【青葉学園】吉本直志郎【バカラッチ隊】2

1なまえ_____かえす日2012/08/31(金) 21:06:18.42ID:0a2wHE8w
前スレ最後のレスが2010/08/06(金)
2年ものブランクを踏まえやはり立てておこう

【青葉学園】吉本直志郎【バカラッチ隊】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1052284994/
http://unkar.org/r/juvenile/1052284994

2なまえ_____かえす日2012/08/31(金) 21:07:25.46ID:0a2wHE8w
おそらく日常的に振り返る事はそうない世代が主な読者である為
このスレもまた落ちるだろうなあ

それでも吉本作品を読んで育った自分は幸運
名作に消えられては困るのだ

3なまえ_____かえす日2012/09/01(土) 17:24:35.02ID:b3Fh4vt7
復刊しないかなぁ…というか、すべきだ!と思うんですけどね。

全巻持ってるけど大事にしててもいづれ痛んでくるだろうし、
なにより今の子供たちに読んで、読み継がれてほしいよ。
挿絵がイマドキのイラストだとちょっといやだけどw

4なまえ_____かえす日2012/09/01(土) 17:35:22.13ID:c4zHUKDw
復刊すべきだね。

子供時代熱く読んでいた本に杉みき子さんの「白いとんねる」があって
大人になってから選集で巡り会うことが出来た。
というわけで、吉本作品も選集の形で一回出しておけたら後世に遺し易い気がする。

青葉と北天南天は社会人になってから年下の友人に薦めてみたんだけど
凄く嵌ってくれたから、友人の子々孫々には受け継がれていくと思うw
草の根運動も忘れてないw

5なまえ_____かえす日2012/09/03(月) 20:04:26.31ID:Qfc8cVUd
「看護助手のナナちゃん」ていう漫画で、広島の焼け野原を
母親を探した患者さんが出てきて、青葉学園のみんなにだぶった。

読んでいて、ちい先生どころか波多野先生目線になってきた今日この頃w

6なまえ_____かえす日2012/09/03(月) 20:31:53.87ID:iHVFtQhz
わかるわー。学園の先生側の目線になると色々たまらない話だ>青葉学園
何ヶ月か前に結構なロングセラー絵本「ゆみことつばめのお墓」を手に取る機会があったんだが
原爆投下直後の広島で小1の生徒達を思い奔走する若い女先生の姿に涙が止まらず困った
思えばちい先生は昭和二十年代後半で二十代後半の設定だから(多分)、
あの女先生と同世代なんだなあと今思った

7なまえ_____かえす日2012/09/08(土) 11:33:44.71ID:jYSRcqRn
久しぶりに読み返して、ターぼうの「つらよごし!」に吹いた。
リアルに声を出して笑う小説って、あんまり無いと思う。

ひより島のひとたちのあたたかさはほんとうにすばらしい。
でもたとえこんな気持ちを持てたとしても、「里子」はいまでは
難しいことだと思うけれど。
ローカルニュースで、被災地の子供たちが夏休みをうちの県で
すごしているところを流しているときに感じる気持ちと似ているのかも。

8なまえ_____かえす日2012/09/08(土) 14:51:48.79ID:rddUyW+h
つらよごしwww
確かにww

会話の機知っていうのが、人物が自覚的に効かせているものと
そうでないものとで書きわけられていて、ほんと面白い
グレー加減が絶妙なものもあるけど
「大人になってもっと和彦君が聞きわけよくなったら言ってきかせちゃろう」と
年下のボータンが考えるところとか

今って「里子」はどうなってるんだろうね
園以外にも成長過程を知っていてくれる存在がいる、というのは
結構重要にも思えるけど…

9なまえ_____かえす日2012/09/10(月) 22:06:53.57ID:YNTvqTxA
吉本先生ご自身は今ご家族はいらっしゃるんだろうか
名著でも管理する方がいないと埋もれてしまうので
わりとお身内の方が活動される場合が多いようだけど…

10なまえ_____かえす日2012/09/12(水) 03:13:24.51ID:oCtI+nJe
このわしがこしらえた歌詞に、モーツァルトというひとが曲をつけてくれたんよ

11なまえ_____かえす日2012/09/12(水) 08:49:52.17ID:meDYAi2d
このスレの人に、最近亡くなった新藤兼人監督の「原爆の子」を観てほしいなあ。
レンタルで普通に借りられる。
青葉学園とほぼ同時代(昭和27年)の、広島の町を実写で見れる。
ああ、この町を和彦たちが走り回って・・・とか考えると、感慨があったなあ。
小説を読んでた時の頭の中のイメージと、実際の当時の広島の風景が全然違うのが面白かった。
実際に戦後まもない頃の作品と、後年になってから書かれた作品のギャップも
小説と映画の差はあれど面白い、

12なまえ_____かえす日2012/09/13(木) 02:58:04.09ID:73X1hfZf
つべにあったから少し観てみたよ。今度レンタルしてみよう
同じ設定でやはり7年後が舞台の『ひろしま』って映画もあったけど
原作が同じなんだね
予告終盤がなかなか迫力あっていい感じだけど興行が難しいらしい…

青葉学園はたしか広島郊外で、
原爆記念日には先生に引率されて灯篭流しに出かけてたから
所謂爆撃の被害を受けなかった地区なんだろうけど、
川沿いなんかには原爆バラックが残ってたみたいだ

13なまえ_____かえす日2012/09/13(木) 04:19:47.56ID:eoj/4D7a
青葉学園物語は、原爆投下直後から年月がそれなりに経ち、
広島の町に日常が戻ってきてから、そこで心の傷を抱えて生きる人々の、
鎮魂と再生を祈った物語なんだと思う。
原爆の悪を声高に訴えるのでも、悲しみを切々と語るのでもなく、
最終巻ラストシーンに象徴されるように、宵闇の川の流れに消えてゆく灯篭に
ただただ鎮魂と再生を祈る・・・


