無し物書き@推敲中?2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>240

>それに読めない人も必要だと思うよ。なぜなら本を買う読者がすべて質の高い読み手じゃないからさ
>彼らに売るためには、本を読めない人でも手に取る作品である必要があるわけだし
>つまりは、質の高い下読みや審査委員ばかりではだめでしょ

傑作と呼ばれるのは、誰が読んでも面白いとか、傑出しているかであって、読み手の質など関係無い作品だと思います。

評論家だけで選出する某賞も、編集者に不満があるのか、隠しだまとしてデビューさせていますが、選考基準って何でしょう?
編集者のステマが2chで話題になった某賞も、入選者だけで無く拾い上げ等で多人数デビューさせています。
質の高い読み手が入選ラインのハードルを下げている様にも感じられますが、賞の信頼だけは、壊して欲しくありません。 

ところで、質の高い読者とは何でしょうか?

評論家の批評を鵜呑みにしたり、編集者の言いなりになって地雷原を駆けずるような、本を大人買いする人達でしょうか?
出版不況だそうですが、読み手が手に取らない新刊本を何種類も出版するより、過去の名著を絶版にするなとの声ではないでしょうか?

243名無し物書き@推敲中?2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
age

244名無し物書き@推敲中?2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
結局は賞が信じられるかどうかだろうな。
応募者も読者も

245名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
世界中に多い話だが、10か20以上の出版社から拒否された
ことのある原稿が超ベストセラーの道を歩んだり、
後に世界的ヒットになった曲のデモテープが多数のレコード会社から
突っ返された経緯があったという例が多いのは、
いわゆる業界人だけで、文章や曲を選考することの不可能性を
確実に示してるんだよ。
音楽なんか、一度聞けば、ヒットするかどうかなんて一目瞭然の
場合が殆どだと思うんだが、それでも専門家が名曲に難癖をつける
例は後を断たない。

246名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
これらの現象が何故起きるのかと言えば、専門家は普通の読者や
聞き手として、文学や音楽に感動する力を失ってるからなんだな。
これからの選考には専門家のルートと別に、一般人の投票が
欠かせないと思う。でないと、名作をわざわざ、埋もれさせる
ことになってしまう。
それに、いわゆる専門家が文学を読めないのは芥川賞の選評を見れば、
はっきりしてるはず。確実に、「読める人」もいるんだが、
そういう人は新人賞の選考委員になっていない。

247名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
某賞選評(門前貴裕氏筆)から
 
 実際、選考会というのはとてもあやふやなものだ。たとえ満場一致で
ひとつの作品が選ばれたとしても、選考委員のひとりがたまたま選考会の
当日に妻が産気づいて、長引かせるのがいやで黙っていた結果として
「満場一致」になったのかもしれない。産気づくのが一日遅れていたら、
あるいは「行為」のほうが一日遅かったらでも構わないけれど、
満場一致にならなかったはずだ。それどころか、彼のひと言で別の作品が
選ばれてしまったかもしれない。それくらいあやふやなものだ。
 もしあのとき誰かが発言していたら。もし僕がトイレに立っていたら。
もし前日に起こった地震の震度が4でなく5だったら。もし窓の外に見えた
のがルミナリエでなくしゃがんで泣いている姉だったら。もし人間を踏みつける
犬を知っている選考委員がいたら。もし誰かが嫉妬を燃料にセドリックを走らせた
経験があったなら。選考結果は変わっていたかもしれない。僕だって首尾不一貫
だったかもしれない。
 けれども、そのあやふやなものが人の未来をつくる。人生を転がす。
 文豪と呼ばれる書き手だって、毎日まいにち原稿用紙に向かって書いては消しまた
書いては消してきた結晶が、何らかの「流れ」によって世に見出されてきたのだ。
 その意味で、ここに選ばれた作品の書き手には「流れ」がきている。

248名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
門前貴裕の選評ほどいい加減なものはないね。
どの面下げて247みたいなことが言えるのか。
それは、門前が選考側にいる人間だから。
自分達が創設した賞なんだから、どんないい加減なことをしても
構わないということなんだな。
ポプラや宝島も同様。小学館の「きらら」文学賞も同じ。

249名無し物書き@推敲中?2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
コピペニマジレスカコワルイ

250名無し物書き@推敲中?2013/09/03(火) 16:45:48.37
>>249
なんで? コピペだろうがなんだろうが、
「そこにある文章」がおかしかったら指摘するのは自由だろ。
張った奴が、自分の主張を的確に書いてくれてるものとして
張ったのかもしれんのだし。なら、それに指摘をするのは、
張った奴本人に対する指摘になる。

251名無し物書き@推敲中?2013/09/17(火) 12:49:38.49
話は変わるが、日本は今、数多の文学賞が乱立している。
持ち込みよりも効率が良いというのが最大の理由かな?
それと、出版不況を反映しているのかも知れない。

この現象、諸外国ではどうなんだろう?

252名無し物書き@推敲中?2013/09/17(火) 13:31:21.90
アメリカあたりだと公募もあるけど
エージェントの「あなたの小説読んでよかったら出版社に話つけますよ」
ってのが基本で
あと雑誌が「載せる原稿募集してます、良かったら買います」ってのがあって
これはデビューって言うよりは腕試しみたいな感じで(原稿料もたいしたことなく)
毎年10〜20くらいの短編を書いて、あちこちに送って年一くらいで雑誌に載ってます
みたいな趣味の作家がいるよ 載った雑誌見て連絡してくるエージェントもいるし
当然、過去に載った回数ってのはエージェントとの契約とかでも有利に働くし
素人には玄関払いされるような有名エージェントと契約するならわりと重要

日本だとデビューできないが雑誌に載せる小説買いますってのは
現在ショートショートくらいしかないから
(あと電子書籍とケイータイ小説であるかな)
もっとやればいいのにとは思う

253名無し物書き@推敲中?2013/09/19(木) 04:32:01.66
Berryz工房 『ROCKエロティック』(Berryz Kobo[Erotic ROCK]) (MV)

http://www.youtube.com/watch?v=yWR68wieltc

254名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 06:53:08.15
出版エージェントは合理的でいいシステムだと思うな。

かのハリーポッターは12もの児童書出版社に断られた。これはイギリスの
すべての児童書出版社に断られたことになる。しかしエージェントがこれから
児童書出版に取り組もうとしていた出版社を探し出してきて、世に出ることに
なった、という有名なのかどうか知らないが、エピソードがある。

日本の場合、応募者が自分で出版社を探さないといけない。業界人ではない
応募者にとっては相当難しい仕事だ。これを考えると出版エージェント
のある欧米は羨ましいと思うな。

255名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 07:20:22.70
日本にもエージェントはあるし海外はこんなに公募がないよ

気がついてるかね? 海外では断られても断られても
認めてくれるエージェントを自分で探さないといけないわけだw
日本の公募ガイドみたいなのとかエージェント一覧を乗せてるサイトがあるけどね
これは日本も一緒、べつに業界人でなくても難しい仕事ではない

256名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 08:50:22.93
下読みや編集の読みの能力には、それなりの信頼を置いていたけれど、
そこそこ書けたと思った小説が一次落ちしたことがあって、
さすがに疑問だったのでネット上で公表してみたら、軽く話題になるくらい評価が良かったよ。
それ以来、下読みに若干の不信感を持ちつつあるな。
ハリポタの件は初めて知ったけれど、やはり、そんなものかね。

257名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 09:40:13.44
>>1
>最近の新人賞の作品を
>わたしはそれほどのものとは思えないのです

こうなった時に、謙虚に自分のセンスの無さを認め、
他人から素直に学ぶことができるか、
あくまでも我流を貫くかで分かれるんだろうな。

自分の嫌いなもの、自分の好みに合わないもの、自分にとって理解の困難なもの、
から逃げて、
自分の好きなもの、自分のセンスに合致するもの、自分にとって理解の容易なもの、
ばかりを受け入れてたら、そりゃ気楽だろうさ。読むのも描くのも。

ただ、それだと「自分の好み」という枠の外のものに触れることができず、
またそれを考えることもしないから、いわばその部分の「発想の筋肉」が
鍛えられず、自分がどんどん狭まっていくと思うけどね。

258名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 10:15:42.11
違うな。日本のシステム上の問題はそこじゃない。

他国では基本的に、書店が出版社に発注する。だから書店によって品揃えが異なる。
また交渉によって納品の数も仕入れ値も異なるため、売れ残りがないよう書店は真剣に取捨選択するし、売れないものは値引きセールする。
書店によって特色が出て、書店同士で競争が起き、健全化する。

こういったことがあるため、出版社もエージェントとの交渉にいろいろな条件をつける。
ようするにそこで、契約条件に格差が出る。印税率はもとより、初版もどれくらい出すか決めておく。
この初版の数は、出版社が、書店側と交渉するときに、重要になってくる。

売れると思ったものは、大量に書店が買い取ってくれるからだ。
また、市場に大量に出回ると、よく売れる。中身の良し悪しはあまり関係ない。
だから出版社は大量に市場に出したがる。

日本の場合は、書店と出版社の間に「出版取次」が入り、ここが流通量を決めている。
出版取次がどれだけ市場に出すか、独断と偏見で決めているため、出版社は出版取次にもっと出させてくださいと頼むしかない。
(ここに既得権ができあがる。電子書籍の販売タイトルが伸びないのもここでの空気から)

そのため、出版社は「○○万部発行!」と大々的に宣伝する。
発行するのは出版社だが、それを市場に出すのは出版取次のため、事実上、発行部数には意味がない。出版社の倉庫に堆く積み上がるだけ。
しかし出版社がそう公表することで、市場がそれを求める気運になる。そうなると出版取次との交渉が楽になるのも確かではある。

たまに、発行部数を過大に発表している、と言われるのは、倉庫に積んでおくだけだから、
いくらか積んどけば一緒だろうということで、軽い気持ちから、水増し発表される。

日本にもエージェントはあるが、ほとんど機能はしていない。
根本原因は、出版取次によって、システム全体が統制されているのが要因。
たとえば、日本で「新人賞」なるものが当たり前にあるのは、「新人賞受賞作」という冠があると、出版取次がそれだけで流通量を確保してくれるため。
いくら出版社が押しても、突然、無名の作家の本を市場には出してくれない。

日本以外では新人賞デビューなどというシステムが主流ではないのがこれでおわかりか?

