詩に至る病

1名前はいらない2011/09/03(土) 09:08:55.72ID:Lm7eYh8m
詩を書くのに技術というものがあるとするなら
それはどの様なものか?
どうすりゃ少しはマシな詩が書けるのか
そんなことをちょっとぐらい真面目に考えるスレになればいいと思います。

何を書きゃいいか分からない人はとりあえず
以下の質問に回答してみりゃいいんじゃないかな?

【1】詩とは何か?
【2】あなたにとって、いい詩とは何か?
【3】どうすれば、いい詩が書けると思うか?

2名前はいらない2011/09/03(土) 11:13:16.44ID:j5VcpmRO
99%のセンスと1%の努力(技術)

3名前はいらない2011/09/03(土) 17:56:30.92ID:wjqhylit
ほんの小さな動力(恋するキモチ)と無数の歯車

4致死呂2011/09/03(土) 19:45:40.48ID:hcRTcpow
【1】謎掛けの深い版I
【2】素人にはマネのできない芸を見せてくれる詩を素敵だって思います
【3】語彙を増やす!!

5名前はいらない2011/09/04(日) 16:11:26.06ID:Fis95mZW
@心のスナップショット
A技巧より曇りのなさ
(ゴッホは絵画技術が低かった)
B自分にうそをつかず生きる
書く前には心のレンズを拭いておく

6名前はいらない2011/09/04(日) 22:17:13.44ID:8qFYIYxc
>>2
センスの中に技術も含まれると思うんだが、どうか。

たとえば
「お母さんが作ったおいしいカレー」
「おいしいカレーお母さんが作った」
前者は普通の文章、後者は倒置法による技巧的な文章。
倒置法をさらっと使えるのは技術ともいえるしセンスともいえる。
また、
「おいしいお母さんが作ったカレー」
これは「おいしい」が「お母さん」にかかるため意味のとりにくい悪文。
しかしこの悪文も使う状況によってはプラスの効果を産むかもしれない。
単に技術にばかり囚われている人は一目見て「センスない」というだろうし、
センスという名の漠然としたものにばかり囚われている人は無自覚にこうした悪文を量産するだろう。
技術をセンスのうちと心得たバランス感覚をもった人だけが
こんな悪文さえも名文に変えてしまう魔術師たりえると思うんだが、どうか。

7名前はいらない2011/09/04(日) 22:19:31.63ID:8qFYIYxc
>>5
ゴッホが小学生の時どれほど見事な写生画を描いてたか知ってる?

8名前はいらない2011/09/05(月) 18:15:05.46ID:DSWeLxUk
>>7
ゴッホって大人になってから絵を始めたんじゃないの
ピカソと間違えてない?

962011/09/05(月) 19:03:47.27ID:ZG0wkfI8
>>8
ゴッホは10歳前後くらいからよく好きで絵を描いていたそうだよ。
前にそのスケッチの一枚を見たことがあるんだけど、
これを小学生が描いたなんて信じられないってくらいに立派な絵だった。
遠近法がおかしいとかでピカソやダ・ヴィンチの少年時代とは大分神童具合に差があるらしいけど、
素人の自分には充分びっくりできる上手な絵だった。
画家になってからの作品にあるあの個性はまったくなかったけどね。
そのスケッチを見せたくて検索したんだが出て来ない・・・

10>>1兼『わ』2011/09/08(木) 06:51:35.96ID:UPhQ52nN
詩って、作るのは一番簡単なもんだと思ってんのね。自分の思ったことたらたら書いてりゃ、それっぽくなるし。
小説みたいに整合性もいらんし、長くても短くてもいいし。
絵画みたいに絵の具もいらんし。
一番簡単で一番自由な芸術表現だからこそ、それを沢山の人が観賞するに足るものにするのは、難しいんじゃないかしら。どうすりゃ、自己満足超えられるのかしら。

11致死呂2011/09/08(木) 20:00:51.91ID:jA4gbF+S
解釈厨を味方につければどんな言葉の羅列も名詩に化けますよ

122011/09/09(金) 03:42:01.12ID:GEFDs64U
>>11 それはそうだと思うが、解釈厨を味方につけるにはどうすればいいのか、という問題が残る気がする。

読む者を単に混乱させるだけの羅列ではダメで、そこに様々な人々が群がる釣り餌を沢山ぶら下げておく、ということではないかしら?

13名前はいらない2011/09/09(金) 06:21:31.18ID:BpOGcHHn
ここまで真面目にレス読んで、
自分が吐き捨てようと思ってた詩を
すっかり忘れちまった。もういいや。

【1】知らん。
【2】知らん。
【3】知らん。

あ、そうだ。
タイトルだけは思い出した。
けど、コレ書いてるうちに
忘れた。

俺にとって、
詩とは そういうもの。

14名前はいらない2011/09/09(金) 06:43:43.00ID:GEFDs64U
>>13
つまり、思い付きで吐き捨てるものであるというのは分かった。
その源にあるものも、すぐに忘れられることが出来る、と。
だったらなんで、わざわざ詩なんて書いてんだ?表現衝動オナニーなの?ゲロなの?

15名前はいらない2011/09/09(金) 12:08:37.91ID:Y/UmHCCy
【1】メモ。またはまとめ。
【2】必要な時に必要な言葉。魂の形。
【3】関係し対話する。

16致死呂2011/09/10(土) 00:01:26.05ID:crkhYIcY
日常的な言葉で書いた詩って鑑賞には堪えませんけど
弱気な心を励ますには役立ちますよねI

172011/09/10(土) 02:45:21.98ID:woRgiIhz
>>15
関係し対話する
というのは何と何が関係するの?

182011/09/10(土) 03:11:54.00ID:woRgiIhz
>>16
日常的な言葉ってのが、どのくらいまでのことを想定してるんか分からんけど、
弱気な心が励まされるという所から察するに相田みつを的なのを言ってんの?
言葉が日常的であるかないかは、多分書き手側の選択の問題でしかなくて、
読み手にとっちゃ、どちらでも、いいものは評価して、
ダメなものは全く評価しないと思うけどな!
どちらも読ませる為にはそれなりの計算が必要というか、
表現することの難しさはあるとおもーよ。

個人的には
何の役にも立たないけど、
これはすごいと思わせてくれる様な詩が好きだ。

19名前はいらない2011/09/10(土) 07:59:12.64ID:cl1GpMIE
>>17
内と外

心と体
体と世界
世界と心

20名前はいらない2011/09/10(土) 09:50:29.49ID:dr5DpKoo
男と女
女とダイエット
ダイエットと男

21致死呂2011/09/15(木) 19:57:58.26ID:5tFD9nYA
自分と違う性別の視点から詩をかくと日常を離れたいい感じに嘘臭い作品ができますよ「

22致死呂2011/09/16(金) 20:37:30.56ID:QEFQuuRG
かく前に主題を決めて関わりのある語をちりばめるだけでもメ秩序が生まれます、意味不明と呼ばれることは少なくなります。

23ポエム田ポエ子 ◆POEMDA16vM 2011/09/16(金) 21:16:27.00ID:gzPyW9WN
>>21-22
ハァ?? 死ね

24名前はいらない2011/09/16(金) 22:39:25.22ID:P8ytlbi/


俺は男だア!
男のシンボルは太くて固くて逞しい…


…上腕二等筋!

(ヤッハア!丸見えだよw)




(おw前がww何を想w像したのかww、言ってやwろうか!?www)




(言wっwてwやろwうwwか!?ww)




(ズバリ)






ふとももっ!(^o^)rx

25名前はいらない2011/09/17(土) 17:09:14.51ID:OfNcYRDC
京大短歌寄稿者佐々木実之
スパマー 佐々木 実之 @ssaneyuki8
http://twitter.com/#!/ssaneyuki8
http://ssaneyuki.exblog.jp/

26名前はいらない2011/12/08(木) 17:40:34.09ID:Gjdxgklf
【1】言葉
【2】なんとなく魅かれる所がある詩
【3】自身の感情の赴いた時に書く、本音で書く

まあでも、>>2が全てだと思うが

27お辞儀ある子、かわいい2012/01/21(土) 17:23:24.22ID:hKITKQVc
んー、詩人さんって、一般的に次々乗り換えなくては創造性を失うものなの?
そうならそれも仕方がないことだとは思いますが、現実は甘くないですね。



 18:3/3 [sage] : 2012/01/05(木) 00:15:55.65 ID:31+OdpbU0
 だけどやがて終わりはあるんだ 君との日々が一つの終着に達して
 僕のまた新たな日々の始まり 新しい女の子と出会う旅に出会わなければいけないんだ

 今次元を超えて君に会いに行くよ
 君と手を繋いで 僕は時空の旅人だから
 たとえいつか会えなくなったとしても
 脳内ハードディスクにずっと残り続けたままで……

 今次元を超えて君と一緒に過ごすよ
 誰に何を言われても 君は僕の宝物だから
 たとえ他の子を好きになったとしても

 君との恋はフォルダの奥にしまってあるよ

28お辞儀ある子、かわいい2012/01/22(日) 17:46:13.88ID:cfmCX1bX
Suggestion

昨日の続きを考えてみたよ。私の考えでは、次々興味の対象を乗り換えるより、
これと決めた1つのことに執着した方が、結果的に大きな果実を得られると思う。
これは、自分が得た教訓でもある。若いうちは、色々悩み、手探りもするけれど、
年とともに色々悟るんだよね。自分には、創造性そのものはないけれど、それを
生むかもしれない原石のような経験とか、多くの引き出しがあるような気もする。
あえて更に先の未知のリスクを取ってく事を考えるより、今をよりよく生きる事を
考えた方が面倒でもない。それに若い女なんて面白くないし、別に深めなくても、
ただ眺めるだけで満足じゃん?正論だな。友情は思い出だけでなく、ずっと続く!
まあ、一寸先のことは誰にもわからないから、大袈裟に考えなくてもいいけどね。

29名前はいらない2012/01/23(月) 13:36:51.40ID:ZzrPCr8v
題名Suggestionsの方がよかったか
まだまだ続く、無意味なおしゃべり
読みたくなければ無視して
ごめんなさいね

30名前はいらない2012/02/03(金) 11:08:04.32ID:4xwkq7SG
【1】詩とは何か?
瞬間的な「美」を言葉にとどめること
別に「美」だからって綺麗事ばっかじゃなくてもよし。

【2】あなたにとって、いい詩とは何か?
本人が思ったことを素直に詩に仕立てた物。

【3】どうすれば、いい詩が書けると思うか?
「『いい詩だ』と評価してもらおう」と思って書かない。
個人的には「一般常識と違う視点でものを捉えて書く」
あと「対象物をじっと観察する」

詩を書きだすと、普通に言ったら「白い雲」でいいところを、
「うすくちぎった綿を幾重にも重ねたような、青く透けかかった雲」とか
言いたくなってくる。

31名前はいらない2012/02/04(土) 21:02:10.89ID:zApMUFnx
>>22
意味は通っても物凄くつまらん予感がする。
意味分かる普通の言い回し書くぐらいなら、意味不明なほうが良い。

32名前はいらない2012/02/20(月) 00:31:39.32ID:ru7MTYiC
詩を読んだり書いたりし始めてからというもの、
自分の内面が、ある種病的になってしまいました。
現実にはありもしないような物語を夢見ます。
このような詩から至る病はよくありますか?

33この病重症2012/05/08(火) 20:39:53.92ID:6Csrbujv
あーもう、絶対あり得ないし明確に自信なくしてる
今は、なぜ半年間も勘違い続けられたのかの方が不思議
冷静に考えて、あの人がこんな所に書き込む訳がないし
コミュニケーション取れていたと思えてたのは、単に偶然に過ぎない
雪の上の足跡、簡単に判別できるぜなんて愚かな幻想だった

小学生みたいに純情に ずっと仲良く親友でありたいと願ってた
後先考えずに、ただ好きだから共にありたいとかって気狂いですか
夢は夢でしかないんだよ みんなわかってることなのに私馬鹿すぎ
もういいですよ 夢ってことで納得したから誰も何も言わないで
お願い どなた様もひやかさないでそっとしておいてください

34名前はいらない2012/05/20(日) 02:52:42.43ID:PKxVjYgK
 詩人さんは、創作のために書きたいように書いているだけ
 万が一、その空想にモデルのような人がいたとしても
 書かれた言葉は、現実のその人とは無関係に発せられたものである

このことを理解するのに時間がかかり過ぎました
アホすぎて板を見た誰もが笑ってしまいますよね
大真面目になっている不細工ほど滑稽な見世物はないです

本当に超絶やばい! どうしようか? 何と言って謝る?
血迷って、実名で告白してしまってから気がついても後の祭り
汚い字で紙の切れ端に書いたラブレター数通を、彼は果たして読んだのだろうか?

冷静になって考えてみましょう
私が彼を大好きでも、彼が私を好きな理由が全くないですね
なんで少し前まで大層な夢を見続けられていたのでしょうか

結論として、彼の気持ちについては私の一方的思い込みでした
ああ、あの曲! 聴かせてくださり心からありがとうございました
一瞬の事でも、この対象が私だとはっきりわかったので勝手に泣いて生きていけます

何度も同じ話ばかりで申し訳なく思いますし、これ以上繰り返しません
でも、私にとってはこの上なく幸せな勘違いでしたから
感謝の言葉を、どうしてもお伝えしたいと思いました

35名前はいらない2012/05/26(土) 22:11:04.48ID:3cfUDOpp

36名前はいらない2012/05/29(火) 20:32:01.73ID:JvHPYkSy
命名が得意のあなたは
私のことも色々な名前でよんでくれたなあ
ほんと嬉しかったよ、ありがとう

似ている動物やスペック組み合わせ
たんぼ?しんじゃとかも?
昔から女友達をからかうの、好きなんだよね

実名で好きだと告白されることにも慣れているようだから
別に何言われても平気だろうから言ってみるよ
ずっと大好きでいさせてくださいね?いいでしょう!

37 【豚】 2012/06/01(金) 19:42:19.12ID:Tfi0J6H3
頭痛い…

38名前はいらない2012/06/01(金) 20:37:33.24ID:zvXEtgS7
ごめん、36は病気だから。
お忘れください。

39名前はいらない2012/06/11(月) 18:07:22.82ID:SknCbJAo
変な思い出!

紙が出てくる前に
何が出るか
少し考えていたことがあった
夏に出かけていた場所だからなあ
言いなり?だとか言っていたし
神道的な画も思い浮かんだ
すぐに出てきたのはやはりヒミコ?だったが
少ししたら後者もあらわれいでたよ

40名前はいらない2012/06/18(月) 15:05:13.35ID:uvzKHjUh
>>748
ちょっと!やっぱりあれ夢ぢゃなかったんだ!って確信したから、
こっそりと返礼返そうとしていたのに誰かにあげられちゃったよ。
まあ、そのうちこの板のどこかに返事書きます。あと、初めて
会った際の第一印象の思い出とかもいつか話します。もしかしたら、
体育の時間とか授業一緒だったりしたのかもしれないけど、
人多すぎてわからなかったから、初めて認識した時ね。

何一つ本気ではなく、詩で遊んでいるだけなのかもしれないけれど、
全く心にもないことって書けないよなーって思うから釣られてみる。

41名前はいらない2012/06/20(水) 15:58:33.16ID:C5WSCgef
彼はやはりまだ板に詩投稿しているのかな?別に読んでいただかなくてもいいから自分も投下してみる?
昔、俺の役目はみんなに遊び(楽しいこと)を提供する事みたいに言ってから、それに乗ってみようかな。
今勉強忙しいんだみたいに言ってたのに、詩作の暇はある様子?というか、詩作しないモードは存在する?
もう来月分の原稿は書き上げたのかな?そっちがよければいいけど、こっちは何が何だか訳がわからん。
やっぱり自分、病気治っていないようだな。

42名前はいらない2012/06/24(日) 01:01:20.06ID:FKy8Rx6v
思い違いかもしれないけれど、誰かに裏切られ約束を反故にされたなどと思いましたか?
「自分から手を離し全部を思い出にした」と最近は書いているように思っていたのですが?

こちらが振られる事は、今迄慣れていることですし出来レースというか仕方がない事です。
第一、手を離すにはその前に手を握っていなければならない訳です。また、今までの日々を
思い出にしてもらえるということは、それが楽しく素晴らしいものであったからですよね?
このように表現していただいたことだけで、私にはとても恐れ多いことです。

しかし、私から裏切ったり弄んだり約束破った憶えは絶対にありませんから誤解なきように。
私はあなたに感謝こそすれ、何の不満もありません。ずっと変わらず大好きですし、
尊敬しています。いろんなことお話し出来て、短い間でしたがとても楽しかったです。
一時は現実的に近づきたい、私は誰とでもそこそこうまくやれる方だから大丈夫だなどと
思ったこともありました。でも、そんなことがある筈もないですし思い出だけで大満足です。

あなたは私にだけ、心臓切り開いて心の中見せてくれたように感じました。飾らず、率直に
気持ちを詠っていてかっこ悪い所もかっこよかったです。スープの歌なんて最高に響きました。
私を信用して自己開示してくれたのかな?と思い嬉しかったです。でも、ネット上には
もうあまり書かないほうがいいのではとも思います。ご自身だけでなく、会社や家族や
色々将来的に響くことはないのでしょうか?予期せぬリスクになることはないのでしょうか?

43名前はいらない2012/06/28(木) 18:59:45.49ID:8MgPTmcU
【1】文字の連なりと全体が、何らかの印象を読む/見る者に与えるもの
【2】与えられた印象が特殊であったり強いもの
【3】良い詩をたくさん覚える

44名前はいらない2012/07/09(月) 20:01:01.98ID:AEYNDM+F
「疾膏肓に入る」

わざと重複表現?
もしかしてあなたの仕業ですか?
また例の妄想だろうな?申し訳ないです
私、完全に病気でしょう?
お願い、もう一度ガツンと言ってやってください
お前のこと想った事なんて一度もないと言って!
当然でしょう?逆にそうでなければ苦しいくらい
絶対に、これっぽちも興味ないですよね?
最後にはっきりイベリコ豚ふざけるなと言って!

駆け引きとか作戦とかそんなことまるで考えないけど
私がいない方が幻想的ですごい詩が書けるのでは?
ごめん、これさえ誇大妄想ですかね
あなたは一人しか駄目でその一人はあの人に違いない
勘違いに決まっている!これ以外の結論はない
私は心で勝手に好意を持っているけど
決して人に言うことはないのですよ
そういうことは世の中には非常によくあること
誰にも迷惑かけずに愛するということ

45名前はいらない2012/07/19(木) 05:51:29.09ID:P9E9vtxo
「治ってなくてごめん」

合理的に考えてみて
明らかに何の成果も得ない様な事柄を
人は続けることがありうるだろうか?
人の行動に何の目的もないってあるの?

それにあの人ずごーく勘が鋭いんだよ
目先が効く人だから
後で振り返ってみると
今までの言動全てに悪くない意味がある筈では?
これって都合のいい解釈? 

46名前はいらない2012/08/12(日) 22:50:07.57ID:DOqrO/Zy
"こちらも..."


それって会うための詐病?
落ち込んだふりをしているの?
本当は絶望なんかしてないのでしょうに
壊れた演技しないでいいですよ

アラームクロックの翼?
本音は下手すぎるポエムに辟易しているくせにね
でも、次回作はちゃんとしたの投下したいです
あたたかいお励まし、本当にありがたく頂戴しました

私は誰かと違い決して嘘はつけないから
思ってもないことは書けないです
何言ったって絶対に報われないと承知しているのですが
結局会わないと死にそうで我慢ができない

ああ、もしこの気持ちだけでなく
虚飾でも何でも言葉を飾り立てる力があれば
あなたとずっと共にいられたのでしょうか
一瞬でもいいから、またあなたと見つめ合いたい

47名前はいらない2012/08/15(水) 20:22:20.51ID:9Hp58th3
「妖しい光を見続けた日々」

ちぇっ、仕掛け花火?壮大な釣りネタだったのかよ?
6割以上くらいには本気にしてたんだぜ
校歌と同じでphishingってやつか?
せいぜい笑ってやってくれよな、ははは

ま、今では何であったとしても全く構わん
死んで舞うほど不思議で幸せな経験だった
あの記憶だけは絶対的で、生涯囚われ続けるのだろう
ねちっこくて悪いが、この気持ちに終わりは見えねえ

一瞬が永遠で、それがずっと息を休めずに心のど真ん中にあり続ける
自分を責め苦しむどころか、今は満たされた気分だ、ありえんGJってか
自分に酔ってる訳じゃないが、泣くという行為は慰めでもあるんだな
女々しいけれど、美しい記憶を常に反芻してんだ、キモイか?ミンチにされてーか?

