詩の感想とアドバイスを交換するスレ

1名前はいらない2014/05/29(木) 02:03:34.55ID:a7WWvOE+
評価人不在で機能停止がちのセン五スレの代わりに、書いた人同士で批評しあうスレを作ったよ。
こっちもこっちで多分 読んでもらいたい人>感想orアドバイスを言いたい人 になるだろうから以下

●感アドスレの心得

・連投禁止
・一つ貼ったら一つ感想投稿推奨
・コテハン推奨
・他人の詩の転載禁止
・ほかスレとの複数投稿の禁止

とりあえずこんな暫定ルールでおねがいします。

2名前はいらない2014/05/29(木) 02:12:25.84ID:P/twOg3y
糞スレ立てんなボケ!

3名前はいらない2014/05/29(木) 20:18:15.99ID:IuGzmMfn
こういうスレは絶対に過疎る

4名前はいらない2014/05/29(木) 20:23:37.05ID:rtUQm3YH
まずは>>1がポエム書いてくれないとさ

5ポエム(笑)2014/05/29(木) 20:43:28.17ID:a7WWvOE+
なにこの殺伐とした感じw
まあ言い出しっぺだし貼るよ。
エロくて身勝手でグロくて内省的な雰囲気を目指した

「ペドポルノ」

人格を否定された少女喉の奥の勲章
もはや神格化された歴史
と言うには大袈裟な喘ぎ声

魚を捕まえようと波間に私
少女の幻影映すブルースクリーンを貼る
唇に咲いた花の味に沈んでいく

あなたの腐臭のような私の欲望
熟んだどっちつかず足首の痣
白桃にナイフ血塗れた手
壁に掛けおく

処女の陰茎よりも純真で
紫のハムより卑猥な少女


人間的な意味で動物で
動物的な意味で無機質な少女


追いかける 監獄に向かって
というには大袈裟な独居部屋

白檀の香は腐っている
喉奥に咲く花
よりもせり上がる吐物

陰核のようなロウソクに火を灯したら
監視下の家
こちらみてるともしれぬ少女が映写機の中で嘲り笑う

6名前はいらない2014/05/29(木) 22:40:04.54ID:C7VKo4BU
批評例

両親と同居してるアニメ好きな中年独身童貞男の
一方的な思い込みが良く出ています
ねっとりとしたからみつくシツコサと嫌われても都合の悪いことは
無かったことにするアグレッシグさが女子には迷惑で困りものです
ノンスタイル井上を連想しそうな自分大好き感が出ていて良い味付けです
きっと誰も見ていなかったら路上で女子拉致って地下室に閉じ込めそうな勢いで
頭がとろけそうな傑作ですね
遠慮せず妄想の海に飛び込んで現実と区別つかなくなる潔さが書けてるともっと
キモくなってよかったのにあと一押しですw

7名前はいらない2015/01/07(水) 13:46:20.62ID:XO8vG5Qf
詩を書きました
http://ameblo.jp/pianofr/entry-11971667977.html
批評よろw

8名前はいらない2015/01/11(日) 00:43:30.70ID:jnAmNlC+
「「」

さらばだ 友よ
夜明けの 汽車で
」¥

じょoyそ 式に囚われたは ば¥:あびー
亥けない

友よ 
夜明けの いkwん「¥
ためらrっtjては あああsfはあい!けない
あおっオォーゥ!甲高い声

だんまりスるとしけい

9名前はいらない2015/01/14(水) 00:26:48.72ID:UWMB5IO9
>>8
かまってちゃん

10名前はいらない2015/05/23(土) 20:26:30.99ID:32Y7UeuF
今も機能停止してんだよねあすこは
なんでまともに機能できないのかが謎

11名前はいらない2015/07/08(水) 22:24:55.02ID:pKyMoUdA
「もじみて」

七時の通勤電車に携帯で
もじみてもじみてもじみてもじみて

やっぱり上司に無視されて
もじみてもじみてもじみてもじみて

280円の牛丼を食いながら
もじみてもじみてもじみてもじみて

もう目が痛いなと思いつつ
もじみてもじみてもじみてもじみて

日付の変わった自室で弁当
もじみてもじみてもじみてもじみて


今日の終わりに三行の詩を吐き出す
ひなびた体

12名前はいらない2015/07/22(水) 00:44:27.32ID:ApXyGsAj
>>11
まじめにやれ!