259名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 10:20:46.28
誤)いくら出版社が押しても、突然、無名の作家の本を市場には出してくれない。
正)いくら出版社が押しても、突然、無名の作家の本を、それなりの数で、市場には出してくれない。

260名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 10:55:37.84
>日本以外では新人賞デビューなどというシステムが主流ではないのがこれでおわかりか?

いや、ここは日本だから。外国のことなんかどうでもいいよ。興味ない。
外国のシステムが正しい、日本のシステムが間違ってる、
ってわけでもないしな。

仮に日本のシステムが間違ってるとしても、
「日本人相手に日本語の小説を書く日本の作家として」やっていきたいなら、
日本のシステムに沿うしかないし、そこに文句言っても意味がない。

ボクシングのチャンピオンになりたいなら、ボクシングのルールに沿うしかない。
「蹴りや関節技のないルールなんて非実戦的だ」
とか言っても意味ないだろ? 蹴りや関節技の練習なんか、するだけ無駄だろ?
それをやりたきゃボクシングやめて、プロレスでもやってろって話。

あと、日本だろうが他国だろうが、そもそも駄作しか描けなきゃ
デビューもヒットもないよ。そして、名作を描くには幅広く視野を持つべき。
嫌いなものを排し好きなものだけ取り入れるという偏狭なことではいけない。

漫画家になりたいからといって漫画だけ読んでりゃいいか?
ラノベ作家になりたいなら、映画もドラマも一般文芸も不要か?
嫌いだからといってそれらを遠ざけてて、名作を描けるか?
>>257では、そういうことも言ったつもりだよ。

261名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 10:58:38.47
「書店と出版者の関係」と 
「作家とエージェントと書店の関係」を
混乱してるようだけど

262名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 10:59:54.97
>>257
アメリカで有名なアート指南書には、
逆に、相手の意見を取り入れることは非常に簡単、かつ危険だと説明されている。
アメリカと日本の文化の違いだろうかね。我を貫くか、相手の意見に取り込まれるか。
少なくともアメリカでは、我を貫くことができるシステムが整っているんだろう。

263名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:02:57.00
>>262
うんうん。そうすれば「アメリカ人受けする」作品は描けるんだろうね。
日本人たる俺には多分、そぐわない。
日本の多くの読者にも。

「謙虚に他人から学ぶ」のが日本の気質であり、また美徳でもあり、
それを読者も作品から読み取るんだろう。

264名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:07:06.18
「守・破・離」って言葉を知ってるかな。

師匠や先輩の教えをまず忠実に学び、身に着け、その後で
そこから卒業し独立していく、ということを意味する言葉だ。

先生の指導する、地道な正拳突きの練習をカッコ悪いといってサボり、
「俺様のスペシャル・オリジナル・ホールド」ばかり妄想してる奴が、
はたして強くなれるかな?

「守」をすっ飛ばして「離」ばかりに飛びつくのは、
気楽であり危険だと思うけどね。地道に「守」からやっていくことが、
正道であり実は一番の近道だと思うよ、俺は。

265名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:13:32.44
いやいやアメリカ人だって人のアドバイスくらい聞くさ
商業的出版物ならなおさら
「アート」な人は日本でもいうこときかないだろ

266名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:23:00.15
日本の文学が世界の中心たりえないのは、日本の文学が劣っているから、、、では無いと、
ここの人たちなら考えそうだね。色んな物事が西洋化している現代において、
古い日本文学や日本古来のアートの作法に固執することは、日本の文壇にとって良いことなのか。
日本文学のガラパゴス化と孤立、衰退という道筋が見えるような気がするんだよな。

267名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:31:32.53
>>260
いや、そうじゃないな。

これまではそれでよかった。しかしこれから違う、変化の時代に入った。

今、日本では、重度な出版不況から抜け出せない。ずっと右肩下がりで、底打ちする気配もない。回復させる材料もない。

これはデフレといった国内の景気のせいではなく、やはりシステムの問題である。
インターネットが普及して、書籍の売上が落ち、書店が急激に減っているのも、日本国内だけに顕著に出ている現象である。

つまり、外国のシステムは正しく、日本のシステムが間違っている。

まずこれを認めないと、正しい現状認識はできない。
そして日本のシステムのどこが間違っているのか検証する必要がある。
それが、取次一極支配制度であり、割引セールができない再販制度である。

今のままだと、日本の紙出版は滅びてしまう可能性がある。
電子出版、電子書籍がそれに取って代わる。

電子書籍の世界は、どんな本でも受け入れる。そして割引セールで顧客をどんどん呼び込む。
今はまだ販売タイトル数が「出版ごっこ」のレベルであるため、電子書籍で本を買おうという気にならない。
しかし、これが、すべてのタイトルが置いてあるという状態になると、一変するだろう。
そのときになってからでは遅すぎる。

日本でも京都にある書店「恵文社」は人気だ。店に独自性があるからだ。
そこにいまの出版業界の活路がある。
一律に配本された本をただ並べて客を待つだけのシステムには限界がある。

ルールに従おうとする律儀な日本人も、そのルールがおかしいと気づいたなら、直さなければならない。
そうしないと、みなが泥船に乗ったまま、深い海の底に沈むことになるだろう。

268名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:32:04.94
こうやって、古い日本の新人賞システムに不満の声が上がり、西洋のエージェント制の導入が
期待されているという現状、、、これはもしかして、もう日本人の一部が日本人ではなくなり
つつある、古来の日本の慎みやアートの作法が受け入れられなくなりつつあるってことの
証左ではないかな。

269名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 11:49:13.92
いや、それが大いなる誤解だ。

戦後つくられた今の日本の出版産業システムは、日本人がつくったものではなく、一部の権力者がつくった珍妙なシステムだ。
今こそ日本人は、日本人特有の「おもてなし」文化に回帰すべきだろう。

一律に同じような本を、どこで買っても同じ値段で売るという人間味のない書店を、これはおかしいと思って、見てみればわかる。
マクドナルドと同じだ。もっといえば自動販売機と同じであり、もしかしたら書店員は不要なのかもしれない。

日本人は、アメリカ人が設置した、実に巧妙な言論統制システムの、今の出版業界、新聞業界、放送業界を、独自のアイデンティティーで変えていく必要がある。

270名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 21:52:35.12
ハハハハ
昔、内外価格差問題ってのがあったのを思い出す。

一昔前、日本ではいろんな物価が海外に比べて数倍という物が多かった。
企業はこれを「日本の文化だ」と言っていた。もちろん文化などではない
旧態依然の流通システムや高く売りたい企業のせいだ。そしてすみやかに
改善がなされて「日本の文化」は無くなり、価格はほぼ正常になっている。

出版界の構造不況は、日本人の慎みやアートのせいなどではないよ。
単純に海外のシステムの方が優れていて、日本が劣っているというだけのこと。
それが今、限界に達しつつあるわけだな。

271名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 22:17:45.16
再販制度の問題があるな。
制度の趣旨はわからんでもないが、
果たして、らのべとか週刊誌でエロ写真つけて売ってる出版社が、主張してよいものかと思う。

272名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 22:48:51.92
海外も出版不況っすよ
小説だけでなく新聞とか雑誌とかも統廃合が盛んだし
ヨーロッパの作家やアメリカの作家だってダイレクトに世界的に売れるわけではないよ
それでもアメリカや英語圏が一番インターナショナルにうれるかな?
少子化とかではないしね

273名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 23:35:45.35
アメリカの書店の推定売上げは、
マイナス成長化の日本の書店売上と違い、順調な成長を示している。
http://current.ndl.go.jp/node/14435

274名無し物書き@推敲中?2013/10/03(木) 23:51:20.77
2000年あたりが頂点で減ってるじゃん
その後、最近はどうなんだ? 2010以降は?

再販制度変更やエージェント制が何か劇的に良くなる方法には思えないけど
読書会は日本にもほしいな

275名無し物書き@推敲中?2013/10/04(金) 00:10:52.72
ま、地道に人材育成だな。

276名無し物書き@推敲中?2013/10/04(金) 07:26:55.94
>>274
こら。ちゃんとサイトを読んでからレスしろ!