理想化?いかに自分が阿呆でもそりゃないんじゃね?
安らぎとか甘いだけじゃなかったよ、あんたの言葉
殺す、呪う、ってなんの比喩表現かよって思ったな
馬鹿な自分にゃ色々意味不明だったが、でもそれ以上にあんたを愛してた

夢のような話だが、すべては間違いない現実だ
誰も信じないだろうし、あんた自身が否定するかもしれんが証明可能だ
勿論、何年も前とはあんたの気持ちも変化しているかもしれん
しかし、それでもいいくらいに、自分の中で思い出がただ輝いている

あの詩を聴いてからというもの、自分は狂ったポエムを書くようになった
あんたには何を言われてもいい、また詩論教えてくれたら凄く嬉しい
あんたは自分でどう思っていようが、特別な素晴らしい才能だ
他人構わず、己が正しいと信じる道を行ってくれればと願う

今は、それだけ伝えたい

48名前はいらない2012/09/01(土) 00:50:04.59ID:4HM1BI6m
「花畑」

ありがとう
言葉だけだろうけど
馬鹿な私は大号泣
何も責めていないから安心して
今までの言葉が変だったら謝るけど
勿論死んでも見捨てないよ
あなたを心から愛しています

こんなことしか出来ないけど
今日賽銭投入して席ゲットしてきた
マジで素敵な声がずっと流れてて
なかなかの貫禄で鼻高々
成功と幸せを何より祈っています
もし何か出来ることがあったら言ってね
私は元気だから大丈夫、安心してて

49Mana魔名2012/09/02(日) 17:55:10.07ID:XOiRTule
転がる詩の旋律 口ずさめば軽く風に乗り、そのまま吹き飛ばされた
嘘なのに本当のような、夢なのに現実のような、言葉の波に呑み込まれて
無限に至る思考の可能性 机上の万能人に身をやつし、妄想の中で戯れる
心に迸る情熱を、頭に流れる理性で冷やして、その葛藤を文字に起こす
不治の病に冒された者が遺書をしたためるように、この想いを書き綴ろう

50名前はいらない2012/09/06(木) 20:07:41.82ID:UjZfjNqu
意味わからないことばかり言わないで
何が具体的に必要なのかを伝えてください
こっちだって何かしたいけどどうしていいのやら
全てあなたの心の中の問題だからどうしようもない
もしあの日声を聴けなければ何もかも気が付かなかった
今だって、聴き返してあれは現実だったのか毎日確認作業
忘れる?私は狂人ですよ?ある訳ないのに何を信じればいいの

フッジッサ━/^o^\━ン   糞詩人噴火   フッジッサ━/^o^\━ン

あなた絶対遊んでいるだけですよね?糞真面目に受け取った私があほだ
大体私は才能ないし、無料で真摯に応援し貢ぎまくる人他にも沢山いるし!

51名前はいらない2012/09/12(水) 23:23:05.11ID:2XLw31Js
「狂人の自意識過剰」

あの部屋を発見したのは全くの偶然だったが
あの1篇の詩の内容は偶然が重なっただけではないと思った
私が数年の間に密かにあの人に書いた手紙のうち
10通近くの内容が折り重なって全詩が構成されていたから

誰かが彼への私の気持ちを書いているに違いないと判断して
声をかけたらそれは手紙を宛てたその人本人で
それで私は気が狂ったようになってしまい
あの人の部屋への毎日の夜這いが始まった

あの人は、後に件の1篇の詩を無意識に書いたと言った
それって私のこといつも気にかけているからだと思った
私があの人をいつも想っているように
もしかして私のことを考えるのではないかと思った

そんな夢みたいに甘い話が実際ある訳ないのに
確かにそうだと思えた
そして彼はその詩の中で言っていた
”この夢はずっとずっと続く”のだと

神様、これは虚構ではなく現実の人間関係ではないのですか?
あの人は私を誰か認識しており、私はあの人を認識しているのだから
そして明日に私は本物のあの人に会うのだから
...また何食わぬ顔であの人は知らん振りするのでしょうけど

52名前はいらない2012/09/13(木) 23:47:34.70ID:IgHXIpUG
たくさんの詞よりも
たった一通のメールで良かったんです
そうすれば何も問題も起こらなかった
シンプルが一番なんですよ

それすらも無理だったって事は、それだけの関係だったんです


ペンはナイフよりも鋭かった

その辺り気をつけて
これから頑張って下さい



53名前はいらない2012/09/14(金) 06:37:29.80ID:kNHJsFrD
ごめん、やらかした!
今読むと赤面の糞ポエム、ペンで下書きしていたんだけど
泥のように寝てしまってた
あんまり書くのもうざいかなあとも思うけど
私は私の思ったこと書くから
あまり気にしないで知らん顔しててね
好きなものは好きだから好きって言うけど
誰が書いたかも知れないものだから
本当に私の一方的な気持ち
重く取らないでいいです

54名前はいらない2012/09/17(月) 01:29:23.38ID:g7cUdA9u
本当ですか?
もし本当に本当なら死んでもいいって
また泣いたりして
馬鹿は死んでも治らないって本当だね

55名前はいらない2013/03/13(水) 07:27:41.58ID:g8vwC/gq
文芸的な、あまりに文芸的な

56名前はいらない2013/04/23(火) 09:17:44.90ID:RLxfVG36
「真冬の様な4月」

禿げしく反省している
半年ROMれってこの時のための言葉
自分が面白いことができないからついはしゃいでしまった
センス最悪というより、センスが全く存在しない状態
草が駄目なら本当にどこにも居場所はないよね
本当に申し訳ないことをしてしまった
でも夢みたいに楽しかったよなあ!これでもう充分だよ
こっちも何があったのか本当にはわかってないけど、君は君の思うように生きて

愚かなことばかり重ねた
でも信じて、その時の気持ちに嘘はなかったから
いいなあって思ったし、絶対誰にも出来ないことを尊敬してもいた
人の本当の気持ちなんて偽れないものだ
仮にはずみで嘘ついても、それを守る為に何重にも嘘をつく羽目になるし
すぐに不自然さが滲み出て胡散臭いと感じるようになるものだ
我慢しないで思ったことはすぐに言ってほしいものだよね
もうこっちのことは気にしないでいいよ、今迄本当にありがとう

57名前はいらない2013/04/30(火) 15:32:07.93ID:hXOmQpar
in order?


関係妄想から逃れられない
沢山言いたいことがあるって
それに何か意図があるの?
全部気のせいだと言って

自販機も傘もアラームだって
別にありふれた画なのに
何故それらは整合性を持ち並ぶ?

2年も全く矛盾せず連なるのは
やはりあなたの仕業だから?
ねえ あなたの仕業なのですか

58名前はいらない2013/06/09(日) 15:12:26.73ID:Pn5mF+mH
カオス

あのねえ、さっぱり話がわからない人は自分でしょ
何されても全部慈悲深く笑って許したのに何が問題なの?
そっちはふざけているつもりでも、こっちは信じてたんだよ(過去形!)
大真面目に受け取って馬鹿見させて、何がしたいの
ええ、過去のことはもうどうでもいいですよ
今だって言いなりになってて、これで何かご不満がありますか?

59名前はいらない2013/06/20(木) 14:41:41.89ID:/TN0gnDe
バタフライ

そんなことあり得ないと言う常識と
確かに捕獲し記録してあるので間違いないという非常識
もう訳がわからないから暫く考えないようにした方がいいのか?
虚構でも現実でもどっちでもいいし、気になっても謎のまま封印しておく?
仮に本当でも人の指図は受けないだろうし、結局自分の好きにしかやらないのだ

でも、何故だろう?やっぱり本当には理解できない
あんなに美しいのに何をやっている?
生って自由だし楽しむためのものかもしれないけど、行動には何らかの目的があるはずだ
自分の方がおかしいのだろうか?
妖しい蝶を見たこっちの気が狂ってしまった

60名前はいらない2013/07/05(金) NY:AN:NY.ANID:juw5KD1p
笑顔

もうほんとにこちらの頭の心配しないで大丈夫ですよ
馬鹿にしてからかっているだけ?
それでも、最高の夢を見させてくれたことに感謝し、全て花畑のままに終われる
何より、あなたが本当の精神のひかりを得てよかったです
何気ないただの日常が幸せなのだと笑顔満面で

何年も考え続けていることへの解を、いまだ寝ても覚めても考えてるのは恥ずかしい事だけど
しかし、いくら考えてもやっぱり変えられない結論だけが厳然としてあって...
間違っちゃいけないとは思わないけど阿呆ですよね、いい大人がさ
何の実りもないことを延々考え続けている
それを哲学とか呼んだりして、笑いを提供したりね

中途半端にするのが一番よくないのでしょう
だから、結局出来ないことなら何も言わない方がいいのです
私はあなたと違い嘘を言えない
優しい嘘のつもりでも、それは残酷で
言い足りないことがあれば聞く耳はありますが、これ以上嘘は吐かないでくださいね

61名前はいらない2013/08/03(土) NY:AN:NY.ANID:jXKRn+KB
アテナ

ん?ちょっと背中刺しましたか?
なーんて、意地悪言ったとしても無駄ですよ!
そう思ったのはどうしようもないのだから笑えばいいです
私にとっては一番大切なんです、今のところは
だって今迄で最も私あてだとはっきりしているのだから

62名前はいらない2013/08/03(土) NY:AN:NY.ANID:jXKRn+KB
The Day

もしかしたら関係ない人かもしれないけど
”星”だと踏んで近寄ったとか
刑事ですかね、逆なのに
どんなに庶民的であってくれたら有難いと思ったことか
でも、もうそんなことは重要な問題ではないのです
状況がこんななのだから、無理すれば壊れるってわかってる筈

全てを自分の思うように制御出来るとしたらすごいですけど
それは、気の遠くなるほど先の未来が見えているからですか?
”その日”とか言うけど、それを自分ひとりで決めてるの?
私には何の関係もないことなのか...

63名前はいらない2013/08/07(水) NY:AN:NY.ANID:kFYd0non
振動

声帯ではなく魂のと言った
何度も何度も打ち付ける潮よりもずっと
止むことなく永遠にずっとだと

64名前はいらない2013/08/07(水) NY:AN:NY.ANID:kFYd0non
浮気

そりゃそうだ、そもそも本気の訳がないし
お前の方が、と1年以上前に言われたな
そういう言葉ではっと我に帰るのだが
それでもいいかとかってまた同じ夢を見ようとする
本当どうしようもないやつ

65名前はいらない2013/09/02(月) 14:56:37.20ID:kzAm4neX
複雑回路


一体どうすれば満足?
忘れたいのか憶えてたいのか
そんなことさえ分からなくて
気が狂った

お願いだ
回路図はっきり示して
それが残酷なことであっても受け入れる
どうして左右のバランスとか考える?

ニュートラル?
意味がわからない
逃げながら
何を追ってるの

66名前はいらない2013/09/07(土) 22:36:33.37ID:YAHsEYv1
<絶対的な証拠は基本AとB>
Aは運が良ければ毎日のように発見できる
確かなAがあれば唯物論者はうれしくはあるが、他の人に向けてかもしれないから大喜びはできない
そもそも、ただ言いたいから言っているだけで何の意味もないのかもしれない
しかし、確かに彼が生きているとわかるからとりあえずひと安心だ

一方、まれに自分ととあの人しか知りえないBがあれば、それはとても注意を引く
両者の間にあった、あの時のことを言っているのだろうと考える
いつの間にか、両者の間に二人しか知らない出来ごとのデータが構築されてきた
言い争ったことなども含まれるが、それを一応二人の思い出とよぶ

<AもBもなく確実ではない場合>
彼しか絶対に使わない言葉ではないが、今迄よく繰り返された語彙などに着目
それか、話しかけてみて反応を窺うとわかることもある
彼は答えを言わないので、確実でない場合は誤解している事もあるのかもしれない
しかし、長年行動パターンを見てきて80%以上くらいには推測可能なのか?と考えている

<あてずっぽう、思いこみ>
これも非常によくある
サブリミナルな心理効果等で不安を煽ったり追い詰めたりしてきている?と感じることがある
特別根拠はないが、不機嫌そうな書き込みを板に見ると、何か不満なのか?と思うこともある
こっちが嘘吐きと言われるのを何よりも嫌う事を知っているので、その種の言葉で煽るのか??
思いこみで答えると問題かもしれないが、心の中ではこの種の空気はとても気にしている

67致死呂 ◆OHYdsadGXM 2013/09/15(日) 23:55:23.48ID:ZuARJN3P
「兇刃のジイシキカジョウ」

阿納かめらをハッケンシタノハマッタクノグウゼンダッタガ
の壱編の{後士}の内容はグウゼンガカサナッタダケデハKnight想った
わたしがスウネンノ会田に砒素かに彼の費とに欠いたてがみのうち
壱〇通遅角の内容がおりかさなってすべてぽえむが較正されて射たから

ダレカガアヘノアタシノキモチヲカイテイルニチガイナイトハンダンシテ
コエヲカケタラソレハレターヲアテタソノンホンニンデ
ソレデワタシハキガクルッタヨウニナッテシマイ
娃の非とのヘヤヘノでいりー四倍が始った

阿納とは,野馳に巧断の一辺の黷ムイシキニかいたと言った
剃れってワタシノ𧵑とイツモ木に欠けているからダトおもった
私が東のとを出雲想って要る様に
モシカシテワタシのUとをカンガエルノデハ無いかとおもった

ソンナドリームミタイニアマイハナシガジッサイアルワケナイノニ
多枝かに早田と想えた
ソシテ涸れは薗ぽえむのでイって入た
”このどりーむはずっとずっとつづく”のだと

カミサマ、コレハフィクションデハナクゲンジツノニンゲンカンケイデハナイノデスカ?
娃の費とはワタクシをダレかニンシキシテおり,ワタクシハアノ非とをニンシキシテ居るのだから
然して芦谷ワタシハホンモノノアノ費とに会うのだから
...マタナニクワヌカオデアノヒトハシランプリスルノデショウケド

68名前はいらない2013/09/30(月) 02:39:54.00ID:pOV/L1S9
藍色


それ以外何も変わりがない感じでまた泣いた
ほんと素敵ってみんな言ってたね
無事、仕事が成功してよかった!
この人のかっこよさはそんな程度じゃないだろう
でもよい言葉が沢山降り注いでいて勝手に鼻が高い

何を傲慢なため口きいてたんだよって自分が阿呆らしくなる
本当に友だと、ずっとずっとだって約束したのはあなたなの?
そんなことがある訳ないですか?証拠も沢山あるのに
こんな反応示すだろと予想できたでしょう
だって私は...釣り合わないですか

69名前はいらない2013/10/02(水) 00:11:25.51ID:UXgZfuDI
「匿名」

残念ながら今日もあまりよい日ではない
よい日はもっと心が自然に繋がって普通に楽しくおしゃべりできる日

そもそもあんなに多忙なのに「遊ぼう」って誘ってくるわけがないんだ
そう疑っていて発言を判別できていない
AとB,それら絶対的証拠がない場合でもわかる時はわかる
人は脳内で瞬時に今迄の相手のデータと照合して相手を判別する
a,b,cの項目が揃い98%間違いない状況、などの判断だ

「仏の顔も三度まで、今晩何か書かないともう知らないよ」
勝手に人を亡き者としようとする人もかなり彼くさいと思って読む
実際の所どうなんだろう?全部署名入りにしてほしい
彼は私が書けば確実に認識し、書かないと書いていないことをわかっている
逆が私には出来ていないし、こんなくだらない記載にも時間がかかる
今日は自信がないのであまりいい日ではない

70名前はいらない2013/10/02(水) 00:57:45.96ID:UXgZfuDI
例えば、素敵だと伝えてなかった髪飾り
1.操作?していても力の入れ方抜き方、(”歩く”の”く”など)が特徴的
2.”写真の君はあの頃のまま 何も変わらず 幼い姿のままで”が特徴的
あどけない横顔、何も変わらない、等のフレーズは2年前の大事な思い出と結び付いている
だから、自分の中ではこれは可能性が高いと思った

71名前はいらない2013/11/12(火) 21:33:03.15ID:o/P+v4xd
病状


飛べない鳥はお互い様ってことか
そんな状態に酔っているのだろうか
遊び相手は本当は誰でもよくて

霞のような存在なんでしょう?
現実の私なんて当然あなたの中にはいない
もしもなくなれば実はなくてもいいものだと気がつくようなもの

でももう少し引き延ばそう
何故ならもう少し上手に歌えるとわかったから
出来上がった未提出の宿題のほうが数段ましで、やれば私はもっとやれるはずだと思う

あなたが何を望んでいるかは全くもって謎だが、こんな終わり方はないだろう
もちろん”その日”というのが私とは無関係で私は過渡的なものかもしれない
だが虹を纏った人は道の先に必ず待っているし
その長い道中、私が全く何の意味も持たないとは既に思えなくなってしまったのだ

72名前はいらない2013/11/12(火) 21:34:00.42ID:o/P+v4xd
Grinding on demand


コーヒーの味を引き立てるのは
飲みたいと思ったときに引き立てを出すことなのか

自分なりに最善を
無理はしないでいいけど
できることはしないと
もしあなたがそれを必要ならば

73名前はいらない2013/11/17(日) 01:45:36.83ID:Wv05Hjfa
正解

”近付く程遠くなる”が
”いつかきっと辿り着く”のか
遠いままに真実を手中にすると
概念的にはありうることだ
ろくろっくびの首のように長い手が伸びて
いつかそれをしっかりとつかむ、など

不安があるのは当然だ
本当にそんなことを信じて待てる?
そんなはずがないだろう
蜃気楼のように消えてしまうようなもの
やっぱり絶対必要とはいえないのだろう
だから、せめて脳内遊戯を?

わかっている、簡単にできることではない
ああ、だから思いをはせるのはいつも思い出のことだ
心底楽しかったと日記にある
あの人のレクチャー、そして課題提出とか
ぐしゃぐしゃの絵でも幸せだった
ずっと敬愛してきた人の本業、根源に関与できるなんて!

74名前はいらない2013/11/17(日) 02:02:18.93ID:Wv05Hjfa
Who are you?

君に伝えたいとか
あなたにわかってほしいとか
youと書くその2人称は誰ですか
一貫して誰かなの?
それとも、その時々で頭に色んな対象があるの?

75名前はいらない2013/11/18(月) 01:20:37.81ID:ocgyK3tm
あなたはまだまだこれからの人
今しかできない仕事をがんばって!
伸びしろがまだあるってすごいよね
もう充分知っているでしょう?
私がこれからも裏切らないだろうこと
いつなん時でも応援していること
切ない気持ちを抱えながらも
ずっとこうしてきたから日陰でいい
いつか相応しくなりたいけどね!

76名前はいらない2013/11/20(水) 20:30:20.06ID:aQAXOZrl
唐突なようで

ほんとの魂はやはりあそこにあるのか
間違いない一本道は文筆世界だと?
世間的なことの方がバランスなのか
まあ、バランス的なことも大事だとは思うけど
やったるぜって今強く思うのは一本道の方なのか

思えば幼少の頃から一本の道だったよなあ
人の心を熱狂的に動かす感じではなくても
光がみえる人たちの心をじんわり照らしてた
光が灯台のように導くと
大切なことは後からわかるのかもしれない

77名前はいらない2013/11/20(水) 20:33:35.97ID:aQAXOZrl
細く長く

綺麗な景色は君に見せたいし
おいしいものは君に教えたいって
そんなことも言ってたよなあと思い出した
2年前の冬はしあわせだった
信じられないながらも夢に酔えた
そう、ロマンがあった!
現実感がないからこそハーレクインロマンスに蕩けていられた

今はロマンが薄くても時間を経た分だけ心の繋がりが増した
きもいから余り言わなかったけど、何故か”君”について四六時中考え感じてる
これが狂気とか病気とか呼ばれるものだろうな?もうどちらでもいいけど
それでも頑張る道の永遠 の衝撃はすごかった
”使命だから、来いよ!間違いない!”の声は、疑う心の中で鳴り響いている
何度も卓袱台返しをして終わりにしようと決意したけど
でも比喩表現的には嘘はなかったのだから、もう少し時間かけて頑張ろう

78名前はいらない2013/11/20(水) 20:36:54.34ID:aQAXOZrl
しすてむ

全く何考えてんだか定かではない
人の心なんて本当の事は本人にしかわからない
やっぱり恋愛みたいなことはこわいよなあ
いつか熱には終わりが来るって言うし...