13名前はいらない2015/07/30(木) 00:44:36.09ID:FHfrjQr1
「二秒前」

君は やっと言葉が書けるようになった
文鎮みたいな面してやがるぜ
残されいるのは タッタのニ秒しかないぜ
欲望の回路がいま焼ききれる
記憶が記録になる前に
あっという間に溶けてしまう前に
死人になるんだ

14名前はいらない2015/08/12(水) 06:48:28.61ID:+Vot2My2
俺はゆるやかに、
しかしかなりの速度で惑星間を縫いながら飛び続ける
すれ違う木星のそれ自身が持つ重力の重みを左半身に感じながら
右半身に無限に広がる深くくぼんだ闇の奥行きを思いながら
数多の遠い星々とその銀幕が尾を引きながら視界を切り開くように流れてゆく
しかし風は感じない
あてどなど知りようもない
万物はあるべき処へ
U.W.T.Bは輪郭なき肉体を誘う
帰るべきどこかへ
そこはもはや名前のある物質で構成された惑星や宙域ではない
非物質的な何かへと俺は誘われ、
その光に生命を溶かすことを俺は心の底から許している
人間の感情では計り知れない大きさのゆったりと白熱した思惑
この宇宙の崖っぷちへ
惑星たちが放つホワイトノイズが歌になり、幾層にもざらついたそれが波になって押し寄せる
オレンジで瞳が灼けそうだ
想像もつかないスピードで引き寄せられていくにつれて、巨大な斜方形がゆっくりと回転しているのが見える
それは質量を持たず ただ輪郭だけがその姿を浮き彫りにしながら
そのしるしをくぐりぬけたなら
色彩はない また
時間などもはや意味を持たないのだ

15名前はいらない2015/08/25(火) 21:46:09.80ID:f1Q+kVeh
>>14
語の選択がいいと思う。
ロマンある。

良くないと思うのは、「それ」とか「そこ」とか指示語が多いこと。
しゃべりがうまくない。リズムもわるい。

16名前はいらない2015/08/25(火) 21:50:51.59ID:f1Q+kVeh
>>13
「残されいるのは」

ちょっと読み返せば見つけられる間違いが残る文章で人からアドバイスを求めるのはおかしい。

本気で伝えようという気持ちがない詩に振り向く人はいない。

17名前はいらない2015/08/27(木) 01:22:43.20ID:DMEQAJo0
ちょっと長いしウザいし自分慰め詩みたいなキモい詩ですが心の叫びです
よろしくお願いします

「君を信じてる」
さよならと言った口は
それ以上今日一言も話さなかった
何とか自分を制しきって
それ以上は気力がない
町の灯りが白く
時に黄色く街を染める
暗闇に咲く花のよう
あの時みた奇跡を思い出す
未熟なままだって
誰かの優しさが無くたって
僕らは無意識に
何かを信じていた
誰かに僕も君もみんな
信じられている
頑張れ負けるな もう少しだ
立ち上がれ
その思いの中にまだ
隠れてる思いがある
君は僕を助けてくれる
だからこそ生きてるんだ
君を信じてる
だからその手を伸ばしてくれ って

こんちはと軽い言葉の
アイツは確かに神様だ
アイツだって何か隠してる
ガーゼ取ったら風だけで泣く
それでも癒えると信じてる
その傷も感じない未来を
誰かがいつのまにか建てたビルみたいに
ハシゴをかけると信じてる
物理的なもんじゃなくって
気持ちの架け橋みたいなもんさ
絶望なんてさせないよ
どんなに小さくとも
となりの君の希望になるよ
大事なのは失うことと
失うことでも負けない
自分に気づくことじゃないか?
その為に起きた訳じゃない
ポジティブというのはどんな時にも
君を天国へ連れて行って
強制的なもんでもないんだ
だから決して諦めるな!
強くするために苦いクスリを飲んだと思って

君を信じてる
どうにかして君の絶望から
君が君を抜けるように
生まれ変わるのを
君を信じてる
悲鳴をあげそうな誰かを
支えるために人生を投げて
ボロボロでも歩こうとしている

18名前はいらない2015/08/28(金) 02:03:19.00ID:wqnyK5yl
>>17
ちょっと長いしウザいし自分慰め詩みたいなキモい詩ですが心の叫びです
→読みたくなくなる。書かないほうがマシ。

「君を信じてる」

さよならと言った口は
それ以上今日一言も話さなかった
何とか自分を制しきって
それ以上は気力がない

町の灯りが白く
時に黄色く街を染める
暗闇に咲く花のよう

あの時みた奇跡を思い出す
未熟なままだって
誰かの優しさが無くたって
僕らは無意識に
何かを信じていた
誰かに僕も君もみんな
信じられている

頑張れ負けるな もう少しだ
立ち上がれ

その思いの中にまだ
隠れてる思いがある
君は僕を助けてくれる
だからこそ生きてるんだ
君を信じてる
だからその手を伸ばしてくれ って

→読みにくいから改行してみた。
読みやすく、伝わりやすく表現する気がないんじゃないかと思う。意味のまとまりで改行するとか、他の人のセリフはカギ括弧でくくってみるとか、そこらへんで手抜きしてる感じが漂ってると読む気が萎えてくる。

一度リライトしてみたらどうでしょう?
意味のない言葉を削る、理解しやすくなるように語順を変えてみる。これだけでだいぶ良くなるはず。声に出しながらやるのがオススメです。