「なお、このグラフによると、03年からは売上げが下がったように見えるが、」
から解説してある。あとは自分で読め。

「劇的に」良くなるのか、「ちょっとだけ」良くなるのか知らんが
とにかく良くなる。今の日本のシステムは限界にきている。
売上が下がってる以上、変化せざるをえない。

277名無し物書き@推敲中?2013/10/04(金) 08:09:07.54
03年の話は誰もしていない

278名無し物書き@推敲中?2013/10/04(金) 10:15:00.42
指摘されて逆ギレですか

279名無し物書き@推敲中?2013/10/06(日) 18:39:50.12
先日、訃報が伝わったトム・クランシーも、デビューにはエージェントの力が
大きかったんだな。

デビュー作「レッドオクトーバーを追え」は、ニューヨーク中の出版社から
Noを出され、結局、ボルチモアだったかの海軍・船舶関係の書籍を出している
専門出版社から出版の運びとなった。
ここは小説を出すのは初めてで、エージェントが口説き落として出版できた
とのこと。その後のベストセラー、快進撃ぶりは周知の通り。

こんなシステムこそ合理的でいいシステムなんだよな。

280名無し物書き@推敲中?2013/10/06(日) 18:55:46.15
>>277
自分の話題から少しでもそれると否定するようでは、
人にものを聞く権利はありませんぜ

281名無し物書き@推敲中?2013/10/06(日) 20:13:27.46
>聞く権利はありませんぜ
聞いてないし

まず、アメリカでは増えてる前提の会話

それいたいして
272 ふえてねえよ
273 ホラこれ見ろ
274 2000年が多くてそっからがくんと減ってるじゃん、ここ数年のデータ無いし
276 03年から統計が違うのだよ
277 03年の話してないし
278 逆切れかよ
280 おまえに聞く権利ねえ
281 なにも聞いてないぜ←いまここ

282名無し物書き@推敲中?2013/10/06(日) 21:09:22.63
>>281
>それいたいして

誤字には気をつけましょう。
エージェントにも一次下読みにも相手にされませんよ(笑

283名無し物書き@推敲中?2013/10/07(月) 09:53:04.24
北林あずみって誰?
文藝賞受賞作がパクった人?

どうでもいいけど文章下手過ぎだろ
最初の二行くらいでギブだわ

284名無し物書き@推敲中?2013/10/10(木) 14:42:41.72
アメリカ崇拝というか舶来もの万歳というかガイジンコンプレックスというか、
そういう人が張り付いてるみたいだね、このスレは。

>>268
>こうやって、古い日本の新人賞システムに不満の声が上がり、西洋のエージェント制の導入が
期待されているという現状

どこで誰が期待してるの? 俺は少なくとも、このスレ以外では
全く聞いたことないよ、その期待の声。お前さんの脳内?

285名無し物書き@推敲中?2013/10/10(木) 15:07:17.52
横だが、よく聞く話だな。

作家デビュー、漫画家デビューしても、年に出版できる総数のパイが決まっていて、
平均一人あたり一冊から二冊程度。
人気作家、人気漫画家が、何冊も出すから、すぐに出せない人であふれる。

それに近年では、運良く出せても、一万部いくかいかないかになっているから、不満だらけ。
しかし、不満を表立って言うと、干されて出せなくなるから、みんなだんまり。

結局、出版点数を多くしたけど、そのため回転率が早くなり、
書店に並ぶ期間が一、二週間程度と短くなって、すぐに返本。
だから、売れないのは、日本独自の出版流通システムの問題。

アメリカが良いか悪いかの問題じゃなくて、日本が最低のクズ。
これはもう何十年も前から指摘されてきたことだ。
対策ができずに、先延ばしされ、電子書籍がやって来て、とうとう変革を迫られている。

日本ではエージェント制は無理だろう。KDPで誰でも出版できるようになったから。

286名無し物書き@推敲中?2013/10/13(日) 06:43:38.11
パイが決まってるのは市場がその程度しかないからだろ
(パイ=出版できる数 ではなく パイ=市場 だろ? 普通)
だったら売れっ子ばかり出すのは当たり前だ、市場だってそういうのばかり買うんだもの
対策とか、子供増やすくらいしかない
出版社が出来ることじゃない

そもそもが誰も欲しくないんだから
売れないやつが電子書籍にしたって騙されたり間違えてクリックした
やつくらいしか買わない

287名無し物書き@推敲中?2013/10/13(日) 08:14:54.99
>人気作家、人気漫画家が、何冊も出すから、すぐに出せない人であふれる。

当たり前だ。読者の支持を得られない、不人気作家が生き残れる方がおかしい。
そんなものは作家に限らず、アイドルでも芸人でも同じこと。
人気商売ってのは、一部の選ばれた勝者以外は全滅するもんなんだよ。
またそういう熾烈な競争をさせてこそ、「一部の選ばれた勝者」のレベルが上がり、
研ぎ澄まされていく。

そんなことはない、○○や××のような駄作が売れてるのは……とか言いたいんだろうが、
そりゃ単に○○や××が、お前さんの個人的好みに合致してないってだけの話だろ。
「個人的好み」ではなく、「大勢の好み」に合致してるという証明が、つまり売れ行きなんだから。

>アメリカが良いか悪いかの問題じゃなくて、日本が最低のクズ。

結局それは、「日本に比べれば」アメリカが良い、って言ってるのと同じだよ。
ひとつの文の中で矛盾を発生させるとは、なかなかだね。

>これはもう何十年も前から指摘されてきたことだ。

どこで誰にだよ……

288名無し物書き@推敲中?2013/11/09(土) 18:39:28.86
問題はシステムとかじゃなくて
編集するやつらで人間だよ。そこ間違えるなよ

289名無し物書き@推敲中?2013/11/13(水) 12:00:44.09
ボクシングは、キックも関節技もない、非実戦的極まりない格闘技。
プロレスは、キックも関節技もある、実戦的な格闘技。

ボクシング協会は、一刻も早くプロレスを見習って、キックや関節技を
ボクシングの技として正式に認めるべきである。

ってか。ボクサーになりたいなら、どんなに不満でも、
ボクシングの「ルール」に従うのが当然だっての。
頭突きさえ使えれば、俺はボクシングの世界チャンプになれるのになー、
ああ、プロレスラーが羨ましいぜ、とか言ってるのと同レベルだぞ。
「ルール」に文句言ってたら、どんな「競技」もまともにできやしない。

「ルール」を変えたいなら、とりあえず駅前で署名活動でもしてみたら?

290名無し物書き@推敲中?2013/12/14(土) 14:36:09.56
コネがないと受賞できないよ

291名無し物書き@推敲中?2013/12/14(土) 17:20:50.54
出版社もコネがないと配本できないよ

292名無し物書き@推敲中?2013/12/15(日) 18:53:57.78
ま、失望絶望したんならやめればいいだけだね。
新人賞への投稿を。

これが例えば、「最近はつまらない作品ばかり受賞・出版されてる。
俺が、本物の面白い小説ってやつを世に出してやるぜ!」とでもいうなら、
頑張って名作を描けよ、と応援もできるけど。

システムにケチつけられてもなあ。で、どーすんの? としか。

293名無し物書き@推敲中?2013/12/15(日) 19:02:57.33
それをお前が考えて提案しろボケ

294名無し物書き@推敲中?2013/12/17(火) 08:57:39.93
>>293
そうそう。不満があるなら、自分で考えて提案しろっての。
アメリカ様万歳ばかりじゃなくて。人まねばかりじゃなくて。

……と言いたいところだが、こんなところで「提案」しても
事態は変わらんけどね。
出版社に嘆願書でも出すか、出なければ潔く諦めるかだ。

まあ、延々とダラダラと、ただグチを垂れ流したいだけというなら
止める気はないが、>>293はそれを望んでないみたいだしね。
グチだけでは駄目だと思うんだろ?

ちなみに俺は不満なんかないから、提案もグチも何もないよ。
ただ、不満があるくせにダラダラ愚痴愚痴してるだけの奴を
見物に来てる。

295名無し物書き@推敲中?2013/12/17(火) 11:50:05.24
↑こいつなんで2chに来てんの? ただのバカ?

296名無し物書き@推敲中?2014/01/07(火) 09:53:35.90
>>295
>なんで2chに来てんの

たった1レス上の、ラスト2行ぐらい読もうぜ?
「○○に来てる」と、はっきり書かれているぞ。

297名無し物書き@推敲中?2014/01/22(水) 13:59:31.56
得度とは救う,度を渡る,すなわち迷いの 世界から悟りの彼岸に渡る意味と,悟りを得るといった意味のほかに,在俗者が仏門に 入ることを意味する。今日では僧となること,出家する意味に用いられる場合が多い。

298名無し物書き@推敲中?2014/01/27(月) 14:22:30.79
調べるのがめんどくさい初心者はなんでもかいとけ!
知ってたら即、答えるし、知らんかったら知らんと書く。
検索なんか糞でも喰っとけ!
教えて君以外は逝ってヨシ!