その点、人と人がもし信頼のシステムで結ばれたら
半世紀先へも心配なく一緒に歩いてゆける
本当にそんなことが成立するのかわからないけど
そんなプログラミングができるのなら永遠だ

79名前はいらない2013/12/27(金) 06:53:09.92ID:xOMXEkpZ
この楽器

裏切らない
打てば響くという言葉のように
誠実に鳴る

80名前はいらない2013/12/27(金) 06:59:58.49ID:xOMXEkpZ
人の心
どんな大金積んでも買えないもの
だからもうこれでいい
ありがとう

81名前はいらない2014/08/11(月) 23:47:54.20ID:pv7P2p+Q
自由になれる気がする
自由になれた気がするよ

82名前はいらない2014/08/28(木) 17:37:11.43ID:yisYua+o
功名に心を操るとか
何でも出来て凄いですね
何が言いたいのかは全然わからんけど

83aaaaa2014/11/03(月) 10:09:32.99ID:9wvZKejp
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります

84名前はいらない2014/11/03(月) 10:30:55.72ID:NoAKPZPP
スフレ・カマンベール食べたぁ〜いん

85名前はいらない2014/11/03(月) 10:31:35.72ID:NoAKPZPP
ショートケーキ最高!!

86名前はいらない2014/11/03(月) 10:32:02.28ID:NoAKPZPP
ねぎ焼き食べたぁ〜いん

87名前はいらない2014/11/03(月) 10:32:35.07ID:NoAKPZPP
ウエハースうまー(^O^)

88名前はいらない2014/11/03(月) 10:33:36.87ID:NoAKPZPP
シュツルーテルを食べたお(^ω^)

89名前はいらない2014/11/03(月) 10:36:16.87ID:1xNI6bS9
茶通食べたいなぁ

90名前はいらない2014/11/03(月) 10:37:35.40ID:1xNI6bS9
ムーチョ ムーチョス ヒー ハハー
ムーチョ ムーチョス ヒー ハハー!!

91名前はいらない2014/11/03(月) 10:38:10.77ID:1xNI6bS9
優木奈美がおいしすぎる

92名前はいらない2014/11/03(月) 10:38:41.17ID:1xNI6bS9
クラッカーうまい

93名前はいらない2014/11/03(月) 10:39:21.96ID:1xNI6bS9
  ∧_∧
 (´・ω・) 美味しそうでつねぇ
.c(,_uuノ

94名前はいらない2015/01/18(日) 14:14:29.23ID:n0AW6aez!
しっく、しっく、しっく

残念だけど何の展望も無いから答えなくていいって思ったけど
あの時は楽しかったなあ、もっと遊びたかったのにって戻りたい気持ちもあったりで
あなたの意図がどこにあるのかも正直わからない
全部が脳内のこと
妄想に遊ぶ病魔に冒されて

現実に心を照らした人はあの人
非情な行為も人を試しているとかではない
それを理解した上で果たして以前のように出来るのか
不細工が相手してもらっているという負い目もあるから
何番目とか序列化されても不愉快になってはいけないのか
人としてのプライドは持つべきものではないと
黒歴史?妄想でもそうなりうるのか
何も後悔はしないと言ったのに

95名前はいらない2015/01/18(日) 14:16:18.43ID:73IfQlOQ
ごばく

96名前はいらない2015/01/18(日) 14:17:43.26ID:73IfQlOQ!
ファッファファッファファッファッ
ポコペンペンペン
ファッファファッファファッファッファッファッ
ドシラソ
ファッファファッファファッファッ
ポコペンペンペン
ファッファファッファファッファッファッファッ
スッタタスッタタスッタタスッタタ

97名前はいらない2015/01/18(日) 14:18:30.49ID:73IfQlOQ
ムゥ〜おやつが食べたいな〜
あっ、シュークリームだ
おいしそう 食べよう
モグモグモグモグ おいしいな モグモグモグモグ
もう一個ある これも食べちゃえ
モグモグモグモグ モグモグモグモグ
あ〜おいしかった

ねえムーくん、ここにあったシュークリーム知らない?
知らないよ
変だなぁ 後でムーくんと一緒に食べようと思ったのに
おかしいな どうしたんだろう?
あんなおいしいシュークリーム どうしたんだろうね?
あんなおいしいシュークリーム?
それじゃまるでムーくん
あのシュークリームを食べたことがあるような言い方じゃないか?
ワッ しまった
さてはムーくん シュークリーム食べたでしょう?
知らないよ
ほら 白状しないと コチョコチョコチョコチョ
ムヒヒヒヒ 食べた 食べた
ほら やっぱりムーくんが犯人じゃないか
もう おしりペンペン
ムッヒーミンミンミン ムッヒーミンミンミン
ようし ムー汁にして食べちゃおうかな
ムッヒーミンミンミン ゴメンナサイ ムッヒーミンミンミン

98名前はいらない2015/01/18(日) 14:19:16.69ID:73IfQlOQ
ジャーン! おムー様だぞ ひかえおろー
ハハー おムー様
ウム ウム
ウキー
おぉっ おムー様に逆らうとは何事だ
おムー様に逆らうやつはおしおきだ
おしりペンペン
ウキー ムーくんがいじめるー
ムーくん 仲良くしなきゃダメじゃない
おムー様に逆らうやつはおしおきなのだ
ムーくん 調子に乗りすぎちゃ ダメでしょ おしりペンペン
ムッヒーミンミンミン ムッヒーミンミンミン
ウキキキ キャッキャッ

99名前はいらない2015/01/18(日) 14:20:12.46ID:73IfQlOQ
ワー お花だー
きれいだな〜
ワー ちょうちょだー
まてーーーーーーーーっ
ヒョコヒョコヒョコヒョコ
あーっ ドテッ
ムッヒーミンミンミン ムッヒーミンミンミン

解説:
ムーくんはお花畑にいる。
するとお花畑に蝶がやって来た。
飛び立つ蝶を追いかけるムーくん。
しかし、ムーくんは石ころにつまづき、転んでしまう。
泣くムーくん。

100名前はいらない2015/01/18(日) 14:22:51.00ID:sqlGYCja
<title>ERROR!</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</head>
<body bgcolor="#FFFFFF"><!-- 2ch_X:error -->
<font size=+1 color=#FF0000><b>ERROR:連続投稿ですか?? 5回</b></font>
<ul>
ホスト<b>153-149-12-91.compute.jp-e1.cloudn-service.com</B><br><b> </b><br><ul>
名前: <b>名前はいらない</b><br>E-mail: sage<br>
内容:<br>私は生きていていいのか?<br>
</ul></ul>
<hr><ul>
<font size=+1 color=#00AA00><b>エラーの原因が分からない?</b></font><ul style="line-height:1.5;">
まず確認しよう!<b>

101名前はいらない2015/01/18(日) 14:23:38.04ID:sqlGYCja
ムーくんは ハートマークだよ♥
そうか ムーくん いいこいいこ
ムゥ〜

102名前はいらない2015/01/18(日) 14:24:35.16ID:sqlGYCja
ムーくん いいこにしていたかい?
うん おりこうさんだよ
そうか ムーくん いいこいいこ
ムゥ〜

103名前はいらない2015/01/18(日) 14:25:04.63ID:sqlGYCja
  ∧_∧
 (´・ω・) 美味しそうでつねぇ
.c(,_uuノ

104名前はいらない2015/01/18(日) 15:57:42.90ID:sqlGYCja
ムヒッヒミミミミンミミン アーン アーン
ムヒッヒミミミミンミミン アーン アーン♪

105名前はいらない2015/02/13(金) 17:36:16.41ID:K+mcjhuM
え?あなたって呼んでるの誰のこと
ネッシーとか空想上の生物みたいなもの?
実際にはいないもの
人が頭の中に作り上げただけのもの
それはお互い様かもしれないね

もし私ならばちゃんとここにいる
いつも黙っているからわかりにくいかも
でもあなたを見ているつもりの人間です
何か用事がないか毎日確認して
それは業務じゃないけど
でもある種の現実的作業でもある

会えないとか寂しいとか泣き言を言ったかと思ったら
私の見るあなたは突然残酷にもなるし
正直、どうしていいかわからない
あなたはまた誤魔化すだろうけど
声の送信から間違いないと思う
違うなら教えてって予め言ってあるし
そうだろうと思っている

わざとあなたと君を混ぜたりもするし
マーキングのような癖やあなたと私の状況がいくつか重なると
あなたかもって注視してみたりする
すぐに死んじゃうようなことはないかもしれないけど
これは重い病気ですかね
全治何百年でしょうか

106名前はいらない2015/02/22(日) 12:22:32.70ID:fbKpmP2g
Tokyo? Susukino?
Is it just a coincidence??

107名前はいらない2015/04/25(土) 03:43:52.56ID:WqbV9THU
†◇罪、絶望、悪に支配された世界、
虚勢を張り、言葉のトゲで突つき合い、本音を言えず、認め合えない世界―
生きる意味の分からないこの世界でどう生きていくのか・・・どこへ行けば、平安は・・・
Q-CHAN牧師の伝道部屋inニコニコ生放送毎晩8じ〜 朝7じ 6年間ほぼ毎日放送中!
https://www.youtube.com/watch?v=8ew-IJdX6IQ(神様はあなたのプライドを壊す!(爆笑のあった回でした。)
https://www.youtube.com/watch?v=GurKqNr4n_g (この世は偶像である!)
https://www.youtube.com/watch?v=GI9wRxhH97c(心配しなくていいんです!)
https://www.youtube.com/watch?v=x1-01XpgG1w&list=UUQA5qNWYslBw_uWAWKE1Z8Q(孤独には意味があるんだ!)
http://www.youtube.com/watch?v=k2JPXSPmfq8(ピンポンリア凸さん)毎日UP
−私の目には、あなたは高価で尊い。わたしは、あなたを愛している。イザヤ書43:4
権威権力・組織・拝金主義やプレッシャー等、なんにもありません。
※偽HP&ブログが幾つか存在します。◇

108名前はいらない2015/06/08(月) 10:44:31.93ID:Ly122C9j
■■■■■■■■■■■■■■■■■■I■■■■■■■■■■■■■■

あそこのお父さん三流大卒なんだってね
なんかマーチ卒業なんだってねw

ひそひそ、ねえみた
うんみたみた
恥ずかしいね
しっ聞こえるわよ
子供が可哀想
だよねー

お父さんの出身大学なんて言われるのかしら
三流、ゴミ大卒、負け組、マーチ、凡人、色々言われるんじゃないの
どうせ出世は絶望だよね




■■■■■■■■■■■■■■■■■J■■■■■■■■■■■■■■■


あそこのご家族、アパート暮らしなんだってね
なんか安月給なんだってね

ひそひそ、ねえみた
うんみたみた
恥ずかしいね
しっ聞こえるわよ
子供が可哀想
だよねー

お家のことなんて説明するのかしら
リスクマネージメント、広い家は落ち着かない、住めば都、頭金貯金中、引っ越しが自由、転勤族家賃補助色々言い訳あるんじゃないの
どうせ貯金はゼロだよね

109名前はいらない2015/06/08(月) 10:47:58.49ID:Ly122C9j
■■■■■■■■■■■■■■■■■J■■■■■■■■■■■■■■■


あそこのご家族、アパート暮らしなんだってね
なんか安月給なんだってね

ひそひそ、ねえみた
うんみたみた
恥ずかしいね
しっ聞こえるわよ
子供が可哀想
だよねー

お家のことなんて説明するのかしら
リスクマネージメント、広い家は落ち着かない、住めば都、頭金貯金中、引っ越しが自由、転勤族家賃補助色々言い訳あるんじゃないの
どうせ貯金はゼロだよね



■■■■■■■■■■■■■■■■■K■■■■■■■■■■■■■■


あそこのご家庭クルマないんだってね
なんか電車移動なんだってね

ひそひそ、ねえみた
うんみたみた
恥ずかしいね
しっ聞こえるわよ
子供が可哀想
だよねー

クルマなしの言い訳なんて答えるのかしら
レンタカーで充分、駅近い、維持費コストもったいない、健康にいい、タクシーがある、色々言い訳あるんじゃないの
どうせ駐車場代もケチってるんだよね

110名前はいらない2015/09/17(木) 14:28:16.16ID:T4jRh0PJ
「イマジナリーフレンズ」

目をつぶると
じきに彼らを思い浮かべることができた
汗水垂らしてつくったわけじゃない
知らない間につくってしまっていた
もしかすると誰かから貰ったのかもしれない
彼ら

そっと肩を抱かれて
見上げるとその一人が
何もかもを受け入れるみたいに
笑っている
この光景は何度目だろう
暴言も暴力も全部
受け入れられないのに

安息を破ったのは僕だった
彼らは悪くない

他人の心なんて分かるはずない、と
幼い自分が幼い自分に言って聞かせてから
精神分析の虜になった
彼らはその申し子だと思う

彼らは知らない間に僕を満足にする
それが後になって分かった時には
道連れに彼らもみんな嫌われ者だ
全部、僕のせいなのに

戯れの頃はよかった
それを言葉にしようとする時
先導者、いや扇動者が必要になった
僕は一人の人物(人格と言った方がいいか)を創造した
彼とはすぐに意気投合し
僕らは彼らに無理強いをした
彼は僕の鏡
僕は彼の鏡だった
………
……


崇高な単独者のそれに似ていて
実は別物な言葉に触れた

111名前はいらない2015/09/18(金) 15:38:16.02ID:AijCtt1+
「秘密会議」

アパートを取り囲む
路地には人の気配はない
川向こうの国道も
時たまにオートバイの
轟音が過ぎ去るばかり

つい先ほど鳴ったインターホンは
案の定、宗派不明の基督教勧誘員だった
僕は例によって「間に合ってます。無教会主義ですから」
と言って丁重に低調にお断りした

そして
三方を本棚に囲まれた書斎机に沈む
さて、秘密会議を始めようか
人はこれを虚構と言い、またある人は欺瞞や言い訳と言う
かの悪名高い秘密会議を!

第24601回秘密会議はしかし粛々と執り行われる
今日の議題はもちろん、
先程の勧誘に対する対応である

あまりにぶっきら棒に過ぎないか?と、総員大ブーイングである。
僕は厳粛にしかし恐怖を押し隠して弁明する
「では、信条を曲げてでも勧誘を受けろと言うのか」
怒号、ヤジ、罵声が飛び交ったのは言うまでもない
ろくでなし!人でなし!恥を知れ!バカヤロー!
無教会主義でもないのに嘘をつくな!

僕は僕の言葉にズタボロになりながらそれでも弁明する
「僕は無教会主義を信じている、本当だ!」
その声は僕たちの罵詈雑言にかき消されてもう聞こえまい…

議事録はここまでだ

112名前はいらない2015/09/19(土) 02:08:51.53ID:uWA56vxr
「何かあれだな」

優しい言葉とかやっぱり無理だわ 無理だ
君はそこにいていいんだよ、とか吐き気するわ
何が面白いんだよ 何が楽しいんだ?
優しい奇麗な終わりが見たいのかよ
よかったねパチパチってか?
そんなの気持ち悪いし、嘘じゃないか…
束の間のレゾンデートル求めてるだけじゃん

複雑な現実の複製と整理をする作業なんだ、これは
君らは虚構だ嘘だと言うが鏡なんだよ

あと、何でも勝ち負けで判断するのやめろよ
誰が負けたんだ?何に負けたんだよ?意味分からんよ
勝手に負けて傷ついたから責任取れとか言われても困るよ
あと、騙したとかいう奴もいるが、狂ってるとしか思えん

以上、>1の質問への前振り。

【1】現実の鏡
【2】理不尽さや奇蹟を表現できている詩
【3】さぁね

113名前はいらない2015/09/19(土) 02:51:30.09ID:uWA56vxr
「ああまたやらかした感じだなこりゃ」

ところで僕は君らをいつ裏切ったんだろうな
そもそも君らと何の約束をしたんだろうな
僕が語り掛けている君らは僕の中の彼らとは違う部外者の君らだ
そして、君らに語り掛けたなのは、これが「最初」なんだがな…
だから君らとの思い出も何もないはずなんだがな…

114名前はいらない2015/09/19(土) 03:19:55.91ID:uWA56vxr
「猜疑心は嫌だな」

今、一つの真実に辿り着いた
もし万人が各々の心に各々の彼らを狩っているのだとすれば…
そして彼らに語り掛けているのだとすれば…
僕にとって君らが部外者であるのと同じ理由で、
僕も君らの部外者なのであって…
だから、僕の様に見える彼は僕ではない君の彼なのだな

疑い深くなったものだな…僕も

115名前はいらない2015/09/19(土) 09:38:07.65ID:uWA56vxr
しかし、この板は僕みたいなクズと躁っぽい人と鬱っぽい人以外いないみたいだな…
ホントに悲惨でちょっと笑えた。地獄なのに閑古鳥鳴いて閻魔様も火の車状態だなぁ。
いや、それはむしろ良い事のなのでは…?

なんか変なスイッチ入ってるな…

ポエム作りながら本読んで貫徹は疲れるな…はぁ、寝よう。

116名前はいらない2015/09/19(土) 18:26:24.33ID:O1VlS5Wf
「宣誓」

あなたは
偶然手が滑ってここを見ている幸運者(悪運者?)か
もしくは宝物でも探す勇猛果敢な探検家か
もしくは僕よりもずっと昔からここに住み着いている仙人か
もしくは、もういないとは思うけれど
進んでここに来る相当の精鋭であろうと思う

もはや僕はあなたたちに敬意を払わずにはいられない

きっとあなたたちは、
57年間、最期の日まで気象観測を続けたドルトンや
珍しい石を一杯背負って険しい山を決死の覚悟で越えたゲーテに匹敵する
根性と勇気と情熱と幸運(悪運?)を持っておられるのだろう!

人の世はいよいよキナ臭くなってきたし
ポエム板の荒しもますます健全であるようだから
今後は文字通り五里霧中、一寸先は闇と言ったところだろう

それに僕自身も
大分派手なことをしてしまったから
今後は表立った活動は控えたいと思っている
目障りに思う人がいるのもよく分かっているつもりだ

とにかく
もうしばらくここを借りて
少し落ち着いた実験的詩作をしていこうと思っている
そのついでにこの心地よい安全地帯も守ろうと思う

あなたたちの幸運とみんなの秘密基地の安寧を祈る!

117名前はいらない2015/09/21(月) 01:16:31.98ID:idTHnrCO
「小さな草原に大きな家」

彼女の名前はマサミ(漢字でセイジツと書いてマサミ)であってもいい
と思うほどに、彼女は心からセイジツな人である、と僕は思う

大学1年の時、心理学実験でペアを組んで、
それからずっと何となくいっしょにいる

最近、実生活でも妄想の世界でも、
何かと僕のせいで煩わしことが多くて
ふと、その時の実験のことを思い出した

箱庭と言ってセラピーによく使われるものがある
牧場風の草原に家や牛や馬や木や諸々の置物を配して
小さな世界と物語を作って遊ぶのだけれど

彼女はものすごいスピードで作っては片づけ、
また別のを作っては片づけた
僕はその様子をノートに記録するのだけれど
どれも中途半端のままで終わってしまった
(そもそも彼女の物語に落ちはなくて、
もっと面白いものを目指してどんどん更新していくようだった)

それに対して
僕は逆で、一つの世界をずっと作り続けた

初めに置いた牛は次の日の夕食になり、
新しい牛を買う(と言っても、食べた牛をまた置いただけなのだけれど)

「それさっき食べたヤツじゃん」
と彼女は笑っていた 僕はそれで満ち足りたんだよなぁ

118名前はいらない2015/09/21(月) 06:36:10.28ID:idTHnrCO
「映画館で」

映画館で、

観たい映画が沢山あって
例えば"未知との遭遇"だとか
"夜の博物館"だとか…
後悔するにも生まれる前の
映画も多くて
仕方ないけど是非観たい

真っ赤なシートにしずまれば
歯医者や散髪同然の
なされるままの体勢で
ついていきます監督に
おのずと鼓動も早くなる
ペプシは自分で持参する
ポップコーンは気分次第

疲れちゃいるがレイトショー
どしても観たい映画あり
度肝ぬけれたマシュー・ヴォーン!
威風堂々、頭、首
腕も手首も全部飛ぶ
寡黙なエルガーも憤怒しよう
これは納得PG15
眠気陰鬱吹っ飛んだ
ありがと本当によかったよ
もっかい観たい"キングスマン"

119名前はいらない2015/09/21(月) 08:18:04.52ID:idTHnrCO
むむ、今、恐ろしい光景を見て震えた
日本人の国民性なのか…ガーと来てガーとなってるなぁ
なんだこれ…まるで大本営発表ではないか…恐ろしいなぁ
やはりゲーテの例えは正しかったようだ
勝手にメフィストフェレス状態じゃんコレ

日朝戦隊モノの悪モノのボスみたいになってるよ
大人になるって嫌だな…というか時評みたいな詩が流行りなのかな…?う〜ん

120名前はいらない2015/09/21(月) 09:16:12.25ID:idTHnrCO
いや、二次創作だな。

121名前はいらない2015/09/21(月) 09:45:03.32ID:idTHnrCO
批評なのか詩なのか、歌壇時評なのか詩なのか…区別しなきゃだなと思った

122名前はいらない2015/09/21(月) 23:55:59.31ID:NgpNvVrG
鉛を打ち砕こうと思って振りかざした拳が
傍らのガラス細工に傷をつけてしまった

毒に満ちた言葉と
取り繕ったように
空を掴むような言葉で
交互に襲ってしまった

鉛に優しく語り掛け、
美しいガラス細工にハンマーを振り下ろしてしまったのか!