19名前はいらない2015/08/30(日) 01:50:58.46ID:hhV3oLto
>>18
こんばんは リライト?しました
初めて反物から着物を作った感じです
評価良かったら願います



さよならと言った口は
もうなにも話せない
どんな荒れた日でも
過ぎれば忘れる

町の灯り白く
黄色く街を染める
暗闇に咲く
花のように見えた

気づかれず咲いて
散る花もある
季節が巡り
茎になった花びらの遺伝子


たった一言
嘘だって良かったから
愛してるとか想ってるとか
言葉にして欲しかった

人の少ない
最終電車で
泣いてもいいかなと
思ってみた

頑張れ負けるな
あの後悔の続きが明日
遠い記憶の声が
聞こえている


こんちはと軽い言葉
ガーゼのついた私の神様
「そんな絶望なんてまだまだだぜ」
って言われて口を噤んだよね

「頑張れ」って言われて
「がんばってるのに」と
ふてくされて 小さなすれ違いだと
気づけなかったね

頑張れ負けるな
あの後悔の続きが明日
遠い記憶の声が
聞こえている

20名前はいらない2015/08/31(月) 23:20:00.49ID:lBXvYObM
「ヱビスのロック」

さしずめ後顧に憂いはないし
同志も高々片手で足りる
思い出なんて捨てたとは言わないが
思い出したいこともない
なんだかんだで疲れちゃいるが
なにかと抗う若さも照れる
ひとまず風呂上がりのヱビスで手打ち
こうして俺の一日は終わりを告げる
傍から見たら冴えないただの野良犬かもな
ヱビスのロック 
ヱビスのロック

※ヱビスのステマじゃないよ

21名前はいらない2015/09/01(火) 17:41:59.96ID:AjXlq3Ba
>>20
ハードボイルド風な詩で、素晴らしい。最後の2行の所なんて、もっと、
ヱビスのロック
ヱビスのロック
ヱビスのロック
ヱビスのロック と足せば、なお良かった。

22202015/09/01(火) 20:41:59.13ID:2GsP1mHk
>>21評価ありがとう
確かに4つぐらい欠いた方が読んだ感じいいね。投稿する時、最後を「ヱビスのロック…」と「…」を入れようか迷ったんだよね。

23名前はいらない2015/09/02(水) 04:16:30.14ID:LUptWdbO
 「ひとり旅」
雨が早くに過ぎ去って
僕は空を見上げた
君は何をしているのか
風の音が遠くから
    こんな ひとり旅はやめだ
    君がいなければだめだ
    どんなに心の中で叫んでも
    君は戻ってはこない
    なんて寂しいのか



僕があんなことを言わなきゃ
君は家を出たりしない
空はこんなに明るいが
僕の心は暗いのさ
    こんな ひとり旅はやめだ
    君がいなければだめだ
    どんなに心の中で叫んでも
    君は戻ってはこない
    頭はまっ白さ
   
   
    

    
    
    


















   
    
    
    
     
    
    

24202015/09/02(水) 15:58:15.85ID:4rRT+GQ7
一つ貼ったら一つ感想と>>1にあるので感想書きます。批評初心者ですのであしからず。>>20です。

>>17-19さん
17、18にあった「何かを信じる」というテーマが、
18では省かれて後悔のモチーフに代わっているように感じます。
個人的には18が表現に含みがあって優しい感じでいいと思います。

25242015/09/02(水) 16:02:10.83ID:4rRT+GQ7
>>24
すみません誤字です。

下から二行目 ×「18では省かれて」→○「19では省かれて」

26名前はいらない2015/09/02(水) 20:51:13.56ID:CIib4Rig
このスレなかなか粛々と進行してていい感じですね。

>>23
心情の独白に終始するのではなく、孤独な心情を描く具体的な言葉や比喩を加えてみるのはどうでしょう?
ベタですが風の音がきみの○○な声に聞こえた的なやつのことです。

27名前はいらない2015/09/02(水) 20:59:33.61ID:Iw61c8ol
「コドクさ」
波を指で静かにかぞえていた
大きな悲しみが来ることも知らず
彼女は他の男と付き合って
そいつのことが気になって消えた


草は風になびいて
水は透明のままさ
鳥はあんなに羽ひろげて
飛びながら何かに泣いている


彼女を信じていた
彼女だけを信じていた
彼女を信じていた
僕はまたも孤独さ



海はこんなにも綺麗で広いのに
なにを食べても喉を通らない
彼女のことを思ってもはじまらない
明日からを考えて日々を過ごさなきゃ


人も誰もいない
街はこんなに静か
車のヘッドライトが見える
夜はこんなに長いのか


彼女を信じていた
彼女だけを信じていた
彼女を信じていた
僕はまたも独りさ

28172015/09/03(木) 00:18:00.39ID:LkcI1Q2G
>>24
評価ありがとうございます
確かに、前向きな17が19では後悔ですね
17は自分のオナニー。19は17を使って、まとまりがいいようにしたと思います。
含みがあったと評する17には後悔含め前向きにやるとなったので、相反する感情がその評になって他人にあらわれたんすかね?
これ以上訳がわからないのでやめますが、19はすっきりと後悔の色を出したんだと思います
17の方ががっつり吐き出した感じがありました