【鉄の掟】
一、かぶっても泣かない。
一、出された質問は残さず答える。
一、マンモス村田のギャグには大爆笑する。

■質問者へ
なかなか回答がこない場合は「>>2」のように質問を書いた場所の
左側の番号を半角で書き込んで回答を催促してみましょう。

■参考
本スレURL保存所8        ←スレを立てたら報告はこちら
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/490/1253609134/
もの質外部避難所12      ←鯖がdjときはこちらに集合
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/490/1101364883/
物質避難所 7テント目
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/qa/1286584042/

質問はここで

299名無し物書き@推敲中?2014/01/28(火) 19:18:42.43
新人賞なんて、半分運みたいなものだから、どんなに優れた作品でも
上にいかないものはある。
実際に新人賞の一次選考で落選したものを自費出版したら
大ベストセラー作品もあるし、何度堕しても一次落ちだった人が
出版社の社長との出会いで、出版してもらい、大ベストセラー作家に
なった人も居る。
「お前なんか何の才能もない」「こんな作品ゴミ以下の価値もありませんね」
とか評価シートで何度も書かれたら、頭狂うのもよく分かるわ。
でも、実際書けば書くほど実力もあがるし、自分の精神を超えて発狂して
狂い死にするまで血を吐きながら書き続けるしかない。
みんな頑張れ!お前等の事をゴミ以下と言って嘲笑した連中に負けるな。

300名無し物書き@推敲中?2014/02/11(火) 19:53:58.91
KDPベストセラー作家になればいい

なれるもんならな

301名無し物書き@推敲中?2014/02/11(火) 19:57:20.98
KDPでベストセラー作家になれないようじゃもうなれないだろ。
紙の本でベストセラー作家が出なくなってんだから。

302散文詩のデュラス2014/02/11(火) 21:03:29.23
コネ受賞の風 これだけは変わらないわ
どうなさったんですの?
出版社を眺めているんです
不可解な日差し コネという総合的な陰気をいったん横切ってしまうと
燃える太陽を、無理強いされてるみたいに眺めるしかない
ええ
その口調は、希望を持った、口調ではない

303散文詩のデュラス2014/02/12(水) 00:19:16.11
出版社は反省しろ。ポエジーなき、乞食の媚び売り業界よ。

304名無し物書き@推敲中?2014/02/12(水) 20:34:46.97
出版社は売れる本を出版する。
史上最年少の京都大学の学生が書いた本や芸能人が書いた本が売れて
出版社に莫大な利益が入るからそういう本を出版社は出す。

305名無し物書き@推敲中?2014/02/15(土) 00:51:55.14
賞は沢山あるし、どこにも引っかからないなら問題があるとは思いますが。

306名無し物書き@推敲中?2014/02/18(火) 23:39:52.30
善人なおもて往生をとぐ。いわんや悪人をや。

307名無し物書き@推敲中?2014/02/19(水) 00:12:25.79
新人賞のシステムじゃなかったら全てがコネになってしまいます。
東大、早慶の出身者にとってはそれが都合がいいと思いますが。

308名無し物書き@推敲中?2014/04/13(日) 06:57:59.54
>>299
>「お前なんか何の才能もない」「こんな作品ゴミ以下の価値もありませんね」
>とか評価シートで何度も書かれたら、頭狂うのもよく分かるわ。

新人賞のシステムに関係なく、本人の実力に関係なく、
自信作をこういわれて怒るのは当たり前だけどな。

だが、こういわれた奴が、本当に「才能がない」「ゴミ以下」ではないという可能性、
はたしてどの程度あるやら。新人賞は運が絡むといっても、
最高の幸運に恵まれて尚、一次突破が限界とか、あるいはせいぜい二次落ちとか、
そういう奴の方が大多数だろろうに。

あちこちに散らばってる素人作品をちょいと見れば
嫌でもわかることだ。

309名無し物書き@推敲中?2015/05/30(土) 18:22:59.07
ttp://sekihi.net/stones/18552

310名無し物書き@推敲中?2015/11/03(火) 04:40:43.31
>>308
ない才能に執着しているとしか思えず他人事ながら「諦めたらどう」と言いたくなる

311名無し物書き@推敲中?2017/07/10(月) 04:01:48.47
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、☆
@ 公的年金と生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、
ベーシックインカムの導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば
財源的には可能です。ベーシックインカム、でぜひググってみてください。
A 人工子宮は、既に完成しています。独身でも自分の赤ちゃんが欲しい方々へ。
人工子宮、でぜひググってみてください。日本のために、お願い致します。☆☆

312名無し物書き@推敲中?2017/07/28(金) 00:50:03.89
出版社系 公募新人賞からの新人排出は下火
賞を取ったところで儲けにはあまり繋がらなくなった
いまや儲かる新人作家はネット投稿サイト

エブリスタ代表取締役社長の芹川太郎氏
大いに語る!

前編
http://magazine-k.jp/2017/04/18/contemporary-web-fiction-01/
後編
http://magazine-k.jp/2017/05/10/contemporary-web-fiction-02/

後編より

昨年の出版界のベストセラートップ10の中になかに入った新人は、
「小説家になろう」さん出身の『君の膵臓をたべたい』の著者、住野よるさんだけです。

昨年の文芸で注目の新人を生みだしたのが唯一ネットだったということを考えると、
もうその垣根はなくなっていると思います。

芥川賞や直木賞をネット発の人が獲るのも、時間の問題のはずです。

313名無し物書き@推敲中?2017/08/17(木) 12:00:03.93
旨い汁を吸うねえ

314名無し物書き@推敲中?2017/09/02(土) 16:39:39.81
私が、ダントツだ。
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bun/1485598578/

二〇〇八年の第三回ポプラ社小説大賞でのぶっ飛びに成れなかった自称ぶっ飛び氏が吠えてた。
ぶっ飛びを諦めてダントツに趣旨替え?
ダントツってのはソースが存在してる。
ワザワザ他社公募スレでの示威行為ってのを実証可能って指摘に異議を唱えて吠え様が無問題。

315名無し物書き@推敲中?2017/09/06(水) 18:50:20.64
若いのはどうせ本を読まないんだから、若いの向けの本は出すだけ無駄だ。

もっと、人口の多い中高年向けの本を増やすことだ。

作家もその年代から採用するとか。そうしないと売れる本が出てこないぞ。

316名無し物書き@推敲中?2017/09/06(水) 21:17:13.06
中高年はもっと読まないのかも

317名無し物書き@推敲中?2017/09/06(水) 22:06:33.70
内田やすおみたいに自費出版からでOK

318名無し物書き@推敲中?2017/09/07(木) 17:52:56.99
ホラー
SF
ミステリーは

1段低い。

価値がない。
歴史小説など話にならない。

取材のみで成り立つ、やまさきとよこばりの、読み捨て売文

319名無し物書き@推敲中?2017/09/07(木) 23:54:01.30
>>318
お前という人間に価値がない。

世が世なら一刻も早く死ぬべきだが

現代は命の価値が上がっているので辛うじて生存を許されている。

常に感謝して生きよ。

320名無し物書き@推敲中?2017/09/08(金) 11:54:24.50
>>318
本音としては同意。
紙の無駄もいいとこ

321名無し物書き@推敲中?2017/09/08(金) 16:24:43.94
>>320
お前が生きてるのは水と酸素と地下資源の無駄だが社会はそんなお前にも優しい。

322名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 14:13:15.21
結論は、芸術にはプロもアマもない。
売れれば偉い、ということにはならない、ってことだあな。

323名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 14:14:38.19
ルビンの壺が割れた|宿野かほる ※ネタバレ感想・レビュー

水谷一馬がFacebookで修正済みの画像から未帆子を突き止める
水谷→未帆子にFacebookでメッセージを送るが、水谷は未帆子を「死んでいる」と強調する
2年で3回メッセージを送る(水谷は途中でアカウントを変える)
未帆子から水谷に返信がある
メッセージの往復で大学演劇部時代のエピソードが語られる
水谷には未帆子の前に婚約者の優子がおり、優子との馴れ初めや、優子が父親(養父)と寝ていたこと、未帆子と出会って婚約破棄したことなどを暴露する
未帆子は自分が結婚式から逃げたのには正当性があるかのように語り、「あなただけが傷ついたわけではない」と言う
水谷は未帆子がソープ嬢だったこと、演劇部の仲間などと寝ていたことを知っていたと告白
実は未帆子は実家が倒産し、学費を稼ぐ為にソープ嬢で生計を立てていた
未帆子は水谷を「それを知っていたら別れていた」「気味が悪い」と罵倒する
水谷は優子と未帆子のせいで女性不信になり、メンタルが弱ったと言う
未帆子はついに結婚式に行かなかった理由を語る!

324名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 14:15:03.93
その理由とは、水谷が幼女殺人事件の犯人である証拠を突き止めてしまい、警察に届けて失踪したからである
実は水谷は約28年の服役を終えて仮出所し、Facebookを使って未帆子にメッセージを送っていた
未帆子は「水谷がアカウントを変えた頃から優子が行方不明になっていることも知っている、これから今までのやりとりを持って警察に行く」と語り、最後に水谷に「とっとと死にやがれ変態野郎!」と言って終わる

ふかわりょうさんも「凄い!私はハマりました(要約)」と言っていた

ルビンの壺が割れた|宿野かほる ※ネタバレ感想・レビュー
http://matta.moo.jp/hulu-kjm/archives/rubin-no-tsubo-ga-wareta/60

325名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 19:13:41.82
KDPで有料だったものを無料公開することにしました。
よろしくお願いします。

コバルトの風の中で
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883987706

若草と風と青い空
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883987766

326名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 20:51:42.94
売れるよりは残るものをつくれ。
村上春樹なんぞ100年後にはごみ扱い。

327名無し物書き@推敲中?2017/09/10(日) 21:36:31.31
新潮社「騎士団長の売れ残りがすごくて会社が…」

328名無し物書き@推敲中?2017/09/12(火) 21:22:25.60
故郷さん、どうした。死んだのか

329名無し物書き@推敲中?2018/02/08(木) 16:03:06.76
僕の知り合いの知り合いができたネットで稼げる情報とか
念のためにのせておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

79CER

330名無し物書き@推敲中?2018/06/20(水) 07:36:16.50
特に純文系の賞の場合だと、何を基準に評価・授賞しているのかがわかり辛くなって、
宝くじに当たるのと変わらなくなっているのは問題だわな

331名無し物書き@推敲中?2018/06/21(木) 09:25:20.92
>>326
百年後、残っているのは阿久悠・松本隆・中島みゆきといった面々だろう

332名無し物書き@推敲中?2018/10/17(水) 11:03:17.84
誰でもできる嘘みたいに金の生る木を作れる方法
念のためにのせておきます
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

KBE

333名無し物書き@推敲中?2018/10/23(火) 19:28:19.92
まぁ、上げ。

334名無し物書き@推敲中?2018/10/28(日) 18:10:50.93
下手くそのいいわけ
自分を磨くことをせず、すべて悪いの出版社w

335名無し物書き@推敲中?2018/10/31(水) 20:34:51.51
>自分を磨くことをせず、すべて悪いの出版社w

その講談社って出版社が、自社採り溢し防止の為にデータベースを共有し合う相互互助システムを悪用。
自社採り溢し防止の為に問い合わされた他社の候補者の身辺調査時、不正応募者だからと、強要したら?