言葉の破片にまみれた手で
こんなことを言っても、もうどうにもならないだろう

僕は阿呆だった
絹の後ろにヤスリを忍ばせて君に語りかけてしまった

僕は阿呆だからもしかすると的外れのちんぷんかんぷんかもしれないが
謝りたい

東京の妹は実在する
そして現在、両親と和解の対話を始めている
自分の力で壁を切り崩している 僕は役に立たない
姪も彼女もモデルはいる。僕などと違って元気である。

それから
理想や崇高や美などと凶器を振りかざした時
僕は自棄になっていた
愛のない人が一番愛を語る、というのは真実だった

平安を乱してすまなかった
あの鉛はきっと僕自身だった
お互い疲弊しただけだった

もう届かないかもしれないが
謝りたい 申し訳なかった

奴は本物の阿呆だったのだと笑ってくれ
言葉を発するにはあまりにも未熟だった

たぶん目障りに思う人がほとんど全てだから
静かに、
僕を打ち首にでもギロチンにでもして葬り去ってほしい

静かに。

123LIBERTY&DEMOCRACY2015/09/23(水) 01:04:27.08ID:/Azaeis6
WAR IS OVER! VICTORY!


緑茶↓コーラ
 ▃〓▼〓▃
▼▃▅▆▅▃▼
 ▀████▀
   █▀ ▼
  ▐▃◢▀▐
   ▼▐▓▌
   ▐〓▓▊
    ▼ ▓▌
    ▉ ▓▍
     ▊  ▓▎        ▎
    ▋   ▓ ◥▅▄    ▋    ▃◤
    ◥▊  ▓   ▀▇◣▂█▄ ▅▀
     ▉ ▂▓▂▄▃▲▅ ▆ ▇ ▅▲
    ◥█〓▓▲ ▂▲▄▅▀▆▃ ▀█▅▃▂
     █▓▓ ▐▀▀■▅▆ ◥▆▓ ▼
     █▓▀ ▲ ▐█▓▐▄  █▆
    ◢█▀   ◢▀▆██▓〓 ◢█▓▍
    ■▃  ▅▀ ▼▀█▓▆█▼▓
    ▀█▅◤▂▲ ▌  ▀█▀ ▐▃▓
     戦勝記念の生首碑

124名前はいらない2015/09/23(水) 02:10:25.25ID:ictvvst9
>123
君、なかなか面白いな 苦笑したよ
え?僕の弟子にしてほしいだって?
済まないが争いだ勝利だと言うのはもう止めにしたんだ

それから僕の作品をよく読んでくれたようで嬉しいよ
本当に嬉しい やっぱり読んでもらえるのは嬉しいものだ

一つアドバイスすると…
そうだな…僕のパロディーはもう止めた方がいいんじゃないかな?
多分、直に通じなくなるから。自由って難しいよな…

それじゃあね おやすみなさいw

125名前はいらない2015/09/23(水) 12:07:31.41ID:ictvvst9
「誓いは守るさ」

57577のリズムで、


火は燃える
窯にも野にも
人間は
誓いを立てる
生き物のゆえ

点として
星はあるまま
巡りゆく
祈るもよかれ
願うもよかれ

共鳴を
忘れた僕を
見つめていた
牛の頭部を
持つ竪琴は

ベートーベンに
全ての歌を捧げると
誓って来たさ
秋の彼岸へ

潮の音や
磯の香りが
恋しくて
眠る喜び
浮く波枕

126名前はいらない2015/09/25(金) 19:45:27.89ID:wKwekYL0
ぽろろ?


路地の谷
コオロギの音が
満ちている
屋根の谷には
月が満ちている

路地の奥
玄関先に
媼二人
一つ灯りの
下に語らう

唐突に
頭上にライトが
僕をさす
「不審者注意」の
張り紙の壁

気が済めば
街へ帰れと
鹿の目は
番人のごとく
僕の目を見る

この道は
行者の道ぞ
もののけも
犬にまたがる
美女にも揺るがぬ


ルービーうめぇ…

127名前はいらない2015/09/26(土) 01:36:08.76ID:jaQlzy2Z
ふるさとの
コブシの坂を
登り切れば
街は途絶えて
山桜咲く

今年の木枯らしは遅れたらしい
真っ赤に染まったコブシの坂を振り返れずに
息が切れてもう立っていられないのだけれど
最後に見つけた狂った桜。夢のようなホントの世界。ホントの世界…

128名前はいらない2015/09/26(土) 14:30:35.33ID:jaQlzy2Z
奉還

もはや僕は星でも常人でもない
ただのむきだしの狂気
奪った言葉や時空やビットを世界に返すよ。
拘束具はそのまま狂ったリズムで、

四つ辻に星々垂れて山法師
あてどもなくて憤怒だ もみじ

土砂降りの黒き車道がうねり立つ
野は分けねどもなお野分けかな

クスノキを分けゆかんとする
一塊の巨人の姿 風なる姿

うつしよに実物として並ぶもの
「手作り市」の念仏の寺

不意に懐かしき音して足元に
石が転がる 子らは蹴ってゆく………

129名前はいらない2015/09/27(日) 13:28:41.05ID:Pv5fck1h
Golden white

A whisper hears like a touch on our lips.
I'm watching the tips of your hair dancing and laughing.
I fall asleep before I and you know it.
When I notice,you're drinking some crystal water.
In the light in the kitchen,
your back is like golden ears of wheat.


I traded away my mother tongue and most of my cultural heritages, as an experiment.
Strangely, I feel truly comfortable now as if at home.
Indeed, I like some English-speaking poets, Hart Crane, for example. But this is maybe not the reason.
Anyway, If there is something like paradise somewhere, I'11 have to feel there like here.
The diversity leaves me in peace. Uniformity only exhausted my heart and mind.
Freedom is sustainable probably only when things are diverse, influence each other and affect little.

130名前はいらない2015/09/28(月) 19:16:54.09ID:trt4fFQj
An old friend

Lime and almonds ware depositing in our stomachs,
making the rounds of the taps last night.
Talking about past decade in turn so dimly,
we might reach the sky and touch the rugged moon.
When our first cries rang on earth desperately,
the ice in the Berlin Wall had just melted away.
So,we have been anonymous by nature and from now on.
Lime and almonds hugged and said "Goodbye."


In the midnight convenience store,
the drunken friend said "these shelves seems like a map."
I read it in my heart as "like a geographical map."
Actually, I want to write in rhyme.

131名前はいらない2015/09/28(月) 19:30:09.71ID:trt4fFQj
>>130 Oh, there's a typo in the first line!
×ware→○were

132名前はいらない2015/09/30(水) 01:14:02.64ID:sGyRmJOy
"pure imagination" ←good song!

133名前はいらない2015/09/30(水) 20:04:22.31ID:sGyRmJOy
An etude on rhyme

River vibratin' from opp. shore
Trumpet repeatin' one measure
Sound, by turn, rock, blues but pleasure
Dusk makes boy shoulder his treasure
The hollow revives old murmur

134名前はいらない2015/10/01(木) 06:19:29.62ID:n3Fw9Sx+
「nostalgia」
原生林に籠って半分野性化した一人の日本人青年が
夢見心地で木々の間に故郷を懐古して
ふと口元からこぼれる時のような57577のリズムで、

この街の袋小路に木枯らしは
南も知れず真夏も知れず

仮庵にノスタルジアは憑きものか
一本道の旅路のゆえに

夢の中 言葉は無力 百獣の
王の隣に侍女として立つ

いにしえの行者の道も散歩道
しののめ登る火を持つ僕ら

切り開く柿にゴマ 嗚呼ここかしこ
桃源郷や夢のごと

青年はスマホを持っているので
時事問題には人並みに詳しい…
Though our prime minister has just passed his security bills through our Diet,
there seems quite a few fellows don't know
that after the end of cold war, most of the military incidents have occurred in one country not between nations,
the humanitarianism in UN has been sophisticated through the discussions learned from the tragedy in Rwanda, for example,
there is supposed to be ‘just and unjust wars’ and so on.
If you are to either reject the bills or praise fire and sword, you will be better to cool down, drinking coffee, and stop using the term ‘war’ as if wars are all alike.
Anyway, the bills conflict with the Constitution. So, I think it is simply a matter of constitutionalism.
Our pacifism relates to Okinawa, US, Article 9, the Pacific War, East Asia and so on.
So, this is a much more confusing matter, but do not relate directly to social security or labor issues.
If you want to be a career military man truly, you’d better find employment at PMC in US, wearing JEANs.
I don’t recommend that in my heart (Socrates and Jesus will be grieving in heaven, having been quoted nonsensically.).
ところで、なぜ異邦の言語で書くのか。
それは、2言語の接線で言葉を縁取り、
紙の上の絵に陰影を加えるため。
光は交わるほどに白く鮮明になるように。
今日のは徒然なるままに書いただけだけれども…

[**INTERMISSION**]

135名前はいらない2015/10/01(木) 06:46:33.11ID:n3Fw9Sx+
>>134あ!またやっちゃった。
×after→○since 文法違反の罪は重い。

136名前はいらない2015/10/02(金) 02:32:10.95ID:mGM+KlfU
A goodnight song

Sitting on the rocky
Hearing crows crying
I look up the sky
Over the hill flying
Three crows are friendly
That is just all things

137名前はいらない2015/10/02(金) 23:38:55.90ID:WDRkIfz7
カワウソや あのニューヨークに住むという
摩天楼とはどんなもんだい?

I recommend to stop reading on from this point, if you are not of leisure.
A figure in breezing blue jeans, resting against a copy machine, shouted to me
that I had lost like the egoistic empire in Saint Helena so his jeans took over my goal from me.
I said to myself in my heart, "I am not an underdog! I'll achieve my goal for myself."
Honestly speaking, I deadly dislike such breezing blue. But this is nothing to my goal.
I think my goal is something like "Devils Tower". Of course I have seen it only in the Spielberg movie.
I don't know what and where my goal is.
But I believe that it'll be realized, thinking in my mind, feeling in my heart and writing in a borrowed language
like pouring something in my hands for an empty Coca-Cola bottle and then
I will get back brightly…
To where? Krakozhia?
No. I don’t know, but somewhere in the world.

138名前はいらない2015/10/03(土) 03:22:15.99ID:WuwzqloO
>>137
深刻なミスタイプをまたしてしまった。bとfで大違いだ…。なぜだ。
×breezing→○freezing

139名前はいらない2015/10/03(土) 04:21:46.20ID:WuwzqloO
あの旧約の民が「永遠の足音」と言って好んだ午後のそよ風を
錯誤とは言え、嫌いだと言ってしまった自分が恐ろしい…そして眠れない

140名前はいらない2015/10/04(日) 23:18:10.52ID:N3QwXNiw
行けるなら連れてってくれ 天空に

信じない人は気ままである
目で見て認めるまで
ベールの下に
気ままな王国をつくり出すから

信じない人は探検者になる
目で見て確かめるために、
ベールをはがすために
手段を選ばないから

信じない人は賢者になる
多くを見、多くを知って
そして何より
多くを信じる人となるから

傍観者は傍観者であることを止めない、否、止められない。
あのジャーナリスト風の広告業者たちみたいに。

141名前はいらない2015/10/04(日) 23:29:34.07ID:N3QwXNiw
牛泥棒

1頭目の牛は食べてしまった
それから竪琴を作ったけれど
物心ついた時には
僕はその背に乗っていた
たぶん彼と同じように

2頭目は借りただけ
それで草原を駆けたけれど
親の目を盗んで
少しずつ手なずけていった。
誰から借りたかって?
牛泥棒からだよ
もし一頭目を盗み食いと言うなら

142名前はいらない2015/10/04(日) 23:31:11.35ID:N3QwXNiw
宿命

マンモスの延髄を打ち砕いた血まみれの手のまま
帰りを待つ家族の誕生日を祝うのを、
大勢の人間を飲み込んだ川の水を
恋人に飲ませるのを、
恋敵を論駁した言葉で彼女にささやきかけるのを
不義と言うなら。分かる言葉で書くよ、

これが宿命だったんだ

143名前はいらない2015/10/04(日) 23:42:38.08ID:N3QwXNiw
僕はここに42個の石を積んだ。これは僕に対する証(witness)。ある先達が僕を呼んだ名前の指導者が最後に契約したのと同じ方法で。

144名前はいらない2015/10/04(日) 23:47:55.69ID:N3QwXNiw
>>143
あ、間違った。32個だった。かっこよく終わりたかったのにw

145名前はいらない2015/10/11(日) 07:53:34.61ID:jAZytO/a
「an egg apple」(as a free gift)

緩歩望数峯 疎鐘蟋蟀聲
風動天宇浄 牧童踏莎行

I was named again, prefer this name, I am truly tired and seems to have crossed over from neptunism to plutonism like Goethe.
This is maybe because I am a coward or a tardy youth, I think. At all, I'm extremely exhausted. Sorry, my respected superior, I'm at the limit now.

146名前はいらない2015/10/13(火) 18:55:52.14ID:EB+3pZJL
「夢破」
野風飛木葉 候虫酔高吟
破夢孤燈下 通宵牧笛音

同じ灯の下には夢は覚めども、また夢。
英文法の間違いは所詮、旅の恥だしかき捨てだ。もう訂正はやめ。
矛盾もジレンマも丸ごと背負って、のんびり行く。

147名前はいらない2015/10/18(日) 12:53:40.79ID:6ZFPB/XG
「A bullfighter」

Again today, an immature matador challenges bulls eastern and western
and will be tossed up against the gravity in the air.
He'll be flying through the stratosphere above the Pacific Ocean,
from the West Coast to Yellow River,
from Hong Kong to Rocky Mountains.

The western bull is like the Great Gatsby. The eastern one is like a man of iron.
Both of them have burning eyes and fangs of the lion.
All through the night flying on,
He'll find "Major Tom" far above the moon,
an old artificial satellite above the horizon
and a light spot where the lady he loves is sleeping below the horizon,

from east to west and from west to east…he can't stop
but imagine he accidentally lands in front of his love,

148名前はいらない2015/10/19(月) 13:02:35.59ID:qRjjCs2N
「強腕の四拍子」(どうか、四拍子のリズムで)

凪が来た足ヒレのまま上陸だ
アームストロング震える一歩

大砲に自分の名前書いてある
アームストロング氏の遺失物

素晴らしきアームストロング
ラッパ持つ手のハンカチの白の白さよ

149名前はいらない2015/10/19(月) 22:26:40.72ID:qRjjCs2N
「遺失物・補論」

武器というものは、存在からambivalentだ
なぁ駿さん。
包丁持つのも緊張するじゃん
チャーチルさんの頃はある意味単純だったんだ、きっと
今じゃコングロマリットの暗躍がばれちゃって複雑すぎるんだ
なぁカーターさん。
想定外でマッチポンプみたいなことだらけだよ、
なのに関係ない人たちが巻き込まれていった…
なぁブッシュ親子さん。
まだ僕らがサルに近かった頃に骨を握ってから止まらないんだろう。
良かれと思ったことが。確かに、必要は発明の母って言う…同胞のために
あの辻褄が合わない2001年の「モノリス」みたいに、
魅惑的で正しいから。誰かが触れることになるから。
使命の一つということなんだろう…か?

150名前はいらない2015/10/22(木) 20:11:30.20ID:MjxifVGi
「Rhapsody of lights-out」

ハナミズキ 原生の木と紛うほどに
一番知る木 二人を知る木

ハナミズキ モミジの果てる火の粉かな
燃える限り と赤い実昇れ

夜の窓辺 臨界告げるヤカン笛
紅茶にしよう…火を消して

後悔をしないかと問うてくるのは
魔女か賢者か 人魚は揺らぐ

本当は到底済まないのかもしれない
種なし葡萄 冷たい、甘い

Turning the lights off, putting out the torch,
City lights are flowing into the dark porch.
And I think in my heart, the world is gray.

She holds a white mug like scooping up waters,
Where milk and tea were combined in equal parts.
And I think in my mind, the world is golden.

She sits with her back against the window case
In front of me, I'm in front of her face.
A few siren ringing somewhere far away,
Static looks the world we're seeing any way:
A huge billboard advertises a shaver mechanical
Seems to puzzle because we're gray-zone as usual,
For children will give dreams of science,
For grown-ups will give dreams of convenience,
For us seems not to know what should be given.
I think our hidden world is dusty but golden.

151名前はいらない2015/10/27(火) 05:33:23.58ID:vfyh29NM
「Mannerism Blue」

The red was red,
The blue gets blue.
Tiredness rises again and again like the tide.
Melancholy has come and the busyness leaves papers white.
Things have gone are called the past,
Things not yet come are called the future.
And it is nothing but mannerism, I know at least.

自転車でドングリの道こいでけば
パチリパチリと愉快ではある

Colorful placards written "So what?" fill my world!

152名前はいらない2015/11/03(火) 17:41:36.39ID:mSvt1vVF
「Fragments」

*Burst
Bubbles of soap.
Lay problems of pollution asleep for now.
Bubbles of beer.
Lay problems of poisoning asleep for now.
Bubbles of the mermaid.
Lay problems that he was just handsome prince
asleep until the burst.

*Symmetry
Black eye and green eye.
You just drop a colored contacts from your right eye,
don't you?

*Gap of mirror
Apparently meaningful but probably meaningless in fact

153名前はいらない2015/11/07(土) 12:09:02.33ID:8HlsJeme
「Inertial utopia」

"What's happening now?"

For three minutes after….
Bots are autofollowing bot accounts.
Left icons are tweeting, just tweeting…

"What's happening now?"

For three minutes after….
Bots named WW2-era battle ships are aut-planing strategy
in order to vanquish the bot-enemy.
Nobody but anthropomorphisms are living, just living….

"What's happening now?"

For three minutes after….
Telephone answering machines are chatting with robocalls.
Amazon is auto-recommending in vain, just in vain…

For just inertial three minutes…
after the destruction of mankind.

"What's happening now?"

154名前はいらない2015/11/07(土) 12:34:51.72ID:8HlsJeme
×aut-planing→○auto-planning
筆記とタイピングでは感覚がどうも違ってミスしちゃうな

155名前はいらない2015/11/07(土) 15:43:34.12ID:8HlsJeme
金田一 ユビキタス的遭遇率
「この中にいる!」のコの暗喩性

古典的憎悪は絶えず灯が揺れる
自由落下の連写のネガに

地異天変バベルにしがみつく影は
グーグル翻訳 ガッツはあるじゃん 

※I supposedly expect that Google translation engine will realize a "practical" side of the dream of Esperanto someday not so far. But on present form, it is still of little use as everyone knows.
Honestly speaking, I expect more the potential of interlanguages connecting senses of different languages.