他の方の評価をしてみたいと存じます

29172015/09/03(木) 00:28:45.30ID:LkcI1Q2G
>>23さん
初めて他人を評するんで、許してください

別れから一人に戻ってもう一度行こうと思うときの、
喪失の悲しみと、そこから別の場所に行こうとする気持ちは伝わります
せつ毎にチャートを作れば
現状→心象→現状→心象ではないか?と思います
せつを入れ替えて
現状→現状→心象→心象にして
最後に前向きなひとことを載せれば、語調もあいまって、若者の成長を表した詩になるかと思います
曲に乗せやすい詩をかけるんだなぁとうらやましくなりました
ミスチルのsignという曲は、この詩の風合いと似ています
長々失礼しました

30名前はいらない2015/09/03(木) 21:27:44.71ID:aB8YNzNG
>>19
音楽でいうところの、バラードな感じがする。壮大と言えばいいのかな。出来が素晴らしい。

31名前はいらない2015/09/03(木) 22:27:26.78ID:aB8YNzNG
「日常風景」
なんて気持ちのいい朝か
ぼくは家から外へ出る
川はいつものように
顔を変えずにながれ


世の中が変わろうと
この街は変わらない
あの子への思いも
変わらずにそのまま
青空はいつもに
明るくて爽やか



だれの声すらしない朝
セミはいつもに鳴いている
これはあの日の風か
ぼくが小さなころの


誰しもが声上げて
この国もよくなるさ
こんなにも苦しい
いつまでも恋して
青空はいつもに
明るくて爽やか

32172015/09/06(日) 23:34:14.05ID:MA3BRH+Q
>>30
ありがとうございます
勿体無い言葉で嬉しいっすわ

33172015/09/06(日) 23:44:03.47ID:MA3BRH+Q
>>31
人を愛する気持ち、想う気持ちは
よこしまじゃないかどうかを想われる相手が一番わかると思います
自分だけじゃなく他の人も自分のように人を愛しているのだと信じさせる説得力を持つ詩だと思います
地上波の夕方ニュースのテーマは最近、サスペンス好きにはたまらないものになってますが…
あんまり神経質にならなくていいよと伝えるに足る内容ですね
何かを伝えるためだけの為には余計なところをさっ引けば完璧だと思います

34名前はいらない2015/09/11(金) 20:00:03.00ID:uqH8QsSM
アイツの前だと
借りてきた猫のようだと
君は笑って
アイツと話してた
欲があるって
こういうことだろう
アイツが好きなだけで
私は評価が決まってしまった

夢や希望が
あるわけじゃない
誰かの孤独を
孤独同士は知らない

君が
嫌いな人に話すように
自分の我を通して良いよ
好きな人にも

湿ったまま
燃え上がらない恋よりも
友達から話しやすく…
悪知恵だと笑われるか…


きれいごとに染まる君を
正義だと誉めたけど
正しいことをするために
積極的になったら?

35名前はいらない2015/09/12(土) 20:43:03.65ID:76CAHuMX
>>24
音の並び・テンポがよくて好きです。
ただ最後の2行がイマイチ。不完全燃焼感が残ります


何度も何度も死のうと思って
青い空を何度もでんぐり返しして
あり得ないほど独りぽっち

もうずっと長いこと
生きたくもない現実を
どうにもならない業の深さを
救いようのない人の罪を
這って喘いでのたうち回って
ケガれてイカれて

それでも死ねなかったから
この世でたった独り
世界に反旗を振りかざし

ずっと独り あてもなく
必死に走ってきたけど

どうして
不思議だけど

最後の
生死賭したタイミングが
最終章の幕開けで

今思えば
気が狂うほどおかしな現実で
戦ってこれたのが
今日まで生きてきた長い日々の中でも
あなたの存在のみであったこと

ああ
振りかえれば
出逢う前から出逢うことを
知っていたみたいに
すべての流れがととのって

嫌いだけど
好きだけど

本当は
忘れなくてはいけなくても
この世でたった一人
大切な人だったんだろう

耐えがたい
刺すように痛む人の世を
生きてこれた意味そのもの

36名前はいらない2015/09/12(土) 20:44:10.20ID:76CAHuMX
すいません >>35>>34宛です

37名前はいらない2015/09/13(日) 16:42:11.17ID:oaU4Ht5b
>>35
評価ありがとうございます

人間考えが込むと、弓の引き絞りが長くなって、
結果思った通りにいかないことはあります
最後の2行こそが肝というか、結果なんか気にすんなよという、
今やありきたりな泥臭い感じを、>>34の詩に最後乗っけたんです
>>34はファンシーな詩かも知れないですが、ちょっと…まあすみません この詩に場違いな言葉だと言い当てられてしまいましたね