自社所有物は絶対に他社から出させない。

どんなに努力しようがブラック・リスト。

第三回ポプラ社小説大賞ってのは十年前の話なんだけど、講談社のちょっかいでどうなったんだろうか、
まぁ、取次とかが配布しなければってんだろうけど、文豪ヒロ先生の恥さらしってのは、講談社の責任。

336名無し物書き@推敲中?2018/11/03(土) 16:54:18.71
とにかく傑作を書けばいいんだよ
きちんとした日本語で。誰が読んでもわかるように
既存作家の二番煎じじゃだめだぞ
できれば見たこともない舞台と発想とキャラクターで
それが書ければどこの出版社からでもデビューできるから心配すんな
出版不況の今、とにかく編集者たちは売れる新人の本が欲しいんだから

337名無し物書き@推敲中?2018/11/04(日) 18:41:58.76
そう信じていたからこその顛末が、第三回ポプラ社小説大賞の騒動。

自社所有物の採り溢し防止の為に、業界内の相互互助システムでの、
不正応募者を業界内でチェックの、所謂ブラック・リスト悪用妨害。

ブラック・リストなど存在しない、無才能の妄想による妄言だとか。

目利きって何を評価してんだろか、他社で評価されたからってなら、
馬鹿でもできそうだけどってのは、傲り高ぶる無能の遣らかした事。

338名無し物書き@推敲中?2018/11/05(月) 14:55:38.31
作家志望なら2CHの書き込みも面白く書くべきだが。倫理観とか正義感溢れる文章は左翼ライターの仕事で。

339名無し物書き@推敲中?2018/11/05(月) 18:45:50.13
倫理観の欠如した自分さえ良ければの無能編集者は、他社から身辺調査の為に送られてくる候補者データを見て、
自社応募者データと突き合わせ照合でなければって、社外秘がばれてしまったらどうすんべーとは思いもしない。

他社で評価されてんなら横取り横取りと小躍りして、業界内地位のみを優越権と称して掻っ攫う快感に陶酔する。

本来なら表に出ない裏側でのイチャモン付けだけど、何を思ったか公開掲示板での示威行為ってのが新しいだろ、
メルマガで誘えばイチコロって俺様天才でやったら、無視された挙句にてんこ盛りの証拠がってのが心残りかな。

新天地では目障りなお目付け役も無視してイケイケ、社内事業化か起業化かと悩む親会社は御約束のオカンムリ。



成程、ユーモアって難しい。

340名無し物書き@推敲中?2018/11/05(月) 22:07:23.76
ユーモア溢れた面白い話をユーモアプリーズ《もっとくれ」みたいな感じっスカ?
説明しなけりゃいけないギャグってことは、人に通じない証明なのでユーモアに
溢れてない証明なきがするけど、どうっすか。
文豪ヒロ先生のkagerouにでてきた布団がふっとんだよりマシな文章っすかね。

341名無し物書き@推敲中?2018/11/05(月) 22:55:41.91
面白いってのはユーモアである必要はなく読者の興味をそそるという意味で。
単なる愚痴だとアホでも書ける。

342名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 19:51:36.24
>面白いってのはユーモアである必要はなく読者の興味をそそるという意味で。
>単なる愚痴だとアホでも書ける。

ここは、”原稿新人賞というシステムに失望している”スレだよね?
ブラック・リストの存在を否定する理由とか、何故、理論展開できないの?
どっかの編集者が無能と決めつけられて、何で論点逸らしとみられかねない記述なの?
無能はほっとけばいいから、ユーモアあふれる文章でブラック・リストの否定の根拠を述べて。

単なる愚痴だとアホでも書けるけど、馬鹿に批評ってのは無理?

阿保とバカって、関西と関東ではとらえ方が違うみたいだけど、面白ければいいと思うよ。

343名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 20:28:05.17
>文豪ヒロ先生のkagerouにでてきた布団がふっとんだよりマシな文章っすかね。

【芸能】ポプラ社小説大賞受賞の水嶋ヒロ、作家鮮烈デビュー「賞をいただけた現実に身震い」
掲示板名:芸スポ速報+ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288591893/

>515 名前:名無しさん@恐縮です :2010/11/01(月) 15:51:56 ID:ezRqaM/c0
> 108 彼氏いない歴774年 New! 2010/11/01(月) 12:42:20 ID:eX1sz2Eu
> テレビでも内容は不明とあるが
> 内容は臓器移植の話だからね

> 飲み屋で横の席のゴーストが言っていたよ

> 109 彼氏いない歴774年 New! 2010/11/01(月) 12:47:09 ID:eX1sz2Eu
> 内容は臓器移植の話
> 賞金辞退っていうことらしいが。


まっ、一か月弱で出版にこぎつける為に、半月ほどエース編集者が何人か缶詰めになったんだっけ?

拍付けの為にって画策しても、ゴーストに拒否られた結果単なる委託出版でやっつけ仕事。

文豪ヒロ先生って、結局何処の人になったのか知らねーけど、芸能界のドンって人が居たら笑い転げてた?

”端的”を”たんまと”と読んでもセリフじゃねーから誰も訂正してくんねーとすると、”短的”。

文豪ヒロ先生は、どんな作品を上梓する積りで舞い上がってたんだろうか?

344名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 20:49:06.20
【文芸】齋藤智裕(水嶋ヒロ)、爆笑問題・太田光の小説を大絶賛[11/8]
芸スポ速報+ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1289231368/
73 名前:名無しさん@恐縮です :2010/11/09(火) 03:15:08 ID:KpwlCJ2YO
> 本多孝好、金城一紀、伊坂幸太郎のような
> 文章が上手くて売れセンの青春ミステリーだったらイイなぁ…
>カゲロウ

【文芸】水嶋ヒロが大賞を受賞した『KAGEROU』12月中旬に発売決定!
芸スポ速報+ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1289299660/
574 名前:名無しさん@恐縮です :2010/11/10(水) 00:13:06 ID:w5AW1QTyO
> (本多孝好+金城一紀+伊坂幸太郎+貴志祐介)÷4
> のような、
> 文章が上手くて売れセンの青春ミステリーを希望。

【文芸】水嶋ヒロ・処女作『KAGEROU』が12月15日に発売決定!
芸スポ速報+ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1289817765/
204 名前:名無しさん@恐縮です :2010/11/16(火) 10:15:50 ID:5+i0L4iUO
> 中学生の時に京極夏彦を読んで、作家への道を諦めた
> 講談社の私が通りますよ。

> 個人的には、ヒロくんの作品には
> (本多孝好+金城一紀+伊坂幸太郎+貴志祐介)÷4
> のような、
> 文章の上手い青春ミステリーを希望してます。


予定では、二〇一〇/十一/十五に、ポプラ社、HPで講評発表だった。
でも実際に公表されたのは、二〇一〇/十一/十七のHPだったんだね?
何故延期されたのかはともかくとして、ゴースト(予定)の正体って?

345名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 20:53:22.61
【キラキラ脳】光文社再建是可也?25【マンコ脳】
****://peace.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1407415875/818
818 名前:匿名希望さん 投稿日:2014/10/05(日) 11:22:50.17
>この会社の人間でうんざりするのは、あいつは部落出身とか在日韓国人だとか
>親族がダウンだ障碍者だのと、噂レベルの内容をさも真実かのように話すところ
>2ちゃん脳みたいな事を当たり前にやってる下衆の極みが当たり前だと思ってる
>差別されるような恥ずかしい仕事してるから差別しないと収まらないのかね

これって、出版業界の日常なのだろうか? 此処の親会社は、もっと酷いのでは?

【いよいよ】ポプラ社小説大賞 21刷【発表間近】
掲示板名:創作文芸 ****://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1212667189/
804 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/10(火) 19:58:12
> 社長が気付いたぶっ飛びの欠陥ってなんだったんだろ
808 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/10(火) 20:02:39
> 同和とか?
814 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/10(火) 21:47:13
> 天皇か神か同和が書いたんじゃね?
821 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/10(火) 23:33:10
> M 114 ST
824 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/11(水) 00:03:51
> 同和作家

不正応募者チェックの為に各社のデータ・ベースを参照し合うのだとすると、
昔応募してた時の学区内に同和地区が在った私の嘗て机を並べた同級生達への冒涜。
古い住所の方の応募先は、旧幻影城と講談社。

346名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 22:08:58.18
講談社版、幻影城の時代って、何だった?