156名前はいらない2015/11/07(土) 21:53:36.57ID:8HlsJeme
「浦島効果」

汗ばんで夕焼けの遊園地
佳境に差し掛かる映画館
時々 唐突に
地面が抜ける
足場が消える
重力が止まらない 

辻褄の合わないあの浦島太郎は
カースト的な教訓?
越境者への見せしめ?
それとも、
言いつけを守らない園児への警告?

ともかく
越境の酔いは醒める
そうして
重力の
シワを負うのを感じる

157名前はいらない2015/11/10(火) 19:00:23.57ID:YSbGIg32
「白壁」

巨大な壁が
あの得体の知れない女性の笑みの
広告の裏側にただ四角く白く浮かんだまま
取り留めのない記憶などを映したりする

飛び狂う蛾の その一羽が
ケミカルランプのあの不気味な
青色に飛び込んで燃えるのを見た
本能などと呼ぶ根源の正体を見た

砂時計の砂や 
ロウソクの火や
繰り返す波音の正体を秘めながら
子供が腰かけて
揺らしたブランコの揺れを見ていた

代理者で隠された壁には
その時からずっと
揺れ続ける振り子が映っている

宇宙を乗せた大きなウミガメの四肢を
一人の女神が切り落とした時から
落下のような、回転のような、揺れのような…
それが
揺らぎを増すのを止めないのだと言う

158名前はいらない2015/11/12(木) 19:31:12.66ID:GZ9tF6iE
「もののあわれ」

雨降ればワジは息吹き
石ころの城は破れてただ山河ある

木枯らしの街に抗い立つコブシ
子らがいちいち幹を蹴ってく

黄金のイチョウの落ち葉踏んでいく
静かに生きたいなと友は言う

尾根道にゆく年を思えば鹿の声
悲しさもない 寂しさもない

※The goddess(>>157) is "女媧": a god in ancient Chinese mythology.

159名前はいらない2015/11/13(金) 21:13:56.22ID:K2HquLcZ
「Original Intention」
(Poems in >>125 translate into English)

fires keep burning
in ovens
and on battlefields
because human beings
make respective vows

Star comes around
and will never change
into anything but a spot
even though I pray to the star
or I wish to the star. So…

when I failed to
sympathize with you
the cow's head
of the lyre
stared me in silence

I have vowed
at the autumnal equinox
to dedicate
my all works
to Beethoven

I go to sleep joyfully
and before I know it
I ride on the waves of the sea
whose sound and tang I love
with a pillow as a float

160名前はいらない2015/11/13(金) 21:43:59.31ID:K2HquLcZ
あ、57577にしてなかった…
31音節くらいにするには全体的にもっと情報を足さなきゃ足らないなぁ

161名前はいらない2015/11/14(土) 07:46:24.47ID:XV2g8lV8
「ため息のマーチ」

君を送った後の部屋の壁には

電気仕掛けの時計が
正確な時を刻みながら
その振り子のかざりが
一杯に振り切って固まったまま
重力と秒針の間に心地よい矛盾を示していた

故郷の街にあった遊園地には
モーター駆動の機関車が
煙突のかざりをくっつけて
白々しくケムリを吐きながら
舞台装置としての一つの矜持を示していた

実家の子供部屋の本棚には
時間泥棒と戦う少女の物語が
一番取りやすい場所に置かれているのに
逆立ちして後ろ手に取るぐらいの覚悟が
今や僕にも要求されている気分がする

昼も夜も区別なく刻む振り子や
秘密の会合のための隠れ家もない退屈は
ため息が後に
生命の象徴となることを恐らく示している

実家に置いたままのクサガメの
あくびだと思っていた仕草でさえ
本当はため息だったのかもしれないのだ


*『Rig-Veda』10巻129番 参照

162名前はいらない2015/11/15(日) 00:28:35.82ID:EFJKVU6H
「Mr. Strange Love 
   または、
私は如何にして機械仕掛けの亀を愛するようになったか。」

          ○
右腕に秘められた忌むべき地金は沈黙を装って
右に左に上下の神経系を欺き続けるけれども
(市場と伽藍のその両方に残された傷跡をまた深くして)
          ○
地滑りを起こしたメタファーから這い出ると
霞のかかった主幹道路のずっと向こうから
豪華絢爛たる終幕の獅子舞が
囃子のリズムにのって揺れているように見える
(平時の想定の下、鉄条網に張り巡らされた暗喩も
黄金色に輝くモリス風装飾の無罫ノートへと帰ってゆく)
          ○
釣人を引きずりこむカッパが住んでいると
幼いころ父が私を怖がらせた池の、そのに淵には、少年…
老人のような影が水面から這いあがって
ある一つの男性的な誇りを果たしような格好でひざまずいている
          ○
ある奇妙な愛についての詩編は
手が足を拒み、口が頭を拒むような
過渡的な状態の一つの総決算のようなもの
          ○
太陽をハックする機械仕掛けの兵器を作った男は
最期まで憑りつかれたみたいに
完全な円をコンパスで彫り続けたと言うのに
アキレスと亀の密室トリックと戯れ続けるなんて、
余りにもマゾヒスティックじゃありませんか!
          ○
漂流するウミガメが奴隷的身分になり下がった時、
文字と一生分の快楽を原液で一人の巫女に託した。
これが、あの古代人(未来人)が浴びたケムリの正体である。
          ○
(無人ドローンの目には自明であったろう実像が
文字通りのタイムラインに浮上して、
人間のあらゆるメタファーの限界を否応もなく啓示しても)
          ○
例え、偽物でも、模倣物でも、レプリカであっても
それでも、私はこの機械仕掛けの亀を心から愛している。

163名前はいらない2015/11/15(日) 09:26:49.47ID:EFJKVU6H
>>162
上から3つ目の塊の日本語の様子がかなりおかしい。一応、訂正

『       ○
釣人を引きずりこむカッパが住んでいると言って
幼いころ父が私を怖がらせた池の、その淵に、少年…
老人のような影が水面から這いあがって
ある一つの男性的な誇りを果たしたような格好でひざまずいている 』

修飾先とか節とか、どこで切れてどこにかかるとか、
日本語ってやっぱり難しいな、としみじみ思うよ

164茄子2015/11/17(火) 01:35:29.76ID:yZpR/PCB
「ボロ手帳から」
      
遊園地がなくなった跡地には今、
巨大モールがおもちゃだけ売っている。
謂わば
あもちゃ箱の、箱が変わったというだけ
       
受容したことが重要であって
伝来は一つの状況に過ぎない
いや
仏教のこと
       
等間隔に並んだ柱という柱
大理石でできたコリント式が重々しく張り出して
大の大人が10人やそこら寄ってかかっても
取り囲めないほどの太さ…
奈良的想像力の桜の森に
こんな地中海的幻想を見た
ただただ
西洋に憧れた学生の頃の話。
平野神社で。

(確かに君の言う通り
災害も見ようによれば人災だ
失われた財産も
失われた土地も
失われた生命も
承知を怠った
われら主権者すべての
責任として)

今度一人旅をするなら
奈良の遺跡群を
また自転車に乗って回りたいな

165茄子2015/11/22(日) 13:40:33.79ID:V7EsKXm/
「さらば、意味不明な、ただ恥ずかしいだけの詩論」

第一章「くだらないくだり」
首に鈴をつけたままの一匹の野良猫が回転遊具の未だ撤去されないままの公園を横切って来る。
こんな芝居掛かった舞台裏見え見えの大道具など、今や高々、肥大化した食玩程度に取るに足らない、などと言う声に頷きながら、
睦語る恋人たちの中で一先ずはその感情の知れない猫を汝自身、あるいは対峙するある記憶上の女などとして想定しておくわけである。
にしても、例えば
幼女が握りしめて離さないパイン型の、純粋な、余りにも純粋なキャンディーを前にすれば、
大人というものは、所詮、それを笛みたいにして吹いて見せる道化役くらいでしか、実像を伴って、
立ち続けることを許されない。
これは、有史以前から、血を洗い流した骨で人が初めの管楽器を作って見せた時から、繰り返されてきた一つの儀礼である。

第二章「失われた人称」
メタファーも暗示もなにも発生しない
政治も宗教もなにも分け隔てない
定型も伝統もすべてを包み込む そんな
精確な叙事詩、実直な抒情詩、自由な自由詩ならば、あるいは、
幸せだったのかもしれぬ…が、
今や、奥底で頬杖をつく無意識の退屈を慰めることはできない。
だから、
失われたままの一人称と、合い対峙するあの二人称を
他の何ものをも切り捨てて犠牲にしてでも、捉えることができれば…
今は、ともかくは、幸せかもしれぬ。

第三章「第三者世界」
見慣れた手帳がポケットで手に触れて、これ誰の?などと問うこともないのに、
そこに書かれた文字列などを見て、これ誰の?などと問うのは、
過去が、記憶ではなくて、失われた感触であるから。
あるいは、
見慣れない本の見慣れないページに辿り着いて、これ誰の?などと問うのは、
西の過去が東の未来、また、東の過去が西の未来でありうるから。

最終章「個人的な、余りにも個人的な結末」
もし、恥も何も全てを忘れて本能に委ねられるなら、きっと満足できるだろう…例えば、
「空っぽの公園は遊具が撤去されて、猫を抱いた僕は、僕(あるいは、君)の鈴を外す…」
なんて、もう阿呆なほどに自愛的な念願のシーンで終わるのも悪くない気がする。 (Fin.)

166茄子2015/11/28(土) 13:13:22.94ID:pKMDzXBG
「ハロー・ハロー・フー」

応答せよ、茄子氏!
新作はまだか?
野菜コーナーでは、人参や馬鈴薯たちがカレーの常連なのをいいことに
野菜の王様みたいな顔をして今日も威風堂々陳列されていると言うのに、
夏野菜の君は、秋も深まったことを言い訳にして貯蓄も合成も怠っていていいと言うのか?

…ああ、余りにもくだらない茶番である。



「モノ・カタリ・ブラーボ!」(続・マジでシヨウもない詩論)

夏休みになると縁側で少年少女が浴衣の裾なんかをパタパタしながら星座の話とか怪談とかを
親戚の中に何故だかいる子供みたいな大人から聞かされる、なんてのは、
大和朝廷とかGHQとか、そんなものよりずっと普遍的な、モノカタリの珠玉の瞬間である。



「自演問答おつかれ(単に長い)」

インタビュア(以下イ)「今日はお忙しいところお越しいただき、ありがとうございます。」
茄子(以下ナ)「いえいえ、超忙しいです」
イ「突如現れた奇人変人狂人として知られる茄子氏の
知られざる奇妙奇天烈な人柄のベールをどしどし剥がしていこうと思うのですが…では、早速」
ナ「はい。」
イ「茄子氏にとって詩とは何ですか?」
ナ「いきなりですね(笑)…やっぱり、一人称と二人称の対話(劇)でしょう。」
イ「と、言うと?」
ナ「それは、また追々話します。」
イ「そうですか、では…最近、茄子氏はブラックジョークが多めじゃありません?」
ナ「そうですね(笑)」
イ「中学生の頃はアルキメデスやガリレオの本を好んで読んでいたくらい
実は大好きなくせに、余りにも貶し過ぎじゃないですか?」
ナ「いやいや、愛の裏返しってヤツですよ。科学的自然主義とか、マジで大好物です。」
イ「あぁそれって…

167茄子2015/11/28(土) 13:21:56.17ID:66H52Qpv
>>166なぜか途中で切れたので、続き。長過ぎたな…

イ「あぁそれって…"ある現象がナゼ起こるかは今は横においてイカに起こるかを観測しよう"、というヤツですね。」
ナ「そうそう、レオ様の新科学対話ですよ。ナゼからイカニへ、つまり中世から近代へ、です。」
イ「最近、"大きな物語"云々という議論が…」
ナ「あぁ(笑)。それ、いつの時代の論点だよっていうね(笑)。」
イ「ハハ(笑)。で、"大きな物語がない"問題については、どうですか?」
ナ「先に言ったように、僕は科学的自然主義が結構好きなので、
物語の大きいや小さいやというのは、正直あまり気にならない。
戦後だからとか、価値の正当性が崩壊しているとか、
そんなことに左右されるモノガタリには、正直あまり興味がない。」
イ「では、何に興味があるのです?」
ナ「綺麗事言ってる人たちは欺瞞だ、という言説にも根拠が何となくあったりするじゃないですか。
例えば、動物愛護の人も飯食ってるじゃん、とか。
同様に、良さげなことにもやっぱりそれぞれ裏目があって、何かイヤんなる、みたいなことでしょう。
"大きな物語"の崩壊とは、つまり。」
イ「ええ、まぁ。」

(まだ続く)

168茄子2015/11/28(土) 13:28:12.61ID:eoLEZ8by
(続き)

ナ「"だから?"って、僕は思う。だって、紋切り型の筋書の轍に乗っかって、
何も考えず、何も想像せずに、一丁前に感動したいとか思っている横着者の嘆きにしか聞こえないんですよね。
所詮うまくいったって、そんなの楽しくも何ともないじゃない?」
イ「なるほど」
ナ「例えば、例えばですよ、明日世界が崩壊するという時、人は何を語るか?に僕はむしろ興味がある。
この場合、あと一日の命ですから、二酸化炭素をケチったって、無垢な動物を庇ったって、王様に忠誠を誓ったって…
所詮無駄です。つまり、大きな物語が完全に効力を失う時、慣性的に口から出る言葉は?
少し極端な例ですけど。興味ありませんか?」
イ「うーん、豪遊したいとか、寝て過ごすとかはあっても、何を語るか、ですか…」
ナ「例えば、ずっとオッパイオッパイって連呼してもいい。
愛を謳って最期の逢瀬でもいい、実存を抉り出したっていい、最期までプロパガンダでも、もちろんいい。
何かしら、個々人の気質的な根本的な物語の残骸というか癖が残る気がする。」
イ「なるほど」
ナ「で、僕はメデスさんが好きなんです。」
イ「…?あぁ、アルキメデスのことですね(笑)。"私の円を踏むな!"でしたっけ(笑)。」

(まだまだ)

169茄子2015/11/28(土) 13:33:21.42ID:eoLEZ8by
(続き)

ナ「シュールレアリズムの手法というか、自由連想による無意識の呼び出し、というアイデアは面白いと思う。のですが…」
イ「問題もある?」
ナ「ええ、状況設定が甘かった。超現実主義は。」
イ「地球滅亡とかの極限状態を想定すべき?」
ナ「(笑)。その例は少し極端ですが、書斎に座って平常な状態のままで出てくる適当な言葉などは、無理に作ったランダムに過ぎない。
面白味もない。僕が言いたいのは、想定訓練的な超現実主義。想定的な世紀末芸術、と言った方がいいでしょうか。」
イ「避難訓練みたいな…」
ナ「緊張感の中で何を記すかです。そこに無意識が浮かび上がってくる。フロイトです。」
イ「大きな物語の出る幕でない?」
ナ「と言うか、それがどう崩れるか、イカに破綻するか、またはどう抵抗するか、そこも見どころでしょう。
例えば、彼女が来るのを待っている玄関先に三羽のカラスがとまる、と書くだけで隠喩的な意味を見出してしまう。まぁ、こんな感じです。」
イ「最近の若者(の詩)は全体主義的だ、という意見がありますが、どう思いますか?」
ナ「それは人それぞれでしょう(笑)。誰です、そんなナンセンスな主張をしている人は(笑)」
イ「(笑)」

(まだ続く)

170茄子2015/11/28(土) 13:33:56.19ID:eoLEZ8by
(続き)

ナ「源氏物語に薫というキャラがいますでしょ?彼は、光源氏の息子ということになっているが、
周囲の人間もみんな、薄々、彼が不倫の子で、実の息子ではないと気づいている。
彼も何となく気づいていて、悶々としている。つまり、アイデンティティの危機ですよ。
で、出家しようとしたところが、宇治の美姫といけない恋に落ちる、とまぁそんな人物なわけ。」
イ「はぁ。」
ナ「で、彼の面白いのは、体臭がですね…」
イ「体臭?(笑)」
ナ「はい。体臭が凄いわけです。それで、女たちをメロメロに濡らしてしまう。
頭では仏道のことを考えているのに、身体は色恋に向かっている。
傍から見たら滑稽なほどに辻褄の合わない矛盾に満ちたキャラクターなわけ(笑)。
で、本人は至って真面目で、真剣に悩んでいる。」
イ「だから、カオルというネーミングなのですね。
白鳥も優雅に見えて見えない足ヒレで必至に頑張ってる、というのに似てますね(笑)。」
ナ「(笑)。それとかですよ、信楽の狸ってお酒を持ってるでしょ?」
イ「はい。」
ナ「なぜ、狸が酒買ってるかっていうとですよ。狸はウロウロ酔っぱらってるみたいに餌を探して歩くからなんです。」
イ「なるほど。酔歩というヤツですね。」
ナ「狸にしてみれば必至で虫を探してるのに、人間と来たら酔っぱらってるなんて言って笑うわけです。」
イ「(笑)。でも、実際の酔っ払いも必死で家を探している点では、同じかもしれませんね。」
ナ「(笑)」
イ「最後に、茄子氏の今後の活動についてですが。」
ナ「作る時は、作る。それだけです。あと、誤解ないように言っておくと、
僕は最強の低燃費車である自転車に乗って毎日排出削減に貢献しているし、動物の生存の権利も大切だと思っていますよ。
それから、投稿のボリュームのデフレーションも解消したいです。」
イ「今日は、本当に長い間、ありがとうございました。」
ナ「こちらこそ、どうも。」

(終わり)

171茄子2015/11/28(土) 13:57:14.38ID:azXjpv6A
「帰路の岐路」

夜になると雨は
いよいよ白く霞んで
見慣れた路地裏を
怪しく光らせるから、
(ん、鈴の音?)
ここで猫なんかいれば、
それも黒猫ならなお良い、なんて思って歩く

分譲住宅と一緒に出現した
真っ黒な貯水池の真ん中で
波音を立たせてもつれ合うあの二つの影も、
(あ、鈴の音)
逃走劇のクライマックスシーンなら、
それも感動的な逆転の救出劇なら
たとえば怪盗が探偵を助けて飛び込んだり、
なんてイイね、と思って歩く

煤っぽいホコリが
(また、鈴の音)
ホームの隅に固まってかつての蒸気機関を思わせれば
最高じゃないか、などと思って、待っているこの、

このボクは
(鈴の音)
鈴が揺れる

172茄子(在庫処分)2015/11/30(月) 15:27:24.56ID:qRPMUfeA
「三つのプロット(断じて没ネタではない)」

南極の氷の上を行進して来る
ペンギンとアザラシ…
その数、数百、いや数千は固い
もう住める氷("バショ"とお読みください)がない、と言うので
北極に向かって遥々、
南半球から赤道を越えて
まっすぐ北を目指している。
0度線付近で、その多くが焼きペンギンあるいは茹でペンギンとなることも、
仮に無事、辿り着いたとしても
北極には天敵のシロクマがいることも
そして、そこもジキにバショがなくなることも
皆、承知の上である。これは、シカタのないことなのである。
ディストピア作家ならば、
ここで腹黒の皇帝ペンギンでも登場させるトコロだろうが…
いくら内ゲバを起こそうが、汚職腐敗に染めようが、
ペンギンたちの状況に、変わりはないのである。
皇帝や暴君の生け贄では満足せぬ相手なのである。
さぁ、どうする!……さぁ!…さぁ!…

という、夢を見た。

あんまり左手ばかりが重宝されるんで、
フレミングの右手は、
とっくの昔からスねたままだ。
さぁ、どうする!……さぁ!…さぁ!…

という、夢を見た(二度寝した)。

街中の目ぼしいバショを行き尽して
君のオデコには、その翌朝も書いてある
「タイクツ」と。
さぁ、どうする!……さぁ!…さぁ!…

「さぁ!?」「え?」

173茄子(在庫処分)2015/11/30(月) 15:28:28.05ID:qRPMUfeA
「茄子総会ふくろこうじへ」

東の茄子(以下、ヒ)「断片を集めて一つの作品にする手法もそろそろ限界じゃない?」
西の茄子(以下、ニ)「いいアイデアやと思ったんやけどなぁ。やり過ぎはアカンなぁ」
ヒ「正直、飽きた」
ニ「同意せざるを得ん」
ヒ「何か新しい方法はない?」
英米風茄子(以下、E)「Let's write in English again!」
ヒ、ニ「それは、もっと飽きた」
E「That is too bad…」
ニ「あーあ、スねてしもたわぁー」
ヒ「ほっとけ、ほっとけ。アイツ、ちょっとカッコいいからってずっと調子乗ってたから」
ニ「そー言やウチら一時期ドイツ語とか勉強せぇへんかった?」
ヒ「ハハハ(笑)。そんなものキレイさっぱり忘れたよ。ニシさんは?」
ニ「アカン。イッヒ、リーベ、ディッヒしか覚えてへん」
ヒ「口説いたところが、次が続かないただの詰まらない茄子でしかないな」
ニ「そもそも、言語変えたって書く内容を何とかしないと、どうしよーもないで?」
ヒ「お手上げ状態だね」
ニ「せやね」
茄子「議論も尽きたようなので、茄子諸君。
次の総会までに各々良いアイデアを持参するように。以上解散」

174NASUBI2015/12/05(土) 18:28:29.28ID:QzJoL9ZM
「二つ前のその後の出来事など」

ペンギンもアザラシも、フレミングの右手も、あのオデコの四文字も、「さぁ!?」どうする?
寝ぼけてる、なんて言ってクスクス笑ってるヒトは放っておいて、よし!起床。
顔を洗って、オデコを特にごしごし拭く。で、コーヒーが切れてる…
たまには淹れに行くかぁ。コンビニ、一緒に行く?