なんてな

14なまえ_____かえす日2012/09/14(金) 00:24:31.41ID:xwInw6lL
藤原義江さんはいいひとだ。

15なまえ_____かえす日2012/09/14(金) 00:37:42.04ID:xxtNhAEJ
ん、めへへへへえええええええーーーーーーーーーーーーえ! だっけw

透のナイーブさ、ボータンの優しいけど妙にクールなところが好きだったな
個性がしっかり書き分けられているのに、おばかやる時は魂が一つになってるのがツボ
あと最終巻のラストシーンは圧巻だね
大人になって読み返したら、すっかりあのシーンのちい先生にシンクロして胸にきた

16なまえ_____かえす日2012/09/14(金) 02:32:34.79ID:/0jxIk7D
にしうりさんの季節が終わる…

耕一語録もなかなかでしたなあ

17なまえ_____かえす日2012/09/14(金) 23:58:17.81ID:dcgmdTAl
>>15
ちい先生にもいい男が現れてくれればと願わずにはいられない

18なまえ_____かえす日2012/09/15(土) 00:37:20.93ID:LhFTwPuT
確かに生徒カップル見守ってないで、ちい先生にも良い出会い求む。
当時の三十歳手前女性だと確かに晩婚になるけど
男性も戦地で抑留されてたりして結構年齢いってる筈。

19なまえ_____かえす日2012/09/15(土) 05:06:33.16ID:leRm8nct
おそらく年下で、ちょっと単純で熱血な先生いなかったっけ。北がつく名の
まあそういう間柄じゃないのはわかるけどもw

20なまえ_____かえす日2012/09/15(土) 08:48:15.15ID:EXKYYtw8
年齢的にも、男っぷりも、北天南天に出てきた桜井さんがぴったり・・・と言いたいんだが、
あの人たぶんもう、他の女の先生(石川先生だっけか)と、結婚しちゃってるよな

21なまえ_____かえす日2012/09/15(土) 17:22:55.05ID:leRm8nct
桜井さんは石川先生と結婚する気満々で貯金宣言までしてましたな。
誠実な好青年と明るく優しい美女の理想的なカップル…。

てか、吉本先生の描くカップルは老若問わず魅力的だ。
ちい先生はお見合いコースで手堅くいくのも一案だけど、忙しくてそこまで考えないんだろうなあ。
まずお節介なお世話役さんとの出会いが欲しいかな。

22なまえ_____かえす日2012/09/15(土) 21:10:34.33ID:3uvGUO7Q
文庫のほうを読んでたら、

ガアちゃんの女子入浴のぞきを形容して

「それは、ひたむきなすがただった。」

が最後の1行で次ページ(見開きの向かって左ページ)が
ガアちゃんがひたむきにのぞきをする挿絵(中島きよし画伯)

たのしすぎる。

23なまえ_____かえす日2012/09/16(日) 05:43:06.47ID:ALYXQLZm
あのシーンは、ハードカバー版の村上豊画伯の挿絵もよかった
構図は中島絵とほぼ同じw

24なまえ_____かえす日2012/09/16(日) 15:00:10.83ID:ElGNDPEV
北天南天〜青葉学園が村上画伯、バカラッチが中島画伯の挿絵で
何となくイメージ固定されてるんだけど、あそこはどっちもいいねw

ガアちゃんのターンで、弘明が聡明で勤勉な有望株であるのみならず
なかなかイケメンである事が判明してよろしゅうござった

25なまえ_____かえす日2012/09/17(月) 03:56:43.57ID:QzE+UDbh
弘明は昭太郎くんのイケメンイメージを引き継いだんよ

>>22
タダシと意思の疎通ならずなところがまた・・・w

26なまえ_____かえす日2012/09/17(月) 09:27:00.00ID:TeMlRAgl
みんなになじられて、わあわあ泣きじゃくるターぼうが、
すごく可笑しいんだけど、でもいとおしくなるw

そのあとの流れがあったかくて、そして次の章へさりげなく
いざなっていくのが巧い。
「右向け左!」で青葉学園の成り立ちを読者に説明する部分の
挿入も、上手だなあと感心する。

27なまえ_____かえす日2012/09/17(月) 11:34:57.45ID:tkAgS/1v
青葉学園って4、5巻になると、前より大人っぽい雰囲気やテーマに
変わってゆくよね。たぶん意識的に。
なんか、青春編wみたいな感じになってくる。
あのまま作中の年月で、あと3年分ぐらい続いて、弘明の大学進学や、
和彦や進の中学卒業→就職話とか読んでみたかった気がするけど、
まあ、あそこで終わって正解だったんだろうなあ。

28なまえ_____かえす日2012/09/17(月) 13:14:11.32ID:+EPEGYLD
ターぼうは、里子先でのコーヒーのエピソードがいいなあ
あんなにメロメロに可愛がられるのもよく分かるし、泣ける

青葉後半の透と弘明の話は大人が読んでもぐっとくるよ
社会の中で誤解されたり裏切られたり…
どちらも他人(隣人?)をふっと思いやる形で自分の試練を乗り越えていくから
後輩達もきっとそうなるだろうと期待できるので
学園から自立していく年長組を終盤に据えて〆たのは上手いなあと思った

29なまえ_____かえす日2012/09/18(火) 05:54:13.65ID:Z/as0uFJ
恵子の「雲にもお家が、あーるか」を読んだ時、北天〜の弘明の「天国はないの?」とリンクしたな。
空色の空の下で…恵子は詩人だね…。もうこの二人は鉄板夫婦だけど、
バカラッチの里見ちゃんと幸太郎くんがどうなったかは気になるところ。
今読んでも、というか人生で何度読み返しても本気で面白いから困る。手元にないんでバカラッチも復刊希望。