38名前はいらない2015/09/13(日) 17:00:50.46ID:oaU4Ht5b
>>35
詩の評価を…

心象風景の表現に前向きさと後悔とが見えます
整然と相手に伝えるために、セツを入れ替える必要性があると思います
そうすれば、いらない気持ちが削られていきますよ
読む人が理解してくれるって言うか、書いた詩を自分の物語に重ねてくれるはずですから、
あまり全部書かない方が、気の回る>>35さんの書く詩がかっこよくなりますって

とにかく優しい人です
優しいが故に、無意識に負け戦と勝ち戦を理解している可能性があります

39名前はいらない2015/09/13(日) 20:44:50.05ID:RqdLRTMZ
「若気の病」

どうしてこんなに切ないのでしょう
むずむずするのです
居ても立ってもいられないのです

先生、私は病気でしょうか

そろそろ偉業の一つや二つ
やってもいい気がするのです

この傲慢は何なのでしょう
この狂乱は!走り出しそうです!

先生、私は誠実でいたい
私は私の野性が怖い
獣のように
自ら慰めるばかりです

自分の粗野に涙が出ます
どうか私を鎮めてほしい


先生は静かに仰いました
「大丈夫、安心なさい。それは人の病ですから。」

40名前はいらない2015/09/13(日) 21:31:49.95ID:oaU4Ht5b
>>39
ひとつ聞きたいことがありますが
自分で自分を許すことや、慰める事って、どうやったら出来るんですか?
俯瞰的な内容なのに、登場人物が退廃的で
題名がわかっている内容なのに、中身に大事な帰結がないです

41名前はいらない2015/09/13(日) 22:03:46.09ID:RqdLRTMZ
>>40
うむ。難しい質問です。

質問の
「自分で自分を許すことや、
慰める事って、どうやったら出来るんですか? 」
については、

「許す」というワードを僕は、
使っていないので分からないです。
「慰める」は、作中で「獣のように」
という条件が付いていることに注意してください。
暗喩と取ってもらって結構です。

次に「帰結」についてですが、具体的な治療法を知りたい、
ということでしょうか?

「野」とか「獣」という言葉の対して「人」という言葉を対照的に使い、
人として普通のこと、というオチを付けたつもりです。
要は、治療すべきようなものじゃない、心配すんなってことです。
オチに「病」と書いてしまったので分かりにくくなった感じですね…

自分で自分の作の解説するのって変な感じですが、ツッコミありがとうございます。

42名前はいらない2015/09/13(日) 22:26:05.18ID:oaU4Ht5b
>>41
慰める方法として、アレが適当とお考えですか?

実は、描写に留まっている点が奇妙で、
不特定多数に宛ててかかれた文章なら、この詩をあげた経緯に興味が移りました
ストライクゾーンが狭すぎませんか?

43名前はいらない2015/09/13(日) 22:28:38.09ID:oaU4Ht5b
>>41
あなたは自分で自分を許す、という経験が、ないからわからないと…?

44名前はいらない2015/09/13(日) 22:30:16.49ID:RqdLRTMZ
>>42それは自分自身ために書いたからだと思います。公開するようなものじゃなかったですね、すみません。

45名前はいらない2015/09/13(日) 22:32:32.85ID:RqdLRTMZ
>>43え?怒らせてしまいましたか?ごめんなさい

46名前はいらない2015/09/13(日) 22:39:02.67ID:oaU4Ht5b
>>45
その答えでは自分救われないですね…
これでは、傍目から見て、不可解過ぎる返答で
もしや、傍目など気にしない方に見えてしまいますよ?

47名前はいらない2015/09/13(日) 22:40:43.77ID:RqdLRTMZ
>>46
許すって何を許せばいいのですか?存在ですか?

48名前はいらない2015/09/13(日) 22:42:13.29ID:oaU4Ht5b
>>47
普通、あなたが過去を悔やん

49名前はいらない2015/09/13(日) 22:46:10.59ID:oaU4Ht5b
>>47
悪いけど、話になりません
あなたが提示した詩の描かれた背景を伺いたくて、質問したかったのですが、
これでは論議です くってかかられては困ります
そちらに答えがあるのに、質問の意図を汲み取ってもらえる方じゃ、ないんでしょうか?