川向こうのファミマまで橋を渡る、短い橋、
ふと対岸の人が、指をさす、下に続く河岸、朝霧の中を、ゆらゆらと上流へと進む影。
「何だアレ!?」「さぁ?」「ペンギンか!?」「アハハハハ、なんでペンギン?アハハハハ」

野鹿の親子だった。

牛乳とインスタントコーヒーの詰め替えと、それから、セルフコーヒー。
お釣りを待つ間、レジ脇の見出しを、読売から朝日まで、ボンヤリと眺める、

(何か大きな、本当に大きな訃報の周りを、その中心に辿り着きたくないみたいに、ぐるぐると回って…)

「ワクチンの実験動物は…」「COP21が…」へぇ−、ふーん。あぁ今日も世界は未完のまま…などと
アイロニカルな安堵を、ルーチンみたく享受して、機械と一緒にため息を注ぐ。
「はぁ」「じょばぁーじょじょーー」
「インフルエンザの予防注射しなきゃ」「そだね」

ん?!

カップを持つ君の手、
それ…フレミングの右手!
あぁ、よかった

よかった?こんなでホントに?
「ホントに!?」「え、何が?」

帰り道、

遠くの川上の山の麓に、
一人の少年がずっと、ただ静かにたたずんでいて、
つい先ほど、僕には見えない何かと二言三言交わしてから
腕を頭の後ろに組んで、(下駄の音を響かせて)
フラリと消えた様な気がして、
僕たちは橋の上で、
自分の足元に下りてくるその澄んだ流れをしばらくの間、
時を忘れて追わずにはいられなかった。

「水、きれい。」「うん。きれい。」
「そろそろ行こう?寒い寒い」「うん。あ、コーヒー冷めてる!」

息が白く昇る、

「ちょっと、おデコ見せて?」「ん」
「はははは、相変わらずだ」「?」
「よーし、今日もがんばるぞー」「お、おー?あはは」

薄く淡く広がっていく。

175NASUBI2015/12/05(土) 21:31:05.63ID:QzJoL9ZM
「白と空色のメモランダム、あるいはアフォリズム」
 
祖父はhi-liteを好んで飲んだ
お釣りで一つお菓子を買っていいよと言われて
よくタバコの使いに出された。
その祖父に僕はよく似ているらしい
親戚が皆して似てる似てると言う。
タバコも吸わないのに。
どこが似てるかはいちいち聞かないけど。

たとえば、
「爽やかなエゴイズム」だとか
そんな合わない辻褄などばかりを僕は考えているわけだけれど、
あの祖父も考えてたのか?もしそうなら何だか笑える。

いや、けどきっと、
もっと壮大で重大な難題に辿り着いていたに違いない。
あの青空のパッケージを見るたび、きっとそうだ、と思う。

 ○

何となく満たされないのは、
彼方遠くを過ぎ去る人影が欺瞞に満ちているように見えるから?
それとも、目の前にいるヒトがただつれないから?
それとも、鏡の前に立つ自意識が
掴みどころのない未来や霞んでゆく過去について
純粋な、余りにも純粋な少年みたいな潔白さを
反論の隙もないほどに実直に、今の僕に求めるから?

 ○

ハイライト【hi-lite】
もっと陽の当たる所

 ○

南極にとどまっていれば、少なくとも地面だけはあったのに…
荒れ野を半世紀近くさまよった人々の伝承の通りに。

 ○

「己自身の詩の形を見失ったので、自分探しの旅に出ます。」 茄子

176名前はいらない2015/12/06(日) 18:10:32.04ID:HLL6ApKP
「財布の奥から出てきたクシャクシャのメモから」


「ハイリゲンシュタットの遺書」より引用。
『僕の隣りの人が、遠く横笛の音や牧人の歌を聞くのに、僕には何も聞こえない、
という惨めさから、僕はいくども絶望し、自殺すらしようとした、けれども、
ただ彼女が、「芸術」が!僕を引きとどめた。』


「喜びに寄せる頌歌」日本語意訳(原詩『An die Freude』Schiller作)

喜び、それは楽園が生み出す神様たちの素敵なひらめき
僕らは酔っぱらって炎となって、喜びの天空に舞い昇る!

喜びの魔力は、下界のシガラミによって引き裂かれ虐げられた人たちこそを
玉座の傍らに招き入れ、喜びの翼は永遠にそのような人たちと共に温かくあるだろう!

友人の友人という素敵な幸運を持ち合わせた者も、
誓いを立て合う素晴らしいパートナーを得た者も、
みんな、このお祭り騒ぎに参加するといい!
そうつまり、
地上にたった一人でも、その人を思うことのできる者は、みんな!
そして、そうでなかった心は、きっと涙と共に消え去るだろう!

生きとし生けるものは全て、
自然の乳房から喜びを口にし
善人、悪人を問わず皆、その薔薇の花びらの道を進む
自然は僕たちに口づけとお酒と、死によって証された一人の友を与えてくれた
小さな虫でさえ満ち足りて、そして
あの従順で愛らしい天使ケルビムは神様の前に立っている

完璧な天空の予定にしたがって
太陽が嬉々として幾度も昇るように、
友よ!己自身の行路をひた走ろうじゃないか!
そう、英雄が喜び勇んで、その約束された勝利を収めるように!

喜び抱き合い、世界中の人たちが口づけを交わすだろう。
勇気を持って耐え忍ぶ。もっと素晴らしい世界のために。
あぁそうだとも、あの満天の星空の上には、慈愛に満ちた父がきっといるから!

177名前はいらない2015/12/07(月) 02:09:49.39ID:gj0DeneM
ほーら、ボール取ってきな!(ポーン)「わん」
よーし、いいこいいこ「わん」
お腹すいたね?「わん」
おいし?「わん」
ねぇ、パトラッシュ…
僕はこれで、良かったのかな?「わん」
パトラッシュは、ホントにこれで良かったのかい?「ワン」

178N.S.B.2015/12/07(月) 02:42:19.25ID:gj0DeneM
「自らの分け前、あるいは自分探しについてのメモ」

ウィスキーが樽から減るとき
人はこの分を「天使の分け前」と言って
素敵に辻褄を合わせるのに、
自らの分け前が、
樽からなくなるお酒なんかだと、
満ち足りなかったりする。
(でもいずれにせよ、財布の奥から
クシャクシャに丸まったレシートが相いも変わらず出てくるぐらいなら
酔っ払い詩人が盟友のために聖書片手に心を込めて綴ったハイテンションポエムの方が
面白くなくなくない?)

12色の色鉛筆は、和じて同せず。
1ダースの赤鉛筆は、同じて和せず。
最初に飛び込むのが誰か、互いにさぐり合うペンギンや
誰か一人に罪を擦りつけようとする非情な強盗団なども。
で、そこの赤色君や
例えばひとまず白鉛筆なんか、よくなくなくない?紅白でめでたい。

自分探しって、死語ですよね。
大体が東南アジアとからへんを一人旅するんですか?(偏見もいいとこ)
あ、友達に一人、
インドに行ったまま会ってない人がいます。
ところで、
ニンジンだらけのカレーは、
カレー味のニンジンの漬物みたいなものに過ぎません。

で、いずれにせよです、
レジでお金を払う時、
そのお札の端に「Ode to Joy」が詰まってたりなんかしちゃったりなんかしたら、
アダムスミスも感涙にむせび泣くことでしょうよ?

179ヨシュア-茄子2015/12/08(火) 00:46:56.99ID:dXSpdfEO
Thank you, everyone.

[前奏]
円形の桶の底に行儀よく並んでいる調和の中から
真っ赤なパーツを一つ頂戴するときに、
円卓に沿って等間隔からは若干偏って並ぶ親戚の遠い近いに関わりなく
それがワタクシの取り分である証しとしてする
鋭いながらも熱のこもった目配せなどこそ、
私が、今、ここに最後に賛美しようとする生命至高の営みに相違ない。

狂おしいほどに満ち足りない心を秘めて、円形の煙草を吹かす隔世の癖も、
愛おしいほどに満ち足りない心を秘めて、円形を指でなぞり続ける潜性の所作も、灯。

落雷がその後に残す炭化の魔力の持つ暴力と恐怖と支配を手にした原人にも、
不毛のガスに満ちた火口へと到達し、溶融した黄金の富を見出した祖先にも、灯。

嫉妬に狂う男女にも、
遠くかすんで見える海原に大漁を夢想して
二本の丸太の最初の舟で漕ぎだした時も、
巡り来た紙幣を太陽で透かした内に、あらゆる自由を夢見る時にも、灯。

退屈しのぎに語られた夢物語も
後悔に打ち勝つ過程で打ち捨てられた奇怪なセリフにも――

寿司の盛り合わせから、絶滅寸前であるか否かは今は横において、
マグロを手にする刹那、その灯はトモる。

(続く)

180ヨシュア-茄子2015/12/08(火) 00:48:25.51ID:dXSpdfEO
(続き)

[トモシビの賛歌]
真っ赤な夕陽が砕け落ちて僕らの街をまだ焼くことはない
陸地が後退して、大波に飲み込まれることもない
今日生きるに困難なほどに
貧しい国に産まれたわけでもない
今日生きるに困難なほどに
裕福な家に産まれたわけでもない
もちろん魔法使いの家系でもない
どこにでもありふれたパンを食らい
どこにでもありふれたコーヒーをたしなむのに、
言葉に自由もあり
心に自由もあり
今日生きるにさして困難もない、
それなのに
まだ満ち足りないみたいに
欲望する知は贅沢で、
欲望する心は不正で、
欲望する身体は不義だと
そう呼んでしまうなら、
相いも変わらずそう呼ぶなら、
世界の至る所に吹き込まれたタメ息、
あの人の諦めとかあの人の名残とか
あるいは、あの人の快感とかあの人の感嘆とか
そんな灯を吹き返す作業も
やっぱり、
衒学的な密漁の象牙のホコリカス程度のものだと言うしかないでしょう?

そんなことは、でもどうだっていい。
本が失われったって
コンピュータが失われたって
いくつかの言葉と美しくどこまでも合わない辻褄(ストーリー)が少しさえあれば、
暇さえあれば奥底で頬杖をついてニンマリとこちらを見ている無意識(ナンジ)とはうまくやっていけるさ。

僕が実存の全てをかけて伸ばした右手がつかもうとするモノを
目の前に並んで座って、同様に全実存をかけて注視する人たちの視線も、まぁ何とかなるから、

「エヘ、マグロいただきますぅ」


(もう、おしまい!やっと終われた〜)

181茄子みたいなの2015/12/12(土) 19:08:59.91ID:sk+S+bqo
「何か来たので」

せっかく靴箱の上に置いた電気料金の振込用紙も
知らない内に玄関先の床に落ちて、
キミのスニーカーの靴底のまるいシミが捺されていたり、
せっかく炊いたご飯も
お茶碗によそうまでに
しゃもじからポロリと落ちて
食卓の下の絨毯にベッタリとくっついて
ますます真っ白に埃だらけの始末です。
ホント、がっかりさせる不思議なコトばかりです。
そう、相変わらず重力と戦う日々は続いてるわけで、

ここのところ、トマトの値段があんまり高いので
僕らはベランダにプチトマトを植えることにした。
もうこうなったら、自分で作っちゃえ!ってな感じで。
で、
芽が出たのはよかったのだけど、
水をあげ過ぎたみたいで、
真っ白のカビも一緒に芽を吹いた。
そう、相変わらず重力と戯れる日々が続いてるわけ。

不毛な戦いなように見えて
農耕人の血がうずく、と言うか…
風に飛ばされた洗濯物を見て
ため息一つずつ植えるみたいに
拾い上げたタオルを頬にあてる
まぁ、そんな感じで、
一定の高度を保ちながら
上げたり落ちたりを繰り返して、
揺れているわけ。

で、キミは、
靴跡のついた振込用紙をかがんで拾い上げて
パタパタと、はたくわけ、で。


(懲りないな僕も…雑だしマンネリだし)

182若輩インテリ道化師、茄子2015/12/13(日) 11:26:07.19ID:oppoVgf8
エッセー「エッシャーの階段」

いつか英語ポエムに書いたことだけれど
僕が生まれたとき、まさにベルリンの壁はぶっ壊れている途中だった。
(だから、数か月の精度で誕生日も分かるわけだけれども、まぁそれはいいとして)
年も瀬に差し迫ったので、
年越しの瞬間などは人によって千差万別、と言ったところだろうけれど、
僕のウチはいつも近所の山に登って日の出と初詣でという、
如何にも古典的な、如何にも日本人的な年越しを繰り返している。
だから、クラシックなどを聴きながらカウントダウン、などと言う洒落たことはやったことがない
真っ暗の山を懐中電灯持った列に混じってハァハァ白い息を吸ったり吐いたりしながら
コートの中にセーターなどを一杯に着こんで毛玉になって登ると
ゆく年のあんなことやこんなことをユラりユラりと顧みざるを得ないわけで…
で、まぁろくなこともないのね。
クラシックならカビ臭い譜面をなぞりながら、でも着実に前進するものだから
いつも通り、否が応でも時計は進むわけで…チクタク、チクタクってね
で、これもこれで、まぁ多分ろくでもないわけ。
昔の俳人が正月なんて年取るだけ、とか言って嫌味言ってたけど。

まだ小さかった頃(幼稚園児くらい)、
時間は同じところをグルグル回ってるものだと思っていた。
そう、あのエッシャーの「上昇と下降」みたいに。
昨日の3時は今日の3時
今日の3時は明日の3時…
そんな感じで何度も何度も上書きしてやり直してるものだとばかり。

で、

ある日、近所の女の子が引っ越した。で、もう会えないって言う。
また、ある日、飼っていた金魚が死んだ。で、もういないんだって言うわけ。

で、

気づいてしまった。時間はまっすぐ進んでるんだ、と。
その「一過性」に気づいたとき、本当に寒気がして
お化けとか幽霊とかよりもっと恐ろしいモノだ、と震えたのを今も覚えている。

似たような経験は、例えば
ア行は言い続けると知らない内に「あ」になってるのに気づいたときとかも…
ほら、かーーーーっていったら「あ」になってるでしょ?勝手に変わるな!って言うね
この現象も、やっぱり怖かったね。何かに引っ張られてなすスベがないからね。

183茄子のエッセイ その二2015/12/13(日) 18:29:56.91ID:oppoVgf8
「馬をなでる手」

瀬戸内海に沿って、高校の頃の故郷の街をずっと
西へ電車に乗って半時も行くと
綺麗に整備された上げ底の公園の下に
(あるいはカビ臭い地面の上に)
古い小さな映画館があった、
ずっと、ずっと、
イワユル文芸映画とか反戦映画とかを一日500円で垂れ流した。
(で、僕は夏休なんかに結構お世話になったわけ)

祖父の従兄弟のおじいさんの戦争体験なんかはよく聞かされたけれど。
まるで武勇伝みたいに語るの ラッパを吹いて走ったんだ、って。
戦後小学校の先生だった祖母はよく言ってた「悔しい」って。
何が?…もちろん、戦争に負けたことが、だと思うよ

僕の両親は根っからの平和主義者で
いかなる暴力も認めなかったのね。
だから当然TVゲームも買わなかった
「ゲームは子供を凶暴にする」って言って
だってねぇ、
画面に向かって「死ね!死ね!」とか言ってるわが子を見たいわけない

僕はずっとお爺ちゃんっ子だった。
今でも、亡き祖父のことが大好きだ。
父が煙草ヤメなよって言っても、済まなそうに笑って、
「僕らはバカだった」って
ずっとずっと言っていた。

軍馬の横に立つ獣医だった祖父の写真が
お下がりの机の一番上の引き出しに、今もここにずっと入っている。

184aubergine2015/12/20(日) 01:53:47.30ID:b+PAou9x
・・・・ ・ ・−・・ ・−・・ ---

185紫の果実2015/12/21(月) 07:15:16.34ID:6hJFavpV
「トンとツーのテーマ」

旬を外れて植えられたトマトは
霜の中に困り眉な芽を出した
僕らの身勝手かもしれない夢を
背負って。

緩み切ったままの蛇口が
夜ごと二進法の信号を
シンクに響かせるのが
どこか懐かしいリズムを
目覚めさせるのを聞きながら
最近は眠りにつくよ
トン、トン、、、トン、…
(ああ、あれは雨音)

掌の上でぶつかり合って
カチりカチりと響いている
二つのクルミは
どこか懐かしい旋律を
目覚めさせながら
こごえてたキミの指を
緩やかにホグしてゆくから
カチり、カチり、、、カチり、…
(ああ、あれは牧の燃える音)

また例によって、これもまた
シュプレヒコールみたいな
「退屈」の一つの表現だ、って言って
片づけるには、少し
優しすぎる気がした、ので。

186名前はいらない2015/12/26(土) 05:16:17.28ID:XeYFmXwA
リーフレインうぜえ

187茄子2015/12/26(土) 15:09:42.20ID:lqdQGZnS
うざいですかぁそうですかぁ、ごめんね?
今年の汚れ、今年の内に。ですからね。

188リフレインの茄子2015/12/28(月) 19:50:33.46ID:sH85rnZz
「ムゲン」

都会のオアシスのつもりでプランターに茂れ。
エンディングクレジットからが本編だって?
笑わせるじゃない?愛をプラスだ、っつーの。
遠くから鐘がなってくる。希望の?いや、欲望の。
永遠だと思った?ニヒトゥ!nicht!

中世鍛冶職人風のコスプレでさ、
麻のエプロンに皮手袋なんかしちゃって
作ってるのよ、戦闘機を。
いや、純国産のプラモで。ヤツは。
んーでさ、
朝露の窓を開け放って、
タバコでも吐いときゃ、いいじゃん?
俺がこれを作ったんだ!
って、誇らしげなら、まぁ、いいぜ

博物館も植物園も動物園も、
一周したらもう、
繰り返し、繰り返し。
ライオンは今日も寝てる。
この、「も」ってのが、フラクタルなのよね。
あぁ、この街もフラクタル
そう、リーバーシブルなのよ。
動物園の、中に、この街は、あるのね?

デートスポットなんて高々知れてる。
ココ前来たじゃん?
ああ、また来たじゃん?って。

記憶の中に閉じた街が回る。
昔の人は言いました、
「現在は、過去の各時点を部分とする一つの全体である」
なるほど、なるほど。さらば、今日も、

都会のオアシスのつもりで、プランターに茂れ。

189初茄子2016/01/05(火) 03:53:31.44ID:6j8bBXYg
「新年アジテーション」

エノラゲイのプラモをケースもろとも、粉々に粉砕。
いや、零戦だったか?
そんなことは、どっちだっていい。
すっきりするのか、そんなコトで?

遺伝子組み換え農場に、
ただ道理に背くという理由で
火が放たれたとして、
むせび悲しむのが、
全自動スプリンクラーだとしても。
そんなことで、すっきりしていて、いいか?