ところで透が社会人になって「あんなところの子」と言われるくだりは今読む方がきつかったな。
あれはそのまま親を貶される気持ちだわ。

30なまえ_____かえす日2012/09/18(火) 09:14:42.33ID:fNFpKX1J
弘明は、原っぱのなかの細い道を、むりにならんで歩こうとしたその少年を
いとおしく思った。
きれいな歯をちらりとのぞかせて笑いながら、雲のお家をたずねたその少女を
いとおしく思った。
親を、家族をうしない、ともに春の光のなかを歩いていくそのふたりを、
たまらなくいとおしく思った。

ここ、読みかえすたびに涙が出そうになる…

31なまえ_____かえす日2012/09/18(火) 15:04:20.98ID:Hi9/7VvI
>>30
たまらんねー。親の骨探して焦土を歩く子達だと思うと尚更だし
成長した弘明に凹む出来事があった直後、立ち直りの中で思い出す記憶だし…

青葉と読んだ順番が前後するんだけど、北天南天での弘明が
孝太より以前から昭太郎君のお世話をしている子という形で登場するから、
思索家で聡明な昭太郎君の「知ろうとする子になれ」って言葉が
その後の弘明に繋がるのかあといつも思ってしまうよ

32なまえ_____かえす日2012/09/19(水) 01:02:55.90ID:6+dxhOkD
洋三のハードボイルド人生のその後を知りたいです吉本せんせい。堅気で大成していてほしい
スッさんがみゆきに惚れてしまうところも妙にリアルw
気付かれずにおかっぱの毛先をつまむ・・・この発想はなかった

33なまえ_____かえす日2012/09/19(水) 03:59:26.58ID:ePvlQ6B9
孝太は青葉学園の時代はなにをしてるんだろう・・・
弘明より一学年上だが、高校進学せずに住み込みで就職ってとこかね
洋三は、透や耕作にとっては、永遠のヒーローなんだろうなあ

34なまえ_____かえす日2012/09/19(水) 08:51:06.22ID:Q2SmJlG+
青葉の弘明が高校三年生だから、物語開始の前年に巣立ったんじゃないかな?>孝太
北天南天読んだ時、青葉の登場人物と同世代で、
且つ青葉に登場していなくても大丈夫な年齢で設定したんだろうなと思った

洋三は終戦を知った時の冷静な反応といい、逆にこういう子は戦時中は何を考えて
社会をどう見て生きていたんだろう?と気になるな
あの賢さ、大本営発表を鵜呑みにするタマには思えないw

35なまえ_____かえす日2012/09/19(水) 11:54:12.37ID:Q2SmJlG+
>>34訂正
右向け、左!が初夏から始まるので、その年の春に学園を巣立っていたんじゃないかなと>孝太

36なまえ_____かえす日2012/09/20(木) 19:03:52.50ID:hHVFMScY
13歳か14歳なら洋三も普通に軍国少年ではあっただろうけど
ご都合主義な報道を狂信できるタイプではないよね
内心これは負けが込んでるなーぐらい感じてたんじゃないか

37なまえ_____かえす日2012/09/20(木) 20:18:21.73ID:h/agz+zt
7、8年ぶりに北天南天を読み返してみたけど、なんというか、一人の作家が
この一作に全てをかけるかのように、全身全霊を打ち込んで書いたのが
前に読んだ時以上にビンビン伝わってきた。これ書いた時の吉本先生の年齢に
近づいてきたからかな?
吉本先生があとがきで「作者の言いたいことは本編で全部書いてしまい、
書くことがありません」って書かれてたのも、鬼気迫る感じだ。
他の作品のあとがきでは、そんなこと書いたことはない人なのに。

38なまえ_____かえす日2012/09/20(木) 20:21:03.50ID:h/agz+zt
青葉学園はシリアスパートも含めて、わりと気軽に読み返せるんだけど、
こっちはなかなか覚悟がいる。
そして、年くったせいか、ずっと前は孝太、前回は洋三目線だったのに、
今回は完全に桜井さん目線で読んでいたw 
実際は桜井さんの年齢も超えて久しいが・・・

39なまえ_____かえす日2012/09/20(木) 21:59:17.65ID:hHVFMScY
>鬼気迫る感じ

そうそう
北天南天は、とにかく核心と主題を伝えるのを阻む欠陥や隙が無い
しかもあの情報量に反して冗長にならず徹底して削ぎ落した無駄の無さ

青葉学園も完成度の高さは同等なのだろうけど
まだ作者の中で楽しみつつ筆を運ぶ余裕みたいなものが感じられて
それがまた丁度良い作品の温もりになってる印象なんだが
構想としてはどちらが先にあったんだろう?青葉でいいのかな?
青葉と向き合う内に、原点は避けて通れなくなったんだろうか

吉本先生の言いたいことは確かに全部伝わったぜ!って感じ
桜井さん目線は勿論、いずれ波多野先生目線への到達を確信するw
北の天使も南の天使も〜と言ったあの先生目線にも

40なまえ_____かえす日2012/09/21(金) 01:07:58.92ID:vkossr5K
ちょっと脱線

これ知らなかったお!
吉本せんせ、子供向けで織田信長の伝記書いてる。※立ち読み可能
ttp://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=80360260