50名前はいらない2015/09/13(日) 22:53:22.41ID:RqdLRTMZ
>>48
背景ですね。分かりました。
全ての方に共通の経験かどうかは分かりませんが、
かつて思い描いた自分の将来像と今の自分が全然違うことに
焦りを感じる時のことを題にしたのです。「焦燥感」がテーマです。

つっかかった言い方になってすみません。

51名前はいらない2015/09/13(日) 22:59:04.26ID:oaU4Ht5b
>>50
承知しましたが…
それだと先生というオチで、詩の対象が「患者」に限定されてしまいますよ?
その説明だと、「学生」が含まれなくなります…
仮にそうだとして、ですよ?
その対象にを明るみにする表現力がおありなのに
その方を言いように介錯するというか、提示する事がなく、落ちをつけて終わらせる…という事は…
「笑い物にする」という趣味がおありな訳はないと存じますが…いかがですか?

52名前はいらない2015/09/13(日) 23:01:55.20ID:oaU4Ht5b
詩の暴力は言い過ぎでしょうが
すこし言葉遊びが過ぎませんか?

53名前はいらない2015/09/13(日) 23:07:11.10ID:RqdLRTMZ
>>51
そんな趣味はないです。

気を悪くしたならごめんなさい。自分向けに書いたものなので、他人が見た時にどのように映るか想像していませんでした。
もう何を言っても、傷つけてしまいそうです。ごめんなさい。

54名前はいらない2015/09/13(日) 23:18:35.17ID:oaU4Ht5b
>>53
すみません…
好戦的な方のようにお見受けしました
踵を返されたかと存じます…

焦る中で、焦りを膨らます気持ちはわかりますが、
一方で「偉業」と言われると、偉業には人に決して気付かれない偉業もあるのをご承知と思います
誰かがあなたに気づいてくれるはずですから、心配なさらないでください
表層を理解されると、他者と乖離が生じますが、あなたのせいではないです

55名前はいらない2015/09/14(月) 09:42:40.57ID:3IlI7nm6
↑この人は何をこんなに怒ってるのだろう?この人の方がよほど好戦的じゃん。かわいそす

56名前はいらない2015/09/14(月) 12:58:14.76ID:IIKGbWNU

あの詩がその前に書いたものを揶揄して書いてみたものでは?とは考えられないのなら
2ちゃんって、個人攻撃が盛んな場所なんで、金輪際一切書かないんで、みなさんでどうぞ楽しくやってくださいな
徒党組んでるなら卑怯だし、普通な意見なら理解が足りない方ですね さようなら

57名前はいらない2015/09/14(月) 13:03:04.36ID:IIKGbWNU
このスレも、板も、不自然に叩く人間ばかりだよ?
批評家ばかりだ 何か、相手を特定しているというか、追尾している印象がある
ただ詩を書いて、アドバイスしてるだけなのに、普通から見て変だとか、どこの定規を使った正義なのかわからないよ
ひとつの意見として、枠を出ていないでしょ?
これであげつらわれたりなんて、昔はなかったよ?
もっと辛辣な人もいるのに、そいつらは叩かないし
そいつらは詩を書かないし

58名前はいらない2015/09/14(月) 13:11:02.80ID:IIKGbWNU
あの人は、自分の事を書いていると言っていたけど、あの客観性がある人が自分の恥を笑う詩を書くのはおかしいよ
説明を聞くと、「焦燥感を表した」というので、主人公の浅はかさが最後で露わになる詩となると、それに気づいた「後」の心境を書くべきだと思うんだけど…
で、不自然じゃない?と思って突っ込んだのに、突っ込んだ方を叩くってことは、徒党組んでオリジナリティを叩いている可能性があるよ?って

59名前はいらない2015/09/14(月) 19:31:41.00ID:8Wb8dE0B
YOUTUBEのオーディオライブラリに詩をつけたので評価をお願いします
https://www.youtube.com/watch?v=VhWouB6J76U

60名前はいらない2015/09/15(火) 02:05:22.05ID:4Dt8pQU4
書き手が書こうとしていることが、ちゃんと一人一人の読み手に伝わっていない以上、
あの詩は、表現として失敗しているということでは?
書き手が説明する意図を鵜呑みにせず、
その裏にある本音や本心を人格的に分析する>>58さんの批評は非常の高度でスリリングですね

61名前はいらない2015/09/21(月) 21:29:36.34ID:+4LmO3QH
長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマが、
NPO法人を設立しては、また売名行為に走ろう
としていやがるぞ。
こんな嫌らしく醜い根性の田舎者ごときが、野心をいだいても
なんの役にも立つはずが無い!
他の人々は、長谷川櫂(長谷川隆喜)という下種な変質者に利用されるだけだ。