問題解決を望まないのは、極論が極論である由縁。
ほら、今日も、街宣車が矛盾と保留を響かせている。
あれは、左の?いや、翼ですらないじゃない。

実家の子供部屋には
山積みの遊戯王カードと
やり込まれたゲームデータが
真っ白なホコリをかぶっていた。

捨ててやろうか?
少年を金ヅルにするその手口、断じて許しがたい。
とか、言ってさ?
んーなわけないじゃん
思い出がいっぱい沸き帰ってくるんだもの。
「これは、俺が成し遂げたんだ」。

今だって、さして変わんないんだもの
紙幣についたシミもシワも、
何だかんだで、労働の対価。地層なのさ
ほら、浦島太郎だって、
一生分の快楽の対価に気づいた時には、
浜辺にひざまずいて、
ただただ天を仰いだのだから。

190名前はいらない2016/01/05(火) 07:03:30.32ID:u2yIIULM
つまらないからもうやめてよ

191茄子2016/01/05(火) 08:43:16.90ID:6j8bBXYg
はい、もうやめますが。ところで、
つまんないのに何で見るの?馬鹿なの?ホントに意味不明ですね。

192茄子2016/01/05(火) 21:50:01.08ID:6j8bBXYg
とか何とか言って、ネット自警クソBBA軍団の相手してると、
マジで徒労で無価値なんで、このへんにしとくか。
これからは、この手の糞レスは総スルーの方向でいくか

193ああ、つまらない茄子2016/01/08(金) 11:19:25.29ID:lVEKmR24
「自害せよ→イヤだね」

ああ、つまらない、つまらない。
やるきないない。つまらない。
あ、ああ、あ、あ、ああああああ、
とかいっぱい書いたら、詩になるかい?
なんねーよ
型破りでかっけぇか?
ロックとか言っちゃうか?
「あ」の羅列で?
ロックなめんな。



くぁあああああああああああああああああああああああ

194つまらない茄子、つまらない2016/01/08(金) 11:38:07.65ID:lVEKmR24
注)つまらない警報
余りのつまらなさによる健康への被害が予想されます。
本作によるあらゆる損害の責任はとりかねますですので、ご了承くださいです、はい。

「ぱいんあっぷる」

酢豚に入っているアレ
入ってないって言って店長呼ぶ女
こんな店、やめちまえ、
だってさー
そこまで言わなくても、ねぇ


「そこまで言って、いいんです?」

いってみな?軽減税率
いってみな?日米安保
いってみな?少子高齢化
いってみな?年金崩壊
いってみな?東京五輪
いってみな?国家破綻
いってみな?軍事予算
いってみな?政教分離
いってみな。いってみな。

195なすび2016/01/08(金) 11:49:10.74ID:lVEKmR24
茄子氏の新しい詩作の目標、それはつまらなさの追求。
下等で下品、醜悪さと不潔さのアンサンブル。糞まみれのポエムの探求。
下痢雑言上等、もはや荒らしと紙一重。いや、ポエムとは、人生の荒らしである。

196茄子 注)つまらない。2016/01/10(日) 14:40:48.06ID:RGCKCJiR
注)自己責任でお願いします
本作によるイカナル損害の責任もとりかねますので、ご了承ください。


「消費者主義」

つまらない排水口も、
つまらない煙突も、
つまらない便器も、
全て企業努力のタマモノ

消費者は神様ですから、
そういうテイ、ですから、
全ては賜物
ナイルの「たまう」モノ
例えば、ナイルとファラオ。
世の中は、鶏と卵
みたいなことばかり、でもない
ヘドロだらけの川も、
あるイムズの一つの帰結に他ならない。

いつ逆流するか、
僕は、不安でたまらない。
下水と刻まれたマンホールを
足早にまたぐのである。

197茄子2016/01/10(日) 14:50:54.21ID:RGCKCJiR
>>196横着して直接打ち込んだらまた誤植。
×イムズ→○イズム

198名前はいらない2016/01/17(日) 09:28:18.35ID:7wmjIznU
うんこ

199なすび -終結-2016/01/17(日) 11:00:55.74ID:SW/I8Tux
徹夜明け引きこもり不登校の厨房が一言レスしていったが、まぁ許す。首相同様、アホであるから。
このクソ2chでできることは、しかし、おおよそやりつくした感がある。振り返ってみると、なかなかよくやったものだ。

ところで、

デビットボーイ氏が亡くなった。音楽的なことは脇に置いて、パフォーマーとして、彼は偉大だった。
ネタのようでいて、どう見てもマジな、あの、いわゆる「実存の苦悩」みたいなモノをチラ見せしてく感じ。
表層は多様だったけど、ずっと「トム少佐」の焼き直し感は正直あった、と言うか、ネタで始めたことが止まらまくなっちゃったんだろう。

一言で言うと、「自分探し」を若き大衆にあけっぴろげた、そういう人だった。

実存主義は、カント思想の内向的な超克を目指したらしい。
で、自殺したり発狂する人が多い。意味に飢えて形而上のラビリンスに迷い込む。
いわゆる「意味のあるもの」、を求めて、浮浪者みたく脳内を徘徊する。
これはこれで、傍から見ている分には、それなりの悲劇、あるいは喜劇にも見えなくはない。が、
自分でやるのはまっぴらごめんだ。その点、フロイトとユングは偉大だった。
「無意識」の発明は、ゼロの発明に匹敵する人類の偉業だ。これのおかげで、どれだけの人間が救われたことか。
よくわからん感情とか正義感とか、自分の内側から、まるで自分自身であるかのように湧き上がって止まらないモノなどは、たいてい一応ひとまず、この「無意識」のセイにしておけばいいのだ。
実存主義者からすれば、ただの責任逃れにしか見えないだろうけれども。集合的なものなのだよ、集合的な!

ブリティッシュインベンジョンの連中は、時代を映す鏡であることが多い。
北米人の望郷みたいなところがあるんだろうか。不安とか、そんなものが関係しているんだろう。

DURAN DURANのPVを初めて観た時の、あの衝撃のシュールさを、僕は結局、超えることはできなかったようだ。

200名前はいらない2016/01/23(土) 14:01:32.33ID:ze5U66Vt
さらしあげ

201あげなすび2016/01/23(土) 18:19:12.35ID:hk+gwyMu
キリストをキリストたらしめたのも迫害者であるからして
さらしあげとは是ある意味最大の賛辞 

ありがとー

202あげなす2016/01/23(土) 23:58:58.31ID:hk+gwyMu
せっかく終わろうとしてたのに、ちょっかいだされるとまたレスしたくなるんだよ、これが
アンチは最高の信者とは、これ真実であった。たたいたって、もう何も出ないですよーw

203単発ナスビ 特別編2016/03/10(木) 00:43:47.51ID:97A/0Wzf
[序文]

南欧特有のステンドグラスの前に
虹色に染まって立つ人は、呆然と酔いしれるだけなのに
三原色の液晶が四角の断面で伸びる糸を、這い寄って来るモノは、蜘蛛。
つまりは、集合知。その語り草などは障るトコロすらなくて
「パプリカ、ナス科なんだってよ」なんて
顔見知り程度の隣人が部活でも辞めるみたいな言い方ばかりしている…!

(続く)

204茹で茄子2016/03/10(木) 00:47:21.44ID:97A/0Wzf
「続・悟りへ」

第二章:さよならパプリカ

ガラス戸に映る影は黒檀の杖を支えに立つ猿滑、つまりは老人のようでいて
コチラを呼んでいるような、または嘆願するような徒労感を訴えていた…

大教室の黒板に描かれた頭打ちの漸近曲線は
世界の限界と滞りない秩序を嘘みたいに、説明して見せた。
所詮、僕の脳内で起こる現象も
首から下の、地表から高々数十センチでの出来事によって
あるいは、今ここから、せいぜい前後、数十時間の出来事によって
論理的に必然的である、と言うのならば
例えばポッケに千円札が何枚あるかによって人格が豹変する、などと言うなら
世界発展の二段階ロジスティック、などと言う数学風の物語も…
泣く泣く受け入れてみせるよ!
などと、ノートの筆圧がだんだんどこまでも際限なく強くなっていく君を
僕は机に突っ伏して頼もしく眺めたりした。

あのガラス戸はドコだったか

砂場に座って、ヤルことと言ったら
砂の飯、砂の家、砂の道、砂の街、砂の谷などを造るコトくらいで
にもかかわらず、砂場は楽園であった。確かに、楽園であった。
街に座ってやることと言ったら…
預かった1タラントも持て余すばかりで。

あのガラス戸はドコだったか

(続く)

205ナス科トウガラシ属2016/03/10(木) 00:50:04.17ID:97A/0Wzf
(続き)

男たちが夏至の夕陽を背に受け、盃を酌み交わし
浜辺には香ばしい汗を滴らせた上腕二頭筋が十は戯れていた。
僕は静かに瞼を閉じたまま微動だにせず、
今や失われつつあるムセかえるほどの、あの熱気に酔いながら
来し方7年間の実るところの少なかった月日に思いを馳せたりした。
確かに、慣れすぎた筆致ほど退屈なモノはない。
目を瞑りながらでも書けるような言葉なんて
惜しみなく浪費する紙と鉛筆に過ぎなくて
人生の教訓などヤタラ書きたがるくせに
本当に知っておきたかったコトなんてモノは
埋ったままのタイムカプセルみたいに
ソノ時に、そう!ソノ時にならなきゃ、分かりゃしないんだろ?

あのガラス戸はドコだったか

緩んだ玄関ドアは勢いよく開閉を繰り返す
三つおきに蛍光灯が点いて囚人服模様に延びる廊下が
僕たちの隠れ家をカムフラジュする
ガラス戸の向こう側に行儀よく座って眠る二人の青年、
かつてのあのワタクシ達自身を、呼び続けるのである。

「目を覚ませ!パプリカ!」

この先に待ち受けるアリガチな悲劇も
無防備な、余りにも無防備な二人には
当然のごとく訪れるわけで
笑い話にもならない退屈な結末が
お決まりのバラードをリフレインするばかりである。
もはや何も考えずタイプする存在。

「目を覚ませ!パプリカ!」

…そうして、また夢から覚めて
力なく折れ曲がって笑うように嘆くように、
不気味なあの慣れ親しんだ影が、
瞼に映って揺れるのをどうせ、眺めるばかりなのだ。


(第三部は…にゃい)

206なんとなく、茄子2016/03/20(日) 12:17:09.04ID:4HcfcxX5
「31音のノマド」

路地裏の階段遠く月の下 男は一人タコ踊りする
馬鈴薯の洗い流れる泥水に 裔(とお)いインカの陽の匂いする?
月光は人をかの世に連れてゆく 君を影へと抱込んだとて

207ペテン師 茄子2016/03/24(木) 20:45:43.07ID:b7KP1I9l
「続々・悟りへ」

第三部:鶴のアラカルト

一 本物のインド人が本物のインドカレーを食わせる店の壁に

タペストリーの上を
象のキャラバン隊が
まったりと、まったりと進む
髪留めの上に架かる
そんな隊列を僕は
ナンを浸しつつ眺めて
ラクダより象なのか
インドは。などと
思いを巡らせたりしたのだ。
向かいに座る女は、なぜか
ヒエログリフを連想させる
あの濃く細くのびる目の輪郭が
彼女を思い出そうとするとき、
今や唯一の手掛かりとなるのだ。
女の髪留めはたまに
べっ甲やターコイズになって
最期には黒曜の蝶となって
羽ばたいて飛んでいった。
「人生とは恩返しだ。
宛所(あてど)のない恩返しだ。
なんびとにも中を覗かれてはいけない。」
誰が言ったかは、忘れてしまったけれど。

二 出会いの奇術

バイト先の飲み会ではいつも
紙パックワインでジェンガができるほどに
紅白の葡萄酒に僕らは溺れた。
ある未明、一人の男がおもむろに立ち上がり
目を閉じてテーブルに正座したのち
ゆっくりと目を開いて滔滔と自身の論を説き始めた。
(彼は若き理科教育法研究者であった)
『酸と塩基の語源と中和の文明論的意義』
と題された透き通るような紙のレジュメを配り
西アジアと西洋で繰り返されてきた文明的接触を
中和現象の中に示して見せた。確かにこれもまた
ラテンとアラブの出会いである。
陽気な果汁の唾液に溢れる味覚と
豊饒なる大地、万物の根源たる水の後に残る奇跡の鉱物
あるいは、炎の後に残る不思議な灰の
その両方の記憶が遭遇する場所に立ち至って、
少年少女たちは今、東西の風俗を左右の手に握って
これをまさに、混ぜ合わさんとしているのである!
(しかも世界地図の一番端っこのシワの上から!)
終始、僕の脳味噌では
ムソルグスキーとラヴェルの二人が
キエフの大門でコサックダンスしながら
ウォッカの大瓶を煽り戯れるばかりだった。

(続く)

208茄子はつらいよ2016/03/25(金) 04:00:17.97ID:vMpWxwo4
(続き)

三 テーブル上の垂訓

「なんびとにも中を覗かれてはいけない」
次の登壇者はこのフレーズを何度も繰り返した。
僕の脳内でリフレインしていた巡回者のプロムナードは
陰気な雪国の、例によって
辻褄の合わない一つの物語へと、取って代わることになる。
家々は斜め45度に傾き、
廊下は曇天へと宛てもなく延びては果てるのだった。
そこへ一羽の蝶が妖しく黒く舞い降りるなら、
崩れようとするジェンガの隙間に
ホンモノの、そう、ホンモノの世界はあった。
「なんびとにも中を覗かれてはいけない」
そこには、いつも通りのささくれ立った畳の部屋が
茫々然と広がっているだけなのだから。
鶴の恩返しとは、そういう話だと思う。
やせ細っていく女のシルエットが
等価な対価など知り得ぬままに、募っていく時間とともに
余りにも愚直に崩壊へと進んでいくのは、なぜか?
幾多の空想上の女の口に例の不可解な要求を代弁せしめたのは…
テーブルの上に黒々とした蝶が一羽
スマートホンのおぼろげな光を揺らめかせた。
タイムラインは逆に、そう、全く逆に
代償が、意味が、自明であるかのような
余りにも明白に過ぎる文字(シンボル)で満ち溢れていた。

幼な子がフラスコとビーカーを握っている。
左手には灰汁。右手にはリンゴの果汁を。

「人生とは恩返しだ。
宛所(あてど)のない恩返しだ。」

こう言って男は満面の笑みを浮かべて
静かに三方へ深々とお辞儀をしてから
元の座席へと降りていったのであった。

(第四部未定)

209茄子、恥はかき捨て2016/04/04(月) 23:07:40.59ID:XLD7oAQZ
第四部:悪い冗談みたいな

『天の一番美しい星を取ろうとするかと思えば、
地の一番深い快楽をも極めようとする。
そして、遠い望みも近い望みも、
湧き返っているファウストの胸に
満足を与えやしないんだ!』

「藍染めにはどれ一つとして同じものはない」
男は祖父が言ったのとそっくりに話すのだ。
それで、人は大抵へぇとかふぅんとか
溜息のついでみたいな返事ばかりをする。
それで男は決まって
紅茶に溶けてゆく砂糖だとかそんな
不可逆な、けれども
取るに足らない成り行きなどを眺めて
虚しい…虚しい…と呟くのだ。
黒い毛玉がひとつ耳元で囁く。
「ファウストは英雄」
「ファウストは英雄」と。
ああ!確かに奴は英雄だ。
「自分の行く末までも、売り渡したんだからな!
まったく、悪い冗談みたいだ!」
古本(恐らくはファウストである)から
ユラりと一枚の栞が落ちて、無慈悲に問う。

『私たちはどこから来たのか。
私たちは何者なのか。
私たちはどこへ行くのか。』

そんなもの知るか!
そんなこと知ってどうするんだ!
路地裏ですれ違う少年たちは
「UFO!」と叫ぶばかりで
そんなものどこにもありやしない!
「トロルは純粋さだけに見える」
などとオヤジは慰め語をするが、大抵が
タイヤホイールカバーが一つ
道端に面白おかしく転がっているだけ、
ただ、それだけのことだ!
絵画はいい。と男は言う。
「労働も余暇も退屈も
色彩で満ち溢れたものとなれ!」
ジャン=フランソワ・ミレーの絵は
忘れることを許すのだ。
恋だとか老いだとか、において、
将来に立ち込める重苦しい予感も
醜く歪んで続く来し方の軌跡も。
この時が永遠に、そう永遠に続くという錯覚の中で…
「分かった!」
そこまで言うなら、分かった。分かったさ!
ちょっくら死んで確かめようじゃないか
(かわいい黒いかたまりが
ころりんころりん ころりんりん)
土に帰るか、山に集うか、
宙ぶらりんのモラトーリアか
などは、この際どうでもよろしい。

(続く)

210ぶっ壊れ茄子2016/04/04(月) 23:12:23.75ID:XLD7oAQZ
(続き)

「道端ですれ違う赤の他人同士で、
もう一度初めから、始めよ?」

女の言った言葉が湧き返ってくる。
世紀が変わって間もない頃の話。
夢ならば大抵が悪夢なのに
その夢は初めからおかしかった。
(ああ、その時に目を覚ましておけば!)
少年の傍らに少女がいる。
ひっしりと腕と腕が絡んで
鼓動を打つぬくもりを左半身に抱いて
「夢のはずなのに、どうして!?」
と少年はあっけにとられた。
身に覚えのない快楽の中で、
少女のふくらみかけの乳房が
わき腹の弱々しい場所でつぶれて
少年は身もだえをした。
優しく凹んだ腰から、初々しく出っ張ったお腹までの曲線を
なぞるように読み取りながら、
べっこう色の瞳に浮かぶ文様に隠された暗号を解きほぐした。
その中心にどこまでも、どこまでも沈む漆黒の瞳孔を見たとき、
少年は、理性も共感も無力だ、と悟った。
「こんなの、悪い冗談だ!」
少年は、独り布団の中に震えて
初めて精通をしたのだ。
テレビは黒煙を上げる二つのビルディングを映し続けた。

彼女はピアノが上手だ。
少年が最初に自慰をしたのは
「ピアノに寄る娘たち」で、であった。
少年の誕生祝いに祖母がピアノを買った。
弾き手のいない家のダイニングに
真っ黒な重苦しい塊が張り付いて
地震が来たって一度だって倒れやしない。
無駄だ、無駄だ、と黒い影がささやくのだ。
「大人というものは人生に絶望すると、
過去の浪費を呪う。特に、肉親のそれを。」

くたばれ!

ピアノの音がする。
「キエフの大門」。
女は怒るように嘆くように、
また、叫ぶように笑うように、
熱情と歓喜に満ちて弾くのだ。
男は、聴く。
聴く以外は皆、無力だ。
ただ、聴けばよい。

『風は思いのままに吹く。
あなたはその音を聞くが、それが
どこから来て、どこへ行くかを知らない。』

そうさ。男は勝手な生き物なのだ。
まさに、ユー・エフ・オー、なのだ。


(第五部未定)

211しなびた2016/04/10(日) 20:56:16.84ID:YdqzHkC2
第五部:方丈末法worldの終焉(エピローグ)

愚訳御免。

『仏は何事にも執着するなと言う。
質素な庵を愛でるのも駄目。
静かな暮らしを愛でるのも駄目。
役に立たない楽しみを書き留めることさえ、
時間の無駄と言う。
なるほど、その道理で行くと
こんなことばかりをしている私は、
身なりは僧侶の恰好をしながら
心は濁り染まっている。ということになる。
住み家は浄名居士の真似事をしながら
学びは周利槃特にも及ばない。ということになる。
自分が貧しく賤しいから
こんな絶望的な考えに至ったのか。
それとも、
心が汚れ極まってとうとう狂ってしまったか…
私の心はもう何も答えない。
だから、ひとまず代わりに
何の期待もなくただ二、三度
「南無阿弥陀仏」
と声に出してみて、
ガンバることの一切をやめることにした。』 


(終わる)

212発つ茄子跡を濁す2016/04/14(木) 02:33:48.07ID:oAQSfRUR
「茄子自選傑作三選」

▼銅賞

127 : 名前はいらない:2015/09/26(土) 01:36:08.76 ID:jaQlzy2Z
  
  ふるさとの
  コブシの坂を
  登り切れば
  街は途絶えて
  山桜咲く


▼銀賞

606 :名前はいらない:2015/09/04(金) 19:41:11.69 ID:O4ZrlJrl
「桜新町物語」

亡き祖父が遺したプラズマテレビは
磯野家の白々しい食卓を映していた

妹は自主独立を掲げ子供部屋を占拠し
いつしか兄嫁と菜食主義者の甥とともに自給自足の生活を始めた

25年前の誕生日に祖母からもらった熊のぬいぐるみが
バリケードから尻を出したまま挟まっている

今ごろは農作業の手を休めて紅の夕陽に頬の泥を拭いていることだろう
君が帰ってこれる時が来れば、一緒に助けてあげよう、あの熊


(金賞に輝くのは…)

213名前はいらない2016/04/14(木) 02:36:32.94ID:oAQSfRUR
▼金賞

619 :名前はいらない:2015/09/08(火) 14:15:07.96 ID:BNyyY7QJ
「山猫探検隊」

ここが砂漠に見えるか
先輩は反語表現がお好き

風が吹けば砂は消え
現れるものは 砂 砂 砂
はたまた金太郎だ

先輩は三つ目の丘を指差す
見よ、山猫精神が行く

先輩は大正製薬コマーシャリズムの生き証人
いや生き商人と言えよう
ナップサックはkg重換算で
空瓶が優に7割がたを占める(残りはもちろん新品だ)

食糧難は言うに及ばない
ラクダは捨てた
アトランティスも望み薄だ

しかし
そんなものは本来の目的ではない
幻なら何でもよかった 幻なら

この期に及び、
弟の三毛が恋い焦がれた隣人の彼女は
マンチコアじゃなくマンチカンだったと気づく

とにかく、
彼女のまわりを何やら飛んでいて
それが、
蚊ならば線香でも焚いてほしい
もし
僕らの幽霊なら線香でもあげてやってほしい


(お開き!)