確かにサブタイトルがいかにも吉本テイスト

41なまえ_____かえす日2012/09/21(金) 06:37:39.02ID:lFT9pZiq
>>39
そりゃ先は青葉でしょう。あれは半自伝みたいなものだし、作家ってデビュー作は
まず実体験に則したものを書くってことが多いし。
ただ原爆が原点かというと・・・一応吉本さんは被爆者でもあるけど、まだ赤ん坊だったから
記憶にはないだろうし。
だから北天南天って、特異な作品なんだよな。作者は原爆体験のある当事者とは
言いがたいけど、「夕凪の街、桜の国」のような、完全に後の世代の作品でもない。
広島出身で被爆者だが物心がつく前で、親や上級生など、直の原爆体験者たちと
人生を送ったという、原爆に対して間接的な立場から、原爆投下の話を作品にしたという。
つまりフィクションと実体験の中間の立場から、両方を見据えて原爆文学を書いたのは、
吉本直志郎ぐらいなのかなと。
ちなみに那須正幹も、出身地も年齢もほぼ同じ立場なんだけど、原爆に関しては
ルポルタージュ的なものとして発表しているので(「折り鶴の子どもたち」は名著!)、
やっぱり難しいんだなと思う。

>>40
その手のものなら、豊臣秀吉も、徳川慶喜も、毛利元就もあるぜ!
慶喜の無責任さを笑い飛ばしたような最後の一文のブン投げ方は、吉本先生らしくて笑ったw

42なまえ_____かえす日2012/09/21(金) 15:30:18.17ID:SQvoL3Q9
やはり当事者すぎると「それを描写する」というスタンスをとりづらいのかな
「市民が描いた被爆者の絵」など見ると、どんなに無心であっても
あそこからこの世界に向けてYESを出すというのは不可能だと思う
少年の成長物語という創作の上でこの離れ業をやってのけたのは偉業

戦時戦後の物語としても申し分ないが
戦争成分を抜いても実に素晴らしいんで、長期戦で復刊希望だなー
吉本先生って地の文の果てしない気さくさが魅力だけど、ぶっちゃけ美文家だよね

43なまえ_____かえす日2012/09/21(金) 23:46:49.27ID:F13QHdHJ
児童書ってせいぜい十代半ばで卒業、まぁ確かに一旦は離れるんだけど、
青葉学園はうっかり読み返すと、何年経っても年齢相応の手応えがあるねえ。

44なまえ_____かえす日2012/09/26(水) 06:18:11.34ID:yH89X66c
バカラッチとかも読みたいなあ
本て永遠にあるものじゃないんだね・・・

45なまえ_____かえす日2012/09/26(水) 14:07:17.32ID:NBKC7siF
バカラッチ、子供の時は断然、とびだせ派で、
好きなあの子に〜は、恋愛ものなんて読みたくねえやって感じで、
タイトルだけで手に取る気がしなかったがw
大人になったら、好きなあの子に〜派になっちゃった
とびだせも、里美ちゃんと幸太郎の部分がいいって思うようになったのも
中学あがってからだったなあ。

46なまえ_____かえす日2012/09/26(水) 18:47:27.07ID:8Kr9b+Sn
バカラッチは既に家になくて、子供時代に読んだきりなのに今でもわりと覚えてるよ
里美ちゃんと幸太郎のターンはかなりはっきり覚えてるw
麻子とみつひろ?のターンといい、直球で甘酸っぱい

里美ちゃんは理想も高そうだったけど、幸太郎の数年後って結構里美ちゃんの理想に近いんじゃないかなあ

47なまえ_____かえす日2012/10/02(火) 23:13:33.28ID:95r4cQb/
里美ちゃんは立原道造氏の風貌がお好みでござる

でも挿絵と女の子達の反応からして
幸太郎はそこそこイケメンぽい

48なまえ_____かえす日2012/10/03(水) 02:04:04.96ID:qaKy5oIt
栃谷の女の子たちが、うっとりしてたなあ

49なまえ_____かえす日2012/10/04(木) 19:40:52.32ID:J479YW71
「幸太郎くんて、かっこいいなあ…」で肯き合ってるんだっけw
その前に何があったんだっけ…。
敵に塩送ったとか敵を許したとか、なんかそんな展開だった記憶…。
陣地内に捉えたライバル君を解放してやったとかだっけ。

50なまえ_____かえす日2012/10/05(金) 02:35:13.92ID:vPhvKTwI
そんなのあったっけか?
栃谷の男の子たちがやられた後、女の子たちがまだ抵抗したので、
部下たちが殴ろうとしたのを、「女の子を殴ったらいけん」って
止めただけだったと思うが・・・前に読んだの10年ぐらい前なので
詳しいことは忘れてしもうた。

お祭りでの、幸太郎と里美の密会→幸太郎・光広のトップ会談は、よーく覚えてる。
この流れは何気に名シーンだと思う。

51なまえ_____かえす日2012/10/05(金) 02:45:27.34ID:MBS7CwO3
確か女の子は殴るなで合ってる
小6にしてこの上出来ぶり!
でも吉本せんせのキャラってイヤミが無いんだなー

密会とトップ会談もなあ
悪ガキ時代と思春期を跨ぎゆきつもどりつするこの絶妙さ
たけくらべ以来の快挙と言わせていただこうw
やはり今のお子様たちに読ませたいものだ

52なまえ_____かえす日2012/10/06(土) 16:05:23.32ID:wo3GqTat
>>50
そうでした、言われて思い出した。ありがとうw
幸太郎が敵方に情けをかけた、みたいなイメージだけ残ってたんだよね。
忘れるのみならず勝手に創作するとは、なんたる失礼をば…。

まさか今更児童書を読みたくなるなんて。。
昔は古本屋での捕獲報告が結構あったけど、今は中古ですら難しそう。
地元の図書館検索でも2巻揃ってるのは大型の館だけ。面白いのにもったいない。
高騰物件でもいいんだけど、やっぱり広く流通して欲しいってのがある。