347名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 22:59:31.32
仮に各出版社共通のブラックリストがあるとして
どんな悪いことをするとそのリストに名前が載っちゃうわけ?
まだデビューしてもいない新人のことなんか、
編集者は歯牙にもかけてないと思うんだけど?
すでにデビューしてる作家が原稿が遅いとか、落としたとか、
そういう理由で名前が伝わるって言うのならわかるけど。
あんまり考えすぎないで、創作に専念した方がいいんじゃないですかねえ?

348名無し物書き@推敲中?2018/11/06(火) 23:45:51.14
編集者乙

349名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 06:00:36.21
>>347
現実に今の匿名掲示板は匿名じゃない。
昔から、創価学会、共産党やその他の政党やセクトは敵対的発言内容のレスをする者達のIPを抜いたりしてる現状で何を呑気なことを言ってるんだよw
応募規定を繰り返し守らない奴らとかを始めとしてブラックリストなんか普通にあるだろうよw

今の新人賞は才能ある人を発掘するシステムじゃなくて、出版可能な作品を発掘するシステムであって実質的に新人賞ではない。
才能を見たいなら50枚で十分だろう。
そしてその方が原稿量も少なくなり、選考も真面目にやれる。
競馬で有名な馬主の持ち馬のレース・事故で騎手が落馬した時、「人はええ、馬はどうなった」の発言に倣えば、「人はええ、作品はどうなんだ」の悪例だよ、今の新人賞は。
新潮社なんか現実に多数の新人を意図的に潰して来た。
少なくとも、新人賞においては作者が作品より大事なんだよ。
これが分かってない文芸出版業界に失望しない創作文芸板に俺は失望するw

350名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 12:55:37.12
>>349

どうやったらそんな情報を得られるのですか?
ふつうに生活しているわたしには全くそんか情報が回って来ないのです。

351名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 15:51:46.39
>>350
電波で頭に直接情報が届くんです。

352名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 18:56:16.55
>>350
これは情報じゃなくて俺の考え。

>>351
お前は白痴w

353名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 19:25:26.08
>>351
さっきは言い過ぎた。
ごめん。
君は天才だ。

354名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 19:25:38.06
>>351
さっきは言い過ぎた。
ごめん。
君は天才だ。

355名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 23:08:58.00
二十年に一人の才能を探してるのが新人賞だし、毎年一人の才能の人は新人賞とは相性が悪い。取ってもすぐに消える。

356名無し物書き@推敲中?2018/11/07(水) 23:27:48.11
>>349
>これが分かってない文芸出版業界に失望しない創作文芸板に俺は失望するw

それであんたはこれからどうしたいんだよ? どうなりたいんだよ?
新人賞を獲って作家になりたんいんじゃないのかい?
だったらゴタク並べてないで書きなよ
「新人賞においては作者が作品より大事なんだよ」だって?
そんなの当たり前だろう。作品から判断しないで作家の将来性や才能など見通せるわけがないだろう
編集者は予知能力なんか持ってないぞ。

357名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 00:04:01.76
文豪は随筆書いても面白い。もちろん2CHで書き込みしても光る書き込みをするだろう。
このスレで人の心の琴線にふれるかき

358名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 00:05:08.09
文豪は随筆書いても面白い。もちろん2CHで書き込みしてもキラリと光る書き込みをするだろう。
このスレで人の心の琴線に触れる書き込みってあったかな?
あれば教えて欲しい。

359名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 04:48:48.86
>>358
自分でさがしなよw

360名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 09:16:41.77
>>358
こんな掃き溜めみたいなところに
未来の文豪がいるわけないだろう
世間知らずかw

361名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 19:52:56.26
一文にもならん書き込みしてるんだから、琴線じゃなく、金銭にふれる書き込みなしの間違いちゃうか? 385のやつ。これで俺の文豪レベルをはかってくれ。

362名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 19:56:33.69
358だった

363名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 20:30:18.10
>>361
自分に酔った感じのアスペっぽい文章ですね。川上未映子の劣化版といったところですね。アスペなり自閉した世界観は才能の源泉でもあるのですが、文章がフワフワしてて軸がないと感じます。

364名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 20:36:53.14
才能なしとよう言われるけど、ふわふわってどういうこと? ちなみにわたくし率、とイン歯ーまたは世界ほど、
酔ってるとも思えんけど。

365名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 20:39:50.21
と、は余分だった。ちなみに俺、普段まともな社会人だから、アスペってことないと思うけど

366名無し物書き@推敲中?2018/11/08(木) 22:00:11.70
2CHで書きこみすると人格変わるんじゃないの。プロっぽい文章と素人くさい文章って違うよね。正社員の働きとバイトの働きがなんか違うのと同じで。

367名無し物書き@推敲中?2018/11/09(金) 14:46:23.96
綺麗だけど素人臭い文章ってあって、1の文章が完全にそうだから、ここは基本的にルサンチマンスレになってる。

368名無し物書き@推敲中?2018/11/10(土) 04:53:36.39
>>237

237 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
>締め切り後、編集部総がかりでどの下読みに割り振るかの、荒読み、荒選り。この段階で大概勝敗が決まっている。
 ↓
>下読み。過去の通過者を落とせないので、非公式なデータベースを活用するだろうし、見つけた知り合いの応援に、
>それ以下の応募作を挙げて擁護し、そのために非公式なデータベースに虚実を加えデータベースの信頼度を下げる。
 ↓
>つまり、非公式なデータベースを活用する下読みは、通過作候補を確保したと思った時点で仕事をしたと判断する。
 ↓
>最終選考前に候補作を精読する批評家は、自分の信ずる正しい作品の範疇に無い通過作から弾いて賞の基調を厳守。
 ↓
>選考委員の既存の小説家は、自分の存在を脅かすような存在に対して、無意識にでも拒絶しようとしないだろうか?

>最初の編集部の予想と、選考結果とが一致していれば問題ないのだろうが、実際には、どうなっているのだろうか?


これ以降、論点を逸らしたり、わざと無視して仲間内で盛り上がるなどって、スレ流しの横行ってのは……。

369名無し物書き@推敲中?2018/11/10(土) 05:38:13.27
これ以降、論点を逸らしたり、わざと無視して仲間内で盛り上がるなどって、スレ流しの横行ってのは……。

370名無し物書き@推敲中?2018/11/11(日) 14:55:39.95
工作後の工作員は素早く退散し、規制で反論封じ。

てすと。

371名無し物書き@推敲中?2018/11/11(日) 15:20:45.00
大手新人賞がカクヨム形式でやれば小さなブームぐらいにはなりえる
サイトに投稿する形で応募しすべての作品を誰もが読めるものとした上で
一次通過 二次通過 ・・・ 受賞作 と発表していく
その選考レースは注目を集める
ぜひその形式に乗り出せ

372名無し物書き@推敲中?2018/11/11(日) 16:14:31.13
某大手は自社採り溢し防止の為になんだってやる。

この前提で、対講談社対策としての一案。

総ての応募作を公的機関に集めて、公的機関認定の選考委員意による選抜。

その後に、プロ野球のドラフト会議に準じた入札選考。


ボイルド何とかっての介入も防げるんじゃね?

373名無し物書き@推敲中?2018/11/14(水) 23:02:48.80
要するに自分は傑作を書いているのに受賞できないのは
各社共通のブラックリストが存在しているからだという妄想か?

374名無し物書き@推敲中?2018/11/15(木) 16:48:44.20
>>372
>某大手は自社採り溢し防止の為になんだってやる。

ライトノベル系はそうなのかな?
ミステリーなどは賞や出版社のカラーがあるから
A賞で落ちた原稿をB賞に送ったら受賞したなんて
話をよく聞くけどね

375名無し物書き@推敲中?2018/11/17(土) 15:27:31.82
被差別部落の住所を纏めたデータを基に、他社の最終選考者の不正応募者の相互チェック依頼を自社採り溢し防止策として悪用した。

本来なら、業界最大手にとって日常業務で在って外部に漏れない限り問題無かったのだが、名編集者の誉れを欲したバカが暴走した。

証拠は自身の書き込みと講談社のメルマガでの勧誘ってのは講談社にとって不利でしかないと思うのだが、講談社版幻影城の時代だ。

応募されないから評価のしようがないと他社公募にブラック・リストを盾にダメ出ししてた先輩を無視して俺様最高ーってなんだろ?


>>373
不正応募者除去の為の相互互助システムの悪用を盗作やら多重応募常習者扱いって、印象操作御苦労様。

>>374
何処から出しても百万部なんての、他社からブラック・リスト照会依頼が在れば、拒絶ってのが講談社。


証拠?

時系列に沿ったカキコとメルマガの比較とかって、講談社にとって、根拠なき妄想による云々なのかな?

376名無し物書き@推敲中?2018/11/17(土) 16:14:16.92
>>375
もっとわかりやすく、誰にでも理解できるように書かないと。
どういう事象が起きて、それに対してどんな不満があって、いかなる解決を望んでいるのか?
せめてそれくらいは簡潔にまとめて書いてくれないと
文句を言われる側も解決のしようもないんじゃないか?