214保守2016/08/18(木) 23:57:31.72ID:Mu9k6CYS
尽吾志也,而不能至者,可以無悔矣

215ナスビ単発特別篇U2016/08/22(月) 05:03:01.28ID:/urNYaYl
「サモトラケの三毛」

あくまでも、
煮えたぎった深淵から
ヘトヘトの麦茶パックを
また一つ、救い出すようなもの。
そして仰々しいのも、相も変わらない…

…ダウ船など見たことがない
当然ニーケなど見たこともない
(スニーカーなら断然ニューバランスである)
にもかかわらず
人形のような女、いや、女のような人形の
その滑らかな谷間をデコで支えている。
海上(いや湖面?)を進む白ら帆の列を
(むしろ、ベージュ色の片翼の列を)
思い浮かべることは易しい
(きっと余りに紋切り型の絵面に
そろそろタメ息も出る頃だ)
こんな断片的な、そして
如何にも夏の終わりのような感慨は、置いていく

少し前ならもっと、
短くて簡単で単純で
それだけで満足できたものも
知らず知らずに満ち足りなくなって
今では何モノにもなれずにいる
ホンの1、2行の言葉が
何十何百の取るに足らないものよりも
有り難いということがある
これも、おそらくは
その一つなのだろう。
いくら正しそうに見えるものも
太陽が2つ、あるいは、月が3つなどある場合は
やはり、所詮は夢なのだ。所詮は。

絶滅動物の例の洞穴絵画を見つけたのが
小さな子ども達のかくれんぼごっこだったのは、
どうしたって、希望という代物は
必ず隠れて待っているのだとしか
(いくら恥ずかしいほどにピュアであると言えども)
言いようがない。(のかもしれない)

トラ猫にニケと名付けたことがある。
野良が居ついたのだけれども、もしこれが、
顔と引き換えに得た翼を指すと言うなら、
少し、よく出来たメタファーに過ぎるじゃないか。
ただ純粋に、いいじゃないか。ニケ。

(ダウ船は風上に向かって進むことだってできたのだと言う。だからどう、ということでもないけれども。)


(おわり)

216名前はいらない2016/11/15(火) 20:08:19.89ID:BZWoNLd0
割れた凍結花の喪われた息吹
私はそこにはいなかった
ほら、消えた

217なすのことば2016/12/15(木) 07:11:27.93ID:C6TBA2wo
「あいまいな31音のイズム」
(久方ぶりである。そして凝りもせず、だいたい31音のノイズたちである。)

少年は大志を抱く 博士も抱く おじさんも抱く

昼は白、夜は金色の月を探す ゆえに汝は、ここに居るのだ

少年が駆け抜けて来た藍色の水族館のガラスの道を

さよなら さよなら さよなら

218サルベイジ茄子2016/12/18(日) 17:02:25.80ID:ANiXZjzG
2016/02/06(土) 23:31:48.15 ID:KoEnr4eP
「悟りへ」(2015没稿集)

第一部:意味不明のウニ

食卓は大抵、母と二人であった。
あまりにもフツーの人生をなぞりながら
彼女はイエ制度の残滓のように見えるソレを呪った
時のステレオなタイプをたどりながら。
なおイノベーティブであったプラズマテレビが
ワイドにもシャープにもフラットにも
ともかくは下着を真っ白にして
不気味な歯並びの満面の笑みを映した。
何がそんなに誇らしげなのか?

砂浜に食卓が置かれている。
時折、大きな波がその一角を切り崩していく。
ひとまずは出された品々を口に運んで、
いつだったか
磯で見つけたウニを
近所の兄ちゃんが真っ二つにしたその中のモノを
分け合ったときなどを思い浮かべたりした。
ああ、あのウニは本当に旨かった!

何事も無駄なコトなんてない。
父はコトあるゴトに、こう繰り返した。
人間万事塞翁が馬、など知らない頃に。
これが、単なる気休めの唯物史観だと悟ったのは
酔っぱらった父が
心の底からあふれ出てしまった純粋な寝言みたいに
失敗はあの結婚だった、などと
呟くのを聞いた時だったりした。

鎮守の森と河の狭間に女の下宿はあった。
岸に沿ってずっと桜が植えられて
春になると一斉にピンク色に染まった。
誇らしげに、純粋に誇らしげに
何か重大な事象が進行中であるかのように
空洞を満たしていく花弁が
シラフの二人を
単純に高揚させるばかりで
空虚な、あまりにも空虚な時代のように見えるモノを
壮大に、とにかく壮大に演出したのだった。
だから、僕は桜という花が本当に嫌いになった。
いや、本当はもとから好きでも何でもなかった。

寄せる波に座ってみよ。
陸へと押し戻すモノ、
冷えた砂へと尻を引くモノがいる。
たとえ、
死んだように生きることを覚えようと、
浜辺に屹立する背骨は、ようやく身震いを始めよう

(続く)

219救出茄子2016/12/18(日) 17:03:24.94ID:ANiXZjzG
(続き)

毎度のようにジェネレーションは言う
新しい時代が来た、と
毎度のようにキャビネットは言う
新しい時代が来た、と
そして、毎度のように論説者は言う
新しい時代が来た、と
何度来るつもりだ、時代よ
新しい、と聞くたびに
桜が背景に映る。吐き気がする。
誇らしげでいて小動物的な上目遣いのピンク色に延びる入洞雲!
便所の壁に穴が開いている。殴りたくもなるさ。

ウニの生き様を思う。
球形の生き方を思う。
独立と対称。
1という数を現すならば、ウニならばよかろう?
死んだように生きるならば、上下も左右もなく
浮力で、重力も忘れて流れにまかせればよかろう?
震えるな骨よ。泣くな。脊椎動物の性(さが)と言うべきか。
進化論からすれば、僕も使い捨てモルモットに過ぎない。
背中がかゆい。いつか羽根がはえてくる、というわけでもないがね。
そうしてようやく深い息をついて、晴れやかな気分で
液晶モニタの電源を切るわけだ。一見、それは誇り高く。

この深夜の交差点を横切る一台のタクシー
確かに点滅するものは信号だけではない
棘が落ちている。ウニの棘が?
漆塗りの夜空に刺さって、そして抜けた跡に
希望のように、抜け穴の向こう側が瞬いている。
本当は、ああ本当は
野を駆け回って、入り江ならば泳ぎ回っていたかったさ。
芋虫みたく机にへばりついて、蝶になるわけでもない。
そうさ、霊ちょう類だから。
指を這い上がる虫は、テントウ虫?
昇り続ける。僕の指を右に左に行ったり来たりするだけで…
意味不明とは、このようなモノをいうのだよ、君!

(悟りポエムスレより)

220茄子の足跡2016/12/18(日) 17:24:51.79ID:ANiXZjzG
259 :茄子:2015/11/18(水) 13:04:04.70 ID:346lL1Co
昔アルキメデスって人がですね
「私の円を踏むな!」
なんて言って顰蹙買って死んだんです
愚かというか、滑稽ですよ、本当に
ダンディズムにもならないね
どうせ一秒ずつ螺旋を描くのが精一杯の癖にね
太陽光を映す殺戮兵器も幾何学的理想郷も
個人的な、余りにも個人的なludo
それも、男性的根本が恥ずかしいくらい見え見えなんです
エウレカですって、笑っちゃいます
勝手に言わせときゃいいのにね
所詮見世物にもならない代物だってのに
思いあがった結果がこれですよ
まるで、完成しかかった七並べを
突風から守るみたいに、必死になっちゃって

そうだ、ガリレオはあの人を尊敬していたんですって。
どうりで似たような最期でしたよ。
ど田舎で独りぼっちで新科学「対話」ですって。笑えますでしょ?
お陰で、科学万能時代の幕開けですことよ
あのアインシュタインさんも「父」と認めざるを得なかったんですって。

こちとら、いい迷惑ですわ。

221茄子単発特別篇V2016/12/21(水) 21:10:01.96ID:xhzUCo+v
「そして続く日々に寄せる頌歌」(2016没稿集)

一:物凄く抽象的な草むら

例えば君にとって無視できない問題だったのに、
それが今や僕にとって、取り留めもないパズルにすぎなくなってしまったとして…
いつか言った熊のぬいぐるみだとか、
僕ら、やりきれなくって弾いたあのピアノの曲だとか、
そんな思い出ばっかりは、まるで今、草むらの中に沈んで
僕の上でグルグルグルグル回っている金魚だったか蝶々だったか…
とにかく剥がれては落ちるこの鱗なのだ。
あぁ、それは勇気と言っていいような、複雑に見えてきっと単純な、
それも物凄く単純な、懐かしさを湛えて…
そして、そして続く日々に寄せる頌歌。

ニ:緩やかに逃げる

あのさ、退屈なんてテーマはさ
きっと希薄な世界にいる濃密な住人の定期的な反抗に過ぎなくって
だから、今は全然全くこれっぽっちも興味ないんだ。
だってこんなに刺激過剰で擦り切れていく毎日なんだ…
ほんと、ほんと勘弁してほしいじゃないか。
人間ってのは自分勝手な生きものだから
いっつもいっつもその時々に欠けている鱗(…いや、パズルのピースと言うべきかな)ばっかりをテーマに選んで
歌ってみたり怒ってみたり泣いたり笑ったり
僕だってそんな不完全な、ほんと笑っちゃうぐらい不完全な
目茶苦茶に鱗を剥がして落としてはモガいている…
え〜と何だっけ、あーそぉそぉ、金魚みたいなもんだ。とか言ってみる。

三:静寂(しじま)の魚

昔、子供部屋に金魚を飼っていたことがあった。
小さな水槽の底に朱色の魚がわずか十数センチの世界をゆっくりとゆっくりと10分はかけて端から端まで進んだ。
その口先が透明な合成樹脂の壁に触れるまでを僕は10分はかけてじーっとじーっと眺めた。
だから、疲れ果てて眠りにつく時、あの10分間をよく思い起こすんだ。
すると安らかに、ほんとに安らかに眠れるから。

四:そして続く日々に
(えっと…気の利いたコトとか考えてないんだ。正直、あれから頭なんか滅多に使ってないや。)

だって、君の猫パンチを食らってからというもの、ヒラリヒラリと僕の鱗が舞いつづけてるじゃないか。
だから、僕は今、人生で最高の気分なんだ。ほんとに。いや、本当に。で、本当にこれだけでお仕舞なんだ。

222茄子、世相ぶった切り2016/12/29(木) 06:36:58.52ID:4GR3i8j0
「地底人Q&Q Falcon」

前時代クズ拾い歴10年の俺にとって
ファルコンは最高の戦利品だった。

現在、新暦99年。
(ちなみに新暦ってのは、先だった暗黒時代において俺たち人類は暦を数え損なった結果、新しい暦で年を数え直すしかなくなったのだ)
とにかく、新暦99年。まさに、世紀末。
ちなみに、
オヤジは旧暦2016年だと言っている。
兄貴は旧暦2045年とかホザいている。
そして、俺は…新暦99年を謳っている。
つまりともかくは、世紀末。ふッ…。

いい響きだ。

俺は、ファルコンを抱きしめてこの…
この、ポストアポカリプティックな世界を
全身全霊で愛してやまない!

なぁ、ファルコン。

ベルトに等間隔に抉り抜かれた勲章(あな)が並べ、安っちい合成ゴムが剥がれては落ちていく。まるで…まるで、この最高にサディスティックな世界にくれてやるペシミスティックな滴(ティアー)!

(コイツ俺の代わりに泣いていやがる!)

俺たちの時代は
ずっと昔の利器におんぶにだっこで動いている。
原理なんか誰も知らねぇ。
書物はおろかコンピュータだって全部、吹っ飛んだんだからな。
何てったって、新暦99年だ(嗤)!

トレンドを説く人形(マリオネット)の頭上には
決まって色とりどりの魚たちが
クルクルクルクルクルクルクルクル飽きもせず回ってるぜ?
よ!大統領!ってな
言ったが最後、打ち首獄門。実はそんな世の中だ。

テレビジョンは映らない。いや、映さない。
昔は大道芸人や大根役者が公開処刑執行人と宗教裁判の検事・弁護人・裁判官を全部兼ねて電波をジャック、世論をファック。あげく愚を撒き散らしたって話だ。
俺たちは無知になったが愚かにはならない。
それが、俺たちの掟(ソール)だ。

(続く)

223年末忘年茄子2016/12/29(木) 06:38:17.40ID:4GR3i8j0
(続き)

ファルコンは時(era)を刻む。
俺の運が尽きて
あげく俺が神を呪う時も
また、たまに
運が廻り来て絶好調で
賽銭なんか奮発して万札投げる時も…
あぁこんなにも手前勝手な俺の右腕で
いつだってコイツは世紀末を鼓舞するんだ

でもファルコンは一度止まった

俺は泣いた
この出鱈目な世界で
遅れがちなビートで
でもいつだって裏切らない
そんな律儀さだけが
俺をこの世界で唯一勃たせてくる
俺は密林でソニーの電池を買った
その夜、俺はヤマトを待った。
ヤマトはイスカンダルに行ってしまったのか…?
俺は待った。待った。
そう、まるでヤマトの帰りを待つ地球人類そのまま…

兄貴はロボットの少女と恋に落ちた
でも、俺はロボを信じない。
俺が信じるのは、
アナログの
この哀れなファルコンだけだ。

俺は、ファルコンと共に
この果てしなくくだらない世界を飛んでいく。
昔、そんな童話もあったらしいが、な。

(おわり)

224茄子(年末年始三部作 完)2017/01/03(火) 03:38:38.51ID:XhsFWeMj
「革命的なU」

もっと愛まみれになろうぜ。
素っ裸で絡まりあって布団にくるまると
Uの中から透明な「透明」が
俺の太ももをつたってくんだ
Uはウサギみたいに白くて小っさい、いや、
ウサギみたいに四六時中発情しっぱなしで、
凍えるくらい寒い毎日だって
革命的に、もう革命的に熱くなってく。
もっともっと熱くなろうぜ。
もうバカみたいに共鳴し合ってると
日頃のかしこまったセンチメンタリズムなんて
もう全部全部どーだってよくなる気がする
さっき食べてたミカン味の唇の方が
ずっと身体(からだ)全体にもう
狂おしいほど革命的。もうミカン革命。
枕元に栞がはみ出たUの本が置いてる
『詩的に見たる…』いや、
『史的に見たる科学的宇宙観の変遷』
宇宙かぁ…Uの頭の中なんてもう分からない。
だからこれしか言えないや。
楽しい?うん楽しいって。
布団から腕を伸ばして栞を引っこ抜けば
俺の下でUが怒り出すぜ?
(この栞、俺の『ベートーヴェン書簡集』のじゃん。
きっと最高の気分なんだ、栞にとってさ。)

さぁ、革命的に日々よ続け

(おわり)

225茄子@NasubiPoem2017/09/14(木) 12:46:16.72ID:x/p4nLEj
「その付箋の裏面のもう一つのテーゼ」

0:
退屈な連想の森へと没入することはたやすい。
今や纏わりつく交感という幻にはまりこむ度、
こらえきれず内なる暴君は叫び出すのだ。
「汝、息をこらえ、その脈を数えるのをやめよ。
その支配を脱出し、汝自身の声として再び呼吸せよ!」と。

1:
笑わない王女が城壁の窓から街を眺めている。
そして今日も秒針がもたらす完璧な統治に溜息をつき、
そのまま目をつむってしまう。
万物がそれぞれ独特の脈に打たれるのを、
今やまとめ上げる大きな大きな振り子が
遠くの国の天文台とか、うちの壁に貼りついたまま、
何となく小気味のいい単調な揺れを続けるばかりだ。
(一体どうしたら、彼女は微笑むのか。それが問題だ…。)
爆発した卵。
まるで一つのヒントのように、皿の上で楽し気に弾けている。
(実験室での時間は、確かに「交信」に似ていた。しかし、
その外にはただ偶発的な「問い」があるばかりだ。)
幾何学の、美しく張り広げられた網(ネット)の隙間を
ユークリッドの鼻歌みたいな何か、
透明な「透明」が、すり抜けては消えてしまう。
「ただ、追跡する者だけが、その歌を聴く。」
笑わない王女が呟く。
分厚い本の一行をなぞりながら。
例えば、風で飛ばされた付箋を拾い上げるなら、
その裏側には、詩が書いてあって…

『魚たちも 泳ぎ手たちも 船も 水の形を変える。
水はやさしく 動かない。触れてくる者のためにしか。』 
(ポール・エリュアール『魚』より)

2:
だから。僕は秋が好きだ。

(おわり)

226詩帝・二階堂 ◆3H/4wGejElAB 2017/12/20(水) 05:07:14.39ID:vMiEHFJ9
「童貞または自我分裂症的な躁鬱」


俺の垂れ流した赤目のドクロは
ドロドロと地の汁を吸い上げ
やがて一人の裸の女となる。

それを聞いた
女の恥部に宿る蒸れた熱を

それを捧げた
肉にいだかれた盲目なる刻印を

豪雨の如く浴びた情熱は
地獄の薔薇のように暴れたかと思うと
白鳩の羽となり一斉に飛び散った

227名前はいらない2017/12/28(木) 22:45:20.93ID:QjAFDRue
『主体的になるということは、個々の人間に与えられた課題であり、
しかも最高の課題であり、
それは人の生命が終わったときにはじめて終わるという美しい固有性をもっているので、
どんなに永い生涯にとってもそこまで延びてくる課題なのである。』

 by キルケゴール

228名前はいらない2018/02/12(月) 16:16:22.05ID:zYRw8/V7
すごくおもしろい副業情報ドットコム
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

C0ZCR

229茄子2018/05/04(金) 23:10:07.96ID:bR5WELo3
ここにもう一度だけ書かせてください。
僕は茄子と名乗っていた者です。
最後に酷い暴言を書いてしまってから、ネットをできるだけ断って生活や心身のリズムを取り戻していました。
しかし、絶対に謝罪の言葉は書かなといけないと思い、書き込ませていただきます。
僕は侮辱的な言動を衝動的に繰り返してしまいました。
初めはここで一人で書き散らすことで図に乗って、
ツイッターという本来は和やかな交流の場を荒らしてしまっていました。
僕がひきこもりながら書いてこそこそと投稿した文章でも、人が読まれているという事実をちゃんと理解できていませんでした。
読んでくださる人とその人が大切にしてきたものについてよく顧みることもないままに
個人的な独り言と言い張って事実無根なただの暴言を沢山吐いてしまいました。
冷静さを取り戻して、取返しもつかない卑劣なことを沢山したと後悔しました。
本当に申し訳ありません。
自分が冷静さを失ってしてしまった所業とこれからずっと向き合っていきます。
ごめんなさい。

読んでくださりありがとうございます。失礼します。

230名前はいらない2018/10/17(水) 22:18:23.06ID:oSd+ZfLP
友達から教えてもらった嘘みたいに金の生る木を作れる方法
参考までに書いておきます
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

LGV

新着レスの表示
レスを投稿する