53なまえ_____かえす日2012/10/08(月) 22:33:18.24ID:5jUxK+3L
バカラッチって時代設定は、書かれた当時の現代だよね?
85年ごろ読んだと思うんだが、日本のどこかにはこういう小学生たちもいるんだって、
当時は信じきっていて、憧れてたんだが、今読むとテレビとかも出てこないし、
もしかして青葉学園の時代と同じ感覚で書いてたんじゃないかって思うんだが・・・。

ちなみに、ずっと後年になって読んだ好きなあの子〜だと、冒頭で街に遊びに来て、
ちゃんと文化に触れてるんだってホッとしたw
こっちでもやっぱりテレビとかゲームとかは全然出てこないが、三千円持って
買い物とかしてるから、やっぱり現代なんだろうなあ。

54なまえ_____かえす日2012/10/08(月) 23:24:38.78ID:jQQhkgpg
自分も80年代に読んだよ。>バカラッチ
子供心にも当時の同年代の感覚で読めた。

里美ちゃんが自転車で「町の」中学校に通ってるから
ノスタルジックな感じは田舎ののどかな田園地区特有のものなんだろうなと。
三千円も、青葉の時代とバカラッチの頃とだと若干違う気がするしね。
でもそういう小道具が一切出てこなかったら
本当にどの時代にでも通用してしまう感じがする。。

55なまえ_____かえす日2012/10/08(月) 23:30:00.38ID:jQQhkgpg
で、作品世界や人物の勢いにレトロ感が無いから
実は青葉学園の方も、背景が明らかになるくだりまでは
やっぱり同年代の話かなと思って読んでた。
右向け〜でどこかに時代が書かれてたかもしれないけど
子供だったから気付かなくて。
食べ物の記述などが独特なのは学園施設だからかな?とか。

終戦からまだ10年経ってない頃というイメージがはっきりしたのは
幸子と母親のトマトの話から。
あれは自分の記憶じゃないのかと感じるほど
地味に強烈なリアルさを感じたエピソードで
体験していないのに、その時代に生きてすらいないのに、
戦後日本の畑からとれたトマトを自分が見知っている錯覚に陥る…。

56なまえ_____かえす日2012/10/09(火) 06:16:26.65ID:OgIXQ1vD
昔のトマトは今みたいに甘くなくて、食べづらかったらしいお・・・
さっちゃん・・・

バカラッチと青葉、どっちも好きなんだが強いて違いがあるとしたら
バカラッチは年長組以外の子の名前を思い出せないところ
漠然とどんな子らがいたかは覚えてるけどね
なにしろ大将と女の子たちが青春すぎた

57なまえ_____かえす日2012/10/09(火) 06:54:10.33ID:qUL/i3H3
さっちゃんとお母さんとトマトの話は
孝太が瓢箪の陰に見た母ちゃんの笑顔と同じ位たまらない
幸子はあのトマトを食べられたんだろうか…

58なまえ_____かえす日2012/10/13(土) 05:18:41.54ID:F5e09xb0
吉本先生、もう新作は書かないのかな?
わりと近作・・・といってももう10年以上前だけど、00年から01年に出た
「となりあわせ」「幸福の行方」「眠りをなくした子どもたち」の三作を、
わりと最近、まとめた読んだら、えらい面白いんで驚いた。
特に「眠りをなくした子どもたち」は、読んだ後に、ずーんと心に響きすぎて
しばし呆然としてしまった。
個人的には「まっちくれ涙」のラストシーンに匹敵するw
最後に明かされる河童の正体がまた、詩的で美しくて切なくて・・・
これらの前に書かれていた歴史ものもいいけど、やっぱり吉本作品は、
思春期か、思春期直前ぐらいの少年少女を書いたものの方が光るなって思う。
2000年代に入っても、まだこんな力作が書けるのを証明したのに、
現在の引退状態は勿体無いなあ・・・

59なまえ_____かえす日2012/10/16(火) 01:19:08.87ID:wZXnytTB
>>58
10年前の時点で面白いって凄いね。その三作探してみる。

恥ずかしながら、大人になると新作を追う機会がなかなかなくて
勝手に寡作な方なんだと認定してた。
あの勢いと水分量が枯れずに続くって稀有だと思う。
ここは思春期前後ものに特化してまだまだ書いて頂きたい。
本当、先生の近況が気になるものです…。

60なまえ_____かえす日2012/10/28(日) 23:57:27.76ID:u0SaBs6Q
>>58
>2000年代に入っても、まだこんな力作が書ける

そうなんだ。枯れない方だと分かり嬉しいです
ご本人的には北の天使南の天使で一旦全てを出しきってしまった感じなんだろうか

児童書は成長するに従い自然に離れていくものなんだろうけど、やっぱり大事だよね

61dafsf2012/11/19(月) 01:18:18.95ID:0NG26R4+
ダウンタウンの松本人志さんが、男性を侮辱した女のわがまま【女性専用車両】の問題を的確に暴き、
お笑いコントを介して世間にわかりやすく表現してくれています。

http://www.youtube.com/watch?v=qB1fsig6ES8&list=PLU4EJHGiGxl9RSeDFsXSgpqzCojvfJ4pV

<問題提起の内容>
・女性専用車両は空いている/女性専用車両の隣の車両が異常に混雑する
・痴漢被害と無縁なブスやババアが女性専用車両を利用している

62なまえ_____かえす日2012/12/30(日) 03:11:54.10ID:g8zNHuj0
【小学生】 (2人の画像あり) 熊本の小1男児が飛ばした風船…90キロ離れた宮崎・串間市の小5女児宅にたどり着き、手紙の交流が始まった
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1356791737/
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/media/13/20121219-fusen.jpg

バカラッチの麻子ちゃんに似てる。

63なまえ_____かえす日2013/06/10(月) 20:23:50.09ID:V8egVY1o
「さよならは半分だけ」を久々に読んだらコンビーフが食べたくなってきた。