377名無し物書き@推敲中?2018/11/17(土) 17:03:53.40
>>376
>もっとわかりやすく、誰にでも理解できるように書かないと。

ちりじりだけど、あちらこちらに分散して糾弾している。

>文句を言われる側も解決のしようもないんじゃないか?

講談社に応募してくれさえしたら解決するって。
私はここ二十年近く講談社には応募していない。

応募されたら評価してやるって、自社採り溢し防止の為にブラック・リストを悪用してでも阻止するんだろ?

第三回ポプラ社小説大賞のスレでの書き込みと、講談社メルマガを時系列に沿って並べる。

講談社版幻影城の時代。

何処から出しても百万部、だったら、ノンフィクションで挑んでみる。

378名無し物書き@推敲中?2018/11/18(日) 20:34:21.72
作家になってどうすんの?
どうせ人類もいつかは絶滅するし・・・

379名無し物書き@推敲中?2018/11/18(日) 21:35:21.06
講談社が自社採り溢し防止の為に潰したのならって、挑んでみたんだけど、ゴースト・ライタで勤労奉仕って舐めんな!
出版界よりも映像界の方が怖いのかどうか、文豪ヒロ先生を囲い込んだ講談社。
たぶん取次って組織をどうこうってのだろうけど、注文分だけ直接印刷配本ってのなら、既設のシステム等無視できる。
電子出版の黒船も沈没してってだけど、個人で何もできないわけでもねーんだ。

380名無し物書き@推敲中?2018/11/19(月) 13:50:58.99
文芸板のはずだけど、文章が読みにくいです。
何を書いてあるのかわかりにくい。

381名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 08:56:09.39
電子自己出版でスター作家を続出せて
出版社を通さないデビューを一般化させよう
必死こいて敵を儲けさせるなど言語道断だ

382名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 09:43:15.14
実力と才能がないから
落とされてる事に、何故気づけないのか。

383名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 09:48:58.60
381って独立作家ナントカのひと?

384名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 19:13:30.39
>>382
>実力と才能がないから
>落とされてる事に、何故気づけないのか。

自社採り溢しの為に、業界内で相互互助システムとして、互いの不正応募者リストの参照による、不正応募者の除去。
絶対正義だよね?
処が講談社は自社採り溢し防止の為に、他社からの照会依頼されたら不正応募者と回答した。
一次も通らない原因て、最終候補者にとって講談社の自社採り溢し防止の為のブラック・リスト不正ってのは、疑わしい。

第三回ポプラ社小説大賞で何が起こったのか、

何の証拠も無しに世に問えるのだろうか?

385名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 20:19:29.08
そもそも君は何言ってるのか意味不明だ
ちゃんと内容が伝わる文章を書けるようになることが君の課題だよ
一次落ちやむなし

386名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 20:21:35.96
事実を事実として受け入れて正しく努力し
力を付けて>381を目指すのだ

387名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 22:17:28.14
普通、新人賞の選考なんてのは公募元の密室内で行われるのだろうけど、二重投稿、盗作等の不正投稿者対策ってどうしてんだろ?
自社に応募された過去応募者データなら排除できるが、例えば他社から既出の作品盗作してなんての不正応募者は業界の敵だよね?
新人賞を選考する過程で見抜けなかった公募元の愚かさを嘲笑いたいのか、不正応募による妨害工作ってのは一種の愉快犯だよね?
そんな不正応募者を除去する為に、各公募元が自社応募者データを相互検索するために回覧して相互チェックするってのは不自然?

第三回ポプラ社小説大賞スレで、何処かのドアホが証拠となる煽りまくったカキコと、自社の登録者へのメルマガで勧誘ってナニ?

証拠は、第三回ポプラ社小説大賞スレでのカキコと、メルマガとを時系列に並べたら一目瞭然ってのが出来過ぎだって証明できる?

ポプラ社がリサーチとして候補作を、各都道府県の旗艦書店でその周辺の店員さん相手に読書会なんて、総ての口を塞げるのかな?

講談社にとっては自社採り溢し防止の為に表に出さずに密室内でってのが常識だったのに、スタンド・プレーする輩が飛ばされた?

388名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 22:35:54.32
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第51号
Message-Id: <20080301010227.DF6122032C@bsac50250.tk.mesh.ad.jp>
Date: Sat, 1 Mar 2008 10:02:27 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第52号
Message-Id: <20080319010120.8BD7EE0017@bsac50244.tk.mesh.ad.jp>
Date: Wed, 19 Mar 2008 10:01:20 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第五十三号
Message-Id: <20080404124559.8CC8A803B@bsac50236.tk.mesh.ad.jp>
Date: Fri, 4 Apr 2008 21:45:59 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第54号
Message-Id: <20080407125251.7D73F180A9@bsac50251.tk.mesh.ad.jp>
Date: Mon, 7 Apr 2008 21:52:51 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第55号
Message-Id: <20080728043753.57924C802A@bsac50238.tk.mesh.ad.jp>
Date: Mon, 28 Jul 2008 13:37:53 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第56号
Message-Id: <20080728064028.AD9E0B801D@bsac50247.tk.mesh.ad.jp>
Date: Mon, 28 Jul 2008 15:40:28 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第57号
Message-Id: <20080808075204.20FA0802F@bsac50246.tk.mesh.ad.jp>
Date: Fri, 8 Aug 2008 16:52:04 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第58号
Message-Id: <20080812113919.304BD801E@bsac50236.tk.mesh.ad.jp>
Date: Tue, 12 Aug 2008 20:39:19 +0900 (JST)
Subject: 講談社『メールマガジンファウスト』第59号
Message-Id: <20080814103917.91AB9800F@bsac50236.tk.mesh.ad.jp>
Date: Thu, 14 Aug 2008 19:39:17 +0900 (JST)
これって、講談社のメルマガだよね?
発信日ってのを目安に、第三回ポプラ社小説大賞スレのカキコを時系列に並べたら、それって、偶然?

389名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 22:43:23.01
【キラキラ脳】光文社再建是可也?25【マンコ脳】
****://peace.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1407415875/818
818 名前:匿名希望さん 投稿日:2014/10/05(日) 11:22:50.17
>この会社の人間でうんざりするのは、あいつは部落出身とか在日韓国人だとか
>親族がダウンだ障碍者だのと、噂レベルの内容をさも真実かのように話すところ
>2ちゃん脳みたいな事を当たり前にやってる下衆の極みが当たり前だと思ってる
>差別されるような恥ずかしい仕事してるから差別しないと収まらないのかね

これって、出版業界の日常なのだろうか? 此処の親会社は、もっと酷いのでは?

【いよいよ】ポプラ社小説大賞 21刷【発表間近】
掲示板名:創作文芸 ****://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1212667189/
804 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/10(火) 19:58:12
> 社長が気付いたぶっ飛びの欠陥ってなんだったんだろ
808 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2008/06/10(火) 20:02:39
> 同和とか?
814 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/10(火) 21:47:13
> 天皇か神か同和が書いたんじゃね?
821 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/10(火) 23:33:10
> M 114 ST
824 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/11(水) 00:03:51
> 同和作家

不正応募者チェックの為に各社のデータ・ベースを参照し合うのだとすると、
昔応募してた時の学区内に同和地区が在った私の嘗て机を並べた同級生達への冒涜。
古い住所の方の応募先は、旧幻影城と講談社。


新卒者の就職先として、放置しておける書き込みだろうか?
講談社は被差別住所碌を未だに活用している。
何度も書き込んでいるが、講談社からの抗議は無い。

390名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 22:49:12.69

391名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 23:03:51.15
探偵小説専門誌「幻影城」
掲示板名:ミステリー ****://toro.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1068311329/
223 名前:名無しのオプ :2008/12/01(月) 22:44:56 ID:GV03XAPw
> 12月15日(月)発売予定 講談社BOXピース
> 『幻影城の時代 完全版』
> 編者:本多正一
> 予価:未定

231 名前:名無しのオプ :2008/12/05(金) 18:19:32 ID:MFJiDnQs
> あの伝説の探偵小説専門誌『幻影城』――
> その30年ぶりの再結成のスタッフとなれた講談社BOXの一員であったことを僕
> は誇りに思います。
> 講談社BOX部長 太田克史

392名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 23:16:43.65
【一体誰を逮捕?】星海社FICTIONS新人賞29【蜥蜴の尻尾の運命】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1512299612/
31 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2017/12/26(火) 21:05:57.80 ID:Rd6aScKh [8/10]
【ファウスト】【講談社BOX】【パンドラ】Vol.15
掲示板名:ライトノベル ****://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1224244447/
703 名前:イラストに騙された名無しさん E-mail:sage :2008/12/15(月) 21:28:41 ID:8Bt2SpBp
> なぜ中途半端に略す?