62名前はいらない2015/10/21(水) 09:51:49.31ID:rZhBODQY
長谷川櫂(長谷川隆喜)という変態田舎者オカマが
如何に陰険卑劣極まりない無知無教養な忘恩の徒であるかは、
『高橋睦郎の友達の作り方』(マガジンハウス・刊)の349ページ以下に語られている。
オカマの長谷川櫂は、新宿二丁目のゲイバーのママを介して詩人の高橋睦郎氏に、
あざとく巧みに取り入り、処女句集の駄句を一字一句ずつ添削してもらって、題名までつけてもらい、
出版させて貰っておきながら、おぞましくも嫌らしい忘恩ぶりをさらけ出し、意図的に高橋睦郎氏の名を謝辞から外して
恥じないありさま。
この陋劣下等な「人格」の欠落には、さすがの橋氏も長谷川櫂を「俳句とは無縁な人」と断言している。
東海大学の学生や関係者の皆さんも、是非とも本書に図書館ででも目を通してみて、
長谷川チョンの嫌らしさ、下劣卑賤さの実態を知るよう心がけて頂きたいものだ。
すでに長谷川櫂は、東海大学当局からも厄介者扱いされていると聞く。
長谷川を早々に追い出されるよう切に望んで已まぬ次第である。

63名前はいらない2015/11/10(火) 21:19:37.36ID:8bV/NW4U
頭が悪いくせに陰湿卑劣な底意地の悪い真似をするクズが、

俳人の長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマだ。

この熊本県下のド田舎チョン部落出身者は、子供の頃から性格異常者で知られ

小動物を嬲り殺しにして娯しんだり、様々な嫌らしい真似を繰り返していたという。

オカマのくせに偽装結婚をし、家族に隠れてゲイの発展場へ忍び込んで、とうてい口に出来無い淫猥な所業に及んでいたとか。

男性と見るや誰彼かまわず言い寄っては悉く断られたり、他の男性の性器を覗き見たり、更衣室に隠しカメラを据えて盗撮したり、

等々といった具合に。

東海大学においても、男性教員や男子学生に下劣なセクハラ行為を続けては、物議を醸しているとの由。

コイツは熊本県下の朝鮮人部落の中でも癩病筋の家系として悪名高い化け物だ。

この長谷川チョンについては、「長谷川隆喜」で検索を!

参考までに

64名前はいらない2016/06/09(木) 03:23:16.69ID:98cYCCP6
「夜汽車は走る」

ふたりを乗せて夜汽車は走る
闇を縫うようにただひたすらとどこまでも駆け抜けて

ふたりは窓の外を見ていた
ぼくの手の中には熱い缶コーヒーがふたつ
となりの彼の横顔は冷たくでも深い物思いに沈んでいる
もうひとつの缶のぬくもりが消えぬうちに
渡してあげたいけれどできずにいた

ボクは隣に腰かけたまま考えている
これからどうしたいのか…
どうすればいいのか
ボクらの思いとは関係なく汽車は走る

ひたすら静かに闇を縫うように駆け抜けて

65名前はいらない2016/06/09(木) 12:05:28.02ID:CUGYZjM2
同性愛者の恋愛ですかな?

66名前はいらない2016/06/09(木) 12:47:05.18ID:CUGYZjM2
>>58
相手の一言で終わるって言うオチはよくあるし
気付いた後の心境を書いたら余韻が残らないと思うけどなぁ

67名前はいらない2016/06/11(土) 07:05:32.77ID:mV+SVPSS
>>39を否定してる輩は
内向的で弱々しくて重苦しいのが好きで
>>39のようなある意味達観して滑稽と自虐に走ってる詩を見て
その諧謔的な軽さに耐えられなくて
感情的になったって感じだな

68名前はいらない2016/06/16(木) 03:09:27.30ID:bd6Et781
グレゴールが虫になった翌日、
僕は庭で蝶を見つけた、何処にでもいるような紋白蝶、、、
多分この蝶はグレゴールじゃない、
だけど、そんなこと、どうでも良かった。。
ルーシー・グレイがいなくなった夜、
街で頭の悪そうな女子高生に声をかけた、、
多分コイツはルーシー・グレイじゃない、
だって、どう見ても日本人だから、、
だけど、そんなこと、、どうでも良かった。。。
僕はその蝶を口に含み、その女子高生と身体を交わした。。
気持ち良かった、ただそれだけだった。
夢も無く、希望も無く、それに縋る未来も無く、、
生きることは間違い、辛いのですか??
知識は理解を、経験は逃避を、文学はガラクタを、、
それぞれ、築いたけれど、、、
僕は、ゴミ溜めの中で育んだこの感性を、少しでも届けたくて、、

、、あぁ、夢から覚めた。。
昨日飲んだ睡眠補助剤のせいで虚ろな目覚め、
気付いたら、僕は吸い込まれるように、この空を見つめていた。
明るいね、どこまでも明るいね、、
もうやめてって、、、僕を照らすのはもうやめてって、、
もうわかったから、、もうわかったからと、、。。

69名前はいらない2016/06/20(月) 00:09:52.37ID:0aSQPAN+
誘う鳥が一つの形
よそう夜に一つの国
http://taropunko.blog.fc2.com