64なまえ_____かえす日2013/07/17(水) NY:AN:NY.ANID:QfQz3X4i
北の天使。。。読みたいけど手に入らない。

65なまえ_____かえす日2013/08/13(火) NY:AN:NY.ANID:6BK0YjF7
今年もまた8月がやってきたのう
原爆の落ちた日はもう過ぎて、あさっては終戦の日か・・・
今年は5年ぶりに、青葉学園の映画のビデオ(ビデオしか出てない)でも観るか

>>64
図書館にGo!
ちなみに俺は9年ほど前に、ネットで中古品を手に入れた。300円だった。
ついでに青葉学園の映画のビデオも
今だとどっちもネット上で全然見かけないから、運が良かったんだなあ

66なまえ_____かえす日2013/08/14(水) NY:AN:NY.ANID:hkSANps7
>>65
青葉学園の映画、何かの上映会で見たけど子供達がすごく生き生きしてた印象
自分も小学生でちょうど原作にハマってたころで面白かったな
DVDで出たら今の子にも見てもらえるのにな

67なまえ_____かえす日2013/08/15(木) NY:AN:NY.ANID:s/K0IaOb
はるかに知名度の高いズッコケ三人組の実写版もビデオしかないし
ふたりのイーダなんて、映画も名作って言われてるのに、ビデオすら出てない
まだDVDが無かった時代の児童文学原作の映画って、
今になってわざわざDVDにしたりはしないんだよなー

68なまえ_____かえす日2013/09/27(金) 17:36:25.35ID:ZnO1H87c
コロンスタラシ

69なまえ_____かえす日2013/10/03(木) 14:22:44.94ID:uKPT2iAS
チ ン コ は 楽 楽 館

70なまえ_____かえす日2014/05/24(土) 21:30:33.30ID:7dDhB+Py
20年ぶりぐらいに再読した。
一番最初に読んだ10歳のときの感覚がそのままよみがえって苦しいくらい。
笑って、笑って、なのに泣いてる。

71なまえ_____かえす日2014/05/25(日) 09:40:32.19ID:BdnFprDN
粗雑さと繊細さ、明るさと切なさが完璧に融合してるよね
相反する要素がありながら、まるで矛盾がない

72なまえ_____かえす日2014/07/01(火) 01:58:46.35ID:pIVjwUBV
子どものころは痛快で楽しいお話だと思ってて
なのになぜ時々ホロリと来るのか不思議だった
よく考えたら壮絶な人生の修羅場をくぐり抜けてきた子供たちなんだよなあ
それからの人生に幸が多かったことを願わずにいられない

73なまえ_____かえす日2014/07/21(月) 23:33:00.51ID:VM+VpD1t
夏が来ると青葉学園物語を思い出す
青い空、白い雲、緑の山々
なんでかな

74なまえ_____かえす日2014/07/22(火) 19:42:43.05ID:ty+xf+1c
>>73
あの時代に子供時代を過ごしたわけじゃないのにね
広島という土地にも広島弁にも縁のない生活をしてるのに
なぜか夏が来ると懐かしく身近に感じる

バカラッチなんかは、子供の時に繰り返し読んだせいか、
自分の現実の小学校の時の体験と結構ごっちゃになってるw
別に山奥の分校とかじゃなく、一学年に100人以上いた
都市部郊外の普通の小学校だったのに

あぼーん

76なまえ_____かえす日2014/08/06(水) 06:17:38.06ID:QE4uaOQL
今年もこの日が来たか・・・


黙祷

77なまえ_____かえす日2014/08/06(水) 20:50:32.25ID:cS5yn9ut
黙祷

彼らのその後の生涯が幸せなものであったことを願う

78なまえ_____かえす日2014/08/14(木) 21:57:37.90ID:psrUQZeO
子供の小学校の図書整理のボランティアに行ったら、置いてあった。
思いがけないところで旧友にあった気分。
場所も時代も全然違うけど、いつか子供が自分の友達みたいに和彦たちのことを思ってくれたらいいな。
自分が覚えていられる間はもちろん彼らのことも、うどん屋の子や孫のことも覚えているけど、
自分がいなくなった後、自分の子供が彼らのことを覚えていられるのってすごくいいだろうな。
無理に進めて読ませる気は無いけど、いつか出会うといい珠玉の一冊だとは思っている。

79なまえ_____かえす日2014/09/17(水) 02:05:40.92ID:03Bmu+i+
同じ広島出身の那須のほうは、原爆投下を正当化してる

「あのまま戦争を続けたほうが、日本が消滅したのだからよかった」と妄言

降伏しなければ、日本じゅうに原爆を投下されまっていた

80なまえ_____かえす日2014/09/17(水) 04:07:38.49ID:TQ7dKthx
>>79
え、マジで?どこでそんな発言を?ソースくれ
「折り鶴の子どもたち」や「絵で読む広島の原爆」
の作者の言葉とはとても信じられない

81.2014/10/27(月) 19:30:39.66ID:OmEO/Qvi
イラスト描きながら自分の顔を殴るキチガイ。足立区に住んでいる。
http://inumenken.blog.jp/archives/14719181.html

82なまえ_____かえす日2014/11/15(土) 18:32:35.12ID:ZZScCUlZ
吉本さんはもう書くのやめちゃったのかなぁ・・・。

83なまえ_____かえす日2014/12/10(水) 00:45:50.88ID:bJemVI2C
ふむ

84なまえ_____かえす日2015/05/02(土) 21:03:49.37ID:f8X0EaGV
インカジノに関して詳しい方連絡お願いします。
100万稼げます。
casino55775577@yahoo.co.jp