> 突然ですがこの度の異動で、講談社BOXの部長を退くことになりました。
> 2006年11月の創刊から2年を待たずして講談社BOXの刊行部数の累計は300万部を越え、
> おそらくは日本出版界に於いてここ近年では最も成功したレーベルのひとつとして
> 位置づけられていることと思います。また、創刊当初からの志でもあった“世界最強の
> 出版レーベルを目指す”世界展開についても、先だってのフランクフルトブックフェア
> への参加などの活動が功を奏し、現在、世界各国から順調にオファーが入ってきている
> 状況です。そして、これがいちばん嬉しい出来事なのですが、力のある新人たちが
> 今着々と講談社BOXの旗の下に登場してきています。これらの成果は、すべて今まで
> 講談社BOXを応援して下さったあなたのおかげです。本当にありがとうございました。
> 個人的にも、この2年間、講談社BOXから刊行された出版物はどの一冊をとっても、
> 僕が死ぬときに棺桶に入っていて問題はありません。
> 一冊一冊が僕の誇りとするところです。

ぬるぽ。

393名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 23:18:42.59
32 自分:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2017/12/26(火) 21:09:42.03 ID:Rd6aScKh [9/10]
704 名前:イラストに騙された名無しさん E-mail:sage :2008/12/15(月) 21:30:01 ID:8Bt2SpBp
> そして新部長は、秋元直樹です。僕の講談社ノベルス時代の先輩で、あの島田荘司、
> 竹本健治、綾辻行人、麻耶雄嵩らを軒並み担当した、僕がこの講談社で敬愛する編集者
> のひとりです。彼の下で、講談社BOXはこれからも歩みを止めません。
> どうかよろしくお願い申し上げます。
> さて、今後の僕は、講談社BOXに関しては世界展開及びメディアミックスの指揮、
> またいくつかの個別の案件に関しては引き続き担当を続けます。そしてその合間を縫って、
> 『モーターサイクル・ダイアリーズ』のように広い世界を巡ってこようと思います。
> 出会う人の中にはエスキモー一の語り部もいるでしょうし、シリコンバレーの野心家も
> いるでしょう。ひょっとするとあなたとも出会うかもしれません。とはいえこの決断
> によって、僕は盛大に何ものかを棒に振ってしまう可能性も大いにありえますし、
> そのことについては自覚しているつもりではあります。(それはそれでまた一興ですが)
> しかし、「現在の出版」像を乗り越え、「未来の出版」像を自分なりに生き生きと描いて
> いくためには、過去の成功の延長を走るのではなく、たった今、無心に跳んでみることが
> 必要なのではないか、と考えたのです。

> 全力で、跳んでみます。

> 講談社 文芸局 太田克史

ぬるぽ

394名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 23:23:29.16
33 名前:この名無しがすごい![] 投稿日:2017/12/26(火) 21:17:25.27 ID:Rd6aScKh [10/10]
太田が悪いで検索した。

****://sai-zen-sen.jp/works/fictions/bianca/90/01.html

あとがき

ながらくお待たせした。
この「ビアンカ・オーバースタディ」は最初「ファウスト」用に三分の一を渡してから二年も経ってからやっと出た。
これは編集者の太田が悪い。
さらに次の三分の一を渡してから『ファウスト」が出るまでに二年かかった。太田が悪い。
最後の部分を渡してから、これはいとうのいぢの絵を待つために一年足らずの時間が経った。太田が悪い。
この本にはふたつの読みかたがある。通常のラノベとして読むエンタメの読みかた、
そしてメタラノベとして読む文学的読みかたである。どちらでもお好みの読みかたで読んでもらってもよいが、
できれば両方の読みかたで読んでいただければありがたい。太田が悪い。
別にエラソーに言っているわけではない。ラノベの読者は多いから、できればこの本を読んだ何分の一かの読者を、
わが本来の作品に誘導したいだけなのである。
ところで、ラノベはよく売れるので、たいていは続篇が出る。この作品も続篇を書きたいところだが、
あいにくわしはもう七十七歳でこれを喜寿というのだが、喜ばしくないことにはもう根気がなくなってきている。
「ビアンカ・オーバーステップ」というタイトルのアイディアがあるから、誰か続篇を書いてはくれまいか。
別のタイトルでもよく、大ネズミが出てこなくてもいいので、傑作を書いて大もうけしていただきたいものだ。
太田が悪い。

二〇一二・夏

筒井 康隆

ぬるぽ。

395名無し物書き@推敲中?2018/11/23(金) 23:52:26.43
ヒカキンの年収が10億超え!?明石家さんま・坂上忍も驚愕の総資産とは??
https://logtube.jp/variety/28439
【衝撃】ヒカキンの年収・月収を暴露!広告収入が15億円超え!?
https://nicotubers.com/yutuber/hikakin-nensyu-gessyu/
HIKAKIN(ヒカキン)の年収が14億円!?トップYouTuberになるまでの道のりは?
https://youtuberhyouron.com/hikakinnensyu/
ヒカキンの月収は1億円!読唇術でダウンタウンなうの坂上忍を検証!
https://mitarashi-highland.com/blog/fun/hikakin
なぜか観てしまう!!サバイバル系youtuberまとめ
http://tokyohitori.hatenablog.com/entry/2016/10/01/102830
あのPewDiePieがついに、初心YouTuber向けに「視聴回数」「チャンネル登録者数」を増やすコツを公開!
http://naototube.com/2017/08/14/for-new-youtubers/
27歳で年収8億円 女性ユーチューバー「リリー・シン」の生き方
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170802-00017174-forbes-bus_all
1年で何十億円も稼ぐ高収入ユーチューバー世界ランキングトップ10
https://gigazine.net/news/20151016-highest-paid-youtuber-2015/
おもちゃのレビューで年間12億円! 今、話題のYouTuberは6歳の男の子
https://www.businessinsider.jp/post-108355
彼女はいかにして750万人のファンがいるYouTubeスターとなったのか?
https://www.businessinsider.jp/post-242
1億円稼ぐ9歳のYouTuberがすごすぎる……アメリカで話題のEvanTubeHD
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/305/305548/
世界で最も稼ぐユーチューバー、2連覇の首位は年収17億円
https://forbesjapan.com/articles/detail/14474

396名無し物書き@推敲中?2018/11/25(日) 00:22:11.24
新人賞じゃないほうほうで、本を出せば?

てか、新人賞なんて八百長ですよ

もしくはコネ

397名無し物書き@推敲中?2018/11/25(日) 18:35:55.40
んなこたーない

398名無し物書き@推敲中?2018/11/25(日) 19:39:28.70
講談社の様な出版社に応募しなければ問題無い。

399名無し物書き@推敲中?2018/12/26(水) 19:21:53.46
私が、ダントツだ。 [無断転載禁止]c2ch.net
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bun/1485598578/997

997 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2018/12/26(水) 19:12:41.03
        まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )



ってことで、故郷さんが帰ってくる。

400名無し物書き@推敲中?2018/12/26(水) 19:26:29.90
私が、ダントツだ。 [無断転載禁止]c2ch.net
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bun/1485598578/997

1名無し物書き@推敲中?2017/01/28(土) 19:16:18.
489 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2017/01/27(金) 20:49:15.05
>ちなみでこのスレで乱歩賞のダントツの情報を細かくさらすといいことあるのか? 例えばブラックリストから解放されるとかの

490 自分:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2017/01/27(金) 21:35:55.39
>吉野仁氏でなきゃ、無意味じゃね?

491 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2017/01/27(金) 22:59:57.76
>仮に私がダントツの作者だとしたらどうかね。吉野仁なみにダントツ情報に詳しくて当然だが


>という事なので建ててみた。
>我こそはダントツであると言う強者。
>果たして自説を証明できるのだろか?
>2008の真相とは如何に!


ワクワク

401低学歴脱糞老女・清水婆婆の連絡先:葛飾区青戸6−23−192019/01/04(金) 15:56:16.78
☆★☆【神よこのようなクソ悪党どもを一匹残らず殺してくださいお願いします】★☆★

《超悪質!盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪首謀者》
●井口・千明の連絡先:東京都葛飾区青戸6−23−16
●宇野壽倫の連絡先:東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202

【告発者の名前と住所】
◎若林豆腐店店主(東京都葛飾区青戸2−9−14)の告発
◎肉の津南青戸店店主(東京都葛飾区青戸6−35ー2)の告発
「宇野壽倫の嫌がらせがあまりにもしつこいので盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者の実名と住所を公開します」

【超悪質!盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者の実名と住所】
@宇野壽倫(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202)
※宇野壽倫は過去に生活保護を不正に受給していた犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください
A色川高志(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103)
※色川高志は現在まさに、生活保護を不正に受給している犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください

【通報先】
◎葛飾区福祉事務所(西生活課)
〒124−8555
東京都葛飾区立石5−13−1
рO3−3695−1111

B清水(東京都葛飾区青戸6−23−19)
※低学歴脱糞老女:清水婆婆 ☆☆低学歴脱糞老女・清水婆婆は高学歴家系を一方的に憎悪している☆☆
 清水婆婆はコンプレックスの塊でとにかく底意地が悪い 悪魔のような形相で嫌がらせをしてくる
C高添・沼田(東京都葛飾区青戸6−26−6)
※犯罪首謀者井口・千明の子分/いつも逆らえずに言いなりになっている金魚のフン/親子孫一族そろって低能
D高橋(東京都葛飾区青戸6−23−23)
E長木義明(東京都葛飾区青戸6−23−20)
F井口・千明(東京都葛飾区青戸6−23−16)
※盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者のリーダー的存在/犯罪組織の一員で様々な犯罪行為に手を染めている

402 【小吉】 2019/01/06(日) 00:17:21.07
だが、今年は新人賞がほしい

403名無し物書き@推敲中?2019/03/18(月) 19:30:18.99
ぶっ飛び、ダントツ挙げ。

何故、目立つと消される?

講談社の関与って、なに?

キチガイに論破されたの?

新着レスの表示
レスを投稿する