70名前はいらない2016/06/20(月) 09:02:38.12ID:3BRdc8rV
『』

来週の今頃には天地が逆転して
彼女と僕とも逆転して
過去と未来もひっくり返る
だから直線は直線のまま、逆方向に続いていくことになるし
誰も彼もそれを望んでいるのだ
頭のおかしいハミューズが言った
彼女は那由多に逃げていきました
吃音のエコーはトントンと
指でリズミカルに机を叩いて
しまいには
教室にいるみんなが泣いていることを共有して
オンオンゴウゴウと風が轟きました

そんな光景をぼくはただ虫を見るように眺めていた
百日紅の落日が谺して
耳から離れなかったのだ

71名前はいらない2016/07/07(木) 01:33:27.56ID:VvzvhIP9
戸惑いの列車に
乗り込んで
動かない車窓に
まどろんでる
そこに誰が居るのか
そう 明日の見えない空に
君は勝手に答えを出して
私は口をつぐんだ

それが君の答えでも
なんでもないことを
私は何度か言いたくて
泣いて諦めて帰った
君は何度そんな悔しさを
出会う人にぶつけるつもりなの?
時間がなくて考えられなかった
ならば今は ならば今は
ちゃんと時間を止めて
ならば今は ならば今だけは
考えてあげて 自分のこと
お願い

72名前はいらない2016/07/27(水) 05:28:49.90ID:9YX9AN3I
‐immorally‐

多勢の目ばかり気にして して
多勢に押されてマネばかりそんな
生きてく事のにはもうくたびれた
たとえインモラルと呼ばれても
俺はかまわない
もう嘘はつきたくない

俺が錆つくその前に
あいつが教えてくれた
immorallyな考え方を

甘えてひ弱な俺に
あいつがソッと伝えてくれた
タフな生きかた
常識を覆す意識を

固いモラルを脱ぎ捨て
俺も正直になりたい
自由な羽を生やし壁を乗り越えたい

73名前はいらない2016/10/04(火) 23:12:35.99ID:bgWUdzFU
>>72
インモラルとimmorallyは違う語だけど、ほとんど表記揺れじゃ?

×生きてく事のには
○生きてく事には
せめて読み返すべき。

「immorallyな考え方」ってのが酷い。おまえはルー大柴か。
笑わせようってのがミエミエの芸人で笑えないのと同じで、カッコよく見せようというのがミエミエな詩はカッコよくないです。

王道のテーマに直球勝負してるのは偉いと思う。

74名前はいらない2016/10/04(火) 23:15:43.30ID:bgWUdzFU
>>70
いみわからん! 現代詩ってこんなんばっかだけど何がいいわけ?
いや確かにこんなのなかなか書けないけどさ、誰か良さを教えて。

75女衒小僧2017/10/15(日) 23:34:11.97ID:bnNwEdAT
男にもらった
ディアドロップのサングラス
太陽が眩しすぎるせいでいつでもかけてた
治す気のない不眠症
ねえサリー
そいつで隠してるんだろうね

ストロベリードロップ吐き出す
甘すぎて舐めてられない
たばこに火をつけ紫色の煙にまかれる
ゴミ箱行きになったのは
ねえサリー
君だったんじゃないだろうね

この街を離れて遠くの国へ行きたい
涙の筋が透き通るような頬を伝った
生温いコーラの炭酸抜ける音
二人だけの部屋で確かに聞こえた
ねえサリー疲れているんだろうね

お気に入りのサングラス
踏みつけてコナゴナにした
男と別れたから必要がなくなったの
ねえサリー僕のことはなんとも思っていないんだろうね

サクマドロップの缶をカラカラと振る
甘いものが好きになった
たばこは控えた
ドロップはだんだん少なくなる
前の男の声は忘れた
僕が取って代わった
ねえサリー
ドロップを買いに久しぶりに街へ出かけようね

遠くの国へ行くのはやめた
必要なのは
正確なメルトカル図法で描かれた本物の地図だ
そして二人で次々と宝の箱を開けよう
運命という世の中へ
ねえサリー
僕ら一緒に生きて行くんだろうね

76詩帝・二階堂 ◆3H/4wGejElAB 2017/12/20(水) 05:06:29.17ID:vMiEHFJ9
「童貞または自我分裂症的な躁鬱」


俺の垂れ流した赤目のドクロは
ドロドロと地の汁を吸い上げ
やがて一人の裸の女となる。

それを聞いた
女の恥部に宿る蒸れた熱を

それを捧げた
肉にいだかれた盲目なる刻印を

豪雨の如く浴びた情熱は
地獄の薔薇のように暴れたかと思うと
白鳩の羽となり一斉に飛び散った

77名前はいらない2018/02/12(月) 16:55:17.54ID:zYRw8/V7
すごくおもしろい副業情報ドットコム
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

9CFR9

78名前はいらない2018/10/17(水) 23:52:27.30ID:oSd+ZfLP
友達から教えてもらった嘘みたいに金の生る木を作れる方法
参考までに書いておきます
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

CP2

新着レスの表示
レスを投稿する