85なまえ_____かえす日2015/08/06(木) 11:37:12.56ID:rY6o4wl4
黙祷

86なまえ_____かえす日2015/08/06(木) 18:30:04.81ID:a/jwTMEG
上に同じく今年も…黙祷

87なまえ_____かえす日2015/08/06(木) 23:26:14.65ID:MCyi+SA6
今日が終わるね。
黙祷。
ずっとずっと、心の片隅の子供のときの友達みたいに思ってる。

88なまえ_____かえす日2015/08/06(木) 23:59:25.83ID:rY6o4wl4
おお
しばらく投稿がなかったけど気にかけてくる方がいてうれしいです
吉本先生も70おいくつになられますがお元気でしょうか

89なまえ_____かえす日2015/08/11(火) 22:00:12.27ID:4aeVedvt
>>88
お元気だとうれしいですね。

広島市の高校生が去年今年と上演した「廣島戦災児育成所『童心寺』物語」って、
原作吉本先生になってた。
ポスターのあおり文句とか見ると、「翔ぶんだったら、いま!」かな。
原作も再販してくれればいいのに。

90なまえ_____かえす日2015/10/19(月) 21:04:52.68ID:BiV7aXiT
何年か前にハードカバーが復刻されたときに大人買いしました。
他のとセットでしたが。読まなくても持ってるだけで安心します。
内容は読まなくても、ほぼ覚えているかなぁ〜

91なまえ_____かえす日2016/07/30(土) 20:21:55.66ID:AOqyhmiT
ふと思い出して古本注文しちった
コンビーフにあこがれて親にねだったものだ
実際、そんなにうまくはなかった
しかしそんなコンビーフがご馳走だった時代の、境遇のお話なんだなぁ

92なまえ_____かえす日2016/08/06(土) 23:40:49.84ID:+gJr5U91
今年はあやうく日付が変わるところだった

黙祷・・・・・

93なまえ_____かえす日2016/08/06(土) 23:46:12.27ID:rrixyvDL
今年も合掌

昔は吉本先生(だけではないが)の住所が本に書いてあったので
稚拙ながら感想文を送ったらお返事をいただけた
もう30年も前の話

94なまえ_____かえす日2016/08/28(日) 12:09:58.97ID:CwCg7Ska
3年前に読んだ話なんですが、校外学習で行ったドールハウス博物館で
男女二人が鍵を手にして小さくなり
ドールハウスの中に入って色々な部屋で様々な時代の謎を解く
という話です。ゴチャゴチャしててすいません、、、

95なまえ_____かえす日2016/09/20(火) 15:35:34.92ID:EkluJwFi
>>53
スンゴク亀。80〜90年代は田舎子供なら、あんな感じの遊びとテレビゲーム両方ってパターンだね。
あそこまでワイルドでは無いけど、野もかけてた。

96なまえ_____かえす日2017/01/28(土) 18:33:17.22ID:gfTpR2rs
「この世界の片隅に」のアニメ映画があれだけヒットしてるのなら
北天南天もこれに便乗して・・・!!
2時間で綺麗にまとまったいい映画になると思うんだけどな

97なまえ_____かえす日2017/08/06(日) 07:30:05.22ID:Wgdl0KJm
今年も

…黙祷…

98なまえ_____かえす日2017/10/16(月) 22:03:52.55ID:gZKJPVYc
「さよならは半分だけ」の文章中、

幸子が「トマトよりも、もっともっと大切なもの」を母が追いかけていたと思い至りますが、

「トマトよりも大切なもの」とは何だと思われますか?

99なまえ_____かえす日2017/11/06(月) 21:03:19.69ID:V7gGKAvn
北天南天読んでみたい。でも手に入らない

100なまえ_____かえす日2017/11/07(火) 07:35:54.58ID:uJkCBNzH
10年ぐらい前なら尼で中古品が手に入ったんだけどな

読むだけなら置いてある図書館もあると思うが

101なまえ_____かえす日2017/12/31(日) 01:03:03.52ID:lGlFVmWl
☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。国会の発議は
すでに可能です。平和は勝ち取るものです。お願い致します。☆☆

102なまえ_____かえす日2018/01/26(金) 18:32:46.19ID:zUE3QStm
児童書のように金が入ってくる方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

1AHYU

103なまえ_____かえす日2018/02/18(日) 11:53:49.09ID:tRSH9uDl
とびだせ〜ヤフオクで最近定価より高く買った! 
出版当時は丁度幸太郎少年と同い年。口コミで人気が急上昇していたのを覚えている。
学校の図書室から何人待ちで読んだだろう…
ストーリーは全く覚えておらず、幸太郎と里美のくだりだけなんとなく覚えていた。
借りた皆も俺と同じように里美に恋をしていたんだろうな…
てなわけで読み終えてすぐ市内の図書館で 好きなあの子〜を図書館で借りて福郷村の子供たちと再会!
あれはあれで良かったけど、幸太郎と里美に少しは進展あってほしかったな…

104なまえ_____かえす日2018/08/06(月) 08:52:19.35ID:EQURAOTf
今年も……

黙祷

105なまえ_____かえす日2018/08/06(月) 20:12:38.47ID:z30EA1SM
今年も黙祷
ずっと忘れないでいたいな。

106なまえ_____かえす日2018/08/13(月) 20:34:24.48ID:ycwSouGM
黙祷

107なまえ_____かえす日2018/09/29(土) 09:52:55.99ID:Lmns2ROW

108なまえ_____かえす日2018/10/26(金) 01:09:25.48ID:ALuldWLb
>>98
これ誰も答えたりしないのな。
ここの住民もまともに読んでいる人間はいないということか。

109なまえ_____かえす日2018/11/09(金) 14:26:25.06ID:+xlipPsX
>>108
自分が答えろよって言いたいところだが
スルーされた>>98>>108の恨み事か

110なまえ_____かえす日2018/11/09(金) 14:56:53.25ID:SRW+pU4e
>>109
オレは答えは一応持ってるけどな
読めばなんとなく感じるところはみんなあるだろう

ただ、それを言語化出来るかどうかは別だ。ここのスレの住人は読書は出来ても表現力がないのだろう

111なまえ_____かえす日2018/11/11(日) 00:10:18.62ID:SC4Dq1y3
ここのスレはせっかくの俺の質問に答えられない
表現力の無いバカばっか!

ってか
1年も放置されると色々こじれて大変だな

112なまえ_____かえす日2018/11/13(火) 11:26:11.21ID:JfDFzrDT
>>111
こんな良い作品を読んでいる人間でも変な裏読みをして人につっかかってくる人間が育つんだな

貧すれば鈍すなんだろうか

113なまえ_____かえす日2018/11/16(金) 16:29:03.66ID:GNIwrPws
>ここのスレの住人は読書は出来ても表現力がないのだろう

自分がこういう厭味ったらしい発言をした事を完全に棚に上げるような
身勝手な奴も残念ながら育つみたいだな

114なまえ_____かえす日2018/12/07(金) 23:22:34.78ID:J1BOZ1u5

115なまえ_____かえす日2019/08/06(火) 07:11:04.00ID:XJifOMqS
もう何年目か覚えてないけど今年も

黙祷………

116なまえ_____かえす日2019/10/02(水) 00:44:30.02ID:grbzB0f/
「誰かを恨んだりはしない」 
家族も名前も失った「原爆孤児」、自分のルーツを求めて

2019/8/15

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00010000-hometvg-l34

青葉学園で育った方の記事
学園の先生方がつけていた日誌についても書かれてた
小説のままの若くてとても優しい先生が本当にいらしたんですね
何とか電子書籍化されないかな
ポプラ社に問い合わせたけど、再販も電子書籍化も予定ないってバッサリ返事が来ました

117なまえ_____かえす日2019/10/02(水) 00:50:56.30ID:grbzB0f/

今年4月、2年の改修を終えてリニューアルオープンした原爆資料館本館。
今回初めて設置された一つが「原爆孤児」のコーナーでした。
孤児の実態は情報が乏しく、語られることはほとんどありません。

そうした中、去年、創設者・山下義信さんの長男によって「広島戦災児育成所」の資料、通称「山下資料」全251点が寄贈されたのです。
職員が毎日記録していた日誌も含まれていました。

日誌文面
「子どもたちは少し雨があがるともう下駄もはかないで外に飛び出してお砂場遊びに熱中している」
「お部屋ごとに夕食ときくとみな一度にわっと大喜び。
家庭的気分の中に夕食のできたことは本当にうれしかった。
親があったら家族があったらと思いやられる」

元職員の岩見真砂子さん(91)は「途中で逃げる子もいた。
必死で捜して連れ戻して、やっぱり自分の親を探しに逃げたかったのかなという気持ちもあった」
「幼い子はお母さん恋しいから抱きついて寄ってくる女の職員にこうしてそれで抱きしめ返してね育ててきた」と回想します。

育成所の合言葉は「父となれ、母となれ」。
当時の記録映画には「1人の女性保育士を中心に5〜6人の子どもを1室に収容して職員を『お母さん』と呼ばせ、できるだけ家庭的な雰囲気を心がけている。
だが、どんなに優遇されても親のない悲しみは決して癒やされるものではないだろう」と紹介されていました。

118なまえ_____かえす日2019/10/02(水) 00:57:55.30ID:grbzB0f/
>>96
あの映画は本当にすごいね
監督の才能と調査量の賜物だと思う
TVで放送されたのは遅かったけど、学校の映画鑑賞会とかで見た子が多いみたい
北天南天は重いけど、世界中の子どもとその親がジブリアニメみたいに見てくれたらと思う

119なまえ_____かえす日2019/10/03(木) 12:53:31.08ID:lVspHXyg
電子書籍化って今はAI搭載の読み取りアプリとかあるよね
個人が読み取り、校正して原稿データを出版社に送ったとしても、レイアウトとかの手間が難しいの?

120なまえ_____かえす日2019/10/04(金) 15:13:43.94ID:wMx9fKFj
>>116
この田中正夫さんと吉本先生、2歳違いで同じ施設にいたんだから
親しかったは分からないけどおそらく顔ぐらい合わせてるはずだよね
ただ吉本先生は戦災孤児じゃなくて幸子・真治姉弟のように母親が病気になったので
入所したらしい(お父さんは戦後まもない21年に病死)
それも昭和29年の事で、もう11歳だった

4歳で戦災孤児になった田中さんはまさに和彦とかボータンだが、吉本先生は
御母堂はご存命で青葉学園に戦後10年近く経ってから入所したので、
むしろ外部の視点から孤児たちを見ていた感じで、幸子・真治が吉本先生の
分身なのかな
青葉学園物語の時代が戦後まもない頃じゃなく、昭和20年代後半なのも
その辺の自分の体験から来るものなんだろうな

121なまえ_____かえす日2019/10/05(土) 20:01:44.71ID:xnbOMogO
>>120
吉本先生が入所した時、和彦たちのモデルになった先輩がいたんだね
番外編の被爆直後の物語の方が中心だったら、子どもにはきついかも
青葉学園物語は子どもでもトラウマになることなく、生き生きとした登場人物たちに魅力されて読みやすかった
北天南天は高学年になってから読んだけど、本編のおかげで入りやすく、心に深く残った

子どもたちが元気いっぱい遊ぶ様子も、先生方が優しかったことも、読みやすく創作されたものではなく、本当にそういう施設だったと知って涙が出た

新着レスの表示
レスを投稿する